英会話教室をやめる

<2013年3月19、20、21日 7才10ヶ月>



以下↓、無駄に長いです^^;。



前に「英会話教室をどうするか?」で悩んだ時に(こちら)、
皆さん、色々とアドバイスをありがとうございました!
とても参考になりました。



木曜日に英会話教室に通っているのですが、(ネイティブの先生&子ども4人)、
数ヶ月前から紺太郎は木曜日になると、
「英語、わかんない~」「あ~、やだな~」と言い出しました。


2月には夫が英語を教えたりして、
「あと半年くらい様子を見よう・・・」と思っていたのですが、
急に「このままでいいのだろうか?」と不安になったのです。
(このまま「英語=いや」の公式を植えつけていっていいのか?と。)
(やっていたらわかるようになって、楽しくなるのでは?の期待もあるのですが。。)



そして紺太郎が「(振り替えで行ったことがある)火曜日のクラスがいい!」と言い出しました。


使っている教科書は火曜日も木曜日も同じなのですが、
教室に聞いてみると、火曜日の方がレベルが低い、、とのことです。





19日(火曜日)の教室を見学させていただくことにしました。


火曜日のクラスを見学させていただくと、
やっている内容は火曜日も木曜日もほぼ同じでした。



生徒が4人いるのですが、学年は2学年上くらいです。
見ていると、確かに生徒の「言い間違え」が多いです。
(過去の話をしているのに、動詞が過去形になっていなかったりする間違いです。)
それを先生が1つ1つ間違いを直してくれます。


木曜日のクラスは小1と小2の子なのですが、
幼稚園時代に英検4級をとってしまっている子や、
長く教室に通っていて、できる子ばかりです。


でも、紺太郎の様子を見ていると、
火曜日のクラスだと、
「わからないのは自分だけじゃない」という安心感があるようです。
わからなくって詰まっていると、小声でお隣の子が教えてくれたりします。


そして、火曜日は先生が明るいのです。
アメリカ人の女性なのですが、懐が広い雰囲気です。
人間性が豊かというか。。
「ハ~イ、皆でエンジョイしましょう!」と「受け入れてくれるような」雰囲気です。
この先生は残念ながら辞めてしまって、来月から先生は変わるのですが、
新しい先生もハワイ育ちの明るい男性で、
(木曜日の先生が病欠の時に一度受けて)紺太郎は気に入っています。


木曜日の女性の先生はとてもいい先生なのですが、
マジメで、ちょっとスキがない雰囲気です。
ユーモアや明るさ、、はそんなにない感じです。
去年の4月にこの教室のトライアルを別の先生で受けたときに、
「ここに通う!」と意欲満々だったのに、
「英語やだ~」となったのは、
木曜日の先生が途中で変わったからかも・・・。


教室に「火曜日と木曜日の違いは何ですか?」と聞いたときには、

It's an appleで火曜日は許されるけど、
木曜日だと、
It's a red apple
まで言わないと許されない、、、そんな違いだ、、と言われました。





話はそれますが、

そういえば、年中のときに体操を習おうと
2つの体操教室を体験させていただきました。

1つは「でんぐりかえし」をするにも「手先もきちんとのばして~」と細かく2人がかりで指導してくれる所でした。


1つは、今通っている「お遊び」のような所。
細かく指導はしません。



親としたら、きちんと指導してくれる所(レベルが高い)の方が「本人のため」と思うのですが、
紺太郎が選んだはのは「お遊び」みたいなところでした。


やはりレベルうんぬんよりも「楽しい」方がいいのかな。。
(もし体操選手になりたいのだったら、レベルが高いほうがいいと思いますが。)


レベルが高くて、なおかつ「楽しい」が一番いいんですけどね…。



そして 3月の始め木曜日のクラスのオブザベーションデイで見ていたときに、
途中でゲームに詰まって紺太郎は泣いてしまったのですが、
見ていてとても「緊張している」感じでした。
声も小さいし、話すのも自信なさげです。


英語の幼稚園に行っていて、
ネイティブの方と触れ合うのは慣れているはず。
ミッキーの英語(DWE)も1回メインプログラム(正式会員ではなくて中古で)は終わっていて、
2回目を私と一緒にやっています。
私の理想では、
ミッキーの英語のコマーシャルに出てくる子どものように、
「ハ~イ、マイネーム イズ なんとか~。
ぺらぺら、、ぺらぺら~」
と英語を話してくれる、、、
のを期待してしまうのですが、、
紺太郎を見ているとそういうのとはほど遠いです。
なんでだろう。
そんなに英語がわからない、とは思えないのですが…。
(くり返しになりますが)固まって緊張しているし、、自信がないという雰囲気です。


火曜日は先生が明るくて元気があるからか、、
そんなに緊張はしていない風に見えました。





それと、、3月の初めにラボパーティに体験に行きました。
それとも迷います。
ラボとは英語劇をみんなで作り上げていく教室です。


他の方のブログを読んでいると、ラボはとても評判がいいのです。
自分の子どもを通わせて、


コミュニケーション能力や表現力がついた、
それは素晴らしいものだ、
自分で考える力がつく、
(就職難だけど)企業が求めている人間は、ラボっ子のような子だ、、

などなど。。


有名人でもThe boom の宮沢和史さんや、
エコノミストの藻谷浩介さん(こちらにコラムがあります)もラボ出身者のようです。



紺太郎は照れ屋だし、
英語ウンヌンよりも人間のその素を作るのにいいのかも、、と思い始めました。


が、、そうブログに書いていらっしゃる子は、
元々の素質がそういう子なのかもしれません。。
なので期待しずぎてもどうかな、、という気もしないでもないのですが…。



それで、
3月の始めに(同じ先生の)ラボのクラスを3つ見学&体験させていただいたのですが、
面白そうなのですが、
「英語」という面では物足りなさを感じました・・・。




それに、
セリフを覚えていない子が多いし、
時間通りにはじまらない、
集中していなく、ふざけている子も多い、、

ちょっと期待から少しはずれる部分もありました。


しかし3つの目に見学したクラスが
(電車で通うことになるのですが)結構マジメにみんなセリフを覚えてきて、
まとまりがあるように思いました。


紺太郎は、体験して楽しかったようで、
「ラボに通うなら、このクラスに通いたい」と言います。


それでも先生が皆を集めて輪になって話している時に、
小1の子がスリッパを投げては取りに行く、投げては取りに行く、、
を繰り返していて、話にまったく参加していない子もいました。
先生は(その時は)その子に注意をしていませんでした。

たぶん「子どもの自主性にまかせる」というスタンスなんだろうな。。


今の英会話教室は5分、10分単位で、ゲームやカードをやったりと、
カリキュラムがしっかりとしていて、
流れがきちんとしているので、
すごく差が目立ちました。


で、、
ラボにするか?
(19日の見学後)火曜日のクラスにするか??



で迷いました。



紺太郎も「どっちにしよう??」と迷っています。




20日(水曜日・祝日)石神井公園ふるさと文化館こちら)へ行く前の話です。


haruさんのアドバイスをうけて、
書き出すことにしました。
(ありがとうございました!)



私が「ラボと今の教室で「いいところ」「いやなところ」を書いていこう」と言うと、
紺太郎は「ボク作る~♪」とカードを3枚作りだしました。



表に「ラボ」「火曜日」「木曜日」と書いて、
裏に「いいところ」「わるいところ」と書いていました。


「パパと3人でやろうね」と言っていて、
紺太郎は「パパ、早く起きないかな~」と楽しみに待ち構えていました。
(石神井公園ふるさと文化館に行くのを決めるときも紙に書き出しましたが、
ゲーム感覚のようです。)


夫が10時ごろに起きてきて、
「パパ~、これ、一緒に書こう」
と紺太郎が言ったら、
夫は、
「パパは、わからない。眠い。もう一度寝る」
と布団の部屋に戻ってしまいました。



楽しみに待っていたのに(期待が大きかった分)、
そんなこと言われて、紺太郎、、、切れました…。
ちょっと暴れていました。。


あーあ。。



ある方がブログで、
ご主人のことを「やる気そぎおくん」とあだ名をつけていたことがあるのですが、
うちもこのあだ名をつけたいわ~。


もうちょっと人の気持ちをくんでくれればいいのに…。
でも私のフォローも足りなかったかな・・・。



まあ、私も「やる気そぎ子さん」なので人のことは言えないのかもしれませんが、
子どもに関しては気をつけたいです。



話は戻りまして、、
「パパは私たちの決定に任せるって。ママとやろう~」と書き出しました。




1303200023_convert_20130320232510.jpg


1303200021_convert_20130320232424.jpg





早々に木曜日はカット。


ラボと火曜日で迷います。


火曜日の英会話教室はネイティブの先生と週一で話せるのが魅力です。
内容も私は満足しています。
(先生が変わる可能性があるので、先生によって性質や力量が違ってきますが。。)
(週に1回50分、ネイティブの先生と話したからって、英語がペラペラになるわけでもありませんが・・・。
でもミッキーの英語は自宅で続けるので、アウトプットの場があるとありがたいです。)




ラボは、セリフがつかなかったら、
木とか波とか、、箪笥の役とかです。
英語を話す機会はありません。


また紺太郎にしたらセリフがついたらついたで「セリフが覚えられるか心配」だそうで…。
ラボはお話のCDを毎日聞く宿題があるので、
宿題の負担が私はイヤです。
(「やろう」と促すのがイヤ。。)





あと英語劇は「日本語と英語」でやるので、
「意味がわかっていい~」と「いい所」に紺太郎は書き出していました。
(私は英語だけのほうは英語の学習にはいいような気がしますが。。)





そして、「いいところ」をプラスの点数、「わるいところ」をマイナスとして、
点数を出しました。


ラボが残りました。




紺太郎も結果を見て、
「ラボにする~」と言います。


もし、ここでラボをやらなかったら、
「やっていたら、、どうだったのだろう・・・」
と後悔が残りそうです。
なので、、この決定がいいような気がします!



もしラボをやって、イヤだと思う面が浮き彫りになってきたら、
今のところに戻ればいい、、
という気持ちになりました。


「子どもと話し合って決める」という形をとりましたが、
ラボの「よいところ」に
「コミュニケーション能力がつく、
表現力がつく、」
などと書いたのは私なので、
結果、私が導いてしまったことになるのですが…。




でも二人で紙に書いて、すっきりしました。




ちょうど子育てアドバイザーのパピーいしがみさんが、
「幼稚園選びにまよった時に、それぞれ良い点と悪い点を書き出して、
点数にすればわかりやすい」
と書いているのを読んだところでもありました。
(そのパピーさんの「どうしても迷った時」はこちら



21日(木曜日)に英会話教室へ行って「やめます」と言うのは気がひけたのですが、
退学手続きをしました。


今思い返すと、

今の英会話教室は、
毎週教科書のCDを聞いてくる宿題があったのですが、
うちは1,2回聞くだけでした。
今思えば、もっと何度も何度も繰り返して聞いてクラスに行っていれば、
「わからない~」「やだ~」ということもなかったのかも??という反省と後悔が少しあります…。
フォローが足りなかったかも。。




まあ、、、
「様子をみよう」と考えていた2月には思っていもいなかった結論がでました。
「今のところで様子見よう」から「行動するなら今じゃない?」という気持ちになったのは、
ブログでお付き合いしてくださっている皆さんのおかげが大きいです。
hiromidさんも個人的に色々と相談にのってくださってありがとうございました!





ラボは「英語」自体はあまり期待はしない方がいい(という話が多いので)ので、
ラボ以外で、
これからどう英語とふれあいさせていくか?が課題になります。



安いオンライン英会話やテレホンなどでネイティブの方と触れ合う時間をとるか?
(↑たぶん、コレはしないと思いますが)
ラジオ英会話などを聞くか、、??


まあ、、英語は本人のやる気があれば大人になっても
自分で努力できて、習得できる人もいます。
今逆に悪影響を与える可能性もあるので、
あれこれやらない方がいいのかな?という気持ちもあります。




私自身が帰国子女の友達や、英語をペラペラ話している人に憧れていて、
「あぁ、、小さい頃からやっておけば、、」という気持ちが大きいので、
子どもにアレコレやらせてしまうんですけどね。。


「やらない方がいい?」という気持ちの反対の気持ちもあります。


幼稚園時代の同級生は英語に関して、
ネイティブの先生と「話す」クラスと、
日本人の先生と「文法」(読み・書き)のクラスを両方取っている方が多いです。



私は「文法」は中学になってからでもいいかな?
と思っていました。


でも私がいつも拝読させていただいているオーストラリア在住ポンさんのブログ「Wの子育て」に、
こんなことが書かれていました。

お子さんがハーフの小3(&幼稚園児)の女の子で、
現地の学校の他に週一で日本語補習校に通っています。
漢字やカタカナを習うのは大変です。
でもがんばらせています。

「今、人生の中で一番吸収力がいい時期。
そんな時期を逃すなんて、もったいない事はしない。
子供のうちだから、これだけのサポートを先生にも親にもしてもらえる。
この二度とない時期、あと何年もない。」


と。


「英語の文法(読み書き)は中学から」と思っていましたが、
この「↑日本語」を「英語」に置き換えて見ると、
今吸収のいい時期に何もしないのはもったいかも??
なんてことも思ってしまいました。




色々と右往左往してしまいます。





長くなりました。
お付き合いくださった方、どうもありがとうございました。
というか、、長々とすみません~。




にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

コメントの投稿

Secre

No title

おはようございます^^

英語教室の結論を紺ちゃんと一緒に話し合って決めることができたようでよかったですね!!
書き出すことで残るりますので、ラボを始めて少し躓いたりしたときに見返して話し合うこともできますし、
「自分で考えて決めたこと!もうちょっと頑張ってみよう!」と励みにもなるかもしれませんね♪

そして、たった今私もざまきさんにメールしたサイトにメンバー登録してみました!(ドキドキしましたが私も一歩踏み出しです。ざまきさん相談に乗ってくださりありがとうございました!)
数字や算数が好きな息子なので英語の他にゲーム感覚で楽しくできらいいな♪と思ってます。

>「今、人生の中で一番吸収力がいい時期。
そんな時期を逃すなんて、もったいない事はしない。
子供のうちだから、これだけのサポートを先生にも親にもしてもらえる。
この二度とない時期、あと何年もない。」

この言葉・・・けっこう心にぐっときますね。
親のエゴで欲張ってやらせてしまうようになるのは嫌ですが、
しっかり親もフォローして一緒に頑張れるようなのは今の時期だけかもしれません。
フォローできる今の時期色々体験・経験させてあげたいですね!

もしラボで行き詰って火曜クラスにまた戻ることになっても、それはそれだとおもいます!
でもせっかく決めたラボ、まずは楽しく頑張れることを祈ってますね☆

>haruさんへ

こんにちは^^

一応結論が出ました!
色々とありがとうございました。
私もあの紙は取っておこうと思いました。
何年か後に見直したら、おもしろいかもしれません。

例のやつ、メンバー登録してみたんですね!
私はわからなくて何の手助けにもならなかったのに、
そんな風におっしゃってくださってありがとうございます。
お互い子どもが楽しみながら英語に触れ合えるといいですよね。

私も
「今、人生の中で一番吸収力がいい時期。
の言葉は心にグッときました。
そうだよな~、と。
だからといってアレコレと詰め込みみたいにはなりたくないのですが…。
その兼ね合いが難しいです~。

おっしゃるとおり「親のエゴ」になる場合もありますし。

>でもせっかく決めたラボ、まずは楽しく頑張れることを祈ってますね☆
ありがとうございます!
ホントにharuさんや皆さんのおかげです~。

No title

いろいろと悩まれた末、とりあえず納得できる結論を出せてよかったですね(^^)

子どもが小さいうちはいろいろなことを吸収するのがいいのは確かですが
そこには子供が興味を持つという大前提が不可欠です。
紺太郎君が好きな路線図や電車のことを娘に教えたところで
娘はきっと全く覚えないと思います。

いろいろなことを吸収できるこの時期に
吸収させるべきことの選択肢は人によってさまざまだと思います。

6年ほど塾で高校生に英語と数学を教えていた時期がありましたが、
「苦手」だと思い込んでいる子に物を教えるほど面倒なことはありませんでした。
「苦手」とか「嫌い」という壁は、簡単に作られますが壊すのは至難の業です(^^;

以前、ざまきさんが「英語が苦手だった」と書いていらっしゃいましたが
どうして苦手だったのか、じっくりと考えてみてはいかがでしょうか?
世の中には、「苦手でも好き」「得意じゃないけど嫌いじゃない」ということもありますが
「苦手」が「嫌い」になるには何か理由があるはずです。
「できないから嫌い」というのは、正確な理由ではないはずです。

すいません。無駄に長くなってしまいました(^^;;

そうそう、先日学校で、とある先生に「うちの子は人見知りで内気で…」
っていう話をしたら、
「必要なことはきちんと話せているから大丈夫よ。
 だれかれかまわずフレンドリーに話せることがいいってわけじゃないし」
と言われてちょっと救われました。

もうすぐ二年生♪
ざまきさんと紺太郎君にとって楽しくて充実した年度が始まりますように♪

No title

そうですね、深く考えず、そんな事を書いて、振り返ってみました。
一番吸収力のある時期だけど、子供も自分の興味のない事は吸収しないかもしれない。
吸収するのは自分の興味ある事だけかもしれない。
子供の興味ある事を、どんどん吸収できるようにサポートしてあげたり、子供の興味を引くような環境を作ってあげたいね。
影響されやすい時期でもあるしね。
ほんと育児は試行錯誤だよね。

>niyaさんへ

ありがとうございます。

> 子どもが小さいうちはいろいろなことを吸収するのがいいのは確かですが
> そこには子供が興味を持つという大前提が不可欠です。
なるほど、そうですね~。

> いろいろなことを吸収できるこの時期に
> 吸収させるべきことの選択肢は人によってさまざまだと思います。
ふむふむ。

> 「苦手」だと思い込んでいる子に物を教えるほど面倒なことはありませんでした。
> 「苦手」とか「嫌い」という壁は、簡単に作られますが壊すのは至難の業です(^^;
niyaさん、教育関係のお仕事をされていたんですね!
いいお仕事ですね~。
そのとおりですね。「苦手」と思いこんでしまうと、
その壁を壊すのは大変なのでしょうね~。


> 以前、ざまきさんが「英語が苦手だった」と書いていらっしゃいましたが
あらら、私、苦手って書きましたっけ?
英語は学校の授業は得意だったんです。
大学は英文科に行きました。
文法などは高い点数は取れましたが、高校でネイティブの先生の授業&ヒアリングは
そんなには得意ではなかったです。

自分で英語を話すことを習得したくて、
毎日毎日ラジオ英会話を聞いて、
カナダに1年以上留学して、向こうで秘書の資格を取りました。
日本に帰ってからもベルリッツなどにも通いました。
向こうに住むのに不便は感じなかったし、
仕事も外資の銀行に勤めていましたが、
「話す」のには自信がないんです。
理由を考えてみますと「耳ができていない」(RとLの発音はいまだわかりません)
あとは英語ウンヌンよりもシャイで「間違えるのを怖がっているから」かな?
(紺太郎も私に似て、そうなのかもしれません。)
英語ウンヌンよりも「何を話すか」がないとダメですね。
帰国子女の友達は、外国人と話すのも臆せずにペラペラと話していて、
すごくうらやましかったです。

カナダのときのルームメイトは、お父様が外交官で、
6ヶ国語を話せました。
それもうらやましくて「小さいころからの環境だな」と想っていたので、
自分は自分の子どもには「いい環境」を与えたかったんですよね。

まあ、本人の希望よりも親のエゴでもあるのですが。


> 世の中には、「苦手でも好き」「得意じゃないけど嫌いじゃない」ということもありますが
そう考えると、私は英語は好きです。
子どもにも好きになってほしいです~。
「わからなくても」好きになっていけるような環境にしたいです。
なので、今の木曜日のクラスをやめたのはよかったのかもしれません。
「苦手意識」「英語は嫌い」という気持ちを強くしていたかもしれませんので。。

前に「ボクは電車の運転手になるから英語は関係ないんだよね~」なんて言っていたことがありますが^^;


> 「必要なことはきちんと話せているから大丈夫よ。
>  だれかれかまわずフレンドリーに話せることがいいってわけじゃないし」
なるほど~、そうですね。
どうしても「できていない面」に注目しがちなのですが、
そのマイナス?面をフューチャーして、
「できない」と躍起になるよりも
プラスの面を伸ばしてあげたいものです。
わかっているつもりでいたのですが、、言われてみると
違うことを子どもに望んでいたりしていますね。

紺太郎のそのままを見て受け入れ、いい所を見守ってあげたいです。


色々とありがとうございますね^^
niyaさんと娘さんにとっても充実した楽しい2年生でありますように。
これからも(お付き合いできる範囲で)宜しくお願い致します。

>ポンさんへ

リンクの件をご快諾してくださってありがとうございました♪

> 一番吸収力のある時期だけど、子供も自分の興味のない事は吸収しないかもしれない。
> 吸収するのは自分の興味ある事だけかもしれない。
> 子供の興味ある事を、どんどん吸収できるようにサポートしてあげたり、子供の興味を引くような環境を作ってあげたいね。
> 影響されやすい時期でもあるしね。

ホントにその通りですね!
もし私が今からまったく知らない外国語を習得しようとしたら、
とても時間がかかると思います。
自分が小学校1年~5,6年生の習う漢字を
今の年代で初めて「習得」するとしたら、、無理かも。。
なので、やはり頭のやわらかい時期に子どもには語学を勉強してもらいたい気持ちがあります。
(忘れるのも早いかもしれませんが)
もちろん勉強ばかりではなく、もっと大事なこともあると思いますが。
私もいろんなことに興味をもって「自分からやりたい!」と想ってもらえる環境づくりをしたいです。
なので毎週「やだな~」と言っていた英会話のクラスはきっぱりとやめて、よかったのかもしれません。
ポンさんもおっしゃっていましたが、
(関東に住んでいると)他の選択肢が多くて、それも悩みの種でした。
贅沢な悩みですね・・・。
まあ、試行錯誤しながら進んでいくのが子育てなんでしょうね。


プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード