洋楽の替え歌

<2012年1月16~18日 6才8ヶ月>



ホントどうでもいい、、身内ウケの話で申し訳ないのですが…。



前に私が「バイシクル~♪」クイーン「bicycle Race」という歌を歌っていると、
「なに、それ~?」と紺太郎が言うので、、
youtubeで聞かせたことがありました。








ただ、最初はひたすら「バーイシクル、バーイシクル、バーイシクル~!」と繰り返している歌です。



そして、何をしていた時だか忘れたのですが、
何かをやって成功した時に紺太郎が、「バイシクル」のこのメロディで、



「だ~い、せいこう! だ~いせいこう! だ~いせいこう!」と歌いだしました。



あまりにも言葉がぴったりしていて、「ウマイ!」と言って笑ってしまいました。



あと、、洋楽ではないのですが、、
たまに夜に「論語」を読んであげることがあるのですが、





「君子は 和して同ぜず、小人は 同じて和せず」

という文があります。





君子は人と協調するが、 安易に同調したり雷同したりすることはない。
小人はその逆で、人と安易に同調するけど、協調はしない。

というような意味です。



あるときに、なにか私が言ったことに対して、
紺太郎が怒って、


「どうして!?」と大声を出したのですが、



すかかず、
「どうして?」、、


「どうして、、、和せず~」と言うので、ププっと吹き出してしまいました。



ウマイな~と思いました。。




そして、最近よく聞くのはgleeのCDです。
その中にジャーニーの「Don't stop believing」の曲が入っています。






gleeバージョンだと、最初に「チャ、チャ、チャ、チャ~♪」というコーラスが入ります。





私が最初間違って「チャウ、チャウ、チャウ、チャウ」と歌っていたら、「チャ、チャ、チャ、」だよ~と突っ込みが入りました。
その時にチャウチャウ犬のことを思いだして、
「チャウチャウ犬って知っている?」と聞いてみました。


「知らない」と言うので、画像検索で見せてあげました。
すると、、


一つずつ指差しながら、「チャウ、チャウ、チャウ、チャウ~♪」と歌いだすので笑ってしまいました。(16日)


1201160083_convert_20120126172122.jpg



あとある朝(18日)、
幼稚園のバスを待っている間、寒いので、
「(ジャンバーの)チャック早くしめなよ~」と私が言うと、、



チャックをしめながら、、
「チャック、チャック、チャック、チャック~♪」と急に歌いだすので笑ってしまいました。


1201180013_convert_20120128203843.jpg



失礼しました~。




ありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

孤母社会、母よ、あなたは悪くない! ~高濱正伸

<2012年1月前半>



読んだ本の記録です。


「孤母社会 母よ、あなたは悪くない! (講談社プラスアルファ新書) [新書]  高濱 正伸 」です。






著者の高濱正伸さんは、(私は見なかったのですが)テレビの情熱大陸やカンブリヤ宮殿にもとりあげられた、
幼児・小学生向けの「花まる学習会」を設立した方です。
(情報大陸やカンブリヤ宮殿の動画はこちらで見られます。)
「メシを食える大人を育てる」をモットーにしています。



本屋へ行くとよく見られる「なぞぺ~」を作った方でもあります。






「10歳までが勝負!「生きる力」をはぐくむ子育て [単行本]  高濱 正伸 」を読んでみたくて図書館を検索したら、
高濱さんの著書は「弧母社会」しか置いていなかったので、借りて読んでみることにしました。





本の内容は、

ひきこもりや家庭内暴力など、現代の子どもが引き起こすトラブルは、その大半が母親の内面化された孤独に起因するものであるので、父親は母親の話を「ふんふん」「大変なんだね」と聞いてあげましょう。
もしそれがかなわない環境なら、子育てサークルなどへ言って話す友達を作って孤独にならないようにしましょう、、、というような内容でした。



で、、本流からずれますが、
本の中で「ふむふむ」と思った箇所のメモ書きです。
(省略、変更あり)


数多くの小中学生の勉強ぶり、大人の仕事ぶりを観察するに、
「今やるべきことがわかっていても、まあ明日からと先延ばしにする人」と、「今日できる最善のことをすぐさま行動に移せる人」とでは、人生において大きな差がつくものだ。



読んで、、ちょっとグサッ。。
ダイエットとかもそうですよね。
「今日、何ができるか」「それを実際に実行できるか?」の積み重ねで結果が違います…。





あと、高濱さん自身が勉強の楽しさを知った体験も書かれていました。



私は2才上のよくできる姉と、2才下のハンサムな弟にはさまれた、指しゃぶりするおねしょをする子で、小学校2年生までは「おとなしい子」と言われていた。

それが3年生の時にガラリと変わった。
担任のN先生のおかげである。
算数のテストで、升目が複雑にかかれた図形が出題され、「この中に大小あわせて長方形は何個あるでしょうか?」と書かれたものだった。
ちょっと見落としそうなものが含まれていた。
私は「この1つが難しいけどちゃんと見えたぞ」という手応えを感じて答えを提出した。
数日後に返されたテストは満点だった。
N先生はあえて長方形の問題にふれ、
「この問題ができたのは高濱くんだけだったよ」と言ってくれた。
そのときの高揚感が今でも忘れられない。
その頃から急速に、私は社交的で、人を楽しませることが得意な子どもに変身していったのだ。
そのときN先生が担任でなかったら、その後の人生はまったく違ったものとなっていたかもしれない。




こうやって子どもを認めてあげられる大人の存在って大切ですね。。





後は塾の夏のキャンプの塾生の話なのですが、
「あの星の名前は?」と誰かが言い出し、誰もわからなかったそうなのですが、
ある1人の男の子が「アルクトゥルス」と答えたあと、みんなが驚き、それからみんながその男の子を「博士~!」と呼ぶようになったそうです。


その後、その男の子はびっくりするぐらい自習室に入り浸り猛勉強をするようになっていったそうです。
アルクトゥルス様様だと書いていました。



なにか「自信」がついたり、
「これはボクはできる!」という高揚感を子どもが味あうのは大切ですね。



「10歳までが勝負!「生きる力」をはぐくむ子育て [単行本]  高濱 正伸 」も読む予定なので、もし面白かったらご紹介します~。
(追記:読みました。 こちら




お付き合いくださって、ありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

読んで遊んでえほんの会、にしすがも創造舎

<2012年1月15日 6才8ヶ月>




15日(日曜日)は午前中にマンションのおもちつき大会こちら)に参加した後、
午後は巣鴨にあります「にしすがも創造舎」で行われている読んで遊んでえほんの会へ紺太郎と二人で行ってきました。


にしすがも創造舎とは、
閉校した中学校の校舎や体育館をそのまま残したアートファクトリーです。
NPO法人が運営しています。


「読んで遊んでえほんの会」は、
俳優・ダンサー・音楽家など、さまざまなジャンルのアーティストが集まった「えぽんず」と一緒に絵本を楽しむ会です。




絵本を読みながら踊ったり、工作したり、、、と過去のブログ↓を拝見して楽しそうなので参加してみました。
(申し込み不要、無料)


A3B1~3
(画像は芸術家と子どもたちスタッフブログより)



教室に入ると、、紺太郎の大好きな線路&ダンボールのトンネル迷路が…。


1201150055_convert_20120126171756.jpg


1201150057_convert_20120126171831.jpg




おもちゃの楽器も沢山ありました。

1201150059_convert_20120126171937.jpg




14時スタートです。
ここから写真撮影は禁止でした。


紺太郎、、輪の中に入っていけず、、私の後ろにかくれます。。
あらら、、この子、、今年から小学生なのに、、大丈夫かな…(苦笑)。




1冊目は「あるのかな?」です。





「ミミズに耳はあるのかな?
かたつむりに肩はあるのかな。ラムネに胸はあるのかな。ブドウに胴はあるのかな」
とダジャレでできています。


2冊目は「プッポコとペッポコ (「こどものとも」人気作家のかくれた名作10選) [大型本] 岸田 衿子 (著), 片山 健 (イラスト) 」です。





沢山の動物が出てくる話なのですが、
その動物のモノマネをみんなでやりながら本が進んでいきます。


紺太郎、、まったく参加せず…。
まあ、親もやるのですが、私もこういうのが恥ずかしくてチョコチョコっとめだたないようにやる方なので、
仕方ないですが…。




そして、この本は家で読んだことがあったのですが、
「ボク、コレ読んだことあるから聞きたくない~!」とか言って、
耳をふさいでダンボールのトンネルにはいって行ってしまいました。




なんか、、感じ悪い…(苦笑)。


おもちつき大会も参加して楽しかったようですが、
先日幼稚園でも「おもちつき大会」がありました。
でも、、「ボク、もうついたことあるから~」と気乗りしなかったようです。
経験したことでも、、もう一度楽しめばいいのに…。




3冊目は、、記憶が確かではないのですが、五味太郎さんの「ことばのあいうえお」の本だったかな?





「えぽんず」の皆さんが、楽器をもちながら、
「あ、い、う、えお~♪」と踊りながら歩き、子どもに「ストップ」と言わせて、
その言葉から始まる単語を言っていくものです。



これは紺太郎はやっと参加していました。
「ぬ」で始まる単語を聞かれて「ヌードル」と答えていました(笑)。



そして最後は「だじゃれ日本一周 [ハードカバー]  長谷川 義史 」です。





「すべって、ころんで大分県」みたいな本です。
地図好きの紺太郎はコレも興味を持って参加していました。



最後の方は参加してきましたが、
もっと楽しんでくれるかな?の期待ほどでもなく、、、(苦笑)。
でもこういうような会っていいな~と思いました。



今でも家で「あ、い、う、えお~♪」と同じ節回しで歌っていたりもします。。
だから楽しかったのかな…?



たぶん、、もうすぐ絵本も卒業していくのでしょうし、
それまで絵本を楽しみたいです。



帰りは巣鴨商店街の入り口で「すがもんのおしり」をナデナデ。
やわらかかったです~。



1201150061_convert_20120126172004.jpg




お付き合いくださってありがとうございました。
最初、真剣に「ミミズに耳ってあるのかな?」と考えてしまいました。ブドウに胴は、、ないですね…。

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : こどもと一緒に♪
ジャンル : 育児

おもちつき大会と絵日記

<2012年1月15日 6才8ヶ月>



1月15日(日曜日)の午前中は住んでいるマンションの「親睦おもちつき大会」がありました。


去年まではこういうものはなかったのですが、
震災の影響で、地域の人々が知り合いであるというようなことの大切さを見直す、、
とのことで今年初めて開催されました。


参加は自由なので、
紺太郎に聞いてみると「行く~!」と行く気マンマンだったのですが、
行く前に私は「ちょっとメンドクサイな…」という気持ちも、、無きにしもあらず…。



でも行ってよかったです。
待ち時間に、紺太郎は今度通うことになる小学校の子ども達5,6人と一緒に鬼ごっこしたり遊ぶことができました。
顔合わせができてよかったです。
それに近所の方が、「あ~、あの子、あそこの子ね」とわかってくれていることは、
子育てでとっても大事なことだと思いますし…。



最初に大人がお餅をついて、
からみもち(大根おろし)、あんこもち、きなこもち、、とお餅が食べられました。



1201150038mochitsukitaikai.jpg




次は子供達がつく番です。


1201150046_convert_20120126171519.jpg




紺太郎は楽しそうでした。


1201150047_convert_20120126171614.jpg



1201150049_convert_20120126171710.jpg





紺太郎はちょうど「今日から絵日記を書く~」と言い出していて、
早速「おもちつき大会」のことを書いていました。



1201260059_convert_20120128005056.jpg


からみもち、きなこ、あんこもち、おいしかったです。

だそうで…(笑)。



ちなみに、この絵日記、、一日坊主で終りました…(苦笑)。
またいつか書くことがあるかな??




あと、、傑作だったのが夜のことです。


7時になってご飯を食べる時に、紺太郎は私のところにきてヒソヒソ声で、
「ねぇ、ニュース見ないの?」と聞きます。



大体夜にNHKのニュースを見ているのですが、この日はパパもいるし(話をするために)テレビつけなくてもいいかな?
とも思っていたのですが、
「いいよ、見たいのなら見ても~」ということでテレビをつけました。



20分を過ぎた頃、紺太郎は私のところに来て、またヒソヒソ声で、
「この事はパパには言っちゃダメだよ・・・。
ねぇ…、
おもちつき大会のこと、、ニュースに出ないね・・・。」
と言います。



マンションのおもちつき大会のことが全国区のNHKニュースに出ると思っていたみたいです(笑)。
だからテレビをつけたかったようで…。



聞いて笑いたかったのですが、
「テレビカメラが来ていなかったから、ニュースには出ないんじゃない~」と答えておきました。





子どもの発想っておもしろいです…。






訪問してくださってありがとうございました。パパには後で言ってしまいました^^。


にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

お風呂後に着替えない子を着替えさせる方法

<2012年1月13日 6才8ヶ月>



紺太郎、お風呂から出ても中々着替えません…。



(一応わたしメッセージで)
「洋服を着ないと、風邪ひくからママは心配~」と言ってもまったく着替えません。
上だけ着て、下はいつまでも着ないで遊びだしたりもします…。
特に夏なんかは…。



「まだ着てないの~!」
「何度言ったらいいの~!」
「これで何回目なの!」
「ママの言うこと聞けないの!!」


なんて怒り出すと、こっちの怒りもますますヒートアップしてきます(苦笑)。
怒りって不思議ですね、一度怒り出すとエスカレートしてきます…。



で、、こんなことを考えました。



うちにはジャングルジムがあるのですが、
その間や部屋のドアの裏などに、パンツ、シャツ、ズボン、トレーナーを置いて、
障害物競走だよ~、何秒かかるかな?」と誘ってみました。







紺太郎はやるき満々です。



「よ~い、ドン」で始めて数をかぞえます。


1201130009_convert_20120126174908.jpg
(相変わらずちらかっていて失礼します…。)





楽しんで着替えてくれるし、こっちもイライラしないですむので助かっています。


1201130010_convert_20120125204745.jpg




でも2週間くらいやっていたら、飽きてきたようです…(苦笑)。




どなたか「すぐに着替えない子が着替えるようになった」というような方法があったら、
教えてください~。



お付き合いくださって、ありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

勉強机と砂場遊びと、チャンプルと

<2012年1月4日~15日 6才8ヶ月>



沖縄旅行記
が長引いてしまいました。
1月の紺太郎の様子を少しずつ書きたいと思います。



お正月を夫の実家で過ごし1月4日(水曜日)に夫の実家から自宅へ帰ってきて、
1月5日(木曜日)~9日(月曜日)まで沖縄旅行でした。




紺太郎には小学校になったら新しく勉強机を買うか、私が子どもの頃に使っていた机を持ってきているのでそれを使わせるか迷っていました。
(悩んでいる様子はこちら。)
私の机は夫の部屋(と呼んでいる部屋)にあり、「物置き(ものを置く場所)」として物が山積みされていたのですが、
年末の大掃除の時にそれを片付けました。




4日に机を見た紺太郎は大喜びでした。
これなら買わなくてもいいかな…。
今度、、子ども部屋(と呼んでいる部屋)へ移動しようかな・・・。


1201040002_convert_20120125202718.jpg




↑読んでいる本は「あおい目のこねこ(世界傑作童話シリーズ) [単行本] エゴン・マチーセン」です。







10日(火曜日)から幼稚園が始まり、毎日元気に通っています。

1201110006_convert_20120125204633.jpg


2学期に「●●がいじめる~」なんて言っていて少し心配していましたが、
「どう?」と聞くと、「そんなことはないような気がする」なんて言っていて安心しました。





相変わらず線路を描いたり(13日)、


1201130012_convert_20120125204910.jpg




路線図を書いています(15日)。
(パソコンをしている私の膝に無理やり座ってきて、無理やり見せます。)



1201150032_convert_20120125205423.jpg






14日(土曜日)は近所の公園で遊びました。


1201140013_convert_20120125204707.jpg



砂場でトンネルが繋がって喜んでいます。


1201140018_convert_20120125204944.jpg




冬場に水を使うと手が凍えるんですよね…。
でもすごく乾燥していて、水をつかわないと砂がサラサラすぎてうまくまとまりません。。


1201140019_convert_20120125205016.jpg




夕方に夫にも砂場に来てもらい、一緒に近所の量販店へ行って、
ストーブと電気スタンドを買いました。


 





紺太郎、、電気スタンドも嬉しかったようで、
はりきって「しまじろう」をやります。


1201140028_convert_20120125205109.jpg




あと幼稚園で英検5級を受けることになっていたので、宿題もはりきってやっていました。


1201140029_convert_20120125205351.jpg






しかし張り切っていたのは最初だけでした…。
「毎日しまじろう(のワーク)をやる!」と言っていたのですが、
ここ1週間、、まったく机に座っていません…(苦笑)。






この日は沖縄旅行から1週間もたっていないのに、「ゴーヤちゃんぷる」が懐かしくて家でつくりました。
沖縄で買ったスパムを使います。



1201140025_convert_20120125205309.jpg



↑の「アグー豚肉味噌」国際通りで買いました。
ご飯につけても美味しいですし、
キャベツの生をちぎりながらつけて食べても美味しいです。





(↑おなじものではありませんが)



あと初めて「日本食研のチャンプルの素」を使いました。






チャンプル、、、癖になります…。



沖縄が恋しいです…。
「島人ぬ宝」を聞きまくっています…。



(↑視聴できます。)



遊びに来てくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

沖縄旅行・その13、世界遺産の首里城、&帰途へ

<2012年1月9日 6才8ヶ月>




1月9日(月曜日、成人の日)の朝旅行5日目・最終日沖縄・宮古島旅行・その13です。
(その12はこちらです。)


この日は1時頃の飛行機で那覇から羽田へ戻る予定でした。



半日しかありません。
旅行中に夫は「5日目は普天間基地を見に行く」と言っていました。



私はあまり興味なかったので、、別行動することにしました。




色々考えて世界遺産の首里城へ行くことに決めました。



紺太郎に「どっちについていく?」と聞くと
「ママ~! 赤いお城の方がいい。前に行ったけど覚えていないし~」とのこと。
首里城は紺太郎は3回目、私は4回目になります。



夫はがっかりだったようで、
「飛行機見られるよ~」などと色々言っていましたが、紺太郎の気持ちは変わらず…(苦笑)。




9時過ぎに荷物を宿に置いて出発しました。
11時50分に宿で待ち合わせです。



ゆいレール首里駅まで行きました。
そこから首里城までバスが出ているのですが、
時間が合わなくて15分くらい待たなければいけませんでした。




時間がもったいなかったので、
バス停で待っている年配のご夫婦に声をかけました。

「タクシーを割り勘しませんか?」と。


沖縄はタクシーの初乗り500円です。
色々話しながら、優しいご夫婦と一緒にタクシーで行きました。



守礼門です。


1201090954_convert_20120124162808.jpg




さっきのご夫婦が門の前で民族衣装の方と一緒に記念撮影していました。
仲のいいご夫婦です。
こうやって二人で旅行されていて素敵だな~と思いました。
行きたい場所が違ってばかりいる私達夫婦とは違うなぁ~(苦笑)。



1201090955_convert_20120124162845.jpg




紺太郎はスタンプラリーをすることにしました。

1201090957_convert_20120124162918.jpg





世界遺産の「園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)」は1519年に作られたそうです。

1201090959_convert_20120124163028.jpg




沢山の門をくぐっていきます。

1201090962_convert_20120124163108.jpg




狛犬?らしきものがありました。

1201090963_convert_20120124163523.jpg




瑞泉門です。


1201090966_convert_20120124163610.jpg



↑の瑞泉門の横には「龍樋」という名の泉があり、
龍の頭から水が流れでています。

1201090969_convert_20120124163659.jpg





首里城からの景色です。

1201090973_convert_20120124163742.jpg





さらに門をくぐります。

1201090977_convert_20120124163825.jpg



この日は雨が降っていて、スタンプラリーの紙はふにゃふにゃになっていました。


1201090978_convert_20120124163911.jpg

1201090980_convert_20120125123705.jpg





正殿を見るためには入場料がかかります。
大人800円でしたが、ゆいレール1日乗車券を見せて160円の割引で640円でした。


1201090982_convert_20120124163958.jpg





紺太郎は世界遺産のお城を見るより、スタンプラリーに心を奪われています…(笑)。

1201090988_convert_20120124164242.jpg





中を見学します。
王座です。


1201091000_convert_20120124164324.jpg




模型です。

1201091008_convert_20120124164356.jpg



お手洗いの水です。

1201091009_convert_20120124164428.jpg





広場で琉球舞踊が1日3回見られます。(11時の回を見ました。)

1201091012_convert_20120124164507.jpg



前に来た時に、楽器の演奏をしている方が、
歌舞伎役者のように品のいい、精悍(せいかん)な顔つきの方がいらっしゃって、、
すっかりファンになっていたので「いらっしゃるかな?」と期待しましたが、、
音楽はテープで残念でした…(苦笑)。



1201091014_convert_20120124164555.jpg




時間の関係で3つ目までしか見られませんでしたが、楽しかったです。


1201091016_convert_20120124164701.jpg


1201091025_convert_20120124164734.jpg




紺太郎は沢山のスタンプを集めてシールをもらいました。
「首里城、ちょ~楽しかった!」と言っていてよかったです。



宿に戻ります。
バスがいい時間がなかったので、またタクシーへ。


最寄の駅の首里の駅まで頼んだら、
運転手さんが「旭橋の駅の宿なら1100円で行ってあげるよ(本来なら2000円以上かかるようです)」とおっしゃるので、雨も降っているし頼むことに。



タクシーの中で夫から電話があって、
駅で待って夫もピックアップすることになりました。
運転手さんも「いいよ~」と。
(駅から宿まで徒歩10分なので。)



運転手さんが楽しい方で、
駅の下の大通りの4つ角のところでタクシーを停めて夫を待っていたのですが(1~2分)、
「ここに停めて大丈夫なんですか?」と聞くと、
「沖縄だから何でも大丈夫~」と…(笑)。
「「どいて」って言われたら、どけばいいのさ~」なんて言っていました。



運転手さんもそうですが、子どもの名前や年を聞いてくださったり、
沖縄の方って気さくで明るくて気軽に話しかけてくださって温かくていいです~。


宿に戻り、またタクシーへ乗って空港へ。
紺太郎は「ハンバーガーを食べたい」というのでA&Wでテイクアウトして、
私達はお弁当を買って飛行機に乗りました。
那覇空港のお弁当って230円で安いのにご飯と色々とおかずが入って美味しかったです。




そして家へ帰ってきました~。


皆さん、長い旅行記にお付き合いくださってありがとうございました。




旅行直後は、
夫婦もぶつかったことも多かったし、天気もよくなくて、
ちょっと消化不良のように思えた旅だったのですが、
こうやって思い出して旅行記を書いてみると、楽しい思い出が沢山ありました~。
今は楽しかったことばかり思い出します。



沖縄は私は5回目、紺太郎は4回目でしたが何回行ってもいいものです…。
また行きたいです~。




沖縄大好きです~。




ありがとうございました^^。
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 沖縄
ジャンル : 旅行

沖縄旅行・その12、那覇、国際通りをブラブラ

<2012年1月8日 6才8ヶ月>




1月8日(日曜日)、旅行4日目、沖縄・宮古島旅行・その12です。
(その11はこちらです。)



宮古島を後にして、那覇空港4時半過ぎに着きました。
この日は那覇に泊まります。
次の日の昼過ぎの飛行機で羽田に帰ることになっていたので、那覇ではレンタカーは借りませんでした。



那覇空港からゆいレール(モノレール)に乗りました。


1201080922_convert_20120123211911.jpg


(電車好きの)紺太郎は大喜びです。
本で得た知識で、
「(ゆいレールの)赤嶺駅は日本一南にある駅なんだよ~」
なんて言っていました。




ゆいレールの1日乗車券を買いました。(600円)

東京メトロなどですと「一日券」はその当日限り有効になります。
1月8日でしたら、1月8日の間しか使えません。


でもゆいレールですと、購入してから24時間有効の一日券になり便利でした。
1月8日の17時前に購入して、「1月9日の17時まで」有効でした。
観光地では、こういう形が嬉しいです。
3回乗ると元は取れますし、首里城や他の主要の施設の割引券にもなりますのでお得です。
(首里城ですと160円の割引になります。)




旭橋駅から徒歩10分の予約していました民宿に行きまして、
荷物を置き、
駅の近くの葵屋さんという所で夕飯を食べました。




サンシンのライブがあります。(ライブ料0円)


1201080924_convert_20120123211950.jpg




そーめんちゃんぷると、青菜(←名前を忘れました)のちゃんぷる、と魚(←名前を忘れました)のから揚げです。



1201080926_convert_20120123212026.jpg



アグー豚のステーキです。

1201080928_convert_20120123212110.jpg



お店の人が、サンシンを持たせてくれました。


1201080930_convert_20120123212144.jpg



洋服も着せてくれて、弾きかたを教えてくださりました。


1201080938_convert_20120123212216.jpg





ゆいレールに一駅乗って、県庁前駅まで行き、国際通りを歩きました。


1201080942_convert_20120123212254.jpg


1201080944_convert_20120123212346.jpg




お土産屋さんが集まっています。


1201080945_convert_20120123212416.jpg



8時を過ぎていたのですが、紺太郎は「ねむい~」とあまり歩かなくなり、
(国際通りの脇道の)市場通りではパパにおんぶされていました…。


1201080946_convert_20120123212441.jpg



夫があまりお腹一杯ではない、、とのことで、公設市場の2階(食堂が集まっています)へ行きましたが、大体8時で終わりのようで、
皆さん店じまいの用意をしていたので出てきました。
2階の食堂では、1階で買った食材(魚など)を料理してくれるところもあります・・・。




通りにカットフルーツ屋さんがあったので、さとうきびを食べてみました。

1201080949_convert_20120123212507.jpg




私も食べましたが、
棒のように固くて、、何回か噛み砕くとほぐれてきて少し甘いのですが、
はけをなめてているようでした・・・(笑)。


国際通りを歩いていると、「那覇市伝統工芸館 てんぶす」というところがありました。


ここは、紺太郎が2才9ヶ月母子旅行をした時に、シーサーのお皿を作った場所です(日記はこちら)。


紺太郎に「ここで前にシーサーのお皿作ったよね~」と言うと、
「覚えている!あそこの階段を上ってね~、広い所があって、etc」と話し出したので、
2才9ヶ月の4年前のことを覚えているなんてびっくりしました。
覚えていてくれて、、、作った甲斐がありました…(笑)。



今そのお皿は玄関で鍵置きになっています…。







牧志駅まで歩き、またゆいレールに乗って旭橋駅まで戻ってきました。




夫が小腹が空いていると言うので、コンビニでお弁当(沖縄限定)を買いました。



1201080950_convert_20120123212547.jpg



↑一番右が、我が家の定番のなっています沖縄料理の「人参しりしりです。
(作り方はこちら)。



紺太郎が「ママのより美味しい~!」というので、ちょっとショックでした…(笑)。



次の日の朝食用に買ったのはポーク玉子おにぎり(沖縄限定)です。
スパムと卵焼きがおにぎりに入っています。


1201090951_convert_20120123212617.jpg



スパムって沖縄のスーパーですと安くて、お土産に買っていきました。
200円~300円くらいで売っていました。
うちの近所ですと、同じ大きさで598円もするんですよね…。
1種類しか置いていませんし…。






さて、、、
この日のお宿ですが、、写真は撮ったのですが、載せるのをやめました。名前も…。
親子3人で一泊6000円の安くて、
シェアハウスという名の民宿なのですが、、汚いというわけではないのですが、、。
プラスティックの造花にホコリがたまっていたり、2011年のカレンダーが四角に無造作に切った茶色のガムテープで壁に貼られていたり。。
電気コードなども茶色のガムテープでアチコチ留めてあったり。。



なんとなく、、落ち着かない。。




我が家の旅行はマイレージをよく使って、
お宿も贅沢な豪華ホテルなどには泊まらない貧乏節約旅行が多いのですが、
ここは…ちょっと…orz。。




夜に街を歩いているときに、
(一応わたしメッセージで、)
「お宿がみすぼらしくて、、、みじめな気持ちになるから、あまり帰りたくないな~(苦笑)。」と言ったら、
夫も「レビューを読んでネットで見て予約したけど、、あんなんだとは思わなかった…。」と言っていて、
全部予約をまかせたのだし、、仕方ないな、、と思いました。




でも
家族で旅行に来れて、
清潔なシーツがあり、寝るところがあるんだから贅沢言っちゃいけませんね…。




でも、いつも他の方々のブログの旅行を見ると、素敵なホテルの写真などが沢山載っているので、、、、
そういうのを思い出して、、
何となくテンションが低かったです…。




でも紺太郎はそういうこと全く気にしないで元気一杯でした(笑)。



その13へ続きます~。




お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 沖縄
ジャンル : 旅行

宮古島旅行・その11、地下ダム資料館&旅のBGM

<2012年1月8日 6才8ヶ月>



1月8日(日曜日)、旅行4日目、沖縄・宮古島旅行・その11です。
(その10はこちらです。)



東平安名崎へ行った後は、夫の希望で地下ダム資料館へ…。



旅行5日間でせっかく晴れた1日だったのに、
自然豊かな「南の島」の宮古島なのに、室内で過ごすなんてもったいない気もしましたが、
私も希望を聞いてもらったので仕方ありません…。



途中のサトウキビ畑で写真を撮りました…。


1201080910_convert_20120121083647.jpg




さて、地下ダム資料館です。


宮古島はサンゴ礁が隆起してできた島なので、地下には珊瑚からできた石灰層があり水はけがよく
雨は海に流れてします。
なので、宮古島は東京より1.6倍の降水量があるのにかかわらず、干ばつなどで苦しめられていました。


そこで、地下に壁(止水壁、↓だと赤い所)を作り、水を堰きとめて貯水するのが地下ダムです。


tikadamu03.gif
(画像は宮古島改良区より)


世界初の試みのようです。
こういうダムがあるなんて知りませんでした。




最初に入り口でビデオを見せてくれました。


1201080914_convert_20120121083723.jpg


こんな模型もあります。


1201080917_convert_20120121083839.jpg



ここから、資料館の中は残念ながら撮影禁止だったのですが、面白かったです。



止水壁のつくり方などetc紹介していました。


20090122112950.gif
(画像は沖縄本島南部土地改良区より)


↓の赤い部分に止水壁があります。

damu-photo.jpg
(画像は沖縄本島南部土地改良区より)



川のない宮古島に2,400万トンの水を貯える地下ダムは干ばつ被害を防止するのみでなく、作物の収量の増加や、品質を向上することが出来たようです。


「この地下ダムを考え出した人って、スゴイな~~!!」と思いました。
こういう発想をする方って素晴らしいと思います。
資料館で「発案者は誰?」と探したのですが、見つけらなかったです・・・。


「せっかくお天気なのに、室内?」と気乗りしないで行った施設でしたが、楽しかったです。
最初から旅の天気が5日間わかっていれば、もっとスケジュールをうまく組み立てられたのでしょうが、、
天気予報も毎日変わるし(最初ずっと「曇りのち雨」でした)、、
仕方ありませんでした…。


まあ、、「スケジュールをうまく組み立てる」と言っても、
毎日、、ほぼ「行き当たりばったり」で行き先を決めていた私達でしたが…(笑)。



資料館の裏から撮ったサトウキビ畑です。

1201080919_convert_20120122111119.jpg




資料館の前に、止水壁(ダム)のしくみがわかりやすいように作ったものです。
実際はこのようなものではないようですが…。



1201080921_convert_20120122104346.jpg



資料館を後にして、レンタカー屋さんへ行き、
空港まで送ってもらい宮古島を後にして那覇まで飛びました。



***


どうでもいい話なのですが、
我が家のこの旅での車の中のBGM(持っていったCD)の紹介です。

夫は地元のラジオを聞く方が好きなのですが…。


まず、沖縄へ行く時は必ず持っていきます「島唄の風~沖縄ベストコレクション~」です。





こちらは、

1. 涙そうそう(夏川りみ)
2. 島唄2002(THE BOOM)
3. さとうきび畑(森山良子)
4. 島人ぬ宝(BEGIN)

(続きます)


と、沖縄のいい曲がギュッと詰まっている曲です。


2つ目は「君と歩いた時間 今井ゆうぞう」です。
ゆうそうさんのファンなもので…。こちらは色々な曲を集めたカバーアルバムです。

BEGINの「島人(しまんちゅ)ぬ宝」もありますので、この曲の時に紺太郎と合唱しました。





ゆうそうさんの甘い優しい声でこの「島人ぬ宝」で歌っていると、、
これまたいいんですよねぇ~(↑のamazonで視聴できます)。
アレンジがサンシンの音などが入っていなくて全然沖縄っぽくなくて優しい感じで、それも彼にあっていますが、
オリジナルのカラオケでも聞いてみたいです。


いつかこの歌を生で聞いてみたいけど、、たぶん無理だろうなぁ…。



夫が「今井ゆうぞうはヤダ!」というのでこの旅1回しか聞けませんでしたが…(笑)。



BEGINの「島人ぬ宝」はこちらです↓。




3つめは「glee」です。
高校の合唱部を舞台にしたアメリカドラマのCDです。
ヒット曲をカバーしているので楽しいです。





SOMEBODY TO LOVEを紺太郎と大合唱しました。


合唱と言っても、、
「サムバディ~トゥ ラブ~♪、サムバディ~トゥ ラブ~♪」と叫んでいただけですが…。






あと紺太郎が「この曲いいね~」と言っていたのは、
私も可愛い曲だな、と思った曲でした。(You keep me hanging on)



(↑最初にスペイン語の吹き替え会話が入っています。)



家に帰ってからも一緒に聞いています。


話は旅行記からそれましたが、
その12へ続きます~。



お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 沖縄
ジャンル : 旅行

宮古島旅行・その10、東平安名崎&展望レストラン

<2012年1月8日 6才8ヶ月>



1月8日(日曜日)、旅行4日目、沖縄・宮古島旅行・その10です。
(その9はこちらです。)


伊良部島からフェリーに乗り、11時30分頃宮古島へ着きました。
レンタカーは2時半頃には返して、3時半飛行機で那覇に飛ぶ予定です。



「約3時間、宮古島で何をするか?」
でその前の晩はもめました…。


私は(旅行2日に行きましたが(こちら)、夕方&雨で消化不良だった)日本百景の東平安名崎、を見渡せるという展望レストランへ行きたかったし、、



1201080883_convert_20120115084207.jpg




(東平安名崎は(しつこいですが)晴れていたらこんな感じです↓)

hean00.jpg
(画像は宮古島ナビより)



夫にしたら、「一度行ったものは行かない」、「そんなこと言ってアホか~?」みたいな言動&態度でしたし…(苦笑)。
その言動に私もムカっ。。




でも最後には夫は私の要求を飲んでくれました。
(結局は優しい人?です^^。)
「でもその代わり、その後に地下ダム資料館へ行くよ!」と言われました。



天気のいい日だから、、「美しい」ビーチめぐりの方がよかったけど、、
天気のいい日だから、、「美しい」ビーチめぐりの方がよかったけど、、
仕方ありません…。
(無駄に2回繰り返しています・笑。)




こちらの展望レストランはオーシャンリンクス宮古島と言って、
ゴルフ場です。



1201080882_convert_20120121083256.jpg




2階からベランダの外に出ることもできます。


1201080867_convert_20120121083023.jpg




カレーと沖縄そばを食べました。
お値段は高いのかな?と思いましたが、カレーが1000円、おそばは800円台だったかな。。


1201080872_convert_20120121083058.jpg




紺太郎、、しまじろうの付録の「栄養タワーカード」を出したり↑、入れたり↓。


1201080874_convert_20120121083134.jpg



紺太郎はこの旅の食事のほとんどにこの付録を出していました。


CAY6OZVB.jpg




私は帰りもベランダに出て、舞い上がって沢山写真を撮ってしまいました…。

1201080880_convert_20120121083206.jpg





よかったです。(と言うより、、おかげで気がすみました…。)
パパありがとう…。



で、、ここのレストランから東平安名崎の駐車場まで車で5分くらいなのですが、
私は「当然行く」と思っていたら、、
夫はそうとは思っていなかったようで、、ここでまた意見の食い違いです。



でも行ってくれたんですけどね…。
夫は沸騰したやかんでいうと、、湯気がそそぎ口からヒューヒューでているくらいイラついていましたが…(苦笑)。



夫と紺太郎は「駐車場で待っているから早く行って来い!」というので、
走って急いでマムヤの墓こちら)の横まで行って写真を撮りました…。




が、、なぜか、、雨がザーザー降り始めました…orz。


1201080890_convert_20120121094135.jpg



ガーン…。
なんか、、タイミングが、、悪いです(笑)。


1201080891_convert_20120121083330.jpg




走って駐車場へ戻ると雨はあがってピーカンに・・・。
紺太郎は「黒糖アイス」を食べていました。


1201080894_convert_20120121083409.jpg







駐車場横の海もキレイだったです。

1201080895_convert_20120121102358.jpg


1201080896_convert_20120121083444.jpg



1201080898_convert_20120121084245.jpg


1201080901_convert_20120121083524.jpg





駐車場から出て車を走らせてる時に、
「ちょっと停まって~、ここでも崖から写真撮りたいから!」と言ったときは、
夫のやかんのふたが蒸気でピュ~と飛んでいきそうでしたが(苦笑)、
「30秒でいいから~」とお願いして停まってもらいました。
(私はペーパーなので運転は全部夫です…。)



1201080907_convert_20120121083610.jpg


1201080908_convert_20120121102440.jpg



キレイでした。
ゆっくり見たかったけど、、でも仕方ないです(苦笑)。
この時点で1時でした。



帰りの羽田空港で夫に「いっぱい怒らせてごめんね」とあやまっておきました(苦笑)。



地下ダム資料館のその11へ続きます~。





お付き合いくださってありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 沖縄
ジャンル : 旅行

その9、伊良部島&下地島めぐり、渡口の浜を再訪問、牧山展望台

<2012年1月8日 6才8ヶ月>



旅行4日目1月8日(日曜日)の朝沖縄・宮古島旅行・その9です。
(その8はこちらです。)



この日は朝から太陽が出ていて、私のテンションは上がってきました
この旅、初めての太陽です!(雲も多かったですが…。)



朝ごはんは紺太郎が寝ている間に、夫と交代でお宿の食堂で食べました。(朝定食410円)

1201080733_convert_20120120054508.jpg




今までの経験から、紺太郎を朝起こして(宿の)食堂などへ連れて行っても、
あまり食べないことがわかっていたので…。



9時過ぎに宿をチェックアウトして出発です。
この日(1月8日)は、宮古島から那覇へ3時半の飛行機で飛ぶことになっていました。
宮古島でレンタカーを2時半頃までには返さなければいけません。



前日、宮古島から伊良部島へのフェリーに乗るときに、
いきなり予定を知らされずに「2時のに乗るのに何やっているんだ!」と夫に怒られてイヤだったので、
前夜から夫に、
「ちゃんとあなたが、何時のフェリー(伊良部島から宮古島)に乗るつもりなのか、前もって知らせておいてね!」と伝えていて、
11時のフェリーに乗ることになっていました。



約2時間の伊良部島&下地島の観光を再び楽しみました。



まず、前日も行った下地島空港(訓練飛行場)へ。



管制塔のようなものがあります。

1201080740_convert_20120120054537.jpg



練習時間が1日3回ほどありまして、
その練習の見学は人気のようです。


1201080742_convert_20120120054615.jpg




この日の練習の最初は10時からだったのですが(宿に人が教えてくれました)、
時間の都合で割愛です。


1201080744_convert_20120120054649.jpg




空港先の美しい海です。


1201080753_convert_20120120054806.jpg


1201080754_convert_20120124164109.jpg









その美しい海のそばで朝ごはんのパンを食べる紺太郎…(笑)。
(お行儀が悪くて、、すみません…。いきなり車から降りたもので。。)

1201080757_convert_20120120054837.jpg




(再び)佐和田の浜です。

1201080765_convert_20120120054902.jpg






島はさとうきび畑が多いです。


1201080774_convert_20120120054932.jpg



砂糖工場です。

1201080819_convert_20120120055141.jpg




そして、前日に美しかったので、再び渡口の浜(とぐちのはま)へ行きました。


1201080779_convert_20120120055002.jpg





パパとかけっこです。


1201080781_convert_20120120055039.jpg




この日は私は半袖のTシャツを着ていて、やっと沖縄らしい天気になりました。
心置きなく裸足で遊べます。

1201080790_convert_20120120055106.jpg





お土産屋さんで、黒糖のお土産やジュースを買って、
水道で足を洗わせていただきました。





続きまして、牧山展望台へ。
伊良部島で最高標高(89m)の牧山頂上にあります。
やはりサシバ(渡り鳥)の形をしています。



1201080820_convert_20120120055215.jpg




宮古島が見えます。


1201080822_convert_20120120063125.jpg



建設中の伊良部大橋が見えます。
約3キロの橋なんて、、長いです…。



1201080824_convert_20120120055247.jpg




展望台から島側はこんな感じです。

1201080826_convert_20120120055315.jpg




橋ができたら、この島も変わるのでしょうね…。


1201080829_convert_20120120055409.jpg





港へ急ぎます。


1201080836_convert_20120120055507.jpg




その前に島に一軒あるというコンビニ、ファミリーマートを見に行くことに…。

1201080839_convert_20120120055548.jpg



お宿の人によると、沖縄で売り上げが一番(日本で、、だったかな??)だそうです。
大型スーパーなどもみあたらない島です。
朝や昼ご飯時は大混雑で、夜にはお弁当類などは品薄らしいです…。




住宅街です。

1201080842_convert_20120120055630.jpg



フェリーに乗って伊良部島にさよならです。

1201080850_convert_20120120055705.jpg




前夜から「(行きが揺れたので、)船に乗るのがドキドキしちゃう…」と言っていた紺太郎ですが、
今回は2階の甲板へ行くことができましたし、そんなに揺れなくてよかったです!

1201080856_convert_20120120055752.jpg




宮古島へ着きました。



その10へ続きます~。



長い旅行記にお付き合いくださって、ありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 沖縄
ジャンル : 旅行

その8、伊良部島・下地島めぐり、帯岩、渡口の浜&旅の思い出帳

<2012年1月7日 6才8ヶ月>



1月7日(土曜日)、旅行3日目、沖縄・宮古島旅行・その8です。
(その7はこちらです。)


下地島通り池を出てからの続きです。



次に帯岩へやってきました。


1201070627_convert_20120119144348.jpg



岩の高さ12.5メートルもある巨岩で、
この岩の中央がやや引っ込んでいて人間が帯を締めている姿にもたとえられたので↓、帯岩と呼ばれています。



1201070632_convert_20120119144708.jpg



死者1万1千人以上をだしました八重山地震の時の明和の大津波(1771年)で打ち上げれたと伝えられています。
Wikiを読みますと、津波の高さは85mもあったと書かれています…。
85mって、、すごいです…。


この奥から見えるビーチもよかったです。


1201070631_convert_20120119144547.jpg




続きまして、中ノ島ビーチへ来ました。

1201070641_convert_20120119144806.jpg




なにやらジーっと海を見つめていました。


1201070652_convert_20120119144846.jpg




下地島と伊良部町を隔てる橋を渡って、、


1201070660_convert_20120119145031.jpg




渡口の浜(とぐちのはま)
へやってきました。
こちらは見たとたん「わぁ~!」と歓声を上げてしまったほどキレイでした。


1201070667_convert_20120119145136.jpg






紺太郎、ふざけてばかります…。


1201070679_convert_20120119145252.jpg




走り回っていました。


1201070684_convert_20120119145327.jpg






「(写真撮りたいんだから、)ちょっとはマジメな顔してよ~」と言ったら、
シャツをインして、こんな顔をみせてくれました(笑)。


1201070690_convert_20120119145558.jpg




もう夕方6時も過ぎていたのに、とても美しい海でした。


1201070692_convert_20120119145628.jpg




紺太郎、、何往復ビーチを走っていただろう…。


1201070702_convert_20120119145709.jpg






そして、この日のお宿、下地島空港(訓練飛行場)施設が経営するお宿オーシャンハウス in さしばへ。
1泊約5800円でした。



1201070709_convert_20120119150042.jpg




こちらはJALやANAの社宅もあります。


(以下3枚は翌朝に写真を撮っています。)

1201080728_convert_20120119150229.jpg


宿は団地のようでもあります。

1201080731_convert_20120119150345.jpg



食堂もあります。

1201080730_convert_20120119150305.jpg




お部屋にあった「旅の思い出帳」
に「施設内の食堂が、美味しい!」と何人も絶賛していたので、夕ご飯は食堂へ。
スパゲッティは310円で安かったです。


1201070710_convert_20120119150117.jpg




でも、、お味は、、(贅沢言ってはいけませんが、)「普通…」でした…。
メニューとか、、作る人が違っていたのかな…。。。





夜に紺太郎も「ボクも宿帳に書きたい!」と言います。


でも、「何を書いていいのかわからない~」と言うので、
「伊良部島へ来て、楽しかったことや、いやだったことなど、正直に書けばいいんだよ~」と伝えたら、こんなものを書いていました。




1201070723_convert_20120119155516.jpg


2012 1/7 くもり、あめ、つよいかぜ

ふねが ゆれて こわかったです。

とおりいけ(通り池)が きれいだった。

さとうきびキャンディーのおみせが あいてなくて ざんねんだった。

とぐちのはま(渡口の浜)が きれいでした。

こんたろう 6さい


←いらぶじまのちず

キャンディーのおみせ→

「えいぎょうちゅう」てかいてあったけど やっていませんでした。




ちなみに、伊良部島の地図はこちら↓です。
見ながら書いていました。
地図を書くなんて、地図好きの紺太郎らしいな~と思いました^^。
(親バカながら)うまく書けていると思いました。


irabu-map_convert_20120119160454.png
(画像は伊良部島・下地島より)



佐和田の浜で写真を撮っていた時に、近くに「さとうきびキャンディー」の旗を出していたお店があったので、行ってみました。
すると「営業中」の札はあったのですが、人気がまったくありませんでした。
(たぶん時期的にやっていないような雰囲気でした。)



そんなに残念だったのね…(笑)。


1月8日、その9へ続きます。




お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 沖縄
ジャンル : 旅行

その7、伊良部島&下地島めぐり、佐和田の浜、通り池など

<2012年1月7日 6才8ヶ月>



1月7日(土曜日)、旅行3日目、沖縄・宮古島旅行・その7です。
(その6はこちらです。)



伊良部島サバ沖井戸からの続きですが、
その前に伊良部島の説明を少し…。


宮古島の北西約5kmに位置し、周囲は26.6km、人口6,283人です。
伊良部島と宮古島との間はフェリーで約25分かかります。


前にも書きましたが(こちら)、伊良部大橋(本橋部分3,540m)が建設中で、2014年度に開通予定です。

西側に下地島が隣接し、両島は幅約40mから100mの入江(水路)で隔てられていますが、
幅が狭いため航空写真などでは間に川が流れるひとつの島のように見えます。

この入江には6本の橋が架かっています。


下地島には下地島空港があります。

JALやANAなどの国内唯一の民間の訓練飛行場です。
美しいコバルトブルーの海から、タッチ&ゴーの訓練が見学できる空港として知られています。

最近では、沖縄の普天間基地の移転先の候補地にも名前が挙がっていました…。





大きな地図で見る



前置きが長くなりましたが、旅行記の続きです。
海岸沿いを時計と反対まわりに進むことにしました。



次に向った先は、ふなうさぎバナタです。『船を見送る岬』という意味だそうです。


1201070466_convert_20120118174056.jpg



最初、「ふな、うさぎ、パンダ」かと思っちゃいました(笑)。
(「パンダ、うさぎ、コアラ~♪」の音楽が頭の中に響いていました(笑)。)


1201070478_convert_20120118174308.jpg


サシバという渡り鳥の形の展望台になっています。


1201070469_convert_20120119103637.jpg



サシバは、伊良部町のシンボルだそうです。

冬に日本からフィリピンに渡る途中におよそ5万羽ものサシバが宮古諸島に飛来し、
その90パーセントが伊良部島で羽を休めるそうです。




↓この先の崖から夫が写真を撮ってみると、写真の海がキレイだったので、
私も行って見ました。


1201070479_convert_20120118174347.jpg



が、、強風で飛ばされそうで怖かったです。
お尻を地面につけながらジリジリと進みソ~~ッと海を覗き込みました。
キレイでしたが、「落ちたらどうしよう・・・」とドキドキでした。



1201070473_convert_20120118174233.jpg

1201070475_convert_20120118174203.jpg




先に車を進めて、展望台からみた「ふなうさぎバナタ」です。


1201070481_convert_20120118174417.jpg



白鳥海岸に来ました。

こちらは持っているパンフレットの写真の海がとてもキレイだったのですが、曇りだったからかそんなでもありませんでした。

1201070493_convert_20120118174453.jpg





車をさらに走らせていると海がキレイです。


1201070512_convert_20120118174526.jpg




佐和田の浜(さわだのはま)に着きました。


1201070527_convert_20120118174558.jpg


こちらは日本の渚百選に選定されている場所です。
那覇でタクシーの乗ったときに、運転手さんが、「佐和田の浜は日本で一番きれいな海だ!」と言っていましたが、、この日は天気からかそれほどキレイではありませんでした。
(個人的には石垣島の川平湾の方がキレイだと思います。)


遠浅の浜に多数の巨岩が点在します。
この岩は1771年(明和8年)の八重山地震の津波(明和の大津波)で運ばれてきたものだそうです。


1201070562_convert_20120118174651.jpg




そして、

干潟に石垣を積み上げ、潮の干満で垣の内側に取り残された魚を捕る漁法に用いられる魚垣(ながき)が残っているいます。

魚垣は、未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選に選定されています。

1201070592_convert_20120118174722.jpg


300px-Shimoji_katsu.jpg
(画像はwikiより)



(空港の写真をこの日は撮り忘れましたが、)
下地空港の先にある海の上の光を灯す橋です。

1201070601_convert_20120118174812.jpg


この辺りの海は特に色が美しかったです。



続きまして、通り池に来ました。
国の名勝及び天然記念物に指定されています。



池までの道です。

1201070608_convert_20120118174852.jpg



海岸近くに2つの池が並んでいるように見えます。


1201070624_convert_20120119105959.jpg



でもこの2つの池は地下部分でつながっており、さらに海側の池は洞穴で海とも通じています。


1201070609_convert_20120118174927.jpg


1201070611_convert_20120118175003.jpg






私は「ふ~ん、池か・・・。」という感じで見ていたのですが(苦笑)、
紺太郎は「わぁ~!!キレイ!」とすごく感激していました。





その8へ続きます。




お付き合いくださってありがとうございました。


にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 沖縄
ジャンル : 旅行

沖縄、宮古島旅行・その6、砂山ビーチと伊良部島のサバ沖井戸

<2012年1月7日 6才8ヶ月>



1月7日(土曜日)、旅行3日目、沖縄・宮古島旅行・その6です。
(その5はこちらです。)



宮古島海中公園を出まして更に南下して、行った先は砂山ビーチです。



駐車場からこんな道を歩いていきます。


1201070358_convert_20120117160839.jpg




砂山を下ってビーチなのですが、
道の間からビーチが見えたときは、キレイで思わず「おぉ~!」と歓声を上げてしまいました。


1201070363_convert_20120117160946.jpg



紺太郎はこの砂山が気に入ったらしく、遊んでしばらく動かなかったです。


1201070365_convert_20120117161200.jpg




やっと動いてビーチです。
ビーチの左側には岩の洞窟があります。


1201070377_convert_20120117161232.jpg




しばらく波を見て動かなかったです。

1201070380_convert_20120117161313.jpg




そして、パパとかけっこです。

1201070400_convert_20120117161352.jpg




波とたわむれます。

1201070404_convert_20120117161434.jpg




またしばらく波を見て動かなかったです。
海の色がキレイでした。
曇りでしたが、晴れだったら更にキレイなのでしょう…。


1201070425_convert_20120117161516.jpg






帰りも砂山でひっかかって中々動きませんでした。


1201070442_convert_20120117161612.jpg




道でこんな実を発見しました。
小さいスイカみたいです。
名前がわかりません。


(コメント欄でしのさんが教えてくださりました。オキナワスズメウリというそうです。ありがとうございました。)


1201070447_convert_20120117161654.jpg






かわいいので手に取って見ました。


1201070448_convert_20120117161729.jpg





で、、先に駐車場へ戻っていたパパは、、一人でなにやら激怒しています。



この時、1時15分だったのですが、
2時の(伊良部島への)フェリーに乗るつもりなのに、何グズグズしているんだ!」と…。



この日は伊良部島へ宿泊予定でしたので伊良部島へ渡るのはわかっていましたが、
2時のフェリーに乗るなんて聞いてないし…。
初めて聞きたし…。
お昼ご飯もまだでした…。
いきなり言われても…(苦笑)。



私の中では前日行った「東平安名崎の近くのレストラン(こちら)でお昼食べたいな~」なんて心の中で思っていたくらいなのに…。
「え~~!」と思いつつ従うことにしました。


砂山ビーチから港までは15分くらいでした。
夫によると「お昼ご飯は港で食べる!」とのことでしたが、港のレストランは閉まっていたので、売店でおにぎりなどを買って船の中で食べることにしました。


車ごとフェリーに乗ったのですが(25分、往復2600円)
車がびっちり停まっていて、車から降りることもできないくらい混んでいました。


強風ですごく揺れて、紺太郎は怖がって泣いて私にしがみついていました。



車が波をかぶったので、降りるときに係員の方が車に水をかけていました。
初めて見る光景です。


1201070449_convert_20120117161805.jpg




伊良部島に着いて向った先は、サバ沖井戸(サバウツガー)です。市指定文化財です。



昭和41年に水道が設置されるまで、佐良浜地区の人々の命を240年間の間支え続けた井戸です。
断崖に設けられた130段近い階段を降りたところに井戸があり、
昔は主に女性が午前3時から1日3、4回水汲みのためにここを上り下りしていたそうです。


1201070465_convert_20120117171543.jpg




こんな階段を下りていきます。


1201070453_convert_20120117171053.jpg



海がキレイです。


1201070454_convert_20120117171119.jpg



海の横に井戸があります。

1201070458_convert_20120117171153.jpg




覗いてみました。


1201070460_convert_20120117171218.jpg




紺太郎は帰りは何段あるか数えていました。
130段より多かったようです。

1201070462_convert_20120117171246.jpg






それにしても下りて、上っただけでも息が切れていしまいました。
これを水を持ってあがるなんて、、、、、、重労働だったと思います。
年とったら、、絶対無理…。
昔の人は大変だったろうな、、と思います。



その7へ続きます。



お付き合いくださってありがとうございました。

今朝(1/17)、前の日の晩御飯の残りのスープが一杯残っていたので紺太郎にあげようとレンジに入れました。
紺太郎が幼稚園に行った後、私が朝ごはんを食べようと他のものをレンジに入れようとしたらスープが残っていました。
それなら私が朝ご飯に食べようとレンジに入れました。
昼に私がレンジを使おうと思ったら、スープがそのまま…。じゃあ昼ごはんに食べようと、またスイッチを入れました。
3時のおやつにレンジを使おうと空けたら、スープがそのまま…。
3回続くと、、びっくりするやら、、呆れるやら。。
最近も、、ボケまくっています…(笑)。


にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 沖縄
ジャンル : 旅行

宮古島旅行・その5、池間湿原と宮古島海中公園

<2012年1月7日 6才8ヶ月>



1月7日(土曜日)、旅行3日目、沖縄・宮古島旅行・その5です。
(その4はこちらです。)




宮古島の北端にあります池間大橋を渡って池間島へやってきました。



飴の中を車でぐるりと島を回り、池間湿原へ。



1201070258_convert_20120116104507.jpg




こちらの湿原は、以前二つの島を分ける海峡だったらしく、
その後自然に堆積した土砂によって一部分がつながり、入江になりました。
昭和に入ってからもう一部分が埋め立てられて
海と遮断された事により淡水化して現在のような湿原になったそうです。



kangimi000.gif
(画像は池間HPより)



カモやサギなどの鳥が沢山いました。


1201070261_convert_20120116104547.jpg



紺太郎と
「沖縄にもカモがいるんだね~」と(当たり前なのかもしれませんが)二人で言っていました。



また池間大橋を渡り宮古島へ戻り、少し南下して向った先は宮古島海中公園です。



中心施設からすぐの駐車場もあるのですが、
私達は5分ほど離れた駐車場に車を停めました。
雨は幸い止みました。



フラワー迷路がありました。


1201070266_convert_20120116104631.jpg





私は「迷路なんて…」とあまり興味はありませんでしたが、
紺太郎には面白かったらしく3回位やっていました。
(帰りも一人で行ってやっていました。)


1201070268_convert_20120116104711.jpg




公園もあり、、中々施設へ行けません…。


1201070270_convert_20120116104836.jpg




やっと中心施設へ来れました。(大人1000円)
ヤシガニがいました。
テレビで見たことがあったのですが、美味しいという噂です…。

1201070271_convert_20120116104949.jpg





こんな階段を下りていきます。


1201070273_convert_20120116104916.jpg




そして窓から海の中を見ることができます。


1201070274_convert_20120116105033.jpg

1201070276_convert_20120116105107.jpg




色々な魚がいます。


1201070277_convert_20120116105144.jpg






「~がいます」という水族館と違って、何がいるかわからないので面白かったです。


1201070279_convert_20120116105221.jpg





イカもいました。



夫が白黒で撮った写真が面白かったので、私もやってみました。


1201070289_convert_20120116105255.jpg




階段クイズラリー(100円)というものがあり、紺太郎がどうしてもやりたがるので、
やりました。。


1201070348_convert_20120116105444.jpg

1201070344_convert_20120116105331.jpg




お魚の問題なんて私は1つもわかりましぇ~ん(笑)。
難しいです。

1201070346_convert_20120116105407.jpg

1201070347_convert_20120116105517.jpg




(ほとんど当てずっぽうで)12問中4問正解で、賞品のストラップはもらえず・・・。
が、、残念賞のお年玉として飴とチョコをいただきました。



駐車場まではこんな遊歩道があります。


1201070351_convert_20120116105558.jpg





パイナップル?と思いましたが、違うようです。
「何だろう?」と思っていましたら、
コメント欄でまりっぺさんが「アダンの実ですよ」と教えてくださりました。
ありがとうございます~。


1201070269_convert_20120116104754.jpg



海中公園を後にします。
その6へ続きます。



お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 沖縄
ジャンル : 旅行

宮古島旅行その4、日本百景の東平安名崎、と西平安名崎

<2012年1月6、7日 6才8ヶ月>



1月6日(金曜日)、旅行2日目、沖縄・宮古島旅行・その4です。
(その3はこちらです。)



宮古島博物館を出たのは4時半を過ぎていました。



暗くなるのは6時過ぎです。
雨はまだ降っています。


「さて、どこに行こうか?」という話になりました。



私はこの宮古島旅行で一番楽しみにしていた場所は、東平安名崎(ひがしへんなさき)でした。


宮古島の南東の端にあり、日本百景のひとつに数えられる絶景ポイントです。
旅行会社の宮古島のパンプレットには必ず写真が載っている場所です。
今まで写真をずっと見てきて、、恋心に近いものがありました。



晴れていたらこんな感じです…。


hean00.jpg
(画像は宮古島ナビより)




宮古島の天気予報は、これから先も曇りのち雨でした。
次の日には伊良部島にも宿泊予定があるし、
「早く見たい!」という気持ちもあり、
「東平安名崎へ行きたい」と夫に伝えました。
「(晴れたら)また来ればいいし…」、の気持ちがありました。



夫は初めは「遠い」とか何とか言っていましたが、聞き入れてくれました。



この岬は、駐車場から約10分くらいの遊歩道があり、先に灯台があります。



1201060216_convert_20120114140353.jpg




普段はこちらの灯台は4時半くらいまで上にのぼれるようでしたが、
「只今工事中で入れいません」ということで残念でした。
(時間もとうに過ぎていましたが・・・。)
この灯台から岬を見たら一望できるのになぁ~。




ラッキーなことに歩いていたら、雨もやんできました。


1201060214_convert_20120115081042.jpg






マムヤの墓、、というものがありました。


1201060219_convert_20120114140518.jpg





マムヤさんというのは、時期はわからないのですが、
昔々東平安名崎付近に住んでいた誰もが振り返るほどの絶世の美女だったそうです。


妻子があると知らずに男性(野城按司)と恋仲になり、、
男性が妻子に戻ってしまった為、東平安名崎から身を投げてしまったそうです。
母親が嘆いて、「これから先、この村に美人が生まれませんように」と神に嘆願したそうです。
(詳しくはこちら



岩はくりぬいてあり、その中にお墓がありました。
その横に絵があったのですが、仲間由紀恵さん似の美人でした。
(詳しいことはわかりませんが)男が悪いのに、、可哀相です…。



で、、悲劇のお話なのですが、
苦笑いしたのが看板の中味です。


「野城按司はマムヤを見初めて恋仲になるが、
『将来のことを思えば、マムヤよりは糞尿(ふんにょう)の臭いがしても妻の方がいい』と諭されてマムヤを見捨てる」
とありました。


1201060218_convert_20120114140428.jpg




妻の立場からすると、、「糞尿の臭いがしても」って、、どういうこと…(笑)?



まあ、、言いたいことはわからなくもないですが…(苦笑)。



このマムヤの墓の奥の崖から海を見たら、
その時に(雨が丁度やんでいて)、少し薄日がさしてきてキレイでした。




1201060221_convert_20120114140630.jpg



行きと帰りに「日本百景のパノラマが一望できる展望レストラン」というのがあり、
夕方で雨だったので、せっかくの日本百景の景色が消化不良ということもあり、
「晴れたら、またここにランチに来たい」と思っていました。


1201080883_convert_20120115084207.jpg
(↑この写真は後日に撮った写真です。)





レンタカー屋さんにあったレストランのチラシもあり、
チラシを見ながら
私は夫には「このレストランに行こうよ~」とそれから何度も言っていて、
夫は「こんなチラシの写真のような景色は見えないよっ」と言いつつ、
「行かないよ」とは言っていませんでした。



私は「また東平安名崎&展望レストランに来よう、、、(それは当然)」という思い込みがあったのですが、
(私は知らなかった)夫の心の中では、、
「この場所はもう行った」、、
だから「一度行ったものは、もう来るつもりはない、、(それは、当然)」
というのがあったみたいです。




後日、、またこれでもめました(苦笑)。
まあ、色々あって、、後日にまた来てくれたんですけどね…。
(その話はまた後日に、、)






夜ごはんは宿の近くの居酒屋へ行きました。
(夫がビールの飲むので歩いていける場所で毎回食べました。)


ソーメンちゃんぷるは毎回頼みます。


1201060225_convert_20120114140718.jpg



私達しかいなかったのに、
お店の方がサンシンをひいてくださいました。
ありがたいです~。


1201060228_convert_20120114140751.jpg





次の日(1月7日・土曜日)の朝です。



この日は宿をチェックアウト後、
宮古島の北の先端にあります西平安名崎へ行きました。
天気は雨が降ったり、やんだりを繰り返していました。




すごい風です。風車がありました。

1201070234_convert_20120114140831.jpg



宮古島と池間島を結ぶ池間大橋が見えます。

1201070235_convert_20120114140909.jpg




とにかくスゴイ風です。。
「飛ばされる~」と…(笑)。

1201070240_convert_20120114141010.jpg




紺太郎は、ジャケットを「凧~!」とか言って広げて遊んでいました。

1201070243_convert_20120114141101.jpg




この後から雨が強くなってきました。

1201070244_convert_20120114141135.jpg




雨でも海がキレイですが、やはり晴れていたらもっとキレイなんでしょうねぇ…。

1201070251_convert_20120114141233.jpg




池間大橋を渡って池間島へ行きます。


1201070253_convert_20120116104239.jpg




その5へ続きます。


citymap.gif
(画像は阪急交通社より)



お付き合いくださってありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 沖縄
ジャンル : 旅行

その3、うえのドイツ文化村&宮古島博物館

<2012年1月6日 6才8ヶ月>



1月6日(金曜日)沖縄・宮古島旅行・その3です。
(その2はこちらです。)



来間島から宮古島に戻り、雨が激しくなってきました。



どこか室内の施設に入ろうと、、うえのドイツ文化村へ行くことにしました。



大きな地図で見る



うえのドイツ文化村は、 1873年(明治6年)7月に宮古島(タイピンサン・太平山)の住民がドイツの難破船を救助したゆかりの地に建つテーマパークです。


入場料は博愛記念館が大人700円、キンダーハウスが大人200円、共通券は800円です。
飛行機(JAL)の中でもらった「ちゅらなび」というガイドブックを見せると700円になりました。



まずキンダーハウスという所へ、、。



ベルリンの壁の一部が展示されています。

西側、


1201060142_convert_20120112235743.jpg




東側、、


1201060143_convert_20120112235843.jpg



壁の裏・表1つ見ても、資本主義と社会主義ってこんなに違うんですね。



そして写真です。


1201060144_convert_20120112235919.jpg



ドイツのくるみ割り人形や、ドールハウスの展示がありました。

1201060148_convert_20120113000104.jpg

1201060152_convert_20120114044716.jpg




ドイツのオモチャも置いてあり遊ぶことができました。


1201060147_convert_20120113000024.jpg



フラフープです。

1201060154_convert_20120113000140.jpg




ドイツの地図パズルです。


1201060159_convert_20120113000232.jpg





キンダーハウスを出て、ドイツの古城マルクスブルグ城を再現した博愛記念館へ。
城内にはドイツ商船救助にまつわる資料や美術品を展示しています。



1201060141_convert_20120112235706.jpg




まず8階の展望室へ。
太平洋を望むことができます。

1201060163_convert_20120113000321.jpg



ドイツの農家の室内や、

1201060167_convert_20120113000405.jpg


お城の寝室です。

1201060171_convert_20120113000446.jpg



中世の台所です。


1201060181_convert_20120113000919.jpg




ドイツ商船を助けた経緯のパネルもありました。


1201060173_convert_20120113000801.jpg


1201060179_convert_20120113000645.jpg



当時のドイツ皇帝ウィルヘルム1世が話を聞き感謝して当地に博愛記念碑とお礼の品を送ったそうです。


1201060178_convert_20120113000723.jpg






小池百合子さんなど、こちらを訪れた方のサインなどもありました。


1201060180_convert_20120113000836.jpg




こちら子どもは300円でコスプレが出来ました。
やりたかったのですが(笑)、紺太郎が「やだ」というので出来ませんでした。


1201060184_convert_20120113001030.jpg





私も話に感動して、つい500円の劇画本を買ってしまいました。
「かがり火」です。
難破船を見つけた住民は一晩中たいまつの灯で乗組員を勇気づけたそうです。


1201060182_convert_20120113000954.jpg




記念碑です。


1201060189_convert_20120113001104.jpg



まわりの海がキレイです。


1201060187_convert_20120114044846.jpg


1201060193_convert_20120113001232.jpg



ホテルです。


1201060194_convert_20120113001331.jpg



こちらの施設は面白かったです。


でも、、感動して劇画本まで買っておいて言うのもなんですが(笑)、
せっかく自然豊かな宮古島へ来たのだから、
雨でも室内で過ごすより外の景色を見て回っていたほうがよかったかな~?という気持ちもあります。



***


次は夫の強い強い希望で宮古島博物館へ。(大人300円)
夫はこういうのをじっくり見るタイプで、表の看板に「~4時」とあり、
3時半頃に着いたので、
「30分しか見る時間がない!」と文句を言っていましたが、
入ってみると、閉館は5時でした。(入場が4時まで)


沖縄って前もこういうことがありました。
閉館時間じゃなくて「入場時間」を書いていたことが。。
まぎらわしいです。。


おかげで夫は4時半過ぎまでじっくり見ることができましたが、
私達は待たされることになりました(苦笑)。


宮古島の昔の暮らしの様子です。

1201060203_convert_20120113001458.jpg



宮古島(島尻地区)の「パーントゥプナハ」です。

1201060201_convert_20120113001407.jpg


1201060210_convert_20120113001704.jpg



住民に泥をつけていくようです。

1201060208_convert_20120113001618.jpg



こういう風習ががあるなんて知りませんでした。
宮古島版のなまはげみたいですね…。


そして、、
明和の大津波のことを知りました。


1201060207_convert_20120113001543.jpg


1771年4月24日(明和8年3月10日)午前8時頃に発生した推定マグニチュード7.4-8.0の大地震(八重山地震)の津波により、
宮古島では流失した家屋1054軒、死者2548名(八重山諸島は9300名)だったそうです。
(wikiはこちら


沖縄でも津波被害があったなんて知りませんでした…。
やはり日本は北から南まで地震国家なんですね…。





その4へ続きます。



お付き合いくださってありがとうございました。
「なまはげ」の言葉が思い出せなくて検索までしてしまいました。
ボケたわ~(苦笑)。
去年、秋田のなまはげ館(こちら)まで行っているのに…。


にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 沖縄
ジャンル : 旅行

その2、宮古島の前浜ビーチ&来間(くりま)島

<2012年1月6日 6才8ヶ月>



1月6日(金曜日)沖縄・宮古島旅行・その2です。
(その1はこちらです。)



宿を出発しまして、車を走らせました。
宮古島はさとうきび畑が多いです。





1201060022_convert_20120111180312.jpg




向った先は与那覇(よなは)前浜ビーチです。




大きな地図で見る



この前浜ビーチはあの有名な「全日本トライアスロン宮古島大会」のスイム、スタート、ゴール地点にもなっています。



1201060028_convert_20120112101906.jpg




海の向こうは「来間(くりま)島」来間(くりま)大橋が見えます。


1201060038_convert_20120112101938.jpg




雨が降っていても綺麗だったので、
晴れていたら、もっと綺麗なんだろうな~と思います…。


1201060052_convert_20120112102010.jpg





紺太郎は波と遊んでいました。


1201060055_convert_20120112102044.jpg


1201060062_convert_20120112102138.jpg




私が「靴を濡らさないでよ~」と言っても、、波を面白がって、
波に近づいたり、逃げたりを繰り返して、、
結局靴とズボンを濡らしてしまいました。



他のビーチでも、小学生くらいの男の子がズボンを膝上まで濡らしていて、
お母さんが「まったく~!ここまで濡らすとは思わなかったわ!」とイラっとしてボヤいていたので、
男の子(子ども)はこういうものだ、、と思った方がいいのでしょうね。
ビーチへ行く際は、裸足になる、ズボンをまくる(脱ぐ)もしくは着替えを用意して覚悟した方がいいのでしょう…。



濡れた靴を嫌がる紺太郎に、
つい、不毛の言葉、
「だから、ママが言ったでしょ~!」と言ってしまいました…。


無駄ですね…(笑)。





来間大橋を渡って来間島へ行きました。



堤防に車を停めてナビを見ると「(やっぱり)車が落ちそう~」、、と子どもと大笑いしました。



1201060076_convert_20120112110455.jpg




道にハイビスカスが咲いています。


1201060078_convert_20120112102505.jpg

1201060079_convert_20120112110600.jpg





竜宮展望台へ行きました。
宮古島を望めます。


1201060085_convert_20120112102614.jpg



ちなみに晴れていたらこんな感じのようです・・・。


0206.jpg
(画像は宮古島ナビより)



展望台の反対側の来間島を見守るシーサーです。


1201060087_convert_20120112102655.jpg



紺太郎は濡れたズボンを着替え、子ども用サンダルを宿に置いてきてしまったため、
大人用サンダルしかなく、、こんな格好です(笑)。


1201060091_convert_20120112102729.jpg




島を回っていますと、鳥が多いです。


1201060101_convert_20120112102807.jpg



朝に散歩したときにコンビニで買った、沖縄限定紅芋プレッツェルです。
限定品に弱いです(笑)。


1201060108_convert_20120112120810.jpg





来間島守(くりまじま まもる)くんがいました。
ちょっと情けない顔をしています…。


1201060115_convert_20120112103000.jpg



宮古島には、道路のいたるところに宮古守くんがいて、
キャラクター化しています。
お土産のパッケージなどや本の表紙などになっています。
宿でテレビをつけたら、地元のテレビ局で白塗りの顔で同じ格好をした人が舞台で踊っていました…。

1201060134_convert_20120112103722.jpg




こちら、、小・中学校だけでなく、幼稚園も一緒になっています。
スゴイ…。
どれだけ縦割り保育なの…(笑)。


1201060116_convert_20120112103055.jpg




シーサーにいたずら?で草が口に詰め込まれていたのですが、
紺太郎は「草食シーサーだ~!」と喜んでいました。


1201060118_convert_20120112103148.jpg



紺太郎、、上機嫌です。


1201060122_convert_20120112113154.jpg




お昼は来間島のふぃふうま家という所で食べることにしました。

1201060132_convert_20120112113248.jpg





来間味噌そばはお店に置いてあったガイドブックに載っていました。


1201060124_convert_20120112103251.jpg


1201060130_convert_20120112103554.jpg




(↑宮古島のガイドブックは近所の本屋さんで見つけられなかったのですが、
ちゃんとあるんですね…。)




このソーキ女丼が美味しかったです。
今回の旅行の中で一番美味しかったかも…。
お肉がとろけました。

1201060125_convert_20120112103327.jpg


お店の方が気さくに色々と話しかけてくださいました。
那覇でもタクシーの運転手さんも色々と話しかけてくださいました。
沖縄の方って明るくて気さくでいいです~。



紺太郎はしまじろう「じゃんぷ」1月号の付録の栄養タワーカードを出します。
(この旅、食べるたびに毎回出していました。
前の日の晩御飯はこのカードを私がお店に持ってこなかったと怒って拗ねていました…。
それ以後、自分のカバンに入れさせて、自分で管理してもらうようにしました。)


1201060127_convert_20120112103406.jpg



この「栄養タワーカード」とは、
「野菜(ビタミン)、肉・魚など(たんぱく質)、ご飯など(炭水化物)」の3つに分れて色々な食材の写真が載っているタワーです。


「ビタミンは緑、たんぱく質は赤、炭水化物は黄色」
「バランスよく3つのものを食べよう」というコンセプトなのですが、
それを紺太郎はいちいち確認しながら食べたかったみたいです。



そして、本に食べたものを書きとめていました。

1201060128_convert_20120112103445.jpg



ここで大笑い。。
朝ごはん「はるさめスープ ちゃんぽん」というインスタントスープを飲んだのですが、
「ちんぽん」と書いてありました(笑)。


kurimachinnponn.jpg





「ちょっと~、なにコレ~!?」と大笑いでした。



橋を渡って宮古島へ戻ります。
その3へ続きます。



長いのにお付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 沖縄
ジャンル : 旅行

2012年沖縄旅行・その1、宮古島へ

<2012年1月5、6日 6才8ヶ月>



1月5日(木曜日)から9日(月曜日)まで4泊5日沖縄家族旅行をしてきました。
夫のマイレージ特典を使いました。



残念ながらお天気にはあまり恵まれず
行く先々、「晴れていたら、たぶんきっともっと綺麗なんだろうな~」とばかり思っていました。
曇りや雨でも綺麗でしたが・・・。


今まで行った時は冬でも半袖で過ごせる日も多かったのですが、
今回はそういう日は1日だけでした。
でもそれでも15度~20度ありましたので、関東とは雲泥の差の温かさでしたが…。
島の方も「こんなに寒いのは珍しい」とおっしゃっていました。



今回は主に初めて宮古島に滞在しました。


5日 羽田~那覇、那覇~宮古島へ(約1時間のフライト)
6日 宮古島観光
7日 宮古島観光後、フェリーで伊良部島・下地島(約25分)へ 観光後、下地島宿泊
8日 伊良部島・下地島観光後、フェリーで宮古島、宮古島観光後那覇へ、
   那覇宿泊
9日 那覇観光後、羽田へ


そんな日程でした。



大きな地図で見る



これから少しずつ旅行記を書いていこうと思いますので、
よろしかったらお付き合いください。



5日(木曜日)、宮古島に到着後にレンタカーを借りまして、お宿に行った後に、
最初に向ったのは平良港でした。
3日目の伊良部島へのフェリーの時間確認の為でした。




初めからどうでもいい写真で恐縮ですが、
紺太郎が大笑いした写真を…。


港に車を停めているのに、車が海に入っています。


1201050004_convert_20120111175711.jpg


「落ちているよ~」と大笑いでした。


そして只今建設中の伊良部大橋(いらぶおおはし)を見に行きました。
宮古島と伊良部島とを結ぶ予定の橋で、2014年の開通を目指しています。
全長3,540mで、完成すれば通行料金を徴収しない橋としては日本最長となります。


簡易展望台がありました。


1201050008_convert_20120111175804.jpg




展望台横の海です。


1201050007_convert_20120111175740.jpg





そして、地元のスーパーで牛乳や飲み物、朝ごはん用のパンやインスタントスープをゲットした後は、
夜ごはんに居酒屋で沖縄料理を食べました。
紺太郎はソーメンちゃんぷるが好きで2回オーダーしました。(食べかけ)


1201050013_convert_20120111175834.jpg



ゴーヤちゃんぷるです。

1201050014_convert_20120111175857.jpg




紺太郎は、私が(後の日記に出てきますが)しまじろうの付録の栄養表を持ってこなかった、、
と拗ねて「一人で食べる!」と別のテーブルで食べていました。(お店はすいていました。)
困ったものです。
途中から私達のテーブルに戻りました。



1201050015_convert_20120111180025.jpg






お宿は民宿もりたやです。
一人1泊2500円です(食事なし)。
こちらで2泊しました。


1201050016_convert_20120111180110.jpg

1201050017_convert_20120111180144.jpg



オーナーが書道家で↑壁に貼ってあった「笑顔はがき」↓が気に入り、購入しました。
今冷蔵庫に貼っています。
真偽のほどはわかりませんが、最近「ぐれる子のお母さんの80%は笑顔がない」と読んだもので…。
笑顔や笑うことって大事だな、、と思い、忘れない為に購入しました。


1201060229_convert_20120111180358.jpg



夜は近所からサンシンの音が聞こえてきました。



6日(金曜日)の朝、一人で近くの商店街を散歩しました。
元銀行員なので、銀行が撮りたくなります。
「海邦(かいほう)銀行」って初めて聞きました。



1201060019_convert_20120111180213.jpg






その2へ続きます。




***



ここからちょっと反省&ボヤキになります。
興味のない方スルーしてください。


こちらの旅行は結果的にはよかったのですが、
やはりざまき夫婦、、うまく行かないことが多かったです…。
今思えば私の非が大きかったかな?と反省しています。


お互い「(当然)~するつもり」「~へ行くつもり」というのが心の中にあり、
夫婦のコミュニケーション不足から、それがお互い伝わっていなくて、
その時になって、ぶつかってばかりいました…。



当然お互いへの不満も大きくなっていました。

せっかく楽しい旅行のはずだったのに、、反省です。
本人の心がけ次第ですよね。


まず最初が羽田空港。
10時55分発の那覇行きで、搭乗時間ギリギリに搭乗口に着きました。
(搭乗はまだ始まっていませんでした。)
夫はトイレへ。
私は係りの方に聞くと「機内食はない」とのこと。
那覇には2時頃着くので、空弁を買いました。


するとトイレから出てきた夫は、
「宮古への接続の時間が1時間あるから、那覇空港で沖縄そばでも食べたかった。
そんなの買ってないで並んでろよ!(手荷物が大きかったので、入れる場所がなくなるから)」と私を罵倒。


今思えば、夫に聞いてからお弁当を買えばよかったのかな~?
私がおかしいのかったの???と思いますが、
子どもが1時半過ぎ~2時まで食べられないなら、お弁当を買うのは当然の感覚でした。


夫は「パンくらいの軽いものを買えばいいだろ!」と言ったのですが、
そこまでして私は「沖縄そば」を食べたくはなかったです…。
それから「おそば」なんていくらでも食べるチャンスはあったし。。



結局飛行機で渡したおにぎりを夫も食べたのですが、不満そうでした。



一時が万事、、こんな調子。。
(習った)親業的対応は宇宙の彼方…(汗)。
今思えば、「ああすればよかった」と思うのですが…。



仲良くしたいと思っているのですが…。
この旅行に懲りて、、もっと先にコミュニケーションを取りたいと思いました。
子どもにもよくないですね。




お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 沖縄
ジャンル : 旅行

ダイヤモンドは簡単には傷つかない~団士郎

<2011年12月末>


年末に大掃除をしていましたら、東京新聞の切り抜きが出てきました。

2005年12月23日付けのものです。



団士郎さんという立命館大学教授の方が書かれたコラムです。


私は団士郎さんの本が好きで、数冊持っています。
「家族の練習問題ー木陰の物語 ホンブロック」については日記も書いたことがあります(こちら)。





読み返してみまして、「ふむふむ」と思ったので備忘録メモとして残させてください。




***


「ダイヤモンドは・・・、簡単には傷つかない  団士郎」


若い頃には、些細なことで大恥をかいたと感じたり、自分が全否定されたと思い込んでしまうことがありがちです。
小さなプライドが傷つけられたことで、大きな事件を起こしてしまう人、
逆に相手を傷つけることを恐れるあまり、発言を限りなく調節してしまう人、
この人たちにとって他者との関係は、調和的であることが唯一の価値のようです。

自尊感情を育てるとか、思いやりのある態度を唱えるあまり、当たり前の人間関係における自己主張や対立に、抑制がかかりすぎているように思います。
その結果でしょうか、とくに若者世代のコミュニケーションは当然のようにいつも暖かで上機嫌です。

しかし否定的関係や感情がないわけではありませんから、目に見えないところでは排除が動いたりしています。
そして和気あいあいでいながら、個々人がとてもビクビクしているという事態が生まれます。
傷つかないよう、傷つけないよう、その気遣いばかりの人間関係です。

末娘が高校卒業後、家を出て東京の専門学校に学ぶことになった時、手紙を書きました。
そこで、ずいぶん昔に作られた映画「ダイヤモンドは傷つかない」のタイトルを引き合いに出して、こんな事を書きました。



今からの生活には、さまざまな出来事が待ち受けているでしょう。
親元で暮らした日々には想像できないこともあるに違いありません。
でも、いつでも忘れてはいけないことは、お前はダイヤモンドだということです。
まだ充分に磨かれていませんが原石です。

今から目標に向かって努力する毎日、時には汚されることや傷つけられたと思うことがあるかもしれません。
でも覚えておきなさい。
ダイヤモンドは少々のことでは傷つきません。
汚れたら洗えばよろしい。
そうすれば、ちっとも傷ついていないことに気づくでしょう。
簡単に傷ついたり、傷つけないように弱い皮膚を舐めあったりするような生き方しか選べなくはないのです。
いつもいつも応援しています。
いつか輝く日を信じて、自分を磨き続けてください。



世界があなたのお子さんを一人前にしてくれようとする時、追い風だけでなく向い風も用意しています。
その北風に、簡単に傷ついてしまうのは、感受性が豊かなのではなく弱さです。



***


そういえば、バイオリニストの千住真理子さんのお父様も真理子さんのことを、
「お前はダイヤモンドだ」
とおっしゃっていました。(こちら


こういう風にエールを送れる親になりたいです~。


私が昔、あることで本当に精神的に大変だった時、
母が、
「紅子は自慢の娘だよ」
と言ってくれて、とても心に支えになったことがありました…。
(いつも母にはけなされてばかりなのですが・・・苦笑。)
親からの励ましっていいものです。




結構私は打たれ弱いのですが、
(弱さは悪い、、とは言い切れませんが、)
もう少し傷つかない強さを持ちたいものです。



お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 父と娘
ジャンル : 育児

夫のインドネシアの写真、その4、バリ島

<2011年12月29、30日 2012年1月10日>






夫が年末にインドネシア旅行した時の写真、その4です。


バリ島です。



P1060688_convert_20120103201241.jpg


夜は踊りのショーを見たようです。


P1060763_convert_20120103201300.jpg


ウブド(ubud)
の町です。


P1060839_convert_20120103201325.jpg


モンキーフォレストと言うところへ行ったそうです。
猿が沢山います。

P1060865_convert_20120103230430.jpg


今年の干支の辰です。

P1060869_convert_20120103201349.jpg


「見ざる、言わざる、聞かざる」って日本のものだと思っていたのですが、
インドネシアにもあるんですね。。

P1060870_convert_20120103231459.jpg



P1060878_convert_20120103201518.jpg



狛犬ならぬ狛ブタ???

P1060879_convert_20120103201542.jpg


P1060887_convert_20120103201608.jpg


P1060893_convert_20120103201647.jpg


P1060920_convert_20120103201714.jpg


P1060952_convert_20120103201740.jpg


P1060962_convert_20120103201806.jpg


P1060968_convert_20120103201834.jpg


P1070012_convert_20120103201902.jpg


う~ん、私もいつかインドネシア、、行きたいです!



お付き合いくださってありがとうございました。
10日から紺太郎の幼稚園が始まりました。元気に登園しています。

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

夫のインドネシアの写真、その3、世界遺産のプランバナン寺院

<2011年12月28、29日>



9日の夜に沖縄旅行から戻ってきました~。
今回は宮古島に主に滞在しました^^。
お天気に恵まれずちょっと残念でしたが、よかったです。
色々書きたいことはあるのですが、先に夫のインドネシア旅行のことを終らせたいと思います。
(旅行に行く前に書き溜めていました。)
留守中もご訪問してくださった方、ありがとうございました!




****


夫が年末にインドネシア旅行した時の写真、その3です。



インドネシアの布、Batik(バティック)でできたバッグです。


P1060480_convert_20120103195539.jpg



↓左下のバッグが私へのお土産でした…。

P1060479_convert_20120103195508.jpg


お正月にお財布と携帯、ハンカチを持ってお散歩などに行くのに重宝しました。


120103_2026~001




世界遺産のプランバナン寺院です。(wikiはこちら
900年ころ建てられています。



P1060491_convert_20120103195623.jpg


P1060496_convert_20120103195648.jpg


P1060506_convert_20120103195715.jpg


P1060512_convert_20120103195740.jpg


P1060533_convert_20120103195817.jpg




2006年に起きたジャワ島中部地震で甚大な被害を受けています。

P1060544_convert_20120103195949.jpg


P1060548_convert_20120103200022.jpg


P1060553_convert_20120103195912.jpg


P1060554_convert_20120103200102.jpg


P1060563_convert_20120103200130.jpg


こういう写真を見ると、
「いいな~、私も行きたかったな、どうして1人で行くのかな…」と思ってしまいます。。

その4に続きます。




お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

夫のインドネシアの写真、その2、世界遺産・ボロブドゥール寺院

<2011年12月27日>




この日記は予約投稿です。
5日~9日まで旅行で留守にしています。
コメントのお返事が遅くなりますが、必ずお返事しますのでいただけると嬉しいです^^。




****


夫が年末にインドネシア旅行した時の写真、その2です。


ボロブドゥール(Borobudu)です。


当たり前のことですが、未だ洗濯機を使わないで洗濯をしている場所があるんですね…。


P1060140_convert_20120103193025.jpg


P1060149_convert_20120103193049.jpg


P1060150_convert_20120103193112.jpg


商店です。

P1060164_convert_20120103193137.jpg



豆腐作りをしていたそうです。


P1060198_convert_20120103193220.jpg


こういう帽子はアジアっぽいです。


P1060211_convert_20120103193352.jpg



世界遺産のボロブドゥール寺院です。(wikiはこちら
792年ころに完成したそうです。


P1060269_convert_20120103193252.jpg


P1060270_convert_20120103193322.jpg


P1060273_convert_20120103193438.jpg


P1060275_convert_20120103193517.jpg


P1060281_convert_20120103193549.jpg


P1060309_convert_20120103193630.jpg


露天で売っているものも日本とは違いますね。

P1060336_convert_20120103193715.jpg



その3へ続きます。


遊びにきてくださって、ありがとうございました。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

夫のインドネシアの写真、その1、ジャカルタ、ボゴール

<夫の2011年12月22~26日>



この日記は予約投稿です。
5日~9日まで旅行で留守にしています。
コメントのお返事が遅くなりますが、必ずお返事しますのでいただけると嬉しいです^^。




*******


夫が2011年12月22日~31日までインドネシアに1人旅をしました。


ジャカルタに赴任している学生時代のお友達とあったり、
世界遺産になっている寺院へ行ったり、
バリの海に行ったりと楽しかったようです。



いい写真があるので、ご紹介したいと思います。
ご興味のある方、お付き合いくださると嬉しいです。



ジャカルタの町です。


P1050278_convert_20120103164743.jpg




ガドガド(Gado-Gado)(インドネシア風サラダ)という料理です。
甘辛いピーナッツソースの料理だそうです。


P1050290_convert_20120103164831.jpg




夫の好きな駅の写真です。
「Jakartakota」という駅のようです。


P1050343_convert_20120103164911.jpg




昔の日本の電車が使われているようです。

P1050350_convert_20120103164955.jpg


P1050354_convert_20120103165043.jpg




変わった名前の像です。。


P1050395_convert_20120103165350.jpg


P1050396_convert_20120103165149.jpg




私は神社の狛犬を撮るのが好きなのですが、
インドネシア版、狛犬かな?


P1050402_convert_20120103165436.jpg



バイクが沢山あります。

P1050412_convert_20120103165523.jpg



Bogor(ボゴール(地名))です。

P1050559_convert_20120103165610.jpg


宿の前の通りだそうです。
日本とは違います。


P1050730_convert_20120103165700.jpg




子どもの乗り物も面白いです。


P1050769_convert_20120103165747.jpg



ショッピングセンターで子どもの踊りの発表会をやっていたみたいです。


P1050818_convert_20120103165830.jpg


車窓です。

P1050902_convert_20120103165856.jpg




ジョグジャカルタの町です。


P1050960_convert_20120103165944.jpg




子どもの輝きは世界共通です。


P1060054_convert_20120103170015.jpg



お付き合いくださってありがとうございました。
その4まで続きます~。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

人生がときめく片付けの魔法、で

<2011年12月後半>


この日記は予約投稿です。
5日~9日まで旅行で留守にしています。
コメントのお返事が遅くなりますが、必ずお返事しますのでいただけると嬉しいです^^。



****



「人生がときめく片づけの魔法  近藤 麻理恵 (著) サンマーク出版 」

ベストセラーになっています。






私はこの本を読んでいませんが、
著者の近藤 麻理恵 さん(こんまりさん)年末のワイドショーに出ていたのをたまたま見ました。




この「ときめきの片付け法」の簡単なコンセプトは他の方のブログを読んでいて少し知っていました。



「もの(例えば洋服)を見て、ときめくか?ときめかないか?
もし、
ときめかなかったら、、、
(役目は終ったと感謝をして)捨てる。
そして、お気に入りのものに囲まれて暮らす」



というようなものです。



ワイドショーを見ていて、こんまりさんが洋服のたたみ方を紹介していました。



そのたたみ方はちょっと私にとっては手間がかかるので、真似できなかったのですが、
「洋服を立てて収納」というところを真似してみました。
(今まで私は横にして重ねていました。)



年末の大掃除で、洋服をすべてたたみなおしました。


すると、、


あらら~、、不思議、、スペースが余分にできました。


(雑で失礼します…。)

1112280009_convert_20120101231840.jpg


1112280010_convert_20120101231910.jpg




なんとなくスペースができると、、気持ちにも余裕ができます。
スッキリしました!



これからも続けられたら続けていきたいです。



断捨離もはやっていますね。
「自分にとって今必要なものだけ残す」という考えはいいことだと思います。






でも、、
人生に無駄なことも必要だったりもするから(笑)、
よく考えて捨てたいと思います。


ネット上でどなたかが
「(ダンシャリアン(&ときめきの魔法をしている人)と)付き合っていると自分も断シャリされてしまいそうで、
お付き合うのが怖い」
なんて言っている方もいました(苦笑)。


なんとなくその気持ちもわからなくはないな~(苦笑)。



捨てるとゴミになるので(リサイクルも有りですが)、
買うときに「本当に必要なものか?」をよく考えたいと思います~。




***



ついでに最近私の読んだ本の記録です。


「ニューヨーク熱血井戸端会議 (集英社be文庫) 兵藤 ゆき 」です。
あいかわらず兵頭さんの本は元気がでました。






あとは、
「 夫婦は「ありがとう!」―文句は言わない。感謝の言葉は、口に出す [単行本]
橋田 壽賀子 (著) 大和書房」

です。






こちらは色々な夫婦の形があるんだな~と思いました。


色々な例がのっていたのですが、
定年退職した旦那様と食事の時間をわざとズラす夫婦もいるそうです。
旅行も別々だそうです。
「夫婦は一緒にいて心地よくなくては」、、と思ってしまいますが、
お互い工夫をして一緒にいないことでうまくいく夫婦もあるんだな、、と驚きました。



私も「夫婦はこうでなくては・・・」という固定概念よりも
自分達が心地よい夫婦の形を探していってもいいのかな、、、と思いました。



一緒に同じ時間を楽しめる夫婦は素敵だと思いますが…。

テーマ : 雑記
ジャンル : 本・雑誌

6才7ヶ月で借りた絵本、「ぼくSLにのったんだ」

<2011年12月後半 6才7ヶ月>


この日記は予約投稿です。
5日~9日まで旅行で留守にしています。
コメントのお返事が遅くなりますが、必ずお返事しますのでいただけると嬉しいです^^。



***


12月後半図書館で借りた本の記録です。


1112280002_convert_20120101231621.jpg




私たちは12月の初めに静岡の大井川鉄道のSLに乗った旅をしたので(こちら)、
こんな本を借りてみました。


「ぼくSLにのったんだ (くまたくんのえほん (8)) わたなべ しげお (著), おおとも やすお (イラスト)  あかね書房 」です。






すると、SLに乗ったくまくんが途中トロッコ電車に乗り換えるのですが、
「ここ、、絶対(大井川鉄道の)南アルプスあぷと線(トロッコ電車)だよね~」と思える場所(記述)がありました。



大井川鉄道のことを書いている
「「のぼれのぼれアプト式きかんしゃ (ニュース絵本)  清水 達也 (文)津田 光郎 (イラスト) 国土社」と似ているページがあります。





abtshiki.jpg




鉄橋の高さはまったく同じ100mです。(関の沢鉄橋)


1112280003_convert_20120101231649.jpg



そして、
終点にはダムがあります。(井川ダム)


1112280006_convert_20120101231736.jpg




絵本を見ながら、
「ここは千頭駅だよね、ここは奥泉駅かな?」と家族で楽しむことができました。


1112280007_convert_20120101231811.jpg


作者に「これ、大井川鉄道がモデルですよね?」と聞いてみたいです^^。



***


そして、
↑の「のぼれのぼれアプト式きかんしゃ (ニュース絵本)  清水 達也 (文)津田 光郎 (イラスト) 国土社」ニュース絵本というものでした。


この本が私たちの静岡旅行のきっかけになったので(こちら)、国土社の他のニュース絵本も借りてきました。






「熱帯雨林のひみつ (ニュース絵本シリーズ) [大型本] 坂本 真理 (翻訳), アーサー ドロス 」
「クジラのハンフリー (ニュース絵本シリーズ) [大型本] ウェンディ トクダ (著) リチャード ホール (著), ハナコ ワキヤマ (イラスト), 末吉 暁子 (翻訳) 」です。



 




「クジラのハンフリー」は1985年にサンフランシスコ湾からサクラメント川にクジラが迷い込んだ話です。


「もしかして、この本のおかげでサンフランシスコ旅行が実現?」なんて調子のいいことをチラっと考えましたが、
そうはうまくはいかないようです。(あたりまえ・笑)




あと、最近「マジックスクールバス」のビデオが近所の図書館にあることがわかり、
少しずつ借りています。



111221_0833~001


(本はこちら)



英語と科学の勉強になりますし、楽しいようです。



いつもうけています。



(12月20日)
1112200475_convert_20120101232046.jpg


1112200479_convert_20120101232117.jpg



2012年も少しずつこのビデオを借りたいと思います。

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

ランドセル購入、とDVD鑑賞

<2012年1月2日~4日 6才8ヶ月>


1月2日(月曜日)は義両親が紺太郎に入学祝いにとランドセルを買ってくれました。
ありがとうございました。



1201020047_convert_20120103204427.jpg




↓同じものではありませんが、
「天使のはね セイバン」です。
色は黒で、糸は紺になっています。





4月から小学生です。
早いものです。
多分1月から3月なんてアッという間に過ぎちゃうんだろうな~。



成長は嬉しいけれど、、もうちょっとゆっくり大きくなってほしい気もします。
そんなこと言うのは贅沢なのはわかっているのですが…。



***


去年のお正月も義両親家で過ごしましたが、
夜は暇でした。
私が寝ている部屋にはテレビがないので、パソコンばかりしていました・・・。



なので、、
今年はDVDをレンタルして、ポータブルDVDも家から持ってきました。



が、、
今年はそんなに時間がなくて、
借りたDVDが見られなくて、自分の首をしめる結果に・・・(笑)。
見ないで返却する(1月4日)ことになるのはもったいないし…。



イギリスのドラマ「ミストレス」を5枚、映画「抱きたいカンケイ」を1枚持ってきたのですが、
がんばって2日(月曜日)に全部見ました~。



 



ミストレスは不倫のドラマです。
面白かったのですが、、、設定にちょっと無理があり「やっぱりドラマよね」、、と思ってしまいました。
イギリス版SATCかな?



「抱きたいカンケイ」ナタリーポートマンが好きなので見たのですが、
イマイチでした~。


年末はは自宅で数枚「glee」を見たのですが、
話の内容は置いといて、毎回美しい歌が聞けるので楽しかったです。









CDも買ってしまいました。







2日は一気に6枚のDVDを見て疲れました~。
来年は持ってきても、、、数枚にしよう…。
それか読書か…。




3日(火曜日)は裏山などを紺太郎と二人で散歩して、ゆっくりと過ごしました。

1201030048_convert_20120103211536.jpg



夫の実家での冬休みが終わり、、
4日(水曜日)に紺太郎と自宅へ戻ってきました。




紺太郎は電車に乗っていると大体外を見ているのですが、
家に着いてからから、
「あのね~、●●駅(←途中の大きめな駅)の(線路の)ポイントがどうなっているか、今日やっと(正確に)わかったよ~。
今まではなんとなく、、だったけど」
なんて言っていました。
いつもつかっている線の「線路のポイントがどうなっているか?」を全部制覇するつもりかしら…(苦笑)。





そして、
5日(木曜日)~9日(月曜日)の間、我が家は3人で沖縄旅行です。
夫のマイレージ特典で行ってきます~。
(あまり天気が良くなさそうなのですが・・・。)




ブログは6日~10日は予約投稿になっています。
(ブログ中毒です・苦笑。日記書いていたから、、DVD見る時間がなかったんだわ…。)
なので、
コメントのお返事が遅くなりますが、必ずお返事をしますのでいただけると嬉しいです。




それではいってきます~。



こんな時期がなつかしいです^^。
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

白菜のおしんこ漬けのお手伝い

<2011年12月24日、25日 6才7ヶ月>



まだ去年の話で失礼します。



義母は白菜を毎年漬けているのですが、とても美味しいです。


紺太郎も12月24日(土曜日)にお手伝いをしていました。




白菜と、塩、にんにく、とうがらし、昆布、ゆず、 が入っています。
白菜を5個漬けました。


1112240656_convert_20120101223144.jpg




フタをして重石置いて乗って楽しんでいました。


1112240660_convert_20120101223319.jpg

1112240662_convert_20120101223354.jpg




楽しそう~。


1112240665_convert_20120101223445.jpg




おふざけマンです。


1112240667_convert_20120101223606.jpg


1112240677_convert_20120101223655.jpg





この白菜のお漬物はとても美味しくて、紺太郎も大好きで
かきこむように食べています。


1112250689_convert_20120101223735.jpg




この度に、おばあちゃんは、
「ほら、ほら、ゆっくり食べなさい!」と言っています。。




お手伝いつながりで、、もう1つ。
25日(日曜日)牡蠣フライを作ったのですが、
フライの時の衣を包むのを、紺太郎はいつもやりたがります。


いつもはパン粉だけつけてもらうのですが、
今回は、「ボクが全部(小麦粉、卵、パン粉)やる~!」と言い出しました。



その結果、、こんなになりました…(笑)。


1112250696_convert_20120101223836.jpg




ほんの5個くらいやってもらっただけなんですけどね…。




フライのお手伝いは子どもにはまだ難しいようです~。



お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

イチョウのお風呂とファンタジーコンサート

<2011年12月24日、31日 6才7ヶ月、8ヶ月>



いまだ去年のお話で失礼します。


夫の実家に滞在していた12月24日(土曜日)は、私が用事があったので外出しました。
その時に、「何かあったら撮ってください」とカメラを置いていったので、
義母が写真を撮っていてくれました。




イチョウの落ち葉のお風呂です。


1112240645_convert_20120101214139.jpg


1112240646_convert_20120101214212.jpg


1112240647_convert_20120101214244.jpg




なんだか楽しそうな顔をしています。


1112240648_convert_20120101214316.jpg


1112240649_convert_20120101214347.jpg




このイチョウのお風呂は毎年恒例になってきています。
一時はこのイチョウの木を切る話があったのですが、残すことになってよかったです。


でも年末(31日)、私も落ち葉のお掃除のお手伝いをしましたが、大変なんですね。
池の中にも落ちるし…。。




紺太郎も掃除をがんばっていました。

1112310040_convert_20120101215427.jpg





***



話は24日に戻りまして、私が外出した理由は、
今井ゆうぞう&はいだしょうこのファンタジーコンサート八王子公演(八王子オリンパスホール)へ行ったからです。



L036360.jpg
(画像はeプラスより)


よかったです~。


夫の実家から駅まではバスを使うのですが、1時間に2本しかないバスが40分遅れました。
次のバスと一緒に2台続けてきました。
時間に余裕を持って行ったので時間は大丈夫だったのですが、
寒空の中「待たされた」という気持ちで、、ちょっとイライラしていました。



でもお二人の歌を聞いていたら、そんなイライラは吹っ飛んでしまいました~。
私へのいいクリスマスプレゼントになりました(笑)。


曲目は9月に行った五反田の時とソロ以外は一緒です(こちら)。



クリスマス仕立てではどの曲を歌ったのか興味がある方がいらっしゃるかもしれませんので、
一応記録として書いておきます。


9月は二人が1曲ずつソロを歌いましたが、
今回はソロは無しで二人でクリスマスの曲を5曲歌いました。


ウインターワンダーランド
真っ赤なお鼻のトナカイ
サンタが町にやってきた
きよしこのよる
ジングルベル


でした。


二人のコンサートのDVDかCDが出ないかな~。
このファンタジーコンサートがずっと続くといいです…。







お正月のお忙しいところ来てくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

初詣と、「鉄道かるた」

<2012年1月1日 2011年12月22日~31日 6才7ヶ月、8ヶ月>



カレンダーの裏などにお絵かきをするのが好きな紺太郎ですが、
1月1日(日曜日)、起きてからすぐにカレンダーの裏に「何を書くのかな?」と思ったら、
大好きな「線路」でした。




1201010049_convert_20120101162359.jpg
(↑お湯をつけたのですが、寝癖がとれませんでした。)



お昼は、みんなでおとそ(紺太郎はお茶)で乾杯をして、お雑煮を食べました。
栗きんとんやニシンの昆布巻きなど義母の手作りです。


1201010052_convert_20120101162516.jpg



おじいちゃんにお年玉をもらって紺太郎は嬉しそうでした。(2012円)



義両親家は昔から「初詣」へ行く習慣はないそうです。
でも、私は自分の実家で毎年お正月には家族で神社へお参りへ行っていたので、
なんとなく落ち着きません。


紺太郎に話したら「ボクも初詣行きたい~!」というので二人で近所の神社へ行ってきました。



1201010054_convert_20120101165439.jpg





行きはバスへ乗って帰りはお散歩がてら約30分歩いて帰ってきたのですが、
電車ごっこして歩いたり、手をつないだり、一緒に歌ったり、くだらない会話も、、
なんとなく幸せを感じました。



夜は紺太郎が作ったすごろくをやりました。


静かなお正月を過ごしています。
感謝です~。




***


今さら、、去年の話もなんなのですが、、
去年書ききれなかったもので・・・。。



12月22日(木曜日)に夫の実家へ紺太郎を連れて遊びにきたのですが、
やっぱり着いてすぐに書いていたのは線路の絵でした(笑)。



1112220592_convert_20120101160902.jpg
(手前は幼稚園でもらったクリスマスのアドベントカレンダーです。終って「すごろく」にもなりました。)


今回、何かやりたいときは、こんなものをドアに貼っていました。


1112230638_convert_20120105064930.jpg




カレンダーの裏や画用紙があると、線路の絵か、路線図か、地図ばかり書いている紺太郎です。



11月に来たときに書いた(私の気づかなかった)地図が出てきました。
何も見ないで書いたそうです。


1112230596_convert_20120101161226.jpg
(↑字はおばあちゃんが手伝いました。)


1112230594_convert_20120101161118.jpg


1112230595_convert_20120101161154.jpg



まだへたくそな地図ですが、これからどんな絵に移っていくのか楽しみです。



12月23日(金曜日)おうちのクリスマスパーティをしました。



義両親がクリスマスケーキを買ってくれました。


1112230598_convert_20120101161300.jpg




紺太郎は幼稚園のクリスマスコンサートで歌った歌のショーを1人でしていました(笑)。
(ウインターワンダーランド、赤鼻のトナカイ、ハレルハレル、「メレ・カリキマカ(ハワイアンソング)」など)


1112230601_convert_20120101161338.jpg




私(と夫)からのクリスマスプレゼントです。(サンタのプレゼントはこちら

「鉄道かるた 交通新聞社」です。






1112230615_convert_20120101161418.jpg


こうやって、読み札の裏で線路をつなげることができます。


1112230635_convert_20120101161515.jpg



絵札電車の写真です。


1112230640_convert_20120101161612.jpg




絵札の裏じゃんけんのマークがついていて、じゃんけんをすることもできます。
あとは電車の解説と「はやい、すごくはやい、ゆっくり、ふつう」などと書いてあって、
その対決もやらされました(笑)。


(12月25日)

1112250701_convert_20120102021659.jpg





12月31日(土曜日)に夫と3人でカルタをして、取った札で「どれだけ単語をつくれるか?」の遊びもしました。


1112310043_convert_20120101161900.jpg




紺太郎の札を手伝ってあげて、、
ついあまった札で「ヲタ」の文字を…。


1112310045_convert_20120101201731.jpg





将来、鉄道ヲタになる予感がなきにしもあらず…(笑)。
まあ、鉄道かるたなど買って助長していますが…。






お付き合いくださってありがとうございました

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード