子ども寄席とお寿司

<2016年1月30日 10才9ヶ月>



30日(土曜日)、息子と二人で築地本願寺こども寄席を見に行きました。
こちらは子どものための落語会です。


1601300001.jpg




今回で4回目か5回目くらいになります。



始まる前にホールでミニ縁日がありました。
福笑いや射的、ミニ座布団積み、高座に座って写真撮影などがありました。


1601300004.jpg


1601300008.jpg




落語、紙きり、漫才を楽しみました。
特に漫才に笑いました~。
(各講演の最初の5分間だけ特別に写真撮影が許可されました。)


1601300018.jpg


1601300027.jpg


1601300029.jpg



息子も他の子どもたちも大笑いしていました。



あと、築地に来ると楽しみにしているのがお寿司です。
去年までは「ちよだ鮨」の名前だったのですが変わって、すし兆になっていました。(名前が変わっただけみたいです。)
今回で3回目です。



CA8K0BOO.jpg



二人でだいたい三千円以内で美味しいお寿司が楽しめます。
去年まではなかったのですが、8貫でトロ、いくら、あなごなどが入ったセットで980円でありました。
10貫で同じくらいの値段のセットもあります。


ここは立ち食いで、今回は息子が「座りたいから他がいい~」と言ったのですが、
ここの美味しさと安さは他では中々ないので、
「ここがいい」と言い張りました。
(他の場所はにぎりのセットで2000円台のところが多いです。)


特にあなごが絶品です!
あたたかくて柔らかくておいし~。
1年前にこのあなごを初めて食べたときに、感激しました。


息子も満足していたみたいです。
二人で何度も「おいしいね~」「おいしいね~」と言いながら食べました。
回転寿司とは違う…。


年に1回築地に来たときの楽しみになっています。


スポンサーサイト

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

北村年子、おかあさんがもっと自分を好きになる本

<2016年1月28日 10才9ヶ月>



私が図書館で借りて読んだ本の記録です。
「おかあさんがもっと自分を好きになる本―子育てがラクになる自己尊重トレーニング 北村 年子 (著) 」です。





読みやすい本で、お出かけの電車の行き帰りで読めてしまいました。


子どもにイライラするときどうしたらいいの?
自分をいいおかあさんと思えない
そんなおかあさんたちの悩みに、やさしく応えてくれている本です。


自分はよくやっている、、と自分でほめてあげることが大事だなと思いました。



自分のメモ書きです。
↓最初のニーバーの「平安の祈り」の詩は、高校がカトリック系だったので、
卒業式のときに校長先生が式辞の中でおっしゃっていたのと、
親業を学んだときに出てきたので知っていました。



●平安の祈り


神さま、私にお与えください

変えられないものを 受け入れる心の平安を

変えられるものを 変える勇気を

そしてその二つを見分けられる賢さを



わが子というのは「変えられないもの」、コントロール不可能なんですね。
それをまず、やはり私たち親は肝に銘じなきゃいけないんじゃないかと思います。
親というのはどこかで無意識に子どもをコントロールしようとしちゃうんですね。
でも、わが子もやっぱり他人なんです。
他人を変えようと思っても変えられない。
お天気のようなもので、コントロール不可能なものは、それなりに自分で受けいれるしかない。
他者は変えられない。でも、自分は変えることができる。

じつは自分を変えるということは最初は怖いことかもしれません。
なじんだパターンというものがありますから、それを変えていくには相応の努力と意思の力がいるわけです。
でも、私は私の意志でこうするんだと決めるということ。
そして勇気をもって変えていく。その勇気とは、何があっても自分を愛し、
信じつづける力ではないかなと、私は思っています。


●ゲシュタルトの祈り



私は私、あなたはあなた。

私は私のことをやり、あなたはあなたのことをやる。

私はあなたの期待に応えるために

この世に生きているわけではない。

あなたは私の期待に応えるために

この世に生きているのではない。

偶然、二人が出会えば、すばらしいこと。

出会わなければ、どうにもしかたのないこと。




私はトイレの扉の内側に貼って、よく読み上げていました。
「私は私、あなたはあなた」と自分にいい聞かせながら、浮かんでくるのはつれあいなんですが、
「このゴミ捨てといてといったのに、また出してない!」
とプンプンしながらトイレに入ってこの祈りを見ると、
「あぁ、違う、なにもあの人は私のゴミを出すために生まれてきたわけではない」
といい聞かせるわけです(笑)。


私たちは家族やパートーナーについ「これぐらいしてくれて当然でしょ」と期待しちゃうわけです。
でも「当然でしょ」という思いが相手との関係を占めてくると、とても窮屈で不満がつのっていきます。
だからお互いをそういう期待で縛りあわない。




まあ、アドバイスなどで子どもを変えられる場合もありますけどね。
でも「変わらないものだ」の心構えというか諦めも必要かも…。


こういう本を書いている人も、トイレに貼ってみていた、、ということに勇気づけられます。
同じなんだな~、努力していたんだな、、と。


自分以外の人は、人間ができていて「うまくやっている」、
「特別自分はダメなのだ」と思ってしまいがちですが…。

テーマ : 本読みの記録
ジャンル : 本・雑誌

シンガポール・シーフードリパブリック

<2016年1月28日>



1年くらい前に品川へ行ったときに、すごくめだつ建物があったのですが、シンガポール料理レストランでした。
シンガポール・シーフード・リパブリックです。


1601210001.jpg




アジア料理が大好きなので、
「入りたい~!」という気持ちがムクムクと湧き上がったのですが、
「1人じゃ、、、恥かしい」、、と諦めました。



28日(木曜日)、念願かなって友達とランチに行ってきました。


品川駅高輪口(品川プリンス側)を出ると、すぐ目の前です。
看板があります。


CAG3UYRJ.jpg




入り口のマーライオンです。


CAE1O4ZK.jpg




入ってみると、一人で来ている女性が沢山いました。
なんだ、女性一人でも大丈夫だったんだ。
1000円くらいのランチメニュー(ラクサヌードル、チキンライス、ココナッツカレー、ナシゴレン、ビーフン)があるので、
近くのOLらしき人達でした。
今度私も1人で行きます!
(ランチメニューはこちら。)
12時半ごろには禁煙席はほぼ満席でした。



私たちはコース料理(ジョホールコース)を頼みました。


シンガポールスリングとシーフードサラダです。


1601280001.jpg



ウン十年ぶりに飲んだシンガポールスリング、、
薬っぽい味であまり口に合いませんでした。
記憶の中では美味しかったんですが。


シーフードサラダは辛くて、最後のデザートを食べるまで口の中がヒリヒリしました。
海老、ほたて、くらげなどが入っています。


1601280002.jpg



イカと青菜の炒め物、


1601280003.jpg



名物のチリクラブ


1601280004.jpg




チリソースは卵が入っていて甘くて美味しかったのですが、
蟹大好きな私と友達、、、蟹の身の量が物足りなかったです。
二人で前に上海ガニを食べたときも身が少なくて、
「あのときみたいだねー」なんて話していました。


チャーハンです。
余ったチリソースをかけて食べました。
小エビや小ホタテが沢山入っていて美味しかったです。


1601280005.jpg




そして、デザートのピーナッツケーキ。
これが一番美味しかった!
もう一回食べたい!


1601280006.jpg



クレープの間にピーナッツが挟まっています。
お皿に乗っているカヤジャムというのが、
ピーナッツのような、サツマイモのようなまったりとした美味しさで、
ココナッツミルクをかけて相性ばっちりでした。
(追記:成城石井でカヤジャムを見つけたのですが、ココナッツでできたジャムのようです。
買って食べたら、ここで食べたほどおいしくはなかった…。)


20%の割引券を持っていたので、
結構お得感がありました。


今度行ったときは他のメニューを食べてみたいです。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

上大岡 トメ 、子どもがひきこもりになりかけたら

<2016年1月27日>


私が図書館で借りて読んだ本の記録です。


「子どもがひきこもりになりかけたら マンガでわかる 今からでも遅くない 親としてできること (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
上大岡 トメ (著) 」

です。





今の時代、就活で失敗してひきこもる若者が多いとか…。
私の友達の娘さんも一流大学(W大、帰国子女で英語堪能)なのに、
就活にはとても苦労しているようです。
テレビのコマーシャルを見て、親(友達)が「この会社もよさそうね~」なんて言うものなら、
娘さんは大爆発するそうです。
私が学生だったころのバブル期とは違います。



ほとんどマンガなのでとても読みやすいです。


CAA7Y7O5.jpg



自分へのメモ書きです。
(↓結(ゆい)というのは保護者支援団体です。)


ひきこもりには、正確のおとなしい子、エネルギーのない子ばかりがなるわけではありません。

エネルギーがありすぎて、周囲との衝突を恐れずに突き進むあまり、社会とのズレが生じてきて居場所がなくなり、結果、不登校からひきこもる・・・という例もたくさん見てまいりました。

エネルギーがある場合は、親の価値観を超えた言動をする子が多く、それにとまどった親が「普通」や「無難」の価値観を植えつけようとします。

その価値観に窮屈さを感じ、結果としてひきこもってしまうことが少なくありません。

親の人生の経験値が少ない場合、「一度失敗してしまったら、戻る場所がない」と思い込みがちです。ですから、突飛な価値観を持ち、驚きの行動に出るわが子をなんとか「まともな価値観」に戻そうと、躍起になってしまいます。

私たち「結」がひきこもりの子に伝えるのは、「今からでも遅くない」ということと、「何度でも失敗していい」ということです。

人生にはいろんな選択肢があって、しかもそれは自分で選べます。その選択をわかってくれるひとが世の中には必ずいます。

ぜひ、声を出して、助けを求めてください。

人生はなんでもあり、何度でも失敗できる!と思えば、本来エネルギーが備わっている子の場合は、とんでもない力を発揮できたりするものです。

親には、ぜひその子がもつエネルギーを前向きに生かす導きをしてほしいと願っています。



多くの親の子どもへの願いは「自立する」だと思います。
うちは4年生になってから「学校に行かない」と言ったことがあり、
どうしよう、このままひきこもりになって、、そして、、と不安になったことがあります。その時は学校に行きましたが、
これからどうなるかわからないものです。

心配ばかりしても仕方ありませんが、この本の中でも
「子どもの話を聞く」ことの重要性がかかれていました。
私もできるだけ、自分の理想に子どもを当てはめることよりも、
子どもの話を聞いて「ありのままの子」を尊重してあげられたらいいと思っています。


まあ、、それが難しいのですけどね…。
特に相手が怒っている場合…。


こっちも怒りが沸きてきて冷静さを失います。
でも、この間プロフェショナルの上山医師の言葉(こちら)で、
「一流のホテルのフロントで、従業員がお客さんと喧嘩をしているところなんて見たことないでしょう」
とあったのは、グサっときました。
まあ、サービス業と親子は違いますし、
親をやるのは初めてだから、アマチュアみたいなものだし…。


まあ、親子で喧嘩するのは、あってもいいことだと思いますが、
そこで自分の意見を押し付けすぎるのは気をつけようと思います。



テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

野菜たっぷり味噌ラーメン

<2016年1月27日 10才9ヶ月>


近所のラーメン屋さんの野菜たっぷり味噌ラーメンです。


CACMTVRL.jpg



毎回このお店に行くと頼むメニューです。


今度お店が改装してしまい、同じクループの中華屋さんができるようですが、
お店の名前が変わるので、
同じメニューがあるかわからないので、息子と二人で食べてきました。


タバコの煙が難点のお店ですが、
食べられなくなると思うと寂しいです。


今はスーパーで売っている生めんの味噌ラーメンも美味しいですが、
やはりお店の味は違います。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

10才8ヶ月で借りた本「マチルダは小さな大天才」

<2016年1月 10才8ヶ月>


1月に子どもが図書館で借りた本の記録です。


1601070001naoshi.jpg


1601080004.jpg

↑こちらは8日(始業式)が半ドンだったので、一緒に図書館に行って、子どもが見て選んだ本です。


1601140001.jpg


1601220021.jpg


1601250008.jpg




この中で息子が「面白い」と言っていたのは、
「マチルダはちいさな大天才   ロアルド・ダール (著), クェンティン・ブレイク (イラスト)」
です。




一気に読んでいました。
「かなり面白い」そうです。


あとは
「ヨースケくん―小学生はいかに生きるべきか (for Boys and Girls)
那須 正幹 (著), はた こうしろう (イラスト) 」

も面白かったようです。
「ズッコケ三人組」の作者です。








「真田幸村 人物日本史 学研」
は今年度の大河ドラマを楽しみに見ているので借りてきました。





あと、「もじゃもじゃペーター」は私が黄金のアデーレという映画を見たときに、
映画の中で、キーになっていた本だったので、
興味があり借りてきました。




ナチに取られたクリムトの絵画「黄金の女」を裁判でオーストリアから取り返すユダヤ人の女性の話です。
絵の女性は主人公の叔母さんです。
初め裁判に気が乗らなかった弁護士さんが、
この本を女性の家で見かけて「自分も子どもの頃に読んだことがある」、
自分と彼女とルーツが一緒だからということで裁判を引き受けます。
とても面白い映画でした。
夫や子どもにも見せたいと思った映画でした。
(予告はこちらで見られます。)


20151114-adele-thumb-950x633-16034_convert_20160125221725.jpg
(画像はreal soundより)


でも本は、、
1年間、爪や髪を伸ばした少年の話で、きもちわるかった…^^;


ドイツのお医者さんだった作者は、
3才の息子のために読んであげる絵本を本屋に買いに行ったけど、
面白そうなものがなかったので、自分で描いたそうです。
それが有名になったようです。

テーマ : 児童書
ジャンル : 本・雑誌

あやとりしようよ

<2016年1月20、21日 10才8ヶ月>



ここ数日、息子は「あやとり」に夢中になっていました。



1601210003.jpg



「あやとりしようよ」という本は写真で説明していてとてもわかりやすく、
あやとりのヒモも2本入っています。





10才という年頃は、母親につれない態度をとることもあるのですが、
あやとりをやっていると、
「見て、見て~」とうるさいくらいです。
幼稚園時代に戻ったみたい…。


1601210011.jpg




雲にうかぶ月だそうです。


1601210019.jpg




ふたりあやとりもして、楽しかったです。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフェッショナル 仕事の流儀〈9〉 脳神経外科医 上山博康

<2016年1月22日>



私が図書館で借りて読んだ本の記録です。
「プロフェッショナル 仕事の流儀〈9〉
中学校英語教師 田尻悟郎、脳神経外科医 上山博康、写真家 上田義彦
茂木 健一郎 (編集), NHK「プロフェッショナル」制作班 (編集) 」
です。





NHKの「プロフェッショナル」の番組から文字をおこした本になります。

その中で感動した言葉があったので、
私へのメモ書きです。

脳神経外科医 上山博康さんは睡眠時間4時間で全国から集まった患者の手術を担当する傍ら、
患者さんからの手紙にはすべて目を通し、返事を書いている方です。

上山さんの恩師・伊藤善太郎先生からの言葉です。

伊藤先生の言葉の一つに
「いつも批判される人間でいろ」というものがあったんです。
そんなの嫌ですよね。絶賛ならともかく、批判なんてされたくない。
でも先生からは、
「非難じゃなく、批判されろ。人間、何かをやっていれば、必ず評論家みたいに批判だけする人が出てくる。
批判をされるということは何かをしているということだから、批判をされる人間でいろ。
決して評論家になるな」と言われました。

*****


そもそも、プロとアマチュアがトラブルを起こしたときは、八割はプロが悪い。
例えば一流のホテルのフロントで、従業員がお客さんと喧嘩をしているところなんて見たことないでしょう。
どんなに無理難題を言われたとしても、一流のプロだから上手に対応するんです。
医療のトラブルもそれと同じで、患者さんに納得してもらえないのは、説得する医師側の責任なんですよ。



読んでいて、すごくかっこいい人だなと思いました。
私なんて「きずつかないように、、」と
臆病に生きているのですが、
潔さを感じました。


こういうお医者さんが増えるといいです。

テーマ : 本読みの記録
ジャンル : 本・雑誌

群馬その3、だるま寺&高崎白衣大観音

<2016年1月17日 10才8ヶ月>



週末群馬旅行1月17日(日曜日)、前橋にある群馬県庁で「花燃ゆ ドラマ館」を見学してからの続きです(こちら)。


前日、「明日どこに行く?」でもめました。
「花燃ゆ ドラマ館」は決まっていましたが、、
夫は仕事したいというので、夫にどこかで待っていてもらって、
私は芝そりやゴーカートができるのでドイツ村
紺太郎は「碓氷峠のめがね橋」&軽井沢の方へ抜けたい、やら、
「わたらせ渓谷鉄道」に乗りたい、、など色んなことを言います。



結局3人で行く、、となって、
夫の希望で、だるま寺と洞窟観音に行くことになりました。


県庁のある前橋から高崎に戻り、
ぐるりんバス小林山 達磨寺へ。



1601170125as.jpg


1601170126.jpg


1601170128.jpg


1601170127.jpg



室内は写真撮影禁止だったのですが、
日本国内の達磨が集められて展示している部屋があります。


imagesCA6CTGNH.jpg
(画像はtravel.jpより(←こちらをクリックすると大きな画面でみられます))




本堂の裏には納められた達磨が積みあがっていました。


1601170135.jpg



タクシーで移動します。
洞窟観音の前に、洞窟観音の近くにある高崎白衣大観音へ。


1601170143.jpg



胎内拝観 ができます。
(300円)
でも、9階の高さを階段で、、というので、
夫と息子だけ入り、
私は膝が痛くなるとイヤだったので無理せず入りませんでした。


1601170154.jpg


1601170151.jpg


息子は高い所が苦手なので、びびっていたようです。



山道を10分くらい歩いて洞窟観音へ向かいます。


1601170160.jpg




着いたら、、ガーン。
4時5分くらいだったのですが、営業時間は4時まででした…。
残念。


1601170162.jpg


1601170163.jpg


1601170164.jpg



400メートルの 人力で掘った洞窟に石彫観音像が33体安置されているそうです。
またいつか機会があれば来たいです。



再び「ぐるりんバス」に乗り、高崎駅に戻ります。


帰りは高崎駅から高速バスを使いました。
池袋、新宿、秋葉原などに行きます。
例えば池袋ですと、1時間45分で行きます。
乗り換えもなく、座って着けるので便利です。


今回の旅行、なんだか前もって予定がはっきりしていなかったせいで、
バタバタだったのですが、
家族3人で行動を共にできて思い出になりました。


息子が一度観音様のところで癇癪をおこしてうんざりしてしまい、、
「もう、一緒に旅行したくない」
と思ってしまったのですが、
喉元過ぎればナントカ、、で、
しばらくするとまた「どこか行きたい…」と思うのだろうな。



これで週末群馬旅行記は終わりです。
お付き合いくださってありがとうございました。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

群馬その2、群馬の夜と、花燃ゆドラマ館

<2016年1月16、17日 10才8ヶ月>



週末群馬旅行1月16日(土曜日)、夜にホテルに着いてからの続きです(こちら)。


夜は地元のものを食べようということで、
だんべという居酒屋さんです。
(ご存知だと思いますが、「だんべ」は群馬の方言で、「~だろう」という意味で語尾に付けられます。)


まぐろとにじますのお刺身。

1601160069.jpg



だんべ鍋です。

1601160072.jpg


この(下仁田)ネギの量、、、カルチャーショックでした。
こんなに盛ってもいいんだ、、と。


火が通ると落ち着きます。


1601160074.jpg



この鍋の影響で、18日(月曜日)の夕飯は鍋だったのですが、
ネギを沢山入れました(下仁田ネギがスーパーになくて普通のネギでした)。
これからそうしよう。
風邪予防になりますし。

1601180002.jpg




まいたけの天麩羅です。


1601160078.jpg





数年前に高崎に来たときの自分のブログを読んだら、
違う場所で食べたけど、「だんべ」にすればよかったと書かれていました。
なので、今回行けてよかったです。



夕飯の後は、家族で初めてのカラオケへ。
息子は最初「やだ!」「行きたくない!」と言っていたのですが、
私が行きたかったので、付き合ってもらいました。
大声で歌ってスッキリしたかったのです。


まず、AKBの「365日の紙飛行機」です。
息子は冬休み中に実家で朝のNHK連続テレビ小説「あさがきた」を見ていて、
その主題歌です。
そして主題歌もドラマも気に入ったようです。
よく家で歌っています。
ドラマも「録画して」と言われました。
私は見ていないんですけどね。





1601160082.jpg



他には、

どんなときも
島んちゅぬ宝
涙そうそう(途中まで)
ユメ日和(ドラえもんの映画の主題歌、小3の時の合唱コンクールの歌)
チューチュートレイン(夫)

を歌いました。


1601160084.jpg



30分3人で875円でした。
息子は「楽しかった~!また行きたい!」と言っていたのでよかったです。
私もカラオケは10年以上ぶりで楽しかったです。

ただ、好きなJYJの歌を歌い忘れてちょっと心残りです。

jyjwakemetonight_convert_20160121085007.jpg




ホテルに戻って(アパホテル高崎駅前)、大浴場でお風呂に入って寝ます。


17日(日曜日)の朝です。


いつもうちの旅行は「ホテルでの朝食なし」コンビニなどでそれぞれ食べたいものを買うことが多いのですが、
今回は「朝食付き」にしてくれていました。
私は「朝食付き」がいいです。
コンビニよりもちょっと優雅な気分になりますし、旅に来ているワクワク感が増します。


朝食は7時~10時だったのですが、
私は9時過ぎに1人で行きました。
バイキングです。
湯葉が有名みたいです。


1601170097.jpg


お昼を食べないで大丈夫なくらいお腹がいっぱいになりました。



食べるときに夫にメールしたのですが、返事なし。
9時半になって電話しました。
「朝ごはん10時までだよ~」と。


私はゆっくり食べてレストランで待っていたのですが、
2人とも全然来ず…。


来たのが9時58分…。。
イラっ。


紺太郎チョイスです。
卵が3種類です(いり卵、温泉卵、卵焼き)。
黄色と茶色ばっかり。

1601170098.jpg





もちろんお店には私たちだけで、
10時過ぎてしまって急いで食べていたのですが、
お店の人に「あの~、10時までなんですが・・・」と言われてしまって、
恥かしかったです。
急いでかけこんでいました。


この二人にはコンビニでいいわ…。。。


ホテルに荷物を預けて、チェックアウトし、
前橋に移動して、県庁の花燃ゆ大河ドラマ館を見に行きました。
(1月31日まで)


1601170121.jpg

1601170109.jpg


入場料は大人500円なのですが、
スイカやパスモ(交通系ICカード)で払うと400円でした。



中は残念ながら撮影禁止です。

dramaimg3.jpg

(画像はHPより)


この部屋だけ写真OKでした。
コスプレ(大人も子どもも)が出来るのですが、息子は「ヤダ!」と着てくれなくて残念。。
昔は素直に着てくれていたのになぁ…。

1601170111.jpg


このドラマ館、とても面白かったです。
ドラマ私は数回見ただけだったのですが…。
クイズや「自分と相性のいい志士は誰か?」の判定機などがありました。
そして、いかに「教育」というものが大事で、
先人の努力で群馬が教育県となった経緯がわかりました。



17日、続きます。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

インフルエンザの予防接種

<2016年1月19日 10才8ヶ月>


群馬旅行記の途中ですが、
19日(火曜日)に、親子でインフルエンザの予防接種を受けました。


母子手帳を見てみると、平成22年末に受けているので、
5年ぶりの接種になります。


予防接種を受けても効果がない、、とも言われていましたので、
「受けなくてもいいわ」とずっと思っていたのですが、
息子は小2、小3のとき2年連続で2月にインフルエンザにかかって数日学校をお休みしていますし、
私も昨年度かかって辛かったので今年度は受けることにしました。


いつも耳鼻科で受けているので、
10月に電話をしたら、「当院は11月からです」と言われ、
11月になると風邪をひいたり、年末バタバタしていたので、
こんな時期になってしまいました。
先週、電話をすると、
「もう、終わりました」と言われたのですが^^;、
名前を言うと、
「長い付き合いだから」と受けてくれました。


そうなんですよね~、この耳鼻科とは長い付き合いです。
紺太郎が5才のとき、
中耳炎になったのですが、どうしても薬が飲んでくれなくて苦労していました。
そうしたら、先生がスポイトで「薬の飲ませ方」の見本を見せてくれました。

(5才)
CAGGY20I.jpg


CA2VUXIS.jpg


あと、一時「将来、耳鼻科の先生になりたい」と言っていたときがあって、それを先生に言ったら、
すごく喜んでいました。
すぐに変わっちゃったんですけどね…。


それより、私が耳鼻科の先生になりたい~。
息子の耳掃除が面白くてたまりません。
照明とか設備が整っている場所で耳掃除をしてみたい!
今のこの気持ちを中学・高校時代の私に伝えたいわ…。


と、話はそれましたが、
値段は1人3700円でした。
2人で7400円。
これで今期インフルエンザに罹ったら、、、かなしいわ。
かかっても軽いとは言うけれど…。
もし罹ったら、今後、予防接種は受けないかも…。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

群馬その1、富岡製糸場

<2016年1月16日 10才8ヶ月>


1月16、17日(土曜日、日曜日)の週末は家族3人で群馬へ遊びにきました。



前の週の3連休に私が「どこか行きたい~」と言っていたら、
夫が前橋の群馬県庁花燃ゆ 大河ドラマ館を1月31日まで開催しているので行きたいけど、
でも「来週に」という話になりました。


私はもう行くつもりになっていたけど1週間連絡もないので、
15日の金曜日に「明日群馬どうするの?」と夫にメールをしたら、
「行かない、(仕事で)疲れた、来週にする」の返事。



「来週も、再来週も子どもの予定が入っている」と返事をして、
ウダウダ。
金曜日、夫は飲み会があり帰宅せず、
土曜日の朝電話して、またウダウダと話合い、
結局行くと決まったのが土曜日のお昼過ぎ。
夫は疲れているので休んで、夜に高崎で待ち合わせとなりました。


急いで息子と2人で出発します。
向かった先は、富岡製糸場です。
(夫は1人で行ったことがあります。)


駅弁でお昼です。
私は「大宮弁当」、

1601160006.jpg




息子は「峠のかまめし」です。


1601160012.jpg



美味しかったらしく、息子は次の日のお昼も同じものを食べました。


乗った電車がボックス席があったのでよかったです。
でも特急とかではないので、ちょっと食べるのは抵抗がありましたが…。



高崎で上州電鉄に乗り換えです。


1601160019.jpg


1601160032.jpg



ぐんまちゃんのぬいぐるみです。
前と後ろに違うバージョン2体置いてありました。


1601160021.jpg



車内もぐんまちゃんのイラストだらけです。


1601160030.jpg



無人駅が多いので、駅の停まると運転手さんが出てきて、
切符を見ます。一番前のドアしか開きません。

1601160028.jpg





高崎から富岡製糸場のある「上州富岡駅」まで片道790円(往復1580)、
入場料が大人1000円(小・中学生150円)ですが、
お得な切符があります。
往復券と入場料がついて2140円なので、大人は440円もお得です。
(子どもは130円の割引です。)


1601160026.jpg




製糸場は17時までなのですが、駅についたのが15時36分。
駅から歩いて10分くらいなのですが、
時間節約のためにタクシーに乗りました。
ワンメーターの730円で行けました。


見学します。

1601160036.jpg


1601160034.jpg


1601160040.jpg


1601160045.jpg


1601160050.jpg


1601160060.jpg



17時まで見学しました。

1601160061.jpg


欲しいというので、DVD付きの本をお土産に買いました。

1601160067.jpg



そして入場のときに、400円のサービス券をいただいたので、
前のお土産屋さんで400円のお菓子を買いました。
「お土産付きで観光できた」という印象です。
ありがたいです。
(製糸場内のお土産屋さんでは使用できませんでした。)


1601160062.jpg


1601160066.jpg



このお菓子、美味しかったです。
次の日に帰宅した後に夫にあげたら、
部屋から出てきたときに「これ、おいしいじゃない、」と言っていました。
夫がわざわざ言うのは珍しいです。
「博多のとおりもん」と似ていました。


ちなみに、帰りにタクシーを使った場合でも支払いにこのサービス券が使えます。
(帰りは駅まで歩きました。)


あと、
もっと早く行くのが決まっていて早く行けていたら、
近くにあった「こんにゃくパーク」(上州福島駅)にも行けていたのになぁ。
行きに乗った上州タクシーがキャンペーンをやっています。

HPより

「上信ハイヤーに乗って「こんにゃくパーク」へ行こう。
上州富岡駅周辺から「こんにゃくパーク」へ当社タクシーで行くと、500円相当の同パークで使えるお買物券がもらえるキャッシュバックキャンペーン実施中!!
ご利用例 タクシー料金  1,540円
     パークにてお買物券500円相当(当社ご利用領収書持参)
     実質 1,000円で行ける。」



前から気になっていた場所だったので、ちょっと残念です。



17時24分発に乗ります。
帰りみた上州電鉄の車両です。


1601160064.jpg


1601160063.jpg



18時すぎに夫と高崎駅で会いました。
宿はアパホテル高崎駅前です。
最初前橋で宿を探していたのですが、前橋のアパホテルや他のホテルは大浴場がついていなかったので、大浴場付きにこだわって、
高崎にしました。
シングル(私)とセミダブル(夫、息子)の部屋をとりました。
ベットの大きさはほぼ一緒?でした。


シングル↓です。

1601160068.jpg



16日、続きます。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

小学校で雪合戦

<2016年1月18日>


18日(月曜日)、関東地方は雪です。
うちの近所では15cm以上は積もっていました。
用事があって遅刻して子どもに付き添って小学校へ行ったのですが、
校庭に1年生が学年で並ばされて、その後に雪合戦をやっていました。

しかし、雪は雨にかわっているし(結構大降り)、
長靴じゃなくて靴の子も多かったです。
靴下は濡れるでしょう。
手袋がない子もいるし、あってもびしょびしょだと思う。

過保護な親と言われそうだけど、
風邪ひかないかな~。
子どもが自然の中で遊ぶということが大切、、というのはわかっているけど…。
子どもは「風の子」で喜ぶ子もいて、
休み時間にやりたい子がやるならいいけど、
学年で授業中に全員参加の形だと、
やりたくない子もいると思う。

うちの子はそう。
見たくない、、と言っていました。
長靴を履いていっても、片足に雪が入って靴下が濡れて、
「気持ちわるい~」とウダウダ言っていました。
(これは、これで「少しは我慢しなさいよっ」と思ってしまいました。)
替えの靴下を持っていたのでよかったのですが。


教室にはストーブがあるから、手袋も靴下も乾かせるかもしれませんが、
多分濡れたままだろうな。


まあ、私がどうこう言える話ではないけれど、
私が子どもだったらこんな雨の中やりたくないかも…。


******

おととしに町内の役員になったときに「雪かきをするときの長靴」を買っていて使っていませんでしたが、
初めて今日履きました。





道も滑りにくく、足も冷たくならず、
ズボンを中に入れて口が縛れるので、靴下が濡れることもなくよかったです。
普通の長靴も持っているのですが、安心感が断然違いました。


ずっとしまってあって、「あぁ、いらないもの買っちゃったかな…」と思っていたのですが、
今日はとても重宝しました。


ただ、いつも24.5cmの靴を履いているので、
Mサイズ(24,5~25cm)を頼んだら、ぶかぶかでした。
少し歩きづらかったです。
靴の口を紐で締めたら何とか大丈夫でした。





でもキツイよりいいかな?

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

東大3兄弟

<2016年1月14日>


半日の健康診断を受けながら、待ち時間に1冊の本を読み終えました。
「灘→東大理III」の3兄弟を育てた母の秀才の育て方 佐藤 亮子 (著) 」です。






家での勉強はお母さんが管理しています。
すごい…。
私にはできないわ。


私が同じように、、と真似したら、間違いなく子どもに悪影響を与えるわ…。
私はイライラしやすいし、
思い通りにいかなかったら嫌味とかネチネチ言うと思う。


でも、前に佐藤さんがテレビに出ているのを見たのですが、
とても好感が持てました。



今の子育てってコーチングにしろ
「親が(ころばぬ先の杖のようにしないで)手を出さないで子どもにやらせて失敗させる」
という流れが大きいと思うのですが、
この本を読んでいると、
「ここまで親がやっていいの?」
と驚きました。
学校の準備は親、とか、お手伝いはさせないとか。


子どもが「ねぇ、お母さん」と話しかけてきたときは、
自分が手が離せなくても子どもを優先させる、
おそうめんを茹でている最中でゆですぎて団子になろうと、
子どもの「今聞いて欲しい」好奇心や気持ちを優先させると書いていました。
徹底しています。



同じ東大3兄弟でも、お母さんは干渉しないこちらの家族とはずいぶん違っていました(こちら)。






色んなやり方があるんだな、、と思いました。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

健康診断

<2016年1月14日>


半日の健康診断(通院ドック)へ行ってきました(6000円)。
血液検査、バリウム飲んで胃の検査、
骨密度、乳がん、子宮頸がん、などなどの検査をしました。


乳がん検診、痛いわ~~!!
胸を挟むやつ。
マンモグラフィー。
あれ、なんとかしてほしいーー!
ジェル塗って、エコー検査とかに変更できないのかしら…。。
今も胸が痛みます…。
医療関係者の皆さん、是非ご一考をお願いしますm(_ _)m



軽食がついていました。
美味しかった~。

CACU10D3.jpg






3週間で結果は郵送されるのですが、
午後また行けば結果がお医者さんから聞けるとのことで、
また午後に行ってきました。


気になるところはなかったので、
「はい、異常なし」と言われるのかと思っていたら、
ある箇所で、再検査要…。
後日病院行ってきます。。
でも、直接お医者さんから画像を見ながら説明を受けられてよかったです。
手紙がきて開けたら「再検査をうけてください」といきなり書いてあるよりもショックが少ないかも。。

「とーにょーびょうです。」
なんて言われたし。。
薬を飲むほどではない?そうですが…。
最近、チューハイなんて調子乗って飲んでいたからかしら。
甘いもの、塩辛いもの、脂っこいもの、、気をつけよう。
あと、子どもと一緒に食べるおやつも…。


今年は健康診断は受けずにおこうと思っていたのですが、
受けてよかったです。
ちょっとキツイ洋服を着て左脇と左胸が痛くなってしまい心配になって受けることにしました。
(申し込んだ時は痛かったのですが、
最近収まっていたのに、今日のマーモグラフィでまた痛くなってしまいました。)


まあ、
歯にしろ、定期チェックって必要ですね。

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

日本地図ピクチャーパズルとラミーキューブ

<2016年1月11日 10才8ヶ月>


11日(月曜日・祝日)、3連休3日目は家で過ごしました。



息子は日本地図ピクチャーパズルで遊んでいました。


1601110002.jpg






こちらのパズル、私が妊娠中に神保町の奥野カルタ店に行って世界地図と一緒に買ってきました。
「子どもにはこういうもので遊んでほしい」と、気が早かったもので…。
その頃はamazonでお買い物していなかったのかな?





日本パズル、世界パズルといえば「くもん」のものが有名ですが、
ピクチャーパズルの方は都市名が乗っているし、山や平野が色でわかるので、
私はこちらの方をお勧めします。
幼児、園児には「くもん」の方が硬くて持ちやすいのでいいかもしれません。






午後からはずっと息子とラミーキューブで遊んでいました。
夫も誘うと「(1回だけなら)いいよ」と言うので面白いゲームだと思います。
夫は最初だけ参加しましたが、その後会社へ。





お昼ご飯では、
「この汁にコンちゃんの好きな魚(タラ)が入っているよ~」と話しかけても、
「それで?」
とツンケンしたいお年頃。。
(その後「じゃあ、食べなくていいよ!」と言ってしまうのを押さえられない私です…。)


でも面と向かってゲームを一緒にしていると、
笑い合ったり、
習い事の話をして笑ったりとコミュニケーション上とてもいいです。
今の時代はWiiとかDSでもそういう役割があるのでしょうね。
うちにはまだありませんが。


ただ、点数をつけていたのですが、
しばらくやって大差で私が勝っていて、
息子は「点数がひっくりかえるまでやる」とやめたいのに終わらなくて困ってしまいました。
「では、今までのは白紙にして、次が勝負ね!」ということにして、
息子が勝って、やっと終わりになりました。
こういう所はめんどくさいです…。

***


先日「これからは子どものことはあまり書かないようにする」と言って、
「子育て日記」から「つれづれ日記」にタイトルを変更しましたが、
最近子どものことばっかり書いていますね・・・^^;


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

映画「杉原千畝 スギハラチウネ」

<2016年1月10日 10才8ヶ月>



10日(日曜日)は夫と息子と3人で映画杉原千畝 スギハラチウネを見てきました。


sugihara_thumb_sahikae2.jpg
(画像は公式HPより)


私の兄が見ていて、
「小4で見て大丈夫?」と聞いたら、
「残虐な場面が2回あるから見せないほうがいい」とアドバイスをもらっていて迷ったのですが、
3人で映画を見る機会もあまりないので、思い切って見せてしまいました。


息子はその場面は大丈夫?だったようですが、2時間ちょっと長くて疲れたようでした。
夫は感動して泣いていました。


私は前から話は知っていたので、、話についての改めての感動はなかったかな…。
でも歴史を再認識できてよかったです。
でも、
奥様が小雪さんだったので、私の中のイメージと違って違和感がありました。
奥様は小柄な方だったような記憶が。。
唐沢寿明はうまいな、、と思いました。
ただ、
前に本を読んでいて、杉原さんがビザを書いたときに、
「一日が終わり「ぐったり疲れて、そのままベッドに倒れ込む」状態になり、さらに「痛くなって動かなくなった腕」を夫人がマッサージしなくてはならない事態(wikiより)」だったのに、
映画の中では唐沢さんは出歩いていたり、とても元気そうで涼しい顔にみえたのが、やはり違和感がありました。




あと、イリーナという女スパイが出てきたのですが、
実在の人物で本当に杉原さんとのからみがあったのか?
もし実在の人物じゃなかったら、話が嘘くさくなってしまったので、
出さないほうがよかったかも。。
彼女とのからみで、杉原さんが女性の扱いが上手みたいなキザっぽい印象になってしまいました。


敦賀の杉原さんの記念館へ行ったり(こちら)、
何度かこのブログにも杉原さんのことを書いているので、
検索してみたら、
8年前にNHKの子ども向けの杉原さんについての番組で、
腑に落ちない場面があり、
NHKにメールを書いていたこともありました(こちら)。
すっかり忘れていました~。


夫は仕事で忙しい人なので、
3人で映画を見られたのはいい思い出になりました。


***


夫は仕事が忙しく、クリスマスにも帰らず、お正月も2日から会社へ行って仕事をしていました。
本人は大変だと思うのですが、
妻としては、、
「どこか行きたい~~(←映画に行くのが決まる前)」という気持ちがムクムク。。
ディズニーリゾートのタダ券を夫がもらったので、
この3連休に子どもと2人で行こうと思ったら、夫からダメ出し。
(自分も行きたいけど、今月は無理だそうです。)


それじゃあ、、ということえで、
東京で一泊や横浜や前橋で一泊、、など色んな案がでましたが、
結局ナシになりました。


私がヤサぐれていたら、
(映画と)夕飯に外食に連れて行ってくれました。


1601100006.jpg


1601100007tesei.jpg



蟹食べたかったのよね。
ありがとう~。
ビールとカシスオレンジを飲んでイイ気持ちになってこっちの気持ちが晴れると、
大変なのは夫なのに、
やはり何だか悪かったな、、という気持ちになりました。
それに、、蟹ってスーパーで自分で買うほうが安いかも…^^;
でも連れて行ってくれる気持ちが嬉しかったです。


帰ってからラミーキューブで遊びました。
大笑いしました。
このゲーム面白いです!




テーマ : 日記
ジャンル : 日記

映画「ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年」

<2016年1月9日 10才8ヶ月>


9日(土曜日)
は息子と2人で映画ちびまる子ちゃんイタリアから来た少年を見に行きました。


poster2.jpg
画像は映画comより



まあまあ面白かったです。
息子も気に入っていました。
暴力的な場面もないので、安心してみていられました。


花輪くんの家ってお金持ちなんですね~。
海外から来た6人、友達の京都・大阪旅行代まで出してあげるなんて。
何度もホームパーティをして。
親は何をしている人なんだろう、、なんてマンガなのに気になってしまいました^^;


しかし、「ひでじい(執事)」は出てくるのに、
ご両親が一度も出てきませんでした。
花輪くん、寂しくないかしら?、、
なんてやはりマンガなのに気になってしまいました。



(追記: 検索したら、花輪くんのお父さんは貿易商、お母さんは国際的ピアニスト、代々大地主のお家、
だそうです。
ほかの事も書かれていてよくわかりませんが。)
映画が終わると、たこ焼きを食べました。
前に息子がカンドゥで「銀だこ」の仕事体験をしたときに(こちら)、
銀だこのスタンプカードをもらってから、この「銀だこ」のたこやきを食べたがります。
スタンプカードスタンプを忘れたときには「食べない」と言います。
彼にとって、スタンプカードの威力はすごいです。


CAQOU02Q.jpg


美味しかったです。
息子が8個中6個食べました。(650円)


家に帰ってからは、ラッシュアワーのゲームで遊んでいました。


1601090002.jpg




こちら箱がボロボロだったのですが、
年末の大掃除のときに、ジップ付きのビニールにしまうことにしました。
スッキリしました。


1601090003.jpg



次はパパとブロックス

1601090004.jpg





夫は負けたのが悔しかったのか、
めずらしく自分から「もう1回」と言って3回連続やっていました。



カルソンヌ


1601090005.jpg





私も入って、ラミーキューブでも遊びました。


1601090009.jpg




明日(10日)新月だそうで、
宇宙からのエネルギーが増えるそうです。
息子が学校で販売されていて買った「月のカレンダー」があります。



1601090006.jpg




新月の日は願い事を口にすると、かないやすいそうです。
今年はこのカレンダーでチェックしようと思います。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

作り置きランチのうどん

<2016年1月8日 10才8ヶ月>



8日(金曜日)に小学校の3学期が始まりました。


3時間授業になりまして、帰宅は12時半ごろになります。
しかし、私が用事があって帰るのは1時半ごろの予定でした。


前にこういうことがあった時に、
私が「お弁当を」買って帰るまでお昼ご飯を待ってもらっていたのですが、
最近学校が半日のときは友達と遊ぶ約束をしてくることがあります。
そうなると、早く遊びに行きたい様子。


お昼をどうするか考えました。
朝にお弁当を作って置いていくか。


めんどくさいので、却下。。

カップ麺はお湯を沸かすのに、まだ1人で火を使わせたことがないし心配。

おにぎりを作って置いておく。
う~ん、
簡単なもので、チンするものを置いておく、
500円置いておいて、コンビニで買ってきてもらう。


色々考えたのですが、とても簡単なものを思いつきました。


最近、冷うどんが好きな息子。
ゆでたうどん&汁をおいておいて、
帰ったら、汁をかけて食べてもらいました。


1601080002.jpg



前の日の夜に具入りの汁(玉ねぎ、お肉、しいたけ)を作って置いて、
朝はうどんを茹でて、盛り付けをしてラップをしただけだったので簡単でした。
具入りのお汁じゃなければ、「めんつゆ」をおいておけばいいので更に簡単です。


ちなみに遊ぶ約束はしてこなかったので、
習い事の友達に「遊びにこない?」とメールしたのですがダメで、
午後は一緒に図書館へ行って本を選びました。
児童館へ行ったのですが友達がいなかったので遊ばず、
初詣に行き「恋おみくじ」をひき、
学校の近くの遊ぶたまり場のような神社へ連れて行ったら、
クラスメイトの男の子がいたので遊んできました。
楽しかったようです。


CA2IRU21.jpg


最初は「家で本を読んでいる」と言っていた息子です。
今まではいつもそういう風に過ごしてきて私もそれでもいいと思っていたのですが、
最近、ケンカしても人と触れ合うことが大事だなと強く私が感じていて
誰かと遊んで欲しかったので、よかったです。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ビビンパ&電車で行こう・新刊

<2016年1月7日 10才8ヶ月>



本日は7日(木曜日)で、春の七草がスーパーで売っていましたが、
お粥という気分でなかったので買いませんでした。


ナムルセット(もやし、大根など4種類)が売っていたので、
焼肉のタレでお肉を焼いて、キムチと卵、コチュジャンをそえてビビンパにしました。
簡単でした~。

1601070003.jpg






一応、具は7種類でした。。




私が「あまりお粥食べたくなくて、七草を買わなかった」と言ったら、
息子は「去年は七草をスープにしたよね~。美味しかった。」と言っていました。
私はすっかり「そうだったっけ?」と忘れていたのですが、
「ざまき紅子 七草」で検索すると去年のことがでてきました(どうでもいいですがこちら)。
ブログってこういう時に便利です~。
今年もスープにすればよかった。



あと、
年末子どもは実家へ行って私1人なのに、を買ってしまい沢山ありました。
賞味期限が少しくらい過ぎても卵は大丈夫だと思ったのですが、
冷凍にしました。
その冷凍卵をゆでたものが↑のものです。
味も変わらなかったし、美味しかったです。


(追記)次の日に、「1年前の写真見たら、七草でスープ作ってたわ。
よく覚えていたね。ママはすっかり忘れていたよ」と息子に言ったら、
「だって、美味しかったもの~」
と言ってくれて嬉しかったです。

****


明日から学校なので、息子は1000円の床屋へ行ってサッパリ。
前は月一でおばあちゃん(義母)に切ってもらっていましたが、
すっかり床屋がいいみたいです。

そして本屋に行って「電車で行こう」の新刊を買いました。
すぐに読んでしまいました。





この冬休み、クリスマスプレゼントに買った「まんが日本の文化史人物伝 」のほかに、







阪急電鉄を作った「小林一三」の伝記も買ってあげて読んでいました。




電車関連の話だと興味をもつかな?と思って。。
面白かったようです。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

息子が帰ってきた

<2016年1月6日 10才8ヶ月>


息子は冬休みを夫の実家で過ごしたのですが、6日(水曜日)に自宅に帰ってきました。
(8日が始業式です。)


帰ってきてすぐに見せてくれたのが、ここ3日間で書き上げた(架空の)時刻表…。

1601060006.jpg



↓この線路と、

1601060007.jpg



↓路線図と、
全部関係しているそうです。

1601060008.jpg




数字書いて、、飽きないのかしら…。



そして、クリスマスプレゼント(こちら)のレゴの線路で遊んでいました。


1601060009.jpg






あぁ、せっかく大掃除できれいにした部屋がちらかっていく。。
息子がいない間は、きれにした部屋がそのままキレイなまま、、というのがすごく気持ちよかったです。
ま、仕方ないですね。
こまめにお互い片付けたいです。



寝るときに、「僕、最近寝つきが悪いんだよね~、考え事しているから」
とすっごく嬉しそうな顔をして言うので、言い当てました。


今のクラスで好きな子ができたようです。
「●●さんのこと考えて?」と言うと、
「そう~、どうしても考えちゃうんだよね~(ウキウキ)」と。


「よっぽど好きなんだね~」と言うと、
さらに嬉しそうな顔…。


そういうことを母親に言うなんて、まだまだお子ちゃまでカワイイです。

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

友達とランチをした夜は、、眠れない

<2016年1月6日>


昨日、高校時代の友達5人でランチをしました。


それで、
少し前に気づいたのですが、友達とランチをした日は寝つきが悪い~。
どうしてだろう?
友達と話して興奮したから?
と不思議に思ってその時に理由を考えてみました。


簡単でした。
ランチの後のデザートで、コーヒーや紅茶を飲むからでした。


前に不眠症になってくるしんだ経験があるのですが、
カフェインに弱いようです。


コーヒーは午前中、遅くとも昼2時までに一杯まで。
それを守らないと、夜困ってしまいます。


紅茶や日本茶なら、、大丈夫だろう、と思っていた時期もあるのですが、
やはり寝つきが悪かったです。
あと、コーラやウーロン茶、ジャスミン茶もダメです。


そして、昨日。。
鼎泰豐 (ディンタイフォン)で多分ウーロン茶orジャスミン茶か、そういった類の中国茶がでました。
最初は小ビールをいただいたのですが、
その後「水をください」というのがめんどうだったので
ついつい出していただいたお茶を口にしてしまいました。
夕方4時までおしゃべりに花が咲きました。



夜、、
1時、2時、3時、、



眠れない…。


今は市販のいい薬が出ているので助かります。
飲んで寝ました。


今後気をつけよう。


沖縄旅行したときも、毎日体は疲れているのに眠れないことがありました。
おかしいな、、と思ったら、
沖縄の自販機で沢山売っている(沖縄のお茶の)さんぴん茶を、
飲んでいて、寝つきが悪くなっていることに気がつきました。


でも、
朝コーヒーや日本茶を飲んでも、眠くて2度寝をしてしまうこともあるのに、
不思議です…。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

同窓会ランチ

<2016年1月5日>


旦那さんが海外赴任している女子高時代の友人が一時帰国しているので、友達5人で会いました。


場所は新宿高島屋の鼎泰豐 (ディンタイフォン)
小ロンポウを楽しみました~。
(写真撮り忘れました…。)


うちの子は小学生ですが、同級生は社会人や大学生の子どもが多いです。
髪のお手入れ方法や、子どもの彼氏、彼女の話、更年期の対策などなど、
話はつきませんでした。
私も悩みなどを話したらスッキリしました。
色んな意見をきいて、少し視野が広くなりました。
子どもに対して真剣に悩んでいても、
育児の先輩の手にかかれば「うちの子も昔は~・・・」と「笑う話」に早がわり…。

例えば、
小3のときに、担任の先生からしょっちゅう電話がかかってきて、
「体操着に着替えたら、洋服は机の上にたたんでおいておくことになっているのですが、●●君はぐちゃぐちゃにおいています」
「机の中がぐちゃぐちゃ。校長先生が書いてくれた習字のお手本が床に落ちているんですよ。どれほど大事なものかわかりますか?」
と言われて、友達はひたすら謝っていたとか、
夏休みの宿題が終わらず、始業式から2日間休ませて宿題をやらせた。
などなど、
例があまりよくありませんが^^;
みんなで大笑い。
でもその子ども達は、トップといわれる高校(K成高校)、大学へ行き、きちんと社会人としてやっています。

もっと大きな視点で物事をみて、細かくこだわらないことも大事かもしれません…。
ちなみに、うちの子は学校の机の中はとても整理されていてキレイですが。

話はそれますが、↑友達の子どもの担任の先生、
その子の洋服を隠したそうです。
それはちょっと先生としてどうなんだろう、、と疑問です。
注意しても直らないので、頭にきちゃったのだろうけど。


楽しい時間を過ごしました。



息子は夫の実家に預かってもらっています。
義母からメールがきたのですが、
ミシンでぞうきんを縫ったそうです。


CAI67BIB.jpg




自宅にはミシンがないので、ありがたいです。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

2016お正月

<2016年1月3日 10才8ヶ月>



あけましておめでとうございます。

今年もどうぞ宜しくお願いいたします!




我が家のお正月は夫の実家でゆっくりと過ごしました。



お重の「おせち」はないです。
竹の子は春に近所で採ったものを冷凍していたものです。

1601010007_convert_20160103185332.jpg



色々なゲームで遊びました。


ハリガリ、

1601010008_convert_20160103185357.jpg





百人一首、

1601010012_convert_20160103185418.jpg





麻雀、

1601010013_convert_20160103185442.jpg







はげたかのえじき、


1601020016_convert_20160103185553.jpg





ウノ、
盛り上がりました。


1601020018_convert_20160103185623.jpg




坊主めくり、


1601020021_convert_20160103185644.jpg


義母がおしるこを作ってくれました。



でも、百人一首がはじまる前にひと悶着ありました。
義父はこういったゲームなどは「めんどくせぇ」とか言って参加しません。
でも昨年に百人一首は全部暗記したそうなので、
息子が誘いました。
しかし、義父はやはり「めんどくせぇ、じいちゃんは読書する。何でもお前の思い通りになると思うな!」と断りました。
息子は大荒れ…。
結局、義母から「一度付き合ってあげて」と言われ、義父は参加することに。。
でも、家族で何か共有する記憶って、大事だと思うんですよね。
ゲームだって、何だって。
私も小学生の頃に父とお正月に麻雀していていて、父のセリフとかよく覚えています。
義父は読み札を読んでくれたのですが、
色々とウンチクが長かった…^^;
菅原道真の歌から「くわばら、くわばら」の起源の話とか(こちら)。

息子は
「大江(おほえ)山 いく野の道の 遠(とほ)ければ
     まだふみもみず 天の橋立」
は暗記していて虎視眈眈とねらっていて、上の句の最初が読まれるとすぐに取っていました。




そして、相変わらず鉄道好きで、
架空の路線図と時刻表を書いていました。


1601010014_convert_20160103185516.jpg





夫は2日から会社へ行って仕事していました。
お正月くらいゆっくりすればいいのに、、と思いますが、
忙しいそうです。



今年1年、平穏に過ごせますように…。
みなさんにとっても、良いお年でありますように。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード