プロフェッショナル 仕事の流儀〈9〉 脳神経外科医 上山博康

<2016年1月22日>



私が図書館で借りて読んだ本の記録です。
「プロフェッショナル 仕事の流儀〈9〉
中学校英語教師 田尻悟郎、脳神経外科医 上山博康、写真家 上田義彦
茂木 健一郎 (編集), NHK「プロフェッショナル」制作班 (編集) 」
です。





NHKの「プロフェッショナル」の番組から文字をおこした本になります。

その中で感動した言葉があったので、
私へのメモ書きです。

脳神経外科医 上山博康さんは睡眠時間4時間で全国から集まった患者の手術を担当する傍ら、
患者さんからの手紙にはすべて目を通し、返事を書いている方です。

上山さんの恩師・伊藤善太郎先生からの言葉です。

伊藤先生の言葉の一つに
「いつも批判される人間でいろ」というものがあったんです。
そんなの嫌ですよね。絶賛ならともかく、批判なんてされたくない。
でも先生からは、
「非難じゃなく、批判されろ。人間、何かをやっていれば、必ず評論家みたいに批判だけする人が出てくる。
批判をされるということは何かをしているということだから、批判をされる人間でいろ。
決して評論家になるな」と言われました。

*****


そもそも、プロとアマチュアがトラブルを起こしたときは、八割はプロが悪い。
例えば一流のホテルのフロントで、従業員がお客さんと喧嘩をしているところなんて見たことないでしょう。
どんなに無理難題を言われたとしても、一流のプロだから上手に対応するんです。
医療のトラブルもそれと同じで、患者さんに納得してもらえないのは、説得する医師側の責任なんですよ。



読んでいて、すごくかっこいい人だなと思いました。
私なんて「きずつかないように、、」と
臆病に生きているのですが、
潔さを感じました。


こういうお医者さんが増えるといいです。
スポンサーサイト

テーマ : 本読みの記録
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード