7才6ヶ月で借りた本「2年1組わすれんぼチャンピオン」

<2012年11月 7才6ヶ月>



7才6ヶ月図書館から借りた本の記録です。



1211050086_convert_20121129155916.jpg


1211070002_convert_20121129155957.jpg


1211130005_convert_20121129160108.jpg


1211150002_convert_20121129160206.jpg


1211210001_convert_20121129160249.jpg





ほとんど面白かったようですが、
子どもが特に気に入った本は前に紹介しましたが(こちらこちら)、




「アナログ? デジタル?ピンポーン! (たくさんのふしぎ傑作集) [単行本] 野崎 昭弘(著)タイガー立石 (イラスト) 福音館書店」と、
「おっしっこの研究 柳生弦一郎 福音館書店」です。






そして鉄道好きなので、
「日本の鉄道なぜどうして事典 (てのり文庫) [単行本] 三宅 俊彦 (著), 寺本 光照(著) 大日本図書」
です。






新しい(と言っても1999年初版ですが)設備・技術を分かりやすく説明しています。
字も多く、小学生中級以上の本ですが、
1人で全部読んでいました。
やはり興味のあることだと面白いようです。




あとは「2年1組わすれんぼチャンピオン (どうわのいずみ) [単行本] ひしい のりこ (著), 尾崎 曜子 (イラスト) 国土社」
です。







こちらは耳鼻科の病院の待合室にあったのですが、
「途中までしか読めなかったので続きが読みたい」と言うので借りてきました。
小学校が舞台で身近な「わすれもの」が題材なので面白かったようです。
面白い子が主人公で、色んな子がいるのがわかり、学校生活の参考になってよかったのでは?なんて考えています。


あとは、「うみのダンゴムシ・やまのダンゴムシ (ちしきのぽけっと) [単行本] 皆越 ようせい 岩崎書店」は、
先日NHK(日曜夜7時30分)のダーウィンが来た」で、「ダンゴムシの秘密というテーマを見たばかりだったので、タイミングがよかったかな?と思っています。
これは↑等のものと違って自分からは読まなかったのですが…。











自分で読まないものもありますが、
段々と1人で読んでくれることが増えて、
字も多く長くなってきているので楽になってきています。





お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

レンコンとインゲンのバター炒め

<2012年11月26、28日 7才7ヶ月>



レシピネタです。




朝の日本テレビのZIPという番組の中でMOCO'S(モコズ)キッチンというコーナーがあります。
俳優の速水もこみちさんがお料理をする、、というものです。




ある日、たまたまテレビを回したら「ホットサラダ」というものを作っていて、
里芋とレンコンをバターで炒めて、ルッコラに乗せるというものでした。
(他に色々味付けあり)



promo178179921.jpg

(画像は日テレより)



それを見ていて、ピンときて、
レンコンのバター炒めを作ってみることにしました。


今回はインゲンのゆでたものも一緒です。


(ちなみに、茹でた里芋のバター炒め+お醤油はやったことがあります。
ものすごく美味しいです!)


バター&サラダ油をフライパンで熱し、レンコンの薄切りとインゲンを入れ、
炒めます。
塩コショウをして、仕上げに醤油を数滴入れて香付けをします。


1211280004_convert_20121128231439.jpg




ちょっと焦げ気味が香ばしいです。



お鍋と一緒に。
(11月28日)


1211280007_convert_20121128231506.jpg




とても美味しかったです!
夫と息子に好評でした!


レンコンのでんぷんとバターが合います。
簡単なので、また必ずリピしたいと思います。
インゲンの代わりにゆでたアスパラでも美味しそう。



↑のお鍋の写真はグチャっとなってしまいましたが、
皮むき器でゴボウを長めのササがきにしていれたら美味しかったです。
あと大根と人参も細く長くの薄切りにしました。



だしは市販のものを使っています。
(同じものではありませんが、こんなようなものを使いました。)







野菜を煮たスープが美味しかったです。


***


我が家の定番料理に人参サラダがあります。(つくり方はこちらに書きましたが、人参をスライサーでおろし、玉ねぎは薄切りにして、トマトを乱切りにし、チーズをいれて和風ドレッシングであえるものです。)
週一くらいのペースで作っています。



(11月26日)


1211260001_convert_20121128231407.jpg
(↑高野豆腐はスーパーのお惣菜です。)



最近は入れるチーズを「アーモンド入り」にしたら、ますます美味しくなりました。


44eda86c48ace.jpg

(画像はQBBより)




もちろん普通のチーズでも美味しいです。
これからも作り続けると思います。






お付き合いくださってありがとうございました。
がんばってお料理をつくっていますが、紺太郎は「ボクはばあちゃん(義母)の味付けが一番好き~」と言っています(苦笑)。
すねて「じゃあ、ばあちゃんちの子になれば」と一度言ってしまいました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

映画「天のしずく 辰巳芳子 いのちのスープ」&「北のカナリアたち」

<2012年11月25日>




11月25日(日曜日)、夫と紺太郎が鉄道博物館へ行ったので(こちら)、
私は映画を1人で見に行きました。




天のしずく 辰巳芳子 命のスープ
です。


121001_tennoshizuku_main.jpg
(画像はシネマカフェより)




料理家の辰巳芳子さんのことはテレビで拝見したことがあります。
コンビニの肉まん、ピザなどを食事としている若者達に苦言をていしていました。
「鎌倉のお料理教室は2、3年の空席待ち」だそうです。



top00.jpg
(画像は辰巳芳子hpより)



辰巳先生が脳梗塞で倒れ、嚥下障害(えんげしょうがい)の病床のお父様のために工夫を凝らして作り続けたスープがやがて「いのちのスープ」と呼ばれるようになり、
多くの人々が関心を寄せています。






映画はストーリーはなくドキュメントなのですが、
被災地や病院などで飲まれているこのスープの物語を描いています。



自然の恵みである植物、その自然をいただいて私たちは生きている、、
というのをしみじみと感じさせてくれる映画でした。



お料理教室で野菜を丁寧に炒めてながら、
「みなさん、手を抜いてはいけませんよ」とおっしゃっていて、
手抜きすることばかり考えて「~の素」ばかり使っている私は耳が痛かったです。





料理を作る=愛 
生きること=食べることでつなぐ



というのがよくわかりました。


映画を見たあと、料理を作る心構えが少し変わったような気がしました。


辰巳先生のHP(&「慎みを食卓に ~その一例~NHK出版)」にも書かれている、


主体はいのち、いのちを守るため、いのちをていねいに生きるため、
人間の限界を知り、自然の法則を知り、風土とともに生きてほしいと願っています。
~辰巳芳子



この言葉を、映画は表していると思いました。







映画は恵比寿でみたのですが、
恵比寿ガーデンプレイスのクリスマスツリーです。



映画を見る前。


CAEF8FER.jpg



見た後です。


CADJPXVV.jpg




とても美しかったです。
もうクリスマスシーズンなんですよね…。





***



ついでに少し前に見た映画のことも。



北のカナリアたちです。


映画には辛口の私の母がめずらしく「よかった」と言っていた映画だったので、見に行きました。


120920_kitanokanaria_main2.jpg
(画像はシネマカフェより)



北海道の離島にひとりの女教師(吉永小百合)が赴任し、彼女の下で6人の生徒たちが歌を通してのびのびと育っていきます。
しかし、1人の生徒の海への転落事故があり島を去ることになります。

その傷を抱えたまま、生徒の1人が殺人事件を起こし20年後に生徒達と再会して、、、というお話です。。





まあまあ面白かったです。
北海道の大自然の中の子ども達の歌に癒されました。
もっと聞いていたかったです。
人間にとって「寂しい」って本当に辛いことなんだな、、と実感しました。。



吉永小百合と里見浩太朗が親子(娘と父)、
吉永小百合と仲村トオルが引かれあう、、というような年齢設定が不自然でしたがそれは仕方ないですね。





テンポもよくミステリーの謎解き要素もあり目がはなせない映画でした。




原作です。
「往復書簡 湊かなえ 幻冬舎」





お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

鉄道博物館、工業高校生 がつくる鉄道展

<2012年11月25日 7才6ヶ月>



11月25日(日曜日)、3連休の最終日です。



朝は紺太郎は夫と路線図を書いて楽しんでいました。
半分は前に紺太郎が書いたものですが、
「こっちの半分はパパ書いて~」と。


1211250004_convert_20121126220448.jpg



「次は大江戸線ね~!」などと言いながら完成させていました。
二人とも見本や地図など何も見ないで書いていて感心しました。



***



数週間前(11/10)夫の実家に遊びに行った時に、
朝のNHK首都圏のニュース春日部工業高校がミニ新幹線を作ったという話題を放送していて、
義母が紺太郎を起こしてテレビを見せました。



kasukabekougyou.jpg
(画像はNHKより)





そして、11月の24、25日(土・日)にさいたま市の鉄道博物館で、このミニ新幹線を走らせるとのことでした。



紺太郎は見終わって、2階で寝ている私の所に飛んできて、
「あのね~、今度の3連休に鉄道博物館に行くの!」と起こしにきました。



そして、2週間ずっと鉄道博物館のことを楽しみにして言い続けていました。


でも、、私は10月に鉄道博物館へ行ったばかり(こちら)。。
もういい、、という気持ちは否めなく、
夫と紺太郎と二人で25日(日曜日)に行くことになりました。
(11月になって3人で行動することがなくて、私も行こうか迷いましたが…。)



以下は、夫が撮ってくれた写真です。


工業高校生 がつくる鉄道展

1211250083_convert_20121126221705.jpg


この日は、

春日部工業高等学校
川越工業高等学校
狭山 工業高等学校


の作品です。





多くの人が並んでいたようです。


1211250010_convert_20121126220625.jpg



40分並んで待ってミニ新幹線に乗りました。


1211250019_convert_20121126220702.jpg






こんな電車も作っています。



1211250034_convert_20121126220806.jpg



ミニ蒸気機関車も走っています。


1211250026_convert_20121126220732.jpg




新幹線の形の遊具でも遊びました。


1211250040_convert_20121126220851.jpg






次に鉄道博物館の館内を見学します。



1211250052_convert_20121126221026.jpg



1211250082_convert_20121126221606.jpg


1211250063_convert_20121126221309.jpg


1211250064_convert_20121126221452.jpg





転車台が動きます。


1211250058_convert_20121126221102.jpg






ダイヤブロックで作った新幹線です。



1211250072_convert_20121126221532.jpg




紺太郎は大満足で帰ってきました。
とても楽しかったそうで、よかったです。




お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 育児

国営武蔵丘陵森林公園の紅葉見ナイト

<2012年11月24日 7才6ヶ月>



11月24日(土曜日)、3連休の2日目です。



紺太郎が週明けの学校で「どんぐり」が必要だといいます。
どの公園でもよかったのですが、
埼玉県比企郡国営武蔵丘陵森林公園に紺太郎と二人で行ってきました。
(1週間前に東武東上線のイベントこちら)で森林公園駅に行ったのですが、そのときに「(駅の反対側にある)公園も行きたい」と言っていたので・・・。)



最寄り駅は東武東上線の森林公園駅です。(バス7分)
(入場大人400円、子ども80円)



入り口に入ってすぐにどんぐりは沢山あり、拾うことができました。




モミジの紅葉がキレイです。



1211240001_convert_20121125125622.jpg




遊具で遊びます。


1211240004_convert_20121125125651.jpg




イチョウも色づいています。


1211240005_convert_20121125125716.jpg




イチョウの絨毯です。



1211240006_convert_20121125125816.jpg




楽しい遊具だったようです。


1211240011_convert_20121125125907.jpg



こんなボール遊びもできます。



1211240016_convert_20121125125941.jpg



そして森林公園は普通は4時半が閉園なのですが、
今4時半から8時半まで「紅葉見ナイト」というイベントで、
植物園から中央口までモミジの木々のライトアップが行われています。
(11月3日~12月9日)

せっかくなので見てみました。




植物園はイルミネーションでライトアップされています。
大勢の人が来ていてびっくりしました。




1211240018_convert_20121125130011.jpg




モミジもライトアップされてキレイです。



1211240021_convert_20121125130042.jpg





行灯が所々に置かれています。



1211240026_convert_20121125130129.jpg




ライトアップのモミジもキレイですが、明るいうちにもこの辺りを散策してみたかったです。



1211240045_convert_20121125130244.jpg






とても美しかったです。





1211240046_convert_20121125130315.jpg


1211240055_convert_20121125130402.jpg


1211240061_convert_20121125130440.jpg




中央口付近もイルミネーションがあちらこちらにありました。



1211240063_convert_20121125130512.jpg





入り口です。



1211240065_convert_20121125130540.jpg





中央口から駅or南口駐車場まで無料シャトルバスが運行されていました。




モミジを満喫できてよかったです!






お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 育児

けんかつ鉄道フェア2012

<2012年11月23日 7才6ヶ月>




11月23日(金曜日・祝日)、3連休の初日埼玉県北足立郡伊奈町埼玉県県民活動総合センターで行われた
けんかつ鉄道フェア2012へ紺太郎と二人で行ってきました。





先週東武東上線のファミリーイベントこちら)へ行ったときにポスターが貼ってあり、イベントを知りました。





1211230011_convert_20121124224626.jpg



最寄り駅は埼玉高速鉄道(ニューシャトル)内宿(うちじゅく)駅です。



大宮駅からニューシャトルに乗ったのですが、
上越新幹線と平行して走っていて、
数本の新幹線を見ることができました。



1211230010_convert_20121124224558.jpg




会場に着きました。


数社の鉄道会社のグッズが売っています。



1211230012_convert_20121124224653.jpg




こちらに来た一番の目的が、
鉄道博物館・竹内雄一郎氏の鉄道講演会
「新幹線ってな~に?超特急!聞いてなっとく鉄道おもしろ話」

を聞くためでした。


1211230013_convert_20121124224721.jpg




1時半からの講演会まで少し時間があったので、会場をまわります。
ジオラマです。



1211230016_convert_20121124224750.jpg




ミニ電車も走っています(100円)。


1211230017_convert_20121124224821.jpg





駅弁を買ってお昼ご飯にすることにしました。
紺太郎が「牛弁当」を選びました。



が、、

フタをあけるときに、紺太郎がお弁当を落っことしてしまいました。。



あーあ。。


1211230018_convert_20121124224854.jpg






紺太郎はギャン泣きです。
「食べたかった~!」と。



職員の方がお掃除にきてくれました。
申し訳ない…。



泣き続ける紺太郎。
駅弁は高かったので(1000円くらい)、もう一度買う気はありません。
私の別のお弁当があったので、
「私のおかずをあげるから、ご飯はそれを食べよう」と言っても、
「これ、食べたかった~!」
「(ママのは)食べない~!」
と泣くだけです。




いつもの私のパターンですと、最初は「残念だったね。」と共感してあげるのですが、
子どもが泣きやまないと心がザワザワしてきて、
子どもの気持ちを置いておいて、
「泣くのをやめなさい」とか、
「仕方ないでしょう(諦めることも覚えなさい)」
「(諦めて)早く食べなさい!そうでないと講演会が始まるよ」
「次の食べる機会があるから(今回は諦めなさい)」
と言っていると思います。


次第に泣き止まない子どもにイライラして、
「もう2度と連れてこないよ」
なんて脅していると思います。
そして私は怒る…。
さらに子どもは泣くパターンです。


でも今回は、子どもが泣いていてもまわりにはそんなに?迷惑にならない場所だったので、
「自分で感情を味わいつくさせる」ことに徹して、
「食べたかったのに悔しかったね」
「残念だったね」
と泣かせていたら、
次第に泣き止んでお弁当のご飯を食べ始めました。
(「何も食べないで講演会へいったらおなかがすくよ」と、
「じゃあ、講演会を見ないで帰るの?(少し脅し)」
とは言いましたが。)


よかった。。


何が正しいのかわかりませんが、、
共感してあげたほうが早くことが終わるかも…。



無事ご飯を食べて講演会に間に合いました。





講演会は面白かったです。
最初は新幹線の写真を見せて「これは何型でしょう?」のクイズ大会のようでした。


1211230023_convert_20121124225000.jpg




紺太郎も手をあげてさされて「N700系です」と答えていました。


1211230022_convert_20121124224931.jpg



新幹線の定義は「200キロ以上で毎時走る電車」のようです。


1211230025_convert_20121124225035.jpg




約1時間のお話は面白かったようです。



講演が終わり、ご当地B級グルメの出店で行田市の「ゼリーフライ」というものを食べました。
おじさんに「ゼリーをあげているんですか?」と聞くと、おからのコロッケだそうで。。
銭(小判)型なので、ゼリーフライになったそうです。
(写真を撮り忘れました。)



furai_zeri.jpg
(画像は行田市観光協会より)





あとは体育館のような所でプラレールで45分くらい遊んでいました。
小1だとプラレールを卒業している子もいるというのに、、
紺太郎はまだ楽しいようです…。
電車のペーパークラフト作りがあったのですが、それは定員オーバーでできませんでした。


1211230031_convert_20121124225118.jpg







「全部満足だった」と言っていて、紺太郎にとって楽しい1日だったようです。
(たぶん、お弁当をのぞく…。)




***


時間は前後しますが、
朝は久しぶりに家にある「はじめてであう すうがくの本、1,2」を読んでいました。



1211230004_convert_20121124224525.jpg


 



面白いようです。



あと、どうでもいい話なのですが、
私が何気なく鉄腕アトムのテーマソングを歌っていました。
「ラララ 科学の子~♪ 10万 馬力だ~ 鉄腕アトム~♪」と。





すると紺太郎が、
「それ(そのメロディ)、どこかの駅で聞いたことがある~」と言います。


調べてみたら、高田馬場駅の発車音のようです。
そんなに何回も通ったことがないのに、よく覚えているものだ、、とおどろきました。







私はつい先日一人で山手線の高田馬場で下りたのですが、
「鉄腕アトム」が発車音なんて気がつきもしませんでした。






発車ベルの好きな鉄男(鉄道好きな人)もいるようで。。
紺太郎はどこへいくのだろう…(苦笑)。





お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

どうせ私は・・・、に続く言葉 ~ナイナイアンサー

<2012年11月22日 >



少し前から、毎日ではないのですが心理カウンセラーの心屋仁ノ助さんのブログ「心が 風に、なる」を読みはじめたのですが、面白いです。



心屋さんの出演されている番組で、
日本テレビ解決!ナイナイアンサー(火曜日夜9時~)があります。



芸能人の悩みを複数のカウンセラー達が解決する、、という番組です。



私は今までちょろっと1回だけ見たことがあるのですが(森口博子さんの回を少し)、
20日(火曜日)もたまたまつけたテレビでやっていたので、最後の部分を少し見ました。


興味深かったので、ご紹介します。



熟年離婚?の危機のある芸能人夫婦のお悩みで、
清水章吾&清水ハルマン 御夫妻が出ていました。


MM-M93-1639.jpg
(画像はgooニュースより)


20040518oigami1.jpg
(画像はパラダイス画廊より)



奥様が強すぎて会話がなりたたないそうです。
そんな悩みでした。
奥様のハルマンさんは「一緒のお墓にも入りたくない」と旦那様には冷たい口調でした。



心屋さんは、


問題は清水章吾さんの心の中にあると指摘します。
清水章吾さんは昔から女性に対して苦手意識を持っていることを見ぬいたうえで、
その苦手意識をハルマンさんを使って治そうとしているために、
ハルマンの態度を作ってしまっていると指摘します。


そして、
清水さんは、気弱な性格になった原因が強い母親に関するトラウマにあることを話します。
母親は清水さんの話に耳を傾けることは全くなく、
何を言っても口癖は「生意気言うな!」だったそうです。



そんな扱いを受けてきた清水さんの心の中には、
「自分はひどい扱いを受ける人間なんだ」という根っこがあり
そんな母親に「言えなかったこと」を言うために、
「親との関係をハルマンさんで修復しよう」と頑張ってる最中とのこと。



これが、清水さんの「人生のなかでやりのこしてきた宿題」なんだそうです。




清水さんが解決するべき問題はハルマンさんとの間柄ではなく、
清水が心の内に抱える母親との関係だといいます。



そして、
この言葉を繰り返して言ってくださいと。


「お母さん、最後まで私の話を聞いてください」。
「最後まできいてくれ」





このワードを何度も言い聞かせて母親が笑顔になるイメージができたら悩みが解決する。、




そしてもう1つの言葉。



「どうせ自分は愛される」
「どうせ自分は認められる」



清水さんは心屋さんの後にこの言葉達を言っていました。



心屋さんによると、

「どうせ自分は認められない。どうせ自分は価値がない。」
と思っていれば、やっぱり認められない・価値がないという出来事が集まってくる。


このように「どうせ」には「やっぱり」が集まってくる。
であれば、逆に応用すればいい。

どうせ自分は認められると思っていると、
認められるというやっぱりが集まってくる。


だから
「そのセリフを頭の中のお母さんに対して、言いたい事を全部言い終わると、ハルマンさんの態度が100%変わります。」
「ハルマンさんは自分が態度を変えようと思って変わるんじゃなくて、前から私はこうだったというぐらいの勢いで変わっていきます。」


と断言します。




清水さんは、「どうせ、私は愛されない」とずっと思ってきてたそうです。





極端に言えば、ハルマンさんは、清水さんに操られ、
清水さんにひどいことを「させられている」最中だとのことです。


番組の最後にはハルマンさんの顔が少し優しくなっていました。



(詳しくは心屋仁ノ助さんのコラム(こちら)11月21日放送分にあります。


放送はされなかったのですが、
心屋さんの↑コラムによると、、


「今度はハルマンさんがわに焦点を当てると
また問題が変わるのです。

ハルマンさんは、極端に「ネガティヴ嫌い」でした。
放映はされなかったのですが、そんな話が出ていました。

ということは、その「極端にネガティヴを嫌う」ようになった過去があるのです。
そして、これまはハルマンさんからすると、

清水さんを「使って」そのネガティヴに向かい合うという課題の最中なんですね。
だから、イヤだいやだと言いながら一緒に暮らしているのです。  



とのことです。


心屋さんは
「光と影の法則」に『結婚相手に天敵を選ぶ』という話を書いているそうです。









なるほどな、、と思いました。
特に、「どうせ~」の部分。




私もつい「どうせ、、ダメ」と思ってしまうことが多いです。
とくに夫に対して…。
最近「やっぱり私たちはダメなのかもね」と思ったことがありました。
(少し持ち直しました。)



でも
「どうせ、ダメ」「どうせ私は認められない」と頭に中にあるのと、
肯定的なものが根っこにあるのと、
集まってくる物に違いがあるでしょう。。



(もう知っているつもりでいましたが、改めて)
プラスの言葉にはプラスの事柄がよってくるのでしょうが、
因果応報、
努力するか努力しないか、
自分次第なのかもしれませんね。。



「どうせ~」に続く言葉を
ちょっと意識してみようと思いました。





お付き合いくださってありがとうございました。
この日記は昨日アップするつもりで予約投稿していたのですが、
夜のことがあって昨日のものを先にしてしまいました。
この日記を書いた後だったのに、トホホです。。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 幸せに生きる
ジャンル : 心と身体

じゃあ、えんりょなく~

<2012年11月22日 7才6ヶ月>



22日(木曜日)夕食の時のことです。
木曜日は英会話教室があり、家に帰るのは7時過ぎになってしまいます。


この日は教室の前に夕飯の支度をして、帰ってから盛り付けるだけにしていました。



準備しているうちにちょっと喧嘩になってしまい、
紺太郎が「ママと一緒に食べたくない」と言い出しました。


「ママ先に食べて!」と紺太郎が言うので、


「こんちゃん、先に食べていていいよ」と言うと、
「いいよ、いいよ」と紺太郎は言います。



「え~、いいよ、先に食べて~」と私が言うと、




「じゃあ、えんりょなく~」




と言うので思わず笑ってしまいました。



使い方は間違っていないけど、
小学校1年生が母親に言う言葉じゃないような…(笑)。



すぐに「仲直り」「やっぱり一緒に食べよう」となりました。




「どこでそんな言葉を知ったの?」と聞くと、
持っている本の「ポケモン ダジャレクラブ」の中のセリフであったそうです。








一言ずつ、セリフを再現してくれました。



紺太郎が寝てから、どのページか探してみました。



ありました。
(どうでもいいのですが。。)


1211220007_convert_20121122234918.jpg


1211220008_convert_20121122234946.jpg







時々面白い言葉が出てくるので、楽しいです。




ちなみにこの日の夕食です。


1211220005_convert_20121122234849.jpg





キャベツのナムルこちら)を3日連続作ってしまいました。
美味しいです。



***


ここで愚痴を一つ。


夫が22日(木曜日)の夜に帰ってきたのですが、
私が「明日祝日だから(平日設定の目覚ましの)携帯のアラーム解除しておいてね」と頼みました。


いつも祝日の朝早くアラーム(バイブ)が鳴り響き、
私は起きてしまいます。
でも設定した本人はグースカ…。


私は一度起きてしまうと、あまり二度寝はできない性質なので、
頼んだのですが。


すると、
「いいじゃないか」と。


「起きてしまうから、お願いね」と
起きたら眠れないことを言ったら、


「どうせ、あんたは毎日休みだろ!」の一言。



怒!
どうして、頼んだことを素直に「わかった」と言えない人なのだろうか…。


私だって休みの日くらいゆっくり寝たいわよ!


腹立ちます。
ホントやだ。。


「お願いね!」を繰り返しておきましたが…。
後で解除はしてくれたようですが、「わかったよ」の返事はなく…。



会話するのがイヤだ。。




あ、いい夫婦の日(11月22日)だったわ…。。




お付き合いくださってありがとうございました。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

小1の授業参観、図工「丸いシールでカード作り」

<2012年11月21日 7才6ヶ月>



11月21日(水曜日)は紺太郎の小学校の授業参観がありました。
時間は5時間目(1時55分)、図工の授業でした。



テーマは「丸いシールを貼ってのカードづくり」でした。



図工の教科書です。


1211210011_convert_20121121224056.jpg





誰宛でもいいのですが、
紺太郎はお友達のTくんにカードをつくっていました。
「いつもおにごっこをして遊んでくれてありがとう」と書いたそうです。



他の子を見ていると、
丸いシールでお花やハート、ミッキーなどを作っていてとても上手でした。
女の子の方が色々と考えてカワイイのを作っていました。


お友達、母親、父親に書いている子が多かったです。



ある子のカードを見てみると、
「パパへ、
いつもはたらいてくれてありがとうございました」

と書いていて、
「なんで過去形?」と思ってしまいました(笑)。




先生が「終わった人は2枚目をつくっていいですよ」と言って、
みんな2、3枚、多い子は4,5枚作っている子もいました。




紺太郎は2枚目を書き始めて「ママへ」と書いてあるのは遠くからわかりました。
そして3枚目も書きはじめました。


1人1人カードを1枚選び「シールのどこを工夫したか?」を前に出て見せて発表する時間がありました。



全員の発表が終わると、先生が
「カードを書いた人に渡してください。」と言いました。



紺太郎はTくんに渡しにいきました。
Tくんは人気者で4枚くらいお友達からもらっていました。





そして紺太郎が私の所へ持ってきてくれました。




1211210007_convert_20121121224027.jpg


「ママへ 
こんたろうより
いつもぼくをささえてくれて
ありか(が)とう」





思わずプッ、、、と噴出してしまいました。
「支えている」のかな?
いや、確かに「支えて」はいるけど…。
本当に意味がわかっているのかしら…。
改めてわざわざ言葉にしてもらうと照れてしまいます。



でもと~っても嬉しかったです。
ちょっと目頭が熱くなってしまいました。
そして心が温かくなりました。



3枚目は「おじいちゃん宛」でした。



1211210004_convert_20121121223943.jpg



「おじいちゃんへ
いつもしょうぎで あそんで たのしいよ
こんたろうより」



帰ってから、義父へ郵便で送りました。
(義母には手紙を書いていました。)
たぶん喜んでくれると思います。




最後に、懇談会のために先生が「机(の位置)を「箱型」に動かしてください」と言ったのですが、
紺太郎は、見回して違う場所に机を置いている子の机(複数)を「ここじゃないよ~」と直して動かしていました。
しきり屋の所があるのかな?と見てとれました。



とても楽しい授業参観でした。



**


そして授業参観の後に懇談会がありました。
前は鍵を持たせて紺太郎を帰らせて一人で家でお留守番をしてもらったのですが、
今回は校庭で待ってもらうことにしました。



懇談会は2学期を振り返ってのことや冬休みのことについてでした。



そして、、気の重~いPTAの役員決め…。
この日は1クラスで3人決めることになっていました。



うちの学校は6年間で1人は1回役員をやることになっているということで、
「早いうちに・・・」と思い、やることになりました。
未知の世界で少し怖いですが、がんばります…。。。
早速12月の土曜日に会合があります。。



懇談会の後に、PTA役員は1室に集まって話し合っていたので、
帰りが5時近くになってしまいました。



紺太郎は最初は校庭で、懇談会が終わった後は(寒くなってきたので)クラスで本を読んで待っていました。



暗い中を二人で帰ったのですが、
紺太郎がボソっと、、「ボクは(誰からも)カードをもらえなかった・・・」と言っていて、
ちょっと可哀相になりました。



もらえなかった子の方が大多数だから気にしないでね。



でも、見ていると紺太郎の所へお友達が寄ってきて肩をくんできて何かを話していたり、
校庭でも友達と仲良く鬼ごっこで遊んでいたようで
皆と仲良くやっているようでよかったです。



この日はおやつがなかったので、「おなかすいた~」と言うので、
帰ってすぐに作り始めて早い夕食でした。




長い1日でした。



(追記:夜にここまで書いてアップしようとしたのですが、
過保護かな?と思いつつ、丸いシールが沢山あったので私も紺太郎宛にカードを作りました。
「いつも元気な笑顔をありがとう」と書きました。
朝に渡したら、「もっと(シールを)工夫したら?」と反応はうすかったです・苦笑。)




お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

牡蠣の炊き込みご飯とキャベツのナムル

<2012年11月18日、20日 7才6ヶ月>




レシピネタです。




テレビで牡蠣の釜飯の映像を見たら、急に食べたくなってしまいました。
でも釜飯なんて作れないので、「牡蠣の炊き込みご飯」をつくりました。



材料は米2合、牡蠣(適量)、人参(スライサーで千切り)、ごぼう(皮むき器でささがき)、うどんスープの素です。





(11月18日)

1211180049_convert_20121120235007.jpg





出来あがりです。



1211180053_convert_20121120235036.jpg



おあげやシイタケがあったら入れたかったのですが、
これだけの材料でも美味しくできました。



1211180056_convert_20121120235131.jpg




もう1つ、
私の好きなお料理ブログるっこらクッキング」で紹介されていたのですが、
「きゃべつのナムル」です。




キャベツをゆでてぎゅっと水切りし、ごま油(適当適量)と昆布茶(適量)で混ぜただけです。
レシピでは「白胡麻」をあえていましたが、忘れました…。






(11月20日)


1211200003_convert_20121120234917.jpg
(↑高野豆腐とひじきはスーパーのお惣菜です。)



とても美味しかったです。
キャベツがモリモリ食べれてしまいます。
簡単でお勧めです!
またすぐに作りたいと思います。





昆布茶は前にスパゲティの味付けに使ったことがありますが、
amazonを見たら、こんな本もあって気になります。








クックパッドにも色々と出ているので(こちら
昆布茶をこれからもっと活用したいです。





***


NHKの歴史秘話ヒストリア(水曜夜10時)で
わが町走れ! 鉄道ものがたり~ふるさとの鉄道誕生ロマン~(10/31放送)というのをやっていたので、
録画したものを紺太郎に20日に見せたら、喜んでいました。



阪急電鉄を作った小林一三さんの話など盛りだくさんで面白かったです。






お付き合いくださってありがとうございました。
寒くなってきたからか、紺太郎は2日連続で夕方うたた寝をしていました。
夕方に寝るとリズムが狂うので起こしましたが…。
ストーブを出したのが原因かもしれません。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

東武東上線ファミリーイベント

<2012年11月18日 7才6ヶ月>



11月18日(日曜日)東武東上線のファミリーイベントへ紺太郎と二人で行ってきました。



場所は埼玉県比企郡森林公園駅(池袋から60分)から徒歩7分の検修区です。
(入場無料)



1211180003_convert_20121119222022.jpg




まずお土産のノートをいただきました。



1211180006_convert_20121119222143.jpg



B級ご当地グルメの出店があります。


1211180005_convert_20121119222106.jpg

すごい人です。
こういった鉄道イベントには今年から行き始めたのですが、
こんなに沢山の人が集まってくる、、なんて知りませんでした。





車なのに線路の上を走ることができます。



1211180008_convert_20121119222218.jpg





車両洗浄の様子です。
希望すれば電車に乗って中から見ることができます。



1211180009_convert_20121119231023.jpg





ふみきりの非常ボタンを押します。


1211180011_convert_20121119222258.jpg





ボタンを押しただけで色鉛筆のお土産をいただいてしまいました。



1211180013_convert_20121119222335.jpg





数社の鉄道会社がお土産グッズを売っていたのですが、
紺太郎が「これ、ほしい~」と…。
「東急電鉄のひみつ」です。


1211180015_convert_20121119222404.jpg





1600円もしたので、、「今日はダメ、中古で探すから~」とお茶を濁してしまいました。






写真撮影会もすごい人です。



1211180017_convert_20121119222438.jpg





電車上の行き先掲示板が変わるだけで「うぉ~~~~!」の歓声と拍手があがっていました。
こんなに鉄道好きの方って沢山いらっしゃるのね、、、と驚きました。



1211180029_convert_20121119222610.jpg




制服を着て写真を撮ることができます。
2種類の電車の前で撮りました。


1211180023_convert_20121119222506.jpg





500円でくじをひきました。


1211180042_convert_20121119222742.jpg






シールブックなどが当たりました。
小学生でシールブックなんて、、と思いましたが、本人は喜んでいました。


CANA17EE.jpg CAOTMQ83.jpg






普段は見られない鉄道の車両が見られてました。



1211180044_convert_20121119222656.jpg





お兄さん達がたむろして、自分の撮った電車の写真のスクラップブックを見せ合っていたり、
売店で電車の車内に掲示してある路線図を買っている人も沢山いて、
色々な鉄道好きな人がいるのだな、、と思いました。



紺太郎は路線図が好きで「変わった子・・・?」と常々思っていたのですが、
世の中にも路線図好きな人がいるものなのだ、、と学習した日でもありました。



鉄道好きの紺太郎には楽しい一日だったようです。




遊びにきてくださってありがとうございました。
ますます寒くなってきましたね。19日にストーブを出しました。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 育児

さいたま市宇宙劇場・IMAXシアターでハッブル宇宙望遠鏡

<2012年11月17日 7才6ヶ月>



11月17日(土曜日)は雨の予報で外では遊べないので、
さいたま市にありますさいたま市宇宙劇場へ紺太郎と二人で行ってきました。
(雨が降り始めたのは3時過ぎでした。)



最寄り駅はJR大宮駅です。(西口より徒歩3分)




こちらのにはIMAXシアターがあり、大画面で映像を見ることができます。
1日のうちにプラネタリウムの物を含めて何種類か上映されているのですが、
私達が選んだのは超大型映画「ハッブル宇宙望遠鏡」です。
(大人600円、子ども300円 40分)



入り口です。
宇宙飛行士の若田光一さんがさいたま市の出身とのことで、
入り口にパネルがありました。



1211170001_convert_20121118000557.jpg




若田光一さんの手形です。


1211170011_convert_20121118000846.jpg





IMAXシアターです。
大きいです!自分を覆いかぶさるドームの半分がスクリーンになっています。
(映像のタイトルは「HABBULE 3D」となっていましたが、3D映像ではありませんでした。)



1211170007_convert_20121118000721.jpg





ハッブル宇宙望遠鏡は、1990年に打ち上げられた地上約600km上空の軌道上を周回する宇宙望遠鏡です。
しかしピントが合わないなどの故障が見つかり、
何度かスペースシャトルから修理をしていました。
この映画では2009年に打ち上げられたスペースシャトルの乗組員が修理をしている様子を描いたものになります。






映画はスペースシャトルの発射の様子や、乗組員のインタビュー、
修理中の映像を映し出していました。



宇宙服を着た乗組員がスペースシャトルの船外に出て修理をする姿はカッコいいです。
そしてそのバックが大画面での雄大な地球!
美しかったです。




1211170002_convert_20121118000625.jpg




1211170003_convert_20121118000649.jpg




天候で左右される地上からの望遠鏡の映像と違い、
ハッブル宇宙望遠鏡は宇宙の鮮明な映像を映し出してくれています。



285px-Hubbleshots.jpg
(画像はwikiより)




予算の関係で、修理の続行に反対する意見も多かったそうなのですが、
「このミッションを成功させた宇宙飛行士たちは、
500年後の人類の歴史で、その勇気を讃えられるだろう」

と映画は言っていました。





とても面白かったです。
ちょっと感動してしまいました。


紺太郎も「よかった~」と言っていました。



ハッブル宇宙望遠鏡の模型です。



1211170010_convert_20121118000819.jpg




こんな惑星の模型もありました。



1211170009_convert_20121118000751.jpg



入場者にプレゼントをもらいました。
季節ごとの星座表です。18日(日曜日)に作っていました。


1211180051_convert_20121118230836.jpg





帰りは前から行きたかった大宮ソニックシティによってみました。


1211170012_convert_20121118000917.jpg







前に図書館に借りた本「たのしい でんしゃウォッチング」こちら)の中に、
ソニックシティ31階から電車が見られると書いてあったのです。





1204250015dennshawatchingu.jpg





が、、
31階の展望台はなくなっていました。
残念~。
どこかの企業のオフィスになっていました。
他にも子連れの家族が31階で「あれ~、ない~」とがっかりしてエレベーターを下りて帰っていました。





大宮駅のルミネで前から評判だけ聞いていたドーナツ屋さん「クリスピー・クリームドーナツ」へ初めて行って見ました。


紺太郎はスノーマン、私はオリジナルを頼みました。



1211170014_convert_20121118001045.jpg



注文の時に店員さんに「オリジナルを温めますか?」と聞かれて、
ドーナツを温める発想がなかったので、
わからず聞き返してしまいました。



ホワっとして、とろけるようでした。
美味しかったです。





そんな1日でした。





お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 育児

「おしっこの研究」で尿の量を調べる

<2012年11月17日 7才6ヶ月>



最近図書館から借りた本の中で、
「おしっこの研究 (たくさんのふしぎ傑作集) [単行本] 柳生 弦一郎 福音館書店 」という本があります。






とても字が多いのですが、
紺太郎は喜んで読んでいました。



1211170022_convert_20121117232732.jpg


1211170021_convert_20121117232802.jpg





そして、「あのね~、牛乳パックを3つ用意して~」と言うので、
はてな??と思ったら、
1日のおしっこの量を調べるとか・・・。


1211170020_convert_20121117232829.jpg




「え~~~っ、、そんなことしなくていいよ!」と思いましたが(苦笑)、
せっかく子どもがやりたがっているのに、
好奇心をつぶしたらいけない…、、、と思い直し、
牛乳パック(1000ml)を3つ用意しました。


CANOKWEL.jpg




1つは出す用、2つは貯める用です。




11月17日(土曜日)にやってみました。




朝一番の尿の量は多かったのですが、
あとはそれほどでもなく、、
全部で900mlくらいでした。


うちは3本もいらなかったようです。
とる水分が足りないのかな?と思い(便秘気味だし)、
調べてみたら(こちら)、7才~9才の尿の量は700ml~1400mlのようで、
正常値のようで安心しました。





午後に出かけたので、外出中にトイレに行きたくなるか心配でしたが、
外で行きたがらず、無事に実験が終わってよかったです。。




紺太郎は柳生 弦一郎さんの本はみんな大好きです。



   



↑「はなのあなのはなし」は数年前に耳鼻科の待合室に置いてあって、
読んだのがキッカケでした。


柳生さんの本は体に関係する本が多いのですが、
わかりやすく、ユーモアたっぷり楽しく書かれています。
お勧めです。



お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

子どもの絵を額に入れてみる

<2012年11月16日 7才6ヶ月>




私は紺太郎が幼稚園の年中の「アートの時間」書いた絵の中にちょっと気に入っているものが数枚あります。




なのでフレーム(額)を買ってみました。



amazonでも色々あって、迷ったのですが、
値段の安い物を探して、これに決めました。


「額ポスターフレーム.OAフレーム額縁アルミ.サイズB3 ホワイト 」







16日(金曜日)に部屋に飾ってみました。



「2匹の怪獣が襲ってきて、飛行機で逃げている図」だそうです。
切り絵&貼り絵です。


1211160017_convert_20121116233316.jpg






「イルカ」
です。
毛糸を糊で貼り付けています。



1211160015_convert_20121116233358.jpg





今まで壁に直接画鋲ではっていたのですが、額に入れると、ちょっと気分がいいです。




飽きたら中味を替えようと思います。







お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

子どもが歌の続きを歌ってくれる

<2012年11月 7才6ヶ月>



ホント、どうでもいい話なのですが、
たぶん時間がたつと忘れてしまうことだと思うので、記録です。



紺太郎は私が何か歌を一節口ずさむと、必ず続きを歌ってくれます



必ず、です。


「うさぎ~、おいし~」と歌えば「かのやま~♪」



「you think I’m pretty」と歌えば「without any make-up on~♪」



(歌はこちら)








「just a small town girl」と歌えば「living in a lonely world~♪」と
歌ってくれます。












必ず、、うらぎらないのです。




だからどう、、って話でもないのですが…。





どんな子もそうなのかしら?






お付き合いくださってありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

google リーダーって便利

<2012年11月>


ずいぶん前の話ですが、
私がパソコンでネットを使い始めた頃は、
お気に入りのブログは「自分のパソコンのお気に入り」に入れて、
時間のある時に訪問していました。




でもその方法だと、
ブログを更新されていない方もクリックすることになっていました。




そのうち、
amebaのIDを持っていますので、
amebaでブログを書いている方は「読書登録」をしたり、
ameba以外のブログを書いている方のものは「アメブロ以外のお気に入り(30件まで)」にいれると、
ブログが更新された情報がわかるようになりました。




あとは日本ブログ村にも入っていますので、
ブログ村に入られているかたを「お気に入り」に登録しますと、
ブログが更新されるとその情報が入ってきます。



でも、「ameba以外のブログ」でamebaに登録できるのは30件だけです。
ブログ村にも入られていない読みたいブログが増えてきた頃に、
お友達のすぬこさんが「google リーダーは便利ですよ」と教えてくださいました。




google リーダーはブログのアドレスを登録すれば、
そのブログが更新されるとわかるようになっています。
何件も登録できるので、とても便利です。



screenshot_ja.gif



すぬこさんありがとうございました。



1つ難点があるとすれば、
google リーダーで読むと、
「ブログ本文の枠」しかでてこないので、
ランキングのバーナーを本文以外(脇)に貼り付けている方は、
(応援したいと思っている方でも)見過ごしてしまうことです。
ワンクリックすれば、ブログ全体が出るのですが。




google リーダーを知っている方も多いと思いますし、
他にもいい方法があるのかもしれませんが、
私はすぬこさんの教えていただくまで知らなかったので、
情報をシェアしようと思いました。



(2013年3月14日追記、google readerは2013年7月1日に廃止されてしまうそうです。
残念です~。
他のRSS readerを探そうと思います。)



お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : インターネット
ジャンル : コンピュータ

あいさつうんどう

<2012年11月13日 7才6ヶ月>




紺太郎が小学校から「あいさつうんどう」について書いたものを持って帰ってきたのですが、
こんなことが書かれていました。



1211130004_convert_20121113235759.jpg





「あいさつをされたら ぼくもいいきもちになって
こころが あたたかくなります。
これから もっといっぱいあいさつしたいです。

でも さいきん ざんねんですが、
あいさつするくせが にぶくなってきました。
でも、 すぐもどせるとおもいます。」




とありました。


「でも さいきん ざんねんですが」に笑ってしまいました。



もうふつうはプラレールも卒業する年だと思うのですが、
まだこんなことをして遊んでいます。


1211130001_convert_20121113235729.jpg






お付き合いくださってありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

ずいき(芋がら)は美味しいです

<2012年11月10、11日 7才6ヶ月>




週末に夫の実家で過ごしたのですが、そこでの食べ物のあれこれです。



こちらはずいきです。



1211100017_convert_20121111144104.jpg




里芋の茎になります。
八つ頭(やつがしら)芋の茎は赤いのですが、
他の種類は緑色になります。


下からと上からとスジをとります。



1211100019_convert_20121111144217.jpg




スジを取ったものです。
手がアクで真っ黒になるので、手袋をしてやりました。



1211100018_convert_20121111144143.jpg





このまま煮て、甘酢であえた酢の物が美味しいです。



1211100024_convert_20121111144332.jpg




そして数日干すと1年くらい保存がききます。


1211110049_convert_20121111221840.jpg





これをお醤油と砂糖、さつまあげ(or おあげ)、人参、キノコなどと一緒に煮ると、
とても美味しいです。
芋がらの煮物です。


(ボケていますが、写真は去年のものです。)


1108030034.jpg


(追記:2013年1月3日、写真を追加しました。)



1301030007_convert_20130104000203.jpg



結婚するまで里芋の茎を食るなんて知りませんでした。
育つ環境によって食べるものが違うものですね。

ずいき(芋がら)は地方によって呼び方が違うようです(Wikiはこちら)。




amazonでも売っていました。








今年もくるみが沢山採れました。


1211100025_convert_20121111144408.jpg





コロッケも作りました。
私はコロッケを作るのは初めてでした。
1つ2つだと、買った方が簡単ですので…。


1211110059_convert_20121111222116.jpg


1211110064_convert_20121111222146.jpg





とても美味しかったです。






お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 美味しいもの
ジャンル : グルメ

菊が満開

<2012年11月9~11日 7才6ヶ月>




9日(金曜日)の朝に義母から電話がありました。
「11月はいつ来る予定なの?」と。


「3連休を考えているんですけど…」と答えると、
「わかったわ」とおっしゃられて電話を切りました。



でもまたお昼に電話があり、
「今菊がきれいに咲いていて、おじいちゃんが紺太郎と写真を撮って年賀状に使いたいと」とのこと。



今週末は気が向いたら、10日(土曜日)尾久車両所で行われる鉄道フェスティバルに行こうと思っていたのですが、
急遽今週末は夫の実家へ遊びにいくことにしました。



がとっても美しく咲いていました。



1211100009_convert_20121111143824.jpg


1211100010_convert_20121111143914.jpg


1211100012_convert_20121111143953.jpg




紺太郎は、自転車に乗ったり、



1211100013_convert_20121111144028.jpg




畑で野菜の種を蒔いたりしました。



1211100021_convert_20121111144256.jpg





近所の4才の子と遊んだ時は、
遊びながら「ここ、気をつけてね」と言っていたり、
姫リンゴを取ってあげていたり、親切にしていてよかったです。


1211110051_convert_20121111222005.jpg






将棋(回り将棋)も義父と一緒にしていました。



1211110055_convert_20121111222045.jpg






おじいちゃん(義父)は紺太郎に学校の時間割を聞いて書いて台所の壁に貼っていました。
これから清書するそうです。
ここまで孫ラブだとは…(笑)。



1211110050_convert_20121111221922.jpg








義父が紺太郎に上着を着せる時に、
「ほら、風邪引くぞ、(お前は)宝物なんだからな~」と言っているのを聞いて、
ちょっとジーンとしてしまいました。





ゆっくりと週末を過ごしました。





お付き合いくださってありがとうございました。
自宅に帰って夜に相撲のニュースを見ていたら
「相撲は1年に5場所あるんだって。じいちゃんが言ってた」と教えてくれました。一緒にいると色々なことを教えてくださります。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

7才5ヶ月で借りた本「じろうひとりででんしゃにのる」

<2012年10月 7才5ヶ月>



10月に図書館で借りた絵本の記録です。



201210aaa.jpg


1210130060_convert_20121109151237.jpg



1210240009.jpg


1210280011.jpg



1210310002_convert_20121109151435.jpg


今回は電車の本を意識して多く借りました。 



 




紺太郎は電車好きなので、
電車の本ですと、置いてあるだけで喜んで手にとって一人で読んでくれます。



この中でもよかったほんは、
「じろう ひとりで でんしゃにのる こどものとも 中西恵子 福音館書店」   です。

アマゾンでさがせなかったのですが、絵本ナビはこちら

Ehon_39132.jpg

(画像は絵本ナビより)


こちらは、男の子が飯田線に1人で乗る話です。(東新町駅から池場駅)



飯田線は愛知県豊橋市の豊橋駅と長野県上伊那郡辰野町の辰野駅を結ぶJR東海の電車です。


紺太郎は数ヶ月前からずっと「飯田線に乗りたい」と言っていて、
夏休み中に夫と二人で「今週末に長野に行く?」と話が何度かでていたので。
(私はお留守番だそうです。)


ネットを見ていたらたまたま飯田線を舞台にした本を見つけて、うれしかったです。


男の子が1人で電車にのり、おじいさんに化けたその地の神様と出会う話です。


もしこれから飯田線の旅をすることがあったら、
この絵本を思い出すと思います。


あと「JRまわるまわるやまのてせん (のりものえほん) 砂田 弘 (著) (著), 吉岡 清彦 (写真), 堀田 順 (写真)  小峰書店」1988年の本です。








出てくる電車の色が今と違うので、1ページ、1ページ突っ込みが入っていました。
毎回読むたびに同じことを突っ込んでいたのでおかしかったです。


他の本もみなおもしろかったようです。






お付き合いくださってありがとうございます

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

山下智久・ルート66の旅、エンジェルさんの言葉

<2012年11月7日 7才6ヶ月>



半年ぐらい前日本テレビの深夜番組で「山下智久 ルート66~たった一人の旅」という番組を何週かにわたって放送していました。







我が家は2年前の春アメリカのルート66(カルフォルニア~ウィリアムズ)の旅をしています。



同じ風景が見られるかな?と思い何本かは録画をしていたのですが、そのままにしていました。
11月7日(水曜日)にふと思い出して、録画を見ていると、
アリゾナルート66協会(Histric Route66 Association of Arizona)の名誉会長のエンジェル・ディルガディーロ(Angel Delgadillo)さんが出ていました。




1211080009_convert_20121109234237.jpg


彼は新しい国道ができて、古い国道であるルート66沿いの町に人がまったく来なくなったのを危惧して、
ルート66を復活させるために尽力してきた立役者です。


紺太郎に、「こんちゃんはこの人と会ったことがあるんだよ~(こちら)」と写真↓を見せて、
一緒に番組を見ました。


(2010年3月27日撮影)
route66.jpg





番組を見ていると、エンジェルさんがとても素敵なことをおっしゃっていたので、
メモ書きです。


山下「人生で一番大切にしてきたことは?」


1211080014_convert_20121109234333.jpg





「大切にしてきたことは若い世代に「やればできる」と伝えること




1211080015_convert_20121109234416.jpg



「できない」と言ってはダメ


1211080016_convert_20121109234455.jpg



君の努力を止める人間が1人だけいる。



1211080019_convert_20121109234547.jpg



君自身だ。努力するかあきらめるのは君次第なんだ。」



1211080020_convert_20121109234627.jpg





聞いていてジーンときてしまいました。
「yes、you can do it!」(やればできる)の言葉が力強かったです。



山下さん(元NEWS,ジャニーズ)もエンジェルさんのことを「カッコイイ」と言っていました。




紺太郎にも素敵な人の素敵な言葉を聞くのはいいことだろうな、、と思いました。
私の今の心情にもピタリとあっていて、グサリと来ました。。





***

話は変わりまして、
紺太郎は線路の絵を書くのが好きなのですが、
この日の絵には緑や黄緑色の線がついていました。



(11月7日)

1211070008_convert_20121109234151.jpg





「なにこれ?」と聞くと、
「高低差」をしめす線だそうです。


いろいろと変化しています。
これからどう変わるか楽しみです。



お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

親子のハッピーコミュニケーション~汐見稔幸

<2012年10月>




10月に私が図書館で借りた本の記録です。


「親子のハッピーコミュニケーション―子どもを伸ばす会話力 汐見 稔幸 (著) 岩崎書店 」です。








汐見さんの本はとても好きです。



子どもが何か問題をもったときの、会話の基本の4つのステップが紹介されていました。


1、よく話を聞き
2、「なるほど」と共感し、
3、「どうしたらいいと思う?」と一緒に考え、
4、じゃ、応援するからがんばって、と


すなわち、

1、聞く、     listen
2、共感する   sympatize
3、考える    think
4、励ます    empower


というものです。


これだけで親子の会話ができ、かつ、自分で解決する訓練もでき、
自尊感情が育ち、自分に自信のある人間に育つことができるそうです。

頭文字をとって「LSTE方式」の会話は簡単な原則ですが、効果は大変大きいそうです。




まあ、形はわかっても理想どおりに行かないことのほうが多いのですが、
頭の片隅にでも覚えておきたいです。




1箇所私のメモ書きです。



・子どもの聞きベタは親の聞きベタが原因


5才の幼稚園児へ実験をしました。

「Aちゃんは金魚を飼っていました。ある日、いつものようにエサをやっていると、あら不思議!金魚が水槽から飛び出して、フワフワと空を飛び始めたのです」
「ハイ、ここからお話を作ってください」


まず若い実習生がきき役になり、「さあ、お話の続きを作ってくださいね」と始めましたが、少し話したらもう終わり。なかなか続かずにすぐに「終わり」です。

次に経験豊かなベテランの先生がきき役です。
「へぇ、そうなの」
「おもしろそうね」
「ホント?」
といいタイミングで相槌が打たれ、それにのせられて、子どもはどんどんとお話を続けていき、驚くような展開に発展していきました。

これはお茶ノ水女子大学の内田信子先生の調査ですが、実は子どもの創作能力を測るためでなく、きき手お能力を試す実験だったのです。

大人にも話しやすい人、話しにくい人がいると思いますが、子どももきき手の対応によって、たくさん話したり、話さなかったりするということが、これでよくわかります。

よく「うちの子は口べたなんです」「無口なんです」という親がいますが、これには性格的なものもありますが、もしかしたら親があまりきき上手でないことの影響が出ているのかもしれません。



これを読んで子どもにもやってみました。
「ハイ、ここからお話を作ってください」というと、ゲームのように感じたのか喜んじゃって、
ペラペラとお話を作り、
「もう一回やって~!」となり、
合計3回やりました。



楽しかったようです。
しかし、自分の相槌は「へ~」「それで」「それから?」と単純でうまくないな、、と思いました。
話の内容がわからないので質問も多かったですし。
もっと話しているほうものってくるような相槌がうてるようになるといいな、、と思いました。





2冊目は、「「キレる子」「キレない子」はどこが違う?―こころもからだも強い子をつくる暮らし術 (マミーズブック) [単行本] 小屋野 恵 (著) メイツ出版」です。








キレない子を作るためには、睡眠を十分とること、食事のこと、運動のこと、
スキンシップのことがかかれていました。




あと「いま、「開国」の時、ニッポンの教育 尾木 直樹 (著), リヒテルズ 直子 ほんの木」
が面白そうなので借りてきました。







日本とオランダの教育を比べて述べています。

日本の大学入試を中止することを提案しています。
どうなんだろう。


中々本を読む時間を作り出せませんが、せっかく読書の秋なので、
時間を見つけて読みたいと思います。





お付き合いくださってありがとうございました。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

北海道旅行その37、風蓮湖の先端の風景、別海北方展望塔で帰京

<2012年8月5日 7才3カ月>





8月5日(日曜日)北海道旅行8日目・最終日旧標津線の奥行臼駅と風連線跡へ行った続きです(こちら)。




風連線の奥行臼停留所を出たのが11時半過ぎです。
帰りの飛行機は中標津空港から2時過ぎです。


「これからどうしようか?」となり、
私が「風蓮湖の先端はどんな風景なのか見てみたい」と提案して、行って見ることになりました。




風蓮湖
は海に通じている湖です。

256px-Lake_furen_landsat.jpg
(画像はWikiより)



↑海と湖を隔てているふたになっている右側は「春国岱(しゅんくにてい)」という場所で美しい場所で有名なんだそうですが、
生憎そこへ渡る橋が8月31日まで工事中で行けません(こちら)。



私達が進んだのは↑左側の方です。





どんどん進みます。



1208051212_convert_20121106115628.jpg


1208051215_convert_20121106115700.jpg


1208051216_convert_20121106115738.jpg




砂利道に変わりました。


1208051219_convert_20121106115811.jpg





先に方へ近づいてきました。



1208051220_convert_20121106115854.jpg




私はちょっと「どこまで行けるかな?」と、ワクワクしていたのですが、後ろの紺太郎は本に夢中のようでした…。


「目が悪くなるから車の中で読むのはやめたほうがいい」と伝えたのですが…。



1208051225_convert_20121106115931.jpg




「地図帳と遊ぼう!―クイズで楽しく (シグマベスト) 西川 秀智 (著)」







到着です。



1208051226_convert_20121106120015.jpg



「行ける所まで行くぞ~」と、ちょっとワクワクした分、「なんだ、、」とちょっと拍子抜けでした。
堤防があるだけで、そんなに変わった風景ではなかったです。。


1208051227_convert_20121106120100.jpg


1208051229_convert_20121106120134.jpg


1208051230_convert_20121106120210.jpg







少し引き返して、集落の「走古丹(はしりこたん)」へよりました。


1208051241_convert_20121106120241.jpg


1208051246_convert_20121106120332.jpg




自動販売機で北海道限定の「サントス(コーヒー)」とリンゴジュースを買いました。


1208051249_convert_20121106120415.jpg


1208051250_convert_20121106120454.jpg





帰り道に鹿に会いました。


1208051252_convert_20121106120542.jpg







海沿いを走って中標津空港へ向います。



1208051254_convert_20121106120713.jpg



途中、別海北方展望塔に寄ります。


1208051256_convert_20121106120801.jpg




こんな像がありました。


1208051257_convert_20121106120833.jpg



鶴らしき鳥がいます。
鶴なのかは不明です…。



1208051258.jpg




一階に「ホタテバーガー」が売っていて食べたかったのですが、
テイクアウトはできないというので、(時間がないので)諦めました。



展示を急いで見ました。


1208051261_convert_20121106120927.jpg


1208051263_convert_20121106121002.jpg


1208051264_convert_20121106121040.jpg





中標津空港へ行く途中に公園みたいな場所にSLを発見。
でも、時間がないので寄れませんでした。


1208051265_convert_20121106121127.jpg




2時過ぎの飛行機だったのですが、ギリギリにレンタカーを返して間に合いました。
遅くなりましたが空弁のお昼ご飯でした。



1208051266_convert_20121106121216.jpg



そして、家に無事に帰ってきました!


これでとても長くなりましたが2012年夏の北海道旅行記は終わりになります。
お付き合いくださった方、本当にどうもありがとうございました。



関東は毎日35度近い猛暑だったので、
涼しい北海道は最高でした。
帰りたくなかったです。



鉄道関係や東北海道ということで北方領土関係に立ち寄ったことが多かった旅でしたが、
都会を離れた大自然の中に身をおいて、
リフレッシュできてよかったです。



またいつか北海道を訪れたいです。
親切にしてくださった北海道の皆々様方、本当にありがとうございました。




ありがとうございました。
やっと、やっと、終わって嬉しいです(涙)。


にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

10歳のきみへ ~95歳のわたしから~ 日野原重明

<2012年10月後半~11月前半>



先日日野原重明さん(医師・102歳)の作ったカルタの日記(こちら)がきっかけでこんな本を読みました。




「10歳のきみへ -95歳のわたしから 日野原重明 冨山房インターナショナル」
です。









面白かったです。
10歳の子ども向けに書いているので、とてもわかりやすかったです。


いのち、人生、平和、家族などについて、
日野原さんらしい優しい温かな口調で彼の考えを書いています。
図書館で借りましたが、買おうか迷っています…。
一部が小学校6年生の国語の教科書に使われたことがあるそうです。




メインの内容のことはおいておいて、
1箇所私の勝手なメモ書きです。

(省略、変更あり)


「小学生のころのあなたはこんなふうだった」
と、私の1歳上の姉がこんな思い出話をしてくれたことがあります。

その日は朝から家中がばたばたしていて、気がつけば、いつも家を出るはずの時刻を過ぎていたそうです。
それで姉もわたしも「学校にちこくしてしまう」
といって、ぐずぐず泣き出してしまいました。

でも、姉はそのうちに泣きやんで、遅刻するのはいまさら避けられないことだと覚悟して、
さっさと身じたくを整え、家を出ていきました。


ところが、わたしときたら泣きやむどころか、
「もう今日は学校へ行かない」といい出して、そのまま土間にすわりこんでしまったというのです。
「ちこくなんて格好悪くていやだ。いそこのまま学校を休んだほうがましだ」と、私は思ったのです。

父や母がどういって聞かそうが、わたしはがんとしてその場を動かない。
しかも、私がすわりこんだのはぬれたたたきの上。
ズボンのおしりはぬれてぐっしょりです。
替えのズボンなんてありませんでしたから、ぬれたままでは学校にも行けません。
というわけで、その日はとうとう学校を休むのです。
そんな朝が一度ならずか何度もあって、そのたびに私は両親の手をわずらわせたといいます。

自分がこれと決めたことについては、がんこまでにこだわる子どもでした。
負けずぎらいでもありました。

「きかん気」というのは私の性格をつくっているひとつの側面ですが、「きかん気」のいきずぎる面を、私のもっている別の性質がやわらげてくれたり、「きかん気」がもっているよい面を別の性質がもっと引き出してくれたりしていたように思います。

私は、決断力と行動力においては他の人に負けていないと思っていますが、それを支えてくれていたのは、この「きかん気」だったといってもいいかもしれません。



****


これを読んで日野原さんほどの人物の方も子どもの頃は「いい子」というわけではなく、
親を困らせるようなことがあった、、
と少しホッとしたところがありました。。。


紺太郎も「きかん気」が強くて、自分で「こう」と決めたら、聞かないところがあります。
(高尾山のこちらなど)



私の対応はイライラして、それを曲げようと躍起になってしまうのですが…。
もし紺太郎が「遅刻するから学校へ行かない」、、となったら、
なにがなんでも行かせようとすると思います。
(たぶん多くの他の親御さんもそうだと思いますが…。
そして、もちろん違う考え方もあると思います。)



イチロー選手も子どもの頃に、
駄菓子屋に菓子を買いに行って、
目的のものがないと店の前でひっくり返って泣きわめいていたことがあったそうです。


この頑固さが、自分スタイルを貫いて世界で大活躍するまでになったのかもしれません。



たぶん私がイライラする理由の一つが、
「こんなワガママを許したら、このままとんでもない子になるんじゃないか」という恐れがあるのですが…。
前に「親が甘いから、子がワガママなんだ」と言われたこともありますし。親が甘いのは認めますが。



私は子どものこういう「マイナスと思うような面」をうまく「いい方向」にいくようにむけているお手伝いができているかはかなり疑問だな、、
と問いかけた日野原さんの一文でした。


しつけとの点と、待ったり、見守ったりとの兼ね合いが難しいものです。



しつけならいいのですが、
親子の勝負になってしまい、
親の(自分の思い通りにならない)イライラをぶつけてしまって、
それがエスカレートし、脅したりマイナスの言葉をぶつけたりして
子どもにとってマイナスになっていることも多いと思います。




人様に迷惑をかけているような場面は別ですが、
「負けん気」が大きくなったら「心の中の闘志にも変わる」可能性もあることも忘れないようにしたいです。





独り言にお付き合いくださってありがとうございました

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

都営フェスタ2012 in 三田線

<2012年11月4日 7才6ヶ月>




11月4日(日曜日)
です。



午前中は、紺太郎は(好きな)路線図を一生懸命描いていました。


1211050087_convert_20121105222751.jpg


1211050088_convert_20121105222846.jpg




午後は都営フェスタ2012 in 三田線へ二人で行ってきました。
会場は東京都交通局志村車両検修場都営地下鉄三田線高島平駅より徒歩7分)です。



都営地下鉄フェスタには初めて参加したのですが、
人が多くて驚きました。




まず、写真撮影会です。


1211040003_convert_20121105220506.jpg


1211040008_convert_20121105220540.jpg




多くの人が取り囲んで写真を撮っているのですが、
前の方で子ども達がカメラを持って撮っていたので、
紺太郎に「こんちゃんも撮る?」とカメラを渡して前に行かせたら、
こんなものを撮っていました(笑)。



1211040015_convert_20121105220620.jpg


1211040016_convert_20121105220646.jpg
(ボケています。)


電車じゃないじゃない…。





保守車両も展示しています。


1211040017_convert_20121105223347.jpg




子ども達は遊具のように上っていました。


1211040025_convert_20121105220721.jpg


1211040029_convert_20121105220805.jpg




消防車もきていました。
抽選で子どもがハシゴ車の上に乗っていました。



1211040001_convert_20121105220422.jpg




三田線のパンフレットをもらったのですが、
「これ、いい~、よくわかる」と読んでいました。


1211040032_convert_20121105220837.jpg







紙の帽子をいただきました。
キャラクターと一緒にパチリ。


1211040036_convert_20121105220913.jpg




「駅名おたますくい」の行列ができていたので、並んでみました。


1211040049_convert_20121105221106.jpg





20秒でおたまですくった箱の中の駅名のストラップがもらえます。(300円)


1211040044_convert_20121105225522.jpg


1211040045_convert_20121105220949.jpg





沢山いただいたはいいけど、、こんなにストラップはいらないかも…(苦笑)。



1211040048_convert_20121105221021.jpg







地下鉄で使った物を売っています。
優先席の紙や、


1211040052_convert_20121105221153.jpg







吊り輪まで…!



1211040053_convert_20121105221248.jpg



買う人がいるのかな~?
いるんだろうな…。



紺太郎は電車の中に掲示してあった路線図を欲しがります。


1211040056_convert_20121105221340.jpg





え~~、本などでわかるじゃない、、と思いましたが、
値段が100円です。
(最初500円)


1211040058_convert_20121105221424.jpg




100円ならいいかな、、と買ってあげました。


1211040060_convert_20121105221610.jpg




工場見学ができます。


1211040061_convert_20121105221705.jpg






車両です。


1211040062_convert_20121105221756.jpg




パンタグラフです。


1211040065_convert_20121105221926.jpg



ミニ電車が走っていたのですが、整理券を配り終えていて乗れませんでした。
残念。


1211040067_convert_20121105222019.jpg





ボタンでドアの開け閉めができるものにも長蛇の列でした。


1211040068_convert_20121105222134.jpg




こんなおもちゃのようなものにも20分くらい並びました。


1211040072_convert_20121105222241.jpg




こういう工場はめったに入れないので貴重です。


1211040080_convert_20121105222341.jpg


1211040081_convert_20121105222423.jpg




各線が商品を販売しています。


1211040083_convert_20121105222519.jpg





紺太郎はやっぱり路線図に興味があるようです(苦笑)。
こちらは500円か400円です。(買いませんでした。)


1211040084_convert_20121105222606.jpg







そして欲しがったのが、こちら…。。。
東急線のカレンダーです(1000円)。



1211040085_convert_20121105222658.jpg




紺太郎は東急の運転手になるのが夢なのです。
(あともう1社希望があるようですが。。)



ダメ、と言ったのですが、どーしても欲しいというので、
買ってあげました。甘い親です・・。




こんなペーパークラフトが後ろについているのがさらに魅力だったようです…。


1211050089_convert_20121105222937.jpg

1211050091_convert_20121105223020.jpg








紺太郎は楽しかったようで、よかったです。
こういう所に連れて行って、
ますますオタクの道に一直線、、の手伝いをしているような気もしますが…。






お付き合いくださってありがとうございました。
この日の午前中に「ピンポーン」とベルがなり出てみると、
先日マンションの周りで遊んだ小4の女の子が「今日遊べる?」と聞いてきました。
紺太郎は「今日はダメなの~」と答えていましたが、初めての体験でした。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 育児

高尾山ハイキング

<2012年11月3日 7才6ヶ月>



11月3日(土曜日・祝日)は紺太郎と二人で東京都八王子市にあります高尾山へ行ってきました。
(夫は今週・来週末とも不在)





高尾山は「都心から50分、ゆたかな自然があなたを待っている、東京のオアシス」、、
がキャッチフレーズになっています。




休みの日にはなるべく子どもに自然に触れ合ってほしいと思っていますし、
前から高尾山には行きたいと思っていました。

でも、数週間前の「御岳渓谷でのハイキング」こちら)で、
紺太郎に「ボク、、ハイキングはキライなんだよね~」と言われたばかり…(苦笑)。


なので、、
「高尾山にはケーブルカーとリフトがあるんだって~。行くならどっちに乗りたい?」
と聞いて、
「リフト~!早く行きたい、行きたい!」と、
誘導操作のようなことをしてしまいました・・・^^;




私にも(記憶にないのでたぶん)初めての高尾山登山(標高599m)です。



最寄り駅は京王線・高尾山口駅です。
着いたのはお昼の12時前です。




高尾山口駅から降りて、ケーブルカー&リフト乗り場まで歩きます(約4分)。
すごい人です。



1211030001_convert_20121104052757.jpg





「ふもとに美味しいお蕎麦屋さんが沢山ある」と聞いていたので、
ふもとでお昼を食べるつもりだったのですが、
紺太郎が「おなかすいていない~」と言います。



1211030002_convert_20121104053009.jpg





ふもとでさえお店に行列ができているのに、
上へ行ったらお店は少ないので、「食べられるか?」不安でしたが、
説明しても「おなかがすいてない」の一点張りなので、仕方ないので上へ行きます。




ケーブルカー&リフト乗り場です。
すごい人です。
紅葉が少し始まっていました。


1211030003_convert_20121104053036.jpg





只今の待ち時間、、50分以上…。。


1211030004_convert_20121104053103.jpg





しかしリフトは35分くらい待って乗れました。
(大人往復900円、子ども450円)



1211030007_convert_20121104053302.jpg




ベルトコンベアーのように、歩く歩道に立ってリフトにのります。


1211030009_convert_20121104053327.jpg






リフトに乗ると、両側がモミジの木で一杯です。
とても気持ちがいいです。
まだこの場所は紅葉には早かったのですが、赤くなったら乗っていてきれいだろうな~。



1211030017_convert_20121104053224.jpg




紺太郎は、
「なんか、楽しいね~」と言っていて、よかったです。


1211030016_convert_20121104053404.jpg




上に着きました。


1211030021_convert_20121104053439.jpg





これからお店に入ってご飯を食べられる自信がなかったので、
肉まんとフランクフルトでお昼ご飯です。
あぁ、今日はお弁当作ってくればよかったな…。


1211030022_convert_20121104053511.jpg






頂上まで進む道は何本かあります。



all_course_convert_20121104080632.jpg
(画像は高尾山公式hpより)





私たちは4号路で上って、1号路で下りてきました。
もしかしたらその逆がよかったかな…。
4号路は降りてくる人がゾロゾロいて、道もせまくて歩きにくかったので…。
でも、4号路の方が登山路でハイキング気分が味わえるので、
私たちは昼出発でしたので日の高いうちに歩いてよかったかも…。


ちなみに、他の方のブログに書いてあったのですが、
夏は水辺に近いので気持ちがよく、6号路はお勧めだそうです。



4号路を進みます。



1211030024_convert_20121104055044.jpg




紺太郎が4号路を選んだ理由は、この吊橋があったからでした。


1211030027_convert_20121104053543.jpg







いろんな説明書きがあります。


1211030028_convert_20121104053610.jpg





進んでいきます。


1211030031_convert_20121104053644.jpg




やはり自然の中にいるのは気持ちがいいです。


1211030032_convert_20121104055138.jpg







とにかくすごく人が多いので
「トイレは大丈夫なのかな。長く並ぶのかな?」
と心配していたのですが、
頂上手前にとても大きな2階建てのトイレがあって、並ばず入れて安心しました。



リフト下り場から約1時間で頂上に着きました。



1211030050_convert_20121104053931.jpg




人でごったがえしています…。
紅葉がキレイです。



1211030043_convert_20121104053716.jpg



1211030051_convert_20121104054003.jpg






景色もよかったです。



1211030045_convert_20121104053745.jpg




頂上にありますビジターセンターに寄りました。


1211030046_convert_20121104053827.jpg





「天狗の着せ替え」などで楽しみます。


1211030048_convert_20121104053859.jpg





下山します。


あけびが50円で売っていたので、食べます。



1211030059_convert_20121104084014.jpg




1号路を下りていくと、、神社があります。



1211030063_convert_20121104054033.jpg


1211030064_convert_20121104054106.jpg




天狗の像
があちこちにあります。
高尾山は天狗で有名なんですね。




1211030065_convert_20121104054150.jpg




大きな木があります。


1211030067_convert_20121104074347.jpg





紺太郎は、頂上のビジターセンターで急におなかがいたくなって、
ちょっとトイレで失敗したのもあって、心細くなったのか、、
下山道では「だっこ~」と甘え気味でした。


1211030069_convert_20121104054235.jpg
(手前は私のおなかです。)




「あのね、、(ママが)そばにいるのに、一人ぼっちのような気がしてさみしいの・・・」

なんて言われて、、ちょっと胸キュン。。




寒かったし、疲れも出てきていたのでしょう…。
この後問題が…。




道が分かれていて男坂(急な坂)と女坂(ゆるやかな道)がありました。
紺太郎は「男坂」に行きたがります。
でも私は急な勾配を歩くと、ひざが痛くなる心配があるので「女坂」がいいのです…。



「じゃあ、別れていこうよ。合流する所で待ち合わせにしよう」と私が言うと、
紺太郎は、
「うん、じゃあ、競争ね!」
となりました。



私が女坂を下りていき、合流地点にあと数歩という場所で、
紺太郎が後ろから泣きながら女坂を走って下りてきます。
「(男坂の)道がわからない~」と。。
え~~、一本道じゃなかったの?。。



「もう一度上って、男坂行く!」
「ママもついてきてっ!」
と言います。



え~~~、、困ったな。。
また上に登るの???
そして男坂を下りるの??
やだよ…。




ママはヒザが痛いから困る、、と伝えます。
あと、夜に自治会の会合があるのです。
間に合うように計算して来たのですが、予想以上の人で長時間リフトで待つ可能性100%。
待ち時間はこの時点でわかりません。。



時間がない、、と伝えても、、
「男坂いく~~!!」と大泣き。。


これほどのグズ太郎は久しぶり…。


takao1211031.jpg


takao1211032.jpg






困りました。



「じゃあ、1人で上って、下りてきて」
と私は下で待って、男坂の階段を行かせます。。
(最初はそれもイヤだ、、と言っていたのですが、)
なんとか納得したようです。



1211030074_convert_20121104074920.jpg






疲れているのに、更に疲れることしなくていいじゃない、、とか、
時間を気にしている時に、わざわざ、、、と
イラっとしてしまい、
「あ~あ、行きは楽しかったのに、、もう~!」
とグチグチとイヤミを言ってしまいました。。




リフト乗り場です。
待ち時間65分…orz。。。


1211030075_convert_20121104054433.jpg






歩いて下山すると40分だそうなので、
往復券を戻そうかとも思ったのですが、
疲れているのでリフトを待つことにしました。




整理券が配られるので、
列に並ばなくてもいいので助かりました。



ハスカップ(ブルーベリーに味が似ています)のアイスを食べます。


1211030077_convert_20121104054513.jpg




約1時間待ってリフトに乗れました。。
暗くなってきています。


1211030079_convert_20121104054541.jpg







急いで帰って自治会の会合にはギリギリでした。
(コンビニで夕食を買って、紺太郎は家でお留守番してもらいました。)



高尾山、ここまで人が多いと思いませんでした。
あとで知ったのですが、「世界一登山客の多い山」だそうです。



でも、さすがミシュラン観光ガイドで星がつくのがわかります。
とてもよかったです!
もみじがもっと色づいてきたら最高だろうな。



親の修行が必要だな、、と
帰りはひと悶着ありましたが…。




今度行く時は、平日を狙いたいと思います。







お付き合いくださって、ありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : こどもと一緒に♪
ジャンル : 育児

小学校の音楽会

<2012年11月1、2日 7才6ヶ月>




11月2日(金曜日)には紺太郎の小学校で校内音楽会があり、見に行ってきました。



マンモス校なので、全学年を2つにわけて時間をずらして行われました。



紺太郎たち1年生の曲目は「おむすびころりん(合唱)」と「キラキラボシ(楽器)」の2曲でした。



紺太郎は楽器で「鉄琴」をやりたかったそうで、
クラスの中で希望者の中でオーディションがありました。


希望者は10人いたそうですが、7人辞退して、
1人がトライアングルになって、
最終的に2人になり、
「今日はオーディション、明日に結果がわかるの~(朝)」
「明日ドキドキする~(夜)」
などと言っていましたが、




学校から帰ってきて、「どうだった?」と聞くと、
ダメだったそうです。


でも、本人は意外とケロッとしていて、
「いいの、、(鉄琴は)幼稚園の時やったから~」
とあまり落ち込んでいる様子もなくてよかったです。



でも、結果を当日じゃなくて「次の日」に言うんですね…。
落ちたショックをやわらげるためなのかな…??
審査する先生は3人だったそうです。。




その他大勢の鍵盤ハーモニカをがんばってやっていました。



1211020006.jpg




歌は、目をパチパチしたり、クネクネして、
あまり歌っているようには思えなかったのですが、
振りはがんばってやっていました。
緊張していたのかな??


1時間ちょっとで全学年が終わりました。




みんながんばっていてよかったです。



****


たいした話でもないのですが、
11月1日(木曜日)に紺太郎が学校から帰ってくると、
「あのね~、違うクラスの子と児童館で遊ぶ約束してきた」と言ってきました。




音楽会のリハーサル他のクラスの子と体育館で一緒になったときに、
7月(こちら)に児童館で一緒に遊んだ子(双子)と約束したそうです。



前に同じ下校班の女の子と公園で遊ぶ約束をして帰ってきたことはありますが、
男の子とは初めてです。



1人で元気に出かけていきました。



自分で遊ぶ約束をして、1人で遊びに行ったのが、
とっても嬉しかったです!
ホッとしたというか…。
(家にいることが多いので。)





夕方に英会話があったので、児童館へ迎えにいったのですが、
仲良く遊んでいてよかったです。
鬼ごっこや児童館で借りたおもちゃで遊び、楽しかったそうです。




欲を言えば、近所に外で遊べる場所(公園など)がもっとあるといいのに、、と思います。
遊ぶ場所が少ないです…。




***



11月になり、学校から「体力貯金カード」というものを持って帰りました。


ブリッジや腕立て伏せなど、やったものに点数がつき、
1ヶ月で1000点めざすものです。


1211010002_convert_20121102224658.jpg




(いけないことだけど、)「めんどくさい・・・」と思ってしまいましたが、
本人は張り切ってがんばっています。
初日の1日(木曜日)は、全部の種類をやっていました。




冬の間はあるそうです。




****


2日(金曜日)の夜に、
紺太郎が「こくごのノート見て~」と言ってきました。
数日前に書いたものだそうです。



先生が「朝のことを書きましょう」と言ったそうです。


CAGY9SVU.jpg




ママが、
「おはよう、きょうはえらいね。
たまごスープにする?コーンスープにする?」
といって、ぼくは、
「コーンスープにする」
といいました。





「えらいね」、、と「褒め方」が子どもの評価になっているのが反省ですが、
この日は朝、スムーズに起きてきたもので…。





朝ご飯はいつも前日の残りのスープなどを出すのですが、
この日は残り物がなくて、インスタント卵スープかコーンスープにするかを聞いたものでした。




しかし、、、「朝のことを書きましょう」なんて言われるんですね。
起きなくてカ~っと怒っている日もあるので、
そんな日に「朝のことを書きましょう」なんて言われなくてよかったです(汗・苦笑)。







お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

北海道旅行その36、旧標津線の奥行臼駅と別海村営軌道・風連線

<2012年8月5日 7才3カ月>





8月5日(日曜日)北海道旅行8日目・最終日別海町の旧奥行臼駅逓所の続きです(こちら)。




旧奥行臼駅逓所を出まして、続いて行きました先は、
すぐ近くにあります、旧奥行臼駅です。
旧奥行臼駅は1989年(平成元年)に廃線になりました標津線(中標津~厚床)の駅です。



1208051198_convert_20121101220131.jpg


1208051180_convert_20121101215422.jpg



場所は風蓮湖の近くです。


CAEHQXUQ.jpg
(↑の画像は↓の「レールウェイマップル 北海道」より」)







ホームがそのままに残っています。


1208051182_convert_20121101215457.jpg




電柱や看板が傾いています。


1208051184_convert_20121101215521.jpg






草ぼうぼうなのが、ちょっと物悲しいような・・・。



1208051185_convert_20121101215550.jpg



少し周りを散策しました。


1208051186_convert_20121101215622.jpg




駅は当時使われていたままのようです。



1208051189_convert_20121101215652.jpg



KIMG0190_convert_20121101220735.jpg




当時のまま、、というより、
カレンダーなど、片付けないで残っている、、という印象です^^;
でも線路は一度撤去されていたレールを新たに敷設するなど、路線廃止以前に近い形で復元したそうです。



1208051197_convert_20121101220054.jpg




運賃表です。


1208051191_convert_20121101215756.jpg




待合室です。


1208051192_convert_20121101215828.jpg




写真の数々です。



1208051193_convert_20121101215857.jpg


1208051194_convert_20121101215926.jpg





切符です。


1208051195_convert_20121101215956.jpg




「北の原野で馬を飼う 佳山 良正 築地書館 」
の本にこの駅が出てきたそうです。

1208051196_convert_20121101220026.jpg






amazonの説明によると、
「戦後間もない根釧原野で、大学を出たばかりの若者が牧場経営に取組んだ。北海道の厳しい自然の中で動物たちと過ごし、結婚・妻の出産・子育てと経験した8年間を、愛情ある筆で綴った“牧人の物語”」だそうです。




近所の図書館にあるので、今度借りてみようかな…。





次に、奥行臼駅から接続していました別海町営軌道の風連線の奥行臼停留所へ行きました。



1208051210_convert_20121101220640.jpg




別海村営軌道・風連線は、昭和38年に国鉄奥行臼駅から上風連小学校までの一部が開通しました。
翌年の昭和39年には、役場上風連出張所までの延長工事が完了し、地域住民の交通手段として利用されてきました。

昭和46年に廃止になっています。




1208051209_convert_20121101220612.jpg


1208051201_convert_20121101220245.jpg




旧奥行臼駅逓所こちら)で説明員をなさっていた女性の方は、
子どものころにこちらの風連線に乗っていたそうです。
ちょっと遅れても、(乗せてと)手をふると運転手さんが待ってくれたりしたそうです。
のどかですね。




こんな車両や、



1208051208_convert_20121101220541.jpg




ミルクゴンドラ車が残っています。


1208051207_convert_20121101220506.jpg


1208051206_convert_20121101220436.jpg




転車台です。


1208051203_convert_20121101220319.jpg




車庫らしきものです。


1208051204_convert_20121101220348.jpg





時代や世の中が変わるのは仕方がないことですが、
少し寂しさを感じました。




これでこの旅での鉄道関係の観光が終わりました。。
(鉄道にそんなに興味のない私にとっては、)多かったような…(苦笑)。




旅行前にいいガイドブックが見つけられず(こちら)、ガイドブック代わりにこういう本を買った影響なのですが…。



 




近所の本屋や図書館、amazonで最初見つけられなかったんですが、
こういう東北海道の旅専用のガイドブックがあるようです。
旅をしているうちに見つけました。



「ひがし北海道」


 




続きます~。



お付き合いくださって、ありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

北海道旅行その35、別海町の旧奥行臼駅逓所

<2012年8月5日 7才3カ月>





8月5日(日曜日)北海道旅行8日目・最終日の朝別海町のお宿を出た続きです(こちら)。



この日の帰る飛行機は中標津空港から2時頃のものです。



最初に、別海町にあります旧奥行臼駅逓所(きゅうおくゆきうすえきていしょ)へ行きました。




1208051141_convert_20121101103338.jpg


1208051142_convert_20121101103403.jpg





旧奥行臼駅逓所は、国指定史跡で、
近代、北海道各地の宿泊・運送の便を図るため設けられた駅逓所の一つです。
駅逓所とは、交通不便の地に駅舎と人馬等を備えて、人馬の継ぎ立てと宿泊、物資の輸送等に便宜を図るために設置されたものです。


鉄道など未発達なころ根室と別海の海岸部・内陸部を結ぶ交通の要衝として、
明治43年(1910)に、この地区の世話役であった山崎藤次郎氏を駅逓取扱人として、設置されました。
(昭和5年に廃止)



当時の建物や旧道等が良好に残り、
近代の北海道開拓を支えた交通施設として重要なものだそうです。




玄関に馬の鞍があります。


1208051143_convert_20121101103424.jpg




台所です。


1208051145_convert_20121101103449.jpg



昔の電池です。


1208051146_convert_20121101103520.jpg




玄関横の広間です。


1208051147_convert_20121101103547.jpg





熊の毛皮など防寒着です。



1208051148_convert_20121101103619.jpg



説明員の方が、
桐のタンスはやはりいいです。他のタンスに入れていた着物が虫食いになっていても、桐のタンスに入れていたものはなんともありません」とおっしゃっていました。



1208051149_convert_20121101103649.jpg




壁の下に貼られた当時の新聞が残っています。


1208051152_convert_20121101103718.jpg






結核の新薬がつくられた、、なんて広告です。


1208051153_convert_20121101103744.jpg




当時、紙は貴重だったので、
ふすまの下紙は、使われた後の紙です。
お金の貸し借りの念書みたいな文章のものをありました。


1208051157_convert_20121101103810.jpg



そして、明治時代の新聞が使われています。


1208051161_convert_20121101103856.jpg




硝子越しの景色は少し歪んで見えます。


KIMG0173_convert_20121101104225.jpg



↑この2階で桜のお花見の宴会が行われたそうです。
窓を開けていると、酔っ払って落ちる方もいたそうです。




昔の写真です。


KIMG0170_convert_20121101104148.jpg




昔の雑誌です。


KIMG0180_convert_20121101104339.jpg




地図です。


KIMG0182_convert_20121101104416.jpg





当主の山崎氏への賞状などです。


1208051171_convert_20121101120227.jpg


1208051172_convert_20121101120302.jpg



タバコ売り場です。


1208051175_convert_20121101103927.jpg




花王のシャンプーのポスターです。


1208051176_convert_20121101103958.jpg




説明員の方が親切で、お話が面白かったです。
ありがとうございました。


1208051177_convert_20121101104026.jpg




裏には倉庫らしきものがありました。


1208051179_convert_20121101104057.jpg




続きます。




お付き合いくださって、ありがとうございました。

にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

ボールペン習字を習い始めたら、、

<2012年10月22日~30日 7才6ヶ月>



私は子どもの頃から字が汚くてコンプレックスをずっと持っていました。
こちらのように)




このままでもいいかな?という諦めもあるのですが、
ちょっと努力してみようかな?と10月22日(月曜日)から近所でボールペン習字を習い始めました。
(半年で9回、1回1時間30分)



「初心者でもどうぞ、」という言葉が案内にあったのですが、
教室は20人近くいて、もう何年の通っている方ばかりです。


ひらがなから始めるのかと思ったら、
漢字からでした。



こんな見本の用紙が配られて、



1210290007_convert_20121031223331.jpg

1210290008_convert_20121031223406.jpg




練習し、
先生が説明したりします。


1210290005_convert_20121031223259.jpg




2回目(10月29日)の時は添削してくれました。


1210290004_convert_20121031223229.jpg



漢字から始まったので、「ひらがな」も何とかしたいと思い、
こんな本を本屋で買ってきました。


「1日20分 ボールペン字練習長 ブティック社」です。
本屋で色々と見比べて、自分の好みのものを買いました。






夕方20分、夕飯を作り始める前に紺太郎の机を借りて練習を始めました。




1210290003_convert_20121031223156.jpg


1210260014_convert_20121028234348.jpg




すると、、紺太郎がそばに来て、じゃまする、じゃまする…(苦笑)。
「あーだ、コーダ」うるさいです…。
紺太郎が学校へ行っている間にすればいいのですが、
人がいるほうがやる気がでるもので…。





すると何日目からにこんなのを作ってきました(苦笑)。
「ハイ、ママ練習して!」と。


(10月26日)


1210260016_convert_20121028234505.jpg




私が書くと、添削してくれます。



さらにこんなものも…。

(10月29日)


1210290002_convert_20121031223128.jpg






「み」のつく言葉の見本が、
「いきしちに ひみ」だとは…(笑)。
(あかさたな の2文字目)
「ミッケの本」は学校で読んで好きなようです。。







添削した後に、
「みほんをみてかきましょう」
なんて書いてあって笑えます・・・。



そして、
「ママ、明日これやってね~」と。
なんで、、算数まで…(苦笑)。


1210300009_convert_20121031223438.jpg


1210300010_convert_20121031223510.jpg





段々、ウザイ…(苦笑)。
でも喜んで一生懸命作っているのでムゲにもできず。。




「数字の練習」など他のページもあるのですが、
夕飯作っている時に「ハイ、やって!」とか命令されると、、カチン、、となることも。


 
まあ、できる限り付き合ってあげたいと思います…。。。




↑の本が終わったら、こんな本もあるので買って練習してみようかな…。
「簡単ルールできれいな字を書く練習帳 (生活実用シリーズ NHKまる得マガジンMOOK) [ムック] 富澤 敏彦 (著) 」










こちらは子ども用のようです。

「3つのルールでどんな子でも「きれいな字」が書ける本 [単行本(ソフトカバー)]
富澤 敏彦 PHP研究所」








あと、、
紺太郎も「ボクも字を習いたい~」と言い出しました。
なので11月になったら子ども用教室の「体験」に行ってみようと思います。
やりたがるかな?
月2回なのですが、うまくなるかな?





***


ついでに他の色々なことを。。


相変わらず線路を描いている紺太郎ですが、
電車も書き始めました。



1210310005_convert_20121031223042.jpg

1210310003_convert_20121031223009.jpg






「紺太郎の町ではね~、あがひめ線というのが走っていてね~」
〇〇、●●、ウンヌン、
グランクラスの車両ではね~、、ウンヌン、カンヌン」
とペラペラとよくしゃべっています。
ちょっとウルサク感じることもありますが…。


思春期には男の子は無口になる、、と言うけれど、、
いつまでおしゃべりなんだろう。
小1なので、まだ大丈夫だと思いますが…。





***


最近寒くなってきました。
ストーブかこたつを出そうかな~。


寒いのでおでんが合うかな?と思ってつくりました。


(10月23日)


1210230005_convert_20121031230548.jpg


1210230007_convert_20121031230501.jpg





とても美味しかったです!


***


先日義母が山でとったキノコで「キノコの佃煮」こちら)を作って宅急便で他の秋の味覚と共に送ってくださいました。
そのキノコが美味しいです!


汁が残ったのですが、捨てるのがもったいないほど美味しいので、
目玉焼きを焼く時に、フライパンに入れてみました。


1210300019_convert_20121031223553.jpg


すると、紺太郎は、、
「ウマイ! パパに食べさせてあげたいほど、うまい!」
と言っていました。




「パパに食べさせてあげたいほど」なんて表現は初めてでした。




ホントに、美味しかったです!





ゴチャゴチャと長いのに^^;お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード