映画「少年H」

<2013年9月22日 8才4ヶ月>



見た映画の記録です。


少年Hです。



130627_shounenh_sub2.jpg

130627_shounenh_main.jpg

(画像は3枚ともシネマカフェより)


1997年に発表されベストセラーを記録した、妹尾河童の自伝的小説を映画化したものです。
Hは本名の肇(はじめ)のイニシャルです。
戦前から戦後までの神戸を舞台に、軍国化や戦争の時代を生きる家族の姿を描いています。








まあまあ面白かったです。
私も戦争を知らない世代ですが、
もっと若い人達に「こういう時代があった」ということを見てもらいたいです。


金属類が不足して、中学校の庭にあった二宮金次郎像が取り払われるのですが、像に向かって、
「二宮金次郎くんが出征します」と生徒と先生が万歳するシーンなんて、今じゃ考えられません。
戦時中は「今じゃ考えられないようなシーン」のオンパレードですが。。



(と、、思ったら、
検索したところ「間違いだらけの少年H」という文章をネット上で見つけました。
小説では史実が違うことろがあったようです。。
映画ではよくわかりませんでした。)




若い人に見てもらいたいと書きましたが、
いつも映画を見るときに、「紺太郎に見せられるかな~、一緒に見られるかな~?」という視点で見てしまいます。


私の勝手な意見ですが、
中学生か高校生くらいからなら見てもいいかも・・・。



以下少しネタバレが含まれます。








小2の息子に見せるとなると、まだちょっと早いような気がします。
無菌室の中で育てようとは思いませんが…。
軍隊に招集された人が脱走して、「首吊り自殺」をする場面や、
空襲で「黒こげになった人間」の場面もあまり見せたくないのですが、
中でも、
主人公の少年Hが世の中の理不尽さに失望して、
線路に頭を乗せて自殺しようした場面は見せたくないです。



130627_shounenh_sub6.jpg




主人公は死ななかったのですが、
若者がこれから先に行き詰って悩んだ時に、こういう場面を思い出して、
「あの主人公はあの時にこうやっていた、、ボクだって、、」なんて、
模倣する人がでないか勝手に心配になってしまいました。



少年Hの両親(水谷豊さんと伊藤蘭さん)はクリスチャンでしたので、
考え方にも芯が通っていました。


あるシーンが心に残りました。
アメリカに帰国した宣教師夫人エンパイヤーステイトビルの絵葉書をHに送ってくれます。
Hはクラスメイトの友達一人(いっちゃん)に絵葉書を見せます。


その絵葉書がキッカケで父親がスパイ容疑で捕まってしまいます。
Hは怒って友達を責めに行こうとしますが、釈放された父親は、
「見せたのはお前だろ」と言います。
Hは「ただアメリカってすごいんだね、、と言いたかっただけだ」と言うと、
「いっちゃんだって、そういう気持ちで他の人に話しただけなんじゃないか?」と言います。
Hの怒りは収まります。



なるほど、、と思いました。
私だったら「もう友達じゃない!ひどいことする。信じて見せたのに!」
と言うHに、
「(お前の言う通り)ひどいよね~」と一緒に責めちゃいそうです。



親たるもの、もっと広い視野で物事を見た方がいいな、、と
この場面で内省しました^^;


予告です。







お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

Secre

少年H

少年H… 観ましたよ〜
わたしは、息子と一緒に 行きました

色々なメッセージが込められていて、見終わった直後より、しばらくしてからの方が、ジーンと胸にくるものがありました。

息子となぜ一緒に行くことになったか簡単にブログに書いたのでまた遊びに来てください。^ - ^

映画は、大きくなってからも、一緒にいってもらえるかなーと期待しているお出かけスポットなので、今から、映画館好きな子にしたいと思ってるところです( ´ ▽ ` )ノ笑

>みほさんへ

コメントをいただく前にみほさんのブログを拝見していました~。
「みほさん家は行かれたんだ」と。
戦争のことを説明するのにいい映画でしたよね。

うちは日記に書いたことは心配しすぎなのかもしれません…。
はるくんが大丈夫だったのでしたら、うちも大丈夫かな~?
ただ前にみたアニメ映画(ロラックスおじさん)で怖かったようで、
映画嫌いになってしまい、一緒に映画を見るのはまだ先かな…。
ポケモンなどは見たがるかもしれませんが。。(私がいやですが・苦笑。)

映画が終わって1時間も映画の話ができるなんてスゴイですね。
はるくんの心に残ったんでしょうね。

チケット代

そっかぁ〜
こんちゃん怖いシーンがトラウマになっちゃってるんですね。

うちも、もう少し小さい時にポニョを観て怖がり?しばらく行きたがらなかったです(´Д` )

焼けた人は、うちは、たぶんわかってなかったかなぁーと。
なんで、好きなことができないのかな?とかそういうことが、疑問だったようです。

そして、ポケモンは、気が進まないのわかります!
それでも…と、去年行きましたが、次男は怖がり、三男は泣き叫び、途中で抜けたり戻ったり… 笑
なので、今年は、お友だちとそのお姉さんにお願いしました、笑。

ドラえもんとかも、テレビでするのに…と、あまり気が進まないけど、激安チケットのお店や前売り親子チケット買って安く行っています!
最近では、次男にもお金がかかるから、定価で買うのがもったいなくて…笑

冬には、ぞろりがありますよね!
今から楽しみなんです♡
こんちゃん去年行かれてましたよね? これで映画好きにカムバック?笑。
今年もミニ本なら嬉しいなぁ〜と期待しつつ( ´ ▽ ` )ノ♡




>みほさんへ

うちはポニョを見たことがないのですが、子どもにとっては怖い場面があるんですね。
ポニョ、ポニョ、ポニョ、さかなの子~♪の歌からは想像できないです~。

> なんで、好きなことができないのかな?とかそういうことが、疑問だったようです。
はるくんは思慮深いですね!
すごい。
今の時代は自由(すぎるくらい)なので戦時中のあの規制は理解しがたいのでしょうね。

ポケモンははるくん以外はダメだったんですね。
大人のチケット代は結構しますし、ポケモンに払いたくないですよね^^;
私は寝ていました…。

頼れる人がいてよかったですね。
ドラえもんはまだ見たことないです。
今度みてみようかな~。

そっか~、冬はゾロリがあるんですね。
ゾロリだったら見に行きたがるかな~。
学校の図書館でゾロリを沢山借りています。
あ、でも去年もらった冊子はあれっきり読んでいません^^;

プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード