給食を頭からかぶる

<2013年5月29日 8才1ヶ月>



大した話でもないのですが、
日常の記録です。


5月29日(水曜日)です。



息子はいつも水曜日3時に小学校が終わり、3時20分~30分頃に帰ってきますが、この日は3時35分になっても帰ってきていませんでした。



すると電話がなります。
出てみると、担任の男の先生(大卒3年目)でした。



もしかして下校中に何かあったのか??とドキドキしていると、
「紺太郎くんは帰りましたか?」と。




病気や下校中の事故じゃないのね、と少しホッとしていると、
先生が「あの~、今日の給食の時間のことなんですけど、、」と。



もしかして、ケンカか何かで誰かを怪我させたとか、
怪我したとか?
いじめられたとか、
いじめたとか??




またドキドキして聞いていると、
「ボクが持っているお皿を落としてしまって。
そのまま落とさせればよかったのですが、「受け取ろう」と思って、
手をだしたら、手でお皿をはじいちゃって、
(机に座っている)紺太郎くんに中味がかかちゃったんです。」




それで?



「それで、紺太郎くんの洋服が汚れちゃって。
どうもすみませんでした~!
着替えを持っていたみたいなので着替えていました。」


とのこと。



なーんだ!
よかった怪我とかじゃなくて。。



「全然構わないです。わざわざお知らせくださってありがとうございました。」



と電話を切りました。



すぐに紺太郎が帰ってきました。
詳しく話しを聞くと、
ポークビーンズを頭からかぶったようです。




持ち帰ったTシャツは所々にケチャップがついていました。




最近半袖で登校させていますが、寒いかもしれないので、
ランドセルに薄手の長袖を入れていたので、
それに着替えたそうです。




クラスは大爆笑だったようです。



先生も「ごめん、ごめん、、」と言いながら笑っていたそうです。




給食の時間には「モグモグタイム」というのがあって、
話さないで食べる時間があるそうです。



先生が席を立っておかわりをしていたら、
ベチャクチャおしゃべりしている子がいて横向いて注意していたら、手がすべっちゃったそうです。




紺太郎も笑っていました。
「一瞬何がおこったかわからなかったよ~」と。




「いや~、災難だったね。
でも頭から食べ物がふってくるなんてコントみたいだね~」
と、私もおかしくなっちゃいました。





次の日も、この話を思い出して話題にして笑っています。
しばらく笑えそうです。。





話は変わりますが、
紺太郎は「サイナンってなあに?」「コントってなあに?」と聞いてきました。
災難は説明すると「あ~、その災難ね」と言っていましたが、
他にサイナンがあるのだろうか??




小2って、「知っている」と思っていた言葉を知らない場合がたまにあります。


(29日に)ニュースを見ていても、
「不審火ってなあに?」
「真摯(な対応)ってなあに?」
と聞いてきました。


先日は「リーマンショックってなあに?」と聞かれて、
シドロモドロで答えたことがあります。



そういう言葉は知らないかもしれませんが、
こっちは知っているつもりで使っていても、
知らない場合があるので、実は伝わっていないこともあるんですよね。



幼稚園のころに、
ゴロっとしてご飯を食べているので、
「そんなことをしていたら、躾の厳しいオジサンのいる寄宿舎に入れるよ!」と数回怒っていました。



ネットで友達になったhiromidさんにこの話をメールでしたら、
「たぶん紺太郎くんは『キシュクシャ』の意味がわかっていないと思いますよ」と言われ、、




確認ために、私が「寄宿舎って知っている?」と紺太郎に聞いたら、
「知らない~!」と言われて、、
笑ってしまったことがありました。
なんだ、知らなかったの!?とビックリしました(詳しくはこちら)。



だんだん対等に話せるようになってきましたが、
まだ知らない言葉も多いようです。



そして向こうがもっと大きくなってもっと知識を増やしてきたら、
私もちゃんと対等に話せるようにしていたいです。




****



紺太郎が幼稚園の頃に母が130cmのTシャツを沢山送ってきたことがあるのですが、大きすぎてしまっていました。



「もう(130cmが)着られる」と出してみたら、ほとんどがみんな女の子用のようです。





s_1305250014.jpg




紺太郎も幼稚園の頃だったら大丈夫だったかもしれませんが、
もう小2にもなり、
「やだ~(学校には着られない)」と言っていました。





28日(火曜日)に母にメールで「前に送ってもらったの、みんな女の子用みたいで可愛すぎるよ」と言ったら、
すぐに違うのを買ってくれて、29日(水曜日)に届いていました。
素早い・・・。



s_1305290012.jpg






「新しいのを買って」、、というつもりではなかったのですが…。
ありがたいものです。





でも母も孫の洋服を買うのが楽しいようです。





お付き合いくださってありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

夫は犬だと思えばいい~ 高濱 正伸

<2013年5月 >



読んだ本の記録です。


「夫は犬だと思えばいい。 高濱 正伸 集英社」です。









「夫が人間だからと思うから腹が立つ、だから犬だと思いましょう」
「男と女は別の生き物」だとわかって付き合いましょう、、
「そうすれば許せるでしょ」という
ということが書かれています。
読んではいませんが「男は火星から、女は金星からやってきた」の本と同じ発想かな?










目からウロコ的な本、、というわけではありませんでしたが、
夫婦仲って子どもに影響があることがある、、ということに身が少し引き締まりました。





私の勝手なメモ書きです。
(略あり)



お母さん、お父さんを対象にして講演会を開くようになり、
私は何よりも大事なのは、お母さんの心を救うことだと思い至りました。
そのお母さんたちはみんな「夫が話しを聞いてくれない」と言います。不登校や家庭内暴力に陥った青年たちの話を聞いてみても、お父さんの影が薄いのです。
家庭を絵で描くと、中央にお母さんと子どもがど~んといて、お父さんは端のほうに小さく存在しているだけです。

だから「お父さん、ダメですよ。それじゃあ。ちゃんと女性の話をききましょう」といい続けました。ところがお父さんたちからは、こんな感想をいくつもいただきました。
「先生はまだ本当の答えを出していないと思います。」
「それはあくまで妻側に立った話でしょう」
「男だってつらいんですよ」・・・。

これはお互いさまなんだと気づいたというわけです。
お母さんはお父さんがわからない。
お父さんはお母さんが分からない。

お互いに分かっていないんだから、お父さんだけに「話を聞きましょうよ」と言ったって、「聞いていられませんよ」というのが正直なところでしょう。そこをまず理解しないと、お父さんたちに話は通じません。

その上で、お父さんたちに言ったのは、「話を全部聞かなくてもいい」けれど、「聞こうとしているんだよ」という態度が重要だということです。





(注:上で言う問題のある子の家庭がすべてそうではないと思います。)



**


今、お父さんたちに、お母さんについて分かってほしいのはこういうことです。
子どもが何より好きなのはお母さんです。
子どもにとって、お母さんというのは世界で一番大事なものなのです。
ですから、お母さんの愛情が子どもにちゃんと注がれれば、たいていの問題は解決します。
それなのに、お母さんが愛する子どもに、ついイライラしてNGワードをなげつけてしまうのはなぜでしょう。
愛情をかけているつもりが、甘やかしたり、過剰に守ろうとして子どもをダメにしてしまうのはなぜでしょう。


それはお母さんがあまりにも孤独だからです。少し前までの母親なら、地域に、近所に相談したり、教えてくれる人がいたのに、いなくなってしまったからです。
お母さんは悩んでばかりで心の安定を失っているのです。

何よりお母さんを安心させることが必要です。では、お母さんを安心させるために、おとうさんができることは何でしょうか。
まずはお母さんの話に耳を傾けることです。たとえ理解できなくても、一生懸命聞こうとすることです。それだけでお母さんはスッキリすることができます。
同じ時間を共有することが大切です。「なるほどね」「へえ、そうなんだ」と相槌を打ちながら、ひたすら聞くのです。

それは、お父さんは家族のために協力してくれている。うちのことをちゃんと考えてくれている、ということを行動で示すことでもあります。子どもといっしょに遊ぶのもそうです。そのことでお母さんも、おとうさんはちゃんとやろうとしてくれていると思って、ホッとします。






***



実はごく一部に、とても男性の扱いが上手いお母さんがいます。
男の兄弟に囲まれて育ったり、部活で男子チームのマネージャーをやった経験があったり、男性が多い職場で揉まれてきた女性の多いようです。
男の扱いに慣れているわけです。
彼女たちに共通するのは、「褒め上手だ」ということです。
「さすがお父さん」「お父さん、スゴイね」「お父さんに感謝しなきゃ」「お父さんが言うのだから間違いない」「お父さんならできる」「お父さんと結婚してよかった」・・・、こんな褒め言葉が、臆面もなく口からでてくるのです。


なぜこんなことができるのでしょうか。もちろん、お父さんへの愛情が特別に深いからではないはずです。男の扱いの「上手い、下手」と「愛情の深度」には、相関関係はありません。彼女たちは、男という異性がどういうものが知っているのです。はなから自分と同じ人間とは思っていないから、それこそ男を動物のように扱うことができるのです。


その逆もあり。

女性というのは話した時間の分だけ安心することがあります。「話をうまく聞ける」というだけで、女性からの信頼は一気に増していきます。






***



「孤母社会 母よ、あなたは悪くない! (講談社プラスアルファ新書) [新書]  高濱 正伸 」こちら)でも書いていましたが、







今「子育てが苦しい」と言っているお母さん方が多いのですが、
お父さんが「(否定せずに)話を聞いてくれるだけ」でどれだけ救われるか…。






私も紺太郎が小さい頃、「(子育てが)大変」と言ったときに、
夫は「俺のおふくろも、あんたの母親もみんなやってきたことだ」と言われました。



こういう本がでるくらいなので、世のお父さんの対応って、
うちの夫と似たようなものが多いのでしょうね。




「忙しいパパのための 子育てハッピーアドバイス」などの本にも、
「旦那さんは、奥さんの話を(否定せずに)きいてあげましょう」と書かれていますし。





どういう意見があろうとも、一旦母親の気持ちを受け止めてくれるだけで、
とっても気持ちがやすらぐのに。。





でもその安らぎがないから、ますます子どもにイライラ、、、となってしまいます。






でも妻が夫に求めるだけでなく、
夫だって孤独なんだから、↑のお母さんみたいに認めることが大切なんでしょうね。







ちなみに私はこの本を図書館で借りてきたのですが、リビングに置いていたら、
「オレはどーせ犬だよ!」なんて言っていました。。^^;







あとどうでもいい話なのですが、
ちょっと前にメールで夫に「紺太郎のことで、コレコレこういうことがあった」と送ったら、
「good!」と返信があり、「超上から目線の文章」に切れたことがありました。





「なにが「good!」よ!「good!」なんて犬じゃあるまいし~(怒)!思いやりのカケラもない!」と腹がたったのですが、
この本のタイトルを思い出し、
「やっぱり自分が犬みたいに扱われるのはイヤだわ」、、と思ってしまいました^^;






まあこの本は「夫を人間だと思うから腹がたつ、犬だと思いなさい」ということで、
「犬のように扱え」ということではないので、趣旨は違うのですが。







************************


ついでの最近読んだ他の本の記録です。



「世界基準で夢をかなえる私の勉強法 北川 智子(著) 幻冬舎」です。







ハーバードでも教鞭をとったことがある「ハーバード白熱日本史教室」の著者の勉強法が書かれています。






内容は割愛しますが、「ふ~ん」という感じですぐに読めました。
私はバンクーバーに3回行ったことがあるので、
彼女の最初の留学先がバンクーバーのブリティッシュコロンビア大学(UBC)で、
すごく親近感がわきました。







あとは「否定しない」子育て ~親の「話す技術」「聞く技術」 親野 智可等 (著) 講談社」です。








私は紺太郎が幼稚園生の頃が一番子育てに迷っていまして、沢山「子育て本」と言われるものを読みました。


読んでいて「コレは子どもが小学生になったら読み返そう」と思ったものが何冊かあります。
でもずっとそのままで、小2になってしまいました。



ちょっとこれからしばらく何冊か本箱にあるものを読み返そう、、と手にとったものです。
親野さんは講演会(こちら)にも行ったし、本も他にも読んでいるので、
目新しいことはありませんでしたが、
読んでいると、気持ちが明るくなります。
「お母さん、大丈夫、大丈夫」と応援してくださっている気持ちがわかります。



新しく読みたい本も沢山あるのですが、ちょっと意識して「小学生になったら読み返そう」と思っていた本を読んでみようと思います。
アッというまに時間はすぎていくので。


「強育論」こちら)を読み返しています。
おもしろいです。









長くなりました。
お付き合いくださってありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

きょとん?

<2013年5月28日 8才1ヶ月>




どうでもいい話ばかりなのですが、
日常の記録です。



5月28日(火曜日)の夜にお布団の部屋で電気を消して、
「おやすみ~」と言いながら、紺太郎のほっぺにチュウをしました。



すると彼は「ボクはママにチュウされるのが好きじゃないの。やめて」と言います。


私が「いいじゃない~」と言うと、




「ボクは将来結婚した人とチュウをするの。
だからママにしてほしくないの」と。





あっ、そう・・・^^;



ついしたくなるんですよね~。
でももう小2なので、やめたほうがいいのだろうな…。
外国なんかはしている印象がありますが。




ちょっと前に「チュウは将来結婚した人とするものだ」とチラっと言ったことがあります。
ちゃんと素直に覚えているものなのですね。。





***


ちょっと下ネタ入ります。



お風呂から出たときに、パンツをはく前に、
紺太郎のアレが小さくなっていました。

大きくなったり小さくなったり、場面で変わっています。


紺太郎は「今ね、血はあんまり流れていないの。チ●チ●が、きょとんとしている状態なの」というので、




「きょとん??」




と笑ってしまいました。
アレが「きょとん」って、どんな状況なんだろ。。





***


ちょっと前なのですが、
近所を紺太郎と二人で歩いていました。
近所と言っても、マンションから線路を挟んで反対側なので、普段はあまり歩かない場所です。




するとある一人の女性が話しかけてきました。



「アラ~、あなた!
ついこの間お腹が大きいと思っていたのに、
もうこんなに大きくなっちゃったの!!
ボク、いくつ?」



「(小さい声で)8才です。」



「アラ、アラ~、大きくなって~」
と言いながら行ってしまいました。





う~ん、誰だろう・・・。
知らない人です・笑。



私が紺太郎に「あの人誰だろう。あのオバちゃん、知っている~?」と聞くと、
「知るわけないでしょ!知っていたら超能力者だよ!」と。




ま、それはそうだ・・・。
お腹の中から見て覚えていたら、、超人ですね。






たいした話じゃないのですが、書いていたら長くなったので、
ここできります。





お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

ジャガイモのさぐり掘り

<2013年5月25~27日 8才1ヶ月>




5月25日(土曜日)学校公開日があったので、
27日(月曜日)振り替え休日でした。
25日(土曜日)の夕方から夫の実家で過ごしました。



着いてすぐに(架空の)路線図書きです。



s_1305250027.jpg




今まで沢山の路線図を書いてきましたが、今回はなにやら数字が書かれていました。
駅と駅との距離だそうです。



s_1305260001.jpg





26日(日曜日)です。



おじいちゃん(義父)と将棋です。
本将棋や周り将棋をしていました。



s_1305260006.jpg




紺太郎がコマをふって少ない数字しかでないと、
おじいちゃんは「ざま~、味噌漬け!」などと言ってからかいます。
おじいちゃんは口が悪いのですが、兄弟もいなくて揉まれていないので、
いい刺激なのかな・・・??



テレビで「あほうどり」がでていると「「コンタロウドリ」が出ている~」とか。



たまに「そこまで言わなくても、、」と思うくらい口が悪いときがありますが・・・。。。





いつも紺太郎が行くと嬉しいくせに、
おじいちゃんは、
「キヨミビルでゴロゴロ寝ていればいいのに~、ゆっくりしていればいいのに~、わざわざ来なくても~」
というセリフを毎回必ず言います。



うちのマンションの名前は「キヨミビル」じゃないのに、
なぜか「キヨミビル」と言います。
どこから出てきたのかしら??




まあ、うちの場合は家にいると私がつまらなくなって、
つい出かけてしまうので、実家にきていたほうが紺太郎は「ゆっくり」できるんですけどね…。





池掃除をします。


s_1305260010.jpg





ダンボールで「電車ごっこ」です。




s_1305260015.jpg





近所の方のお孫さんが遊びにきていて、
一緒に自転車で遊びます。
初めて遊ぶ子(小2、女の子)です。



s_1305260023.jpg








おばあちゃん(義母)の畑で「ジャガイモ掘り」です。



s_1305260025.jpg





おばあちゃんが名づけたのですが「さぐり掘り」です。
まだ小さい芋が沢山付いているので、
茎を抜かないで、まわりだけ探って、大きいのだけとります。
(小さいのはそのままで成長させます。)




s_1305260030.jpg





紺太郎は「ダルマみたい~」と喜んでいました。



s_1305260034.jpg




沢山とれて「ポテトサラダ」にしました。
美味しかったです!


s_1305260028.jpg






先月紺太郎が植えたチンゲンサイの収穫です。



s_1305260035.jpg





またさっきの子と遊びます。
池を網ですくいます。




s_1305260036.jpg





この後、その子の家に行って、DVDを見たりトランプをしたそうです。





夜は餃子作りのお手伝いです。
全部にシソを入れていました。



s_1305260038.jpg





そして27日(月曜日)の夕方に自宅に戻ってきました。
(私は27日に自分の習い事があって、26日の夜に一人で自宅に戻りました。
27日の夕方に迎えに行きました。)



27日は庭の隅に一面になっている「野いちご」摘みをしたり、
いちごジャム作りを手伝ったそうです。



おばあちゃんちは楽しそうです。
子どもが子どもらしく過ごせるような気がします。
私と一緒にマンションで過ごしているのとは違います・・・。




あとどうでもいいことですが、
義母宅はとても「いただきもの」が多いです。
土曜日だけでも、あさり、わらび、大量のきゅうり、トマト、、と次々とご近所さんが尋ねてきて。
義母もいつも「ありがとねー」と笑顔で返して、
後日には「美味しかったよ~」と言い、
いただき上手で気持ちよくていいな、、と思います。






お付き合いくださってありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

カレー弁当と学校公開日

<2013年5月25日 8才0ヶ月>



5月25日(土曜日)小学校の学校公開日でした。
1時間目~3時間目までの公開(授業参観)になります。



義母が朝5時起きして、小学校まで来てくれるというので、
紺太郎は嬉しかったようで、
いつもより1時間も早く起きてしまいました。



寝ている私に「ママ~、朝ごはん食べる。トーストがいい。どうすればいいの?」
と言うので、
「冷凍庫からパンだして、オーブンで2分」と言うと、
一人でやってくれて食べていました。



前も一人で食べていてくれたことがあったかもしれませんが、
だんだん手がかからなくなって嬉しいものです。



s_1305250013.jpg

↑パンを置くのに、スープ皿じゃなくて平たいお皿のほうがいいと思いましたが。。
まあいいです。




ジャムは4種類をつけていました。
義母が先日宅急便で送ってくれた「さくらんぼのジャム」がとっても美味しいです!
さくらんぼは近所の方からわけてもらった実の小さな種類のものです。
(どうでもいいけどこちらの木。)






授業参観だから新しい洋服を着させようと思いました。
私の母が幼稚園の頃130cm、とか140cmのTシャツを何枚も送ってきて、「大きすぎて着られないよ!」としまっておいた物を出してきました。




なんだか女の子っぽい~!



s_1305250014.jpg



紺太郎も「やだ~」なんて言っていました^^;




どうしよ!
寝巻きにするにも、、量が多い~!








給食はない日だったので、
三色弁当(鶏そぼろ、卵、絹さや)でも作ろうかな?と思っていました。




でも金曜日の夕飯がカレーで、
「カレーでもいい?」と聞くと
「いいよ~!」と言ってくれたので手抜き弁当です。



「お弁当にカレー?」と前だったら思っていたと思うのですが、
海外の方のブログでお弁当にカレーを持って行く、、
というのを読んだことがあったので、、自分的には大丈夫でした。



簡単なお弁当でした。



s_1305250016.jpg




でもかさばる・・・^^;



s_1305250018.jpg




2つも包みを持たせることになりました。



s_1305250019.jpg






紺太郎は「美味しかった~」と全部食べてきてくれました。





夫と義母と私の昼ごはんは、外で「日本料理」でも食べようと思っていたのですが、
義母が「お赤飯(&お新香)」を作ってきてくれていて、、
急遽簡単なおかずを作りました。
朝早かったのに、、すみませ~ん。。



おかずは「絹さやと鶏ひき肉のごま油炒め」&「人参しりしりこちら)」です。
絹さやとひき肉はお弁当で使わなかったので・・・^^;




2時に非常時の引き取り訓練があり、
それから義母と紺太郎と私で夫の実家にきて週末を過ごしています。
27日(月曜日)は振り替え休日です。





授業参観は義母と私は1時間目から見ました。(算数、国語、道徳)
(夫は2時間目の最後くらいから)
1年生の時はクラスのみんなが「ハイ、ハイ!」と手をあげていましたが、
今度のクラスは手をあげる人が、ほとんど3、4人くらいしかいません。
いつも同じ子です。


紺太郎はあげていました。
だから3時間の間に5回くらいさされていました。



前に「今日だけで6、7回さされた」と言っていたことがあって、
「え~、そんなに!?なんで?」と驚いたことがあったのですが、
やっと訳がわかりました。
(一年生の授業参観では1日で1回か2回さされていただけでした。)




先生も同じ子じゃなくて、違う子を指したいようですが、
手があがらないんですよね・・・。
たまに手をあげていない子を指していましたが・・・。
問題は全然難しくないので、
2年生になると恥しくなっちゃうのかな???
めんどくさ~い、、とか???
つまんな~い、、とか?



1つ先生で気になったことが。
国語(「かんさつ名人になろう」というお話)の時間に先生が質問したのですが、
みんな黒板の文字をノートに書き写していました(結構量が多い)。
先生はみんなに答えて欲しいので、
「あとでノート書く時間をあげます。だからみんな考えて(そして手をあげて)」と言いました。
でも授業の最後まで「ノートを書く時間」はありませんでした。
先生も休み時間になると黒板をすぐに消していました。




要領のいい子は、授業の先生の話の合間などに写していましたが、
3分の1くらいの子はまったくノートを書いていません。
紺太郎も同じく。。




休み時間になって、つい口を出して、「ノート書いていないじゃない?」と言うと、友達に借りて写そうとしていましたが、
借りてもノートは白紙の子が2人。
3人目の女の子で書かれていて写していました。




「先生「ノート写す時間はとる」と言ったんだから、時間をとってください~。」なんて思ってしまいました。




まあ写さなくてもいい内容なのかもしれませんし、
写さなくてもたいした影響はないのかも。。








お付き合いくださってありがとうございます。
同じ学年の1クラスはインフルエンザがはやっていて欠席者が7,8名だったとか。
なので学校公開はそのクラスは中止だったそうです。
こんな季節にもインフルってはやるんですね。。



にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

子どもってくだらないことに夢中になる

<2013年5月22~25日 8才0ヶ月>




前にどこかで読んだのですが、
「男の子って、大人から見ると「どうしてこんなことを?」と思うようなことをすることがある」
というようなことが書かれていました。


消しゴムのカスを集めたり、
牛乳瓶のフタを集めたり。
「くだらない」と他人(大人)が見ると思ってしまいますが、
本人達には真剣なこと。



まあそう言われている(書かれている)ことって多いですよね。
でもそれは男女の区別なく、子どもってそういう所があると思いますが・・。



紺太郎も、最近「やっぱり、こういうところがあるのね」と思うようなことをやっていました。



「えんぴつの芯」集めです。

s_1305250023.jpg




クラスの子のが折れたりするともらっているそうです。



私からすると「集めたからって、何?」と思ってしまいますが、
本人は楽しいようです。




ふでばこを振ると、シャカシャカ音がします。
ふでばこが汚れるから私はイヤだけど。。




25日(土曜日)「学校公開日」があり、義母が家に来たのですが、
その時に筆箱の鉛筆の芯を見て「落としたら大変じゃない?」と言うと、
紺太郎は、「うん、何度も(学校で)拾っている~」とのこと。



え~、時間の無駄じゃない。
授業中だったりすると、困るし・・・。




義母が「なくしたら大変だからどこか閉まっておきなさい」と言ったら、
「うん、そうする~」
と素直に言ってくれたので、
小さな缶を出してあげました。
一件落着。
よかった。。





***


24日(金曜日)の夕方6時すぎに、体操教室から家(マンションの7階)に戻ると、
廊下が夕焼けに真っ赤に燃えていてキレイでした。




紺太郎が「非常階段の外を見てくる~」と言って扉を出てきました。





紺太郎が家に戻ると、
「Cくん(マンションの小5の男の子)が、「エベレスト登山ごっこ~」って、友達と非常階段を登ってきてた~」と言っていました。




思わずクスっ!



6時過ぎてもまだ遊んでいるの?ということはおいておいて、
男の子って小5にもなってそんなことして遊んでいるんだ、、、と。
素直で微笑ましいな~と。



でも考えてみると、
私も小5の頃はまだ空想の世界に生きていたかも。
子どもってそんなものですかね。
そういうことがあるのが普通なのかも。




今、三浦雄一郎さんの80才でエベレスト登山登頂成功の偉業をなしとげたニュースが頻繁に流れているから、
そういう遊びになるんでしょうね。




ちなみに、紺太郎に「エベレストって何m?」と聞くと、
ちゃんと「8848m」と答えていました。




私がとぼけて「あれ、そうだっけ~?8448じゃなかったけ?」と言うと、
「何言っているの!!ニュースであれだけ大きく出ているでしょ!」と言われました^^;
私ポケ~としかニュースを見ていないんですよね・・・。
ちゃんと見ているんだ…。
本で読んで知っていたのだと思いますが。










***


22日(水曜日)は学校から帰ると、
「習ったの~」と30分くらいかけて算数のテスト(私用)を作っていました。



s_1305220001.jpg





私は1分で解いてしまいました。
そんなことに一生懸命にならなくても(私に問題を出しても仕方ない)、、とも思ってしまいます。
私は労力や成果、結果、意味づけ、などを吟味して、
メンドクサイことはやらない、、などという思考回路ができあがっています。



でも子どもって「おもしろい」から「やる」んですよね。
消しゴムのカス集めも、鉛筆の芯集めも、エベレスト登山ごっこも、
テスト作りも、。



子どもってそういうもので、いいと思います。
読んだ本の受け売りですが、
こういうことがたぶん「生きる力」に繋がっていくのかな?






お付き合いくださってありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

8才0ヶ月で借りた本「海外の建設工事に活躍した技術者たち」

<2013年5月 8才0ヶ月>



8才0ヶ月図書館で借りた本の記録です。




s_1305010003.jpg






私が写真を撮ったまま本を並べておいたら、
学校から帰ってきてすぐに読んでいました。



(5月1日)


s_1305010005.jpg




が、、自分の興味のあるものを読み終わると、、
なぜか電車の車庫に・・・。(電車はティッシュボックスです。)
公共の図書館の本ですみません…。。。。。




s_1305010006.jpg





この中で紺太郎が選んだベスト5です。



1位は「電車ものしり図鑑(4) 蒸気機関車・リゾート電車 結解 学 国土社」です。










2位は「海外の建設工事に活躍した技術者たち (土木の歴史絵本) [単行本] かこ さとし (著) 瑞雲舎」です。









借りた本は「海をわたり夢をかなえた土木技術者達」と本の題名が書かれていますが、
アマゾンで検索したら出てきませんでした。
でも表紙の絵と書かれている人物は同じなので同じ本だと思います。



そして、この本は私は1位だと予想していた本でした。
一番最初に手にした本だったので。
機関車には負けたようです…。



そして今ブログを書いていて気がついたのですが、
この本に書かれている「青山士(あきら)さん」って、去年の10月に赤羽の荒川治水資料館へ行ったときに知った(こちら)、
荒川の治水工事の責任者の方だわ。。
パナマ運河の建設にも携わったとか。




「私は
この世を
自分が生まれたときよりも
より良くして残したい」




とおっしゃって立派な方だな、、と思っていました。


彼の話だったら私も読めばよかった。。
あまり最近本の内容は私は見ていないので、気がつきませんでした。
今度図書館へ行ったら読んでみようと思います。



((追記)次の日に紺太郎に聞いてみたら「あ~、そうか!なんか聞いたことがあると思っていた。」と言っていて、
彼も気づいていなかったようです。)




3位は「おやとい外国人とよばれた人たち―異国にささげた技術と情熱 (土木の絵本) かこ さとし、おがた ひでき、 高橋 裕 全国建設研修センター」です。











4位は「分解ずかん〈4〉超高層ビルのしくみ (分解ずかん (4)) [大型本] きよせ そういち (著), なつめ よういちろう (イラスト) 岩崎書店」です。









5位は「分解ずかん〈2〉ひこうきのしくみ (分解ずかん (2)) [大型本] しもだ のぶお 岩崎書店」でした。









この分解ずかんのシリーズは前の「いえのしくみ」こちら)に続いて2回目に借りましたが、
おもしろいようです。








シリーズで色々あるようなので他も借りようと思います。





    




紺太郎は前は「電車の会社で働きたい」という夢を持っていましたが、
最近は「建築家」に変わっています。
借りてきた本で順番を付けるのが「電車の本」と「建築の本」のうち「どっちが上位になるのかな?」なんて密かに伺っています。
今のところ、大体電車の本が上にいくようです。
これから(他のことも加わって)どう変わっていくのか楽しみです。
「おもしろい」と思う順番は、本の内容にもよると思いますが・・・。




お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

森林公園でグラススキー

<2013年5月19日 8才0ヶ月>




5月19日(日曜日)は紺太郎と二人で埼玉県比企郡にあります国営武蔵丘陵森林公園へ行きました。




最寄り駅は東武東上線森林公園駅です。(バス10分)




入場料は大人400円、子ども80円です。



この日の目的は、定期的にイベントになっています木登りとグラススキーに参加することでした。
(今年の予定はこちら





まずレンタサイクルをして運動公園まで行きます。
(3時間まで大人400円、子ども250円)



座間在日米軍の音楽隊
の演奏会が行われていました。
マイケルジャクソンの「BAD」などノリノリの音楽を楽しみました。



s_1305190169.jpg




12時45分のグラススキーに申し込もうとしたら、
10時に1日分の申し込みの受付が行われていて、すでに全部の回が満員とのこと。。
(各回30分前に申し込みするのかと思っていました。)
でもラッキーなことに14時30分に一人キャンセルがでている、、とのことで申し込みが出来ました。
よかった・・・。



しかし、木登りのほうは時間が合わずにできなくなりました。
残念。

(南口入り口を入った所でやっていた木登りです。)



s_1305190167.jpg









ポピーやあやめが咲いています。



s_1305190172.jpg


s_1305190173.jpg





トランポリンもあります。
お昼を食べて、紺太郎は時間まで少しトランポリンをしていました。



s_1305190175.jpg




グラススキーの時間になりました。



装備をします。


s_1305190186.jpg




丘を上っていきます。


s_1305190191.jpg





そうとう腹筋が必要なようです。



s_1305190203.jpg




4回丘の上から滑れることになっていたのですが、
紺太郎は2回でギブアップ・・・。



実は朝から「お腹の調子が悪い」とのことで、
「今日は行くのやめよう」と私が言っていたのですが、
「絶対行く~」と来ていたのでした。。
前日に遊びすぎたかも…。



2回でギブアップしましたが、またいつかやりたいそうです。
大人も参加していて楽しそうでした。



自転車に乗って入り口まで帰ります。



s_1305190205.jpg




そして夕方紺太郎、、吐きました・・・orz。。
やはりこの日は一日家でゆっくりすればよかった。。
(と言っても、紺太郎は聞かなかったかもしれませんが・・・。)



でも月曜日から学校に行き、もうすっかり元気です。
胃腸風邪だったのかな。
私も水曜日の夜から調子が悪かったのですが、
木曜日の夜には治ってきました。



皆さんも体調には気をつけてください~。




お付き合いくださってありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 育児

秩父鉄道「わくわく鉄道フェスティバル」

<2013年5月18日 8才0ヶ月>



前日の日記から一気に10日飛びます。
5月18日(土曜日)埼玉県熊谷市で行われた秩父鉄道フェスティバルへ紺太郎と夫と3人で行きました。



普段のざまき家ですと、土曜日に出かける場合は、
昼まで寝ている夫が起きるのを待って、昼ごはんを食べて出かけます。




しかしこの日は前日に急に紺太郎のお友達から「数人(一人は来月引っ越す子)で午後に児童館で遊ぼう」とお誘いがありました。
紺太郎に聞くと、「両方行く~」とのことで、
オープンと同時に着くように朝早くに出かけました。



実は夫は徹夜明け。。
夜中に仕事して朝帰ってきて、2時間寝ただけで出発でした。
そこまでしなくても、、と思いますが、、。
子どもの為なのか、自分が鉄道が好きだからなのか・・・。
たぶん両方だと思いますが・・・。




場所は秩父鉄道広瀬川原車両基地です。
秩父鉄道・ひろせ野鳥の森駅から歩いて15分の場所なのですが、
朝に3便、車両基地へ直行で行く臨時便が走っているので乗りました。


s_1305180025.jpg






満員です。
乗ったときに、車掌さんの格好をしている方が乗客の中にいて、、
「オタクかしら。。コスプレまでしている。。」と思っていたら、
本物の車掌さんでした・笑。

「中からドアを開けます~」と終点で非常用のドア開け装置を使ってドアを開けていました。



s_1305180028.jpg





こんな風に乗客が降りていきます。



s_1305180038.jpg




ゆるキャラが出迎えてくれます。
一緒の車両に乗っていた方が「去年と同じ(列車の)配列だぜ~」なんて言っていました。
前も来ていて、覚えているんですね…。



s_1305180032.jpg






すぐお隣の線路を(普通の便の)電車が走ります。



s_1305180044.jpg



s_1305180127.jpg




SLの運転室の見学ができます。



s_1305180057.jpg




10時オープンで、10時なのに、この賑わいです。
改めて、「鉄道が好きな人ってこんなにいるんだ~」と驚きです。。



s_1305180062.jpg






電車が展示してあります。



s_1305180066.jpg




子ども向けの遊具もあります。


s_1305180068.jpg




ミニミニトロッコが、30mを行き来するだけなのですが、
20分くらい並びました。



s_1305180083.jpg




紺太郎、、パパに甘えています。
徹夜明けなのに・・・苦笑。
とても暑い日でした。


s_1305180077.jpg



将来もしも紺太郎がグレたら、、この写真を見せようかしら。。
(あと、、幼児のときに、夫がオムツ替えてお尻を拭いてくれている写真も一緒に。。)






私たちの番がやってきました。
アッというまに終わってしまいました。



s_1305180090.jpg




転車台の実演があります。


s_1305180101.jpg



チョロQのゲームです。


s_1305180105.jpg




レッドゾーンに丁度とまるとお菓子がもらえます。
紺太郎はもらえませんでした。




s_1305180106.jpg





各社の鉄道グッズなどが売られています。



s_1305180110.jpg



GWに行った銚子電鉄こちら)の「濡れ煎餅」も売られていました。
「廃線の危機を救った奇跡の「濡れ煎餅」」です。


s_1305180108.jpg






名前シールが作れたので作りました(300円)。



s_1305180116.jpg

s_1305180117.jpg






線路に座ってお昼を食べました。
駅弁も売られていたのですが、12時近くになると売り切れていました。
最初に買っておけばよかったかな。。
ホルモンの入っているうどんやパンなどを買って食べました。



s_1305180123.jpg





フェスティバルを後にします。



s_1305180137.jpg


s_1305180141.jpg


s_1305180146.jpg




ひろせ野鳥の森駅まで歩きました。


s_1305180148.jpg




そして地元に戻り児童館へ行き、友達3人と紺太郎は楽しそうに遊んでいました。
(夫は家に帰って寝ました。)





大忙しの一日でした。





お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 育児

「ブラッスリー ポール ボキューズ」とグリンピーススープ

<2013年5月8日 8才0ヶ月>



5月8日(水曜日)です。
この日は広島から遊びに来ていた母が帰る日でした。




東京駅まで私も一緒に行き、八重洲口の大丸デパートでお昼を一緒に食べました。




場所は、12階のブラッスリー ポール ボキューズ(フレンチ)です。


しかし、
写真を撮ったのですが、
すべて、、
食べた後に気がついて撮ったものです^^;




配膳された時はとってもお皿の上に美しく盛られていたのですが・・・。


ちなみに美しい料理は↑のHPで見ることができます。





前菜、新玉ねぎの丸ごとローストです。


s_1305080265.jpg





母の肉料理は鶏胸肉です。



s_1305080266.jpg



グリンピースのスープ、、
コレが一番美味しかったです!
冷やされています。
(自分ではなくて)人の作ったものは、、美味しい、、と、このスープを飲んで思いました。



s_1305080267.jpg




私の選んだ鯛です。
付け合せのキャベツはロールキャベツになっていて、
中にアサリのリゾット(ミルク風味)が入っていて
これも美味しかったです。



s_1305080268.jpg





デザートです。



s_1305080271.jpg





そして母は駅弁やらお惣菜ををお土産に買ってくれてさよならしました。
なんだか怒涛の一週間でしたが、楽しかったです。



そして、18日(土曜日)に母が宅急便で大量にグリンピースを送ってきたので、グリンピーススープに挑戦してみました。



コトコト煮ます。



s_1305180019.jpg




少量の煮た玉ねぎと牛乳でミルサーを少しずつかけ、コンソメと塩コショウで味付けです。



s_1305180022.jpg







冷蔵庫で冷しました。。



が、、家族にはそれほど評判はよくありませんでした、、、苦笑。




やはりプロの味にはならないです。
こしてないから粒は残りますし、カロリーのことを考えて、
生クリームはチョロっとしかつかっていませんし。



私はまあまあの味だと思ったのですが、、リピはないかな。。
グリンピースご飯や普通に食べたほうが美味しいかも・・・。






お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

スカイバス(2階建てバス)、東京スカイツリー・浅草コース

<2013年5月7日 8才0ヶ月>




5月7日(火曜日)の午前中に、広島から遊びにきている母とSKYBUS(2階建てバス)「東京タワー・お台場」コースをまわった続きです(こちら)。



母が「もっと乗りたい」と言うので、いそいでお昼を食べて12時20分からの「東京スカイツリー・浅草」コースに乗ることに決めました。




チケット代は1800円ですが、
スカイバスの乗り終わった券を見せると200円引き(1年間有効)とのことなので、二人で400円引きで乗れました。



s_1305070171.jpg




↑チケット売り場では午前中も
「「東京タワー・お台場コース」は強風のため運行を見合わせています」と書いてありましたが、バスは運行していました。
朝の時に「やっていないの??」と、看板を見てドキっとしましたが・・・。






東京駅を出発して日本橋方面に向います。
ビルの側面にお花が咲いています。パソナのビルだそうです。


s_1305070173.jpg





コレド日本橋です。


s_1305070176.jpg





コレドというのは造語で「CORE(コア・中心)」という英語と「EDO(江戸)」をあわせて、
「コレド(江戸の中心、日本橋)」と言うことだそうです。





高速道路に入ります。上がギリギリです。



s_1305070177.jpg






東京スカイツリーが見えてきました。


s_1305070180.jpg






隅田川を渡ります。



s_1305070183.jpg




ツリーがどんどん大きくなってきます。



s_1305070185.jpg



s_1305070198.jpg





ふもとまで来ました。
支えの柱は3本で、真正面から見れば左右対称に見えますが、
そうではない方向から見ると、「軸が寄って」いるそうです。



s_1305070201.jpg






スカイツリーを離れ、浅草雷門です。



s_1305070214.jpg





カッパ橋です。
料理人の道具がそろうといわれている場所です。
入り口にはコックさんの人形があり、シンボルになっているそうです。



s_1305070219.jpg




上野駅です。


s_1305070226.jpg




秋葉原に入ります。
AKB48劇場です。


s_1305070230.jpg







電気屋さんが建ち並びます。



s_1305070235.jpg




メイド喫茶もあります。


s_1305070239.jpg






こんなガード下をギリギリで走行します。
初めハ「キャ~」と歓声が上がっていましたが、
段々乗客も慣れてきて最後の方は何も言っていませんでした。



s_1305070242.jpg





日本橋をとおり、また東京駅に戻ってきました。
約70分のドライブでした。


s_1305070254.jpg







その後に、東京駅の地下を横切り八重洲口まで行きました。




s_1305070257.jpg






東京駅の地下のショッピング街は大きいですね。
バスのガイドさんがお菓子ランドのことを言っていて、興味があって行ってみました。
「ぐりこ・やKitchen(江崎グリコ)」「森永のおかしなおかし屋さん(森永製菓)」「カルビープラス(カルビー)」の3社がお店を出しています。
プリッツのご当地の色んな味のものが売っていたりしていましたが、
母にはあまり興味がなかったようで、すぐに出てきました。




紺太郎が小学校から帰る時間もあり(友達が遊びに来る日でしたし)、
大丸の食品街で夕食を買って、急いで帰りました。



さすがに2回も乗ると、、私、、疲れました。。
(夕方に子どもの英語の習い事もありましたし。)
母も夕方にマッサージを受けに行っていました。




でも楽しかったです。
地方に住むかただけでなく、関東に住む方でも楽しいと思います。
いつもと目線が違って見えます!




紺太郎に「2回も乗っちゃった~」と言ったら、うらやましがっていました。
また乗りたいそうです。







お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 東京23区
ジャンル : 地域情報

スカイバス(2階建てバス)の東京タワー・レンボーブリッジコース

<2013年5月7日 8才0ヶ月>





5月7日(火曜日)です。
8日に母が広島に帰ることになっていたので、紺太郎が小学校へ行っている間に母と何をしようか?迷いました。






横浜中華街へ行く、お台場、観劇など色々案がでていたのですが、
イマイチ決まらないでいました。
前日の夜中にある事をひらめいて朝になって母に言うと、大乗り気でした。




スカイバス(2階建てバス)
観光です。




私は夫と紺太郎と2年前に乗ったことがあります。




「それがいいわ!」とのことで乗ることに決まりました。



東京駅です。



s_1305070099.jpg



乗り場は東京駅前の三菱ビル前です。



s_1305070105.jpg




選んだのは2年前と一緒の「東京タワーレインボーブリッジコース」でした。
(大人1700円)
10時40分の回に乗ります。



s_1305070106.jpg




まず東京タワーです。



s_1305070119.jpg




背が高いので、歩道橋もすぐ頭の上にきます。


s_1305070121.jpg



首都高に入ります。


s_1305070127.jpg




レインボーブリッジです。
この日はものすごい強風で大変でした。




s_1305070129.jpg




フジテレビです。


s_1305070136.jpg




晴海のトリトンスクエアです。
2つのビルの間にあるものは通路なのかな?と思っていたら、
免震のためのものだそうです。




s_1305070143.jpg








新しくなった歌舞伎座です。



s_1305070150.jpg




銀座和光です。



s_1305070154.jpg





有楽町マリオンです。



s_1305070157.jpg





ガード下ギリギリを通ります。


s_1305070161.jpg




帝国劇場です。



s_1305070167.jpg




皇居のお堀の白鳥です。



s_1305070169.jpg




そしてまた東京駅前に戻ってきました。



(パンフレットには50~60分とありましたが)早く回れて45分くらいで終わってしまいました。




この後に、ゆっくり東京駅前の丸ビルででもランチを、、と思っていたら、、



s_1305070101.jpg




母が、
「(アッという間に終わってしまったので)もっと乗りたいわ~」とのこと。
楽しかったようです。





なので、近くのカフェで急いでお昼を食べて、
もう1つコースを乗ることにしました。





なので、、続きます・・・。





お付き合いくださってありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 東京23区
ジャンル : 地域情報

東松山ぼたん園

<2013年5月6日 8才0ヶ月>




5月6日(月曜日・GW4連休最終日)地球観測センターへ行った後の続きです(こちら)。




母が「(ウン十年前に)嵐山渓谷へ行って、とってもキレイだった、、
また行きたい」
というので、東武東上線の武蔵嵐山駅まで行きました。




改札を出る前に駅員さんに聞くと、渓谷までは歩いて1時間、
あとはバスがあるけど、、、とのことでした。
「たぶんバスもそんなに本数がないんじゃないの・・・?(もう午後3時近くだし)」
とのことで渓谷はアッサリ諦め、
駅のポスターにあった東松山ぼたん祭りへ行くことにしました。



下車駅は東武東上線東松山駅です。
お祭り期間中(4月27日~5月6日)はシャトルバスがでていて、それに乗りました。
(大人100円、子ども無料)



入場は大人500円、小中学生300円です。



暑い日なのでカキ氷を買います。


s_1305060041.jpg




約3万㎡の園内に9100本余のぼたんが植えられています。



s_1305060043.jpg





3分の1(約3000株)は3年前に植えられた、、とのことで小ぶりのものが多い印象でしたが、
とてもキレイです。




s_1305060045.jpg


s_1305060048.jpg


s_1305060052.jpg





紺太郎は「花より団子」ならぬ「花よりカキ氷」状態です。



s_1305060055.jpg




最近ふざけてしまいきちんと写真を撮らせてくれません。。



s_1305060061.jpg


s_1305060077.jpg




30分もあればゆっくり歩いて見終わる広さでした。



s_1305060067.jpg


s_1305060080.jpg


s_1305060081.jpg


s_1305060084.jpg

s_1305060086.jpg




ちなみに東松山にはもう1つ箭弓稲荷神社ぼたん園(約3500㎡、1300余株)があります。
そちらの方が狭くて、株数も少ないのですが、
「花が大きくて見ごたえがある」、、とのうわさです。





この日が(広島から遊びに来ている)母が孫とお出かけした最終日でしたが、
紺太郎と一緒に撮った写真を現像してあげると、とても喜んでいました。




そんなGWでした^^





お付き合いくださってありがとうございました。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 育児

JAXA地球観測センター

<2013年5月6日 8才0ヶ月>



5月6日(月曜日・GW4連休最終日)は紺太郎と二人で埼玉県比企郡にありますJAXA・地球観測センターへ行きました。



こちらは前から行きたいと思っていたのですが、
山の上にあり交通の便が悪く、車を持っていない者には行きにくい場所でした。
(東武東上線高坂駅からバス、下車後バス停から徒歩30分)




広島から遊びにきている母の友達が、センターの近くに住んでいて(センターのある山のふもと)(やはりバス停から遠い)、
そこに行く、、ということで、
一緒に駅からタクシーに乗って行くことができました。
(駅から2000円ちょっとでした。)




入場は無料です。



s_1305060003.jpg


s_1305060002.jpg



s_1305060005.jpg




とっても面白かったです!



45億年以上前からの地球の移り変わりの模型です。

(紺太郎の髪がはねています。)

s_1305060010.jpg





地球観測衛星の模型です。


s_1305060018.jpg




衛星を運ぶH2Aロケットです。



s_1305060020.jpg




普賢岳のジオラマです。


s_1305060011.jpg



↑こちらは地球観測衛星「だいち」のデータを白いジオラマに投影して、
普賢岳の平成の大噴火の様子や、避難所、季節の移り変わりなどを見ることができます。


s_1305060012.jpg


s_1305060015.jpg


s_1305060013.jpg






地球が抱えるさまざまな環境問題を画像で見ることができます。



s_1305060016.jpg




同じ画像で、ゲームができます。
地球観測所をめがけてレーダーを発射します。


s_1305060023.jpg




東京の写真地図です。


s_1305060024.jpg








地球観測衛星「だいち」が写した映像を見ることができます。



s_1305060029.jpg




インターネットコーナーです。




s_1305060031.jpg


s_1305060034.jpg



その他、タッチパネルのクイズや地球観測衛星の役割などを映像でわかりやすく見ることができました。




海のプランクトンの量を衛星がわかることにより、魚の位置などを知ることができたり、
植物の「若い」「古い」などが衛星でわかるので、
稲(植物)の発育状態(病気ではないか?など)を知ることができるそうです。
役割はさまざまなんですね~。
知りませんでした。



とっても面白かったです!



「帰ろう」と思った時に、問題が発生。。
私の携帯はマイナーな会社なのですが、
「圏外」になってしまいます。
公衆電話もなく、母と連絡が取れません。。




山道を下りていくと、電波がつながりホッとしました。
母からはメールや留守電が入っていました。



s_1305060037.jpg




25度を超える暑い日でした。。
でも緑の中を歩くのはいいです。


s_1305060036.jpg






バス停までは(↑の道とは違う)ハイキングコースのような所(車が通れない細い山道)を歩くので、
もう少し暑くなかったら気持ちがいいかもしれません。





山を下りたところで、母がタクシーを呼んでいたので、3人で駅まで戻ります。




高坂駅の近くの健康亭というところで昼ごはんを食べました。
お寿司が安くて美味しかった~~。




私は「ジャンボチキン定食」を頼んだのですが、
700円でこの大きさ。
(大きさがわかるでしょうか。でも胸肉でした。私はモモ肉の方が好き…。しかし美味しかったです。)



s_1305060038.jpg




またいつか行ってみたいです。





6日続きます。




***

日付は戻りまして5日(日曜日)は紺太郎の幼稚園の同窓会があり家族3人で参加しました。
1年ぶりに会うので、みんな大きくなっていました。




本当はずっとお世話になった先生が結婚・退職されたので、
「お祝い会」だったのですが、新婚旅行先から飛行機が飛ばずに東京に戻れず、
同窓会になったのでした。


しかし、春休みに「スプリングプログラム」でお会いしたときには、
何もおっしゃっていなかったので、突然で驚きました。



楽しい1日でした。





お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 育児

GW千葉旅行その7、銚子の地球の丸く見える丘展望館&犬吠埼

<2013年5月4日 8才0ヶ月>




GWの旅行5月4日(土曜日)千葉の銚子銚子電鉄に乗った続きです(こちら)。



パーキングに戻り、車で銚子駅を出発します。
醤油のヤマサの工場がありました。






s_1305040482.jpg




旅行から話はそれますが、
ちょっと前に好きだったドラマ「仁」の中で、
江戸時代にヤマサの当主の濱口さんが、
主人公(大沢たかお)に援助して、ヤマサの醤油蔵で「ペニシリン」を作ることに成功した場面があるので、
なんとなくヤマサに対していいイメージがあります^^









ちょっと調べたら、ドラマはフィクションですが、
濱口氏が西洋医学の研究者達の重要なパトロンだったそうです。
その他に、焼失した種痘所の再開の為に300両を寄付したり、
大地震が起きたときに津波から住民を守るために高台に人々を誘導したり、
破壊された街を再建・堤防を築くなどといった事業を私財を投じて行っています。
企業の社会貢献のさきがけのような事をした幕末の大人物の一人だったようです。





話は旅行に戻します。




次に行った先は地球が丸く見える丘展望館です。




下総台地の高所(73.6m)である愛宕山の頂上にあり、
展望スペースからは360度の大パノラマが広がり緩やかに弧を描いた水平線によって、地球の丸さを実感できる、、とのことです。




s_1305040492.jpg





大人350円、小中200円、 65才以上300円です。
銚子電鉄に乗ったときに、つづりの切符の中に割引券が入っていたので、少し安くなりました。



場所の地図です。
(鉄道は銚子電鉄です。)


mapchouhi.gif
(画像は銚子観光のHPより)




実際に丸く見えたかどうかは、、「・・・」でしたが。。



s_1305040488.jpg


s_1305040490.jpg




日の入りが近づいています。



s_1305040484.jpg






母(みーちゃん)は一生懸命に孫(紺太郎)の写真を撮っていました。


s_1305040494.jpg





紺太郎はちゃっかりしていて、
「みーちゃん~、望遠鏡見るから100円ちょうだい~」とねだっています。




s_1305040498.jpg




私か夫に頼んでも「え~」とか「ダメ」と言われるのがわかっているようです・苦笑。





続きまして犬吠崎(いぬぼうざき)へ向かいます。




銚子電鉄の「犬吠駅」を通り過ぎます。



s_1305040503.jpg





着きました。灯台があります。



s_1305040505.jpg





もう日没の時間でした。



s_1305040508.jpg





灯台の周りを一周歩けます。



s_1305040512.jpg


s_1305040514.jpg





灯台の前には白いポストがありました。
灯台の白と合わせているのでしょうか。



s_1305040519.jpg





母が旅行へ行く前から、
「紅子(私)がお腹にいるときに(ウン十年前)、犬吠埼に行ったことがあるのよ~」
と言っていたのですが、



灯台の前の建物を見て、
「そうそう、ココ、、ココに泊まったの!」と思い出したようです。



s_1305040517.jpg






聞いてみると、もうお土産屋さんとレストランだけで、宿泊はやっていないようです。





そこで銚子電鉄を廃線の危機から救った「濡れ煎餅」も売っていました。
(ボケました。)




s_1305040521.jpg



ココでは買いませんでしたが、私も母もちゃんとお土産で濡れ煎餅は買いました。




そして帰途につき、途中のサービスエリアで夕飯を食べ、
夜遅くに家に着きました。



もうちょっと早く着きたかったかな…。
でも仕方ありません。



今回の旅行は母が広島からこちらに遊びに来ることになって、
「どこか一泊で行きたいわね」の一言から始まりました。




夫が計画の全部、車の運転も全部してくれました。
ありがとう。。



いつも我が家は電車で旅行が多かったのですが、
今回は自宅から車(レンタカー)で楽でした。
特に荷物が。



母は最初に佐原駅前の観光協会から始まって、
ストップする場所で「ほとんどすべてでお土産を買う」くらい、
買っていました^^;



観光協会、香取神社、ホテル、博物館、銚子駅前、地球の見える丘展望館、
あと他にもあったような、、




オマケに最後にサービスエリアでも何か買っていた・・・笑。



ついでにその3日後、東京駅に私と遊びに行ったときも「ゴマ玉子」のお菓子を8箱くらい買い込んでいました。








どれだけお土産がいるのねん!






、、、と突っ込みたい。。笑。




なので、羊羹やら、煎餅やら、ごま油やら、ラー油やら、、
重いお土産が沢山あったので、
電車で旅行して、荷物を全部もって移動していたら大変でした。
車でよかった~。




そうそう「ごまたまご」も美味しいですが、今回の旅行で「豆絞り」というお菓子のお土産を私も買いました。
前に友達にいただいて、とっても美味しかったのです。
クッキーの部分がサクサクしていて、とてもピーナッツに合うのです。
お勧めです~。







旅行は母も喜んでいたし、紺太郎も「おもしろかった~」と言っていて
よかったです。



夫婦ケンカもしたけど…^^;




これで旅行記は終わりです。






(いつものことですが、)長いのにお付き合いくださった方ありがとうございました^^




今日(5月16日)小学校の先生の自宅確認訪問がありました。
「学校で楽しそうです」くらいしか話を聞けませんでした。私も特に話はなかったので。
3年目の男の先生なのですが、まだ慣れていない感じで、話すのがシドロモドロで一生懸命でした。
丁度雨が降ってきたので、「傘は?」と聞くと、「近くのコンビニで買います」とのこと。
お貸しすると言ったのですが断られたので、
紺太郎に傘を持たせて(コンビニまで傘を貸して)一緒に行かせました。
初めて先生と二人だけで話したようで、少しの間でしたが、楽しかったそうです。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

GW千葉旅行その6、銚子電鉄に乗る

<2013年5月4日 8才0ヶ月>




GWの旅行5月4日(土曜日)千葉、水郷・佐原「十二橋」を出た続きです(こちら)。




(茨城県の)鹿島臨海工業地帯を横にみながら銚子へ向かいます。
「鹿島臨海工業地帯、、って社会の時間に習ったよな、、、」なんて思いながら…。



s_1305040380.jpg






風力発電機がずっと海岸沿いに並びます。


s_1305040396.jpg


s_1305040399.jpg





銚子大橋です。


s_1305040400.jpg





利根川を渡ります。



s_1305040405.jpg





利根川は広いです。



s_1305040408.jpg





銚子駅に到着です。



s_1305040410.jpg




ここに来た目的は銚子電鉄に乗ることです。



銚子電鉄は銚子から犬吠(崎)をとおり、外川(とかわ)まで路線距離6.4km、駅数10駅を走るローカル線です。
一時は廃線の危機がありましたが、
銚子電鉄の作る「濡れ煎餅」がヒットして、危機から逃れました。




銚子駅の近くのパーキングに車を置きます。
時間節約の為に、
私と母は、母が運転して車で外川(とかわ)まで行く、、という案もあったのですが、
母はレンタカーやカーナビに慣れていないとのことで、
4人一緒に電車に乗って終点まで行って戻ってくることにしました。



一人往復620円です。



JRの駅のホームの片隅に乗り場があります。



s_1305040411.jpg




オモチャのような電車です。




s_1305040412.jpg






小さな駅を過ぎていきます。



s_1305040420.jpg



s_1305040427.jpg




単線なので、途中の駅で反対側の電車を待ちます。



s_1305040430.jpg





キャベツ畑の中を走ります。
色々と電車に乗りましたが地域によって見える風景が違うので、
(電車好きではなくても)おもしろいです。



s_1305040434.jpg



あとこの電車は車掌さんが大忙しです。
下りて、下りた乗客の切符をもらって、




s_1305040436.jpg




走って電車の一番最後まで戻ります。
停車時間が短いので、いつも走っていました。




s_1305040437.jpg





関東で最東端の駅「海鹿島(あしかじま)駅」です。




s_1305040457.jpg






キャベツ畑です。



s_1305040438.jpg






銚子から約25分乗って、終点・外川(とかわ)に着きました。



s_1305040445.jpg




古い駅です。
トイレがイマイチ、、。
もうちょっといいトイレがあるといいのに。。



s_1305040446.jpg




すぐに電車は折り返しますが、
30分後の電車に乗ることにしました。



海辺まで歩きましたが、たいした観光地はありません。。
坂がきつかったです。




s_1305040452.jpg





また電車に乗って外川から銚子まで戻ります。
観光客で一杯です。




s_1305040455.jpg



外川にあった時刻表です。


s_1305040456.jpg




こんな風景です。線路に草がはえているのもめずらしいです。



s_1305040465.jpg







昔の銀座線と丸の内線の車両が置いてありました。




s_1305040469.jpg



銚子駅まで戻ってきました。
紺太郎は電車好きなので、喜んでいました。





旅行へ行く前から紺太郎が銚子電鉄に乗りたがっていました。
でも、
最初の計画では佐原だけで銚子行くことは決めていませんでした。


前日も私が「銚子はどうするの?コンタは行きたがっているけど~」と夫に聞いても、
「何キロあると思っているんだ!?4~50キロあるんだぞ。
俺が運転しなくてはいけないんだ!
行くとしたら(佐原から)電車でいく」なんて言っていました。
母も「(今回の旅行は佐原だけにして)銚子はあなた達だけで今度来れば~」と言っていました。
でも、
旅行中に紺太郎が「絶対銚子電鉄に乗る!」と言い張っていたので、
夫は行く気持ちになったようです。
それも車で。。
あんなに「(まったく)誰が運転するんだ!」なんて言っていたのに、、
子どもには甘いです。





なんだかいつものとおり行き当たりばったりの(予定がきちんと決まっていない)ざまき家の旅行です…。






お付き合いくださってありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

GW千葉旅行その5、佐原の12橋駅と加藤洲十二橋

<2013年5月4日 8才0ヶ月>




GWの旅行5月4日(土曜日)千葉・佐原「水郷佐原 水生植物園」を出た続きです(こちら)。




また田園地帯を走ります。



s_1305040311.jpg



夫の希望でJR鹿島線の「12橋駅」へ寄ります。
高架が続きます。



s_1305040315.jpg





まわりは田んぼです。



s_1305040321.jpg


s_1305040327.jpg



母は車で待っていました…。


s_1305040328.jpg



s_1305040329.jpg


s_1305040331.jpg




近くに芝桜がキレイなところがある、、と観光パンフレットに書いてあったので行きます。



s_1305040332.jpg





「こいのぼり」が泳いでいます。
「そういえば明日(5日)は子どもの日だな~」なんて思っていました。



s_1305040334.jpg




そして駅で時刻表を見ていたので、「そろそろ電車が来る」というので、
待って写真を撮ります。
「てっちゃん」です。。




s_1305040337.jpg


s_1305040339.jpg






続きまして、加藤洲十二橋へ行きます。




s_1305040368.jpg





水郷・佐原の観光地である十二橋利根川と常陸利根川にはさまれた広大な水田地帯の一角にあります。
この辺りはかつて、家と家あるいは田んぼの間を、
縦横に張り巡らされた水路をつたって舟で行き来し、
中でも加藤洲の水路には家と家を結ぶ一枚板の簡単な橋が12架っていたので十二橋といったそうです。



入り口です。



s_1305040351.jpg




利根川です。
利根川の対岸は茨城県潮来(いたこ)市です。
観光ホテルが建ち並んでいました。



s_1305040369.jpg





利根川から観光船が水門から入ってきます。



s_1305040360.jpg






水面調節をしたあと、もう1つの水門から12橋の方へ出て行きました。
「いちいち水面を調節するのは大変だな」、、と思ってしまいました。



s_1305040367.jpg



↑の水門の裏です。


s_1305040363.jpg


この先↓に12の橋があるようです。
これ以上徒歩や車では行けませんでした。



s_1305040361.jpg








この後、(時間節約のため)コンビニでおにぎり&サンドイッチを買い、
車の中でお昼ご飯です。




佐原を出発します。





4日続きます。




お付き合いくださってありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

GW千葉旅行その4、水郷佐原 水生植物園

<2013年5月4日 8才0ヶ月>




GWの旅行5月4日(土曜日)の朝、千葉・佐原蘭華寺を出た続きです(こちら)。





田園地帯を車で走らせます。



s_1305040236.jpg



釣りをしている方が沢山いらっしゃいました。
ずいぶん堤防が低い川(水路?)です。


s_1305040238.jpg




サギがいました。
車のすぐ前を飛んでいました。


s_1305040242.jpg





目的地は千葉県立中央博物館・大利根分館です。



(パパが紺太郎をおんぶしています。)



s_1305040248.jpg



入場は大人200円、高校、大学生100円、65歳以上、中学生以下無料です。



駐車場には色んな種類のテトラポットが置いてありました。



s_1305040245.jpg





「利根川の自然と歴史」がテーマです。
館内は残念ながら撮影禁止です。
母と私が早く見終ってロビーでお土産を買ったりおしゃべりをしていました。



博物館のすぐお隣に水郷佐原 水生植物園があります。
行く予定はなかったのですが、
博物館の駐車場から見える「あやめ」がキレイだったので、
急遽行くことにしました。



s_1305040246.jpg







植物園の駐車場まで車を走らせます。
佐原には「12橋」という見所があるのですが、
そちらをまわる観光船の乗り場が数箇所ありました。
車をゆっくり走らせていると、おばさんが「乗りませんか~」と声をかけてきました。
(乗りませんでしたが。)



s_1305040249.jpg





水郷佐原 水生植物園に入ります。




入場が大人500円、小中学生250円です。
前日に駅前の観光案内所に寄った時に、
「割引券」があって持っていたので、少しだけ安く入れました。




あやめと藤がキレイです。



s_1305040256.jpg


s_1305040258.jpg





園内で船に乗ることができます。



s_1305040259.jpg




紺太郎がすぐに船に乗りたがりました。
私たちが「(時間の関係で)ダメ」と言うと、むくれています。
この植物園で最初の方に撮った紺太郎の顔が見事に全部ムスっとしているので、
後から見て笑ってしまいました。


sawarashokubutsuenn.jpg






紫色がキレイです。


s_1305040264.jpg


s_1305040271.jpg





この藤の種類ははじめて見ました。



s_1305040308.jpg





船もいいですね。
時間があったら乗りたかったです。
菖蒲の咲く季節は船はさらによさそうです。




s_1305040298.jpg







いつのまにか、紺太郎はパパにおんぶ。。
パパ、、運転して、、おんぶして、、お疲れ様です・・・苦笑。



s_1305040307.jpg




植物園を後にします。
植物園のこんな看板がありました。



s_1305040310.jpg





4日、続きます。






お付き合いくださってありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

国際バラとガーデニングショウ「ターシャ・チューダーの庭」

<2013年5月12日 8才0ヶ月>




GWの旅行記の途中ですが、
5月16日(木曜日)まで開催されているイベントへ行きました。
もしかしたら、どなたかの参考になるかもしれませんので、
こちらを先に書きます^^




5月12日(日曜日)は埼玉県所沢市の西武ドームへ、
国際バラとガーデニングショウへ一人で行ってきました。
(5月11日~16日開催)



最寄駅は西武狭山線西武球場前駅になります。




こちらは紺太郎にイベントのことを伝えると、
「行く~」と言っていて前から一緒に行くのを楽しみにしていたのですが、
紺太郎は風邪気味だったので、お家で夫とお留守番でした。



このイベントは今年で15年目で、
紺太郎がベビーカーに乗っている小さいころに何度か二人で来たことがあります。





駅を下りると、すごい人です。




s_1305120014.jpg





入場料は大人2000円(前売り1700円)、小学生以下無料です。


西武線の主要駅からは往復切符と入場券のセットで約300円分の割引の券が売っています。
また券売り場でセゾンカードor UCカードを提示すると300円の割引もあります(こちら)。
あとオンライン割引(200円引き)もあるようです。





会場に入る前にもお花のブースがあちこちにありました。



s_1305120016.jpg





会場の中もすごい人です。



s_1305120017.jpg





園芸店や個人(ガーデンデザイナー)の方、大学や高校の園芸部の出しているお庭のブースがいくつかあります。
どれもキレイです。



s_1305120023.jpg

s_1305120045.jpg


s_1305120047.jpg


s_1305120055.jpg




バラが素敵です。
色んな種類があります。
どれもいい匂いです!!!
みんな匂いが違います。




s_1305120030.jpg


s_1305120032.jpg


s_1305120052.jpg





ハンギングバスケットの作品もあります。



s_1305120053.jpg


s_1305120054.jpg





そして今回のお目当て、「ターシャ・チューダーの庭」です。
ターシャ・チューダーさんは絵本作家ですが、
スローライフの生活を楽しみ、
素敵なお庭のある家に住んでいました。
NHKで彼女の生活の番組を見てファンになりました(こちら)。





s_1305120068.jpg



s_1305120066.jpg


s_1305120069.jpg


s_1305120071.jpg


s_1305120130.jpg





そして「オードリーへップバーンが愛した庭」です。
英国のティンティンハルガーデンを再現したものだそうです。
色鮮やかです。



s_1305120097.jpg


s_1305120098.jpg


s_1305120101.jpg


s_1305120105.jpg


s_1305120097.jpg





またブラブラして、バラなどを鑑賞します。



s_1305120108.jpg


s_1305120109.jpg


s_1305120117.jpg


s_1305120118.jpg


s_1305120138.jpg


s_1305120139.jpg






こういうお庭は自分では作れないけれど、
こういう所のテラスなどで紅茶などゆっくり飲んでみたい~。



s_1305120143.jpg





ずいぶん前にNZへ旅行したときに、
クライストチャーチで「イングリッシュガーデンめぐりのツアー」に参加したことを思い出しました。




お花が好きな方だと楽しめるイベントだと思います。
トークショーやコンサートなども盛りだくさんです。
13日はターシャの長男のお嫁さんのトークショーもあるようです。





***


紺太郎は土日とも家でゆっくりしていました。


「あやとりやろうよ」にはまって、ずっ~とやっていました。
(前にできなくて「この本捨てて!」と怒っていたのですが。。)


((ホウキから)やぶ中の一軒屋です。)

s_1305110002.jpg






あとは「ラッシュアワー」もはまっていました。


s_1305120009.jpg









お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

GW千葉旅行その3、横利根閘門とスリランカの蘭華寺

<2013年5月4日 8才0ヶ月>




GWの旅行5月4日(土曜日)の朝、千葉・佐原で宿を出た続きです(こちら)。




最初に向った先は宿からすぐ近くの
横利根閘門(こうもん)です。
佐原は「水の郷と言われています。



s_1305040170.jpg


s_1305040174.jpg






横利根閘門1921年(大正10年)に完成し、国指定の重要文化財になっています。
水位差がある利根川と横利根川とを船舶で航行できるようにするための施設です。




完成から90余年を経た現在も、釣り船やプレジャーボートなどがこの閘門を利用しており、
扉の開閉や水位調整のしくみを見ることができます。




水門は2つあり、


koumon.jpg



水位を調節しています。


kanmon.gif

(↑上2つの画像は利根川下流河川事務所のHPより)




説明の看板です。



s_1305040167.jpg


s_1305040179.jpg






ちょうど利根川側へ行く船を見ることができました。



船が入ってきて、



s_1305040182.jpg




扉をしめて、水面の調節をします。



s_1305040183.jpg




その後に、もう一方の扉を開けて、



s_1305040186.jpg





船が出て行きました。



s_1305040187.jpg





昔の装置もありました。


s_1305040191.jpg






閘門の奥にはふれあい公園があります。



s_1305040195.jpg




ここでちょっとざまき夫婦に不穏な雲行きが、、。。
ズラズラとココに書いたのですが、
読み返すと「また繰り返している」「いつものこと」でもあり、恥しくなってしまいました。
でもせっかく書いたので^^;
一番下の「続きを読む」から読むことができます。





横利根閘門のあとは、
観光パンプレットに乗っていました近くの蘭華寺に行きました。




s_1305040197.jpg




こちらはスリランカのお寺、、とのことです。
でもなんだか、、寺院というよりも普通の家?みたいです。



s_1305040196.jpg





庭の奥に石像があったので、いって見ました。




s_1305040198.jpg



ガラス張りの石像もありました。



s_1305040200.jpg




建物を覗くと、仏像があります。



s_1305040204.jpg




ここで、(別の)建物から僧侶の方が出てきて「中へどうぞ~」とおっしゃってくださいました。





写真もOKとのことで撮らせていただきました。



s_1305040206.jpg



s_1305040221.jpg




色が鮮やかです。
天井もきれいです~。



s_1305040209.jpg




スリランカのクッキーと紅茶まで出してくださいました。
サクサクして美味しかったです!
紅茶も美味しかったです。
ごちそうさまでした。



s_1305040235.jpg





お会いした僧侶の方は来日26年目のスリランカ人で、
オレンジ色の袈裟を着ていらっしゃいました。
日本語は堪能です。



近所の小学校で英語も教えているそうです。
紺太郎にも「名前は?」「いくつ?」と英語で質問してくださりました。





紺太郎はモジモジして恥しそうに答えていました。




スリランカは観光地も沢山あり、
(写真によると)像が沢山いるようです。
いつか行ってみたいです~。



s_1305040222.jpg



色々とお話を伺い、
ありがとうございました。



蘭華寺を後にします。




4日、続きます。




お付き合いくださってありがとうございました。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

続きを読む

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

GW千葉旅行その2、香取神社

<2013年5月3、4日 8才0ヶ月>



GWの旅行5月3日(金曜日)千葉・佐原の伊能忠敬記念館を出た続きです(こちら)。



佐原の諏訪神社のすぐ近くの展望台へ行きました。
つづじがとってもキレイです。



s_1305030110.jpg





「佐原の町が見渡せる」、、とのことでしたが木が伸びすぎてちょっと邪魔だったかな…。。




s_1305030113.jpg





紺太郎は高い所が苦手で、腰が引けてビビッていました。
パパに抱っこされると「キャーキャー」言っていました。


s_1305030121.jpg








前の公園で紺太郎が「逆上がり」をみんなに披露しますが、
この日はできませんでした。
できる日とできない日のムラがまだあります。
パパが見本を見せてくれました。


s_1305030123.jpg







続いて香取神社へ行きました。



関東地方を中心として全国に約400社ある香取神社の総本社であり、
鹿嶋市の鹿島神宮、神栖市の息栖神社とともに東国三社の一社です。



参道にはお土産屋さんが建ち並びます。
ピーナッツ羊羹のお土産を買いました。



s_1305030132.jpg






緑の中を歩いていきます。


s_1305030136.jpg





お参りをしていきました。




s_1305030138.jpg


s_1305030139.jpg



s_1305030142.jpg


s_1305030143.jpg





木製の狛犬はめずらしいです。



s_1305030146.jpg




ひのき?でしょうか。大きな木です。



s_1305030147.jpg





香取神社を後にして、
佐原の風情ある町並みの中を再び走り、



s_1305030149.jpg




利根川の小野川水門のあたりを少し散歩しました。




s_1305030155.jpg



夜はおすし屋さんでご飯をたべて、
宿はホテル朋泉(ビジネスホテル)でシングルルーム3つです。



s_1305030156.jpg







夫と紺太郎が一緒です。
母はテレビをつけたまま寝る習慣がありますし、9時ごろに寝ていていまして、
それぞれのペースがありますので、
部屋が別々なのも、いいものです。
私も一人でのびのびしました。



ただホテルの大浴場が男女時間制で、女性が9時までで
あまり時間がなかったのが少し残念でした。
(夕食後、宿に到着したのが8時半でした。)



4日(土曜日)、2日目です。
ホテルの朝ごはんです。



s_1305040158.jpg




宿を出発します。



s_1305040159.jpg




4日、続きます。





お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

2013GW旅行・その1、水郷の町・小江戸「佐原」&伊能忠敬記念館

<2013年5月3日 8才0ヶ月>



5月1日(水曜日)に私の母が広島からやってきたので、
GWの後半(4連休)の初日・3日(金曜日)から1泊2日で千葉の佐原(さわら)と銚子へ、
夫と紺太郎、母と4人で遊びに行きました。




自宅からレンタカーで出発です。
夫が運転します。




途中でお昼ごはんに「うどん」を食べて、
千葉県我孫子市から「利根川水郷ライン」を走ります。
(利根川沿いに、我孫子から銚子までのびるラインです。)





s_1305030019.jpg


s_1305030023.jpg



s_1305030024.jpg




どうでもいい話ですが、
この時のBGM「Jazz Playground 」です。
子ども向けのJazz CDです。








いいお天気の中、
青い空、緑の草、田園地帯を見ながらのジャズの音楽は心地よかったです。
(すぬこさん、ずいぶん前ですが紹介してくださってありがとうございました。)




s_1305030026.jpg







車を止めて利根川を眺めます。


s_1305030031.jpg




そして水郷の町「佐原(香取市)」に到着しました。
我が家の旅のお約束、、駅(佐原駅)です。。
駅前の観光案内所にも寄りました。




s_1305030044.jpg



s_1305030045.jpg








佐原水郷の町と呼ばれていますが、町並みに昔の情緒が残り「小江戸」とも呼ばれています。

色々なお土産屋さんが建ち並びます。


s_1305030082.jpg


s_1305030081.jpg






川沿いには柳が植えられており、
観光の船も走っています。



s_1305030077.jpg






我が家が向ったのは伊能忠敬記念館です。
(大人500円、子ども250円)


母は入場しないで近所をブラブラ歩いたり、
ロビーで休んでいました。



s_1305030107.jpg




皆さんご存知のとおり、
伊能忠敬は55歳(1800年)から18年間、徒歩で日本を回り測量して、
日本地図を作った方です。
日本国の歴史上はじめて国土の正確な姿を明らかにしました。
50才で江戸に出るまでは佐原で商人をしていました。




残念ながら館内は撮影禁止だったのですが、
紺太郎は地図好きなので楽しかったようです。


s_1305030131.jpg




こんなクイズの紙が子ども用に沢山置いてあり、館内を見ながら答えを探すことができます。



s_1305030104.jpg


s_1305030102.jpg


s_1305030103.jpg




おかしかったのは、
「忠敬が富士山を見ることができた一番遠い場所はどこでしょう?(東・西・南・北)」

という問題がありました。
紺太郎が「西は~?」というので、
展示物の地図富士山から線が出ていたので、私がその線を右になぞって
「えっと、、西は、、、」と言うと、
すかかず、
「それは東でしょ!」
とツッコミが入り、二人でお腹をかかえて大笑いしました。



東と西を間違えました。。
私、、ボケボケです・・・^^;



ちなみに答えは、

西は三重県・大湊、
東は千葉県・銚子
北は栃木県・狭間田
南は伊豆諸島・御蔵島



でした。



大きな木製の日本地図パズルもあり、
二人でやりました。




アニメーション映像で忠敬の人生を紹介していましたが、
「一度の人生、自分のやりたいことを思う存分やりなさい」
というようなことを言っていたのが印象に残りました。



こちらの記念館、おもしろかったです!




記念館の前の橋(とよはし)です。


s_1305030101.jpg





市内の佐原公園に伊能忠敬の石像がありますし、
「忠敬(ちゅうけい)橋」という橋もありました。
彼は佐原の誇りのようです。
佐原と伊能忠敬のつながりは知りませんでした。



s_1305030048.jpg




3日続きます。





お付き合いくださってありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

女ひとりで海外団体ツアーに参加しています~たかさきももこ

<2013年5月7、8日 8才0ヶ月>



こんにちは~。
お元気ですか?
またブログを再開したいと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。



5月8日(水曜日)に遊びにきていた母が広島へ帰って行きました。
一緒に1泊旅行へ行ったり、お出かけしたり楽しい時間を過ごしました。


また少しずつ日常生活に戻していきたいと思います。



紺太郎も元気です。



7日(火曜日)は放課後に紺太郎の友達が家に遊びにきました。



ダンボールで作ったマスコンで「電車ごっこ」です。



s_1305070259.jpg




アッというまに部屋がちらかってしまいました。



s_1305070264.jpg




習い事があるので(英語)、1時間くらいしか遊べませんでしたが、
楽しかったようです。



***


8日(水曜日)におやつを食べながら紺太郎は、




「ねぇ、サンタクロースって本当に住んでいるのかな?」と突然聞いてきました。



あ、、もうサンタの存在を疑っているのかな?
バレてしまうかな?とドキドキしました。


「北極だっけ?フィンランドだっけ?」としらじらしく私が言うと、


「ねぇ、、本当にトナカイって空を飛ぶの?」と。。


「う~ん、ママにはわからないけど、、、」とお茶を濁していると、



ニッコリわらって、


「あのね~、確かめる方法があるんだよ。
マサコ(幼稚園の先生、仮名)が言っていたんだけど、
来る日に牛乳とクッキーを置いておくといいんだって~。
翌朝に無くなっていたら、いるんだよ~」


と嬉しそうに言うので、


まだまだ純心なのね、、とちょっと安心したのでした。



***




いきなり、
脈絡もありませんが、
ここ最近読んだ本の記録です。


「サリンとおはぎ さかはらあつし 講談社」





4浪して京大に入り、電通時代に地下鉄サリン事件に巻き込まれ、
アメリカでMBAを取り、映画監督になった方の自伝です。
夫の本箱にあったのですが、
8日に手にとったら、一気に読んでしまいました。
いろいろな人生があるものだ、、と興味深かったです。





「女ひとりで海外団体ツアーに参加してます [単行本] たかさきももこ メディアファクトリー」





図書館で借りました。
マンガです。
ツアーに一人で申し込むのは躊躇してしまいますが、
こういう旅行もアリだな、、と思いました。
参考になりました!
私も将来申し込むかも・・・。



あ、でも若い頃に北海道ツアーに一人で申し込んだ時に、
さみしかったなぁ~^^;



グアムにダイビングの免許を取りに一人で行った時も、
夕飯など寂しかったなぁ~^^;



海外ツアーだと変わるかな?
他に一人で申し込んでいる人もいるかもしれないし。



「娘が学校に行きません 親子で迷った198日間 [単行本] 野原広子 (著) メディアファクトリー」





こちらは立ち読みできる本屋さんで一気に読んで、
本屋さんの中なのに泣いてしまいました。。
こういう学校関係者ばかりだったらいいな、、と思いました。
こちらもマンガです。



「夫は犬だと思えばよい 高濱正伸 集英社」





こちらは図書館で予約して順番待ちをして回ってきた本です。
今途中まで読んでいます。
子どもの問題は夫婦不仲も関係することもある、、、と耳の痛いお話なので、
しっかり読みたいと思います。




これからGW中のことも書いていこうと思いますので、
また宜しくお願い致します^^






お付き合いくださってありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

少しブログをお休みします

<2013年5月3日 8才0ヶ月>



本日2本目の更新です。



1日(水曜日)に広島から実母が遊びに来ました。
約1週間我が家に滞在します。
GW(後半)には家族で近場へ1泊旅行へ行くつもりです^^



ちょっと忙しくなりますので、
ブログは5日~1週間お休みさせていただきます。
またGW明けに、どうぞ宜しくお願い致します!



よかったらまた遊びにきてください。




テーマ : お知らせ
ジャンル : その他

7才11ヶ月で借りた本「いえのしくみ」「たからのちずみつけた」

<2013年4月後半 7才11ヶ月>



4月の後半図書館で借りた絵本の記録です。


1304150005_convert_toshokannhon.jpg



紺太郎は最近「建築家になりたい」と言い出したので、
(すぐに変わるかもしれませんが、)
建築関係の本を選んで借りてきました。




1冊目は、
「分解ずかん〈3〉いえのしくみ (分解ずかん (3)) [大型本] もりの こぐ(著), しもだ ともみ (イラスト) 岩崎書店」です。









キッチンや和室など、家の中のしくみをわかりやすく解説しています。



s_1304300001.jpg


s_1304300002.jpg






2冊目は「橋のはなし (1978年) (ちしきの絵本) [古書] 笠原 秀 (著), 高橋 透 (著) ポプラ社」です。







s_1304300003.jpg






3冊目の「はしをわたらずはしわたれ (たくさんのふしぎ傑作集) 小野 かおる(著) 福音館書店」は、
一休さんのトンチの話だと思って借りました。
しかし、それだけでなく「橋の話」だったようです。







s_1304300004.jpg


s_1304300005.jpg





4冊目は「すてきにへんな家 (たくさんのふしぎ傑作集) タイガー立石 (著) 福音館書店」です。







最初は実際にある世界の家、後半は想像の家について書かれています。



s_1304300006.jpg





しかし、紺太郎にいつものようにベスト3~→を選んでもらったのですが、
↑等の本は入りませんでした。
(7位に「いえのしくみ」がやっと入りました。)





今回は「電車」関係の本を沢山集めたので、「建築」関係より興味がいったようです。


でも1位は電車でも建築関係でもありませんでした。




1位は「たからのちず みつけた (至光社国際版絵本) 木村 泰子 (著) 」です。







私も読んでみました。

宝の地図をみつけたワンちゃんが、その場所へ行くと「別の場所へ移した」と、、それが続いて行きます。
最後宝を見つけますが、、それは・・・、、という話です。




2位は「地下鉄のひみつ(講談社パノラマ図鑑) [大型本] 松本 典久 , 諸河 久 」です。







3位は「ぐんぐんはしれ ちゅうおうせん (のりものえほん) 中島 章作 小峰書店」







4位は「ころちゃんとはたらくじどうしゃ (のりものえほん) 関根 栄一 (著), 横溝 英一 (イラスト) 小峰書店」です。







5位は「はしれ、二階だて新幹線 (のりものえほん) [単行本] 松本 典久 (著), 小峰書店」でした。









6位は「きしゃにのっていってきます!―大井川鉄道の旅 (のりものえほん) [単行本] 松本 典久 (著), 井上 広和 小峰書店」です。









大井川鉄道に乗ったことがあるので(こちら)、面白かったようです。


電車関係の本が多いと、くいつきがいいです^^







お付き合いくださってありがとうございました。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

リフォームのアフター

<2013年4月18日~25日>






前にも書きましたが(こちら)、我が家は部分的にリフォームをしました。
5日間職人さんが入りました。



写真ではわかりずらいのですが、
こんな風になったという記録です。
(見せられるものはビフォーも。。)



玄関です。
(下駄箱、床、壁、天井)



リフォーム前、


s_1304180015.jpg




リフォーム後、



s_1304250001.jpg





キッチンです。
(流し台の一部)(この写真の後に床も取り替えています。)




後、



s_1304230010.jpg



キレイな流し台で料理するのは気持ちいいです~~~!!






お風呂です。
(浴槽とシャワー)



s_1304230013.jpg






トイレ
(床、壁、天井)




後、、



s_1304260051.jpg




↑カレンダーは「くもんなぜなぜカレンダー」です。









ちなみに↑壁に貼ってある紙は、
「男子のオシッコは壁まで飛び散る」
とのことで、
真新しくて、紺太郎に汚されたらショックなので、紙を貼りました^^;



リビングです。
(壁、天井、照明)



前、


s_1304210051.jpg



途中、



s_1304220004.jpg



後です。



s_1304220005.jpg




ずっと使っていたソファですが、カバーがやぶれて中のスポンジが一部見えていました。
手作りカバーをかけて使っていたのですが、
新しいのを買うことにしました。



(前のソファ↓、3月25日 本はあやとりしようよ!
です。)



s_1303250006.jpg





私はコレ↓(海外製)を選んだのですが、








夫が「日本製がいい」とのことで、こちらを選びました。



s_1304260050.jpg






でもこちら、、、カバーがありません。
子どもに汚されるとショックなので、
やはりカバーをかけることにしました。




s_1304260052.jpg




クッションもチャックがついていなくて洗えないんですよね。
クッションくらい洗えればいいのに…。
なので、、今まで使っているものを最初は使おうと想います。



あと、ドアと枠をペンキで6箇所塗り(時間がたつと100%はがれる、、と言われましたが^^;)、


s_1304300007.jpg





ふすまをはりかえました。



s_1304300008.jpg





築30年で、(前に住んでいた人のタバコのやにもあって)壁は茶ばんで汚かったので、
本当にキレイになって気持ちがいいです。




年月がたてば汚れますが、なるべくこまめに掃除をしてキレイに使おうと思います。






お付き合いくださってありがとうございました。
母が広島から遊びにきました。約1週間滞在します^^


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

蛇口回りの黒ずみに「掃除の達人すみずみ消しゴム」

<2013年4月22日~26日>



話は先週に戻ります。


家をリフォームして一部がきれいになると、他のキタナイところが気になってきます。



家の中に職人さんがいて、落ち着かないし、
私もトイレ掃除をすることにしました。





普段は見えるところだけ掃除をするのですが、
便器の中を覗き込むと、、黒ズミが…。




便器のふちの裏です。。




洗剤、クレンザーと歯ブラシや「劇落ちくん」でゴシゴシやっても落ちない~!









ネットで調べて見ると、
「スコッチブライト ナイロンたわし」がよい、、と書かれていたので、
スーパーで購入。









でもよく落ちませんでした。
歯石ならぬ、、、尿石?便石???が…。




そして、またネットで「よく落ちる」と書かれていたこんな物をamazonで購入しました。



「掃除の達人 すみずみ消しゴム」です。









でも、、amazonから届く前に「ソープ付きタワシ」でやったら、
ある程度落ちました。







でも真っ白にはならず・・・。



「すみずみ消しゴム」が届いて、
残りの汚れをゴシゴシとやってみたのですが、それ以上は、、、あまり落ちず。。。
力を入れすぎて、、ボキッっと折れました。。(先端を出しすぎた??)





でも!





洗面所の蛇口まわりの黒ずみはきれいになりました。



こちらが、、、
(お恥しいですが、)




s_1304260041.jpg




こちらに。




s_1304260048.jpg





トイレの水洗い場の、、こんな水垢の汚れも、、



s_1304260045.jpg





きれいになりました!



s_1304260046.jpg







やはり掃除はこまめにして、少し汚れたらすぐに汚れを落とすのが一番早いですね。。
汚れをそのままにしてはいけないな、、と思いました。




あと、この石けんつきタワシって優れものですね。









台所のガス台回りの壁のタイルですが、
今まで洗剤と布やキッチンペーパーで、ゴシゴシ、ゴシゴシ、、していました。
キッチンペーパーを洗剤と水でぬらして壁に貼って、
しばらく置いておいて、そしてふき取るとか。。




でも↑の石けんつきタワシでこすったら、、あらあら、、、不思議。
力を入れないで、すぐにキレイになりました。




キレイになると、、もう汚したくない!!!!
なので、こんなカバーを取り付けてしまいました。



s_1304260049.jpg



あと、すりガラス?(デコボコしている硝子)の凹凸にカビかゴミか、黒ずんだ汚れがついていたのですが、
これも少し水をつけて、このタワシで軽く擦ったら、汚れがとれました!
力は全然いりません。
驚きました。。


掃除ってコツというか、やり方がわかるとずいぶん楽なんですね…。


まあ、硝子は大きいのでその後に水拭きをして、それなりに時間はかかりましたが。。




家にいると、、「アレも、コレも、、」と気になって、
気が休まなくなって疲れるので、
3連休(27~29日)に夫の実家に行ってよかったです。。。
(普段はズボラーなのに、気になりだすと神経質・・・。。)





しかし、、お掃除ってキリがないです。。
時間がアッという間に過ぎていきます。



しかも、紺太郎が学校から帰ってきて汚すと、、イラっ・・・^^;
オヤツは、ボロボロこぼれないものを選ぼう。。






***


そうそう、どうでもいいことですが、
リフォーム中に新鮮な感覚を味わいました。





職人さん達が、私のことを「奥さん!」と呼ぶのです。




「奥さん」なんて呼ばれたことは一度もなかったので、
最初呼ばれたときは、、
「えっ、、私、、奥さん??」と驚きました。




そうか、、「奥さん」なんだ…。






お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 片付け・収納・お掃除
ジャンル : ライフ

プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月から塾(N)に通い始めました。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード