「勝負なし法」実際のやり方(子育て講座7回目)

<2011年3月9日のこと>


1~3月に通っっていた子育て講座(親業)の7回目のまとめです。(6回目はこちら


6回目に「勝負なし法」(第三法)という問題の解決法を学びました。
親が勝つのではない、子どもが勝つのではない、
両方が納得いく方法を見つけるというものです。



前回のまとめのときに、
「正式な方法は、家族会議のように紙を用意したりしなくてはいけなくて、書くと長くなります。
正式な詳しい方法は、こちらでは割愛させてください。」

と書きました。


7回目はこの「勝負なし法」の正式な方法を実際にやってみる為に、
3時間の講座の時間中、2つのロールプレーをしただけで終わりました。


実際に丁寧に教えてもらうと、すごく面白いやり方なんだ、ということがわかりました。
こんな紙に書いてメモする方法は5才の子ども(紺太郎)には使えない、と思っていたのですが、
習ったやり方があまりにも面白くて帰ってためしてみたのです。


3月のその頃、
朝は起きない、
朝ご飯はテレビをみながらポケっとして食べない、
着替える時もテレビをみて行動しない、
バスに間に合わなくなるのがいやで、私はガミガミ怒ったり、脅したり、命令…、
それはもう北風と太陽で言うなら北風のやることをおもいっきり紺太郎に対してやっていたのです。
「着替えないならテレビきるよ!」と怒り、テレビを消すと紺太郎は癇癪をおこして泣く、テレビをつける、手がとまる、私が怒る、、
そんなことを毎日繰り返してみたのです。


でも3月9日(水曜日)、講座を受けてから家に帰ってメモを取り出し、この「勝負なし法」で試してみたら、翌日から紺太郎に劇的な変化がおきました。
我ながらびっくりでした。


なので、、
詳しい方法は割愛しようと思っていたのですが、感動したので記録の為わかりにくいですが書かせてください。
3時間学んだことを私の稚拙な文章で簡単に説明できるかは自信はないのですが…。
ご興味のある方、よろしかったらお付き合いください。



例を出します。

ロールプレイ「間食」

親と子どもの2人家庭、(自分は親役、先生が娘役をやりました。)
親は会社員(土日はお休み)

14才の子どもが学校からおなかをすかせて帰ってきます。
子どもはあなたが夕食をいつにするかたいていは知りません。
子どもが帰宅後に間食を沢山していると、夕食が早ければ食事は入りません。
このことがあなたは気にさわっています。
子どもは子どもで、間食は少しなのに夕食が遅いときは、よくイライラすることがあります。

あなたは用事が長引いて遅くなる時は、出先から電話します。
子どもはガッカリします。自分で食事の支度をしなくてはいけないからです。


夕食の支度にかかろうと台所に入ると、子どもが間食したあとで、きれいにしていた台所が汚れています。


こんな設定だったとします。


【準備段階】 

 ・話し合いたいことがあることを「わたしメッセージ」で率直に伝える。
 ・時間があることを確認する。
 ・メモなどを用意して、記録できるようにする。
 ・勝負なし法のやり方を相手が知らない場合は説明する。

(親)「紅子(娘)ちゃん、ちょっといいかしら、間食について話し合いたいの」
(娘)「今テレビ見ているの」
「テレビ見終わったら時に、時間つくってもらえるかしら」
「話し合いって言ったって、ママの言う通りにさせるんでしょう」
「ううん、お互い納得できるようにしたいの」
「どうやるの?」
「お互い「こうしてほしい」というのを出して、その中からお互い納得できる方法をみつけるのよ」
「ふ~ん、いいよ」

と言った具合です。
小さい子には比較的この準備段階はいらないそうです。

実際、紺太郎にメモ用紙を見せただけで、ゲームか何かと思ってくいついてきました(笑)。


CAPHEOH0.jpg





【第一段階】―問題点をハッキリさせる。

「わたしメッセージ」で自分の欲求を伝えたあと、「能動的な聞き方」で相手の欲求を聞き取ります。このとき重要な点は、「手段」ではなく「目的」を問題点に設定すること。

~したい、してほしいでなくて、結果的にこうなって欲しいということを問題点にすることです。


(親)「おやつと夕食について話し合いたいのだけど、日頃不満に思っていることある?」
(相手の話を先に聞く。自分のことを先にいうと文句を言っているように思われる。)


そして娘さんの話を聞いて、子の欲求を左上に書きます。

A) 夕食の時間を決めたい
B) 遅くなる時の連絡を早く欲しい


そして親の欲求を右上に書きます。


a)食べ物を無駄にしたくない
b)キレイな台所ですぐ夕食の支度がしたい。


1104200004_convert_20110420235412.jpg




【第二段階】―解決策を出す。
この段階では、全員の欲求を達成できるアイディア、もしくは、妥協案をブレインストーム的に思いつく限り挙げる。
 
 ・思いついたアイディアをどんどん発言する。
 ・人の発言に対して批判したり、ほめたり、説明を求めたりしない。
 ・「ありえない」と思うアイディアでも言ってみる。
 ・すべての発言を紙に書く。


「どんな解決策でもいいから思いつくものを言ってね。」と二人で出して行きます。

1・夕食の時間を7時に決める。
2・日曜日にお母さんが手作りしてできるものは冷凍しておく(早く準備できるように)
3・遅くなる時は6時までに電話する。
4・連絡のため携帯を娘に買う
5・前もって遅くなるのがわかっている日はカレンダーに印をつける。
6・おかずは自分で食べられる分だけ盛る。よそった分は全部食べる。
7・レンジ拭きやペーパータオルを台所に置く。
8.台所を使ったら片付ける。
9.紙コップ、紙皿でおやつを食べる。
10.(簡単に作れるように)食材宅配を頼む。
11.毎日外食


1104200005_convert_20110420235517.jpg



【第三段階】―解決策を評価、検討する。

第二段階で出たアイディアを一つずつ検討します。
自分の気持ちを正直に言います。
それぞれできるものに○、イヤなもの、できないものに×をつけていきます。

「お母さん7時はむりだけど7時15分ならいいわ~」などと修正を加えてもOK

「携帯のことは後日改めて話しましょう。」など保留にしてもいい。

1104200006_convert_20110420235543.jpg




【第四段階】―お互いが受け入れられる解決策(両方○がついたもの)を決定します。

「どっちかが×や両方×なものは消していくね」と線を引きます。

1104200007_convert_20110420235609.jpg



そして、残った物(1,2,3,5,6,7,8)が両方の欲求(A、B、a、b)を満たしているかをつきあわせてチェックします。

子の欲求、親の欲求のA、B、a、bに(残った解決策の)番号を書いていきます。

CA6IGGXN.jpg




【第五段階】―決定を実行する。

1は今日からね。2は明日からね。と
第三者に影響がないかチェック(当事者以外への影響も考える。)

【第六段階】―結果を評価します。

うまくいかなかったり、新しい事実が出てきたかチェックする。


こんな感じです。


紺太郎に対しては
朝の解決策をブレーンストーム的に出したときに、

1.早く寝る(8時45分)
2、テレビを見たい時はビデオを撮る
3.テレビを朝消す
4 めざましをふやす
5 テレビを見ても、食事や着替えの手をとめない
6 朝食べない
7 時計をよくみる
8 テレビは着替えるときは消す

を出して、1、2、4、7、8、が残りました。

ちゃんと習ったとおりできているかは?なのですが、
こんな表ができました。


1103110008_convert_20110315172258.jpg




するとその日に帰ってきたパパに、
「あのね~、二人で決めたことだから早く寝なくてはいけないんだよ」と言ったり、
次の日にも
二人が丸をつけたものは守らなくてはいけないんだよ~」と嬉しそうに報告していました。

その後も私に「『朝ごはんを食べない』っていうのには二人とも×をしたんだよね~」と楽しそうに思い出したりしていました。

3学期は残り1週間と少しだったのですが、
紺太郎は率先して自分から着替えようとしたりして
一度も私が声を荒げることもなく、比較的スムーズに朝の支度ができ、
本当にびっくりしました。

今のこの表は冷蔵庫に貼り付けてあります。
(新学期になって2バスになり1時間遅くなったら、朝余裕をもって起きてくるようになりましたが。)




余談です。
めざましをふやす、、で「新しいの買わなくてはいけないかな」と思ったのですが、探したらありました。

私が昔のジャニオタ時代に買ったV6の目覚まし…(笑)。

CA2HD39I.jpg


とってあったのですが、これが使われる日がくるとは思ってはいませんでした。



何かみんなで決めたい時に「勝負なし法」おすすめです~。
スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

Secre

いいですね!

「勝負なし法」、いいですね。
私も使ってみます。
同じことの繰り返し注意、注文が多いので・・・。

よい結果が出たらブログで報告しますね。(*^_^*)

>愛希穂さんへ

よかったら是非ためしてみてください~。
私はきちんと習う前は「あまり使えないかも…」なーんて思っていたのですが、
すごい効果があって感激してしまいました。
小さいからできないかも、、ではなくて小さいから素直で効果があったのかもしれません。

No title

こうやって直接効果があってよかったですね!

V6の時計って(笑)
だれがだれって全然わからないんですけど~。
コンちゃんにもつっこまれませんでしたか?
これ、誰って(笑)
こちらも役に立ってよかったですね~。

>すぬこさんへ

劇的ともいえる変化でびっくりしました~。
着替えも出来ない所以外自分でやるようになりましたし…。

え~、わかりませんか(笑)?
12時から時計回りで、森田くん、岡田くん、長野君、イノッチ、坂本くん、三宅くんになります~。
紺太郎はV6ってわからないです。
嵐くらいはやっと数人わかるくらいかな…。
なのでツッコミはありませんでした~(笑)。
プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード