絵本「黒い島のひみつ」「ちいさなおうち」

<2011年4月後半のこと 5才11ヶ月>


4月の後半(5才11ヶ月時)に借りた図書館の絵本の記録です。


1104280005_convert_20110428230054.jpg




今回、紺太郎がうけたのは「黒い島のひみつ (タンタンの冒険旅行 (1)) エルジェ (著), 川口 恵子 (翻訳) 福音館書店」です。






今回、借りた絵本9冊↑は、春休みの広島でよく通っていた児童支援センターにあった(名前は忘れてしまったのですが)「おすすめの絵本 100冊」みたいな本を見て参考にさせてもらいました。


その時に紙をもっていなかったので、レシートの裏に面白そうな本&読んだことない本の名前を小さく汚い字でメモ書きしました。


1104280012_convert_20110428230429.jpg



こういった「おすすめ本」があると、借りる時参考になるのでいいです。


図書館から借りる時はパソコンでHPから予約をしてしまいます。
すると、中味を見ていないものですから時々失敗があります。


今回は、絵本の名前をただ写して「何才対象」などはほとんど見ていませんでした。
この「黒い島のひみつ」は小学校高学年対象で、漢字もふりがながありません。
おまけにびっしりで、、80ページくらいありました。
絵本というか漫画に近いかな。。


1104280001_convert_20110428230015.jpg

1104280002_convert_20110428230519.jpg



借りて持って帰ってきたとたん「あ、失敗した…。」と思いました。
そのままバックに入れて読まずに返そうと思っていた本です。


でもある日曜日(4/17)に、夫が私に「(紺太郎に対して)お前は過干渉すぎる」と言うもので、ムカ~ときてしまいました。(図星ですが…。)
仕返し?に「この本、パパに読んでもらいな~」とバックから出してこの本を紺太郎に渡しました。


読むのは30分以上かかり大変だったようですが(ごめんなさい~)、、紺太郎にはキャーキャーと大うけしていました。


1104170001 kuroishima
(↑↓紺太郎の左下にあるのはパパ(夫)のお腹です。)


1104170003_convert_20110428144408.jpg


読み終わってからも1人で楽しそうに眺めていました。

こちらはシリーズのようですので、紺太郎がもっと大きくなったら他のを借りてあげようっと…。
こちらは幼稚園生にはお勧めしません~。
(親が読んであげる気力があれば、喜ぶ本だと思います。私には無理です。)





あといい本だなと思ったのが「ちいさいおうち バージニア・リー・バートン (著, イラスト), 石井 桃子 (翻訳) 岩波書店」です。







これは夫が小さい頃に読んだことがある本で、最近ネットで見て紺太郎に読ませたいと思っていた本だったようで、グットタイミングでした。


自然の中に建っていた小さなお家の周りがどんどん開発されて、ビルに囲まれてしまいます。


1104280006_convert_20110428230154.jpg

1104280007_convert_20110428230231.jpg



元の住人の孫の代になり、お家を引っ越させて元の自然の中のお家に戻る、という話です。


夫は喜んで紺太郎に読み聞かせていましたが、
紺太郎は「ボクは住むのは町がいい~」なんて言っていて、ちょっとがっかりしたようです(苦笑)。



(最初に書いたように)↑の本は全部「おすすめ絵本 100冊」みたいな本を参考に借りたのですが、
紺太郎は最初「ボクの好きな本がない!」と言っていました。
体の本や科学の本が好きなようです。



で、↑で予約で時間がかかったものを数日後に取りにいった時に、さらに自分で見て選んできました。



1104280009_convert_20110428230350.jpg



動物が主人公の空想のお話よりも、生物や科学の本の方が好きみたいです。
かこさとしさんのこちらのシリーズは面白いようです。

 



ちなみに「せいめいのれきし―地球上にせいめいがうまれたときからいままでのおはなし バージニア・リー・バートン (著, イラスト), いしい ももこ (翻訳) 岩波書店」も興味深く聞いていましたが、
やはり長かったです。
なので、夫に読んでもらいました。
長いものは丸投げ…(すみません~)。






あ、今気がついたのですが、この「せいめいのれきし」を書いた人は「ちいさいおうち」を書いた人でもあるんですね。





GWに夫の実家へ行くので、期限前だったのですが全部返却してしまいました。
今回も一度に沢山借りてきて、(紺太郎の体調不良もあり)読んだのが1冊1回か2回になってしまったので、今度からは一度に借りる数は少なくしようかな…。


でも図書館へ行くと、「あ、これもおもしろそ~、あれも~」とついつい欲張りになってしまうんですよね。


与えすぎはよくないと思うので、気をつけようと思います。


にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

Secre

No title

ざまきさん、なんでもマメに記録していて、エライなあ・・・。

「ちいさいおうち」も「せいめいのれきし」も家にあります。
なのに、作者が同じって気づいてなかったー ^^;

「せいめいのれきし」の方は、
娘にはまだ早いかな、と読んでませんでした。
いつも思うのですが、紺太郎君、
ウチの娘よりも年2つ下なのに、ずっと読書レベルが高いです^^;

最近、娘が、
「自分って何?体はここにあるけど、本当はどこにいるのか、わからなくなる・・・」
なんていうんで、驚きました。(恐らく、「宇宙」の図鑑の影響でしょうが)
こどもはいろいろ考えてるのだから、
親が勝手に「これはまだ早い」なんて決めつけるのはよくないな、と思ってたところです。

タンタンは、旦那の子供の頃の愛読書だったそうで、
うちにボロボロの英語版がたくさんあります^^
この本に感化された、欧米人バックパッカーは多いはず、とにらんでます。
原作はTin Tin なんですよね。
日本語にすると、チンチンになっちゃうから、タンタンにしたのかしら・・・^^;?と勝手に解釈。

ちなみに昔、タイをバックパッカーしてた時、
欧米人向けにTin Tin シリーズのTシャツが売られてて、
うちにも何枚かあり、今でもパジャマにしてます。
ベルギー(作者ベルギー人)に行った時も、TinTinショップに真っ先に行きました。
スカパーで、アニメ(英語)もやってますよ。


>hiromidさんへ

「ちいさいおうち」と「せいめいのれきし」お持ちなんですね。
両方いい本なので買ってもいいかな~と思える本でした。
やはり同じ作者と気づいていませんでした?
私もこの日記を書くまで気づきませんでした^^。

> 「自分って何?体はここにあるけど、本当はどこにいるのか、わからなくなる・・・」
> なんていうんで、驚きました。

す、すごい!なんか哲学的ですね~。
他人のお子様ながら、成長が楽しみです~♪

>日本語にすると、チンチンになっちゃうから、タンタンにしたのかしら・・・^^;?と勝手に解釈。

アハハハハ。
そうえいばば、なんでTinTinがタンタンなんでしょうねぇ~~??
不思議。
ティンティンでいいと思うのですが…。
言いにくいし、やはりやはり響きがアレだからでしょうかねぇ~(笑)。

うちの夫のバックパッカーで世界一周旅行をしたことがある人なので(←言いましたっけ?)、
紺太郎にもその血が受け継がれているから気にいったのかしら?

タンタンのTシャツがパジャマであるんですね(笑)。
いい思い出ですね(笑)。
こういうのって何年たっても捨てられなかったりもしますよね。

アニメ(英語)であるといい英語の勉強にもなりますね。
うちスカパーに入っていないのですが、この本を気に入ったということはアニメも気に入るだろうな~。
あー、英語で聞かせたいわ~。

旦那様、、日本まで持ってくる、、ということはよほど思い入れのある本なんですね^^。

No title

うちにも「ちいさいおうち」ありますよ!
お隣さんからいただいた絵本の中にあった一冊ですが、私も好きな絵本のひとつです。
田舎から街へ変わっていく様子に、おうちの気持ちになって寂しくなります。
コンちゃんは町がいいんですね・・・(笑)育ったところに近い環境がいいのでしょうか。
今度健太朗にも聞いてみることにします。

パパのお腹に肘付いて絵本ってなんだか微笑ましいです~。
30分もお付き合い、できませんよね~~?
ご飯とか作らなくていい日じゃないと無理です(笑)

>まりっぺさんへ

まりっぺさん家にも「ちいさいおうち」があるんですね。
一度本箱を拝見したことがありましたが、お隣さんからいただいた本はいい本ばかりですよね~^^。
レゴもいいですよね!
そうなんです、紺太郎は町がいいみたいです。
大好きな電車が走っているから(笑)。
私はおさるのジョージの黄色い帽子のおじさんみたいに、町と田舎に両方家があるのが理想です。
健太朗くんはどっちかな~?

30分も付き合えません~。
疲れちゃうし、「めんどくさい」の気持ちが先に出ちゃいます。
そうそう、外食した日とかは長めに絵本の時間をとったりします。
片付けもないし~。
普段は無理ですね…。

No title

「せいめいのれきし」・・・我が家も今週この本を借りています。下の子が興味深そうに読んでいました。
「ちいさいおうち」、私も好きです。
こんな絵本を見ると田舎っていいなって思いますが、実際住むとなると、紺太郎と同じで「町」がいいかも。
でも、もう少し年齢を重ねると、変わるかな?

>愛希穂さんへ

「せいめいのれきし」ちょうど借りられているんですね。
何章、、とかに分かれていていいですよね。
(といっても私は読んでいないのですが・笑。)
1回読んだだけで返却してしまったので、もう少し大きくなったらまた借りてみようと思います。
そうですよね、実際住むとなると町の方が便利でいいですよね。
田舎だと車がないと生きていけなかったり。。
私は運転できないので、、困ります~。
別荘とかあるのが理想ですが…(笑)。
プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード