リニューアル後の東芝未来科学館

<2014年3月27日 8才11ヶ月>




春休みの1日目、27日(木曜日)川崎市にあります東芝未来科学館へ行ってきました。



最寄り駅はJR川崎駅です。
(入場無料)


去年の9月までは川崎駅からバスで10分の場所にあったのですが閉館しまして(こちら)、
今年の1月から川崎駅のすぐ前にリニューアルオープンしました。



s_1403270045.jpg






まず東芝の創業者「田中久重」のお部屋です。




s_1403270004.jpg


s_1403270001.jpg




我が家にあります「くもんのなぜなぜカレンダー」の3月に、
田中久重が「日本で最初に鉄道模型を作った人」として出ていました。
(↓表と裏です。)

CAPIN50X.jpg CA9V7VSQ.jpg









ただ展示を見るよりも、こういったモノがあると、
興味の深さが違ってきます。




1850年に万年時計を作られています。
洋式時計と干支や七曜、二十四節気、月の満ち欠けの表示機能があります。
こんな時代にこんなものを作るなんて、、天才…。



s_1403270002.jpg
(↑模型です。本物は国立科学博物館にあります。)



昔の東芝の製品があります。



s_1403270003.jpg




ゲームをやります。
効率よく、待っている人をエレベーターに乗せるゲームです。
待たせすぎると、人形が怒って帰ってしまいます。




s_1403270006.jpg




30分のサイエンスショー「あかりの歴史」です。


s_1403270008.jpg




テレビの画面を拡大カメラでみると「赤、緑、青」の筋のようになっています。



s_1403270012.jpg




実験のお手伝いに紺太郎が選ばれました。
光をあてていると、



s_1403270018.jpg




時間がたっても影が残ります。



s_1403270022.jpg




影にも色がつく、、と証明しています。



s_1403270024.jpg




またゲームで遊びます。


s_1403270025.jpg




違うゲームでジャンプします。


s_1403270034.jpg




レーシングゲームです。


s_1403270038.jpg




よくわかりませんでしたがタブレットをもらって、何かをしていました。



s_1403270044.jpg




平日だったので、
ラッシュ前に帰ろうと4時過ぎに帰ってきました。
リニューアル前と変わっていない部分もありましたが、
ゲームが増えた、、という印象です。



この日は雨がふっていてとても混んでいて、
ゲームは15~20分並びましたし、ワークショップなどは一杯でした。
でも楽しかったです。



お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

8才10ヶ月で借りた本「内科・オバケ科 ホオズキ医院 」

<2014年3月25,26日 8才10ヶ月>


3月の下旬に子どもが図書館で借りた本の記録です。



s_1403260006.jpg




これらは春休み用に借りてきたのですが、
25,26日(火、水曜日)学校が午前中だったので、
午後に全部読んでしまいました。



「友だちを家に呼んで遊んでもいいよ」と言っても、
「休み時間が忙しすぎて、約束する暇がなかった」らしいですし、
「児童館へ行って遊ぼう」と言っても、
「絶対ヤダ」と言います。

前に児童館でイヤな目にでもあったのかな~?
最近行きたがりません…。


この中で子どもが選んだベスト5です。
これらの本は「全部おもしろかった!」そうで甲乙つけがたいそうなのですが、あえて選んでもらいました。



1位と2位は、

「パスワードとホームズ4世 -パソコン通信探偵団事件ノート(5)」と
「 続・パスワードとホームズ4世 -パソコン通信探偵団事件ノート(6)
(講談社 青い鳥文庫) 松原 秀行 (著), 梶山 直美 (イラスト) 」
です。







s_1403280057.jpg



3位と4位は

「内科・オバケ科 ホオズキ医院 (おはなしフレンズ!) [単行本] オバケに夢を食べられる」
内科・オバケ科 鬼灯医院 SOS! 七化山のオバケたち (おはなしフレンズ!)
富安陽子 (著), 小松良佳 (イラスト)ポプラ社」
です。







s_1403280058.jpg



オバケの専門医と、助手の少年が活躍するファンタジー・シリーズです。
声を出して笑って読んでいました。


5位は、

「シーラカンスをさがせ (まんが化石動物記)
たかし よいち (著) 吉川 豊 (イラスト) 理論社」
でした。





s_1403280059.jpg




本の写真で右上に写っている「ドラえもん からだなんでもシリーズクイズ」は買ったものです。






からだに関するクイズが沢山載っていて、
何問か出されました。
「日本人で一番多い血液型は?」
「女の人はひげがはえるのか?」
など。

面白かったようです。


25,26日(火、水曜日)は他に「ことわざカルタ」こちら)で一人で遊んでいました。




s_1403260004.jpg



あとは、路線図書きです。


s_1403290065.jpg





春休み用にまた4冊「パスワードシリーズ」を借りてきました。



s_1403290066.jpg




学2年生で1年間で図書館から借りた本の数は524冊でした。
字のない本、字の多い本もごちゃ混ぜで数えているので、
数はあまり参考にはなりませんが、今年も沢山読んだと思います。
3年生になっても本を楽しんで欲しいです。





お付き合いくださってありがとうございました。
夫が今仕事が大変らしいのですが、
紺太郎に「パパ仕事が大変なんだって」と言ったら、
「いつもボクに我慢しろ、我慢しろ、って言っているんだから、
我慢すればいいじゃない」と言っていました^^;
いつも我慢している人なので、これ以上我慢したら、、、大変。。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 児童書
ジャンル : 本・雑誌

この子は、この子でいいんだ。私は私でいいんだ 明橋大二

<2014年3月27日 8才11ヶ月>


私が図書館で借りて読んだ本の記録です。


「この子はこの子でいいんだ。私は私でいいんだ―これで、子どもの未来が輝く 明橋 大二 (著) 1万年堂出版」
です。






明橋さんの本は沢山読んでいるので、
前読んだことがある同じ文章などもあったのですが、
読むと、「あぁ、、そうだよな。忘れていたけど、、」という気持ちになりました。

面白かったです。


私のメモ書きです。
(省略、少々変更あり)



・子どもをついついせかしてしまいます。
  子どもを見ていると、ついつい、せかしてしまったり、どうしてこのくらいできないの、と言ったりしてしまいます。
どうしたら、もう少し待てるようになるでしょうか。


お母さんなりに、子どものペースを尊重して、待ってやろう、と努力しておられるんだと思います。
私は、大人と子どもの関係というのは、二人三脚みたいなもんだと思っています。

二人三脚というのは、一方が焦って速く走ろうとしても、もう一方のペースに合わせなければ、前へ進めません。
相手のペースを無視して、早く走ろうとすると、結局、こちらも倒れるだけです。
そういう時に、ちゃんと前に進むためには、どうしたらいいかというと、
「もっと速く走りなさい!」「どうしてもっと速く走れないの!」
と相手を叱咤激励することではなくて、
相手のペースをよく見極めて、それにこちらが合わせることです。
こちらがペースをいったん落として、二人の呼吸が合ってくると、案外速く進みます。



私はすごくせっかちで、(子どもと二人で決めた色々な)予定の時間を少しでもオーバーすると、イライラして責めてせかしまくりなので、
参考になりました…。




****




子どもとたまに「論語」を読んでいます。






その中にこんな文章があります。

「子曰く,古(いししえ)の学ぶ者は己の為にし,今の学ぶ者は人の為にす。」



CAL6P7OX.jpg





「孔子先生はおっしゃった。昔の学ぶ者は、自分を磨くために学んだ。今の学ぶ者は人からよく見られたいために学んでいる。」

という意味です。



このページを読むたびに、

「孔子先生って、ずいぶん昔の人だよね~(2000年以上前)。
今の、、っておかしいね~。昔から「昔の人は、」って言い続けているんだよね」
なんて会話をします。



紺太郎は、このページは、
「子曰く,チョー古(いにしえ)の学ぶ者は己の為にし,古(いにしえ)の学ぶ者は人の為にす。」
と言い換えています。



で、

明橋さんの本にちょうどいい説明があったので、紺太郎にも読んであげました。



・最近の若いもんは、なっていないのではないでしょうか。

よく、「最近の若いもんは」「最近の親は」「昔は、○○だったのに」ということがいわれます。
これは、エジプトのパピルスにもそういう言葉があったといいますから、二千年以上前から綿々と言い古されていることになります。

要するに、昔はよかった、今は悪くなった、ということですが、もしこれが事実なら、二千年もたてば、世の中も、人間も、相当悪くなっているはずで、とっくに滅亡していてもよさそうです。

ところが、実際は、滅亡もしていませんし、そんなに良くなったとも思いませんが、悪くなったとも思いません。
要するに、人間というものは、昔も今も、そんなに変わっていないのです。ところが、どうしてこのように私たちは思うのかというと、一種の錯覚が生じているといわれます。

つまり、どの時代でも、ルールをちゃんと守る人と、ルールからはみ出す人がある。
ところが、前の世代の、ルールをちゃんと守る人が、後の世代の、ルールからはみ出す人を見た時に、それを、時代のせいだ、と勘違いしてしまうのです。自分の世代にも、同じような人は居たはずなのに、それはどこかへ行ってしまって、自分の世代は、みんな自分と同じように、ルールを守っていていた、後の世代は、ルールをちっとも守らない、けしからん、となるのです。
ここにあるのは、「過度の一般化」という一種の勘違いです。


ですから、昔の子どもも、今の子どもも、そんなに変わりませんし、昔の親も、今の親も、そんなに変わらないのです。しかし、二千年間も、同じせりふが、地球上のあらゆる所で言い続けられているなんて、そっちのほうがある意味、すごい!と思います。



でも「昔の子どもも、今の子どもも、そんなに変わりません」とありますが、本質は変わらないと思うのですが環境はとても変わったと思います。
前は空き地で子どもが集団で遊んでいたりしましたが、
うちの周りなんてろくな公園もなく、、
遊ぶ場所なんてあまりないですから。。


****


精神科医師である明橋さんの診察例です。
読んでいて、、「責められる」「(自分も含めて)自分を認めてくれる人がいない」というのは苦しいものだ、、と改めて思いました。
子育てってつながっている、、とも。


おじいさんが、「孫の不登校のことで相談がある」と診察にきました。
「お母さんがきてください」と先生は何度も言いますが、娘さんは来ません。
なので、おじいさんの相談を受けたそうです。

おじいさんは、
「原因は、母親にあると思うんです。あの母親はもともとわがままなところがあったのですが、離婚して実家に帰ってからは、よけいひどくなって、それを子どもに八つ当たりするんです」と言います。

初めの頃は、母親も、あちこち相談に行っていたのですが、そのうち、どこへも行こうとしなくなったそうです。
「本当に頑固な母親で困ります。私も、おまえがまず、変わらないといけないんだぞ、と何度も言って聞かせるのですが…」
とおじいさんは言います。

毎回、お母さんは現れず、おじいさんだけでした。
おじいさんは毎回、あの母親の育て方が悪いから子どもがああなったのだ、まず、母親が変わらないと、と繰り返されます。

私は、あまりにも毎回母親を責めることばかり言われるのがちょっとカチンときて、、ある時、私はついに言ってしまいました。

「私は、子どもがこうなるのは、決して親の育て方のせいだとは思っていません。しかし、もし、おじいさんが、親の育て方のせいでこうなると言われるなら、その親を育てたのは誰でしょう」

おじいさんは、苦しそうに言われました。
「それは、私らです。あんまり甘やかして育てたからでしょうね・・・」

「そうでしょうか。本当に甘やかしたんでしょうか?娘さんは、本当に、ご両親に甘えることができていましたか」

しばらく考えておじいさんは言われました。
「いや、あの子は、あんまり甘えない子でした。小さいころから母親が病弱で、あの子が長女として、母親代わりに弟、妹の面倒を見ていました。あの子が中学二年の時に、母親が亡くなって、私もひどいショックを受けて、そのイライラをあの子にぶつけていたかもしれません。あの子も、母親を亡くして、いちばんつらいときだったろうに・・・」

「おじいさんも、本当に大変だったんですよね。子どもがまだ小さい時に、奥さんに先立たれて…。
でも、娘さんも、きっと同じだと思うんです。
離婚したうえに、子どもが不登校になる、決して、離婚が原因で不登校になったとは私は思いませんが、きっと娘さんは、そのことでも自分を責めているだと思います。
そんな時におじいさんにまで『おまえの育て方が悪い』と責められたら、どんなにつらいでしょう。
今、娘さんに必要なのは、おじいさんからいろいろ言われることではなくて、
『おまえも、大変だな。身体に気をつけろよ』と、まず今のつらさを分かってもらうことじゃないでしょうか」


その後、自分が母親をねぎらうようにしたら、母親も少し表情が穏やかになり、孫を叱ることも減ってきた、と言われました。

そして数ヵ月後、孫は再び、学校へ行くようになりました。
以前は、おじいさんに全く心を開かなかったのが、今は、何か困りごとがあったら、よく相談しに来るようになったそうです。


今現在、苦しくて、SOSを叫んでいる人(それが、子どもであっても、大人であっても)に対して、周囲が責めたり、非難したりして、傷口に塩を擦り込むようなことは、決してしてはならないと私は思います。



***


「子育てハッピーアドバイス」にも書いてあって、私もこのブログに書いていて(こちら)、
ダブルのですが、
書いていたのに、忘れていました^^;





「子供の相手をしていると、カッとなってキレてしまう。どうしたらキレなくてすむのでしょうか?


・ 子供に非現実なことを求めてはだめ。
子供の現実とは、
① 子どもは、自己中心的です。(まだ、相手のことを考える能力が育っていません。)
② 子どもは失敗します。(未来を予測する能力が育っていません。)
③ 子どもは言うことを聞きません。(人の意見を冷静に聞く能力が育っていません。)

この3つは次のように言い換えられます。
① 相手のことを考える能力の前に、まず自己主張する能力が必要です。それが、健全に育っている証拠です。
② 失敗によって、さまざまなことを学ぶ機会を得ています。
③ 自立心の表れです。





この文章は、
「子どもの言動を被害的にとってはいけない」
「親が過度の責任感をもってはいけない」
「キレない子どもを育てるには、キレない親になること」と続きます。



まあ紺太郎はもうすぐ9才になるので、
こういう時期をすぎて、まわりの意見を聞くことも学んでほしいです。
でも自己の確立や、失敗して学ぶことや、自立心は引き続き大事なことなので、
私が「(何がなんでも)私の言うことをきかせる」「失敗を先回りしてさせないようにする」
「(失敗して)「だからママが言ったのに~」なんて言う」ことは気をつけたいと思います。



お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

8才10ヶ月で借りた本「ちょんまげのひみつ」「からだはなにからできている」

<2014年3月初旬 8才10ヶ月>


3月の初旬に図書館で借りた子どもの本の記録です。
今回写真を撮るのを忘れてしまいました。
あるのは、この2枚だけ…。
思い出したものは、記録として一番最後↓にamazonで見つけています。



s_1403080013.jpg

s_1403170001.jpg




今回借りた中で、子どもが選んだベスト9です。



1位は
「すべてがわかる!日本の新幹線〈1〉東海道、山陽、九州新幹線 恵 知仁 (著) 汐文社 」です。





こちらはシリーズなので、2巻と3巻も借りてこようと思います。






2位は「時計のひみつ 学研のひみつシリーズ」です。
この本はamazonで探せませんでした。
こちらで目次などを見ることができます。



3位は「地形探検図鑑: 大地のようすを調べよう (子供の科学★サイエンスブックス) [大型本]
目代 邦康 (著) 誠文堂新光社 」
です。





こちらは、地図でつかう「丘陵」「扇状地」などの言葉の説明を写真と図で説明しています。
地図好きなので、面白いようです。


s_1403240003.jpg

最近外食や外出するときは、必ず本を持っていきます。
会話を楽しめればいいのですが、
子どもは待っている間や、食べ終わると退屈してしまうので。



4位と5位は、
「さがしあてたなぞの国 (とおい昔の謎をとく) [単行本]」
「ジャングルにのこるみやこ (とおい昔の謎をとく) [単行本]
たかし よいち (著), 小泉 澄夫 (イラスト)
理論社」

です。





6位は、
「江戸の子ども ちょんまげのひみつ 菊地 ひと美 (著, イラスト) 偕成社」です。







江戸時代の子どもたちの髪型と暮らしを紹介しています。
しかし、今まで不思議に思わなかったのですが、
頭のてっぺんを剃っている「ちょんまげ」ってヘンですね~。
こういう文化があったのは、、面白いです。
兜をかぶると蒸れるからそうなったとか…。


s_1403210039.jpg




7位は、
「はみがきこパニック (おかしな はつめい ものがたり) [単行本]
ヘーゼル タウンスン (著), 松本 光平 (イラスト), 笹川 真理子 (翻訳)
フレーベル館」
です。






8位と9位は、
「からだはなにでできている? (ぼくらDNAたんけんたい 1) [単行本] 」
「みんなもっているDNA (ぼくらDNAたんけんたい 3) [単行本]
フラン・ボルクウィル (著), ミック・ロルフ (イラスト), 柳澤 桂子 (翻訳) 」

です。






こちらは細胞の核や細胞分裂のこと、

s_1403210038.jpg



DNAのことがわかりやすく書かれています。


s_1403210036.jpg


そして、その他の本です。





お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 児童書
ジャンル : 本・雑誌

2年生の3学期終了

<2014年3月26日 8才11ヶ月>


うわっ、もう3月も終わりに近づいています。
早いです!


26日(水曜日)の朝に母が広島へ帰って行きました。
少し寂しいような、、でも自分のペースが戻ってホッとしたような気持ちです。



そして紺太郎の小学校の終業式でした。
これで2年生が終わりです!
ついこの間、幼稚園バスをマンションの前で待っていたような気がするのに、もう3年生なんて…。
早いです。
あまりにも早くて怖いです…。


しかし小学校の春休みって短いです。
特にこちらの小学校は。
幼稚園は15日くらいに3学期が終わっていたのですが、
26日だと2週間もないです。



まあ、ゆっくり楽しく過ごせればいいです。




成績表は、
「よくできる」「できる」「がんばりましょう」の3段階評価ですが、
国語、算数、図工、音楽はあまり変わりませんでした。
国語が一つ「文字の形や筆順、中心に気をつけて書ける」がずっと「できる」だったので、
今回の目標として「よくできる」を目指していたのですが、
残念ながら「できる」のままでした。
結構字はキレイになってきていると思ったのですが…。
3年生でがんばって欲しいです。

体育は今回「よくできる」が増えていてよかったです。


もって帰った図工の作品で私のお気に入りです。
版画の「ねこのえさやり」です。




s_1403260003.jpg



1つ賞状をいただいた絵があるのですが、それはまだ戻ってきていません。
↑こちらは、賞はとりませんでしたが、
何かの代表までは選ばれたそうです。
よくみると雑なところもありますが^^;



先生の言葉に、
「大縄大会で学年新記録を出した時の嬉しそうな表情は忘れられません。
身の回りの整理整頓に気をつけて生活し、
時には教室の皆で使う場所の整理もしていました。
課題に対して、粘り強く取り組む姿勢が素晴らしいです。」
とあって、とても嬉しかったです。


よくがんばったと思います。
一緒に生活していると、「粘り強すぎて」、
「もういいでしょ~」「あきらめてよ~」と時に思ってしまう「こだわりの強さ」がありイラっとしますが^^;、
いい面で伸びていけばいいなと思います。



私は特にせっかちなので、
彼をせかすことが多いので、いい面をつぶさないように気をつけたいです。







お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

長瀞でロープウェイ&荒川舟下り

<2014年3月24日 8才10ヶ月>



24日(月曜日)小学校は卒業式で、1~4年生は登校した後に9時ごろに家に帰ってきました。
いっそのことお休みにしてくれればいいのになぁ。。


母と紺太郎と3人で埼玉県秩父郡の長瀞へ遊びにいきました。


西武鉄道の長瀞駅で降ります。



s_1403240059.jpg



まずお昼ご飯です。
前に母が行って「美味しかった」そうで有隣倶楽部(ゆうりんくらぶ)ところへ連れて行ってくれました。



s_1403240006.jpg


s_1403240005.jpg



雰囲気もよくて美味しかったです。



宝登(ほど)神社にお参りをします。
(母はひざ痛のため、下からお参りをしました。)



s_1403240008.jpg


ロープウェイに乗って、宝登山に上がりました。
(往復大人800円、子ども400円)



s_1403240009.jpg



s_1403240024.jpg



山の上はとてもがキレイでした。




s_1403240013.jpg




今年は梅見に行かなくて、見そびれちゃったな、、と思っていたのですが、よかったです。



s_1403240028.jpg




紺太郎は一人で散歩をしていました。



s_1403240026.jpg





またロープウェイで下りて、
次は荒川の舟下りです。
クーポン券を持っていたので、ショートコースが大人1400円子ども700円でした。




s_1403240039.jpg



こんな舟に乗ります。



s_1403240045.jpg



岩の間を進んでいきます。



s_1403240054.jpg



途中急流があり、水しぶきなどがあがり面白かったです。


s_1403240058.jpg






長瀞は桜や紅葉の季節もよさそうです。
桜は東京より大体一週間遅れで咲くそうです。


舟が終わって、4時前に帰ろうとしたのですが、
紺太郎は「(6時近くの)「急行」に乗って帰る!」とちょっとグズりました。


「そんなに待てない」と言うと、不機嫌に。
自己主張の多い子どもと一緒に出掛けるのはくたびれます…。
お休みの日などにはSLが走っているのですが、
「この日は走っていない」と知って、お昼を食べているときにもちょっと不機嫌でした。
「もうこの子と一緒に出掛けたくない」、、と思ってしまいました。
(でも、出かけてしまいますが。。)




母と3人でお出かけして楽しかったのですが、
子どもの相手は疲れる、、と再び思った日でもありました。




お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

言ってねえよ

<2014年3月21~23日 8才10ヶ月>


紺太郎は22、23日(土、日曜日)と習い事の1泊合宿へ行ってきました。
3人の先生の生徒達が約80名、幼稚園生から大学生まで集まりました。




歌を歌ったり、運動会をしたり、ジェスチャーゲームをしたりしてとても楽しかったそうです。



ただ、夜に部屋で寝ようとしたときに、テレビを見ていた人がいたり、
朝は4時くらいから起きて騒いでいる子がいたそうで、
3~4時間くらいしか寝なかったそうで、
帰ってきたときは、顔に生気がなくグッタリしていました。



帰ってすぐに寝かせて、夕飯に起こし食べてまた寝ました。
あまり睡眠のリズムは崩したくないのですが、仕方ありません。
いちおう先生にメールで報告をしたら、今後気をつけてくださるようです。
(うちの子も含めて)色んな子がいるので、先生も大変だと思いますが、
夜の部屋のテレビは禁止、、などしていただけるとありがたいです。




****


先日大きな買い物をしてしまいましたが(こちら)、
一応「物を減らしたい」願望があり、
いらないものは捨てたり、物を増やさないようにしています。


しかし私の広島の母は「買い物大好き」人間です。
今、我が家に滞在中なのですが、
下着やら、スリッパ、ラーメン、時計、その他、色々と持ってきてくれました。
ありがたいんだけど、、、ちょっとイラッ…。
(食べ物は嬉しいのですが。)

そして熊のぬいぐるみを2つも、、。




いらない…。。


広島で有名なスーパー「イズミ」で特売だったそうで。。
どうして2つも買うんだろう、
1つだっていらないのに・・・。


「もう、こんなもの持ってきて!いらないよ!」
と私が母に文句を言ったら、
紺太郎は「チッ、チッ」と舌をならして私に怒っていました。




紺太郎はとても気に入ったようです^^;
男の子でもうすぐ小3なんだけどなぁ。。





一緒に枕を並べて寝ていました。



s_1403200001.jpg



でも寝相が悪いので、朝には熊には布団がかかっていませんでしたが…。


s_1403210004.jpg






そして名前をつけたようです。
最初は「ベアにい」と「ベアおと(弟)」と仮の名前で呼んでいたのですが、
「アベー」と「ノベー」だそうです。


「どうして?」と聞くと「あててみて」と。
私が適当に「アベノハルカス(←最近できた大阪の高いビル)とノーベル賞?」とあてずっぽうに言うと、
なんと、当たっていました・笑。


アベノハルカスのようなビルを作ってノーベル賞をとるとか。。




ビル作ってノーベル賞がもらえるのかは疑問…。




ここで私が山中教授を思い出して、
「もしノーベル賞をとったら、(山中教授のように)ママを(授賞式に)スェーデンによんでね♪」と言うと、




「う~ん、どうだろう。
たぶん、ママは生きていないよ!」


あ、そう。。



まあいいけど。
夢くらいもたせてくれてもいいような気がしますが…^^;


**



私の母が持ってきてくれたものの一つに紺太郎のパジャマ(トレーナーとズボン)がありました。
丁度合宿があったので、新しい物の方がいいかな?と思い、
それを持っていくことにしました。


でも、、母って柄をよく見ないんですよね。
前も女の子用の柄のTシャツを大量に送ってきたことがあるのですが…。
トレーナーの左胸には水玉模様のハートのアップリケが…。




紺太郎は最初「別にいいよ」と言っていて気にしていなかったのですが、
私はからかう人がいるんじゃないかとちょっと心配でした。



母が「じゃあ、アップリケとかないの?」と言うので、
あるやつが日米の国旗だけ。。




母が2つとも縫い付けてくれました。




s_1403210040.jpg




なんだかすごいパジャマになりました。
どういうコンセプトのパジャマなんだろう…笑。。




***


21日(土曜日)のお出かけの電車の中でのことです。
紺太郎がよくしゃべるので、
母に「この子、よくしゃべるでしょ」と言うと、
母は「今だけよ~、中学生になったら全くしゃべらなくなるから、、」と。



前に紺太郎に私が「大きくなったらあまりしゃべらなくなるのかな…」と言ったときに、
「ボクとママは仲良しだから、大丈夫だもんね~」
と言ったことがあります。


それを母に、
「でもコンタは『ボクとママは仲良しだから大丈夫』って言ってたよ」と言うと、、、



紺太郎は、、
ボソッと、、

「そんなこと言ってねえよ」と。



ねえよ???



ま、、いいけど。
男の子なんて、、、こんなもんでしょう。。



たまに言葉遣いが悪くなったりします。




なんだかくだらないことばかりで長くなってしまいすみません。
先日買ったマッサージ機(こちら)、母が試したら欲しいそうです。
「お金おいていくから買って」と頼まれました。
でも母のところは物があふれているので「ちょっと時間をおいて考えたほうがいいよ」とアドバイスしました。
お付き合いくださってありがとうございました。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

映画「ワン チャンス」「ウォルト・ディズニーの約束」

<2014年3月22、23日 8才10ヶ月>



3月22、23日(土曜日、日曜日)と紺太郎は英語教室の一泊合宿があったので、出掛けていきました。



私と母は映画を見ることにしました。


一つ目は「ワン チャンス」です。



140316_onechance_main.jpg
(画像はシネマカフェより)



イギリスの片田舎でいじめられっ子として育ったポール・ポッツが、オーディション番組に出演し、
ケータイ電話ショップの販売員からオペラ歌手へと転身するサクセスストーリーです。
実話です。



最後は成功すると知っていても、挫折にぶちあたるたびに、ドキドキしてしまいました。
オーディションで(荒川静香がトリノで滑った)「誰も寝てはならぬ」を歌ったときは鳥肌がたちました。



面白かったです!



ただ奥さんが出来すぎ。
1年以上も彼が働かない時期があったのに、夫婦喧嘩にもならないなんて。。
普通だったら嫌味の一つくらい言ってしまうと思う…。



予告です。






2つ目の映画はウォルト・ディズニーの約束です。


7409_l.jpg
(画像はリバティcomより)


トムハンクス演じるウォルトディズニー、「メリーポピンズ」の原作者トラバース夫人を演じるエマトンプソン
二人&脇役がとてもよかったです。


ウォルトは20年間切望していた「メリーポピンズ」を映画化しようします。
ロンドンからロスへ飛んだ彼女はウォルトら映画製作者が出す脚本アイディアを片っ端から認めません。



アカデミー賞5部門受賞のミュージカル映画「メリー・ポピンズ」の誕生秘話です。



こちらとってもよかったです~。



途中から涙がポロポロ。。
私の表現力がなくて、どこがどういい、、と言葉で説明できないのですが…。


以下、少しネタバレになるかもしれません。
まっさらな状態で映画をごらんになりたい方は飛ばしたほうがいいと思います。









彼女の幼い頃の父親へのトラウマが、ディズニーによって癒され、彼女も彼女の父親も救われたような…。
頑なな彼女の心が解け出す様子がよくわかりました。



素敵な運転手さん&物つくりにかける人々の情熱にも感動しました。
メリーポピンズの音楽を手がけたシャーマン兄弟のファンになりました。
シャーマン兄弟は「イッツアスモールワールド」をつくった方々です。




予告です。





ジュリーアンドリュースは「サウンドオブミュージック」は何度も見たことがあるのですが、
私は「メリーポピンズ」の映画を見たことがなかったので、この春休みに見たいです!











お付き合いくださってありがとうございました。
最初エマ・トンプソンをエマ・ワトソンと書いてしまいました。
そして「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の母親役で出た人と勘違いしていました。
あれはリー・トンプソンでした^^:

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

東京タワー

<2014年3月21日 8才10ヶ月>



20日(木曜日)の夜に、広島から母が遊びにきました。
21日(金曜日)は紺太郎と3人で遊びに出掛けました。




最初は紺太郎の希望で「水陸両用バス(スカイダック)」に乗る予定で電話で予約していたのですが、
向かっている途中で「強風のため欠便」の連絡が入りました。




急遽予定を変更して東京タワーへ。
母は高校の修学旅行以来、50年以上ぶりになるそうです。
結婚してからはずっと関東に住んでいたのですが、
「子育てに忙しくて、東京タワーどころじゃなかった…」
そうです。




最寄り駅は日比谷線神谷町駅、大江戸線赤羽橋駅、etcです。




まずお昼ご飯のために、
東京タワーの目の前のTANGOというレストランに入りました。
「室内は予約が一杯で、テラスしかない」とのことでしたが、
そんなに寒くなかったですし(ストーブがあります)、
目の前がドーンと東京タワーなので気分がよかったです。




s_1403210009.jpg


s_1403210008.jpg



いいロケーションなのに値段もリーズナブルです。
紺太郎はシーフードカレーです。
スープとサラダ、ドリンク付きです(1200円)。



s_1403210012.jpg




私と母はお肉とお魚のコースでした。
パン、スープとドリンク付きです(1500円)。



s_1403210014.jpg


店員さんはイケメンで笑顔でしたし、サービスもよかったですし、
美味しかったです!



東京タワーに上ります。
(大人820円、小学生460円)



s_1403210021.jpg




スカイツリーが見えます。



s_1403210016.jpg



お昼ご飯を食べた「TANGO」が見えます。


s_1403210017.jpg





お台場方面です。



s_1403210019.jpg




今いるところは(150m)で、
紺太郎がさらに上の特別展望台(250m)に行きたがって並んだのですが、40分待ちだったので、
「スカイツリーに行ったことがあるからいいでしょ、、」と説得して止めました。


帰りに3人でプリクラ(東京タワーが背景)を撮りました。
紺太郎、いつまで撮ってくれるかな?



いまの「プリクラ」って携帯に画面が送れるんですね。
でも私の携帯(PHS)は「ウィルコム」なのですが、
「ドコモ」や「au」「ソフトバンク」などしか選択肢がなくて、
送れませんでした…。
ウィルコムってマイナーだから仕方ないけど、
ちょっと残念…。
「その他」で手打でいいので入力できればよかったのになぁ。。



増上寺の横を通りました。




s_1403210034.jpg




帰り、地図をみながら駅を目指したのですが、
歩道橋があったので上りたくないので、手前で横断歩道を渡ったら、
紺太郎は自分の中で「ココの入り口」と決めていた所と違ったため、
おおグズリ。。
(私の勘違いで、歩道橋の前に入り口があったのです。)




母には「一人っ子だから、わがまま」とか、
「3人くらいいたら、お兄ちゃんだから見本になるのに」
「このままだったら、●●になる」(イヤな言葉だったので書くのもイヤ)、とか言われてしまいました。



いやいや●●なんてならないもの。
いい子だもの、、、と信じたい。


言霊ってことがあるから、あまりヘンなこと言って欲しくないのですが、
まあ、私がそうならないと信じているからいいかな。。


別の見方をすれば「こだわりがある」といい面で見たいのですが、
愚図られると、こっちも余裕がなくなります。




でも以前の私だったら、こういうこと言われると母に「そういうこと言わないでよ!」と腹を立てていたと思うのですが、
今回は「私はそう思っていないから、、」とスルーできました。
ほんの少しは私も前より成長しているかも…。

結局母はそのまま行って、私と紺太郎が戻って別の入り口から入り
下で待ち合わせをしました。


せっかく楽しいお出かけだったのに、最後がちょっと「…」でした。
帰って落ち着いているときに、言い聞かせました…。



お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

船乗りの壊血病と好きな子に指差し

<2014年3月19,20日 8才10ヶ月>




先日紺太郎はおじいちゃん、おばあちゃん(義両親)に手紙を書いたのですが(こちら)、
19日(水曜日)にお返事がきました。


おじいちゃんの手紙です。


s_1403190004.jpg



写真がボケてわかりにくいのですが、


「昔の船乗りは野菜を食べられなくて「壊血病」になってしまった。
なので野菜を沢山食べろ」


というようなことが書かれています。


おじいちゃん、夫の実家へ遊びに行くと飯の途中にこの話を何回もします。
しつこいぐらい…。
電話でも話します。
ボケちゃったのかしら?と心配したこともあるのですが、
わかっていて、からかって何度も同じ話をしている?ようです。



あとは新聞が貼ってあって、
自給率、維持、消費量、輸入、輸出、穀物、の意味が書かれています。


お父さんは昔塾の先生をしていたこともあるので、
こういうの好きみたいです。




紺太郎はおばあちゃんにこんなことを書いていました。
(写真がまたボケました)



s_1403190005.jpg



ばあちゃんへ
大大大大大大すき!
春休み楽しみだね。早くあそびに行きたいよ。
(中略)
ところでおねがいなんだけど、
「ふなのり しっぱい かいけつびょう」(ぼくが かってに だい名をつけたよ)の話はするな!(手紙でもね)とじいちゃんに言ってね。
でないと じいちゃんには手紙を書かないよ って。おねがい。



と書いていました。


おじいちゃん、おばあちゃんの言うこと聞けばいいけど…。



そんなに「大」すきなんだ^^
受け取ったら喜ばれると思います。



****


20日(木曜日)給食最終日だったので、
クラスで輪になって給食を食べたそうです。
(終業式は26日です。)


隣だったのが、斉藤さん(仮名)という女の子。



1年生も同じクラスでした。
運動会のときに、障害物競走をペアでやった女の子です。


そのときに斉藤さんのお母さんに、
「うちの子、紺太郎くんのこと大好きなんですよ。
だから運動会(の競技)も一緒にできて、喜んでいるんですよ」
なんて話しかけられました。


紺太郎にその話をしたらちょっと照れた顔をしていました。


で、今日給食のときに斉藤さんに「このクラスに好きな子はいる?」と聞かれたそうです。
紺太郎は「いるよ」と言って、
「だれ?」と言われたので、
斉藤さんを指差したそうです。



キャ~、うちの子、、、結構女たらし・笑???


斉藤さんは嬉しそうにニヤニヤしていたそうです。


幼稚園の同級生のTちゃんのことが好きなのを知っていたので、
「Tちゃんと斉藤さんはどっちが好きなの?」と聞いたら、
「Tちゃん」だそうですが…。


私は好きな人に面と向かって「好き」と言えないタイプだったのですが、
紺太郎は指差しができるなんて誰に似たのかな?
高学年になってくると変わるのかも??
でも好きな人には「好き」って言える人がいいので、このままでいて欲しいです。



こういった話を私にしてくれるなんて、まだまだカワイイな、、と思います。
中学とか高校、大学になると話してくれなくなりそう~。



そういえば、この間の授業参観でも
「家で紺太郎くんのことをよく話しているんですよ~。
ペースが合う、、とかで」
と話してくれた女の子のお母さんもいました。



親としてちょっと嬉しいです。



お付き合いくださってありがとうございました。
そういえば前にカラフルなトレーナーを学校に着て行って、「ヘンかな?」と心配していたのに、「似合うじゃん」と言ってくれた女の子は斉藤さんでした。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

ただでさえ狭い部屋に、、

<2014年3月19、20日 8才10ヶ月>



先日たまたまつけていた島崎和歌子とほっしゃんのテレビ通販
「エアリーシェイプ」というマッサージ機を紹介していました。








私はテレビの通販で買ったことはないのです。
でもこのマッサージ機(椅子)は「欲しい!」と思ってしまいました。


産後に太る人は骨盤の歪みから、というのは知っていたのですが、
この椅子に座ってマッサージを受けると、骨盤の位置が正常にもどり、
3週間座っているだけで、ジーパンがブカブカになり「痩せた!”」というというモニターの人が2人出ていました。


私は出産後15キロ太りましたし、
骨盤がゆがんでいるのは自分でもわかります。


こういった宣伝にはのらない自分だと思っていたのですが、
つい、、、買ってしまいました~!



でも、、中古です。




19日(水曜日)に届きました。





大きい…!!





CAMY36UJ.jpg



思ったより大きかったです。
ただでさえ狭い部屋が…。



夫には言っていないのですが、
紺太郎に「パパに怒られるよね…」と言うと、
「100%、、いや1000%、、いや10000%怒られるね」
と言われてしまいました^^;



いつか粗大ゴミになりそうな予感もなきにしろあらず…。


ちょっとやってみましたが、痩せるような気にはならないです^^;
でもとても気持ちいいです。


あぁ、、断舎利を心がけて色々いらないものを捨ててきたのに、、
こんなものを買ってしまった…。
はぁ。。




***

19日(水曜日)はPTA役員のお仲間達とランチをしてきました。
うちの小学校は子ども一人に対して一度は必ず役員をしなくてはいけません。
(委員は広報、環境、成人教育、総務、、と色々あります。)


私は子どもが2年生のとき(今年度)にやりました。
ちょっと大変なこともありましたが、
人に恵まれて楽しかったです。


この間の授業参観の時に2年生の長い廊下を紺太郎と歩いていると、
顔みしりのお母さんに何人も会えて、
「こんにちは~」と挨拶していると、
紺太郎は「ママって、知り合いが多いんだね~」と驚いていました。


学校で笑顔で挨拶ができる人が何人もできて嬉しいものです。
低学年のうちにやってよかったかも、、と思いました。
(幼稚園で一緒の子は一人だったので。)




ランチは楽しくて何度も大笑いしました。
学校のお仕事で会うのと違って色んな話ができました。
私はあまり大人数の集まりは得意じゃないのですが、
楽しめてよかったです。






お付き合いくださってありがとうございました。
20日に広島から母が遊びにきました。連休楽しもうと思います。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 雑記
ジャンル : その他

やりたいことがみつからないあなたへ 松原惇子

<2014年3月18日 8才10ヶ月>




読んだ本の記録です。
「やりたいことが みつからない あなたへ 松原惇子 PHP」です。







ちょっと前に、
子どもが巣立った後、夫は自由な人だし、
私の老後は一人かしら^^;、、
一人で大丈夫?、、なーんてくだらないことを考えたときに、
松原さんの「「ひとりの老後」はこわくない」や似たよった本が目にとまり、
図書館で調べたら著者の↑本があり、借りた次第です。









amazonの本紹介によると、


人生一度きりなんだから、もっと楽しく生きなくちゃ損ですよ! といっても、毎日の暮らしの中には、会社のこと、友人のこと、自分のコンプレックスのこと……悩みは尽きないものです。
本書は、そんな悩み多き女性たちのために、「考え方ひとつで、悩みは希望へとかわるもの」と人生をポジティブに、そしてパワフルに生きる著者が自身の体験を交えながら、あなたの悩みに本音でお答えします。
PHPスペシャル連載「松原惇子さん の『イキのいい女』塾」を単行本化。



だそうです。





とっても面白かったです。
(コンタの習い事を待っている)1時間くらいでサラっと読めてしまいました。



すごく目新しいことはないのですが、
松原さんの口調や書いてあることが、ズバっと言い当てていることが多く、
「そうそう、、言い方がうまいな~」と思ったり、
「プププ」と噴出しそうになったり、
読んでいて楽しかったです。


私の勝手なメモ書きです。
(略、変更あり)


***


「心配性で夜が眠れない というあなたへ」


明日のことが心配で寝られないという人は、明日のことがその人にとって重要だからだ。
心配の原因をたどってみると、たいてい自分をよく見せたいという虚栄心に行き着く。

そう、たしたことないことに、あなたは心を悩ませているのですよ。
生まれつき寝つきのいいわたしでさえ、心配事はたくさんある。
でも、わたしは、心配の原因が「自分をよく見せたい」ことにあると気づいてから、あれこれ考えるのをやめられるようになった。

ある時点から、わたしは人からよく思われなくていい、とはっきりと思えるようになった。
自分を大きく見せようとすることもやめた。
人からどう思われようか、今日もおいしくご飯が食べられたらいいじゃないか、と心から思えるようになったとき、明日のことでくよくよと悩まなくなった。

まわりは尊敬できる人ばかりいるわけではないでしょ。人間的に尊敬できない人たちによく思われたって意味ないじゃないですか。
「うまくいくかしら」と心配するのではなく、「みんなからばかだと思われてもいいわ。わたしは元気に生きていく」と思えれば、知らないうちの眠りについているはずだ。



わたしは寝つきが悪いことが多いです。
去年、小学校である司会をすることになったときに、前日の夜は緊張してあまり眠れませんでした。
今度の春休みは、通学路途中の信号がなくなり通学路の変更があるため、町内のお母さん達を集めて説明会をやります。
一応私が説明する役目になっています。
たぶん前日はドキドキしてしまうと思うのですが、↑の部分を読んで、
なるほど、、と思いました。




***

「やりたいことがみつからない!?」


(仕事も転々として悩んだ時に、)
もっと、自分を発揮できるものがあるのではないか?
一体何をしたら、幸せな人生と言えるのか?答えの出ないまま、40代に突入した。
わたしは自分がほとほと嫌になった。そんなとき、人生の先輩からこう言われた。
「やりたいことがわからない?ずいぶん贅沢な悩みね。あなたは自分のことばかりね。それってシングル女性の典型よ。そんなことで悩んでいるなら、その時間を人のために使いなさい。」
ガッツーン。

このことを契機に、わたしは生まれて初めて、他者に関心をもつようになり、ボランティアで切手貼りや宛て名書きの小さな手伝いを始めた。
心からやりたいことではなかったが、この体験が、仕事と恋人と海外旅行しか関心のなかったわたしを変え、自分でボランティア・サークルを作るまでに至った。
どんなささいなことでもいいから何かやっていれば、おのずと答えはあちらからやってくる。




***

「人見知りをしてしまうあなたへ」

自信のある服装をしているとき、人は堂々としていられる。
あなたにも経験があるのではないかしら?自信のない服装をしているときの落ち着きのなさを。
例えばパーティで、カジュアルでと書いてあったので、通勤着のままで行ったところ、みんながドレスアップしていたとか。
ブーツで食事に出掛けたところ、行った先がお座敷で、ストッキングが伝線していたとか。
あなたが人見知りなのは、内気なあなたの性格のせいではなく、実は、ファッションに問題があった、と言ったら驚く?
人見知りのあなたは、ファッションにこだわらないほうなのではないかしら。
もし、あなたが、初対面の人に自分から声をかけられるような人になりたいと心から望むなら、誰から見ても「いい女」に見える服装でのぞむことだ。
あなたは気づいていないかもしれないが、服装を侮ってはいけない。服装は人格を変える。これ、本当よ。
でも、服装を変えてまで、人とうまく話のできる人になる必要はないのではないだろうか。
確かにパーティなどで、誰とも話せず、ひとりぼっちになるのはつらいことだが、ひとりぼっちの自分を肯定してしまったらどうだろうか。
そう、ひとりぼっちの自分を楽しむのよ。知らない人とうまく会話できない自分を認めて、その自分を楽しむのよ。
無理して自分を変える必要などないですよ。
内気で人と話すのが苦手なあなたはそのままでいい。
ひとりぼっち、その体験があなたをひとまわり大きくするのだから。




前に「フォーマルと服装指定」があって、私はいつもはジーパンなのでスカートをはいてフォーマルのつもりで行ったら、皆さんドレスアップしていて私の格好はただの普段着でとても恥かしい思いをしたことがあるので、
「わかる、わかる」と思ってしまいました。


私は前から人見知りをするときがありますが、
産後太ってからますますそうなったかも。。
外見や服装って少しは関係すると思います。


**

「お誘いの声がかからないというあなたへ」

なぜ、わたしたちは、お誘いの声がかからないと、指名のかからないホステスのように、不安になるのだろうか。
友だちというのは本来、対等な立場であるはずで、気づかいの必要なお客さんではないはずなのに、指名を待つホステスの立場に置かれるのは、自分に自信がない証拠ではないだろうか。
友だちから誘われようが、誘われまいが、自分は自分という考え方さえもっていれば、一喜一憂することはないはずだ。
誘われない幸せというのもあることに気づきましょう。




「指名のかからないホステス」という表現に笑ってしまいました。
そうそう、、そのとおり!
前から大勢の中でポツンと一人ぼっちの気分になる時があるのですが、、
とてもその気持ちを表現していると思いました。




***

「怒ってばかりいる あなたへ」

社会はあなたの親ではないのだから、あなたの言うとおりには動いてくれない。だから、まわりに対して、いちいちイライラするのではなく、関心の的をまわりではなく、自分に向けることが肝心だ。
あなたは自分に関心がないから、人のことでいらいらするのですよ。
怒るというのはエネルギーがある証拠。そのエネルギーをもっと、有効に使おうではあるませんか。怒りのエネルギーはあなた自身の夢にぶつけるべきだ。

あなたは今、夢中になっていることがありますか?
ないでしょ。だから、つまらぬことに対して怒ってしまうのですよ。
さあ、夢中でやれることを探しましょう。習い事でもスポーツでも何でもいい。

わたしは今、31%ある体脂肪計を25%に減らすことに夢中だ。こんなくだらないことでも、夢中になるものがあると、毎日は楽しくなるものですよ。



わかる、、と思いました。

私は子どもを怒ってしまうことが多いのです。
夢がないわけでもないのですが。。
前に加藤諦三さんが、

「子供に「何で出来ないんだ!」といつも怒る親は、実は現実の自分自身に不満な人なのである。 自分の人生に目的がない。だから他人が大切になる。そして自分の心をコントロールできないから、他人をコントロールしようとする。」

と書いているのを読んで、「あぁ、なんだかわかる」と思ったことがあります。



****

「老後が心配で 仕方ないあなたへ」

わたしも30代のころは、老後のことが心配で仕方なかった。
たいした仕事もしていなかったし、結婚もしていなかったので、不安はつのる一方だった。「お金がなくては惨めだわ」と、好きでもない人と一緒になることを考えたり。

先の心配をするというのは、夢や目的をもって生きていない証拠なのである。
運よく今日まで生きて来られたが、来年はわからない。平均寿命まで生きると思ったら間違いですよ。
明日死んでも何の不思議もないのが人生。
だから、先のことを心配するのはばかげているのですよ。
寂しいひとり暮らしだったらどうしよう?
ひとり暮らしの先輩として言わせてもらうが、寂しくないですよ。
今は今しかできないことをするべきだ。今という時間は今しかない。
何でもいいから夢中になるのよ。
心配というのは事態の問題ではなく、こちらのとらえかたにあるとわたしは思う。心配してもしなくても、今日は変わらない。だったら、いい気持ちですごしましょうよ。




文頭に書いた老後のことが書かれていました。
まあ、ホント今から心配してもしょうがないことですね。



***

「まわりから嫌われている というあなたへ」


この仕事につくようになってから、文化人と呼ばれている人と席をともにする機会が多くなったが、そのたびにわたしは「嫌われている」と感じる。
面と向かって何か言われた訳ではないが、空気でなんとなくわかる。わたしとなるべく話さないようにしているのを、いつも感じる。
ニコニコしてないからなのか。
人をクールに見ているのが相手に伝わるのか、理由はよくわからない。
しかし、わたしも20代の娘ではないので、話し相手が見つからなくても、いちいち傷つかなくなった。

あるとき、人生の師である人にその旨を話すと、大笑いされてしまった。
「あなた、今まで、みんなに好かれていると思っていたの?まあ、なんてお嬢さんなの。人は基本的に皆、他人が嫌いよ。あなたを本当に好いてくれるのは親だけ。ああ、おかしい」
「えっ。それって、あんまりじゃない。そんなに世の中、冷たいかしら」
とむきになって言うと、彼女は笑いながら付け加えた。
「嫌われていいのよ。人は勝手なもの。自分に都合がよい人が好きなのよ。あなたは都合いい人じゃないってことよ」
嫌われてもいい。という一言にわたしはハッとさせられた。

考えてみると、その人が、私の世話をしてくれるわけではないし、何か援助してくれるわけではないのだから、好かれなくてもどうってことないのだ。嫌われようが、好かれようが、自分に関係ないのだから淡々としていればよい。


わたしたちは、嫌われることは悪いことで、好かれる人にならねば、というある種の強迫観念をもっているところがある。
しかし、これは真実ではなく、人からの刷り込みなのだ。
人から好かれる必要などない。だから、嫌われたといって落ち込むことはないのだ。


なぜなら、嫌われるということは、まわりの人と違うという証だからだ。
今いる環境の中で、自分が嫌われていると感じるなら、それは、まわりの人があなたにふさわしくないというだけのことで、あなたに問題があるわけではない。



だから、自分を責めたり、自分を変えようとしないでね。人は嫌われて、初めて大人になるんですよ。




ここの部分をを読んで、「あぁ、この本読んでよかった」と思いました。

ちょっと前に「私何かしたかな?」と急にある人から避けられるようになりました。
まあ「去るものは追わず」なので、それはいいのですが、
共通の友人が数人いるもので、その人のことや名前が入ってきます。
名前を聞いたり目にするたび、
イヤ~な気分になります。
自分が小さいな、、と思うのですが…。

「きらわれたくない」
「だれからも好かれたい」
「自分がいい人に思われたい」
と強く思っているつもりはなかったのですが、
そういうイヤな気持ちになることは避けられず、なんとなくわずらわしい、、と思っていました。
いっそその共通の友だちとも付き合わなければ、、その人のことを考えなくてもいいのに、、
という気持ちもチラっと出てきたりして。。


でも、

「人は勝手なもの。自分に都合がよい人が好きなのよ。あなたは都合いい人じゃないってことよ」
「考えてみると、その人が、私の世話をしてくれるわけではないし、何か援助してくれるわけではないのだから、好かれなくてもどうってことないのだ。嫌われようが、好かれようが、自分に関係ないのだから淡々としていればよい。」
「人から好かれる必要などない。だから、嫌われたといって落ち込むことはないのだ。」


になんだかスカっとしました。


また少ししたら別の気持ちがでてくるかもしれませんが、
まあ、それも仕方ないでしょう。



ちょっと元気になった本でした。



お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

増税前の買い物

<2014年3月17日 8才10ヶ月>



4月の消費税の増税(5%→8%)前に買い物をしている方は多いと思いますが、我が家もそうです。


1万円の買い物で300円違うわけですが、
この300円のために買い溜めをしています。



薬やら、化粧品などのほかに日用品もこの土日で(夫に頼んで)沢山頼みました。
(夫は自分で選びたいようです。)



我が家は日用品LOHACO(ロハコ)で頼んでいます。
物流関係の方はお忙しいだろうな…。




17日(月曜日)にドンと届きました。




午前中に洗濯洗剤10箱の後に、
午後3時にトイレットペーパー、水、サランラップなどなど。



CASZT4CF.jpg



そして夜の8時半にもう一箱。
シャンプーやらお米が入っています。重い。。


CA8CEFTE.jpg






4月以降に安い商品を見つけて実は割高になったりして、、^^;




あと習い事に行くのに電車を使っているので、
回数券は買っておこうと思います。
(値上がり分の差額分は払わなくていいそうです。)



郵便も値上がりだから、(はがき52円、 手紙82円)
今ある切手(50円、80円)を使うために、いずれ1円か2円切手も買わなくては。




子どもがやりたがっているチャレンジ(通信教育)も3月中に申し込めば3%分安くなるのだけど、、悩みます~。




何か買い忘れないかな。。




(追記 3月20日)
本も「いつか買おう」と思っていたものは買おうと思います。




お付き合いくださってありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : どうでもいい雑記
ジャンル : その他

感情が変えられないなら行動を変えてみる

<2014年3月17日 8才10ヶ月>



自分にとっていい言葉を聞いたので、自分用のメモ書きです。
書いておかないといずれ忘れてしまうので…。



2月にひろっしゅコーチこと山崎洋美さんのブログ(こちら)を読んでいたら、
ピピっとくる言葉がありました。



相手の行動も気持ちも変えられない。
そして、自分の気持ちも変えられない。
変えられるのは自分の行動だけなんだよね。
それがわかってしまえば、ずい分ラクになれるんだよね~。





なるほど、と思いました。


そして3月になってから私の親業の先生から同じような内容を聞きました。
先生は「どの本に載っていたか忘れたけど、、」と読んだ内容を話してくれました。
↑の内容と同じ話でした。



車の運転をしているとわかるのだけど、
前輪が動けばその方向へ車は行く。


同じように、
人間は、
「行為」と「考え方(思考)」を変えれば、「感情」と「生理的」なものはついてくる、、


と言うこと。



例えば、私が子どもイラつきガミガミ言ってしまうことにつぃて。

このガミガミが子どもにとって良くないとわかっている、
でもやめられない、、という状況だったらなら、

私が子どもイラつき子どもにヒステリックに感情をぶつける前に、
布団の部屋へ行って布団を蹴飛ばす、、という行動をすることに決めるとします。


皮肉や傷つけそうな言葉を言ってしまいそうな時は、
「ばびぶべぼ」と言ってみる(こちらをヒント)、と決める。


感情を変えられないなら行動を変えよう、、ということです。


「自分の思い通りにできるのは自分だけ(他人は自分の思い通りにはできない)」という言葉もいただきました。


「過去と人は変えられない、変えられるのは未来と自分」とうい言葉をよく聞くし、わかっているつもりなんだけど、、
それを自分の中に落としこめていないな、、と思いました。


布団の部屋にはまだ行っていませんが、
「ばびぶべぼ」はたまにそれからやっています。



どういう風にすれば自分の望む自分になれるのか、、
考えていこうと思います。



***


あとTSUTAYAであるDVDが目にとまりました。


「悩みの9割を消す技術 「もうイヤ」は一瞬で消せる 田中 ちひろ」です。
ちょっと悩みがあったので、見てみました。。



(amazonではDVDは探せなくて本しかありませんでしたが、講演会形式のDVDを見ました。)



NLP(神経言語プログラミング)を基にしてのお話です。


感想は、
これを見て悩み事の9割は消えない、、
と思いましたが^^;、
ある点に私はピっと反応しました。


「脳には5つの思考レベル」がある、


1アイデンティティ(自分自身)
2価値観
3スキル
4行動
5環境


です。

これを「うまく切り分ける」ことが必要。
例えば「(単に)行動を変えたほうがいい」と人に言われたのに、
「自分はダメなんだ」という思考をする必要はない、
切り分けろ、、ということです。


私は人から批判や非難を受けると、
それが行動や環境、スキルに対してであったとしても、
「自分はダメなんだ」と自己否定の思考をする癖がある、、
ということに(DVDを見たのとは別に)最近気がつきました。



まあ↑の2~5までを非難されれば、
1を否定されたような気分になるのは仕方ないような気もしますが…。




(このNLPのレベル分け&考え方が正しいことを前提として、)
その癖をDVDを見てさらにわかりました。
『「行為」と「考え方(思考)」を変えれば、「感情」と「生理的」なものはついてくる』なら、、
思考(考え方)が変わると、感情も変わるかもしれません。



あと、「子どもが泣く」と自分が責められている気分になって耐えられなくるのも、
「切り分けた」方がいいと思いました。


↑amazonのレビューの言葉を借りて、

「そして、どんな「悩み」をかかえていようと、
あなたはこの世界にたった1人の大切な存在なのです。
どんな環境に置かれても、どのように扱われても、たとえ間違った行動をおかしてしまっても、
「あなたという存在の大切さと尊さ」は変わらない。
どうか、このことを忘れないでください。」





私も他人に対して切り分けていないところがあるので、気をつけよう。




自分に対しても、そして子どもに対しても
「ありのままの自分(相手)を愛する」って大切なことだと思います。



お付き合いくださってありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

心をそだてるはじめての伝記101人

<2014年3月16日 8才10ヶ月>



16日(日曜日)は私の地区の役員の仕事が午後に外であったので、
紺太郎は一日家で過ごしました。



午前中は「算数おもしろ大辞典」を読みます。



s_1403160001.jpg



うちが持っているのは古いものですが、





新しい版が出ています。






付録のようなものがついていて、それで遊びます。


s_1403160002.jpg






そして「ママ~、伊能忠敬のことが載っているよ~」と言います。



s_1403160006.jpg




去年のGW
千葉・佐原の「伊能忠敬記念館」へ行ったことがあります(こちら)。


こうやってお出かけが何かの興味のキッカケになってくれれば嬉しいです。


ここで私が数日前に買っておいておいた本を思い出して出してあげました。
「決定版 心をそだてるはじめての伝記101人 (決定版101シリーズ) 講談社 (編集) 」です。










探すと伊能忠敬のページもあったのですが、「算数おもしろ大辞典」よりも少ないスペースでした。
(メインの人には数ページのお話があるのですが。)

s_1403160007.jpg





「こういう本があるよ~」と出してあげると、
読みはじめました。



s_1403160003.jpg


s_1403160004.jpg



私が外出している間も読んでいたようです。
半分くらい読んだそうです。



「誰の話が一番おもしろかった?」と聞くと、
「リンカーン」だそうです。


私も読んでみたのですが、
子どもの頃から働き者で、肌の色で差別する社会に立ち向かった姿に私もちょっと感動してしまいました。
(レビューを読んで知ったのですが、リンカーン関して「偉人ではない」という声もあるようです。)




一人数ページですが、世界には世のために役立った人たちが今までこんなにいたんだ、、
というのを知るにはいい本だと思います。



エジソン、ライト兄弟、アンデルセン、ガリレオ、マザー・テレサ、キュリー夫人、手塚治虫、福沢諭吉などなどが載っています。



ちなみに学研からも「はじめて読むみんなの伝記―125人の伝記集! (学研の新まるごとシリーズ) 学習研究社 (編集)」からも出ています。
(haruさん、haruさんのコメントがキッカケで伝記を買おうと思いました。
ありがとうございました^^)








お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

みにくいあひるの子と「やさLOVEばあちゃん」

<2014年3月14,15日 8才10ヶ月>



15日(土曜日)の午後は習い事の英語劇の発表会がありました。
紺太郎のグループはみにくいあひるの子です。



役は母親あひるです。



s_1403150034.jpg



↑寝ている子は池の淵の役目で、池で泳いでいる場面です。



母親の出番が終わると、5行くらいのナレーションもしていました。



s_1403150065.jpg




3学期は練習する時間が少なくて、全体的に途中でつっかえたりしてあまり出来がいいものではなかったのですが、
紺太郎は毎日CDを聞き、多いセリフを一生懸命覚えて頑張ったと思います!





発表の後は一品持ち寄りパーティです。


s_1403150080.jpg





私はこの一品持ち寄りパーティってやってみたかったのですが、
今まで機会がありませんでした。




私が持っていったのは、義母が宅急便に野菜と一緒にいれてくれた手作りこんにゃくで作った甘味噌ごま炒めと、



s_1403150009.jpg




きのこの炊き込みご飯をおにぎりにしたものでした。
(お米2合、なめたけの瓶、シーチキンの缶詰、きのこ適当で炊きます。)



s_1403150012.jpg



おなか一杯になりました。
楽しかったです。



****



14日(金曜日)宅急便(里芋の煮物入り)を送ってくれたおばあちゃんに紺太郎は手紙を書いていました。




s_1403140003.jpg


おばあちゃんへ(やさLOVEばあちゃんへ)
里いも ありがとう。とっても おいしかったよ。
おばあちゃんの りょうりは おいしいよ。
また 作ってね。ポテトサラダでも ぎょうざでも
なんでもいいよ。 ●●(実家の地名)に来てからの
サプライズパーティ(かめい)でもいいよ。
とにかく 作ってね。





「やさLOVEばあちゃん」というのは「優しい大好きなおばあちゃん」だそうです。
私が「「野菜大好きばあちゃん」かと思った」と言うと、
「そういう意味もある~」だそうです。


ちなみに「ママは?」と聞くと、「怒りんぼ三角LOVEママ」だそうです。
怒りんぼでちょっと好きなママだそうです…^^;




しかし、、「サプライズパーティ」ってなんだ・笑??
それも(仮名)って、、ナンなんだろう???



***

14日(金曜日)に作ったレゴの駅です。



s_1403140001.jpg




15日(土曜日)の午前中は朝からずっと「鉄研ミステリー事件簿」の本を読んでいました。







本が好きなようです。
最近学校にも「電車で行こう」のシリーズを次々に持って言って、休み時間に読んでいるようです。
私としては休み時間は友達と校庭で遊んでほしいので、
「本は家でも読めるでしょ、学校では外で遊べば~」と言っても、
「ボク、そんなに外で遊ぶのは好きじゃないの、、」
なんて言っていました。。






4月に新刊がでるので楽しみにしています。






あとは星座カルタこちら)で遊んだり、「算数大辞典」の本に夢中になっていました。




s_1403150007.jpg








お付き合いくださっていありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

「ルドルフ ともだち ひとりだち」に泣く

<2014年3月6日~14日 8才10ヶ月>



3月の初旬に子供用に図書館で借り本に「ルドルフ ともだち ひとりだち (児童文学創作シリーズ) 斉藤 洋(著), 杉浦 範茂 (著) 講談社」という本がありました。







2時間くらいかけて一気に読んでいました。


(3月6日)

s_140306rudoruf1.jpg




そして読み終わると泣き出してしまいました。
話の内容が「コワイ」そうで。
初めは一人でヒクヒク泣いていたのですが、
私に抱きついて「ウッ、ウッ」と泣き出しました。



幼稚園のころ「アルプスの少女ハイジ(アニメ)」の映画を見せたときに泣き出したことがあるのですが、
それを思い出してしまいました。
(ハイジが山に帰りたい、、と泣く場面を中心に。)







そこで、私の余計なひと言。
「どうせ本当のお話じゃないんだから~。」



言ってから、「シマッタ…」、、と思いました。
そういうふうに言うべきじゃないな、、と。
紺太郎は「そうじゃない…」なんて言っていました。



彼はお風呂に入ると、機嫌がよくなることが多いので、
お風呂に入れました。
でもお風呂の中でも泣いています。


その日の夜寝るときもお布団に入ってからも話を思い出してグズッていました。


1週間たった13日(木曜日)の夜に寝るときも、、「あの話、、コワイ、、」と言ってびくついていたほどです。




どんな話かわからないので、
私も読んでみることにしました。
シリーズの最初の本「ルドルフとイッパイアッテナ から読もうと再び借りてきました。








「ルドルフとイッパイアッテナ 」は紺太郎が読んで「コレ、おもしろいよ」と言っていた本です。
一部が小4の国語の教科書に載っていたことがあるらしく、
amazonのレビューが「ネコから学ぶ哲学」などと、とてもいいです。


14日(金曜日)に電車で出かける用事があったので、行き帰りで2冊とも一気に読んでしまいました。


とても面白かったです。



ルドルフ岐阜に住む小学生のリエちゃん家に住む飼い猫です。
しかしひょんなことからトラックに乗って足立区へ来てしまいしまいます。



そこで出会った1匹のノラ猫
「名前は?」と聞くと、
「(ノラなので出会う人が色んな名前で呼ぶので)いっぱいあってな・・・」と言うと、
イッパイアッテナ、って名前なんだ~」と勘違いしてしまいます。



ルドルフはイッパイアッテナから色々なことを学びノラ猫として生活していきます。

イッパイアッテナから字まで教えてもらいます。


この本はルドルフが書いたものを(著者の)斉藤洋さんが清書した形になっています。


「ホントの話じゃないから~」はホントに余計なひと言だった~^^;


ルドルフはなんとか1年3ヵ月後に岐阜へ帰ります。
(以下、ネタバレがあります。)



すると、リエちゃんの家に着くと、自分とそっくりな猫がいるじゃないですか。
それも、名前がルドルフ。
1年たっても帰ってこないので、
ルドルフに似た猫(新しく生まれた弟)を飼いはじめていたのです。
兄弟の中から2匹のどちらかで迷っているときに、お母さんが「2匹は飼えないから1匹選びなさい」と言っていたと聞きます。


「2匹は飼えない…。」


ルドルフはリエちゃんに会わずにまた足立区へ戻っていきます。
そこで話は終わっていました。


コワイ、、と言っていたのはどういうことだったのだろう…。
せっかく苦労して家に戻ったのに、
自分の居場所がなかった、
自分を待ってくれている人はいなかった、、
ということなのかしら…。


「コワイというより、悲しいのかな、、」と聞くと、「そう…」と言っていました。



まあ、彼にはイッパイアッテナや他の友達ネコがいたのですが…。



一番信頼している人に裏切られることもある、、という怖さなのか…。
(「裏切る」という言葉が適切かわかりませんが。)
昔から読解力がないので(国語が苦手でした)うまく言葉にできません。



紺太郎が「コワイ」「悲しい」「寂しい」と思う気持ちに付き合ってあげようと思います。



児童本、、とタカをくくっていたところがあったのですが、面白い本でした。
続きがあるので読んでみたいです。









***


ここ1週間寝るときに怖がったときに、
「そういえば幼稚園のころ、やはり怖がっていたときに子守唄代わりに「ふるさと」を歌っていたな~」と思い出しました(こちら)。


歌っていたことをすっかり忘れていました。
歌ってみると2番と3番の歌詞があやふや。。


そういえば「Go to sleep」という歌も歌っていたな~と思い出したのですが(こちら)、
歌うと、1行目と最後しか歌詞を覚えていませんでした。


忘れるペースが早いです…^^;


久しぶりに歌ったのですが、
少し気持ちが落ち着くようで、よかったです。



お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

2回目のDWE

<2014年3月12日 8才10ヶ月>



子どもが2才のときに、ミッキーの英語DWE(ディズニーの英語システム))を中古で揃えました。



メインプログラム(ビデオ12巻、テキスト12冊、CD、etc)と、
シングアロング(歌のビデオ4巻)と
トーキングカード(カードリーダー、英単語のカード510枚)です。


2012年の6月に1回目が終わったのですが(こちら)、
14日(水曜日)に2回目が終わりました。




s_1403120001.jpg
(部屋がちらかっています。)



やった~!という達成感があります。


2回目は12巻やるのに1年9ヶ月かかっています。



英語の力がついているかは謎…苦笑。
かなり適当にやっているので。。
(CDから質問がくると、答えの本を見て言っていたりします。)



DWEのCMの子どものように、
紺太郎がペラペラと話しているのを見たことないし。。
(今習っている英語劇でのセリフは言っていますが。)


でも「継続は力」の言葉を信じたいです。


米原万理さん(ロシア語の通訳)が子どものころに小4か小5くらいまでプラハにいたのですが(こちら)、
ロシア語はお仕事にするくらい覚えています。
でも小2?くらいだった妹さんはロシア語は帰国後に忘れてしまったそうです。


できたら、小4か小5くらいまで続けたいです。



せっかく2回やったので、3回をめざします。
(なんだか意地。。)



CDから流れる英語は、「●●(グーフィの首輪)を赤にぬって」などワークブックでの塗り絵の指示が多いのですが、もう塗ってあるので、
聞くだけにしています。
1回目はCDをいちいち止めて塗り絵をしなければならず、
1レッスンをやるのにとても時間がかかりました(1回1時間~1時間半)。
今回は1レッスンは30分から1時間以内に終わっていました。



幼児期にやるつもりで買ったDWEですが、
とにかく「めんどくさい」ものだったので、なかなか続きませんでした。
そのとき、「曜日を決めてやられたら?」のまりっぺさんのコメントをいただいて、
続けることができました。
今はブログを読んでいらっしゃらないかもしれませんが、
まりっぺさんのおかげです~。
ありがとうございました。



今もメンドクサイのですが、、
ビデオは楽しくて、見ていると笑っているし、
子どもが楽しんでいるうちはやりたいと思います。




お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

震災の日に、絵本「ひまわりのおか」

<2014年3月11日 8才10ヶ月>



3月11日(火曜日)、震災の日から3年がたちました。
紺太郎の小学校では2時46分に黙祷をしたそうです。


いまある命が「あたりまえのものではない」ことを再び確認する日でもあります…。


こんな日に1冊の絵本に出会いました。


「ひまわりの おか(いのちのえほん) 葉方 丹 (著), ひまわりをうえた八人のおかあさん (著), 松成 真理子 (イラスト)  岩崎書店」です。






テレビなどで、宮城県石巻市立大川小学校の名前を聞く方は多いと思います。


amazonの内容紹介です。

宮城県石巻市立大川小学校。
東日本大震災による津波で、全校児童108名の七割に当たる、74名が行方不明・命を落とすという悲劇に見舞われました。
本絵本は、津波でお子さんを亡くし、言いようのない悲しみの底にありながら、なんとか前向きに生きていかねばと、小学校そばにひまわりの種を植えはじめた8人のお母さんたちによる絵本です。
ドキュメンタリーを撮るために現地へ行っていた作家・葉方丹さんに託された、お母さんたちからの手紙。
そこには、辛い悲しみと同時に、子どもたちへの愛情あふれるメッセージが詰まっていました。
絵本作家・松成真理子さんも現地へ赴き、お母さんがたの話に耳を傾け、それぞれの思いや願いをすくい上げ、絵本という形にしました。
この8人のお母さんのほかにも、震災でお子さんや親しい人を亡くし、深い悲しみを抱える人はたくさんいます。また今回の震災ではなくとも、同じような喪失感や悲しみを心に持つ人も大勢います。
そんな方々の心に、少しでも寄り添うことができたらとの願いで、この絵本を出版することにいたしました。また、この絵本の売り上げの一部を、東日本大震災義援金として寄付いたします。




絵本の中で子どもたちが生き生きと描かれています。
明るく、優しい、将来の夢を語る、お母さんが大好きな子ども達です。


読んでいて涙が出てきました。



あとがきにこんな言葉がありました。

「ひまわりは、日々、大きくなっています。
お母さんたちは、ひまわりの世話をしながら、ひまわりに語りかけています。きっと、子どもたちと話しているのです。
ネイティブ・アメリカンの人たちは、「この世の中、誰ひとり私のことを思わなくなったら、私の姿は消えてしまう」と信じていました。
人は、人を想うこと、人に想われることで、生きていけるのです。
お母さんたちは、いつもどこでも、子どもたちのことを想っています。
子どもたちは、お母さんといっしょに生きています。
こんなかわいい子たちがいたんだよ。
こんなやさしいお母さんたちと、ずっといっしょなんだよ。
絵本で伝えたかったのは、このことです。」




「こんなかわいい子たちがいたんだよ。」
に胸がつまりました。




ニュースで見る「死者1万5884人、行方不明者2633人(2014年3月10日時点)」の数字は見慣れてきてしまっているのですが、
この中にかけがえのない一人ひとりがいたことを忘れてはいけないと思いました。




この絵本が、50年後も100年後もずっと読み継がれていけばいいな、、と思いました。




お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : **本の紹介**
ジャンル : 本・雑誌

鉄道博物館で「運転士教室」と「ミニトレイン」

<2014年3月9日 8才10ヶ月>



9日(日曜日)は紺太郎の希望で、さいたま市(大宮)にあります鉄道博物館へ行きました。



最寄り駅は大宮駅からニューシャトルで一駅、鉄道博物館駅(大成)駅です。
入場料は大人1000円、子ども500円です。




今まで行ったときはお昼くらいに着いていたのですが、
ミニトレインの整理券がすべて配布済みになっていたので、
10時の開館とともに入って整理券をもらいたい、、とのことで、
がんばって早めに行きました。




9時40分くらいに着いたのですが、行列がすでにできていました。



s_1403090024.jpg

↑天井がスジ(ダイヤの線)になっています。




↓床は時刻表です。


s_1403090025.jpg





10時の開館とともに入り、無事整理券をゲットしました。
でも、、それでも13時30分からです。


s_1403090026.jpg




機関車のシュミレータの整理券も配っていたので、もらいました。
こちらは16時30分です。



s_1403090031.jpg




ボランティアガイドツアー
があったので参加しました。
参加してよかったです。
とても効率よく回れました。



まず車両デザインができるコーナーです。


s_1403090029.jpg




形や色や窓の形を指定できます。

s_1403090030.jpg






最後にプリントしてくれます。


s_1403090032.jpg




ボランティアのおじさんの説明を一生懸命聞いていました。



s_1403090036.jpg


s_1403090039.jpg



3階のデッキに連れて行ってくれました。
はやぶさとスーパーこまちの連結電車が窓の外を走ります。


s_1403090043.jpg




写真つき時刻表があるので、いつどの電車が走るのかわかりやすいです。
屋上にもあります。


s_1403090046.jpg




11時からのジオラマショーを見ます(約10分)。


s_1403090052.jpg



1階の展示を回ります。


s_1403090055.jpg



日本初の機関車です。


s_1403090058.jpg



弁慶号です。


s_1403090062.jpg



寝台車です。
私が小学校の頃はよくこれに乗って夏休みに祖父母宅の広島へ遊びに行っていました。
なつかし~。


s_1403090078.jpg




国鉄時代の路線図です。
当たり前ですが、今よりすごく線が少ないです。


s_1403090082.jpg




0系新幹線です。


s_1403090085.jpg




座席が懐かしいです。


s_1403090090.jpg




昔の時刻表です。昔は新幹線も本数が少なかったんですね。


s_1403090091.jpg




お庭でボランティアガイドが終了しました。11時30分過ぎでした。
おじさん、ありがとうございました。



ミニはやぶさに乗ります。(無料)


s_1403090099.jpg



12時に展示の機関車の転車台が回るショーがあります。
機関士役が、さっきボランティアガイドをしてくださった方でした。
手をふってくれました。





お昼ご飯です。
前回は一度博物館を出て、目の前のコンビニでお昼を買って安くすませましたが、今回は駅弁を食べることにしました。
「800円までね~」と言っておきましたが、
なんだか流れにのって、1200円のスーパーこまち弁当を買うことに…。



s_1403090113.jpg



中身はあんまりはいっていませんが、本人は大喜びでした。
新幹線が見られるデッキコーナーで食べました。


s_1403090114.jpg




行きたいコーナーへ行って遊びます。


s_1403090116.jpg



13時30分にミニトレインへ行ったのですが、
車両の不具合があったそうで、とても混んでいます。
14時から「運転教室・初級」(40分、500円)を申し込んでいたので、
「後で来る」と判子を押してもらいました。




運転教室はとてもわかりやすかったです。白手袋をもらいました。


s_1403090128.jpg




ミニトレインに戻って乗りました(200円)。



s_1403090132.jpg




満足したようです。


s_1403090134.jpg





本物の電車のシュミレータに乗ります。(無料)


s_1403090136.jpg


s_1403090137.jpg




そして16時30分からの機関車シュミレータに乗りました(500円)。



s_1403090138.jpg




こちらの操縦は中学生以上だったので、
私が運転しました。
紺太郎は助手として、汽笛を鳴らしたり、
偽物の石炭を釜に入れたりしていました。



閉館は18時ですが、次の日に学校があるし、
(任意の)日記の宿題をやるというので、家に帰ってきました。



紺太郎はとても楽しかったそうです。
私は(あまり興味がないので)疲れましたが、嬉しそうな顔を見られてよかったです。




お付き合いくださってありがとうございました。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 育児

まったり土曜日と「鉄道を科学する」

<2014年3月8日 8才10ヶ月>



8日(土曜日)は家でゆっくり過ごしました。



紺太郎はレゴで駅を作っていました。
最近のブームです。
今回はホームに屋根がついています。


s_1403080005.jpg





地図帳を見るのが好きです。
幼稚園時代におじいちゃんからもらった地図帳です。



s_1403080011.jpg




新しい版はこちらです。







「鉄道を科学する」を読んでいました。
まだ難しいと思うのですが、「おもしろい」そうです。



s_1403080012.jpg







路線図を書きます。


s_1403080014.jpg




書きます。


s_1403080015.jpg




書きます。
パパに嬉しそうに説明していました。



s_1403100001.jpg





2月に学校を休んでいたときに書いた迷路です。
バレンタインの時期だったので、チョコ迷路だそうです。
これも続きを書いていました。
板チョコ迷路、ポッキー迷路などがあります。


s_1403080018.jpg







***


幼稚園のときにベネッセの「しまじろう」をやっていました。
小学校にあがるときにやめたのですが、勧誘の手紙はよくきます。
いつも手紙がくると、紺太郎に見せずに捨てていたのですが、
習い事に一人で行った帰りにポストで見つけてしまいました。



見ると「(チャレンジ)やりたい~!」攻撃が始まりました。


えー、、やってほしくないです。
今は学校の勉強だけでいいと思っているし…。


でも、、「やりたい」「やりたい」とうるさいです。
ネットで調べてみると、Z会、ドラゼミ、ポピー、学研、と比較すると
その中で一番簡単なのがチャレンジっぽいです。


ほか(Z会、ポピー、学研)のものも資料を取り寄せましたが、
見てもあまり興味がないようです。


やりたいなら、やらせるべきか。
悩むところです。
ちょっと様子をみてみます。




お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

8才10ヶ月で借りた本「アホウドリの島」「モグラのもんだい」

<2014年2~3月初旬 8才9、10ヶ月>



2~3月初旬に子ども用に図書館で借りた本の記録です。


s_1402110009.jpg




この中で、子どもが選んだベスト11です。
(「この中から3冊選んで」、、と言ったらどんどん11冊選びました。
まだ続きそうだったので「もういい」とやめさせました。)


1位は「パスワード「謎」ブック -パソコン通信探偵団事件ノート番外編- (講談社 青い鳥文庫) 松原 秀行 (著)
梶山 直美 (イラスト) 」
です。





このパスワードシリーズは好きなようで、借りてくるといつも1位に選んでいます。





2位は「恐竜化石のひみつ (学研まんが 新・ひみつシリーズ) 金子 隆一 (監修), 小沼 洋一 (イラスト)」 です。





こちらは学習マンガです。
こちらの「学研のひみつシリーズ」も好きなようで、借りてくると大体ベスト3に入ります。




3位は「アホウドリの島―鳥島漂着ものがたり (1977年) (絵本ノンフィクション)川村 たかし (著), 武部 本一郎 」です。






最初ジョン万次郎の話なのかと思ったら違うようで、昔(アホウドリの生息地の)鳥島に漂着した方は多いようです。


この本は、
遠州(静岡)から1719年に漂着した方たちの話です。
鳥島で20年もの長きに渡ってのサバイバル生活のあと残ったのは12名のうち3名だったそうです。
20年後に島に漂着してきた江戸の17名とともに、伝馬舟で八丈島に帰着を果たします。

そんな話でした。


調べてみると、他にも土佐(高知県)から漂流した野村長平や、
備前国(岡山県)の船(11名)薩摩(鹿児島県)の船(6名)が鳥島に漂着しているそうです。



4位は「大きい1年生と 小さな2年生 (創作どうわ傑作選( 1)) 古田 足日 (著), 中山 正美 (イラスト) 」です。





5位は「モグラのもんだいモグラのもんく (かこさとし大自然のふしぎえほん)かこ さとし (著) 」です。






かこさんの本は面白いようで、好きみたいです。
モグラはどんな生活をしているのかモグラを紹介しています。

s_1403070007.jpg


s_1403070008.jpg



6位は「さんすうくんがやってくる 五味 太郎 」です。





amazonによると、
「五味太郎氏が、子どもに算数の世界をわかりやすく解説。子どもと等身大のキャラクター“さんすうくん”が登場し、「算数っておもしろいんだ」が自然にわかる。読むだけで、算数嫌いが自然になおる本。」
だそうです。


s_1403070009.jpg



7位は「トイレのおかげ (たくさんのふしぎ傑作集) 森枝 雄司 (著, 写真), はら さんぺい (イラスト)」です。






こちらもamazonによると、
「世界中の人が毎日お世話になっているトイレ。人とトイレの長いお付き合いを、歴史をひもときながら写真とユーモラスな絵でたどります。トイレの見方が変わる、面白い場面満載のトイレ尽くしの1冊。 」
だそうです。

s_1403070010.jpg



8位は「うみやまがっせん (こどものともコレクション2009)長谷川 摂子 (著), 大島 英太郎 (イラスト), 上沢 謙二 」





9位は「おこりっぽいやま (ひさかたメルヘン (23))三田村 信行 (著), 武井 武雄 (イラスト) 」






10位は「きんのたまごのほん マーガレット ワイズ・ブラウン (著) レナード ワイスガード (イラスト), わたなべ しげお (翻訳) 」








11位は「ちかちゃんのはじめてだらけ (シリーズ本のチカラ) 薫 くみこ(著), 井上 洋介 (イラスト) 」でした。







今回のベスト11に入っていないのですが、紺太郎が読み終わってしばらく泣き続けた本がありました。
私も読んでみようと思います。
この話はまた後日にします(こちら)。








お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 児童書
ジャンル : 本・雑誌

「好きにしたら」より、と「きって ひねって つなげたら」

<2014年3月6、7日 8才10ヶ月>



紺太郎は自由時間によく私に「今なにするの?」とか「遊んでもいい?」など質問してきたり、
どうでもいいことを「どうすればいいの?」と聞いてくることがあります。
(やりたいことがあったら、一心不乱に勝手にとりくんでいますが。)


あ、、、「指示待ち人間」にしてしまったか??と、、
マズイかも、、と思いました。



ガミガミ「あーしろ」「こーしろ」というお母さんにはなりたくなくて、
気をつけていたつもりだけど、
やることをやらないと、ついガミガミになってしまいます。
7時に夕食で、それまでに宿題、明日の用意、お風呂は済ませて欲しいので、
それならば「何時に~をはじめる」と平日は帰ってから相談をしてるのですが、
そういうことも影響しているのかな。。


息子から「どうでもいいこと」を質問されたときは、
「好きにしていいよ~」
「ご自由に」
と答えていました。


でも「そんなことまで聞くの?」と思うときは、
イラっとして、結構語気を強く「ご自由にどうぞ!」「ご勝手に!」「好きにすれば!」なんて
言っていました。


しかし最近どこかのブログか忘れちゃったのですが、
子どもに「まかせるよ」と言っている、、というようなことを読みました。


これはいい、、と思って、
ここ数日、「これ、どうするの~?」と聞いてきたときは、
「まかせるよ~」と答えています。


なんだか言っているこっちの気持ちが、気分がいいです。


ちょっとした言葉の違いなのですが、こんなにも気分が違うと驚くほどです。
たぶん子どもも違うような気もします。



****

6日(木曜日)にやった図工をその日のうちに持って帰りました。
「きって ひねって つなげると」(開隆堂出版)です。 


s_1403070006.jpg



(簡単なことなので、ほかの子もうまくできていると思うのですが、)
なかなかうまくできているのでは、と思いました。
国旗は夫のラオス、カンボジア一人旅でののお土産です(どうでもいいけどこちら)。



s_1403070003.jpg


s_1403070005.jpg






途中で先生がうまくできている見本として、みんなの前で見せてくれたそうです。
嬉しそうでした。


私もこんなことを書くのはしつこいのですが^^;、
幼稚園のころ「(マイペースでわがままなので)小学校にあがったら(時間制限のある)授業でやっていけないのでは」なんて無記名の鍵つきでコメントをいただいたことがあったのですが、
今のところは何とか大丈夫なようです。多分。。



***


7日(金曜日)大縄大会があり、紺太郎のチーム(10人)が2年生で240回(3分間)で一番だったそうです。
3年生の1位のグループより多かったそうで。




紺太郎は、「うちのチームはつっかえても「ドンマイ!」と声をかけてくれるので、安心して挑戦できるんだよ~」なんて言っていました。



去年も担任の先生が受け持ったクラス(6年)が一番だったそうなので、
先生の指導がいいのでしょう。
体育に力を入れている先生です。


失敗しても「ドンマイ!」の言葉で、安心して挑戦できる、、って使っていきたいことです。
失敗すると「だから言ったじゃない!」ではなくて^^;



あ、
(いつもじゃないけど)「だから(ママが)言ったじゃない!」なんて言うから、
「どうすればいいの?」なんて聞いてくるようになってしまうんですね。
一度この記事をアップしてから気がつきました。
見守って失敗させて学ばせる、、もわかっているつもりでいたのですが。


「ドンマイ~♪」なんて心穏やかに言えないときもありますが^^;、
少し気をつけたいと思います。



帰ってからは「水道管ゲーム」を一人でやっていました。
つなげるのが楽しいようです。



s_1403070014.jpg
(↑右奥はレゴで作った駅です。このパーカーもユニクロです。)




お付き合いくださってありがとうございました。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

仕事も、恋も、人生も! 愛される女性の魔法のことば

<2014年3月6日 8才10ヶ月>



私が読んだ本の記録で、
「仕事も、恋も、人生も! 愛される女性の魔法のことば あきた いねみ (著) ぱる出版」です。








「女性が自分らしく幸せに生きるヒント」や「心美人」と周りから愛される女性になるためのアドバイスが書かれています。


目からうろこ的なものはなかったのですが、
サラっと読めて面白かったです。


以下私のメモ書きです。
(省略あり)
たぶん違うときに読んだら、また響く場所も違うのだと思います。



●ゆっくり歩くことの できる人は、 何事にも 心が込められる人(急ぐことを やめる)



日本は忙しい国だと思います。便利なこと、効率的なことを求めているうちに、忙しい国になってしまったんだと思います。

ゆっくり歩くと先が見えます。ゆっくり歩くと世界が広がります。

急ぐことを止めてみたら…。
競うことを止めてみたら…。
比べることをやめてみたら…。

とっても生きやすくなるはずです。

ゆっくりは日本の心なのです。




私は最近ゆっくりと歩いた記憶がないです。
いつも駅まで「乗る電車まで何分~!」「時間がない」とバタバタと歩いています。
余裕のあるときは、ちょっと気をつけたいです。


●苦手や短所は、 「それもよし」 得意や長所を伸ばす (自分と環境を分ける)


職場での人間関係やお付き合いに関して、自信が持てない女性が多いようです。

私なんて、ダメ。私はデキナイ、と思う限り、チャンスの扉は開かれません。
このタイプの人に、「あなたは、ダメな人間じゃない」「あなたは、デキル人だ」と伝えても、なかなか伝わらないものです。

どうしたらいいか?
それは、「それもよし」と伝えることです。
つまり、私なんてダメ。
私は、デキナイ。
「それでもよし」なのです。


一見、開き直りに似ていますが、違います。「それが、なにか?」ではなく、「それも、よし」です。

苦手や短所は、「それも、よし」として、得意や長所を伸ばしてみるのです。
すると、得意や長所に気持ちが集まり、自信が出てきます。

自分のことが、小さくもなく大きくもなく等身大で、良いところも良くないところも受け入れられるようになったら、次にすることがあります。


自分と環境を分けましょう。




自分と環境を分けるとは、たとえば、自分を変えることができても、子どもを変えることはできません。自分と子どもは別々の存在です。

ただ、子どもに影響を与えることはできます。自分は環境に影響を与えることができるのです。
もちろん、子どもから影響を与えられるように、環境からの影響を自分も受けます。

自分と環境の切り分けができ、お互いの影響を知ったとき、自分と相手は自立した存在になります。


自分をあるがままに受け容れ、自分と相手の距離がつかめる自立した女性は、誰からも愛される存在になれるのです。



自分と環境を分ける、、って難しいです。
つい子ども相手だと「自分の思い通りにしよう」という気持ちが働いてしまいます。
自他分離は気をつけているし、「自分が思い通りにできるのは、自分だけ」とは頭ではわかっているつもりでも、
ついつい、、。



●「カッコよく生きよう!」と 努力する人に、応援は集まる


精神的な自律と、経済的な自立。

幸せになるために、私たちが努力して努めなくてはならないのは、「自立」と「自律」だと感じています。自立とは経済的に持続可能であること、自律とは精神的に何かの対象に依存していないという意味です。




私は「カッコよく生きる」という言葉にはちょっと抵抗があります。
カッコ悪くてもいい、、と思っています。
まあ、カッコ悪くても一生懸命生きることはカッコいいことなんだけど。

「自律とは精神的に何かの対象に依存していない」、、自分で決めて生きる、、ということですね。
「自分がどうありたいか」を常に考えることが大切かな…。

と、書きつつ、
まあズルズルといってしまうことも多いし、
優柔不断で決められないことも多いです。
こういうのは、本当にカッコわるいような…。
妥協もグレーゾーンも必要、、とか思っている自分もいます。
スパっと決められる自分になりたいとも思うのですが…。




なんだかまとまりがありませんが、
お付き合いくださってありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

男の子140cmの洋服って

<2014年3月5日 8才10ヶ月>




息子が今週の習い事(電車に乗って通っている)でトレーナーを忘れてきました。


うちは3着のトレーナーをローテンションで着ています。
残っている1着はもうヨレヨレ。


5日(水曜日)
140cmのトレーナーを2着買おうと思いました。
近所に子ども服が売っているところがあまりありません。


電車に乗って「西松屋」へ行きました。
でも、
140cmの品数がない~!
トレーナー自体もないのですが。。


とってもカラフルな、、、ちょっと派手なものが140cmで1着だけありました。



とても迷ったけど、せっかく来たし、、
と購入。



209円…。



安いっ!


2着買うつもりだったので、
でもこれだけじゃなぁ、、、と近所のユニクロへ。



「GIRLS」と「KIDS」の看板はあるのですが、「BOYS」がない…。


店員さんに聞くと、
BOYSはない、、KIDSのところを見てください、、とのこと。
へー、そうなんだ…。
「でも、男の子のトレーナーは作っていません」とも。。
へー、そうなんだ。。



同じ建物内の無印良品に行っても、XSはあるけど150cm、
子ども服はあるけど、140cmの洋服がない~。


ふたたびユニクロへ。
まあ、一応みると男の子でも着れそうなものを発見。
購入しました。




1500円…。




高っ!



左がユニクロで、右が西松屋です。


s_1403060001.jpg




紺太郎に見せたら、西松屋の方は「えー、コレ~」と不満そう・苦笑。



6日(木曜日)の朝に出しておいたら、
着る時にやはり「え~、コレ~?」と不満そう。
(たいして洋服がないので、私が出したものを着ています。)


「え~、コレ、かわいいと思うよ~」と言ってみると、
着ていました。



s_1403060003.jpg
(↑パーカーもユニクロです。)



うん、、ちょっとカラフルだけど、
かわいいと思う。。



しかし140cmの洋服ってあまりないんですね。
シマムラとか近所にあればいいんだけど。。
あとはネットかな~。





でもネットは送料がネックです。
まあうちには買い物大好きな私の母が広島にいるので、言えば喜んで買ってくれるのでありがたいですが。



6日に学校から帰ってきたら、クラスの女の子の1人に「似合うじゃん」と言われたそうです^^
よかった。


****



先日のコンサート(こちら)で「駅メロ!塩塚博」というCDつきの本を買いました。
5日(水曜日)もエンドレスで駅メロが家に響いていました^^;








本を半分くらい読んだので、
寝るときに、
「塩塚さんはね~、SHのナントカで13曲作ってね~、9年後にナントカ、
塩塚さんはね~ナントカ、
塩塚さんはね~、
塩塚さんはね~」




と塩塚さん攻撃がありました。
そして、
「ボク、こういう(駅メロをつくる)仕事もいいな~」
なんて言っていました。


「そうだね~」と言ったものの、
「もうすでにどの駅も持っているから、
新しい駅ができないと需要がないんじゃないの~」
と余計なひと言。


あ、、子どもの夢をつぶす余計なひと言、、気をつけたいです。。




お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

日本フィルコンサート「線路はつづくよ どこまでも」と「駅メロ」

<2014年3月2日 8才10ヶ月>


3月2日(日曜日)の午後は、池袋の東京芸術劇場で行われた
日本フィルコンサート「オーケストラと線路はつづくよ どこまでも」を聞きに行きました。


nihonnfuliru.jpg
(画像は東京芸術劇場より)


ほとんどの曲が「鉄道」に関係のある親子コンサートです。
鉄道好きの紺太郎にぴったりのコンサートだと思いました。
日本フィルのコンサートは2回目か3回目です。



コンサート会場にはこんな飾りつけがアチコチにありました。


CA6LYKPF.jpg





まず、
「塩塚博 作曲 鉄道交響曲」です。

塩塚さんは駅のホームでの発車メロディの作曲家なのですが、
いろんな発車メロディを組み合わせた交響曲になっています。
世界初演でした。


高田馬場の「鉄腕アトム」やいつも聞いている発車メロディが次々にでてきて、
紺太郎は曲に合わせて頭を動かして楽しんでいました。



そして、SLが走っているのが思い浮かぶような曲「パシフィック231」や、
観光列車のコマーシャルソングだったフニクリ・フニクラ が入っているリヒャルト・シュトラウス作の「イタリアから、ナポリ人の生活」
ヨハンシュトラウス2世の「観光列車」「あまちゃんのテーマ」が演奏されました。



ここで20分の休憩です。
CDが発売されているというので売り場に行くと、
「駅メロ! 塩塚博」という本が販売されていました。
1曲目の「鉄道交響曲」を作曲した塩塚博さんの本です。






紺太郎は「ほしい~」と言います。
でも2000円です。
高い…。


どうしても欲しいと言います。
うーん、、。
この日は夫の実家からコンサートへ行きました。、
冬休み(1月)に夫の実家へ行ったときに、紺太郎から預かっていたお年玉3000円を半てんのポケットに忘れてきてしまい、
ちょうどそれを持っていました。
「お年玉で買うならいいよ」ということで購入。
甘かったかな…。


作曲家(本の作者)塩塚さんにサインをもらいました。


CAB9ODA3.jpg





うちは金曜深夜のタモリ倶楽部で鉄道ネタをやっているときに、気がついたら録画して見せています。
去年の8月に「発車メロディ」の回を家に帰って夜に見てみたら、
塩塚さん、出演していました。



s_1403040002.jpg


s_1403040001.jpg




CDつきの本だったのですが、
帰宅後、家中発車メロディの曲が何曲も流れてリピートさせているので、
イラっ・・・^^;
(1つの例をyoutubeで聞けます)




でも紺太郎は喜んでいるので、、仕方ないというか、、よかったです。
でも、、こんな本を買っちゃって、オタクの道まっしぐらかな~^^;?




コンサートに話は戻します。


2部がはじまり次の曲はドボルザークの交響曲第9番「新世界より」です。
こちらは舞台での国士舘大学の新体操部のパフォーマンスとともに演奏します。



kodomo_c_prof5.jpg

(画像は東京芸術劇場より)


こちらがよかったです~。
バレエ(くるみ割り人形)と一緒のコンサートは(日本フィルで)見たことがありますが、
よく考えたな、、と思いました。
曲だけだと小さい子は飽きてしまうと思うのですが、
バク転や側転、縄とびなど見事なパフォーマンスで、
それだけを見ているだけで、面白いです。


国士舘大学の新体操部は卒業生がシルクドソレイユに入団したこともあるそうです。
見事でした。

そして会場で「線路は続くよ どこまでも」を歌います。

アンコールは「ラデッキー行進曲」
会場中が手拍子になり、とても気持ちよかったです。


楽しかったです~!
紺太郎も「楽しかった!」と言っていました。
日本フィルの親子コンサートはお勧めです!




お付き合いくださっていありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

路線図とかくし絵

<2014年2月28日~3月2日 8才10ヶ月>



2月28日(金曜日)から3月2日(日曜日)までの週末を夫の実家で過ごしました。




せっせと路線図を書きます。




(カメラを忘れて携帯カメラでボケています。)

CAYBSE00.jpg



↑ICレコーダーには3月にやる英語劇のCDを入れて聞いていました。







路線図は彼の中に物語があるようで、楽しそう説明してくれました。



CAV2GQME.jpg




「かくし絵」をせっせと書いていました。
「この中にうさぎが2匹(羽?)と紀伊半島が2つ隠れています」
だそうです。



CAI479XO.jpg


この本の影響でしょう。






おじいちゃん、おばあちゃん、大笑いしていました。



おじいちゃんと「詰め将棋」をしていました。



CAUXYOXY.jpg





自分で考えた詰め将棋の問題もおじいちゃんに出していました(どうでもいいですが、こちら)。





ただ今彼の中で「自主勉ブーム」で、実家に「賢くなる算数 ブラック」を本人の希望で持っていって、やっていました。







そして「おじいちゃんに問題を出す~」とカレンダーの裏にセッセと書いていました。



CAKX50CF.jpg




「9問出す~」と書いていたのですが、寝る時間はとっくにすぎるし、
やめないし、、困りました…。
ガンコです。



あとは畑へ行って泥で遊んだり楽しく過ごしました。
おばあちゃんは泥を投げられても、(私みたいに怒らないで)うまく対処します。



子どもを一人で相手していると、イラっと煮詰まってくることが多いのですが、
助けてくれる人がまわりに人がいると、少し楽です。



楽しい週末を過ごしました。
2日の午後、続きます。



お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード