絵本「でんちゅう」「れんこんだんめん だいこんざんねん」

<2011年7月10~24日 6才2ヶ月>



7月に図書館で借りてきた絵本の記録です。

1107210041_convert_20110723093730.jpg




その中で私的にお勧めと思ったものを2つご紹介します。


「かがくのとも476号『でんちゅう』  野坂勇作・さく  2008年11月発行 福音館書店」
です


205813.jpg
(画像は福音館書店より)


こちらはアマゾンでも楽天でも探せなかったのですが(福音館書店のページはこちら)、
身近な電柱にはどんな役割があるのか?がわかりやすく書かれています。


1107210042_convert_20110723093812.jpg



紺太郎も興味深く読んでいました。(7月10日)


1107100012_convert_20110723093318.jpg




わたしも電柱のことなんてあまり気にしたことがなかったのですが、
「こんな風になっているんだ~」と面白かったです。



2つ目は
「だいこんだんめん れんこんざんねん (かがくのとも絵本) 加古里子 (著) 福音館書店」
です。






こちらは「断面図」というものを紹介している本なのですが、
外の形がわかっているときに、中の様子が見られる断面図は役立つということをさらりと教えてくれています。
物の見方の観点を気づかせてくれていい本だな、、と思いました。


1107210043_convert_20110723093842.jpg

1107210044_convert_20110723093910.jpg

1107210045_convert_20110723094001.jpg





おまけであと1冊。
「ありがとう、フォルカーせんせい (海外秀作絵本) パトリシア ポラッコ (著), Patricia Polacco (原著), 香咲 弥須子 (翻訳) 岩崎書店」
です。







こちらはお友達のすぬこさんがコメント欄で教えてくださりました。

トリシャ(作者)の目には文字が「ぐにゃぐにゃ」にしか映らない、「読めない」というLD(学習障害)児だったのですが、
小5の時にフォルカー先生に出会い読めるようになっていきます。
自伝です。



これは小学生用だったので紺太郎用ではなく、教育的に私が興味があったので私用に借りてきました。

が、、紺太郎は「ママ用だよ~」と言っても、、、興味津々。。
1人で読んでいました。(7月11日)



1107110014_convert_20110723093602.jpg



1人で読んだ後に、「よくわからなかった、よんで~」というので読んであげました。


同級生がトリシアを「ばか」「まぬけ」などといじめる場面があるのですが、、
まだ「いじめ」をたぶん知らない紺太郎には読ませたくはなかったのですが…。


紺太郎がこの本を理解したのかどうかは不明です…。



でも、、人って「出会い」でずいぶん変わるものだ、
読めなかった子が、、絵本作家になってしまうんだ、、と驚きです。


人生って、、どう変わるのか?おもしろいものです。





遊びにきてくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

Secre

No title

うちに「たろうのおでかけ」と「ノンタンぱっぱらぱなし」あります。
ノンタンシリーズは、いろいろあって楽しいですよね。
「だいこんだんめん~」おもしろそう。。。!
うちにも加古里子さんの絵本はたくさんありますが、
これは知りませんでした。
断面図を見ながら、物の見方はいろいろあるということがよくわかりますね。
ぜひ読んでみたいです!

↓下の記事、紺太郎君、上手に絵かき歌で描けていますね~。
ご紹介ありがとうございます。
大人になっても覚えていて、子供に描いてあげれたら
良いですね♪

>ヒカリさんへ

ヒカリさん家には2冊あるんですね。
ノンタンシリーズは、順番を守ったり基本的に大事なことが書いてあっていいですね。
「だいこんだんめん~」は男の子だったら興味もつと思います。
> うちにも加古里子さんの絵本はたくさんありますが、
いいですね~。
ちょっと前までは「かこさとし」というと「だるまちゃんとてんぐちゃん」の人、、というイメージしかなかったのですが、沢山わかりやすい科学の本や「地下鉄のできるまで」、ダムの本、、と色々あって
すっかりファンになってしまいました。
図書館で借りてばかりで家にはないんですけどね…。

こちらこそ勝手にリンクしてすみませんでした~^^。
でもいいHPを紹介してくださってありがとうございます。
今日もぞうの絵とコックさんの絵を描いていました。

No title

「だいこんだんめん」「でんちゅう」も両方とも
おもしろそうですね。
「でんちゅう」は、私も仕組みを知りたいです(笑)
もう入手しにくくなってるのかな。
里帰り時の図書館リストに載せておきます。

「たろうのおでかけ」「きょだいなきょだいな」が我が家にも
あります。降矢ななさんの絵のタッチが「きょだいなきょだいな」
では、少し違いますよね。

「ありがとう、フォルカー先生」は、高学年の読み聞かせに
使っておられたようですので、おっしゃるように内容的には
コンちゃんにはちょっと早いですね。
それでも、あんなに文章が多いのに、ひとりで読めるなんて
すごいですね♪内容が難しいのは当然ですよ。

うちも先週借りてきたところです。
はっきり言って、すぬたにもどれくらい理解できたか
わかりません。だけど、世の中にはいろんな子どもがいるけど
それをからかってはいけないこと、
また他人も自分も何かができないと
決めつけてはいけない、ということ、
そして絶望を感じても助けてくれる誰かがいること、
いろいろなテーマがある中で、何か感じとってくれてたらな、
と思います。

返すまでにもう一度すぬ夫に読んでもらって、
少し話ができたらな、と思っています。

ちなみに、この作者、Polaccoさんは、北米では
かなり有名な児童書作家のようです。

>すぬこさんへ

そうなんですよね。でんちゅうはamazonでも楽天でも売っていないようです。
ページが探せませんでした。
図書館にあるといいですね。
この作者で検索しているときに「ブルートレイン」の本を見つけたので、今度借りてこようと思います。

>降矢ななさんの絵のタッチが「きょだいなきょだいな」
> では、少し違いますよね。
そうなんですよね~。
「あ、降矢さんの本だ」と思ったのですが、タッチが少し違いますよね。
この本のコンビは紺太郎が好きだった「めっきら もっきら どおんどん」と同じだったので興味がわきました。
すぬこさんもお持ちなんですね~。

>世の中にはいろんな子どもがいるけど
> それをからかってはいけないこと、
> また他人も自分も何かができないと
> 決めつけてはいけない、ということ、
> そして絶望を感じても助けてくれる誰かがいること、
> いろいろなテーマがある中で、何か感じとってくれてたらな、
> と思います。

なるほど~。そうか、、そういうテーマがあるんですよね(笑)。(←アホ・笑)

> ちなみに、この作者、Polaccoさんは、北米では
> かなり有名な児童書作家のようです。

そうなんですね。
LDの子どもだったのに、、すごいですね~!
人生って可能性が隠れている、、というか、
すごいです~。
まわりの大人のサポートというか、助けでこれだけかわるものなんですね。
かわいがって子どもの可能性を信じていたおじいちゃん、おばあちゃんの存在も大きいんだろうな~。
そういう大人になりたいけれど…、、。
またいつか借りてみたいと思います。
いい本を紹介してくださってありがとうございますね。
プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード