小学校1年生の運動会

<2012年9月29日 7才5ヶ月>




9月29日(土曜日)は紺太郎の小学校の運動会でした。
前日まで涼しい日が続いていたのですが、
この日は生憎30度越えの暑さでした。
子ども達は大変だったと思います…。






お弁当「味付けおあげ」を買っていたので、
「いなりずし」にしようと思っていたのですが、
前日の夜に急に思いついて、
紺太郎が今一番好きなもの、、、を考えて、「線路弁当」にしました^^。




1209290004_convert_20120929163726.jpg



去年(幼稚園の時)に使っていたお弁当箱がとても小さく感じてしまいました。
去年はご飯とおかずで青いのを1つ使っただけなのですが…。





私と夫で見に行きました。
ここの小学校はマンモス校なので人数が多いのにグランドは小さく、親の「シートや椅子などの場所取り」は禁止されています。
みんなで譲り合ってみる形です。



お昼ご飯は子ども達は教室で生徒と先生で食べます。
親は体育館が開放されてそこで食べることができるのですが、
家に一旦帰る方が多く、私も家に帰って食べました。




1年生の紺太郎の最初の出番は50m走です。
全部のクラスで背の順で走ります。
紺太郎の背の高さはクラスの男の子12人中、8番目です。



1209290009_convert_20120929163756.jpg





5人(1年生は5組あります)で走って3位でした。。
あまり早くなかったです・・・。
運動はあまり得意じゃない感じです。。
「いちについて、ヨーイ、ドン!」の「ヨーイ」でみんな構えているのに、
直立のままの紺太郎でした・・・(苦笑)。







去年、幼稚園生の時に「新入生歓迎」で呼ばれて30mを走ったときは、
グズグズと泣いて私から離れられなかったのに(こちら)、、
↑笑顔をみて1年の時間を感じました。
あの時は「この子、大丈夫だろうか?」と心配しましたが、今のところ学校が楽しいようでよかったです。





どうでもいい話なのですが、
学校から走る順番を書いた紙が事前に親に配られていました。
1年生全員の名前を見て、夫が「女の子に「~子」という名前は1人だけだ」と言っていました。
時代なんですね。
1年生で80人の女の子がいて、一人だけなんて。。
私が子どもの頃はもっといました~。
久美子とか、正子とか、優子とか…。





あとは、
ダンス「365歩のマーチ」
応援合戦(全児童)
玉入れ、
大玉送り(全児童)


に出ました。



1209290064_convert_20120929163857.jpg





玉入れは、
「チェ、チェ、コリ~、チェコリ~♪」とおしりをフリフリさせて踊って、曲の間奏の間に玉入れをしていました。
これは毎年やる曲のようで、
2年生~6年生が児童席でも全員一緒に踊っていて可愛かったです。


調べてみたらこの「チェッコリー玉入れ」は全国的に行われているようですね。




6年生を見ると大きいですね~。
去年まで幼稚園生だったのに、あと6年時間がたつと、、、あんなに大きくなるんですね。。







体調を崩すことなく、無事に終わってよかったです。
しかし、前日の夜中2時頃に急に大泣きを始めました。
鼻がつまって「なんとかして~!」とやつあたりです。
足をバタバタさせて号泣でした。

こんな夜泣きみたいなのは2才か3才のころ(忘れましたが、、)にあったきり。。
びっくりしました。
目を覚まさせてうがいをさせたら、収まったのですが…。
毎日の運動会の練習で疲れがたまっていたのかなぁ。。




紺太郎も「楽しかった~!」と言っていました。
紺太郎のいる「白組」が買って嬉しかったようです。






お弁当は完食で、空のお弁当箱を見せてくれて嬉しかったです。
お弁当箱を開けて「線路」だったので、「わぁ~!」と思ったそうです。
よかった…!
おそまつな線路でしたが…。


1209290077_convert_20120929163925.jpg





行事が一つ終わってホッとしました。




(追記)次の日に、「ボク(お弁当の)線路は嬉しかったけど、ポイントがあったほうがよかった~」なんて言っていました。
ポイントは難しいな~。



お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

群馬その5、前橋県庁、と頑張るぐんまの中小私鉄フェア

<2012年9月23日 7才4ヶ月>


9月23日(日曜日)群馬の高崎の朝の続きです。(こちら





ホテルを出まして電車で高崎から前橋へ行きます。
紺太郎は↓このスタンプラリーググッとぐんま観光キャンペーン特別企画)で頭が一杯です。




1209230211_convert_20120928193713.jpg




前日の横川駅で夕方6時近く、
紺太郎が「ボク、「峠の釜飯」を夕飯で食べて行きたい~」と急に言い出しました。
「食べていくの~!」と強情に言い張る紺太郎に、
(お昼に「峠の釜飯」を食べている)夫は気をそらせるために、「ほら、ほら、(駅に)スタンプがあるよ~」と話を変えていました。





紺太郎が乗り気になって「何か(押す)紙がない~?」と言っていたのですが、
夫が差し出したのが、横にあったこのスタンプラリーの紙でした。





この夫がなにげなく取ったスタンプラリーの紙のために、この日(23日)は振り回されることになりました。
(5つ駅のスタンプを押すと、プレゼントに応募できます。)





前橋駅でスタンプラリーのスタンプを押します。



1209230213_convert_20120928193802.jpg



1209230214_convert_20120928193858.jpg



そして、夫の希望で前橋県庁へ行くことにしました。



夫は午後に前橋で仕事関係の研修があったのですが、
まだ私と紺太郎は午後にどこへ行くか決めていませんでした。




前橋県庁の横にるなぱあくという小さな遊園地のような公園があるので、
午後はそこに行こうとおもっていたのですが、
この日は生憎朝から雨でした。
県庁へ行ってから決めることにしました。



1209230215_convert_20120928193937.jpg






前橋駅からバスで県庁へ着きました。



1209230216_convert_20120928194036.jpg





32階の展望ホールからは利根川にかかる群馬大橋が見えますが、
雨で遠くは見えず…。


1209230219_convert_20120928194128.jpg








私と紺太郎は富岡製糸場へ行こうかな、、と考えましたが、
まだ紺太郎には早いかな?と思い、
わたらせ渓谷鉄道の「大間々駅頑張るぐんま中小鉄道フェスをやっているとスタンプラリーの紙でわかったので、
そちらに行くことにしました。


1209230282_convert_20120928195703.jpg






夫は(ゆっくり見るために)県庁に残り、私達はバスで上毛電気鉄道の中央前橋駅へ行きます。
今年のGWにも乗っています。(こちら




1209230224_convert_20120928194310.jpg





ハロウィン電車で、装飾が可愛かったです。




1209230230_convert_20120928194412.jpg


1209230231_convert_20120928194506.jpg


1209230232_convert_20120928194604.jpg





中央前橋駅から38分乗りまして、赤城駅につきました。
赤木駅から東武桐生線が出ているのですが、特急「りょうもう」が停まっていました。


1209230239_convert_20120928194649.jpg


1209230241_convert_20120928194744.jpg





大間々駅まで歩いて10分くらいなのですが、無料バスがでていて助かりました。



1209230243_convert_20120928194828.jpg





↑こちらはボンネットバスで1950年代まで活躍した形です。
(正式には1964年製、日野BH15型というそうです。)
岩手に平泉周辺を運行していた『弁慶号』なのですが、NPOバス保存会がこちらを保存しています。






大間々駅に着きました。
頑張るぐんま中小鉄道フェスは大間々駅前と駅中で行われていました。



1209230246_convert_20120928195032.jpg





何かをやっています。
雨なのでテントに人が集まっています。



1209230244_convert_20120928194915.jpg



食べ物も売っています。


1209230245_convert_20120928194955.jpg





駅のホーム内にミニ電車が走っています。
(無料)



1209230250_oomama.jpg



電車に乗って、車両洗車体験ができました。
(無料)


1209230259_convert_20120928195251.jpg



1209230260_convert_20120928195336.jpg






紺太郎、大喜びでした。



1209230267_convert_20120928195422.jpg




トロッコ電車にも乗れます。直線50m?くらいを行って帰るだけなのですが。
(無料)


1209230258_convert_20120928195210.jpg



1209230274_convert_20120928195504.jpg



犬釘打ち体験もあって、紺太郎がやりたがったのですが、
時間があわなくて残念でした。




会場でやきそばや玉こんにゃくを買ってお昼にしました。





帰りはわたらせ渓谷鉄道で桐生へ行き、小山(栃木)をまわり、帰ってきました。
(駅員さんに聞いたら、、桐生から前橋、高崎をまわるより小山まわりの方が距離的に10キロは近い、、とのことで、、。)




JR両毛線です。


1209230280_convert_20120928195545.jpg





新幹線には乗らなかったのですが…。


1209230281_convert_20120928195626.jpg





群馬はJR以外に東武桐生線、東武佐野線、東武伊勢崎線、東武小泉線、東武日光線など色々複雑に入り混じっていて、
馴れないので、どこから乗って都心方面へ帰ればいいのかよくわからなかったです。
(後で調べたら、わたらせ渓谷鉄道の相老(あいおい)で下りて、東武桐生線で特急「りょうもう」号に乗るのが一番早かったようです。)
(携帯が気づかないうちに電池切れでした。。)



でもそんなに遅くならずに家へ帰れたので、よかったです。





赤城駅でスタンプを押し忘れてちょっと紺太郎が愚図ったりしまして、
色々ありましたが、
全部の数を集めることができました。
(5つの駅と、(なくてもOKの)イベントのスタンプです。)



1209240286_convert_20120928213311.jpg










今回の群馬旅行、とても楽しかったです。
2日目、スタンプラリーはJR以外の電車に1つ乗らないとプレゼントに応募できなかったので、
上毛電鉄に乗ったのですが、
鉄道フェスも喜んでいましたし、よかったです。
雨じゃなかったら大間々は歴史がありレトロな街並を楽しめる場所だそうで、散策してもよかったのですが…。
でも早く家に帰れて逆によかったかな…。





夫が鉄道フェスタに行けなくて後で写真を見て残念がっていました。
夫よ、研修のついでに一緒に群馬に連れて行ってくれてありがとう~。
疲れたけど、、楽しかったです。






群馬は温泉地も多いですし、また行きたいです!





長い群馬旅行記にお付き合いくださって、ありがとうございました。
手の指の間に1つ湿疹ができて皮膚科に行きました。カビかと思ったら違ったようで。。
季節の変わり目だからでしょうか。
皆さんも体調には気をつけてくださいね。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 旅行日記
ジャンル : 旅行

群馬その4、碓氷峠アプトの道、横川駅へ&高崎泊

<2012年9月22日 7才4ヶ月>




9月22日(土曜日)群馬「碓氷峠のアプトの道」の「旧丸山変電所」付近を散策した続きです。(こちら






旧丸山変電所を出まして、横川駅方面に進んでいきます。
上信越自動車道が見えます。



1209220178_convert_20120926231515.jpg






こんな道を進んでいきます。


1209220184_convert_20120926212025.jpg




鉄道ぶんか村こちら)が見えてきました。
旧丸山変電所から約30分です。
(地図上では18分)



1209220190_convert_20120926231607.jpg






ちょっと道をそれて、碓氷関所跡に寄ります。
碓氷関所は1616年、江戸幕府によって設置されました。
中山道は重要な交通路であったため、
関東入国の関門として、幕府は「入鉄砲と出女」を厳しく監視したそうです。



1209220191_convert_20120926231650.jpg





鉄道ぶんか村の横のアプトの道に戻ってきました。



1209220194_convert_20120926231732.jpg





ぶんか村から「まるやま駅」まで行くトロッコ電車です。



1209220197_convert_20120926231858.jpg





横川駅まで戻ってきました。
5時半でした。
熊ノ平から出発して、5時間かかっています。
地図には徒歩100分と書いてあるんですけどね…。



1209220198_convert_20120926231946.jpg




アプトの道は歩いていてとてもよかったです!
鉄道ファンでなくても楽しめると思います。
ちょっとした散策に、とてもいい場所だと思います。
紅葉の名所みたいですし…。



歩く場所を短くする場合は、「熊ノ平」まで行かないで「めがね橋」までバスで行って、
そこから横川まで歩くのでもいいかもしれません。


または「熊ノ平」までバスで行って、「めがね橋」まで歩き、
またバスで横川まで、、、など色んなパターンが考えられます。



「熊ノ平」のバス停では階段がありましたが、あそこさえ上ればベビーカーでも歩けるかも?しれません。
歩きやすかったです。
(「めがね橋」バス停を利用する場合は、やはり橋に上がるのに段差のある場所を歩きます。)




駅前に「峠の釜飯」の荻野屋の資料館がありました。
残念ながら時間が遅かったので閉っていました。


1209220199_convert_20120926232022.jpg





信越本線に乗って高崎に戻ってきました。
ダルマがあります。



1209220200_convert_20120926232057.jpg




(宿をとっていなかったので)横川から高崎までの電車の中で夫が予約した宿は高崎の東横インです。


1209220202_convert_20120926232144.jpg





夜ご飯は高崎駅前の高崎個室物語 竹取御殿でした。


食べるのに夢中でこれしか撮りませんでした。
台湾風まぜそばです。



1209220203_convert_20120926232230.jpg





夫は「群馬のもの」を食べたがっていたのですが、
メニューに群馬らしいものがなくて残念でした。


ホテルでスマフォで「群馬らしいお店」を調べて、
見つけた店まで歩いていたのですが、
ホテルから遠いというし、もう7時を過ぎていたし、
「疲れているし、遠いと帰るのが遅くなり紺太郎が寝かせるのが遅くなる」とムスっとして歩いていたら、
「お前がそんな顔しているから、いいよっ!」
とホテルの近くの駅前の居酒屋になったのでした。
ごめん~。。
(ここでも「お前は過保護だ」と言われました。)




それに近くにだんべという群馬らしい居酒屋もあったのですが、
私が「個室のほうがタバコ臭くなくていいよ。(それに子連れだと個室のほうがいい)」と言ったから、
「竹取御殿」にしたのでした。
でも、
個室でもタバコ臭かったです…。
その上、私が「『高崎個室物語 竹取御殿』、、って書いてあるから群馬らしいものがあるかもよ~」と言ったのですが、
(店外にメニューはなかったです)、
全然群馬らしいものはありませんでした。
夫は「ここは全国チェーンのお店で、東京にもお店があって群馬の料理は関係ない」と言っていたんですけどね。
夫は不満そうでした。
ごめん~。





あまり口を出さなければよかったです…。






ここで話は変わりまして、親バカ記録です。
居酒屋まで歩いている時に、
夫がなにげなく紺太郎に「高崎の人口は?」と聞くと、
「37万人で、全国で54位!」と言うのでそんなこと何で知っているの?とびっくりしました。




家に帰って地図帳を確かめてみると、
(本当の順位はわかりませんが、書いてあるのは)合っていました。
聞いてみると、おじいちゃんと最初に100万以上の都市をぬきだして上から順位をつけ、
それを順にやっていったそうです。


1209230284_convert_20120927120713.jpg







夫の実家でおじいちゃんと地図見て遊んでいましたが、
こんなことして遊んでいるとは知りませんで、感心しました。





話を元に戻しまして、
ホテルの部屋はツインで大小の2つベットがあったのですが、
紺太郎は広いベットの方に夫と一緒に寝ました。





朝(23日)起きると、紺太郎はこんな寝相でした(苦笑)。
申し訳ない・・。



1209230205_convert_20120926232321.jpg




東横インの朝ごはんは和食と洋食が選べます。
(2棟並んで建物があって、1つずつ提供していて好きな方へいけます。)
紺太郎の希望で私達は和食を。
私は洋食がよかったんですけどね・・・。




1209230207_convert_20120926232406.jpg

↑の他にお稲荷さんがありました。





宿を出発します。




続きます。





お付き合いくださってありがとうございました。
夫婦がお互いやりたいことや考えることが一緒でスムーズに楽しくいくといいのですが、中々難しいです。。
まあ、全部意見が一緒、、、なんて夫婦はいないと思いますが・・・。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

群馬その3、碓氷峠アプトの道・碓氷湖&旧丸山変電所

<2012年9月22日 7才4ヶ月>




9月22日(土曜日)群馬「碓氷峠のアプトの道」の「めがね橋」付近の散策の続きです。(こちら





トンネルを進んでいきます。


1209220139_convert_20120926210501.jpg




5号トンネル、4号トンネル、3号トンネルをぬけていきます。


1209220140_convert_20120926210631.jpg





碓氷湖が見えてきました。


1209220142_convert_20120926210708.jpg





湖畔にトイレがありますので、トイレ休憩のため下りていくことにしました。
「アプトの道」の地図です。



1209220145_convert_20120926210853.jpg





碓氷湖には1周歩ける散策路があります。


1209220146_convert_20120926210935.jpg



1209220147_convert_20120926211007.jpg





1周約1,2キロ(20分)
と表示があります。



夫は「1周歩く」と言います。
私はもう疲れていたので、待っていることにしました。



紺太郎も「ボクも歩く~」と言います。


しかし熊ノ平駅~碓氷湖まで地図上では38分と書かれていますが、
私達は2時間半かかっています。
(この時点で3時です。
お昼を食べたり、めがね橋を降りたりしていますが。)




徒歩20分、、と書かれていても「どれだけかかるか?」わからないところですし、
あと横川駅まで3・8キロ(地図上では徒歩約1時間)あります。




私はとても疲れているのに、
紺太郎にこれ以上歩かせて疲れて運動会(29日)に影響があるとイヤだな、、、と思い、
(子連れだとますます時間がかかって宿に行くのが遅くなるのもいやだし、)
「紺ちゃんは運動会もあるし、疲れるからヤメたほうがいいよ~」と言うと、
紺太郎は、
「ボク、やめる~」と…。


すると、、、夫は超不機嫌に。
いとしの息子と歩けるはずが、、私の言い分でおじゃんになったのが、気に入らなかったようです。




「お前は過保護だ!」
と怒っていました。。





この旅、ず~~~っと「お前は過保護だ!」のセリフが事あるごとに繰り返されていました。
「早く寝せたい」と言った時も、このセリフ…。
そうでしょうか~??
他の方のブログを拝見していると、
やはり運動会の前は体調を崩さないようにと早く寝せたりしているけどなぁ。。






不機嫌なまま、、、夫は湖の周りを1周歩いていました。
(彼の足でちょうど20分くらいかかりました。)





私達はまわりをブラブラ。


坂本ダムです。



1209220148_convert_20120926211045.jpg





ススキが生えています。
秋ですね。
関東はこの日(22日)はまだ暑かったのですが、次の日の23日(日曜日)から一気に涼しくなり、
秋らしくなりました。



1209220150_convert_20120926211220.jpg






碓氷湖を出まして、またアプトの道を歩きます。



1209220156_convert_20120926211300.jpg


1209220157_convert_20120926211347.jpg




1号トンネルをぬけました。
これが最後のトンネルです。


1209220159_convert_20120926211431.jpg




天然温泉「とうげの湯」まで来ました。
(この時点で4時です。)

1209220161_convert_20120926211553.jpg






横川駅のすぐ横にあります鉄道文化村こちら)から「まるやま駅」を経て、トロッコ電車がここまで走っています。
(只今、2013年春まで「まるやま駅」から「とうげの湯」までお休みしているようです。)
(トロッコ電車に乗る場合は「鉄道文化村」の入場券も必要になります。)


1209220162_convert_20120926211634.jpg







こんな線路の上を舗装したような道を歩いていきます。



1209220163_convert_20120926211713.jpg


1209220164_convert_20120926211753.jpg




「峠の湯」から25分ほどで旧丸山変電所に着きました。
(地図上では徒歩15分ですが・・。)


1209220168_convert_20120926211826.jpg





すぐ横にトロッコ電車の「まるやま駅」があります。


1209220171_convert_20120926211907.jpg



コスモスが沢山咲いていました。


1209220172_convert_20120926211947.jpg









続きます。



***


これを書いている26日(水曜日)に義母から写メールが届きました。
月下美人が咲いたようです。
(夜に1日3~4時間しか咲かない花です。)



CA25NA6U.jpg



何回か直接見たことがありますが、キレイでいい匂いの花なんですよね~。






お付き合いくださってありがとうございました。
今週(24日~26日)は(いつもは9時過ぎですが)早めの8時過ぎに紺太郎を寝かせています。
お布団に入ってから寝入るまで時間がかかっていますが…。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

群馬その2、碓氷峠のアプトの道・煉瓦4連アーチのめがね橋

<2012年9月22日 7才4ヶ月>




9月22日(土曜日)群馬碓氷峠のアプトの道の散策の続きです。(こちら





碓氷第5橋梁(きょうりょう)を渡ります。



1209220064_convert_20120925221343.jpg




長さ546mもある6号トンネルの中に入ります。
途中に窓のようなものがありました。




1209220069_convert_20120925221432.jpg




長かったです~。
出口が見えてきました。



1209220075_convert_20120925221514.jpg




出口を出て、めがね橋( 碓氷第三橋梁)に着きました。



1209220079_convert_20120925221552.jpg






ハイキングマップには熊ノ平駅~めがね橋は徒歩20分となっていましたが、
私達は約50分かかりました。。
ゆっくり歩きすぎなのかな??





こちらにベンチがあったので、私と夫はお弁当を食べます。
私は高崎駅で買った「SL弁当」です。



1209220080_convert_20120925221630.jpg




のりがカワイイです。


1209220082_convert_20120925221922.jpg

↑右下の黒い塊は鳥のから揚げです。
石炭をイメージしているのでしょうから黒いのは面白いけど、、
食べるとなると黒色じゃない方がよかったなぁ。。





夫は横川駅で買った「峠の釜飯」です。


1209220084_convert_20120925222021.jpg





2つとも美味しかったです~。



「説明します」ボランティアの方が4人くらい座っていらっしゃったので、
説明をお願いすることにしました。



1209220085_convert_20120926010037.jpg




こちらを走っていた機関車は後ろから客車を押すタイプだったのですが、
トンネルで煙が客車のほうへ流れ込んでいきます。
でも、トンネルにカーテンをつけると空気の流れが止まり、客車の方へ煙がいかなかったのでカーテンをつけていたそうです。



1209220089_convert_20120925222123.jpg


1209220090_convert_20120925222223.jpg





知らなかったので「へぇ~」と思いました。


布をつけていた金具です。


1209220092_convert_20120925222301.jpg



トンネルの横に「カーテンをひく」担当の人が立っていたそうです。
(でも後で道横の説明を読んで知ったのですが、機関車の圧風に巻き込まれて4人の方が殉職なさっているそうです…。)





めがね橋と平行して昭和38年に横に作られた新線です。



1209220096_convert_20120925222355.jpg






アプト式以外のラックシステムの種類や、



1209220097_convert_20120925222434.jpg




地図など、、説明がとても面白かったです。
ありがとうございました!!



1209220100_convert_20120925222515.jpg







夫と紺太郎はめがね橋横から階段で下に下りると言います。
私は来たバスで下からはもう見ていましたし、
勾配を上り下りすると左膝が心配なのでカメラを渡して上で待っていることにしました。




めがね橋は長さ91m、高さ31mでわが国最大の煉瓦づくり4連アーチ橋です。



1209220106_convert_20120925222604.jpg




バス停からです。


1209220109_convert_20120925222654.jpg



バスの時刻表です。


1209220111_convert_20120925222739.jpg





美しい橋です。


1209220112_convert_20120925222844.jpg


1209220115_convert_20120925222942.jpg




「アッチョンブリケ??」

と思ったけど、紺太郎はアッチョンブリケを知らないはず…(苦笑)。


1209220113_convert_20120926001412.jpg




(「アッチョンブリケ」とは手塚治虫のブラックジャックに出てくるピノコちゃんのお得意のポーズです。。念のため・・・。)

 








夫と紺太郎が戻ってきたので、橋を渡って横川駅方面へ歩きます。




めがね橋からみた下の道です。
すごいカーブです。



1209220119_convert_20120925223037.jpg




めがね橋からみた新線です。


1209220121_convert_20120925223113.jpg




吉永小百合のJRのコマーシャルの写真があったので、、



1209220127_convert_20120925223157.jpg






私も撮って見ました(笑)。



1209220128_convert_20120925223318.jpg




続きます。






お付き合いくださってありがとうございました。
涼しくなり、めっきり秋らしくなってきました。お互い体調に気をつけましょう^^

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

群馬2012・9月・その1、D51駅弁と碓氷峠アプトの道、熊ノ平駅跡

<2012年9月22日 7才4ヶ月>



9月22、23日(土、日曜日)は夫と紺太郎と3人で群馬へ1泊で遊びに行ってきました。



23日(日曜日)の午後に夫が仕事関係で群馬で研修があり、
それに便乗して私達も一緒に、、という形です。




実は9月29日(土曜日)が紺太郎の小学校の運動会で、
24日(月曜日)から連続6日学校がありますし、
毎日の運動会の練習で疲れるでしょうし、
お出かけは避けて家でゆっくりしたかったのですが…。




外泊しますと、寝るのが遅くなったりしますし…。
これを言ったら、、「お前は過保護だ!」と夫が言うんですけどね。。





一度は私は「やめようよ~」と話を進めていったのですが、
結局夫の決断で行くことにしました。
すごく疲れたので、運動会までの1週間がちょっと心配ですが、
とても楽しかったです。



いつも私のブログに遊びにきてくださっている方は覚えてくださっているかもしれませんが、
今年のGWも1泊で群馬に遊びにきました(こちら)。
その時に「碓氷峠のめがね橋」付近の散策をするつもりでできなかったのですが、
今回はそちらのリベンジになります!





高崎駅で紺太郎が「おなかがすいた~」というので、
D51駅弁を買いました(900円)。
秋の休日に群馬にSLが走る日が何日かあり(詳しくはこちらのJR)、
そのイベントに伴ってD51の駅弁が何個かありました。




高崎~横川間信越本線の中で食べます。



1209220007_convert_20120924155447.jpg








お箸もD51のロゴ模様が入っていて、持って帰って使えるしっかりしたものです。
(容器も持って帰りました。)



1209220008_convert_20120924155522.jpg




ちょっとわかりにくいのですが、ご飯が黒いです。
竹炭?を使っているようです。
紺太郎の口のまわりが黒くなりました。




1209220011_convert_20120924155555.jpg





紺太郎、ほぼ完食しました。
(私は高崎駅で別のお弁当を、夫は横川駅で「峠の釜飯」を買って、
ハイキング中に食べることにしました。)




高崎から約33分で終点の横川駅に到着です。


1209220019_convert_20120924155629.jpg




横川駅12時発の軽井沢行きのバスに乗り、
熊ノ平(くまのだいら)駐車場前でおります。
ここまで来るのにカーブが81個もあるクネクネ道を上ってきました。
(横川から約15分)
(大人300円、子ども150円)




1209220020_convert_20120924155712.jpg



↑の階段を上っていくと碓氷峠アプトの道の遊歩道があります。

(碓氷峠は、かつて江戸と京都を結ぶ主要街道として栄えた「中山道」の最大の難所でした。
中山道がすぐ近くにあります。)





階段を上りました。
今は廃線となった線路があります。
熊ノ平駅跡です。
アプト式電車が廃止される昭和41年まで
給炭、給水、上下列車がすれ違うための駅だったそうです。
(その後、信号場に降格)


1209220023_convert_20120924155750.jpg
(↑奥のトンネルが軽井沢方面になります。)





横川(安中市)と軽井沢を結んでいた明治26年に開通したアプト式信越本線は昭和41年廃止されましたが、
横に新線が昭和38年に作られました。
しかしそちらの新線も平成9年に廃線になっています。
今は横川~軽井沢間バスだけが交通手段になっています。
(新幹線が安中榛名~軽井沢を走っていますが・・・。)



そもそも、なんで明治時代に(人もいない)こんな峠の難所に鉄道を作ったのか?疑問でしたが、遊歩道の脇の説明を読みましたら、
絹糸長野、群馬から輸出のために横浜に運ぶ為のものだったようです。



線路跡が遊歩道(アプトの道)になっていまして、横川駅方面に歩いていきます。
ここからトンネルを10個通っていきます。



1209220027_convert_20120924155844.jpg




コスモスが咲いています。
もう秋なんですね。



1209220028_convert_20120925081911.jpg





この辺りは紅葉の名所らしいです。
高野辰之の作詞による有名な小学唱歌「紅葉」はこの辺りの紅葉を詠ったものだといわれているそうです。
紅葉の時期にまた来たいな~。



1209220029_convert_20120925081955.jpg




ちょっとわかりにくいのですが、トンネルが4つあります。


1209220031_convert_20120924155922.jpg





昔の熊ノ平駅の写真です。


1209220035_convert_20120924155951.jpg





おっ!!サル、サル!!!
びっくりしました~。
電線の上を歩いていました。


1209220040_convert_saru.jpg




変電所です。


1209220044_convert_20120924160107.jpg






こちら昭和25年6月に崖崩れがあり、50名の職員とその家族が亡くなられたそうです。
乳飲み子を抱えた母親の像がありました。
赤ちゃんを抱いた状態の母親が土の下から見つかったそうです。
説明を読んで涙ぐんでしまいました。
手を合わせました。





熊ノ平駅跡を後にして、
トンネルをくぐって横川方面に歩いていきます。
最初の目的地はめがね橋です。





1209220047_convert_20120924160151.jpg





いくつもトンネルをぬけて、


1209220050_convert_20120924160232.jpg



途中の碓氷第六橋梁(きょうりょう)です。



1209220051_convert_20120924160314.jpg


1209220053_convert_20120924160348.jpg






1209220056_convert_20120924160428.jpg







めがね橋をめざして歩きます。
続きます。





お付き合いくださってありがとうございました。
夏休みの北海道の話も終わっていないのに、急に群馬の話になってすみません~。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

北海道旅行その23、厚岸の愛冠(あいかっぷ)岬と自然史博物館

<2012年8月2日 7才3カ月>





8月2日(木曜日)北海道旅行5日目の朝厚岸(あっけし)のお宿に泊まった後の続きです(こちら)。






宿を出発して、厚岸大橋を渡り、愛冠(あいかっぷ)岬へ行きました。




前日(こちら)の厚岸グルメパークのお庭で撮った写真愛冠岬が写っています。
少しモヤっていますが↓の海の向こうの断崖絶壁の崖がそうです。




(前日)
1208010634_convert_20120915094542.jpg






駐車場から歩きます。



1208020709_convert_20120919201138.jpg





こちらの岬はシカが多く生息することで有名です。


1208020711_convert_20120919201519.jpg





シカがあちらこちらにいました。


1208020715_convert_20120919201646.jpg




想い(願い)をかなえる「愛の鐘・ベルアーチ」だそうです。



1208020716_convert_20120919201729.jpg




夫と一緒にならしました。(夫はたぶん嫌がっていたけど…苦笑。)
私達は結婚式をしていないので、
二人で一緒に何かやるのは心情的に嬉しかったです。









柵の向こうは、断崖絶壁です。



1208020718_convert_20120919201814.jpg


P1080377_convert_20120919201418.jpg


1208020719_convert_20120919201902.jpg






散策路があったので、私だけ少し行って見ることにしました。


1208020727_convert_20120920110842.jpg






崖下に水産研究所?のようなものがあるのですが、
下に続く階段がありました。
でも膝が痛くなりそうなので(最近勾配のキツイ所を歩くとすぐに左膝が痛くなります)、、
すぐに諦めました。





シカに挨拶しつつ、、


1208020728_convert_20120920113115.jpg






駐車場と岬の間にある、
北海道大学北方生物圏フィールド科学センターが運営する
愛冠自然史博物館に行きました。
夫と紺太郎は先に入っています。
(入場無料)


1208020729_convert_20120919201944.jpg





館内には剥製や化石など約2000点が展示されています。


1208020730_convert_20120919202033.jpg





魚のホルマリン?漬けはちょっと私には気持ち悪かったです。


1208020731_convert_20120919202115.jpg





今いる場所、厚岸です。


1208020732_convert_20120919202155.jpg






約30分こちらにいて、また駐車場まで戻ります。
どうでもいいことなのですが、「水溜りが鳥のような形」をしていて、
思わずパチリ。


1208020733_convert_20120919202247.jpg







愛冠岬を出発します。






続きます。





お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村


テーマ : 北海道旅行
ジャンル : 旅行

映画「愛する人」&眠れる森の熟女&家政婦のミタ

<2012年9月中旬>



先日TSUTAYA(レンタルショップ)から更新手続き葉書が来まして、
その葉書を持っていくと1枚無料でDVDが借りれるというので、
映画「愛する人」(MOTHER AND CHILD)を見ました。









14才の時に子どもを生み、すぐに養子に出した52才の女性。
逢ったことのない我が娘に想いを寄せながら、自分の母とは分かり合えずにいます。
その養子に出した娘は37歳。
弁護士として素晴らしいキャリアを持つが、孤児として育った経験からか家族や恋人と深く関わることを拒みながら生きています。



親娘は次第にお互いに探しあおうとするのですが…。




面白かったです。
何がどうだから、、ということはうまく言えないのですが、
ジーンとしてしまいました。






↓こちらから少しネタバレがあるのですが、、



最後はお互い巡りあえて幸せな結末になると期待してみていたのですが、、
そうではなく…。



ある人の仕事の単純なミスで娘の手紙が母親に届かずお互い会えなかったのです。
「仕方なかった…」の一言ではすまされない、
世の中の不条理さがなんともやりきれなかったです。。






人に「愛している」と伝えるのは「あとで~」なんてダメで待ったなしなんだな、、なんてこの映画を見て思いました。




予告です。



***




映像つながりでもう一つ、、


あまり私は最近日本の連続ドラマを見ていません。


独身時代は好きでよく見ていたのですが。。



でも最近朝のNHK連続ドラマ「梅ちゃん先生」(←毎日は見ていませんが)と、もう一つ楽しみにしているドラマがあります。



眠れる森の熟女です。(火曜日夜10時55分~11時24分、NHK)




00000438001.jpg


(画像はyahooテレビより)



46歳の専業主婦だった相沢千波(草刈民代)。
夫から「SNSを通じて中学時代の憧れの同級生に再会して恋をした、
結婚したいので離婚をしたい」と突然言われます。
彼女はホテルに働きに出ますが…。




このドラマとても面白いです~。
いつか夫が同級生にふられるんじゃないかな??と私は睨んでいるのですが…。



あ、もう1つ、
「眠れる森の熟女」の放送のすぐ前なので「つるかめ助産院~南の島から~」(火曜日夜10時~10時49分)も途中からですが見初めました。
大好きな沖縄が舞台なので~。


***




あと、、夏休みに時間があったときに、
高視聴率だった「家政婦のミタ」を見ました。








ちょっとツッコミどころが多かったのですが、まあまあ面白かったです。





ドラマには関係ないですが、
中学生の男の子がお姉さんに家事のダメ出しをするときに、
「洗濯に柔軟剤をつかっていないなんて!」と言っていて驚きました。
使うのが常識、、、みたいな言い様でした…。








私、、、柔軟剤なんて使ったことありません~。
結構カルチャーショックでした。





でも母も、義母も使っていません。
たぶん、これからも使わないと思います。。



と、話が変な方向へ進んですみません。






ミタさんのセリフ「それはあなたが決めることです」に重みがあったな~。





お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 見た映画
ジャンル : 映画

男の子だからトイレがくさい、、と色々

<2012年9月21日 7才4ヶ月>





昨日に引き続きまして、小さな細々としたことです。




少し前からトイレが臭いです。
2010年の6月にも日記を書いていました(こちら))






独身時代&子どもがオムツをしていたときには感じたことがない、
おしっこくささ。。



原因は紺太郎。。




立ってするので、便器からはみでたりします。



「はみでたら拭いてね」と言っているのですが、
なにせ子どもなので、、。。



水拭きリセッシュで床や便器を拭いたりして、
その時は匂いがなくなりますが、、
紺太郎が汚し続けます。
(こぼさなくても、誰でも自然と便器の外に飛ぶようですが。)








的シールも使っていますが…。






(↑同じものではありません。)




座ってしてほしいわ…。。
でもそれはイヤだそうです。。





先日私がトイレに入ったら臭くて、
PMSでイライラしていたのも手伝い、、、
「もう家でオシッコ禁止~!」
「もう、できるだけ学校でして!」
なんて無謀なことを言ってしまいました。

もちろんすぐに「それは無理だけど。。」とフォローして言いましたが。。





「家は子どもがくつろげる場所でありたい」
を理想にしているのに、ヒドイ母だな~(苦笑)。
トイレも行けない家って・・・。。。






ちなみに子どもにイライラするとヒドイことを口走ったりします。
本で、
「親が子にしてよくないこと」を読んでたりすると、
わざとソレを言ったりしてしまうことがあります。
「ママの言うこと聞けないなら、もう出て行きなさい~!」とか。





話はずれますが、
私は青少年がおこした凶悪なニュースを見ると、
「どういうふうに親が育てたらこうなってしまうんだろう…」
といつも疑問を持っていました。





先日面白そうな本を見つけました。

「殺人者はいかに誕生したか―「十大凶悪事件」を獄中対話で読み解く 長谷川 博一  新潮社」







凶悪事件を起こした人達がどのような幼少期を過ごしたかが書かれている本です。



すごく興味があって読みたくてしかたないのですが、
私が「怒り」で自分をコントロールできなくなりそうなときに、
子どもにしてはいけないことを知っていると、、わざとそのことをしそうで怖い…。





なので、、紺太郎が大きくなるまで封印しようと思いました。




トイレの話から、、ずれました。




子ども本人にも掃除してもらう。
親もこまめに掃除する、、
それしか今はないのかな~。



***


最近夜は紺太郎に1人で寝てもらっています。
(寝る部屋は一緒です。
前は寝るまで私も布団の部屋にいた(or一緒に早く寝ていた)のですが、
歌を歌ったりふざけたりして中々寝ないのでイライラするので、1人で寝てもらうことにしました。)



私がリビングにいると紺太郎は
「のどがかわいた~」とか、
「怖いこと考えちゃった~」とか、
などとナンダカンダ理由をつけて何度も布団の部屋から出てきてしまいます。





目をつぶってじっとしていれば、疲れているのですぐに眠れるのに、、と少しイラっとしてしまいます。




「おやすみ」を言って、
私が布団の部屋を離れるときに、
「こっちに来ないでねっ!」と強め言って脅す自分が、、なんだかな~~、、と思いますが、
手っ取り早くて、、。







優しいお母さんとはほど遠いです…。



***



うちはセロテープがすぐにどこかになくなります。






私の広島の母が「使いたいときにすぐに使えるように」と家中のあちこちにハサミを置いているのですが、
結構それが便利で、私も真似して小さいセロテープを100円ショップで4、5個買って置いていました。





もちろん置く場所も決めて。



でも使いたいときに、、場所にないんですよね。。
小さいものだとすぐにケースが割れたり取れたりしますし。



紺太郎も自分が工作でセロテープが使いたいときないと、
威張って「セロテープ(どこ)!」と言うので、、
小さいフラストレーションに。




ご飯の支度をしている時など言われると、こちらもイライラ。。
「知らないよ!あなたの道具箱にないの!」と。





なので、、大きなものを買ってきました。




(↑同じものではありませんが)




なんかスッキリ~。
紺太郎の机の上におきました。




CAQCZ54D.jpg




いちいち探す手間が省けて嬉しいです。




ちょっとした工夫でフラストレーションが減るのは嬉しいものです。




***


19日(水曜日)カレーを作りすぎてしまい(12皿分)、
3日連続夕飯がカレーになってしまいました。





3日目にモロヘイヤをゆがいて細かく切って入れたら美味しかったです~。
ネバネバカレーになってしまいましたが。。





あと、見たDVDのことも書こうと思っていたのですが、
長くなったので分けます~。



お付き合いくださってありがとうございました。
やっと朝晩が涼しくなってきました。
22日(土曜日)、家を留守にしていますので、コメントのお返事が遅くなるかもしれませんが、
いただけると嬉しいです~。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

喜びに満ちた人生を~ターシャ・テューダー、と色々

<2012年9月19、20日 7才4ヶ月>





先日絵本作家のターシャテューダーNHKの番組を見て彼女のスローライフの生活に感動した、、
と言う話を書きましたが(こちら)、
図書館に違うDVDがあったので借りてきてみました。




「喜びに満ちた人生を!~ターシャ・テューダーの魔法の世界 [DVD] SMD」です。











いい言葉だなと思ったのをメモ書きしておきます。



私の好きな言葉は
ソローの「森の生活」に出てくる
夢に向って堂々と歩きなさい
思い描いた人生を生きようと
懸命に努力すれば思わぬ成功に出会うだろう



My favorite saying is Thoreau's quotation from "Walden"
that if one advances confidently in the direction of his dreams
and endeavors to live the life he has imagined, he'll meet with
a success unexpected in common hours.




親がしてやれることで大切なのは
子供時代の楽しい思い出を作ってやることよ


I think one of the most important things
you can do for your children is to give them
very hapy memories of their childhood






彼女の絵を見ていると、
幸せな子ども時代を送っている子ども達を描いている、、とわかります。
クリスマスツリーと子ども達の絵なんて、、見ているだけで気持ちが温かくなります。




ターシャさんは人形作家としても有名で、
4人のお子さんが小さなころに人形を作って劇をしたり、
人形宛の手紙を入れる郵便ポストを作って子供に手紙を書かせたりと、
色々と工夫をして楽しんでいらっしゃいました。



彼女の作った人形と、ドールハウスです。


CA3ZY89D.jpg
(↑の画像は↓の本より)









素朴な丁寧な日々の暮らしの中で工夫して楽しむのは、とても素敵だな、、と思いました。



ズボラーな私はあれほど丁寧に暮らせませんが…。





ただ、DVDの中で、死んだ動物(フクロウやネズミを沢山、など)を冷凍させて、
スケッチしたいときに取り出して描く、、
そして少し溶けると「してもらいたいポーズをとってもらう」と言っていたのは、、
ちょっと引きましたが…^^;
スケッチが終わるとまた凍らせるそうです。



ちょっと変わっているかも・・・。





去年の10月にターシャさんのことを知らずに彼女の絵本を借りていました(こちら)。


「パンプキンムーンシャイン メディアファクトリー」





絵はかわいかったのですが、
かぼちゃが丘をころがって落ちていき、男の人にぶつかってしまい、
「怪我するじゃない、あぶないな~~!」なんて感想しかなかったんですけどね(苦笑)。




彼女の処女作なんですね。
今度また借りてみようかな…。



***


他、小さなことを色々と、、、。




20日(木曜日)の朝自治会の交通整理の旗当番でした。




紺太郎は通学班から私を見つけると、
笑顔で頭の上から手を振って体中で喜びを表してくれて、
こっちまで嬉しくなりました。




こんなに喜んでくれるのは、、あと何年かな…(苦笑)。




学校は、、学校から帰ってくると、、
「あのね、、、…今日、、、楽しかった~。」と言っているので、
よかったです。






***



19日(水曜日)の夜10時からのNHK歴史秘話ヒストリア「大山捨松」さんについてでした。

「わたし、やっぱり結婚する!
~明治のトップレディー・大山捨松の悩み~」




大山捨松さんは日本初のアメリカへの女子留学生です。
(津田梅子さんなどと共に)



ずいぶん前に大山捨松さんについて日記を書いていたな~、、と検索してみると3年前にありました。(こちら




私は昔の書いた日記を読むことはあまりないのですが、
今読むと恥しいですね~。



その時は自分の思い込みが入っているのでしょうが、
今読むと、、意味わかんない所もありますし…(苦笑)。
独りよがりで。。
文章を付け加えたり、削除などしました。。





今もなるべくわかりやすい文章を書きたいのですが、
文章って難しいですね…。



***




先月に買ったボールペンが書けなくなってしまいました
インクが上にあがっているようです。


お湯につけてもダメ、、
なので検索してみました。



書けなくなったボールペンに十字にペン(私は鉛筆)を輪ゴムで取り付けます。
(書けなくなったペン先の方を長めに)



CALMQN22.jpg





そして鉛筆を桐まわしのようにくるくる数回回します。
すると遠心力でインクが下にさがってくるのです。



CA13B6DF.jpg





知らなかったのでびっくりしました。



****



26日(水曜日)の夜に「もしかして夫が帰るかな?」と思い、いつも半箱(6皿分)しかつくらないカレー1箱(12皿分)作りました。
夫がいると半箱だとすぐになくなってしまうので。
木曜の夜は英会話で夜遅くなるからすぐに食べられるように沢山作ったのです。。



でも夫は帰らず…(苦笑)。
ヨミがはずれました。
今月はめずらしく週の途中に帰ってきていたのですが・・・。
(普段は週末だけです。)


只今私は4食(夜朝昼夜)続けてカレーを食べたのに、、まだ鍋に半分残っています。。
金曜日に3食カレーを食べる気持ちになりません~。


女の大人1人、子ども1人で12皿分は多かった…。



もう週末だから、夫にとっていて残ったら冷凍しようかな…。




***


前に洗濯干しの洗濯ばさみが壊れた時の対処法を書いたことがありましたが(こちら)、
最近ボキボキ洗濯ばさみが折れて、
半分くらい使えなくなり、、買い時だなと思い量販店に行きました。
(40個中19個も折れました。)



1209180004_convert_20120921003456.jpg



今度は折れないようにステンレスの洗濯ばさみのものを買おうと思いましたが、
前は売っていたのに売っていませんでした。





その日に欲しい気分だったので、
やはり洗濯ばさみがプラスティックのものを買いました。




(↑同じものではありません。「ジーンズが4本干せる」というものを買いました。)





義母は「消耗品だと思って、安いのを買っていったほうがいいわよ~」なんて言っていましたが、
やはり長く使いたいものです・・・。



と、どうでもいいことを沢山失礼しました~。



ありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : ママのひとりごと。
ジャンル : 育児

北海道旅行その22、ツル!&ルパンのお土産&厚岸のお宿

<2012年8月1日、2日 7才3カ月>





8月1日(水曜日)北海道旅行4日目太田屯田開拓記念館へ行った後の続きです(こちら)。





厚岸(あっけし)の駅(花咲線(根室線))まで戻ってきました。




1208010673_convert_20120918104948.jpg






3時間半の間、待ちに待った5時半発の根室方面の電車に乗ります。
(電車に乗り遅れた様子はこちら



1208010676_convert_20120918105019.jpg






厚岸湖沿いや別寒辺牛(べかんべうし)湿原の中を走ります。



1208010681_convert_20120918105340.jpg





あ~~~~っ、、、「ツル、ツル~!」



1208010683_convert_20120918105410.jpg






ツルがいました!(↑のアップ↓)


1208010683.jpg






たぶんツルだと思うのですが。。。
たぶん…。
(似ている鳥???)
私は北海道に来るまで、「鶴は渡り鳥だから冬しか見られない」と思っていたのですが、
そうではないようです。






一気に気分は高揚しました。




厚岸駅2時の「折り返しの電車」への乗り換えの時間がギリギリだったのなら、
「一つ前の糸魚沢(いといざわ)駅で降りて電車を待てばよかったんじゃないの~」、、ともクヨクヨ思っていましたが、
まあ、、ツルが見られたからヨシとすることにしました。。
(ちょっと無理やり、、、。)





こんな景色を過ぎ、、



1208010687_convert_20120918105436.jpg





糸魚沢駅も過ぎ、緑の中を走り、、


1208010692_convert_20120918105502.jpg







お昼の1時前に車を駅に置き出発して、、6時間ぶりに、、
やっと、、茶内駅に戻りました。






反対方向に「北大西洋 花と湿原号」が停まっていました。



1208010693_convert_20120918105537.jpg






茶内、、、やっと着きました~~(涙)。



↑の写真などを撮っていたりすると、
駅で1人のおじさんに話しかけられました。



話をしていると駅前の畠山金物店さんのご主人だそうです。


1208010697_convert_20120918105655.jpg




町おこしのために駅にルパンさの看板を置いたそうなのですが、
それ以降、駅に来る人が増えたそうです。
(ルパン三世の作者のモンキーパンチさんはこの浜中町の出身です。)



そして「お店に今日初めて届いたんだよ~」とお店に招いてくださり、
ルパングッズを見せてくれました。Tシャツもありました。



1208010696_convert_20120918105607.jpg







「見せるのはあなた達が第一号だよ~」と言うので、
記念にステッカーとクリアホルダーを買いました。
ルパンの絵がついているポイントカードなど、くださりました。
ありがとうござました。





夕方6時です。
今晩のお宿は、、電車に乗り遅れて3時間半の時間をつぶした厚岸(あっけし)…(苦笑)。
車で向わなければいけません。
(お宿には7時頃に着くと電話を入れました。)
霧多布岬の灯台を見たかったので、霧多布に未練がありましたが、、
仕方ありません…。




後ろを向くと、私のスーツケースにひじを置く紺太郎…。
なんだか態度が偉そうに見えるんですよね…(笑)。



1208010698_convert_20120918105721.jpg



今までの(レンタカーでの)旅行は私と紺太郎が後部座席に座っていたのですが、
今回の車が小さいのと、私が大きなスーツケースを持っていったので、
荷物が後ろのトランクスペースに入らず、↑みたいな形になって、
初めて私は前に座りました。





霧の中、厚岸に向います。



1208010699_convert_20120918105752.jpg


1208010700_convert_20120918105820.jpg





浜中町に別れを告げ、



1208010701_convert_20120918105902.jpg




厚岸町に入ります。


1208010702_convert_20120918105930.jpg





厚岸の宿に着きました。
今夜の宿はホテル金万です。
工事関係の長期の滞在者も多いようです。







子ども用の夕飯です。



1208010705_convert_20120918105956.jpg








紺太郎は失礼なことに、、「ボクの嫌いなものばかり~」なんて宿の奥様の前で言うので、
ヒヤヒヤしてしまいました。。
申し訳ありませんでした…。
あやまりましたが、優しく対応してくださりました。
「そんな事を作ってくださった方の前で言うのは失礼なことだ」、、と教えましたが。。
(この日はスパゲティとプリンが気に入らなかったようです。食べる時は食べるのですが。。)




大人用です。
厚岸名物の牡蠣です~!



1208010706_convert_20120918110022.jpg





私は、ここのお料理が今回の旅で一番美味しかったです!
(どこのお宿もとても美味しかったですが。)
生牡蠣も美味しかったですし、
お味噌と牡蠣の「土手鍋」というのでしょうか、、
一口食べるごとに「美味しい~!」と思いました。





8月2日(木曜日)の朝食です。



1208020707_convert_20120918110049.jpg





旅行の洋服は日数分を持ってきていたのですが、
念のために翌朝こちらのホテルのランドリーで洗濯をしました。(洗濯機200円、乾燥機1時間200円くらい)
すっきりしました~。





続きます。







お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 北海道旅行
ジャンル : 旅行

おじぎそうの名づけ

<2012年9月18日 7才4ヶ月>



どうでもいい話で恐縮なのですが…。



去年の「しまじろう ジャンプ」の付録で「おじぎそうの種&キット」がありました。





去年水遣りに失敗して枯らしてしまったのですが(どうでもいいですがこちら)、
予備の種が1袋付いていたため、今年もキットに植えてみました。



でも、
夏休みに旅行や帰省水遣りができないために、
夫の実家に鉢をもっていっていました。



そしてキットに植えても種が余ったので家のベランダの鉢に植えていたのですが、
夏休みに(水をあげなくても)生き残り、先日見事に咲きました。
(どうでもいいですがこちら





この3連休の週末に夫の実家で過ごしたので、
17日(月曜日)「しまじろうのキット」で植えた方を家に鉢を持って帰りました。




18日(月曜日)の朝に見てみると咲いていました!



1209180003_convert_20120918175254.jpg








実家では全然咲かなかったようです。
同じ日に植えたのに、
ベランダのものより2週間も咲くのが遅かったです
ベランダのものは、多い日には4つくらい咲いたりして、楽しませてくれました。





夏休みに、義母に言われて(「鉢が小さすぎる」)、
しまじろうキットからちゃんとした土に植え替えたのですが、
最初のキットの土がスポンジみたいなちゃんとした土じゃなかったから、咲くのが遅れたのかな~。





まあ、去年のリベンジが果たせて本当によかったです。



で、、去年に名づけた「しまじろうのおじぎそう」の名前は「ぺこぺこすけ」で、通称「ぺこちゃん」です。
あので、夫の実家に預けたおじぎそう「ぺこちゃん2号」で通っています。




で、、1週間くらい前の話なのですが、
ベランダの鉢にお花が沢山さいて、
紺太郎に「今日、おじぎそうが4つ咲いたよ~、紺ちゃん見て~」なんて話したあとに、
「あ、「ペコちゃん」はおじいちゃん家にあるから、
これは「ペコちゃん」じゃないんだよね。」と言うと、



紺太郎が、「じゃあ、ボクが名前をつけてあげる」というので聞いてみると、







「咲き上手ちゃん!」





だそうで…。


「花咲き上手(ちゃん)」の略だそうです。





私は「と○上手」とか変な単語を思い出したので、苦笑いしたんですけどね…。



これから「ペコちゃん2号」も「咲き上手ちゃん」ももっと咲いてくれるといいです。



咲き上手ちゃんは、、この3連休に水遣りしなかったので、少し葉が枯れちゃったんですけどね…。
ごめんね~。

(↓奥のやつ)


1209180001_convert_20120918175331.jpg




毎日30度超えて、、、暑いですね。。
もう少し涼しくなるといいです。




お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

おじいちゃんの家での3連休

<2012年9月14日~17日 7才4ヶ月>





14日(金曜日)の夜から17日(月曜日)まで(敬老の日の三連休)、夫の実家で過ごしました。





9月14日(金曜日)、おじいちゃんの膝に乗って地図を見ます。




1209140002_convert_20120917135125.jpg





15日(土曜日)の朝、2階のベランダに出てみると朝顔が一杯咲いています!
先日、家の咲かなくなった朝顔を見て、色々と思っていたので(どうでもいいですが、こちら)、
見ていて嬉しくなりました。



1209150007_convert_20120917135221.jpg







でも、、義母に聞いたらこれは昼顔だそうです…(苦笑)。
もう時期的に朝顔は終わりのようですね…。




夜は紺太郎が餃子作りの手伝いをしてくれました。
トマトやチーズや梅干などを入れて「あたり、ハズレ」餃子です。


1209150008_convert_20120917135314.jpg




夜におじいちゃんが三国志のドラマを見ながら、
こんな絵を描いて説明してくれていました。
義父は色々と物知りです。



1209150010_convert_20120917135435.jpg








16日(日曜日)、毎日30度を越えて暑いですが、秋は来ているようで、
を食べました。


1209160012_convert_20120917135641.jpg


美味しかったです。




自転車に乗ったり、パパやおじいちゃんと将棋をしていました。


1209160015_convert_20120917135739.jpg





夜はおじいちゃんの膝に乗って図鑑を読んでもらっていました。


1209160018_convert_20120917135825.jpg





「大図解」





↑これは買ってこちらに配送してもらいました。
実家専用です…。




フライのお手伝いです。


1209160021_convert_20120917135910.jpg






運動会で使う手袋に先生が「どのような方法でもいいので記名してください」と言ってきました。
私は「マジックで書くだけでいいじゃない」、、と思いましたが、
紺太郎が「おばあちゃんに名前を縫ってもらうの~」と言います。

頼んだら刺繍をしてくださいました。
ありがたいです。。。



1209170022_convert_20120917135952.jpg
(途中です。)





私は自由な時間でレンタルしたDVD、
カナダのドラマ「ビーイングエリカ シーズン2」を見ました。








思ったより面白くて、シーズン3が楽しみになりました。
主人公が私だったら「ま、いっか」や「なーなーで」ごまかしているようなことをきちんと向き合っていて、刺激をうけました。





あと17日(月曜日)の朝にNHKBSで再放送していたのですが、
絵本作家「ターシャ・テューダー」さんの番組を見ました。
この番組はDVDにもなっています。
(最初2005年に放送されましたが、ターシャさんは2008年に92歳でお亡くなりになっています。)








youtubeで番組の最初の部分を見つけました。






彼女の描く絵は「アメリカ人の心を表現する」絵と言われ、
クリスマスカードや感謝祭、ホワイトハウスのポスターによく使われているそうです。



ターシャさんは絵本作家の傍ら、庭に沢山の種類のお花を植えたり、
ジャムを作ったり、ろうそくを作ったりと、
スローライフの生活を送っています。
画面だけ見ていると、まるで100年前のようです。



義母もお花を植えたり、畑を作ったり、ジャムを作ったりと、、
少し似ているところがありますが…。




バーモント州の素敵なお庭と生活を見て、おっしゃっていることにも感激してしまい、
絵本を図書館で予約して、






↓こちらの本を思わずポチり。。(中古)










夫に「衝動買いするな!」と怒られましたが…(苦笑)。



絵がかわいいんですよね。。
自分用に欲しいです…。









ゆっくりと3連休を過ごしました。




お付き合いくださって、ありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

北海道旅行その21、厚岸の太田屯田兵屋と開拓記念館

<2012年8月1日 7才3カ月>





8月1日(水曜日)北海道旅行4日目厚岸(あっけし)グルメパークへ行った後の続きです(こちら)。






電車に乗り遅れ3時間半厚岸駅で足止めをくらい、約1時間を厚岸グルメパークで過ごしました。





あと2時間半をどう過ごすかを考え、太田屯田開発記念館という所があるので、タクシーで行くことに決めました。



屯田兵とは、
明治政府により北海道の開拓と警備を進めるため送られた兵で、
この開拓記念館のある太田地区は屯田兵により開拓されたそうです。







グルメパーク受付の方が呼んでくださったタクシーに乗り込み、
「太田屯田兵の、、」と言うと、
「あぁ、はい」と運転手さんが車を走らせました。





しばらくして車が停まりました。
小屋が1つあります。
運転手さんが下りて、小屋のドアをガラガラとあけて電気をつけてくれました。



1208010648_convert_20120915095813.jpg





そして、
「すぐ見終わっちゃうと思うので、(車を清算しないで)ここで待っていましょうか?」と。



「えっ、すぐ終わっちゃう??
私達はあと2時間半を過ごす為にやってきたのに…、、」
と思いつつ、
よく事情が飲み込めずに、、「ここからバスもありませんからね~」と言うので待ってもらうことにしました。
(確かここまでで2千円くらいかかったと思います…。)




小屋に入って運転手さんが色々説明してくださっているうちにわかったのですが、
こちらは太田屯田兵屋というところで、
「開拓資料館」はまた別にあるようです。
この後にまた行ってもらうことにしました。
ちゃんと行き先を言わなかったのがいけませんでしたね…。



1208010647_convert_20120915095322.jpg






あ~、びっくりした…。
5分くらいで見学が終わって駅に戻ることになるのかと思いましたよ…。。。。。




太田屯田兵屋は明治23年に本州から入植してきた屯田兵が
暮らしていた建物だそうです…。

440戸があったそうですが、今はこちらが残っています。
(入場無料)



明治天皇御夫妻の肖像が飾ってありました。



1208010641_convert_20120915095042.jpg


色々な県から集まっています。


1208010645_convert_20120915095244.jpg





夫が囲炉裏に足を突っ込み、、紺太郎が直しています(苦笑)。
申し訳ありません~。

1208010643_convert_20120915095146.jpg





続きまして太田屯田開拓資料館へ行ってもらいました。
(入場、大人100円、子ども無料)



ここでタクシーは2930円or2960円でした。



(来る予定のなかった)資料館を見るのに、、
片道3000円…。。。
根がケチな私はここで、、テンションさがりまくりです…orz(苦笑)。






でもこちらの資料館は面白かったです。
屯田兵制度の移り変わり、最後の士族屯田の村などをテーマに展示しています。


1208010649_convert_20120915095915.jpg


1208010650_convert_20120915095455.jpg


1208010651_convert_20120915095545.jpg





全国から集まった屯田兵の航路です。


1208010652_convert_20120915095651.jpg




どなたかの日記が残っていたのですが、
アイヌの人が食べ物をもって訪ねてくれて、一緒に食した、、みたいなことが書かれていました。


1208010654_convert_20120915100210.jpg



アメリカのサンクスギビングの由来である、
ピルグリム(イギリスからの移殖者)とアメリカのネイティブインディアンたちの交流に似ているな、、と思ってしまいました。





先ほど訪れた太田屯田兵屋の模型です。

1208010656_convert_20120915100253.jpg





そして、太田屯田兵屋の写真です。
写真を見ると「(今は廃墟ですが)ここに生きていた人達たいた」と、、想いをはせてしまいます。
紺太郎くらいの男の子が写っていますし…。


1208010657_convert_20120915100329.jpg




紺太郎が「パパ、ここ持って~」と頼んで、
「電車ごっこ~~」と言っていたのがおかしかったです。
満面の笑みです…。



1208010659_convert_20120915100417.jpg





明治時代の人々の生活も知ることができました。


1208010660_convert_20120915100455.jpg


1208010661_convert_20120915100529.jpg


1208010665_convert_20120915100618.jpg



ちなみに、
悪条件下の土地や気候の中で離村者が相次ぎ、
さらに明治37・38年の日露戦争で多くの死傷者を出してしまい、
当初2,159人いた人口も明治末期には1,000人足らずになったそうです。




閉館の4時までいました。
たぶん電車に乗り遅れなかったら来なかった資料館ですが、面白かったです。


1208010670_convert_20120915100718.jpg





帰りは、雨が上がったので、「駅まで歩く(約7キロ)?無理かな?」なんて夫と話していたのですが、
ご本人の希望で詳しくは書けないのですが、
ヒッチハイクのような形で駅まで乗せてくださる方に出会い、ありがたかったです。
北海道の人達って、、親切で優しいです…。
ありがとうございました。






続きます。



お付き合いくださってありがとうございました。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

私信: 2009年6月に「BSおかあさんといっしょ録画」の件でfc2経由でメールをくださった「群馬県高崎市にお住まいの長○、M様」、
メールを送らせていただきましたら、あて先不明で戻ってきてしまいました。
こちらを読んで、もしお心あたりのある方いらっしゃいましたら、鍵コメでいいですので、コメントをお願いします^^

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

北海道旅行その20、道の駅・厚岸グルメパーク

<2012年8月1日 7才3カ月>





8月1日(水曜日)北海道旅行4日目厚岸(あっけし)駅で電車に乗りそびれた後の続きです(こちら)。



3時間半後の電車に乗るしか、車を置いた茶内駅へ戻るすべは何もなく、
厚岸駅の近くにあります、厚岸味覚ターミナル コンキリエ 道の駅 厚岸グルメパークに行くことにしました。




駅の反対側なので、歩道橋をわたります。



1208010630_convert_20120915092216.jpg




5分くらいで到着しました。


1208010632_convert_20120915094657.jpg






庭から厚岸の町が見渡せます。


1208010634_convert_20120915094542.jpg





こちらは「じゃらん」の道の駅のグルメ部門で北海道第1位になったことがあるそうです。


こんな美味しそうなものがあります。

1208010635_convert_20120915094621.jpg





そして「炭火焼き!」


好きな具を選んで自分で焼いて食べることができます。
コンロ代で300円かかるようですが、1つ1つの具材はリーズナブルなお値段です。


串肉は120円~180円。


1208010638_convert_20120915094839.jpg



そして海の幸や、、、


1208010639_convert_20120915094909.jpg






厚岸の名物の牡蠣!たしか120円くらいだった記憶があります。


1208010640_convert_20120915094945.jpg






が、、、
私達はお腹が一杯・・・。。。


デザートのアイスクリームも入らないくらい・・・。
それも(それしかないから食べた)菓子パンや魚肉ソーセージやバナナで・・・。
(贅沢なことを言って申し訳ないのですが。。)




それに今無理に食べると旅館の(たくさん出るだろう)夕食が食べられない、、、。
牡蠣は食べたかったけど、厚岸の宿だから、、たぶん夕食に出るだろうし、、。




せっかくグルメで有名処に来たのにもったいない、、、と思いましたが、
何も食べないことにしました。
(お腹一杯で食べられない。。)





こちらの道の駅には小さな水族館がありました。


1208010636_convert_20120915094733.jpg






でもこの小さな部屋だけ・・・。



この時点で3時です。
困ったな 、、。時間が余ります。。
外は小雨が降っていて、普通の公園で紺太郎を遊ばせる選択肢もありません・・・。




こんなマッサージチェアを見つけました!


100円、180分!!


1208010637_convert_20120915094807.jpg






本当かしら~(笑)?




しかしマッサージだって、、3人でできるわけもなく。。
あと2時間半をどうしようか~、、という感じです。



厚岸の地図をみると太田屯田開拓記念館というものがあります。。。




(失礼ながら)そんなに興味があったわけではなかったのですが、
何もしないで過ごすすべもなく、、(座っているだけじゃつまらない・・・)
夫と相談してタクシーで行くことにしました。




続きます。




***



<2012年9月15日の昼 7才4ヶ月>



私の住んでいる所(関東)は、毎日30度越えの猛暑なので、
涼しかった北海道が恋しいです。



今週末は3連休なので(敬老の日)14日(金曜日)の夜から夫の実家に紺太郎と二人で遊びにきました。



義父のパソコンが先月壊れてしまっていて、
キーボードで効かない文字があり(C、B、Nとスペースキー)、
文字を打ち込むことができません。
(打てない文字は、いちいちネット上から欲しい文字を探してコピペしなくてはいけませんでした。)



夫が通販で外付けのキーボードを買ってくれたのですが、
夫がいないので(仕事のため土曜日の夜到着)、やり方がわからなくてつけられません。










自分のパソコンを持ってきたのですが、
うまくワイヤレスネットワークに接続できませんでした。
(パスワードを入れたのですが、できませんでした。。)



なので自分のパソコンのワードに言葉を打ち込み、
USBに保存して、
義父のパソコンにコピペをして、このブログを書きました。


ここまでしなくてもいいのに、、と自分でも思いますが(苦笑)、
夫の実家は陸の孤島のような場所で、
(自分で運転ができないので)自由時間にパソコン以外にやることがあまりないんですよね・・・。
テレビもそんなに見たくないし。
本は持ってきましたが・・・。





あ、あとDVDはレンタルしてきました。



「ビーイング エリカ シーズン2」






これは主人公の32歳独身・彼氏ナシ・無職のエリカが後悔のある過去に戻って「やりなおす」というカナダのドラマです。


シーズン1を見て、面白いことはは面白いのですが、
「過去をやりなおす」なんていうコンセプトがあまり気に入りませんでした・・・。
そこに出てくる格言がいいことを言っていてメモ書きをしていましたが。








なら、シーズン2を見なければいいのですが、他に見たいものがなかったので、
こちらを借りました。


皆さん、楽しい3連休をお過ごしください~。




お付き合いくださってありがとうございました。
(追記)土曜日の夜遅くに夫が来て、外付けキーボードをつけてくれて義父のパソコンも、私のパソコンのネットも使えるようになりました。ありがとう!



にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

私信: 2009年6月に「BSおかあさんといっしょ録画」の件でfc2経由でメールをくださった「群馬県高崎市にお住まいの長○、M様」、
メールを送らせていただきましたら、あて先不明で戻ってきてしまいました。
こちらを読んで、もしお心あたりのある方いらっしゃいましたら、鍵コメでいいですので、コメントをお願いします^^

テーマ : 北海道旅行
ジャンル : 旅行

北海道旅行その19、花咲線の電車に乗る&電車が行っちゃった~

<2012年8月1日 7才3カ月>





8月1日(水曜日)北海道旅行4日目霧多布湿原センターの続きです(こちら)。





霧多布湿原センターを出まして、近くの花咲線(根室線)の茶内駅へ行きます。
この浜中町は「ルパン3世」の作者のモンキーパンチさんの出身地だそうで、
茶内駅にルパンのパネルがあります。





1208010593_convert_20120913162310.jpg



1208010595_convert_20120913162345.jpg




ここの駅前に車を置きまして、電車に乗る計画です。






茶内から浜中右へ(根室方面)1駅行き電車を下りて、
左方向(釧路方面)の折り返しの電車に乗って、茶内を通り過ぎて3つ目の厚岸(あっけし)まで行きます。
そして、厚岸から右へ(根室方面)2駅戻り、茶内へ戻る予定です。
(花咲線の時刻表はこちら



chanai hokkaidou2012



(↑の画像はこちら↓の本からです。)

「歴史でめぐる鉄道全路線路線別地図帳 no.6 東北・北海道 (朝日オリジナル) [ムック] 」








「北大西洋 花と湿原号」がきます。
12時47分発でしたが、8分ほど遅れていました。
霧のせいなのかな…。
今まで行った駅でも、「電車がくるから待とうか」という時に、
時刻どおり来ないことが何度かありました。
日本のぴったり時間通りの電車に慣れていると、ヘンな気分です。


1208010597_convert_20120913162429.jpg



P1080341_convert_20120914075953.jpg




中はお座敷です。


1208010602_convert_20120913163731.jpg





車掌さんの観光ガイドの放送がありました。


1208010603_convert_20120913163759.jpg


P1080344_convert_20120914080046.jpg





8分ほど乗って、お隣の浜中駅に着き、私達は下りました。
電車さん、さようなら~。


1208010605_convert_20120913163838.jpg







浜中駅にもやはりルパンのパネルがあります。


P1080351_convert_20120914080238.jpg


P1080359_convert_20120914080345.jpg


P1080360_convert_20120914080449.jpg


P1080361_convert_20120914080541.jpg




1208010607_convert_20120913163959.jpg




さて、、、1時過ぎ。。
折り返し電車は1時31分。
お昼ごはんを食べたかったのですが、駅前はこんな感じ。。
食堂なんてありません。。
小さな商店が1、2軒あるだけでした。



1208010609_convert_20120913164126.jpg





小さな商店で菓子パン、バナナ、オレンジ、魚肉ソーセージ、チーズ、オレンジなどを買いました。


1208010610_convert_20120913164154.jpg





待合室でお昼をすませ、おなか一杯です。
実は、、後でここでお昼を済ませたことを後悔することになるのですが…。





電車に乗ります。
やはり5分おくれて電車の到着です。



1208010611_convert_20120913164225.jpg




一両しかありません。


1208010613_convert_20120913164306.jpg




ワンマン電車です。


1208010615_convert_20120913164351.jpg






茶内を通り過ぎて、糸魚沢(いといざわ)駅です。



1208010617_convert_20120913164427.jpg




糸魚沢駅を過ぎて、厚岸湖沿いの別寒辺牛(べかんべうし)湿原の中を走ります。




1208010621_convert_20120913164506.jpg


1208010623_convert_20120913164553.jpg


1208010625_convert_20120913164645.jpg






厚岸(あっけし)駅が見えてきました。
この駅は複線で、
反対方向の電車の待合がここであります。


1208010626_convert_20120913164723.jpg






厚岸駅に到着して電車を下ります。。
厚岸は牡蠣で有名です。こんな顔出しパネルがありました。


1208010628_convert_20120913164837.jpg
(↑私達の乗った電車が出発しています。)




でも、、本当はこんなことで写真を撮っている場合じゃなかったのです…。






夫は改札で運賃を払っています。



私は今回の旅はすべて夫まかせでした。
電車が何分発だとか、、全然気にしていませんでした。



夫の予定ですと、1時56分に厚岸に着いて、
2時0分発反対方向の根室方面の電車に乗る予定だったのです。
(階段を上って、もう1つのホームへ行って、、)



でも浜中駅で乗った電車は5分遅れて到着、出発しています。







4分の待ち時間など関係なく、もうすでに2時
私達の電車が到着したとたん、、反対方向の電車は発車していました。。。
夫が駅員さんに「電車は発車しちゃいました?」聞くと
「ええ、今、出ましたよ」と。





ガーン!!







で、、、時刻表を見て次の電車は何時かな?と見てみると、、


1208010672_convert_20120915100755.jpg
(↑右側)









17時30分!
3時間半後・・・!







え~~~っ!!!!






ショックでした…orz。






のん気に顔出しパネルで写真を撮っている場合じゃなかった…orz。
写真を撮っていなくても、たぶん間に合わなかったと思うのですが・・・。






とりあえず駅から出ました。


1208010629_convert_20120913165133.jpg




タクシーで茶内駅に戻るとなると、、たぶん数万円かかります。
バスを調べてみてもダメ。。





厚岸は3時間半時間をつぶすにしても、、車がなければどこも観光する場所には行けないような場所です。
観光地に行くバスもなし。




ちなみに、、夫が予約していたこの日のお宿はこの厚岸にあります…。
私と紺太郎だけ先に3時にチェックインしてお宿にいて、夫だけ17時30分の電車で茶内に戻って車を取りに行くか…。。
でも滞在型リゾートホテルとかではないので、宿に行っても退屈そう…。
荷物もないし。。




駅の近くにグルメで有名な道の駅があるので、
そこにとりあえず行くことにしました。
あぁ、、お昼ご飯食べちゃったんだよな~~、、なんて思いつつ。。





厚岸2時発の電車に乗って茶内に戻って、霧多布岬の灯台など見るはずだったのになぁ~~、、なんて思いつつ。。






続きます~。






お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

私信: 2009年6月に「BSおかあさんといっしょ録画」の件でfc2経由でメールをくださった「群馬県高崎市にお住まいの長○、M様」、
メールを送らせていただきましたら、あて先不明で戻ってきてしまいました。
こちらを読んで、もしお心あたりのある方いらっしゃいましたら、鍵コメでいいですので、コメントをお願いします^^

テーマ : 北海道旅行
ジャンル : 旅行

北海道旅行その18、霧多布湿原&湿原センター

<2012年8月1日 7才3カ月>





8月1日(水曜日)北海道旅行4日目霧多布のお宿を出発した続きです(こちら)。






お宿のすぐ近くの琵琶瀬(びわせ)展望台によります。
しかし、、霧で何にも見えませ~~~ん。



1208010542_convert_20120910234441.jpg



本来なら陸地側は霧多布湿原、海側は広大な太平洋が望めるはずなのですが…。
残念です。




霧多布湿原の琵琶瀬木道を散策することにしました。


1208010551_convert_20120912214505.jpg



1208010545_convert_20120912213705.jpg





↑右下のカメラはNHKのお天気カメラです。




ここに小さな喫茶店(交流所)があったのですが、そこで映画「ハナミズキ」のポスターを発見。



P1080324_convert_20120914075715.jpg


1208010550_convert_20120912213742.jpg







2年前に見たのですが(こちら)、
「そうか!あの映画は、霧多布が舞台だったんだ~~~!」と思い出しました。
映画に出てきたあの(霧多布岬の)灯台にも午後に行くつもりでしたので、嬉しいです。
「そうか、あの灯台か。霧だけど、見えるかな~?」とワクワクしました。





予告編です。








木道を歩いていきます。
色々な花が咲いていました。
(撮り損ねましたが)シカがいました。



1208010555_convert_20120912214553.jpg






7、8分歩いてテラスに到着です。
運がよければ川の所でツルが見られるそうですが、この日はいなくて残念でした。



1208010564_convert_20120912214823.jpg




来た道を戻ります。
紺太郎、、何だか楽しそうです…。

1208010570_convert_20120912214931.jpg





最初は小雨が降っていたのですが、段々やんできてよかったです。



1208010572_convert_20120912215053.jpg




ハナショウブがキレイでした。


1208010574_convert_20120912213921.jpg







続きまして、車を少し走らせて霧多布湿原センターへ行きます。



P1080331_convert_20120914080845.jpg





センター前からの景色です。


1208010581_convert_20120912214001.jpg


1208010582_convert_20120912215204.jpg







センターのトイレの「そなえつけの紙以外は流さないでください」のお決まりのフレーズの絵がツルでした(笑)。


1208010584_convert_20120912214057.jpg




話はそれますが、、
私はこのフレーズは何度も見たことがありますし、
何も疑問をもったことがないのですが、
先日ネット上でどなたかが突っ込んでいました。
「本来のトイレの目的を果たせない…」と。
トイレットペーパー以外を流せないなら、出たものが流せなくて困る、、、ということです。
なるへそ、、、と思いました。




湿原センターでは、「木のおもちゃであそぼう」という展示をしていて、
紺太郎がはまりました。。



1208010592_convert_20120912214246.jpg



1208010585_convert_20120912214133.jpg


P1080326_convert_20120914075832.jpg




うけています。


1208010588_convert_20120912214208.jpg




しばらく遊んでいました。
こちらの木のおもちゃの作者は北海道在住の作家さんたちです。
聞く所によると、漁師をなさっている方や、元教師の方などが作ったそうです。




世界に出しても通用するような素敵な作品ばかりだったので、
本業が漁師さん(杉沢好紀さん)の方もいる、、と聞いて驚きました。


1208010591_convert_20120912221318.jpg




湿原に関する展示や写真展なども行われていました。


1208010586_convert_20120912214338.jpg





センターを後にします。





続きます~。



お付き合いくださって、ありがとうございました。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

私信: 2009年6月に「BSおかあさんといっしょ録画」の件でfc2経由でメールをくださった「群馬県高崎市にお住まいの長○、M様」、
メールを送らせていただきましたら、あて先不明で戻ってきてしまいました。
こちらを読んで、もしお心あたりのある方いらっしゃいましたら、鍵コメでいいですので、コメントをお願いします^^

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

北海道旅行その17、花咲線の続き、と霧多布の宿

<2012年7月31日、8月1日 7才3カ月>





7月31日(火曜日)北海道旅行3日目落石岬を散策した続きです(こちら)。





この日のお宿は霧多布(きりたっぷ)にあります。



map_shitsugen.png
(画像は霧多布湿原センターより)








車で宿へ向う途中に、通り道にある花咲線(根室線)の駅に寄っていきます。



根室駅から落石駅まではすでに行っています(こちら)。



CAO3K549.jpg


(↑の画像はこちら↓の本からです。)

「歴史でめぐる鉄道全路線路線別地図帳 no.6 東北・北海道 (朝日オリジナル) [ムック] 」







次は別当賀(べっとが)駅です。



1207310511_convert_20120908002102.jpg


1207310512_convert_20120908002131.jpg



1207310513_convert_20120908002204.jpg


1207310515_convert_20120908002231.jpg






散歩中の犬がいました。
「ブルちゃん」です。



1207310516_convert_20120908002301.jpg




おばさんいわく、「犬がこの駅を歩きたがる」そうで、
別当賀駅が、「ブルちゃんの散歩道」だそうです。


1207310518_convert_20120908002329.jpg






紺太郎はたまに北海道のパソコンの写真を「スライドショーでみたい」と言うことがあるのですが、
見ていると必ず↑この写真の所で、
「あ、ブルちゃん!」とつぶやきます(笑)。
別当賀のブルちゃん、、、元気かな~?





初田牛(はったうし)駅です。



1207310522_convert_20120910233747.jpg





トイレを我慢しているみたいです(苦笑)。


1207310524_convert_20120912112537.jpg






↑で夫が駅舎の中で撮っていたのは時刻表のようです。



P1080306_convert_20120912113153.jpg





車を進めていくと、霧だらけです。。
霧多布は「霧が多いと書くんだよな~、、」なんて思いつつ。。



1207310525_convert_20120910233821.jpg





たまに霧がかかっていない場所もありました。



1207310527_convert_20120910233851.jpg





お宿は樺のんです。(撮影は次の日の朝です。)


1208010541_convert_20120910234359.jpg




とてもキレイで、どこも気がゆきとどいています。
宿泊部屋は3部屋です。
私はズボラで掃除が苦手ですが、
きちんとした性格がお部屋や家に出るんだな~~、と思いました。






1207310529_convert_20120910233926.jpg




↑でも私は天井に何回も頭をぶつけました(笑)。



夕飯です。
いくらがたっぷりです。
お昼に「いくら丼 1000円」を食べようかと迷いましたが、食べなくてよかったです。



1207310532_convert_20120910233956.jpg




とても美味しかったのですが、おかずが多くて私は食べ切れませんでした。
さんまの横のアルミホイルの中は鮭です。



子ども用夕食です。


1207310533_convert_20120910234025.jpg



おいてあったガイドブックです。
旅行前に近所の大きな本屋さんに行った時にはなかったので、「こういうのがあるんだ~」と感心しました。


「ひがし北海道」

1207310536_convert_20120910234101.jpg



 



夜に紺太郎があることで愚図ったのですが、
宿の奥様がサイコロキャラメルをくださって、収まりました。。
その節はご迷惑をおかけしました…。
ありがとうございました。





8月1日(水曜日)、旅行の4日目の朝です。




朝食です。
パンがホワホワでした。


1208010537_convert_20120910234138.jpg




他の宿泊客の方と楽しいおしゃべりができました。




朝からパパと将棋です。


1208010539_convert_20120910234308.jpg




宿を出発します。



続きます。




お付き合いくださってありがとうございました。



にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

私信: 2009年6月に「BSおかあさんといっしょ録画」の件でfc2経由でメールをくださった「群馬県高崎市にお住まいの長○、M様」、
メールを送らせていただきましたら、あて先不明で戻ってきてしまいました。
こちらを読んで、もしお心あたりのある方いらっしゃいましたら、鍵コメでいいですので、コメントをお願いします^^

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

北海道旅行その16、落石岬の散策

<2012年7月31日 7才3カ月>





7月31日(火曜日)北海道旅行3日目花咲線(根室線)の落石駅へ行った続きです(こちら)。




風蓮湖のお宿のご主人(こちら)のお勧めの中の1つだったので、落石岬を散策することにしました。



大きな地図で見る







車を停めて歩きます。
シカがいました。


1207310488_convert_20120908001613.jpg




こんな原っぱを通り抜けると、


1207310491_convert_20120908001640.jpg






エゾマツの林があります。
このあたりから落石湿原になるようです。




1207310494_convert_20120908001707.jpg




木道を歩きます。


1207310496_convert_20120908001736.jpg

1207310498_convert_20120908001806.jpg


P1080284_convert_20120908002431.jpg



また原っぱのような所を歩き、


1207310499_convert_20120908001834.jpg


P1080288_convert_20120908002520.jpg




また林です。


1207310501_convert_20120908001910.jpg





岬にでました。
車を停めた場所から徒歩約20分で着きました。


1207310502_convert_20120908001939.jpg





でもで何も見れません。。。




P1080291_convert_20120908002610.jpg





本来なら、、、こんな灯台があるはずなのですが…。



240px-Cape_Otiisi_2009.jpg

(画像はWikiより)





この向こうに海が見えるはず…。
波の音が聞こえました。
写真はありませんが、シカが3頭いました。
シカが急に現れた私に驚いて「ケーン!」と鳴いて逃げていきました。


1207310505_convert_20120908002004.jpg




霧がなければこんな感じ??


middle_1272605268.jpg



middle_1272604719.jpg
(画像は根室市観光協会のブログより、季節は違うようです。)



残念です…。




ちょっと散策したのですが、元の道を戻ることにしました。


1207310507_convert_20120908002034.jpg





その日のお宿のことはまた後で書くつもりなのですが、
お宿帳のノートに紺太郎はこんなことを書いていました。


「みさきまで これないのが くやしかったです。
かえりみち きりがふかくなって こわかったです。」




1208010540_convert_20120908002653.jpg



続きます~。






お付き合いくださってありがとうございました。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

私信: 2009年6月に「BSおかあさんといっしょ録画」の件でfc2経由でメールをくださった「群馬県高崎市にお住まいの長○、M様」、
メールを送らせていただきましたら、あて先不明で戻ってきてしまいました。
こちらを読んで、もしお心あたりのある方いらっしゃいましたら、鍵コメでいいですので、コメントをお願いします^^

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

子どもを傷つける親 癒す親~鈴木秀子

<2012年9月上旬 >



私が読んだ本の記録です。




「子どもを傷つける親 癒す親―シスター鈴木秀子の親と子の愛の絆12のステージ  鈴木 秀子 」です。









こちらのシスターの鈴木秀子さんはは東京大学の大学院修士課程終了、スタンフォード大学で教鞭、現在聖心女子大学教授と、学歴と経歴がすごい方なのですが、
読んだ後に知ったのですが、私がたま~に受けているベルセミナー(文学療法)の開発者だと知って驚きました。
あとエニアグラムというのを詳しく知らないのですが、
エニアグラム学会の設立に尽力したお方だそうです。




親子関係のセラピストとしてもご活躍で、
本の中では問題のあった子のさまざまなケース(不登校、家庭内暴力、自傷行為etc)を紹介しています。
「世間体などを気にして、子どもを親の理想にしたてあげようとする」弊害などが書かれていました。
解決策として親業とアドラー心理学の子育てをミックスしたような内容になっています。
自分探しの12のワークなども入っています。
キリスト教的思考を受け入れられる方にはとてもいい本だと思います。



その中での、私の勝手なメモ書きです。



***



中学生の男の子(和夫くん)が、あることがあってムシャクシャして、
生きているカマキリの手足を部屋でもいでいた時に、お父さんが入ってきたときのことです。



もし皆さんのお子さんがそんなことをしているのを見たら、
どんなことを言いますか?



もし、私だったら、
びっくりして、
「なにやってるの!?かわいそうでしょう!!
もしあなたが理由もなくそんなことされたらどんな気持ちになる?
やめなさい!」
と怒ってまくしたてると思うのですが、、



そのお父さんは↓こんなことを言っていました。


子育てに正解はありませんし、
これが正解というわけではなりません。
でも、「ああ、なるほど。こういう言い方をされたら子どももいいかも、、」と思ったのでメモ書きです。





「和夫、人間には誰にもそういう残酷な面があるんだよね。
お父さんだって会社の中でむしゃくしゃしたとき、お前みたいにやったら、
気持ちいいだろうと思うことがあるよ。

人間は自分の中にいたたまれないぐらいもやもやがたまってくると、それを発散させてすっきりしたいために、普段は眠っている残酷な面が姿を現してくるんだよね。

人間の中にそういう残酷な面があるということを、いまのうちに、お前、気づいてよかったね。
もしも、人間は自分の中には残酷な面なんか何もないんだと、自分の残酷さに気づかないでいると、人は何をしでかすかわからない。

残酷な面があるということを知ってさえいれば、それがひょいと頭をもたげたときに、それに乗っ取られて暴力や残酷なひどい行為に突っ走らないですむ。
「ああ、俺の中にもそういう面があるんだ」ということをいち早く捉えると、「でも、これをやったらまずいぞ」という感覚が働きだすんだ。

人間はバランスをとって、本能的に自分のいちばんいい生き方をしようとするものなんだ。
だからそういう残酷さが自分の中にあることをいうことを知っていさえすれば、それが頭をもたげたときには、それに乗っ取られて、結局後で辛い思いをするより、自分をコントロールして、もっといい方法で自分の鬱積した気持ちを発散しようと本能的にバランスをとるものなんだよ。

和夫は今それに気づいてよかったね。」



和夫さんにはドアを出て行く父親の背中が大きく見えたそうです。
「私はその体験から、自分がとことん落ち込んだり、とことん偏っていったり、破滅的な力に引きずられそうになったときには、あの大きな父の背中を思い出します。
そして自分でバランスをとる力が、あのとき以来与えられていることに感謝しています」




とありました。


私は今まで人を妬んだり、恨んだりとドロドロの感情に陥ることがあると、
「見ないふり」をしたり「なかったことにする」ように誤魔化すことに躍起になったり、
もしくはただ「こんな自分はダメ」と自己嫌悪になったりしていたことが多かったような気がするのですが、
これを読んで、「受け入れてバランスをとること」の大切さを改めて思いました。



***




痴漢にあいそうにあった高校生の娘へ父親からの助言です。




もし自分だったら、、と考えるとどんな言葉を子どもにかけてあげられるか、、
なんて考えられません。。
ただ一緒になって「何もなくてよかった」とブルブル震えていると思います。




ここに書かれているお父さんの言葉も正解というわけではありません。
立派な方だと思うけど、、
自分はこんな立派なことは言えない。
でもこういうお父さんは素敵だな、、と思いました。





「覚えておきなさい。今日は何事もなくてよかった。
人間は人間として一人ひとり大切なのだが、世の中には悪い行動をする人もいる。また、いろいろな状況から悪い行動に走ってしまう人たちもいる。

けれども、男の人が、全部そういうようなことをするというわけではない。
だから人間に対する信頼を失ってはだめだ。人間はすべての人がいつも正しいことをするとは限らないということを、頭にしっかりと覚えておきなさい。と同時に人間は信頼に足る人たちだということも肝に銘じておきなさい。

一人ひとり人間としての存在が大切なんだ。けれども、いろいろな事情があったり、気がむしゃくしゃしていたりすると、よくない行動にも走りがちになる。それが人間だ。
世の中に出て行けば、よくない行動をする人にも会うことがあるだろう。
しかし、そういう行動をする人を見て、すべての男の人が全部そうだというわけではないことをはっきり覚えておくがいい。

そして、自分でしっかりと状況を判断して、自分で自分の行動に責任を持って、自分で身を守っていくということに、頭を働かせる必要がある。」






「自分で身を守っていくということ」、、伝えたいものです。





***


悲惨な家庭環境で育ったジョンは高校を出て、強盗と殺人で刑務所に入ります。
彼を立ち直らせたのはカトリックの中学・高校で朝に唱えていた3つの言葉でした。



いい言葉だと思ったので、、書き留めておきます。




「私は神様から命を与えられ、生かされている大切な存在です」
「私にはかけがえのない命があって、自分で自分を成長させる力があります。」
「私は人のために役にたつ力を、神様からいただいています。」




***

最後にもう1つ、、。
当たり前のことが書かれているのですが。。


(以下、省略あり)

母親は子どもが苦労をしないで、思う通りに人生を歩んで、いいことばかりあってほしいと思いがちです。
それは自然の願いで、誰でも人間の深いところにある願いです。
その欲は一生の間ついて回ります。
大切なことはそういう欲を自分にあることに目覚めること、その欲の振り回されないこと、それが、親の力になっていきます。

親がその欲に振り回されて、子どもが楽なように楽なように、苦労しないようにと計らい過ぎると、子どもはわがままになり、甘え過ぎ、ひ弱になっていきます。
辛いことがあると、自分の感情を抑えることができなくて、すぐに爆発したり、駄々をこねたり、勝手気ままをして、自分の欲望のままに走ろうとします。

親は、人間が思い通りにいきていくことができない現実をしっかりと把握し、人間が成長するためには、苦しいこと、失敗すること、恥しい思いをすること、負けること、かっこ悪い体験をすることが大切であることを心に刻んでおく必要があります。
子どもがそういう体験をすると、おろおろするのは子どもよりも親のほうです。親は子どもになるべくそういうようなことをさせまいとします。
そういう親の思いの囲いの中の子どもたちは、この現実にしっかりと根を張ることができません。

親が子どもにしてあげられることは、思い通りにならない苦しいこと、辛いこと、負けてしまったり、恥をさらしたり、かっこが悪かったり、お友達とうまく付き合えなかったり、先生に叱られたり、勉強ができなかったり、スポーツで成績が上がらなかったり、そのようなあらゆることや自分にとって思わしくないこと、それも人生の一部だと、親がしっかりと受けとめることです。
平然と腹を据えて、それを受けとめる度量の大きさが必要です。

思い通りにいかなくても、それは当たり前のことだと受けとめた上で、子どもにそういう辛い苦しい出来事にたいしてどういう見方をするのか、辛いからと言って、それでお終いというわけではない、起こってくる出来事に対してどういう見方をし、これからその経験をどのように活かしていくかによって将来が違ってくる、いまが常に出発点であって、起こったこと、体験したことは、皆そこから学ぶために与えられている貴重な出来事なのだということを、親が手本として教えてあげる必要があります。


そのためには、親自身そういう生き方を常に心がけて築いていく必要があるわけです。
楽をして、かっこよくて、すべてが思う通りにになるという人生が幸せでしょうか。
もしもそういう日が毎日続いたとしたら、その人たちの後にどういうことが待ち受けているでしょうか。
それは虚しさです。なぜなら人間の本性は努力して、一生懸命がんばって、何かを達成する喜びや充実感などによって支えられているからです。
親よりも、子どもは長い人生を生きていきます。
親の後に長い現実を生きていきます。子どもたちがこれから生きる世界がいまと同じということはあり得ないでしょう。
新しい局面にぶつかり、子どもが苦労しながらも、自分にとって相応しいもの、自分も周りも活かす、そういったものを選択する力を養いながら、苦しみを乗り越えて、その向こうに達成感、充足感、生きているという実感を味わう力を育ててあげること。
それが子どもに残してあげられる親の最大の遺産です。

辛いとき、思う通りにいかないときに、じっとがまんする。そういう出来事も決して無駄ではなく、失敗しても、その行為と人格はまったく違うものであり、人格はどういう行為があったにしても、決してその尊さは損なわれない。その尊さに相応しいように生き直すこと。その失敗はいまからどのように生きるかによって、いくらでも償えること。償いだけではなく、むしろ大きな恵みとして受けとめられるようなものに変えていくことができること。

親はそれを自分で理解して、教え、支えてあげる必要があります。
失敗にも耐えていく力を育てることが大切です。
負ける訓練は人生を強くします。負けることは決して悪いことではありません。それに耐えて立ち上がっていく力が鍛えられます。

負けることを知っている人は優しい人です。優しい人というのは自分の中にしっかりしたものを持っています。ですから、外に優しくなれます。

失敗してもそこで挫けてしまわない、どんな人生の荒波にも、屈辱にさえも、その波の中にくずおれてしまわないで、まっすぐに自分の目指す方向に自分らしさを発揮しながら生きていく力。そういうものを子ども時代、青少年時代に身につけておくことが大切です。







こういうことは頭では「わかっていたつもり」でいたのですが、
読んで、(この日は)改めて心に残りました。
違う日だったら、読み飛ばしていた部分かもしれません。




***




この本は図書館で借りたものです。



↓知り合いに勧められた本を図書館で予約をしたら「34人待ち」でした。
「ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと [単行本] 鎌田 洋 (著) ソフトバンククリエイティブ」







こちらの本は面白そう、、と予約したら「17人待ち」でした。


「生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント (文春新書 868) [新書]
西原 理恵子 (著)  文藝春秋」








「結婚して5年。妻がブクブク太っています」
な~んてお悩み相談があって、、答えが気になります。





今年中に読めるかな~(苦笑)?
中古を買って、売る方が早いかも…。







お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

私信: 2009年6月に「BSおかあさんといっしょ録画」の件でfc2経由でメールをくださった「群馬県高崎市にお住まいの長○、M様」、
メールを送らせていただきましたら、あて先不明で戻ってきてしまいました。
こちらを読んで、もしお心あたりのある方いらっしゃいましたら、鍵コメでいいですので、コメントをお願いします^^

テーマ : 図書館で借りた本
ジャンル : 本・雑誌

スカイツリーその2、天望回廊と夜景

<2012年9月8日 7才4ヶ月>




8日(土曜日)に紺太郎と夫と3人で行ったスカイツリーでの続きです。(こちら





フロア350(天望デッキ)でさらに上のフロア445(天望回廊)へのチケットを買って(30分待ちでした)、
エレベーターで上に上がります。
(大人1000円、中人800円、小人500円、幼児300円)




エレベーターはシースルーでした。
(天井も)



1209080042_convert_20120909225830.jpg





到着です。
巻貝のうずまきのようにグルっと廻って少しずつ上に行く形になっています。
なので床が少し坂になっています。


1209080049_convert_20120909225857.jpg








景色はフロア350(天望デッキ)とそんなに変わらないような気がしました。



1209080052_convert_20120909225927.jpg




下の天望デッキが見えます。


1209080056_convert_20120910100653.jpg







天望回廊にもフォトコーナーがあり、
ここがスポットになっていました。
下の窓に人がいて、ガラス越しに写真を撮る形です。



1209080054_convert_20120909230011.jpg


↑隅田川でジェットスキーのようなものが行われていました。




こちらが「ソラカラポイント」と言って、最高到達点451.2mの場所になります。


1209080074_convert_20120909230044.jpg







またエレベーターに乗って天望デッキ(フロア345)へ戻ります。
夫がもっと展望回廊にいたいというので、先に戻ってきたのですが、
待っている時間がもったいなかったので、
お土産ショップに入ります。
ここでしか買えない限定商品があるようです。
入るのにも少し並びました。



1209080081_convert_20120909230124.jpg







限定商品ではありませんが、ここでスカイツリーの絵葉書を2枚買いました。
(次の日に義両親と私の母に紺太郎はハガキを書いていました。)




フロア350へ行くと、夕暮れの東京です。
この日、初めて富士山が見えました。



1209080090_convert_20120909230202.jpg


1209080097_convert_20120909230235.jpg





パネルがあり、東京の地下鉄の場所がわかるので、
電車好きの紺太郎ははまっていました。


1209080102_convert_20120909230305.jpg





ここで6時過ぎで、帰ろうかと思ったのですが、
もう少し待てば夜景が見られるので、もう少しいることにしました。



6時30分を過ぎると暗くなってきます。
ガラス張りの所です。



1209080120_convert_20120909230335.jpg





うまく撮れなかったのですが、東京タワーがライトアップされてキレイでした。


1209080124_convert_20120909230412.jpg






夜景もキレイです。
350m上がっただけで、広い東京が小さく見えるんですね。
電車で移動すると時間がかかる場所もすぐ近くに見えます。



1209080130_convert_20120909230443.jpg





そして7時前にエレベーターで5階に下りてきました。
ソラマチというショッピングモール(312店舗が入った商業施設)(水族館もあります)があります。




1209080147_convert_20120909231443.jpg




お土産屋さんで墨田区限定のバナナキャラメルと苺キャラメルを買いました(1つ150円)。


CAUISA94.jpg





夫はもっとゆっくりソラマチを見たかったようですが、
これからご飯を食べて帰って、紺太郎を寝かせる時間のことを考えると、
ゆっくりはしていられません。
夫は不満そうでした。「あなたはいつも時間ばかり気にして~」と。





ソラマチまで見る時間は考えていなかったな~。
夜景は見たかったけど、
子どもの寝る時間を考えると、夜景を見ている場合じゃなかったかも…。





考えてみれば、紺太郎の分の当日券を60分待って並んでいる間に、
夫にソラマチを見学してもらっておけばよかったです…。





さっき見つけたのですが、
ソラマチの8階にスカイツリーと一緒に撮れるフォトイベントを見つけました。
本物のスカイツリーと写真が撮れて、私達が天望デッキで買った写真の1200円よりも安い1100円で、
ここもいいな、、と思いました。



event_campaign_image_1_22.jpg
(画像はソラマチのHPより)
(イベントなので、いつまでやっているのかわかりませんが…。)






ソラマチの3階に「フードコート」があったので、そこで夕食にしました。
正式な名前は忘れましたが、こちら限定の「スカイツリーオムレツ」です。



1209080149_convert_20120909230535.jpg





考えてみると2時からずっと立ちっぱなし、、、やっとここの食事で座れました。
私達はビビンパを食べました。。




来る時は押上駅から来ましたが、
紺太郎が「帰りは「東京スカイツリー駅」(とうきょうスカイツリー線)から帰りたい」と言うので、そちらから帰ることにしました。



こんな間際からしかツリーが撮れませんでした。



1209080150_convert_20120909230612.jpg




特急「りょうもう」が来ました。


1209080153_convert_20120909230643.jpg



紺太郎はスイカ(電子カード)を使わず、わざわざ切符を買って、
記念に持って帰りました。


1209080157_convert_20120909230715.jpg








浅草でやっとスカイツリーの全体が撮れました。



1209080164_convert_20120909230843.jpg




混んでいて並んでばかりのスカイツリーで少し疲れましたが、
紺太郎も喜んでいましたし、楽しかったです。







お付き合いくださってありがとうございました。
土曜日で疲れたので日曜日(9日)は家でゆっくり過ごしました。



にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 育児

スカイツリーへ・その1、天望デッキ

<2012年9月8日 7才4ヶ月>



8日(土曜日)は夫と紺太郎と3人で東京都墨田区押上にありますスカイツリーへ行ってきました。




最寄り駅は、メトロ半蔵門線、京成線、都営浅草線、東京スカイツリー線押上駅
東京スカイツリー線とうきょうスカイツリー駅になります。




今年の4月の春休み釜山旅行をした時に、東武トラベルで申し込んだのですが、
その時の特典に「スカイツリー2名、無料でご招待」とあったので(こちら)、
この日の2時に予約をして申し込んでいたものでした。






押上駅から外に出ると、デ~ンとツリーが見えます。
もうちょっと離れないと全体が見えませんね…。



1209080002_convert_20120908232255.jpg





こんな広場が集合場所でした。




1209080004_convert_20120908232321.jpg





団体チケット(ツアーの形)をもらって、団体専用の入り口から入ります。




こんな横を通って4階までいきます。

1209080008_convert_20120909004118.jpg








そして、4階からそのままスムーズに待たずに天望デッキ(展望台、フロア350)のエレベーターに乗れる手順でした。。




が、、、
私達は大人2枚分しか無料チケットがありません。
紺太郎の分1枚は当日券を買うために並ばなければいけません。




ガ~~ン。。
60分待ちの長蛇の列です…orz。



1209080009_convert_20120908232354.jpg





きっちり60分並びました…。
つかれた~。
ちなみに(日付と時間指定の)前売りチケットだと当日券より500円高くなります。
1時間(←時間と日によって違うと思いますが)並ぶか、、500円多く払うか、、迷う所です。。




ちなみに当日券は、大人2000円、中人(12~17才)1500円、小人(6~11才)900円、幼児(4、5才)600円です。





天望デッキ、フロア350です。



1209080016_convert_20120908232529.jpg





千葉方面、



1209080013_convert_20120908232433.jpg




東京タワー方面、
(晴れすぎてモヤっていました。)


1209080014_convert_20120908232503.jpg




上野、浅草方面です。


1209080017_convert_20120908232559.jpg






天望デッキは3階に分かれていて(フロア350、フロア345、フロア340)
自由に行き来ができます。
行ったり来たりしました。




スカイツリーの影です。



1209080021_convert_20120908232631.jpg






柴又方面です。



1209080030_convert_20120908232717.jpg






みんな建物が小さく見えて、
距離的には遠い場所も、近いような錯覚です。




高級レストランもありますが(ムサシ)、リーズナブルなレストランもあります。
いい眺めをみながら食べることができます。



1209080032_convert_20120908232801.jpg




ガラス張りの上を歩くことができます。


1209080034_convert_20120908232839.jpg




スタンドカフェでアイスクリームを食べました(400円)。


1209080037_convert_20120908232913.jpg




フォトコーナーがあり、(天望デッキには2箇所)
「ご自分のカメラでも1枚お撮りします。
商品の写真は、買うか買わないか自由です」
と言うので、並んで撮りました。






すると、出来上がったものを見て紺太郎が「ほしい~!」と。
で、、、買いました…。。(1200円、、ちょっと高いです。)
でも、まあ、、いい記念になりました~。


1209080039_convert_20120908232942.jpg






そして、さらに上の天望回廊(フロア450、フロア455)へ行くには、
ここで券を買ってエレベーターに乗ります。





悩みましたが、たぶんそんなにめったには来れないと思い、
行くことにしました。








長くなったので続きます~。




お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 育児

朝顔と無常

<2012年9月4日~7日 7才4ヶ月>




北海道旅行記の途中ですが、日々のことも…。


毎月が終わるとカレンダーを破いて紺太郎にあげます。
裏にお絵かきをする為です。



最近は毎月「線路」ばかり描いているのですが、
今月もまた「線路」でした。


(写真がボケましたが・・・)



1209050002_convert_20120907222554.jpg




線路じゃなくなる月が来るのかな~。




今週は夏休み明けの最初の1週間だったので、
疲れていたのか?紺太郎は何となく怒りっぽかったです。
9月末の運動会の練習も始まりましたし、
まだ暑いですし、早く学校のペースに慣れるといいです。


月曜日と木曜日に幼稚園の同級生のTちゃん(女の子)と児童館で遊べて、
楽しかったようでよかったです。





****


ここからボヤキです…。



夏休みに家に引き取った学校の朝顔ですが、
旅行や帰省のために水遣りができないので、夫の実家に預けていました。





夫の実家から家に持って帰って、
8月の終わりの週毎日2~3個の花が咲き
毎日なんとなく心が躍っていました。
(7月に学校から持って帰ったときに3連休明けで水遣りをしていなかったので、
枯れている部分が多かったのですが(こちら)、
全部がダメになっていたのではなかったようで、それからも実家で咲いていたようです。
義両親が毎日水遣りをしてくださったおかげです~。)





花が咲く、、、って嬉しいものですね~。






ところが、9月に入ると、、全く咲かなくなってしまいました。





寂しい…。



まったく咲かなくなってしまった鉢を見て、、なんとなく私が落ち込みがちに。




私は小学1年生の子どもがいますが、高齢出産で生みましたので、
もう更年期の時期にさしかかっています。



毎月24日で規則正しくきていた月のものも、
2週間できたり、1ヶ月半もこなかったり不規則になってきました。
更年期の兆候です。




朝顔を見ていて、
「朝顔は来年も種をまけば(条件が良ければ)キレイに咲くけれど、私は、、、」
なんておセンチになってしまいました。



最近知った中国の故事ですが、


年年(ねんねん)歳歳(さいさい)花(はな)相似(あいに)たり
歳歳(さいさい)年年(ねんねん)人同じからず




という言葉を思い出してしまいました。


悠久不変の自然に対して、年とともに老いていく人間のはかなさを言っています。
毎年毎年花は同じように咲くが、それを見る人は年ごとに同じではないということです。






こちらは、「白頭を悲しむ翁に代る  劉希夷」の中にある1節です。




なんとなく自分がず~っとの若いままでいるような錯覚がありましたが、
そうじゃないんだよな、、
なんて「咲かなくなった朝顔」を見て思いました。




自分が子どもの頃に見た「おじいさん、おばあさん」は
最初から「おじいさん、おばあさん」のような気がしていたのですが…。
そうではないんですよね。




当たり前のことだけど。。




10日(月曜日)まで鉢ごと保護者が学校へ持って行くことになっていたので、
7日(金曜日)に自転車で運ぶことにしました。





1209070003_convert_20120907222619.jpg




すると、
(前日に夕立があったので、朝に水やりをしなかったので)午後に鉢を見たのですが、
朝に花が1つ咲いた形跡が・・・。
そしてその横に蕾が一つ



CAQN33LO.jpg






それを見て嬉しかったです~。
イッキに元気になりました。




単純~(笑)。





世の無常や変化も受け入れつつ、がんばんないとな~~、、。




毎日、毎日大切に過ごさなくては、、
時はアッという間に経ってしまう…、
な~んてこの1週間の日々の朝顔を見て思いました。







と、くだらないボヤキにお付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

北海道旅行その15、花咲線の駅たち

<2012年7月31日 7才3カ月>





7月31日(火曜日)北海道旅行3日目日本本土最東端・納沙布岬へ行った続きです(こちら)。





納沙布岬から西方向へ戻ります。



うちの夫と紺太郎は鉄道好きなもので、
日本最東端の駅、東根室駅へ寄ります。
無人駅です。




1207310451_convert_20120905170746.jpg


P1080223_convert_20120910100100.jpg




↑ここから階段を上がって、ホームです。


1207310453_convert_20120905170820.jpg


P1080224_convert_20120910100154.jpg







一日1方向に5、6本しか電車の本数がありません。



1207310454_convert_20120905170847.jpg






根室線(花咲線)の終点になります根室駅です。



1207310458_convert_20120905170922.jpg





線路をたどって駅の先のほうへ行くと、電車が止まっていました。
北太平洋・花と湿原号です。



1207310464_convert_20120905171307.jpg




これから車で走りながら、通り道にある花咲線の駅を1つ1つ寄っていきます…。



CAO3K549.jpg



↑の画像はこちら↓の本からです。

「歴史でめぐる鉄道全路線路線別地図帳 no.6 東北・北海道 (朝日オリジナル) [ムック] 」





花咲駅です。
電車の車両を改造した待合室があります。


1207310468_convert_20120905171342.jpg


1207310469_convert_20120905171418.jpg





ホームにはハマナスの花が咲いています。



1207310471_convert_20120905171452.jpg




西和田駅です。


1207310474_convert_20120905171523.jpg




昆布盛(こんぶもり)駅です。



P1080265_convert_20120906000604.jpg


1207310476_convert_20120905171556.jpg






落石駅で、電車が来ました。



1207310482_convert_20120905171727.jpg



1207310484_convert_20120905171757.jpg




1207310486_convert_20120905171623.jpg




この旅、この先、、ずっ~~~と鉄道がつきまといます。。
私は鉄道にはあまり興味がないのですが、、仕方ありません…。
猛暑の関東から涼しい北海道へ来られただけでハッピーでした^^





続きます。




お付き合いくださってありがとうございました。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

北海道旅行その14、納沙布岬と北方館

<2012年7月31日 7才3カ月>





7月31日(火曜日)北海道旅行3日目北海道立・北方四島交流センターへ行った続きです(こちら)。




根室半島を東へ進み納沙布岬(のさっぷみさき)をめざします。







大きな地図で見る



1207310433_convert_20120904202305.jpg





道路の一定区間ごとに、「北方領土返せ」の看板がありました。



1207310433.jpg




馬がいます。



1207310434_convert_20120904225521.jpg





タワーが見えてきました。
この先が納沙布岬です。
(タワーは工事中で入れませんでした。)



1207310435_convert_20120904202906.jpg






岬にあります、四島のかけはしと祈りの火です。




1207310450_convert_20120905004512.jpg


1207310437_convert_20120904202936.jpg





日本本土最東端納沙布岬です。


1207310440_convert_20120904203617.jpg


1207310442_convert_20120904203651.jpg






こちらの食堂でランチにカニカレーとオホーツクラーメンを食べました。
(写真は撮り忘れました。)




夫は横の方にある灯台へ1人で歩いていってきました。
夫が撮った写真です。



P1080216_convert_20120910014534.jpg


P1080210_convert_20120910014325.jpg


灯台からみた納沙布岬です。



P1080212_convert_20120910014429.jpg





そして、こちらにあります北方館&望郷の家を見学しました。




1207310444_convert_20120904204626.jpg


1207310445_convert_20120904204657.jpg


1207310446_convert_20120904204728.jpg





納沙布岬にも流氷が来るんですね。。


P1080217_convert_20120910014625.jpg





この後、少し外をまた散歩しました。
紺太郎は寒がっていました。


1207310448_convert_20120904204802.jpg





流氷テレホンボックスという、アザラシ?が乗った電話ボックスがありました。




1207310449_convert_20120904204841.jpg




ちなみに
ちなみに本土だけでなく離島もいれると、日本最東端は南鳥島(東京都)だそうです。






続きます。





お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

北海道旅行その13、北方四島交流センター

もう北海道旅行から1ヶ月もたってしまい、
旅行記も「今さら、、」という感じも書いている本人もするのですが(汗)、、
よろしかったらお付き合いください~。
膨大な写真の量をみると、、いつ終わるのか自分でも検討がつきません…。
たぶん長くなると思うので、お暇なときに、気が向いたら、お願い致します、。。



<2012年7月31日 7才3カ月>





7月31日(火曜日)北海道旅行3日目の続きです(こちら)。



風蓮湖のすぐ近くの根室市春国岱(しゅんくにたい)原生野鳥公園ネイチャーセンターへ行った後は、
北海道立・北方四島交流センターへ行きました。
(入場無料)



1207310419_convert_20120904130403.jpg



こちらの施設は、
北方領土問題の啓発、
北方四島(歯舞群島、色丹島、国後島、択捉島)に居住するロシア連邦国民との交流の促進を図る拠点施設です。





マトリョーシカの顔出しパネルです。



1207310421_convert_20120904130435.jpg






ロシア文化ルームです。


1207310423_convert_20120904130505.jpg


1207310424_convert_20120904130533.jpg






日本文化ルームです。



1207310425_convert_20120904130607.jpg




北方領土に関する展示室です。


1207310426_convert_20120904130638.jpg





択捉(えとろふ)島の模型です。



1207310427_convert_20120904130712.jpg




ロシア語講座…。


1207310428_convert_20120904130746.jpg






夫はこういう所(博物館など)に来ると、じっくりと見るタイプなので、
私達はキッズコーナーで待ちます。


1207310429_convert_20120904130819.jpg




塗り絵をして受付に見せると、、


1207310430_convert_20120904130853.jpg






この中で好きなバッチをもらえます。


1207310431_convert_20120904130938.jpg




紺太郎は26番の4島の地図の絵の物を選んでいました。



続きます~。





お付き合いくださってありがとうございます。

紺太郎が今日(9月4日)、給食試食会のお知らせを持って帰りました。
私が「別に行かなくてもいいんでしょ?」と言うと、
「是非ご参加ください、って書いてあるよ。
『給食ってこんなに美味しいんだよ』、、って伝えるためにも、
ボクからも~」
なんて言うので、「美味しくてよかったね」と笑ってしまいました。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

新学期&しまじろうの「おじぎそう」が咲きました

<2012年9月1、3日 7才4ヶ月>




9月3日(月曜日)2学期がスタートしました!




夏休み中に遅起きの習慣がついてしまっていたので、
朝起きるのが大変そうでした。




今週中にリズムを戻したいと思います。



給食は明日からで、今日はお昼に帰ってきたので、
幼稚園&小学校が一緒のTちゃん親娘とランチをして、
近所の児童館へ遊びに行きました。




ババ抜きです。。(笑)



1209030002_convert_20120903172558.jpg



↑このトランプは大きくて、小さい子にはいいと思います。







楽しい午後を過ごしたようでよかったです。




********


時間はさかのぼりますが、1日(土曜日)にしまじろうの「おじぎそう」が咲きました~!





1209010011_convert_20120903172707.jpg



しまじろう(年長)の付録だったのですが、
去年は枯れさせてしまい(こちら)、
予備の種を今年に植えていました。(こちら



夏休みに旅行や帰省で長く家を空けるために、
水遣りができないので、
夫の実家に「おじぎそう」(&学校の朝顔)を持っていっていました。



夫の実家では植え替えなどをして、鉢が大きくなったので、
持って帰らず夫の実家に置きっぱなしになっているのですが、種が余ったのをベランダの鉢に植えていたら、枯れずに生き残りました。




去年のリベンジができてよかったです~!



1209010010_convert_20120903172642.jpg


おじぎそうって、こういう花が咲くとは知りませんでした・・・。



去年は途中で枯れたので、おじぎそうにトゲがあるのも知りませんでした。


1209010001_convert_20120904195202.jpg




ちなみに、学校の朝顔の種が余ったのを私がベランダに植えていたのは枯れてしまいました。



ゼラニウムと百日草とこのおじぎそう以外は鉢植えは帰省から帰ると、
ほぼ全滅でした…。
小菊など蕾ができていたのに、枯れてしまって可哀相でした…。




夏休みに新しい花を植えたのですが、
今度は枯らさないようにしたいと思います。





お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

ゆうぞうしょうこのファンタジーコンサート2012

<2012年9月2日 7才4ヶ月>



9月2日(日曜日)は和光市文化会館で行われた
「ゆうぞう&しょうこのファンタジーコンサート」へ紺太郎と二人で行ってきました。





1209020002_convert_20120902181001.jpg







昨日の1日(土曜日)成田の公演
2012年度版のファンタジーコンサート」の幕開けになります。
毎年ずっと続いて欲しいです。



今井ゆうぞうさん&はいだしょうこ
さんは、
2003年4月 - 2008年3月までの「おかあさんといっしょ」の歌のお兄さん、お姉さんで
私は今井ゆうぞうさんのファンです…。





「おかいつ」を卒業してからもう4年もたったんですねぇ。。(しみじみ)
時が流れるのは早いものです。


ゲストは前の体操のお姉さんの「いとうまゆ」さんでした。




実はファンと言っても、
「今年度のコンサートがある」、、、と知ったのはつい数日前のことでした。
オークションで券が安く出ていたので、思わずポチりしてしまいました。。



コンサートは楽しかったです~。


席は後ろの方だったのですが、端っこで、
舞台から下りてきたゆうぞうさんと2回もハイタッチができました^^
(1人で行くと、恥しくて手が出せないのですが、今回は紺太郎が一緒だったので、
手が出せました。)



紺太郎も喜んでいました。



ゆうぞうさんは、相変わらずいい匂いがしました~。


以下は曲目です。




これから行かれる方で、ネタバレがおイヤな方はスルーしてください。
(もちろん興味のない方も。。)










ネタバレの曲目です。


ぼよよん行進曲
きみにあいたくて
アイアイ
さんぽ(となりのトトロより)
なんじゃもんじゃにんじゃ
だれにだって誕生日
バスにのって
ニャニュニョのてんきよほう
ざりがにロックンロール
わっしょい

まゆお姉さんのコーナー
(みんなのえんそうかい  へんしんロボット★マックス)



シアワセ
ずんずんあるいて
ぼくらのうた(←曲順は?です)
ブラブラせいじん
ドンスカパンパンおうえんだん
いちばんぼしのプレゼント
バイバイバイ

<アンコール>
ありがとうと言おう





今回はお二人のソロがなかったので残念でした。
あと、子ども向けの手遊び曲のようなものが多くて、
しっとりと聞くものが前より少なかったかも。。





でも、楽しかったです!
いつか「君に会えたから」を聞きたいなぁ…。



*****


帰ってからは宿題の仕上げをしました。


作文、ポスター、読書感想文などの中から1つ選ぶ自由課題のものは、
夏休みの最初に作った短歌でごまかそうかと思ったのですが、
ポスターを書く」というので、紙を買ってきました。




1209020009_convert_20120902181215.jpg




(最後の日にですが、)がんばって全部終わらせました~!
明日から新学期です!





お付き合いくださってありがとうございました。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 育児

国立極地研究所、南極・北極科学館

<2012年9月1日 7才4ヶ月>



9月1日(土曜日)は夫と紺太郎と3人で立川市にあります、国立極地研究所、南極・北極科学館へ行ってきました。





最寄り駅はJR立川駅でそこからバスになります。
(入場無料)




南極は日本の面積の37倍あり、雪で覆われた高さ(氷の厚さ)は富士山より高い4000mを超えるそうです。



1209010012_convert_20120901225532.jpg





南極の氷です。


1209010014_convert_20120901225602.jpg






南極観測隊員の格好ができます。
とても温かかったです。


1209010017_convert_20120901225633.jpg



夏用です。


1209010022_convert_20120901234744.jpg


(↑大人用しかないので、ブカブカです。)


南極にいる動物達です。


1209010026_convert_20120901225708.jpg





12分ほどのオーロラシアターがありました。


1209010028_convert_20120901225737.jpg




雪上車です。


1209010031_convert_20120901225844.jpg




雪上車の中です。



1209010030_convert_20120901225812.jpg





南極にはガソリンスタンドなんてありませんので、
手動で給油します。



1209010032_convert_20120901231255.jpg





宗谷などの観測船の模型です。




1209010033_convert_20120901225919.jpg




隊員の個室を再現したものです。
ミサワホームさんが提供しているそうです。
床暖房でとても暖かいそうです。
このベット、、、欲しい~(笑)。



1209010034_convert_20120901235631.jpg




昭和基地の模型です。





1209010035_convert_20120901225952.jpg



↑施設の川久保さん(広報室長)という方が色々と詳しく説明してくださりました。




それぞれの建物は雪の吹き溜まりができないように建てられているのですが、
水は雪を溶かして作るので、貯水地の場所はわざと雪がたまるように建物が建てられているとか。。



1209010036_convert_20120901230023.jpg


↑丸い緑色のものが貯水池です。




とても詳しく話してくださるので、聞いて見ると「4回南極に行かれたことがある」そうです。
南極のオーロラも何度も見たことがあり、「きれいだった」そうです。



毎日がとても忙しかったそうです。



その他、映画の「南極料理人」の話や、木村拓哉主演の「南極大陸」のドラマの中のある矛盾点を詳しく説明してくださりました。


 




南極の豆知識を紺太郎にクイズ形式で出してくれたりもしました。
その他のお話もとても楽しかったです。
ありがとうございました!
(紺太郎はアンケートにも「おじさんの説明がおもしろかった」なんて書いていました。)




ちなみにこの川久保さん、9月26日(水曜日)のBS朝日南極日和(夜10:54~11:00)に出演なさるそうです。
我が家はBSが映らないので、、残念…。
しかし、こういう番組があるのを知りませんでした。







そんなに大きくはないのですが、ビデオ映像や展示品がとても楽しい科学館でした!



1209010042_convert_20120901230051.jpg




夏休みもあと1日です!






お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 育児

お台場のレゴランド・ディスカバリー・センター

<2012年8月31日 7才4ヶ月>



31日(金曜日)お台場にありますレゴランド・ディスカバリー・センターへ行ってきました。





最寄り駅はゆりかもめ、お台場海浜公園駅より徒歩2分、りんかい線東京テレポート駅から徒歩5分です。






お台場は景色がよくて気分が高揚します。


1208310001_convert_20120831232010.jpg






ランチは紺太郎が生春巻きを食べたいというので、モンスーンカフェという所でエスニック料理にしました。




1208310003_convert_20120831232109.jpg



↑手前の方は、フォー(食べ放題)とドリンクバー、生春巻き、から揚げがついて780円でリーズナブルです。
フォーは自分でトッピングができるのですが、パクチー好きなので、
沢山トッピングができて美味しかったです。





レゴランド・ディスカバリー・センターは、300万個を超えるレゴブロックで飾られた屋内アトラクションで今年6月にオープンしました。
こういう施設ができたのはチラっと聞いていました。
でも頭の中に「行く」という選択は全然なかったのですが、
前の日の夜中に「明日はどうしようかな…」と考えていた時にネットで見つけ、
紺太郎はレゴが好きですし楽しそうなので、
ネットで前売りを買いました。



オンライン前売りチケットですと入場は1500円になります。
当日ですと1人2000円になりますが、
ペアチケットですと3200円ですので、200円しか割引になりません。。
ちなみに16時以降の入場ですとオンライン前売りで1300円で買えるようです。
(閉園21時)



13時30分~14時の入場の回を予約できました。(それより前は満員でした。)
入り口横のレゴショップです。



1208310007_convert_20120831232147.jpg





入り口のエレベーターを待つ場所です。
紺太郎はすごくワクワクしていて嬉しそうでした。

1208310008_convert_20120831232218.jpg







入りますと、レゴでできた町があります。


1208310012_convert_20120831232250.jpg


1208310016_convert_20120831232322.jpg





最初に4Dシネマを見ることにしました。


1208310023_convert_20120831232431.jpg




30分待ちだったので、私が並んで紺太郎はアスレチックで遊びます。


1208310021_convert_20120831232354.jpg




シアター前に↓こういうレゴプールもあるので、
大人が並んでいる間、子どもは遊びながらも待てます。

1208310025_convert_20120831232502.jpg



こういうレゴプールは施設内に何箇所もあるので、いくらでもレゴで遊べます。
小さい子用の(大きい)デュプロのコーナーもあります。




シネマは15分でしたが、
3D映像プラス風が吹いたり、霧がかかってきたりと面白かったです。


1208310026_convert_20120901001425.jpg




次にシューティングゲームのライドに乗りました。


1208310029_convert_20120831232535.jpg





次にレゴレーサー、ビルド&テストゾーンに行きました。


車を作って、


1208310035_convert_20120831232623.jpg




速さを競うレースができます。


1208310036_convert_20120831232658.jpg




楽しかったようで、
ここで2時間近く遊んでいました。
男の子はこういうのが好きですね~。



1208310050_convert_20120831232732.jpg




車に段々装飾が増えて、


1208310061_convert_20120831232813.jpg




派手になってきます。


1208310063_convert_20120831232846.jpg




しかし色々ゴチャゴチャつけるとすぐに壊れるし、遅くなることがわかったらしく、
最後はとてもシンプルになっていて、笑ってしまいました。


1208310078_convert_20120831232920.jpg





次に17時からのワークショップです。
これが人気で、1時半過ぎに施設に入ったのですが、
17時まで予約の空きがありませんでした。


1208310080_convert_20120831232954.jpg






3時間以上も時間つぶせるかな?と心配でしたが、
全然大丈夫でした。



教えていただいたのはオウムです。



1208310107_convert_20120831233027.jpg




うまく作れました。


1208310109_convert_20120831233101.jpg






そして、思いっきりアスレチックで遊びました。
パーティルームもあるようで、こういうアスレチックがあるとお誕生会などにいいですね。



1208310115_convert_20120831233139.jpg





1時間近く走り回っていました。





施設を後にします。
とても楽しかったようで、
特にレゴ好きの男の子にはお勧めです!




出口にはお土産のレゴショップがあります。



1208310124_convert_20120831233548.jpg




今年の夏に広島の母にはレゴを買ってもらっていました。







でも最近は、、LaQの方が好きなようですが。。
(↓これも母に買ってもらいました。)










ゆりかもめの駅でポスターを見つけたのですが、
すぐ近くにはソニー・エクスプローラー・サイエンスという所もあって楽しそうです。
今度行ってみたいです。
(追記:2012年12月に行きました(こちら))



1208310002_convert_20120831232043.jpg


1208310129_convert_20120831233249.jpg





他にもお台場には楽しそうな場所が色々あるんですね~。



1208310125_convert_20120901001458.jpg






お台場の夕暮れはキレイでした~。


1208310128_convert_20120831233215.jpg










お付き合いくださってありがとうございました。


にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
にほんブログ村

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 育児

プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード