その8、八郎潟、桜・菜の花ロード&大潟村干拓博物館

<2011年5月5日(木曜日) 6才0ヶ月>



5月5日(木曜日)
秋田旅行4日目の朝です。


能代(のしろ)のお宿を出まして、約40分で大潟村まで走ります。



皆さんご存知だと思いますが、
かつては日本第二位の面積(220km²)を誇っていた湖八郎潟の大部分の水域を干拓&陸地化して大潟村ができました。



その大潟村に約11キロにわたる「桜・菜の花ロード」があり走りました。




「あ、ババヘラアイスだ~(こちら)」なんて言っていると、、
(このロードだけで3,4人いました。)


1105050429_convert_20110512230313.jpg






見事な桜と菜の花!
すごくキレイでした!!


1105050437_convert_20110512224503.jpg




感動して何枚も写真を撮ってしまい、、(すみません、)以下同じような映像が続きます…。


1105050439_convert_20110512224543.jpg




車を停めて写真を撮ります。


1105050444_convert_20110512224622.jpg


1105050457_convert_20110512224701.jpg

1105050460_convert_20110512224752.jpg




あまりにも写真を撮りすぎて、、紺太郎も飽きてきたようで、、ふざけてきました…。

1105050468_convert_20110512225842.jpg

1105050469_convert_20110512225806.jpg



本当にキレイでした~!!


桜並木の両側は田んぼが広がっています。

1105050478_convert_20110512224835.jpg




用水路です。


1105050503_convert_20110512225031.jpg





その後、大潟村干拓博物館へ行きました。(私達が行ったのが特別期間だったのか?無料でした。)



1105050509_convert_20110512225113.jpg



昔の八郎潟の写真です。

1105050513_convert_20110512225158.jpg




完成した大潟村です。


1105050519_convert_20110512225246.jpg




戦後の食糧難の解決の為、八郎潟の干拓工事が行われ、20年の歳月と約852億円の費用を投じて約17,000haの干拓地が造成されました。
工事は昭和32年(1957年)に着工し昭和39年(1964年)に大潟村が完成しました。

しかし、、その後は米あまりの時代になり、、減反政策などもあり、失敗した計画?という見解もあるようです…。
特に環境の方面では、湿地の喪失を嘆く向きもあるようです。
言われてみれば、すごい環境破壊のような気もします。
自然豊かな土地になっていますが…。



入植者お茶の間劇場で、昔の干拓のニュースなどを見ることができました。
23種類の短い映像を見ることができます。



1105050521_convert_20110512225338.jpg



こういった資料館を夫はじっくり時間をかけて見るタイプなので、、
私達二人はニュースの見放題です…(笑)。


1105050523_convert_20110512225432.jpg



どのように工事をしたかなどわかりやすかったです。
私は「埋め立てた」と思っていたのですが、堤防をつくって中の水を抜いていったようです。



泥との格闘・・・。

1105050522_convert_20110515120022.jpg






年表を見る限り、漁業者などからの「反対同盟」もあったようです。
2年で解散しているようですが。

1105050525_convert_20110512225516.jpg





約10000年前から男鹿半島がどのように変化していったか?の図です。


1105050527_convert_20110512225546.jpg




俳句コンテストがあり、、紺太郎が「やる~!」と言い張るので書いて出しました。




1105050529_convert_20110512234620.jpg





でも、、結局作ったのはパパなので、、ズルしています。
すみません。。。。



お隣にある、大潟村の特産品を売っている産直センター「潟の店」で「肉巻きおむすび」を購入して、
車の中でお昼を済ませました。



大潟村を後にして、また能代(のしろ)へ戻ります。



1105050530_convert_20110512234752.jpg



4日目続きます…。




にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secre

No title

訪問履歴からお邪魔しました。
桜と菜の花の競演、素敵ですね♪

ウチの子は路線図と時刻表が好きです^^

No title

2枚目の写真・・・とてもきれいです。

ざまきさんはどのカメラを使われてますか?

もし差支えなければ教えてください。

行きたくなりました

桜と菜の花、とっても綺麗ですね。
行きたくなりました。
私もそこにいたら、きっと写真撮りまくりだったと思います。

いいですよね。1週間かけての旅行。
紺太郎にもとっても楽しい体験になったでしょうね。

>さくらのはっぱさんへ

コメントをありがとうございました♪
以前に山崎房一さんの本を検索している時に、さくらのはっぱさんのブログに出会い、
その後ときどき訪問させて参考にさせていただいています。
桜と菜の花はとっても素敵でした。
天気がよかったので更によかったです。

お子さんは路線図と時刻表がお好きなんですね。
うちの子も路線図が大好きです!!
時刻表はまだ見方がわからないようですが。
また遊びにいかせてください。
コメントありがとうございました♪

>モンキーさんへ

ありがとうございます♪
天気が良かったでさらに桜と菜の花が冴えました~。
わが家のカメラはFUJI FINEPIX f31です。
カメラ通の中では評判のようですが、もう製造が中止されているようです。
ほめてくださってうれしいです。

>愛希穂さんへ

とってもきれいでした。
黄色とピンクと青空のコントラストが素敵でした♪
ホントお勧めの場所です!
沢山写真を撮ってしまいました(笑)。
1週間は長いと思っていたのですが、まだまだ沢山行きたい所があって、
秋田は見所が沢山ありました。
紺太郎にもいい体験だったのでしたらいいのですが…。

No title

ざまきさん

カメラの種類、教えてくださってありがとう。
コンパクトなサイズなのに、レビューがとってもいいですね。

やっぱりカメラも含めて、全ての電化製品は、日本のブランドを日本で購入するのが一番ですね。
うらやましいです~~。

うちは先日ニコンの一眼レフを買ったのですが、日本で購入することを思えば2倍ちかくして、ため息が出てしまいました。

でも普段持ち歩くにはコンパクトなものが良いので、今度の帰国で探してみようと思っています。

フジも見てみますね。

>モンキーさんへ

いえいえ、どういたしまして♪
そうなんですよね~、このFUJI FINPIX f31は神機とも言われるくらい評判がいいみたいです。
生産中止にならなければいいのに…。
一眼レフを買われたんですね。
私もほしいな~と思いつつ、、重いのとつかいこなせないだろうな、、と思い躊躇して手がでないでいます。
でも一眼レフでブログやられている方とか写真が全然ちがってキレイなんですよね~。
モンキーさんの写真も楽しみにしています。
でもオーストラリアでは2倍の価格なんですね。
高い~。
気に入ったいい物が見つかるといいですね!
プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード