北海道旅行・その29、オンネトーの宿&美しい湖オンネトーの散策・前編

<2012年8月3、4日 7才3カ月>





8月3日(金曜日)北海道旅行6日目釧路市阿寒町の「炭鉱と鉄道館」へ寄ってからの続きです(こちら)。




240号を北に進み、足寄郡足寄(あしょろ)町へ入ります。
(写真がボケました。)



1208040919_convert_20121017173304.jpg




少し遅くなると宿に電話していましたが、6時半過ぎに宿に着きました。
「炭鉱と鉄道館」より約1時間かかりました。
この日の宿はオンネトー温泉 景福です。



1208040920_convert_20121017173351.jpg




宿の裏に鹿がいました。



1208040921_convert_20121017173443.jpg



1208040921.jpg




夕食です。



1208040922_convert_20121017173526.jpg




お部屋です。



1208040925_convert_20121017173643.jpg




露天風呂は、↓男女でしきりがあるのですが、
奥の方で繋がっています。


1208040924_convert_20121017173604.jpg






つまり「ほぼ混浴」になっています。
でも水が濁っているので、体はよく見えません。



あと、こちらのお宿は石鹸、シャンプーはついていません。
お湯はぬるめです。





8月5日(土曜日)の朝です。


朝ごはんです。



1208041105_convert_20121025231905.jpg





お風呂の内風呂(女・男)と、(もう一度)露天風呂です。


1208041108_convert_20121025231953.jpg 1208041111_convert_20121025232039.jpg


1208041109_convert_20121025232129.jpg 1208041110_convert_20121025232214.jpg






宿に別れをつげて、オンネトー(湖)を1周散策することにします。




私達は紺太郎が1才の時の6年前にもこちらのオンネトーへ来たことがあります(こちら)。



あまりにも美しい湖で私は気に入ったのですが、
その時はあまり時間がなかったのです。
「いつか、この湖を1周ゆっくり歩きたい」とずっと思っていました。



6年前の北海道旅行を書いた日記(こちら)にも「オンネトーを1周歩いて散策するのが私の夢」と書いていました。



夫が最初に北海道旅行を計画した時(7月)に、
夫は北(宗谷地方)の方へ行くつもりでいました。



その時に、「どこへ行きたい?」と私に聞いたのですが、
私が、
「オンネト~heart1017.jpg
と言うと、、



行く方向がまるっきり違っていたので、
「お前1人で行けっ!」と冷たく言い放ったのでした(笑)。




でも北を周る時間が足りないということで、
計画を『道東』へ変えたのですが、
ちゃんとオンネトーを旅行日程に入れてくれたのです。



なんだかんだ言ってもやさしい人です…。



私の夢の1つがかないました。



やはり美しい湖です。
ちょっと曇りだったので、水の色がイマイチの時もあったのですが…。

1208041123_convert_20121025232321.jpg



1208040926_convert_20121017173712.jpg







1周2・5キロくらいなのですが、歩きます。
光の向きで湖の色が変わります。



1208040929_convert_20121017173747.jpg



1208040936_convert_20121017173830.jpg


1208040943_convert_20121017173902.jpg




紺太郎、くつろいでいます(笑)。


1208040949_convert_20121017174012.jpg




さらに進みます。



1208040953_convert_20121017174346.jpg



1208040955_convert_20121017174104.jpg

1208040960_onnneto.jpg


1208040961_convert_20121017174226.jpg



1208040963_convert_20121017174250.jpg



歩いていて、とっても幸せでした。





オンネトー散策、続きます。




お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secre

No title

こんにちは^^
なかなか行くことが出来なさそうな場所の旅行記を楽しく拝見してます!

北海道で最近外国人がたくさんくる湖があるそうですが、それはこちらの湖ですか?!
(たしかパソコンの待ち受け画面に入っていて人気がでたと聞いたような気がしますが…)

それにしても毎日たくさんのマイナスイオン&美味しい空気を吸って体がリフレッシュしたでしょうね(^^)
そして1歳の紺ちゃんみてきました!本当に紺ちゃんミニチュア版で可愛いです!
あっという間ですよね~。  また楽しみにしています!

No title

ご主人は、いろいろ言ってもざまきさんが行きたいところに行ってくれて嬉しいですね^^

自然と一杯ふれあって、リフレッシュしたようでよかったですね!

>haruさんへ

こんにちは^^
長い旅行記を読んでくださって、ありがとうございます!

> 北海道で最近外国人がたくさんくる湖があるそうですが、それはこちらの湖ですか?!
う~ん、どうでしょう。
「北海道 外国人 人気 湖」で検索してみたら「洞爺湖」がでてきたので、
そちらかも。
外国人人気でもっている、、みたいなことが書かれていました。
サミットもありましたものね~。
オンネトーも駐車場もないのに、何台も観光バスが次から次にきてちょっと停まって、
人が降りてきて、またすぐに乗っていっていました。
観光コースになっているみたいです。

>たくさんのマイナスイオン&美味しい空気を吸って体がリフレッシュしたでしょうね(^^)
そうですね、
また行きたいです~。

> そして1歳の紺ちゃんみてきました!本当に紺ちゃんミニチュア版で可愛いです!
見に行ってくださったんですね。
ありがとうございます。
ホントあっという間です。
でもず~~~っと前のような気もするのですが…。
へんな感覚です。
すぐに大きくなってしまった気持ちと入り組んでいます。

>キラキラママさんへ

そうですね、
行きたい所を考慮してくれてありがたいです~。

> 自然と一杯ふれあって、リフレッシュしたようでよかったですね!
そうですね、自然って癒されていいですよね。
また行きたいです!
ありがとうございます。

No title

たびたび失礼します^^

「世界のアップル社の歴史の中で、
初めて北海道美瑛町の風景がWallPaperとして採用されました!
北海道・美瑛町白金地区の観光名所「青い池」」

とありました!

つい最近ニュースで見たので。

さすが大自然の北海道!素敵な場所がたくさんありますね!!


>haruさんへ

検索しましたよ~。
アップルが壁紙に使ったんですね。
画像も見ましたが、キレイ~~!!!
中国の九寨溝にも少し似ていますね。
「青い池」
覚えておきます。
前(6年前)に美瑛に行ったのですが、この「青い池」は知りませんでした。また北海道へ行けることがあったら行ってみたいです!
「北に行く」という時に、
「青い池に行きたい~」なんて言ったら、また「1人で行け!」とか言われそうですが(笑)。
ありがとうございますね!
プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード