上野東京ラインと映画「風に立つライオン」

<2015年3月14日 9才10ヶ月>



3月14日(土曜日)北陸新幹線や上野東京ラインの開通があり、
紺太郎はパパと一緒に上野東京ラインに乗りにいきました。

鉄オタの紺太郎は前の日の夜から興奮していました。
おやつに品川でお蕎麦を食べたそうです。



s_CAPKW74G.jpg



パパに時刻表を買ってもらってご満悦で帰ってきました。
ずっと見ていたそうです。





パパがいてよかったです。
私は付き合わずにすんだので。


私は1人で映画に行かせてもらいました。
風に立つライオン」です。


kaze_lion_thumb_sashikae.jpg
(画像は東宝より)



アフリカ・ケニアで国際医療ボランティアとして活動する医師(大沢たかお)の話です。
日本に恋人(真木よう子)を残しています。


さだまさしさんの歌「風に立つライオン」を大沢たかおさんが聞いて、映画化を熱望企画して本作が作成されたそうです。

年始(確か紅白が終わった後のNHK)にお2人がテレビにでてプロモーションをしていたのを見たのですが、さださんに企画を売り込むときに、大沢さんが「ボク、医者役が得意ですよ」と言ったそうです。


私は大沢さんは「JINー仁」の医者役を見てからファンになりました。
笑顔がいいんですよね。




その年始のお2人の話を聞いて「見たい」と思ったのですが、
今になって見るのを迷いました。


Movie walkerのレビューに、
「いい映画を作りたいという気概は伝わってきますが面白くない・・。
淡々とした映画なので盛り上がりも物語性にも欠けます。」
とあったので。

日本映画って、、そういうことが多いように思います。


でも、、
思い切って行って、とてもよかったです~。
期待しないで見たのがよかったのか?
欲を言えば、もう少しアフリカの自然の映像(動物など)をもっと見たかったです。




すごく感動で興奮!というわけではないのですが、
静かにジワ~っとくる感動がわいてきます。
アフリカで働く医師や看護師さん(石原さとみ)の生き方に。
物語じたいはちょっとわざとらしいところもあったり、「そんなことおこらなくてもいいのに」と思うようなことがあるのですが…。



最後にさださんの歌「風に立つライオン」が流れるのですが、
聞きながら涙がポロり(youtubeはこちら)。




ちょっと前にテレビで国境なき医師団の看護師さんがテレビに出ていたのですが、
意志が感じられる目の輝きが私なんかと全然ちがっていました。


映画の中の大沢さんの言葉「Where there's a will, there's a way」がぐっと心にきました。


あと、数日前に大沢たかおさんがテレビかどこかで言っていたのですが、
「アフリカの子どもたちは、貧しいけれど目がキラキラしているんですよ。
彼らの心と、体と、魂が自然の中で育まれている」

この言葉を聞いてドキっとしました。


紺太郎のまわりはコンクリートばかり。
そして彼の魂は育まれているのか?
寝る時間が過ぎて、ゆっくり他のことなどをやっていると、
ついイライラして「早く、早く」とせきたててしまう。
(理科の新聞の宿題を2時間以上かかってやっている。授業中に終わらせる子もいるのに。そんなに丁寧に時間をかけなくても、、、とイライラしてしまう。)
時間に急き立てられて、「うまくたちまわる」ように教えて、そのとおりにできないと不機嫌な私。
そういう私しか彼のまわりにいない状態が続いたり。
夫への不満をグチグチ子どもに言ったり、八つ当たりで子どもにぶつけたり。
(一緒にいると、私を批判することばかり言います。まあ、「夫婦は鏡」というのだから、私にも問題があるのだけど。。でも一緒にいると苦しくなることが多い。)
なんだかまちがっているように思えました…。

映画の中で大沢さんは、子どもの時にお母さんに誕生日プレゼントで「シュバイツアーの本」をもらい、読んで影響されて医者になりました。





図書館で同じ本がなかったので、私もこんな本を子どもに借りてきました。
まねっこです。





予告です。





長い予告(特別映像9分)です。





お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

Secre

こんばんは

こんばんは。

この映画、みてみたいなーと思っています。
映画館でみるのは、もう何年も。。。

一度子供の付添でいってみたものの、調子悪く断念してからは、
遠ざかっています。

こんちゃんは、どんな映画をみますか?
いつも同学年ということで、参考にしています。。。

ようやく、前回もかきましたが、わが子は、漫画本のサイエンス版をみるようになり、
本屋にいくとサバイバルとそこらへんをみて、立ち読みしてます。。。

今日は、ショッピングモールにポポンデッタという鉄道模型関係のお店があり、
Nゲージを運転できるお試しがあったので、子供にそれで楽しんでもらい、
その間に、甥っ子の1歳で保育園にはいるので、お祝い探しにと動き始めましたが、
お試し時間も短いので、20分。

結局、1人にしておくのも不安だし、私も興味津々で(操作をしてみたく)
15分でお祝い探しをみてまわり、5分間はしっかり、子供と操作していました。。

普通の人からみたら、ごくあたりまえのことですが、この6年は、子供とこんなふうに
遊ぶということがなかったので、また今回も私は楽しかったです。
 
ざまきさんのブログをみていて、いつも一緒に子供が興味ありそうから、興味ひきだしそうなところへ
連れていってあげているので、羨ましく、感心です。

私もまだ、間に合うかな~と思いながら、自分の身体の不安もあり、行動に躊躇していますが、
春休み・来月は、科学週間もあるので、研究所めぐりができればいいな~と思っています。

子供は、行きたくない!といいそうですが。。。行ってしまえば、それなりに楽しんでいるのですが。。。
先週は、カンドゥにいき、お仕事体験にいってきました。

昨年から、成長しているぶん、今回は、
めがね師などに挑戦。 眼鏡の歴史やブルーライトについて簡単に説明され、フレームと耳にかける部分を好きな色を選び、作製。 完成後は、本物なので、サングラスとしてつかえるとのことでした。

後は、3歳の甥っ子と一緒のせいか、甥っ子のお世話をしつつ、合わせるようにしていたので、
一人っ子のわが子としては、ちょうどいい機会だけど、下に合わせるのも。。。。
甥っ子3歳のほうは、カフェや宅配便など楽しんでいました。また、コスチュームがかわいいすぎて。。。

あー、この時期に私は寝込んでいたので、ちょっと羨ましい。。。。

いつも色々聞いてくださってありがとうございます。
また、記事を楽しみに参考にさせていただきます。 公立受験対策にこんちゃんはばっちり行動ですね!

>やがちゃんさんへ

こんばんは^^

今日、母もこの映画を見たらしく、メールでよかったと言っていました。
あまり評判はよくないのですが、私は面白かったです。

紺太郎は、この間ムーミンを見て面白がっていました。
ドラえもんも見たがっているのですが、私が興味がなくてあきらめてもらいました。
アニーは予告を見せたら「見たくない」というので却下でした。

かがくるとか面白いですよね~。
ちょっと高いのが難ですが。

ポポンデッタは楽しいですよね。
うちも最近行きました!

色々でかけていますが、夫からは「出かけてばかり」とブーイングがあります。
もっと近所で楽しめればいいのですが…。

研究所めぐり、いいですね~。
バスが不便だった記憶があるのですが、うちもまた今度行きたいです!
あのあたりは色々あっていいですねー。

カンドゥ行かれたんですね。
なんだか色々施設がありますよね。
楽しかったようでなによりです。
プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード