心は、強くなる~長友りえ

<2013年6月28日 8才2ヶ月>




私が図書館で借りて読んだ本の記録です。



「心は、強くなる ~長友家式 人に愛される子どもに育てる 五感の方程式~ [単行本] 長友 りえ (著) ワニブックス」です。










日本サッカー代表の長友佑都
さんの母親の長友りえさんが書いた本です。



とても面白かったです。


お子さんが小4(姉)、小3(長友選手)、小1(弟)の時に蓄えもなく離婚をされ、
働きながら女手ひとつで3人を育てられました。



本のよると、
「子どもの自立心を促して、
自ら人生を開拓していける人間力を育てる」

ことを心がけたそうです。


あるエピソードがありました。

簡単なメモ書きです。
(変更、省略あり)

中学に入り佑都がサッカー部に入部すると、
部活は純粋にサッカーを楽しめる環境ではなかったのです。
先輩達はヤンキー風、練習をする部員はほんのわずかしかいませんでした。

佑都もまわりに流されるように部活から足が遠のき、練習をしなくなりました。
そればかりか、ゲームセンターに入り浸るようになってしまったのです。

私は、彼自身が自分で良いことと悪いことの判断ができるまで待つことにしたのです。

そして夏休みには、私が昼休みにホカ弁を仕事の合間に毎日ゲームセンターに届けに行くようになりました。


佑都に「母は、今日も祐都のために仕事をしてくるよ」ということを知ってほしかったのです。

「押し付けるだけでなく、ただ「佑都~!お腹すいだでしょう?」と息子の元へ足を運ぶ。

何か注意したり、文句を言ったりすると子どもはますます反抗的な態度をとると思うので、
絶対に余計なことは言わない。自分で気づかせることが重要です。

「俺、何やっているんだろう。ゲームばっかり強くなっても、本当は意味がない。俺はやっぱりサッカーやらなきゃ」と自分で気づいてくれるまで待つのです。

子どもの反抗期は、親にとって我慢の時期でもあります。だから私も、「飽きるまでどうぞ」という感じでした。そして佑都も、自分で大切なものに気づいて、部活に戻るようになっていったのです。



****


子どもは、何歳になっても、口に出して叱らなくてはならない瞬間と、黙っている方が良い瞬間があります。いつも怒鳴ってばかりいると、子どもの耳は勝手にふさがってしまいます。
どうしても叱らなければならない時を大事にしてください。



***


中々「子どもにまかせる」って難しいと思います。


子どもの自発的な行動を待つ、「子育てしない子育て」、
と、、りえさんはは書いていますが・・・。



子どもの環境を親がある程度整えることも大事だと思いますし、
それが行き過ぎて「子どもが失敗しないように」するための過干渉と、
境目を決めるのは難しいと思います。


それに「待つ」ってとても忍耐のいることです。
私は真似できないので、りえさんはすごいと思いました。


長友選手がお母様に当てた手紙には、こんなことが書かれていました。


母さんが一生懸命働き、僕達を育ててくれた姿は、僕の心にしっかりと残っています。その姿は僕の宝物であり、これから僕が目指すべき姿です。



お仕事で忙しく、手料理も中々作ることができなかったそうです。
でも一生懸命働き、必死に働く姿を見せ、
それでいて目をはなさないで見守っていた結果なんだろうと思います。


お子さん3人とも大学を出しています。
それは容易なことではなかったと思うのですが、
土地を残すより「学歴」は一生残ると考えたそうです。







サラっと読めてしまう本でしたが、
面白かったです。





お付き合いくだあってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

Secre

No title

おはようございます^^

長友選手のお母様の本なんですね!
私にとって必要で覚えておきたいお話のような気がします。
今度読んでみたいとおもいます!

ホント、この今のこの世の中では学歴も通用しにくく
「生きる力」「自分で考え切り開く力」が必要だな・・・と思います。

それを育てるにはある程度見守り、失敗してもいいから自発的に行動するまで待つ・・・
と言うのも大切ですよね。ただその境目が難しい。。。

幼いうちは、子供の人間関係も見えやすいし言葉は悪いですがコントロールしようと思えは
できます。でも中学生になるともう見えない世界に入っていきますよね。

そう思うと今のうちに、たくさんコミュニケーションやスキンシップを取り、
子どもの心の安定となるしっかりとした基盤を作っていきたいです。
その基盤が出来ているかが見えないのがわかりにくいですが^^;

>?さんへ

おはようございます^^
お名前がなくても検討はついているのですが、
もし万が一違っていたら失礼になるで?さんにしておきますね^^

1時間くらいで読めてしまう本でした。

> それを育てるにはある程度見守り、失敗してもいいから自発的に行動するまで待つ・・・
> と言うのも大切ですよね。ただその境目が難しい。。。
そうですよね。
そのまま親の希望する道に行かないかもしれないですし。
(もちろん親の希望する道に行けばよい、、という話ではないのですが。)
この話でいけば、そのままゲームに夢中になって、
そのまま、、という恐れもあるわけで。。
もし私だったら「何やっているの!?それでいいの?」の小言のひとつも言うと思います。

> 幼いうちは、子供の人間関係も見えやすいし言葉は悪いですがコントロールしようと思えは
> できます。でも中学生になるともう見えない世界に入っていきますよね。
ですよね~。
ホント。。
いつまでもこのままではなく。

> そう思うと今のうちに、たくさんコミュニケーションやスキンシップを取り、
> 子どもの心の安定となるしっかりとした基盤を作っていきたいです。
> その基盤が出来ているかが見えないのがわかりにくいですが^^;
本当にそのとおりですね。
目に数値で見られればこちらも安心するのですが…^^;
プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード