キレる子、キレない子

<2010年12月31日>


読んだ本の記録です。



「キレる子、キレない子、 精神科医からのメッセージ 石田一宏 大月書店」
です。






石田一宏さんの著書
「子どもの心の基礎づくり ~乳幼児期の5つのチェックポイント 大月書店
」を読んだときに(こちら)とてもよかったので、違う本を読んでみました。





最近ヘンな事件も多いし…。


子どもがキレない子にするために色々書かれていたので、、、メモとして。。



●5つのタブー


第1のタブー
「努力しても無駄だ」という思いをいだかせてはいないか

第2のタブー
子どもの行動の露払いをしていないか


これは親が子どもの通る道を掃きながら「ここを通りなさい」と言っているようなものです。
こういう子どもは、自分で考えて乗りこえるというストレスを体験しなくて済んできたということもあって、性格が非情に明るいことが特徴です。
しかし、性格は明るいけど、まわりの状況が変わったとき、それに対応できず自信をなくして、不安になってしまう。


第3のタブー
子どもにマイナス評価をしていないか

第4のタブー
同時に多くの課題を与えていないか



沢山の習い事など…。

第5のタブー
欲しいものをなんでも買ってやっていないか



***

子どもたちは、思春期に近づくしたがってたくさんの葛藤を体験しなければなりません。
小さいころからストレスを乗りこえてくる子は、そういう葛藤を決していやがりません。
「困っちゃったな」とか「どうしようかな」とか、そんな悩みをちゃんと受けとめて自分と考えようとするわけです。だから思春期になると子どもはみんなどちらかといえば不機嫌そうにみえてきます(反抗期)。
それは成長しようとしているわけですから、放っておけばいいのです。
親が葛藤を代わって考えてやってはいけない。




●子どもとの話し方3原則

・大人は口数を減らしなさい

お母さんは、子どもが帰ってきたときは「おかえりなさい」と明るく、ニコニコして声をかける、それだけでいいのです。

・話の腰をおらないこと

「算数がわからないの」「それは勉強していないからでしょ!」など…。
「算数がわからないのか」とオウム返しだけでいい。。

・いやみや皮肉を言わないこと
「100点とったの」「すごいね。でも久しぶりだからっていばるんじゃないよ」とか。



「おせっかいな指導者ではなくいい聞き手になれ」ということ。


●大人が子どもに教える3つのこと


①自分の健康を守ること
夜更かししないで、三食食べる

②自分の身の安全を守ること

③人に迷惑をかけない

電車に乗っているときなど足を投げ出したり公共の場ではまわりに迷惑をかけてはいけない。

ふだんの生活で、ご飯の食べ方とか、お風呂の入り方とか、、そんな細かいことはいいのです。
まず大人がどんな生活をしているか、子どもがまねをしてほしいような生活態度を大人が実行することのほうが先です。
部屋を散らかしていてもいちいちうるさく言わない。そのうち本人がかたづけるようになるものです。


***

この本は小学生、中学生のお子さんの親が対象かな?
まだ紺太郎は幼稚園生なので、、あてはまらないものもあるかな?と思います。


ご飯を寝転がって食べていていいのかな~(苦笑)?
部屋も汚いままでいいのかな~??
そのままだらしない子、片付けない子にならないのか、、心配です。


幼稚園から帰ると、アレコレ聞いちゃうのですが、ダメなのかな(苦笑)?


皮肉もつい言っちゃったりするので気をつけようと思います。


私はついつい先回りして考えて子どもに「与えすぎて」いることが多いと思うので、、その点は気をつけようと思いました…。




まあ、とりあえず、メモ書きでした…。





関東はここ一週間でぐっと寒くなりました…。
小さな電気ストーブ1つだとサブっ…。


にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

Secre

No title

授乳で起きたのでこんな時間に年賀状印刷中です・・・。

切れる子にならないか不安になりますよね。
私も、普段の自分の息子の姿を見ていると余計になります(笑)
切れるってことは、感情のコントロールができなくなるってことですよね。
だから小さいうちは難しいことだから、大声だしたり泣き叫んだり転がったり、一杯していいんじゃないかなーと思ってます。
小さいうちから気持ちを押さえ込んでしまう方が問題だし、どれだけ感情が大爆発しても受け止めてもらえるっていう安心感を今は与えてあげたい、と思うようになりました。
前はライトのあまりの癇癪に本気で悩んでいたんですけど。。

最近よく思うのは、子供って親や大人をコピーするなぁってことです。
ざまきさんのメモの「大人がまず子供にまねしてもらいたいような生活態度をする」、そのひとことにつきますね・・・。

今年も最後の日になりました。
ざまきさん、いつも私の日記にコメントしてくれて励ましてくださりありがとうございました!
来年もどうぞよろしくお願い致します☆

>めぐさんへ

わぁ~、こんな早い時間に年賀状印刷、、、お疲れさまです~。

うちもコンタがすぐに怒ったりするので、キレる子にならないか心配です~。
でも、、そうですね、小さいころは受けとめてあげるのが一番ですね!
そうそう…。
めぐさんのコメントを読んでそう思いました(笑)。

「親の顔をみてみたい」ってよく使われますよね…。
(他の方のブログで読んだのですが、人のモノとったり、ウソを平気でいうような)すごい子がいると、、
最近はそういう育てられ方しているなんてかわいそう、、
とか思うようになりました。
子どもの問題じゃなくて親ですよね…。
(その子の親はゲーセンでスロットに夢中だとか…。)
なーんて、人のことあまり言えませんが(苦笑)。

私もめぐさんのGWにお会いした恩師の話とか心に深く残っています。
新生児のお世話は大変だと思います。
体に気をつけてくださいね~。
また来年もよろしくお願い致します。
よいお年をお迎えください~。
プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード