息子の頭の匂いは、、

<2012年5月23日 7才0ヶ月>



勝手な自分の記録です。



小学校から帰った紺太郎(7才)の頭の匂いをかいで見たら、、






子どもの頃に飼っていた小鳥の匂いにそっくり~!



懐かしくて頭に顔をうずめて何度もかいでしまいました。




汗をかいた後にそうなるみたいです。




いい匂いです~



この子も40をすぎれば、、
家族に「パパ、汗くさい~!」とか言われるようになると思うのですが…(苦笑)。




男の子だけなのかな~?
女の子はどうなんでしょう・・・。



あ、うちだけなのかな???




かかせてもらえるうちは、
しばらくこの匂いを楽しみたいと思います!




めずらしく今日は文章を短くしてみました^^。
遊びに来てくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

群馬旅行その7、前橋駅で誕生日プレゼント?

<2012年5月5日 7才0ヶ月>



GW・5月5日(土曜日)、夫と紺太郎の3人の群馬旅行、の続きです(その6はこちらです)。
今回で旅行記は終わりです。




赤城高原クローネンベルク「ドイツ村」を後にします。




前もって電話して予約していた「ふるさとバス」に5時40分に乗り込み、
上毛電気鉄道の大胡駅(おおごえき)まで連れて行ってもらいました。
電話027-283-3122 赤城タクシー、事前に電話して乗車場所と降車場所を言って予約します。)



バスと言っても、見た目は普通のワゴン車です。
(大胡駅に着いて、紺太郎が切符を無くしてゴネていた時にワゴン車が発車するのを見ていました。)


バスというよりタクシーみたいな感覚があったので、
一人1000円くらいかかるのかな?と思い込んででいたのですが、
料金が大人200円、子ども100円だと下りる時に知って「安さ」に驚きました。



こんなことなら、、
行きの大胡駅~フラワーパーク、
フラワーパーク~ドイツ村の移動に、
この「ふるさとバス」を最初から使っていたらよかったのに、、と思いました。




まあ朝は渋滞していましたが…。





今度また遊びに行く時は、絶対この「ふるさとバス」を最初から使うぞ~。




大胡駅から前橋まわり桐生まわりで帰るか迷ったのですが、
夫がスマフォで早いほうを調べてくれて、
前橋まわりで帰ることを決めました。



上毛電気鉄道の中央前橋駅に戻ります。
JRの前橋駅までこんなレトロなシャトルバスで移動します。
徒歩だと15分かかります。
(ホテルは中央前橋駅とJR前橋駅の中間地点にありました。)


1205050293_convert_20120529115052.jpg





前橋駅に着いて、電車の時間まで約30分ありました。



お土産屋さんがあったので、
「見てもいい?」と夫に断って入りました。



紺太郎が「名前入りご当地ハンドタオル」を見つけて欲しがります。(630円)
「○○ちゃん」と大きく名前が入って、群馬の名物のものの絵が描いてあります。
今まで福島、秋田、宮島水族館で買ったマリンアニマル版の3つを持っています。



「もう持っているでしょ?」
「もう小学生だから子どもっぽいよ~」
と言っても、、



「ほしい~!」
「あつめているの~」
とゴネます。




夫も「ダメ!」と言っています。



諦めさせるつもりで、
「じゃあ、お誕生日プレゼント、これでいい?」と聞くと、
「いい~」というので、、



7才のお誕生日プレゼントはこれに決まりました(笑)。
(夫も誕生日プレゼントならいいと了解してくれました。)



1205050294_convert_20120529131352.jpg


gu021_b_convert_20120529135836.jpg
(画像はナグモより。←こちらで購入できます。)




ずっとビックプラレールと、プラレールアドバンス(プラレールの線路に並んで2台走ることができる小型のプラレール)、、どちらにしようか迷っていたのに…(笑)。


 




そんなに欲しかったのかな?
このタオル…(苦笑)。




夫は私がお土産屋さんに入っている間に、
駅前にラーメン屋を見つけていてそこで30分で夕飯を食べようと思っていたそうなのですが、
こんなことをしてあまり時間がなくなってしまいました。



「お前が「お土産見たい」なんて言うから~!」
「こんな所で時間つぶして!」
「餃子食べたかった!」
と怒っていました。



すみませんね~。


しかし、この短い時間でラーメン&餃子を注文して
食べる、、というのは無理があるような・・・。
しかも子連れ。。
熱いの食べるのに時間かかるでしょ…。
走って慌てて「かけ込み乗車」するのはイヤだし。。



まあ、いつも「食べる」ということを考えてくれない彼が、
「食べること」を考えてくれただけで喜ばしいことなのですが・・・。






結局夕飯は紺太郎と夫がロッテリア、私はコンビニでおにぎり弁当を買い、
待合室ですませました。。



そして無事に家に帰ってきました~。



最初にエピローグこちら)があったので、プロローグも一応…。



今回の旅、
色々夫婦で各自が「こうしよう」と思っていたことと、相手の思惑が違ってぶつかることも多々ありましたが、
とっても楽しかったです。



いつも母子で行動していることが多いのですが、
やっぱり3人で一緒に時間を過ごすといいものです。


子どもと私一人だと、「自分の考えたとおりに行動できる」ので楽なところもありますが…。




紺太郎も「楽しかった~!」と言っていてよかったです。
いい「こどもの日」が過ごせました。
夫よ、ありがとう。



紺太郎は「思い出ノート」にこんなことを書いていました。
(買ってスタンプを押してもらった切符を貼って)



1205290190_convert_20120529121337.jpg



紺太郎が
2かいめにかったきっぷ


このきっぷはぐんまにいったときにつかいました。
ぐんまで2回もきっぷをおとしてしまいました。





(ミニSLと上毛電気鉄道で、)
切符を2回落としたことを気にしていたんだ~、、と笑ってしまいました。





ホント、どうでもいいこと満載の旅行記に付き合ってくださった方、
ありがとうございました~!




いつかめがね橋付近散策のリベンジをしたいです!







ありがとうございました!

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

群馬旅行その6、赤城高原クローネンベルグ・ドイツ村

<2012年5月5日 7才0ヶ月>



GW・5月5日(土曜日)、夫と紺太郎の3人の群馬旅行、の続きです(その5はこちらです)。




赤城高原クローネンベルク「ドイツ村」に入ります。
(入場大人1000円、子ども500円です。
私達はフラワーパークとの共通券1200円(大人)を買っていました。)



1205050217_convert_20120527151633.jpg





入り口付近はお土産屋さんや飲食の屋台などが集まっています。
イベントで歌っている人もいました。



1205050218_convert_20120527151716.jpg




3時半から羊の毛刈りショーがあるので、奥の牧場へ行きます。



1205050220_convert_20120527151753.jpg





暑かったので、
紺太郎はカキ氷、私達はビールとソーセージをいただきました。



1205050221_convert_20120527151825.jpg




ソーセージは(写真は3つしかありませんが)小さいのが4つ違う味でとても美味しかったです~。






牧羊犬が羊を追い込むパフォーマンスの後、
羊の毛刈りが始まります。

羊がちょこんと座っていてかわいいです。



1205050227_convert_20120527151908.jpg




こんな近くから見られます。





1205050230_convert_20120527151954.jpg




子どもの遊び場エリアへ行きます。
池にボートがあり、紺太郎はボートに乗りたがりましたが、
すごい行列なので諦めさせました。


1205050232_convert_20120527152045.jpg




「コレ、乗りたい~」と…。


1205050234_convert_20120527152130.jpg




アルパカがいます。
かわい~。


1205050241_convert_20120527152212.jpg




草をあげるのにおっかなびっくりでした。


1205050243_convert_20120527152300.jpg





でも楽しかったようです。


1205050246_convert_20120527152342.jpg





ゴーカートに乗ります。(700円)


1205050253_convert_20120527152421.jpg


1205050254_convert_20120527152454.jpg






紺太郎、、、これがよっぽど楽しかったようで、
「どこかゴーカートに乗りに行きたい!」と家に帰ってからズッーと言っています。



おもしろ自転車もあります。
時間の関係で割愛。。


1205050255_convert_20120527152538.jpg




「のりたい~!」とポニーに乗ります。(300円)

1205050259_convert_20120527152615.jpg





入り口方面に戻ります。
下り坂なのですが、紺太郎は後ろ向きに歩いて下っています。
奥に住宅地が見えます。


1205050262_convert_20120527152655.jpg




芝そりです。(20分300円)
紺太郎は何度も何度も上って楽しんでいました。



1205050269_convert_20120527152746.jpg


1205050279_convert_20120527152816.jpg




私は最初そりは夫にまかせて入り口付近のお土産屋さんを物色しました。
バームクーヘンやソーセージなど売っていてソーセージを買おうか迷いましたが、レジが混んでいたのでやめました。。




入り口方面にみんなで戻ります。
紺太郎は穴あき看板が好きです。


1205050281_convert_20120527152857.jpg




必ずやるんですよね。
今度コレクションでも作ろうかしら…。
(ちょっと前にテレビに日本中の穴あき看板の自分の顔出し写真をあつめているおじさんが出ていました。)


1205050288_convert_20120527152938.jpg






「食べる~」と紺太郎がソーセージを食べます。



1205050292_convert_20120527153029.jpg


少しもらったら、やっぱり美味しかったです。
(とても美味しかったのを写真で見て思い出して、
この日記を書いた日(5/27)の夕食はソーセージが恋しくて夕飯にソーセージを買ってきました。)



ここで5時30分です。
「ふるさとバス」の予約が5時40分なので園を出ます。




楽しかったです~。



続きます。
次回で終わりです。




お付き合いくださってありがとうございました。


にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

群馬旅行その5、赤城高原をテクテク…&足湯

<2012年5月5日 7才0ヶ月>



GW・5月5日(土曜日)、夫と紺太郎の3人の群馬旅行、の続きです(その4はこちらです)。



ぐんまフラワーパークを出て、
次の目的地は赤城高原クローネンベルク「ドイツ村」です。



大胡駅からフラワーパークまで乗ったタクシーの運転手さんが、
「タクシーを呼ぶときは北口で」と言っていました。



正面ゲートの方は(駅方面から続く)車の渋滞がスゴイのです。




北口からレシートを見てタクシーに電話すると、、、
「車が全部出払っていて、、ありません」とのこと…。





ガーン。。






歩くしかありません。。
後で知ったのですがフラワーパークからドイツ村は6キロありました。


まあタクシーの運転手さんが「(「歩けますか?」の問いに)ちょっと遠いけど、森林浴になるから歩いてもいいかもね・・・。」なんて言っていたな。。




夫がスマフォで地図を確認しながら、、↓こんな道をトボトボテクテク歩きます。。
2時間遊んだ後なので、、疲れています。
紺太郎は遅れがちです。

(わかりにくいですが、↓道の左奥に紺太郎がいます。)
1205050205_convert_20120527112226.jpg





菜の花が咲いていたので、
「紺ちゃん、きれいだよ~。写真撮ろう!前に立って~!」
と言っても、、、




↓こんな調子…(苦笑)。


1205050206_convert_20120527112322.jpg




車をさけて車道ではなく林の中の細道を歩いていたのですが、
養鶏場が多いようで、、ニオイもキツかったです。
森林浴のはずだったのですが…(苦笑)。




車道にでて「茶屋」があったので、
「お願い、ここでお昼食べていい?」と夫に頼むと、
「いいよ」と言ってくれてホッとしました。


でも、、
「あとちょっと頑張れば、、ドイツ村で何か(ドイツの食べ物を)食べられたのに~」とも言われたので、
(心の中で)
「もう2時を過ぎているのに、、ちょっと勘弁してよ~」と思いました。




でも、まあ無事にお昼を食べられてよかったです…。




寄った茶屋はさくら茶屋です。



お店の前に足湯があります。
ご主人の手作りだそうです。
気持ちよかったです~。



1205050208_convert_20120527112357.jpg




私は「きりこみ」というのを食べました。
(うどんの平べったいやつです。)
お通しで、こんにゃく、お漬物、タケノコの煮物がでてきました。
お通しが、豪華~。



(写真がボケました。)
1205050209_convert_20120527112429.jpg



夫はやきそば、紺太郎はうどんを食べていました。



こちらの「さくら茶屋」は数年前にテレビ朝日の「人生の楽園」と言う番組で紹介されたそうです。



ごちそうさまでした~。
元気が出ました。
おばさんが親切でした~。




歩いていると「ふるさとバス」の電話番号があったので、パチリ。
(「ふるさとバス」は大胡周辺を走っているワゴンのバスです。電話して乗車地と目的地を言って事前に予約します)


CAHAK0VL.jpg




今思うと、フラワーパークからドイツ村もこの「ふるさとバス」を使えばよかったのですが。。
その時は電話番号もわからなかったし、
フラワーパークの正面ゲートを出た所が停留所だったので「渋滞している」というのが頭の中にあって頼む選択が思いつきませんでした。



スマフォがあったので、フラワーパークにいる時に電話番号を調べて、
電話するだけしてみればよかったです。



坂道はきつかったです。


1205050210_convert_20120527112535.jpg




でも紺太郎、、がんばります。


1205050211_convert_20120527112608.jpg





やっとドイツ村に着きました。




1205050212_convert_20120527112740.jpg


がんばって歩きました~。

1205050213_convert_20120527112653.jpg





でも、疲れた~。
夫はコロのバックを持っていたので汗ダクダク。。
お疲れ様でした。




朝に(前橋のホテル)に荷物を置いていくか?でもめて、
私は「もっていく」
夫は「ホテルに預ける」
と言っていたので、
夫は「置いてくればよかったのに~」と言っていました。



でも帰りは「前橋」まわりではなく、「桐生」まわりで帰る可能性もあったので、
荷物は持っていった方がいいと思ったんですけどね…。




着いたのは3時10分をまわっていました。
お昼ごはんを入れて約1時間40分で着きました。。




この日記を書くにあたって、色々検索していたら、、
「ドイツ村はフラワーパークより車で5分
という文字を見つけて、
ショックをうけました…orz(笑)。





着いてすぐに「ふるさとバス」に電話して予約しました。
ドイツ村は6時閉園なのですが、5時40分の大胡駅への便があるようです。



あと2時間30分、遊びます~。









続きます。






お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

群馬旅行その4、ぐんまフラワーパーク

<2012年5月5日 7才0ヶ月>



GW・5月5日(土曜日)、夫と紺太郎の3人の群馬旅行、の続きです(その3はこちらです)。



ぐんまフラワーパークに着きました。
正面ゲートの方は渋滞でどうにもならないので、タクシーは北口ゲートの方へ廻ってくれました。




入場料は大人700円、子ども、中学生まで無料です。


(この後行こうとしている)ドイツ村は1000円(子ども500円)なのですが、共通券が1200円なので、
500円のお得になるので共通券を購入しました。




入り口で「マリーゴールドの種」が置いてあって、
入園者はもらえるようになっていたので、いただきました。
義母の畑に後日植えました(こちら)。




沢山の遊具があります。



1205050133_convert_20120526032857.jpg





長いローラー滑り台に大喜びです。


1205050136_furawa-pa-ku.jpg





子ども用トンネルで「光の万華鏡」というイベントをやっていました。


1205050137_convert_20120526033013.jpg


1205050139_convert_20120526033057.jpg





遊びます。


1205050140_convert_20120526033132.jpg





迷路
もあります。


1205050144_convert_20120526033209.jpg





チューリップは残念ながら、、もう枯れていました。
仕方ないですね。。
予想はしていました…。


1205050149_convert_20120526033249.jpg





温室に入ります。
メキシコエリアでコスプレができました。


1205050156_convert_20120526033332.jpg




ベコニアです。
ニュージーランドの植物園の温室を思い出しました(こちら)。


1205050161_convert_20120526033417.jpg




ブーゲンビリアです。


1205050164_convert_20120526164113.jpg




ヒスイカズラというそうです。
初めて見ました。


1205050167_convert_20120526033500.jpg




名前はわからないのですが、キレイです。


1205050170_convert_20120526033547.jpg





イングリッシュガーデンです。


1205050171_convert_20120526033623.jpg





日本庭園の池には「おたまじゃくし」が沢山いました。
コレ、、全部カエルになるのね・・・・。。。



1205050176_convert_20120526033700.jpg





暑いのでソフトクリームを食べます。



1205050178_convert_20120526033729.jpg





ブランコやシーソーで遊びます。
まわりの花々がキレイでした。


1205050191_convert_20120526033807.jpg





スタンプラリーが出来上がりました。


1205050197_convert_20120526033843.jpg




遊びます。


1205050202_フラワー群馬





こういうトランポリンもありました。



1205050204_convert_20120526034002.jpg



あと人工の小川や噴水&ジャブジャブ池があり、沢山の子ども達が水遊びをしていました。





私達は11時半頃にフラワーパークに到着していたのですが、
ドイツ村にも行こうとしているので、1時半頃フラワーパークを出ました。
結構「駆け足」でした…。
もう少しゆっくり遊ばせてあげたかった気もします・・・。



続きます~。



お付き合いくださってありがとうございます^^。
にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

群馬旅行その3、ビジネスホテル泊&上毛電気鉄道

<2012年5月4、5日 7才0ヶ月>



GWの後半・5月4日(金曜日)、夫と紺太郎の3人の群馬旅行、の続きです(その2はこちらです)。



碓氷峠鉄道文化むらで遊んだあとはホテルに向います。




今夜のお宿は前橋のビジネスホテルです。
(普通のお宿は一杯でとれませんでした。)
横川から約50分で前橋駅に着きました。




1205040097_convert_20120523170056.jpg





駅から約5分の前橋さくらホテルです。
シングル2つを取りました。(1泊3900円くらい。朝食付きで約5000円)



1205040100_convert_20120523165923.jpg
(↑紺太郎は将棋盤を持ってきていました。やる暇がなかったのですが。)





紺太郎は、パパと寝ます。


やった~(笑)。
紺太郎に蹴飛ばされずにすむ…。
私は一人でのびのび~~~~~!
顔がゆるみます(笑)。



温泉旅館もいいですが、こういうビジネスホテルもいいものです。





夕食はホテルの近くの上州居酒屋「鶴吉」に行きました。
ビールがグラス180円、ハイボールが100円と安いです。



1205040101_convert_20120523170205.jpg





舞茸の天婦羅など美味しかったです。


1205040103_convert_20120523170131.jpg


↑紺太郎は先におなか一杯になり、スマフォのyoutubeでマイケルジャクソンの「スリラー」を見ています。
(youtubeはこちら




好きなCD、glee 5の影響です。








安くて美味しい居酒屋さんでしたが、混んでいたからか料理が出てくるのに時間がかかってしまいました。
7時過ぎに入って、出たのは9時近く。。
(出来るだけ最初にまとめて注文したのですが…)



それから居酒屋のすぐ前の天然温泉ゆーゆ(入浴施設)へ。
ホテルからは3分です。
(大人600円子ども300円)


紺太郎は夫と入ります。
夫はとっても長湯で、私が先に出てしまうのでいつも「待つ時間」が苦痛なのです。
なので、入る前に
「終わったら先帰っているね~。(部屋も別だし、会うのは)明日ね~。」と別れました。




「10時には紺太郎を寝せるようにしてね」と言いました。
いつもは8時半に寝かせています。
仕方ないけど、、休日だから「今日は特別」の気持ちがありました。




でも、、
(気が変わって)私はお風呂から出て施設のマッサージ器をしながら待っていたのですが、
10時になっても出てこず、、
私だけ帰途につきました。




歩いていると、、怒りがメラメラ…。
「10時には寝かせて!」って言ったのに。
彼ったら、時間の感覚がなくて、、いつも(、、、以下省略)



イライラしながら帰る途中にメールしたら電話がかかってきて、
言い合いになってしまいました。



夫いわく、
「休みの日なんだから、たまにはいいだろ~!」と。



私も言い方があったのでしょうが、
(いつも後から反省するのですが、)
責めて終わってしまいました。。



でも後で仲直りしましたけどね。
言い過ぎたのは、ごめんなさい~。
でも子どものリズムをくずしたくなかったんですよね。。




ホテルに帰ってすぐに寝せてくれたようです。
私はいつも家では見られなくてオンデマンドで見ているNHK衛星放送の海外ドラマ「デスパレートな妻たち」を11時15分から見て寝ました~。
オンタイムで見られて嬉しかったです。


一人でのんびりテレビを夜見るなんて久しぶり…。
気持ちがウキウキしていました。
デスパレートまでの時間は、TBS金曜ドラマ『もう一度君に、プロポーズ』を初めてみました。
竹野内豊がカッコよかったです~。






2日目、5月5日(土曜日)です。



ホテルのバイキングの朝食です。

1205050108_convert_20120524162601.jpg
(↑奥はうどんです。群馬はうどんが名物です。)




夫はこの日は
ぐんまフラワーパーク赤城高原牧場クローネンベルク・ドイツ村へ行きたいと言っていました。


2つの施設は6キロ離れています。


そして、
前日行けなかった「めがね橋」付近の散策こちら)も魅力です。
朝10時50分の横川駅発のバスも出ているようです。タクシーを使わずに行けます。



でも、
前橋からまた横川に戻るのは50分くらいかかりますし、
紺太郎も夫も起きたのが遅く、、
そのバスに間に合う電車には乗れないことがわかり、、、
今回は諦めました。



夫はフラワーパークとドイツ村、どちらかに行くか迷っていました。
「両方行こうか?」と言うので、
「1つでも1日中遊べるのに、時間が足りないんじゃない。」と反対しました。



この日は家に帰る日ですし、遅くならないうちに帰りたいですし。



考えて、ドイツ村に行くことにしました。



ホテルから徒歩5分で上毛電気鉄道の中央前橋駅があります。
そこから電車に乗ります。


1205050111_convert_20120524162653.jpg




自転車を乗せている人もいます。


1205050116_convert_20120524162726.jpg



電車の色がキレイです。


1205050118_convert_20120524162800.jpg



この線は無人駅が多いです。(赤い点の駅は無人駅です。)


1205050119_convert_20120524162839.jpg




無人駅ではドアが全部開かず一番前のドアだけあいて、
料金を払う(切符を渡す)形になっています。



1205050122_convert_20120524162914.jpg
↑天井がかわいく飾られていました。



約20分の乗車でドイツ村(&フラワーパーク)のある「大胡駅(おおごえき)」に着きました。



1205050125_convert_20120524163131.jpg


1205050126_convert_20120524163053.jpg





この線はSuica(電子マネー)が使えないので切符を買ったのですが、
紺太郎今回の旅2回目の切符を無くしました



親が子どもの切符を持っててあげる方がいいですね。いつもはそうしているのですが…。
それか「ポケット(など)に入れたほうがいいよ」と教えてあげたり…。
後日このことは出てきます。)



そして、、
夫が、急に「やっぱり花も見たいな~」ということで、
フラワーパークに先に行くことに…。




いいけど、、




計画性のない家族だわ…(苦笑)。
いつも、いきあたりばったり…。




タクシーに乗ると、駅前から渋滞…。
スゴイ…。
おそるべしゴールデンウィーク…(汗)。



前日に雨だったので「出かけよう」と思う人が多かったのでしょう。





回り道してフラワーパークへ行っていただきました。




通常は1800円くらいかかるそうですが、回り道をして2300円くらいでした。




しかし、大胡周辺では「ふるさとバス」というのがあり、
電話して予約するとワゴン車が来てくれるサービスがあります。
希望する主要停留所まで行ってくれます。
それを使っていたら、、大人200円、子ども100円、計500円ですんだのですが…orz。
(電話027-283-3122 赤城タクシー)




夫は「ふるさとバス」の存在は知っていたようなのですが、あまりシステムがわからなかったのと、
電話番号がわからず使わなかったのですが、
帰りにみたら駅の構内にポスターが貼ってありました…。。
よく見ればよかったです。




タクシーから赤城山が見えました。



1205050129_convert_20120524163218.jpg




こいのぼりです。
「そういえば、今日はこどもの日(5月5日)だわ」と、
こいのぼりを見て思い出しました。


1205050132_convert_20120524163251.jpg




フラワーパークに着きました~。
続きます。







つなぎ部分の日記だったのに、こんなに長くなってしまいました(汗)。
遊びにきてくださってありがとうございました。


にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

群馬旅行その2・碓氷峠鉄道文化むら

<2012年5月4日 7才0ヶ月>



GWの後半・5月4日(金曜日)、夫と紺太郎の3人の群馬旅行その1の続きです(こちら)。



碓氷峠鉄道文化むらで遊びます。




紺太郎は次から次へと「コレ、のる~!」と100円の乗り物を。



1205040030_convert_20120522131609.jpg


1205040040_convert_20120523165201.jpg




私だったら「ダメ~!」と言いそうなのですが、
夫は乗せていました・・・。




園内を走る「あぷとくん」です。



1205040033_convert_20120523165133.jpg


あと、
「文化むら」から碓氷峠(温泉施設くつろぎの郷など)へ走っているトロッコ電車があるようです。
ちなみにこの日の券は完売していたようです。





↑こんな青空だったのに、、
段々雲行きがあやしくなり、
雨が降ってきたので、展示している電車の中へ。
ちょっと前までは「雨が降る…」なんて思ってもいなかったです。


1205040042_convert_20120524120950.jpg



1205040043_convert_20120523165237.jpg


1205040052_convert_20120523165319.jpg


1205040057_convert_20120523165355.jpg




パンダグラフです。


1205040063_convert_20120523165430.jpg




昔、碓氷峠を走っていたアプト式電気機関車です。


1205040064_convert_20120523165500.jpg




アプト式というのは電車の底に歯車(ピニオン)がついていて、
線路の真ん中にあるギザギザの線(ラックレール)にからみながら坂を上っていくものです。



1205040066_convert_20120524112132.jpg




ピニオンです。


1205040068_convert_20120524112220.jpg




段々雨足が強くなってきてきます。
最初はハイキングへ行く予定でしたので(詳しくはその1に)、
つくづく予定を変更してよかった、、、と思いました。



資料館へ行きます。
ジオラマです。


1205040073_convert_20120523165542.jpg

1205040074_convert_20120523165613.jpg





アプト式の模型です。
ちなみに私達は2011年の12月に静岡の「南アルプスあぷと線・井川線」でアプト式機関車に乗っています(こちら)。



1205040080_convert_20120524112505.jpg




私達が行くはずだった「めがね橋」の模型もあります。


1205040081_convert_20120524113101.jpg




4時過ぎになって雨が段々止んできました。
「文化むら」の奥にデコイチや電車などの屋外展示場があるので、そちらの方へ行きました。



1205040084_convert_20120523165656.jpg


1205040090_convert_20120523165728.jpg





と、ここで、休止していた「ミニSL」が走り始めました。
紺太郎が「乗りたい~」と。


私は「え~」と思いましたが、
「ボク、越生で乗れなかったから~」と。



今年の3月ミニSL目当てで埼玉県の越生梅林へ行ったのですが、
強風で運休していて、ずっとウジウジとしていた紺太郎だったのです(どうでもいいですが、こちら)。



それを言われると、、乗せないわけには行きません・・・。
夫とその時に屋外展示場ではぐれていたのですが、
電話して「ミニSLの券を買っておいて、紺太郎が乗り場に行くから、」と言い、
私は4時半になるので、受付に荷物を取りに行きました。



入り口まで戻って荷物を受け取り、
また奥までいって「ミニSL乗り場」へ行くと…。




紺太郎が買った切符を落として見当たらず、、、また購入。
(このことが後日、出てきます。)



で、、、どしゃぶり。


1205040093_convert_20120523165800.jpg



バケツをひっくり返したような雨、、とはこのこと…。
雷までピカピカゴロゴロ。。



あ~、ハイキングやめてよかった…。(しつこい)




そして、、ミニSLは休止に。。
紺太郎はがっかりしていました。



ここで係りの方が「「あぷとくん(園内を走る電車)」へミニSLの券を持っている方は、差額を払わなくていいのでどうぞ」と。
ミニSLの券は大人200円、子ども100円、
↓あぷとくんは大人400円、こども200円です。(最初見た↑「あぷとくん」とは違う形です。)




1205040094_convert_20120523165848.jpg





夫と紺太郎が乗ってきました。




夫は屋外展示場の後に、資料館をもう一度見たかったようでしたが
(見ている途中で雨が一時やんだので「今のうちに」と外に出ただけで、戻るつもりでした)、
ここで閉館の5時になってしまい、、不満そうでした。



「おまえらが、ミニSLなんて言い出すから~(怒)」と…。
ごめんね~(苦笑)。





1日目続きます。





ランキングに最近こんな↓カテゴリーができたようです。
前に「子連れでお出かけ」のカテゴリーを作ってください、と、ブログ村にリクエストしていたんですよね。
早速参加してみました♪
よろしかったらクリックお願い致します^^

にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

群馬旅行その1、峠の釜飯&「めがね橋」散策のはずが…

<2012年5月4日 7才0ヶ月>


少し時間がたってしまいましたが、
GWの後半の5月4日、5日(金曜日、土曜日)1泊2日で夫と紺太郎と3人で群馬へ旅行へ行きました。


そちらの旅行記を書いていこうと思います。
いつもどうでもいいことをつい書いてしまう日記ですので(苦笑)、
また長くなってしまうかも?しれませんが、
よろしかったらお付き合いください。



まずプロローグから…。


GWの初日の3日(木曜日)に夫は朝帰りをしました。
会社で徹夜で仕事して帰ってきたのです。



この時点で旅行のことは「全く」決まっていませんでした。
(4月中はGWは東北(or etc)に行く、、と夫は言っていたのですが、
仕事が忙しすぎて計画が立てられませんでした。
なので「群馬や千葉などの関東近辺の近場にしよう」とここまで話していました。)



夫が寝て起きたのは夕食の時間…。
昼間は私達は近所の児童館で遊んできました。(どうでもいいですがこちら



夫と二人でつきつめて旅行の話ができたのは、紺太郎が寝た後です。



「じゃあ、群馬にしようか」と話はまとまったのですが、
宿を探してみると、、ありません。。



ビジネスホテルのシングルルーム2つなら空いている」、、、
ということで、そういう旅の形にしました。
予約を取ったのは、深夜2時を過ぎていました…。



さて5月4日(金曜日)です。



疲れている夫は中々起きられず、少し遅い出発になってしまいました。
(どうでもいいことですが、夫が起きてこないので、紺太郎はこんなことをしていました。)



群馬県・安中市の横川駅(信越本線)
に着きました。


1205040016_convert_20120522131343.jpg
(↑写真のコロのカバンが後の話で出てきます。)



夫の希望で最初の目的地は碓氷峠(うすいとうげ)でのハイキングです。


碓氷峠は、かつて江戸と京都を結ぶ主要街道として栄えた「中山道」の最大の難所でした。



夫の計画では、
横川駅からタクシー碓氷峠の「めがね橋」まで行き、
歩いて横川駅まで戻ってくる、、というものです。
(夫はその時にめがね橋から駅まで1時間で戻れると思っていたようですが、
夕方に駅前の表示をみたら90分とありました。)



めがね橋は今は廃線になってしまった「横川ー軽井沢間」の信越本線で使われていたた鉄道ファンには有名な橋で、
まわりは遊歩道になっていて、
使われていないトンネルや線路があり、碓氷湖もあるそうです。



06090005.jpg

06230005.jpg

12140024.jpg

(画像は碓氷峠観光協会より)



5月の新緑の季節にハイキングなんて気持ちよさそうです。



その後に、横川駅に隣接する碓氷峠鉄道文化むらで遊ぶ計画です。
「碓氷峠鉄道文化むら」紺太郎は2才の時(2007年)に、母と私と3人で遊びに来たことがあります(こちら)。



横川駅に着いたのは1時半を過ぎていました。


私はお昼ご飯のことを着くまでずっと心配していました。
夫は(いつもブログに遊びにきてくださる方はご存知だと思いますが、)「食にこだわらない人」です。



着くまでの乗り換え駅で食堂で食べる時間も駅弁を買う時間もありませんでした。


横川駅に着く前に、
私が「お昼ご飯はどうするの?」と聞くと、
「朝が遅かったから(10時過ぎ)、いらないだろ!
食べても時間がもったいないから、(おにぎりなど)歩きながらだ!」
と。



「え~~!!」と私は心の中でブーイングです。
「あなたはいいけど、子どものことも(私のことも)考えて欲しいわ…。」




見渡すと、横川駅の近くにはおにぎりなど買えるコンビニは見当たりませんでした。
(家から朝ごはんの残りで小さなおにぎりを1つ作って持ってきていたのですが、もっと作ってくればよかったです。途中駅弁など買って電車の中で食べようと思っていました。)



横川は「峠の釜飯」で有名です。
駅の前で釜飯が売っていて食べる場所があります。


「お願い、10分で食べるから釜飯を買っていい~?」と聞くと、OKがでました。
よかった~。


1205040019_convert_20120522131426.jpg




2つを3人で分けました。(1つ900円)
美味しかったです。
やっぱり旅の楽しみの一つは食べ物ですよね~。



1205040022_convert_20120522131500.jpg



交代で釜飯を食べながら、夫は↑上の写真で出てきた荷物を預かってくれる場所を探していました。



でも、、
駅や近くのお店で聞いても「荷物預かり」はありません。



「碓氷峠鉄道文化むら」
のチケット売り場で聞いてみました。
すると「中にロッカーがありますよ」とのこと。
入って出ても再入場ができるとのことで、券を買って入ることにしました。
(大人500円、小学生300円)



ロッカーを探します。



ロッカーへ行くと、、、荷物が大きすぎて入りません・・。
中で荷物を預かってもらえる場所を探すことにしました。



すると、、
紺太郎、、「コレ、のりたい~!」と。
そんなことしている場合じゃないんだけど…(苦笑)。
パパと乗って、、私は荷物を預かってもらえる場所を探します。



1205040023_convert_20120522131542.jpg






資料館へ行ったり、売店へ聞いてみたけど預かってもらえません。。



やっと最初の入り口のチケット売り場で「ロッカーに入らない荷物」を預かってもらえることを知り、
入り口に戻りました。。
なんだ…。。。
(200円)
閉館は5時までですが、荷物預かりは4時半までということです。



よく考えてみると、、、
(荷物を預かってもらう場所を探すのに時間がかかってしまい)
もうすでに2時30分すぎです。
4時半まで、2時間。。



7才の子と一緒の(色々と寄り道の好きな)私達が歩いて、
「2時間で帰ってこられるかしら????」の疑問がわいてきました。



それに、せっかく入場料を払って「鉄道文化むら」に入ったのに、
4時半に戻ってこられても5時の閉館まで30分しか見る時間がなくて、、もったいなくないかしら??と。





夫と相談しました。
「無理だし、、もったいないよ…」と。





紺太郎は、
「ボク、歩きたくない~。
ここで遊ぶ~」
とか言っていますし…(苦笑)。



夫が「じゃあ、いいよ…」ということで、歩くのはやめることにしました。
申し訳ないです。。
でも両方楽しむなら、、、もっと早く家を出るべきですよね。
夫が疲れていたので仕方ないのですが…。



でも、、のちのち、、、この変更は大正解でした。



この時は晴れ渡っていたのですが、
この後、バケツをひっくり返したような雨と雷で大変だったのです。



天気予報では雨の確率は50%だったのですが、
この時はすごく晴れていたので雨のことはすっかり忘れていて、
預かってもらったカバンの中に傘と紺太郎のレインコートを入れていたのです。
夫が持っていた傘一本であの大雨の中で山道にいた、、、と思うと、、怖いです。。



よかったです~。




続きます…。



長いのにお付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

「ろくべいまってろよ」へのツッコミ

<2012年4月後半~5月上旬 7才0ヶ月>



4月後半、5月上旬(7才0ヶ月)に図書館で借りた本の記録です。


1205090304_convert_20120522093844.jpg

1205100308_convert_20120522093754.jpg



4月に小学校から「小1 すいせんとしょ」の紙が配られ、最近はその中から選んで数冊ずつ借りています。


1205180007_convert_20120522094122.jpg




この中で紺太郎が好きだった本は(すいせんとしょではありませんが)、
「むしむしでんしゃ」「おばけでんしゃ」(内田 麟太郎(著), 西村 繁男 (イラスト)童心社)です。
ナンセンスな本なのですが、電車好きですし面白かったようです。



  



**



絵本って親が読み聞かせをした場合、「親の感想は言わない方がいい」と聞いたことがあります。



でも「浦島太郎」もそうでしたが(こちら)、
ついつい「ツッコミ」たくなる本が多いです。



「ろくべえまってろよ   灰谷 健次郎(著), 長 新太 (イラスト) 」です。
↑の「すいせんとしょ」だったので、借りてきました。







灰谷健次郎
さんは元教員で、
小説「兎の目」をずいぶん前に読んだのですが、
「人としての やさしさ」」、
「社会的弱者に寄り添う意味」などが書かれています。








「灰谷さんって、絵本も書かれているんだ~」と興味津々で読んでみました。



犬のろくべえが穴に落ちたのですが、
なんとかして助けようと一年生の子供たちが試行錯誤するお話です。



4580813936_20120427124108_op1.jpg
(画像は絵本ナビより)



その中で気になったのは、大人たちの対応です。
忙しくてそれどころじゃないおじさんがいるのは、
「世知辛いけど世の中そういう人もいるものだ」、、ということでわかります。



でも子ども達のお母さんたち、
穴の中を見て、
「子ども達じゃなくてよかったわ~」と言って、
素通りして行きます。



「え~~、おいおい、、いっちゃうの~~!?」
と、
つい突っ込んでしまいました。
「ふつう消防を呼ぶでしょ~」と。
そしてそんな危険が穴があるのなら、市役所などに連絡して対応してもらう、、
それが普通だと思うのですが、理解できない。。。
それに、子ども達が穴の周りにいるのなら、子ども達が落ちないかも心配になると思うのですが・・・。




夕飯作りに忙しくても、
子ども達が犬の命を助けようと必死になっているんだから、
素通りは、、ないでしょ…。




どうしても不自然です。


つい紺太郎に「コレはないでしょ!」と言ってしまいました。
「お母さんたちヒドクない~?」と。


レビューには、「子どものやさしさや、友情が伝わる一冊です。」と書かれていました。
子どもがそういうことを感じる前に親のツッコミが入ったら、、台無しですね…。



本を読んで、子どもが感じる心を大切にしたいので、
それなら親はだまっておくべきだとも思うのですが…。



「しでんとたまご 川崎洋 佐藤国男 福音館書店」
電車好きの紺太郎のために「市電」の言葉にひかれて借りました。
(amazonで探せませんでした。絵本ナビはこちら)です。



内容は割愛しますが、
男の子が夜中、落ちていた卵の元の巣を探して歩き回ります。


つい、、
「夜中に子どもが出歩いて、男の子の両親はいったい何しているんだろう!??」
と突っ込んで言ってしまいました。



そして↑には写真はありませんが、
「花いっぱいになあれ 松谷みよ子 司修 大日本幼年文庫」では、
学校で風船に花の種をつけて飛ばす話です。






1つが山へ飛んでいくのですが、
「(風船ってゴムだから)土に落ちてもゴムは土に返らない。環境破壊だわ。。」と言ってしまいました。




もっと常識をはずした所に、
子どもの感じる所や、感動する場所があるかもしれないのに、、
親の一言で台無しになっているかも…。


なるべく「ツッコミ」たいのを我慢しようと思います。



話すなら、子どもの意見を聞いた後とか。。。



***



5月22日(火曜日)東京スカイツリーがオープンしました。


最近、紺太郎に「東京スカイツリー、オープン!」と言うと、
楽しんごのギャグのように、寝転がって足をあげます。
(最初、楽しんごのように足は広げていたのですが、ツリーは高いので真似して足だけ高くあげるようになりました。)



「東京スカイツリー、オ~プン!」と言うと、必ずこのポーズをするので、
風呂上りなどパンツやズボンををはかないときに、
このセリフを言って
パンツをひっかけてはかせるようにしています(笑)。






お付き合いくださってありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

isokassi~素敵なバックの個展へ

<2012年5月19日 7才0ヶ月>



ブログめぐりをしていたときに、isokassi(イソカッシ)というブランドの素敵な手作りバックの個展5月17日~20日にあることを知りました。


この週末は夫の実家にいて、
幸いなことに紺太郎を義両親に見てもらえたので19日(土曜日)に行ってきました。
場所は横浜の石川町駅から5分のアートギャラリーです。
元町からも近いです。


isokassi(イソカッシ)とはフィンランド語で「大きなカバン」という意味です。


a0167750_9174929.jpg
(画像はisokassi(イソカッシ)のHPより)



今回の個展は、「北欧からのFruits & Flowers」がテーマです。
スウェーデンやフィンランドの北欧ビンテージ生地を使っています。



製作者のmidoriiro2010さんは、
普段は会社にお勤めしています。
お休みの日に趣味で作っていたカバンが周りのお友達に好評で、
「私にも作って欲しい」という声がどんどん広がっていき、個展まで開くようになったんだそうです。




個展も3日目、、ほぼ売却済みで数が少なくなっていましたが、
気に入った物があり、1つ購入させていただきました。


「ブログに載せてもいいですか?」と許可をいただいて、
バックの写真を沢山撮らせていただいたのですが、
携帯のカメラだったので、あまりうまく撮れませんでした。


ブログを拝読させていただいていると、
midoriiro2010さんが作品一つ一つをとても大事にされているのがわかります。
「自分が作ったものを慌てて写真を撮ることはできない(ので作品の写真を撮れなかった)」とも書かれていて、
私のブレた写真を載せるのは「とても失礼だわ」、、と思いました、、。
なので、以下の画像はisokassi(イソカッシ)さんのブログよりお借りしています。




a0167750_1023425.jpg

a0167750_1030366.jpg

a0167750_9505855.jpg

a0167750_1044372.jpg

a0167750_10465761.jpg




1つだけ私が撮ったものを…。



CA075LXE.jpg




こうやって「好きなこと」「趣味」でこれだけ才能を表せる方、とても羨ましいです~。
もうこれは「趣味」の範囲ではないと思いますが…。



私は↑黄色のものを購入しました。
とても夏らしくて気に入っています。
大事に使っていきたいと思います。




お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : バッグ
ジャンル : ファッション・ブランド

金環日食

<2012年5月21日 7才ヶ月>
*本日2本目の更新です。



21日(月曜日)金環日食の日の朝です。


数日前から「世紀の天体ショー!」と世間は盛り上がっていて、
「メガネを買おうか?」すごく悩みました。



天気が悪かったら見えないし、この日に使ったらもう使い道はあまりないので「もったいないな~」と、
買うのはやめました。
(本屋で見たのが1500円くらいだったので…。)



朝からテレビを見ていたら気分がもりあがってきて、
紺太郎が朝食を食べている間に
(太陽の見える)非常階段へ行き、画用紙に穴をあけて太陽の光を通してみたら、
三日月に見えました。



1205210080_convert_20120521080815.jpg




一旦家へ入り、
朝食を食べ終わり着替えた紺太郎とまた非常階段の方へ行くと、曇ってきていて画用紙の穴ではわかりません。



でも、、曇っていたのが幸いして、
肉眼でもわかります。
カメラでも直接撮ってしまいました。
(普通はカメラで直接撮れません。)



7時27分です。


1205210081.jpg




(私立小に行っているので知らない子達なのですが)下の階に住んでいる子ども達も出てきています。メガネを持っていました。



パジャマ姿のおじさんも出て来て
「おじさんにもちょっと見せて~」と見せてもらっていました(笑)。


子ども達のお母さんが親切で紺太郎にメガネを貸して下さいました。
ありがとうございます!



紺太郎は「見える~!」と。


1205210085_convert_20120521080857.jpg

(↑左のビルに非常階段で見ているおじさんが二人います。)



私にもメガネを貸してくださったのですが、
肉眼で太陽を見すぎて(←テレビでは「絶対しないでください」と言っていました)、
目がチカチカしていて、メガネで見てもよくわかりませんでした。




始まる前はそんなに興味があったわけでもなかったのに、
輪が見えてくると、ミーハー心が全開です。


曇りでよかった!?
7時36分頃です。



1205210094.jpg




周りのマンションを見ても、多くの人がベランダに出てメガネを通して見ていました。
不思議な光景でした。



ちょうど登校時間(7時40分集合)頃でしたが、
(うちの学校は登校時間をずらしませんでした)
ここまで見て紺太郎は学校へ登校しました。



見られてよかったです!




にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : ママのひとりごと。
ジャンル : 育児

プールのタオル・ポンチョ作り

<2012年5月20日 7才ヶ月>



20日(日曜日)も引き続き夫の実家で過ごしました。



6月に小学校で始まるプールなのですが、
学校の指示が「タオルはポンチョのように輪になっているのが望ましい」
となっていました。



幼稚園の頃に使っていたアンパンマンのものが1つあるのですが、
もう1つくらい欲しいな、、、と思っておばあちゃんに(義母)に頼みました。
(私はミシンを持っていないですし、不器用なので。。)



「このタオルにしようかね~」と。。


1205200018_convert_20120520153739.jpg




紺太郎は「ボクも手伝う~」とミシンの足を踏んでいました。
手伝っているより、邪魔しているような気がしましたが…(笑)。




1205200020_convert_20120520154251.jpg



2つも作ってくださいました。


1205200030_convert_20120520153918.jpg


1205200029_convert_20120520153846.jpg





ありがたいです~。
学校指定の業者で買うと1つ1550円もしますので…。



紺太郎は池の掃除の手伝い=水遊びをしていました。


1205200026_convert_20120520153813.jpg





線路書きにも夢中です。


1205200032_convert_20120520153950.jpg





お昼にはタケノコご飯を義母が作ってくださいました。
(酢メシです。)


1205200038_convert_20120520154022.jpg


4月学校でもらった朝顔の種を植えた(こちら)のですが、大きくなっていました。
大きな鉢に植え替えていました。


1205190040_convert_20120520153706.jpg




午後は近所の子達と遊んでいました。



自宅のマンションで家で過ごす休日と大違いです~。
ちょっと一歩玄関を出れば、そこは遊び場になりますので…。
なんとなく「子どもらしく」過ごせるような気がします。



楽しい週末を過ごしました。



お付き合いくださってありがとうございました。
よろしかったら応援クリックをお願い致します^^

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

洗濯ばさみが折れた洗濯干しで、

<2012年5月18、19日 7才0ヶ月>



18日(金曜日)の夕方から夫の実家に遊びにきていて週末を過ごしています。



義母がやっていたことで、「なるほど~!」と思ったことのご紹介です。
皆さんやられてことかもしれないのですが…。




洗濯干しの洗濯ばさみって古くなってくると折れたりすることがあります。



(↓コレをもっているわけではありませんが、こういうのです。)





どんどん洗濯ばさみが折れてしまうと、「買いかえようかな~?」と思いますが、
数箇所だけの破損だと、、「まだ使えるし・・・、でも洗濯ばさみが少なくなってきて使いづらい」
と思うことがあります。



義母は折れた洗濯ばさみの上の鎖のような所に、違う洗濯ばさみを挟んで使っています。



120519_0909~001




買い替えまでの間に便利です。
私も家でもやっています。




今度洗濯干しを買うときは、洗濯ばさみが折れないステンレスタイプにしようかな~。








***




紺太郎は来るとき(5月18日)に、
「おじいちゃんとおばあちゃんに見せる~」と全部の教科書とランドセルを持ってきました。




掃除帽(掃除するときにかぶる帽子)まで持ってきています。



1205180015_convert_20120520000645.jpg



調子にのって、ついでに掃除までしていました(笑)。


1205180017_convert_20120519221052.jpg




5月19日(土曜日)です。



おじいちゃんに本を読んでもらいます。



1205190022nihonmukashi.jpg




 



義母の畑で「さやえんどう採り」です。


1205190023_convert_20120519221336.jpg




耕す手伝いです。


1205190033_convert_20120519221422.jpg



肥料を蒔きます。


1205190035_convert_20120519221521.jpg




GWの後半ぐんまフラワーパークへ行ったのですが、
その時に入場者がもらえた「マリーゴールドの種」を植えました。


1205190043_convert_20120519221622.jpg


義母によると、マリーゴールドは害虫よけになるそうです。





ここに来ても、路線図&線路を書いています。


1205190044_convert_20120519221738.jpg


1205190046_convert_20120519221808.jpg




紺太郎、楽しそうです。



お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

松屋の「中落ちカルビステーキ」が美味しい

<2012年5月17日 7才0ヶ月>


木曜日は紺太郎は英会話教室へ通っています。


終って、友達と塾の前で遊んでいると7時になってしまいますので、
外食ですましてしまうことが多いです。


17日(木曜日)松屋(牛丼屋)に入りました。


私が頼んだ「中落ちカルビステーキ定食」です。(690円)


120518_1222~001







美味しかった~!


やわらかくてジューシーです!



もちろん(ほぼ行った事がありませんが)一流ステーキ屋さんのものと比べれば、
たいしたことはないかもしれません。
でも、、690円でこの口に入れた時の幸福感を味わえるのは、、何ともいえません。



「キレイに健康に痩せたい」願望のあるダイエッターとしては、、
こんなもの食べている場合じゃないのはわかっています~(苦笑)。



つくづく「ダイエットできない人」は、、「甘い」というのを思い知らされます。
でも、、、「たまにはいいかな?」、、なーんて…。




紺太郎はカレーを食べたのですが、大人分のごはんを平らげました。
前はこういうところでは私の分のご飯を分けていたのですが、
よく食べるようになりました。



英会話は楽しみに通っているようです。


教室のドア越しに耳をひそめていたら、
「I went to (the)Yoyogi park last Saturday」
と言っていました。
(週末のことを聞かれるので、家で練習していきました。)



教室が始まる前と終った後に、私に抱きついてイチャイチャしてきました。


事務の日本人女性達に、
「Are you a baby?」
「Oh~,baby!」
とからかわれていました。


アメリカ人男性の先生だけが、
「He is not a baby!」
と彼女達にムキになって、授業の前も後もかばってくれていましたが。。



紺太郎に、
「ベイビーって言われているよ。恥ずかしくないの~?」
と聞いても、
「全然!」
と言います。
「ボク、疲れちゃったの~」と。。




私としては家ではいいけど、外ではベタベタするのをやめてほしいな~。


普通小学生になると、
男の子は、
「ママ」と言っていたのを「お母さん」に変える、、とか、
お母さんに「ベタベタ」しているのが恥ずかしい、、と思うようになると思うのですが。。


でも、、まあ自然にまかせるしかないのかな?



***


5月8日(火曜日)から小1だけの集団登校で帰るのにお母さんが交代で学校へ迎えにいくのが無くなりました。
(先生が途中まで付いてきてくれます。)



児童が分かれて1人になる場所(家から8分くらい)までお母さん達が迎えに行っています。



そこでも紺太郎は私をみると、やっぱり抱きついてきてベッタリとイチャイチャしています。
他の女の子6,7人に見られても恥ずかしくないようです…。。


大丈夫かな~、この子。。(苦笑)
まあ、、たぶん男の子はそのうち離れる、、と思っているのですが…。



早く1人で玄関まで帰って来て欲しいです。
結構(途中まででも)迎えに行くのが疲れます…。



一度14日(月曜日)入れ違いになってしまったことがありました。


通学路を歩いて迎えに行っているのですが、
1箇所、横断歩道の信号が赤になったばかりだったので、
通学路の(車道を挟んで)向い側の道を平行して歩いてしまったのです。


紺太郎がいないか、向こう側の道をよく見ていたつもりでしたが、見過ごしてしまったようです。



(同じく入れ違いになった)もう1人のお母さんと一緒に待ち合わせ地点でおしゃべりして待っていました。



(いつも1年生の班が一番早く帰って来ているのですが)
上の学年の子達も通学路を帰って来ているし「あれ?」と思っていたら、
たまたま同じ班の1年生のお母さんとお子さんが「習い事」へ行くのに通りかかって、
「あら~、もう今日はすごく早く帰ってきたわよ、もう家にいるんじゃない?」
と。



あわてて家に帰ったら、、玄関のところで紺太郎が待っていました。



あやまって、
でも、
「もう1人で帰れるじゃない~。もう迎えに行かなくてもいい?」と聞くと、
「ダメ~」
だそうで…。





早く1人で帰ってこないかな~。




松屋のことだけ書くつもりが、長くなってしまいました(苦笑)。
食べ物の話のつもりが、いつのまにか育児話に…。
お付き合いくださってありがとうございました。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

映画「わが母の記」

<2012年5月 >



見た映画の記録です。


わが母の記です。


120119_haha_newmain.jpg
(画像はシネマカフェより)




作家の井上靖自分と家族との実話をベースにつづった自伝的小説を映画化したものです。






井上靖役所広司、母親を樹木希林が演じています。


井上靖が子どもの頃に親戚に預けられていたことから、靖は「両親から捨てられた」と感じています。


小説家として成功した後、母親が痴呆になり、一緒に住む機会があります。
「自分を捨てた母」という気持ちが奥底にありつつ、、面倒を見ます。



そして知らなかった母親の「息子への想い」もわかっていく、、、


と、そんな映画でした。



まあまあ面白かったです。
いつも辛口な感想しか言わない映画好きの母親も「よかった」と言っていました。



井上靖の父親はお医者様で裕福な家庭に生まれ、
井上靖自身もベストセラー作家で成功していましたので、昭和(1960年代頃)の裕福な家庭を見るのも面白かったです。
井上靖の実家の伊豆の修善寺近辺の自然も素敵でした。




役所広司さんがかっこよかったです。
そして、樹木希林さんの演技が最高~。
ボケた演技が面白いです。
思わず笑ってしまった場面が何度もありました。


そしてウルっときてしまった場面も…。



ただ、、実年齢が樹木希林さんは役所広司さんより13才年上なだけなので、
二人が親子、、というのはちょっと違和感がありました。


でも樹木希林さんは若い頃からドラマで「ジュリ~!」と腰振って、
老婆役をやっていましたけどね。
(若い人にはわからないと思いますが。。)



たぶん今年の日本アカデミー賞では色々な部門で受賞できるかも?
と思うような映画でした。
平日でも混んでいました。



ちなみに、、私、、初め井上靖さんって、、↓この方だと思っていました。




pic_inoue.jpg
(画像はこまつ座より)



井上ひさしさんでした…。




アホです…(苦笑)。



**


話は少し映画からはずれますが、
「親から捨てられた」と苦悩していた青年が、(読んでいませんが)素晴らしいと言われる小説を沢山残しています。


前に新宿歴史博物館こちら)へ行ったときに知ったのですが、
夏目漱石さんも、裕福な所に生まれたのですが5人目の末っ子だったため他所に2回養子に出されています。
2回目の養子先が離婚したため実両親の元に戻っていますが、養父との金銭面なことも含めて複雑な人間関係に巻き込まれています。


両親の元、愛されて育った人、
それとは反対に親との確執があって、
苦悩がありつつ、それゆえに素晴らしい作品を残していく人、、。


後世に名を残す人、、って幸せだな~なんて「安易な発想」があったのですが、
幸せってどういうものなのか?
なんてちょっと考えてしまいました。




お付き合いくださっていありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

豆のシチューと、カルフォルニアロールの失敗

<2012年5月11日~13日 7才0ヶ月>



5月11日(金曜日)に急に「南米系の豆料理が食べたい!」と思ってしまいました。



ずいぶん前の独身時代に、
南米の方と結婚したお友達がいて、
彼女がホームパーティをひらいてくれた時に作ってくれたフェジョアーダが美味しかったな~。
(フェジョアーダは黒豆と肉を煮込んだものです。
見た目は黒くてお汁粉みたいに見えるのですが、味はしょっぱいのです。
見た目のギャップを楽しみました。)



メキシコの豆料理も美味しいです!


自分で作ることを考えました。



こんなのを買ってきました。


1205110310_convert_20120517080923.jpg



ベーコンと玉ねぎを入れて、コンソメで煮る、、、と考えていたのですが、
「こっちの方が簡単だわ…」、と急遽シチューに変更してしまいました。



1205110311_convert_20120517081005.jpg




お豆が沢山入っていて美味しかったです!



紺太郎は手の平をひらひらさせたり、親指を下にしたりして(まあまあ&BADという意味)、
「ボクはあまり好きじゃない~」と言っていましたが、
次の日は「やっぱり美味しい~」と気に入ってくれてよかったです。



今度カレーも作ってみようかな~。


***


最近アメリカ産のアボガドが4個パックで安く売っていることが増えました。


急に「カルフォルニアロールが食べたい!」と思い、5月13日(日曜日)に作ってみることにしました。



材料は、アボカド、キュウリ、カニカマ、サーモンの刺身です。
(サニーレタスとか入れてもよかったかな?)


1205130003_convert_20120517081408.jpg




作ろうとすると、


1205130007_convert_20120517081451.jpg




紺太郎も「ボクもやりた~い。お手伝いしたい~。だって、今日は母の日でしょ~」と。



1205130008_convert_20120517081609.jpg





夕方6時過ぎに、、、急に「母の日」を持ち出されても、、、、。
単にやりたいだけでしょう(笑)?




ちなみに幼稚園では「母の日」に何か作ってきてくれたことがありましたが、
小学校では「母の日」も「父の日」もそれぞれの家庭事情が違うから、、ということで何もしないそうです。




一緒にやったのですが、、
きゅうりを大きく切りすぎたのか、、巻き方が下手だったのか、、
不器用なのか、、失敗~~。
上手く巻けませんでした。。


1205130009_convert_20120517081640.jpg





食べてボロボロ落ちてくる巻き寿司でした。。。



1205130012_convert_20120517081722.jpg




巻き寿司って難しいんですね。。
アボカド大好きなので、今度リベンジをしたいと思っています。




***

ついでにもう一つ、食べ物ネタを。。
最近初めて「冷凍のスパゲッティ」を買ってみました。
結構美味しいんですね~。
知らなかったです。
冷凍食品が半額セールの時など安いので買って一人のお昼ご飯などに活用したいです。


CA5D9S2Q.jpg
(蟹のトマトクリームや(メーカーが違う)明太子など美味しかったです。)






「冷凍スパゲティーは美味しくない…」という勝手なイメージがくつがえりました。



**

ついでに週末ネタも一緒に。

13日(日曜日)は家でゆっくりしたのですが、
12日(土曜日)は紺太郎が「自転車に乗りたいの~」と言うので、
代々木公園のサイクリングコースへ行ってきました。


1205120002_convert_20120517085459.jpg





「行くのメンドウ…」と思ったのですが(笑)、こんなに嬉しそうな顔をみせてくれて、
行ってよかったな~、、と思いました。




お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

算数おもしろ大辞典IQ

<2012年5月13~15日 7才0ヶ月>



ここ数日紺太郎がはまっている本のご紹介です。


「算数おもしろ大事典―IQ [大型本]  学研」です。






amazonめぐりをしていた時に、レビューがとてもよかったので、中古で買ってみました。



「小1だと早いかな?まあでも置いておいて、興味をもったときに活用してくれればいいや」
という気持ちでした。






本が届いて「こういう本があるからね~」と声をかけたのですが、
表紙の「IQ」「いっきゅう」のフリガナと「一休さん」のイラストが書かれていて、
「あ~、一休さんだ!」
と嬉しそうに本をめくりはじめました。


CAPMYXGY.jpg



紺太郎は前に「一休さん 寺村輝夫」の本が気に入ったことがあります。
こんなことが興味を持つキッカケになるとは思っていませんでした(笑)。









読んでみたら楽しかったようです。


(5月11日)


1205110314_convert_20120517080213.jpg

1205110315_convert_20120517080253.jpg




算数の歴史や逸話がイラスト付きで多く紹介されています。


CA4AIAO3.jpgCASVEN3K.jpgCA6FK29A.jpg




本の一番後ろには(切ってする)紙のパズルが何個かついています。
それにもはまっていました。


(5月13日)
(部屋がちらかっていて失礼します。。)

1205130001_convert_20120516085825.jpg






5月15日(火曜日)は、学校からかえっておやつを食べて宿題をしてから、
ず~~っとこの本にはまっていました。
夕飯を食べた後も、寝る時間になっても「もっとやりたい~」と言っていたくらいでした。



6枚の三角のカードをつかって「年齢あてゲーム」(相手が考えた1~60までの数字をあてるゲーム)です。


「あなたの数字はこの中にありますか?」と1枚、1枚聞いていって、
「ある」と答えたカードの一番上を足していって数字をあてるものです。
2進法を応用しています。



1205150021_convert_20120516090008.jpg



「あなたの数字はこの中にありますか?」というセリフを言うのが楽しいようで、、
何度も、、何度もつきあわされました。。。。。
「もういいかげん、やめようよ・・・」、、と思いましたが(苦笑)。



1205150023_convert_20120516090039.jpg




マンガで
「豊臣秀吉が織田信長に「山の木の数をかずえよ」と言われて、どのような方法を使ったか」が書かれていて、私が読んでも「ほぉ~」と思ってしまいました。



1205150028_convert_20120516090110.jpg
(↑姿勢が悪いです。)



何かに触発されたのか、ノートに足し算の数式をゴチャゴチャと書いていました。
前にテレビで見たインド式計算に影響されているみたいです。




1205150033_convert_20120516090220.jpg


 
(↑持っていません)



分数などまだわからないようなことも入っているので、
いつまでブームが続くかわかりませんが、長く使えそうな楽しい本でした~。



***


ここ数日の学校の記録です。

14日(月曜日)「自宅確認訪問」で担任の先生がいらっしゃいました。
事前に「いつ行きます」などの通知はありません。


学校から帰ってくると、
「今日はA町とB町だって~」と紺太郎が言っていたので、
「(違うので)じゃあ、この日はないな、、」と思っていました。



ところが5時半過ぎに「ピンポーン」と。。


とても暑い日だったので、私はノーブラにTシャツ姿でした(苦笑)。
先生をお待たせするわけにもいかず、、そのままで。。。
腕の動きが不自然になってしまいました(笑)。


まあ、胸は小さいですし、大きな柄が入っていて色の濃い紺のシャツだったので、、わからなかったと思いますが…。



「明日は雨の予報なので、できるだけ今日まわりたくて~」と先生はおっしゃっていました。


自宅確認だけだったので、中にも入らず大した話はせずに、
「お世話になっています~」で終わってしまいました。



**



せいかつの授業「あさがお」の種を蒔いて、残った種を持って帰りました。

ベランダの鉢植えに植えたら芽がでてきました。


(5月15日)

1205150015_convert_20120516085904.jpg



朝顔を植えるなんて○十年ぶりかしら~。
芽を見て、ちょっと嬉しくて心が少し踊りました。


***


初めての宿題「おんどく」です。


(5月15日)(14日にも音読の宿題がでていたそうなのですが、忘れたそうです。)

1205150020_convert_20120516085938.jpg



5回、、読むそうで。。
多いな、、、と思ってしまいましたが、、
がんばってね~。



お付き合いくださってありがとうございました

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : この本買いました
ジャンル : 本・雑誌

「ことばキャンプ」体験会

<2012年5月6日 7才0ヶ月>




GWの最終日、5月6日(日曜日)
のことです。
この日は恵比寿「ことばキャンプ」の体験教室に参加しました。



『ことばキャンプ』とは、子どもたちが自信をもって、人とコミュニケーションできるようになるためのトレーニングプログラムです。




こちらを主催したのJAMネットワークの代表者の高取しづかさんのブログ、
「子育て本14冊高取しづか「自立した子の育て方」」をいつも拝読していまして、こちらの体験会があることを知りました。




高取さんはコーチングの資格ももっていらっしゃって、
私は高取さんの著書も何冊か持っています。

   



JAMネットワーク子ども達のコミュニケーション能力育成を目指しているNPO法人です。
駐在員の旦那様と家族とともにアメリカで暮らしていた母親達が集まって発展した仲間だそうです。



↑の本「じぶん表現力エクササイズ」の中の「まえがき」にこんなことが書かれていました。


「アメリカでは、子ども、夫、私達それぞれが、英語に悪戦苦闘しました。
でもそれは、単に英語力がないという問題ではなく、じぶんたちに
『ことばによるコミュニケーション能力』が足りないからだ、
ということに気がついたのです」





このことは、、すごく日々私が紺太郎(&自分も)に対して痛感していたことでした。



春休みの韓国旅行で、ホテルのエレベーターで会った気さくなおじ様が、
「グッドモ~ニング!」と紺太郎に話しかけてくれても、、
蚊の鳴くような声で、、「グッドモーニング…」とボソっとクネクネと言うだけ。


「ボク、韓国語を習いたいの~」と夫に韓国語を習っていたのに(どうでもいいですが、こちら)、
旅先で会う「アンニョンハセヨ」にも恥しがっている始末。。



英語の幼稚園に行ったのに、、、。。
英語習得だけが目的であの幼稚園を選んだのではないのですが、
なんとも「もどかしい」気持ちがありました。




英語を話すのに「文法や発音より、声の大きさが大事なのに、、」、
紺太郎に足りないのは、、英語力ではなくて「コミュニケーション能力」だ、、
と常々感じていました。
英語、日本語の問題ではなく・・・。




本の中には色々と参考になる方法が書いてあるのですが、
「自分でやる」、、となると中々できなかったりしていましたので、
「ことばキャンプ」の体験会があると知って喜んで出かけていきました。





恵比寿ガーデンプレイス内でありました。


1205060297_convert_20120515053438.jpg



教室に入ると、ブログのお写真でいつも見ていた高取さんがいらっしゃったので、
つい話しかけてしまいました。
とても優しそうな方でした~。



ホワイトボードにはこんなことが書かれていました。

「度胸力」「論理力」「理解力」「応答力」「語彙力」「説得力」「プレゼン力」こちらの7つの力をつけていくキャンプ、、ということです。


1205060299_convert_20120515053515.jpg





子ども達9人ほどが参加していました。


まず自己紹介です。
担当の先生が、
「お名前を言って自己紹介してください。
そして1つ『あなたの一番好きな場所』加えてください。」と言います。



子ども達が、、
一人ひとり名前を呼ばれて自己紹介します。


「●●です!一番好きな場所は公園です!」
「ボクも公園です。」
「ボクは学校です。」


とみんな元気にハキハキと名前と好きな場所を言っていました。





紺太郎の名前が呼ばれました。
小さな声で「●●紺太郎です…。」と言ったあと、、
今にも泣きそうな顔になって目をパチパチしたクネクネが始まりました。。





(私の心の声)、
「出た~~~~~!あのクネクネ。」



幼稚園の運動会の空手の発表の時、
自治会の歓迎会の自己紹介の時、、
いつもいつも、、体をクネクネさせて、、モジモジして目をパチパチさせる姿。。



こちらからみると、、
「もっとシャキっとすればいいのに…」とつい思ってしまう姿。。
まあ、、これが紺太郎なので、、仕方ないのですが…。






クネクネが続きます。







先生が「思いつかない?」
「好きな場所はどこかな?」と聞いてくれますが、
答えず…。。。。。。。。。







「じゃあ、一番最後に聞くから、考えておいてくれる?」
と一度席に戻りました。
先生、やさしい~。




そして、他の子の自己紹介が全員終わりました。
「ねこの上です」というユニークなことを言っているお子さんもいました^^。





「紺太郎くん、考えた?」と先生がもう一度声をかけてくださいました。





うなずいて、、前に出る紺太郎。。





小さな声で発表しました。






「ボクの、、、好きな場所は、、、ふとんの中です。」





だそうで…(笑)。





この答えについては、、色々とツッコミたい気持ちがあるのですが、、
今日はやめておきます…(苦笑)。





それからゲームが始まりました。
「どっちにする」ゲームは、
「ケーキとおまんじゅう、どっちにする?」と子どもに問いかけて、
手をあげさせるものです。
「好き、キライ」とかの条件はありません。
ただ選ぶのです。

他にも「聞き取りゲーム」や「伝言ゲーム」がありました。
紺太郎は楽しそうにやっていました。


taiken-image2.jpg
(画像はリトルランドより)



そして、
子ども達を別室に集めて、親達へ高取さんのお話がありました。


高取さんによると、
アメリカでは小4の子どもが立派にプレゼンをしている。
でも幼稚園の頃は日本の子と同じように恥しがり屋の子達です。
でも訓練で変わるのです。

とのことです。



オバマ大統領と日本の首相のプレゼン力の違いなども話されていました。




「ことばキャンプ」は10回あって、
10回終わると子どもは人前で堂々とプレゼンができるまでになるそうです…。




(費用のことは置いておいて、)私にはすごく魅力的です。
5月22日(火曜日)が開講で4時から4時50分まで恵比寿であります。




参加したいのですが、、
火曜日は3時に学校が終わるので3時半ごろ家に帰ってきます。
4時に恵比寿はちょっと無理なんですよね・・・。
残念です。。




土日や、夏休みなど長期休暇にクラスがあれば参加したいのですが…。



子ども達が教室へ戻ってきました。
別室で「読み聞かせ」や「スリーヒントクイズ」をやっていたようです。



後で聞いた話によると、
紺太郎は「スリーヒントクイズ」では「答えに電車」を選んだそうです。


「それは動くものです。」
「それは電気で動きます」
「それは長いです」
などと3つヒントを出して、周りの人に答えをあててもらうゲームです。



親の所へ戻って、
「もっとやりたい人~」と言われて、紺太郎が手をあげて(別の問題で)やっていました。
ヒントをうまく考えられなくて先生に助けてもらっていましたが、
人前で話すのを嫌がっていなかったので、少しホッとしました。




終わって教室の感想を聞いてみると、
「楽しかった~~!レベル5で星5つ!」
と答えていました。



「(紺太郎が気に入って通っている)英会話教室は?」と聞くと、
「星4つか、5つ~」と答えていたので、よっぽど楽しかったのでしょう。




スタッフの皆さんは笑顔が素敵で優しそうな魅力的な方々ばかりでした。
あの雰囲気が、初めはクネクネして恥しがっていた紺太郎を変えたのだと思います。





「ことば表現力」の本の前書きに話は戻るのですが、


(高取さんがアメリカで)
「あなた、どう思う?」と聞かれて、じぶんの考えが言えずにうつむいてしまったり、相手の話に気のきいたことばが返せずに会話がとぎれて気まずい空気が流れたり、説明不足で相手から誤解をうけたり…冷や汗ものの体験を沢山しました。

英語でどう表現するのではなく、それ以前に「気持ちや意見を、キチンと相手にわかるように伝える力」や「相手の話をしっかり聞いて、それに反応する力」が身についていないと痛感したのでした。


とありました。
私も海外で同じような体験をしてきました。
海外だけでなく国内でもですが…。



「ことばキャンプ」は今回は残念ながら参加できませんが、
まわりの大人ができることがありそうです。



とくに私は紺太郎に聞く前に、
自分で判断して「こうだろう・・・」と推測して行動してしまう「せっかち」がところがあります。
「相手の話をしっかり聞く」ことをせずに、話の途中に突っ込んで笑いを取りにいったり…。



外で何かあった時に、「自分で言いなさい」という場面でも、
「ヤダ~、ママが言って~」と逃げてしまうこともあるので、
少し子どもから私が離れることも必要かな。。
まあ、まだ小学校へ入ったばかりなので、これから親から離れて行動していくことがどんどん増えていくと思いますが…。




親子共にコミュニケーション能力をあげていきたいものです…。




もし「ことばキャンプ」に興味のある方は、こちらです。
ちなみに、こういう新刊も出ています。








長いのにお付き合いくださってありがとうございました。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

プロフェッショナル~スジを通せ 鉄道ダイヤ作成

<2012年5月4日、13日 7才0ヶ月>



やっと、やっと、、前回で春休みの韓国・釜山の旅行記が終わりました。
長いのに、お付き合いくださった方、、ありがとうございました。
自分で書いていても、、長かったです…(苦笑)。。




日常のことはGWの後半(5月3日)から日記が止まっていますが、
GWの後半は群馬に1泊で遊びに行きました。
1泊でしたが、楽しい充実した休日でした~。
GW明けは元気に紺太郎は学校へ通っています。



群馬旅行のことも書きたいのですが、
先に、(紺太郎と同じように)鉄道好きなお子さんをお持ちの方がこのブログを読んでくださっているかもしれませんので、ご紹介です。



うちは衛星放送はアンテナが壊れてしまい、見られないので、
大好きな海外ドラマの「デスパレートな妻たち7」NHKのオンデマンドこちら)を利用して見ています。



オンデマンドはお金を払って(大体、1話210円)、パソコンでNHKの番組が見られるようになっています。



先日、オンデマンドのHPをみていましたら「5月は視聴は無料」というキャンペーンをやっていて、
そのキャンペーンの中にこんな番組を見つけました。


プロフェッショナル~仕事の流儀~サラリーマンはスジを通せ 鉄道ダイヤ作成~牛田貢平です。
(2010年放送)



スジ屋さんとは鉄道の運行計画をたてる人です。
スジとは列車運行表に引かれた列車の動きを表す線のことです。
ダイヤ改正や、遅延がでたときに、線を引いてスジを決めるのがスジ屋さんの仕事です。
そのスジ屋さんの牛田貢平さんを紹介した番組でした。




nhksujiya.jpg
(画像はNHKより)





↓スジです。グラフのようで左端の縦軸が駅名、横が時間になります。


CAXDN1Y9.jpg


将来の夢「鉄道会社で働くこと・・・」の紺太郎に、「いい番組を見つけた!」と思い、さっそく見せてあげました。




(5月4日)


1205040014_convert_20120513145546.jpg


真剣に見ていました。



前にブラタモリで「地下鉄スペシャル地下鉄の管制室を見学している時に、「丸の内線」に遅延がでて、スジ屋さんがダイヤを調整していた場面がありましたので、「スジ屋」というのは初めての言葉ではありません。



鉄道会社にも色々な仕事があることを見せてあげられてよかったです。



1日の運行本数が東西線だけでも600本(平日)あるそうで、
牛田さんが手がけたダイヤで、クレームが10の1に激減したそうで…。

牛田さんは地道に駅のホームに立ち、
列車の遅れ具合や乗客のボリューム等をじっと観察して
それをダイヤに反映させていました。


「列車ダイヤは机の上で作るのではなく、現場で作る」と。


もし鉄道関係の仕事以外についたとしても、
こうやって「プロフェッショナルに」真摯に仕事に向っている人の姿を見せてあげられるので、
いい番組だと思いました。



また何か興味がありそうな人の回を見せてあげたいです。



5月中は無料ですので、
見逃して、ご興味のある方は是非~(こちらです)。




お付き合いくださってありがとうございました。
5月13日(日曜日)、この日記を書いて、
↑のスジを画像検索をパソコンでしていたら、
紺太郎が「もう一回スジのやつ(番組)見る~」と、また要求されました。
7才の子にもこの番組は面白かったようです。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

釜山旅行・その11、夕飯と帰国とお土産

<2012年4月5、6日 6才11ヶ月>



4月5日(木曜日)、私の母と紺太郎と3人の釜山旅行、3日目の続きです。
(その10はこちらです)



釜山タワーがツアーの最終地で、ホテルに戻ったのは夕方4時頃でした。
そこから初めてのフリータイムになります。
夕飯も自由です。




私がお腹を壊して体調が悪かったのもありますし、
母も疲れて、ホテルから出て遊び歩く気力がありませんでした。




ホテルの近くで「足ツボマッサージ」30分やってもらえる場所を、
私だけちょっと歩いて探したのですが、
60分コースしか見つからなかったです。
(コモドホテルのすぐ横と、ホテルの人に聞いたら「車で送迎」してくれる場所がありました。)



30分間なら、母と私がやってもらっていても、
紺太郎は横で何かしらできると思うのですが、
60分間、紺太郎をマッサージしている横で待たせるのは難しいと思ったので、
マッサージは諦めました。




ホテルの部屋で母娘で足を揉み合っていました。



夕飯を決めなくてはいけません。
図書館で借りたガイドブックには美味しそうなレストランの写真が沢山載っています。









しかし、、
私は(お腹壊し中で)食べられませんし、、
母も「ホテルの前(に数軒あるお店)でいいわよ~。」と言うので、
店外の「うどん」の写真につられて、日本食レストランに入りました。
(ガイドさんはホテルの周りはお勧めしていなかったです。)



「うどんなら食べられるかな~?」と思いまして。。
それに、、体調が悪かったせいか、、
キムチとか、、ニンニク、、唐辛子、、ごま油の臭いが、、「もうダメ~」という気分です。



しかし、席に座って「うどん」を注文すると、、
「うどんはない」とのこと…orz。



「ラーメンならある」とのことで紺太郎の為に注文。
母は「お腹すいていない」と言うので、
「お寿司のにぎり」&次の日の朝食用に「巻き寿司」をテイクアウトでお願いしました。



ホテルのお土産屋さんで「韓国の電車のおもちゃ」を買いました。
甘やかしすぎかな?と思ったのですが、
韓国でしか買えないものなので、「いいかな・・・」と思いまして。。



1204050563_convert_20120509223954.jpg



ラーメンが来ました。
(写真を撮り忘れたのですが、)
予想はしていたのですが、ラーメンはインスタントでした。
そして唐辛子入り…。



「辛い~」と言いつつ、紺太郎は食べていましたが…。
母が麺をお茶で洗ってあげていました…(苦笑)。



インスタントのうどんとか持って来れば良かったな~、、としみじみ思いました。
やはり食事は、、慣れているものが恋しくなります。
体調が悪いと、、特に…。






紺太郎がラーメンを食べ終わり、母はホテルに戻りました。
私は先ほどホテルの周りで「マッサージ屋」を捜し歩いていた時に、
「ホットサンド屋さん」を見つけていて、
それなら食べられるかな?と紺太郎と二人で行きました。



これまでホテルの外でも「日本語」を話せる人が多かったのですが、
ハングル語しか話せないおばさんの小さなお店です。
「寒いから中に入りなさい」と台所みたいなところに入れてくれて親切でした~。
(普通は道路で待つお店です。)
中には一人の「近所のおばさん?」がテレビをみてお茶を飲んでいましたが、
ハングル語で色々話しかけてくださいました。



おばさん 「寒いね~(ハングル語)」(ジェスチャーでわかりました)
私    「コールド、コールド」(ジェスチャーつき)



みたいに会話していました。
英語もわからなかったようで、値段を聞くにも、、一苦労で、
もっとハングル語を勉強してくればよかったな~と思いました。
でも、、温かい人柄の韓国の人と触れ合えたような気がして、
いい旅の思い出になっています。



紺太郎はせっかくパパにハングル語を教えてもらっていたのに(こちら)、
恥しがり屋で、、
「アンニョンハセヨ」も言えませんでした…。



パンには、卵とハムが挟んでありました。
ホテルにパンを持ち帰って、
紺太郎が「おいし~」と半分くらい食べました。



旅の思い出と言えば、
あとホテルの前のお土産屋さんのおばさんも頭にカーラーを巻いたままで、
いい味だしていました^^


そこでは、青磁の「一輪さし」をお土産に義母に買いました。




1204270048_convert_20120509224329.jpg





4日目(4月6日・金曜日)の帰国の朝です。



朝食べた「のり巻き」は(私は食べられなかったのですが)美味しかったようです。
(食べかけで失礼します。)
(「握り寿司」も美味しかったそうです。)



1204060564_convert_20120509224044.jpg



↑ここまで書いて、、自分でも思うのですが、
ほんと、、どうでもいいことばかりですみません~(苦笑)。
今回に限ったことではありませんが…^^;



8時半にホテルを出発です。




いつも旅行の時には立ち寄る大手スーパー
ホテルの近くになくて(小さなコンビニのみ)、
ゆっくり食料品の買い物ができなかったのが心残りだったのですが、
空港へ行く途中に「キムチ店」に寄るのがツアーで入っていました。



そこには色々と買いたいものがそろっていてよかったです。
柚子茶や、韓国ノリ、、そして買いたかったホンチョ(赤酢)がありました。




1204060565_convert_20120509224126.jpg

 





ホテル前のコンビニでも1本(ざくろ)買っていたのですが、
ラズベリーや、ブルーベリーもあったので、追加で購入です。


日本の近所のスーパーですと、980円で売っているのですが、
そこでは570円でした。




そして無事に帰国しました~。



空港で買った「お菓子」を夫に見せたら、、
(夫はハングル語がわかるので)
「マイチュー」というそうです(笑)。
真似したんでしょうね、、味は「ハイチュー」とそっくりです。



1204070008_convert_20120509224222.jpg




韓国旅行、、、体は疲れましたが、楽しかったです。
今回はツアーの楽な面、?な面を両方体験しました。
でもお天気にもめぐまれ、ガイドさんもいい方でよかったです~。



2時間くらいの飛行距離で近いですし、
異文化を楽しめていいですね。
またいつか行きたいです。


あと、こちらのツアーは東武トラベルで申し込みました。
春休みに清水公園へ行った時(こちら)に東武野田線でパンフレットを見つけたのがご縁でした。
東武トラベルで旅行を申し込むと、東京スカイツリーへの展望券が2枚ついてくる特典があったので、
(7月まで特典の予約が一杯だったので、)9月にスカイツリーへ行こうと思います。


このキャンペーン2012年9月30日までやっているようです。




長くなってしまった韓国旅行記、お付き合いくださって、
どうもありがとうございました!




遊びにきてくださってありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 韓国旅行
ジャンル : 旅行

釜山旅行・その10、釜山タワーからみた風景

<2012年4月5日 6才11ヶ月>



4月5日(木曜日)、私の母と紺太郎と3人の釜山旅行、3日目の続きです。
(その9はこちらです)




西面(ソミョン)に続きまして向った先は釜山タワーです。
この日のツアーの最終地になります。



釜山タワー龍頭山公園の中にあります。
大きな鐘があります。


1204050501_convert_20120509222434.jpg




ガイドさんによると、「釜山市民のほとんどの人が、この花時計の前で写真を撮っている」そうです。
ガイドさんの家にも、この花時計の前で撮った子どものころの家族写真があるそうです。




1204050504_convert_20120509222554.jpg





年配の方が将棋をやっていました。
青空の下、、、将棋をやるんですね~。


1204050506sho義





龍頭山公園なので、、龍がいます。


1204050508_convert_20120510162619.jpg




タワーの上に上ります。


1204050511_convert_20120509222757.jpg


1204050514_convert_20120509222916.jpg




日本から見たのと違って、、何となくパワーを感じます。。
街に活気があるというか、、元気なような気がします。



1204050520_convert_20120509223036.jpg


1204050522_convert_20120509223131.jpg




人口は340万人だそうです。


1204050523_convert_20120509223343.jpg






色とりどりの建物がカワイイです。



1204050537_convert_20120509223523.jpg




タワーを下ります。
昔の釜山の写真などが展示されていました。

1204050545_convert_20120509223646.jpg


1204050547_convert_20120509223805.jpg



メダルを買いました。


1204050554_convert_20120509223854.jpg





これでツアーが終わり、ホテルに戻りました。


3日目続きます~。
次で釜山旅行記は最後になります。



お付き合いくださってありがとうございました。
はいだしょうこさんがご結婚されたのを今日知りました~。びっくりしました。
おめでとうございます~!

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 韓国旅行
ジャンル : 旅行

釜山旅行・その9、西面(ソミョン)の街をブラブラ

<2012年4月5日 6才11ヶ月>



4月5日(木曜日)、私の母と紺太郎と3人の釜山旅行、3日目の続きです。
(その8はこちらです)



龍宮寺を後にしまして、西面(ソミョン)(←地名)でランチです。




トッペキです。
お味噌汁に唐辛子が入っているもので、、辛いです。


1204050454_convert_20120508181330.jpg

(母は↑のスプーンをお土産に買っていました。)



食堂のおばさんが親切に、
「子どもに辛い物はかわいそうだから、トッペキより値段は高いけど、
同じ値段でいいから、「あわびのおかゆ」にしてあげる」
と言ってくださいました。
ありがとうございました~。



1204050457_convert_20120508181412.jpg




紺太郎は「おいし~」と大満足でした。



「ママの作ったご飯より美味しい~」とまでも…。
一言多いです…(笑)。





私は前回の日記にも書きましたが、前の晩にお腹を出して寝てしまい(苦笑)、
お腹壊し中につき、、ほとんどお昼は食べられませんでした。



お腹を壊したのは苦しかったです。
日本へ帰ってからもしばらく元に戻らなかったです。。
でも「不幸中のナンとか、、」とでも言うのでしょうか、、
4キロ痩せました…。



でも2、3キロのリバンドしましたけどね(笑)。
帰国後、リバンドする前に珍しく夫から「痩せた?」と聞かれました。



痩せるのは嬉しいことですが、、、
やはり健康で生活することが幸せなことだと、、実感しました。



食べたお店は1日目(こちら)に行ったロッテ百貨店(免税店)の目の前でした。


1204050458_convert_20120508181449.jpg





ガイドさんが「西面(ソミョン)を見ますか?」と言うので、
「じゃあ、ちょっとだけ…」と答えました。


「ちょっと」と言うのは、5分か10分くらいのつもりで言ったのですが、
30分くらい歩いてくれました。
西面(ソミョン)観光の代わりに釜山水族館こちら)へ行ってくれたようだったので、
少し申し訳なかったです。



西面(ソミョン)は若者が集まる繁華街です。


1204050460_convert_20120508181537.jpg


1204050461_convert_20120508181637.jpg





韓国は選挙中で、、マスコットとパチリ。。


1204050464_convert_20120508181719.jpg




地下のショッピング街を歩きました。


1204050466_convert_20120508181758.jpg




友達にチャングンソクの大ファンで、
空港まで追っかけている子がいるので、、その子へのお土産にポスターをパチリ…。
(現像して送ってあげたら、喜んでいてよかったです~。)


1204050468_convert_20120508181833.jpg





地下鉄乗り場です。


1204050469_convert_20120508181913.jpg




紺太郎、、韓国の路線図にも興味津々です。


1204050472_convert_20120508181953.jpg




地上に戻ります。


1204050477_convert_20120508182133.jpg


1204050478_convert_20120508182217.jpg





屋台を見て、紺太郎が「コレほしい~」と、、木製のペン立てを欲しがりました。
「どうしても!」と言いますし、
3000ウォンで安かったので(約240円くらい)、、、まあいいか、、と買いました。


1204050479_convert_20120508182259.jpg





観覧車にクマが乗っているものです。
大喜びです。
こんなのが好きなんですね~。


1204050486_convert_20120508182337.jpg





今は机の上に飾ってあります。

CAHQE6BO.jpg





3日目続きます。



お付き合いくださってありがとうございました^^
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 韓国旅行
ジャンル : 旅行

釜山旅行・その8、釜山水族館とヘウンデの海岸

<2012年4月5日 6才11ヶ月>



4月5日(木曜日)、私の母と紺太郎と3人の釜山旅行、3日目の続きです。
(その7はこちらです)




当初の予定ですと、龍宮寺のあとは昼食の予定でした。



でもガイドさんが提案をしてくださいました。
「昼食後の午後に行く予定の西面(ソミョン)は街を見るだけ(&ショッピング)です。。
西面(ソミョン)より、ヘウンデ(海雲台)に水族館があるので、そちらに行きますか?
お寺続きでしたし、、紺ちゃんには楽しいと思いますし、海岸がすごくキレイですので~。」
と。


私はそんなに水族館には興味がなかったのですが、
母と紺太郎が「行きたい」と言うので、釜山水族館へ行くことにしました。
(入場 大人19000ウォン、子ども15000ウォン)
ガイドさん、ありがとうございます~。


1204050368_convert_20120507165426.jpg





50分の見学時間をいただきました。


1204050374_convert_20120507165555.jpg




紺太郎、興味津々です。


1204050375_convert_20120507165514.jpg



かわったクラゲがいました。


1204050385_convert_20120507165640.jpg


1204050387_convert_20120507165726.jpg




水槽のトンネルもありました。

1204050398_convert_20120507170119.jpg




大きな水槽があり、サメやエイがいました。
沖縄ちゅらうみ水族館こちら)の水槽を少し小さくした感じです。


1204050405_convert_20120507165814.jpg




紺太郎も母も水族館を楽しんだようでよかったです。



私は、、前の晩にお腹を出して寝てしまい(苦笑)、お腹を壊し中でした。
水族館の「磯の香り」が、、、ちょっと辛かったです。





釜山水族館のすぐ裏がヘウンデの海岸です。



1204050417_convert_20120507170206.jpg


1204050419_convert_20120507170257.jpg




紺太郎はカモメの群れに突進していました。


1204050430_convert_20120507170506.jpg

1204050431_convert_20120507170551.jpg


1204050434_convert_20120507171333.jpg




こちらの海岸はモナコをイメージして作られたそうです。


1204050437_convert_20120507170641.jpg





海水浴のシーズンには、水着姿で貴重品を持ち歩かなくていいように
腕輪のようなものをして、それで飲食などを払い、
↓の機械で最後に清算するそうです。便利ですね~。


1204050438_convert_20120507170743.jpg



夏はパラソルが沢山並ぶようです。
パラソル数のギネス記録があるそうです。


heunnde_20120510081448.jpg
(画像は旅スケのチビとクマさんより)




海岸を後にします。
釜山は日本より北ですし、東京で桜がまだだったので、
桜は見られないと思っていましたが、滞在中に咲き始めてよかったです^^


1204050442_convert_20120507171743.jpg




1日目に夜景を見に行った広安大橋(クァンアンおおはし)を通ります(こちら)。


1204050446_convert_20120507165514.jpg






橋のすぐそばには高級高層マンションが建ち並びます。


1204050443_convert_20120507171831.jpg


1204050446_convert_20120508102302.jpg



遊園地もあります。


1204050447_convert_20120508102410.jpg





普通のマンションもあります。

1204050450_convert_20120507172014.jpg




3日目続きます~。



お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 韓国旅行
ジャンル : 旅行

釜山旅行・その7、岸壁に建つ龍宮寺

<2012年4月5日 6才11ヶ月>



4月5日(木曜日)、私の母と紺太郎と3人の釜山旅行、3日目の続きです(その6はこちらです)。




山の中にあった梵魚寺を後にして、海辺に向います。
広島でみる漁村と同じ風景だな~、なんて思ってしまいました。



1204050318_convert_20120504003431.jpg




次の目的地は龍宮寺です。




駐車場からはお土産屋さんが並びます。


1204050320_convert_20120504003508.jpg




干支の12子の像が並びます。


1204050327_convert_20120504003954.jpg






ガイドさんが「自分の干支の前で写真を撮るのが恒例なんですよ~」とおっしゃるので、
紺太郎は鳥の前で撮ります。
(帰りも「撮って~」と言われて撮りました。)
母も私も撮りました。

1204050324_convert_20120504003911.jpg








入り口です。
ここから下っていきます。
お寺って上っていくのが多いのに、、めずらしいです~。

1204050328_convert_20120504004038.jpg



龍宮寺岸壁に建つ寺院です。


1204050346_convert_20120504005005.jpg


1204050336_convert_20120504004239.jpg




4月8日のお釈迦様の誕生日が近いから?なのか、、
すごい人でした。





改装工事中で、やぐらで目が隠れてしまいましたが、
金ぴかの像です。
容貌を見て七福神を思い出してしまいました。



1204050338_convert_20120504090204.jpg



本堂を通り過ぎて、本堂を背にして右側の崖に少し上ります。


1204050341_convert_20120504004328.jpg

1204050344_convert_20120504004542.jpg





崖を下ります。
この豚も金ぴかです。
韓国では「金の豚」は縁起がいいそうです。。


1204050345_convert_20120504004904.jpg



↑紺太郎のやる気のないピースに笑ってしまいます。
撮っている時はどんな顔をしているかわからないもので…。




今度は本堂からを背にして左側へ行きます。


1204050348_convert_20120504005041.jpg





紺太郎、、海を眺めます。。


1204050352_convert_20120504090251.jpg



駐車場方向へ戻ります。
学業世就仏です。
小学校入学式前だったので、よくお祈りしておきました^^。


1204050354_convert_20120504005119.jpg



桜が咲いていました。


1204050356_convert_20120504005201.jpg




お土産屋さんの通りで、ガイドさんがお菓子を買ってくださいました。
「モミジまんじゅう」のような味で中にあんこが入っているのですが、
まわりがホワホワの生地で美味しかったです~。


1204050362_convert_20120504005245.jpg




ガイドさん、とっても笑顔がチャーミングな可愛い方で、
紺太郎のことも、
「こんちゃん、こんちゃん」と可愛がってくださってありがたかったです~。



車に戻りました。
私は自分で言うのもナンですが、、鼻筋は通っています。
でも紺太郎は、、夫の家系の「だんご鼻」です。
ちょっと「豚の鼻」みたいだな~(笑)、、と「金の豚」を見たばかりだったのでそう思ってしまいました。


1204050367_convert_20120504090127.jpg





3日目続きます。


(追記)
大桃美代子さんが龍宮寺を訪ねた時のブログ(こちら)を読んだらこんなことが書かれていました。

「以前有名な民族学者のかたとお話させていただいた時、
「浦島太郎が行ったのは韓国だから」と言っていたことを思い出しました。
魚介類が沢山で、色彩が豊かで・・・
確かに!」


へぇ~、と思ってしまいました。
浦島太郎の謎(こちら)、、もっと知りたいです~。



もしかして、
韓国へ行ったら、キレイで、あまりにも楽しくて、
おじいさんになるほど滞在して日本に帰ったけど、
周りの人は自分のことを覚えていなかった。
楽しかったから自分は「アッという間、少しの時間」だと思っていたけれど、
本当は長い年月が経っていた、、、
「(自分は若いつもりだったけど)おじいさんになっていたことを自覚した…」
という話なのかしら…??




お付き合いくださって、ありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村


テーマ : 韓国旅行
ジャンル : 旅行

釜山旅行・その6、梵魚寺&人の歯ブラシを使える?

<2012年4月5日 6才11ヶ月>



4月5日(木曜日)、私の母と紺太郎と3人の釜山旅行、3日目の朝です。
(その5はこちらです)



この日もツアーです。
日本の旅行会社が、(パンフレットに載っていた既成のコースではなく)私達の為に作ってくれた
釜山市内観光ツアーになります。

本来なら(1日目、2日目がツアーで)3日目フリータイムだったのですが、
母と子どもが一緒で、私はハングル語もできないため、ツアーの方が楽だと思い、
「(1日目、2日目がフリーの人の為の)釜山市内半日観光のOPツアー」に申し込みました。
すると、パンフレットには記載されていないけど1日目に行ったものとダブル場所があったため(国際市場)、
旅行会社の人が「違うものを…」と、作ってくださいました。



朝9時に出発です。




まず初めに梵魚寺(ぼんぎょじ・ボモサ)へ行きました。



釜山の北部にあり、1300年前の新羅時代に建立されました。
山の中腹に建つ、広いお寺です。



4つの石を台座にした一柱門です。
柱が石なのは珍しいようです。重要文化財です。


1204050302_convert_20120503112326.jpg





仁王門の四天王
です。



1204050304_convert_20120503112513.jpg

1204050305_convert_20120503112551.jpg




鐘楼がキレイです。


1204050306_convert_20120503112704.jpg






三層石塔は統一新羅後期(9世紀)の典型的な石塔で、宝物第250号だそうです。。



1204050307_convert_20120503113910.jpg





大雄殿です。


1204050308_convert_20120503112807.jpg




狛犬らしきものを発見。


1204050309_convert_20120503112855.jpg




巨大な岩の塊がありました。


1204050310_convert_20120503112950.jpg





羅漢殿です。

1204050311_convert_20120503113031.jpg






竹林です。


1204050313_convert_20120503113121.jpg




すごく大勢の方が、、深く頭を下げていて、
韓国の方々がとても信心深いことがわかりました。


梵魚寺を後にします。



桜が咲いていてキレイでした。


1204050317_convert_20120503113202.jpg






この後はその7へ続きます~。



***


以下はぼやきメモです(苦笑)。



日本で旅行の準備をするときに「歯ブラシ」を持っていくか迷いました。
旅行会社にもらった日程表をみると、
「コモドホテル」のサービスの欄に「歯ブラシ」に丸がついていました。


なので、「歯ブラシはホテルにあるのね~」と持って行きませんでした。



ホテルに着くと、歯ブラシは置いてあるのですが、
3000ウォンで有料です。歯磨き粉も。。
(私の計算だと240円くらい)
紙に数量をかいて、チェックアウトの時に清算する形になっていました。



母は「私は持ってきたわ~」というので、
紺太郎と私の二人分の歯ブラシを使うことにしました。


私はケチなので、、、
「歯ブラシと歯磨き粉で500円か~~。
あ~~、もったいない…」
なんて思っていました。



この日の朝のことです。
このホテルにあった歯ブラシはちょっと毛先が細くなっているやつなのですが、



母が、
「この歯ブラシ、みがきやすかったわね~」なんて言います。


私は「???」状態だったのですが、
聞いてみると、私の歯ブラシを使ったとのこと。


びっくりしました。
私はそれを知らずに、母が使った後に使っていたのです。



「きたない!」とびっくりしたのですが、
母の常識としては、「洗ったからいいでしょ~」と。




私が怒ったら、、
「ばい菌扱いされた…」と、、
その時は知らなかったのですが、、、陰で泣いていたそうです。。



母いわく、
「親なんだから、、子どもの食べ残しだって食べていたでしょう。
あなたの言い方はキツイ、
紅夫(夫)さんの気持ちがよくわかる。(諍いがたまにあるので)」
とのこと。。


自宅に帰ってネットで「歯ブラシを人と共有できるか?」と調べてみたら、
「できない!」
という意見が多くて、母に見せたのですが、
やはり納得できないようです。




せっかくコミュニケーション法を習ったことがあるのに(こちら)、
相手を傷つけてしまったのは、、、無念というか。。
「自分の嫌なこと」を相手に伝えるのは難しいです。。



母が歯ブラシを使ったので、もう1本あけることに。
母は「磨きやすいから、1本お兄ちゃんにお土産に持っていくわ~」
なんてもう1本出すものだから、、



「もうっ!歯ブラシに1000円使ってどうするのよ!!」と言ったら(←ケチ)、
1000円札をバンと机に出されました。。
(コンビニで見たのですが、同じ歯ブラシはありませんでした。)



親娘といえども、、それぞれ考え方は違うし、
意思の疎通は難しいものです。


この旅行での、、小さな諍いでした~。
私の言い方、、きつかったのかな~?
その点は反省したいと思います。。
信じられなかったもので…。。


まあ、私は紺太郎の歯ブラシは使えるかも…。
その後は紺太郎に使ってもらいたくないけど…。




お付き合いくださってありがとうございました。
ちなみに吉永小百合さんがご結婚する時に、「歯ブラシを共有できるくらい彼が好き」と言ったそうです。
私はできないです。。

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 韓国旅行
ジャンル : 旅行

釜山旅行・その5、世界遺産の仏国寺

<2012年4月4日 6才11ヶ月>



4月4日(水曜日)、私の母と紺太郎と3人の釜山(慶州)旅行2日目の続きです(その4はこちらです)。


石窟庵に続きまして、向かった先は仏国寺(プルグクサ)です。


こちらも世界遺産になります。


仏国寺は新羅時代の528年に創建されました。
仏教世界を再現した寺院です。


1204040254_convert_20120429010714.jpg




↓階段を上るごとに仏の世界に近づく、、ことになります。
現在は使用不可で、横の道から行きます。


1204040256_convert_20120429010750.jpg




本堂にあたる「大雄殿」です。

1204040257_convert_20120429010827.jpg




日本の建物と似ていますが、色が違いますね。


1204040258_convert_20120429010905.jpg



国宝の釈迦塔です。


1204040260_convert_20120429010936.jpg




やはり国宝の多宝塔です。

1204040261_convert_20120429011004.jpg




観音殿です。


1204040262_convert_20120429011037.jpg




国宝の舎利塔です。
高麗時代初期の作品といわれています。


1204040266_convert_20120429011109.jpg




1905年に日本に移されて1933年に回収されたものです。


豊臣秀吉が攻めて来たときに、こちらの寺院は焼かれています。
なので、仏様の中には、日本を背にして置かれているものがあるそうです…。
(確かこのお寺でうけた説明だと思うのですが、違っていたらすみません。)
日本と韓国、、、戦いの歴史があります…。



触ると幸せになれる?という金の猪です。


1204040273_convert_20120429011143.jpg




売店で桃のアイスを買って食べました。
(1000ウォン)



1204040277_convert_20120508101341.jpg




こちらで慶州観光が終わり、釜山へ戻りました。
紺太郎は疲れたのか、車の中で寝ていました。

1204040282_convert_20120429011223.jpg




釜山駅の所で電車が見えました。


1204040288_convert_20120429011503.jpg




釜山に到着したのは、、夕方5時半…。
で、夕食。。



お腹すいていない~~。



こういうところがツアーの辛いとこです…。




がんばって食べました。
プルコギです。



1204040291_convert_20120429011348.jpg

1204040292_convert_20120429011425.jpg



ホテルに到着してこの日のツアーは終わりです。



ホテル前の小さなお店へ飲み物や次の日の朝食を買いに行きました。
(朝食はこの日の朝1回だけついていました。)


泊まったコモドホテルです。




外観はとても立派です。


1204040297_convert_20120429011537.jpg





でも、、サービスはイマイチでした。
ホテルの方に何か聞いても「めんどくさそ~~」に早口で答え、
チェックアウトの際は、ホテルの方は最初から最後まで一言も言葉を発しませんでした。
で、終わり。
「ありがとうございました」くらい普通言うと思うのですが…。





田舎者の母が悪いのですが、朝食にロビーにスリッパで行ったら、
怒られて怖かったそうです。
非常識な母がいけないのですが、サービス業なんだから
お客を気遣うそれ相当のものの言い方があると思うのですが…。


日本のいいサービスに慣れすぎているのかな?
韓国じゃ、、これが普通なのかしら・・・。
こういう従業員教育が普通なのかしら。。
私達が日本人だからなのかしら??




もしホテルを選べるなら、もうあまり泊まりたくない、、、と思ったホテルでした。
外観は素敵でしたけどね。




2日目終ります。
3日目に続きます。



お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 韓国旅行
ジャンル : 旅行

釜山旅行・その4、慶州の雁鴨池&石窟庵

<2012年4月4日 6才11ヶ月>


少し時間があいてしまいましたが、、


4月4日(水曜日)、私の母と紺太郎と3人の釜山(慶州)旅行2日目の続きです(その3はこちら)。


世界遺産慶州歴史地区を散策しています。



東洋最古の石造天文台「瞻星台(チョムソンデ)」
に続きまして、雁鴨池(ブルグクサ)へ行きました。



ここはかつて新羅の王侯貴族が船を浮かべて遊んだ場所だそうです。


1204040209_convert_20120416200153.jpg





6才の紺太郎には、、池のお庭にはあまり興味がなく、、、
雑誌の「鉄おも」に夢中です…。



1204040214_convert_20120416200253.jpg

1204040227_convert_20120416200508.jpg








昔の物の展示品もありました。

瓦です。
ちょっとシーサーを思い出しました。


1204040220_convert_20120416200419.jpg




サイコロです。
こちらを投げて「一気飲み」とか「ラブショット」(男女が腕をからませて杯のお酒を飲む)など、
出た目の説明通りにお酒を飲むらしいです。


1204040218_convert_20120416200330.jpg





貴族もこんなことして遊んでいたんですね。




お昼はサンパブ定食です。(葉に色々巻いて食べました。)
紺太郎はキムチが好きなようです。



1204040234_convert_20120416200549.jpg







続いて行った場所は青磁の窯元見学。。。



1204040236_convert_20120416200707.jpg







ロクロをまわしている人をみたり、青磁の模様の入れ方など、
青磁のできる行程を係りの人が教えてくださいました。


↓青磁とはこんな感じです。

kb32_1.jpg
(画像はわたし的生活より)




説明は面白かったのですが、
説明が終わった後、お土産屋さんのような部屋がありその部屋へ行かされ、
「お一つ記念にいかがですか?」
と、私たち3人に係りの人がつきっきりで説明します。


何か買わないと出られないような雰囲気、、、でちょっとイヤでした。
ツアーのイヤな面です。
まあ、仕方ないのかな~。


母が記念に、、と一番安いコーヒーカップを買いましたが、
1つ4500円で、、ちょっと高いな、、と思いました。





続きまして向った先は世界遺産になっています石窟庵(ソックラム)です。
新羅時代の774年に出来た仏教遺跡です。



山の上にあります。


1204040238_convert_20120416200748.jpg




世界遺産のマークの前で写真を撮ります。
この日記を書くまで、紺太郎がこんな格好をしていたとは知りませんでした(笑)。


1204040240_convert_20120418102414.jpg



門の前でパチリ。


1204040241_convert_20120416200824.jpg







山道を10分くらい歩きます。


1204040243_convert_20120418102507.jpg




本堂に着きました。


1204040245_convert_20120416200906.jpg




説明です。



1204040247_convert_20120416200957.jpg



ここからは写真撮影が禁止だったのですが、
石の洞窟のような所の中に高さ3.4mの石の仏像があります。



seokgulam_09a.gif
(画像は慶州旅行ガイドより)


ガラス張りでした。




2日目続きます~。
(続きはこちらです。)




お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 韓国旅行
ジャンル : 旅行

Glee「Glad you came」&ビックマンモス、男子が集団で踊っているのに弱い

<2012年4月 7才0ヶ月>



子どもと一緒にはまっているのが、Gleeの音楽です。


Gleeアメリカのミュージカルコメディドラマで、高校の合唱部の話です。
ドラマはレンタルで最初の方しか見ていないのですが、
新旧のヒット曲をアレンジして、歌ってくれているので、
聞いていてとても楽しいです。




最近私達が気に入っている曲はGlad You Cameです。





男子合唱部が集団で踊って歌っているのですが、、
ちょっとだけ、、ときめいてしまいました(笑)。



↑中心で踊っている子は、「どこにでもいるような、、普通の子」なのですが、、
踊っていると、、少しかっこよく見えます。




思い返すと、、私は昔から「男の子達が集団で踊っている」のに弱いようです…。



ずいぶん前なので、、ご存知の方は少ないと思うのですが、
私が子どもの頃、
ピンポンパンという子ども番組で、ビックマンモスという男の子の集団がいました。


img.jpg
(画像はショッピングカートより)






子どもの頃にテレビの前に正座して座って、彼ら達が踊っているのを胸をときめかせていました。



そしてジャニオタへ…。
v6のファンクラブに入っていました。



光GENJIやEXILEなど、
男子達が踊っていても、、、はまらないものもありましたが、。



すみません~、くだらない話で。





Gleeに話は戻りますが、、
「Glad You Came」シーズン3の歌なので、
まだCDは出ていないようです。
CDが楽しみです~。


シーズン3の↓このCDは近日中に発売のようですが…。






Gleeはいい曲が沢山あるので、聞いていて気持ちのいいCDばかりです。

   






今、↓こちらを注文中です。聞くのが楽しみです~。


 


****


で、どうでもいい話は続くのですが、

gleeのレイチェル役のリーミッチェルなのですが、

レイチェル
(画像はFoxより)


私には見るたびに「大草原の小さな家」のオルソン夫人に見えてしかたありません。


orusonnfujin.jpg

(画像はABCニュースより)






わかる人しかわからないネタですみません~。




オルソン夫人が若い頃は、レイチェルのようだったのではないかな~?なんて勝手に思っています。


Gleeのレイチェルを見るたびにどうしても、、「オルソン夫人…」、、
と思ってしまいます。




しかし、、アメリカには歌の上手い才能ある人が多いんですね~。
ドラマを見ていると感心してしまいます。



お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : ドラマCD
ジャンル : 音楽

マルモキッチンの「炙りサーモンとアボカド丼」

<2012年5月3日、7才0ヶ月 &3月>


5月3日(木曜日)からGW後半が始まっています。



2日(水曜日)の夜中(日付がかわって3日の2時半)に起きたら「帰る」と言っていた夫が布団の中にいない。
携帯にもメールが入っていない、、
電話したら、、会社にいました…。


「連絡くらいしてよ~」と言ったら、それどころじゃなかったようです。
お疲れ様です・・・。



夫は「GWはどこか行きたい」と初めは東北など考えていたようですが、
忙しすぎて計画がたてられなかったようです。
「近場にする」と言っていましたが、
それも忙しすぎて、、(これを書いている3日には)予定は未定です~。




夫は3日の朝8時半に帰ってきました。
ゆっくり寝かせてあげるために、
3日(木曜日)は紺太郎と近所の児童館へ出かけました。
(関東は雨でした。)



CACX8H4L.jpg






↑この「チョコパズル」が面白かったです。
児童館には4段階の難易度が違うチョコパズルがあって、下から2つ目までは紺太郎はできたのですが、
3つ目は私もできない難しさでした。






「おままごと」をしていると、、やはり小学生になっても、
まだまだ子どもだな~~、なんて思います。


CA0OJIBB.jpg





GW後半のことはGWが終わってからゆっくり日記にしますので、
またよかったらお付き合いください~。
GW中は書いたものが少し溜まっているので、先にそちらをアップします~。


***


どうでもいい話ですが、
久しぶりに「えいごであそぼ」(NHKEテレ、朝8時45分~)を見たら、
出演者やキャラクター達が変わっていました。


3月でジェニーお姉さんは卒業してしまったようです。
笑顔が可愛くて、歌が上手でファンだったので残念です~。


ジェニファー1
(画像はgrandiaより)





↑ここまで前フリだったのですが、これだけで長くなってしまいました。。
↓以下本文(のつもり)です(笑)。


***

さて、時間はたってしまいましたが、
春休みに行った美味しいお店の記録です。



私の好きなブログ東京ほんわかdaysで紹介されていたのですが、
池袋パルコの7Fレストラン街にありますマルモキッチンです。



丼物のお店です。


私は「炙りサーモンとアボカド丼」にしました。

1203250047_convert_20120503040354.jpg





他のものとシェアしたかったので、
紺太郎には「違うものにしなよ~」としつこく言ったのですが、
紺太郎も写真をみて「コレ~!」と。
いくらが好きなんです。




それなら、私が別の物にすればよかったのですが、
やっぱり「コレ!」がよくて(笑)、同じものにしてしまいました。




美味しかったです。
アボカドとサーモンといくらがあれば、家でも真似できそうです。
サーモンは炙らなくてもいいですし。
キュウリを小さく角切りにして入れてもいいかも…。
白胡麻とか・・・。



そして、こちらのサラダのドレッシングがとても美味しかったです。
またいつか行きたいです~。





お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

初の朝のゴミ捨てのお手伝い&洋楽歌詞を見ながら、

<2012年5月1日 7才0ヶ月>



GWの中日、5月1日(火曜日)
小学校登校日です。



幼稚園の時は連休の合間の平日は「先生の研修日」などでお休みになって大型連休だったのですが、
小学校は「こよみどおり」なんですよね。


同じマンションで登校班が一緒の小4のお兄ちゃん達が、
ゴミの日には朝にゴミを持って家を出てきます。


紺太郎は「ボクもゴミを持っていきたい~」と前々から言っていたのですが、
GWの前半に夫の実家で過ごしたのでゴミが軽かった為、
この日は紺太郎にゴミ出しをしてもらいました。




1205010179_convert_20120502093115.jpg





何だか嬉しそう~。



1205010180_convert_20120502092346.jpg


(↑アップにしました↓)

1205010180 gomidashi


お手伝いも小1くらいだと喜んで遊び感覚で自分からやってくれるのでありがたいです。



そして帰りです。
いつもは1年生は自治会ごとに一緒に帰ってきて、
お母さんは途中の一人になる所まで迎えにいっています。


この日は「集団下校」ということで、
朝の登校班と同じ全学年の班で帰ってくることになっていました。



「ママ、下まで迎えに行こうか?」と聞いたのですが、
同じマンションのお兄ちゃん達がいるので、
「いい~」と。



初めてインターホンを押して自分で玄関まで帰ってきました。


何だか嬉しそう。


1205010182_convert_20120502092459.jpg





そして毎日、私が「靴をそろえてね」と言っていたのに、
この日は言われなくて靴をそろえていました。
自分達で帰ってきたから、、と何かしらの自覚がでてきたのかしら…。




***


二人でGleeの音楽にはまっています。
(Gleeは高校の合唱部が舞台のアメリカドラマです。ドラマはレンタルで最初の方しか見ていません。)
うちにはプリンターがないので、今までは好きな音楽の歌詞を手書きで私が書き出していたのですが、
量が多くなってきたので、
ネットプリントで歌詞をプリントしてきました。





1205010184_convert_20120502092541.jpg






世の中便利になりましたね~。
印刷したいものをネットで予約番号をとり、セブンイレブンでプリントができます。



少し前は印刷したいものは、
USBメモリに入れて持っていき、コンビニで印刷をしていましたが、
今は「ワード」に入れたものがプリントできなくなってしまったので(PDFじゃないとダメのようです、PDFはよくわからないので、)
ネットプリントが便利です。


紺太郎がリクエストした歌詞は、


ジャンプ(ヴァンヘイレン)、トゥルーカラーズ(シンディローパー)





スリラー(マイケルジャクソン)、ベイビー(ジャスティンビーバー)、





ABC(ジャクソン5)





です。


私が気に入っているのは「firework」(ケイティペリー)です。
(他にもあるのですが、また日記にさせてください。)











英語の歌を歌うことで、少しでも英語が好きになるキッカケになってくれればいいなと思っています。



レゴで駅作りです。


1205010187_convert_20120502092626.jpg






都道府県カルタこちら)のカードで日本地図作りです。


120501018nihonchizu.jpg



「サイズが大きいから」と閉まっていた洋服を朝見つけたのですが、
もうすでにサイズが小さくなっていて、、ショックでした。
本も「大きくなったら」と買っているものがあり、、まだ出していないものがあるので、
洋服みたいなことにならないようにと、1冊だしてきました。


「The Cat in the Hat Book & CD (Dr. Seuss) [ペーパーバック] Dr. Seuss (著) 」です。

1205010189cat.jpg







CD付きなので、私の下手な発音を聞かせなくてすみます。



すぐに寝る時間の8時半になってしまいました。
こんな一日でした。



お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード