群馬その3、だるま寺&高崎白衣大観音

<2016年1月17日 10才8ヶ月>



週末群馬旅行1月17日(日曜日)、前橋にある群馬県庁で「花燃ゆ ドラマ館」を見学してからの続きです(こちら)。


前日、「明日どこに行く?」でもめました。
「花燃ゆ ドラマ館」は決まっていましたが、、
夫は仕事したいというので、夫にどこかで待っていてもらって、
私は芝そりやゴーカートができるのでドイツ村
紺太郎は「碓氷峠のめがね橋」&軽井沢の方へ抜けたい、やら、
「わたらせ渓谷鉄道」に乗りたい、、など色んなことを言います。



結局3人で行く、、となって、
夫の希望で、だるま寺と洞窟観音に行くことになりました。


県庁のある前橋から高崎に戻り、
ぐるりんバス小林山 達磨寺へ。



1601170125as.jpg


1601170126.jpg


1601170128.jpg


1601170127.jpg



室内は写真撮影禁止だったのですが、
日本国内の達磨が集められて展示している部屋があります。


imagesCA6CTGNH.jpg
(画像はtravel.jpより(←こちらをクリックすると大きな画面でみられます))




本堂の裏には納められた達磨が積みあがっていました。


1601170135.jpg



タクシーで移動します。
洞窟観音の前に、洞窟観音の近くにある高崎白衣大観音へ。


1601170143.jpg



胎内拝観 ができます。
(300円)
でも、9階の高さを階段で、、というので、
夫と息子だけ入り、
私は膝が痛くなるとイヤだったので無理せず入りませんでした。


1601170154.jpg


1601170151.jpg


息子は高い所が苦手なので、びびっていたようです。



山道を10分くらい歩いて洞窟観音へ向かいます。


1601170160.jpg




着いたら、、ガーン。
4時5分くらいだったのですが、営業時間は4時まででした…。
残念。


1601170162.jpg


1601170163.jpg


1601170164.jpg



400メートルの 人力で掘った洞窟に石彫観音像が33体安置されているそうです。
またいつか機会があれば来たいです。



再び「ぐるりんバス」に乗り、高崎駅に戻ります。


帰りは高崎駅から高速バスを使いました。
池袋、新宿、秋葉原などに行きます。
例えば池袋ですと、1時間45分で行きます。
乗り換えもなく、座って着けるので便利です。


今回の旅行、なんだか前もって予定がはっきりしていなかったせいで、
バタバタだったのですが、
家族3人で行動を共にできて思い出になりました。


息子が一度観音様のところで癇癪をおこしてうんざりしてしまい、、
「もう、一緒に旅行したくない」
と思ってしまったのですが、
喉元過ぎればナントカ、、で、
しばらくするとまた「どこか行きたい…」と思うのだろうな。



これで週末群馬旅行記は終わりです。
お付き合いくださってありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード