思春期の子と心の距離を感じたときに

<2014年12月28日 9才8ヶ月>


こんにちは。
自治会のクリスマス会、習い事のクリスマス会があり、
体がしんどい、、、
と思っていたらダウンしました。


数日間ひたすら寝ていましたら復活しましたが、
大掃除どころか家はメチャクチャ、
年賀状もまったく書いていません…^^;
明日からがんばります。
(紺太郎は夫の実家に、私は自宅にいます。)


紺太郎の様子は夫の実家にカメラを忘れてしまったので、
来年書きたいと思います。


私が図書館から借りて読んだ本の記録です。
「思春期の子と心の距離を感じたときにできる大切なこと 大塚 隆司 (著) 総合法令出版」です。






勝手なメモ書きです(省略、変更あり)

子どもが思春期になると、優しく話しかけても、真剣に話しても、怒っても、厳しくしても、なかなか思ったような会話にならないことが多くあります。
私は時々こんなことを言われることがあります。
「どうして大塚先生には相談するのでしょうか?」
確かに、子ども達がそれまで言わなかった話を、私にしてくれることがあります。

子どもとの話の99%はしょーもない話です。
聞いても聞かなくてもどうでもいいようなくだらない話ばかりです。

ですが、そのくだらない話をちゃんと聞けるかどうかが大切なのだと思っています。
子どもは、その99%のしょーもない話をちゃんと聞いてくれる人に、残りの1%の大切な話をしたいのです。
残りの1%を大切に思っているのは大人であって、子どもにとって大切なのは99%の方なのです。
子どもにとっては、勉強や進路の話よりも、ゲームやアイドルやマンガの話の方がずっと大切ですし、話したいと思っています。
子どもが話したい99%の話を聞かずに、できれば話したくないような1%の話だけ聞こうとするのは、あまりに都合が良すぎます。

もし、子どもの心があなたから離れていくように感じているなら、その99%の話を聞くことから始めてみて下さい。

私はいつも、子どもと同じ気持ちになったつもりで聞くようにしています。
子どもが楽しそうに話していたら、こちらも楽しそうに聞きます。
淡々と話していたら、ここらも淡々と聞きます。
嬉しそうに話していたら、嬉しそうに聞きます。
子どもは、この人は自分と同じ気持ちを持っていると感じると、安心して話せます。
子どもが話すしょーもない話をどれだけちゃんと聞けるか。
それができれば、この先、思春期ど真ん中、まったく会話がなくなることはないと思います。




紺太郎の電車の話は時々めんどくさくなって、、
気をそらしたり、ごまかして遮ったりしてしまうことがあります。
こちらが「聞きたい話」ばかりじゃなくて、子どもの「話したい話」を大事にしたいと思いました。


お付き合いくださってありがとうございました。
Mステで神田沙也加の歌を聴きました。よかったです。雪アナの映画も見ましたが。親の才能をうけついだのでしょう。うらやましいです。
紅白も楽しみです。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード