山口旅行・その5、城下町・萩の町並みと東光寺

<2011年8月16日 6才3ヶ月>



8月16日(火曜日)山口旅行記萩の町の散策の続きです(こちら)。




城下町らしく、道は細く、碁盤の目のようになっていて、白壁の塀があったりします。


1108160463_convert_20110830110456.jpg


1108160466_convert_20110830111442.jpg

1108160468_convert_20110830110533.jpg




車でグルグル、グルグルとまわりました。


1108160469_convert_20110830110608.jpg

1108160470_convert_20110830110640.jpg

1108160471_convert_20110830110750.jpg


1108160472_convert_20110830110714.jpg




どこかに車を停めて、ゆっくりと歩くと気持ちいいだろうな~。
レンタサイクルらしき人達もいました。


1108160475_convert_20110830110821.jpg

1108160476_convert_20110830110856.jpg



見ているだけで素敵な町です!





吉田松陰に関係する施設(松陰神社)を訪ねようと車を進めていると、「東光寺」の看板が。




萩駅でもらったパンフレットかなにかに「石塔が百数個並ぶ」と書いてあり、
「東光寺って石塔が並んでいるんだって~。」と私が助手席で運転している夫に言うと、
「じゃあ、行くか!」と駐車場に停めました。



夫が「ホント、(俺達)いきあたりばったりだな~」とボソっというので、
おかしくなりました。
何をやるにも、、私たち、、、こんな感じなので…(笑)。



こちらの東光寺は、元禄4年(1691年)、萩藩3代藩主・毛利吉就が建立したもので大照院と並んで毛利家の菩提寺で、本堂裏の毛利家墓所国指定の史跡になっています。




石塔が百数個並びます。


1108160483_convert_20110830110940.jpg

1108160488_convert_20110830111032.jpg






紺太郎は疲れたのか、クネクネしたり逃げ回ってちゃんと写真を撮らせてくれません。



1108160489_convert_20110830111119.jpg

1108160491_convert_20110830111207.jpg



こちらの石塔、全部灯りがともったら、、、きれいだろうな~~。


1108160492_convert_20110830111305.jpg




本堂です。


1108160501_convert_20110830113554.jpg




国指定重要文化財になっている東光寺鐘楼です。

1108160502_convert_20110830111522.jpg




門です。


1108160507_convert_20110830111607.jpg



こういう木の回廊が素敵です。

1108160510_convert_20110830111646.jpg





萩の散策、松陰神社に続きます。




遊びにきてくださって、ありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

山口旅行・その4、国宝・瑠璃光寺の五重塔、萩駅など

<2011年8月16日 6才3ヶ月>



8月16日(火曜日)の朝です。


山口旅行記湯田温泉に泊まりまして、その続きです(こちら)。



母と紺太郎と私の3人で始まりました山口旅行
本来なら湯田温泉からこの日に広島へ帰る予定でした。



が、



急遽、前日の夜からがこの旅に加わりました。




夫は「車を山口駅で借りている」とのことで、
この日一日も山口をレンタカーで回ることに…。



母は先に広島へ帰ることも考えましたが、
せっかくだから一緒に行くことに・・・。




夫は朝ごはんを食べた後に、1人で電車に乗り、山口駅まで車を借りに行きました。




10時ころお宿に車で戻ってきました。



行き先が決まっておらず、
母は「津和野なんていいわね~」なんて言っていたのですが、
夫が「遠い」、、、とのことで、夫の意向で萩(はぎ)に行き先が決定です。




4人旅が始まります。



萩へ行く前に、山口市内の名所を少し回ります。



初めに国宝になっています、瑠璃光寺の五重塔へ。



1108160387_convert_20110829225924.jpg




室町時代、嘉吉2年(1442年)頃の建立です。
屋外にある五重塔としては日本で10番目に古く、京都の醍醐寺・奈良の法隆寺のものとならび日本三名塔の一つに数えられることもあるそうです。
大内文化の最高傑作といわれるそうです。



ちなみに、
大内文化(おおうちぶんか)とは、室町時代の山口を中心とする文化を指す用語で、
大内氏第9代当主大内弘世(1325年- 1380年)が京の都を模倣し街づくりを行ったのを発端とするそうです。



1108160393_convert_20110829230005.jpg



下から見ると迫力です。


1108160394_convert_20110829230040.jpg



細工がキレイです。


1108160395_convert_20110829230111.jpg




瑠璃光寺です。

1108160400_convert_20110829232206.jpg




お寺の横の池に蓮の花が咲いていてきれいでした。

1108160404_convert_20110829230155.jpg






キレイな五重塔でした。
お花が咲いていたので、お花と一緒にパチリ。

1108160406_convert_20110829230228.jpg




私達は五重塔を満喫しました~。


が、、
母はGWにこちらに来たばかりだったので、「見なくていい」と駐車場で待機していました。
申し訳なかったです~。




山口ザビエル記念聖堂です。
こちらは外観だけです。

1108160409_convert_20110829230300.jpg




フランシスコ・ザビエルの来日(山口での布教活動)の400年記念として1952年(昭和27年)に建てられたそうです。




そしてへ向かいます。



山道を進んで北上していきます。


1108160413_convert_20110829231551.jpg




前日と同様、「山と田んぼ」ばかりで、
のどかな風景がとてもよかったです。


1108160416_convert_20110829230341.jpg



萩に着きました。


江戸時代に、毛利氏が治める長州藩の本拠地となった都市として有名です。
幕末から戦前にかけては政財界の大物を多く出しています。



まず向かった先は、鉄道好きな夫の意向で萩駅(山陰本線)です。


1108160418_convert_20110829230417.jpg


1108160419_convert_20110829230542.jpg

1108160421_convert_20110829230616.jpg

1108160424_convert_20110829230705.jpg




少し待って電車が来ました。

1108160429_convert_20110829230739.jpg





一両しかない車両が、、まるでオモチャのようでかわいかったです。


1108160431_convert_20110829230811.jpg




駅構内はちょっと資料館のようになっていました。

1108160434_convert_20110829230921.jpg




↓この「長州ファイブ」(伊藤博文、井上馨など、長州藩から出た大物5人)のポスターを見て、、夫が「長州ファイブってHi-5(ハイファイブ)みたいだね~」というのでうけました(笑)。


1108160432_convert_20110829230847.jpg




Hi-5(ハイファイブ)とは紺太郎と私の好きなオーストラリア出身の歌手グループです。







日本海に紺太郎がつかりたいというので、立ち寄りました。
この時に車の中で、途中の「道の駅」で買ったお稲荷さんなどでお昼を済ませました。


1108160445_convert_20110829231012.jpg





萩城址跡です。

1108160446_convert_20110829231047.jpg



城下町の街並みがすごくキレイでした。

1108160448_convert_20110829231122.jpg





街中の春日神社で車を停めました。


1108160458_convert_20110830001338.jpg



私の好きな狛犬撮りです。


1108160456_convert_20110829231439.jpg




赤ちゃんがいる~~、かわいいな~。

1108160453_convert_20110829231246.jpg




ずいぶん古い狛犬です。

1108160454_convert_20110829231320.jpg

1108160455_convert_20110829231402.jpg




山口旅行記、萩の町の散策が続きます~。




お付き合いくださってありがとうございました^^。
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

山口旅行・その3、秋吉台の秋芳洞と、一人追加

<2011年8月15日 6才3ヶ月>




8月15日(月曜日)の朝です。


山口旅行記、前日の門司(もじ)の続きです(こちら)。



山口の観光名所・秋吉台は近くに鉄道が通っていなくて、車でしかいけない場所なので、
最初は行くのは考えていませんでした。



が、前日に新山口駅からバス(防長バス)が出ていて、約40分ほどで行けるのをガイドブックで知り、急遽行くことに決めました(片道1140円)。



秋吉台(あきよしだい)山口県美祢市中・東部に広がる日本最大のカルスト台地(石灰岩が侵食してできた台地)で、地下には秋芳洞、大正洞、景清穴、中尾洞など、400を超える鍾乳洞があります。



お宿は新山口駅の北口前のビジネスホテルに泊まりました。



バスはホテルに聞いて10時6分発だったので、ゆっくり朝を過ごそうと思っていたら、
(別の部屋に泊まった)母から携帯に電話がありました。


「朝にテレビで秋芳洞をNHKでやっていたの。
みんな涼を求めてお盆に来ているらしく、大混雑らしいわ~。
バスも混んでいるかもしれないから、早く行きましょう!」とのこと。。




なので、9時半にはホテルをでて、駅前で30分以上もバスを待っていました。


1108150268_convert_20110829012235.jpg






新山口駅です。


1108150272_convert_20110829012306.jpg





バスが来ました。。



が、、



新山口駅が始発だと思っていました。
それは正しいのですが、、
私達がいた北口が始発ではなく、駅の反対側の南口が始発満員。。



バスの中は観光バスのような座席だったのですが、
通路にギュウギュウで立って行く形になりました。



いつもギリギリに行動する私が、、あんなに待ったのに…(苦笑)。



南口が始発なら、、
あんなに早くホテルを出たのだから駅の反対側まで行ったのに~。
まあ仕方ありません(苦笑)。




約40分で秋吉台のバスターミナルに着きました。
ロッカーに荷物を預けます。




バスターミナルから秋芳洞の入り口まで約10分かかります。
その小道の両側にはお土産屋さんが並びます。



「梨のソフトクリーム」が売っていて買いました。
味は、、、まあまあ、、、かな。。



1108150274_convert_20110829012335.jpg




入場料をはらいます。(大人1200円、小学生以下無料)


1108150276_convert_20110829012402.jpg



鍾乳洞の入り口に着きました。


1108150280_convert_20110829012442.jpg



この穴の中に入っていきます。

1108150282_convert_20110829012513.jpg




水が透き通ってキレイです!


1108150283_convert_20110829012552.jpg




洞窟なので、「コンちゃんが隊長ね!」と言うと嬉しそう~(笑)。


1108150285_convert_20110829012622.jpg




が、、言わなければよかった(笑)。
「ボクが一番最初、ママ、みーちゃん(私の母)の順番ね!」と指図して、
この歩く順番が変わると、、ウルサイ、ウルサイ。。




中に入ると涼しい~~!
寒いくらいです。
紺太郎には長袖のジャケットを着せました。



暗闇でうまく写真が撮れなかったのですが、↓この大きさわかります?


1108150290_convert_20110829012653.jpg





壮大で、、神秘的ですごくよかったです~!




人物(紺太郎)と撮った写真はロクなのがないので、
景色だけですが、「百枚皿」です。


1108150302_convert_20110829012726.jpg

1108150305_convert_20110829012756.jpg





黄金柱です。


1108150323_convert_20110829012839.jpg

1108150331_convert_20110829013558.jpg




「くらげの滝登り」です。


1108150338_convert_20110829012913.jpg





片道30~40分歩くと上に上るエレベーターがあります。


1108150342_convert_20110829012956.jpg



エレベーターを出て、5分くらい歩くと展望台があります。


1108150345_convert_20110829013036.jpg




景色がいいです~。


1108150349_convert_20110829013105.jpg

1108150355_convert_20110829013147.jpg

1108150357_convert_20110829013232.jpg




休憩所でお蕎麦などのお昼を食べました。




ここで、
私の携帯(ウイルコム)は圏外だったのですが、
母の携帯(ドコモ)に1通のメールが入っていました。




東京の夫から。。



夫には前の週から「山口旅行に行くけど来ない?」と誘っていました。
(というか、山口旅行が決まる前は「阿蘇に行きたいからレンタカーをあなたが運転して~」と誘っていました。)
母も「来れるようだったら一緒にどうぞ~」とこの日の湯田温泉の宿に大人3人で予約をしてくれていました。
でも、
「そんな気分じゃない」「行かない」と言うので、夫の分は宿をキャンセルしていました。




私はしつこいので(苦笑)、
前の日の夜も電話で気軽な気持ちで「来れば~」と言い、
朝バスを待っている間も暇だったので(笑)、「来れば~、」なんて電話していました。




夫は電話では「どうしよう・・・」と言っていましたが、、
メールで「行くことにしました。」と・・・。





急遽宿に電話してお料理を1つ追加してもらいました。





私も優柔不断だけど、、、彼は私を責められないわ…(苦笑)。




また鍾乳洞の中を歩いて戻ります。




帰りは「夏みかんソフトクリーム」を。


1108150364_convert_20110829013304.jpg






母は「甘い物ばっかり~」といい顔しませんでしたが、
山口名物(梨と夏みかん)、、とか書かれていると、、
「ここでしか食べられないかも!もう一生食べるチャンスはないかも!?」と思うと、
つい食べたくなります。
梨と夏みかんでは夏みかんの方が美味しかったです。




ターミナルで荷物をロッカーから出し、
15時53分発の湯田温泉経由の山口駅行きバス(JRバス)に乗りました。(1130円)
(最初は新山口駅まで戻ろうと思っていましたが、ホテルに聞いたら秋吉台から湯田温泉へのバスがあることがわかりました。パソコンがなかったので、情報収集も大変です。)




景色が、、前日に引き続いて、「山と田んぼ」と、、緑が本当にキレイでした~。


1108150371_convert_20110829013336.jpg




約40分で湯田温泉に到着です。お宿は「西の雅・常盤」です。


1108150372_convert_20110829112952.jpg




夫も5時半頃にお宿に到着して、お風呂に入って夕食です。



紺太郎の浴衣姿、、ちょっとバカボンみたいでした(笑)。


1108150381_convert_20110829013412.jpg




夫は私達の広島滞在中に泊まりも含めて3回、週末を使って今回の震災の津波後の片付けのボランティアに被災地に行っていまして、、
旅館の食事に、、「こんな贅沢いいのかな、、」と何回も言っていました…。



その通りですが、、
でも、、紺太郎はパパが来て嬉しそうでした。




そしてこの宿の名物が「女将劇場」というショーです。
私は知りませんでしたが、
中国地方ではテレビにもとりあげられていて有名な女将さんみたいです。


1108150382_convert_20110829013442.jpg


1108150383_convert_20110829013515.jpg




「(マイクを向けられて)女将さんのショーをみるために来ました!」という方も多くて、外国人の方もいました。
太鼓や、マジック、踊りなど数々のパフォーマンスを見せてくれます。
女将さんはレオタード姿にまでなっていました。




でも8時45分から1時間半のショー、、ちょっと長かったかな。
終わったのは10時15分、、幼児には遅い時間です。
あと、、道具とかガムテープとかがめだっていて、、ちょっと雑な印象もありました。
時間が半分くらいがよかったかも・・・。




この宿では母には悪いことを。。
「せっかく紅夫さんが来たのなら家族でゆっくりとしなさい」と、
急遽フロントで聞いて別の部屋を取ることにしました。



たぶん添乗員さん用なのでしょうが、
シングルベットとテレビだけの狭いお部屋で、、
せっかく旅館に泊まったのに、ビジネスホテルみたいなお部屋に母だけ泊まりました。
なんか申し訳なかったです…。



お湯はとてもよかったです~。



山口旅行記、突然一人追加になって、、続きます。




長いのに、お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

山口旅行・その2、門司の九州鉄道記念館

<2011年8月14日 6才3ヶ月>



8月14日(日曜日)山口旅行記門司(もじ)の続きです(こちら)。



もう4時も近くなり、「(色々と素敵な建物があるので)どこの建物の中に入って見ようか?」という話しになりました。
紺太郎も母も私も疲れていました。




関門海峡ミュージアムも面白そうだったのですが、歩いていた場所からちょっと離れていました。


母が前に門司にきたときは、
門司港地ビール工房を見学して試飲のしほうだいだったそうで、それも魅力を感じました。
でも紺太郎はおもしろくないかな?



その時に、
母が「夜中にテレビで門司の鉄道博物館をやっていたのよね~。
お兄ちゃん(私の兄)に言ったら「紺太郎にはまだ早いでしょ」なんて言っていたのよね~」なんて言い出しました。



私は疲れて鉄道博物館、、、という気分でもなかったのですが、
フニャフニャしていた紺太郎に「行く?」と聞いたら行く気マンマンになったので、
行くことに…。



門司に鉄道の博物館があるなんて、私は来るまで知りませんでした…。




九州鉄道記念館です。
入場料は大人300円、子ども(4才以上中学生まで)150円です。
入り口に機関車がありました。



1108140222_convert_20110828212934.jpg




外に色々な鉄道があります。


1108140225_convert_20110828213028.jpg

1108140226_convert_20110828213058.jpg

1108140228_convert_20110828213156.jpg





母は入場したけど、館内のベンチで座って待っていました。
館内は思ったよりも狭かったです。




明治時代の車両です。

1108140230_convert_20110828213223.jpg


車内の椅子が畳です。

1108140231_convert_20110828213252.jpg




ジオラマです。

1108140232_convert_20110828213320.jpg




ジオラマを運転します。

1108140234_convert_20110828213352.jpg




あと、一つ本格的な運転のシュミレーションもありました。




電車のマーク?です。

1108140235_convert_20110828213438.jpg

1108140237_convert_20110828213529.jpg




明治20年代の門司港です。
多くの日本人が戦前ここから大陸へ行ったんですね…。


1108140240_convert_20110828213558.jpg




列車集中制御装置です。

1108140241_convert_20110828213632.jpg

1108140243_convert_20110828213707.jpg




切符や、

1108140244_convert_20110828213801.jpg



写真や、、

1108140246_convert_20110828213852.jpg



模型など。。


1108140248_convert_20110828213928.jpg




夫も鉄道が好きなので、来たら喜んだろうな~と思いました。



そしてミニトレインの操縦をしました。(300円)


色々あったのですが、

1108140224_convert_20110828212957.jpg

1108140249_convert_20110828213958.jpg



紺太郎が運転したのは、、この赤い電車でした。


1108140252_convert_20110828214026.jpg

1108140255_convert_20110828214059.jpg




そして九州鉄道記念館を後にしました。


ちなみに今回は乗りませんでしたが、
こちらの九州鉄道記念館から観光トロッコ列車の潮風号にも乗ることができるようです。


00000007.png
(画像はトロッコ列車「潮風号」より)




さて、、今夜のお宿ですが、
母は門司が気に入り、「門司に泊まりたいわ~」なんて言っていました。



が、、荷物は下関駅のロッカーに入れています。
また下関に戻ってまた門司に来るのも、、、疲れます。


この日話していて、次の日は秋吉台に行こうか?という話になっていました。
電車では行けない場所なのですが、
新山口駅からバスがでているのです。




それならば新山口に泊まったほうがいろいろとスムーズだと思い、
ガイドブックで調べて新山口駅前のビジネスホテルに電話して宿をとりました。



↓その前の週に買っていたガイドブックです。





また連絡船に乗り、カモンワーフ(唐戸)に戻り、バスで下関駅へ。
今思えば、、電車で門司港駅から下関駅(約20分)へ戻ればよかったのですが、
連絡船の往復券を買ってしまっていました…。


下関駅でロッカーの荷物を取り、


そして新山口駅まで約1時間、山陽本線に乗りました。

1108140256_convert_20110828214143.jpg




山口は景色が「緑の山と田んぼ」というのが多かったです。
夏だからか、、その緑がとてもキレイでした。



1108140260_convert_20110828214300.jpg



山口って今まで観光地、、として見たことがなかったのですが、「いい所だな~」としみじみと思いました。



鉄道の駅は、、
看板が木に隠れていたり(笑)、



1108140261_convert_20110828214334.jpg



ホームに草が生えているようなところが多くて(笑)、
これも駅好きな夫が見たら喜ぶだろうな~と思いました。


1108140265_convert_20110828214412.jpg




ビジネスホテルは最初ツインを取ったのですが、
母と別の部屋の方がお互い気を使わなくていいというのに気づき、
シングルを2つとりました。
これがよかったです。
母はいつも8時頃には寝て、夜中に起きてテレビを見ていたりするペースなので…。



夕飯は周りに食べる場所が飲み屋さんしかなくて、コンビニのご飯でした。


1108140267_convert_20110828214456.jpg




1日目終わりました。
2日目に続きます~。





遊びにきてくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

山口旅行・その1、下関のカモンワーフとレトロな街、門司

<2011年8月14日 6才3ヶ月>



広島の母は自営業で商売をしているのですが、
15、16日(月曜日、火曜日)お盆休みでした。



14日の日曜日から3日間お休みになるので「お盆にはどこか行こうか?」と前からずっと話していたのですが、
阿蘇、ハウステンボス、湯布院や下関とか色々案がでるものの、、行き先が決まりませんでした。



その後、九州はあきらめて15日(月曜日)の夜用に母が山口の湯田温泉に宿に予約をとってくれました。
今年のGWに母が友達と行った宿だそうです。




14日(日曜日)の朝に起きてから、
「今日はどうする?今日は近所でゆっくりする?
それとも今日から出かけて2泊3日の旅にする?」とグダグダと迷いに迷って、
「じゃあ下関にでも出かけようか?」といきなり決めて急いで用意をしました。



ここから母と紺太郎と3人の、
「行き当たりばったり満載の山口旅行」が始まりました。。




まず広島から九州新幹線「さくら」に乗って新下関へ行きます。


1108140171_convert_20110827165630.jpg



それから山陽本線に乗りまして、新下関から下関へ行きます。


1108140174_convert_20110827165703.jpg

1108140176_convert_20110827165736.jpg




駅で地図に見入る紺太郎です。


1108140177_convert_20110827165817.jpg



下関の駅でロッカーに荷物を預けまして、駅からバスで5分、唐戸という場所にあるカモンワーフへ向います。




バスから発見、、電話ボックスの上に(名物の)ふぐがいます(笑)。
何個も発見しました。


1108140179_convert_20110827165914.jpg





カモンワーフは飲食店が集まっている波止場です。


1108140186shimonoseki.jpg





こんなパネルが。。
坂本龍馬が新婚旅行へ来た場所らしいです。子どもの台が女性の所にしかなくて、紺太郎は女性の顔をやっています。

1108140182_convert_20110827170249.jpg



海産物の市場(唐戸市場)もありますが、日曜日でお休みです。


1108140193_convert_20110827170548.jpg




ふぐと一緒に…。

1108140194_convert_20110827181345.jpg


ちなみに↑の左奥の茶色の建物はしものせき水族館「海響館」です。
今回は立ち寄りませんでした。


こちらのカモンワーフには沢山の飲食店があるのですが、、
お盆の日曜日、、、どこも大行列…orz。



でも「いくら丼1000円は安い~!」ということで、
フードコートのようなところで「30分以上かかりますよ」と言われて注文して、
(出来上がりの)ブザーがなるのを待ちました。


1108140187_convert_20110827170353.jpg




やっと40分くらい待って、、オコゼの天婦羅とふぐのフライが。


1108140189_convert_20110827170438.jpg




さらに待って、やっといくら丼といくら&うに丼(1000円)が来ました。


1108140190_convert_20110827170515.jpg




待ちくたびれました~。
母と「ご飯といくらを乗せるだけなのに、どうしてこんなに時間がかかるんだろうね~」と。。




美味しかったけど、、待つのにホント疲れました…。




そして連絡船に5分乗り、福岡県の門司(もじ)へ渡りました。


1108140196_convert_20110827170654.jpg

1108140197_convert_20110827181413.jpg



関門橋
です。



1108140198_convert_20110827170746.jpg




門司は「レトロな街」というのをスローガンにしていて、
歴史が感じられる建物が沢山ありました。


1108140202_convert_20110827171559.jpg



門司港駅です。


1108140203_convert_20110827171738.jpg

1108140204_convert_20110827171816.jpg




駅の中の「切符売り場」などの看板も右から左へ読む形になって昔を残しています。


1108140205_convert_20110827171901.jpg

1108140210_convert_20110827181320.jpg





昔は駅の横がすぐだったようで(今は海から少し離れています)、
戦前はここから中国や朝鮮へ多くの人が旅立ったようです。


1108140207_convert_20110827172009.jpg





紺太郎は疲れたらしく動かなくなったので、
カキ氷のおやつを食べてから、、


1108140213_convert_20110827172139.jpg





門司の街をブラブラ歩きます。


1108140211_convert_20110827172058.jpg



1108140216_convert_20110827172234.jpg


1108140220_convert_20110827172307.jpg


見てると沢山飲食店もあり、
「お昼は門司で食べればよかったね~。時間がもったいなかったね~。」
と母は言っていました。




門司には見所が沢山あったのに時間がなかったので、
本当にもったいなかったです。




山口旅行、続きます。





遊びにきてくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

2011夏の広島・その2、深海魚展、広島城、呉ポートピア

<2011年8月12日、13日 6才3ヶ月>



8月12日(金曜日)は紺太郎と二人で広島市内へ遊びに行きました。


最初に行った先はNTTクレドホールで開催されていました、
「夏休み自由研究スペシャル 深海のふしぎないきもの研究所」というイベントです。


深海-T~1
(画像はひろしまナビゲーターより)



「入場料金が大人800円、子ども600円」でちょっと高いな~~、、と思って入りましたが、、
展示内容がイマイチでちょっとがっかりでした。
(おまけにこの日はデジカメも忘れてしまい、携帯の画像↓で画像が荒くて見にくくなっていてすみません。)




イカと・・・。

CAH3SNFY_convert_20110826151521.jpg




ほとんどこんな標本↓が並んでいただけなんですよね…。。

CANKP657.jpg





水圧でカップラーメンの容器が小さくなる模型。


CA1KYQNA.jpg




「しんかい」の模型です。

CADFCETA.jpg





そして一人300円(2人で600円)で3Dムービー「ダイオウイカVSマッコウクジラ」をみました。

CAD07DPZ.jpg





約10分くらいのものでしたが、、これもちょっと、、、という感じでした。




「入場料1400円、映画600円でコレで2千円もかかっちゃった~~!」、、というのが素直な感想です。


でも紺太郎は「おもしろかった~」と言っていたので、、まあいいかな…。





お昼を食べて向った先は広島城です。


先日広島市こども文化科学館へいった時に(こちら)、こんなポスター↓を見たからでした。


1108070019_convert_20110826152112.jpg



私は子どもにコスプレさせるのが好きなので、体験コーナーで武士に変身できるようなので魅力を感じました。



まずお城に入る前に敷地内にあります広島護国神社へ。
私は神社の狛犬を撮るのが好きなのですが、
こんな姿勢の狛犬は初めて見ました。
威嚇されているようで怖いです。。


CADN1919.jpg



そして、、ドーベルマンっぽい狛犬も、、、初めてです。。


CA9SKKF1.jpg



広島城に到着です。(入場大人360円、幼稚園生は無料、小学生以上の子ども180円)

CAXDOLRF_convert_20110826151453.jpg




紺太郎は、こんな石垣のパズルにはまりました。

CA3ZRRJB.jpg




そして組み木のパズルにも…。


CAWIXCFF.jpg

↑こういうの全部やらないと気がすまない性格みたいです…。
待つ方は辛いです・・・(笑)。






そしてお目当てのコスプレです。
ポスターを見ると子ども用かと思っていたら、、大人用で大きすぎました。


CAGNLWC6_convert_20110826151414.jpg



そして私も…(笑)。



CA4435N4.jpg
(お腹ポッコリ、痩せなくては・・・。)



このコスプレ、外国人の方も喜ぶんじゃないかな~。
外国人の方も沢山いらっしゃっていました。




展示は面白かったです。

広島市の中心地に紙屋町という所があるのですが、
「紙を作っていた場所」だった、、、
と商業によって町が区分されて名前が付けられていたと改めて知ることができました。



そういえば、紺太郎がお腹にいるときの2005年4月にも夫と広島城を訪れたのを思い出しました。



外国人の女性が大きなお腹にびっくりして話しかけてくださって、
「今日が予定日なんですよ~。」と返したら、
またまたびっくりしていました。
(結局予定日よりも12日遅く生まれました。)




***




13日(土曜日)呉ポートピアパークへ行きました。(入場無料)



1年半前に近所から長野に引っ越してしまったママ友のHちゃんママ広島がご実家で、こちらで待ち合わせて久しぶりに会うことができました。


Hちゃんと紺太郎は1才くらいから幼児教室が一緒で、
家族ぐるみでお花見へ行ったり、焼肉へ行ったり、おひな祭りに遊びに行ったりと、
私の少ない近所のママ友さんの一人だったので、
引っ越してしまった時は寂しかったです~。


1年半ぶりに会っても、そんな「久しぶり」という感じがしないのが不思議でした。


とっても楽しい時間を過ごしました。


Hちゃんと弟さんと紺太郎でジャブジャブ池で遊びます。


1108130119_convert_20110826152459.jpg



紺太郎は幼稚園以外ではお友達と遊ぶことが少ないので、
とても楽しそうでした。


1108130123_convert_20110826152539.jpg



お昼を食べた後に、トランポリンで。


1108130135_convert_20110826152815.jpg




子どもは暑い中、、元気です。




そしてクーラーの入った涼しい室内遊び場で遊びました。


1108130149_convert_20110826152850.jpg



去年の夏Hちゃんママとは広島で遊ぶ計画をたてていたのですが、
彼女がお忙しくてダメで、
今年もお忙しそうでダメそうだったのですが、
前日OKのメールが入り、ホントお会いできて良かったです!
紺太郎だけでなく、私も楽しかったです。





Hちゃん一家が帰った後に、紺太郎は自転車をレンタルして乗ります。(一時間100円)

1108130161_convert_20110826153035.jpg




この施設は呉市が運営していて入場が無料なのですが、
こんなに楽しい施設なんだから200円くらいでもとればいいのに~、、
経営は大丈夫なのかしら、、??と他人事ながらいつも来るたびに心配してしまいます。



お金がかからないで楽しい場所、、というのは親にはありがたいものですが・・・。



広島記、山口旅行記の後に続きます~。




お付き合いくださってありがとうございました^^。

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

2011夏の広島・その1、広島市こども文化科学館など

<2011年8月6~11日 6才3ヶ月>


夏休みの広島での様子を少しずつ書いていきたいと思います。
(長くなりますが)よろしかったら、お付き合いください~。



8月6日(土曜日)、行きの新幹線の中です。
6才にもなり、移動もだいぶ楽になりました。
念のためにもっていっていたポータブルDVDも使わずじまいでした。
3才くらいまでは、、本当に大変だったな…(遠い目…)。

しまじろう「じゃんぷ」の8月号のワークをやります。


1108060001_convert_20110825100150.jpg




そして、この移動のために買っておいたゲームを出しました。

「ラッシュアワー ハナヤマ」です。





1108060002_convert_20110825100216.jpg




こちらは前に何人か他の方のブログで紹介されていて「いいな~」と思っていたものです。
(モンキーさん、ありがとうございます。)

駒を前や後ろに動かして、
大混雑をしている駐車場から、自分の車を脱出させるパズルゲームです。


初心者からエキスパートまでカード問題が40問あります。
紺太郎は自分で問題を考えて遊ぶのが好きで、広島滞在中もよく遊んでいました。



駒が車、、、というのが男の子には楽しいようです。


***


母は商売をしているのですが、日曜日はお店がお休みなので、
8月7日(日曜日)に市内へ一緒にでました。


母は午後から習い事をしているので別れまして、
私と紺太郎で二人で行った場所は「広島市こども文化科学館」です(入場無料)。



こちらは日曜日は工作などができるのですが、今回は残念ながら定員満員でした。


が、ラッキーなことに「こども音楽会」を開催していて聴く事ができました。


1108070003_convert_20110825100425.jpg



フルート、トロンボーン、ピアノの3人(ゾリステン・ドライエック)の演奏でしたが、
「ハンガリー舞曲、クラリネットこわしちゃった、タイプライター、勇気100%」など10曲も40分ほど楽しい曲を演奏してくださり、とても楽しかったです。


楽器で面白い音を出してくださったり、タイプライターが楽器になったり、
後ろで映像を写しながら音楽と一緒に物語を読んだりと盛り沢山で、
紺太郎も「おもしろかった~」と喜んでいました。



そして時間をついやしたのが、
「ぴょん太とかけっこ」というゲームコーナーです。


こちらは走って時速をだし、「もうちょっとだね」「やるじゃん」「まいった」3段階の電飾がつくようになっています。


1108070008_convert_20110825100504.jpg

1108070010_convert_20110825100600.jpg



こちらは今年の3月に来たときに苦い思い出があります。
いくらやっても「もちょっとだね」しかでなくて、「「やるじゃん」が出るまでやる~!」と紺太郎が愚図りだしました。



母と待ち合わせしていた帰りの船の時間があるので、「もう時間だから、行くよ」と行っても帰りたがらず、
大泣きして、私が科学館から引っ張り出して、外でも癇癪を起こして拗ねて大変だった場所でした…。
(どうでもいいですが、拗ねる姿はこちら)。




「幼稚園生なんだから「もうちょっとだね」以外は無理だよ!」と思いこんでいました。
でも、
他の子がやっているのを観察して、
今回は助走をつけて走る方法にしましたら、(時間を計るものではなく、時速を計るものなので)、


1108070009_convert_20110825100529.jpg




うまくいって(真ん中の評価の)「やるじゃん」がでて、とても嬉しそうでした。
3月の大癇癪があったもので、、私も嬉しかったです。。

1108070012_convert_20110825100629.jpg


この後も何回もやっていました。




そして、鉄道のジオラマにもはまっていました。


1108070020_convert_20110825100708.jpg



新幹線と普通の電車を動かすことが出来るのですが、
「あのね~、普通の電車はわざと新幹線よりも遅く走らせたんだ~」と嬉しそうに報告していました。
このジオラマ操作をまたやりたいそうで、帰ってからも「科学館へまた行きたい」と言っていました。
またいつか行こうね。




帰りに原爆ドームの前で写真を撮りました。


1108070024_convert_20110825100740.jpg



***


母が住むのは広島の瀬戸内海の島なのですが、
8月8日(月曜日)はある山の頂上まで遊びに行きました。



本州の広島、山口、(天気のいい日は薄く)四国の愛媛まで見渡せる景色のいい場所です。


1108080035_convert_20110825100854.jpg


1108080037_convert_20110825130502.jpg



1108080057_convert_20110825100928.jpg



頭の上にはとんび?(鷹?)が飛んでいました。


1108080029_convert_20110825100821.jpg




兄が紺太郎のために将棋の本を買っていてくれました。
夕方にお店番をしながら将棋の駒を並べて相手をしてくれました。



1108080061_convert_20110825101105.jpg



「羽生の3手詰 羽生善治 マガジン・マガジン」です。




こちら81問あります。
広島滞在終盤に残り20問くらい残っていたのを、紺太郎が「全部終わらせてから帰る!」と言い張りました。
「(夫の実家で)おじいちゃんとやりなよ~」と言ってもダメで、
22日(月曜日)にこちらに帰る予定を、一日延長することになりました。
無事81問終わらせました。
お兄さん、ありがとう。


兄は褒めるのが上手で、紺太郎が問題を解くたびに、
「コンちゃん、すごいね~。頭いいね~」と(大げさに)言ってくれるので、紺太郎はやる気マンマンだったようです。
ありがたいです…。




3回くらい海水浴にも行きました。
でも紺太郎はあまり海で泳ぐのは好きではなかったようで、
「海に行く?」と聞いても「行かない」ということが多かったです。



1108090067_convert_20110825101223.jpg


大好きなカキ氷です。(8月9日)


1108090072_convert_20110825101309.jpg




そして、広島に来るといつもいくトランポリンです(8月10日)。

1108100079_convert_20110825101349.jpg







幼稚園からアルファベットを練習する宿題が出ていたのですが、
夏休みの前半の夫の実家では「E」までしかやっていませんでした。


1ページやるのに、やる気があれば3~5分でできるのに、
1文字書くのに、タラタラと時間がかかってしまい、、ちょっと見ていて私がイラっと来てしまいました。

1108110086_convert_20110825101451.jpg



本当は書き順などを確認してゆっくりやるのがいいのでしょうが、
このままでは私がイラつくな、、と思い、
携帯のタイマーで「このページは5分でできるかな?」とゲーム感覚にして数日で終わらせてしまいました。




つくづく幼稚園で宿題なんて出さないでほしいな、、、と思いました。
来年から小学校になって宿題って出るのかな。。
あまり付き合いたくないものです…。


***



前にNHKの番組「ブラタモリ」について書きましたが(こちら)、
ブラタモリのスペシャルをテレビでやっていて、紺太郎がくいついてガン見していました(8月11日)。


1108110091_convert_20110825101625.jpg



渋谷の地理についてだったのですが、
古い地図が出てきたり、銀座線の車庫がでてきたり鉄道のことだったので、
楽しかったようです。

pic001.jpg
(画像はNHKブラタモリより)


渋谷って字の通り、、「谷」なんですね~。
なので地下鉄なのに銀座線はビルの3階が駅なんだそうです。


ブラタモリは秋からまた始まるようなので、
DVDに撮って一緒に見ようかな。



広島記、、続きます。




はじめから長くなってしまいました。
お付き合いいただいてありがとうございました^^。

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

広島から戻ってきました

<2011年8月24日 6才3ヶ月>


みなさん、こんにちは~。
お元気でいらっしゃいましたか?


私は23日(火曜日)に紺太郎と二人で(母の住む)広島から直接夫の実家へ帰ってきて、
24日(水曜日)に紺太郎を実家に預け、私だけ自宅へ戻ってきました。


2週間くらい滞在しようと思っていた広島ですが、
ズルズルと少し長居をしてしまい18日間も滞在してしまいました。


こちらにいるとネット依存症気味の私ですが、
広島でパソコンがない生活も、それはそれで有意義に過ごせて、
なかなかいいものだな~と思いました。
その分図書館で本も借りて読むこともできました。


広島では子連れでお出かけをしたり、お盆には山口旅行もしました。
またブログを再開して、お出かけのことや本について書こうと思いますので、
よろしかったらお付き合いいただけると嬉しいです。




またどうぞ宜しくお願い致します!



広島市内の路面電車(グリーンムーバーMax)と一緒に
(8月7日)

1108070027_convert_20110824214549.jpg



またどうぞ宜しくお願い致します。
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

少しブログをお休みします

<書いているのは8月5日 6才3ヶ月>


8月6日から(母のいる)広島へ紺太郎と遊びに行っています。
パソコンが使えない環境なので、
約2週間、ブログとランキング(←いつもポチしてくださる方ありがとうございます)をお休みします。

また遊びにきていただけると嬉しいです!
いつも訪問させていただいているブログの皆さんには帰ってから遊びに行きます。



コメントのお返事が遅くなりますが、
必ずしますので、いただけると嬉しいです!



過去の日記でも、通りすがりの方でも(何の言葉で検索して私のブログに来ていただいたとか)、
一言でも、、コメントは大歓迎です~。





どうでもいい話なのですが、
今日(8月5日)の「アクセス解析」の検索ワードで「赤ちゃんの紺太郎腹巻」とありました。
この「紺太郎」は、うちの紺太郎だろうか(笑)???
赤ちゃんの時に腹巻をしていたので・・・。


紺(色)の太郎腹巻、、というのがあるのかな~??



う~ん、
ちょっと考えた結果
「金太郎腹巻」の打ち間違いかな(笑)??
謎です・・・。




では、皆さん、素敵な夏を~☆




(今日の日記は↓に更新しています。)

テーマ : お知らせ
ジャンル : その他

おじいちゃんの新幹線の路線図

<2011年7月26日~8月4日 6才3ヶ月>


(こちらは自動更新です)


紺太郎は7月23日(土曜日)から夫の実家で過ごしていました。




8月3日(水曜日)
に夫の実家へ迎えに行き、4日(木曜日)の夜に自宅へ連れて帰ってきました。



これまでの紺太郎のおじいちゃんの家の様子です。
デジカメを置いていって、撮ってもらっていました。




まず、、



夏休みにおじいちゃん(義父)に椅子を作ってもらおうと紺太郎は設計図を書いていました(どうでもいいですがこちらこちら)。
おじいちゃんは大工仕事が好きなので、
私が迎えにいったときには出来ているのかと思っていました・・・。



が、、
おじいちゃんは材料は2回も紺太郎と一緒に買いに行ってやる気マンマンだったのですが、、
なんでかおじいちゃんのやる気スイッチが切れたらしく、、、
木材だけ買ってまったく手をつけていませんでした。


(7/26)
1107260007_convert_20110805070322.jpg


8月には作ってくれるのかな~???






紺太郎は相変わらず、新幹線カードで遊ぶのが好きです。



(8/1)
1108010012_convert_20110805205452.jpg


1108010014_convert_20110805072305.jpg







おじいちゃんにも新幹線の路線図を書いてもらっていました。
相変わらず器用です。


1108010013_convert_20110805070351.jpg

1108240699_convert_20110824215939.jpg






なぜか、、折り紙でキャンディーケーンを沢山作っていました。


1108010023_convert_20110805072446.jpg




私が行った日(8月3日)に、「あのね~、夕ご飯の後にBINGOをやるの~」と紙を配っていました。


1108030034_convert_20110805072605.jpg


ご飯を食べるときに、左↑の机の上の積み木はどかしたくないと紺太郎が主張しました。
紺太郎と私は角を挟んで積み木の両側に座りました。



食事中に、
私が「(積み木をどかしたかったので、)この積み木で紺ちゃんのお顔が見えないよ~」と言うと、
紺太郎が、

「ママ~、ママがちょっと右に寄ればいいでしょう~。


もう~、ママ、あたまつかいなよ~」


と「やれやれ」というようにあきれて言うので、苦笑いしてしまいました。


まったく誰がオムツを替えてあげたのか…(苦笑)。




おじいちゃんに頼んでBINGOの表を書いてもらっていました。


1108030037_convert_20110805073315.jpg



紺太郎は最初は自分の好きな数字を言っていました。
でも、
自分の表がBINGOになるように数字を言っているので(笑)、
私からクレームがつき、
紙に数字を書いて裏返して、それを引く形にして何回かやりました。



1108030038_convert_20110805073341.jpg





じいちゃんに買ってもらった路線図(首都圏交通マップ 塔文社)もお気に入りです。


1108030032_convert_20110805072528.jpg

【送料無料】首都圏交通マップ

【送料無料】首都圏交通マップ
価格:250円(税込、送料別)


(↑画像では「送料別」となっていますが、送料無料のようです。)


紺太郎は相変わらず、
線路や路線図、時刻表などを書いていたようです。


1108040040_convert_20110805072635.jpg

1108040041_convert_20110805073419.jpg




8月4日(木曜日)は、私はお留守番をして、義母、夫、紺太郎で毎年恒例になっている「ブルーベリー狩り」へ行きました。


みんなで3.8キロ採ったそうです。


1108040046_convert_20110805072742.jpg



1108040049_convert_20110805082818.jpg




4日の夜に家に帰ってきて、
5日(金曜日)に紺太郎は幼稚園のサマープログラムで横田アメリカ米軍基地へ行きました。
今回はお邪魔したのは先生のお宅ではなかったのですが、子どものいる家庭で楽しく過ごしたようです。
スーパーやボーリングへ行ったようです。



そして、6日から(母のいる)広島へ行っています。




広島はパソコンがない環境なので、コメントのお返事が遅くなりますが、
コメントをいただけると嬉しいです~。

遊びにきていただいてありがとうございました!

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

蓼科旅行・その9、そばの昼食、女神湖、長門牧場で帰宅

<2011年7月19日 6才2ヶ月>




7月19日(火曜日)長野・蓼科旅行横谷峡散策が終った続きです。(こちら


2時間あまりの横谷峡の散策でしたが、1時半もすぎてお腹はぺこぺこで疲れてしまいました。




「横谷峡入り口」
でまわりを見渡すと、お昼を食べられるようなところは1つしか見当たりませんでした。


そこに入ることにしました。



信州手打ち蕎麦処「遊楽亭」です。




こちらは蕎麦を作る行程を見学することができます。
蕎麦を注文してから見学していました。


1107190482_convert_20110804154536.jpg

1107190485_convert_20110804154615.jpg

1107190490_convert_20110804154715.jpg




注文したのは、

山菜そばと、、

1107190492_convert_20110804154745.jpg




きつねそばです。

1107190494_convert_20110804154819.jpg




とっても美味しかったのですが、1人前の量が少なかったです。。
それに結構お高くて、1人前1200円だったのですが、
夫が2つを3人で分けよう、、、というので、、ますます足りなかったです…。
(紺太郎はお蕎麦が大好きなので一人前を食べるから、3人前頼もうと言ったのですが…。
でも、(美味しいお蕎麦でしたが、)3人でお蕎麦で3600円というのも、、もったいないような気もしましたので従いました。)



ご飯を食べ終わったのは2時半ごろでした。


こちらの横谷峡入り口から車を置いてある横谷観音展望台の駐車場までバスが出ているのですが、
便が3時半過ぎまでありません。


私は温泉でも入って待っていればいいかな?と思いましたが、
夫の意向でタクシーを使いました。


2180円でした。


夫いわく、、「2000円払っても、あの横谷峡を散策できたのはよかっただろ」と。
まあ、、ちょっと高かったですけど、、そうですね…。




駐車場に着いて、車に乗り込むと、、
お昼が足りなかったもので、、私と紺太郎はお菓子を食べる、食べる…。
二人でボリボリと食べてしまい、、夫が呆れていました。。


夫は「お腹がすくのは少しくらい我慢すべきだ」の持論がある人なので…。







車を走らせていると、
「女の神展望台」というところがあって、車をとめました。


1107190499_convert_20110804154959.jpg

1107190496_convert_20110804154855.jpg

1107190497_convert_20110804154926.jpg





↑の池を見て、蓼科は沢山散策するのにいい場所が沢山あるんだろうな~と思いました。



台風が近づいているため、雨はドンドンひどくなってきます。


1107190500_convert_20110804155032.jpg



そして、どういう経緯でそうなったのか覚えていないのですが、
女神湖へ行きました。



1107190503_convert_20110804155106.jpg



夫は湖の周りの遊歩道を歩く気マンマンです。。


1107190504_convert_20110804155137.jpg




が、、私は疲れ果てていて、、反対…。
左ヒザが~~、ガクガク…。
雨もひどいし・・・。



お土産だけ買おうと女神湖湖畔のショップによりました。


こちらで写真を撮り忘れたのですが、
「りんごのソフトクリーム」が美味しかったです(300円)。
バニラのアイスとミックスにしたのですが、
りんごの方はシャーベットに近く、バニラアイスとあっていてとても気にいりました。




今後もし近くを通ったら、このりんごのソフトクリームだけのためにも寄りたい、、と思うくらい私は美味しかったです。




アイスを食べて元気になって、ちょっとだけ女神湖の遊歩道を歩くことにしました。



色々な花が咲いています。

1107190507_convert_20110804155209.jpg


1107190510_convert_20110804155240.jpg



この遊歩道も歩けば素敵なんだろうな~。。
紺太郎はボートにも乗りたがっていましたので、
今度ゆっくりまた来たいものです。



遊歩道入り口です。

1107190512_convert_20110804155313.jpg







夫の希望で長門牧場へ寄りました。
牛乳が飲みたいそうです。
前日も牧場(神津牧場)に行ったのに、、、この人は牧場が好きなのね~と思いました。




雨がひどくて、、景色も良く見えません。


1107190513_convert_20110804155342.jpg

1107190514_convert_20110804155414.jpg




残念ながら、牛乳は売り切れでした。
ソフトクリームも名物のようですが、さきほど女神湖で食べたばかりだったので、、割愛…。
パンを売っていて、それだけ買ってきました。



そして帰路へ。。




群馬の下仁田のドライブインで夕食を食べました。
「ねぎ肉定食」が美味しかったです。




1107190516_convert_20110804155451.jpg

↑今回レンタカーした車です。




下仁田インターから高速に乗ると、、雨はますますひどくなりなりました。
紅夫さん運転が大変だったようです。



9時過ぎに、、無事に家に帰ってきました。
紅夫さん、、ありがとうございました。





今回の旅、、一泊でしたが、最高によかったです!
白駒池、蓼科、、、もう一度行きたいです!




たった1泊の旅行で「その9」までなってしまいました(苦笑)。
長い旅行記にお付き合いくださってありがとうございました!





8月6日(土曜日)から(母の住む)広島へ行きます。
2週間くらいパソコンがない環境になります。
(明日は自動更新があるのですが)
ブログやランキング(←いつもありがとうございます♪)はお休みします。



コメントのお返事は遅くなりますが、いただけると嬉しいです~。





あと、ネタにしようと思って写真に撮っていたのですが、
お宿の所で書くのを忘れていました。


私の旅のお供です。


CAFF0MGZ.jpg


「中山式快癒器 」(マッサージ商品)です。





私は右の坐骨神経痛持ちなのですが、
この上におしりを乗せると、ちょうど痛いところにあたって、気持ちいいです~。
生理前で腰(おしり)が「重~い」感じがする時でも、
この上に乗ると、、ちょっとすっきりします。



広島へももって行きます。





いってきます~。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

蓼科旅行・その8、横谷峡散策(後半)・王滝~乙女の滝、横谷渓谷入り口

<2011年7月19日 6才2ヶ月>




7月19日(火曜日)長野・蓼科旅行横谷峡散策の続きです。(こちら



王滝(を上から見下ろす場所)を出まして、川づたいに歩いていきます。
ずっと下り坂です。


1107190414_convert_20110804153219.jpg




雨は降ったりやんだりでした。



そして、20分くらい歩くとこんな地点に到着しました。


1107190416_convert_20110804104054.jpg




こんな木の橋があるので渡ってみることにしました。


1107190418_convert_20110804104157.jpg


(たぶん)「一枚岩」という場所だと思います。

1107190419_convert_20110804104247.jpg





ここで紺太郎はちょっと水で遊びます。


1107190427_convert_20110804104321.jpg

1107190436_convert_20110804104401.jpg


そして、、
こちら↑の右がわの先を進んでいくと王滝のふもとへ行けるようです。



ちょっと興味があったのですが、
足元は岩場、、そして水がちょろちょろと流れてきています。
浅い沢を歩いていくような感じです。


1107190422_convert_20110804112737.jpg



台風も来ていて、鉄砲水でも来たら大変ですし、
看板でも「危ないから個人の責任で行ってください」みたいなことが書いてあり
すぐに諦めました。
6才連れですし・・・。




再び来た橋を渡って、散策路へ戻ります。

1107190439_convert_20110804104453.jpg




歩いていると、空気はいいし気持ちいいです。
夫と紺太郎のこんな↓後姿を見て、幸せを感じました~。

1107190444_convert_20110804104535.jpg





緑もキレイです。

1107190445_convert_20110804104616.jpg




ここで笑ってしまった話を一つ。



紺太郎が足をどこかにぶつけたか?したらしく、、
「いたい~」とちょっとグズを言い出しました。


私は幼児期から、
「いたいの、いたいの、とんでいけ~!」という世間の定番のセリフの他に、

「いたいの、いたいの、ビヨ~ン、ビヨーン、ビヨ~ン」
というのと、

「いたいの、いたいの、チュチュチュチュチュ~(とキスをする)」
という3つのやり方がありました。



いつも
「いたいの、いたいの~、、、、(3つのうち、)どれにする?」と紺太郎に聞くと、、



「ぜんぶ~~(泣)」
と情けない声で言ってきていました。



今回も「いたいの、いたいの~、、、どれにする?」
と聞くと、、、



紺太郎は、



「そんなもんで、きくもんか~!」


と一蹴です…。



びっくりしました(笑)。
成長を感じるとともに、、ちょっと寂しくもなったのでした・・・(苦笑)。
もう「いたいの、いたいの~」が使えないとは…。




足は大したことはなかったようです…。




話を元に戻します。






鷲岩(わしいわ?)と言うところへ来ました。

1107190446_convert_20110804104652.jpg




岩がゴツゴツとしています。

1107190448_convert_20110804104726.jpg

1107190449_convert_20110804104804.jpg




こんな岩の脇も通っていきます。

1107190454_convert_20110804104841.jpg




そして霧降の滝へ到着しました。
この時点で1時でした。
王滝からは。(途中寄り道しながら)50分くらいでしょうか。
さきほど寄り道した橋(一枚岩?)からは20分くらいです。


1107190455_convert_20110804104914.jpg




看板↓の右上の写真のように、冬になるとこちらの霧降の滝は凍り付いて氷瀑になるようです。

1107190456_convert_20110804104949.jpg





冬に来て見てみたい気もしますが、寒いんだろうな~~。



記念写真を撮り、


1107190458_convert_20110804105025.jpg




こんな道も進んで行きます。

1107190462_convert_20110804105125.jpg




花も楽しみます。


1107190463_convert_20110804105214.jpg

1107190466_convert_20110804105256.jpg



霧降の滝から10分くらいで横谷温泉郷のホテルが見えてきました。
露天風呂があります。
こんな渓流の音を聞きながらお風呂に入るのは最高だろうな~と思いました。

1107190467_convert_20110804105411.jpg



そしてさらに10分くらい歩くと「乙女の滝」に到着です。

1107190474_convert_20110804105504.jpg



すごい水しぶきでした。


1107190475_convert_20110804105535.jpg



そして、、やっと横谷峡入り口に到着しました!
この時点で1時30分です。


1107190477_convert_20110804105618.jpg


車道に出ました。。

1107190481_convert_20110804153744.jpg




車を置いて「ちょっとそこまで~」のつもりだったのに、
しっかり2時間も歩いてしまいました。
ヒザがガクガクで、、お腹すきました~~~~。



こちらの横谷峡散策、もし片道だけで歩くのでしたら、
横谷峡入り口を出口にした方が、「下り」なので楽だと思います。
(それでも、けっこう歩き応えがありましたが…)




滝や渓流、緑も楽しめて、とっても素敵な横谷渓谷でした。




2日目続きます。





長いのにお付き合いくださってありがとうございました。
これを書いているのは8月4日で2週間以上たっているのに、左膝がまだおかしいです…。

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

蓼科旅行・その7、横谷峡散策(前半)・横谷観音展望台~王滝

<2011年7月19日 6才2ヶ月>




7月19日(火曜日)長野・蓼科旅行御射鹿池(みしゃかいけ)を出た続きです。(こちら



夫と「さて、これからどこへ行こうか?」という話になりました。


私はこの旅行で「白駒池」と「御射鹿池」さえ行けたら満足だったので、
他のことはまったく考えていませんでした。



ガイドブックや地図を見ながら、
「どこ行く~?
ガイドブックの写真は車山高原なんていいよ~。
それとも白樺湖は~?」
なんて距離感もわからず適当に言っていました。



「もう一回白駒池は?」なんて言っていたり…(笑)。



車を走らせていると「横谷観音展望台」のサインが眼に入りました。


駐車場から展望台まで5分の距離のようです。




こちらに寄る事にしました。



「お財布とか飲み物は持っていく?」と夫に聞いても、
「いらないんじゃない」というような感じで、手ぶらで行くことにしました。


駐車場にはトイレと無人の休憩室があります。



駐車場から出発すると、結構こう配の激しい道です。。


1107190367_convert_20110804000705.jpg





片道5分と言えども、、やはり飲み物やタオルなど持っていった方がいいかな?と思い、
私だけすぐに駐車場に戻って(お財布を含む)リュックごと持ってきました。



歩き始めたのは11時30分過ぎです。
3人とも朝ごはんをしっかり食べていたのでお腹はすいていませんでした。



駐車場から5分ほどで横谷観音の境内&展望台に到着です。


1107190378_convert_20110804000951.jpg

1107190380_convert_20110804001029.jpg




こちらのお地蔵様?は首が長くてめずらしかったです。


1107190375_convert_20110804000913.jpg





展望台はこんな感じです。


1107190369_convert_20110804000738.jpg




覗くと、とっても景色がよかったです。
この展望台からは横谷峡を一望する事が出来ます。


1107190373_convert_20110804000842.jpg




とてもめだつ滝が左に見えました。
「王滝」と言うようです。



1107190372_convert_20110804000808.jpg




夫が「渓谷歩いてみようか?」と言い出しました。


まあ、、いいけど。。



この先まで歩いた横谷峡入り口(↓地図の左端)からこちらの横谷観音の駐車場まで一日数回バスが走っていることはさきほどの駐車場の掲示板でわかっていました。


yokmap.jpg
(画像は信州とっておき情報より)





「バスに乗れなかったら、タクシーを呼べばいいから」と夫。。



山を下り始めました。。




お財布持ってきておいてよかった…(笑)。



しかし、、
この「行き当たりばったり感、、私たち夫婦の人生みたいだな~」と思うと、
おかしくなってきました…(笑)。




結構道が急で険しいです。。


1107190386_convert_20110804001111.jpg

1107190388_convert_20110804001238.jpg




とにかくこう配が急なんです。
ヒザにきます…。。


1107190389_convert_20110804001315.jpg




でも緑が気持ちいいです~。




約15分ほど歩いて王滝に到着しました。
展望台で見るともっと遠いと思っていましたが、、。



キレイです~。
落差30メートルのとても大きな滝です。


1107190390_convert_20110804001438.jpg


1107190392_convert_20110804001519.jpg



遊歩道から滝を上から見るようになっています。



1107190393_convert_20110804001602.jpg



美しくて見入ってしまいました。
「王」という名がつくのもわかるような気がします…。


1107190394_convert_20110804011348.jpg



「警告」↓には私たちの歩いてきた道が
「遊歩道ではなく登山道です。サンダルやハイヒールでは歩けません」みたいなことが書いてありました。



1107190403_convert_20110804001651.jpg



「くだり」だからよかったものの、あの急なこう配を上るのは大変だろうな…。




こちらには屋根付きのベンチがあり、年配のご夫婦がおにぎりの昼食をとっていていました。
私たちに話しかけてきてくださったのですが、
こちらのご夫婦は横谷峡入り口から1時間半かけてこちらに到着したそうです。
「ここからは下りだから1時間くらいで歩けると思うわ」と教えてくださいました。



ご夫婦は「おしどり隠しの滝」まで歩く予定だったそうですが、
雨が降っているので予定変更して、
こちらでお昼を食べて引き返す、、、とのことでした。


こうやってご夫婦二人で休日に自然を散策して、、なんて、いいな~と思ってしまいました。




横谷峡散策が続きます~。
この時点で12時を少し過ぎていました。




お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

蓼科旅行・その6、東山魁夷 の絵の舞台「御射鹿池(みしゃかいけ)」

<2011年7月19日 6才2ヶ月>




7月19日(火曜日)長野・蓼科旅行で朝ホテルを出た続きです。(こちら



ホテルを出たのは9時40分頃です。
森の中を走りぬけていきます。


1107190287_convert_20110803125713.jpg




木々の間から別荘が見えます。
こんな所に別荘があって、夏の猛暑の時期にこんな涼しい場所で過ごせたら最高だろうな~、、、
なんて夢がふくらみます。


でももしもお金があっても、
「別荘だと維持が大変だろうな、、
やっぱり旅行がいいかな?」
な~んて勝手に思い直したりもします。





紺太郎もゴキゲンです。


1107190303_convert_20110803125746.jpg




こうやって小さい頃から(車などで)旅行していますが、
このチャイルドシートの中の笑顔を見て、
喜んでついてきてくれるのは、いつまでかな~?なんて思ったりもしました。


両親の旅行に喜んでついてきてくれるのも、、「期限付き」かな?
と思うと、、いとおしい時間に感じます。



目指す所は、奥蓼科にある「御射鹿池(みしゃかいけ、みさかいけ)」です。



こちらは今年蓼科旅行を考えている時にネットで見つけた場所です。



東山魁夷の名画「緑響く」の舞台になった場所です。


g-5010-1.jpg
(画像は東山魁夷より)



シャープのアクオス(AQUOS)テレビコマーシャルでも出ていた池です。







他の方が撮られた写真を見ると、
それはそれはキレイで、旅行前から憧れていた場所でした。





ホテルから40分くらい走りましてやっと着きました。
思ったより時間がかかりました。


この日は信州や関東に台風が近づいている日でした。
ホテルを出たときは雨はふっていませんでしたが、残念ながら雨が降り始めていました。


白駒池のように、森の奥まった場所にあるのかと思っていたら、、
道のすぐ脇にあります。


1107190337_convert_20110803125933.jpg



さすが、美しい場所で有名なのか、カメラをもった撮影者が何人も来ていました↑。



自然に出来た池では無く人工の貯水池のようです。


1107190348_convert_20110803130102.jpg








う~ん、雨が残念でした。
でも、写真を撮りまくってしまいました。



1107190347_convert_20110803130033.jpg


1107190314_convert_20110803140613.jpg

1107190315_convert_20110803125820.jpg

1107190321_convert_20110803140650.jpg

1107190322_convert_20110803125902.jpg

1107190324_convert_20110803140716.jpg

1107190325_convert_20110803140749.jpg

1107190333_convert_20110803140824.jpg

1107190341_convert_20110803140903.jpg


晴れわたった日だったら、もっときれいだったかもしれません。
青空の下でしたら、もっとミラーレイクのようで、
「緑響く」経験ができたかもしれません。。



すぐ前のお地蔵様?はお顔が3つもあってめずらしいな、、と思いました。


1107190354_convert_20110803130213.jpg



憧れの場所だったので、なごりおしくて何枚も車からも写真を撮ってしまいました。


1107190360_convert_20110803130245.jpg

1107190363_convert_20110803130323.jpg






旅行から帰って来て御射鹿池の素晴らしい写真をネット上で見つけました。
「初心者の写真+」というブログのクリスタルさんが撮られた写真です。
あまりにも美しい写真なので、みなさんにも紹介したいと思いましたら、、クリスタルさんが写真の転載の許可をくださいました。
ありがとうございます♪


d68f8a6150599aeea9fcc3a65932f39f.jpg


晴れていても、私の写真の腕ではこんなに美しい写真は撮れないと思います。
クリスタルさんによると早朝の方が水鏡が見られるそうです。
絵のようなこの写真を見て、いつか再び訪れることができたらいいな、、と思いました。



2日目続きます~。



お付き合いいただいてありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

蓼科旅行・その5、夕食とお宿

<2011年7月18、19日 6才2ヶ月>



7月18日(月曜日)長野・蓼科旅行白駒池こちら)へ行った続きのその前に、、、。




本当にどうでもいい話で恐縮するのですですが、、、
昨日、前回の日記を書き終えて、今日この日記を書こうと思った時に気がつきました。



前日の日記の最後から2枚目の写真、紺太郎が白駒池から駐車場までの遊歩道にいる写真です。


110718shirakomaike2.jpg


そしてコレ↓

ph2.jpg




この写真↑は同日記で参考にさせていただいた八千穂高原観光協会のHPの写真なのですが、「あれれ??木の構図が似ているな~」と思いました。。



写真を何回も見比べてみて、どう見ても同じ場所かな?と思いました。
これだけ広い原生林の中でピンポイントで同じ場所の写真だったので、
なぜだか嬉しくなってしまいました。



気がついて、どうなるってものでもないのですが…(笑)。




失礼致しました~。



白駒池
を出た続きです。
6時過ぎに出でお宿に向います。



しかし、カーナビに入れても場所がうまく出ませんでしたし、
携帯は圏外でホテルにも連絡できず、迷ってしまい
どうにかしてお宿に着いたのが7時半過ぎになってしまいました。




蓼科の道って色んな所から小道が出ており、そこの先に小さな別荘地帯があったり、
すごくわかりにくかったです…。
紅夫さん、運転お疲れ様でした。。




お宿は食事つきではありませんでした。
外に出て探さなければいけません。8時近くなって宿を出て店を探し始めました。



が、、もう8時も過ぎると、、、食堂やレストランはどこも閉まっています…。
(昼間営業だけの所が多いようです。後はお宿は食事付きの所が多いですし。)
やっと開いている所を見つけました。




蓼科湖のほとりにあるインド料理店「メタ・ナタラジ」です。



どうして長野の蓼科に来て、
(郷土料理とかではなくて東京でも食べれる)インド料理を食べなくてはいけないのか?最初ちょっと納得がいきませんでしたが、
ホント、ここしか開いていなかったので仕方ありません。
(もっと車を走らせて広く探せばあったのでしょうが、疲れと空腹が限界でした。
遠くへ行くと、宿へ戻るのも遅くなるし…。)



でも、とっても美味しかったです~。
お子様セットもありました。(忘れましたが800円くらい)
辛くないカボチャのカレーでした。


1107180263_convert_20110802162331.jpg





8時も過ぎてお腹空いていたのか、紺太郎はモリモリ食べていました。


私達もサラダと2種類のカレーを頼みました。



1107180264_convert_20110802162409.jpg

1107180266_convert_20110802162444.jpg




私は辛いのが苦手なので、なるべく甘いのを頼んだのですが、
それでも辛くて、紺太郎のカボチャカレーくらいの甘さが良かったです。




お宿は「四季倶楽部 蓼科エトワール」でした。



1泊朝食付きで5250円と、とてもリーズナブルなお宿です。
夕食付きはプラス3150円で頼めます。



しかし、宿の方が荷物を部屋に持っていってくれたりもしてくれませんし、
お布団も自分達で敷かなければいけません。



でも、、仲居さんに気を使ったりしなくていいので、私には利用しやすいお宿でした。



写真を撮り忘れましたが、お部屋も10畳くらいあり広くてとてもキレイでした。



19日(火曜日)の旅行2日目の朝です。


窓から見える景色が最高です。


1107190267_convert_20110802162519.jpg


1107190268_convert_20110802162602.jpg



緑ってホッとします。
いつも家の窓からはビルと住宅しか見えないので…。



ラウンジもあって、やはり眺めがよかったです。


1107190269_convert_20110802162637.jpg


1107190272_convert_20110803125040.jpg



1泊じゃなくて、避暑のため1~2週間ゆっくり過ごせたら最高だろうな…。
夢ですが…。




ちなみに、朝ごはんです。美味しかったです。


CAH8061N.jpg




食堂からの眺めも最高です。

CAHNB750.jpg




紺太郎は大人のおかずを分けます。
でもご飯やお味噌汁はお代わり自由なので、問題はなかったです。


CAL9DFSW.jpg




お行儀が悪いのですが、紺太郎は地図に夢中です。


CAP7UFZ5.jpg



(私は先に食堂に来ていたのですが)部屋から連れてくる際に夫が地図を一緒に持ってきていました。
地図に夢中で部屋から動かなかったもので。。
「食べ終わってからみようね。」とは言いましたが、↑最後の方はナーナーになってしまいました。
甘い親だな、、と思いつつ、そんなに地図が好きなのかと感心したり…。
でもこういうことはお行儀が悪いし、「しつけ」だから厳しくした方がよかったかな?と思ったり、、
感情が右往左往します・・・(苦笑)。





ホテルの外観です。


1107190277_convert_20110802162710.jpg


森の中にあります。

1107190276_convert_20110802175913.jpg




この日は台風が近づいていましたが、朝出発したときはまだ雨は降りだしてはいませんでした。




19日(火曜日)、続きます~。



お付き合いくださってありがとうございました。
書き忘れたのですが、ドライブ中にイノシシに遭遇しました~!びっくりました!

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

蓼科旅行・その4、大好きだった白駒池へ

<2011年7月18日 6才2ヶ月>



7月18日(月曜日)長野・蓼科旅行の途中で群馬県の神津牧場に寄った続きです(こちら)。



長野県に入り高原地帯に入ると、、、

涼しい~!
気持ちいい~!



7月に入ってから(住んでいる場所の)関東は30度を越える猛暑が続いていたので、
この涼しさは本当に気持ちよかったです!
ホッと一息できた気分でした♪



目指す場所は八千穂高原にあります白駒池です。
メルヘン街道を進んでいきます。
(私が車の中でお昼寝に入ってウトウトしていたので、この辺の写真がありません(苦笑)。)



前回の日記にも書きましたが、
10年くらい前に夫(結婚する前)と蓼科へ来たときにこちらの池に寄りました。
すごく感動したのを覚えていて、紺太郎と3人で来たかったのです。



着いたのは夕方4時前でした。
雨もポツポツと降ってきていました。


駐車場に車を置いて(駐車場代500円)、散策スタートです。


1107180158_convert_20110801120223.jpg





こちらの白駒池標高2,115mにあり、、日本の標高2,000m以上にある池では最大の池だそうです。
駐車場から池まで約10分歩くのですが、
その遊歩道がツガ、トウヒ、シラビソの原生林に囲まれていて、雄大な原生林と根元の苔がなんとも言えない美しさなのです。



雨が降っていて画面が暗いのと、私のカメラの腕だとうまくこの素晴らしさが伝えられないのがもどかしいですのですが、大好きな場所だったんです。


1107180161_convert_20110801120251.jpg

1107180164_convert_20110801134301.jpg

110718shirakomaike.jpg


1107180167_convert_20110801134329.jpg



ちなみに、八千穂高原・観光協会のHPの写真↓はこんな感じです。


ph2.jpg



入り口に「苔の森」という旗がありましたが、
苔が綺麗なんです~。



夫はちょっと機嫌が悪くて、駐車場からどんどん先に歩いていってしまいました。
追いつくのが大変なくらいの早さでした。
(私はもっと早く白駒池に着きたかった&雨が降る前に散策したかった思いがありました。
雨も降ってきて、到着する前に車の中で愚痴っぽいことを夫に言ったら、、なんだか冷たい空気になってしまいました(苦笑)。
私も寝起きで機嫌が悪かったのもあります。
今となれば、疲れながらも1日運転して私の行きたい所へ連れていってくれたのに、悪いことしたな~と反省しています。)




紺太郎は「せっかくパパと来たんだから、(先にどんどん行ってしまった)パパと一緒に歩く~」と先に行ってしまったので、
最初は↑ほとんど紺太郎の写真が撮れませんでした。




池に着きました。
夫と紺太郎にも追いつきます。
10分歩いて、夫も少し気持ちが和らいだ?様子でした。


1107180179_convert_20110801120349.jpg




池の周りを一周歩いてみることにしました。



途中、小学生の団体とすれ違いましたが、観光地化されていなく、すごく静か~で、自然の中にいる自分と向き合うことができました。



1107180186_convert_20110801120447.jpg



再訪してみて、やはり相変わらず素敵な場所で、
「わぁ~、やっと10年ぶりに大好きな白駒池に来れた!」という感動で一杯です。


1107180194_convert_20110801120518.jpg

1107180196_convert_20110801143442.jpg


1107180202_convert_20110801120547.jpg


1107180207_convert_20110801120617.jpg




岩の上に木が生えていることも多かったです。

1107180222_convert_20110801145518.jpg




しかし、とっても静かな場所なのに、、
紺太郎がしゃべる、しゃべる。


うるさい~(笑)。




板になっている遊歩道↑で、電車ごっこははじめるし、
私達に「パパは急行、ママは各駅(電車)、はい、歩いて!」「とまって!」とか命令したりしていました(苦笑)。



1107180223_convert_20110801143524.jpg



1107180225_convert_20110801131259.jpg



夫はしびれを切らして、
「紺太郎、鳥の声を聞いてごらん、しゃべるの禁止!」と言い出しました(笑)。

ホント鳥の声が素敵でした。
紺太郎も聞いています。


1107180233_convert_20110801120724.jpg




でもやはりそれからもうるさかったですけどね…(苦笑)。



ホント歩いていて気持ちよかったです!
いつもビルとコンクリートに囲まれているので別世界です。


1107180235_convert_20110801120802.jpg

1107180241_convert_20110801143559.jpg


1107180244_convert_20110801120848.jpg





そして空気が最高!


言い方はヘンでしたが、「バスクリーン(の森林浴)の匂いがする!」と何度も言ってしまいました。


紺太郎も「いい空気だね!」と同意してくれました。

帰りの駐車場までの道のりで、空手で習った呼吸法を教えてくれました。
(雨はやんでいました。)

「鼻から吸って口からはくんだよ~」と。
ヨガと一緒ですね。


1107180253_convert_20110801120934.jpg

1107180254_convert_20110801121005.jpg

1107180255_convert_20110801121036.jpg





そして、
こちらの駐車場~池までの散策道から色々な遊歩道のコースがあって、
「白駒池を全部上から見渡せて、360度の大パノラマが楽しめる」という高見石まで約40分だそうです。

1107180252_convert_20110801150732.jpg



ちなみに、八千穂高原・観光協会のHP高見石からの白駒池の写真↓はこんな感じです。


081003~1

いつか行ってみたいな~。
上からも白駒池を見てみたいです。




駐車場までの遊歩道も「苔の森」を楽しみました。

1107180260_convert_20110801150856.jpg




約2時間の散策で、駐車場に帰ってきました。


1107180262_convert_20110801121157.jpg




散策中、紺太郎に「パパとママが結婚する前に来たんだよ。すごく好きな場所で紺太郎も連れて来たかったんだ。
10年ぶりに来れたから、次に来るのは10年後かな?
そしたら紺太郎は16才だね。
ママと遊ぶより、お友達と遊ぶ方が楽しい時期だよね。
それでもママに付き合ってくれる?」
と聞いたら、


「いいよ~♪」なんて言っていました。



実現するかな(笑)?
実現するといいです。
10年後といわず、来年も行きたいな~。



あ、
夫が懲りて、、連れて行ってくれないかもしれませんね(苦笑)。
口は災いのもと、、ですね(苦笑)。




とってつけたようですが(笑)、
紅夫さん、連れて行ってくれて本当にありがとう!
また行きたいです。




一日目続きます。





お付き合いくださって、ありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード