深川江戸資料館で江戸の町並み

<2012年7月15日 7才2ヶ月>



3連休の2日目、7月15日(日曜日)は紺太郎と二人で江東区深川江戸資料館へ行きました。



最寄り駅は清澄白河駅(メトロ半蔵門、都営大江戸線)です。(徒歩5分)



入場料は大人300円、子ども50円です。



1207150004_convert_20120718222941.jpg





こちらの資料館は私は最近知ったので、
そんなに有名ではないのかと思っていて「空いているかな?」と思っていたら、
結構人が沢山きていてびっくりしました。




江戸時代の深川佐賀町の町並みを再現した展示室があります。



1207150005_convert_20120718215504.jpg





両国の江戸東京博物館こちらこちら)に比べると、規模は小さいですが、
とても楽しめました。




肥料問屋
です。


1207150007_convert_20120718215529.jpg




八百屋です。


1207150008_convert_20120718215556.jpg






米屋です。


1207150010_convert_20120718215626.jpg





解説員の方が紺太郎に「脱穀の道具」を使わせてくださいました。
シーソーみたいです。



1207150015_convert_20120718215705.jpg

↑手前の穴にコメが入っていて、餅つきみたいについて脱穀します。





ハンガーのない時代の洗濯干しです。



1207150017_convert_20120718215734.jpg




お稲荷さんの屋台です。


1207150018_convert_20120718215806.jpg




河と船です。


1207150020_convert_20120718215840.jpg





お蕎麦屋さんの屋台です。


1207150021_convert_20120718215918.jpg





こういうところが「ときそば」の舞台だったのかな?
(紺太郎が好きだった本です。)








天婦羅屋さんもあります。


1207150024_convert_20120718215957.jpg



庶民?のお家です。


1207150025_convert_20120718233022.jpg



「火よけ地」です。
火事が広がるのを防ぐ広場です。


1207150027_convert_20120718220031.jpg



井戸です。



1207150029_convert_20120718233101.jpg





長屋です。洗濯物干し台があります。



1207150030_convert_20120718220114.jpg




米屋の蔵です。


1207150032_convert_20120718220206.jpg




映像を見ることもできます。
ガラス切子の江戸職人の紹介です。


1207150036_convert_20120718220240.jpg





伝統芸能の木場の角乗りの紹介です。




1207150037_convert_20120718221227.jpg


木場の角乗りは、
木場の材木業者たちが、河に保存の為に浮かばせた材木の上で、
丸太を自由に操り、運搬したり
筏(いかだ)を組む仕事の余技として生まれました。
やがて、高度な技術も加わり、芸能として発達していきました。
毎年10月の「江東区民祭り」で妙技を披露しています。
水上の材木の上で足で材木をクルクルまわして歩いたりします。



pic_18.gif
(画像は木場角乗保存会より)



この資料館(昭和61年オープン)がどのようにできたか?の紹介もありました。
今まで見てきた建物は、昔の工法が使われており、
釘も当時使われていた物を使っているようです。




1207150039_convert_20120718220313.jpg



映像をみたら、すごく皆さんが情熱をもってこの町並みを作ったことがわかり、
また町並みを見なおしたくなりました。





企画室で何かの市民団体の展覧会(アート系)が行われていたので、何気なく入ってみました。




すると「体験をどうぞ、どうぞ~」と誘われてやってみます。
ディンプルアートというものだそうです。。



1207150043_convert_20120718220346.jpg





紺太郎、、結構はまっていました。
「面白かった~」と言っていました。
(下絵が元々あり、チューブ絵の具を置いていきます。)




1207150050_convert_20120718220529.jpg





約1時間半、こちらの深川資料館でたっぷり遊びました。



15日続きます~。





お付き合いくださってありがとうございました。
15日(日曜日)のことを書いていますが、これを書いている18日(水曜日)に小学校の給食が終わってしまいました。。あと1学期も2日です…。



にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

コメントの投稿

Secre

なつかしいです

独身時代、深川地区に住んでいてここにも行ったことがあるのでなつかしいです。
ざまきさんが書くとこうなるんだと感心です。
木場の角乗り?のパフォーマンスみたいなのは今も多分年に一回くらい木場地区でしていると聞きましたよ。
あとこの近辺にある現代美術館(名前うろおぼえ)はお勧め。
常設展の方は無料ガイドの説明で子供も現代美術に親しみがもてますよ。

>kaoさんへ

kaoさん、こちらに行かれたことがあるんですね!

> ざまきさんが書くとこうなるんだと感心です。
「こうなるんだ」、、とはどうなのか興味がありますが^^、ありがとうございます。
そうですよね。角乗りは保存会の方のパフォーマンスが年一であるようですね。
美術館は東京都現代美術館かしら?
看板がありました。
子ども用にも無料ガイドがあるんですね。
今度機会があればいってみますね。
ありがとうございます!

No title

私はこういう昔の再現村、再現博物館とかって結構好きですね。
何百年前の生活を想像してみるのがおもしろいです。
お城、屋敷などはまだ残ってる場合もありますが、長屋はないですもんね(笑)
それにしてもざまきさん、いろいろチェックして行っておられますね。

たまに、思ってた通りと違ってたらどうしよう?とかって思って
腰があがらないこともありますけど、フットワーク軽くしておくといいですね。
この日も楽しいお出かけになってよかったですね。

>すぬこさんへ

すぬこさん、こういうのお好きなんですね~。
すぬたくんも江戸時代あたりが忍者関係で興味がおありになるようですし、
親子で楽しめそうですね。
(と言っても、、町人街なので忍者には関係ありませんが・苦笑。)

> 何百年前の生活を想像してみるのがおもしろいです。
そうですよね~。
こういうところで私達のご先祖様達が生きていたんですものね。
電気や鉄骨もなく…。

ここはずっと行きたかった場所だったのですが、
何度も候補にあがりつつ、後々になっていました。
やっと行けてよかったです~。
たまにハズレもありますが、子どもと一緒だと何かと楽しいですね。
ありがとうございます。
プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード