海洋冒険家・白石康次郎「子どもは親と同等の魂を持っている」

<2015年6月13日 10才1ヶ月>



いつも読んでいるブログで紹介されていて、
よかったのでシェアします。


海洋冒険家・白石康次郎さんの動画です。
ヨットでどこも寄港せずに世界を一周されています。
フジテレビ「まなびじゅあるより。







(動画が見られない方のために↓)


母親は小学校のときに亡くなったそうです。
父親は躾は厳しかったけれど、
子どもが「あれやりたい」「これやりたい」と言ったときに、
一度も反対したことがなかったそうです。
しかし賛成もしなかったそうです。
「おまえがきめろ」
だけだったそうです。
「絶対に子どもの邪魔はしない」という信念のお父様で、
「どうして他の人には反抗期があるのか?」
不思議だったそうです。


なんで反抗期がなかったか?
「自分のままでいられたから」


成績は2ばかりだったそうです。
0点を連続3回とって、父親が学校に呼び出されて帰ってきて、
言われた言葉、


「勉強するしないは、お前が決めろ。
もし勉強についていけないなら、塾でも何でもお前が探してこい、金は出してやる。
俺はできなくてもいっこうにかまわない。
でもこれだけは言っておく。
将来勉強ができなくて困っても、絶対に人のせいにするな、
あとはお前が決めろ」


「わかった、絶対人のせいにしない、
これからも遊ぶ」


と折り合いがついて、いっさい勉強しなかったそうです^^;



その後も遊んだけど、一度も文句を言われず、
何をやっても「おまえが決めたんだから」と尊重してくれたそうです。


よくお母さんが「好きにしなさい」と言っても、
態度が違うことがあるけれど。


親の恐れを子どもに植え付けられたことはなく、
認められていた、信じてもらっていた。
兄弟3人とも「自分らしく」いられて、「尊重されて」いたそうです。


子どもは自分として生まれてくる、
子どもも同等の魂がある、、ということを分かって欲しい。



***


見ていて、反省しました。
自分の恐れを言うし、
つい私は口を出したくなるし、
「勝手にすれば~」といっておきながら、自分の気持ちと反することをしていると、
態度がイライラして、
またそれをぶつけてしまうので、
見ていて、、、あぁ、、と思いました。
「勝手にしていたら」だまっていられないのなら、
むやみに「勝手にしろ」は使わないほうがいいかも。




お付き合いくださってありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード