学校説明会・早稲田中学校

<2017年5月29日 12才1ヶ月>


塾の主催する早稲田中学校学校説明会へ行って来ました。
とっても良かったです!


最寄り駅はメトロ早稲田駅、西早稲田駅、etcで、男子校です。


女性の教頭先生が説明してくださりました。
印刷した原稿を一本調子で読んでいく感じだったのですが、
自由に話して話があちこち飛ぶ説明会もあるので、
とてもわかりやすかったです。


まず、大隈重信らが大学を作ったときに、「大学に入って伸びる生徒とそうでない生徒がいて、何が違うのだろう?」
と考えたときに、
伸びる生徒は、中高の時代にあらゆる教科をバランスよく勉強し、
勉強以外の違うことにも挑戦し、
失敗したり、いいことも悪いことも肥やしにしていくことができた、
そういう子が大学・社会で活躍できることに気づき、
それならば中学校、高校を作ってそういう子を育てよう!
となったそうです。

「自ら信じ自ら恃む(たのむ)自立心」を生徒に要求し、
「逆境に処して益々雄壮」な人間の育成を理念としています。
社会でマニュアルがなくても自分で行動できる、何が起こっても知恵を絞って行動できる子を。
人間として幅広くなるために、
大学受験に関係ない科目も高いレベルで、本物志向の授業、実験実習も多く取り入れているそうです。



受験日は
2月1日と3日、
両方受ける子が多いそうです。
でも加点制度はありません。
科目の足きりもありません。
1日の倍率は去年2・9倍、3日は3.8倍。
でも1回目実力を発揮できないで2回目で受かる子も多いので、
親が「2回目が難しい」と子どもに刷り込まないで、、とおっしゃっていました。


よくある質問で、
「どういう子が合格しますか?」は、
苦手科目を作らない、弱点を減らしまんべんなく勉強するのがいい。
90点を100点にするよりも、40点を50点、60点にするほうが容易い。

「字の汚さ、下手さ」は、
とにかく「丁寧に書くこと」が大事で、消したのか消していないのか、
1か7かわからないようなものは不正解にします、、とのことでした。

「どのような生徒に入学を望んでいるか?」は、
先生の言ったことを素直にやってみる、先生を信じて日々努力するような子。そういう子は人間的にも成長するとのこと。


高校での募集はありません。
進度は早く、内容は高度だそうです。
高2までに高3の勉強は終わらせ、高3は総合だそうです。
効率よく無理なく、気がついたら学力がついている、、そうです。

補習もあり、早稲田大学の留学生と英会話授業があるそうです。
高2から文系、理系に分かれます。
高3(高2?)から英作文、小論文、論述の個別指導があります。


社会に出ても困らないように幅広い教養を身につけさせるそうです。

教員は8名で6年間持ち上がりで、親密だそうです。

高3で早稲田大学への推薦資格がない子はほとんどいないそうです。
でも他大学を受ける子も半分います。(東大、国公立、慶應、医学部)
現役率は86・3%。

「うちは東大に行きなさい、~学部へ行きなさい」などの進路指導はしません」とおっしゃっていました。
(海城なんかは「お前は東大へ行け」と言われた、、と聞いたことがあります。それはそれでその気になって上手くいく場合もあると思います。)

早稲田の推薦が決まれば、他校への受験はできません。
受験するかどうか迷う子は多いそうです。
親と子の意見がくいちがう場合は、先生はそれぞれ面談をするけど子どもの意見を尊重するそうです。

クラブはフェンシング、弓道は国体、インターハイレベル。
数学オリンピックで金メダルを取った子もいます。
めだたない子なのに高校生クイズに出て活躍していた子もいた、
その次の年、入部者が1名から20名になって顧問の先生が驚いていたそうです。

物理か化学か忘れましたが、なにかで世界大会へ行ったそうです。


修学旅行は京都・奈良・大阪・神戸です。
4~6名の班でそれぞれテーマとコースを決めて、先生か業者?が綿密にチェックして指導し行動します。
約8万円で積み立てだそうです。


そうそう、、
こちらの中学、諸経費が他のところより安いのが売りみたいです。


食堂はあるけど収容人数は少ないそうです。
去年まで説明会に来ていた先生は、
「6年間のお弁当」は反抗期、思春期の男子とお母さんをつなく「へそのう」のようなもの、、と言っていたそうです。
私は6年間給食だったらありがたいんだけどなぁ~^^;


(成績不振で)留年する子は、まったくいない年もあれば、
数名いる年もあるそうです。
他の子を殴ったり校則違反をして退学になる子は、
「う~ん、いませんね~」の回答でした。


話を聞いていて、ホントにいい学校!
いい学校が多くて迷います~。
(入れる成績かは別問題で^^;)



うちは夫が「付属はダメ」と言っていて、
いままで希望外だったのですが、お話を聞いて惹かれました~!
夫は息子に国公立より私立大に入ってもらいたいみたいなのですが、
それなら早慶の付属なんて魅力的なのに~!
大学受験して入るのは大変だろうに…。
なんで魅力的な学校は受験日が重なっているんだろう、、、
みんなずれていたらいいのになぁ…。




にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード