印刷博物館でカード作り

<2012年12月9日 7才7ヶ月>



12月9日(日曜日)です。


朝は「鉄道カルタ」で家族3人で遊びました。

私が読み札を読みました。



読み札の裏は線路になっているので、一生懸命つなげていました。
カードを余らせずにつなぐのに時間がかかりました。(余り札が別の場所にあるのに気がつかずに)




1212090004_convert_20121209222303.jpg






その後に紺太郎と二人で文京区にあります印刷博物館へ行きました。


最寄り駅は、東京メトロの江戸川橋、飯田橋、後楽園駅です。(徒歩8分~15分)



前日お出かけしたときに、ある駅にこちらの博物館のポスターが貼られていたのですが、
それを見て紺太郎が「行きたい~」というので、行くことになりました。


printing posuta1
(画像は印刷博物館のHPより)



↑このポスターの何が紺太郎をひきつけたのか、、謎です。。(苦笑)



入場料は大人500円でした。
(小学生は無料)



1212090009_convert_20121209222334.jpg




こちらの博物館は2000年にトッパン印刷が100周年記念事業の一環で設立したものです。
印刷文化に関わる資料が集められています。



館内は撮影禁止でした。



今まで行った博物館は「子どもウケ」するような部分が多々ありましたが、
こちらはそういうものはあまりなかったです。






東海道中膝栗毛南総里見八犬伝の原本等が並べられていました。
「これが江戸時代のベストセラー本か…。」と私は興味深かったです。


紺太郎は「(この展示品だと)あきるかな?」
と思ったのですが、一つ一つ丁寧に見ていました。


printing mus
(画像は印刷博物館のHPより)





3時から先着6名の印刷工房で「つくるコース」のワークショップがあったので申し込みました。
グリーティングカード作りです。
ここでは撮影可でした。



紺太郎は印刷する文字に「Happy New Year!」
私は「Merry Christmas!」の文字を選びました。



1212090010_convert_20121209222413.jpg




文字の判です。「原」の文字です。
鉛でできています。


1212090017_convert_20121209222450.jpg





今はパソコンですが、昔は職人さんが文字を拾って並べていました。
時代は変わりますね。


1212090021_convert_20121209222528.jpg



この大きさでズシリと重い2キロでした。


1212090026_convert_20121209222603.jpg




自分で選んだ文字を拾っていきます。


1212090031_convert_20121209222646.jpg




並べて、余白を埋めます。



1212090034_convert_20121209222738.jpg




枠に入れます。


1212090035_convert_20121209222815.jpg




機械に入れて、印刷します。


1212090044_convert_20121209222905.jpg




できました~。



1212090045_convert_20121209223033.jpg




5枚作ることができました。
とっても面白かったです。


こちらの「つくるコース」では季節ごとにテーマが変わって色々なものを作っています。
(今回は↓左下のカードです。)



1212090064_convert_20121209223118.jpg





あと係りの方が昔のことを説明してくださりました。
文字を拾う職人さんには一人ひとりスペースがあります。


1212090066_convert_20121209223159.jpg




よく使う文字は自分の近くにあるようになっています。



1212090069_convert_20121209223300.jpg




「ひらがな」は「いろはにほへと」の順なのですが、よく使う「の」などは量が多いです。


1212090071_convert_20121209223340.jpg





一文字3秒くらいで拾うそうです。
一人前になるのは3年くらいかかるとか。。
作家さんの「くせ字」を読むのが大変だったそうです。




ちなみに、拾って使った文字は「戻す」のかと思ったら、
トッパン印刷では、また溶かして文字を作りなおすのだそうです。。
戻すのにも時間がかかりますものね…。



さらに昔の印刷機です。
1816年にジョージ・クライマー(アメリカ人)によって考案されたコロンビアン印刷機です。
上のワシはおもりの役目もあります。


1212090087_convert_20121209223549.jpg




ちなみに印刷を発明したは、15世紀中頃のドイツのグーテンベルクです。
ぶどうしぼり機にヒントを得て、鉛合金活字による活版印刷術を発明しました。
(博物館展示品の中に縮小した模型が展示されていました。)




こちらのワークショップに参加できてよかったです。
楽しかったです。




その後は、VRシアターで、「唐招提寺 ~金堂の技と鑑真和上に捧ぐ御影堂の美~」を見ました。
大画面で東山魁夷が描いた御影堂の障壁画を見られてとてもよかったです。


toshodaiji-1.jpg


printing VR

(画像2枚は印刷博物館のHPより)



説明の音声が始め録音したものかと思っていたら、
途中で気づいたのですが、係員のお姉さんが画像にあわせて説明しているものでした。


終わったとたん、後ろに座っていたおばさまが係りの方に
「あなた上手ね~、アナウンサーの方より上手」
としみじみ褒めていたほど、説明がよかったです。



こちらの博物館は3時間楽しみました。
出たときはもう夕方でした。(閉館は6時です。)



実は行く前は、
スロースタターの我が家にしては比較的早く家を出たので、
この後、近くにある小石川後楽園へ行って、
そして「時間があれば代々木公園で自転車乗ろうか~」なんて話していたのです。


外でお昼を食べたのですが、思ったよりも時間がかかりましたし、
博物館も時間がかかりました。
つくづく時間のバッファを見積もる能力がないな、、と思いました(苦笑)。





博物館を出たら暗かったので「予定と全然違ったね~」なんて言いながら帰りました。




でも紺太郎も「楽しかった~」と言っていてよかったです。





お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ある日のできごと
ジャンル : 育児

コメントの投稿

Secre

No title

こんにちは^^
ブログ読みました☆

印刷形態の歴史を詳しく知ることができました。
勉強になります。
お子さんも楽しめたようで何よりですね。
体験コーナーで一生懸命 作業しているのが微笑ましいです☆

更新楽しみにしています(*´ω`*)


あかり

http://getmoney-tron.com/

>あかりさんへ

こんにちは^^
ブログを読んでくださってありがとうございました。

時代が変わるとともに、印刷業界も色々と変わっていくのがわかって面白かったです。
ワークも老若男女楽しんでいました。
お勧めです。
コメントありがとうございました。

No title

このワークショップいいですね!
カードメイキング好きには見逃せません。
私もやってみたいな~♪
興味津々です(*^o^*)

>tonjaさんへ

機会があれば是非~。
とても楽しかったですよ。
カードは色や模様を8種類くらいから選べました^^
プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード