横浜の原鉄道模型博物館~原信太郎

<2012年10月6日 7才5ヶ月>



10月6日(土曜日)三連休(体育の日関連)の初日です。





午前中は紺太郎はレゴで電車を作ったり、


1210060002_convert_20121007210524.jpg




駅を作ったりして遊んでいました。

1210060003_convert_20121007210559.jpg





午後は横浜市にあります原鉄道模型博物館へ紺太郎と二人で行ってきました。




こちらはJR(&他線)横浜駅の東口にあります。(徒歩5分)
(あと、みなとみらい線の「新高島駅」から徒歩2分です。)



私は横浜駅へ行けば、博物館なんだから駅の地図掲示板などを見ればすぐに場所がわかるだろうと、
HPを見て前もってきちんと場所を確かめてこなかったのですが、
横浜駅の周辺地図掲示板を見ても全然表示がなかったです。



観光案内所を見つけて教えてもらい、やっと場所がわかりました。
わかりにくいです。



キャッツの建物の、、手前の横浜三井ビルディングの2階になります。
(大人1000円、中高校生700円、子ども500円 11時~18時まで)



1210060004_convert_20121007210636.jpg


1210060005_convert_20121007210707.jpg





ここの施設は「写真撮影禁止」ということで覚悟していったのですが、
「10月1日~14日、16時~18時までいちばんテツモポークが写真撮影OK」
ということでラッキーでした。



1210060006_convert_20121007210739.jpg




この日は遅くなってしまい、16時くらいに到着していて、
写真撮影の時間には丁度よかったです。
(子連れですので、もっと早く行動して帰る方がいいのですが…。)



大きなジオラマです。


1210060014_convert_20121007210821.jpg






とても細かくよくできています。


1210060018_convert_20121007210857.jpg


1210060021_convert_20121007210933.jpg


1210060016_convert_20121007215903.jpg





こちらの博物館はコクヨの元専務だった原信太郎さんが、製作・所蔵した膨大な鉄道模型と鉄道関係コレクションを展示したものです。


1210060028_convert_20121007211005.jpg





原さんは1919年に裕福な家に生まれたそうなのですが、
4才のときに関東大震災にあわれたときも電車のおもちゃを持って庭に逃げた、、という
鉄道好きな子どもだったようです。
(そのおもちゃも展示されていました。)
鉄道模型を作り始めたのは小学生の頃からだそうです。


その後、東海道新幹線をはじめとした色々な鉄道が開通する時の一番切符を並んで取ったり
(切符も展示あり)、
オリエント急行が廃止される前に家族5人で乗りに行ったりと、
生粋の鉄道好きな方のようです。
サラリーマンとして働きながらもちゃんと休暇をとって、世界中の鉄道の情報を仕入れて回り、それを模型で形にしていたそうです。




それもキットを買って作ったのではなく、すべて部品から作り上げているそうです。
(ご自分で作られる他に、世界中にも3人くらい?職人さんを雇っているそうです。)



今は93才で、芦屋市にある邸宅内には、鉄道模型線路網の部屋(100畳)があるそうで、世界的に著名な鉄道模型製作・収集家だそうです。
すごいですね~。
すごい人ですね~。
自分の仕事以外で、ある意味ここまで自分の好きなことに打ち込めてうらやましいです。





検索していたら偶然見つけたのですが、
糸井重里さんと原信太郎さんの息子さん原丈人(じょーじ)さん(実業家・国連大使)のインタビュー記事が超面白いです。

お父さんのことを話されているのですが、読んでいて笑ってしまうとともに、
原信太郎さんの鉄道にかける情熱に感服しました。
ほぼ日刊イトイ新聞こちら)です。お時間のある方はよかったらどうぞ~。



(原丈人さんが国連の仕事で南アフリカへ行くことになったそうです。
するとお父さんが「1928年製の機関車」をモノクロの写真を渡し、
「探して来い!(そして写真を撮って来い)」と(笑)。
結局その後色々あって、お父さんも南アフリカに来ちゃったそうです。
その時、お父さんは86歳!
情熱のある人は若いですね~。
そして二人でその機関車を探す話になっています。)





話を博物館に戻します。
紺太郎は館内にありますオペラグラスで興味深く見ていました。


1210060037_convert_20121007211039.jpg



1210060039_convert_20121007220010.jpg


1210060041_convert_20121007211116.jpg





クッションなどが置いてある遊び場のキッズコーナーもあったのですが、置いてある絵本にも夢中になっていました。
鉄道関係の絵本が多かったです。



1210060043_convert_20121007211158.jpg



  


約1時間半、楽しみました。
紺太郎は「また行きたい!」と言っていました。


1210060044_convert_20121007211233.jpg




(鉄道にあまり興味のない)私としては、大人1000円はちょっと高いかな…。
でも鉄道模型好きにはたまらない博物館だと思います。
私は鉄道のことはおいておいて、原さん親子のファンになりました・・・。



 






****


実はこの博物館は夫と3人で行こうと計画していました。
はっきり「行こう」と約束をしていたわけではないのですが…。



昼の12時まで夫は寝ていて(疲れているので仕方ないのですが・・・、)、
お昼を食べて、私が「どうする?」と聞くと「考え中」とのこと…。


でも、、ダラダラしていて全然決めてくれません。
結局「疲れているから行かない」と。
じゃあ私と紺太郎で二人で行こうとすると、
紺太郎が「3人で行く!」とゴネはじめました。
(紺太郎には前々から言っていて楽しみにしていました。)

夫は「なにも今日行かなくていいだろう!」と言いはじめ、
私は行くつもりでいたのに、ダラダラされてさんざん待たされてこう言われてちょっと腹がたちました。
すると、
「お前は毎日遊んでいるからいいけど、俺は疲れているんだ!」と一言。
なんか、、その言い方がまた腹が立つ言い方。。
この人にとって家事や子どもの世話は遊びなんだろうか…?



まあ、友達とお昼に会ったり、
こうやってブログを書いているのは「遊び」なのは認めますが…。
(紺太郎が寝てから書くことが多いのですが…。)




うまくコミュニケーションをとるのが難しいです…。
私の言い方がキツイのかな~。
もうちょっと柔らかくものが言えるようになりたいです。



結局夫は家で休んでいることになり、私たち二人で出てきました。



そんなこんなで、出るのが遅くなり、
(場所がわからなくてウロウロしていたのもあり、)
博物館に着くのも遅くなってしまいました。
でも丁度「写真撮影がOKの時間帯」でよかったです。





この後、二人で夫の実家へ遊びにいき、3連休を過ごしました。
(夫は2日目に用事があったので、2日目の夜から合流しました。)




長いのにお付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 育児

コメントの投稿

Secre

No title

ざまきさん、毎日子育て頑張っていらっしゃいますよね。
こんちゃんの好奇心を刺激するような体験を沢山させてあげてて
ほんと尊敬します。

旦那様のはっきり決めてくれないところはちょっと困りますよね。
行かないならいかなくていいからはっきりしてよ!って私なら言っちゃう・・・
でも、母親と出かけてくれるのもあとほんの数年のことだと思いますから
お互い頑張りましょう。

ところで今年からハロウィンの衣装の記事はなくなっちゃうんですよね。
毎年楽しみにしていたので残念です~

>tokomoさんへ

はじめまして。
コメントをありがとうございます♪
(もし、はじめましてでなかったら、ごめんなさい^^;)

>ざまきさん、毎日子育て頑張っていらっしゃいますよね。
ありがとうございます。
こう言われてしまうと、、大したことをしていないような気もするのですが(苦笑)。
夫には認めてもらいたいくせに、ひねくれていますね。

> 旦那様のはっきり決めてくれないところはちょっと困りますよね。
そうなんですよ。
行きたいけど、疲れている、、どうしよう、、
という気持ちはわかるのですが。。
彼がいる休日はどこかに行くことになってもお昼に起きるまで待たなくてはいけないので、
遅くなってしまい困ります。。
でもホントに仕事が大変そうで、疲れていて仕方ないのですが。
それは頭ではわかっていても、
「はやく決めてよ~」と思ってしまいます。

> でも、母親と出かけてくれるのもあとほんの数年のことだと思いますから
> お互い頑張りましょう。
そうですね。
楽しみたいと思います。

> ところで今年からハロウィンの衣装の記事はなくなっちゃうんですよね。
> 毎年楽しみにしていたので残念です~
ありがとうございます。
前から遊びにきてくださっているんですね。
去年までは5日分も考えるのは大変でしたが、なくなると寂しいです(笑)。
今年は英会話教室で1日あるだけです。
それも去年までのが沢山あるので、考えなくてすむので楽です。

コメントをありがとうございました^^
またよかったらお気軽にお願い致します。

No title

ネットのお悩み掲示板などを見ても、やっぱり同じような相談をたまに見ますね。
だいたいの回答がお父さんはあてにしないで行動する、と書いてありますよ(^^;
多忙な職業のお父さんはどこもそんな感じなのでは。

疲れてるのはわかるけど、いつまでも博物館は開いてないし、
決まった時間に出発しないといけませんものね。
これは、たとえざまきさんが疲れてなくても旦那さんが疲れてても関係ありませんからねぇ。

ただ電車関係は、コンちゃんもパパがいたほうがより楽しいからごねたりしたのかな。
父と子の世界も作ってあげたいし、このへんのバランスは難しいところですね。

>すぬこさんへ

お悩み掲示板に出ているのでしたら、
やはり皆さん共通の悩みなんでしょうね。

>お父さんはあてにしないで行動する、と書いてありますよ(^^;
やはりそうなるんですね。

夫が「考え中」と言っていたときに、待ちすぎて、
私の気分は「行くかも」の気持ちになってしまい、
「行かない」と言われたときはガッカリしました。
でも二人で行けばいいや、、と思いなおしたのですが、また色々と。。

前から「私が紺太郎と二人で行っていい?」と聞いていて、
「オレも行きたいから」と待っていたのですが、
もう行く気になった後で「今日は行かない」と言われても、
「じゃあ今日はやめる」という気分にはなりませんでした。
こちらも後ろめたさはありましたけどね。
やはり鉄道好きな二人が行った方が楽しいと思いましたし。
なーんてグダグダとすみません~。
この日記を書いたのは2日前だったのですが、
昨日は夫は1時間くらいしか夜に寝られず仕事をしていて、
「やはり大変だな」と思いました。
こちらも不満ばかり言っていたらわいそうかも、、と思いました。

> ただ電車関係は、コンちゃんもパパがいたほうがより楽しいからごねたりしたのかな。
> 父と子の世界も作ってあげたいし、このへんのバランスは難しいところですね。
ですね~。
紺太郎は「今度パパと行く~」と言っていました。

色々とありがとうございますね^^
プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード