上野動物園でパンダ鑑賞

<2011年6月25日 6才1ヶ月>



25日(土曜日)の続きです(こちら)。


上野の国立科学博物館の後はパンダを見るために上野動物園へ行きました。



只今のパンダ、リーリーとシンシン2011年4月から公開されていますが、
公開当初は2時間待ちだったとか…。


1ヶ月前くらいに午前中に行かれた方だと30分~40分待ちだったそうです。




閉園間際に行けば空いているかな?と思い3時50分に入園しました。
(閉園5時、入園は4時まで 大人600円)




1106250037_convert_20110627134055.jpg




思惑通り、入り口すぐ横のパンダ舎に待ち時間0(ゼロ)で入れました。




私は小学生のころから、パンダが好きで
当時買ってもらったパンダのぬいぐるみを薄黒くなるまで大事にしていました。
(カンカン、ランランの時代です・笑。)




かわいい~。


1106250043_convert_20110627134129.jpg



でも残念ながら2匹とも寝ていましたが…。



パンダ舎を出て、他の場所で記念撮影です。

1106250045_convert_20110627134215.jpg

1106250046_convert_20110627134251.jpg




そしてカキ氷のおやつを食べに行き、ちょっと他の動物(猿や像)をみて、
またパンダ舎に戻ってきました。


そしたら、
今度はパンダは起きていて、十分楽しむことができました。
ずっといると「移動してください~」と言われるので、
結局合計5回くらいグルグルとパンダ舎を出たり入ったりして閉園間際までパンダを楽しみました。



1106250053_convert_20110627134322.jpg

1106250060_convert_20110627134401.jpg

1106250061_convert_20110627134442.jpg

1106250064_convert_20110627134511.jpg

1106250069_convert_20110627134611.jpg



もっと見ていたかったほど可愛かったです。



お土産に上野動物園の鉛筆を買って帰ってきました。


紺太郎も「パンダ、かわいかったね~」「また行こうね」と喜んでいてよかったです。




***


話はちょっと戻りまして、1回目のパンダを見終わっておやつを食べていた時のことです。


雨が降ってきたので、カキ氷を買って無料休憩所で食べていました。


すると、紺太郎が椅子からずっこけ落ちて、
食べていたカキ氷を床に落として全部こぼしてしまいました。


大泣きです。
「全部食べたかった~(絶叫)!」
と。



ちょっと前の私でしたら、
紺太郎に、
「自分で落としたんだから仕方ないでしょう」
「うるさいとまわりの人に迷惑でしょ、静かに。」
「我慢しなさい」
「(もう半分以上食べていたんだから)もういいでしょう。」
などと言っていたと思います。




でも私も少しは成長しているのか(笑)?この日は違う対応ができました。


お店の方に言って、自分で雑巾で床をふいて、
お店の方もモップで処理してくださいましたので、お詫びとお礼を言い、
泣いていると他の方に迷惑になるので、外に出ました。



紺太郎は「全部食べたかった~」とずっと絶叫しています。


私はお店の中でも外でも、なるべく能動的に聞くようにして、
「落として哀しかったの?悔しかったの?残念だったの?」と聞いていると、
泣いているうちに
「かなしくて、くやしかったの~」と言いながら泣き止みました。



急にあっけなく泣き止んで、ちょっとびっくりしました。




(教育評論家の)親野智可等さんが書かれていたことに以下のような文章がありました。



(ただ(理由も言わずに)泣いている子にイライラするという悩みに返答したことなのですが)


子どもの成長には発達段階というものがあります。

泣いてでも何でもとにかく自己表現する段階がまず最初にあって、
言葉による自己表現はその次に来るものなのです。
まだ前者の段階にある子に、後者を求めても無理です。
つまり、これはその子にしてみればとても無理な要求なのです。


私は、その子が泣きたいときはたっぷり泣かせてやったほうがいいと思います。
その子は、今、泣くことで自己表現をしているのですから。
自分のやり方で自己表現できるということ自体が、子どもの発達にとってとても大事です。
今、泣くのを押さえると、自己表現自体を押さえることになってしまいます。

それで子どもはすっきりして、精神の安定が保たれます。
と同時に、自己表現の気持ち良さを身をもって味わい、自己表現への意欲を養うことができるのです。
そして、その段階を十分踏み固め、その発達課題を十分こなせば、スムーズに次へ進むことができます。



とありました。


これを読んだ後だったのでした。
今までですと、泣いていると「うるさい」「泣き止んでほしい」とばかり思っていたのですが、
子どもって泣くことも必要なんだと思えることができました。


たぶん、前の私だったらイライラして対応していたことだったと思います。
こういう風に思えるようになってよかったと思っています。



まあ、子どもにイライラしていることは他にも沢山あるんですけどね(笑)。




遊びにきてくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

コメントの投稿

Secre

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

パンダ、かわいいですよねぇ。
私もパンダのぬいぐるみ持ってましたよ~。
うすぐろーくなってきてたのを覚えてます。
同じくらいの大きさだったスヌーピーと
並べてましたね。ちなみにそのスヌーピーは
今カナダにおります(笑)

数年前に南紀白浜で子パンダも含めて何頭もいっしょにいるところを見ましたが、
もういくら見ていても飽きませんね。子パンダのまたかわいいこと!
南紀白浜アドベンチャーワールドは、
外の飼育場にいるのですが、7~8頭いたような。。
いや~、かわいかった。
というのを思い出しました。

コンちゃんが大泣きしても
ざまきさんが落ち着いて対応できるようになってよかったですね。

>すぬこさんへ

おー、すぬこさんもパンダ好きなんですね♪
やっぱり薄黒くなりますよね(苦笑)。
すぬこさんのスヌーピー好きは子どもの頃からだったんですねぇ~。
カナダまで持っていくとは、、。
パンダは(笑)?
なんて私ももう持っていないです。
あんなに大事にしていたのですけどねぇ。

南紀白浜にもパンダがいるんですね。
いって見たいな~。
子パンダなんて萌え~ってなりそうです(笑)。
今白浜のパンダを調べてみたのですが、写真だけでもかわい~。
今双子がいるみたいです。

子どもが泣いているの外だと迷惑をかけているのでは?とハラハラします。
色んな方がいますし、「どうして叱らないのだろう?」と想う方もいるはずなので。
前に耳鼻科に行ったときに、コンタが「バスが行っちゃった~」って大絶叫して泣いている時に、
先生が「思いっきり泣け」と言っていたのを思い出しました。
今になってなるほどな~と思います^^。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>鍵コメさんへ

お久しぶりです♪
コメントありがとうございました、

やはりお子さんが泣くのに困っていたんですね。
私もです。
すぐに「ウルサイ」「泣き止んで」「泣いても仕方ないでしょ!」
と思っていたのですが、
ちょっとこういう知識があるとイライラも少し変わってきます。

でも、、まあ「いつも母は温かく包む」、、というのも難しいものがありますよね~(苦笑)。
こちらもいろいろ忙しかったり事情もありますものね。
私もこんなことを書いておきながら、まだしょっちゅうイライラしてしまいます。
お互い少しでもよりよくなるようがんばりましょうね♪

私も親野さんのメルマガを登録していますが、
気がむいた時に読むくらいなんですよ^^。

沢山出かけるのは、家にいると私が煮詰まっちゃうからなんです。
でもこうやって一緒に出かけられるのもあと少しだと思うと名残惜しいです~。
男の子なんて母親と遊びになんてあまり行きませんものね…。

ブログはじめられたんですね♪
早速遊びに行かせて頂きました。
私はamebaのIDはもっているのですが、amebaでブログは書いていないので、
「相手に知らせずに読者になる」にしてしまいました。
これから楽しみです。
教えてくださってありがとうございます!
プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード