君が僕の息子について教えてくれたこと

<2015年2月17日 9才9ヶ月>



自分自身へのメモ書きです。


あるキッカケがあり、NHKの番組「君が僕の息子について教えてくれたこと」(2014年8月放送)を見ました。






アイルランド在住の作家デビッド・ミッチェル(David Mitchell)さんと
「自閉症の僕が跳びはねる理由」の作者 東田直樹さんとの交流をうつした映像です。






デビッドさんは日本で8年間英語教師をしていた(&奥様が日本人)ので、日本語が堪能です。
お子さんの1人が自閉症です。



デビッドさんは東田さんの「自閉症の僕が跳びはねる理由」を読んで感銘をうけ、英訳をしました。
そして今世界20カ国語に翻訳されています。
東田さんの本を読んで、
「まるで息子が自分に語りかけているように感じた」そうです。






この番組で人の縁というものを感じました。
デビッドさんが日本語を読めなかったら、英訳されることもなかったかもしれませんし、
そうしたら世界中で読まれることもなかったかもしれません。



この映像の中で、
東田さんが言った、
「子どもが一番望んでいることは、自分を受け止めてくれる場所と親の笑顔です」
という言葉が印象的でした。
そうだよね、、
障害の有無にかかわらず、子どもの想いは同じかな、、と。



また
「僕のために 誰も犠牲になっていないと 
子ども時代の僕に 思わせてくれたのが 僕の家族のすごいところです」
とあって、
東田さんの家族もすごい、、と思いました。


デビッドさんが東田さんに会ったときに、
「ナオキくんは僕のヒーローの1人です。
ナオキくん本のおかげで、オレの自閉症の息子の気持ちがもっとわかります。ありがとうございます」
と言うと、
「だれかにとっての 喜びになるのは 僕にとっても うれしいことです」
と答えました。

やはりこういう答えができるなんて、ご家族がすてきなんだろうと思います。


デビッドさんが最後に、
「どうやって 僕は息子を助けることができますか?」の質問に、
東田さんは、
「ボクはそのままで十分だと思います。
お子さんも お父さんのことが大好きで
そのままで十分だと思っているはずだからです」
と答えました。

その時のデビットさんの優しい笑顔が素敵です。



一応youtubeを貼り付けておきます。
(いつ削除されるかわかりませんが。)





↓デビッドさんと東田さんの対面の様子です。






東田さんの本を図書館で予約したら25人待ちでした。
いつ読めるかな?
あとどうでもいいことですが、東田さんのブログ(こちら)を見たら、
私のブログと同じピンクのテンプレート(模様)でした^^



お付き合いくださってありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

コメントの投稿

Secre

No title

こんにちは^^

今日は久しぶりのお休みで、今ざまきさんが紹介してくださった動画を
見たところです。(2月から仕事が増え週2日ずつ掛け持ちしています。)

私の親友にも、息子と同じ歳の男の子がいて重度の自閉症です。
自分の子供が自閉症ではないと、なかなかきちんと理解する機会もなく、
親友の息子さんがきっかけで、それでもほんの少しだとは思いますが、
気に掛けたりするようになりました。

東田くんの思考に驚き、言葉を発せなくても、頭の中に想いや気持ちが
あること、行動がコントロールできないこと、自分でもそれが理解できていて悲しい事など、
当事者である東田君の言葉がとても心に残りました。
そしてご家族の方もとても素敵だと思いました。

自分にどう生かすか?
色々思うこと、反省することなどたくさんあります。
今日こうしてざまきさんのブログをゆっくり見ることができたのも偶然とはいえ素敵な縁。
読めて良かったです!

真面目になっちゃいましたが(^^;)
ご紹介ありがとうございました!


>haruさんへ

こんにちは^^

貴重なお仕事のお休みの日なのに、寄ってくださってありがとうございます!
番組の中にもありましたが、
東田さんの本は、親御さんにとって
子どもの気持ちがわかる助けになっていると思います。
それも世界中の。

そんなふうにおっしゃってくださって
東田さんのパクリになりますが、
喜んでくださって私も嬉しいです。
私はただyoutubeを貼り付けただけなのですが。

話は変わりますが、先日プロフェッショナルを見ていて、
ホテルで働く素敵な女性(コンシェルジェ)の話を見ました。
haruさんのこと思い出しました~。

No title

ざまきさん^^

私もコンシェルジュのお話見ました!
英語で接客をするだけでも大変なはずなのに、
相手の心を読んでおもてなしするのは難しいですよね^^;

あの年配のプロフェッショナルな女性が側にいるから
余計に緊張するんじゃないかな?!なんて思ったり(苦笑)

良かれと思ってやったことがダメだったことって日常でもありますよね。
子育てにも良くある気がしますが^^;

仕事は始めたばかりで慣れていないのでストレスが溜まり中で、
家でもイライラしつつあったり。自分の心の問題なのですが。
また時間があったら、ぜひざまきさんとお話したいものです♪

>haruさんへ

haruさんも見られました^^?
笑顔が素敵な女性(阿部さん)でしたね~。
「カッコイイ!」と思ってしまいました。
ホント「プロ」ですね。

途中から見たので、再放送を録画して最初の方を見てみたいです。

でも「高級ホテル」だから、
宿泊客だけ=お金のある人しかあーゆうサービスは受けられないのかな、、
なーんて、ちょっとひねくれた見方をしてしまう自分もいたり。
あ、でも旅行していて、
普通のホテルでも「いいサービス」をしているホテルもありますけどね。

色々な人がいるから、対・人の仕事は大変ですよね。
でも楽しそう~、と思いました。
富士山を上りたい、、から箱根、、はずいぶん離れているのに、、と思ってしまいました^^;

あの男性、隣でプロがいて勉強になるけど、緊張もするでしょうね。
映像ではいい結果がでていましたが。

私も横浜から東京だったら「電車の方が安いですよ」って言っちゃいそうです・苦笑。
自分は「よかれ」と思っても、
他人にはそうではないことも多いですよね。
ホント、子どもも一緒です。
何を求めているのか、、を見極めるのは難しいです。

彼女のように仕事を「趣味です」なんて言えるのはうらやましいです~。

ストレスはやくやわらぐといいですね~。
イライラしていると、子どもに対しての怒りの着火点が早くなるし・苦笑。
疲れると風邪を引きやすくなりますので、
ゆっくり休んでくださいね。
(できる範囲で)また遊びにきてくださると嬉しいです^^
ありがとうございます。





>
> 仕事は始めたばかりで慣れていないのでストレスが溜まり中で、
> 家でもイライラしつつあったり。自分の心の問題なのですが。
> また時間があったら、ぜひざまきさんとお話したいものです♪
プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード