映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」

<2012年3月1日 >



見た映画の記録です。

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(Extremely Loud and Incredibly Close)です。




こちらの映画、私にとって、ここ2年くらいで一番いい映画でした。
(じゃあ、「3年前の何の映画がこれよりよかったの?」と聞かれても答えられないほど、いい加減な表現ですが…。)



主人公はアスペルガー症候群の疑いのある11歳の少年オスカー(トーマス・ホーン)です。
アスペルガー症候群とは一種の障害で、
「こだわりが強い、人付き合いが苦手、頭脳明晰」などの特徴があります。
両親は、父親がトム・ハンクス、母親がサンドラ・ブロックという豪華メンバーです。


120217_monoari_main.jpg
(画像は以下4枚ともシネマカフェより)



監督は「リトルダンサー」「めぐりあう時間」「愛を読む人」スティーブン・ダルドリー監督です。




9.11同時多発テロで父を亡くしたオスカーは、大好きで尊敬していた父親の突然の死を受け入れられずに日々を過ごしていました。
一年後のある日、彼は父の部屋のクローゼットで、「black」と書かれた封筒の中に1本の“鍵”を見つけます。
オスカーはその「父親が残した鍵の謎」を探し出そうとします。
乗り物(地下鉄、バス)に乗るのが怖いので、1軒、1軒の「blackの名字」の人物を訪ねてニューヨークの街を歩き回ります…。
「何をどうすればいいかわからない…、でも自分が信じた今できることをする」少年。。
そして鍵の謎が明らかに…??


彼が悲しみのどん底からはいあがり、乗り越えていく再生への様子がよくわかる映画でした。


そんなストーリーです。



120111_MUAT_sub4.jpg




自分が息子をもつ身なので、思い入れが強かったのかもしれませんが、
少年の成長の様子が見られるにつれて、いい作品だな、と思いました。
涙がポロポロ。。
(何かがあって「私、今泣きたいの~」と想っている方にもお勧めの映画だと思います。)



9・11を題材にしているので重苦しさもあり、悲しみで一杯の映画ですが、
少年の成長を見ることで、最後にすがすがしさを感じさせてくれる映画でした。。


この映画をテロをおこした(おこす)人達に見てほしいです…。



予告でも言っていますが)
父親が少年に言っていた「怖さを乗り越えて進みなさい」という言葉、
心に染みます。
私も20才くらいの若い頃、「face your fear」という言葉が心にきて、(ノートに書く)日記に書き写したこともありますが…。
(全部書き終わってから予告を見直してみたら、英語のセリフの後半は「You have to face your fear」でした。)





そして少年の母親が素晴らしいです。
私だったらキー、カーっとなって怒り飛ばし「やめなさい!」「~するな!」と禁止・命令を言いたくなるような場面でも、、
(いつもそうというわけではないのですが、)
冷静で、、
会話には「please」をつけて話す姿勢…。
自分の子どもとしてよりも一人の人間として扱っている態度。。
見習いたい、、と思いました。
少年が、「あのビルにいたのがパパじゃなくてママだったらよかった」なんていうヒドイ事を言った後だとしても…。



そして、、口出しをしたり手を出すのではない「見守る」強さ、、。
私はここまで強くなれない、、と思いましたが…。



「スピード」やコメディのサンドラブロックとは別人のように思えました。。




111121_MUAT_sub1.jpg




祖母の「間借り人」である失語症の謎の老人(マックス・フォン・シドー)の脇役の存在もよかったです。(祖母も)


120111_MUAT_sub3.jpg





ただ「辛口コメント」を書くとしたら、、話が出来すぎです…。


少年が出会う人々が「いい人」ばかり…。
そう話はうまくいかないだろうな、、、と思ってしまいました。



そして少年の両親は「プロポーズをした日に、毎年同じ場所でプロポーズをしなおす」というラブラブ夫婦。
「アイラブユー」をしょっちゅう言い合うアメリカが舞台だから普通なのかもしれませんが・・・。






でも、もう一度見てみたい映画です。
(過酷で悲しい部分は見たくないのですが…。)
夫にも見せてあげたいな~。
父子の映画だし。。
でも彼は忙しくて見る暇はないんだろうな…。
劇場で見てほしい映画なんですが…。




(追記)
この日記は3日の早朝に書いたもので4日の0時に予約投稿していたのですが、
割引券があったこともあり3日の午後に2回目を見にいくことができました。



お付き合いくださってありがとうございました
レビューで酷評している人もいるので、私の感想は参考程度にしてください…。


にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

Secre

見たい映画です

わたしも予告見て、
久しぶりに「映画館で見てみたいわ~」と思ってた映画でした。

親を亡くした子供・・・という設定は、
いろいろ重ね合わせてしまいますよね・・・

春休みに行けるかなー^^?

No title

こんな映画が上映されているなんて知りませんでした。
と言っても、映画はほとんど観に行かないので、知らなくて当たり前かな?
今までに映画館で観た映画は多分10本の指で足りるぐらいです・・・。

息子と同じ障がいを持っている子どものストーリー、次の水曜日に観に行きます。

No title

私も気になっていた映画です!!
見に行ってみたいな~♪
ざまきさんの感想読んでますます気になりました。

>hiromidさんへ

hiromidさんは予告でご存知だったんですね^^。
私は見に行く前の日までこういう映画があることを知らなかったのですが…。
でも私も予告を見て、見たくなって見る映画も多いです~。
この時見た予告で「幸せの教室」と言うのも面白そうなので見に行きたいと思いました。
高卒の学歴が理由でリストラされた主人公(トムハンクス)が奮起して短大のスピーチクラスに通うようになります。
そこにはやる気のない先生(ジュリアロバーツ)がいます。
二人の交流が色々あって、
最後に授業のスピーチで、
トムハンクスが「世界中を旅したとしても、ここで学んだことに勝るものはない」なんて言っているんです。
早く見たいな~なんて思ってしまいました。
あ、どうでもいいことで長くなってすみません~(苦笑)。
あまり期待して見ると、肩透かし、、ということもありますよね(笑)。

春休みに見に行けるといいですね~^^。
あ、余計なお世話ですが、もし娘さんと一緒に、、と思われているなら、
個人的意見から8,9歳のお子さんには衝撃的すぎるかもしれません…。
911が重すぎるというか。。
色々な家庭方針などあるとおもうので一概には言えないのですが…。
お子さんと一緒に、、とは考えていられないのでしたら、
余計な一言なのですが…^^;。

>愛希穂さんへ

愛希穂さん、映画館で映画を見られたのは10本くらいなんですね。
わぁ~、少なさに驚きました~。
でも今はDVDレンタルがすぐに出てくるし、わざわざ映画館へ行かなくてもいいですしね…。
愛希穂さんは本を沢山読まれているので、映像より活字がお好きなのかな。

レディスデイですね^^。
私もなるべく水曜日か1日の映画の日に行くようにしています。
でも、
私が「よかった」と書いてしまって沢山期待して、
あまりご期待に添えなかったらごめんなさい~。
(私も人に「いいよ~、見てみなよ」「コレ読んでみて(と本を貸してくれて)」と
勧められて映画を見たり、本を読んだりして「??」と思ったことを多々経験しているもので…^^;)
あと「泣くよ~この映画」と言われて「さあ、泣くぞ!」とハンカチを握りしめて映画を見て、
あまりにも気張りすぎたのか、
「あれ???」ということもありました・苦笑。
あまり期待しないで見てくださいね~^^。

>めぐさんへ

めぐさんも気になっていた映画なんですね^^。
見にいけるといいですね~。
あ、↑の愛希穂さんの所にも書きましたが、もし見られる場合に
あまり期待しすぎないでくださいね^^。
プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード