映画「インサイドヘッド」「奇跡のひと マリーとマルグリット」

<2015年7月19日 10才2ヶ月>



夏休みがはじまり、紺太郎は夫の実家へ遊びにいきました。
19日(土曜日)、私は1人で映画インサイドヘッドを見ました。




145767insidehead.jpg

(画像はシネマカフェより)



出先から急に思い立ちました。
字幕版で見たかったので、
本屋で昔の「ぴあ」のように、
どこで何時から上映しているのか調べたかったのですが、
「Tokyo Walker」など見ても載っておらず。。


立ち読みするつもりだったので^^;、
店員さんに聞けなかったのですが、
あまりにも見つけられなかったので(20分くらい)、
聞いてみたら、
「今はみなさんネットで調べるので、そういう本は置いてないんですよ~」とのことでした。


そうなんだー。


で、電車の中で私の古い携帯(PHS)で調べるも、、
ネット画面は固まっちゃって、画面が全然進まず、
20分くらいかけたのですが、調べられず…。


映画館の集まっている場所へ行って、
吹き替え版(日本語)の3Dがちょうどいい時間だったので、
見てきました。



夫に「スマホにしたい、、」とちょっとだけ訴えてみたけど、
今はまだダメみたい。。



やはり英語で見たかったなぁ。。
竹内結子(喜び)と大竹しのぶ(悲しみ)の声が気になってしまいました。
でも「子どもの頃からの空想の友達 ビンボン」の声優が佐藤二朗さんでした。
彼はテレビに出る前の劇団員(劇団「自転車キンクリート」)のころから知っているので、
応援したい気持ちがあり、エンドロールで名前を見て嬉しかったです。
(と言っても、舞台を数回みただけですが。)


imagessatojiro.jpg
(画像は佐藤二朗ツイッターより)


ストーリーは、11才の女の子が親の都合でサンフランシスコに引っ越すのですが、
寂しさとストレスで心が壊れていく様子と、
そして立ち直りとを
頭の中の感情(喜び、悲しみ、怒り、ムカムカ、ビビリ)の試行錯誤や冒険によって表しています。
「悲しみ」はしっかりと味わうことが大事なんだと思いました。


面白かったです。
途中1回寝ちゃったけど^^;


ホントは紺太郎と見たかったのでが、
「ひつじのショーン」のとき予告編をみて、「見たくない~」と
言っていました。


見ながら、「子どもと一緒で大丈夫だったか?」の観点で見ていました。



私は連れてこなくてよかったと思いました。
紺太郎は特に「ビビリ」なので、
心が壊れていく様子や、ハラハラする場面では耐えられなかったと思います…。
普通のお子さんなら多分大丈夫だと思いますが、、
小さい子の「イヤー、ヤー」みたいな泣いているような叫び声が劇場に2回くらい響き渡っていました。


自分の頭の中の感情のお話しなので、
すこく繊細な部分があります。
不安定な子どもが見るのは微妙なところがあります。
15才以上ならOKだと思うのですが、、。


予告です。






***


映画のカテゴリーなのでもう一つ。
奇跡のひと マリーとマルグリットを見ました。



T0019919.jpg
(画像はシネマトゥディより)




ストーリーは「見えない、聞こえない、話せない」3重苦のマリーに
修道女のマルグリットが言葉(手話)を教えるお話しです。
19世紀フランスの実話を元にした話です。
(ヘレンケラーより前)。



手話って言語なんだ、、と当たり前なのですが、
実感しました。
言語がないと人間も獣のよう、、。


とてもよかったです。
マリーの子は演技だと思えなかった。。



修道女の方がずらっと並んで映画を見ていたのが印象的でした。
今、首都圏だと川崎(新百合ヶ丘)の1箇所でしか上映していませんが、、。


予告です。





お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード