親業訓練協会 設立35周年特別講演会「教師学」

<2015年7月12日 10才2ヶ月>



12日(日曜日)の午前中は恵比寿の親業訓練協会で行われた設立35周年記念講演会 「新しい教育課題に対応できる教師学を目指して」を聞きに行きました。


講師は教師学上級インストラクターの高野利雄さんです。


親業とはトーマス・ゴードン博士が提案した親子の心のかけ橋を築くための効果的なコミュニケーション訓練講座です。


親子関係の講座だけでなく、教師学、看護学などもあります。



こちらの講演会、教師学ということで、
自分には今はあまり関係ないので、
どうしようかな?と行くのを迷っていたのですが、
2日前に急に思い切って申し込みをしました。


行ってよかったです~。
お隣に座った方は愛知県から参加したそうで、
「朝6時に出てきたわ~」なんておっしゃっていました。


高野さんのお話がうまい!、
うまい、、という言い方は失礼かもしれませんが、
物静かでダンディで聞く人の心をそらさないような話し方はとても
素敵で印象的でした。
感動しました。


CAZOZF8X.jpg



今は教職を退いて、スクールカウンセラーや大学の客員教授などをされているのですが、
現場に出ていたときの、生徒との問題をどのように解決していったかのお話しが興味深かったです。


人間関係において話し合い(話しをする、聞く)って大事、、ということがとてもよくわかりました。


例えば、ゴム鉄砲を授業中にとばすのが楽しくてしょうがない生徒達のグループと、
迷惑だと思っている生徒達のグループ、
それぞれ話しあい、
「そんなに迷惑だと思っていなかった」
「そんなに楽しいと思っているとは思わなかった」
と意見が出て、
ゴム鉄砲は休み時間にとばすことにしたそうです。



3年生のスポーツ大会、
「絶対優勝するぞ」と意気込んでいる一部の生徒、
「参加して楽しければいいじゃない」と思っている一部の生徒、
前者は後者に「ちんたらするなよ!」と練習で怒鳴る。
そんな場面でも生徒達に話し合いの場をもたせ、
とにかく一生懸命やろう、、と結論。
結局は優勝は逃したそうですが、このクラスは何十年たっても毎年クラス会があるそうです。



同僚の先生が学級崩壊のクラスで「子ども達が話しを聞かない」と授業を中断して帰ってきたそうです。
「先生は君たちが話を聞いてくれなくて、困っている」ということをリストにして書き出したそうです。
それに対して生徒の意見を書いてもらう、
また先生がそれに対して返事をする、、
ということをしたら、授業が成り立つようになったそうです。


結果はどうであれ、
話し合いのプロセスが大事なようです。


他、サッカーが苦手で他の子から責められるので、
体育の授業になるとどこかに隠れてしまう子と先生とのやりとりなど
興味深い事例を沢山はなしてくださいました。
(その子は発達障害でボールが苦手なようでした。)


どの事例も
(先生という優位な立場なのだから)
「先生のいうことを聞きなさい!」「うるさい、静かにしろ!」
「きまりは守ろう」「それは我侭というもの」
で怒って言うことを聞かせるのがてっとり早いと思うのですが、
生徒にも言い分はあります。
それをねじ伏せるのが効果的なのかどうか。。
話しを聞きながら、
親と子の関係に当てはめてみても同じだな、、と、心で感じる箇所が多々ありました。
(自分でできるかは別の話です^^;
詳細はわかりませんが、ゴム鉄砲の話しは「やめなさい」と先生に従わせるのでいいと私は思うのですが、、。
でも推測するに、言ってもきかなかったのかしら?)


アメリカのある州では、教師になるための教職課程でゴードン博士の教師学が必修のところもあるそうです。
日本の学校の先生にももっと広まるといいと思いました。


高野さんのご本です。






***

「話す」は「放す」ともいいますが、
自分の気持ちを話すことって大事だと思います。


4年生になって紺太郎は学校から帰ると、
担任の先生と相性があわないのかな?と思う言動が少しありました。

ここ最近、あることがあって
先生から3回くらい家に電話があったのですが^^;、
「紺太郎くんと沢山はなしました」
とおっしゃってくださってとてもありがたかったです。


紺太郎は、算数の計算か何かわからないのですが、
全員を立たせて、できた人から座る、、というのがイヤだったそうです。
あと、帽子を全員黄色にして、
問題ができた人から逆側の色に変えるとか。


紺太郎、、考えるような勉強は得意なほうだと思うのですが、
なにしろ「ゆっくり」な子なので、
そういうことを学校でやるのがとてもイヤだったそうです。
先生にしてみれば、たんにどれだけのコが終わったかを見たかったそうですが。


今後も続くのかわからないですし、どうなるかわからないのですが、
自分の気持ちを話すことは、とてもいいことだと思うので、
ありがたかったです。




おつきあいくださってありがとうございました。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード