わが子へのイライラ、不安がスーッと消える「怒らない子育て」、武田双雲

<2015年3月22日 9才10ヶ月>


読んだ本の記録です。


「「子どもといること」がもっと楽しくなる 怒らない子育て わが子へのイライラ、不安がスーッと消える!67のヒント 武田双雲  主婦と生活社」
です。







昨日、鉄道博物館こちら)に行っている時に、
紺太郎が並んだり、遊んでいたり、てっぱく図書室で絵本を読んでいる間に、
ベンチに座って読めてしまいました(それか、昼寝していました・・・苦笑)。
読みやすい本です。


題名に67のヒントとありますが、61章しかないのが謎ですが…。
「妻の気持ち」が6箇所あるのでたして67なのか?


とても面白かったです。
私みたいにしょっちゅう子どもにイライラする方にはお勧めです。

(今、22日(日曜日)のお昼にこれを書いています。
夕方~夜に「習い事のイベント」があるので、
作文の宿題(明日の用意、ドラゼミ)などをやってしまって欲しいのですが、
1時間半かけて「まだ、半分~。鉄博だから書くことが沢山あるの~」とダラダラやっています。
さっさとやって、早く遊べばいいのに、、とこっちは思うのですが、
相手の問題だからと、イライラをぶつけないようにがんばっています^^;
「終わったら、遊ぼう」
「終わったら読みたがってる本が読めるよ」
など声かけはしているのですが、つい余計なことを言いそうになります。
いや言っています^^;)


(読むのは何度目かです)





勝手なメモ書きです。
(省略あり)


●「言えばわかる」そんな幻想を手放そう


親は子どもに怒りたいわけじゃない。いろんなことを伝えたいんです。
でも、ほとんど伝わっていない。
ここで改めて押さえておきたいのは、人間同士はほとんど分りあえないっていうこと。
これ、人間関係の大前提です。

自分の子どもだとなおさら、「あなたのことは私が一番分かっている」「あなたならお母さんの(お父さんの)言っていること分かるよね」なんて言いたくなってしまうけれど、
言葉でのコミュニケーションって、本当に伝えたいことの3割くらいしか伝わらない。
半分伝わればいいほうなんです。


言葉を尽くせば、100%わかってもらえる、わかり合える、なんていう幻想はひとまず捨ててしまわないと、まあ、やってられません。


子どもに言葉をかけながらも、
「きっと、3割くらいしか伝わっていないだろうなあ」
と、そういうつもりでいたほうが、気持ちもラクになります。



逆もしかりです。

言葉でのコミュニケーションの伝わらなさ、気持ちや感情が言葉や行動と一致しないこともあること、気持ちや感情の刻々の変化、お互いのタイミングのズレ。
こういうことが常に起こっているから、100%お互いに分かり合えることはあり得ないこと。
そういうことを常にベースに持ちながら、少しでも分かりたい、少しでも分かってほしい、どうしたら分かってもらえるかな?って、試行錯誤しながら相手と関わり合うことが大切なんだと思います。
分からないこそ、分かり合おうとする気持ちを大事にしたいですね。

子どもにも「さっき言ったでしょ」「一回言ったらちゃんとしなさい」なんて言葉が出ることありますが、一回言ったらできるなんて、そもそも無理な話です。
大人だって同じ。


投げた言葉に、即効性は無いってことにまず気がついて、人を口で動かそうとしないことです。


子どもだって、子どものペースがあるのに親は突然命令してくる。
「何が何でも、今すぐやりなさい!」
これじゃあ、聞こえないふりをしたり、聞き流すのも無理はありません。


「人は言えば行動するはず」という前提だと、動いてくれないときに、なんでこの子はわからないんだろうってイライラします。
でも、「人は言葉で動かせるもんじゃない」っていう前提に立つだけで気分的にラクになる。
もちろん伝わった方がいいし、伝わる言葉を投げるのがいいし、言葉で動かせたらそれが一番いいんだけど…。
伝わらなくて当然ということから始めると、気分的にラクになりませんか?




「何度言ったらわかるの?」「3回目だよ」「日本語わからないの?」
と言ってますますイライラしたり、
「怒らないとダメなの?」「痛い目にあいたいの?」ますます口やかましくなったり脅したりすることがあるのですが、
「伝わらなくて当然」ということを分かっていると、
諦めもつくかも…^^;


コレを書いている間に作文が終わりました。
後半は(詳しく書かないで)簡単に書いたそうです。
出かける時間までに間に合わないかも、、とイラっとしていたのでホッとしました。


電車のデザインのことを前半に詳し~~く書いていたのですが、
「ボクの夢はパソコンで電車のデザインをすることです。
一歩夢に近づいたかんじがします」
なんて書いていました。



お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード