日本語教育能力検定試験の勉強法、その4・記述

<2016年8月>



日本語教育能力検定試験での私の勉強法の紹介です。
(その3はこちら




アクセントの他に自信がなかったのが、「記述」です。
400字で自分の考えを書きます。


この今の私の文章を読んでいただけるとわかると思うのですが^^;、
洗練されたような文章は書けません。


小学生の作文より幼稚っぽい文章しか書けません…。


まず感覚をつかむために、この問題集にある「模範解答」の文章を書き写して感覚をつかみました。





原稿用紙は100円ショップで買いました。




H28年度版も出ています。





でも、実際に自分で書いてみるのが一番です。


私は10月に入ってから、
「H27年の~」の問題を数個書いて、夫に添削してもらいました。
ホントに実際に書いてみると全然違います。


「ここの表現が幼稚っぽい」「ここは繰り返しになっている」
「意味がわからない」「表現がヘン」など書いてみると問題点が浮き彫りになります。
書いて、
家族や友達に読んでもらうのがいいと思います。
そして、書き直したことがすごい力になりました。



こつは、

1、自分の考えを書く (私は~だと考える)。
2、その理由を書く (理由は2つあります。1つめは~。2つめは~。
3、反対意見も書く (たしかに~だと、~だという問題点があります。 しかし~)。
4、結論を繰り返す (よって、私は~だと考えます。)



と単純に行きました。
過去問の模範解答はすごく難しい~、あんな文章は書けません。



あと、問題集を見ていると、
「殺し文句」「決まり文句」というのがあるのがわかります。
そういうのをそのまま覚えて入れると文字数が埋ります。


例えば、「ニーズ、レディネスに合っていない授業活動は」
「学習者の動機が低くなる」
「言葉は変化するもので、歴史を通じて日本語も変化してきた。」などです。


読んでいて「これ使える!」と思ったフレーズは1箇所に書き出しておいて、
たまに見て、覚えて、
寄せ集めたり組み合わせるとよいです。




記述は「実際に自分で書いてみる」、、というのが本当に一番の勉強法だと思います。書くとこの「決まり文句」もアレ使おうかな、、と練習になります。



ちなみにH27年度は、ディベートで自分の主張と違う意見を言うグループに入れられると、
精神的に嫌だという学習者がいる。
あなたならどうする?みたいな問題でした。



すごく迷って、ディベートのいい点をあげて、そのままにする。
どうしてもいやだと主張するなら個別に考える、、みたいな答えにしてしまいました。
↑にコツを書きましたが、そのとおりに書けませんでした。
主張に対する理由が何個も見つからなかったので~。
何点取れたのかな~??
多分低かったかも…^^;



あ、今思い出しました。
先生に聞いたのですが、
「問題の中にヒントがある」というがあります。
解いている問題の中にディベートの問題があって、
その問題文の中のフレーズをそのまま使わせてもらいました。


試験Ⅲを始めるときに、
「先に最後の記述の問題を見るか?見ないか?」迷うと思いますが、
その点で先に見たほうが、いいのかも?しれません。


ちなみに私は先に見ると、、「どうしよう~~~、、難しい~~、どうしよう~、、」
と心配になって、問題に集中できないとわかっていたので、最後に見ました。



大体目安は20~30分は時間を記述のために残しておいたほうがいいと思います。




続きます。





お付き合いくださってありがとうございました。


にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード