いいかげんがいい ~ 鎌田實

<2012年3月20日 >



読んだ本の紹介です。
図書館で借りてきました。


「いいかげんが いい [単行本] 鎌田 實 (著)  集英社」です。






こちらブログで仲良くさせていただいているきっと誰かに愛されている愛希穂さんが紹介してくださった本です。




少し前に私が日記の中で、
「もっと強い自分でいたい。
弱いことが悪いとは言わないけれど・・・」
というようなことを書いた翌日に
この本を愛希穂さんがブログで紹介してくださいました。


「(ジャストタイミングで)私のために書いてくださったのかしら?」と思えるような内容で、、、
聞いてみましたら、、
書く予定だったけど、私の日記を読んで早くアップしてくださったようです^^。
ありがたいです~。




「いいかげんがいい」なんて
夫が読んだら、「お前は充分いいかげんだ!もっとちゃんとしろ!」と言われそうなんですが…(苦笑)。




著者の鎌田實さんって、、私は知りませんでした。
医師です。
つぶれかけていた長野県茅野市の諏訪中央病院
「住民とともに作る地域医療」の最前線に取り組み、後に院長に就任。
またNPOを作り、チェルノブイリ原子力発電所の事故後の患者の治療にも協力しています。
紅白の特別審査員などもつとめたことがあるそうです。



心に残った部分をメモ書きします。





(鎌田さんがパニック障害におちいった後のことです。)

一人の人間の中に、がんばる自分と、上手にがんばれない自分がいていい。
弱さというのは、強さをもつ自分になるために必要なものだと気づいた。

その方が鋼のように折れそうで折れない強さになる。
強さと弱さの加減が大事なのだ。 「いい加減」が大切なのだ。

精神的にまいってしまうことを、よく「心が折れる」と言うけれど、この表現を使わないようにしていた。
折れない、折れないと言いつづけた。
「折れた」と思う自分がすべてを終わりにしてしまう。
硬くて強いものほど折れやすい。
やわらかくて、弱くていいのだ。自分は弱いけど折れないと思いつづけた。


ぼくのイメージに近いのは、「たわむ」という言葉。しなやかな木の枝や竹などが曲る状態だ。
弱さによる「たわみ」はいつか強い自分になるための「力」になると考えた。


感情をコントロールできないときは、がまんしないようにした。
泣きたいときは泣いた。
パニック障害の発作が減っていった。



****


蒲田實さんが書いた本に
「雪とパイナップル   鎌田 實 (著), 唐仁原 教久 (著) 集英社」があります。






チェルノブイリ原発事故の放射能汚染で白血病になってしまった少年アンドレイ。
「パイナップルが食べたい」と言う少年のために極寒の中、
パイナップルを探し歩いた看護師のお話だそうです。


瀬戸内寂静さんと鎌田さんが対談した時のお話です。


瀬戸内さん
「雪とパイナップルが、もう、泣けて泣けて」
の後にこんなふうに続けた。

「こういう美しい話を読んで感動できる自分、まだ涙が出る85歳の自分にも感動しましたね。まだいけると思いました(笑)。」
それを聞いて彼女の若さの秘訣がわかったような気がした。
「感動する心」が枯れていないから姿も頭も若いんだ。



***


(アラブへ行ったとき結婚式に呼ばれた話の後に)

ぼくは恥ずかしながら、外国語をほとんどしゃべれない。ボーっとしてニコニコしているだけなのに、食事をごちそうしてあげたいと相手に思わせてしまう特殊光線でもでているのかと自分でも錯覚してしまうほど、次から次へと声がかかる。

ぼくは支えられ上手だ。小さかったころ、母が入院していた。
父はタクシーの運転手で夜が遅い。一人で生きられなかったから、たくさんの人に支えてもらった。
今も同じ。たくさんの人に助けられている。
でもときどき、人を支える。支えるのもうまい。
支えられたり、支えたり。「いい加減」が大事なのだ。

アラブはテロがあって恐ろしいと思いがちだが、それは一面にすぎない。
みんな、あったかくてフレンドリーでやさしいのだ。おもてなしの心があふれている。


人間は、みんな同じ。偏見や思い込みというサングラスをかけて相手を見るのをやめ、お互いに理解し合おうとすれば、心は必ず近づいていく。
いつの日か、平和がやってくる。
そう信じている。



私は若い頃、、「(人にたよってはいけない)自分でしっかりと一人で生きていく」なんて思い上がっていた頃がありました。
そして、病気(不眠症)になり、、会社を辞めて、、
というような経験がありました。
その時に、、しみじみ「一人では生きていけないんだな…」と思ったことがあります。


(「厚かましい」というのはいやだけど、)いい意味でまわりの人に頼ったり、頼られたりしたいものです。


夫からは、、、「もっと自立しろ!(オレにたよりすぎるな)」とウルサイくらい言われていますが…(苦笑)。



***


木村拓哉さんやお母様のことなどなど、
読んでいて温かいエピソードが満載で面白かったです。




子どものことでも、自分の生活の中でも、、
思いつめたりすることもたまにあったりしますが、
「いい加減」を忘れないようにしたいと思いました。





お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

Secre

No title

キムタクエピソードもあるんですね!
気になります!(ミーハーです)笑

いい加減がいいですね♪

鎌田さんと瀬戸内さんの対談、とてもひかれますー♪
こういう「いい加減」の人には、人の気持ちがわかる人が多くて、
人間的に魅力的ですよね。
(100歳の日野原先生にも似た魅力を感じます^^)

わたしも父親から「自立しろ」を子供の頃から言われてたので、
気づくと、頼り下手になってしまいました^^;
今でも放っておくと、「何でも自分で」と抱え込んでしまう傾向はあります。

でも、バックパッカーや、高知での子育てを通して、
少しづつ人に「頼り、頼られ」の「お互い様」を練習してこれたかな。

何度となく、瀬戸内寂静さんの本には助けられてきましたが、
改めて寂静さんの年齢を見て驚くと同時に、
ほぼ、その半分の私なんかまだまだひよっこだわ・・・と改めて考えさせられました。

ざまきさんも若い頃は「一人で自立して」と思った時期があったんですね。
そう思って頑張って、若い時に自分の限界を知るのも必要なことですけどね。

ふと思ったのですが、親業のIメッセージは、単に相手への伝達方法のみならず、
「自分の気持ちで述べる」
=「自分を解放する」
=「肩の力を抜く」
ことにも役立ってそうじゃないですか!?







>みほさんへ

そうなんです。キムタクエピソードもあるんです。
私もミーハーです(笑)。

鎌田さんが紅白の審査員をした後の懇親会で木村拓哉さんとすれ違った時に
その挨拶がきちんとして、礼儀作法がちゃんと身についていると。

そして、病院のスタッフから「アメフトをやっている弟さんも素適だ」という話を聞いて、
鎌田さんのラジオに木村兄弟の母親をゲストに呼んで子育てについて聞いたそうです。

朝自分でつぎすぎたご飯を残してしまった。昼間に新しいご飯を炊いたけど、
残した分を先に出した、、というような話がでていました。

お母さんの本も出ているので、早速読んでみたくて注文してしまいました。
読みたい本が山積みの「つんどく」が沢山あっていつ読めるかわかりませんが、
面白かったらまた紹介しますね~。

>hiromidさんへ

> こういう「いい加減」の人には、人の気持ちがわかる人が多くて、
> 人間的に魅力的ですよね。
> (100歳の日野原先生にも似た魅力を感じます^^)
そうですね~。
おっしゃることわかります!

> でも、バックパッカーや、高知での子育てを通して、
> 少しづつ人に「頼り、頼られ」の「お互い様」を練習してこれたかな。
なるほど。
「お互い様」、、っていい言葉ですね。
「自分ひとりで」って、、無人島で自給自足しないかぎりできないことですよね。

私の場合は身近にキライな人がいて「絶対かかわりたくない」
と思っていましたが、粋がっていても助けられたりして、、
自分の思い上りに気がつきました。

> 何度となく、瀬戸内寂静さんの本には助けられてきましたが、
> 改めて寂静さんの年齢を見て驚くと同時に、
> ほぼ、その半分の私なんかまだまだひよっこだわ・・・と改めて考えさせられました。
私、瀬戸内さんの本って読んだことないんですが、興味がわいてきました。
半分でひよっこ、、ってその通りですね。
最近「あー、年とった」と思うことが多かったのですが(笑)。
「まだまだ私もいける」とそういう明るさっていいです~。
私もそんなふうに思いたいです。

> ふと思ったのですが、親業のIメッセージは、単に相手への伝達方法のみならず、
> 「自分の気持ちで述べる」
> =「自分を解放する」
> =「肩の力を抜く」
> ことにも役立ってそうじゃないですか!?
そうですね~。
私の親業の先生が言っていたのですが「話す」=「(気持ちを)放す」
ことだそうです。
その通りだと思います!
放せるまで時間がかかることもありますが…。
周りの人は「待つ」ことも大事だったりして。。
粋がるのもたまにはいいけど、肩の力を抜くって大事ですよね。
「いい加減」がいいですね^^!

No title

こんにちは^^

「いい加減」は「良い加減」って聞いたことがあります。
なんでもさじ加減が必要なんでしょうね。

「硬く強いものほど折れやすい・・・たわむようなしなやかさ・・・」
なるほどです。強く意地にになり頑張っていることほど、あっけなく終わって
しまうことがありました。もっと柔軟に考えていれば継続できたかもしれません。

私が最近読んだ本の中に、「人に迷惑をかけないで生きなさい」といことについて書かれていたのですが、
人は他人に頼らなくても「一人で生きているだけで、十分人に迷惑をかけている」そうです。
ご飯を食べる・ごみを出す・水を使う・など普通に生きていてもそれだけで迷惑がかかる。

だからこそ、子育てにおいても「人に迷惑をかけるな!」と言う教えではなく、「お互い様」をきちんと
話てあげるといい・・・と言った内容でした。(もちろん迷惑をかけていい!わけではないのですが。)
(うちの子どもが場を読んだり他人に気を使いすぎたりするので、余計私には気になった文章だったのかもしれません)

私が書くと上手く説明できないので申し訳ないのですが。。。
とにかく「一人で生きよう!迷惑をかけない!!」と言う思い入れが強いほど、他人からされた迷惑を感じやすく
許しにくいとのことでした。なら「自分も迷惑をかけているだろう。お互い様でいこう」と思った方が、
生きやすい・生活しやすいようなことでした。

私も読みたくて借りた本がありすぎて・・・春休みだし更に読む時間がなさそうです^^;

>haruさんへ

「いい加減」は「良い加減」ってそのとおりですね。

> 私が最近読んだ本の中に、「人に迷惑をかけないで生きなさい」といことについて書かれていたのですが、
> 人は他人に頼らなくても「一人で生きているだけで、十分人に迷惑をかけている」そうです。
> ご飯を食べる・ごみを出す・水を使う・など普通に生きていてもそれだけで迷惑がかかる。
私も同じようなことを読みました~。
もしかしたら同じ本かブログか、、なのかもしれませんね。
一人で生きていくなんて、、無人島で自給自足をするしかないですよね。

>「一人で生きよう!迷惑をかけない!!」と言う思い入れが強いほど、他人からされた迷惑を感じやすく
> 許しにくいとのことでした。
ですね~。経験あります。
キライな人がいて、、かかわりたくない、、と。
でも、、お互い様なんですよね。

> 私も読みたくて借りた本がありすぎて・・・
haruさんもそうですか?
わたしも読みたい本がてんこ盛りで、、買うだけ買って(中古で)つんであります。
そのままで忘れそうなのですが、、
買ったのを忘れてまた同じのを買ったこともあります(汗)。
少しでもお互い本を読む時間があるといいですね^^。

ありがとうございます。

この本、読まれたのですね。
そしてまた、紹介もして下さり、ありがとうございます。

鎌田實さんの生い立ちを読むと、苦労されているんですよね。
そして、実の親に育てられたのではない。
色々な経験をされていて、書かれたものを読むと、温かなものを感じます。

自立ということで、ある方が、「『助けてください』と言えたとき、人は自立している」と本で書かれているそうです。
素直に「助けて」と言える方が、本当は自立しているのですね。

>「いい加減」を忘れないようにしたいと思いました。
「いい加減」、良い加減とも言われますが、構えすぎず、手抜きしすぎずにやっていきたいですね。

>愛希穂さんへ

こちらこそありがとうございました。
愛希穂さんのお気持ち、、温かいものを感じました。
渡辺和子さんの「愛と祈りで~」も読んでいます。
雪とパイナップルも図書館で借りてきました。
木村さんのお母様の本はまだつんどく状態ですが(汗)、
こうやってどんどん本の興味が広がるのを嬉しく感じます。

そうなんですよね~、実の親じゃなかったんですよね。
色々な体験を乗り越えた大きさ、、を感じます・・・。

> 自立ということで、ある方が、「『助けてください』と言えたとき、人は自立している」と本で書かれているそうです。
> 素直に「助けて」と言える方が、本当は自立しているのですね。
そうですね、ホントにそう思います。

>構えすぎず、手抜きしすぎずにやっていきたいですね。
ですね~、
私は手抜きしすぎるところもあるので(苦笑)、、いい加減を探したいです。
ありがとうございました。
プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード