共感して聴くのはむずかしい

<2013年10月 8才5ヶ月>


(いつも大体そうですが)自分用のメモ書きです。


私は親業訓練協会で講座をうけまして、その後定期的にその仲間と先生でフォロアープの会に参加しています。



そこでは「聴く練習」を主にしています。


親業では子ども(人)の話を「共感して聴く」ことを大切としています。
(「同意する」とは別)

そのために、
聴き方で「沈黙(だまって聴く)、あいづち、うながす」他に3つの方法があります。


①くり返す
②いいかえる
③気持ちをくむ



この3つが「能動的に聴く」と言われている方法です。



仲間の中で「話す人」それを「聴く人」で分かれて練習しています。
そのときに「話す人」は悩みやマイナスの感情を話していきます。
ペアになった人はその話で「聴く練習」をします。


私が「話す人」になった時に、先日あった紺太郎との出来事を話しました。


我が家から●●へ行くのに、途中で電車を乗り換えていきます。
選択肢は複数あるのですが、
家でパソコンで検索して一番早いA線に乗り換えることに二人で決めました。

でも私は間違えてB線に乗ってしまいました。
(回数券があったのでそれを改札にいれてしまいました。)
券がもったいないのでそのままB線で行くことにしました。
A線に乗るより5分くらい余計に時間がかかるくらいです。

ところがB線に乗っていると、紺太郎が
「Aに乗りたかった~」と泣き出しました。

私は「ごめんね」とあやまりましたし、
「くりかえす」を使って「Aに乗りたかったんだね」と言いました。
でも泣き止みません。
B線の途中でC線に乗りかえることもできるのですが、それだとお金が余計にかかります。

「Cに乗りたい~」とも言います。
私は「お金がかかるからダメ」と言いました。


結局ずっとグズグズです。
私は「まわりの人に迷惑がかかるから静かにしようね」
とかあげくに
「静かにしなさい(怒)」
「前に電車に乗るときは静かにする約束をしたよね」
とイライラとしてきました。



今思うと、電車を下りて泣き止むまで待っていればよかったのですが、
早く目的地に着きたい気持ちがあってそれをしませんでした。


結局目的地について(紺太郎は落ち着いてからも)
私のイライラがしばらく止らず紺太郎にあたっていました。


こんな話を先生と仲間にしました。

「話を聴く目的」は「子どもをコントロールする」ことではないのですが、
私は「Aに乗りたかったのね」と繰り返していて、
一応能動的に聴いているつもりでいたのに、
子どもはずっとグズグズしていてなんだかスッキリしませんでした。


そこで先生の一言。
(聴くことにおいて)「あやまる」というのは防御的。
「ごめんなさい」の前に能動的に聴く。
「お母さんのせいで間違えて、楽しみにしていたのに、
それがなくなってがっかりしているのね。(わるかったわ。)」
のような。


なんだか腑に落ちました。
「ごめんね。Aに乗りたかったんだね。」よりもズッと子どものきもちのそっていて、
共感的のように思えます。


さすが先生と思いました。


でもこれが「正解」とわけではないです。
子育ては「正解」があるわけではないです。


親業も効果的というだけで、
(英語ではParent Effectiveness Training (親の効果的なトレーニング)といいます。)
「やり方」にこだわる必要はないと思いますが、先生の言葉がスッと入ってきました。




で、先生の一言。
ざまきさんって前もお話を聞いていたら、「まちがえた」ことありますよね。
まずあまり「まちがえない」ようにね。
と。


は~い^^;
(でも私は抜けているので、むずかしいです~。)



あと先生は「「この子は泣く子なんだ」、とあきらめることも必要」というようなことをおっしゃっていました。
もちろん人のいる電車の中で大声で泣くのはNGですが。


うちは漢字の書き取りの宿題が出るとたまにストップウォッチで時間を計ります。
「早く書けばいい」わけじゃないのはわかっていますが、
前にタラタラと必要以上に時間がかかってしまったことがあったので。


23(水曜日)に10文字漢字の宿題が出たときのことです。
紺太郎が4文字目が終わって「今何分?」と聞いてきました。
最近ストップウォッチの調子が悪かったのですが、電池が止まっていました。
そのことを告げると大泣きです。
「全部消して、初めから全部書く~~!」と大騒ぎです。



「がんばっていたのに、がっかりしちゃったね」と声を掛けましたが、
大泣きは続きます。



結局30分くらい泣いていました。
前だったら「仕方ないことでしょ」と言ったり、泣き止ませようとして泣き止まなくて段々イライラしていた状況ですが、
泣くだけ泣かせようと思いました。


結局時間をおいて、6文字を計って済みました。



なんだかヤッカイでしたが、
こだわりがあることはいい面でもある、、と(無理やりでも)思おうとおもいました。





お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

コメントの投稿

Secre

No title

いつもながら、ためになるお話ですね~

ざまきさん、習ったこと、
かなり実践できていて凄いです。

私は、(自己流ながらも)、
子どもが小さい時はまだできましたが、
「10歳」迎えてからは、
できないというか、
『ダメなものはダメ』や、
『親の言うことは聞け』のような、
頭ごなしも必要なんじゃないか・・・?
と勝手に思いめぐらせ、
どちらかというと、そういうスタイルの最近です。

最近の子どもたち(教室の生徒さん)や、
荒れた中学校の生徒の話を聞くにつれ、
「親(先生も)が『優しすぎ』て、
大人をなめすぎてやしないか?
自律心が育ってなさすぎ。。。」
とも感じるようになってしまって。。。
難しいです。

紺太郎君の年齢なら、
まだまだ「親業スタイル」で、
私も迷いませんけどね。

英語教室辞めたいの話、
困りましたね~
いろんな子がいますもんね。
ざまきさんは、その子たちのクラスの様子、
見学されましたか?










>hiromidさんへ

そ、それが「かなり実践できている」とは言えないかも^^;
ヒステリーババアに変身する事多々あります。
「自分のイライラを相手にぶつける」ことがラクだし、多くなっています。
でも子どもにそうされるとイヤなので、
悪い見本を見せているな、とも思います。
でもそうおっしゃってくださってありがとうございます!

> 「10歳」迎えてからは、
> できないというか、
> 『ダメなものはダメ』や、
> 『親の言うことは聞け』のような、
> 頭ごなしも必要なんじゃないか・・・?
> と勝手に思いめぐらせ、
> どちらかというと、そういうスタイルの最近です。

そうなんですね。まだ10歳に付き合ったことがないので何ともいえないのですが、
私はパピーいしがみさんのメルマガをとっていて、
昨日ちょうど10歳についてこんなことが書かれていました。
(毎週メルマガの冒頭に書かれていることですが。)

 大脳生理学上、子供の脳は9歳から10歳にかけて完成するんですよ。
 よく年を数える時に「ひとつ」「ふたつ」「みっつ」・・・
 って言いますよね。
 その「・・つ」と数えるまではまだ脳も考え方も子供なんです。

 でもね。10歳になると「・・つ」と言いいませんよね。「とう」です。
 「・・つ」を超えるとそろそろ脳が完成しつつあるわけです。
 9歳から10歳になると親の言うことを聞かなくなったり
 反抗したりするじゃないですか?

 あれは脳が完成してきた証拠なんです。
 9歳までは脳の発育と共にいろいろな情報を取り込みます。
 おかあさん、おとうさん、おばあちゃん、おじいちゃん。
 先生、友達、おじさん、おばさん、・・・。
 人、本、そして実体験からさまざまな情報を取り入れます。


 たくさんの情報を取り入れて10歳になりますね。
 脳が完成されてくると、自分が10年間で集めた情報に照らし合わせて、
 自分なりの判断をしだすんです。だからこの頃になると、
 親の言葉に耳を貸さなくなったり、
 言うことを聞かなくなったりし始めるんですね。
 子供は自分の考えで行動したいのです。


 反対にこの時期になっても親に従順だったり、
 親の言うとおりにしか行動できないのだとしたら、
 そこには大きな危険をはらんでいると言えるんですよ。
 いいですか?変化は9歳から10歳にかけて起きるんです。

という所を読んで、「へぇ、10歳ってそんなに変わるんだ~」としみじみと思ったところでした。
長くなってすみません^^;

「思春期こそ親業が大切」とも聞いたことがあるのですが。

> 「親(先生も)が『優しすぎ』て、
> 大人をなめすぎてやしないか?
> 自律心が育ってなさすぎ。。。」
そうなんですね。
それは子どもが好き勝手しすぎたのかもしれませんね(親業でいう第二法)。
でも、親や大人が、脅しや力だけで押し付けても(第一法)うまくいかないような気もします。
難しいですが。
もちろん「ダメなものはダメ」は大事だと思います。

東ちづるさんの「言うことを聞かなくなってきた子どもの育て方」を読んでも、
信頼関係というか結びつきがきちんとできていることが基礎になければと思いました。
そのためにはやはり「聞く」のは大事かな、、と思います。

私もわからないなかゴチャゴチャとコメントしてごめんなさい~。
ホント難しいですよね。

英語は見学しました~^^;
そのときは揉め事もなかったのですが。

でもその次の(見ていないときには)コンタがつねられて教室を泣いて飛び出した、とか。
でもそのつねられた原因はコンタだったり。
でもコンタの言い分もあったり…。
先生が「一人っ子のお子さんは大人の中でもうまくいくけど、子ども同士の中ではうまくいかないことが多いんです」とおっしゃっていて、
「アレ、うちが原因?」とモヤモヤしたり^^;
先生がおっしゃるには親は「子どもの見方になってあげてください。でも一緒に逃げる方向には行かないように、、」なんておっしゃっていました。
うまく乗り越えてほしいです^^;

長くなってすみません~、
長い割にはあまりよくわからなくて^^;
私もいずれは通る道です。

No title

パピーいしがみさん(以前は私も購読してました)のメール、
ナイスタイミングです。
ありがとうございます♪


私は、どちらかというと、
自分でいうのもなんですが、
あまりヒステリーではなく(性格男っぽいと言われます^^;)
忍従タイプだと思います。
なので、カッと怒るよりは、
地下のマグマがグツグツ煮えたぎってきたところで、
「あのさ~」と低い声でドスをきかせる^^;
ここで娘(生徒たちも)が、
「あ、やべえ。そろそろ噴火する!」とビクッとして、
謝ってくれば(本人たちも原因をわかってる時は)、
ここで収まります。
ここでおちゃらけたりされたら、スケ番になります^^;


10歳前後で急に変わる、って実感してますよ~
でも、娘の言い分もいちいちもっともで、
(こちらの矛盾もついてきますし)
「こうやって、ちゃんと親に歯向いながらも、
自分の意見が言えるのも、
これまでの親子関係が良好だったからじゃないだろうか?」
と、自画自賛ながら思ったりもします。
私自身、10歳の時点では、
「この親には何を言っても無理!」と、
孤立無援な気持ちでいましたからね。。。
だから、自分の気持ちをストレートに主張できる娘に、
感心する面もあります。


思春期の会話ももちろんですが、
生涯通して、普通に会話できる親子関係でいたいものです☆


先生の「ひとりっこのお子さんは・・・」の言い方、気になりますね^^;
でも実際、私も娘に対して、
最近「親」としてでなく、
意識して「上の姉」のような気持ちで、叱責することあります。
実際、娘に対しても、
「あ~、まったく!これだからひとりっこは!」と思うことありますしね^^;


子どもだから「しつこい」のは当たり前・・・で大人(親)ならスルーできちゃうところを、
敢えて「しつこい!」と突き放して、その後教え諭したり。。。
ひとりっこは、心理的にも身体的にも、
やはり「距離の取り方」が、
兄弟のいる子よりはわかってない(経験ない)と思います。


よく遊びに行くお宅が3兄弟(小5女・小2男・年中男)なのですが、
まあ、そりゃ、すごいもんですよ。
手があたった、自分の物を無断で使ったなんだで、
ぼこぼこに殴り合いしてます。
殴るのがいいとは思いませんが、
単純に「うちの娘は、ただの一度も殴られた経験がないな」と思ったのと、
だからこそ、「相手が『不快』に思う距離を、
敢えて教えていかなきゃいけないな」と思ったのがきっかけです。


実際、「ひとりっこは・・・」と苦々しく思ってる人はいるし、
その先生の言い方には含みがあるので、
敢えて、先生に「うちの子ひとりっこなので・・・」と、
単刀直入に先生に聞いてみるのはいかがですか?
それで、今後のためにも、さりげなく紺太郎くんに諭しておいては?
うちの娘は言われたことがあって、
その時は傷つきましたけど(娘よりも私が)、
今では言ってもらって良かったと思ってます。
じゃなきゃ、親子ともに配慮欠けたままだったかなと。

長くなりました。










































No title

ざまきさん、親業の先生に言われたこと
「あまりまちがえないように」という言葉に他人ながら引っかかっています。
ざまきさんは大丈夫ですか。
尊敬する先生のおっしゃることですし、納得して受け止められた
かもしれませんし、ここに文字で書いてらっしゃる分、
ニュアンスがわかりませんが、私はざまきさんがうっかり回数券を
入れてしまったこと、そんな注意されるほどの間違いとは思えないんですよね。
前には確か違う沿線に乗ってしまってコンちゃんが泣いたエピソードが
あったかと思うのですが、誰しもうっかりとか読み間違えたりとか
毎日の生活の中でいろいろあると思うんですよ。
それを親業の先生に間違えるな、と言われると親たるものもっとしっかり
しなさい、と言われたように感じて、ざまきさんが息苦しさを
感じてないといいな、と思いました。
人間、完璧じゃないですもん^_^;

ところで、ふと思いましたが、
改札に入った後で、回数券を入れてしまって間違いに気づいたとき、
コンちゃんにはB線に乗ることになると説明されてましたか?
そこで一旦納得してたのなら、私なら後で長々とぐずられても
能動的に聴く、という余裕はないです(^^;;

英語教室の件、hiromidさんへのレスを拝見しましたが、
何が理由であれ、つねるって手を出した方が悪くないんですか?
ひとりっ子云々以前の話ですよね?
そこは、相手が叱られてるんですよね?
状況がわからないのにごめんなさい。ちょっと気になったもので。

>hiromidさんへ

hiromidさんもメルマガを購読されていたんですね。
毎週送られてくるメールで見ているはずですが、
今回たまたまじっくり冒頭の部分を読みました。

前回のコメントのお返事はhiromidさんが第一法で脅しや力で子どもを
抑えているような印象になっていないかと、言葉たらずではなかったかと反省しています。
もちろんそういうつもりではなくて、
hiromidさんと娘さんの結びつきは素敵だな、、と拝見していて思っています~^^

hiromidさんは多くのお子さんを相手にだから、
色々と大変ですね。
色んなお子さんもいると思うし、話せばわかる子ばかりじゃないだろうし、
時間制限もあるでしょうし。

私も火山が噴火する前に「ドス」をきかせてみようかな。

> 「こうやって、ちゃんと親に歯向いながらも、
> 自分の意見が言えるのも、
> これまでの親子関係が良好だったからじゃないだろうか?」
そうですよね。
あまり考えていない子もいるだろうし、親のいういい子をやっている子もいると思います。

> 思春期の会話ももちろんですが、
> 生涯通して、普通に会話できる親子関係でいたいものです☆
私もそう思っています。

> ひとりっこは、心理的にも身体的にも、
> やはり「距離の取り方」が、
> 兄弟のいる子よりはわかってない(経験ない)と思います。
ですね~。
よくわかります。

> よく遊びに行くお宅が3兄弟(小5女・小2男・年中男)なのですが、
> まあ、そりゃ、すごいもんですよ。
なんだかわかります~。
児童館など行って兄弟をみていると、
なぐる、ける、、でびっくりしたことがあります。
でもそういう日常があって、
強くなっていくんだろうな、、と。
これは一人っ子じゃ経験できないです。

先生は「学校では大丈夫ですか?」と言っていて、
「アレ、うちの方が問題なのかな、、」というニュアンスでした。
で、ちょっとモヤっときてしまいました。
コンタには強くなってほしいです。
だからもまれるこういう習い事もいい経験だと思いたいです。

先生も子どもの中の出来事を全部見ているわけでもないし、
私もコンタの話しを聞いても「わすれた」とか的を得ないことも多く、
よくわからないことも多いので、
私も何をどう言ったらいいのかわからない状態なのですが、
子どもと、あと何かあったら先生と話していきたいと思います。
ありがとうございますね~^^

>すぬこさんへ

色々と気にかけてくださってありがとうございます^^
大丈夫です~。
言われたときに「でも人間間違えるし、私は特におっちょこちょいだし、
間違がえないわけにはいかない」と思っていました。
「まあ~、先生、無理なことをおっしゃる」と笑っていました。
私が抜けているせいで、コンタがしっかりしている面もあるので、
仕方ないことだと思っています。

> 前には確か違う沿線に乗ってしまってコンちゃんが泣いたエピソードが
> あったかと思うのですが、
もしかして、そのエピソードがこの話かもしれません。

> ところで、ふと思いましたが、
> 改札に入った後で、回数券を入れてしまって間違いに気づいたとき、
> コンちゃんにはB線に乗ることになると説明されてましたか?
あー、説明まではしてなかったかな。
乗る前に、
「あ~、間違えた。しかたないB線で行こう」と言ったら、
「え~」と言っていたくらいでした。
この子は電車に「こだわる」のでこれから気をつけようと思います。

つねったのは先生は「どういう理由があるにせよいけないことだ」と叱ってくれたようです。
コンタは教室を飛び出したようで。
先生もずっと状況を見ていたわけではなく、
私も「何があったの?」の聞いても「わすれた~」とか言われてよくわからず困りました。
でもよくよく聞いてみると、先にコンタが手を出した疑惑もありまして。。
今人気ドラマの半沢直樹のせいで、(うちは見ていなかったのですが)
「倍返し」だとか「100倍がえし」だとかはやっているようで、
困ってます。
うちは「倍返し」はダメと言っているのですが。
うまく子ども同士で距離感をもつことができるようになるといいのですが。。

No title

何度もごめんなさい^^;

それと、紺太郎君の様子、
わたしも見てないしわからないのに、
わかったようなこと言ってしまい、ごめんなさい。
ウチも一人っ子なので、ついウチのケースで考えてしまい・・・

いえいえ、ざまきさんのおっしゃる通り、
私、今、「脅し」をやってる真っ最中なんですよ^^;
自覚してます。

さすがに「殴る・たたく」はしませんが、
「この子、荒波にちっとももまれてない」の思いが出てきて・・・
「自分を好き♪」の自尊心は育ってるような気がするので、
10歳なら、外でいきなり荒波に遭うより、
少々免疫つけといてもいいんじゃないか?と、
親業とは正反対のことをやってみてます。

たとえば、自主学習は「毎日やる(40分程度の内容)」と(私が)決めてますが、
やれてなかったら、その週は、大好きなダンスの習い事には行けない。
最近は、「だらだら、文句たらたらやるんだったら、
やったことには入らない」とハードル高くしたんですが、
このやり方も、親業的にはNGですよね?

習い事ひとつにしても、親がお金を出してるのだし、
「当たり前」な顔されると、腹が立ってきて^^;

親があまりに指示出したり、完璧すぎても、
家に「先生」がいるみたいだし、
かといって「友達親子」も私は好きじゃない。。。

子供が小さい時にはなかった感情が自分に生まれ出して、
試行錯誤してるところです。













>hiromidさんへ

こうやってお話するのが楽しいので、コメントありがとうございます^^
紺太郎のことも親身になってくださって、
嬉しいです!
紺太郎も他人との距離感がわからなくて
混乱している時期なのかな?と憶測しています。
例えば友だちをたたいて、向こうが追いかけてくるのを
こちらはふざけて鬼ごっこで楽しんでいるだけ、
向こうは叩かれてイヤ、、のような。
これも憶測なのですが。
私が実際見ていて「直したほうが」と思う点は注意したいのですが、
あとは子どもの中で学んでほしいと思っています。
あ、あとネットで「生きていると、イヤな人もいる。いい人もいる」みたいなことが書いてあるものを、
読んでもらったり、ラボのいい所が書いてあるところを読んでもらったりしています。
hiromidさんの意見はとても参考になってありがたいです~。

> 「この子、荒波にちっとももまれてない」の思い
なんだかわかります~。

> このやり方も、親業的にはNGですよね?
そうですね~。どうなんだろう。
もしAちゃんが納得しているなら「約束」としてNGではないと思うのですが。

> 習い事ひとつにしても、親がお金を出してるのだし、
> 「当たり前」な顔されると、腹が立ってきて^^;
あー、わかります。

>子供が小さい時にはなかった感情が自分に生まれ出して、
>試行錯誤してるところです。
なるほど。
昨日ある方のブログで読んだのですが、

子育てにはどのようなものであれ「自分の子育ては自分の考えで裏付けされている」という責任がある、
それを受けいれるかどうかは「子どもの責任」

という文章です。
こうやってhiromidさんが色々と試行錯誤して
子育てをしていらっしゃって、素敵だなーと思います。

ここで自主勉を通して「勉強って楽しい!」って思ってくれるといいですね~。
習慣になるといいですし。


プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード