9才の誕生日会

<2014年26日、27日 9才0ヶ月>



26日(土曜日)の夜は夫の実家で、
紺太郎の9才の誕生日パーティをしました。


紺太郎、9才になりました。
「1つ、2つ、」と「つ」のつく年の最後になりました。
大事に過ごしたいです。
こちら」によると、
「9才は、幼児期に別れをつげ、別の世界に入っていく子どもにとっては一番大事な時期なのです。」
とあります。
まあ、だからと言って、
どう対応すればいいのかはわかりませーん^^;。


それにしても早いものです。
なんとなく自分の中では5才くらいで止まっているような気持ちです。




手巻き寿司を用意してくれました。


s_1404260073.jpg







紺太郎は「式次第」を書いて貼っていました。



s_1404270107.jpg



「入場」から始まります。
テーブルの周りを↓こんな感じで歩いてまわっていました。


s_1404260075.jpg




「いただきます」の後は「一人芝居」をしていました。
生まれたときの様子、2~3才ころの話し方(そっくり)、幼稚園のころ、
小学校に入ってから休み時間にドッジボールをしている様子を
一人で演じていました。
話し方がちょっと落語みたいでした。
(夫がデジカメで動画を撮っていたので、写真がなかったです。)



ケーキを囲んでロウソクを吹き消します。


s_1404260084.jpg



「9才の目標」は教科ごとに、
「算数は割り算をがんばる」
「書写は習字をがんばる」
などと言っていました。



「退場」までありました。
おばあちゃんに耳打ちをして「紺太郎くんが退場します、拍手をお願いします」と言ってもらっていました。



s_1404260092.jpg



みんな、笑っていました。





その後に、また入ってきて、
3月に習い事でやった英語劇のセリフ(みにくいあひるの子のお母さん)(英語・日本語)を披露していましたが、
英語はずいぶん忘れていました。


s_1404260097.jpg


おじいちゃんは「日本語しか聞こえないぞ~」とか
「(セリフが出てこないので、途中で)もう、いいだろ~(と、席を立とうとする)」とチャチを入れていましたが、
夫が業をにやしておじいちゃんに、「だまって最後まで見てろ」と言っていました。




27日(日曜日)は近所のお孫さん(5才)と午前中から遊びます。




s_1404270101.jpg




家の中でも遊びます。


s_1404270115.jpg









お昼どきになり、「お昼食べていったら~」と一緒に食べます。




s_1404270123.jpg




午後も2時くらいまで一緒に外で勝手に遊んでいました。




自宅だとまわりは車道とビルばかりで、
こういう風に遊べることはないのでありがたいです。





夕方に家に帰ってきました。



楽しい週末でした。


お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

ふきの煮物

<2014年4月26日 9才0ヶ月>



4月26日(土曜日)です。
午前中に紺太郎は近所のおばあちゃんのお友達の家まで自転車で一緒に行きました。


その家のペットはポニーです。


s_1404260035.jpg




お孫さんが「欲しい」とのことで購入したそうですが、
ペットで飼えるのがすごいです^^


紺太郎は人参をあげたそうです。


その家で「ふき」を沢山とらせていただきました。


s_1404260044.jpg




おばあちゃんはもっと沢山とったのですが、
紺太郎は「ボクの分だけ別に料理して~」と言います。



「そんなメンドクサイことはできないよ」、、と言おうと思ったら、
義母は「わかったよ~」と紺太郎に言います。。


聞いてみると、小声で「一緒に料理して最後になべを別にすればいいのよ」と言います。
うまいなーと思いました。


ふきを茹でます。


s_1404260051.jpg



最後に重曹を入れて少し煮て、あくをとります。



水切りをして、味付けをします。



s_1404260061.jpg



この後に、出来たものを小さい鍋に少量移して、
紺太郎に「できたよ~」と見せていました。
おばあちゃんは、子どもの扱いがウマイです。

美味しかったです。



お店屋さんごっこをします。
50円、30円、43円の品物を並べます。


s_1404260052.jpg



おつりを渡すのと、商品を袋(ビニール)に入れるのとで、
「やることがいっぱいありすぎる~」と言っていました。

s_1404260056.jpg




付き合うのが大変でした。



クラスの子の名前をおじいちゃんに教えるために、駅名をクラスの子の名前にして路線図を描いていました。


s_1404260062.jpg





この日の紺太郎の脳内ミュージックは「メリーポピンズ」の音楽でした。
一日中「チムチミニ~♪」などと映画の音楽を歌っていました。







畑で里芋を植える手伝いもしていました。


s_1404260071.jpg




実家に来ると、楽しそうです。
26日続きます。



お付き合いくださってありがとうございました。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

「火山」の絵と、愛の時間割表

<2014年4月25日 8才11ヶ月>



4月25日(金曜日)の夜から夫の実家へ遊びに行って、
週末を過ごしました。



先月春休みに紺太郎が遊びに行った時は、私は駅の改札で紺太郎を引き渡したので家へは行きませんでした。



先月紺太郎がカレンダーの裏に絵の具で描いた絵で、
「火山」だそうです。
セロテープでふすまのガラス戸に貼ってありました。



s_1404260022.jpg





親バカですが、中々ダイナミックでいいなと思いました。



あと、こちらは毎年恒例になっている台所「おじいちゃんの愛の時間割表」です。



s_1404260030.jpg



おじいちゃんは台所に紺太郎の時間割を貼って、
毎日「今、算数か…」なんてつぶやいているそうです。



おばあちゃん曰く、「(おじいちゃんは)結局、ひまなのよねー」なんて言っています。



学校から3枚時間割をもらえるので、
ここ2年は1枚郵送してあげています。
わざわざ毎年大きく書き写して台所に貼っています。



孫が何をしているのか気になるようです。
かわいいようです。


行くと「あほのくん」と呼んで、毒舌でからかってばかりいるんですけどね。。



お付き合いくださってありがとうございました。
前は実家へ行くと、義父のパソコンを借りていたのですが、
今はネット環境がなくなってしまいました。
(ネット環境に慣れてしまっているので)本やDVDを持っていきましたが、なんとなく落ち着かなかったです。
でもこういう時間もたまにはいいかな…。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

親子同調?

<2014年4月21~25日 8才11ヶ月>


4月21日(月曜日)に、道で自転車が急に出てきたので
驚いて段差で足をふみはずして転んで、私は左足を捻挫してしまいました。


最初はすごく痛かったのですが、日に日に寝るたびによくなってきました。
まだ黒いアザがあるのですが。


最初21日(月曜日)は這っていたほどだったので、
紺太郎は色々とお手伝いをしてくれました。
(どうでもいいのですが、こちら


22日(火曜日)は夕方に習い事の送迎があったので、
足を引きずって歩いていました。
するとその夜、紺太郎が「左足がいたいの、、」と言い出して、紺太郎も足をひきずって歩きだしました。



「成長痛かね~、大丈夫?」なんて言いながら寝かせました。




私は地区の役員なので、4月は見守り登校をして朝に児童につきそっています。
足の為に火曜日はお休みして、水曜日、木曜日は「1つ目の角」までしか付き添わなかったのですが、
25日(金曜日)の朝は通学路で気になることがあって、
足を引きずりながらずいぶん先まで一緒に歩いていきました。


すると、登校班で歩いている紺太郎が振り返って、
「左足が痛くて歩けない~!」
と言って足を引きずり出しました。


偶然なのかな?と思ったのですが、
前に双子などで、一人が「お腹がいたい」と、
もう一人が同調して「お腹がいたい」と言ったり、
片方が怪我したりしたら、もう一人も痛いと言うようになるというのを聞いたことがあります。
(どうでもいいですが、漫画のブラックジャックで読みました。
フランスの「コルシカの兄弟」という小説でそういう話があったようです。)









もしかして「それ?」と思ってしまいました。
親子でもあるかしら~???と。



「我慢して歩いてねー!」と見送りましたが…。




ちょっと気になったので書いてみました。
まあ、偶然だと思いますが…^^



***


道で牡丹がキレイだったので、思わず撮ってしまいました。


CAJM3SEL.jpg



お付き合いくださってありがとうございました。
ちなみに学校から帰ってきたのを見たら、まったく足は大丈夫そうでした。
少しコメントのお返事がおそくなります。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

懇談会

<2014年4月23日 8才11ヶ月>



4月23日(水曜日)小3最初の懇談会がありました。



先生は3月に大学を卒業した新任の男の先生です。
小柄で華奢で、発言がたどたどしかったです。
「担任のAです。宜しくお願いいたします。」と最初に2回繰り返していました。
緊張がこっちまで伝わってきました。


学級目標は、
・友達を大切に
・進んで意見を発表できるように
・あきらめないでとりくむ

だそうです。


先生から見たクラスは、
素直で礼儀正しくて、気配りのできる子が多い、、そうです。


何だか質問しても、
「調べておきます」ばかりで、
ちょっと頼りないような印象も受けましたが、
1年目だから仕方ないですね。
温かい目で見ていきたいと思います。


3年生の学習面は、

「社会、理科、総合」の科目ができて生活科がなくなったそうです。
「総合」ってあまりよくわからないのですが、
見てみると、保育園の子と遊ぶ、、など書いてありました。

6時間の授業が週2になります(2年の時は週1)。

習字と音楽でリコーダーが始まります。



そんな感じでした。
今のところ、楽しそうに学校に通っているのでよかったです。


夕方は紺太郎は家で1時間くらいかけて線路を書いていました。


s_1404230001.jpg



でも、、
あることがキッカケで、
グズリが…。



CAU6VGVE.jpg


なんだか4月に入ってからこういうことが多いです。
新学期で疲れているのかな。
もうすぐ9才なんだけど…。
小3でも家で泣いている子っていますか??
(2人知っていますが。)

対応に疲れます…。
落ち着くと、何もなかったかのように接してくるんですけどね…。


前に子どものマイナス面を書いたときに、
厳しいコメントをいただいたことがあって、
あまりそれからこういうことを書かなくなりましたが、
今日はなんだか書いてしまいました。




お付き合いくださってありがとうございました。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

簡単な手伝いでも、

<2014年4月21日 8才11ヶ月>



我が家では、たまに思いついたときには子どもにお手伝いをさせていますが、そんなにはさせていません。
(夫の実家に遊びに行った時は池掃除、種まき、お料理などなど義両親が色々させていますが。)




21日(月曜日)のおやつは(すごく久しぶりの)フル-チェ(メロン味)」でした。







「ただ牛乳と液体」を混ぜるだけです。
簡単すぎることなので、別にやらせなくても、、
何もかわらないだろう、、と思いました。


でも、まあ、
「作る?」と聞くと「やる、やる~」と興奮気味に喜んでいたので、やってもらうことにしました。


私は大きなボールと、小さなスプーン2個、軽量カップ、混ぜるもの、お皿2枚を重ねて、
「お願いね」とテーブルに置きました。


紺太郎は冷蔵庫から牛乳を出して軽量カップで量っていました。
そしてボールにフルーチェを出したのですが、
小さなスプーンはボールに入ったままでした。



スプーンは沈み、柄の部分までぬれてしまいました。
ベトベトです。


液体を入れる前にスプーンをボールから取ればいいのにー。



あれ?
こうすれば、ああなる、、、って簡単なことでもまだ考えられないのかな?とちょっとびっくりしました。






あと、料理中に「冷蔵庫の卵1つ取ってくれる?」と頼んだら、
卵は取ってくれましたが、冷蔵庫の扉はあけっぱなし…。


閉めるのは当然なのに、、とまたまたちょっとびっくり。


言うと「あ~~、、(忘れた)」と言っていましたが。



こちらの「当たり前」が向こうにはそうではない場合があるものです。



今度から簡単なことでもお手伝いをやってもらおう、、
と思いました。




お付き合いくださってありがとうございました。
フルーチェのメロン味、美味しかったです。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

ゴロゴロ六本木

<2014年4月20日 8才11ヶ月>




4月20日(日曜日)は、六本木アートナイトの中のイベントゴロゴロ六本木に参加するために六本木ミッドタウンへ行きました。




六本木ミッドタウンに隣接する「檜町公園(ひのきちょうこうえん)」です。
緑が綺麗です。



s_1404200008.jpg




ミッドタウンです。



s_1404200065.jpg




目の前にお庭があります。



s_1404200013.jpg




佐藤悠(アーティスト(兼 噺家?))さんが出展しています。
直径3mの竹で作られた球体(通称:ゴロゴロ)に人が乗り込み、
パレードの様に進んでいきます。




s_1404200024.jpg




佐藤悠さんは2009年から新潟の「莇平(あざみひら)」という町で、毎年お盆の8月15日「ゴロゴロ莇平(あざみひら)」を行っています。
莇平は22世帯の小さな町なのですが、佐藤悠さんがゴロゴロに入り莇平集落の頂上から麓まで下りていくイベントです。
みんなで水を掛け合ったり、鳴り物を鳴らし、お祭りのようなものになっています。


キッカケは佐藤さんの大学の先生のアーティストの日比野克彦さんが、2002年から莇平で夏にアート活動(明後日(あさって)新聞社文化事業部)をしていらして、
佐藤さんに「莇平で何かやって」と頼まれて始めたことだそうです。



佐藤さんが主催するアートワークショップやイベントに何度か参加させていただいたご縁で、今回も参加させていただきました。
紺太郎は「(ゴロゴロのために)いつか新潟に行きたい!」と言っていたほどだったので、
今回参加できてよかったです。


紺太郎はゴロゴロに入らせていただけました(要予約)。
最初は小さなゴロゴロです。




s_1404200032.jpg



太鼓をたたいて掛け声を出しながら
お庭を練り歩きます。
外国人の方など写真を撮っていました。


復路は太鼓をたたきます。


s_1404200036.jpg




2回目は大きなゴロゴロに入らせていただきます。
出入りは隙間からです。



s_1404200040.jpg




またお庭を歩きます。


s_1404200051.jpg


s_1404200053.jpg


gorogororopponngig.jpg




私も太鼓を叩いて歩きました。

紺太郎は「楽しかった~」そうで、
私も楽しかったです。
佐藤さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました。




お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

電車のスジ書き

<2014年4月19、20日 8才11ヶ月>



4月19日(土曜日)は家でゆっくりと過ごしました。



紺太郎は相変わらずプラレールで遊ぶのが大好きです。



(12日)

s_1404120001.jpg






(19日)


s_1404190005.jpg



午後に↑つくったプラレールの5つの駅のダイヤ(スジ)を作ると言い出しました。
スジとはグラフのようなもので、何時何分にその駅を電車が発車するかわかるものです。


sujinhk.jpg




分ごとに(枠になる)線を描き始めました。



s_1404190006.jpg



「5分ごとに線を書くのが大変~。あと平日用2枚と土日用3枚と書かなくては」と言うので、
「(図書館へ行くついでに)コピーしてきてあげる」と提案しました。



コピーしてきたら喜んでいました。
駅名は「(車庫)、西ノ町、中央北、ラッキータウン、丁(ちょう)運河タウン、丁運河」だそうです…。




s_1404190015.jpg


s_1404190016.jpg


一生懸命書いていました。


時々私のところに来て、
「ここで何分停車してなんたら、かんたら」
「特急料金がかからない特急がなんとか」
と一生懸命説明します。



結局2枚書くのに2時間くらいかかっていました。
楽しんで打ち込めることがあるのはいいことです。



20日(日曜日)も朝起きて、ご飯を食べる前に
必死になって続きを書いていました。


s_1404200001.jpg


s_1404200003.jpg


夕方も書いていました。





時間の(鉛筆の)線が濃すぎて、スジ(色ボールペン)が見えにくかったので、
ほうがん紙でも買ってきてあげようかな。。



***


19日の午前中は、動物(馬、猫、豚、猿、ラクーン)の5人家族(父、母、兄、姉、自分)のカードを集める神経衰弱をやりました(どうでもいいのですが、こちら)。


「あれ?このカード、さっき引いたのだけど、馬だっけ?猫だっけ?」
と覚えられないことばかりでした。
記憶力がすごく低下しているのを感じましたorz。




4回やって、結局2勝1敗1引き分けで紺太郎が勝ちました。
難しかったー。



***




あとは「算数大辞典」も読んでいました。
朝「テストの花道」の「数学って面白い!」を見ていたら、
数学者のガウスのことを言っていました。
私が「ガウスのこと載っているかな?」と調べるために本箱から出しておいておいたら、長い間読んでいました。
(ガウスのことは出ていました。)


s_1404190011.jpg






(↓新しいものも出ています。)





こちらの本は算数の好きな子におすすめです~。



***


この週末は紺太郎はクラスの子Aくんと児童館で遊ぶ約束をしていたのですが、
体調不良で(うつしたら悪いので)果たせませんでした。


Aくんは1年生のときに同じクラスの子でした。
授業参観のときに見たときに、全く落ち着きがなくてずっとキョロキョロしていて、
先生が話しているのに、後ろを向いて他の子に話しかけていたりしていました。
席替えが何度あろうとも、
1年間先生の席のすぐの前に座らされていました。



はじめ(失礼ながら)「あら、Aくんと?」と思ってしまったのですが、
紺太郎は「Aくんの笑顔が好き」と言っていて、仲がいいようです。



でも、
「Aくんはね、人の話をちゃんと聞かないんだよ。だから話が通じないんだよ」
なんて言っていたことがありました。


遊ぶ約束をしていても、話が通じない、、ときがあったようで。
(Aくん)「DSを持ってきて!」
(コンタ)「持っていない」
「持ってきて!持ってこないとダメ!」
「だから、持っていないんだって~」とか。
10時から4時まで6時間遊ぶと言うので
(私が「長すぎるよ」とダメ出ししてしまったのですが、)
「12時に待ち合わせにして」と言っても、
「6時間遊ばないとダメ!」、、と言い張ったり。
彼には変更はきかない、、なんて言っていました^^;



でも、紺太郎は友達と遊ぶことが少ないので、
「友達と約束した」という言葉は嬉しいです。
今回は残念でした。



ちなみに2年生のときにDSをもっていない子はクラスに2人だけだったそうです。
思ったより少なかったです。







お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

8才11ヶ月で借りた本「お金のひみつ」

<2014年4月中旬 8才11ヶ月>


4月中旬図書館で借りた本の記録です。



s_1404140001.jpg


s_1404180015.jpg



「おかしなゆき ふしぎなこおり」は前に借りたことがあったようで、
それ以外で息子が選んだベスト7です。


1位は「すべてがわかる!日本の新幹線〈2〉東北、山形、秋田、上越、長野新幹線 恵 知仁 (著) 汐文社」です。








2位は「お金のひみつ (学研まんがひみつシリーズ 55) [単行本]
わち さんぺい (イラスト) 」
です。





こちら春休みに行った貨幣博物館こちら)で見たお金が沢山でていました。
私も読んで面白かったです。
紺太郎は「博物館より、本の方がよくわかった、、」なんて言っていました。



3位は「小さなきかんしゃ (グレアム・グリーンの乗りもの絵本) [単行本]
グレアム・グリーン (著), エドワード・アーディゾーニ (イラスト), 阿川 弘之 (翻訳) 」
です。






「グレアム・グリーンの乗りもの絵本」というシリーズ
があるようなので、
他の本も借りてみます。







4位は「島のたんじょう (福音館の科学の本) ミリセント・E・セルサム (著), ウィニフレッド・ルーベル (イラスト), 岩田 好宏 (翻訳) 」です。







5位は「みどりの船 (あかねせかいの本) [大型本] クェンティン ブレイク (著), Quentin Blake (原著), 千葉 茂樹 (翻訳)  あかね書房」です。






こちらは私は読まなかったのですが、
レビューを見ると「手元に置きたい絵本」と書かれていました。
読めばよかったです。


6位は「グランパ・グリーンの庭 [大型本] レイン スミス (著), Lane Smith (原著), 青山 南 (翻)BL出版 」です。






こちらも私は読まなかったのですが、
レビューでは5人中5人が★5つをつけています。
「原書でも読みたい」「心温まる絵本」だそうです



7位は「わらいボール (わくわく幼年どうわ) [単行本]
赤羽 じゅんこ (著), 岡本 順 (イラスト) あかね書房」
でした。






新学期なので彼の様子を見つつ、あまり多く借りすぎないようにしようと思っているのですが、
次のを借りるために19日(土曜日)に私が図書館に行った時に、
予約しているものの他に棚に面白そうなものが何冊もあり、
つい沢山借りてしまいました。



棚にあるものは本の題名を覚えていられないかもしれないので、
「出会いは今だけかも、、」と思って欲張ってしまいます。
書いておけばいいのでしょうが…。



お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 児童書
ジャンル : 本・雑誌

まんがでわかる偉人伝 日本を動かした202人

<2014年4月17、18日 8才11ヶ月>


17日(木曜日)、紺太郎は学校を欠席し、
18日(金曜日)学級閉鎖になりました(前日に14名欠席)。



17日は寝ていましたが、比較的元気で、2日間暇な時間が沢山ありました。
17日に私が昼間に地区の役員会があったために、
本を置いていきました。


読んだ本の記録です。



まず「改訂版 まんがでわかる偉人伝 日本を動かした202人 [ムック]
よだひでき (著) ブティック社」
です。






こちらずいぶん前に買ってあったのですが、すっかり買ったことを忘れていました。
忘れたまま、↓こちらの偉人の本も買いましたが…(こちら)。






202人の方はマンガなので読みやすく、
歴史の勉強にも少しなりそうです。



s_1404190004.jpg


「おもしろい!」と言って読んでいました。

s_1404170006.jpg





私も少し読んだのですが、わかりやすく書かれていました。
知らなかったことも多く、勉強になりました。



ちなみに世界編もあります。





あとは「動物と話せる少女 リリアーネ」の2巻です。






こちらのシリーズかなり面白いそうなのですが、
家の近くの図書館にありません。
(シリーズで11巻くらいあります。)
中古で買ったのですが、1冊送料などを入れると500円くらいかかります。
読んだら売りたいのですが、紺太郎が怖い目で「ダメ!」と言います…。
女の子のいるママ友さんに「持ってない?」と聞いているのですが、持っていないようで…。


今書いていて気がついたのですが、(借りれる)隣の市の図書館もチェックしてみました。
在庫はあるようですが、
取り寄せなどはできないようで、電車に乗って駅からバスの距離です。
借りて、返して、
それぞれ往復の交通費を考えると、、微妙。
全部いっぺんに借りれればいいですが…。
貸し出し中のもありますし、1巻から順に読みたいそうです。
でも、、一度行ってみようかな…。


(近所の図書館で買ってもらえるかわかりませんが)リクエストしてもいいですし、
買って大きくなってから売ってもいいかも。。



どうでもいいことで長くなりすみません。



あとはパスワードシリーズです。
こちらも図書館になかったので買いました。
1冊2時間くらい読むのにかかるのでうすが、面白いようで夢中で読んでいました。







ゾロリシリーズは「体操教室の貸し出し文庫」で借りました。
金曜日の教室は休みましたが用事があって私が行ってきたので、
ついで3冊借りてきました。
ゾロリはやっぱり面白いようです。

金曜日の夕方に3冊借りたのですが、すぐに全部読んでしまいました。








s_1404190001.jpg




あとは録りためていたテレビを見ていました。
将棋フォーカス、ダーウィンがきた、DASH島などなど。
4月6日の日曜日に「イッテQ」の時間に日テレの4時間スペシャルの番組がありました。
色んな番組が集まりクイズをしているものです。
「イッテQ」のメンバーがいたので見たがって見ていたのですが、
遅くなるので9時を過ぎて録画をしたものを見ていました。


すると鈴木奈々が江川卓に「質問」ということで、
「結婚したら旦那が夜がざつになったんです。どうすればいいですか?」と聞いていました。
(へんな話ですみません…。)


まずい、、と思いましたが、
「見るのやめようねー」と消すのも変なので、
しらんぷりをしていました。
このまま終わればいい、、と願っていたのですが、
「触り方とか~」とか言い出して、困ってしまいました。



紺太郎は無反応で、
わからなかったようですが。。


なんだか気が気でなかったです。。
子どもだって見ているかもしれないのだから、そんなことテレビで言わなければいいのに。
テレビ局も考えてほしいです。
ずっとかくすつもりはないのですが、まだ早いような。


でも年齢が上がると色々考えてなくてはいけなくなるのでしょうね。。




お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 児童書
ジャンル : 本・雑誌

2秒でシャツをたたむ&メリーポピンズ

<2014年4月18日 8才11ヶ月>


17日(木曜日)に紺太郎のクラスでは(胃痛の紺太郎を含めて)14名の欠席と1人早退があり、
18日(金曜日)学級閉鎖になりました。
うちは胃痛とお腹が1回少しゆるかっただけですが、嘔吐している子が多いようです。
25度近くまで気温が上がった日が続いていても、
胃腸風邪って流行るんですね…。



担任の先生も、新任早々10日目で学級閉鎖なんて驚いただろうな…。



紺太郎は熱も平熱で、食欲もあり元気です。





たまたまこんなyoutubeを見つけました。
「2秒でシャツをたたむ方法」です。







このやり方は前にテレビで見たことがあるのですが、
改めて見て面白いので紺太郎に見せてみました。




するとやりたがったので、洗濯物をたたんでもらいました。



s_1404180010.jpg


s_1404180011.jpg


s_1404180012.jpg




楽しいらしくて、5枚の自分のシャツをたたんでくれました。
これから楽しんでお手伝いしてくれそうです。
長袖だとちょっとやりにくそうでしたが。



私も今度からこの方法でたたんでみようかな…。




(4月20日(日曜日)追記)
朝起きてきたパパにシャツのたたみ方を伝授していました。
「ここがA、ここがB」と。


s_1404200006.jpg




キレイにたためて、パパも感心していました。

***



私が私がウォルトディズニーの約束という映画見たことがきっかけで、
メリーポピンズの音楽を気に入り、私がしょっちゅう聴いたり歌っていたら、紺太郎も一緒に歌うようになり、
「映画も見たい~」と言ってきました。










「英語の勉強になるかも。よかった、、」とちょっと下心がありつつ、
楽しめるかな?とちょっと不安でした。


私は春休みに見たのですが、
音楽は素晴らしいのですが、英国のギャグを理解できないし、
アニメを画面に取り入れた場面など、ちょっと古いような気がしたのです。
(1964年公開)


でも、17日に見せたらとてもニコニコしてみて
「おもしろかった~」と言っていました。
絵画の中で子ども達が遊ぶ場面など、私は面白さがわからなかったのですが、
ワクワクしたような目で見ていました。
よかったです。



ついでに私は「サウンドオブミュージック」のDVDも持っています。





ずいぶん前に紺太郎に映画を見せたら、追われる場面などがイヤだったようで、
あまり見たがりません。


でもシングアロングの特別映像が入っていて、音楽だけ抜粋した画像を見ることができます。



18日に見ようとして、
最初に、
「この女優さんはメリーポピンズと同じ人なんだよ。
ジュリーアンドリュースというの」
と言うと、
紺太郎は「ふーん」と言っていました。


でもサウンドオブミュージックを見進めていると、
「この人、昨日見た映画の人に似ている~」と言い出しました。


ちゃんと説明したつもりだったのですが、
話が通じていませんでした。
私の言い方が悪かったのかな。。


説明して、当然「通じている、わかっている」と思っていても、
子どもには通じていないこともあるものだ、、と気づきました。



この間「鯛のおかしらがあるよ」と言ったときに、通じていませんでした。
(紺太郎は魚の目のまわりが大好きです。)


「女優」「メリーポピンズ(という映画の題名)」「同じ人(が演じる)」
というどれかが、わからないネックになっていたのかも??



「さっきちゃんと言ったのに~」「話を聞いていないんだから~」と相手を責める前に、
自分がきちんと理解できるように説明しているのか?を考えたほうがいいみたいです…。



まあ、単に私の言葉が右から左の耳へ流れているだけかもしれませんが…^^;




お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

マンガでやさしくわかるNLPコミュニケーション

<2014年4月16日 8才11ヶ月>



私が図書館で借りて読んだ本の記録です。


「マンガでやさしくわかるNLPコミュニケーション 山崎 啓支 (著) 日本能率協会マネジメントセンター」です。







NLPとは、Neuro Linguistic Programming(神経言語プログラミング)の略で、
言語学と心理学を効果的に組み合わせたコミュニケーションに関する学問です。




マンガは、
一人の女性が、父親が経営している業績不振のスーパーの社長を継ぐことになります。
初めはうまくいかないのですが、
コンサルタントがNLPを伝え、
スタッフとのコミュニケーションが良好になり、
スーパーの業績もあがっていく、、というお話です。




「マンガで」となっていますがマンガはそんなに多くなく、文章が多いです。
用語が沢山出てきて、自分に読解力や理解力がないのでちょっと難しかったのですが^^;、
面白かったです。


「良好なコミュニケーション」のために、、と書かれているものは、
「当たり前」のこともありましたが、
読んで改めて「なるほど」と思いました。



例えば、新しい企画を上司に提出したとします。
すると上司がやつぎばやに質問(詰問)してきます。
そんな時、不安や恐れを感じてしまう方が多いと思います。
でももし上司が質問する前に、
「素晴らしい企画だね。是非協力してこの企画を成功させたいので質問させてください」
と言ったら、とても安心して質問を聞くことができると思います。
人間は安心・安全の場を求めている、、とのことです。


また「故郷」と聞いて、
田畑や山のような景色を思い浮かべる人もいれば、
「ボクの故郷はニューヨーク(の摩天楼)です」と言う人もいます。
「話し手」と「受け手」へ体験が言葉に翻訳されるプロセスで、
「省略、歪曲、一般化」が起こってしまいます。
そこでの誤解を質問などで直していく必要があるわけです。


私も紺太郎に「わかっているでしょ!」のつもりで話していて全然通じていないことがあります。
自分の「一般」と相手の「一般」は違うのを理解していないのです。
で、わかってもらえないと、
「どうしてママの言うことがわからないの?」とイラっとしてしまったり…。



コミュニケーションで大切なのは、
信頼関係であり、
人間の能力を最大発揮させるのに一番大切なことは、「安心できる場」をつくることだそうです。
私も家庭が安心の場であるようにしたいものです。


私が前に外資の銀行で働いていたときに、ヒステリックに怒りまくる女性上司がいました。
私の前任の男性はウツで休職していました。
私はそんなにとばっちりを受けませんでしたが、
いつヒステリーが爆発するのかわからないので、皆いつもビクビクしていました。
「怒られないように、怒られないように」と。
やだったなぁ~。


ちなみに上司には大学生の娘さんがいらっしゃったのですが、
しょっちゅうお母さんに電話してきて「~していい?」と聞いていました。
娘さんが電話で泣いていることもあり、
「大丈夫よ、大丈夫よ」となぐさめていることもありました。
色んな親子がいるものです…。


話はそれましたが、面白かったので、
同じシリーズの本も読みたいです。




****


紺太郎、17日(木曜日)に胃痛で学校をお休みしました。
そしたら欠席が14名いたそうです。
病院でもクラスメイトに会いました。
18日(金曜日)は懇談会だったのですが、学級閉鎖になってしまいました。


16日(水曜日)に二人でケンカして私がすごく怒って、
一応仲直りはしたのですが、
寝るときに紺太郎は「ごめんなさい」と言って泣いていました。
17日の朝に「おなかが痛い」と言ったときは、
「前日に私が怒りすぎたせいかも、、」と思ってしまいました。
紺太郎は「(病気がはやっているから)関係ないよ~」と言ってくれましたが、
マイナスの言葉(でつくられた環境)は免疫力も弱くなると聞いたことがあります。
前も、具合の悪くなった前日に私が怒りすぎたことがあったような。。
気をつけよう…。
(あくまで我が家の場合です。)




お付き合いくださってありがとうございました。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

朝のウォーキング

<2014年4月16日 8才11ヶ月>



ここ一週間「朝のウォーキング」をしています。
と言っても、
地区の役員なので新学期から子どもの登校班と一緒に「見守り」の為に学校へ行っているだけなのですが…。
往復で正味50分くらい歩いているので「ちょっとやせるかな…」と期待していたのですが、全く…^^;
がっかり。



でも、
先週学校へ行ったときに、新任の紺太郎の担任の先生に会えて挨拶ができました。
「紺太郎くんは沢山発言してくれて助かってます~」とおっしゃっていました。
(先生は横断歩道で、旗を持って立っていらっしゃいました。)



あと、
理科の授業は教頭先生が担当なのですが、
初めて受けた日に、「すご~~く面白かった!」と興奮まじりに話していました。
年配の方なので、なんとなく失礼ながら「年配=話が面白くない」というイメージがあったのですが、よかったです。
今日(16日)、門で教頭先生とお話する機会があったので、
「うちの子は3年2組ですが、先生の授業がすごく面白いと言っていました」と伝えたら、とても嬉しそうでした。
おばちゃんになったせいか、「いいものはいい」とその人に伝えてあげたいおせっかいな気持ちがあります。



あ、おばちゃんで思い出しました。
つい先日、
「ママはおばちゃんじゃない」と紺太郎が言ったので、
勝手に喜んでいたのですが(どうでもいですがこちら)、
今日は「そんなこと言った覚えはない。ママは年相応のおばちゃんだ」と言うもので、がっかり…^^;
いいんですけどね…。



本の紹介をしようと思って書き始めたのですが、
前置きが長くなったので、分けます~。



あ、あと、
先日紺太郎が前もって参加させていただいた
さいたま新都心コクーンの「かんばんハウスをつくろう」のアートワークショップですが(こちら)、
4月12、13日の2日間でとてもすてきな「かんばんハウス」が出来上がったようです。
紺太郎の作品も飾られていました。
↓写真を見て嬉しかったです。紺太郎も写真を見て喜んでいました。


s_P1100737@.jpg



画像はこちらから

http://cocoonkidsatelier.blogspot.jp/2014/04/blog-post_14.html



5月31日(土曜日)、6月1日(日曜日)にもこのワークショップが行われるようです。
よろしかったら是非~。





お付き合いくださってありがとうございました。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

ポップサーカス

<2014年4月13日 8才11ヶ月>


13日(日曜日)埼玉県久喜市で行われたポップサーカスへ行きました。
次の週からフルで授業が始まりますので、家でゆっくりしたかったのですが、
無料招待券をいただいていたので出かけました。
この日が最終日でした。
(4月26日から6月15日までは群馬県太田市で、7月6日から8月31日までは富山で公演があります。)



s_1404130002.jpg


ポップサーカス
って知らなかったのですが、
木下サーカスとともに日本2大サーカスの1つだそうです。
(キグレサーカスがなくなるまで3大サーカスの1つだったそうです。)
団員は外国人ばかりでしたが・・・。



ポップsa-kasu
(画像はポップサーカスhpより)




場所は250の店舗が入っているモラージュ菖蒲という大型ショッピングモールの片隅のテントでした。

s_1404130004.jpg


席は正面でとてもいい席でした。


1時間50分間(途中休憩あり)、次々と飽きさせない展開でテンポがよかったです。
紺太郎大笑いして喜んでいました。
特にピエロが面白かったそうです。


今回サーカスは3回目ですが、
今まで見たサーカスで一番面白かったそうです。
シルクドソレイユよりも、、、だそうです。


作文の宿題に、
空中ブランコのことを「ボクは高所恐怖症なのでぜったいにできないと思いました」なんて書いていました。


帰りは「行きと違うバスに乗りたい」と紺太郎が言い、
バス停を探したのですがないので、
行きと同じバスにしようとしたら、グズリだし、
楽しい気分が一変しました。


私もうまく対応ができなくて、
なんだか同じことを繰り返しているような気がします。。。
落ち着いた後にあやまってくれましたが…。



お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

9年目の新宿御苑

<2014年4月12日 8才11ヶ月>


12日(土曜日)新宿御苑へ行きました。
(大人200円、子ども50円)


紺太郎が0才11ヶ月の時から毎年行って、八重桜の前で写真を撮るのが恒例になっています。



0才11ヶ月の頃の紺太郎です。



osaino.jpg



今年で9回目になります。



午前中に「総理と桜を見る会」があったようです。
八重桜はお花の種類のよってはつぼみのものもありましたが、
だいたい満開のものが多かったです。


でも人が多くて、中々桜の前では写真が撮れません。


s_1404120018.jpg



桜の下にレジャーシートを敷きました。
寝転がると、自分の真上に桜がくるのが最高です。


s_1404120019.jpg


s_1404120023.jpg


カメラを手に持ってこちらに向けて手を伸ばし、、
桜をバックに一緒に「顔のアップの写真」を撮りました。
手を伸ばすと、あごが引けて私の2重あごが目立つ結果に・苦笑。
紺太郎は手で私のあごを隠してくれたり、
大笑いしながら写真を何枚も撮りました。



紺太郎は春休みにおばあちゃんに買ってもらったシャボン玉ピストルで遊んでいました。


s_1404120030.jpg





本当はバトミントンを持ってきたかったのですが、
新宿御苑はバトミントン、フリスビー、ボールは禁止だそうです。
バトミントンくらいいいと思うんだけどなぁ。。

色々規制が厳しいです。
ちなみにアルコールも禁止で、入り口で持ち物検査をされました。
でも、、アチコチでお酒飲んでいる人を見かけましたけどね…。
お花見だったらお酒飲みたい気持ちになるのは仕方ないと思います…。



ウコンの花です。


s_1404120048.jpg



改築後、初めて温室へ行きました。



s_1404120052.jpg




絶滅危惧種の植物などがありました。


s_1404120053.jpg




こちらの植物みたいに葉の大きいものは初めて見ました。


s_1404120063.jpg


s_1404120064.jpg




閉苑近くなって、少し人が減ってきました。
沢山八重桜の前で写真を撮りました。



s_1404120072.jpg


s_1404120090.jpg


s_1404120093.jpg




今年の手作りバースディカードにも使いたいと思います。



とても楽しくて、
寝るときも「今日は楽しかったね~」と言っていました。



今月9つになります。
「つ」のつく年は最後になります…。
いつまで新宿御苑に一緒に来てくれるかな~。




お付き合いくださっていありがとうございました。
昨日の日記に追記しています。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

ありのままの、

<2014年4月11日 8才11ヶ月>


ただいま「ありのままの~」という言葉を聞けば、
映画アナと雪の女王のヒット中の「ありの~、ままの~♪」Let it go 松たか子or May J)という音楽が思い浮かぶ方が多いと思います。









昔から松たか子さんのファンでCDも何枚も持っているので、
ヒット曲がでるのは嬉しいものです。






で、話は映画の音楽とまったく関係ありません…。


私は育児書などを読むのが好きなので、
「ありのままの子どもを愛しましょう、認めましょう」
「ありのままの自分を愛しましょう、認めましょう」


ということは知っていました。
わかっているつもりでした。


でも本当に「つもり」なんですよね。
ちっとも理解していないです。


子どもに焦点をあてますと、


楽しそう、嬉しそう、と意気揚々としているとき、
またはマイナスな感情でも「悲しい」くらいまでは、
「ありのままでいい」と納得できます。


でも前日の日記(こちら)のように、
グズグズいったり、泣いたりしていると、
なんだか自分の心がざわざわして、
イライラして、
最終的には私が怒りだしてしまいます。


「喜怒哀楽」の怒に付き合うのが苦手。。


春休みに入りたてのときに、朝&昼ごはんなどに文句を言われたときもそうでした。

「ボク、焼きうどんじゃなくて焼きそばの方が好き~」
「トーストじゃなくて和食が好き~」



「そうなの?でも食べなさい」、、
ではなくて、
カチンときてすぐに「食べ物に文句言うな!出されたものを食べなさい!」と
反応していました。



(焼きうどんはスーパーで安く売っていたから買って、
トーストは冷凍庫が一杯になってきたから早く食べて欲しかったのです。)
(↑このことは後で伝えました。)



で、くどくど、
「北朝鮮の子ども達は、、」
「神様が見ていて、
食べ物に文句言うと、次生まれ変わるときに、食べものに苦労するよ。」


あ~、、こう書くとほんとにイヤな母親…^^;



認める、見・留める、って難しいです。



本などを読むと、
「子どもが泣くと、親の心がザワザワする場合」は、
自分は文句を言わずにがんばっているのに、、
という気持ちに触れるから、、
とありますが、
そういうこともあるのかな…。


マイナスの出来事を無理やりポジティブに持っていくように
していることもあるので。
それはそれで、問題解決のいい方法でもあったりするのですが…。



ダメな自分でも認めるのが先かな…。
認めて「怠けていてもOK」となり堕落してしまうのは防ぎたいものですが。。




まあ、何が言いたいのかというと、
オチはないのですが・苦笑、
子どもが愚図っていて「ありのままの子を認める、愛する」って難しい、、
というお話でした。



(4月12日夜、追記)

こんな日記を書きましたら「鏡の法則」で有名な野口嘉則さんの講演「自分という大地に根を張る生き方」いうyoutubeを見つけました(期間限定だそうです)。
「ありのままの自分をうけいれるために」と副題がついて紹介されていました。
タイミングがよかったです。
前半の1時間42分だけで後半は見られないのですが、
面白かったです。
野口さんがコミュニケーションを学ぶ方法の一つに「親業」を勉強した、、とおっしゃっていました。









この本の出版記念講演だそうです。
読んでみたいです。







なんだかまとまりがなくてすみません~。
お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

だまりたいのに、だまれない

<2014年4月9,10日 8才11ヶ月>



紺太郎は小2の末に担任の先生から「自主勉」という言葉を聞いて、
「自主勉するの~」と、自主勉ブームです。


それから勧誘の手紙をたまたま見たことから、
「チャレンジやりたい攻撃」が始まり、結局ドラゼミをやることにおさまりました(こちら)。



私は「今は学校の勉強だけで十分(読書と英語以外)」と考えているので反対しました。
私が子どものころに小学校低学年で勉強が出来た子って、
中学のころには成績が伸びない子が多かった記憶があるからです。
(そうでない子もいたのでしょうが。)


私も親から「勉強しなさい」と言われたことがなかったのですが、
(なので小学校の前半はオール3みたいな成績でした)、
高学年ころから「勉強の面白さ」に気づき、
中学は自分から勉強して高校は進学校へ進みました。


なので、
勉強のことはあれこれ言いたくない。
言うと逆効果、、という気持ちがあります。
今のところ中学受験をする予定はないですし。


でもドラゼミは4月の初旬に来てから、
紺太郎は喜んでやっています。
カレンダーに「予定」を一緒に書き込み、月末までに終わるようにしたのですが、
「30分目標」のものでも5~10分で終わるものが多く、どんどん予定よりも先取りしています。



が、
10日(木曜日)のことです。
予定のものが終わり、「先取りしよう~」と予定外の算数をやりはじめました。
するとまだ習っていないところだったらしくわからないし、
新学期で疲れもたまっていたようで、
グズグズ言い出しました。
ふてくされて「消しゴムが良く消えない」「消しゴム落とした」「もうできない」など。



「今日、やらなくてもいいよ」と声をかけたのですが、
グズグズ。
じゃあ、私が説明しようとすると、怒りだし。


イライラ。


言いたくないのに言ってしまいました。
「だから、こういうことになるから、
ママはドラゼミなんてやりたくなかったのに(怒)!」

「どうぜ学校でゆっくり習うんだから今やらなくていのに」


で、泣き出しました。



あ~ぁ、言っちゃった。
そのとき、役員関係でゴタゴタしていていて私も余裕がないのもあったのですが、
こういう親の言葉が子どものやる気をなくしたりするんだろうな。。
それだから更に「やりたくなかった」のですが…。


だまりたいのに、だまれない。


こういう「言わなくてもいいのに、言ってしまう」ことに関して、
何かアドバイスがあったらどなたかお願いします~。


(11日追記:次の日にはケロッとして問題を簡単に片付けていました。
やはり10日は疲れていたのだと思います。)


***


毎日楽しそうに学校に行っていますが、
新学期なので疲れるんでしょう。
10日(木曜日)から給食が始まりました。


「新学期は疲れる」ことを忘れて、その前から毎日遊び歩いていました。
お花見の季節ですし。
もうちょっとゆったりと過ごせばよかったかな~。


9日(水曜日)は学校が午前中だけだったので、
2日前に行った「どんぐりの公園」へ電車で一駅乗って遊びに行きました(こちら)。


桜は半分以上散っていたのですが、
桜ふぶきがきれいでした。
バトミントンをしたのですが、キャキャ笑って楽しそうでした。



s_1404090004.jpg




全然続かないんですけどね。



2日前は凧の横棒を忘れたのですが、
この日は大空高く舞い上がって「楽しい~!」と喜んでいました。


s_1404090009.jpg







お付き合いくださってありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

小学3年生スタート&お花見とバトミントン

<2014年4月8日 8才11ヶ月>



4月8日(火曜日)小学校の始業式があり、今日から3年生です。
クラス替えがあるので、
朝は「ドキドキする~」と私に抱きついてきましたが、
帰ってきたら元気一杯で報告してくれました。


2年生までは約140人で5クラスあったのですが(1クラス28~29人)、
3年生からは4クラスになったそうです(1クラス約35人)。


3年2組になり、
先生は男の先生で1年目だそうです。
ちょっと心の中で、
「え~、新任…、慣れていないし、、いやだな。。勉強を教えるのも慣れてないだろうし…」
と思ってしまったのですが、
「かっこいい?」との私の問いに、
「うん、かっこいいよ。ついこのあいだまで大学生だったんだって~」と。
「かっこいい」「若い」、、と想像したら、
口元がゆるんでしまった「おばちゃんママ(=私)」」です・笑。



今まで仲がよかった子とは一緒のクラスにはなれなかったようですが、
「なんだか2組は楽しそうなクラスになりそう~」
を目をキラキラ輝かせていたので、よかったです。



時間割を見てびっくり。
「中学生の時間割?」と思ってしまうほど、
教科によって先生が違うのです。


担任の先生の授業は、社会、音楽、学活、道徳、体育くらいで、
算数(二人)、国語(二人)、図工、書写、理科、は4人の先生に教わることになります。


なんだか落ち着かなさそう…。
こんなに色んな先生に教わって、宿題とかそれぞれ出て沢山にならなければいいけど。。



まあ、私がここで心配していても仕方ないので、
様子を見てみようと思います。



***


お昼で学校から帰ってきたので、
電車に2駅乗って、公園へお花見へ行きました。


こちらは紺太郎が1才の頃から何度も桜を見に来た場所です。
ベビーカーを押して散歩していました。



去年は(多分)来なかったのですが、
公園に近づくと「あ~、ここ覚えている!」と言っていました。


先日千鳥が淵へ行ったときに(こちら)、すぐそばに科学技術館があって、
「幼稚園のころ2回来て、すごくいい科学館なんだよ~」
と言っても覚えていなかったし、
茗荷谷へ着いたときも、
「前に「しばられ地蔵」こちら)を茗荷谷に見にきたんだよ」
と言っても覚えていなかったので、
ドンドン幼い頃の記憶は忘れていくんだ、、と寂しくなっていたので、
嬉しかったです。
(↑科学技術館は写真を見せたら、思い出してくれました。)



半分くらい散っていましたが、とってもキレイでした。



s_1404080005.jpg




幼い頃と違って写真を素直に撮らせてくれません。


s_1404080026.jpg




八重が咲き始めました。


s_1404080029.jpg





水面に桜の花びらが浮かんでいて、「キレイ~!」と何度も言って感動していたようで、
ここでは気持ちよく写真を撮らせてくれました。




s_1404080041.jpg


桜ふぶきがとってもキレイでした~。



二人で歩きながらこんな会話がありました。
私が、
「こうして一緒に出掛けられるのも、あとちょっとなんだろうな~」と言ったら、
「そんなこというと、もっと早くなるぞ!
ボクは家族で出掛けるのは好きなの!
ボクの予定では、高校2年生くらいなんだから~」と。
そ、そうなんだ。。
私の予想よりずっと長かったです^^;


まあ、いつまでも親と一緒より、
友だちと一緒 or 一人でドンドン自分の世界を広げていって欲しいです。
たまに付き合ってくれると嬉しいですが。


公園でバトミントンを初めてやりました。
全然当たりません。


s_1404080043.jpg



最高で2回ラリーが続いただけです。
でもすごく楽しそうでした。


s_1404080042.jpg



また明日もやりたいそうです。


「明日友達と遊べるといいね」と言ったら、
「みんな、習い事なんかで忙しいんだよね~」と言っていました。
給食はまだないのですが、
「(それでも)みんな忙しいんだよ~」だそうで。



新学年になって、一緒に遊べる友達がもっとできるといいです。




お付き合いくださってありがとうございました。
おばちゃんママですが、つい先日私が自分のことを「おばちゃん」と言ったら、
紺太郎は「ママはおばちゃんじゃないよ~」と言っていました。
彼のおばちゃんの定義はわかりませんし十分おばちゃんだけど、嬉しかったです。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

お花見と凧揚げ

<2014年4月7日 8才11ヶ月>



4月7日(月曜日)春休み最終日です。
電車に一駅乗って、(勝手にそう呼んでいる)「どんぐりの公園」へお花見へ行きました。



s_1404070005.jpg



とってもキレイです。


s_1404070008.jpg



ずいぶん散っていましたが、十分楽しめました。



s_1404070021.jpg




ここに来たもう一つの目的は「凧揚げ」です。
小1のときに授業で作った凧です(絵は線路です)。



s_1404070022.jpg



私は買った凧を持ってきていたのですが、
横棒を忘れてしまいました。







落ちていた木の枝を(持っていた)バンドエイドで留めてやってみたのですが、
バランスが悪いのかあまり飛びませんでした。
枝を色々変えたのですが…。
残念…。



s_1404070026.jpg




あまり風はなかったので走り回っていましたが、
たまに飛んでいました。


s_1404070029.jpg







話はそれるのですが、
少し前に私はウォルトディズニーの約束という映画(こちら)を見て、
とても気に入って、話の元になる映画の「メリーポピンズ」を見ました。



(↑話はさらにそれますが、
DVDとブルーレイがセットになって売っている意味がよくわかりません。。
同じ映像を2枚もいらないと思うのですが…。)



そしたら音楽にはまりまして、
「凧をあげよう」「お砂糖ひとさじで」「2ペンスを鳩に」「チムチムニー」
などyoutubeでみたり、口づさんでいたら、
紺太郎もうつって、一緒に歌うようになりました。





公園に来る前も凧を上げるからと、
「凧をあげよう」の歌を聞いて「レッツゴー フライ ア カイト~♪」と一緒に歌ってから来ました。





「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」
という曲も、
今日何度紺太郎は歌っていたか…。
行き帰りも、お風呂の中も、寝るときも布団の中でずっと歌っていました。
(歌詞は適当)








↓こちらのyoutubeにメリーポピンズの歌が沢山入っています。







メリーポピンズの音楽を作られたシャーマン兄弟「イッツアスモールワールド」を作られた方々です。
ファンになって、こちらのCDも頼んでしまいました。
届くのが楽しみです。
(日本版もありますが、輸入版の方が安いです。)







話は公園に戻ります。


凧揚げに疲れたら本を読んでいました。
「動物と話せる少女リリアーネ〈1〉動物園は大さわぎ! [単行本] タニヤ シュテーブナー 」です。



s_1404070042.jpg




女の子向けっぽい本ですが、こちらかなり面白いそうです。



昼から私が、夕方から紺太郎が硬筆の習い事(同じ先生)があったので、
帰ってきました。


昼からは留守番で新刊の「電車で行こう」を読んでいました。






いままでのシリーズ10巻の中で一番面白いそうです。
声をあげて笑っていました。




****



あと夫の実家から帰ってきてから春休みは、
線路書きや、


(4/4 )

s_1404060001.jpg



路線図書きに(あいかわらず)夢中でした。
駅名を考えて辞書を引いて漢字を当てはめていました。
(私が「わからない字は教えてあげるよ」と言ったのですが、調べたかったみたいです。)



(4/6)

s_1404060003.jpg




(↑ふり仮名がついているので、低学年から使えます。)



国鉄縦国線路線図だそうです。


s_1404080044.jpg



どうでもいい話なのですが、「こんたろうの町の駅のひとつ「コンマ駅」」は前から聞いたことがあったのですが、
「駒馬」と書くそうです。
知らなかった。。



2年生の教科書や作品などを整理していましたが、
いちいち見るのですごく時間がかかっていました。


s_1404060004.jpg







明日から3年生。
早いなぁ。。
楽しく過ごせるといいです。



お付き合いくださってありがとうございました。
ジュリーアンドリュースって、メリーポピンズもサウンドオブミュージックも子ども一人出産してから出演しているそうです。
知らなかった~。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

4/12&13、さいたま新都心コクーン「かんばんハウスをつくろう」

<2014年4月6日 8才11ヶ月>




4月6日(日曜日)JRさいたま新都心駅すぐ前のコクーン新都心(ショッピングモール)へ行ってきました。



そちらで来週(4/12(土)・13(日) 11:00~16:00)かんばんハウスをつくろうというアートイベント(ワークショップ)が開催されます。



SECURE~1



前にこのイベントのスタッフのお一人が主催されたイベントに何度か参加させていただいたことがあったご縁で、
紺太郎に
「テスターになってください」
とお話があり、
面白そうなので参加させていただきました。
来週のためにスタッフさん達に流れや、見直しの箇所の確認をされたいそうです。



コクーン新都心は映画館、フードコート、レストランなど100店舗以上が集まったショッピングモールです。



s_1404060013.jpg




「かんばんハウスをつくろう」の流れです。

コクーンの中にあるお店を見て、そのお店の新しい「かんばん」を作ります。みんなで作った作品を集めて『「かんばん」で出来た家』=「かんばんハウス」を完成させよう!

(1)お店を見る
(2)お店のグッとくるところを見つける
(3)その気持ちを伝える新しい「かんばん」を想像して作る
(4)作った「かんばん」を「かんばんハウス」に展示する




まずモールを歩いてぐるっとまわりました。
その中から看板をつくりたいお店を決めます。


ここで私は紺太郎と別れました。
シャイな子なので、私がいると私とベッタリになってしまうと思ったからです。


約1時間半後、迎えに行きました。



ダンボール、マスキングテープ、布など色んな材料があります。



s_1404060007.jpg



紺太郎が選んだのは「LEGO」のお店です。



s_1404060006.jpg


スタッフさんたちが作った作品と一緒に発表会です。
皆さん、とても素敵な作品です。



s_1404060008.jpg





紺太郎の番です。
(中世の)お城をレゴで作った、、というイメージだそうです。



s_1404060010.jpg




レゴらしく、赤や青の原色がキレイだな、、と思いました。




最初に一緒にお店を回っていたときは、
「難しそう…、できるのかしら、、??」と私は不安になってしまったのですが、
とっても楽しかったそうです。



帰る途中も
「あ~、今日は楽しかった!」
と2回ほど言っていたほどです。



スタッフの方々はキレイで優しそうなお姉さん方で(男性もいますが)、
そんな方々に囲まれて一緒に時間を過ごす機会なんてあんまりないと思いますし、
楽しい時間を過ごせてよかったです。



お近くの方、よろしかったら是非~。
(さいたま新都心は上野から(最短で)約22分、池袋から約24分、新宿から29分です。)

さいたまコクーン

[日時]4/12(土)・13(日) 11:00~16:00
[場所]西館1F キッズスペース
[対象]4才以上のお子様
[参加方法]当日のお買上げレシートをご提示ください。
(レシート1枚につきお1人様ご参加いただけます)



お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

1日東京メトロ券で桜お花見ツアー

<2014年4月5日 8才11ヶ月>



5日(土曜日)一日東京メトロ券(大人710円、子ども360円)を買って、
紺太郎と二人で都内・桜お花見ツアーをしました。
前から「春休みに行こうね」と言っていたのですが、
紺太郎が実家へ遊びに行っていて、見頃は過ぎてしまっていたのがちょっと残念です。



まず最初に日比谷線の中目黒です。


s_1404050001.jpg



目黒川周辺です。
葉桜が多かったです。



s_1404050002.jpg



すごい人でした。



s_1404050007.jpg





次に千代田線の乃木坂です。


s_1404050008.jpg




青山霊園を歩きました。
こちらは人がそんなにいませんでした。



s_1404050013.jpg



人ごみは疲れますので、のんびり歩けてよかったです。



s_1404050016.jpg




3箇所目は半蔵門線の半蔵門です。


s_1404050024.jpg




千鳥が淵を歩きます。
こちらはすごい人でした。。



chidorigafuchi.jpg


s_1404050038.jpg




ソメイヨシノは散っているのも多かったのですが、しだれ桜などがキレイでした。


s_1404050052.jpg




江戸時代の地図と比べます。



s_1404050054.jpg



紺太郎はずっと「ボートに乗りたい!」と言い続けていたのですが、
ボート乗り場へ行くと、2時間半待ち。。
諦めてくれました。




s_1404050067.jpg



でも、こぐ人がいないのですが…。
前に私が他の場所でこぎましたが、同じところをクルクル回っていただけだった記憶があります。
「ボクが」と言っていましたが、どうなんだろう。。


いつか平日を狙って乗ってみたいです。
じきに親となんて乗りたがらなくなるかな?




s_1404050081.jpg


s_1404050092.jpg


横に素敵なマンションがあったので、
「もしコンちゃんが将来こんなマンションに住むようになったら、
ママ遊びにいってもいい?」と聞いたら、
「間に合うかな~」
なんて言っていました…笑。
(高齢出産ママです。)


s_1404050093.jpg





靖国神社も行ってみたのですが、こちらは完全に葉桜でした。



4箇所目は丸の内線の茗荷谷です。


s_1404050115.jpg




播磨坂へ行きました。


s_1404050113.jpg


こちらも見頃は過ぎてほぼ葉桜でした。
それでも下で宴会をしている人が多かったです。



谷中霊園や上野公園も行きたかったのですが、
時間が遅くなってしまいましたので、今回はやめました。
次回に、、と。


が、、人がとても多かったので、
自宅の近所の方がお花見するにはいいのかも…^^;


でも楽しかったです~。



最後の駅で切符を取っておきたかったようで、
紺太郎は自分から「無効印を押してください」と駅員さんのところへ一人で行って言えました。
「電車で行こう」という本の中にそのセリフがあったそうです。






4日に新刊が出たので、買おうと思います。







言うのはドキドキして声が小さくなったそうです。
(前はできなかったので)自分から言いに行くなんて、少し成長したようでよかったです。





お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

春休みにおばあちゃんち

<2014年3月29日~4月4日 8才11ヶ月>



3月29日(土曜日)から夫の実家へ一人で遊びに行っていた紺太郎ですが、
4月4日(金曜日)に自宅に戻ってきました。


実家では沢山遊んだようでよかったです。


2日(水曜日)
におばあちゃんを連れ出して神宮外苑まで遊びにいったそうです。
義母は地下鉄に不慣れなので、紺太郎が先導したようです。
イチョウ並木や外苑を散歩して、桜がキレイだったそうです。



s_1404020004.jpg






その後は代々木公園へ行って30分自転車(レンタル)に乗ったそうです。
実家にも自転車はあるのに、わざわざ公園で乗らなくても、、と思いますが…。



s_1404020006.jpg




おじいちゃんと将棋もしたようです。


s_1404030007.jpg




には何度も行ったそうですが、
種まきを手伝い、4日(金曜日)にはさやえんどうに網をたてたようです。



s_1404040012.jpg






チューリップが満開です。
お土産に持って帰ってくれました。


s_1404040014.jpg




雨上がりだったので、泥がぐちゃぐちゃでしたが、
入って遊んでいたそうです。


s_1404040016.jpg




靴もズボンも泥だらけで、
裏口に新聞紙を敷いて、全部脱ぐ羽目に…。



s_1404040020.jpg




春です。
ぜんまいが一杯です。




s_1404040023.jpg



今回一番よかったのは、近所の同学年の子2人と何回か遊んだことです。
こちらの家で夕方6時まで遊んだり、向こうの家でブロックで遊んだり。。
一緒に自転車に乗ったり。
自宅では町内に同学年の男の子は少ないし、
まわりに公園もなく、車道とコンクリートだらけで外は遊ぶ場所もなく、
一人で家にこもってばかりなので、
よかったと思いました。
すぐ歩いている行ける距離に友達がいるっていいです。



あと今回滞在中3回も「ママとちょっとお話しようと思って~」と私に電話してきて色々としたことを話してくれました。
コンビニごっこ(お店屋さんごっこ)をおばあちゃんとしたとか、
お友だちと遊んだとか。
今までだと私が電話して「何したの?」と聞いても、
あまり話してくれなかったのに、今回は何か心境の変化でもあったのかしら…??




実家では、おばあちゃんといつも一緒に寝ているので、
4日の夜、「おばあちゃんがいなくて寂しい」と布団の中でシクシク泣いていた紺太郎です…^^;





お付き合いくださってありがとうございました。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

まかしといてお母ちゃん、「幸せ脳」に育てよう!

<2014年4月2日 8才11ヶ月>



私が読んだ2冊の本の記録です。


1冊目は「まかしといてお母ちゃん 吉岡たすく 佼成出版社」です。






長い間教員(&校長)生活を送られた吉岡さんの小さなエピソードを集めています。


笑える話や、
どの子にもいい所がある、
人とくらべてはいけない、
子どもの成長はそれぞれ違っている、
子どもは、決めつけてはいけない、
と語っています。

面白かったです。


私の勝手なメモ書きです。
(省略あり)


吉岡さんが校長のときに1年生の担任の先生がズボンの下に「ひざ当て」をしていたのを見たそうです。

「それ、何のためにするのですか?」
と聞いたんです。
すると、彼はこう説明してくれたのでした。
「実は、1年生を受け持つようになってから、気がついたのですが、まだ背の低い生徒たちと話す時、どうしても上からものを言うようになってしまうのです。
そうすると、どうしても、『よし、よし』という感じで、威圧的な対応をしてしまうのです。
「これは、いけない」と思い、それから子どもたちと話すときは、ひざをついてすわるようにしたのです。
でも、そうするとすぐ、ひざが痛くなってしまうのです。そのことを家で話したら、母が、この「ひざ当て」を作ってくれたんです」

私は、この先生の話を聞いた時に、「子どもの目の高さと同じ高さになろうとしている先生というのは、素晴らしいな」と思って、
「あなたは若いのに、どうしてこういうことに気がついたんですか」
とたずねました。すると彼は、
「私は、学生時代に動物の勉強をしていて、実習で動物園などに行って、飼育なんかを手伝っていたんです。そこで飼育係の方に教えてもらったのですが、動物と接していてかまれたり、ひっかかれたりするのは、上から見下ろして、エサをやったり、頭をなでようとした時なんです。
だから動物に近づく時は、下からなで上げるようにするのがいいんです。そうすれば、動物も安心するし、人間も安全なんです。
私はそのことを思い出して、「そういうことは、動物も人間も同じじゃないか」と考えて、上から見下ろすような接し方を改めるようにしたんです。」

私は素晴らしい考え方だと思いました。
ですからお母さん方も、子どもと話す時は、すわったほうがいいと思います。そうして、目の高さを同じにすれば、子どもを見る目が変わってきます。きっと言葉遣いまで変わってくると思います。

私は「教育というものは、親は教師が子どもを引っ張りまわして、教えることではなくて、子どもが安定した心を持って、自分の力で歩いていけるように、励まし、慰めること」だと思うのです。



このブログにはあまり書きませんが、
私は紺太郎とケンカをすることがたまにあります。
彼も反抗的になるし、私もムキになって怒ります。
でもそういうときって、私が「上から目線」になっていることが多いです。
「教えよう」とやっきになって、「従いなさい」と強要しています。
次にカーっとなったときに、この文章を思い出せればいいな…^^;



2冊目は「「しあわせ脳」に育てよう! 子どもを伸ばす4つのルール 黒川 伊保子 講談社」です。
(みほさん、紹介してくださってありがとうございました。)







こちら4つのルールとは「早寝、早起き、朝ごはん、読書」のことでした。


フルタイムのワーキングマザーの方にお勧めです。
著者もそうでしたので、
働くことと子どもを思う気持ちへの狭間で、悩みや折り合いのつけ方なども書かれています。
出張中に子どもを思って泣く場面は、
私も電車の中で読んでいたのですが、泣いてしまいました。
結局は働くにしても働かないにしても、お母さんが幸せなら、子どもも幸せ、、と書かれていました…。



面白かったです。



お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

彼女がニューヨークで一番の花屋さんになれた理由 佐藤富雄

<2014年4月2日 >



私が読んだ本の記録です。



「彼女がニューヨークで一番の花屋さんになれた理由 ~アメリカ大富豪に伝わるお金持ちになる魔法 佐藤富雄 宝島社」です。






読みやすくてすぐに読めてしまいました。

amazonの紹介は、

NYの花屋に勤めるレイチェルは、ある日、大富豪から「2つの魔法」を教わった。
その魔法は、うらぶれた花屋を行列のできる花屋に変え、レイチェル自身も美しく、愛される女性に変えていった。



です。



その魔法は
・毎朝、鏡の自分に向かって「今日もきれいね」と声をかける
・毎日、お店にあるすべての花に「今日もきれいね」と声をかける


といったものでした。


そして、彼女は実践し、また新たに気づきがあり、
実践して、
お花屋は大繁盛。
幸せな結婚も手に入れる、、
というものです。



自分に自信を持ち、周囲に感謝の心を表現することの大切さが書かれていました。


面白かったです。


勝手な私のメモ書きです。
(省略あり)


・毎朝、鏡の自分に向かって「今日もきれいね」と声をかける

わたしが聞いた話では「鏡に向かって語りかける」といった程度のものでしたが、本書ではあえて「鏡の自分に向かって「今日もきれいね」と声をかける」具体的な言葉を書き加えさせていただきました。


わたしたちが自分の人生を幸せだと思えるかどうかは、ひとえに「どれだけ自己像を高められるか」という一点にかかっています。
自己像とは、セルフイメージという名前のとおり、自分で考える「わたしはこういう人間だ」というイメージのことです。
わかりやすくいえば「わたしは幸せな人間だ」という自己像を持っていれば、本当に幸せな人生を歩めるし、逆に「わたしは不幸な人間だ」という自己像を持っていれば、そのとおりの人生を歩んでしまいます。

そして、女性の自己像を決めるのは「容姿」になります。
つまり自分のことを「きれい」だと思えるかどうかが、その人の人生を決定づけるのです。

さて、こんな話をすると、次のような反論が返ってきます。
「要するに女は顔で決まるということ?」
「美人に生まれれば幸せで、そうじゃなければ不幸せってこと?」

そうではありません。
セルフイメージはあくまでイメージなのであって、実際に美人であるかどうかは、いっさい関係ありません。ただ自分で「わたしはきれいだ」と思えれば、それでいいのです。

私たちの脳は、自分の発する脳は、自分の発する言葉に敏感に反応します。
あなたが本当に「わたしはきれいだ」と思っているかどうかは、とりあえず横においておきましょう。
脳はあなたの言葉をそのまま鵜呑みにして、やがて「わたしはきれいだ」というセルフイメージをつくっていきます。

是非毎朝鏡に向かって「今日もきれいね」と語りかけてください。




私は自分の顔ってあまり鏡で見ません。
お化粧をするときでさえ…。
目をあわせないというか。。
もう何十年もそうかも…。
あまり身なりに気を使わない性格だし…。

そして全身はなおさら。。
産後10キロ以上太ってみっともないということはわかっていても、
あえて見ないというか。。


でもこの本を読んで、
なんとなく「一度やってみようかな…」という気持ちになりました。
不幸なんて全く思っていないけど、
セルフイメージはそんなに高くないので。


忘れちゃいそうですが、とりあえずやってみます。
(前にも佐藤さんの本を読んで(こちら)、いい言葉を言おうと思っていましたが、じきに忘れてしまいました^^;)


言葉が「セルフイメージ」を作るなら、
子どもにかける言葉も気をつけたいと思いました。



お付き合いくださってありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

チャレンジやりたい攻撃、からドラゼミへ

<2014年3月 8才11ヶ月>



我が家は幼稚園時代ベネッセの「しまじろう」をやっていました。
小学校になってからは辞めたのですが、
「チャレンジ」勧誘の郵便は定期的に来ていました。




私は「今は学校の授業だけでいい(読書と英語は別)」と思っているので、
今までは郵便が来ていても、紺太郎に見せることなく捨てていました。



でも先日、紺太郎が一人で習い事へ行った帰りに郵便受けに入っている手紙を見つけてしまい、
それを見てから「チャレンジやりたい!攻撃」が始まってしまいました。



まぁ、、毎日、、うるさい、うるさい。。




私が小学校のときに、
低学年で勉強の出来た子って、
中学になってから下降線をたどる子が多かったと記憶しているので、
あまり低学年から勉強しなくても、、と思っているのですが…。
(ずっと出来た子もいたのかもしれませんが。)



夫に相談すると、
「そんなにやりたがっているなら、やってもいいけど…」とのこと。



それならば、、と、
Z会、ポピー、ドラゼミ、学研
通信教育の資料を取り寄せました。


比較ブログも読みました。


チャレンジは「簡単」なようです。


広告のマンガも見ても、
「80点しかテストで取れない子が、チャレンジをやったら100点を取れるようになった」というものです。




s_1403280063.jpg


s_1403280064.jpg



今のところ学校の授業でそんなに困っていないので、
イマイチ惹かれません。
問題も簡単で、マンガや絵、シールで手取り足取りという印象です。


s_1403280062.jpg






私がしつこく「簡単すぎる」「簡単すぎて必要ない」と言っていたら、
紺太郎も納得したよう。。
他を探すことにしました。



私は「教科書に合っている」ポピーがいいと思ったのですが、
でも、この「教科書に合っている」のも曲者かなとも思いました。
国語なんて学校のテストと同じ問題がでるとしたら、
「答えを暗記すればいい」と思われても困るし…。
どうなんだろう。。




(ナットで見た)がんばる舎などはとても安いのですが、テキストを自分で印刷する形です。
うちはプリンターを持っていないので、めんどくさいです。


Z会も私はひかれたのですが、本人がイヤなようです。


色々やって、ドラゼミがいいと言います。


こんなマンガがあります。
マンガのふきだしに空欄があり、自分でセリフを考える問題があります。


s_1403280060.jpg


s_1403280061.jpg



教科書に合っていないので、
習っていないことをやるのはちょっとひっかかったのですが、
結局「ドラゼミやりたい!」攻撃になり、ドラゼミを申し込むことにしました。



続くかは??ですが、
せっかく本人がやる気になっているので、
とりあえずはじめることにしました。



私は気が進まないんですけどね。。
もっと外で遊んでほしいですし…。


おまけにちゃんと電話で申し込みのときに「小3」と言ったのに、
「小4」のものが来るし…。
ちょっと私のテンションは下がっています。




でも、、「やらなくていいのに…」オーラは子どもによくないと思いますので、
やるとなれば応援していこうと思います。




お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

貨幣博物館

<2014年3月28日 8才11ヶ月>



3月28日(金曜日)日本橋にあります貨幣博物館へ行きました。



最寄り駅はメトロ日本橋、三越前、etcです。
(入場無料)



s_1403280050.jpg




こちらの博物館は前から「行きたい」と思っていて、
2月に行くつもりでいたのですが、
紺太郎がインフル?にかかり延期になっていたものです。



入り口の「フェイ島」の石の貨幣です(レプリカ)。
紺太郎は1億円の重さを持ち上げています。(約10キロ)


s_1403280047.jpg




館内は残念ながら撮影禁止です。
昔からの貨幣の展示が面白かったです。



HPで「学習シート」を印刷していきました。
お子さんにはこちらを用意していくと、楽しいと思います。



s_1403280048.jpg


s_1403280049.jpg



展示の中に答えがありますので、
クイズのようです。


学習シートの問題であったのですが、
日本の今までの紙幣には動物が8種類、印刷されています。
「ねずみ、きじ、いのしし、ライオン、つる、鶏、馬、はと」です。
他、鳳凰もいます。
展示されている中からこの動物を探すのが面白かったです。
ライオンが中々見つからず、子どもは諦めてしまったのですが、
私は(しつこいので)諦められず、見つけたときは嬉しかったです。


あと、子どもがはまっていたのが、
1000円札を何十倍かにアップして見られるブースです。
「nippon ginko」の文字がお札の中に沢山隠れているのですが、
ずっと見ていました。


あとは、タッチパネルでクイズができるので、
それも楽しんでいました。



約1時間40分ほど楽しみました。



目の前には日本銀行があります。
私は正社員と派遣で日本の銀行と外資の銀行で働いていました。
日本銀行には何度も電話して、取引をしていたので、
「やっと来れた~」と感慨深かったです。



s_1403280051.jpg


s_1403280053.jpg




日本銀行の中を見て回れる「子どもむけツアー(親同伴)」がある、、というパンフレットを見つけて、
「行きたい!」と思ったら、、
「1週間前までに申し込み」で、がっくし、、
さらに「小学校5年以上の参加」で、再びがっくり・笑。


紺太郎が5年生になったら申し込みたいと思います。
紺太郎も(夫も)行きたがっています。




こんど図書館で「お金のひみつ」を借りてこようと思います。
行く前に借りればよかったかな…。







その後日本橋でお昼を食べて帰りました。
いつのまにか桜の季節です~。



s_1403280056.jpg


あ、昼ごはんで思い出しました。
紺太郎は貨幣博物館で日銀の形の貯金箱かペーパークラフトかを欲しがったんです。

4日前に私の母と長瀞に遊びに行ったときも(こちら)、おみくじのキーホルダーを母にねだって買ってもらっていました。
(ふって棒がでて、「大吉」や「吉」などが書いてあります。)




CAY4H9A0.jpg




「欲しい」ものは何でも買ってもらえるものだと思って欲しくないので、
「ダメ」と言ったら、
「ボク、お昼ご飯食べたくない…、おなかすいてない…」と拗ねだしました。


紺太郎、こうやって拗ねること多いです。
私もムカっときて、
「じゃあ、食べたくないなら、食べなくていいよlっ」と言い放ってしまいました。
子どもが不機嫌だと、
「せっかく、連れてきてあげたのに」などと思いイラっとします。
(勝手に連れて行くときもありますが。)



でもお店に前に行って、いい匂いをかいだら、
コロっと態度を変えて、
「ぼく、ここがいい~、これ食べる~」
なんて言っていましたけどね…。
調子いいわ…。




お付き合いくださってありがとうございました。
夕方には体操教室の習い事があり、翌日から夫の実家へ遊びにいきました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月から塾(N)に通い始めました。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード