東大に受かる子どもの育て方 ー河村 京子

<2014年2月12日 8才9ヶ月>



読んだ本、
「0歳から6歳までの 東大に受かる子どもの育て方 河村 京子 (著) 中経出版」の紹介です。







河村さんはご長男が東大に入られる前からブログを拝読して参考にさせていただいていました。
初めての出版になります。
うちの子はもうすぐ9歳ですので、「6歳まで」には入りませんが読ませていただきました。
(子どもに東大にはいってもらいたいわけではないです。もし入ってくれるようなことがあれば嬉しいですが。)



「東大にうかる子の育て方」と言っても、東大に受かるためのノウハウ本ではなくて、
「夢を持つ子どもに育てる方法」を河村さんの子育てのエピソードを交えながら書かれています。


お子さんは3人いらっしゃるのですが、
子どもが出来る前に育児書を2000冊読まれたそうです。
その知識をもとに自分の軸を作られたようです。


ご長男は東大生、つづく次男、長女さんも優秀なようです。


読んでいてとても面白かったです。
「なるほど、へぇ~、(私には真似できないけれど)こういう風に育てれば優秀な子が育つのねー」
と納得しました。


真似ができないと思った点は、
オヤツは全部手作り、
おもちゃは積み木のみ、
3才から朝2キロのマラソン、
3才からトイレ掃除を仕事として与える、
裸育児、
テレビなし、
子どもに感情でガミガミ怒ったことがない、
などなど、、。


そして感心したところは、「子どもにトコトンやらせる」という点です。


長男さんが散歩中に工事現場に興味を持って見ていたら、
その日は3時間見ていたそうです。
次の日から小雨の日はカッパを着てでも、毎日完成まで通ったそうです。
長男と次男が、庭に穴を掘り始めたら、背丈を越える深さまで掘ったそうです。
次男さんが蛇を拾ってきて嬉しそうに「飼ってもいい?」と言ったときも、
鳥肌ものだったそうなのですが、
「もしかしたら将来ヘビ学者になるかも、、」と許したそうです。
(3日で逃げたそうですが。)


私だったら蛇は嫌いで絶対無理なので、
「蛇さんのお母さんが探しているかもしれないし、自然の中にいないのはかわいそうでしょう」
とか言って「私の思惑」を優先してしまうと思います。
工事現場も30分くらいまでは付き合うかもしれないけど、
それ以上は「帰ろう~」と言うと思います。



子どもが興味を持つものにトコトン付き合ってあげる、(邪魔しないで)トコトンやらせてあげる、
他の子と違ってもかまわない、という徹底ぶりに感心しました。
そこから子どもの集中力や探究心が育つのでしょう。
そしてぶれない軸がスゴイな、、と思いました。



小2なのにまだプラレールに夢中になっている、、などちっとも気にすることではないことに思えてきました。



サラっと読めて面白かったです。




お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

Secre

No title

この方、これらを実行したなんて、すごいですね~!


トイレ掃除、一度もやらせたことない・・・
最近、「そろそろやらせよう」と思ってたところなんですが、
小さいうちから、抵抗ないうちに始めればよかった、
と思うこと他にも多々あります(--;)


今思えば、「工事現場観察に3時間つきあう」などは、
ほんと小さい頃はとことんやっとくべきだと思いますね。
(いや、多分、頭ではわかっていたんだろうけど・・・)


最近は、放っておけば娘がいつまでもやってることって、
DSかファッション雑誌なんで、余計、そう思います。
(DSは一応、制限時間設けてますが、
多分、親の目盗んでもっとやってる。)


DSに手出し始めると、
ふつうのお絵描きやレゴにはまってる時は、
嬉しく思うくらいですよ(^^;)
プラレールも、「とことん」やらせてあげたらいいと思いますよ!


ほんと子育てって、「今、この瞬間、全力で」ってのが大事なんですよね。
オリンピックの、若いメダリストたちの話聞いてると、
親の全力サポートが不可欠!を痛感。
もちろん精神面でも。

わたしなんか最近、娘の習い事の送迎に振り回されるのですら、
愚痴が出ています。。。反省。






















>hiromidさん?

お名前がなかったのですが、hiromidさんですよね。
(もし違っていたらごめんなさい~。)

> この方、これらを実行したなんて、すごいですね~!
そうなんですよ。
私もすごいと思いました。
本には書かれていなかったのですが、ブログを読んでいても、毎日6時までにやることを約束させていて
(詳しくは忘れちゃったのですが、お米をとぐ?とかお風呂掃除?とか)
もし終わってなかったら夕食は抜きだったそうです。
それも怒ることなく、「今日は残念だったね。じゃあ寝ようか」と静かに言って寝かせちゃっていたそうです。
私だと栄養が足りないと体調をくずす、、とか心配しちゃうけど。
で、、そのくせ怒りまくったり…^^;

> トイレ掃除、一度もやらせたことない・・・
うちもです~。男なので「こぼしたら拭く」はやらせていましたが、
河村さんは3才からバケツと雑巾で掃除させていたそうです。
ご長男のコメントも載っていたのですが、「当たり前」のことだと思っていたのでなんとも思っていなかったそうです。
やはりその家々の「当たり前」って大きいな、、と思います。
ゲームをするのが当たり前、、とか、夜更かしが当たり前、、の家もあると思うし。

Aちゃんは猫のえさやりとか役割はあるんですよね。
うちはゴミ捨てだけです~。
(出るときについでに持っていってもらっています。)
私も何か役割を考えたいです。

DSはくせものですねー。
うちはまったく「ほしい」という気配がありませんが、いつくるかと思うと怖いですー。
でも今の子どものコミュニケーションツールなんでしょうね。
大前研一さんの本なんかは「ゲームはとことんやらせる」なんて書いてありましたが、
それだけで時間がすぎちゃうのはもったいないような気がします。
ファッションも女の子だったら興味ありますよねー。
でも親としてはほどほどに、、と思ってしまう気持ちはとってもよくわかります!
> プラレールも、「とことん」やらせてあげたらいいと思いますよ!
そうします~。

> ほんと子育てって、「今、この瞬間、全力で」ってのが大事なんですよね。
> オリンピックの、若いメダリストたちの話聞いてると、
> 親の全力サポートが不可欠!を痛感。
> もちろん精神面でも。
ですねー。

> わたしなんか最近、娘の習い事の送迎に振り回されるのですら、
> 愚痴が出ています。。。反省。
親だって疲れちゃいますもの、、。
私も送り迎えなど怒ったときに「あなたのためにこんなにやっているのに、、!もうやめる!」なんて怒っちゃうことあります…^^;
まあ、これは私がやめたい習い事(体操)なんですけどね。

そうそう、河村さんのお子さん達も小学生のときはラボっこだったようです。
うちが習い始めたときに知ったのですが。
なんだか嬉しかったです。

すみません

あ、前のコメント名無しだったんですね。
失礼しました^^; !!


猫のえさやり、お風呂掃除、洗濯干し&取り込みなど、
一応役割はあるのですが、
猫以外は、ほとんど週末のみです。
平日夜は、ほとんど両親宅で過ごすので。
両親宅では、「上げ膳据え膳」状態です(--;)
あ~、本当になんとかしなくちゃ!!


先日、連休を利用して帰宅していた旦那が、
朝、娘を車で学校へ。
たいした雨でもないのに、
学校まで送り届けるつもりでいたので、
「両親宅で降ろして、そこから歩かせて」と頼んだら、
喧嘩になってしまいました。。。


普段から娘の「甘い生活」にやきもきしてるんで、
「雨だから何!?傘があるでしょ!
『傘さしても少しぐらい濡れる』
っていう経験もさせないつもり!?」
とムキになって言い返したせいなんですけどね。
娘に向かっても、
「あんたはそんなにヤワな人間なの!?」と嫌味。


とにかく、周りの環境が甘すぎるので、
そこへの苛立ちもあって、
必要以上にキツイ口調になりがちな私。
「厳しくする」っていうのは、
そういうことではないんでしょうけどね。。。^^;




















No title

何度もすみません。


大前さん、そんなこと言ってるんですか?
「とことん」には私も賛成ですが、
小学生のうちは、親の管理の下で、
と思ってしまいます。
その反動が大人になって出るのかもしれないけれど、
「自制」「規律」を教えておくのと、おかないのは、
全く別物のような気がします。


河村さんのお子さんたちが「ラボっこ」というのは、
勇気づけられますね~^^!
英語CDへの取り組みなど、
ブログ拝見してても、
紺太郎君は、大きく花開く素質(真面目・やる気・凝り性?)
ありそうです!!







>hiromidさんへ

hiromidさんのお気持ちよくわかります~。
「そんなヤワなの」の嫌味を言いたくなる気持ちもすごくよくわかります^^
私も言いそう…。
でもたまに会えた娘さんを甘やかせたい旦那様の気持ちもわかります~。

まあ夫婦は「甘いお父さんに、厳しいお母さん」、
またその逆もあり、、で
バランスが取れているのかな??とも思います。

子どもも宿題に習い事に忙しいですものねー。
仕事を与えるにしても「宿題早くして、、」とやきもきしていることも多いので、
うちは中々。。

大前さんちは特別のような気がします。
次男さんがコンピューター好きで、
早稲田実業中学に入学したのに、中学で退学、
コンピューターを勉強する為にアメリカに留学、南カルフォルニア大学に入学するも、「もう勉強することはない」と中退しています。
時間をダラダラとつぶして遊んでいたのとは違うような気がします。
私もゲームに時間制限を設けるのは必要だと思います。
あ、一応日記も書いているので貼っておきますね。
お忙しいと思うので、読まなくてもいいですので^^

http://zamakibeniko.blog14.fc2.com/blog-entry-1644.html

紺太郎のことそんなふうにかいてくださってありがとうございます。
まあ、、悪いことはあまり書いていないので^^;
私が色々彼のことをつぶしていそうな気もします。
結構ガミガミ、ヒステリーで。

Aちゃんも新聞が全国で入賞したり、(かわいいし)将来楽しみですねー!

ご購読ありがとうございます♪

購読していただき、ありがとうございます!(^^)!
本にすると「リッパな子育て!」に見えますが、
決してそんなことないのですよ♪

抜けてるところも多いし・・・(笑)

抜けてるところも、失敗も含めて子どもは学んでいきますから
今の子育てを大事にしてくださいね。

子育ての花を咲かせましょう(#^.^#)

>母学アカデミー河村京子 さんへ

コメントしてくださりありがとうございます♪
アメブロの頃からブログを拝読しておりました。
(メルマガもです。)
本当に色々と参考にさせていただいています。
「起こし方」などガミガミイライラしていたのが一変しました!
ありがとうございます。

これからのますますのご活躍をお祈りいたします。
プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード