飯田線の旅から帰ってきました

<2013年3月30日 7才11ヶ月>



こんにちは。
家族3人で行きました長野(&愛知、静岡)旅行より帰ってきました。


旅行は
3月27日(水曜日)から29日(金曜日)
までの2泊3日の予定だったのですが、
急に私と紺太郎だけ延泊して、30日(土曜日)に帰ってきました。



今回の旅は飯田線に乗る旅でした。


飯田線は(長野県上伊那郡辰野町の)辰野駅と(愛知県豊橋市の)豊橋駅を結ぶJR東海の電車です。



秘境駅めぐりなんてしてしまいました^^;
(夫と紺太郎は鉄道好きですが、私はそんなでもありません。)



飯田線は昨年の夏頃から紺太郎が「乗りたい~」と言っていて、
飯田線が舞台のこんな本も読んでいました(こちら)。
(男の子が1人で東新町駅から池場駅まで電車に乗る話です。)


「じろう ひとりで でんしゃにのる こどものとも 中西恵子 福音館書店」   です。

アマゾンでさがせなかったのですが、絵本ナビはこちら

Ehon_39132.jpg

(画像は絵本ナビより)




紺太郎の念願?がかなった旅でした。



あと
3日目の29日(金曜日)に(飯田線の豊橋から2駅の)新所原から掛川を走っている天竜浜名湖鉄道(天浜線)にも乗ってきました。
こちらは桜をはじめとしたお花が咲き乱れていてとても美しかったです。


こちらの天浜線は春休みの間( 平成25年3月22日(金)~4月3日(水))、小学生は1回50円で乗れるそうです。
とてもお得でした!
お近くの方は是非~。



そのまま29日(金曜日)掛川から家に帰る予定でしたが、
私が急に「掛川といえば花鳥園。前から行きたかった所なの。行きたい~」と言い出しました。
あと、
天浜線沿線に鉄道歴史館があり、途中下車したのですが、
1日に2回のツアー(10時50分、1時50分)(火水木は1時50分)でしかオープンしていなくて
(3時頃に到着したので)29日に見られませんでした。
紺太郎も「見たい!」といいます。
それで、
夫は土日に予定(私用で東北)があったので1人で帰り、
私と紺太郎だけ掛川で1泊したのでした。
30日(土曜日)は天浜線のその「転車台&鉄道歴史館見学ツアー」に午前中に参加して、午後に花鳥園にも行き、帰ってきました。


とてもよかったです。



これから少ししたら、また旅行記を書いていこうと思いますので、
よろしかったらお付き合いください。




****


あとどうでもいいのですが、
紺太郎が1年生を終えて、
少し気になっていたことを。
(と言っても、大して気にしてはいないことなのですが。)


前に紺太郎が「学校で嫌なことがあったの」「でも(ママには)言えないの~」
と言っていたことがありました。


そのときは「知りたい」けれど、
話したくないなら仕方ない、、と諦めました。


でも予想がついてきました。


紺太郎のクラスでは「帰りの会」で
「いやなことをされた」ことを同級生で「発表しあう」そうです。
「~くんは、~をしました。やめてほしいです。」などと。



毎日必ず言われている子もいるそうです。



もしかしたら、紺太郎はそれを言われたのでは?と予想しています。
違うかもしれませんが。


でも、親が口出すことではないのかもしれませんが、
どうせなら「いいこと」を発表しあうほうがいいのになぁ、、と思いました。


前にテレビを見ていたら、
従業員同士がミーティングで「褒め合う」会社がありました。
その会社は「離職率」が低くなり、業績もあがったそうです。


紺太郎に「そんなこと発表しなくてもいいのにね」と言ったら、
「そうかな~、ボクはいいと思うのけど~」なんて言っていましたが。。


私がそういうことをやっている、、と知ったのは3学期になってからだったのですが、
他のお母様方と話したときも、
あまり評判がよくありませんでした。




まあ、嫌なことも楽しいことも色々と経験してほしいのですが・・・。



ちなみに全クラスがやっていることではなくて、
紺太郎のクラスだけだったそうです。
2年生になったらどういうクラスになるのかな?
(毎年クラス替えをします。)





お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

終業式と、桜の下で音楽

こちらも自動更新です。


<2013年3月26日 7才11ヶ月>



3月26日(火曜日)は紺太郎の小学校の終業式でした。
これで1年生は終わりです!
早かったです~。
ついこの間、入学式に参加したように思われます。。


でもこの1年で、字も丁寧に書けるようになりましたし、
お友達もできて楽しい1年間だったようで、
よかったです!
無事に過ごせたことに感謝です。


紺太郎は私が何も言わないのに、
ちゃんと担任の先生に帰るときに「1年間、ありがとうございました」と言ってきたようです。
成長したわ~。
他の子が言っていたのを真似したのかもしれませんが・・・。



成績は2学期よりも「よくできる」(3段階)の数が少し増えたかな。。
まあ1年生の成績なので、あまり気にしていませんが、
体育が「よくできる」が少なかったです。



お昼に帰ってきたので、
せっかくの晴天の日だったので、
(前日は雨)
家でご飯を食べた後にお花見に出かけました。


紺太郎が1才の時から何度も訪れている場所(公園)です。
電車に2駅乗ります。
今までは駅から徒歩15分を歩いていましたが、この日はバスに乗りました。
私が車が運転ができるのなら、サッと行ける場所なのですが、
こういう時は運転ができないと不便です。



桜の枝を切ってしまっていて、数年前より迫力が減りました。
まだこの辺は5分~7分咲きでした。



1303260027_convert_20130326220620.jpg



ここ数年は来ていなかったので、
紺太郎は「なんとなく覚えている・・・。」という程度でした。


私は何度もベビーカーを押して来ている場所です。



紺太郎が学校から帰ってきて、
「今日は天気がいいからお花見行くよ~」と言ったときに、
「は~い!」と言ってくれました。


あと何年かしたら、「え~(ママとは行かない)」などと、なるのかな~?


そんなことを考えながら、
紺太郎と歩いていました。



1303260029_convert_20130326220655.jpg



シートを敷くことにしました。
ちょっと曇ってきてしまいました。



1303260032_convert_20130326220734.jpg




寝転がると顔の上に桜が来ます。
気分がいいです。



1303260035_convert_20130326220811.jpg



オヤツを食べたり、CDプレーヤーで二人で音楽を聞きました。
紺太郎の作った「gleeのベスト」です。(どうでもいいですがこちら



普通だったら皆さん(小さな)MP3とか皆さんお持ちだと思うのですが、
うちは古いアナログのCDプレーヤーです。
ちょっと恥しいけど、、操作が単純で便利です。



1303260047_convert_20130326220850.jpg


(↓同じものではありません。)






寝転がって桜をみながら二人で音楽をイヤホンで聞いて、幸せを感じました。
でも、紺太郎は大声でCDに合わせて歌うので、
「恥しいから、小さな声にして~」などと何度も言いました。
まわりからみたら絶対ヘン…^^;



1303260050_convert_20130326220934.jpg





15分くらいたつと、紺太郎は「ボク、もう音楽はいい~」と1人で(持っていった)ボールで遊び始めました。





私は音楽を聞きながら目をつぶって昼寝をしていたのですが、
起きてみると、
大学生のお兄さん、お姉さん達が紺太郎と遊んでくれていました。




丁寧にボールの投げ方を教えてくれています。
ありがたいです~。


1303260053_convert_20130326221015.jpg




お姉さん2人もボール投げをして遊んでくれました。
お姉さん方、紺太郎のことを「かわいい~」と言ってくれていました。
ありがとうございます。



30分くらい遊んで、
お兄さん、お姉さんと別れて、また少し散歩をしました。




1303260062_convert_20130326221205.jpg




気持ちがいい日でした。
桜が大好きです。


テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

ご飯も食べずに本に夢中・あやとりやろうよ!

3月27日~29日まで留守にしています。
こちらは自動更新です。
コメントのお返事は遅くなりますが必ずいたしますので、
いただけると嬉しいです^^



<2013年3月25日 7才10ヶ月>



3月25日(月曜日)です。



この日は小学校が12時15分まででした。
私は12時45分から習い事の「ペン習字」がありました。


1人でお留守番してもらうことにしました。
(紺太郎の硬筆の先生と同じ先生なので、
連れて行っても?と思いましたが、他の方に迷惑になると申し訳ないので。)




私は12時40分頃に家を出る予定(教室は家から自転車で1分)でしたが、
紺太郎はギリギリ家に帰ってくる時間です。
なので、朝に鍵を持たせていました。



お昼ごはんに「レタスチャーハン」を作り、
ラップをしてテーブルの上にスープと一緒におき、
置手紙に、
「おかえり、
レタスチャーハンを食べてね」
と書きました。


退屈しないように、まだ出していない本を2冊テーブルの横に置きました。

本がいやだったら、、と思い、DVDもすぐ見られるようにセットしておきました。






家を出ようとしたときに、紺太郎が帰ってきました。


「おかえり~、ママすぐに出るからね。
手洗いとうがいしてご飯食べてね」
と言うと、


「あ~、もう、お腹ペコペコ~」と言います。

「いってきま~す」と家を後にしました。


私は2時半頃に家に帰ってきました。




見ると、紺太郎がソファーで本を読んでいます。

そして、テーブルを見ると、、、


ご飯はラップをしたまま!



食べていないじゃない~~~!!




「ご飯、食べていないの!?」と聞くと、、
「本に夢中になっちゃって~」と。。





オイオイ、、
お腹空いていたんじゃなかったの??
まあ、少しぐらい食べなくても大丈夫だけど、
まだ安心してお留守番を任せるのはちょっと、、と思ってしまいました。




何かに夢中になることはいいことだけど(テレビ以外)、、
基本的な生活習慣はまだ守ってほしいものです。。



夕飯にお腹が空かなくなると困るので、
すぐに食べさせました。




置いていった本はこちらです。

「からだのしくみ (学習まんが ドラえもんからだシリーズ) [単行本] 藤子 F・不二雄 (著)  小学館」です。





数日前に私に毛穴のことや汗腺のことを質問していたので、
ちょうどタイムリーで面白かったようです。


CAQ77PDP.jpg




もう1冊は「あやとりしようよ! (実用BEST BOOKS) [単行本] あやとり探検隊 (編集)  日本文芸社」です。







ネットでお友達になりましたみほさんが紹介してくださった本です。
(みほさん、ありがとうございます~!)


「いいな」と思うとすぐに欲しくなってしまう私…。
「与えすぎ」に注意しなくては、、と思いつつ、
あやとりは指先を使って子どもにいいな、、と数日前(ここで)思いました。
(おはじきも)



この本はヒモが2本ついています。




私が帰ったとき、紺太郎は夢中でした。



1303250001_convert_20130325232304.jpg




色々やって楽しんでいました。


1303250003_convert_20130325232336.jpg






学校でやってできなかったと言う、「ほうき」もできるようになりました。


1303250011_convert_20130325232412.jpg




すごく夢中になっていい本だわ~と思っていたのですが、
「1だんばしご」の最後に押し出して手をひっくり返すところが、
私が何度も説明してもできず、、、



1303250015_convert_20130325232528.jpg





手品を「ママみないで~」と言ってやっていたのですが、何度もできず、、、
怒り出しました。



「ママと一緒にやろう」と言っても、
「ダメ!手品なんだから(ネタをばらしたくない)(怒)!」と言い、
「もう、こんな本いらない!」とまで言い出しました。。




あーあ、、ブログで「いい本です。楽しかったです~。」で終わるつもりでいたのに。。





「わかったよ。じゃあ売るよ(オークションで)」と言うと、
「売ったってダメだよ!できないからって返品になるよ(怒)!」と。



「オークションでは返品不可だもん!」と言うと、
へんな顔をしていました。





まあ、しばらく置いておいて、
またしばらくぶりにやったらできなかったことができるようになると思うので、時間を置きます。。



できなくて悔しかったのでしょう…。



***


学校から1年やったプリントなどを持ち帰ってきているのですが、
おもしろいものがありました。




「かぞくのすてきなところ」
を書くものです。


1303250014_convert_20130325232458.jpg



・パパは、おこるとこわいし、すこしけちだけど、
ふつうのときは、とてもおもしろいです。


・ママは、いやなことをぶつけるときもあるけど、
大すきで、ときどき おもしろいまちがいをする。


・じいちゃんは、しょうぎでバカなまちがいをする。


・ばあちゃんは、おいしいりょうりをつくる。




「いやなことをぶつけるとか(汗)、時々おもしろい間違いをする、、、」
なんてよく見ています。
でも「大すき」と書いてくれて嬉しかったです。



パパ、けちって、、(苦笑)、
旅行に連れて行ってくれるのに、、聞いたら怒るわ…。



****


夕方紺太郎は歯医者にフッ素を塗りに行きました。



シーラント(虫歯予防の為に、溝をプラスティックで埋める)ことを勧められて来週することになったのですが、
シーラントって大丈夫なのかしら??
ちょっと検索すると、シーラントの下で虫歯ができた、、というようなことが書いてありました。


シーラントのことで「やった方がいい」「やらない方がいい」という情報をおもちの方は是非教えてください~。


一応「やる」と予約は取ったのですが…。

テーマ : こんな本を読んだ
ジャンル : 本・雑誌

育児支援クラッシックコンサートと花見

3月27日~29日まで留守にしています。
こちらは自動更新です。
コメントのお返事は遅くなりますが必ずいたしますので、
いただけると嬉しいです^^




<2013年3月24日 7才10ヶ月>



3月24日(日曜日)の続きです(こちら)。



午後からは中央区第一生命ホールで行われた育児支援コンサート 子どもを連れてクラッシックコンサートへ紺太郎と二人で行ってきました。
(最寄り駅 大江戸線勝どき駅、大人2000円、子ども1000円)




こちらのコンサートは、
第1部では、大人&小学生以上の子どもはホールでコンサートを、
4歳~6歳の子どもは別の場所で4つのグループに分かれてリズム遊びや楽器を使ったワークショップを体験します。
第2部では、親子一緒にホールで演奏&絵本の朗読と音楽のコラボレーションを楽しむことができます。




konngoaki.jpg
(↑おととしのコンサートの様子です。画像はトリトンアーツネットワークより)




私たちは今年で3回目の参加になります。


実は去年のものが、、私たちにはお話(銀河鉄道の夜)が難しくてイマイチでした。
なので今年は行かないつもりでいました。



チラシが送られていても、そのままにしておいたのですが、
2月の図書館で借りた本こちら)を見ていたら、
「何か絵に見覚えがあるな、、・・・、、???」と。



1302250004_ongakukainoyoru.jpg



「おんがくかいのよる―5ひきのすてきなねずみ たしろ ちさと (著) ほるぷ出版」です。)



(シリーズのほかの本です。)








「あ、あのチラシだ!」、、、と取り出してきました。



1303250017_convert_20130325232614.jpg




お話が面白かったし、紺太郎に聞いたら「行く、行く~」と乗り気だったので、
券を購入しました。




メインの曲もエルガーの「威風堂々」です。
大好きな曲です。
去年の年末にテレビ東京のカウントダウンコンサートで聞いた曲です。
紺太郎も(起きて見ていたので)知っている曲です。



「威風堂々」のCDも(オークションで中古で)購入して何度も聞いて準備万端にしていきました。


(↓同じCDではないのですが見つからなかったので、)





(↓カウントダウンコンサートです。)





ちょっとおしゃれして(友達からもらったお古の)ジャケットで行きました。
110㎝なのできつかったです。
これで最後かな~。



1303240082_convert_20130325231744.jpg



コンサートはとってもよかったです!!!
本当に素晴らしかったです。
感動しました。


マリンバ↓といって、木琴の少し大きな楽器がメインのコンサートでした。


1303240079_convert_20130325231710.jpg


1部はマリンバとピアノで演奏です。
浜まゆみさんがバチを4本、6本と持って素晴らしい音色を聞かせてくれました。



熊蜂の飛行、剣の舞、道化師のギャロップ
など紺太郎も知っている曲があって楽しめました。




2部威風堂々も素晴らしかったです!

オーケストラではなくて、
バイオリン2人、チェロ1人、
ピアノ2人、打楽器1人、ソプラノ1人
の演奏でしたが、
ホントに素敵でした。
(感動を伝える言葉が、「素晴らしい」とか「素敵」しか思い浮かばなくてもどかしいです。)



そして、絵本を読みながらの音楽が素敵でした~。
ドビッシーの月の光(こちら)やカヴァレリア・ルスティカーナの間奏曲(こちらなどしびれました。
これで親子で3000円は安いと思いました。



「あぁ、あの時にたまたまあの絵本を借りてよかった!いいご縁だったわ~」
と感謝しました。


アンコールでは「翼をください」で
紺太郎が「ボク知っている」と嬉しそうでした。


私がコンサートが全部終わって感動して、
紺太郎を見ると、
何やら怒った怖い顔をしています。
コンサートの途中に知っている曲が出てくると、
私の方を見て目をキラキラさせてニッコリして楽しそうだったのに~。



1部はワークショップでお隣にいなかった子が2部でお隣にいて、
お母さんにまたがったり、
たびたびおしゃべりしてうるさかったようです。



子ども連れのコンサートだから仕方ありませんね…。


しばらく怖い顔をしていました^^;






コンサートが終わってホールの近所をお散歩しました。


1303240095_convert_20130325231942.jpg




私たちが家を出るときに、夫が「俺も会社で仕事するから一緒に出る」と出てきました。
でも結局ホールまでついてきて、
私たちがコンサートを聴いている間、同じビル内のコーヒーショップで仕事して待っていたのでした。
(当日券があったので「一緒に」と誘ったのですが、断られました。
本当に素晴らしかったので聴かせてあげたかったです。
でも本人が望まないので仕方がないです。、、。)



3人で第一生命ホール横の潮騒運河沿いを歩きます。



1303240100_convert_20130325232029.jpg




隅田川まで行かないと桜は見られないかな?と思ったのですが、
桜並木がありました。




1303240109_convert_20130325232108.jpg




いつも私が何かを言うと、夫は否定や批判ばかり返してくるのでこの日もツライ気持ちでいたのですが、
私が「桜がきれいだね~」と言うと、
「そうだね」と言ってくれました。



その「そうだね」の一言が「とっても」嬉しかったです。。
こんなことで喜んでいるなんてヘンなのですが…。




1303240113_convert_20130325232147.jpg




月島第一児童公園でも桜がキレイでした。
ここで30分くらい紺太郎は遊びました。
散歩の途中で転んで手をすりむいてグズグズで不機嫌だったのですが、遊んで元気になりました。



1303240126_convert_20130325232224.jpg



夫はそれから会社へ、
私たちは家へ帰りました。



1303240138_convert_20130326001237.jpg




曇りじゃなくて晴れだったら、もっと桜がキレイだったろうな~。
でも満足しました!
音楽と桜を両方楽しみました。


テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 育児

工作でマスコン作り

<2013年3月24日 7才10ヶ月>


3月24日(日曜日)です。



朝起きて、紺太郎は前日作ったレゴの家の横で何やらで作ってます。



1303240064_convert_20130326084617.jpg






「それなあに?」と聞くと、
「発掘された昔の駅の跡
この駅が見つかったおかげで、新しい鉄道が横を通るようになって、
家から電車を見ることができるようになったんだ~」
と言います。


去年の夏の北海道旅行では廃線&昔の駅めぐりをしたのですが、
その影響なのかな?



この後に、私が部屋を歩いていて、
レゴの家の屋根を蹴飛ばして、ふっ飛んでしまうのですが(苦笑)、



「もう、ふきざらしになっちゃったよ~」と言います。
「ふきざらし」なんて言葉を知っているんだね…。


ごめ~ん^^;



****



前日のお花見の後に、公園の近くの模型専門のおもちゃ屋に入りました。
それから、
「(そこで見た)マスコンの模型が欲しい~!」と紺太郎は言います。
(マスコンとはマスターコントローラの略です。
電車の運転士が運転台でハンドル操作する速度を調整する装置です。)



しかし、10万以上もするシロモノ。。
無理!



「春休みにおじいちゃんに大工でつくってもらえば~」と言いました。
「うん!」と大喜びです。



あ、でもおじいちゃん作ってくれるかな~。
気持ちが乗れば作ってくれるけど、そうじゃないと「めんどくせえ」と言いそう・・・。
で、
「その前にダンボールで作る?」と聞くとノリノリです。


色んな箱をを集めてきました。



1303240065_convert_20130325231440.jpg




たまに私が助けましたが、ほとんど紺太郎一人でがんばっていました。


1303240069_convert_20130325231518.jpg





出来上がり間近です。
ライトまで塗っています。
操作ハンドルの1つは取り外しができます。



1303240073_convert_20130325231558.jpg




出来上がりました!
速度計、圧力計、非常停止ボタンなど、、紺太郎が考えて作りました。




1303240074_convert_20130325231633.jpg


手前↑の2つのハンドル爪楊枝が一箇所刺してあって、左右に動きます。
非常停止ボタン「押せる」ように、
ペットボトルの蓋の下はダンボールを細く切ってジャバラになっています。
ジャバラにするのも紺太郎が考えました。

中々上手にできました。





作っている最中「楽しい?」と聞くと、
本当に嬉しそうに、「すっごく、楽しい~!」と言っていました。
よかったね!




どうでもいい話なのですが、
この日の紺太郎の脳内ミュージックgleeの「Bad Romance」(元歌レディガガ)でした。



英語は合っていないのですが、ずっとノリノリで歌いながら工作をしているのが
可笑しかったです。











24日続きます。


***


3月27日~29日まで長野へ旅行へ行ってきます。


幼稚園時代に紺太郎が何度も「アンパンマン列車に乗りたい」と言っていたので、
夫は最初は四国旅行を計画していたのですが、
小1になり、その情熱は少し冷めたようです。
なので、
東北などの候補もありましたが、
長野で電車に乗ってきます~。



ブログは自動更新しています。
コメントのお返事が遅くなりますが必ずお返事いたしますので、
コメントをいただけると嬉しいです^^。



お付き合いくださってありがとうございました。

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

桜の下でまったりと

<2013年3月23日 7才10ヶ月>



3月23日(土曜日)
です。


紺太郎は朝起きてから1時間半以上、お布団の部屋で本を何冊か読んでいました。



1303230001_convert_20130325103439.jpg







「朝ごはん食べたら?」と声をかけなかったら、ずっと読んでいたかもしれません。
本が好きなようです。



朝ごはんの後はレゴの家作りです。


1303230002_convert_20130325103511.jpg








2時間以上かけて完成させていました。


1303230006_convert_20130325103556.jpg


「1階はリビングと台所、2階はパパの部屋、3階はボクの部屋~、」
など想像をふくらませていました。



その後は紺太郎と二人で電車に一駅のって、地元の桜の名所の公園(我が家の呼び名・どんぐりの公園)へ行きました。
今年ははとても遅かったのに、
桜が早いです。



七分咲きくらいから、遅いものは5分咲きくらいでした。
天気は曇りです。晴れて青空だったらもっときれいだったんだろうな~。




1303230016_convert_20130325103642.jpg




ゆっくりと散歩をしました。
紺太郎はなわとびで走りとびをしながらついてきていました。



地面にシートを敷いて寝転びます。
気持ちいい~。
桜って幸せな気持ちになれます。
寝転ぶと上に桜が咲いています。



1303230038_convert_20130325103722.jpg





紺太郎と寝そべっておやつを食べました。



1303230046_convert_20130325103805.jpg





と、ここで30mくらい先に、ある父子を発見。
木の枝でチャンバラごっこをしています。
(↑の写真の赤い洋服の子)



幼稚園時代にこの公園に遊びに来た時に3,4回一緒に遊んだことがある親子に似ています。
お父さんはパキスタンの方です。



「あれ、オビ(仮名)くんじゃない~?」と言います。
でも遠くてよくわかりません。
紺太郎は、
「ボク、ボール蹴りをしてくる」と言って、
その親子のほうに近づき、そのまわりをボールを蹴りながらウロチョロ。。




声を自分からかけてみればいいのに、
わざとらしい…^^;




オビくんが「あ、コンちゃ~ん!!」と声を掛けてくれました。



2年ぶりの再会です。
それから一緒に遊びます。



1303230049_convert_20130325103839.jpg




1303230054_convert_20130325103959.jpg



オビ(小3)くんとオビくんのお父さん、お母さんと4人でドッジボールをしたり、
ドッジビー(?)というボール遊びをしたり、遊びを考えたりしながら、
2時間半近く遊んでもらいました。
ありがとうございます~。




私はなんだかとても疲れていたので、失礼してシートでお昼寝をさせていただきました。
すみませ~ん^^;
お父さんにからかわれて「いびきかいていたよ」なんて言われてしまいました(たぶん、かいていません・・・)。




お母さんと話したのですが、
オビくん一家は2年前ほどに、電車で1時間くらいかかるB町に引っ越してしまったそうです。
(その前はこの公園のすぐ近くに住んでいました。
なのでこの公園に来ると、必ずと言っていいほどオビくんがいました。)
この日はたまたま「お花見」をしに車でこの公園に来たそうです。
偶然~!





オビくんはとてもカッコイイかわいい男の子で、
思わず「ジャニーズ事務所」を勧めてしまったのですが、
お母さんも少し考えたことがあるそうです。






紺太郎は心から「あ~、楽しかった!」と言っていました。
よかったね!
また遊べるといいです。





お付き合いくださってありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

友達が遊びにくる

<2013年3月21日 7才10ヶ月>




3月21日(金曜日)です。


この日は小学校の卒業式で9時半ごろに紺太郎は家に帰ってきました。




私と二人でおはじきで盛り上がりました。

「キャ~!」「ギャ~!」と二人でうるさかったです。


1303220013_convert_20130323225457.jpg








あとは紺太郎は「ひまわりのかっちゃん 西川つかさ 講談社」こちら)に夢中でした。
この日に全部読んでしまいました。
おもしろかったようです。


1303220014_convert_20130323225539.jpg






そして、数日前に紺太郎に(右下に)小さな虫歯があるのを発見・・・・orz。
予約を取って歯医者に行きました。



すぐに治療して治していただきました。




ここでも前日にも書いたのですが、ジレンマがありました。


私も歯医者の予約が入っていて11時40分から、
紺太郎は12時からでした。



一緒に行くことになっていました。


「歯医者の前にお昼ご飯食べる?後に食べる?」と聞くと、
「前に」と言います。


夫も家で仕事をしていたので、
3人で食べようと用意します。



しかし、紺太郎は↑の本に夢中です。



歯医者は家から3分くらいの所ですが、
歯を磨いたりする時間も入れて、11時半くらいにはご飯を食べ終わってほしい。


しかし私と夫は食べ始めていても、
本をやめません。



夢中になることはいいけど。。
何度か促して、
11時20分になりました。


「それだったら歯医者の後にご飯食べる?
それともパパと一緒に12時に歯医者に来る?」
と聞いても、

「やだ~、食べていく、ママと行く」と言います。



それなら、早く食べろ~~~!!(心の声)



私が強い口調になると、夫は冷たい目で私をいつも見ます。
なので、それがイヤなので、
なるべく落ち着いて
「時間がないよ」と「歯医者の受付で読んで」
「ママはバタバタと走っていき「遅れてすみません~」と言うような
ダラシナイことは嫌い」と言って
何回目かにやっと食べてくれました。


夢中になっていることを中断させるのはいやなのですが、
時間がないときは困ります…。


まあ、、ここまで集中して夢中になれる、、
というのはいいことだと思うのですが・・・、
疲れます。。
(本ならそう思いますが、それがまたゲームや遊びだったらイライラ度が増すんだろうな・・・。)




歯医者から戻り、
1時半から紺太郎のお友達3人が遊びにくることになっていたので、
(先月遊びにきた同じメンバーです。)
準備をします。




本を並べたり、トランプを用意したり、路線図を飾ったり(笑)していました。


1303220033_convert_20130323235135.jpg








みんなが来て、大騒ぎです。
うるさ~~い^^;



レゴをみんなで作ったりしていました(完成せず)。


1303220036_convert_20130323225620.jpg






あとはババ抜きに盛り上がっていました。


飲み物を出すときに、
(エコじゃないのですが)うちは紙コップを使っています。
(グラスマーカーをもっていないので)紙コップにマジックで子どもの名前を書くと誰のコップかわかって便利です。
「ボク、「ガリガリくん」って書いて~」などあだ名を言ってきたりして楽しいです。
割る心配もありません。
でも数回こぼしていましたけどね^^;



あと、
夫が家で仕事をしていたのですが、
途中に急に出てきて皆びっくりしていました。
驚かせてごめんね~。



そしてマンションの下にブランコがあるのですが、
一人が「行きたい~」と言うので、そちらに移動。
「親(私)はついていなくていいかな?」とも思ったのですが、
(公園で遊ぶ約束などとは違う)お子さんを預かっている身なので、
何か怪我でもしたら大変なので見にいきました。



1303220039_convert_20130323225653.jpg




マンションの小3と小4の子も加わりドッジボールがはじまりました。


すごく盛り上がっていました。


1303220044_convert_20130324111823.jpg



上級生が抜けたので、
4人でドッジボールをしました。


紺太郎以外の3人は暑くなってシャツを脱いじゃって、最後には上は下着姿になっていました。
お母さん達が迎えにきたとき、、びっくりしていたかも・・・^^;




お友達が来て、楽しかったようでよかったです。





少し気になったこともありました。
紺太郎が「おはじきやろう」とルールを説明したり、
「じじ抜きしよう、」「七並べしよう」「うすのろをやろう」と言っても、
「ボクやり方を知らない~。わかんない。だからやらない」と言って、
「とりあえずやってみる」ということをしないのです。
(全員ではないのですが。)
少しやってみれば楽しいこともあると思うのですが…。
まあ、男の子4人が集まると「まとまりがない」のは仕方ないと思うのですが、
少しもったいないな、、と思いました。



数日前に「おはじき」を買ったのは、
「お友達が遊びにくるから、絶対みんなでやったら楽しいだろう!」
と確信したからだったのに、
結局やらなくてちょっと残念でした。
私がしゃしゃり出て「1回やってみようよ~」と入っていけば、
たぶん楽しんでやったと思うのだけど・・・。
(もちろん私が面白いと思っていても、子ども達が面白いと思わない場合もあると思いますが・・・。)


そんなふうに私が出て行って、まとめてもいいかな?と思う場面もあったのですが、
親が介入しないほうがいいのかな?と思ったり。
(でもババ抜きもやりたがらない子がいたので、
急に私がしゃしゃりでて、
「ほら、トランプをくばって~」と私が紺太郎を促し、ババ抜きはやらせました。
1人が「え~、やらない」と躊躇している意見を尊重していると何もできないかも、、と思って。。)
子ども達同士の事なので、
親は口を出さないで子どもにまかせた方がいいのかな~、、と思いつつ。。






しかし、外で上級生がドッジボールをぬけてしまった時に、
一人が「じゃあ、4人でドッジボールをやろう!」と言って、
紺太郎が「4人じゃつまらないよ!」とやりたがりませんでした。


その時は、私がついついしゃしゃり出て、
「つまらないか、つまらなくないか、やってみないとわからない(大化学実験という番組のパクリ)。
やってみて、つまらなければ止めればいいでしょ。
とりあえずやってみようよ~」
と言ってしまいました。




やりはじめると、紺太郎も楽しいらしく、
4人で大・大・大盛り上がりでした。


友達同士、「やりたい」「やりたくない」と意見を交わすのは
いいことだと思うのですが、
「やりたくない」から「やらない」だけではもったいないと思いました。




4時まで2時間半遊びました。


その後は
体操教室でした。
3年間習った先生がこの日が最後で寂しかったです。
3月は別れの季節です・・・。




お付き合いくださってありがとうございました。
この日の夜中に「タモリ倶楽部」で「さよなら東横渋谷駅、私、地下に潜ります(後編)」をやっているのに気がついて、
録画して翌日に紺太郎と見ました。
すごく面白かったです。
タモリさんがあのカマボコ型の駅の屋根の上を歩いていました。
「前編」も見たかったです~。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

風船飛行機作りと小1図画の作品

<2013年3月20、21日 7才10ヶ月>




(何度目かになりますが)3月20日(水曜日・祝日)です。


前に夫と紺太郎と二人で外出した時に、駅の本屋さんで夫が買ってあげた本を取り出してきました。


「インド式かんたん計算法―1冊で頭がよくなる 大人も子どもも、楽しみながら「算数脳」になる! (知的生きかた文庫) [文庫] 水野 純」
です。





私は学校の基礎の算数の授業もきちんとやっていないのに、
インド式を先に入れてしまうのはイヤだったのですが、

夫によると「紺太郎がほしがったんだ!」とのこと。


問題を書き出してやっていました。



1303200025_convert_20130320232554.jpg




でも、その答えが間違っていました。
私はわかりやすく、「どこが間違えているのか?」を教えようとしたのですが、
紺太郎、、聞く耳をもたず。。
「せっかくインド式でやろうと思ったのにぃ~~(涙)」とキレ気味でした。。


間違えを認める、、というのがイヤなのかな?
私の言い方が悪いのか。。
(一応「インド式でやりたかったんだね」と気持ちを受け止める聞き方はしましたが…。
一応インド式を取り入れつつ、間違いを説明しようと思ったのですが。。)
子どもの勉強にかかわるのは、難しいものです。。




私の本音としては、
しばらくこの本は隠しておきたいです。。




そのあとは去年の3月から作っていた手作り絵本「しらん」を完成させていました(どうでもいいのですがこちら)。

表紙に「紺太郎おはなしシリーズ①」と書いてあって笑ってしまいました。



そして「紺太郎おはなしシリーズ②」の「しょうぎ」を書き始めていました。
楽しそうで何よりです。


(↓右横は朝に書いた路線図です。)

1303200027_convert_20130320232631.jpg


1303210001_convert_20130322215018.jpg


1303210002_convert_20130322215052.jpg





このまままったりと家で過ごしたかったのですが、
皆で「石神井公園ふるさと文化館」こちら)に行くことを決めていました。


子どもが集中して何かを楽しんでいるときに、横やりは入れたくないし、
でもあまり遅くなって出かけるのも困ります。



(「▲時になったら出かけよう」、と伝えてあった時間が過ぎてしまいました。)
「今日はこのまま家で過ごそうよ~!」と言っても
「やだ」と言いますが、
書くのをやめません。
せっつくのもイヤだし、
時間の管理の仕方は難しいです。



本に夢中になっている時に就寝時間になったり、、
本に夢中になっているのに宿題を終わらせていなかったりと、
「やめて」というのがもったいないというジレンマに悩みます。
最後に私がイラっとくることが多いのですが…。



***

3月21日(木曜日)です。


この日はハードスケジュールでした。
紺太郎の小学校は給食が最後の日で(終業式は26日)、
1時45分頃に帰宅予定です。


2時半から4時半まで幼稚園の「スプリングプログラム」を本人の希望で申し込んでいました。


そして5時45分から(最後の)英会話教室です。



朝、紺太郎を送り出すと、
次の日に紺太郎の友達が遊びにくることになっていたので、
お掃除。


オークションに出品していた物が売れたので、
包装して、
ヤマト運輸と郵便局へ出しに行き、
買い物へ。



そしてお昼を作り、
夜の為に夕飯作りです。
いつもだったらこんな日だったら100%夕飯は外食するのですが、
この日は夫が家で仕事をしていました。


夫は家にいないと寂しいけど、いるとまたそれはそれで大変です^^;
(前日(20日)は帰りが遅くなったので、3人で夕飯は外食しました。
2日続けて3人で外食は申し訳ないので・・・。)
座る暇もあまりありませんでした。



そして2時前に紺太郎が帰宅。
電車とタクシーに乗って、(卒園した)幼稚園に向います。



送り届けて、私は座れる場所を見つけて本を読んで待っていました。


プログラムの内容は「風船飛行機作り」でした。
生徒は紺太郎一人でしたが、
とってもよかったようです!


2時間中1時間は担任だった仲のいい先生と話で盛り上がったようです。
プログラムとは関係なかったのですが、
楽しい時間だったようです。


紺太郎が「glee」の「Don't stop believing」を歌っていて、
先生もgleeを見ていることがわかったそうです。
(うちはドラマは見せてなくて音楽だけ聞かせていますが。)










あとの1時間はイギリス人のネイティブの先生と風船飛行機作りをしたそうです。


最後に園庭で飛ばして遊んでいました。



帰りは駅まで20分歩いたのですが、
その間中、ずっと風船飛行機のことを「あーだ、こーだ」と話していました。



1303210007_convert_20130323234719.jpg


1303210009_convert_20130322215836.jpg



よっぽど楽しかったんだろうな~。


電車に乗り、最後の英会話教室へ行き、退学手続きをして、
お礼を言いました。




7時20分過ぎに家に帰ってきました。
忙しい1日でした。


***



紺太郎が今年1年制作した図工(絵)の作品を持ち帰りました。
その記録です。



作品を入れる袋です。


はやぶさとスーパーこまちです。


1303220015_convert_20130323234753.jpg


1303220017_convert_20130323234827.jpg





題名「虫っこ こうえん」です。
虫と一緒にブランコをして、滑り台をしているそうです。
学校で虫取りに行った時に「虫を描こう」と描いたそうです。



1303220027_convert_20130323235026.jpg



題名「めいろのせかい」
(教科書では「クルクル ぐるーり」というページです。)
迷路の中で友達が遊んでいるそうです。




1303220029_convert_20130323235102.jpg



「空のさんぽ」です。
(教科書では「できたら いいな、 こんなこと」というページです。)



1303220021_convert_20130323234943.jpg



裏に作文が貼ってありました。


「空でおさんぽしたら、おともだちも できるよ。
とっても たのしいし、
とっても おもしろいし、
すごい いいおもい出に なるよ。

でも 人がおおいから たいへんです。
だって む中になって かえれなくなったら たいへん。
ってなるほど たのしいですよ。」



親バカなのですが、
中々上手に描けていると思いました。
きちんと丁寧にクレヨンを塗っている場所もありますし。
(幼稚園時代はもっと雑でした。)




↑の3枚が気に入りました。
また額縁でも買ってきて飾ろうかしら。。(前回はこちら








あと1年生になってすぐに「好きなもの」という題で書いた絵です。

「新宿から渋谷の線路」
だそうです。




1303220020_convert_20130323234906.jpg




私は何がなんだかわからなかったのですが、
夫は「これは、半蔵門線だろ、これは千代田線で、JRがコレ、
ちゃんとココはガード下を通っていて、、」
とすぐにわかりました。




やはり鉄オタ同士、、分かり合えるものがあるんですね(笑)。



あ、今気がついたのですが、
渋谷はちゃんとになっているのかも・・・!
(本人に確認したら、やっぱりそうでした。)
ヘンなとこに細かいな・・・^^。





また長くなりました。
お付き合いくださってありがとうございます。



にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

英会話教室をやめる

<2013年3月19、20、21日 7才10ヶ月>



以下↓、無駄に長いです^^;。



前に「英会話教室をどうするか?」で悩んだ時に(こちら)、
皆さん、色々とアドバイスをありがとうございました!
とても参考になりました。



木曜日に英会話教室に通っているのですが、(ネイティブの先生&子ども4人)、
数ヶ月前から紺太郎は木曜日になると、
「英語、わかんない~」「あ~、やだな~」と言い出しました。


2月には夫が英語を教えたりして、
「あと半年くらい様子を見よう・・・」と思っていたのですが、
急に「このままでいいのだろうか?」と不安になったのです。
(このまま「英語=いや」の公式を植えつけていっていいのか?と。)
(やっていたらわかるようになって、楽しくなるのでは?の期待もあるのですが。。)



そして紺太郎が「(振り替えで行ったことがある)火曜日のクラスがいい!」と言い出しました。


使っている教科書は火曜日も木曜日も同じなのですが、
教室に聞いてみると、火曜日の方がレベルが低い、、とのことです。





19日(火曜日)の教室を見学させていただくことにしました。


火曜日のクラスを見学させていただくと、
やっている内容は火曜日も木曜日もほぼ同じでした。



生徒が4人いるのですが、学年は2学年上くらいです。
見ていると、確かに生徒の「言い間違え」が多いです。
(過去の話をしているのに、動詞が過去形になっていなかったりする間違いです。)
それを先生が1つ1つ間違いを直してくれます。


木曜日のクラスは小1と小2の子なのですが、
幼稚園時代に英検4級をとってしまっている子や、
長く教室に通っていて、できる子ばかりです。


でも、紺太郎の様子を見ていると、
火曜日のクラスだと、
「わからないのは自分だけじゃない」という安心感があるようです。
わからなくって詰まっていると、小声でお隣の子が教えてくれたりします。


そして、火曜日は先生が明るいのです。
アメリカ人の女性なのですが、懐が広い雰囲気です。
人間性が豊かというか。。
「ハ~イ、皆でエンジョイしましょう!」と「受け入れてくれるような」雰囲気です。
この先生は残念ながら辞めてしまって、来月から先生は変わるのですが、
新しい先生もハワイ育ちの明るい男性で、
(木曜日の先生が病欠の時に一度受けて)紺太郎は気に入っています。


木曜日の女性の先生はとてもいい先生なのですが、
マジメで、ちょっとスキがない雰囲気です。
ユーモアや明るさ、、はそんなにない感じです。
去年の4月にこの教室のトライアルを別の先生で受けたときに、
「ここに通う!」と意欲満々だったのに、
「英語やだ~」となったのは、
木曜日の先生が途中で変わったからかも・・・。


教室に「火曜日と木曜日の違いは何ですか?」と聞いたときには、

It's an appleで火曜日は許されるけど、
木曜日だと、
It's a red apple
まで言わないと許されない、、、そんな違いだ、、と言われました。





話はそれますが、

そういえば、年中のときに体操を習おうと
2つの体操教室を体験させていただきました。

1つは「でんぐりかえし」をするにも「手先もきちんとのばして~」と細かく2人がかりで指導してくれる所でした。


1つは、今通っている「お遊び」のような所。
細かく指導はしません。



親としたら、きちんと指導してくれる所(レベルが高い)の方が「本人のため」と思うのですが、
紺太郎が選んだはのは「お遊び」みたいなところでした。


やはりレベルうんぬんよりも「楽しい」方がいいのかな。。
(もし体操選手になりたいのだったら、レベルが高いほうがいいと思いますが。)


レベルが高くて、なおかつ「楽しい」が一番いいんですけどね…。



そして 3月の始め木曜日のクラスのオブザベーションデイで見ていたときに、
途中でゲームに詰まって紺太郎は泣いてしまったのですが、
見ていてとても「緊張している」感じでした。
声も小さいし、話すのも自信なさげです。


英語の幼稚園に行っていて、
ネイティブの方と触れ合うのは慣れているはず。
ミッキーの英語(DWE)も1回メインプログラム(正式会員ではなくて中古で)は終わっていて、
2回目を私と一緒にやっています。
私の理想では、
ミッキーの英語のコマーシャルに出てくる子どものように、
「ハ~イ、マイネーム イズ なんとか~。
ぺらぺら、、ぺらぺら~」
と英語を話してくれる、、、
のを期待してしまうのですが、、
紺太郎を見ているとそういうのとはほど遠いです。
なんでだろう。
そんなに英語がわからない、とは思えないのですが…。
(くり返しになりますが)固まって緊張しているし、、自信がないという雰囲気です。


火曜日は先生が明るくて元気があるからか、、
そんなに緊張はしていない風に見えました。





それと、、3月の初めにラボパーティに体験に行きました。
それとも迷います。
ラボとは英語劇をみんなで作り上げていく教室です。


他の方のブログを読んでいると、ラボはとても評判がいいのです。
自分の子どもを通わせて、


コミュニケーション能力や表現力がついた、
それは素晴らしいものだ、
自分で考える力がつく、
(就職難だけど)企業が求めている人間は、ラボっ子のような子だ、、

などなど。。


有名人でもThe boom の宮沢和史さんや、
エコノミストの藻谷浩介さん(こちらにコラムがあります)もラボ出身者のようです。



紺太郎は照れ屋だし、
英語ウンヌンよりも人間のその素を作るのにいいのかも、、と思い始めました。


が、、そうブログに書いていらっしゃる子は、
元々の素質がそういう子なのかもしれません。。
なので期待しずぎてもどうかな、、という気もしないでもないのですが…。



それで、
3月の始めに(同じ先生の)ラボのクラスを3つ見学&体験させていただいたのですが、
面白そうなのですが、
「英語」という面では物足りなさを感じました・・・。




それに、
セリフを覚えていない子が多いし、
時間通りにはじまらない、
集中していなく、ふざけている子も多い、、

ちょっと期待から少しはずれる部分もありました。


しかし3つの目に見学したクラスが
(電車で通うことになるのですが)結構マジメにみんなセリフを覚えてきて、
まとまりがあるように思いました。


紺太郎は、体験して楽しかったようで、
「ラボに通うなら、このクラスに通いたい」と言います。


それでも先生が皆を集めて輪になって話している時に、
小1の子がスリッパを投げては取りに行く、投げては取りに行く、、
を繰り返していて、話にまったく参加していない子もいました。
先生は(その時は)その子に注意をしていませんでした。

たぶん「子どもの自主性にまかせる」というスタンスなんだろうな。。


今の英会話教室は5分、10分単位で、ゲームやカードをやったりと、
カリキュラムがしっかりとしていて、
流れがきちんとしているので、
すごく差が目立ちました。


で、、
ラボにするか?
(19日の見学後)火曜日のクラスにするか??



で迷いました。



紺太郎も「どっちにしよう??」と迷っています。




20日(水曜日・祝日)石神井公園ふるさと文化館こちら)へ行く前の話です。


haruさんのアドバイスをうけて、
書き出すことにしました。
(ありがとうございました!)



私が「ラボと今の教室で「いいところ」「いやなところ」を書いていこう」と言うと、
紺太郎は「ボク作る~♪」とカードを3枚作りだしました。



表に「ラボ」「火曜日」「木曜日」と書いて、
裏に「いいところ」「わるいところ」と書いていました。


「パパと3人でやろうね」と言っていて、
紺太郎は「パパ、早く起きないかな~」と楽しみに待ち構えていました。
(石神井公園ふるさと文化館に行くのを決めるときも紙に書き出しましたが、
ゲーム感覚のようです。)


夫が10時ごろに起きてきて、
「パパ~、これ、一緒に書こう」
と紺太郎が言ったら、
夫は、
「パパは、わからない。眠い。もう一度寝る」
と布団の部屋に戻ってしまいました。



楽しみに待っていたのに(期待が大きかった分)、
そんなこと言われて、紺太郎、、、切れました…。
ちょっと暴れていました。。


あーあ。。



ある方がブログで、
ご主人のことを「やる気そぎおくん」とあだ名をつけていたことがあるのですが、
うちもこのあだ名をつけたいわ~。


もうちょっと人の気持ちをくんでくれればいいのに…。
でも私のフォローも足りなかったかな・・・。



まあ、私も「やる気そぎ子さん」なので人のことは言えないのかもしれませんが、
子どもに関しては気をつけたいです。



話は戻りまして、、
「パパは私たちの決定に任せるって。ママとやろう~」と書き出しました。




1303200023_convert_20130320232510.jpg


1303200021_convert_20130320232424.jpg





早々に木曜日はカット。


ラボと火曜日で迷います。


火曜日の英会話教室はネイティブの先生と週一で話せるのが魅力です。
内容も私は満足しています。
(先生が変わる可能性があるので、先生によって性質や力量が違ってきますが。。)
(週に1回50分、ネイティブの先生と話したからって、英語がペラペラになるわけでもありませんが・・・。
でもミッキーの英語は自宅で続けるので、アウトプットの場があるとありがたいです。)




ラボは、セリフがつかなかったら、
木とか波とか、、箪笥の役とかです。
英語を話す機会はありません。


また紺太郎にしたらセリフがついたらついたで「セリフが覚えられるか心配」だそうで…。
ラボはお話のCDを毎日聞く宿題があるので、
宿題の負担が私はイヤです。
(「やろう」と促すのがイヤ。。)





あと英語劇は「日本語と英語」でやるので、
「意味がわかっていい~」と「いい所」に紺太郎は書き出していました。
(私は英語だけのほうは英語の学習にはいいような気がしますが。。)





そして、「いいところ」をプラスの点数、「わるいところ」をマイナスとして、
点数を出しました。


ラボが残りました。




紺太郎も結果を見て、
「ラボにする~」と言います。


もし、ここでラボをやらなかったら、
「やっていたら、、どうだったのだろう・・・」
と後悔が残りそうです。
なので、、この決定がいいような気がします!



もしラボをやって、イヤだと思う面が浮き彫りになってきたら、
今のところに戻ればいい、、
という気持ちになりました。


「子どもと話し合って決める」という形をとりましたが、
ラボの「よいところ」に
「コミュニケーション能力がつく、
表現力がつく、」
などと書いたのは私なので、
結果、私が導いてしまったことになるのですが…。




でも二人で紙に書いて、すっきりしました。




ちょうど子育てアドバイザーのパピーいしがみさんが、
「幼稚園選びにまよった時に、それぞれ良い点と悪い点を書き出して、
点数にすればわかりやすい」
と書いているのを読んだところでもありました。
(そのパピーさんの「どうしても迷った時」はこちら



21日(木曜日)に英会話教室へ行って「やめます」と言うのは気がひけたのですが、
退学手続きをしました。


今思い返すと、

今の英会話教室は、
毎週教科書のCDを聞いてくる宿題があったのですが、
うちは1,2回聞くだけでした。
今思えば、もっと何度も何度も繰り返して聞いてクラスに行っていれば、
「わからない~」「やだ~」ということもなかったのかも??という反省と後悔が少しあります…。
フォローが足りなかったかも。。




まあ、、、
「様子をみよう」と考えていた2月には思っていもいなかった結論がでました。
「今のところで様子見よう」から「行動するなら今じゃない?」という気持ちになったのは、
ブログでお付き合いしてくださっている皆さんのおかげが大きいです。
hiromidさんも個人的に色々と相談にのってくださってありがとうございました!





ラボは「英語」自体はあまり期待はしない方がいい(という話が多いので)ので、
ラボ以外で、
これからどう英語とふれあいさせていくか?が課題になります。



安いオンライン英会話やテレホンなどでネイティブの方と触れ合う時間をとるか?
(↑たぶん、コレはしないと思いますが)
ラジオ英会話などを聞くか、、??


まあ、、英語は本人のやる気があれば大人になっても
自分で努力できて、習得できる人もいます。
今逆に悪影響を与える可能性もあるので、
あれこれやらない方がいいのかな?という気持ちもあります。




私自身が帰国子女の友達や、英語をペラペラ話している人に憧れていて、
「あぁ、、小さい頃からやっておけば、、」という気持ちが大きいので、
子どもにアレコレやらせてしまうんですけどね。。


「やらない方がいい?」という気持ちの反対の気持ちもあります。


幼稚園時代の同級生は英語に関して、
ネイティブの先生と「話す」クラスと、
日本人の先生と「文法」(読み・書き)のクラスを両方取っている方が多いです。



私は「文法」は中学になってからでもいいかな?
と思っていました。


でも私がいつも拝読させていただいているオーストラリア在住ポンさんのブログ「Wの子育て」に、
こんなことが書かれていました。

お子さんがハーフの小3(&幼稚園児)の女の子で、
現地の学校の他に週一で日本語補習校に通っています。
漢字やカタカナを習うのは大変です。
でもがんばらせています。

「今、人生の中で一番吸収力がいい時期。
そんな時期を逃すなんて、もったいない事はしない。
子供のうちだから、これだけのサポートを先生にも親にもしてもらえる。
この二度とない時期、あと何年もない。」


と。


「英語の文法(読み書き)は中学から」と思っていましたが、
この「↑日本語」を「英語」に置き換えて見ると、
今吸収のいい時期に何もしないのはもったいかも??
なんてことも思ってしまいました。




色々と右往左往してしまいます。





長くなりました。
お付き合いくださった方、どうもありがとうございました。
というか、、長々とすみません~。




にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

楽しい!石神井公園ぶるさと文化館

<2013年3月20日 7才10ヶ月>



3月20日(水曜日・祝日)です。



紺太郎は前々から「20日は3人で公園をサイクリングしたい~」と言っていました。



しかし夫は花粉症。。
「こんな風が(毎日)強い中、サイクリングなんて絶対無理!」と言い出しました。




朝に紺太郎に夫の言葉を伝えると、
「じゃあ、博物館がいい~」と言います。



え~~、博物館~?
3日前に行ったばかりじゃない。。
朝霞市博物館こちら



でも、まあ、、楽しいからいいかな。。
次の日に学校があるから、家でゆっくりしたい気持ちもありましたが、、。
東京の博物館というサイトを私はいつも参考にしています。




サイトを見てみると、行っていないところで、
貨幣博物館って面白そうです。


が、調べてみると、祝日は休み…。
博物館なら祝日を開けてほしいものです。。



どこへ行こうか迷っていて、
それで考えたのが、
親業第三法の応用で決めることです。
ブレインストーミングで何でも思いついたものを書き出して
一人ひとり○×▲をつけていくものです。


バツがついたものは消していきます。
そして残った物で話し合います。


紺太郎とどんどん候補を出してきました。




1303200019_convert_20130320232347.jpg



紙に一枚書き出した時点で、
3日前の朝霞市博物館でこんなポスターを見たのを思い出しました。

「石神井公園ふるさと文化村、企画展 アトムが飛んだ日」(3月24日まで)というものです。



1303170012_convert_20130320232255.jpg




アトムにそんなには興味がなかったので、
ポスターを見たときに「行きたい」と思わなかったのですが、
石神井公園ふるさと文化館って知らなかったのでHPを見てみると、
とってもおもしろそうです。
紙の裏に追加しました。


そして「石神井公園ふるさと文化館」に決まりました。





夫は「家でゆっくりする」に◎をつけていて、
私と紺太郎と二人で行くことも考えましたが、
結局3人で行くことになりました。



こちらは、練馬区の歴史や伝統文化、自然などについて、
体験しながら楽しく学ぶことができ、観光情報も発信する新しい博物館
だそうです。




(前置きが長くなりましたが、)
最寄り駅は西武池袋線・石神井公園駅(池袋より11分)です。
徒歩で15分ですが、バスもあります。




バスは中央線や西武新宿線などの駅からも多数でていますので、
詳しくはこちらを。


石神井公園
です。が咲き始めています。
今年は早いですね~。



1303200028_convert_20130320232702.jpg


1303200032_convert_20130320232738.jpg




公園のすぐそばに「石神井公園ふるさと文化館」があります。
(入場無料)



1303200034_convert_20130320232811.jpg




1階の情報コーナーには顕微鏡が置いてあります。
引き出しをあけると、金箔やらコルク、米、もみじの葉など多数置いてあり、
自由に出して顕微鏡で見ることができます。



1303200037_convert_20130320232921.jpg



2階に常設展示室&企画展示室があります。


1303200035_convert_20130320232845.jpg




始めに常設展示室を見ます。
練馬区の土地の移り変わりです。
昔は海でした。

1303200040_convert_20130320233010.jpg





縄文式土器、弥生式土器が発掘されています。


1303200041_convert_20130320233040.jpg





土器パズルです。
朝霞市博物館に違う土器パズルがありましたが、
土器パズルは朝霞市博物館のものの方が面白かったです。



1303200043_convert_20130320233112.jpg






石で紙を切ることができます。



1303200044_convert_20130320233141.jpg



練馬は練馬大根が有名です。
タクワンを4000本漬けることができるです。
穴を覗くと、面白いしかけがあります。
(穴を覗くと、顔が写る鏡があり、昔のお百姓の格好をした自分を見ることができます。)



1303200049_convert_20130320233214.jpg




漬物石20キロを持っています。
紺太郎は持てませんでした。


1303200050_convert_20130320233249.jpg



5合と1合を計る枡とそばがらが置いてあります。



1303200051_convert_20130320233325.jpg





昔の農機具です。


1303200052_convert_20130320233356.jpg



籾からゴミをとる機具です。


1303200053_convert_20130320233431.jpg



昔の消防隊の格好ができます。


1303200057_convert_20130320233502.jpg



昔の道具が展示されています。
↓これはお金を数える道具です。
ゆするとコインが枠にはまり、
全部はまると50枚のコインを数えられます。
私は元銀行員ですが、こんなもの知りませんでした。
父も銀行員だったのですが、こういうのを使っていたのかな~???



1303200059_convert_20130320233534.jpg




10玉のそろばんです。
係りの方が教えてくれます。


1303200061_convert_20130320233609.jpg



しょわせてくれます。


1303200063_convert_20130320233643.jpg




大根を干す実演です。
大根は布で出来ています。



1303200071_convert_20130320233718.jpg



こうやって干すんだ~。



1303200073_convert_20130320233756.jpg



出来上がりです。
教えてくださって、ありがとうございました!


1303200076_convert_20130320233833.jpg






電車の模型があります。


1303200077_convert_20130320233913.jpg



昔の町並みです。



1303200080_convert_20130320233956.jpg



1303200081_convert_20130320234040.jpg



昔の色々な遊びがおいてあります。
輪投げです。


1303200084_convert_20130320234123.jpg



すごろくです。


1303200088_convert_20130320234234.jpg



お手玉です。



1303200091_convert_20130320234319.jpg



おはじきです。
久しぶりにやって、これが面白かったです!
力加減とか子どもはわからないものなんですね。
他のおはじきに当たらないように1つに当てるのにどうすればいいか、、
工夫して考えることができます。
「このオモチャは子どもにいい!」と思いました。



1303200094_convert_20130320234429.jpg







オセロで遊びます。



1303200100_convert_20130320235418.jpg




昔の電話で義両親の電話番号をまわします。
(つながりませんが)


1303200098_convert_20130320234508.jpg




昭和時代の部屋です。


1303200092_convert_20130320234354.jpg


1303200086_convert_20130320234202.jpg




アニメの制作機です。
3回続けてやっていました。



1303200101_convert_20130320235507.jpg



その後「アトムの飛んだ日」の企画展を見ました(大人300円)。
中は撮影は禁止です。
第一回目の放送を見ることができました。
面白かったです。




1階の情報コーナーに戻ります。
練馬区の模型です。


1303200102_convert_20130320235558.jpg




ミュージアムショップで、
あまりにも面白かったで「おはじき」を買いました。


1303200104_convert_20130320235702.jpg






すぐお隣に旧内田家住宅があります。
明治20年に作られた民家です。


1303200106_convert_20130320235749.jpg


1303200108_convert_20130320235912.jpg



あやとりで遊べます。
「ほうき」を一生懸命作っていました。


1303200111_convert_20130320235950.jpg




こちらの「石神井公園ふるさと文化館」はとっても楽しかったです。
お勧めです~。




帰りにこんなポスターを見つけました。
今年の西武ドームでの国際バラとガーデニングショーでは、
私の好きな「ターシャチューダーの庭」こちら)という企画展があるようです。
楽しみ!
行きたいです。




1303200112_convert_20130321000026.jpg



ポスターって情報源になりますね。




長くなりました。
お付き合いくださってありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 育児

心の波風

<2013年3月17、18日 7才10ヶ月>




すみません、自己中なボヤキになります。
くだらないので、苦手な方はスルーしてください^^;


書き終わってふりかえると、自分のいたらない点なども見えてきました。



17日(日曜日)に私は紺太郎と二人で朝霞市博物館へ行きました(こちら)。
夫は勉強会でお出かけです。




夕方5時半ごろ夫から携帯に電話がありました。
「(勉強会の後に懇親会に出るから)ご飯食べてくる」と。


うちは夫は週末しか帰ってきません。
前日の土曜日(16日)は久しぶりに3人で過ごしましたが、
お昼ご飯を食べたのが2時半頃でした。
夕飯は皆がお腹一杯で食べられず、
スーパーでお惣菜のコロッケを買ってきたのですが、無理やり少しお腹にいれたくらいでした。




夫とは、ここ1ヶ月3人で夕飯をそろって食べていません。



17日はやっとゆっくり作って、3人で食べられるものと期待していました。


なのに、、。


電話は切りましたが、、怒りがハラハラと。。




それならそうと、出かける前に言ってくれればいいのに。
まだ作る前でしたが、
気持ちがおさまりませんでした。


他人と懇親するより、家族と懇親してほしいわ。。




紺太郎に当たって、汚い言葉で夫の悪口を言ってしまいました。
「先週末も帰ってこない、(私用で泊まりでお出かけ)
先々週末も帰ってこない(私たちが病気(ウィルス性胃腸炎)だったのでうつりたくないから)
金曜日(15日)も終電に間に合わなかったと帰ってこなかった。
家族を何だと思っているのか?
人のことを何だと思っているのか?
もう帰ってこなくていいよ!」と。




でも汚い言葉は使うものではありませんね。
ちょっと罵詈雑言を使ってしまったのですが、
そういう言葉は人に言うと自分に返ってきます。
それは頭では知ってはいたのですが…。



19日(火曜日)の朝に紺太郎がいつもより早起きしました。
私はまだ寝ていたかったのですが、
「ママ起きて、朝ごはん作って~」とうるさかったです。
「まだ眠い」と言ったら、
夫に言った汚い言葉をそのまま言われました。。



なるべくそういう言葉は使わないようにしようと思いました。



でも気持ちのはけ口というか、、もって行きようがなくなるんですよね…。


期待するから腹が立つのでしょうが、。



「寂しいの」「大事にされていないようで悲しいの」と可愛く言えればいいのかもしれませんが…。


ちょうどある方のメルマガでこんな文章を読んだばかりでした。

>>>

(2年前は仕事ばかりしていた)社長は言います。


「自分が、家族と身の回りの仲間で幸せなヒトトキを過ごすやろ。
 それを皆がやってみい。
 世界中の人が、家族と仲間で幸せなヒトトキを過ごしたら、
 世界の平和ってホントにくるかもしれん。」


そしてよく、マザー・テレサの言葉を口にします。

「世界平和を願うなら、
 なるべく早く うちに帰りなさい」



>>




17日メールで「(遅くなるなら)もう帰ってこなくていいよ」と送りましたが、
(&2回目のメールにに↑のメルマガのマザーテレサの言葉)
帰ってきた夫に、
「あなたは自由でいいわね~」と言ったら、
「それはあんたでしょ」なんて言われました。



15日(金曜日)に夫が終電に乗り遅れた時もそうだったのですが、
「俺は悪いことはしていない。
だからあやまるつもりはない。」
とキッパリ言われました。



「一緒に時間を過ごせなくてごめんね」とでも言ってくれれば腹の虫もおさまるのに・・・。
なんでこの人はこうなんだろう。。





そしてもう一つ悲しいことが。
夫が急に春休みに休みがとれそうだから「どこかに行く」と言い出しました。
(行き先はまだ決まっていません。)


私が「ホントは紺太郎と二人で行きたいんでしょ?」と聞いてみると、



「うん・・・」


ですって!


ウソでも「3人がいいよ」と言うものじゃないですか??




涙が出てきましたよ。
勝手にすれば~~~、という気持ちです。




後で「3人で行くよ」と言ってきましたが、、もう気持ちが…。


この人にとって私は「じゃまな」人間なの?


言い訳として、、
「あなたは紺太郎と二人で色々と出かけている。
俺だって息子と二人で出かけたい」
なんていっていましたが。。



いつも仕事や私用で家族と時間を過ごせないから、
こういう時に一緒に旅行しよう、、とか言ってくれれば嬉しいのに。。
「行かないなら、俺一人で行く」とか言っていました。


いつも休みには「夫の実家」に遊びに行くのですが、
頭にきたので「春休みはあなたの実家にも行かないから」なんて買い言葉に売り言葉で言ってしまいました。
(でも、義両親も紺太郎も楽しみにしているので行きますが…。)



でもちょど他の方がブログで、
「夫は腹が立つことが多いけど、
夫は違う星の住む宇宙人。
同じ星に住んでいると思うから 腹が立つ。
星が違えば ルールも価値観も違って しょうがない。
どう折り合っていくかは、自分次第」


と書いているのを読みました。



ホントにそのとおりだな、、と。



こんな本もありますものね。
「男は火星から女は金星からやってきた」







人のこと言ってばかりではいけませんね。
自分のことも振り返らなければいけないのですが。。


私ももうちょっと柔らかく物事を言えるようになったら変わるのかもしれません。





まあ、なんでもすべて自分の気の持ちようで決まるのでしょうが、
(この人を選んだのは自分、
因果応報、全部自分が引き寄せていることなのでしょう)
修行がたりず、心がザワザワとしてしまいます。



こんな本があるので読んでみようかな~。
でも言わないで貯めていると爆発しそう…。






まあ、旅行は気持ちに蓋をして、どこかに行くことになると思うのですが…、、。
意地をはっていてもつまらないし。。



18日(月曜日)は夫は仕事が落ち着いたとのことで、
家で仕事をしていて夕飯も3人で食べました…。

20日(水曜日・祝日)も1日3人で過ごしました。
なので少し気がすみました…。


気がすんでみて振るかえると、
日曜日の懇親会だって「男の人は男の人の付き合いがある」と思いますし、、(女も?)
先週の金曜日の終電に乗り遅れたのも、上司の人と飲んでいたらしく、
「話に夢中になって時間を忘れる」ということは誰にでもあることだし・・・。
(でも、初めてのことではないので、「帰る」という意志をもって、
時間を気にしてほしかったです。
上司はタクシーで帰ったらしいです。
それに、帰らないと「実は上司とではなかったのかも?」なんて心配してしまいます。)


やはり(お互い様だけど)「言い方」なんだろうな。。
「俺は悪くない、だからあやまらない」なんて、、。


でも、もう「そういう人なんだ」と諦めることも必要なのかも。。


私も(日曜日に)「もう帰ってこなくていいよ」じゃなくて別の言葉があったのかな…。



「月曜日は家にいる」など先に教えてくれていたら、私も対応が違っていたのに。。
結局は「コミュニケーション不足」、、ってことなのかな・・・。


心が怒りで心が占領されたときに(心に波風が立ったときに)、うまく対処できるようになりたいものです。


色々とグチグチと申し訳ないです。



****


話は変わります。
私は来年度のPTA役員になったのですが(誰でも一度はやらなくてはいけない)、
年5回の講演会の企画をする係になりました。。


18日(月曜日)に委員会がありました。
「もし(私がファンの)今井ゆうぞうを呼んで、ミニライブをするのだったら、
いくらかかるんだろう。。
東宝にメールで問い合わせてみようかな。。」
なーんて思っていたら、


委員会で聞いたら、
学校からでる予算は1回1万円だそうで…。
(校内の方5千円。)
あまりにも安すぎ、、。
無理だわ。。




まあ人権・教育関係の企画にしなくてはいけないので、
ミニライブは元々無理ですね・・・^^;




お付き合いくださってありがとうございました。
後で恥しくなってこの日記は削除してしまうかもしれません。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : つぶやき。独り言・・。
ジャンル : 結婚・家庭生活

朝霞市博物館で電車スゴロク

<2013年3月17日 7才10ヶ月>




3月17日(日曜日)です。


紺太郎は朝起きて、前日に引き続きこの本にはまっていました。
(前日に全部読んでしまっています。
この本を紹介している日記はこちら


「電車で行こう!  60円で関東一周 (集英社みらい文庫) [新書] 豊田 巧 (著), 裕龍 ながれ (イラスト) 」です。







1303170002_convert_20130319131531.jpg



また全部読んでから「ボクだったら(関東一周するなら)どんなコースにしようかな~?」と地図を見ながら考え出しました。







パパも起きてきて、一緒に考えています。




↓「電車で行こう!」の本の中のコースです


1303160155_convert_20130316230711.jpg


↓本の中の「60円関東一周プランを各自で作るとしたら」のページです


1303200017_convert_20130320084839.jpg



長い距離なら800キロ…。
東京~広島間と同じ距離。。
それを普通電車で??
私はそんな長い距離なら無理だわ。。


これから、、もっともっと乗り鉄(電車に乗るのが好きなオタク)になっていくのかしら…。。。



(同じく鉄道好きな)夫と「あーだ、こーだ」と話し合っていました。



****


お昼をすぎて紺太郎と二人で埼玉県朝霞市にあります朝霞市博物館に行きました。




最寄り駅はJR武蔵野線・北朝霞駅、東武東上線朝霞台駅(池袋より17分)です。
(バス5分)


北朝霞駅前です。
人参のモチーフです。


1303170006_convert_20130319131758.jpg



バスに乗って着きました。
(入場無料)




1303170009_convert_20130319131836.jpg




「むかしのくらし展」が開催されています。


1303170010_convert_20130319131909.jpg





残念ながら展示物は撮影禁止でした。



とても面白かったです~。


まず土器パズルがありました。
初級、中級、上級で時間がかわります。
時間内に土器を組み立てられたらOK、
ダメなら時間になると土器が(磁石の関係で)くずれおちます。
二人がかりで初級をやり、何回目かで成功しました。
ハラハラドキドキしました。



1518.jpg
(画像は以下7枚とも朝霞市博物館HPより)




竪穴式住居の模型があります。



1514.jpg



縄文式、弥生式土器の展示です。
朝霞は湧き水が沢山でているので、昔から人が住んでいて、
多くの遺跡が発掘されているそうです。


1519.jpg





江戸時代は旧街道沿いの膝折宿(ひざおりしゅく)として発展しました。


1521.jpg



川での船の交通も発展しました。



1524.jpg



紺太郎が一番喜んだものが「東武東上線スゴロク」です。
電車の問題をタッチパネルで答えていくものです。
「各駅電車」「準急」「急行」の問題をやっていました。


1523.jpg





わからない問題だと、パネルの前から「ギャ~」と言って逃げ出してしまいます。
(私に託します)
間違うことに、、ビビリます。
いちいち逃げなくてもいいのに…。





朝霞は明治時代から伸銅産業が盛んでした(銅を伸ばして針金などにする)。
その展示も多かったです。



1538.jpg



タッチパネルクイズ川越街道道中双六など子どもむけに楽しいものが多かったです。



しかし、この川越街道双六が、、どうしてもゴールできない。
最後ゴールできず(持金ゼロ)にゲームが終わる時に、
マンガのキャラクターがうちひしがれている姿が出てきます。



他の子がやっていても、やっぱりその姿で終わっていて、
難しいんだろうな、、と思いました。

いつかリベンジしたいです!





こんな噴水があります。
外にでて少し散策ができます。


1303170013_convert_20130319131946.jpg


1303170018_convert_20130319132239.jpg




バスの時間まで時間が余ったので図書館で本を読みます。



1303170017_convert_20130319132142.jpg







「こんな企画展が今度ある!」と喜んでいたら、、「平成15年」、、昔のもののようです。


1303170014_convert_20130319132025.jpg





楽しかったです。
約2時間博物館で過ごしました。


17日、続きます。






お付き合いくださってありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 育児

デジタルえほんミュージアム・ワークショップ「ホントにへんしん!?」

<2013年3月16日 7才10ヶ月>




3月16日(土曜日)
の続きです(こちら)。


渋谷の後は新宿区市ヶ谷へ行きまして(お昼を食べて)、
大日本印刷、コミュニケーションプラザドットDNP、
B1F デジタルえほんミュージアムでの
ワークショップ「ホントにへんしん?」に参加しました。
(入場は無料、3時~4時半)


毛糸や布・紙で動物のお面や衣装をつくり、最後にはみんなで
ファッションショーや写真撮影会をするものです。
(ワークショップの参加費1500円)



最寄り駅は東京メトロ、都営地下鉄、JRの市ヶ谷駅です。


1303160069_convert_20130318172157.jpg



デジタルえほんミュージアムです。


1303160071_convert_20130318172239.jpg



ワークショップが始まる前にちょっと遊びます。
布でできた動物の顔のパーツを組み合わせるものです。



1303160072_convert_20130318172313.jpg



バチのようなもので叩くと画面が変わっていきます。



1303160073_convert_20130318172345.jpg





ワークショップがはじまりました。
最初に説明を聞きます。


1303160075_convert_20130318172418.jpg





何の動物を作るか決めてお面を作ります。
紺太郎は「トラ」に決めたようです。



1303160078_convert_20130318172452.jpg



洋服を作っていきます。


1303160080_convert_20130318172525.jpg



時間が足りなくなってきたので、助っ人のパパが登場です。


1303160083_convert_20130318172733.jpg



夢中になって作ります。

1303160085_convert_20130318172604.jpg




毛糸とテープで模様を作ります。
色々な素材があり、自分で選んで作っていきます。


1303160088_convert_20130318172643.jpg




出来上がり~。
後姿です。


1303160094_convert_20130318172813.jpg




前です。
トラというより、、、熊みたいですが…。


1303160103_convert_20130318172856.jpg





皆で記念撮影です。



1303160109_convert_20130318172929.jpg




2班に分かれてファッションショーです。
カメラマンの役もやります。
カメラはipadのようなものです。



1303160114_convert_20130318173000.jpg



紺太郎が歩く番です。


1303160120_convert_20130318173036.jpg




振り返って結構モデルのようなカッコイイポーズを決めていました。



こういうのを素直にやるのって、、子どもってカワイイな、、と思いました。
(私なんて恥しくて照れてしまうと思うので。
紺太郎も少し照れていましたが、一生懸命ポーズを作っていました。)



プリクラのようなところで背景を決めて写真撮影ができます。
(無料)



1303160144_convert_20130318173109.jpg



2種類の背景で撮ることができました。



1303160147_convert_20130318173144.jpg





あとは皆で撮った写真のデータを機械で見て、その場で現像して、
3枚お土産でいただきました。




ワークショップは1500円はちょっと高いような気もしないでもなかったのですが、
紺太郎はとても楽しかったようで、よかったです。
デジタルえほんミュージアムでは、色々なワークショップが行われています(こちら)。





デジタルえほんミュージアムで遊びます。
しりとりです。



1303160149_convert_20130318173216.jpg



サーキットのゲームです。

1303160150_convert_20130318173251.jpg




国名あてクイズです。


1303160153_convert_20130318173325.jpg




夫は地理は得意なので、ほとんど正解していました。
アジア、ヨーロッパ、アメリカ、アフリカと
それぞれ3~4のコースがあり、
全問やったので、とても時間がかかりました…。




朝の5時半から起きていた紺太郎は、帰りの電車の中では寝ていました。
長い一日だったようです。
楽しみにしていた日がやっときてよかったです。





お付き合いくださってありがとうございました。
18日(月曜日)は朝のワイドショーで放送していた「東横線とメトロ直通」のニュースを2つ番組を録画してあげて、
夜に紺太郎と一緒に見ました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 育児

東急東横線が東京メトロとつながる

<2013年3月16日 7才10ヶ月>



3月16日(土曜日)の続きです(こちら)。



東急東横線が東京メトロ副都心線とつながる日です。
(今までの東急東横線の渋谷駅は15日でなくなりました。)




朝の5時半から起きて楽しみにしていた紺太郎ですが、
お昼前に家を出ました。


途中で夫と待ち合わせをしました。




今まで東横線の上りの表示は全部「渋谷行き」でしたが、変わっています。



「新宿三丁目」行き



1303160047_convert_20130317110450.jpg



「和光市」行き


1303160046_convert_20130317110414.jpg



東横線の駅に東武の電車が停まっています。


1303160041_convert_20130317110330.jpg




紺太郎は電車の中では一番前に立ってかぶりついて見ていました。


1303160032_convert_20130317110244.jpg




代官山駅は地上から地下になりました。


1303160051_convert_20130317110541.jpg







渋谷駅です。
15日(金曜日)までは地上にあった駅が地下にあります。
西武線の電車です。



1303160053_convert_20130317110621.jpg




パンダグラフの上の架線が線ではなくて棒のようです。



1303160057_convert_20130317110702.jpg




駅を上から見た画像です。


biz13031620410013-n1.jpg
(画像はMSNニュースより)



ポスターです。


1303160058_convert_20130317110741.jpg



キョロキョロと見学します。


1303160060_convert_20130317110825.jpg



1303160062_convert_20130317110904.jpg




紺太郎がずっと楽しみにしていた一大イベントの日でした。
満足したようです。




紺太郎は喜んでいますが、
地上2階にあった東横線のホームが地下5階に移り、
JRへの乗り換えが遠くなったり、
より混雑している、、と不満も出ているようです。



色々と町は変化するんですね…。



東急デパート東館も3月で閉店です。
東急グループやJR東日本などは平成39年度までに、
駅跡地やその周辺に大型の複合ビル5棟を建てる計画を進めているそうです。

JR山手線と埼京線(湘南新宿ライン)のホームが350mも離れていて遠かったのも近くなるそうです。
山手線と並行の位置に埼京線のホーム(東横線の駅跡)が作られる予定です。




15日以前の各路線の駅位置です。

20130315_04.jpg


再開発後です。


20130315_05.jpg


15日までの渋谷駅です。


20130315_02.jpg


(3枚の画像はNHKより。
この15日の朝のNHKニュースを紺太郎と一緒に見ていました。)





町が変わるのは仕方ないけど、もとあったものがなくなる、、
というのも寂しいです。



16日、続きます。





お付き合いくださってありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

「電車で行こう」「ひまわりのかっちゃん」「青春ひまわりのかっちゃん」

<2013年3月16日 7才10ヶ月>



3月16日(土曜日)、
とうとうこの日がやってきました。
東急東横線と東京メトロがつながる日です。
(今までの「東急東横線の渋谷駅」が15日でなくなりました。)


東急電鉄で働く夢を持っていた紺太郎はずっと前からこの日をとっても楽しみにしていて、
1月にはこんなノート↓を作っていたくらいでした(こちら)。



1301270007toyokosennote.jpg



16日に東横線に乗りに行くのをずっと楽しみにしていました。


そして、、今日起きたのが、、、朝の5時半…^^;


お昼の3時から都内のあるワークショップを申し込んでいたので、
「お昼前に出ようね」と言っておいたのに・・・・。



5時半から「あ~ぁ、、早く乗りたい!」と私の布団の隣でため息交じりに何度もつぶやきます。



あ~~、うるさい~~~!!



いっそのこと朝5時台に電車に乗って、家にまた戻ってまた3時に間に合うように出るか、
帰らずに都内のお風呂屋さんでもいって時間をつぶすか、、
と考えましたが、
やはり朝の5時台に家を出たくないわ…。



それに、夫も一緒に行くことになっていたのですが、
朝起きると布団にいないし。。



メールを確認すると、
「終電乗り遅れた。明日待ち合わせしていく」
なんて書いてあるし。。


もう、週に1回しか帰ってこないのに、、
その1回くらいちゃんと帰ってきてほしいわ。。(怒)
それも終電に乗れなかったのは初めてのことじゃないし。
(でも夫は私が怒っているのが理解できないようです。)


で、帰りが遅かったその夫を電話で起こすのもなんだな、、と色々と考えました。



考えたのは、買ってあってまだ出していない本を出すことでした。
「これでも読んでて~」と7時前に渡すと大喜びです。




「電車で行こう!  60円で関東一周 (集英社みらい文庫) [新書] 豊田 巧 (著), 裕龍 ながれ (イラスト) 」です。





先週湯島天神こちら)へ行ってお寿司屋さんに入ったときに、
お隣のテーブルに紺太郎と同じくらいの男の子がいて、
このシリーズの本を持っていました。
「へぇ、こんな本があるんだ、、。紺太郎が絶対好きそう…!」
と調べて購入したのです。



私がまた寝て9時ごろ起きると、
紺太郎はEテレ(教育テレビ)を見ていました。
(この時間帯は毎週「おさるのジョージ」「ひつじのショーン」「はなかっぱ」「すイエんサー」などを見ています。)


私が本をみて「これ、途中まで読んだ?」と聞くと、


「もう、とっくに全部読んじゃったよ!ちょ~~~面白かった!」と。
そして、「面白かったからまた読む~」と読み始めました。



「小学校中学年以上」なので小1には早いかな?と思ったのですが、
漢字にフリガナがふってあるし、
お話がおもしろかったようです。
電車好きの子にはお勧めです。



1303160156_convert_20130316230753.jpg


1303160157_convert_20130316230829.jpg


1303160155_convert_20130316230711.jpg






シリーズの他の本も読みたいというので、(図書館にないので)買おうと思います。



    



***


東横線に乗った話は次回にして、ついでに本の話を。



紺太郎はよく本を読みます。
親バカになりますが、
「小1なのに、(漢字も全部わからないのに)こんな長い本をよく集中して読むな。。」
と感心することがたまにあります。


 




3月13日(火曜日)には(大人向けの本の)「ひまわりのかっちゃん 西川つかさ 講談社」を真剣に途中まで読んでいました。






1303130001_convert_20130316230625.jpg




この本は私が読んだ本なのです(こちら)。
実話です。
小5までひらがなもロクに書けず、
1+1=11と書いていたような落ちこぼれの子(かっちゃん)が、
転校していい先生(森田先生)に出会い、勉強の面白さを知って、
卒業の時にはオール5になり卒業生代表で答辞を読むくらいになった話です。
著者の西川つかささんは「おかあさんといっしょ」などの放送作家です。



ちなみに私は続編の「青春 ひまわりのかっちゃん 西川つかさ 講談社」も読みました。








前書きに書いてあったのですが、
「(前作を出して)
その恩師のおかげで勉強もスポーツもできるようになったボクが、その後も努力を怠ることなく続け、自分の望みどおりに現在の職業に就くことができたのだろうと思っている人が少なからずいることを知り、戸惑いを覚えた」

そうで、
そうではなかったことをこの続編で書いています。


自分の望む高校へ両親の思惑で行けず、
「反抗と挫折」「無力感と喪失感」に満ち満ちた青春時代だったようです。

番をはっている子から目をつけられ、
「顔をかせ」と痛めつけられることが何度もありました。
勉強で競っていた同級生の女の子が自殺してしまったりもします。。
悩んで苦しんで自分なりに懸命に生きていました…。
でもその過去があるから、現在の自分がいると思えるようになったそうです。



そんなお話でした。
とてもひきこまれた話でした。



***


で、話を紺太郎が読んでいる「ひまわりのかっちゃん」に戻しますが、
「おもしろい~」と読んでいます。


しかし、まだ小1で知らなくてもよいようなドロドロした話も入っているので、
「どうかな?」ととまどいを感じます。


母親と父方の実家との対立、
その実家はお兄さんをかっちゃんと差別してかわいがる、
お母さんからも兄弟のえこひいきがある、、
勉強がわからないからと母親がかっちゃんを殴る、、
などなど、、。


小1の子はまだ素直で純粋なので、
そういう人間関係の影はもう少し先に知ってもいいような気もします・・・。


まあ、「おとぎ話」でもそうとう残酷な場面や意地悪な人は出てきますが、
「かっちゃん」はみょうに話がリアルなんですよね。。


本人が「おもしろい~」と読んでいるのですが…。。
いいのかな。。


ちょっと隅にかくしておいて、
本人が「読みたい」と言ったら出そうかしら・・・。



***



話はそれます。

2月に紺太郎が算数のテストを持って帰りました。




CAUMSJTP.jpg


その時に、「(席が前の)Bくんは35点だったんだよね・・・。↑この部分はほとんど間違いだった。」なんて言っていました。


Bくんとは、
授業参観に行くと、落ち着きがなくてキョロキョロしていて、
先生がお話している途中なのに後ろを向いて他の子に話しかけているような子です。


(誤解されたくないのですが、以下の話は上から目線で書いているつもりはありません。
結構こういう子が将来大物になったりすることがありますので…。)


で、その話を紺太郎から聞いたときに、
わたしは「ひまわりのかっちゃん」を読んだばかりだったので、
「ママがBくんにこの問題を教える場合、
どう教えたらわかってくれるのかな~」
なんてつぶやきました。


やはり指導者次第で子どもは変わる場合がありますので。。
かっちゃんの森田先生はスゴイな、、、と算数のプリントを見ながら
考えていました。


すると、紺太郎が、
「あのね~、Bくんは人の話を聞かないんだよねぇ!
だから、わからないんだよ。」

と。。


わかったふうに言うので、苦笑いをしてしまいました。
でも一理あります。


紺太郎もこれからも先生や人の話しは聞こうね。。
私が何か言っても「はーい・・・」「はいはい」と返事だけのことが多いよ・・・^^;



3月16日、続きます。



お付き合いくださってありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

ホテルメトロポリタンのビュッフェ「クロスダイン」

<2013年3月14日 >



グルメネタが続きます。


3月14日(木曜日)は高校時代の友達たちと池袋にありますホテルメトロポリタン1Fのダイニングクロスダインへ行ってきました。




2780円和・洋・中のバイキングが楽しめます。
(時間制限なし)
(10%引きのクーポンを友達が持っていたので2502円でした。)




友達が予約して11時半に行ったのですが、その時点でほぼ満席状態でした。



CAIFYQ74.jpg


CA89VEWD.jpg
(↑盛るのが下手です(汗)。)



12時半から数量限定のタイム・サービス品「ローストビーフが出ました。
すぐに並んでいただきましたが
店の外まで行列ができて、すぐに品切れになっていました。


ローストビーフが柔らかくて美味しかったです~。
西洋わさびがまたいいんです。


もうお腹一杯…。
夕ご飯の時間になってもお腹がすかないくらいでした。。
(一応ちょっとだけ食べました。)


バイキングは、、欲張りなので食べすぎちゃいます…。
友達に言おう。。
今度の集まる場所は「なるべくバイキングは避けて」、、と。。


話に花が咲きました。
学生時代の友達はいいですね。
「こんなことを言ったら嫌われる。」
「変な人だと思われる」
という心配がないから。。
お互いつっこんだことも聞けるし…。
ズケズケ物を言ってくれるところも気持ちいいです。
(言われても不思議とカチンとこないところが学生時代の友達のよさ?です。)


あ、もう十分「変な人」だと思われているかも(笑)。
でもそれでも「付き合ってもらえる」安心感があります。



まあ、これから嫌われる可能性がまったくないわけではないのですが…^^;。


幹事役の友達は旦那様の海外赴任(オーストラリア)から数年前に戻ってきたのですが、
また海外へ行くかもしれないそうです。
そうなると寂しいな。。
(お子さんは帰国子女です。
帰国子女の強みだけでは世の中厳しいですけど、
素直に英語に不自由がないのは羨ましいです。
その分日本語力では苦労するのかもしれませんが・・・。)



男の子先輩ママからお古のお洋服も沢山いただきました。
ありがたいです~。
大事に使おうと思います。





お付き合いくださってありがとうございます。
去年の10月に体操教室で「逆上がり」ができたのですが、それ以後またできなくなってしまっていました。
15日の体操教室でまた逆上がりができました。
今度はずっとできるようになるといいです。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

恵比寿で1500円のふかひれランチ・筑紫楼

<2013年3月13日 7才10ヶ月>



3月13日(水曜日)は午前中に恵比寿で用事があり行ってきました。



そしてランチにふかひれ料理で有名な筑紫楼(つくしろう)へ。


前に他の方がブログで紹介されていて、
一度行ってみたかったのです。


平日ランチですと、ふかひれセット1500円があります。




CAV7HRXP.jpg

CAH6HG2F.jpg


ふかひれの煮込み
蒸し鶏の四川辛味ソース
大正海老のマヨネーズ和え
温野菜の湯葉あんかけ
本日のスープ(海苔が入っていました)
漬物
白飯
アンニンドウフ


でした。


ふかひれの煮込みがおいし~。
濃厚です。
3300円だすとランチで姿煮が食べられますが、
1500円ですと、ふかひれの切れ端みたいのしか入っていません…。
それでも美味しかったです。
「ふかひれの固まり」なんて、、しばらく食べていないかも。。
今度いつか贅沢して姿煮の方を食べてみたいな…。



ただ、煮込みがスープですので、
本日のスープはいらなかったような気もします。
(汁物ばかりになってしまいます。)



アンニンドウフも量がたっぷりあって、美味しかったです。



お付き合いくださってありがとうございました。
ホワイトデーのお返しに義母にフォトチョコ(こちら)を送ったら、
電話があり、とても喜んでいました^^


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

英会話教室をどうするか

<2013年3月12、13日 7才10ヶ月>


12日(火曜日)に「元気なのか?」と義両親から電話がありました。


紺太郎は16日にメトロとつながる東横線の電車の話をおじいちゃん(義父)に一生懸命していました。

でも、
「ぼくね~、鉄道(東急電鉄)の会社に勤めるのはやめたの。
鉄道は趣味にして、仕事は別のほうがいいって言われたから~」
なんて言っていました。



私が何気なく言った言葉を「素直に」とっているんだな、、と
自分の発言の責任を感じました。
子どもって親の言ったことに結構左右されるものなんですね…。


おじいちゃんは、「ま、なんでもいいよ~」なんて言っていました。
「人の悪口は陰で言ってはいけないよ。
悪口は回りまわって自分の所に帰ってくるからね」
なんてことも言っていました。



せっかく素直な時期なので、
こういう「いいこと」も伝えたいものです。



***


親の言葉に左右される、、で思い出したことを。


紺太郎はここ最近ずっと「英語(英会話教室)がやだ~」「わかんない~」と言っていました。


でも私が「幼稚園でせっかく英語にふれていきて、今やめると忘れちゃってもったいないからね」
「これから英語は必要な時代にもっとなると思う」と言っていたので、
夫が、英会話教室のことを聞いても、
「やだ、、
でも、やるの…」
と夫にとっては訳のわからない返事をしていました。




私もあと半年ぐらい様子を見ようと思っていたのですが、
毎週木曜日になると、
「あぁ~、今日英語だ、、やだな~」という言葉を口にします。



英語=やだ

という図式が出来上がると、、、困ります。
紺太郎にそれを言うと、
「そんなの、もう、とっくにイヤだよ」と。。



もっと聞いてみると、
前に振り替えで行った火曜日のクラスだったら楽しいそうです。
先生の違いなのかと思いましたが、
教室に聞くと、テキストは同じだけど火曜日の方が簡単だとか。。
(火曜日の先生は来月に変わってしまうそうです。)








例えば、

It's an appleで火曜日は許されるけど、
木曜日だと、
It's a red apple
まで言わないと許されない、、、そんな違いだ、、と言われました。



半年様子を見ようと思っていましたが、
考え直して、
他の英語教室(ラボ・英語劇を中心に活動)も体験に行ってきました。
本人も気に入っていますが、
見ていて「英語」とふれあう、、という点では私はちょっと物足りなさも感じました。。
表現力やコミュニケーション力をつけるのにはいいと思いましたが…。




今行っているところは、
ネイティブの先生一人に小1、小2の生徒が4人です。
少人数の対話形式でネイティブの生きた英語に触れ合えます。


それをなくしてしまうのももったいないような気もします。。
悩みます。。





ちなみに、
先週の木曜日(7日)オブザベーション(見学会)があり行ってきました。


そこでも先生は細かく生徒の言っている文章を直してくれたり、
人数的に丁度よかったです。

でも、
45秒で何枚もカードを見て答えるゲームがありました。、
カードに「hobby」とあれば、
「What's your hobby?」と自分で聞いて、
「my hoppy is~」と答えるようなものです。


他の子は45秒で全部のカードの質問に答えていましたが、
紺太郎は途中でつまって、泣き出してしまいました^^;
(こういう質問は宿題になっていて、練習して行ったのですが・・・。)




なんだか、、
もう「木曜日はやだ」という心情ができあがっています。



来週、英会話教室の火曜日のクラスを私が見学させてもらうので、
またそれから考えようと思います…。



「わからない」と言っていても、通ううちにわかって面白くなるかもしれないので、それを待つか、、
火曜日に移るか、
英語なんて本人がやる気になればいつでも習えるので、
スパっとやめてしまうか。。
(でもRとLの発音の違いなどは小さいうちのほうがいいと思いますが)
でもせっかく幼稚園は英語の環境だったので、今やめてしまうのはもったいので何かはやらせたいです。



英語を何のために学ぶのか、、と問われれば、
「コミュニケーションのツールのため」なのですが…。
(あと、英語を話すときに物おじしないで話せるようになってほしいし、
中学からの英語のリスニングなども有利になればいいな、、なんて思っています。)




習い事を「いや」と言えば「やめられる」と思われるのもイヤです。。



本人は「今の学校の火曜日のクラスか、ラボか」と言っています。
結局、親の意見(言葉)で決まりそうです。



時間とお金に余裕があれば、両方やらせたいんだけど。。
それはちょっと…。


もう少し考えようと思います。



グダグダとすみません。
お付き合いくださってありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

7才10ヶ月で借りた本「宇宙の迷路」「川」

<2013年3月 7才10ヶ月>




3月前半に図書館で借りた絵本の記録です。



1303120019_convert_20130312214814.jpg


1303120021_convert_20130312214844.jpg




この中から紺太郎が選んだベスト7です。


1位は「宇宙の迷路 香川元太郎 PHP研究所」です。







2位は「じしん かみなり かじ じいちゃん 岡田 ゆたか (著), 篠原 良隆 (イラスト) ポプラ社」です。








3位は「川 絵巻えほん 前川かずお こぐま社」です。







こちらは文章はなく、ただ絵が続いています。



1303120024_convert_20130312214913.jpg




4位は、「たこきちとおぼうさん 工藤ノリコ PHP研究所」です。







5位は「地球をほる 川端誠 BL出版」です。






日本から地面を掘って、ナナメに出てアメリカに着く話です。
ナンセンスですが、おもしろいです。




6位は「どうぶつえんのおいしゃさん(かがくのとも傑作集)降矢洋子 福音館書店」です。








7位は「からすのパンやさん 加古里子 偕成社」です。
この本は「おもしろいから続けて読む~」と言っていました。








あとは私がいいと思ったのは、「21世紀こども百科 もののはじまり館 [大型本] 近藤二郎 (著)  小学館」です。






もののはじまりを絵でわかりやすく解説しています。



1303120025_convert_20130312214943.jpg




↓「警察」のページは先月に「警察博物館」へ行ったばかりで(こちら)、
タイムリーでした。




1303120027_convert_20130312215014.jpg



赤いバイクとも一緒に写真を撮ったので、「これ見たね~」と読んで喜んでいました。


こんな本もあるようです。
↓これも表紙に警察の赤いバイクが載っています。






今は図鑑もおもしろそうなものが沢山あって、目移りしてしまいます。





お付き合いくださってありがとうございました。
12日(火曜日)は先月家に遊びに来た男の子3人のママさんとランチでした。
色々と情報交換ができてよかったです。
先月私が行けなかった「学習発表会」の授業参観は、
感動で泣いているお母さん方がいたそうです。
「大きなカブ」の劇もやったそうです。
仕方なかったけど、見たかったなぁ~。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

越生梅林の梅祭り

<2013年3月10日 7才10ヶ月>




3月10日(日曜日)です。


「学校で習った~」と計算ピラミッドを作っていました。
隣の数を足して、上に書いていきます。


問題を作るのが楽しいようです。



1303100001_convert_20130311212336.jpg



それから紺太郎と二人で埼玉県越生市にあります越生梅林へ行ってきました。


最寄り駅はJR、東武越生線、越生駅です。(バス10分)


越生梅林は関東三大梅林に数えられ、約2ヘクタールの園内には1000本の梅の木が植えられています。




3月24日(日曜日)まで梅祭りが行われています。
(入場大人200円、小学生以下無料)




HP上では白梅の開花5割とありましたが、
とってもキレイでした。


1303100003_convert_20130311212405.jpg



1303100004_convert_20130311212436.jpg




越生駅でバスを待っている間、すごい風で空が黄色くなっていました。
花粉か黄砂かPM2.5か煙霧なのか、、
あまりにもすごいので↑マスクをさせました。



バス停の前が杉の山だったのですが、
大風が吹くたびに、コマーシャルで見るような黄色い花粉が木々から吹き出ていて、見ていて気持ちのいいものではありませんでした。。




去年も来たのですが、去年は風でおめあてのミニSLは中止でした。
やはり風の為、中断しているとのこと。。




1303100007_convert_20130311212509.jpg




駅でバスを待っている間に仲良くなった家族がありました。
小学校1年生のてっちゃんです。
紺太郎は体重は21キロくらいですが、てっちゃんは35キロだとか。。
大きいです。
とっても人懐っこくて、仲良しになりました。



1303100009_convert_20130311212537.jpg




SLが再開されたので、てっちゃん家族と一緒にのります。


1303100011_convert_20130311212607.jpg




私も梅の下をくぐって乗るのは気持ちよさそうなので、乗ってみました。
よかったです~。(一人200円)



1303100016_convert_20130311212642.jpg




紺太郎は乗り終わっても、機関車に興味津々でした。




1303100019_convert_20130311212715.jpg





獅子舞踊りです。



1303100022_convert_20130311212744.jpg




やぐら
があり、上から梅園を見渡せます。




1303100024_convert_20130311212817.jpg


1303100025_convert_20130311212847.jpg


1303100027_convert_20130311212949.jpg





紺太郎は高い所が苦手です(笑)。
ビビッています。



1303100026_convert_20130311212918.jpg




お昼におそば、うどん、おでんを食べました。



1303100028_convert_20130311213021.jpg




紺太郎は色々と食べたがります。
たまにはいいかな・・・。

チョコバナナです。



1303100029_convert_20130311213053.jpg




ポテトです。


1303100035_convert_20130311213126.jpg





川でてっちゃん家族と遊びます。



1303100036_convert_20130311213215.jpg




靴がぬれます。



1303100037_convert_20130311213254.jpg




泥遊びになってしまいました。



1303100038_convert_20130311213330.jpg




1時間以上川で遊んでいました。
私が「帰るよ~」と言っても、「ダメ~、もっと遊ぶ~!」と楽しかったようです。


1303100041_convert_20130311213404.jpg






てっちゃんはお父さん、お母さん、お姉ちゃんと来ていました。
うちは二人っきりだったので、
一緒に遊べてよかったです。




てっちゃんに「お父さんは?」と聞かれて、
紺太郎は「いな~い」と答えていました。
いないわけではないのだけど。。^^;
(夫は私用で泊りがけで出かけてしまいました。)
最近家族3人で休日をすごしていないな…。



梅は綺麗でしたし、てっちゃんのおかげで一日楽しかったです。
ありがとう~!






お付き合いくださってありがとうございました。

震災から2年ですね…。
朝からテレビを見ていて家族を失った方の話で涙してしまいました。
亡くなった方々のご冥福をお祈りいたします。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 育児

下町風俗資料館

<2013年3月9日 7才10ヶ月>



3月9日(土曜日)湯島天神へ行ってからの続きです(こちら)。



湯島から不忍池(しのばすのいけ)へ歩きます。



1303090031_convert_20130310214405.jpg





池沿いを上野の方面に歩いていき、下町風俗資料館へ入りました。
(大人300円、子ども100円)

古き良き下町の文化を次の世代へ伝えるための資料館です。




1303090033_convert_20130310214440.jpg




入り口では、
68年前の3月10日の東京大空襲についての紙芝居が行われていました。



1303090036_convert_20130310214515.jpg



生演奏の音楽つきの紙芝居でしたが、
人が黒こげになった写真&絵などもあり、
小さな子ども(小学校低学年)には刺激が強すぎるような気もしました…。
平和を考えるにはとてもいいお話だと思いましたが。。



1階昔の長屋を再現したものがあります。
井戸です。



1303090037_convert_20130310214600.jpg




駄菓子屋さんです。



1303090038_convert_20130310214632.jpg


1303090040_convert_20130310214819.jpg





時代ごとの長屋の様子を示したパネルです。



1303090043_convert_20130310214856.jpg






昔の下水道です。



1303090044_convert_20130310214929.jpg




2階へ行きます。
けん玉など昔のおもちゃで遊べます。



1303090047_convert_20130310220512.jpg






パチンコのようなものにはまっていました。


1303090048_convert_20130310215035.jpg




銭湯の番台があります。



1303090051_convert_20130310215107.jpg




座ることもできます。
私も座りました。


1303090054_convert_20130310215221.jpg



昭和30年代のお部屋です。



1303090052_convert_20130310215141.jpg



2階には他にも昔のパズルやゲームなどがあり、
紺太郎はずっとはまってやっていました。




私が「疲れたから帰ろう~」と言っても、
動かなくて困りました。



約1時間半、こちらでたっぷり遊んで帰ってきました。
楽しかったです。




お付き合いくださってありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 育児

自家製漢字テストと湯島天神の梅

<2013年3月8、9日 7才10ヶ月>



3月8日(金曜日)
の夜に紺太郎は国語の教科書の最後のページの方を見せてきました。
「これが1年生で習う漢字だよ~」と。



私がそれを見て「テスト作ってあげようか?」と言うと、
「うん!」と。


5問選んで勝手に紙に書いたら、
「ちゃんと学校と同じようなテストにして~」と言い出したので、
メンドクサイ…。




「ボクが見本を書くから」と書いていました。




1303090058_convert_20130309215755.jpg



「ママも作って~」と言うので、夫が帰ってきたので丸投げ。。
夫が作ってくれました。


夫は仕事で前の晩は徹夜だったようで、
申し訳なかったけど…^^;
やさしいパパです。



1303090059_convert_20130309215825.jpg



「耳」
を間違えていました。
1年生の漢字なんて簡単だから完璧に覚えているものだと思っていたけど、
ちゃんと覚えていないものもあることを知りました。
きちんと覚えてほしいです。



***


3月9日(土曜日)は紺太郎と二人で、文京区にあります湯島天神へ行ってきました。



最寄り駅はメトロ千代田線の湯島です。



8日まで「梅祭り」でした。
境内の白梅の見頃は終わっていましたが、
境内の回りの梅は満開でキレイなものが多かったです。



1303090002_convert_20130309215136.jpg




とてもいい匂いでした。


1303090005_convert_20130309215206.jpg




絵馬が沢山です。


1303090008_convert_20130309215237.jpg




ランドセル型のお守りを買いました。
去年も買って、ランドセルにつけていたのですが、
落としてしまったので、またつけたいです。



1303090012_convert_20130309215308.jpg






庭を散歩します。


1303090014_convert_20130309215344.jpg




おみくじを買いました。「吉」でした。



1303090015_convert_20130309215416.jpg



男坂の上です。


1303090017_convert_20130309215451.jpg



女坂です。


1303090021_convert_20130309215528.jpg



男坂の下です。


1303090027_convert_20130309215603.jpg




お昼にはすしざんまい 湯島店に行きました。
去年も入って美味しかったので・・。


1303090029_convert_20130309215720.jpg





とても美味しかったです。




9日、続きます。





お付き合いくださってありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 育児

椿油っていいかも

<2013年3月8日 >



夏は毎日シャンプーをしていますが、
前は冬は2日に1回のペースでシャンプーをしていました。


しかし、最近冬でも毎日髪の毛を洗っていても夕方になるとなんとな~くなのですが汗くさくなってきました。


男性には加齢臭というものがあると知られていますが、
女性にもある、、という話をきいたことがあります。



もしかして、、私も「それ??」と危惧していました。



で、
先日NHKの「あさイチ」をなにげなく見ていたら、椿油のことを紹介していました。


ふけ、かゆみのある髪の毛に、、ということでした。


私はふけはないと思うのですが、
何となく見ていて「よさげ」だったので買ってみることにしました。









この1週間2日に1回くらいのペースで使っています。


あまり真剣にテレビを見ていなかったのですが、
テレビでは、シャンプーをする10~30分前に水で溶かした椿油を髪につけ、頭皮をマッサージします。
タオルなどで髪をまいてそのまま置きます。


そしてシャンプーで洗い流します。



髪の毛を乾かした後も椿油をつけます。


(確実ではないのですが)そんなふうに記憶しています。



でも、私はメンドクサガリ屋なので、
シャンプーする直前に水にもうすめず(うすめる時もあり)椿油を頭につけて、
ちょっとマッサージします。


そしてシャンプーします。


寝るときに枕に油がつくのがいやなので、シャンプー後は油は塗りません。



すると、、


ここ最近、夕方になっても頭が汗臭くないのです。
ちょっと驚きました。


推測ですが、マッサージにより頭皮の汚れがきちんと落ちているのかな??


それに髪の毛がなんとなくいい感じ。
手でさわるとツヤがあるような気がします。


また椿油の匂いがあまり好きじゃないのですが、髪の毛にも匂いが残らないです。




夕方の汗臭さがなくなってきて嬉しいので、気に入りました。
ちょっと続けようかと思っています。






お付き合いくださってありがとうございました。
今日、髪を切りに行きました。さっぱりして気に入っています。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 健康、美容、ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

将来の夢の手紙

<2013年3月4、5日 7才10ヶ月>



親バカ記録です。


3月4日(月曜日)の夕方に「しょうらいのゆめ」という題名で、
「ママへ」と手紙をくれました。



ママへ

大すきだよ
あのね、じつは ぼく けんちくかになりたいの。
それでお金をかせいで、
新幹線のグランクラスにのりたいの。
できるかくりつはなん%?

きっておくってね



1303040005_convert_20130307210643.jpg



とありました。

それで、

「100%」と書いて


「ママも大好きです。
こんちゃんには むげんのかのうせいがあるから、
どりょくすれば なににだってなれるよ。」


とお返事をしました。


するとまた手紙をくれました。


ママへ
大すきです。




1303040012_convert_20130307210715.jpg




うれしいな~。
こんなこと書いてくれるのは、いつくらいまでなんだろう…。


紺太郎の夢はずっと「鉄道会社につとめること」だったのですが、
最近私が、(深い意味はなく)「他のことでお金をかせいで、鉄道は趣味にすれば~」なんて言っていたのです。
結構子どもって素直に大人の言うことを聞きますね…。
ヘタなことは言えないわ…。



私が(深い意味はなく)「お金持ちはいいよ~」なんて言っているので、
自分の家の絵がお隣の家より大きいのかな…。。


「もうちょっと広い所に住みたいな~」なんて言っているので、
そういうのが出たのかもしれません…。





***



3月5日(火曜日)は紺太郎は小学生になって自分で約束して
初めてお友達の家へ遊びに行きました。
2月にうちに遊びにきた子の一人の家です(こちら)。
2月の時のメンバー4人と、近所の違うクラスの女の子、
幼稚園生の妹さん、その友達と、、
一体何人その家に子どもが集まったのか、、よくわからず・・・。

大騒ぎだったようです。


私が送り迎えをしました。
1時間15分遊びました。



とても楽しかったようでよかったです。
まもなくそのお友達は引っ越しちゃうそうで、、それが残念。


みんなDSをしていたそうです。
うちは持っていなかったので、見ていただけだったそうですが、
面白かったようです。






そのうち「ほしい」と言い出すのかな…。
様子をみようと思います。



お付き合いくださってありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

ウィルス性胃腸炎5日目、完治へ

<2013年3月3日 7才10ヶ月>




紺太郎が2月27日(水曜日)からウィルス性胃腸炎になった記録です。



以下↓ちょっと汚い表現があります。


5日目3月3日(日曜日)です。




紺太郎はもうすっかり元気です。
熱もありません。



私は前日の夜に飲んだ正露丸がきいたようで下痢が止まっていました。



午前中にマスクをして薬局に(なくなってしまった)正露丸を買いにいきました。
ついでにコンビニでアクエリアスや、
紺太郎のリクエストの梅干のおにぎりやネバネバサラダを買いました。





いつも「おかゆ」は鍋に「炊いたご飯」を水を入れてコトコト煮ていたのですが、
初めて炊飯器でおかゆを作ってみました。
結構うまくできるものなんですね。
美味しかったです。



1303030002_convert_20130305221356.jpg



私は横になっていることが多かったので、
紺太郎は一人で遊んでいました。



後で子ども部屋を見てみると、「遊びの残像」がありました。
コレを後で見るのは楽しいです。
カワイイです。



1303040003_convert_20130305221424.jpg

1303040004_convert_20130305221450.jpg


 





あとは、
私が寝ている所へきて、
「ボクね~、ママといっしょにいたいの~」なんて言って
私のお布団に入ってくる姿がカワイイ。。
萌えました。。


あと何年こんなことを言ってくれるのだろう・・・。




あと、
「あのね、ボクね、鉄道の仕事にも興味があるけど、
建築家にも興味があるんだ~。
建てるのが好きだから~」
なんて話が聞けました。
いつか(将来の夢は)鉄道関係以外に目が向くかな?、、と思っていたのですが、
思ったより早かったです。
また戻ったり、色々と変わるのでしょう。




本当はこの週末は梅が見頃だったので湯島天神へ二人で行く計画を立てていました。



病気になる前に「行こうね」と話していたので、
紺太郎は「行きたかった~!」と泣いていました。
そんなことで涙流さなくても、、、と思いましたが…。




(うつらないようにと帰ってこなかった)夫は電話で話をするだけでしたが、
私が、
「(具合が)きつい~。ツライ~。
あ、明日、紺太郎は学校行けるかな?」
と言うと、
「うん、そっちのほうが心配だ」と。




ちょっとムカっ…(苦笑)。
もう少し優しい言葉をかけてくれてもいいのに。。



でも、
義母が「すぐに食べられるものを送りました。次の日の午前中に届きます。
早くよくなるといいね。
●●(地名)に行けなくてごめんね」
とメールがありました。

いい人です。



紺太郎におばあちゃんのメールを見せると、
「パパと大違いだね~」
なんて言っていました^^;



まあ、パパはお仕事だから。。




月曜日に義母からの宅急便には、
お赤飯、きんぴらごぼう、カボチャサラダ、
青菜のジャコ炒め、おから、のびるの油味噌、ゆで卵
レトルトのカレー、ツナ缶、サバ缶、
などすぐに食べられるものが沢山入っていました。
ありがたいです。



こうして紺太郎も私も4日(月曜日)にはすっかりよくなり、
紺太郎は学校へ行き、普通の生活へ、
私も普通に近い生活をはじめました。
(たまにお腹がグルグルしましたが。)
よかったです。



健康とはありがたいものだ、、ということをしみじみと感じました。





これで終わりです。
長くなりまして、お付き合いくださっていありがとうございました。




にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

ウィルス性胃腸炎4日目、私にうつる

<2013年3月2日 7才10ヶ月>




紺太郎が2月27日(水曜日)からウィルス性胃腸炎になった記録です。
もう紺太郎は元気になり3月4日(月曜日)から学校へ行っていますので、ご心配なさらないでください^^。



↓以下汚い表現があります。苦手な方はスルーしてください。



4日目3月2日(土曜日)の朝です。






紺太郎は起きるとすっかり元気になっていました!
熱も36度台です。



ハイテンションで「箸がころがっても、、」という感じで、
一人で何かを言って、一人で笑っています。


「ボク、『おしりをポリポリした』って言おうとしたら、
『おしっこをポリポリした』って言っちゃった~。
アハハハハハハ~」


などと、
前日までの熱で頭がおかしくなったのか?、
飲んだ薬に何か入っていたのか?、
と疑うほどテンションが高かったです。



そして「おちゃらけて」ばかり。


CATF3IUP.jpg






まあ、なにはともあれ、
元気になってよかった~、
また笑顔が見られてよかった~
としみじみ思いました。






が、、、





私にうっていました。。orz




嘔吐もなく、熱も37度台で高熱でなかったのが幸いでしたが、
水便が何度も。。



最近、日用品は夫が(仕事の関係もあって)通販で買ってくれるのですが、
彼の買ったトイレットペーパーが、、、荒くて痛い。。。





やわらかいのでふきたい~~~っ!!




と何度思ったか…。



その夫ですが、
「来週は仕事で大事な報告会があって今は休めない。」とのことで、
うつるのを怖れて(いつも週末は帰るのに)帰ってこず…。





私も嘔吐下痢症は「家族中にうつるでしょう」というくらい感染力が高いのを知っていましたが、
(去年もうつったくせに)「自分は大丈夫かも・・・」というアホな自信があり。。
(去年の11月紺太郎は半日、私は1日で治った嘔吐下痢症がありました。
その時は、紺太郎が残したプリンを、スプーンを変えずに食べてしまった。。)




「もう同じスプーンは使わないぞ~」とは思っていたものの、
「汚物を処理する際は、
手袋、ゴーグル(眼鏡)、マスクをして」

と聞いたことがあったのに、従わず。。
自業自得だわ。






「使い捨てビニール製手袋」
が切れていたんですよね。。
手はよく洗いましたが…。
常備しておけばよかった。。











まあ、同じ部屋に寝ていたし、うつるのは仕方ないけど、
せめて汚物の処理はマスクや手袋、眼鏡をしておけばよかったです。





2日(土曜日)は私はほとんど布団で横になっていました。




しかし、、横にハイテンションの男が一人…(苦笑)。。



ウルサイ、ウルサイ。。。





紺太郎は本を読みながら、






「あのね~、日本で一番南の地下鉄は福岡にあるんだって~」



とか、


「ママは(本の図にある電車の)どの座席のタイプが好き?
(選ばされた後に)
ボクはね~、この中距離用セミクロスシートがね、、
なんたら、かんたら、、
うんちく、、かんたら、、」



うるさい~~~~!!




結局テレビにお守りをしてもらうことにしました。
DVDに撮っておいたものを勝手に見てもらうことにしました。


ブラタモリを3本(地下鉄スペシャル後編、横浜港湾編、東京タワー・芝)
教育テレビの「なっとく地図帳」など、、
4時間以上も見ていました。



途中で「見すぎだよ~」と布団の部屋から声をかけたのですが、
途中で私も寝ちゃって。。
まあ、仕方ないです。
(子どものテレビの見すぎはよくない、、という日記を書いたばかりだったけれど。。(こちら))



朝から「ワカマツ」という下痢止めを飲んでいたのですが、
夜に「正露丸」を飲んだら、これが効きました!
結構お腹がいい感じ。
(菌を全部出したほうがいいので、薬は飲まないほうがいいということも聞いたことがありますが。)


しかし(正露丸トウイは成人に1回)4粒必要なのに、瓶の中には3粒しかなかったです。
あぁ、薬のチェックをしておけばよかった。。
子どもの解熱剤も使用期限が切れていたし。。
急に必要になるものは気にしておいた方がいいですね。
正露丸ワカマツがあるからいい、、と思っていました。




誰か、正露丸買ってきて~、
柔らかいトイレットペーパー買ってきて~、
(もうすぐなくなるから)アクエリアス買ってきて~、
紺太郎のご飯作って~、
誰か洗い物して~~、、
元気な紺太郎の相手して~、










と心の叫び、、。



「誰か~」って「夫」なんですけどね(笑)。
まあ仕方ないです。。
仕事が佳境なら…。



(↑の叫びをメールで夫に送ったので)
トイレットペーパーとアクエリアスは次の日の夜に宅配で届きました・・・。。



この日、私はほぼ何も食べず、
紺太郎は朝、昼にうどん、メロンパン、おかゆを食べていました。



夕飯にうどんもおかゆもイヤというので、
手っ取り早くインスタントラーメンを作りました。
(肉、卵、キャベツ入り)



紺太郎は半分食べて、
「もっと食べる~」と調子に乗っていましたら、、



吐きました…orz。。





あ~~、ラーメンなんか作らなきゃ良かった。。
アホだわ~。
それに肉や卵は早かったかな。。。
朝のうどんに両方ちょっと入れたら大丈夫だったので安心していました。




まあ、テレビを見た後に、
「テレビを見すぎできもちわるい~」と言っていたんですが…。






続きます。




最初は4日目、5日目を一緒に書こうと思っていたのですが、
長くなったのできります。
私も今は元気です~。
お付き合いくださってありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

ウィルス性胃腸炎、3日目

<2013年3月1日 7才10ヶ月>




紺太郎が2月27日(水曜日)からウィルス性胃腸炎になった記録です。
もう紺太郎は元気になり3月4日(月曜日)から学校へ行っていますので、ご心配なさらないでください^^。



以下↓汚い表現が多いので、苦手な方はスルーしてください。


3日目3月1日(金曜日)の朝です。



一晩中39度越えの熱で紺太郎は苦しんでいたので、
病院へ行くことに決めました。
市販の錠剤の解熱剤は「飲まない」と言いますし…。



もちろん学校は欠席です。



さて、
水曜日に行ったA病院徒歩1分の所。
しかし先生が一人一人とても細かく丁寧すぎるほどに診てくれるので待ち時間がとにかく長い
前に予防接種で予約して行ったのに、1時間半も待たされたことがありました。



前日(木曜日)電話で先生とお話したB病院徒歩12分
でも先生は的確で素早い診断をくだしてくれます。
いつもこちらでお世話になっています。
今回はB病院が水曜日に休診だったので、A病院へ行きました。


どちらに行くか迷ったのですが、
熱が高いので近い方のA病院へ行くことにしました。


徒歩1分でも大変です。
リュックを前にしょって、紺太郎をおんぶしてマンション下まで行きます。
誰にも見られたくない姿です…^^;

そして自転車の後ろに乗せて、私は押して歩きます。



車がない生活なので、自転車があってよかったです。
ベビーカー時代はベビーカーで行っていましたが…。


病院へ行くと、熱は37度9分まで下っていました。


先生は「熱が出ているのなら」と、
インフルエンザと溶連菌の検査をしてくださいました。




結果は両方とも陰性。。


きちんと調べてくださるのはありがたいけど、
しかし結果を待つのも1時間かかり、ほぼ午前中一杯かかってしまいました。




(よく効く)坐薬の解熱剤が欲しかっただけだったのだけど。。
でもそういうものなのかもしれませんね…。





その坐薬は「38度以上服用」とあったので、
家に帰ったときも37度台だったので寝かせて様子を見ることにしました。




あと「食べてはいけないものはありますか?」と先生に聞いたら、
「脂っこいものだけ」と答えていました。
朝から熱があって冷たいものをと「アイスクリーム」をあげていたのですが、
聞くと「別にいいですが、アイスは冷たいからあまりお腹によくありませんね」とのことでした。




ちょっと横になっていた紺太郎ですが、お昼12過ぎになって、
「●んち~~、、間に合わなかった~(涙)」と起きてきました。


後ろから見た歩く姿はガニ股で、、まるで小さなおじいさんのようです^^;
思わず後ろで笑ってしまいました。




しかし笑っている場合じゃありませんでした…。



オムツをしているから大丈夫、、と思っていて、
トイレの前でズボンだけおろして、トイレに座ってもらってからオムツを破ろうと思っていたら、
私がズボンをちょっと下ろしただけで、
紺太郎がオムツを(気持ち悪いから)とモモの半分まで下ろしてしまいました。



「うわぁ~」と私が叫び、
「ちょっと待ってて、(オムツのための)ビニール袋を持ってくるからっ!」と取りにいくと、
今度は、
「おしっこもでる~」と言い出すので、
袋は前に出し、袋でおしっこを止めます。


そのうち、、我慢しきれず、後ろからも、、。。


床は●ンチまみれ。。。
(壁にもちょっと・・・。)



おまけに「歩くな~!」と言うのに、
紺太郎は歩くし・・・orz




歩いて玄関マットの上を歩くし。。
(トイレは玄関の横です。)



ギャ~~~と叫んでしまいました。。



大騒ぎでした。。


トイレに座らせ、
床をふいて、ふいて、ふいて、ふいて、除菌して、
紺太郎にシャワーをお腹下だけシャワーを浴びさせ、
寝かせました。



我が家は除菌に↓コレを使っています。
前にある薄めた塩素系の除菌剤を使ったら、
私の両マブタが赤くはれ上がり、体に合わなかったので…。





床にもらすのは今回3回目でしたが、今回のが一番ひどかった…。




アイスなんて食べている場合じゃなかったのかな…。




しかしこの便で菌が出たのがよかったのか、
夕方起きてみると、
すっかり熱もさがって元気そうです。





よかった~~~。



夕方には「ひま~」と言って本を読んでいました。


1303010001_convert_20130305221325.jpg


  




結局解熱剤はいらなかったです…。。
なんだ。。




しかし今回の騒動はすごかったです。
何か紺太郎が言うこと聞かなかったら、
「ちょっと~、あのね~、あの大変な●ンチを片付けたのは誰なのよ~。
ママの言うこと聞きなさいよ~」
と言うと、
二人で大騒ぎしたので、
「プッ」と笑って「ハイハイ」と言うことを聞いてくれます。



しばらくこの手は使えるかな。。







4日目に続きます。




お付き合いくださってありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

ウィルス性胃腸炎、2日目

<2013年2月28日 7才10ヶ月>




紺太郎が2月27日(水曜日)からウィルス性胃腸炎になった記録です。
もう紺太郎は元気になり3月4日(月曜日)には学校へ行きましたので、ご心配なさらないでください^^。




2日目28日(木曜日)の朝に起きると、吐き気は止まっていました。
よかった~。
一度も起こされることなく私も眠れてスッキリ。


熱も36度8分の平熱です。


学校は休ませました。


「よかったね。でも布団で寝ていたほうがいいよ」と言いました。



「ひま~」と言うので、本を読ませます。




1302280012_convert_20130303083929.jpg


  




それでも「ひま~」と言うので、CDを聞かせます。



1302280014_convert_20130303084002.jpg





とても元気だったので、
私は午前中に近所の友達と約束していたので、
「ママ、1時間で帰ってくるから出てもいい?」と聞くと、
「いいよ~」と。



が、、
少しすると「やっぱりママそばにいて~」というので約束をキャンセル。。
まあ、当然だけど、そばにいたほうがいいかな…。


しかし、
布団の部屋から「ママ~」と呼ぶので、言ってみると、
「あのね、「いっぱい」の「い」を「お」に代えるとどうなるでしょうか?」
「おっぱい!」
「ブー、「おっぱお」でした~!」
なんてくだらない話も…(笑)。
同じ登校班の小4のお兄ちゃんに聞いたそうです。




あとは「ママ~」と呼ばれて行くと、
「ひま~」と言われることが多かったです。



27日(1日目)は何も食べずにスポーツドリンクだけでしたが、
28日は「おかゆ」や「すったリンゴ」を食べ始めました。





「あぁ、後は元気になるだけだな~」なんて思っていたら、
2時すぎに38度8分の高熱が出始めました。
本なんて読ませない方がよかったのかしら…?



そもそも「ウィルス性胃腸炎って熱が出るの?」とオタオタしてパソコンで調べてみると、
熱は出るようです。




熱さましは病院でもらっていなかったな。。
でも熱は下げないほうがいい(ウィルスと戦うため)と聞いたことがあるので、、寝かせて様子を見ることにしました。
(前日行った病院は木曜日は休診でしたし。)







そして、
6時10分前に紺太郎が起きて、熱を測ると、
熱が上がっている~。



39度2分です。


わぁ、、
どうしよう、、解熱剤をあげたほうがいいのか。。


あれこれ迷うより、
もう1つのかかりつけの病院に電話をしてみました。
先生に代わってくれました。


(6時まで診察だけど)来るなら待っている。
クラスのお隣の子がそうなら、胃腸風邪ですね。
家族全員いっぺんに倒れる食中毒のような胃腸炎なら、抗生剤など必要ですが、
風邪なら解熱剤をあげても大丈夫。
市販のでもいい。



とのことです。
先生、ありがとうございました。
車もないし、今熱のある子どもを連れて行くのは大変。
(歩いて12分くらいの所です。)
市販の解熱剤を与えることにしました。



家にある坐薬の解熱剤をあげようと思ったら、使用期限が切れていました。
うわぁ、、チェックしていなかった~。



薬局へ行くと、「坐薬はありません」と言われ、
2軒目へ。
2軒目でも「坐薬はありません」と言われました。
前はパブロンであったのに、
今は薬事法が変わったとかで、病院じゃないと坐薬はないそうです。
錠剤を買いました。





しかし、、この薬が効きません。
錠剤を嫌がったのですが、なんとか飲ませても
4時間後も39度台。



水に溶かして薬をもう一度半分飲ませると、
2時間後に起きたときは36度台。


「あぁ、よかった~」と思ったのもつかの間、
また39度台に熱が上がってきました。



2時間ごとに起きて「ハァハァ」と耳まで真っ赤で苦しんでいると、
心配になります。



「もう薬は飲まない!」と言いますし、
結果論ですが、
「あぁ、、お医者さんに連れて行っておけばよかった~」
としみじみと思いました。



アイスノンを代えたり、水でしぼったタオルを数分冷凍庫に入れて頭に乗せたりしました。



 




3日目に続きます。



お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

授業参観のはずが、「ウィルス性胃腸炎」で欠席、1日目

<2013年2月27日 7才10ヶ月>



2月27日(水曜日)は紺太郎の小学校の授業参観&懇談会のはずでした。



授業参観は1年間の成果を見せる学習発表会のようで、
クラスが班に分かれて、
教室にマットをもってきてマット運動を見せたり、
漢字の書き順を発表したり、
全員で歌を2曲歌ってくれるというものでした。


「素敵な友達」「赤い屋根の歌」を歌うようでした。
紺太郎は1学期に「音楽係(歌の指揮をする)」をしていて、
その係りの中から指揮者を選んだようで、
「素敵な友達」は紺太郎に決まったそうです。
「ジャンケンして勝った~。ボクは指揮が上手なんだよ~」と月曜日(25日)に嬉しそうに話してくれました。



丁度こちらのブログで、
「紺太郎が恥しがり屋」の話題でコメントをやりとりしていた最中だったので、
「あら、人前に出て何かをやる姿が見られて嬉しい!」と私も喜んでいたのでした。。



ところが、、
紺太郎は「ウィルス性胃腸炎」で学校を3日間欠席することになりました。
(流行性胃腸炎なので欠席扱いにはならないのですが。)



幼稚園でも小学校でも今まで休んだことがない比較的元気な子だったので、
(中耳炎で大騒ぎしたことはありますが)、
私もオタオタしてしまいました。


「ウィルス性胃腸炎って高熱って出るものなの?」
市販の解熱剤を与えてもいいの?」と。




なので、記録として書き留めておこうと思います。
汚い表現が出てくるので苦手な方はスルーしてください。




あと、
3月2日(土曜日)現在、紺太郎は比較的元気になってますので、
ご心配なさらないでください^^




27日(水曜日)の夜中の1時過ぎ紺太郎が嘔吐しました。




前に嘔吐したときは、
1回して翌朝に元気になっていたこともあったので、
そうなのかな?と思っていたら、、

それから嘔吐がとまらず、朝までたぶん20回以上吐いていました。
最後は泡のようなものしか出ず(すみません、汚くて)。



朝になると今度は下痢が始まりました。
5,6回したかな。。
熱をはかると平熱くらいでした。


こんな時に便利な物があります!
幼稚園の時に先輩ママに「オムツはとっておいた方がいいよ」と言われて
置いておいたのです。



1302280015_convert_20130302201107.jpg










オムツがなかったら、、、もっとスゴイ大変なことになっていました~。
それでも2回床にぶちまけましたが・・・orz。



去年もらっていた「吐き気止め」の飲み薬と坐薬は使ったのですが、
効果なしでした。



そして午前中に病院に行きました。


「ウィルス性胃腸炎」とのことです。


日曜日に混雑している場所へに行ったからかな~。
(ずっと元気だったので、油断してマスクもせず。。)
でも紺太郎に話を聞くと、
火曜日(26日)にお隣の席の女の子が「気持ち悪い」と早退したそうです。
病院で言うと、「それですね」と言われました。



紺太郎は「のどがかわいた~」と待合室でも診察室でもハアハア言っていましたが、
看護婦さんが「飲むと吐いちゃうから我慢して」と言っていました。


点滴です…。
点滴中も吐いていました…。
水分補給と栄養剤と吐き気止めの薬を入れてもらいました。



あと浣腸もしました。
便が残っていると薬が効かないとか…。
(下痢しているんだけど。。)



それでも夜まで吐き気は止まりませんでした。




夜にもう一度、吐き気留めの坐薬を入れて、
翌朝(28日)には吐き気が止っていてよかったです!



しかし嘔吐のための洗濯物の山…。
↓これがもう一山あります。




1302270009_convert_20130302201032.jpg


シーツ、布団カバー、毛布、、。。



途中からちゃんと洗面器に吐いてくれるようになり助かりましたが。



何度洗濯機を回したことか…。
しかし「あぁ、洗濯機のある時代に生まれてよかった・・・。」としみじみ思ったものでした。
少し寝たけど、ほぼ徹夜だったのでキツかったです。
(でも昼過ぎに昼寝をしたら、元気になりました。)



27日は何も食べませんでした(スポーツドリンクを薄めてスプーンで少しずつ)。




そして学校は「(欠席するとの)電話は禁止」なので、
「欠席票」を連絡袋に入れて指定した子に持っていってもらうことになっています。


私は同じマンションで同じ通学班の小4の男の子に頼みました。
夕方先生からのお知らせなどを入れて持って帰ってくれます。


でも、、待てど、暮らせど、、来ません。
心配になってきました。
初めてだし…。




夕方買い物に出たときに、
運よくその遊んでいる男の子に会いました。



「さぁ~、、わかりません、もらっていません。」とのことで、、
そうなのか、、と思いました。
先生も授業参観で忙しくて忘れたのかな?と。



でも、、夜にその男の子から電話があり、
「もしかしたら、ボク、学校に置いてきたかもしれません」と。



あらら、、、、。




でもお母さんに頼まないで自分で電話してきたのはエライな~と思いました。



でも28日(木曜日)の朝に先生に「休みます」のお手紙を書いて、
その男の子に登校班の集合場所へ渡しに行ったら、
なんだか要点を得ないんですよね。
「わかんない~」みたいな。。



こういうことは、男の子より女の子の方がいいのかな。。



その日の夕方も7時近くまで何の音沙汰もないので、
ドキドキして、
電話したほうがいいのかな?と思ったら、来てくれました。
よかった~。



紺太郎が指揮をしている姿が見られなくてとても残念でしたが、
こういうことはあるものですね。




欠席2日目につづきます。




お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

7才9ヶ月で借りた本「やさしいたんぽぽ」「えらいぞサーブ」

<2013年2月 7才9ヶ月>



2月後半に図書館で借りた本の記録です。



1302250004_convert_20130301163221.jpg


この中で紺太郎が好きだったベスト4です。




1位は「やさしいたんぽぽ 安房 直子(著), 南塚 直子 (イラスト)  小峰書店」です。





51B1TVELIKL__SL500_AA300_.jpg
(画像は↑amazonより)


捨てられた子猫が、野原で電車に乗せられて行ってしまうお話なのですが、
やさしい雰囲気が気に入ったようです。



2位は「えらいぞサーブ!―しゅじんをたすけた もうどうけん (ほんとうにあったおはなしのえほん)  手島 悠介(著), 清水 勝 (イラスト) 講談社」です。







これは私が最近手島悠介さんを気に入っているので、借りてきたのですが、実話です。

私は知らなかったお話なのですが、
昭和57年、岐阜県で盲導犬サーブが雪でスリップして突っ込んできた車から主人をかばって足が3本になってしまいます。


この事故がきっかけとなって「盲導犬は視覚障害者の身体の一部」であるとの認識が広がり
事故にあった盲導犬にも自賠責保険が支払われるように法律が改正されます。
アメリカからも招待されたり、名古屋駅前にはサーブの銅像が建っているそうです。



これは私が読んであげたのですが、
途中で涙ぐんでしまいました。


30年も前のお話なのに、本になっていると、
こうやって時を越えて感動を共有できていいな、、と思いました。



続編があるようなので、私用に借りてこようかな。。
「天国へいったサーブ」






3位は「ヒギンスさんととけい  パット ハッチンス ほるぷ出版」です。








玄関の時計と、屋根裏部屋の時計と、台所の時計が、どれも少しずつちがっていて、
ヒギンスさんがどの時計が合っているのかわからくて困るお話です。
ユーモアたっぷりです。




4位は「おおふじひっこし大作戦 (たくさんのふしぎ特製版) 塚本こなみ (著), 一ノ関圭 (イラスト) 福音館書店」です。






20502363_convert_20130301173408.jpg
(画像はカラメルより)



栃木県「あしかがフラワーパーク」での大藤のお引越しの話です。
木のお医者さんが出てきます。
おじいちゃん家にも藤棚があるので興味深かった?ようです。




最近図書館の本で親子で遊びをしています。
全部読み終わったら「どれが面白いと思ったか?ベスト3」を私が当てるゲームです。
紺太郎が本を選ぶのですが、
私が「そうだと思った~」と言っても証明できないので、
私は紺太郎が選びそうな本の名前を3つ紙に書きます


「あ~、はずれた~!」などと言うとキャキャと紺太郎が喜びます。


読み終わった後だけでなく、借りてきてすぐに、
「どれが一番に読みたいか?」を当てるゲームも同様に紙に書いてやることもあります。


本読みがちょっと楽しくなればいいな、、と思っています。


私が予想したのは、
「かさどろぼう ウェッタシンハ,シビル 徳間書店」です。





スリランカのお話のようです。
夫に読んでもらったのですが、戻ってきたときに「あ~~、おもしろかった!」と言っていたので…。


2位が「時計作りのジョニー エドワード アーディゾーニ こぐま社」です。








こちらは私が読んであげようと思ったのですが、
途中まで読んでいて私の咳がひどくなり一人で読んでもらいました。



読み終わって「どうだった?」と聞くと、
「とってもいいお話だった…。」と言うので、
彼にとって「いいお話」とはどんなものなのか?読んでみました。



ジョニーは手先が器用で、ものを作るのが大好きな男の子です。
ある日、ジョニーはほんものの大時計を作ろうと心に決めます。
両親や先生に「そんなことできっこないよ」「ばからしい」と怒られ、
学校の仲間にもバカにされてしまいます。
でも協力してくれる女友達や大人がいて、時計を完成させます。
その時計を見て、両親をはじめみんなが驚いてジョニーを認めます。

そんな話でした。


これを読んで「清兵衛とひょうたん 志賀直哉」のお話を思い出しました。




清兵衛はひょうたんを磨くのが大好きですが、
両親、先生は馬鹿にしています。
授業中にも磨いていて、先生は怒ってひょうたんを取り上げてしまいます。
両親も家のひょうたんを怒って全部捨ててしまいます。


しかし、学校の用務員さんが「小遣いかせぎ」に先生からもっらった「清兵衛のひょうたん」を骨董屋に売ると、
とてつもない大金になります。
そのことは用務員さん以外誰も知りません。
清兵衛もひょうたん磨きを諦めてしまいました。


ジョニーは最後は周りの人に理解されてよかったけど、
清兵衛は誰にも理解されないで終わりました。


大人の尺度で子どもが夢中になっていることを「アレコレ」評価したり、
つぶそうとしたりするのはかわいそうだな、、と思いました…。
私もやりがちですが、気をつけたいです…。
子どもの反骨精神で、ますます伸びればいいけど・・・。





話はずれましたが、
あと私がいいな、と思ったのは
「ぼくのおばあちゃんのてはしわしわだぞ そうまこうへい 架空社」です。









「どうしておばあちゃんの手はしわしわなの?」の子どもの疑問に、
「それは、大活躍したからだよ」と答えます。
読んでいて気持ちがあったかくなる本でした。




義母や母の手を思い出しました。






お付き合いくださってありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード