能動的な聞き方

<2011年1月28、29日 5才8ヶ月>



以前書きました「子育て講座」(こちら)の2回目28日(金曜日)にありました。


私なりのまとめメモです。




まず、
何か問題があったときに、「問題所有者」を明確にします。


「子(相手)の問題なのか?」もしくは「親(自分)の問題なのか?」
(それ以外は「問題なし」の状態。)


(注: 今回は親子関係(自分が親だった場合)を例にあげています。
全部の人間関係にあてはまるそうなので、子を「夫」「自分の親」「姑」「○○さん」などと置き換えてもいいです。)


子どもが癇癪をおこしている→親がイライラする、、というような
問題所有者が「子の問題」から「親の問題」へ移行する場合もありますが、
今回の2回目は「子の問題」だけにに焦点をあてました。



「子に問題」があり、サイン(泣く、否定的なことを言うetc.)を出している場合の対応の仕方です。


その時の12の禁止事項がありました。


1.命令、指示。
2.脅迫、警告。
3.説教、義務付け(すべき、当然のこと、など)。
4.提案、助言、忠告。
5.説得
6.批判、非難。
7.悪口、侮辱
8.解釈、分析。
9.同情、なぐさめ、激励。
10.尋問 (原因・動機・理由を探る)。
11.賞賛、ご機嫌とり、同意。
12.ごまかし、皮肉。


だそうです。

これらのことを言うと、、子どもは反発したり、「自分は理解されていない」と心を閉ざしてしまう場合が多いそうです。



ワークブックで、自分が問題を提示した時に↑の12の答え方をされたらどう思うか?のロールプレーをしました。


確かに、、気持ちのいいものではありませんでした。



私がちょっと誤解してしまった点があったのですが、
↑の禁止事項は「問題なし」の場合には適応されないようで
「問題なし」の時は↑12のことを使って自由に会話してもいいそうです。
(悪口とかはよくないと思いますが・苦笑。)



ではどうすればいいか?


「相手の話を聞く」ということです。




その「聞く」ということにも
「受動的な聞き方」と「能動的な聞き方」があります。



●受動的な聞き方
・沈黙 (相手に話させる)
・あいずちを打つ。  「へぇ~」「そう」など
・話をうながす  「それで?」「それからどうしたの?」


●能動的な聞き方
1.相手の話を繰り返す。
2.相手の話をまとめて、自分の言葉で言いかえる。
3.そういう言葉を口にした相手の気持ちをくむ。(禁止事項の8・分析とは違う)



特にこの「能動的な聞き方」が効果があるそうです。
問題を持つ人が、自分の気持ちが受け入れられたと安心し、
自分で前向きな気持ちを持つようになり、自分で解決法を見つける場合が多いそうです。


親の能動的な聞き方が子どもの考える力を伸ばすそうです。


子どもが傷ついたり激しく泣き叫ぶときに、「能動的な聞き方」を通じて、自分がいかに悲しいかまたどれだけ恐れているかを親が理解していると子どもが確信すれば、即座にピタっと泣き止むのをやめるそうです。


子どもが自分で解決するのを親が助けます。

そして「能動的な聞き方」の注意点は

1、記号(怒っている)に反応するのではなく、できるだけ気持ち(感情、考え)を汲み取るように努める。
2、相手の気持ちを解読して確認をとるもの(受け止めるだけ、同意ではない)
3、共感的理解が必要 (同じ高さ)
4、受け手自信の言葉で繰り返すのが効果的


だということです。


でも、、む、むずかしい・・・。
クラスの中で「能動的な聞き方」の訓練しました。



子「鈴木先生が月曜日休みだから、幼稚園へ行きたくない。」
親「鈴木先生がお休みだから、幼稚園へ行きたくないのね。」
「鈴木先生がお休みだと寂しいのね。」


子「弟がおもちゃとった~」
親「●●がおもちゃとったのね。」「取られて悔しかったんだね。」


という具合…。。


コレ、、本当にむずかしいです…。
私だったら、
「幼稚園は行かなくてはいけないものなのよ~。(3・義務付け)」
「お兄ちゃんだからガマンしなさい。(3・義務付け)」
とか言ってしまいます。


そんなに簡単にいい結果になるのかは疑問なところですが、
「いい結果」になった例がいくつも教科書に紹介されていました。
私はこれらの例を読んで「なるほど」、、と思いました。



こういうことが本当に効果的なのか?、、、まだわかりませんが、
さらに続けて勉強したいと思います。


ちなみに次回の講座の3回目は更に「子の問題」の場合、
4~8回が「親(自分)の問題」の場合について勉強します。(Iメッセージとかかな?)
楽しみです~。



*****


で、、28日(金曜日)の夜に夫の実家へ行く時の話です。


いつもは駅までおじいちゃんがで迎えに来てくれるのですが、
この日は車の都合でバスに乗らなければいけませんでした(約10分乗ります)。


体操教室が終ってから行ったので、バスに乗ったのは7時半を過ぎています。
おやつは沢山あげましたが、紺太郎お腹がすいて疲れているはずです。



帰宅時間と重なり、、バスは混んでいました。
私たちが乗った時点で空いている席は3つしかありませんでした。



でも窓際ではない…。


紺太郎は愚図りはじめました
「外が見たい~!」と泣き始めました。


窓際の席に座って、外を見たかったようです。
立っていると、座っている人が邪魔になって外が見えません。


私が抱っこするにも、、コロのバックや体操教室の荷物など沢山で無理です。
紺太郎は重いし…。



「コンタ、(愚図るなんて)疲れているんだね」と言いました。


そして、、公共の場でうるさくしてはいけないので「しつけ」のことが頭をよぎりました。
こういう子どもが公共の場で自分の我侭を言っている場合、、厳しく「叱って」「しつけ」をしなければいけない場面なのでないか?





そして次の言葉が一瞬のうちに頭の中によぎりました。


「泣かないの、しずかにしなさい!バスの中では静かにしないといけないでしょう?周りの人が迷惑だよ。」(禁止、命令)
「ほら~、おばあちゃん停留所まで迎えにきてくれるんだって。楽しみだね~。」(ごまかし?)
「我慢しなさい。パパに手紙で「(紺太郎は)がまんするようにする。」って書いたことあるでしょ(どうでもいいけど、こちら)。どうしようもないでしょ。我慢しなくちゃいけない時には我慢しなさい。」(命令)
「外を見るより他に楽しいこと探そうよ~。(提案)」


などなど…。


どんどん混み合ってくるバス…。
もう空いている席もありません。
立っている人も沢山います。


泣く我が子。。
ちょっとイライラしはじめた私(親)。



で、、この日に受けた↑講座のことが頭によぎりました。



「能動的な聞き方をする。」


で、、やってみました。



↑の口から出そうな言葉たちをグッと我慢しました。


「そうか、、紺太郎は外が見たいのね…。」



ホントはここで子ども自身に答えを見つけて欲しい所ですが、
私はバスを見渡してパッと思いつきました。



「じゃあ、前に行こう。」と言いました。


紺太郎は泣き止み、
運転手さんの横の手すりを持って立たせ、それから機嫌よくなり無事外を見ながら帰ることができました。


この例が「能動的な聞き方が有効だったか?」の例になるのかはわかりません…。



ただ、、
それから紺太郎がバスに乗りながら、こちらを振り返りニコっと笑って、
「ママ、大好き!」と一言いってくれました。



「自分の気持ちが受け入れられた」との満足からなのかな??
それも真偽のほどはわかりません。。


子どものわがままをどれだけ許していいのか?その問題もあると思います。


ただ、、なんとなく↑の頭の中の言葉を口に出すよりもよかったような気がします…。
気がするだけですが・・・。



しかし、、
万が一に運転手さんが急ブレーキなどをかけたときに、
5才の体はふっとんでフロントガラスにぶつかる可能性もあるわけで、、。。


立たせてから
「幼児はバスで前に立たせるべきではない」という点に気がついたんですけどね…。


それはそれで、
「~で危ないからママ心配だし、これからは前に立つのはやめようね。」とは伝えました。




すみません~、
いい例だったのか、よくなかったのか自分で書いていても混乱していますが(苦笑)、
うまく能動的な聞き方ができるようになればいいな~と思っています。


バス停にはおばあちゃんだけでなくおじいちゃんも迎えに来ていてくれました^^。



自分のメモというよりボヤキに近くなりました。独りよがりでわかりずらい話ですみません~。
お付き合いいただいてありがとうございました。


にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

コメントの投稿

Secre

No title

遅コメですみません~

バスの中でのざまきさんの落ち着いた対処に
感動しました。
きっと講座が役にたっているんですね!

私も出来るだけ能動的な聞き方をするように
心がけてはいるんですが、
結局最終的には
命令口調になっちゃうんですよね~(苦笑)
気をつけないと。。。

また講座の報告
楽しみにしています!

>kovachanさんへ

遅いコメ、大歓迎です~。

そんなに落ち着いていたわけではないんですけどね(笑)。
頭の中は色々混乱していて。。
でも講座が役になったのかな???この場合??

ちょっと前にミーナちゃんが校庭であるお母さんともめて泣いていた時に、
私が「子供が言ったことを繰り返すといいと聞きました」とコメントをしたことがあると思うのですが、
それがこの講座関係の本を読んだばかりの時だったんですよね。

そうなんですよね、心がけていても結局イライラして命令したりするんですよね。
私もそうです。
「~しないと、~しないよ」と脅したり。。
で、、もっとちゃんと勉強したいと思ったんですよね。
親側(自分)の問題(自分がイライラした時)とかどう対処しればいいのか早く勉強したいです~。
いいこと聞いたら書きますね~。
プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード