「私はわたし」の詩、2012年もありがとうございました

<2012年12月30日31日、 7才8ヶ月>
(本日2本目の更新です。)



2012年が終わろうとしています。




今年も皆さん、どうもありがとうございました。




みなさんのコメントなどにどれだけ励まされてきたことか…。
感謝で一杯です。



2011年は震災があり、
「当たり前」の日常がどんなに尊くありがたいものだということを実感いたしました。





2012年は色々とまた気づきもありましたが、
中々行動がともわないことが多かったです。



2013年は、更に自然やまわりの方々に感謝しながら、
自分と向き合って、意識し行動できる年でありたいと思っています。



数日前に山崎房一さんの本について日記こちら)を書かせていただいたときに、
ネットで検索していたら山崎さんのこんな詩に出会いました。





今あることに感謝をしつつも、
ブログには書けないような自分なりの悩みや辛さがあるのですが、
私の今の心情をとても表していると思ったので、ご紹介させていただきます。
2012年をこちらの詩で締めくくらせていただきます。


『私は、わたし』



雨が降れば     降ったでいい

雪が降れば     降ったでいい

嵐が吹けば     吹いたでいい

悲しければ     悲しくていい

恨めば       恨んだでいい

怒れば       怒ったでいい

苦しければ      苦しくていい

誤解されれば    誤解されていい

人目が気になれば   気になったでいい

傷つけば   傷ついたでいい

だまされたら   だまされたでいい

転べば    転んだでいい

また立ち上がって歩いていく

私は わたしなんだ


『心の安定と強く生きる知恵』山崎房一より







どうぞ皆様も良いお年をお迎えください。




そして、来年は少しブログを書くペースを落とそうと思っているのですが(たぶん)、
できましたら、お付き合いできる範囲で、適当でもいいので、


どうぞ宜しくお願い致します



感謝をこめて




1203260105_convert_20121215121753_convert_20121230235821.jpg






にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ごあいさつ
ジャンル : その他

ソニー・エクスプローラー・サイエンス

<2012年12月30日 7才8ヶ月>



12月30日(日曜日・雨)お台場にありますソニー・エクスプローラーサイエンスへ紺太郎と二人で行ってきました。



最寄り駅はゆりかもめ・お台場海浜公園です。
(入場は大人500円、300円 11:00~19:00)


コンセプトは「光」「音」「エンタテインメント」を科学するミュージアムです。




残念ながら館内は撮影は禁止なので、
写真がありません。


(以下画像はソニーエクスプローラーサイエンスHPより)



転がる玉を集めて点数を競うゲームです。
紺太郎ははまってズッとやっていました。



p_marbleMarket.jpg




影絵を作って、画面がそれを認識すると、その絵(蟹や亀など)がでてきます。



p_holowallTable.jpg



その他沢山の楽しい遊びがありました。
28のコンテンツがあります。


p_motionMagicMirror.jpg




あとは3D映像を見ることができたり、
土日祝日限定のサイエンスショーや○×クイズを見られて面白かったです。





館内飲食禁止ですが、再入場が何度でもできますので、
半日~1日遊べる施設です。
老若男女、カップルでにぎわっていました。


私たちは3時間以上いたのですが、
紺太郎は「もっと、遊びたかった~」と言っていました。


楽しかったです。

***


30日(日曜日)の朝は紺太郎は義両親や義弟への「NEW YEAR'S CARD」を書いていました。
(先日、印刷博物館で作ったものです。(こちら))


義母へのカードが、
文字が電車になっているのと、


CADC4MO1.jpg



カードの裏のこんなところまで路線図を書いていて笑ってしまいました。


(1月から12月までが駅名です。)
CA5YBXE9.jpg


****

夜に紺太郎とあることで話していて、
「これは2012年のケジメだから、、」と言ったら、
「ケジメってな~に?」と聞かれました。
「あのね、学校で2学期の目標が「ケジメのある生活を」だったの。」と。
「ケジメのある生活?」
聞かれると難しいものです。
遊ぶ時は遊び、勉強する時は勉強しろ、、ってことじゃない、、と答えましたが。。


辞書で調べたら『はっきりとさせておかなければならない区別』でした。






***


31日(月曜日)に3人でまた夫の実家へ行く予定です。



お付き合いくださってありがとうございました。
来年アップしようと思ったのですが、年をまたぐ大した話でもないのでアップしました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

gleeのベスト

<2012年12月29、28日 7才8ヶ月>




12月29日(土曜日)
の午後は紺太郎と二人でバスに乗って
公園へ行きました。


1212290004_convert_20121229225007.jpg




紺太郎は幼稚園時代高い所が怖くて
「ママ~~(涙)」と泣いていたこういう種の遊具ができるようになっていました。


1212290002_convert_20121229224939.jpg




帰ってからは、カラーボックスの裏やベランダを紺太郎が自分から掃除してくれました。
どんどん役に立ってきていて、成長を感じます。
ありがとう!




***



日付は1日戻りまして、12月28日(金曜日)です。




夫のパソコンが先日壊れた為に(こちら)、(夫に作ってもらっている)年賀状の出来上がりが遅くなり、
この日に一生懸命書きました。
元旦に着くかな~。



年賀状と言えば、
冬休みの「郵便局のバイト」に申し込みました。
夫の実家に子どもを預かってもらって、年内だけでも働けないかな?と。



しかし、「28日~3日まで必ず毎日出てください(元旦は休みかもしれませんが)」と言われてしまい、
自分だけ1人で自宅からクリスマス、年末&お正月もバイトへ行くのは、
どうなんだろう、、と諦めてしまいました。



話は戻します。




紺太郎は色画用紙に沢山の絵や路線図や線路を書いていました。



CAW82H08.jpg



1212280009_convert_20121229104633.jpg





あとは大掃除(小掃除?)です。
カーテンを全部洗い、窓拭き、レンジ回りを掃除しました。
そして紺太郎にクリスマスツリーを片付けてもらいました。





そして夕方から取りかかったものがあります。


前々から私のパソコンのdiscの所が壊れていて、
ずっとCDやDVDが見られませんでした。


この夏の旅行や帰省中にパソコンを修理に出そうと思っていたのですが、
外付けdicsを買った方が早い、、とのことで、
夫が買ってくれていました。






これでCDを聞いたり、音楽の編集が出来るようになります。


私と紺太郎はgleeのCDをよく聞いているのですが、
「gleeのベストを作ろうか」という話をしたら、
紺太郎が喜んでいました。




音楽を聞いて、どの曲を入れるか選んでいました。
編集の為の好きな曲を選ぶのって楽しいんですよね。


(9月30日)


1209300058_convert_glee2.jpg


1209300056_convertglee.jpg





しかし、ずっと取り掛かっていなくて、
また11月30日にも曲を選びなおしていました。



1211200005_convert_20121228231619.jpg


CAFQXKY0.jpg






それからずっと「ママ~、グリーのベストまだ~?」と言われ続けていました。



できたら今年のことは今年中に終わらせたいので、
重い腰をあげました。



が、、、discがうまく使えず、、苦労しました。
空のCD-Rを入れているのに、「空のCD-Rを入れてください」のメッセージが出たり、
やっと焼き付けられたと思って、プレイしてみると「ジ~~~ッ!!!」という音だけだったり…。
(「14曲くらい入るかな?」と14曲選んでもらっていたのですが、
結局22曲も入ったので、また追加で曲を選びました。)




機械に詳しくないので、試行錯誤してよくわからず色々触っていたら、やっとできました~!
(所要時間約3時間。。)





二人で感激です!ハイタッチして抱き合って喜びました。



紺太郎は、CDに絵を描いていました。
(真ん中の丸はカメラだそうです。)


CAS5BBF0.jpg




好きな曲ばかりなので、いいCDが出来上がりました。
聞いていると、イヤなことがすっ飛んでウキウキします。
(朝に夫にイヤなことを言われて凹んでいたのですが、立ち直りました^^;
今年も私は進歩がないです・・・。)




二人とも1曲目に選んだのはTeenage Dream(元歌 ケイティペリー)です。
やっぱりこの曲はいいです~。








あともう1曲、私のお気に入りです。
「Silly love songs(元歌 ポールマッカトニー&Wing)」です。









どうでもいいことなのですが、
自分達の記録のために、選んだ曲目メモです。
(大体同じ曲が入っているのですが、微妙に違います。)





●ざまき(私)セレクト

Teenage Dream
Silly love songs
Uptown girl (こちら
True colors (こちら
Over the rainbow (こちら
Just the way you are (こちら
Edge of glory (こちら
Born this way (こちら
Isn't she lovey? (こちら
Firework (こちら
Valerie(こちら
To Sir with love(こちら
We are young (こちら
I dreamed a dream (こちら
Imagine (こちら
Man in the mirror
Baby (こちら
Misery (こちら
Dancing Queen(こちら
You keep me hangin’ on (こちら
Don't stop believin' (こちら
Somebody to love (こちら





●紺太郎セレクト

Teenage Dream
True colors
Edge of glory
I dreamed a dream
We are young
Thriller(こちら
You keep me hangin’ on
Uptown girl
Baby
Dancing Queen
Jump (こちら
Over the rainbow
Somebody to love
Don't stop believin'
Silly love songs
Firework
Born this way
Isn't she lovey?
Keep holding on(こちら
ABC(こちら
Man in the mirror
You can't stop the beat(こちら





紺太郎は「Man in the mirror」(元歌 マイケルジャクソン)を聞きながら、
踊っていました。



あほ…(笑)。


1212280023_convert_20121229104819.jpg


1212280024_convert_20121229104851.jpg


1212280019_convert_20121229104711.jpg



(私はオンチなので、↑こんなふうに歌えたら気持ちがいいだろうな~と思います。うらやましいです。)



(こんなことですが、)「やらなくちゃ・・・」と思っていた1つのことが終わってスッキリしました。



と、このブログ、、、年末の最後まで、
どうでもいいことだらけですみませんでした~。



CDはこちらからです。(TSUTAYAでレンタルしたものもあります)


         





お付き合いくださってありがとうございました。
明日も更新しますが、皆さん良いお年をお迎えください。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

お母さんのガミガミが子どもをダメにする ~ 山崎 房一

<2012年12月後半 12月28日 7才7ヶ月>



毎日が過ぎるのが早いです~。
今年も残すところあと3日です。


先日「読んでみよう」と思って図書館で借りた本の記録です。



年末のこの忙しいときに、
長文なんてご興味ないと思いますが^^;
数日前に書いてしまっているもので、
「今年に書いたものは、今年のうちに、、」とアップした次第です。



お時間のある方お付き合いください。




***



「お母さんのガミガミが子どもをダメにする―ほめて上手に育てる法  山崎 房一 (著) PHP研究所」です。










面白かったです。
本に出てくるお母さん方ほど?ガミガミはひどくはないと思うのですが、、、
(本ではお母さんが「あんたはダメな子ね~」などと子どもに言っていました)
つい子どもにイライラして小言が止まらなくなりそうな時がある私には、
グサと心にくる箇所もあった本でした。



私の勝手なメモ書きです。
(省略、少し変更あり)



この本の中に載っていた詩です。



「信は力なり」


子どもにとってお母さんは太陽だ
    太陽は善人も悪人も
         同じように陽光で包んでいる

子どもにとってお父さんは大地だ
    大地は善人も悪人も
         同じように歩かせている

わが子を信じよう
    信じられることはうれしいことだ
       疑うより信じて
         ダマされたほうがいい
       知ってダマされるほうが
                  もっといい





前後の文章を省略していますので、ちょっと誤解が生じやすいような詩でもあるのですが・・・。

例えば自分の子どもが他の子をいじめていたことが発覚して、
自分の保全のためにウソをついていたとしたら、、どうなんだろう。。
と思ってしまいましたが。



でも子どもだって親に言いたくないことがあると思います。


この詩の前には、
子どもが先生に立たされたことを他のお母さんから聞いていた場合の例を書かれていました。


私だったらつい、「真実さがし」というか、
「ウソをついてはいけません」
「何言っているの~?、私は事実を知っているよ~」のノリで、
問い詰めてしまうだろうな、、と思ったので、
この詩を読んで、、
なるほど、と思いました。


***


子どもの「やる気」と夢は、直接的な関係にあります。

いまのお母さんたちは、子どもの将来についてさまざまに思いわずらわなければ気がすみません。過干渉です。
彼女たちは、子どもの将来い安全路線を想定し、子どもをその路線どおりに走らせようと決心するのです。

一方、追い立てられる子どもは、自分が設定した目標ではなく、
お母さんやお父さんが設定した目標へ自分を駆り立てなければなりません。ここで子どもは「夢」を捨てざるを得ません。

「あなたは将来何になりたいの?」
「ボクはレーサーになりたいんだ」
「レーサー?あんなものはロクに勉強しない人が遊び半分でやるのよ。とんでもない」
そして、後日、
「あなたは将来何になりたいんだっけ」
「ボクは船乗りになりたいな」
「ヘェー、あなたはこの間レーサーになりたいって言ったばかりでしょ。
信念がないわね。船乗りっていったって、ちゃんと勉強しなきゃ外国航路の船長さんにはなれないのよ」
そして、例の決まり文句です。
「とにかく何をするのも勉強ですからね。何にあるにしてもよい大学を出なくちゃ一人前になれやしないわ」と、皮肉たっぷりに捨てゼリフを吐くのです。


私の友人で、子どものころから夢ばかり見ている男がいました。
それも現実ばなれした夢なのです。
そのとき大人がそばでそれを聞いていたら、たちまち吹き出したに違いありません。
しかし、彼は真剣に自分の夢を私たちに語ったものです。

数十年ぶりに彼に会うと、彼は大阪に本社を持ち、東京、札幌、福岡に支店を持つ商社の社長に出世していました。
彼をファイト満々の人間に仕立てたのは「夢」でした。

彼にとって幸福だったのは、彼の夢を誰も壊さなかったことです。

夢は、やがて目的意識となり、その目的意識が彼を不屈にしたことは容易に想像できます。夢は彼を、現在の彼までにつき動かしたのです。

親の過干渉は、まず子どもの「夢」を打ち砕くことから始まります。
そして夢と一緒に「やる気」と自分なりの世の中のイメージまで捨ててしまわざるを得ません。
将来、目的意識という大木に育つはずの「夢」という苗木を捨てたばかりか、自分なりに世の中を見通し、その中で自分をイメージする自立の精神を培うチャンスさえも失ってしまったのです。
その子にはもう、燃え立つような目的意識がありません。

どんな夢でもそれをくさしたり馬鹿にしたりしないこと。
そして、子どもの夢をはぐくんだ背景、それはマンガ本だったり友だちのお兄さんの入れ知恵あったりするでしょうが、けっしてそれを頭ごなしに否定しないこと。
子どもにとって、夢は自立の精神のヨチヨチ歩きです。ヨチヨチ歩きの幼児を突き飛ばすお母さんは、子どもにとって有害な存在と言われても仕方がありません。
体に運動が必要なように、心にも「夢」という運動場が必要なのですから





そうだよな~、と思いました。

子どもの夢って、大人のなにげない言葉に傷つけられて、
すくすく育っていた芽をつんでしまっているようなことがあるんですよね。。


私の知り合いも幼い頃、「CAになりたい」、と親戚のおじさんに言ったら、
「あんなの空の上の女中だ」のようなことを言われ、
すごいイヤだったことがある、、なんて話していました。


紺太郎は今「電車の運転手になりたい」や「鉄道会社(東急電鉄)に勤めたい」などと言っています。


私の子どもっぽい欲をだせば、、
「ノーベル賞がとりたい」とか、
「国連で働きたい」
「お医者さん」
「弁護士に」
「国土交通省(キャリア官僚)で」
とか、
そういうふうに言ってくれたほうがいいな、、、なんて思うこともあります(苦笑)。
(もし神様に「あなたを子ども時代に戻してあげるから、自分でなってみなさい」
と言われても無理なのですが^^;)



でも、、やっぱり子どもの夢は大事にしたいものです。
コロコロ変わることもありますが。。



紺太郎は朝に着替えでタイマー(しまじろうの時計)をかけるのですが、
間に合わなかった時に、
「もし東急の入社試験だったらどうするの?
できなかった~、じゃ入れないんだよ」
と嫌味を言ったり、


百ます計算をしているときに、
「つかれた~」と途中で自分でストップウォッチを止めようとすると、
「東急の入社試験だったら、
途中で「つかれたから休みます」なんて言えないんだよ」
とイラっとして言ってしまったことがありました。


でも、
自分(私)の思い通りにならないときに、
「入社試験では、、」と持ち出すことは、
こういうことでも「子どもの「夢」をつぶすこと」にもなると思うので、
これから気をつけようと思いました。




イラっときたときには特に…。



***



もう一冊は、


「子育てのイライラ・ガミガミがなくなる本  石神 明生 PHP研究所」です。






読んでいて、
「あれ、これ読んだことある。。」と思ったら、
検索してみたら、やっぱり読んだことがありました。


2010年の2月の日記(こちら)に感想がかいてあります。



子どもを「認める」「褒める」「包む」大切さと、
自信のある子が伸びる、、

ということが書かれていました。



面白かったです。
すぐに読めてしまう本でした。




お付き合いくださってありがとうございました。
私は30日 or 31日までブログをアップする予定ですが、
もうパソコンを開かない方、どうぞ良いお年をお迎えください~。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

神田の竹苑で上海蟹

<2012年12月25日>



12月25日(火曜日)の夜はお友達と神田にあります竹苑という中華料理屋さんへ夕食を食べにいきました。
(JR、メトロ 神田駅、北口、西口徒歩1分)


CABTORX1.jpg




目的は上海蟹です。




a479800l.jpga479800v.jpg

(画像はぐるなびより)




私は蟹が大好きです!
10年くらい前から「上海蟹って食べてみたいな~」と思っていたのですが、
やっと念願がかないました。



上海蟹コースをいただきます。
(5000円のコースで、私には贅沢です。。)


まず、

上海蟹の老酒漬けです。



1212250121_convert_20121227004107.jpg


美味しかったです。老酒もすくって飲みたかったくらいだったのですが、
遠慮したら、
お隣のテーブルの方は、「美味しくて老酒もいただいたわ」と話していました。
飲めばよかったです。


豆腐と蟹肉・ミソのスープです。
美味しかったです。



1212250123_convert_20121227004212.jpg


上海蟹の蒸し物です。
目の前で全て取分けてくれます。


1212250125_convert_20121227004138.jpg


こちらは、、まあまあ。
蟹味噌はマッタリとして美味しいのですが、
上海蟹のこの身があまり味がしない。。


オマケにソースがバルサミコ酢です。
ソースの味が強すぎて、、蟹を食べている気がしませんでした。


それに上海蟹って小さいんですね・・。
写真じゃわかりにくいかもしれませんが、
甲羅が手のひらの4分の1くらいの大きさです。


蟹甲羅の揚げものです。
アレ、、?これ、、甲羅に乗っているメンチカツ???


1212250128_convert_20121227004246.jpg





蟹肉と季節野菜のあんかけです。
普通に美味しかったです。


1212250129_convert_20121227004324.jpg




蟹肉入りチャーハンと、上海蟹入りショウロンポウ(2個)です。



1212250130_convert_20121227004354.jpg



チャーハンは高菜入りだったので、高菜の味が強すぎて、
蟹の味はあまり・・・。
高菜チャーハンだと思えば、美味しいです。


ショウロンポウも蟹の味はせずに、
ひき肉のショウロンポウでした。。



ミルクとタピオカのプリンです。


1212250132_convert_20121227004432.jpg



コースなので、食べ終わったらおなか一杯になると思っていましたが、
そうではなく、
女性に丁度いいくらいの量です。




感想として、
美味しいことは美味しいけど、「もう1度上海蟹を食べに行こう!」とは思わないかな。。
老酒漬けは食べたいのですが…。。


他のお店だと味が違うのかな~?



毛がにや他の蟹のほうが美味しいかも・・・。。


私が味オンチなのかもしれません…。


でもずっと「食べたい」と思っていたものだったので、
行けてよかったです。




そして、お友達と久しぶりに会って楽しかったです。
お土産に「息子さんが電車好きだから」と東京駅の絵のついたクッキー(ヨックモック)をいただきました。



1212260133_convert_20121227231158.jpg


中は電車型のクッキーでした♪
紺太郎が喜びました!
ありがとう。


CAPHJ2L3.jpg







夫の実家から行って帰ったので、
ちょっと申し訳なかったのです。。
子どもを預けて、、「遊びにいく」のは…。。





9時50分頃に家に着いて、
「紺太郎、、もう寝ているかな~?」と思ったら、
部屋に入ると、
お風呂にもまだ入っていず、
口をポカンと開けてテレビを見ていたので、、
驚きました。。
頼むときは「9時以降にはテレビは見せないで欲しい」など具体的に頼んだほうがいいですね。


でも、
聞くと、「●んちが出そう、、」とずっとソワソワしていて、
何もできなかったそうで…。
仕方ないです。



急いで(焚き火で髪の毛が煙臭かったので)お風呂に入らせ、波もひいて「眠い」と言うので寝かせました。




でも寝た後に、夜中(2時と4時)に4回くらいトイレに起きたそうで、、
(一緒に寝ている)義母に申し訳なかったです。



最近は便秘がよくなってきたと思っていたのですが…。
焼き芋を沢山食べたので、詰まっちゃったのかな…。



***


夫の実家の最寄り駅から「神田」までの行きかたを、
複雑でよくわからなくて私はパソコン(駅探・乗り換え案内)で調べました。



後で紺太郎に「●●駅から神田の行きかた知っている?」と聞いてみたら、
複数の行きかたを言っていました。
それが合っていたので感心しました。



***

27日(木曜日)は幼稚園のウィンタープログラムの「パン作り」に参加しました(10時~14時)。
久しぶりの幼稚園でとっても楽しかったようです。


(自宅から遠いので)連れて行って、迎えに行くのが大変でした…。






お付き合いくださってありがとうございました。
今年もあと4日ですね。
毎日、毎日が早いです。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

エアホッケーと焼き芋、近所の子と遊ぶetc

<2012年12月25日 7才7ヶ月>



12月25日(火曜日、クリスマス当日)です。




私は2階で、紺太郎は1階の居間でおばあちゃん(義母)と一緒に寝ています。



夜中に私がサンタからのプレゼントを廊下に置いておいたら、
義母が朝に枕元に置いてくれました。



サンタからのプレゼント「ドラホッケー」(エアホッケー)です。







私は紺太郎よりも遅くに起きてしまい(汗)、
紺太郎の「サンタだ~」と喜ぶ姿は見られず残念…。
義母いわく、とても喜んでいたそうです。




私が下に下りていくと、「ドラホッケー」のプレゼントを組み立てて、、
「サンタからだよ~」と嬉しそうでした。


1212250004_convert_20121226020303.jpg






しばらく電池を入れずに(電池を入れてスイッチをオンにすると下からエアーがでます)、
パックを「こうなると、こうだから」とシミュレーションして遊んでいました。


その後、電池を入れて少し私と遊びました。



義母の近所のお友達お孫さん(Hくん、4才)を午前中預かるというので、
一緒に遊びました。



自転車に乗ります。



1212250014_convert_20121226020356.jpg




エアホッケーのゲームをやります。


1212250027_convert_20121226020433.jpg


でも4才の子はすぐに飽きてしまったようで、途中で「もうやめる」と言っていました…。




一緒にお絵かきをします。
単なるお絵かきでも二人でキャッキャッと笑って大騒ぎです。
お友達がいて、楽しくてよかったね。




1212250032_convert_20121226020514.jpg



↑ 右の絵は、Hくんが「紺太郎くんを描いたの~」と言っていました。



紺太郎は路線図を描いていました(笑)。


1212250039_convert_20121226020550.jpg





そしてHくんに影響されて、
部屋に一緒にいたおじいちゃん(義父)の絵を描きます。


ニット帽をかぶっています(笑)。


1212250041_convert_20121226020626.jpg




サンタの帽子で二人で歌います。



1212250043_convert_20121226020659.jpg



大騒ぎでした。
楽しかったです。






午後からは義父が裏庭で焚き火をはじました。
(この地域では個人の軽微な焚き火は認められています。)


1212250053_convert_20121226020803.jpg




去年、松永暢史さんの講演会(こちら)へ行った時に、
正確な言葉は忘れてしまったのですが、
「非行少年達を集めて焚き火をすれば、すぐにいい子になりますよ」
「焚き火は子どもにとって精神衛生上いい、、」
というようなことをおっしゃっていたのを思い出しました。




松永さんが「焚き火」について書いているブログはこちらです。




こんな本も出されています。

「わが子を伸ばす四大必須科目「音読」「作文」「暗算」「焚き火」 松永暢史 飛鳥新社」
(読んでいません)








「なんで焚き火?」とも思いますが。。。



私は単純なので、こういう機会があってよかったな、、と短絡的ですが思いました。、



そして、、焚き火と言えば、、コレでしょう~、、と思い、、
義母に「さつまいもはありませんか~?」と。



1212250052_convert_20121226020838.jpg




焼き芋が美味しく焼けました!



1212250061_convert_20121226020914.jpg





紺太郎は、「外でおやつを食べるのっていいもんだね~」なんて言っていました。



私はこの後、友達と夕食を食べに行く約束があって、
外出したのですが、
この後ずっと楽しかったようです。







12月26日(水曜日)です。




前日に引き続きHくんと遊びます。
Hくんのいとこのお姉ちゃんも一緒です。
ほうき作りを手伝っていました。



1212260141_convert_20121226232452.jpg




3人で自転車で遊びます。
道を行ったり、来たり、行ったり、来たり、、
それだけで楽しいようです。


1212260144_convert_20121226232529.jpg





通りがかりの近所のおばさんが、
紺太郎のことを、
「●ちゃん(夫の下の名前)そっくりね~。
自己紹介しなくても、どこの子だかわかっちゃうわ~」
なんて声をかけてくれました(笑)。





「じゃあ、(向こうのお家が)お昼ご飯だから、また今度ね~」と11時半ごろ別れました。




こういうふうに気軽に(外で)遊べるのっていいな、と思いました。
今の自宅のマンションだと、、
あまりこういう機会がないので。。



待ち合わせて、親ぐるみで午前中遊ぶなら、その後に一緒にランチを、、
なんてそこまで考えますから、、。




この後は、おじいちゃんとエアホッケーで遊びます。


1212260155_convert_20121226232657.jpg





午後に、私ともやりました。
私が圧勝して大泣きです。
なにも、、泣かなくても。


1212260157_convert_20121226232739.jpg







悔しかったのか、パックを私に投げつけていました。
そこまでしなくてもいいのに…。



おばあちゃん(義母)がやってあげると言って、、
おばあちゃんはわざと負けてくれて、機嫌が直ったみたいです。
さすが、おばあちゃん。





27日(木曜日)に幼稚園のウィンタープログラム(パン作り)を申し込んでいるので、
26日の夕方に自宅へ戻りました。



年末年始は夫の実家へ行くので、行ったり来たり、、大変ですが。。。
数日間楽しかったです。




お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

家族のクリスマスパーティ&プレゼントと、あるハプニング

<2012年12月24日 7才7ヶ月>



12月24日(月曜日・振り替え休日)クリスマスイブの日です。
前日から夫の実家へ遊びにきていました。



朝起きると、紺太郎はおじいちゃんと将棋(まわり将棋)です。


1212240003_convert_20121225000942.jpg




(相変わらず)路線図を書いていました。
何が面白いんだろう…^^;?


1212240007_convert_20121225001018.jpg




ここで事件が発生。。


お昼前に夫が起きて、布団の上に座ってパソコンをしていたのですが、
夫が「やめろ」と言っているのに、
紺太郎がパパに肩車をして、
そこから飛び降り、
パソコンを蹴ったそうで、、。
そして、
パソコンが故障。。


画面にヒビがはいったのか?画面いっぱいにタテ縞の線が入っています。




私が部屋に入っていったとき、
夫は大層ご立腹のようで、
私に向かって「あなたの息子がパソコンをこわしたっ(怒)!」と。


あの~~、、、あなたの息子でもあるんですけど…。
私の育て方が悪いから、こんなことをした!!とでも言いたげでしたが。。



紺太郎はパパと遊びたかっただけなんでしょうが、、
こんなことになってしまいました。


夫はそれから1日元気がなかったです。
当然でしょうが・・・。
気持ちはわかります…。



紺太郎は最初は夫に怒られてヘソをまげて「あやまらない!」と言っていましたが、
時間を少しおいてあやまりました。


紺太郎は、
「あのね~、いつもママと二人きりで過ごしているから、
パパとあそびたかったの。
パパが毎日帰って来ていたら、こんなことにはならなかったの・・・」
なんて言っていました。




話は戻りまして、
お昼を食べて、自転車に乗ります。


1212240010_convert_20121225001101.jpg




そして紺太郎は義両親と一緒にケーキを買いにいきました。



夜ご飯のポテトサラダ作りを手伝います。


1212240015_convert_20121225001146.jpg




えびフライも手伝ってくれました。
テーブルが粉だらけでしたが…。


1212240017_convert_20121225001256.jpg


いつもは卵は2~3個しか使わないのですが、
小麦粉が沢山ついたままの海老を卵に入れていたので、
5個も卵を使っていました。





夜はみんなでクリスマスパーティです。
紺太郎は始まる前に『パーティの予定表』を一生懸命書いていました。


1212240025_convert_20121225001347.jpg







料理もそろいました。


1212240029_convert_20121225001438.jpg




「これからクリスマスパーティをはじめます」と宣言してから、
踊ります…。


1212240027_convert_20121225001619.jpg



「We wish you a Merry Christmas」の歌も歌っていました。
私たちも立たされて手拍子を強要され、踊らされました。



紺太郎へのプレゼントタイムです。


義母からは靴を二足いただきました。


1212240035_convert_20121225001712.jpg



義父からは地図です。


1212240036_convert_20121225001809.jpg






地下鉄の路線図もついています。


1212240037_convert_20121225001901.jpg




私からは「カラーキューブのパズル」でした。


1212240040_convert_20121225001946.jpg


1212240043_convert_20121225002023.jpg






パーティの終わりの言葉もありました。
「これでパーティを終わりにします。
楽しかったですか~?」
なんて言っていました。




サンタからのプレゼントは夜寝ている間に枕元へ。
「ドラホッケー」です。






夫が「おもちゃありすぎ!」と反対していたのですが、
紺太郎が、「絶対、これじゃなくてはダメ!」と言い張って、
結局こうなりました。。






夫は24日の夜に自分のアパートに戻ったのですが、
玄関を出るときに捨て台詞が「こいつをあんまり甘やかすな!」でした。
(パパの携帯を靴にかくして、出発が遅れてしまったこともあって。。)



このプレゼントも(一応了解はとったけど)「甘やかして!」と思っているんだろうな。。



紺太郎はとっても喜んでいてよかったです。





お付き合いくださってありがとうございました。

12月24日(月曜日)のNHKファミリーヒストリーの南果歩さんの回はよかったです。
おじい様の言葉「自分がどんなに苦労をしても頑張って生きていけば、次の世代(の人たち)が幸せになれる」に感動しました。
つい「自分が幸せに~」という自己中的な発想をしがちなのですが。。
(もちろん「自分が幸せに」、という考えは大事ですが。)
南さんは在日コリアンなんですね。
家系図が分厚い本2冊なのに驚きました。中国や韓国は一族を大事にされているんですね。
素敵なことだと思いました。
南家の組織本部もあって、一族の子孫のための奨学金制度をつくり次世代の支援も行っているそうです。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

7才7ヶ月で借りた本「クリスマス関連の絵本」「お父さんのかさはこの子です」

<2012年12月後半、12月24日 7才7ヶ月>




皆さん、メリークリスマス!
温かなクリスマスをお過ごしでしょうか?




****


7才7ヶ月図書館で借りた絵本の記録です。


今回はクリスマスの本を集めてみました。



1212230001_convert_20121224114536.jpg 



      




この中で紺太郎に「どれが一番面白かった?」と聞いてみると、
「おたすけこびとのクリスマス なかがわちひろ (著), コヨセジュンジ (イラスト) 徳間書店」でした。



男の子の好きな働く車が沢山でてきますし、
かわいい本です。



クリスマス関係以外の本です。


1212200001_21021.jpg



1212230003_convert_20121224114651.jpg



この中でも、「どれが一番面白かったか?」を聞いてみました。


一番は、「なんでも世界一(2巻)  乗りものと機械 ピーター・ラファーティ (著), 歌崎 秀史 (翻訳) 岩崎書店」だそうです。







2番目は?と聞くと、「ぼくらのあか山 (えほんのもり) 藤本 四郎 (著) 文研出版」だそうです。






3番目は「ヒッコスでひっこす (いわさき創作童話 (26))矢玉 四郎 (著, イラスト) 」だそうです。






ちなみに
「お父さんのかさはこの子です (幼年えほんシリーズ―あおいうみ) 山下 明生 (著), 岩村 和朗 (イラスト) ひくまの出版 」
は、先日紺太郎と神宮外苑へ行ったとき(こちら)の帰り道に、
「学級文庫にこういう本があって、とっても面白いんだ」と言うので、
どんなに面白いのか私が読んでみたかったので借りてきました。







雨の中、男の子がお父さんをバス停まで迎えに行くのですが、
そこで女の子と出会います。
一緒に待ちながら、
「お父さんが帰ってこない」
という子どもたちの心細い心情がよく描かれています。



面白かったです。



これで今年借りる本は(たぶん)おしまいです。
来年も楽しい本に沢山出会えるといいです。




お付き合いくださってありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 図書館で借りた本
ジャンル : 本・雑誌

ホームパーティに呼ばれて

<2012年 12月23日 7才7ヶ月>



12月23日(日曜日)夫のお友達の家クリスマスパーティがあり、
お呼ばれしていってきました。


紺太郎と私は3年ぶり、2回目の訪問になります。



我が家の担当は「飲み物」で、スーパーでビールや中ハイ、スパークリングワインなどを買っていきました。



121223_1414~001




お友達の家は高級住宅街にあり、
いいお家が続いていて、
わが町とは全然ちがう素敵な雰囲気を楽しみました。


紺太郎とも、歩きながら
「見て、見て、素敵なおうち~」
「大きなおうち~」
「スゴイね~」
と盛り上がりました。




お宅で素敵なおもてなしをうけました。
ありがとうございました。

1212230010_convert_20121223232625.jpg




他の家族のお子さんと紺太郎はトランプで一緒に楽しんでいました。


1212230009_convert_20121223232530.jpg




お友達の家は、2年前にご結婚1?年目でお子さんが生まれ、
とてもかわいかったです。

1212230007_convert_20121224000138.jpg





「あれ、2才ってこんなんだっけ?」と
ついこの間のような気もするのですが、
すっかり忘れていました。



紺太郎の使っていたおもちゃや本、洋服などを少し持っていきました。





楽しい時間を過ごさせていただきました。



その後は夫の実家へ行きました。
冬休みの最初は夫の実家で過ごします。





お付き合いくださってありがとうございました。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

おじぎそうの種&冬休み1日目とパーティ

<2012年12月22日 7才7ヶ月>



22日(土曜日)冬休み1日目です。
(午前中は雨、午後は晴れてきました。)
この日のことをダラダラと書き綴ります。
(夫は不在)



去年の幼稚園のときに「しまじろう」の付録おじぎそうの種がありました。



去年植えて、残念ながら枯らしてしまったのですが、
今年は予備の種をまいて、キレイに咲かせることができました(こちら)。



段々と種ができてきていたのですが、


(9月30日)


1209300061_convert_20121222111525.jpg




朝ごはんの後に種をとることにしました。
紺太郎がはさみで切っていました。



1212220003_convert_20121222213514.jpg


1212220005_convert_20121222213539.jpg




来年蒔いたら咲くかな~。
咲くといいです。







その後、紺太郎は新幹線トランプで遊んでいました。



1212220006_convert_20121222213608.jpg


 




冬休みの宿題に「お手伝い」というのがあるのですが、
お掃除を手伝ってくれました。
ありがとう♪



1212220008_convert_20121222213635.jpg



お昼を食べて、百ます計算をやりました。






あまりやる気がなくて、、
これじゃあ、、やらない方が彼のためのような気もしてきました…。



「コレをやって、勉強がつまらないものになったらイヤだな。。」と私がいうと、
紺太郎は「もう、つまらないよ…」なんて言います…orz。


ちょっと様子を見て、続けるか決めようと思います。
やる気がなかったら、やめようと思います。




それから、近所の児童館へ遊びに行くことにしました。
行って遊ぶ相手がいなくてつまらなかったら「かいけつゾロリ」の映画でも行こうか、、と話していました。



行く前にマンションの前で、やはり冬休みの宿題になっている「なわとび」をしました。
交差とび(交差したままで飛ぶ)を今練習しているのですが、
中々できません。



1212220009_convert_20121222213713.jpg



一度3回続けてできたのですが、
「もう1回、3回続けてできるまでやる!」と練習していたのですが、
できません。。



もう30分くらいやっているのですが、
できないので、
「また明日練習したら?」
と言うと怒ります。


この子、、ガンコで、、。
一度決めたら融通が利かないというか。。
(いい面を見ればいいのでしょうが…。)


こっちは寒くなるし、子どもはできないからイライラして私にあたるし。。
なので、こっちもイライラしてくるし。
「じゃあ、ママは部屋に戻っているから、終わったら呼びにきて」
と言っても、「ダメ(そばにいて)!」と言うもので、、困りました。。


「じゃあ、忘れ物をとりにいく」
と言って、イライラを彼にぶつける前に離れました。
部屋に行って、下に戻ると、3回できたようで無事児童館へ行くことができました。
よかった。。
ふぅ。。





児童館へ行くと、「大学生と遊ぼう」という企画の日でして色んな学年の沢山の子が一緒に遊んでいて、
入れてもらいました。



1212220013_convert_20121222213745.jpg



すごく楽しそうに遊んでいてよかったです。
毎月やっているようなので、また是非参加させていただきたいです。


1212220019_児童館



たっぷり紺太郎が遊んでいたので、
私も自分の読書(お母さんのガミガミが子どもをダメにする 山崎 房一 (著) PHP研究所 )が進みました。





↑この本については後日紹介いたします。




遊び終わると、紺太郎は本を読みはじめました。



1212220021_convert_20121222213849.jpg




紺太郎がはまっていたのは「ただいま深海1万メートル」です。






閉館までに読み終わらなかったので、
同じ建物内にある図書館へ行き、自分で検索させて、探させて、
続きを読みました。


児童館にいるときに夫から電話があり「今日は帰らない」と言うので、
夕飯は簡単に外食しようと思ったのですが、スーパーに買い物へ行くとチキンが売っています。
(夫は「(夜遅くに)帰る」と言っていたのに。。ムッとしました。)




紺太郎がチキンを食べたいというので、急遽パーティをすることにしました。
パパは、、いないけど。。
(夫とは他の日に夫の実家でパーティをする予定です。)




人参サラダ(作り方はこちら、トマトがなかったのでコーン入りです。)と「ゆでたアスパラ」以外は出来合いのお惣菜です。。
帰りが遅くなってしまったので…。


1212220023_convert_20121222213921.jpg





紺太郎の希望でテレビはつけずにBGMは「Hi5のIt's a Hi-Fi Christmas」です。






このCDはクリスマスの楽しい曲が沢山入っていてとてもいいです。




ケーキタイムが終わると、なぜかクリスマスツリーの撮影会でした。
紺太郎も写真を撮りました。


1212220030_convert_20121222213954.jpg


ツリーの前で紺太郎も撮りました。




このツリーの写真を撮るからと、ご飯の前に紺太郎は(後ろの)自分の部屋を片付けはじめました。
片付けしてくれるのはいいのですが、
凝り性で、
「もういいから、(時間が遅くなるから)」と言っても、
自分の気がすむまで掃除していました。。
頑固でこういうとき、困ります。。
(いい面を見ればいいのでしょうが…。)



そして、8時になると、
ツリーの前に立って、
「これから、クリスマスパーティの終わりの会を始めます。
みなさん、楽しかったですか~?」

なんて言っていて、学校の「帰りの会」の司会のようで笑ってしまいました。



とっても楽しかったです。
紺太郎も楽しんでいました。
夫がいればもっとよかったですが…。
(あ、でも去年は「オレにはクリスマスは関係ない」と言って、夫は独りでインドネシアに旅行へいってしまっていたなぁ。。)




こんな時間がありがたいです。







長くなりました。
お付き合いくださって、ありがとうございました。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

2学期終了&百ます計算

<2012年12月20、21日 7才7ヶ月>




12月21日(金曜日)に紺太郎の小学校の2学期が終わりました!
なんとなくホッとして、解放感を味わっています。



3学期は来年の1月8日(火曜日)からです。
楽しく過ごせればいいなと思っています。




***


先週&今週と、紺太郎は学校から「百ます計算」のプリントを持って帰りました。



5分で何問とけるか?というものです。




1日目は足し算を40問、2日目は42問解いていました。



CAAFCXYU.jpg



聞いてみると、できる子(Kくん)は100問全部できるそうです。


3日目は引き算を持って帰りました。
さらに数が少なく26問でした。


できる子(Kくん)は100問できたそうです。



私は学校の勉強は「本人のやる気にまかせたい」というのが基本的にあって、
他の子と比べてもしかたない、、と思っていたのですが、
何となく心がザワザワ。。



前にKくんのお母さんと立ち話をしたことがあって、
Kくんはたしか公文かどこかの塾に週に2日通っていると聞いたことがありました。



そして授業でも計算カードを使って早さを計ったそうなのですが、
紺太郎はクラス29人中、20番台の遅さだったようで…。




小学校の1年生のテストは簡単なものばかりで、
100点ばかり持って帰っていたので、
「算数は大丈夫」と思っていたのですが、、
そんなに遅いの?と少し驚きました。


クラスで真ん中くらいの速さだったら、
何とも思わなかったと思います・・・。




紺太郎に「百ます計算のドリルでも買ってくる?」と聞いてみると、
「うん、やる、やる!」というので20日(木曜日)に買ってきました。



「陰山メソッド 徹底反復「百ます計算」 [ムック] 陰山 英男 (著) 」です。







こちらは、足し算、引き算、掛け算の百ます計算(1日2問)と、割り算の式問題100問がのっています。
100問を何分何秒で解けるかを記録していくものです。



CA9EBIQ1.jpg




毎日同じ問題をやっていきます。
それが14問(2週間分)あります。
1つ問題があれば、ドリルを買わなくてもコピーすればいいかしら?とも思いましたが、
最後にグラフなども載っていますし、
まあいいかな?と。。
掛け算で2年生以降も使えますし…。



CA5XQVOD.jpg




紺太郎、やる気満々です。
放課後に早速やってみました。




が、、足し算2問をやって疲れちゃったみたいです。
引き算の1問目で集中力が切れ…。



問題の途中で「今何分~?」や、他のことをおしゃべりしていると、
「時間がもったいないよ」とか私が言ったりしたのもイヤだったようで…。
(私も黙っていればよかったのかもしれませんが、修行が足りず。。)



80問くらいのところで19分を過ぎてしまったのですが、
もう20分以内にできないとわかると、、
「20分以内にやりたかった~!」と大泣きです。



泣かれると、、私の心はザワザワ…。
ほっとけばよかったのですが、
イラっともしてしまいました。



泣き叫ぶ紺太郎。。
あーあ…orz。


1212200006_convert_20121221225917.jpg





つい、、「あ~ぁ、ドリルなんて買わなければよかった!」なんて言ってしまいました。。





泣いているのを見ていると、なんでか私は穏やかでいられないんです。
見守ってあげられればいいのですが…。



前にミッキーの英語(DWE)をやっていたときも、
カードをカードリーダーに通したときに、

「Chip and Dale are holding a piece of paper.」


という、文章があったのですが、
最初の時に早すぎてわからなかったときに、大泣きしたことがありました。
あの時も心がザワザワしてしまったのですが。。


こういう時に、親が勉強をみてあげるのはいろいろと大変だな、、と思いましたが。。
こっちがイラっとしてしまったら、
「勉強は楽しくない」というイメージを与えかねないので…。




今は「Chip and Dale~」のカードもスラスラ言えるので、
時を待てばいいのはわかるのですが…。




この日は結局引き算の1問目の最後までなんとかやりました。



結局冬休みに、足し算2問、引き算2問をやろうと思ったのですが、
2日目からは1問ずつにすることにしました。




2日目はなんとか順調にいきました。





百ます計算にも賛否両論(自分で考える力を養えない?という点で)ありますが、
計算に苦手意識をもたずに楽しくできるようになるといいです。



***


ちなみに今学期の成績ですが、
↑にも書いたとおりテストは100点ばかりだったので、
ちょっと期待していました。



が、、
3段階(よくできる、できる、がんばろう)で一番下(がんばろう)はなかったのですが、
そんなにいい成績というわけでもなく…。



先生が見ているのは、テストだけじゃないんですね。

***





ちょっと前までは朝に起こすのが大変でした。


「おはよう、朝だよ、時間だよ」
と最初は元気良く(肯定的な)言葉をかけたり、



私メッセージで、「ママは何回も起こすのは疲れていやだ」なんて言っても、
起きてこないと、
最後にはイラッときて、


「いいかげんにしなさい~!」
なんて怒っていることが多かったです。




ところが最近まったくそういうことがなくなりました。
「7時5分だよ」
と言えば、スクっと起きてくるようになり、
ストレスゼロになりました。



単に、
「7時5分までに起きたら、1つシールを貼る」
と決めただけなんですけどね。



単純な子・・・(笑)。



今週は毎日早く寝ていたのもあり、
目覚まし前(6時40分前)に起きて、
「ママ、ご飯作って!」と起こされることもありました。


これが3学期も続けばいいのです…。





お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

手作り絵本「でんしゃがはしる」&図工「ゆめのまち3丁目」

<2012年12月18日 7才7ヶ月>



12月18日(水曜日)、夕方に紺太郎が描いた絵本の記録です。
幼稚園時代はたまに本を書いていたのですが、
小学生になって書くことが少なくなっていました。


たぶん身内以外は面白くないと思います…^^;




「でんしゃが はしる」


1212190001_convert_20121219230310.jpg



でんしゃが はしる
「1ばんせん ドアがしまります ごちゅういください」


1212190002_convert_20121219230748.jpg




「しゅっぱつ しんこう!」 プシュー



1212190003_convert_20121219230829.jpg





たたん つつっつつ ととん たたん つつっつつ ととん ピュー


1212190004_convert_20121219230910.jpg





ピューン カン カン カン カン カン カン カン カン


1212190005_convert_20121219230942.jpg



ピューン キューン つつっ たっつつ たっつつ プシューン ピューン


1212190006_convert_20121219231013.jpg




つつっとと ピューピューン つつっとと つつっとと 
ガチャリ ピューン ヒューン ピェーン



1212190008_convert_20121219231047.jpg




シュー ガチャン ピュー 
「しもまち~ しもまち」 ピンポーン ピンポーンピ



1212190010_convert_20121219231114.jpg





「ごじょうしゃ ありがとうございました」



1212190012_convert_20121219231146.jpg






これは絶対に「でんしゃはうたう 三宮麻由子文  みねおみつ絵  福音館書店」のパクリだな・・・(苦笑)。
(この本を書いた日記はこちらです(2010年7月)。
2010年の後、もう1回図書館で借りました。)


この絵本は、
『たたっ つつっつつ たたっ つつっつつ どどん…』
『ごどん どどっどど ででん だだっだだ だだん』

などの擬音でできている絵本です。










でも紺太郎は電車に乗ると、先頭車両の運転席の後ろに立つことが大好きです。


彼なりに感じている音を書いたのでしょう…。


途中挫折しながらも(1回、「もうやだ~」と言って寝転がっていました)、
夢中になって書いていました。




***


小学校の図工の作品を持って帰りました。

「ゆめのまち3丁目」という題材で、建物をつくる工作です。




1212190019_convert_20121219231613.jpg

(教科書 開隆堂出版)


紺太郎は11月の末に1回、「具合が悪い」と早退してしまい
(次の日には元気になりました)、
他の子より図工の授業が2時間少ない中での作業でした。
少し雑のような気もしますが、完成してよかったです。
(他の子は2時間x3日 授業がありました。)



1212190018_convert_20121219231532.jpg


1212190013_convert_20121219231304.jpg




天井の銀紙は太陽光パネルだそうです。
時代ですね…^^。



1212190017_convert_20121219231450.jpg




プッチンプリンのポチを動かして空気を調節するそうです。




三田線の「志村3丁目」駅名プレートがあったので、
ベットの上にシールで貼って「ゆめのまち 3丁目」としました。



1212190016_convert_20121219231419.jpg


1階はテレビのあるリビングです。。


1212190014_convert_20121219231351.jpg




これ、、置く場所に困ります~(苦笑)。
すぐに捨てるわけにもいかず…。



お付き合いくださってありがとうございました。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

7才7ヶ月で借りた本「なんでも世界一」「たくさんのふしぎ」

<2012年11月12月 7才7ヶ月>



7才7ヶ月図書館で借りた本の記録です。



1211290001_convert_20121217234739.jpg


1212130001_convert_20121217235016.jpg


1212060002_convert_20121217234925.jpg






この中で紺太郎が気に入った1冊は「なんでも世界一 文明と冒険 ニールグラント 岩崎書店」です。





(11月30日)
1211300002_convert_20121217234809.jpg



瀬戸大橋のページです。



1211300003_convert_20121217234839.jpg








はまって1人で読んでいたのですが、出版が1996年。。
情報が古いのが難点です。



こちらはシリーズで「乗りものと機械」があるので、
今度借りてこようと思います。







他に「地球と宇宙」「動物と植物」編もあります。
「乗りものと機械」の反応がよかったら借りてこようと思います。








もう一つよかった本は「1つぶのおこめ―さんすうのむかしばなし [ハードカバー] デミ 光村教育図書」です。






インドのお話なのですが、娘から王様に要求したご褒美はお米。
「きょうは1つぶ、あしたは2つぶ、あさっては4つぶ、そのつぎのひは8つぶ」というものでした。
1ヵ月後にはすごい量のお米になっていました。
そんなお話です。



絵も面白いですし、これは私が読んであげたのですが、
紺太郎はワクワクしながら聞いていました。
面白いお話です!


30日間のお米の数を全部声に出して読んでいました。


(11月28日)

1211280011_convert_20121217234640.jpg




今回は「たくさんのふしぎ」シリーズを沢山借りてきました。



      





でもちょっと失敗。。
本によっては、とても長いのです。
小学校中学年か高学年用です。
紺太郎が興味をもって1人で読んでくれるのだったらいいのです。


でも1人で読んでくれなかったものは、返す前にもったいないからと、
私が読んであげたものが2冊ありました(後ろから2冊)





1冊読むのに30分…。



のどが痛い~~~!



「琉球の話」なんて全然私が知らなかったことが学べて(学校でも習っていない?)とっても面白かったのですが、
とにかく疲れました…。。。



当分この本はイヤかも。。



でもとっても為になる本です。
借りたいと思うような本が沢山あります!



 





ほとぼりが冷めたらまた借りようと思います。


あれ?私、子どものことより自分のことしか考えていない(苦笑)?
子どもは6冊中4冊は興味があって自分で読んでいるんだし。。


中学年用だし量を少なくして、
紺太郎が自分で読まなかったら、そのまま返すスタンスにしようかな…。






お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 図書館で借りた本
ジャンル : 本・雑誌

ブログ、5年目に入りました

<2012年12月17~19日 7才7ヶ月>



12月19日(水曜日)でこちらのブログを始めて5年目に突入します。


ブログを始めたのはついこの間のことで、
アッという間に過ぎてしまった気がするのですが、
4年前というと、紺太郎は3才。
今は小学生で幼稚園に入る前のことだと思えば、ずいぶん時間がたったな、、とも思います。



4年前は次の年の4月から英語の幼稚園へ通うことになっていたので、
「子どもはどのように英語を習得していくのだろう」ということに興味を持っていて、
それを記録したくてこのブログを始めました。



が、、
英語に関してはあまり進歩はみられず(苦笑)、
だんだん私のボヤキブログになっていってしまいました。



でもこの4年間とても楽しかったです。
コメントをくださる皆さんがとても温かく、私の心の支えにもなりました。
ありがとうございました!



またこちらのブログは、お出かけの記録や「読んだ本」の記録、子育てに関しての記録、
そして私の子どもへの親バカ記録も兼ねていました。
少し前までは紺太郎の顔写真をバンバンと載せていましたが、
今年4月に小学校(マンモス校)に入学して、
やっぱりマズイかな…??、と思い始めました。




なので、最近は顔出しはなるべくしないように心がけています。
顔を編集して目隠しするのには抵抗があって、
後姿ばかりになっていますが。。


まあ、過去のものをすべて「ブロ友閲覧限定」などに変更していないので、
ちょっと前のを見れば顔出ししまくっているので、
そんなに意味がないのですが…(苦笑)。



顔出しに関しては、顔が写っていないと私が少し寂しいような気持ちもあって、
これから急に気が変わるかもしれません…。
でも、、
しばらくはとりあえず、こんな感じでいこうと思っています。





これからも、どうぞできる範囲で(適当でいいので)お付き合い宜しくお願い致します^^



****


17日(月曜日)の夜のことなのですが、
紺太郎が「眠い」と言って、宿題などやることをすべて支度してから、
自分から7時半すぎにお布団に入りました。



こんなに早く寝るなんて、私の記憶にはありません。
たぶん幼児時代以来かしら。。


驚きました。



寒いので、それだけで体力使うのかな?
雨だったので、低気圧で体が重いとか。。
習い事の硬筆もあったし。
それとも週末に遊びすぎたかな…。。



次の日の朝は、私が声がけをしないで目覚ましで自分で起きていました。
(私より先に起きていました。)
とってもスムーズな朝でした。
こういう日が毎日だといいなぁ。。



***


その日の夕飯は鶏肉の照焼きでした。
甘みにメイプルシロップを使ったのですが、
それを食べて紺太郎が、
「美味しい!ママ、だんだん味付けが上手になってきたね。」
なんて上から目線で言うので、
「前はまずかったみたいじゃない」と突っ込んでしまいました。



でも、美味しいと言ってくれると嬉しいものです。





お付き合いくださってありがとうございました。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : ママのひとりごと。
ジャンル : 育児

NHKスタジオパーク、ロボコン工作教室で「紙コップロボット」作り

<2012年12月16日 7才7ヶ月>



12月16日(日曜日)です。
この日はよく晴れまして、近所の公園へ遊びに行く予定にしていました。
(選挙は投票済み)




でもお昼に、渋谷区NHKスタジオパーク高専のロボットコンテストのフェスティバルを開催していることを知り、
2時半から小学生向けに「紙コップロボット工作教室」があるようです。




紺太郎に言ってみると、「行きたい、行きたい~!」というので、
急遽予定を変更することにしました。


高専のロボットコンテストは、NHKで毎年放送しているのですが、
夫の実家にいるときに紺太郎は何回か見たことがあって、
大好きな番組です。


1時半から整理券が配られるそうなので、
お昼ごはんも食べないで、急いで出かけました。


最寄り駅は、JR原宿駅(メトロ・明治神宮前駅)or 渋谷駅(JR、メトロ)です。(徒歩10分)


入場は大人200円、小学生無料です。



そして、1時半に着いて整理券をゲットしましたが、
2時半に着いても参加できたようでした。。
急いで来たのに、、ちょっと拍子抜けでした。。



1212160012_convert_20121217120306.jpg




館内のカフェでお昼ご飯を食べて、再びフェスティバルのイベント会場へ行きました。



過去入賞したロボットで遊ばせてもらえました。



1212160006_convert_スタジオパーク




今まで入賞したロボットの短い映像を見ることができます。



1212160015_convert_20121217120340.jpg




工作教室が始まりました。(無料)
これが完成品です。


1212160018_convert_20121217120421.jpg



がんばって作っていました。
私も手伝いました。


1212160020_convert_20121217120453.jpg




50分かけて完成しました。
紺太郎は大喜びでロボットを動かしていました。



1212160031_convert_20121217120528.jpg




顔も描いていました。



1212160034_convert_20121217120723.jpg




とても楽しかったようです。
係りの方、ありがとうございました。



キッズコーナーのお絵かきで遊びます。



1212160036_convert_20121217120819.jpg




描いた絵がワンワンのいる画像の中へ行って、一緒に動いてくれます。



1212160037_convert_20121217120927.jpg




ロボコンフェスティバルは出口の所にあったので、入り口に戻ってスタジオパーク内をまわります。
スタジオパークは2年ぶりの2回目です(前回はこちら)。



朝の連続テレビ小説「純と愛」のコーナーです。
ドラマの舞台となっている大崎ホテルのコスプレをして、写真を撮ることができます。



1212160043_convert_20121217121019.jpg




昔の映像が見れるコーナーでは「青函トンネル開通のニュース」を見ていました。



1212160045_convert_20121217121106.jpg





今は見せていないのですが、紺太郎は「ためしてガッテン」が大好きです。(水曜夜8時)


1212160046_convert_20121217121139.jpg



好きな番組「すイエんサー」のオープニングを真似したコーナーです。
私達もベンチに座ります。



1212160047_convert_20121217121223.jpg




番組ではMC達がカメラに顔を近づけるのですが、
「すイエんサー!」と叫ぶときにカメラに近づく指示がありました。
その瞬間にシャッターを切ってくれます。


私達、、寄り過ぎました(笑)。


1212160049_convert_20121217121257.jpg





アニメのアフレコを体験できるコーナーです。
紺太郎は「忍たま乱太郎」を選びました。
何個かの場面から1つ選べます。



1212160051_convert_20121217121333.jpg





とっても楽しかったです。



1212160052_convert_20121217121407.jpg




紺太郎、大笑いしていました。






メガネをかけて3D映像を見ます。
私たちは「パリの街歩き」と「さかなくんと見る「海の生き物大冒険」」の2つを見ました。


1212160056_convert_20121217121643.jpg





そして、ニューススタジオを体験できるコーナーです。(30分ごとに予約制)
メインキャスター、レポーター、お天気キャスター、カメラマンを体験できます。



前回来たときは紺太郎は「お天気キャスター」をやったのですが、
恥かしがりやのため、
蚊の泣くような声ででしかできませんでした。


今回もこのコーナーを私が「やろうよ~!」と言ったときも、
「ヤダ!」の一点張りでした。




でも面白いのはわかっていて、やってもらいたかったので、
じゃあ「カメラマンをやれば~」と言うと、
「やる~!」と言ってくれました。
よかったです。


ところが、、
4人の子どもが集まったのですが、(他3人は姉弟)
メインキャスターに希望者ゼロ、
カメラマンの希望者が2名です。


紺太郎はジャンケンで負けて、メインキャスターになってしまいました…。



1212160067_convert_20121217121717.jpg





「きんちょうする~」と言っていましたが、
しっかりと話すことができました。
「こんにちは、12月16日のニュースです。」と。




終わってみると、「楽しかった~」と興奮していて、
よかったです。
帰り道でも「キャスターが楽しかった」と言っていました。



恥しがり屋の子がちょっと勇気をだして人前で何かをやり、
「楽しかった」という体験ができたので、
親としてジャンケンに負けてラッキーだったな、、と思いました。



カメラマン希望でジャンケンで負けたので、
終わってカメラを触らせてくれました。


1212160105_convert_20121217121808.jpg




次はクリエイティブラボという映像を作るコーナーです。(30分ごと予約制)
映像、音楽、キャラクター、セリフを自分で組み合わせていきます。




1212160118_convert_20121217121859.jpg



これも楽しかったようでよかったです。



「平清盛」のコーナーです。



1212160130_convert_20121217121939.jpg




「ダーウィンがきた」のコーナーです。



1212160131_convert_20121217122043.jpg



「自分の顔は50種類の動物の中でどの顔に似ているか?」を測定できる機械です。
紺太郎は「クロクマ」でした。。



1212160134_convert_20121217122136.jpg




2年ぶりのスタジオパーク、とっても楽しかったです!
とってもお勧めです!





お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

エンバリーおじさんの「かおかけちゃうよ」

<2012年12月15、16日 7才7ヶ月>




先日「エンバリーおじさんの「なんでもかけちゃうよ」エド エンバリー (著) 偕成社」という本をご紹介しました(こちら)。







三角や丸、四角、矢印といった単純な図形や線を組み合わせて、
人の顔や動物、機関車、帆船などありとあらゆるものの描き方を手ほどきしてくれる絵本です。




その本に続いて、
同じ作者の「かおかけちゃうよ エド エンバリー (著) 偕成社」を図書館から借りてきました。








この本では、
笑った顔や怒った顔、驚いた顔にすまし顔と、人や動物のいろいろな表情が100あまり紹介されています。


1212150035_convert_20121216230554.jpg




12月15日(土曜日)の夜に紺太郎はこの本を見て、
絵を描き始めました。


1212150029_convert_20121216230214.jpg



1212150032_convert_20121216230440.jpg


1212150031_convert_20121216230359.jpg


1212150030_convert_20121216230256.jpg




どの絵が面白いか?勝手にトーナメント方式で選んでいました。
最後の決勝のライオンは夫に描いてもらっていました。


1212150034_convert_20121216230513.jpg





絵のうまい下手はともかく、夢中になって楽しそうだったのでよかったです。



***


16日(日曜日)の朝に先日作ったスイートポテトこちら)をまた作りました。




ある工程で、私が「それは適当でいいよ~」と言うと、
紺太郎は、
「もう、ママはいいかげんなんだから~。
ボクは鉄道ファンなんだから、適当じゃダメなの!
時間どうりに運行しなくてはいけないんだから~」
なんて言っていました。



自分で自分のことを「鉄道ファン」と言ったのは初めてで、
なんとなく新鮮でした。



どってことない話なのですが、備忘録です。


***


紺太郎は今年のクリスマスにはサンタ「エアホッケー」を頼むことにしたようです。







私もそれでいいや、、と思っていました。



が、、
夫からダメ出しが…。



紺太郎に言うと、
「ヤダ! 絶対コレがいいの!」と。



夫いわく、
「おもちゃが多すぎる!」
とのこと。


私にも、
「なんでも欲しいものを買い与えて~。
お前(私)は何枚gleeのCDを持っているんだ!」
と、私にまでとばっちりが。。








そんな、、
音楽を聞く娯楽でさえもそんなこと言われるなんて。。
importものを買っているので1枚送料を入れても1000円くらいなのに。
それに、CDを買うお金は自分の貯金から出しているのに。
ふぅ。



それに、サンタへのお願いなのに、
紺太郎に「パパがダメって言っているから、、」
というのもオカシイような…。



もう日数が迫っているから困ります。。





お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 図書館で借りた本
ジャンル : 本・雑誌

切手の博物館でクリスマスカード作り

<2012年12月15日 7才7ヶ月




12月15日(土曜日)豊島区にあります切手の博物館へ紺太郎と二人で行ってきました。



最寄駅はJRの目白駅になります(徒歩3分)。




ちょっと前に山手線に乗っているときに、電車から外をみながら紺太郎が「あ、あそこに『切手の博物館』っていうのがあるよ。行きたい~」と言い出したのでした。




先週の印刷博物館こちら)といい、何が彼をひきつけるのかわかりません。。




入場は大人200円、子ども100円です。



1212150011_convert_20121215223658.jpg



切手の形のオーナメントクリスマスツリーです。


1212150012_convert_20121215223739.jpg





館内には世界の切手が展示されていました。
見る場所は狭いです。
(切手は撮影禁止です。)




小中学生用にミニクイズがありました。(4問)

1212150016_convert_20121215223808.jpg





例えば、
「女優のグレースケリーが王妃になった国はどこでしょう?」と言った問題があり、
「世界の女王達」のコーナーにケリー王妃の切手があり国名も書いてあります。
それを探します。




全問正解して、使用済み切手の中から選んでポーランドの切手(機関車)をいただきました。


1212150018_convert_20121215223840.jpg






3階では「切手の博物館のクリスマス」の企画展をやっていました。
(大人100円、子ども50円)

1212150027_convert_20121215224150.jpg




クリスマス模様の世界の切手が展示されていました。



そして、ここではクリスマスカードを作ることができました。
スタンプ、テープ、パンチで切り絵を貼ります。


1212150021_convert_20121215223914.jpg


1212150022_convert_20121215224004.jpg




紺太郎は私の母宛に作っていました。


1212150024_convert_20121215224040.jpg





クリスマスツリーキャンドル消印を選んでここから郵送することができます。
(臨時郵便局のコーナーがあり、切手も販売しています。)



1212150026_convert_20121215224118.jpg





1Fのショップでは切手の販売が行われていました。




この博物館は切手好きの方のためのもので、
私はそんなに楽しむことができませんでしたが、
紺太郎は「楽しかった~」と言っていてよかったです。





お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

英会話教室のクリスマス会で「チキンリトル」

<2012年12月13日 7才7ヶ月>



12月13日(木曜日)は通っている英会話教室でクリスマス会がありました。




短い英語劇をやるのですが、
先週のリハーサルの時に、日本語の担当の方に、
「今日は声も大きいし、ゆっくり丁寧に言っていて、発音もいい」と褒められていました。



紺太郎はシャイ?なので、人前では蚊の鳴くような声でしか話せないのですが、
声の大きさを褒められて嬉しかったです。



紺太郎は「ボク、今日の(学校の)音楽の授業から、声が大きくなったの~」
なんて言っていました(笑)。





これからも人前で大きな声が出せるといいです…。




さて、当日。
会は夕方6時からでした。
(5時50分集合)
家を出る前に学校の宿題をしていたら、、
「●んち・・・」と。。





紺太郎は前よりはずいぶんよくなったのですが、
便秘気味です。
(いつも夜が多いのですが、幼稚園時代は何時間も苦しむことがありました。
最近はスムーズになってきていました。)





30分以上、トイレの前でウロウロしていたのですが、
でません。



もう出かける時間になってしまいました。





波が引いているのでしたら、家を出たかったのですが、
そういうわけでもないようです。





最終手段、、、かんちょうを出してきました。





紺太郎はかんちょうが大キライなのですが、
「自分でやってこらん」と渡すと、
なんとか出来て、無事家を出て間に合いました。
ふぅ。。





3クラスの子ども12人と保護者が集まりました。



紺太郎のクラスは「チキンリトル」という劇をやりました。
私はこの話を知らなかったのですが、
ディズニーでも1943年と2005年にもアニメになっています。




頭の上のどんぐりが落ちてきたチキンリトル「空の破片が落ちてきた」と勘違いして、
「王様に知らせなくては」と慌てている時に、キツネに食べられてしまう話です。
ちょっとかわいそう…。




セリフは違うのですが、youtubeです。






2005年版は大幅に話が違うようです。







紺太郎はコッキー・ロッキーという鶏の役でした。



1212130011_convert_20121213233828.jpg


無事にできてよかったです。



他の2クラスは「3びきのやぎのがらがらどん」をやっていました。
小学生低学年のクラスと、
小学生高学年&中学生のクラスと、スクリプトのむずかしさが違いました。









その後は、ビンゴ大会です。




1212130053_convert_20121213234020.jpg



そして、ロウソクを持って「we wish you a Merry christmas」を歌いました。


1212130068_convert_20121213234130.jpg




最後にお菓子をもらって終わりでした。




「楽しかった~」と言っていていました。




短かったですが、クラスメイトと一緒に英語劇をつくり上げることができてよかったです。
夫も来たがっていたのですが、仕事で間に合わなくて残念でした。





お付き合いくださってありがとうございました。
14日の体操教室では「あやとび」がやっと連続してできるようになってきました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

スイートポテト作り&ゆで卵タイマー

<2012年12月11,12日 7才7ヶ月>



11日(火曜日)の夕方に紺太郎がストーブの前でうつらうつらし始めました。
夕方寝てしまうとリズムが狂うので、
起こそうとしましたが「眠いの~」と。



なので、最近夕方テレビをつけていなかったのですが、
NHK教育(eテレ)をつけてみました。




目がパッチリしたようでよかったです。




その中にクッキンアイドル アイ!マイ!まいん!がありました。



mainimg.jpg
(画像はNHKより)





スイートポテトを作っています。



材料はすべて家にあったので、
「明日作ろうか」ということになりました。


12日(水曜日)、学校から帰ってから早速つくりはじめました。
マインちゃんでは、さつまいもをラップにくるんでレンジで柔らかくしていましたが、
うちは蒸し器でむしました。




縦に半分に切って、中をくりぬきます。(皮を器にします。)



くりぬいたさつまいもにをフォークでつぶし、
バター、砂糖、生クリーム、くるみ(各適量)を混ぜます。




皮の器にもります。



1212120012_convert_20121213092644.jpg



うちはちょっと生クリームが多かったようで、白っぽくなりました。

1212120014_convert_20121213092729.jpg



卵の黄身をぬって、オーブンで焼きます。
(うちは、オーブントースターなので8分焼きました。)


1212120015_convert_20121213092801.jpg




1212120016_convert_20121213092829.jpg




出来上がりです!



1212120019_convert_20121213092922.jpg




とっても美味しかったです。
くるみがコリコリして最高!



紺太郎も「おいし~!」と喜んでいました。





また作ってみたいと思います。


****


母からもらったものでずっと使っていない物で「ゆでたまごタイマー」がありました。


思い出して11日(火曜日)の夕飯に使ってみました。




紺太郎は興味津々です。
イスをもってきて、覗き込んでいました。



CA6C3GIE.jpg







amazonのレビューはベタボメでしたが、
半熟をつくりたかったのに、目盛りどおりにしたら固ゆでになってしまいました。
(見た目は似ているけど、メーカーが違うのかな?)




また使うかは微妙。。
時間ではかった方が確実のような。。



でも、、こういったものは子どもが喜びます。
使わないともったいないので、またトライしてみようと思います。





お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

生きる悪知恵~西原理恵子

<2012年11月下旬>


昨日はちゃんと12時12分12秒に更新できたようでよかったです^^



図書館で借りて私が読んだ本の記録です。


「生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント (文春新書 868)  西原 理恵子 」
です。






9月に図書館で予約したときに17人待ちでしたが、2ヶ月くらいでまわってきました。
すぐに読めてしまう本なので回転がよかったのでしょう。



「夫が浮気しているようです。追及すべきでしょうか」
「息子の部屋からロリコン漫画が出てきました」
「60代の父が30代の女性を同棲。妙にやつれてきました」


などの読者の悩みを、
漫画家の西原理恵子さんがバサバサと答える形になっています。



「英語が話せるようになりたい」と言う人には、
「フィリピンパブへ行け!彼女を作って楽しく覚えよ」とか、

「義母からの子ども作れプレッシャーがきついです」には、
「いずれ死ぬから気にするな」
など毒舌的なものもありました^^;



「男なんていつでも捨ててもいいから、
とにかく避妊しないで子どもだけは作って産んでおけ、、、」

みたいなちょっと無責任発言的に見えるものもありましたが…。
(女性すべて皆が経済的にも精神的にも1人で子どもを育てられるかは疑問なので…。)



でも、、全体的に、アッハハと笑い飛ばせるような回答なので、娯楽として面白かったです。



この中で私が1つひっかかった質問を1つ。。


「30過ぎの女性なのですが、付き合っている男性がなかなか結婚してくれません。
別れるべきでしょうか?」

の質問です。

私は30代後半に結婚したので、他人事には思えない相談でした。


西原さんの回答です。
(省略あり)


「30歳を過ぎたからそろそろ結婚」っていう個展観念だけで言っているみたいな気がするの。
あと、自分の資産価値が年々落ちていることに気がついて焦り始めた、みたいな。仕事がきつくて辞めたいというのもあるのかな。
全体的に「何とかしてオーラ」が得ているように見えるんだよね。それは彼氏だって引きますよ。
もう彼氏の不安が手に取るようにわかる。
夫婦は親友であり、戦友でないと成り立たないと思うんだ。
つまりフェアじゃないと。
どちらかがどちらかに負担をかけるばっかりじゃ何十年ももたないよね。
言ってみれば結婚てさあ、フェアトレード、等価交換じゃないかな。
彼氏をどうこう言う前にあなた自身で何で結婚したいのか、もう一度考えてみて。頑張ってたら、もっといいのが来るかもしれないし。

「何とかして」オーラが出てる女と誰が結婚するかっての!



というものでした。



西原さんのご意見はごもっとも!



でも、、1つ言いたいことが・・・。



女性には出産のタイムリミットがあります。
私は30代に「出産」のことをきちんと考えたことはありませんでした。
自分には無限の時間があるのか?と勘違いしていたのか?と今考えると思ってしまいます。




子どもはのぞみません、という方ならまだしも、
出産リミットというものがある女性を、
「だらだらと、」「態度も決めずに」付き合っている男ってとても無責任だと思います。





もちろんしっかり付き合ってから「態度を決めたい」という過程の場合もあると思います。



でも、、
「この子とは結婚は考えられないけど~」の娘だけど、態度を決めずにただ付き合っている男の人は、最低だと思います。



女性が「あなたが好きなの、別れたくないの」と寄ってくる場合だって、「結婚は考えられない」なら、きっぱりと別れて(振って)あげるのが親切というもの。





優柔不断の男性は無責任だと思います。


質問自体が、そういう無責任男と付き合っていますが、どうすればいいのでしょうか?というものなのかもしれませんが…。



自分やまわりの友達の経験から、この相談者の彼氏にモヤっときてしまい、
西原さんがこの男性に対しては何も言っていないので、
勝手にとりあげさせていただきました。





今は図書館でこんな本を借りて読んでいます。


「杏のふむふむ  筑摩書房」です。






さんってかわいい~。
渡辺謙さんの娘さんですが、それを知る前からカワイイと思っていました。


an_i04-200x300.jpg
(画像はスマホ壁紙netより)



平成25年度後期のNHKの朝の連続テレビ小説のヒロインに決まったようで、、今から楽しみです。





お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

自分の意見に近い政党がわかるチェックサイト

<2012年12月12日22秒>



本日(12/12)、2本目の更新です。



他のブロガーの方が、2012年12月12日12秒でブログを更新する、、というのを読んで、ミーハーなので私も真似しようと思いまして…^^



12月16日(日曜日)選挙ですね。




みなさん、どの政党に入れるか決められましたか?


なにやら沢山政党があって、あまりよく違いがわからないところがある、、というのが私の正直な感想でした。
報道ステーションやZEROなどの党首討論を見たり、
政見放送を見てだんだん考えは固まってきましたが…。



で、
こんなサイトを見つけましたのでご紹介です。


20の政策(原発、消費税、TPPなど)に関する質問に答えて、自分の考えに最も近い政党判定してくれます。



http://nihonseiji.com/votematches
(日本政治・com)



ちなみに私もやってみましたが、
日頃テレビをみていて「ここが自分の考えにあっているかな?」と思っていた政党と一致しました。



単にネットで検索して見つけただけなので、
責任はもてませんが
(こんな日記を書いておきながら、無責任発言で申し訳ないです^^;)、
(質問の答えが、「どれにもあてはまらないよ~」というものもありましたし…、)
もし迷っている方のどなたかのご参考になればと思い、ご紹介しました。




今回は3.11後の初の選挙です。
みんなで選挙に行きましょう^^



お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 選挙
ジャンル : 政治・経済

硬筆を習い始めました(小1)

<2012年11、12月 7才6~7ヶ月>



私は10月から月に1、2回のペースですが、ボールペン習字を習い始めました(こちら)。



家でも一日20分練習しようと、こんな本を買いました。
(最近サボり気味です。)


「1日20分で美文字になれる!!ボールペン字練習帳 岡田崇花 (著) ブティック社」







これを紺太郎の机を借りてやっていると紺太郎が必ずまとわりついてきます。




そして、「ボクも字を習いたい~」と言い出しました。



私は子どものころから字にはコンプレックスをもっていたので、子どもには「硬筆」を習わせたい、、、と思っていたので、願ったり叶ったり。


11月に「体験」へ行くことにしました。
私が習っている文化センターで申し込んだのですが、
私と同じ先生でした。



体験をしてみると、「やりたい~」というので習い始めることにしました。



夫は英会話は反対していましたが(こちら)、
「硬筆」に関しては「字がキレイなことはいいことだ」とすぐにOKを出してくれました。
(英会話も結局許してくれましたが。。)



月に2回ですが、楽しく通っているようです。
よかった…。



CA32QAY4.jpg


CA23RGVX.jpg


CAN91XQD.jpg




しかし、週に1回学校の授業で「書写」があり、
月に余計に2時間(1回1時間 x2 )とるだけで字がうまくなるのかな~???
かなり疑問。



ご自分やご自分のお子さん、他の子、他の人などでも体験談をご存知な方、
よかったら教えてください^^



ちなみに週に1回体操教室へ通っていますが、
体育の授業より週に1回多くやったから、、と言って、何か意味があるとは思えません。
逆上がりも1回教室で出来ましたが(学校で3回成功)、それ以降まだできませんし…。
(将来、体操選手になれるようなスパルタの教室ではなく、お遊び系の教室です。)



本人がすごくこの教室を楽しみにしているので、やめられないのですが、
ひそかに「やめてもいいんだけど・・・」とさえ私は思っています。





ちなみに先週にPTAの会合があったのですが、
その時に仲良くなった1年生お母さんとお話したら、
娘さんも「硬筆」を習っているそうです。
月に4回で月謝が2000円、と聞いてちょっと衝撃。。
安い~。


うちはもっと高いです。。
もっと情報を収集すればよかった。。



でも今のところは家から3分なので、1人で行って1人で帰ってきていますし、
月に2回がいいペースかも。。



英語と体操をやっているので、
硬筆が週一だと、週に習い事が3日になると、ちょっと忙しいかも・・・。
月2回くらいはうちにはいいペースです。



まあ、、いい具合に本人がやる気になっているので、
キレイな字がかけるようになるといいな~。



***


ついでに備忘メモです。


PTAは少し気が重くて会合に行ったのですが、
初めの挨拶で今の役員の方がこんな挨拶をしていました。

「5年生担当の●●先生が生徒にこんなことを言っています。
『「やれ」でやるのではなく、「やる」でやる』、と。
皆さんも「やらされる」のではなく、是非「やる!」という気持ちでやってください」と。



なるほどな~、と思いました。




お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

うたって覚えよう!~九九のうた、元素記号

<2012年12月6~10日 7才7ヶ月>



先日童謡のCDこちら)をTSUTAYA(レンタルショップ)で探しているときに、
キッズコーナーでこんなCDを見つけました。



「うたって覚えよう!~九九のうた、県庁所在地  教材用 CD キングレコード 」です。






こちらのCDは他の方のブログで
「海外に住んでいるけど、このCDのおかげで県庁所在地をすぐに覚えられた。」
「これで九九を覚えた」
と読んだことがあって、存在は知っていました。


小学2年生になると九九も始まるし、、と借りることにしました。
(紺太郎は段によっては覚えていますが、まだ完璧ではありません。)


入っている歌は以下のとおりです。


・ 九九のうた (九九)
・ ロックンロール県庁所在地 (都道府県名と県庁所在地名)
・ 1より小さいかず (1より小さい数の単位)
・ いちじゅうひゃくせん (大きい数の単位)
・ いっぽんでもニンジン (ものの数え方)
・ むか~しむかし (日本史年号)
・ じゅうにかげつ (旧暦の月の名前)
・ じゅげむ (古典落語)
・ 鉄道唱歌 (山手線内回り) (山手線駅名)
・ スイヘイリーベ~魔法の呪文~ (元素記号)
・ ABCのうた (アルファベット)
・ ミュージカル・マンス (英語で1月~12月)
・ サンデイ マンデイ チューズデイ (英語で日曜日~土曜日)
・ 10羽のペンギン (英語で1~10の数字)
・ 九九のうた (カラオケ)
・ ロックンロール県庁所在地 (カラオケ)

(↑amazonで試聴できます。)



紺太郎は地図好きなので、県庁所在地は全部覚えてしまっているのと、
山手線の駅名と英語の歌の部分はもう知っていることなので、
コピーするときは省こうかな。。


数字や12ヶ月の歌などはNHK教育テレビの「にほんごであそぼう」こちら)で歌われているものです。
(時間の都合で最近見ていないな~。)


九九には興味をしめしませんでしたが、
「1より小さい数」は歌詞カードを見ていました。


(12月8日)


1212080038_convert_20121210104323.jpg




1より小さな数なんて、普段の生活では覚える機会はないと思いますので、
歌で楽しく覚えられるので、いいと思います。
(まあ、「あらや、あまら、涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)」と、ここまで覚える必要があるのか?は疑問ですが。)



元素記号も「まだ早いかな?」と思いましたが「スイヘイリーベ~、ボクの船~」(ここの部分だけ)と踊りながら歌っています。


先日、「(同じく)まだ早いかな?」と思ったのですが、こんな本を購入しました。



「科学キャラクター図鑑 周期表―ゆかいな元素たち [単行本(ソフトカバー)] エイドリアン・ディングル(著), サイモン・バシャー (イラスト), 藤田千枝 (翻訳)  玉川大学出版部」です。








元素記号がキャラクターになっています。
この本が好きで化学好きになった子もいるようで、「まだ(小1では)早い」と思いつつ、
「いつか買おう」と思っていると絶版になっていることもあるかもしれないので、早々に購入しました。


CAW8Z0ZD.jpg





紺太郎にこの本をチラっとみせましたが、まったく興味をしめしませんでした(苦笑)。
いつか役にたつといいけど…。



と、
12月10日(月曜日)の夕方にこの日記を書き終わっていたのですが、
その後に紺太郎はこの本を手に取り、45分くらい真剣に読んでいました。
「けっこう面白かった~」と言っていました。
飛ばして読んだそうなのですが。
でもとりあえず、無駄にならないで?よかったです。



CAOKS7LQ.jpg




この本はシリーズです。沢山の種類があります。


   

****


先日「エンバリーおじさんのなんでもかけちゃうよ」の本をご紹介しましたが(こちら)、
まだ絵を描いていました。




(12月6日)


A1212080035_convert_20121210104243.jpg




(12月7日)


1212080031_convert_20121210104211.jpg



楽しいようでよかったです。


今度こんな本も借りてみようと思います。







お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : オススメな商品
ジャンル : 育児

印刷博物館でカード作り

<2012年12月9日 7才7ヶ月>



12月9日(日曜日)です。


朝は「鉄道カルタ」で家族3人で遊びました。

私が読み札を読みました。



読み札の裏は線路になっているので、一生懸命つなげていました。
カードを余らせずにつなぐのに時間がかかりました。(余り札が別の場所にあるのに気がつかずに)




1212090004_convert_20121209222303.jpg






その後に紺太郎と二人で文京区にあります印刷博物館へ行きました。


最寄り駅は、東京メトロの江戸川橋、飯田橋、後楽園駅です。(徒歩8分~15分)



前日お出かけしたときに、ある駅にこちらの博物館のポスターが貼られていたのですが、
それを見て紺太郎が「行きたい~」というので、行くことになりました。


printing posuta1
(画像は印刷博物館のHPより)



↑このポスターの何が紺太郎をひきつけたのか、、謎です。。(苦笑)



入場料は大人500円でした。
(小学生は無料)



1212090009_convert_20121209222334.jpg




こちらの博物館は2000年にトッパン印刷が100周年記念事業の一環で設立したものです。
印刷文化に関わる資料が集められています。



館内は撮影禁止でした。



今まで行った博物館は「子どもウケ」するような部分が多々ありましたが、
こちらはそういうものはあまりなかったです。






東海道中膝栗毛南総里見八犬伝の原本等が並べられていました。
「これが江戸時代のベストセラー本か…。」と私は興味深かったです。


紺太郎は「(この展示品だと)あきるかな?」
と思ったのですが、一つ一つ丁寧に見ていました。


printing mus
(画像は印刷博物館のHPより)





3時から先着6名の印刷工房で「つくるコース」のワークショップがあったので申し込みました。
グリーティングカード作りです。
ここでは撮影可でした。



紺太郎は印刷する文字に「Happy New Year!」
私は「Merry Christmas!」の文字を選びました。



1212090010_convert_20121209222413.jpg




文字の判です。「原」の文字です。
鉛でできています。


1212090017_convert_20121209222450.jpg





今はパソコンですが、昔は職人さんが文字を拾って並べていました。
時代は変わりますね。


1212090021_convert_20121209222528.jpg



この大きさでズシリと重い2キロでした。


1212090026_convert_20121209222603.jpg




自分で選んだ文字を拾っていきます。


1212090031_convert_20121209222646.jpg




並べて、余白を埋めます。



1212090034_convert_20121209222738.jpg




枠に入れます。


1212090035_convert_20121209222815.jpg




機械に入れて、印刷します。


1212090044_convert_20121209222905.jpg




できました~。



1212090045_convert_20121209223033.jpg




5枚作ることができました。
とっても面白かったです。


こちらの「つくるコース」では季節ごとにテーマが変わって色々なものを作っています。
(今回は↓左下のカードです。)



1212090064_convert_20121209223118.jpg





あと係りの方が昔のことを説明してくださりました。
文字を拾う職人さんには一人ひとりスペースがあります。


1212090066_convert_20121209223159.jpg




よく使う文字は自分の近くにあるようになっています。



1212090069_convert_20121209223300.jpg




「ひらがな」は「いろはにほへと」の順なのですが、よく使う「の」などは量が多いです。


1212090071_convert_20121209223340.jpg





一文字3秒くらいで拾うそうです。
一人前になるのは3年くらいかかるとか。。
作家さんの「くせ字」を読むのが大変だったそうです。




ちなみに、拾って使った文字は「戻す」のかと思ったら、
トッパン印刷では、また溶かして文字を作りなおすのだそうです。。
戻すのにも時間がかかりますものね…。



さらに昔の印刷機です。
1816年にジョージ・クライマー(アメリカ人)によって考案されたコロンビアン印刷機です。
上のワシはおもりの役目もあります。


1212090087_convert_20121209223549.jpg




ちなみに印刷を発明したは、15世紀中頃のドイツのグーテンベルクです。
ぶどうしぼり機にヒントを得て、鉛合金活字による活版印刷術を発明しました。
(博物館展示品の中に縮小した模型が展示されていました。)




こちらのワークショップに参加できてよかったです。
楽しかったです。




その後は、VRシアターで、「唐招提寺 ~金堂の技と鑑真和上に捧ぐ御影堂の美~」を見ました。
大画面で東山魁夷が描いた御影堂の障壁画を見られてとてもよかったです。


toshodaiji-1.jpg


printing VR

(画像2枚は印刷博物館のHPより)



説明の音声が始め録音したものかと思っていたら、
途中で気づいたのですが、係員のお姉さんが画像にあわせて説明しているものでした。


終わったとたん、後ろに座っていたおばさまが係りの方に
「あなた上手ね~、アナウンサーの方より上手」
としみじみ褒めていたほど、説明がよかったです。



こちらの博物館は3時間楽しみました。
出たときはもう夕方でした。(閉館は6時です。)



実は行く前は、
スロースタターの我が家にしては比較的早く家を出たので、
この後、近くにある小石川後楽園へ行って、
そして「時間があれば代々木公園で自転車乗ろうか~」なんて話していたのです。


外でお昼を食べたのですが、思ったよりも時間がかかりましたし、
博物館も時間がかかりました。
つくづく時間のバッファを見積もる能力がないな、、と思いました(苦笑)。





博物館を出たら暗かったので「予定と全然違ったね~」なんて言いながら帰りました。




でも紺太郎も「楽しかった~」と言っていてよかったです。





お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : ある日のできごと
ジャンル : 育児

神宮外苑のイチョウ祭りとニコニコパーク

<2012年12月7、8日 7才7ヶ月>




12月8日(土曜日)は紺太郎と二人で明治神宮外苑のイチョウ祭りへ行ってきました。



最寄り駅は銀座線の外苑前駅です。(徒歩1分)




イチョウは残念ながら葉が落ちてしまったものが多かったです。



1212080046_convert_20121208234744.jpg




でも黄色い絨毯がとてもいいです。


1212080061_convert_20121208234820.jpg





反対側の舗道は葉が残っているものが多かったです。


1212080063_convert_20121208234857.jpg




ここはいつきても素敵な場所です。


1212080100_convert_20121208234938.jpg






お祭り期間中(11月17日(土)~12月9日(日))
はこういった飲食の屋台がでています。
紺太郎の希望で抹茶のアイスクリームとコロッケを食べました。



1212080103_convert_20121208235019.jpg



前に来た時よりも屋台のスペースが大きかったです。
日本全国のご当地料理やタイ料理、トルコ料理など色々とありました。



1212080104_convert_20121208235058.jpg








この後は並木道から5分のところにありますニコニコパークへ行きました。(大人300円、子ども100円)




こういった遊具を喜ぶのも、、あと何年かな~?


1212080120_convert_20121208235318.jpg




rody(またいでピョンピョン飛びます)もあとちょっと大きくなったらできなくなるでしょう。




1212080118_convert_20121208235243.jpg






「ママ見ててね~」と言って、rodyで遊びながら何回も確認のためにこちらを振り返っていました。
まだまだ子どもらしくて、カワイイです。
あとちょっとしたら、母親は「ウザイ!」とか言われるんだろうなぁ、、、なんて思いながら見ていました。




ブランコはちょっと前までは「ママ、押して~」と言われていたのに、
いつのまにか1人で乗れるようになっていました。



1212080138_convert_20121208235358.jpg


こちらの公園で1時間半思いっきり遊びました。




楽しい一日でした。




***


日にちが前後しますが、7日(金曜日)には紺太郎の小学校で持久走大会があり、見に行ってきました。


1年生は3分間でどれくらい走れるか?を見るものです。


紺太郎は最初押されて転んでしまいましたが、
一生懸命走っていました。




でもビリから数えたほうが早いくらいでした。。
運動はあまり得意ではないようです…。



560m走りました。
2日前のリハーサルでは570mだったそうですが、ころんだ分遅くなったみたいです。









お付き合いくださってありがとうございました。
8日(土曜日)の午前中はPTAの会合で学校へ行ってきました。
顔合わせでした。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : こどもとお出かけ〜♪
ジャンル : 育児

大前家の子育て~大前研一

<2012年12月上旬  7才7ヶ月>



私が読んだ本の記録です。


「「一生食べていける力」がつく 大前家の子育て (PHP文庫) 大前 研一 (著)」です。






ご存知の方も多いと思いますが、

大前 研一さんは、外資系経営コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニーの元日本支社長、UCLA教授、起業家でもある方です。



息子さん二人はもう成人されてますが、お二人とも実業家であり、社長でもあります。
(大前さんの奥様はアメリカ人)



次男さんの方は、早稲田実業中学に入学したのに、中学で退学、コンピューターを勉強する為にアメリカに留学、南カルフォルニア大学に入学するも、「もう勉強することはない」と中退しています。



私だったら、、「このまま中学、高校と進んでいけば早稲田大学に入れるのに~、もったいない~」なんて言って絶対に反対すると思います。



真似はできないけれど、
「こういう育て方をする家庭もあるのね」というスタンスで読みました。



面白かったです。



以下メモ書きです。



***



子どもの能力を伸ばすだけでなく、責任をもつことを教えるのも親の大事な仕事です。



自分の人生に対する責任、
家族をもったら家庭に対する責任、
会社に勤めたら会社に対する責任、
日本人として国に対する責任、さらには社会・世界全体に対する責任。

私は子どもに宿題をやれとは言いませんでしたが、この「自分」「家庭」「会社」「国家・社会」に対する責任だけは、息子が小さいころから厳しく叩きこんんできました。




次男さんがアメリカへ留学を決めたときも、「この4つの責任は忘れていない」と大前さんが何か言うまえに言ったそうなので、許したそうです。



***



●食事中はテレビを消して家族で会話


これで親子のコミュニケーション量が格段に増えます。
そうすれば子供のやるたがっていることや悩みなどの把握も容易になります。また、わが家では食事のときに毎回テーマを決めて話し合うということをやっていました。

たとえば、その日の新聞にスロバキアの記事があったら、「誰かスロバキアについて知っていることを話してみてくれ」と家族に聞いてみます。
まあ、普通はたいした答えは返ってきません。そうしたらこう言ってください。
「どうやらわが家には東欧に関する知識が足りないようだから、次の土曜の夕食のときに、東欧に関する勉強会をやろう」
そして、スロバキアについて調べてくるように課題を与え、当日は調べた成果を食卓で発表させるのです。
これを定期的にやっていると、子供達の考える力やプレゼンテーション能力は確実に高まります。
せっかく家族で一緒に食事をしていても、「宿題はもうやったの?」などと学校の代理人のようなことばかり口にしたら、意味がありません。

家族の会話の質を意識的に高めることは、子供の「生存力」を高めるうえできわめて重要です。





いいな、、と思いましたが、親(私)の知識が足りないわ(苦笑)。



まあ、食卓というより学校の授業のようで、
私には消化に悪いようなイメージ・・・(苦笑)。



でもそういう話題が普通にあがって議論できる家庭だったら、
色々と知識もつくし、人前で話すのも苦にはならないのでしょうね。
親が育てたように子は育つ、、ということなんでしょうね。




読んでいて、「息子たちとは密に対話をし、彼らのやりたい事を理解したうえで、できるだけ応援してやる」 ということがよくわかりました。


子どものささやかな好奇心の芽や「やる気」は、大人のなにげない否定的な一言で簡単に摘まれてしまうものだと思うので、それは避けたいものです。。



今の時代は右肩上がりの経済成長が完全に終わり、
決まった正解を速く出す能力より、
自分の頭で新しい概念を考えて、まわりの人に伝えていく能力が重要になっているのに、
そのための教育が学校では成されていない


という考えが彼にはあります。。


コンピューター好きの息子さんには「勉強するよりゲームをしろ!」と言っていたそうです。
(いまの時代に必要なITの感覚が身につく、ゲームによっては学校の勉強以上に実世界の知識が得られるからだそうで。。)



本の中では大前さんが同窓会に行くと、成績優秀なやつはみんな当時の一流企業に入っているけど、
みんなその企業も今はしょぼくれて本人も覇気がない。
成績が悪かったやつほど、自分で起業して社長になっていてがんばっていると言っています。



そういえば先日の親野智可等さんの講演会こちら)でも、

「同級生で成績が深海をうろうろ、いやもっと下、地中のモグラくらいに低迷していたヤツが(深海の下にモグラがいるかは別として)、200名の社員のいる会社を5つ経営している社長になっている、
みなさん、学校の成績なんて関係ありませんよ~」

なんて言っていました。



まあ、成績が悪い=将来大成する、、という図式があるというわけではないでしょうが。。





この本は1998年に発売された「親が反対しても子供はやる」の再編集版です。






1998年当時小学生or中学生?だった息子さん二人の今のインタビューが入っています。
これが興味深かったです。



大前さんは休みはちゃんととって、息子さん達とスキーやダイビング、モトクロスバイクなど色んなことをしてバケーションを楽しんだそうなのですが、

「「モトクロスバイク」なんて友達でできる子なんていない。
休日にオヤジと付き合っていると友達と付き合えなくてイヤだった、、」
なんて不満ものっていました。

当時の悩みや不満ものっていましたが、(ハーフでいじめられたこと、海外旅行へ行ったなんて友達に言えなかった etc)
今は基本的には父親母親には感謝しているようです。



「子どものやりたい事を理解したうえで、できるだけ応援してやる」
 は見習いたいです。



つい自分(親)の価値観が一番になったりするので、好奇心の芽を摘んだりしないようにしたいものです。
また一点しか見えていないときは、視野を広げてあげる手伝いもできたらいいな…。







お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

親野智可等さん講演会

<2012年12月4日 7才7ヶ月>



12月4日(火曜日)「いたばし おかあさん学校」主催の
親野智可等さん講演会これからの時代を生き抜く 子どもの育て方を聞きにいきました。
場所は板橋区立グリーンホールです。


oyano-thumb-640xauto-11629.jpg
(画像はテレしずより)




とてもよかったです!


親野智可等さんの本は「叱らないしつけ」「否定しない子育て」を持っていますし、

 




図書館でも何冊か借りて読んでいます(こちらの日記など)。
親野さんの考え方は私にはとても共感できることが多いです。
(「わかっている」ことと「できる」こととは別ですが。)



なので、
「否定的な言葉を使うと子どもの自己肯定感を損なうので、肯定的な言葉を使いましょう」
「共感力が大事」
「叱るより工夫やサポートが必要」

などなどのことは、もうすでに読んだことがあるので目からウロコ的なお話ではありませんでした。





が、、
とにかくお話が面白い!
ワッハハと声をあげて笑ってしまうエピソードを交えて、上のこと等のお話されます。
笑うと心がス~っとしますし、読むのと違い、耳から聞くと改めて心に入ってきます。





以下は勝手な備忘録的メモです。


親は子どもが可愛いはずなのに、どうして色々と言ってしまうのか?
それは「親の願い」があり、
「このまま大人になったら~」
「子どものうちに何とかしなくては、、、」
と思ってしまうから。


でもそれは勘違い。
子どもの時より大人になってからのほうが苦手なことは直る。
(先生も人見知りでした。
子どものころの話ですが、畑の繁忙期に子ども達は地域のお寺に預けられたそうです。
でもお坊さんが「私の修行がたりませんので、この子をお預かりできません。」と返しにきたそうです。
「お母さん~」とずっと泣いていたそうです。
注射も床屋もダメ。)


将来を見通すことができないのが子ども、
「親の欲」が諸悪の根源、
今完成品にする必要はない(親が子どもを完成品にする必要はない)、
子どもの人生は長い、
自分のスイッチが入る時がある、
「こっち伸びちゃダメ、あっち伸びちゃダメ」と盆栽を育てているのではない。



「待てる親」になって欲しい。
その待ち方も2通りある、
・子どもの自己肯定感をボロボロにしながら、
・子どもの自己肯定感を育てながら、

なので、ボロボロにしないで待ってほしい。




親の気持ちを楽にすること、リラックスすることが大切、
でも「ほっとく」ことではない。
できることはして欲しい → サポートと工夫が必要


例えば、
・歯をみがかない子には食べる前に箸といっしょに歯ブラシを出しておく、
・帰ってからすることを(うがい、箸箱を出す)カードにして冷蔵庫に磁石で貼る。できたら裏返しにしていく。(裏にはスマイルマークが書いてある。)
・遊ぶに外に行くまえに、ランドセルの中身は出しておいてもらう、帰ってすぐにやる宿題のプリントが目につく、
・漢字など「とりあえず1文字」書いてもらう→全体像が見える
・ダンボールを丸く切って文字時計を作る、5時半に勉強などと書く、口で「あと5分だよ(5分で勉強の時間)」と言ってもわからない。
ホワイトボードに書くのもいい、


「後でやる」という子、
今やる気がない、後でやる時間があると本気で思っている→そういう時間はないんだよと「見える化」する。


・勉強を見てあげる場合は、何十万回でもやさしく教えてあげる。
ほめるところがないときは、部分的でもほめる


など。




いっさいの悩みを解決する方法は? → 「あきらめて目をつぶる」「見ぬふりをする」(会場内・笑)
「あきらめる」という言葉は、「明らかに理解して受け入れる」ということ。
子どもは安らかでいられる。


子ども時代安らかに過ごすことが大事、
「やれる、努力できる、他者信頼感、自己肯定感」は安らぎの中で育つ、
子育て中の家庭は、温かい温室でいい。



厳しく育てられなかったから上司に叱られてすぐ会社をやめてしまう若者がいる、、と言う人がいるけど、
それはウソ。





言葉の工夫、
・肯定語を使う、
・それでもダメなら単純語、余計なことは言わない「さあ、はじめよう、ヨーイドン」など。


「何度言ったらわかるの!」と言う親は誤解している、
何十万回言わなければいけないもの。


やらなかったら促してあげればいい。工夫する。
「さあ、やろうよ。お母さんも一緒にやるから」と。
それだと自立しない?と思いがちだがそれは勘違い。


「自立できない」のではなく、「片付けが下手、着替えができない」ということだけ。



着替えができない子は、怒りながら手伝うのではなく、歌をうたいながら手伝いをしたお母さんがいた。
でもその子では、外でリーダー的存在だった。
(余計なことは言わない。「ボタン2つだけやろうか」など少しずつやらせた。)


本当の自立とは「自分のやりたいことがどんどんできる」ということ。



その為に、得意なことを伸ばす、ダメなことに目をつむる、好きなことに夢中になっている時に脳のシナプスが増える。



そして共感力が大切、門前払いはダメ。
子どもをくらべない。子どもがショーモナイことをしてする、、は、「後で伸びる力」。
(大きな花はゆっくり開く)



親のストレスは純粋に発しましょう、子どもにぶつけない




などでした。



私がメモにしたものをまとめずにそのまま書いたもので、
ゴチャゴチャしてわかりにくくてすみません。



司会者の方が「一番のお勧めの著書は?」の問いに、
「ダメと言わなければ子どもは伸びる」でした。





いつか読んでみようかな。
私も持っている本は子どもが幼稚園時代に読んで「小学生になったらもう一度読み返そう」と思っていたので、
また読んでみようかな。



心がスッキリした講演会でした。
主催者の方々、ありがとうございました!





お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

エンバリーおじさんの「なんでもかけちゃうよ」で描いた絵

<2012年12月3~5日 7才7ヶ月>





12月3日(月曜日)は紺太郎が学校から帰るとこんなものを描いていました。


「東京メトロ」


1212040003_convert_20121205233033.jpg





4日(火曜日)はこんなものを書いていました。



1212040001_convert_20121205232835.jpg



「都営地下鉄」

1212040002_convert_20121205233006.jpg




ちゃんとも公共の路線図通りになっています。
書くのが楽しいようです。。




そしてこの日の夕食後に読み聞かせで図書館から借りてきたこんな本を読みました。


「なんでもかけちゃうよ (エンバリーおじさんの絵かきえほん) [単行本] エド エンバリー (著) 偕成社」






この本は、三角や丸、四角、矢印といった単純な図形や線を組み合わせて、人や動物、機関車、帆船、駅馬車、スカンク、ティラノザウルス、冷蔵庫にフォークリフトなど400以上のものの描き方を教えてくれる絵本です。




ちょっと「1日10分でえがじょうずにかけるほん 小学校低学年対象 [単行本(ソフトカバー)] 秋山 風三郎 講談社」とコンセプトが似ています。
紺太郎が4才のときにこの本を買いました。日記はこちらです。)






これを読むと「描きたい~!」と言います。
でもこの日は宿題をする時間になっていましたし、その後は寝る時間だったので、
「明日いい画用紙を(100円ショップで)買ってきてあげる」とかなんとかなだめて終わりました。




5日(水曜日)
です。
学校から楽しみに帰ってきました。
もう描きたい絵は決まっているようです。



描き始めました。



1212050013_convert_20121205233127.jpg




1時間後、、私は一言も話しかけなかったのですが、まだ描いています。


1212050017_convert_20121205233209.jpg






結局1時間半かけて描いた絵はこちらです。



1212050028_convert_20121205233501.jpg





飛行機がデブ…(笑)。


でも親バカですがよく描けていると思います。
川ではボートの競技をしているそうです。



本のこのページをイメージして描いたんだとか…。



1212050023_convert_20121205233323.jpg




本はこんな感じです。



1212050032_convert_20121205233615.jpg



描いた鳥はコレ↓を真似したそうです。



1212050021_convert_20121205233251.jpg



「あーだ、コーダ」目を輝かしてこの絵の説明をしてくれました。
まあ、、うるさい。。(笑)。





そしてもう1枚30分かけて描きました。



1212050025_convert_20121205233400.jpg



出来上がりです。


1212050026_convert_20121205233430.jpg




「あのね、この絵はね~紺太郎の町の●●駅を出てね~、、、ウンヌンカンヌン、そしたら隣の国のママッチがね~、」とまた一生懸命説明してくれました。
ウルサイくらい…(苦笑)。



描いた絵はちょっと作者の絵とイメージが似ています。
子供の個性を伸ばす点でどうかな?と思います。



「1日10分で~」の本の日記こちら)を書いたときも、
amazonのレビューに、


「子どもの想像力と創造力の破壊だ!

子どもの絵をだめにする。

やめた方がいい

形にとらわれると、子供自身の言いたい事、ぶつけたい事等の
表現はその分見えなくなってしまう

絵じゃなくて、記号が上手になるだけ

絶対に使ってほしくない本!」



と書いてあって心配しました。


こういった本ってどうなんだろう。。
私にはよくわかりません。




でも子どもが目を輝かして楽しんでいるので、いいのかな~??





明日もまた書くそうです。


*****


今国語の時間で「ふゆのことばあつめよう」という所をやっています。

冬の言葉を集めてカルタを作ったそうなのですが、
紺太郎が考えたフレーズは、


「クリスマスツリーのかざりつけ たのしいな」
だったそうです。


クラス全体のカルタには採用されなかったそうなのですが、
先週末にクリスマスツリーを飾りつけをしたのが楽しかったのかな?と
うれしく思いました。




お付き合いくださってありがとうございました。
寒くなってきて、子どもが明け方に毎日私の布団にもぐりこんできます。
(同じ寝室で寝ています。)
かわいいけど、1人でゆっくり寝たいです。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

ガミガミのお母さんは、

<2012年12月1、2日 7才7ヶ月>



今日はボヤキです。
とても長くて自分勝手なものなので、苦手な方はスルーしてください。



この日曜日に子どもへのガミガミ(イライラ)が止まらなかった話です。
夫がからみます。



まず発端は土曜日(1日)です。




この週末はいつもにはない量の「漢字の書き取りの宿題」が子どもにありました。
日曜日は外に遊びに行きたかったので、
「土曜日にうちに終わらせようね」と紺太郎と話していました。


最初は「お昼を過ぎてからやる」、と言っていたのですが、
夕飯の時間が近づいていてもやる気配はゼロです。
パパとスマフォなどで遊んでいます。
パパも協力してくれればいいのに、、と思いつつ、
子どもを促して、机に座らせました。



私の予想では1時間くらいかかるかな?と思っていたのですが、
それ以上かかっていました。




子どもが机に座りながらもボケっとして止まっていることがあるからです。
なので、私は夕食の支度をしながらも声をたまにかけました。
「今、どこやっているの?」
「どう~^^?」と。




すると、紺太郎は「あ、今ね~何番の何個目でね~、、」と答えて色々追加で話してくれます。
何もしていない時もあるので確かめ&促すつもりで…。
「あ、今ボケッっとしてた~」なんて言ったこともありました。



それに夕飯は3人で食べようと思っていたのですが、
たぶん夫が(お昼が少なかったので)お腹がすいているだろうな、、と、
だから早く夕飯にしたかったので、宿題を早く終わらせてほしかったのです。



何回目の声かけの後に、
夫が私に「おい、紺太郎に話しかけるな!せっかく集中してるのに」と非難がましくいいました。



前から夫は私が子どもに過干渉で、手をかけすぎていて、
「ほっとけ!」「かまいすぎるな!」と言っています。



私は自分が「あれしなさい、これしなさい」という過干渉の母親になりたくないし、
そうならないために色々と自分で勉強しているのに、
それがわかっていないで、
「子どもに口出しする母親」みたいに私を非難する口調がとてもイヤでした。
自分のまわりにいる他のお母さんを見ていると、
自分は口は出していない努力をしているつもりでいるのに…。



その時も、手をとめて休んでいないか確認するために、
そして、
早く夕飯にしたいから声かけしているだけなのに、
とても自分が否定されているように感じました。



また私が「口を出しすぎる親」だと思っているだろうと、
少しカチンときましたが「3人でご飯を食べたいから」と少し言い返しましたが、そのときはそれで終わりました。




結局夫には先にご飯を食べてもらい、
私と紺太郎は宿題を終わらせて8時近くの夕食になってしまいました。
(結局休み休みやっていたので、宿題は2時間くらいかかりました。)



次の日の日曜日(2日)です。




私は早く子どもを寝かせたいと思っています。
朝に少しでもスッキリ起きるために(中々起きません)、
そして子どもの精神面にも睡眠時間は長いほうがいいと思っているからです。
(それに教育者の陰山英男さん&他多数の方が、早く寝ている子の方がそうでない子より学力が伸びることが多いと言っています。)




できるだけ遅くとも9時には寝かせたいです。
(できれば8時半に。)
(小学生の3人のお子さんがいる私の海外のブロ友さんは7時半に寝かせているそうです。)



しかし日曜日は紺太郎の好きなテレビ番組「ビフォーアアフター」(テレビ朝日)があるため、
8時54分までテレビを見ることになってしまいます。





その後、歯磨きなどしてスムーズに寝て欲しいのですが、
この日は違いました。


通っている英会話教室ではクリスマスパーティに「ミニ英語劇」をやることになっているのですが、
その英語CDを聞くのが宿題になっています。
私がつい、「あ、今日は聞いていないね」とテレビが終わった後に言ってしまったので、
紺太郎が「練習する」と言い出しました。



「言わなきゃよかった」と思いつつ、
まあ、少しくらいいいかな?と思いCDを聞いて自分の役を練習することにしました。
「2回やる!」と言うので、1回でいいのに、、と思いつつ、やらせました。


でも2回目に紺太郎が間違えてしまい(他の人のセリフを言っただけ)、
「もう1回やる~!」と。
ちょっと私が(寝る時間が遅くなるから)イラっとしはじめたのですが、
「まあ、いいか」とやらせました。



そして歯磨きをさせました。
(この時点で9時20分でした。)



そしたら紺太郎が「フルーツを食べたい!」と言い出しました。



いつも歯磨き前にフルーツを食べているのです。
でもこの日は「フルーツ食べる?」とテレビを見ている時に聞いたら、
「いらない、でもコレ食べる~」と、
鍋に残っていたカボチャを欲しがったのです。



カボチャをあげたからもういらないと思っていました。



私「さっきいらないって言ったじゃない」
紺太郎「言ってない。食べたい~!」
私「もう歯を磨いてしまったし、また明日ね。もう9時をずいぶん過ぎているよ」
紺太郎「食べる~!」
私「わかった、食べたいんだね。とりあえず寝室へ行こう」と言って行きましたが、
「食べる!」と聞きません。



話をして、
どうしても「食べたい」と言うので、
じゃあ、仕方ないと、
食べさせてまた歯磨きさせることを選択。


この時点でかなりイライラ。


みかんを半分食べて、歯を磨いている紺太郎、
もう9時半を過ぎています。


私はPMSもあって、
「こんなこと(食べることを)我慢できないなんて」
「どんどん遅くなっているよ」
と時間がたつにつれてイライラが爆発して
「(歯磨きが遅いから)なにやっているのよ~!」
「どうして、あなたは我慢できないの!」
と、ガミガミ&ネチネチと子どもを怒り飛ばしました。



大泣きする子ども。。



今となり冷静になれば、そんなに怒ることじゃないと思います。
「ま、いっか」の精神を忘れているし、
「たまにはいいか」という心の余裕も「待つことの大切さ」も忘れています。
「早く、早く」とせかすことでもないとわかります。
後日に「テレビは録画して次の日に見よう」話合ったり提案したり。。
でも、、この時はカーっときていました。



そして寝室へ行かせて電気を消しました。
そこで夫が登場。




泣いて寝ている子に向って一言


「かわいそう…」
「 毎日、毎日。」




カチーン。




いつも、夫は私が早く寝かせようとすると、
「●●家(自分の実家)では夜遅くまで起きていた。
いいじゃないか。」
と言うのです。
実際夫の実家へ行くと、子どもは遅くに寝ることになってしまいます。



夫は毎日帰ってきません。
私が努力して早く寝かせようとしているのに、
いつもいないくせに、たまに帰ってきて、
非難めいたことを言う。。
自分は寝かせたり、起こしたり毎日子どもの面倒をみていなくて、人にまかせているのに。
「毎日、毎日」って、毎日私を見ていないでしょう。
そりゃ、日曜日は言い過ぎたけど。。



私が怒っているなら、冷静になるようにリラックスさせてくれたり、
「ほら、お母さんの言うこと聞きなさい」と子どもに言ってくれるのがスジってものじゃ。。


それを、怒っている私に、「火に油をそそぐような」言葉を。



大爆発して、夫にもすごい剣幕で言い返して怒ってしまいました。



そして、別々の部屋へ行ったのですが、
それから夫のイヤな面ばかり思い出してイライラ。。
結婚写真を撮ってくれないことや、、、その他沢山のつもり積もったことを。



でも少し時間がたって、
怒りすぎたな、、と思って夫にあやまりました。



紺太郎にも次の日に怒りすぎたことをあやまりました。


夫に「いい母親」なんて思ってもらわなくてもいいけど、
いつも「ダメだし」ばかりされてイヤな気持ちだから、
認めて?もらいたい気持ちがあるのに、結局日曜日は怒りがとめられず
イライラ母さんをみせてしまいました。
あーあ。



私は生理前は特に怒りを抑えることができません。
自分なりに「ガミガミ言うお母さんは子どもにはよくない」とわかっているつもりです。
それに、どのお母さんがイライラして子どもを怒ることは、少なからずあると思います。




「怒ってはいけない」ということではありません。
色々考えて(自分の感情をぶつける「叱る」じゃない)「怒る」ことを選択してもいいと思います。
でも、、もう一度その弊害を自分の頭に叩き込もうと「ガミガミ 母」などで検索してみました。



すると、



「口やかましい母親の子の家庭は崩壊するでしょう。
そもそも夫婦仲が悪い家庭は子供の人格形成に計り知れない悪影響を与えます。
お子さんはその後の人生を苦労するでしょう。」


と書いてある箇所があり、グサ。。



私は自分の責任や覚悟が足りないのかな。。



amazonで「ガミガミ」で検索すると、こんな本が見つかりました。


「お母さんのガミガミが子どもをダメにする―ほめて上手に育てる法 [単行本] 山崎 房一 (著) PHP研究所」
「子育てのイライラ・ガミガミがなくなる本 [単行本]  石神 明生 PHP研究所 」




 


衝動的に図書館で予約をしてしまいました(苦笑)。



あ、今本箱を見たら、同じ筆者でこんな本を持っていました。
なんだ。。

「ガミガミをやめれば子どもは伸びる [単行本] 山崎 房一 (著)PHP研究所」







石神明生さんは「パピーいしがみ」さんと呼ばれている方で、彼の子育てのメルマガ幸せなお母さんになる為の子育てをとっています。
対象は幼稚園生までのお子さんの親かな?と思うこともありますが、
とてもいいです。



日、月、、とモヤモヤしていたのですが、
火曜日に教育家の親野智可等さんのお話を聞く機会があり、とてもよくて心がスッキリしました。
この話はまた後日書きます(こちら)。







うまくストレスと向き合うことができれば、自分にも心の余裕ができるのだろうな。
でも、、私のストレスって、、
夫婦のことが大部分をしめているかも。。




ないものを数えるより、あるものを見て感謝しよう。
変えられるのは未来と自分、
「~してくれない」と相手に求めるのではなく、先に与える人となろう、、
努力するか、しないか決めるのは自分、
期待するから腹が立つ、
みんな価値観(ものさし)は違う、
否定語よりも肯定語を使おう、



等々、色んな言葉を頭ではわかっていても、
中々。。


大切な人なんだけど。。
感謝もしているし、夫は仕事が忙しく大変だし。
その気持ちが伝わっていないのかな。
そもそもうちは、コミュニケーション不足ですし。。
子育てのことでも、もっと二人で話し合わないといけないんだろうな。




あー、、それに気の強い女は嫌われるのもわかっているけど。



なんだか、、あ~あ、、の数日間でした。
伝え方をもっとうまくなりたいし、ストレス解消がうまくできる人になりたいです。




こんなに長くなるつもりはなかったのですが、
すみませんでした。。
書いているうちに何が言いたいのかわからなくなってしまいました。
お付き合いくださった方、ありがとうございました。
もしかしたら削除してしまうかもしれません。

あと、申し訳ないのですがHNのないコメントは削除させていただきます。
1回しか使わないものでもHNをお願いします。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

東武日光線、南栗橋車両菅区ファンフェスタ

<2012年12月2日 7才7ヶ月>





12月2日(日曜日)は紺太郎と夫と三人で東武日光線の南栗橋車両管区のファンフェスタへ行きました。


私は神宮外苑のイチョウ並木の紅葉イチョウ祭り)を見に行きたかったのですが、
2対1で負けました…。



先日に東武東上線のファミリーフェスティバルに行ったばかりですし(こちら)、
もういいよ、、という気持ちがありましたが、
1人も寂しいので付いていくことにしました。



東武日光線の南栗橋駅から会場まで無料シャトルバスが出ているのですが、
駅前はすごい行列です。
でも次々とバスが来たのでそんなに待たずに乗れました。



1212020019_convert_20121203121235.jpg



会場を入ると、ティッシュボックスのお土産をいただきました。



1212020022_convert_20121203121304.jpg




線路を走る自動車です。



1212020023_convert_20121203121527.jpg




数社の鉄道会社のグッズ販売です。


1212020025_convert_20121203121601.jpg




飲食のテントも出ています。



1212020026_convert_20121203121627.jpg





すごい人です。
こういった鉄道イベントには今年から行くようになったのですが、
どの会場を見ても、人が大勢いて、
「こんなに鉄道が好きな人が沢山いるのか・・」
と驚いてしまいます…。


マスコットと写真を撮れます。


1212020027_convert_20121203121655.jpg




子供用の遊具もありました。
(写真はありませんが)ミニSLも走っていました。


1212020028_convert_20121203121722.jpg



アルパカと記念撮影コーナーもあります。


1212020032_convert_20121203121751.jpg




お昼ごはんに駅弁(スカイツリートレイン完成記念駅弁)とやきそばを食べました。


1212020036_convert_20121203121820.jpg




Nゲージです。


1212020038_convert_20121203121850.jpg


1212020046_convert_20121203122004.jpg





東武の電車の写真です。


1212020044_convert_20121203121919.jpg





電車の先頭にカメラをつけて映像を撮っているもののDVDです。
紺太郎が真剣に見ていました。
私にはなにが面白いのか、わかりましぇ~~ん。


1212020049_convert_20121203122108.jpg




車両撮影会です。
15分間の入れ替え制です。




1212020061_convert_20121203122156.jpg


1212020063_convert_20121203122228.jpg



撮影会で並んでいると工場見学ができなくなるので、
(イベントは15時まで、工場に入るのが14時30分まで、)
並んでいる途中で諦めて列からはずれました。
この写真がもう撮れたので。。



工場です。


1212020069_convert_20121203122304.jpg




工場内では色々と小さな操作ができるようになっていて、所々に行列ができているのですが、
並んでいると、「お暇つぶしに~」とマジックをやってくださる方がいました。
すごく上手でした。
実は私はマジックが好きではないのですが、とても面白かったです!


1212020074_convert_20121203122338.jpg






紺太郎が並んでやりたがったのは、「マスコン操作(マスターコントローラー)」でした。



1212020080_convert_20121203122415.jpg



色々と見学をしました。


1212020092_convert_20121203122450.jpg




そしてお土産に欲しがったのは「スジで書いた列車運行図表」・・・。
(500円)

1212020101_convert_20121203122523.jpg




スジというのは電車の動きを線で表した物で、時刻表のようなものです。
前に自分でお絵かき帳に書いていたことがありました(こちら)。





紺太郎と夫には楽しい1日だったと思います。
久しぶりに3人で出かけられてよかったです。



***



どうでもいい話なのですが。


3日(月曜日)に紺太郎とお風呂に入りながら「お金」の話をしていました。


「お金があったら幸せになれるというわけじゃないけれど、
なくてはならないものだ」
というようなことをなんとなく言いました。



(深い意味はなく)
「お金持ちになるといいよね~」と言うと、



紺太郎がボソっと、、
「グランクラスに乗れるかな・・・」と。。



グランクラスというのは東北新幹線のファーストクラスのことです。


photo_05_convert_20121203220314.jpg
(画像は東北新幹線、グランクラス・クラブより)



前から「グランクラスに乗りたい」と言っていたのですが、
「大きくなったら乗れるといいね」と答えていました。




すぐに鉄道のことに結びつけることにクスっとしてしまいました。





お付き合いくださってありがとうございました。
私はイチョウ並木の方がよかったなぁ。。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 家族でお出かけ
ジャンル : 育児

プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード