「英国王のスピーチ」と「八日目の蝉」

<2011年5月>



最近見た映画2つの記録です。


まず一つ目は英国王のスピーチです。


101224_eikoku_main.jpg
(画像はシネマカフェより)


こちらアカデミー賞を作品賞をはじめ4部門獲った作品です。

現イギリス女王・エリザベス2世の父、ジョージ6世(コリン・ファース)が主人公の歴史ドラマです。
父親が亡くなり、兄のエドワード8世が即位しますが、
2回離婚歴のあるアメリカ人女性と結婚したいために退位します。
(英国国教会では離婚を認めないため。「王冠をかけた恋」と呼ばれました。)
ジョージ6世は吃音症(どもり)を抱えながらもスピーチセラピスト(ジェフリー・ラッシュ)の助けを借りて障害を克服し、第2次世界大戦開戦にあたって国民を勇気づける見事なスピーチを披露します。

そんな話でした。


面白かったです!


コリンファースがかっこよかったです~~。
今まで彼が出た映画「ブリジットジョーンズの日記」や「マンマミーア」を見ても何とも思いませんでした。
今まで「私はコリンファースが好き」という話を聞いても「ふ~ん」程度にしか思わなかったのですが…。
(ごめんなさい~、まりっぺさん・笑)
この映画でノックアウトです。


スピーチをする場面が多くて彼の背中が写るアングルが多かったのですが、
思わず後ろから抱きつきたくなる衝動が・・・(笑)。


というぐらい彼がカッコよかったです。


ちょっと前にロイヤルウェディングがあったばかりですし、この映画をキッカケに英国王室のことを少し調べてみました。
お兄さん(エドワード8世)も王冠を放棄するなんて波乱万丈の人生ですね~。
チャールズ皇太子も離婚して離婚歴のあるカミーラ夫人と一緒になって、、国王になれるのかしら、、なんて思ってしまいました。
初恋をつらぬいた、、という観点からみれば純愛ですが、、ダイアナさんから見たら可哀相です…。


そして「吃音(どもり)」のこと。
私も人前で話すのが苦手なので、すごく感情移入して見てしまいました。

去年ある「子育てセミナー」で質問コーナーがありました。
誰も手をあげないので、もったいないと思い手を思いきってあげました。
が、、
大勢の人の前でマイクで話すとなると、、心臓がバクバク、、声はうわずって涙声。。
はずかしかった~~。。
女性が大勢の前に堂々とかっこよく話している姿を見るとあこがれます~。
「こんなこと聞いて「はぁ?」と思われないか」の怖れもあるんですよね…。
(内容は「昔は青年が問題をおこすと幼児期に虐待とか無視されたというような家庭環境が多かったですが、今は逆に教育熱心の家庭で問題が起きる場合があり、、ウンヌン、、かんぬん、、」とかいう質問でした。。)


自分の問題を解決できるキッカケがわかればいいと思って見た映画だったのですが、それはわかりませんでした。
でも、
彼が最後、堂々とスピーチし終わった姿をみて、、感激しました。
いいスピーチセラピスト・ライオネルが見つかってよかったです。
王とライオネルのやりとりも中々面白かったです。





1つ目で長くなりましたが2つは「八日目の蝉」です。




110105_youkame_main.jpg

(画像はシネマカフェより)


不倫相手の赤ん坊を誘拐した希和子(永作博美)。
警察から逃亡する生活を続けながらも子供に愛情を注ぐが、4年の逃亡の末に逮捕されます。
そして希和子に育てられた娘の恵理菜(井上真央)は、本当の家庭に戻るが彼女には居場所がありません。
そして大人になった彼女は不倫相手(劇団ひとり)の子供を身籠ってしまう――。


そんな話しです。

まあまあ楽しめました。


↑でダイアナさんが可哀相、、と書きましたが、
この恵理菜の母親(森口瑤子)も可哀相でした。
誘拐犯を母親だと思っている子ども。自分にはなつかない。
子どもを愛したいのに、いい家庭を作りたいのに、、心の奥ではそう思ってもできない哀しさ…。
一番悪いのは不倫する男なんですけどね…。
誘拐した希和子も、、(誘拐はいけないことだけど)可哀相でした…。


誘拐犯でも子どもへの愛情は一緒…。
せつなくもなりました。


最後の方で、彼女が逮捕されるかもしれない時に子どもと撮った家族写真の場面に泣けました。



110105_youkame_sub4.jpg
(画像はシネマカフェより)



井上真央って明るいキャラの役柄しか見たことありませんでしたが、
この映画では笑顔がない役で新鮮でした。


あとこの誘拐事件を調べているライター役の小池栄子。
彼女は堂々とした女性の役でしか見たことがなかったのですが、
おどおどした役で、、人って姿勢でずいぶん印象がかわるものだ、、と思いました。
(自分が姿勢が悪く、猫背なので気をつけようと思いました。)


小豆島が舞台だった場面があったのですが、行ってみたくなりました。
とても魅力的に映っていました。


ちょっと母性について考えた映画でした…。





近日中に「ブラックスワン」を友達と約束しているので楽しみです。



遊びにきていただいてありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

5月、おじいちゃんちでの週末

<2011年5月21、22日 6才0ヶ月>



先週の話になります。
5月21、22日(土曜日、日曜日)の週末は夫の実家で過ごしました。



2日間ともお天気がよくて気持ちよかったです。



まず土曜日です。
ベランダで敷物シートや畑で使ったビニール(ウドにかぶせたそうです)の清掃です。


1105210113_convert_20110529144330.jpg

1105210114_convert_20110529144403.jpg


こんなことも紺太郎にとっては楽しい水遊びになります。


1105210115_convert_20110529144437.jpg




太陽光充電の懐中電灯を並べて、
「ボクもじゅうでん~」とベランダでしばらく丸くなっていました。

1105210116_convert_20110530074538.jpg




庭のグミ採りです。


1105210117_convert_20110530074614.jpg





私達夫婦はいつも2階で寝ています。(紺太郎はおばあちゃんと1階で寝ています。)
紺太郎を義両親に預けて「二人で映画でも見に行かない?」と夫を誘いました。
でも夫は「オレはやること(仕事)があるんだっ!」とパソコンを持って2階から1階へ降りていってしまいました。




しばらくして1階に行くと、、↓こんなことをしていたので笑ってしまいました。

1105210126_convert_20110529144625.jpg


クリスマスに買ってもらった(こちら「めばえ 1月号」の付録の「たいやき屋さん」を一生懸命作っていました。




「いらっしゃいませ~」としばらくはまってやっていました。


1105210127_convert_20110529144657.jpg

1105210129_convert_20110529144727.jpg



お疲れ様でした。



夜は手巻き寿司です。


1105210138_convert_20110529145540.jpg


(↑もらい物でわざわざ買ったものではありません。)




日曜日は畑のお手伝いです。


1105220144_convert_20110529145606.jpg




さやえんどうが旬です。

1105220147_convert_20110529145634.jpg




「おデブちゃんがとれた~」と喜んでいました。

1105220148_convert_20110529145705.jpg






↓これは2年前くらいに義両親と紺太郎がお買い物に行ったときに、
「おじいちゃん、おばあちゃんにプレゼント」として自分の財布から180円で買った鉢植えです。


1105220150_convert_20110529145856.jpg




花が一つしかないヒョロヒョロのものだったのですが、
おじいちゃんが嬉しかったらしく、肥料を沢山あげてここまで育ちました。



遊びに行くたびに、「これはコンちゃんが買ってくれた花だ。」と嬉しそうに見せてくれます。




先月植えた「菊の刺し芽」です(こちら)。
こんなに大きくなりました。

1105220153_convert_20110529145926.jpg




最近紺太郎がこっているのが、自分で「詰め将棋」を考えることです。


1105220154_convert_20110529145957.jpg




将棋のシロウトの私でさえわかるような簡単な問題が多いのですが、
自分で考えておじいちゃんに出しています。



おばあちゃんには相変わらず甘えています。


1105220155_convert_20110529150026.jpg




そして毎月恒例になっています床屋


1105220158_convert_20110529150304.jpg





途中いやがって、このケープのまま家中を走り回り、髪の毛を落としまくって、、
後で掃除機をかけるのが大変でした。。




床屋さんよりおばあちゃんがいいそうですが、
いやがりまくっています。

1105220161_convert_20110529150343.jpg





こんな週末を過ごしました。


遊びに来てくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

制服のサスペンダーと登園後の遊び

<2011年5月9日~24日 6才0ヶ月、1ヶ月>



GWの秋田旅行記が長くなってしまったので、GW後のどうでもいい紺太郎のアレコレのことを…。



幼稚園の制服のズボンにはサスペンダーがついていました。
しかし、2年前の入園後に「トイレ対策」にすぐに切ってしまいました。
(サスペンダーを肩からはずしてトイレに行くので、)
カーディガンなどを上に着ると、ズボンにスナップ1つで穴はついてますがそこからするのは難しいと思いまして。


(5/10)
1105100002_convert_20110529130135.jpg




が、、
サスペンダーがない為、、着ていったYシャツは登園後は出て帰ってきます。
ハミシャツ率、100%です。
だらしなく見えます。
口ですっぱく「トイレに行ったら、白いシャツはズボンに入れるんだよ。」と言っても無駄でした。


なので、、
上着のいらない季節になってきたので、サスペンダーをまた縫い付けることにしました。


(5/17)
1105170063_convert_20110529130227.jpg



その後シャツが出て帰ってきたことはありません。




でも、、時々肌寒い日があるので、
ベストなどを着ると、、見た目がヘンなんですよね~。

(5/24)
1105240163_convert_20110529130306.jpg




6月になると、YシャツじゃなくてTシャツなどで登園していいので、
また切ってもいいかなと思っています。


***


幼稚園登園後は色々なことをして遊んでいます。


相変わらずレゴは好きです。
(5/9)

1105090001_convert_20110529123519.jpg



去年のクリスマスプレゼント(こちら)にあげた「新幹線トランプ」は重宝しています。
あまりにもはまっているので、近日中にまた日記に出てきますが、
くり返しこのトランプで遊んでいます。


(5/11)
1105110007_convert_20110529130011.jpg




のぞみの停まる駅、こだまの停まる駅、自分で停まる駅を勝手に考えて並べて遊んでいます。




「しまじろう」をやります。

(5/15)
1105150010_convert_20110529133810.jpg




年長になってワーク(ひらがなの練習など)が沢山になってきました。
ちょっと多すぎ…。
年中くらいのちょっとの時間をやって1ヶ月分が終わり、、、という量が気に入っていたのですが、
こんなに多いと辞めることを考えてしまいます。
あまり私は幼稚園のうちにドリル系の勉強を沢山やらせたくないと思っているので・・・。
でも紺太郎はしまじろうに喜んでいるので、、やはり辞めるのを考えてしまいます。






絵の具を使って「ジュース屋さんごっこ」です。


(5/16)
1105160048_convert_20110529123552.jpg


「いらっしゃいませ~、1つ100円です~」と付き合わされるのは大変なのですが、
こういうことに「メンドクサガラナイ」ように自分に言い聞かせています…。





お芝居ゴッコです。


(5/16)
1105160054_convert_20110529125918.jpg




↑右は年中の時にクラスで作ったクマです。左は一生懸命作っていました。
なんかお話を作ってゴチャゴチャ言っていました。





私の気がつかない間に勝手にデジカメで撮っていました。
子ども部屋のすべり台の下です。


(5/19)
1105190107_convert_20110529143406.jpg

このアングルが気にいったのかな~(笑)?




幼稚園が終わって帰ってくると3時半ですし、
お友達は近所にあまりいませんので、うちは夕方お友達と遊ぶことがほとんどありません。
それがあまりいいこととは思っていないのですが、
一人で遊ぶことも、考えて楽しそうなのでいいこともあるのかな?とも思います。




遊びにきてくださってありがとうございました。
今年は梅雨入りが早いですね。

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

年に1回のお弁当の日、遠足で「ピカチュー弁当」

<2011年5月18日 6才0ヶ月>



5月18日(水曜日)は紺太郎の幼稚園の遠足の日でした。


遠足、、、と言うと、、年一回の「お弁当の日」になります。


こんなことを言ったら、、
毎日お子さんや旦那様のお弁当を作られているお母様方から、、どこからともなくケリが飛んできそうですが(笑)、、
「めんどくさい…」です。


普段の料理の盛り付けのセンスもなく、、ズボラーで、、お弁当作りは憂鬱です。
幼稚園を決める時の第一条件が「毎日給食のところ」でした。





そんなんで、今年は考えるのを割愛して、おととしと同じ「三色そぼろ弁当」にしようと思っていました(こちら)。
でも前日に、、「やっぱり一年に1回だから、紺太郎が喜ぶものを考えようかな」と思いなおして、
「ピカチュー弁当」に挑戦することにしました。


テレビは見せたことがないのですが、紺太郎はポケモンが大好きです。



参考にしたクックパッドこちらです。
(つくれぽ書きました。)



8時半に紺太郎が起きてくるのですが、7時頃から始めました。


紺太郎は夢の中です。


1105180069_convert_20110528105323.jpg




まず、人参のグラッセつくりです。
星とハートにくりぬいた人参に、水、バター、砂糖、塩(少々)を適当にいれて煮ます。


CAOJ92Q3.jpg




そしてウインナーを切って、「タコウインナー」です。


CA4U4EUZ.jpg




うちの包丁が切れなくて、、タコの足を切るのが難しかったです。
(あまりに切れなかったので、このお弁当の後、新しい包丁を買いました。古い包丁は今度、義父に研いでもらいます。)
鶏の照焼きとサヤの塩茹でも作りました。




そしてご飯作り。。
クックパッドでは、ご飯に生卵を混ぜてそれを炒めます。
でもなんとなく気がのらなくて、私は先に卵を炒めてご飯を混ぜるやり方にしました。


卵を炒めます。

CACABASC.jpg





が、、ご飯を混ぜてみて、、失敗、、。
なんとなくボロボロするし、ご飯が黄色くならない…。(前日の残りの冷ごはんでした。)


なので、、その上から生卵を混ぜてまた炒めました。


CA4X00QV.jpg



幼稚園のお弁当に卵2コも使って(コレストロールとか)大丈夫かな~?と思いましたが、
ご飯全部を使ったわけでないので量的には大丈夫でした。


次にピカチューの顔作りです。
サランラップでおにぎりをにぎにぎ…。



ありゃ~~、大きすぎた…(笑)。


CAO8QKMX.jpg




3回目くらいでやっと適当な大きさに握れました。

CAMPF1AM.jpg






耳に形もつくりお弁当箱に入れます。


のりをハサミできり、目や鼻や口を作ります。
それから目の輝きはチーズをストローでくりぬきます。

CA6CGA93.jpg




ほっぺ魚肉ソーセージを輪切りにしましたが、大きすぎるので自分で小さく丸く(6角形?)切りました。



耳の黒い部分は、後から巻くと巻きにくかったので、
巻いてからお弁当箱に入れればよかったです。



出来上がりです~。



1105180071_convert_20110528105400.jpg




さて、、おかずを盛り付けます。。


CAB9TK9O.jpg




何も考えなし。。
適当に思いつきで、お弁当に入れます。



出来上がり~。


1105180075_convert_20110528105433.jpg




なんだかスットンキョウな顔のピカチューです(笑)。



途中時間がなくなるかと思ってドキドキしましたが、1時間ちょっとでできました。




しかし、、お弁当1つ作るだけで、、流しのこの汚さ…。
大騒ぎです…。

CAU2T0AN.jpg



紺太郎が起きてきました。
お弁当箱を開けたときにびっくりさせようと思いましたが、
去年に車を作ったら、、車に見えなかったようだったので(こちら)、
先に見せることにしました。




大喜びでよかったです。

1105180079_convert_20110528105504.jpg




バスを待ちます。


1105180084_convert_20110528105542.jpg


最近教えてもらったのですが、「メイビ~」という時のフリだそうです…。



1105180100_convert_20110528105616.jpg




バスに乗り込む時に、いつもはカバンをポンと前に投げて一番後ろに座り、
先生に促されてメンドクさそうに私に手を振ります。
でも、
この日は、カバンをソッと床に置き、乗ってすぐに乗り口の私に一番近い場所に座り、
顔を窓にくっつけて嬉しそうに手を振ってくれました。
嬉しかったです。





帰ってきて、みんなに見せたと喜んでいました。
全部食べてくれました。


CA63P0RY.jpg



うれしいものです。



でも「幼稚園のお知らせ」に書いてあったそうなのですが、、
「お弁当箱は「捨てられる物」にしてください」のことで、こういうお弁当箱を持っていったのはウチだけだったようです。
気がつかなかった…(苦笑)。
それも3年間も(苦笑)。(毎年そう書いてあったようです。)




あと体操教室で他の幼稚園の方とお話していたら、
他の幼稚園では遠足って、、親も一緒に行く所もあるようですね。
うちは年少から子どもだけ、、と言ったら驚かれていました。


ちなみに行き先は牧場で、
牛の乳搾りをしたり、仔牛に哺乳瓶でミルクをあげたり、牛に草をあげたりして、
とっても楽しかったそうです。


よかったです!




小学校になってもお弁当作りは続きますが、幼稚園では終わりです。
喜んでもらえてよかったです。



読んでくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

代々木公園で自転車の練習&バラ鑑賞

<2011年5月15日 6才0ヶ月>



5月15日(日曜日)代々木公園へ紺太郎と二人で遊びにいきました。(夫は仕事)
自転車の練習が目的です。


代々木公園には160mのゆるやかなカーブの直線の練習道があります。


紺太郎は旅行疲れか「どこも行かない~、家にいる」と言っていましたが、
私が「代々木公園は?」と言うと「行く!」と目が輝きました。
自転車に乗るのが楽しいようです。


「行く」と決めて、もっと早く家を出ればよかったのですが、
グダグダ私がしていて着いた時間が遅くなり、30分しか乗る時間がありませんでした。(自転車貸し出しは4時30分終了)
ごめんよ、紺太郎…。



30分間だけでも、2回転びながらも楽しそうに自転車をこいでいました。


1105150011_convert_20110526111506.jpg


1105150013_convert_20110526111533.jpg

1105150020_convert_20110526111603.jpg






帰りは今が季節のバラを見ながら、公園を歩きました。

1105150026_convert_20110526111631.jpg



きれいです~。

1105150029_convert_20110526111659.jpg





私が「ここ立って、あそこ立って」と紺太郎に言っていると、、

「もう~、ふりまわさないでよ~」なんて返事があり、、びっくり…。
段々素直じゃなくなってくる…(苦笑)。
まあ、親の言うことを素直に聞かなくなるのが普通ですよね…。


たぶん前に私が「ふりまわさないで!」というセリフを紺太郎に使ったことがあるのだと思いますが…。



1105150030_convert_20110526111732.jpg



嫌々ながらもバラの前に立ってくれます。

1105150034_convert_20110526111801.jpg


1105150036_convert_20110526111829.jpg

1105150039_convert_20110526111859.jpg





今はバラがキレイな季節ですね。


1105150041_convert_20110526111941.jpg

1105150043_convert_20110526112009.jpg




この土日ともダラダラ過ごしていたのですが(苦笑)、
最後にキレイなものを見られてよかったです。



遊びにきていただいてありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 育児

秋田旅行・番外編、幼稚園に写真を持っていく&廃線

<2011年5月11日 & 5月25日 6才0ヶ月>


秋田旅行記・番外編です。


GWも終わり、紺太郎はまた幼稚園へ元気に通い始めました。


4月は「(去年もSr(年長)を受け持った)担任のアメリカ人のI先生」は震災後アメリカへ帰国していて不在でした。
でもそのI先生もGWもあけて戻ってきました。



「あのね~、I先生がゴールデンウィークの写真をみせて、って言ってるよ~」と紺太郎が言うので、
秋田の写真を現像して、表にすることにしました。


アメリカ旅行(こちら)、サイパン旅行(こちら)に続いて
こうやって幼稚園に旅行の写真を持っていくのは3度目です。



5月11日(水曜日)に紺太郎、、一生懸命に説明を書いていました。



1105110004_convert_20110525104644.jpg



アルファベットは私が書いたものを真似して書いています。

1105110005_convert_20110525104708.jpg




半分書いて、、「つかれた~」とギブアップ。



残り半分は「パパ、てつだって~」とパパに書いてもらいました。


出来上がりです。


1105120008_convert_20110525104736.jpg

1105120009akitashashinn.jpg





次の日に嬉しそうに写真を持っていきました。
そして皆に「This is エレメンタリー スクール」などと言って説明したそうです。


アメリカの学校では「SHOW & TELL」という授業があって、
自分が学校に何かを持っていって皆にその事について話すというものがあります。
常々、「日本の学校にもそういう授業があればいいのに」と思っていました。
人前で話す度胸をつけたり、人に自分の言いたいことを伝えるいい練習だと思うからです。


紺太郎の幼稚園でも「SHOW & TELL」の授業はないのですが、
こうやって写真を見せて、みんなに説明できるのはいいことだと思いました。


「This is なまはげ~!」とか言っているだけですが(笑)。




***


5月25日(水曜日)、いつもより早く目が覚めてしまった紺太郎は遊びはじめました。


「はさみは?」「テープは?」と聞いてくるので何を作っているのかな?と思っていたら、


「できた~」と。

「これね~、古い線路なの。
今使っている線路はこっち(プラレール)~」と、見せてくれました。


1105250166_convert_20110525105017.jpg

1105250164_convert_20110525104950.jpg



これも秋田の大館廃線を見た影響なのかな?と思いました(こちら)。
(先日、横浜の桜木町でも古い線路を見たのでそちらかもしれませんが)


(5月5日大館の廃線)

1105050655oodate.jpg


紺太郎に聞くと、秋田旅行楽しかったようです。
幼稚園の時の旅行なので、いつかは忘れてしまうかもしれませんが、
何か残るといいです~。



長い旅行記にお付き合いいただいてありがとうございました。

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

秋田旅行その20、旅の終わりは各駅電車・北上線で

<2011年5月8日(日曜日) 6才0ヶ月>



5月8日(日曜日)秋田旅行7日目の続きです。



横手のかまくら館を見学しまして、横手駅に戻りました。



12時発の北上線に乗り、岩手の盛岡まで行きます(約1時間20分)。


1105081540_convert_20110523172848.jpg



こんな穴がありました。
横手って「釣りキチ三平」のふるさとなんですね…。

1105081541_convert_20110523172919.jpg




電車に乗りまして、まずかまくら館の横のお店でお持ち帰りをしました「横手やきそば」を食べます。


1105081543_convert_20110523172959.jpg



横手やきそばって、、「石巻やきそば」にとっても似ていますね。
2年前の2009年のGWに行きました石巻での「石巻やきそば」の写真です。(日記はこちらです。)


(2009年4月30日 4才0ヶ月)
ishinomakiyakisoba.jpg




話は少しそれますが、
石巻やきそばの日記を読み返してみると、、
石巻や気仙沼など、、今回の震災で被害にあった場所があって心が痛みます…。





話しは戻しまして、、

北上線の運転席はこんな感じです。
料金表が上にあって、乗客は下りる時に料金箱にお金を入れておりていきます。


1105081551_convert_20110523173044.jpg





やきそばのお昼の後はおやつの「三色だんご」です。
前日の夜の「かくのだて温泉(銭湯)」の番台で買いました。


1105081554_convert_20110523173114.jpg




こちらのお団子は、お餅のまわりに三色のアンコがついています。
(前にも出しましたが)三色だんご「るるぶ 秋田」の表紙になっているくらいなので秋田の名物なんでしょうね。
お味は(人の好みがあると思いますが、私は)前日食べたものの方が美味しかったです。


110521_1527~001







こんなもの食べていたり、秋田米が美味しくてご飯をお代わりしまくりで、、
(春休みの広島の母のところ&)今回の旅で2キロ近く体重アップ(リバウンド)です…orz。
誘惑に勝つのは難しいです。




腹ごしらえがすんで、列車の旅を楽しみます。
あいにくの雨ですが景色はキレイです。

1105081558_convert_20110523173136.jpg




この「黒沢駅」を過ぎると岩手に入ります。


1105081559_convert_20110523173159.jpg




紺太郎は先頭に立って(好きな)線路を楽しみます。


1105081560_convert_20110523173222.jpg




線路の脇のこういうところにミズバショウが咲いていました。(写真は撮れませんでしたが)

1105081564_convert_20110523173440.jpg




秋田にさよならして、岩手県に入りました。


1105081567_convert_20110523173321.jpg







こちらの「ほっとゆだ駅」では駅舎で温泉が楽しめるそうです。


1105081569_convert_20110523173547.jpg




錦秋湖(きんしゅうこ)です。


1105081574_convert_20110523173516.jpg




ここから線路の写真が続くのですが、
水のそばや、水の上を走っているのは気持ちいいものです。


1105081576_convert_20110523173624.jpg

1105081578_convert_20110523173649.jpg

1105081579_convert_20110523173713.jpg

1105081580_convert_20110523173744.jpg




1105081582_convert_20110524110143.jpg

1105081583_convert_20110523173815.jpg

1105081585_convert_20110524110221.jpg

1105081586_convert_20110523173843.jpg


1105081587_convert_20110523173910.jpg





私も電車の先頭に立って景色を見ていて、初めて
「電車の運転手さんっていいな~、こうやって四季の移り変わりを間近で見ながら仕事ができるなんて…。」
と思いました!


1105081588_convert_20110523174226.jpg

1105081590_convert_20110523174301.jpg

1105081592_convert_20110523174330.jpg

1105081594_convert_20110523174357.jpg




駅のホームの脇にもお花が植えられています。


1105081597_convert_20110523174424.jpg


線路は続きます…。

1105081598_convert_20110523174540.jpg

1105081599_convert_20110523174618.jpg

1105081605_convert_20110523174645.jpg




線路の脇の水仙がきれいです。

1105081606_convert_20110523174716.jpg


1105081607_convert_20110523174745.jpg

1105081608_convert_20110523174811.jpg

1105081609_convert_20110523174842.jpg

1105081610_convert_20110523174914.jpg




北上駅に着きました。


1105081612_convert_20110523174945.jpg

1105081613_convert_20110523175025.jpg



0番線ってめずらしいですね。

1105081616_convert_20110523175055.jpg




北上駅から新幹線に乗ります。


1105081617_convert_20110523175120.jpg


1105081621_convert_20110523175155.jpg


1105081622_convert_20110523175231.jpg




そして無事に家へ戻ってきました。




なんか今日の日記は線路ばっかりになってしまいました…。
やっぱり鉄子の気が少しでてきたのかな(笑)?????



でも新幹線の中では写真はまったく撮らなかったので、
やはり「各駅電車の旅の楽しさ」というものはあると思います。
(それでも行きは、新潟までは新幹線で行きたかった想いはまだありますが…。)





前にも書きましたが、秋田旅行とてもよかったです。
(撮った写真の枚数は1622枚でした・苦笑。)
自然が素晴らしいです。
是非また行きたい場所です。



初めGWに旅行に行くという話しが出たときに、
私は黒部やら飛騨高山、白川郷、他などを行き先に希望したのですが、
夫は震災後だからこそ「東北へ行く」ということを主張しました。



私は余震が怖かったので反対していたのですが、
今となればよかったと思っています。


場所によっては「地震の後なのによく来てくれました」みたいなことを言われて、
恐縮したりもしました・・・。


計画中にケンカで一度は予約をキャンセルしてしまった旅行だったのですが、、行ってよかったです。
夫よ、ありがとうございました。
「いつも大事にしてくれてありがとう。あなたは私のベストパートナー」と白々しいけど、、、言ってみます(笑・こちら)。



そして、
GWに東北に行くということは、
(年によって差はあると思いますが)桜も楽しめるんですね。
今回、、本当にきれいでした。
(特に時期的にぴったりでお天気もよかった大潟村桜・菜の花ロードこちら)は素敵でした。)



他の季節ももちろん素晴らしいのでしょうね。
夏の鳥海山や白神山地(世界遺産)なども行ってみたいです。


これで秋田旅行記は終わりです。
長いお付き合いいただいた方、本当にありがとうございましたm(_ _)m ^^。



秋田旅行、、番外編に続きます(笑)。




遊びにきていただいてありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

秋田旅行その19、朝の角館&横手のかまくら館

<2011年5月8日(日曜日) 6才0ヶ月>



5月8日(日曜日)秋田旅行7日目角館の朝です。
この日が6泊7日の秋田旅行の最終日になります。


朝8時にホテルの朝ご飯の予約をしていたのですが、朝7時過ぎに目が覚めました。
紺太郎も夫も寝ていたため、
角館の街を一人で朝の散歩に出かけることにしました。



前日は観光客で混んでいましたが、朝は人はまばらです。
夜の間に雨が降ったので、残念ながら桜が沢山散っています。


1105081477_convert_20110521235429.jpg




でもピンク色の絨毯がキレイでした。


1105081478_convert_20110521235502.jpg




昨日は寄りませんでしたが、桧木内川の桜並木の横には屋台が出ているところがありました。

1105081480_convert_20110521235537.jpg




武家屋敷通りも人がまばらです。


1105081488_convert_20110521235606.jpg

1105081489_convert_20110523053731.jpg

1105081490_convert_20110521235653.jpg




昨日寄りました青柳家の門です。
やはり立派な門です。
当時の上級武士にのみ許された薬医門というというものだそうです。


1105081494_convert_20110521235728.jpg




前日に食べて美味しくてもっと買おうと思っていて、後で行ったら買えなかったおだんご屋さん…(こちら)。
未練たらしく、、2枚も写真を撮ってしまいました(笑)。
(角館プラザホテルの左前のおだんご屋さんです。)


1105081499_convert_20110521235758.jpg

1105081500_convert_20110521235827.jpg




ホテルに戻りゆっくり朝ごはんを食べ9時半頃にホテルを出発しました。



10時に(花火で有名な)大曲(おおまがり)レンタカーを返すことになっています。


夫は「角館から15分くらいで大曲に着く」と言っていたのですが、
車に乗り込み、ナビをセットすると「所要時間46分」と出てきて焦りました(苦笑)。



10時27分大曲発の電車に乗る予定にしていたのですが…。
この電車を逃したら50分待たなくてはいけません…。




先を急ぎます。


でも角館駅は寄ります。
新幹線の停まる駅なのに、、思ったより小さいです。


1105081501_convert_20110523054850.jpg

1105081505_convert_20110521235942.jpg




秋田縦貫内陸鉄道の電車が停まっていて写真が撮れました。
この旅初めてです。



1105081502_convert_20110521235908.jpg





10時15分頃に大曲のレンタカー屋さんに着きました。
駅から離れているお店だったのですが、駅まで送っていただきなんとか27分の電車に間に合ってホッとしました。
(駆け込み乗車をしてしまい申し訳ありませんでした…。)



奥羽本線大曲から横手まで行きます。



1105081507_convert_20110522000225.jpg

1105081510_convert_20110522000456.jpg



電車の前で景色を楽しみます。

1105081508_convert_20110522000255.jpg




約20分で横手駅に着きました。
電車とパチリ。


1105081511_convert_20110522000351.jpg




横手では次の12時の北上線に乗る時間まで「横手市ふれあいセンター・かまくら館」へ行くことにしました。(徒歩10分)



駅のロッカーに荷物を預けます。
駅前のポストに「かまくら」がのっています。


1105081514_convert_20110522000420.jpg



秋田ってポストに何かがのっていることがあるんですね。。
秋田駅ではちょうちんが(こちら)、
鷹巣駅では太鼓が(こちら)のっていました。


調べてみたら、、東北ではちらほらあるみたいです。
青森の弘前でりんごがのっていたり、
宮城の石巻で石の森章太郎マンガのキャラクターがポストにのっていたりするようです。



かまくら館に着きました。(大人100円)



こちらではマイナス10度のお部屋があり、いつでもかまくらが楽しめます。


1105081516_convert_20110522000529.jpg



雪そりです。


1105081519_convert_20110522000612.jpg



かまくらの中にも入れます。


1105081526_convert_20110523060521.jpg



寒いけど楽しかったです。


1105081521_convert_20110522000643.jpg

1105081523_convert_20110522000736.jpg



本物のかまくらを紺太郎に見せて上げられてよかったです。



「なが、さびがら どんぷく 着てたんせ」と。
入り口では大人も子どもも半てんを貸してくれます。
(カメラのレンズがくもってしまいました。)


1105081528_convert_20110522000819.jpg




かまくら体験は楽しかったのですが、
このセンター、、、このお部屋と映像くらいしかなくてちょっと寂しいので、もう少し何かあるといいかな…。



お土産売り場で「きりたんぽ鍋」のこちらのセットを購入しました。


1105081531_convert_20110522000903.jpg





秋田県版のモノポリー(ウゴポリー)を発見。(楽天ではこちら

1105081535_convert_20110522000933.jpg




お祭りです。
東北って地区ごとに色々とお祭りがあって楽しそうですね。

1105081536_convert_20110522001004.jpg




秋田が舞台になっています韓国ドラマ「アイリス」のポスターがありました。
「なまはげ」だけでなく(こちら)、かまくらの場面もあるようです。


1105081537_convert_20110522001044.jpg





かまくら館のすぐ横のお店で横手名物の「横手のやきそば」をかまくら館へ入る前に注文しておいてテイクアウトしました。




1105081538_convert_20110522001117.jpg



雨が降ってきたのでタクシーで横手駅に戻ります。



7日目続きます。






遊びにきていただいてありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

秋田旅行その18、角館の青柳家と内町&田町武家屋敷通り

<2011年5月7日(土曜日) 6才0ヶ月>


5月7日(土曜日)秋田旅行6日目角館(かくのだて)散策の続きです。




武家屋敷通りを歩いた後は、内町武家屋敷通り「角館歴史村・青柳家」に入ります。
(大人500円)


門が立派です。


1105071323_convert_20110522210652.jpg



1105071327_convert_20110521215704.jpg



青柳家は角館を代表する武家屋敷で、
武家にわたる3万点もの史料を展示しています。



1105071340_convert_20110521215738.jpg

1105071341_convert_20110521215809.jpg



お庭も立派です。

1105071351_convert_20110521215838.jpg




明治時代の洋服の展示もありました。

1105071359_convert_20110521215908.jpg





絵、人形、大皿の展示です。

1105071361_convert_20110521215942.jpg





時計や蓄音機の展示もあります。

1105071362_convert_20110521220013.jpg

1105071366_convert_20110521220048.jpg




古いカメラの数々です。


1105071373_convert_20110521220122.jpg


こちらにはカフェや食事処もあります。




青柳家を出て、さらに内町武家屋敷通りを歩き、、

1105071383_convert_20110521220155.jpg

kakunodate110507.jpg




角館街道まで出て、、

1105071391_convert_20110522210836.jpg

1105071392_convert_20110522210929.jpg




桧木内川沿いの桜並木を歩いてホテル方面に戻ります。
ババヘラアイスが売られています。


1105071401_convert_20110521220243.jpg



歩いていると、、花見をしていて酔っ払ったおじさん集団のグループに遭遇。
ほとんどの方は酔って寝ていたのですが、
1人のおじさんが、
「つくった鍋が余ったから食べていきな。余ったら捨てていかなくてはいけないから、お金とらないよ~。」とのことで、ごちそうになりました。



1105071416_convert_20110521220318.jpg





紺太郎と夫はおかわりまでして2杯もいただきました。
私もいただきましたが、トン汁にうどんが入っていて鮭まで入っていて美味しかったです!
ごちそうさまでした。



おかわりまでして元気がでてきた紺太郎です。

1105071421_convert_20110521220354.jpg




桜も満喫しました。

1105071424_convert_20110521220426.jpg




プラザホテルまで戻りました。
(この時点(夕方6時)で「後で買おう」と思っていたホテル前のおだんご屋さんが閉まっていてがっかりでした…。)
今度は角館駅方面の田町武家屋敷通りを歩いてみました。




所々、しだれ桜が満開なものがあってキレイでした。

1105071438_convert_20110521220501.jpg




新潮社記念文学館前のしだれ桜もきれいでした。

1105071442_convert_20110521220534.jpg



さきほど歩いた内町武家屋敷通りと比べて規模は小さいです。


1105071447_convert_20110521220612.jpg

1105071455_convert_20110521220655.jpg




自動販売機も茶色(黒色?)で配慮がされているんですね。


1105071465_convert_20110521220743.jpg





ホテルに戻りました。


1105071467_convert_20110522211017.jpg




そしてホテルの前のお店で夕食をいただきました。



さくらビールです。

1105071468_convert_20110522211104.jpg



きりたんぽ鍋ご膳と、、

1105071470_convert_20110522211206.jpg




比内鶏の親子どんぶり&稲庭うどんのセットです。

1105071471_convert_20110522211251.jpg





ホテルはユニットバスしかなかったので、先ほど散策している時に見つけた、
ホテルから徒歩5分ほどの「かくのだて温泉」(銭湯・大人500円)へ私と紺太郎は行くことにしました。

雨が降ってきたので、夫は部屋のお風呂でいいと行きませんでした。




6日目終りました。
最終日、7日目に続きます。




お付き合いいただいてありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

秋田旅行その17、角館の桜と武家屋敷の街並み

<2011年5月7日(土曜日) 6才0ヶ月>


5月7日(土曜日)秋田旅行6日目の続きです。



八津のかたくりの群生地を見学した後、車で約15分ほどで2時過ぎに角館(かくのだて)に着きました。



桧木内川(ひのきない川)沿いの桜がきれいです。
車からパチリ。

1105071219_convert_20110521145805.jpg




こちらは1934年に天皇陛下のご誕生を記念して植えられたのが始まりだそうです。
現在では、約1万本・全長2キロにおよぶ桜のトンネルがつくられ国の名勝にも指定されています。





今夜のお宿は角館プラザホテルで街の中心にあります。
ホテルの駐車場に入り、(車に荷物を置いたまま)先にチェックインをしました。
どこも角館の街中の有料駐車場は500円だったので、よかったです。
古いホテルでしたが、立地は抜群です。


ホテルのレンタサイクルが2時間無料、、、とのことでしたが、
子ども用のカゴがないとのことで街を歩くことにしました。
ちょっと残念。
まあゆっくり歩けたのでよかったかな?




プラザホテルのすぐの前のだんご屋さんでおやつを。
(1本、120円)


1105071223_convert_20110521145845.jpg




この3食ダンゴ、、るるぶ秋田の表紙にもあって、、気になっていたんですよね…(笑)。
だんごの色の配置は違いますが。




110521_1527~001



でもこちらのお団子、、色だけでなく↑の「るるぶの写真」のと違います。
おもちの中にアンコが入っているのです。
それも、1番上にゴマあん、2番目にはくるみ、3番目には小豆のアンコがはっています。



す~~~ごく美味しかったです!


次の日のおやつ用に私が買おうとしたら、、
夫が「荷物になるから後にしろ!」とのことで買えませんでした。
そして、、夕方6時頃もどったら、、、お店がしまっていました・・・(涙)。



この旅、、、最大の悔いです…(笑)。
夫の言うこと聞かなきゃよかった…(笑)。



2週間たった今(5/21)でさえ、、「あのお団子もう一度食べたかったな~」と思いますもの…。
次の日の朝、心残りのためお店の写真を何枚か撮っておきました(笑)。
後日に出てきます。)




こちらのお団子屋さん、看板はでていなかったのですが、
角館プラザホテルのナナメ左前にあるお店です。
お勧めです~!




桧木内川沿いを少しだけ歩きました。

1105071225_convert_20110521145919.jpg




この桧木内川の桜は、
その朝のゆぽぽ山荘のご主人によると「満開!」とのことで楽しみにしていたのですが、
少し終って葉桜が多かったかな…。
でも充分キレイでした~。
天気は曇りだったのですが、晴天だったらもっとキレイだったかも・・・。
秋田の人は「桜といえば、角館の桜を見なくちゃ~」と言う人が多いそうです。


1105071226_convert_20110521145949.jpg


角館の桜は、弘前公園(青森)、北上展勝地(岩手)と共に「みちのく3大桜名所」と言われているそうです。



紺太郎、、ふざけまくっています・・・(笑)。


1105071228_convert_20110521150022.jpg

1105071229_convert_20110521150051.jpg

1105071238_convert_20110521150151.jpg





でも、、ふざけているのは疲れているから、、、。
結局夫がおんぶです。。

1105071242_convert_20110521150122.jpg



角館の「武家屋敷通り」を歩きました。
角館は東北の小京都と呼ばれています。
1620年(元和6年)に久保田藩最大の城下町として発展したそうです。


1105071248_convert_20110521150405.jpg



角館は桧木内川の桜も有名ですが、この武家屋敷のしだれ桜も有名です。




今から347年前の1664年の藩政時代に角館・佐竹家の二代目、義明の妻お輿入れの際に京都三条西家(公家)から持ってきた嫁入り道具の中にあった3本の桜の苗木が元だそうです。
現在450本ほどあるしだれ桜の中で、152本が国の天然記念物に指定されているそうです。


私は今住んでいる所は独身時代から住んでいる所なので、、
嫁入り道具ってないな…。



街の中に貼ってありました角館のポスターに、
「300年前の嫁入り道具、、今も大切に使わせていただいています。」という文句がありました。
なんかいいですね。
奥方も今の角館をみたらお喜びになるだろうなぁ~。



しだれ桜もほとんどが葉桜になっていましたが、それでもキレイでした。



歩きながら見学可の家に入ります。
お庭も素敵です~。


1105071252_convert_20110521150438.jpg




色々なところにスタンプが置いてあり、紺太郎は疲れていながらもスタンプを押すのを楽しんでいました。

1105071253_convert_20110521150511.jpg



スタンプ帳は能代火力発電所でもらったメモ帳です(こちら)。


1105071256_convert_20110521150706.jpg



こういうふるいお家も維持するのも大変だろうな…。


1105071258_convert_20110521150623.jpg




紺太郎、、お疲れのようです…。
グダグダです・・・(苦笑)。

1105071262_convert_20110521150750.jpg



「歩けない~」と。
お昼ご飯がコンビニのおにぎり一個だったから疲れやすいのかな。。


1105071263_convert_20110521150821.jpg



なんとかなだめながら街を歩きます。

1105071267_convert_20110521150922.jpg


1105071269_convert_20110521150959.jpg


人力車が走っています。

1105071274_convert_20110521151033.jpg

1105071279_convert_20110521151106.jpg



古い井戸もありました。

1105071293_convert_20110521151138.jpg





角館樺細工伝承館の前の桜がキレイでした。
アイスクリームでちょっと元気になります。


1105071313_convert_20110521151210.jpg



6日目続きます。




遊びにきていただいてありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

秋田旅行その16、八津・かたくり群生の郷

<2011年5月7日(土曜日) 6才0ヶ月>


この秋田旅行記は一体いつまで続くのか??、、と自分でつっこみつつ、、(苦笑)
5月7日(土曜日)秋田旅行6日目の続きです。



田沢湖を後にしまして、仙北市西木町八津・鎌足地区にあるかたくり群生の郷へ行きました。


秋田内陸縦貫鉄道の八津駅の近くに日本一大きい西明寺栗ができる観光栗園があり、
その栗林の地面に群生の規模が日本一と言われているカタクリの花の大群生地があります。



↓駐車場にはババヘラアイスこちら)も売っていました。
この旅行中、しょっちゅう見かけました。


うちは、、こちらに「お昼を食べる場所」があるのかと期待していたのですが、
山菜やお饅頭くらいしかありませんでしたので、栗饅頭を購入しました。



1105071156_convert_20110521113008.jpg

↑こちらで入園料の300円を払います。
係りの方が地図をくださり、(何箇所か群生地があるのですが)見頃の場所を教えてくださいました。



途中の水仙がキレイでした。


1105071158_convert_20110521113041.jpg




かたくりのお花、、とってもキレイでした~。


1105071162_convert_20110521113109.jpg

1105071163_convert_20110521113140.jpg




紺太郎、、もうお昼の1時も過ぎているのに栗饅頭しか与えられず、、お腹がすいて不機嫌です。


1105071164_convert_20110521113207.jpg



でも最近お気に入りのこのポーズです。
聞いてみたら「ひげ」だそうで…(笑)。


1105071172_convert_20110521113302.jpg




広い所でしたが角館へ行く予定があったので、半分くらいしか回りませんでした。
でも充分お花を楽しみました。


1105071173_convert_20110521113330.jpg

1105071179_convert_20110521113359.jpg

1105071194_convert_20110521113430.jpg



帰り、、夫が八津駅の写真を撮ります。


1105071207_convert_20110521113458.jpg

1105071208_convert_20110521113527.jpg




かたくりの郷のポスターです。






角館に向けて出発しました。
途中コンビニでおにぎりを買い、、車の中で1時半過ぎの遅いお昼になりました。



6日目続きます。。




にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

秋田旅行その15、思い出の潟分校&田沢湖

<2011年5月7日(土曜日) 6才0ヶ月>



5月7日(土曜日)
秋田旅行6日目の続きです。


乳頭温泉のミズバショウ鑑賞をして、アルパこまくさで田沢湖を一望した後、田沢湖に向います。



1105071069_convert_20110519145453.jpg




そして向った先は「思い出の潟(かた)分校」です。
湖畔からちょっと入った所にあります。
こちら昭和49年(1974)に廃校になった木造の小学校校舎を一般公開しています。



1105071072_convert_20110519145756.jpg



校庭や木のぬくもりに包まれた教室はほぼ当時のままです。
(入場、大人一人・協力金200円)


1105071074_convert_20110519145826.jpg




なつかし~い雰囲気です。
私はコンクリートの校舎でしたが…。


1105071075_convert_20110519145852.jpg




体育館です。


1105071079_convert_20110519145924.jpg

1105071080_convert_20110519145951.jpg




教室も木の机で「古きよき時代」という感じ…。


1105071081_convert_20110519150017.jpg

1105071083_convert_20110519150044.jpg



廊下です。
2学年、一緒の教室なんですね。
私なんて1学年9クラスくらいあったような…。


1105071084_convert_20110519150120.jpg




職員室です。


1105071085_convert_20110519150148.jpg




昔の電話です。


1105071086_convert_20110519150216.jpg



2階にも行ってみました。

1105071090_convert_20110519150245.jpg





この机は私の時と一緒かな?

1105071093_convert_20110519150314.jpg




こんなポスターを見つけて、、

1105071099_convert_20110519150421.jpg



真似してみました(笑)。
(危なそうなのでまたげませんでしたが…。)

1105071098_convert_20110519150355.jpg




アコーディオンが置いてあり、弾きたがりました。


1105071109_convert_20110519150447.jpg




維持するのも大変なんだろうな~と思いました。


1105071112_convert_20110519150515.jpg




観光業に使うのはいいことだと思いますが…。

1105071116_convert_20110519150540.jpg



田沢湖に戻ります。


1105071121_convert_20110519150611.jpg




中心地の「たつこ像」と一緒に。。


1105071134_convert_20110519150638.jpg



↑最近、なぜかこのポーズがお気に入りのよう…(苦笑)
↓アホ・・・(笑)。


1105071137_convert_20110520110140.jpg




次にかたまえ山森林公園田沢湖展望台へ。
今朝、ゆぽぽ山荘のご主人に教えていただきました。
ここからは駒ヶ岳と田沢湖を一望できるとのことです。


1105071154_convert_20110519150706.jpg






田沢湖を後にしてこんな道を進んでいきます。



1105071155_convert_20110519152253.jpg



6日目続きます。



にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

秋田旅行その14、田沢湖高原温泉郷のお宿&ミズバショウの群生地

<2011年5月6、7日(金、土曜日) 6才0ヶ月>



5月6日(金曜日)
秋田旅行5日目の続きです。


玉川ダムを通過し、ガゾリンスタンドでガソリンを入れた後はお宿に向います。


今回はじめての夕食付きお宿でした。
18時から夕食だったのですが、20分くらい遅れてしまいました。
(お宿に連絡したかったのですが、八幡平、玉川湖沿いはずっと携帯が圏外で、やっと連絡できたのが18時になってガソリンスタンドからでした。)




宿は田沢湖高原温泉郷ゆぽぽ山荘です。


うちの夫は普段から「衣食住にあまりこだわらない」タイプで、
今回の旅行も宿はビジネスホテルか、夕食なしで駅前旅館だったりしました。
お風呂も男湯より女湯が狭い普通のお風呂やユニットバスだったりしました。




今回、5泊目で、夕食付きで小さいながらも温泉が付いていたので嬉しかったです~。
(旅行に連れてきてもらえただけでも感謝しなくてはいけないのですが。。)
(白く濁った硫黄の匂いがするお湯でした。)



こちらの「ゆぽぽ山荘」のお食事が美味しかったです~!!
こういう食事が並ぶと、「あ~~、旅行に来たんだ!」という気持ちになります。
(これまででも十分感謝していますが…。)



1105060994_convert_20110518104359.jpg





田沢湖ビールというものをいただきました。

1105060995_convert_20110518104438.jpg




山菜の天婦羅も美味しいです。
写真を撮りわすれましたが岩魚の塩焼きもありました。


1105060996_convert_20110518104507.jpg




そして絶品が「きりたんぽ鍋」です。このスープが美味しい!


1105060997_convert_20110518104534.jpg




ご主人にスープを聞いたのですが、鶏がらスープ、昆布、、あとは忘れてしまいました(笑)。
とにかく美味しかったです。



お宿のご夫婦とお子さんのことお孫さんのことなど色々とお話をしました。
お優しいご夫婦です。



秋田旅行6日目(5月7日・土曜日)の朝です。



朝ごはんも美味しかったです~。
鮭はご主人が味噌漬けにしたものだそうです。


1105071001_convert_20110518104606.jpg



お部屋はこんな感じです。(使用後ですみません。)


1105071003_convert_20110518104633.jpg




窓からみると林が見えます。
色々とお宿の周りの写真を見せていただいたのですが、
夏も緑一杯でいいと思いますが、
秋の紅葉が色とりどりですばらしいです。



1105071004_convert_20110518104703.jpg




田沢湖と言えば、、今話題のコレ!
「クニマスの発見」ですね。
さかなクン、すばらしい~!!
(詳細はこちら


1105071006_convert_20110518104746.jpg





ご主人と奥様に手を振って見送っていただきました。


1105071008_convert_20110518104816.jpg




また是非行きたいお宿です!




この日の予定は、
田沢湖周辺を散策して、最後の宿泊地・角館(かくのだて)へ行くことです。
7日目(5月8日・日曜日)は朝の10時に大曲(おおまがり)レンタカーを返すことになっていますので、
角館の観光はこの日に済まさなければいけません。



まず最初に向ったのは乳頭温泉の鶴の湯別館のすぐ目の前にありますミズバショウの群生地です(ゆぽぽ山荘から車で10分)。



1105071011_convert_20110518104847.jpg




田沢湖近くの刺巻湿原にもミズバショウの群生地があり、
最初そこに行こうと思っていました。
でも宿のご夫婦によると、刺巻湿原のミズバショウは葉が大きくて、
規模は小さいけれど花がキレイなのはこちらだということです。




着きました。
駒ケ岳が見えます。
紺太郎はこんな所でも電車ごっこです(笑)。



1105071015_convert_20110518104916.jpg

1105071029_convert_20110518105211.jpg




確かに葉が小さくて花が大きくてキレイだけど、、思ったよりも数が少ないかな…。



1105071020_convert_20110518104954.jpg

1105071021_convert_20110518105022.jpg




少し散策しました。


1105071024_convert_20110518105106.jpg




ここでもフキノトウがウジャウジャ生えています。


1105071028_convert_20110518105139.jpg



駐車場の横に小高い丘があって階段があり、
紺太郎が上っていってしまいました。
私は「先の日程があるのに、、、」と不満でしたが、一緒に上ってみると、、
車道をさらに進んだところにある丘の反対側にもミズバショウが沢山生えています。



お宿のご主人がおしえてくださったのは、、こちらの方のようでした。
丘に上らなければ気がつきませんでした。よかった…。



すごくキレイでした~。


1105071044_convert_20110518105449.jpg

1105071046_convert_20110518105417.jpg



一緒にパチリ。

1105071050_convert_20110518105528.jpg



ミズバショウを見ていると、すがすがしい気分になりました。


1105071055_convert_20110518105600.jpg

1105071056_convert_20110518105635.jpg




紺太郎、、何周もミズバショウのまわりを走っていました。


1105071058_convert_20110518105730.jpg





渓流もきれいです。
夏は気持ちいいだろうな~。

1105071060_convert_20110518105808.jpg







つづきまして、アルパこまくさ(日帰り温泉施設)の駐車場へ行きました。




駒ケ岳です。

1105071062_convert_20110518105842.jpg





ここからは田沢湖が一望できます。



1105071064_convert_20110519105128.jpg





田沢湖方面に車を進めます。



6日目、続きます。。





にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

秋田旅行その13、八幡平の雪の壁&玉川ダム

<2011年5月6日(金曜日) 6才0ヶ月>



5月6日(金曜日)
秋田旅行5日目の続きです。


湯瀬渓谷の天狗橋電車の写真を撮った後に、八幡平(はちまんたい)へ向かいました。



雪が多くなってきます。
道端には「ふきのとう」がうじゃうじゃ生えています。
天婦羅にしたら何人前でも材料に不自由しないくらい生えまくっています。


1105060864_convert_20110517160532.jpg




湯瀬渓谷から約30分くらいで八幡平(はちまんたい)のビジターセンターに着きました。



↓コレ、コレ、、コレです。
私達がこの日の朝に尾去沢鉱山へ行く途中の山道で出会ったニホンカモシカです。


1105060867_convert_20110517160602.jpg




ビジターセンターの裏に泥火山(でいかざん)があるというので、夫と紺太郎を置いて一人で行ってきました。



地上に蒸気が吹き出し、それが安山岩と混ざって泥の火山となってる箇所があちこちにありました。
↓写真では分かりにくいですが、
泥がボコボコと湯気を立ててました。


1105060868_convert_20110517160631.jpg

1105060874_convert_20110517160706.jpg




しかしまわりがすごい雪で、1回足のモモまで雪がズボっと入る足元の悪さでした。。




私が八幡平に行きたいと思ったのが、こんなガイドブックの写真を見たからです…。

1105060929_convert_20110517161450.jpg




今回使っているガイドブックは「るるぶ 秋田」です。







↓しかし、、実際は雪でこんな感じ…(苦笑)。



1105060880_convert_20110517225256.jpg




5月だから雪はとけはじめ、、遊歩道が歩けるかな~と思っていたのですが、、
遊歩道は雪で埋まって湿原を散策どころではありませんでした…。


1105060883_convert_20110517160741.jpg



ちょっと歩いてみたのですが、やはり膝くらいまで雪が沈んでしまいます。



しかし朝にお宿に方に八幡平は雪の壁がすごいということを聞いていたので、楽しみにして先を進みます。




こちらは途中の「ふけの湯」という場所です。
崖の上から遠くに裸でお風呂に入っている方が見えました。
露天風呂です。


1105060893_convert_20110517160816.jpg




雪の壁が段々高くなってきました。


1105060898_convert_20110517160851.jpg




雪の壁と言えば、立山黒部アルペンルートの20mの高さの雪の壁が有名ですが、20mとまでは行かないまでも、車で通っていると結構迫力があります。



1105060902_convert_20110517160922.jpg




標高1560mの大深沢展望台に着きました。


1105060905_convert_20110517161017.jpg



すご~く眺めがよくて気持ちよかったです!

1105060908_convert_20110517161046.jpg



雪だるまがありました。

1105060909_convert_20110517161134.jpg





雪の壁と一緒にパチリ。


1105060913_convert_20110517161207.jpg





手形をつけて喜んでいました。


1105060915_convert_20110517161311.jpg

1105060916_convert_20110517161347.jpg




岩手県に入ります。
ますます雪の壁が高くなってきました。


1105060924_convert_20110517161418.jpg




1105060930_convert_20110517161603.jpg





元来た道を引き返します。


1105060935_convert_20110517223314.jpg



途中こんなものを発見。
「がんばろう日本 東北」



1105060938_convert_20110517161636.jpg





県境です。

1105060942_convert_20110517161709.jpg





山を下りていきます。



渓流がきれいです。
新緑の季節や夏だったら最高だろうな~。


1105060954_convert_20110517161742.jpg





水芭蕉が咲いていました。


1105060956_convert_20110517161815.jpg




八幡平に澄川地熱発電所があります。
東北で一番高い場所にある発電所だそうです。PR館もあり地熱発電について学習できるとのことだったのでとても行きたかったのですが、4時30分が閉館でした。
あと少しの差で間に合いませんでした。
残念!
こんなことなら電車の写真を撮っている場合じゃなかった…(笑)。






こんな道を進んでいきます。
山の形がおもしろいな~と思いました。
女性の胸の形に似ています。


1105060961_convert_20110517161931.jpg






玉川湖とダムが見えてきました。

1105060968_convert_20110517162006.jpg





ここにもふきのとうがウジャウジャ生えていました。


1105060970_convert_20110517162050.jpg





玉川ダムです。


1105060972_convert_20110517162134.jpg

1105060977_convert_20110517162208.jpg




こちらにも資料館があったのですが、5時まででちょっとの差で見ることができませんでした。
残念。。
こんなことなら・・・(しつこい・笑)。



でもこちらのダム、「ダムの中探検ツアー」まであってダムの中に入れます。
おもしろそ~~~!!
ちゃんと予定を考えておけばよかったです…。




でも、、この頃、、紺太郎は撃沈していたんですけどね。。(笑)
この旅、初めての昼寝(夕寝)です。



1105060979_convert_20110517162237.jpg






ダムだけでも見せたかったのに、、すごーく残念です。
まあ仕方ありません…。



秋田の能代火力発電所は見学しましたが(こちら)、電車や車で走っていると風車(風力発電)はよく見かけましたし、地熱やら水力やら、、秋田では電力発電が盛んだな~との印象を受けました。





玉川湖はグリーンでとてもきれいな色でした。

1105060980_convert_20110517162352.jpg




この頃、、わが車はガソリンが足りなくなってピコピコいっていたのですが、ガソリンスタンドがなくてハラハラしました。





駒ケ岳に近づいてきて、やっとガソリンスタンドがあってホッとしました。
ギリギリセーフっ~~!!



1105060991_convert_20110517162321.jpg








お宿に向かいます。



5日目続きます。



にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

秋田旅行その12、湯瀬渓谷&私も鉄子の仲間入りに?

<2011年5月6日(金曜日) 6才0ヶ月>



5月6日(金曜日)
秋田旅行5日目の続きです。



尾去沢鉱山を後にして、向った先は湯瀬(ゆぜ)渓谷です。



秋田は車で走っていると道沿いにお花が一杯で気持ちがいいです。


1105060800_convert_20110517073016.jpg




道の両側に水仙が植えられています。


1105060807_convert_20110517073106.jpg



こいのぼりを見て、「あぁ、昨日は子どもの日だったな~」と思い出しました。

1105060808_convert_20110517073136.jpg





JR花輪線の「八幡平駅」に着きました。
夫が駅を見るのが好きなので付き合います…。


1105060811_convert_20110517073230.jpg

1105060812_convert_20110517073258.jpg

1105060813_convert_20110517073329.jpg

1105060814_convert_20110517073357.jpg




一日に約7本くらいしかないローカル線です。


1105060816_convert_20110517073431.jpg




実は前の晩に夫と口論になったのですが、
夫はこの「八幡平駅」車を置いて次の駅の「湯瀬温泉駅」まで渓谷沿いを歩いて
そして電車に乗ってこの八幡平駅に戻る計画をたてていました。


しかし、ガイドブックを見ると距離4.6キロ、時間2時間30分となっています。



ちゃんと歩くかわからない6才児をつれて4.6キロ歩くのは無謀だし、
どれくらいで歩けるかもわからないのに電車に乗る計画をたてるなんて。
予定していた時間に着くかもわからないし、
それも一日に何本あるかわからない電車になんて、、、と反対しました。



この秋田旅行は100%夫が計画をたてています。
「秋田のどこに行きたいの?」と聞かれて「八幡平(はちまんたい)かな~?」と私は言ったくらいでした。



でも前日わかったのですが、夫の頭の中の計画に八幡平は入っていませんでした(苦笑)。
「雪がある」とのこと…。
(八幡平はこの駅のことではなくて山の上の高原で湿原や湿地帯になっています。)


「渓谷歩くより、絶対に湿原(八幡平)歩いた方が気持ちいいよ~~!」と私は言い張り、
夫は一晩考えて、気持ちを変えてくれていました。
この湯瀬渓谷は車でちょこっと見るだけで八幡平へ行ってくれるようです。



よかった、、
旅も5日目、、疲れも出ているのに4.6キロも歩けないわ~~。。
夫は電車に乗りたかったようですが…。



湯瀬渓谷の天狗橋地点について車を停めました。
花輪線の鉄橋があります。


1105060821_convert_20110517073506.jpg





坂を下りていくと天狗橋があります。

1105060823_convert_20110517073531.jpg




写真だとわかりにくいのですが、川の両脇の岩が一枚岩のように繋がっているように見えます。

1105060826_convert_20110517073600.jpg



1105060829_convert_20110517150048.jpg

1105060825_convert_20110517150022.jpg



天狗橋の下はこんな岩になっています。


1105060839_convert_20110517073639.jpg





車を走らせ、こんな温泉宿の近くに車を停めて、20分くらい渓谷を歩きました。


1105060847_convert_20110517073832.jpg


滝があります。




1105060843_convert_20110517073712.jpg

1105060845_convert_20110517073745.jpg




湯瀬温泉駅にもたちよって写真を撮ります。


1105060848_convert_20110517073908.jpg

1105060849_convert_20110517073951.jpg

1105060852_convert_20110517074029.jpg




私は八幡平に早く行きたくて「今日行くんだよね?」と何回も催促をしていました。
この湯瀬温泉駅を出たら、、
もう八幡平へ向ってくれるのかと思っていたら、
運転しながら、「あと10分待てば電車が来る。」とか言い出しました。
(湯瀬温泉駅を14時29分発の大館行き)
「え~、時間がもったいない!」と思いましたが、電車に乗りたかった夫の気持ちを汲むことにしました…。




最初の天狗橋の鉄橋の所に車を停めて電車の写真を撮ることにしました。
私は鉄橋の上から、夫は夫のデジカメで下から撮ると坂を下っていきました。



電車を待つ間、、私はなぜかドキドキ…(笑)。
あと何分、、、「連写の方がいいかな?」とか思ってカメラの電源を入れたり切ったりしていると、鼓動がなりだし、
「私もとうとう鉄子ちゃんの仲間入りか!?」と思ってしまいました(笑)。
(注:鉄子というのは鉄道好きの女の人を言います。)



あ、来た!!??

1105060854_convert_20110517074105.jpg




あーーっ!

1105060855_convert_20110517074137.jpg




ギャー、、いっちゃう、、いっちゃう~~。

1105060856_convert_20110517074207.jpg





あ~~、いっちゃった~(笑)。

1105060857_convert_20110517074238.jpg






うまく撮れませんでした…。もっとアップで撮りたかったな。。



でも下で撮っていた夫も、、、
うまくない写真が2枚しか撮れず、、失敗です。
連写にしなかったようです。




(夫が撮った写真…。)

P1030657_convert_20110517075352.jpg

P1030658_convert_20110517075428.jpg


↑最初と最後だけで真ん中がないじゃない…(苦笑)。



こんな所で待ち構えて電車の写真撮っているなんて、、
運転手さんや乗客が私達に気付いていたら、、きっと鉄男&鉄子だったと思うだろうな~。




でも考えてみれば、朝に鹿角花輪駅で電車の写真は撮っていたのよね~。
後で行きたかった場所が時間が切れで行けなかったので、、やっぱりこの時間は省略してもよかったかも。。





また花一杯の道を通り八幡平へ向います。


1105060859_convert_20110517074346.jpg


1105060862_convert_20110517074418.jpg





6日目続きます。



にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

秋田旅行その11、尾去沢(おさりざわ)鉱山の見学&隠れキリシタン

<2011年5月6日(金曜日) 6才0ヶ月>



5月6日(金曜日)
秋田旅行5日目の朝です。



旅館がJR花輪線鹿角(かづの)花輪駅の目の前だったので、出発前に見学です。。


1105060673_convert_20110515122818.jpg

1105060676_convert_20110515122859.jpg






まず一番に向った先は史跡、近代化産業遺産認定されています尾去沢(おさりざわ)鉱山です。


鹿角花輪駅から15分ほどで到着したのですが、鉱山に着く寸前の山道でニホンカモシカが道を横切るのに遭遇しました。


250px-Japanese_Serow_Wakinosowa_Japan.jpg

(画像はwikiより)



びっくりしました~。
写真が撮れなくて残念です!



鉱山に到着です。


1105060680_convert_20110515122934.jpg

1105060797_convert_20110515124203.jpg


こちらの尾去沢鉱山708年に発見され、
1300年間、金や銅が採掘されて、1978年(昭和53年)閉山されました。




今は700kmに及ぶ坑道のうち1.7kmが整備された観光坑道になっています。



駐車場は桜の花が咲き乱れていてとてもキレイでした。


1105060686_convert_20110515123018.jpg




まず鹿角市鉱山歴史館へ入ります。


坑道は全部つなげると青森から東京までの距離と同じ700kmとなっています。


1105060688_convert_20110515123059.jpg

1105060706_convert_20110516144336.jpg


昭和35年頃の写真です。

1105060695_convert_20110515123154.jpg




幕末に書かれた尾去沢鉱山の絵です。


1105060701_convert_20110515123228.jpg



歴史館を出ました。
昔使われていた機械です。


1105060692_convert_20110516160503.jpg



キャラクターの鉱太くんと。。


1105060713_convert_20110516144722.jpg



坑道に入ります。(大人1000円)


1105060714_convert_20110515123258.jpg





コースは標準コース(1.1キロ 約30分)特別コース(1.7キロ 約45分)のものがあり、私達は特別コースを歩きました。


1105060716_convert_20110515123442.jpg



45分とのことでしたが、私達は80分かかりました…。
なんでだ??
ゆっくり見すぎたのかな…。



こんなトンネルを歩いていきます。


1105060719_convert_20110515123335.jpg




ここで私が失言…。
「いま地震(余震)がおこったらどうなるんだろう…。」と。
(3月11日の地震にも坑道は影響がなかったようです。)



この失言によってか、、また暗闇のトンネルが続いて怖くなったのか、、
紺太郎、、号泣…。


1105060721_convert_20110515123407.jpg




泣き止みません…(苦笑)。

1105060724_convert_20110515123512.jpg




ついには、夫がおんぶ…。
ごめんなさ~い。

1105060730_convert_20110515123545.jpg




やっと泣き止んできました。
ヘルメットをかぶって機械で掘る真似です。

1105060739_convert_20110515123620.jpg




昔の様子を再現した人形が沢山置かれていました。


1105060747_convert_20110515123652.jpg

↑この標語が気に入りました。
「帰ってきてね 安全で
ぼくはパパと遊びたい」



鉄道と一緒に。

1105060750_convert_20110515123724.jpg




↓この標語に苦笑い…。エレベーターのようです。
「やめなさい
手順無視して また作業
いつか 地獄に直滑降」


1105060758_convert_20110515123803.jpg



計測しています。

1105060762_convert_20110516160948.jpg





途中の道で色々な録音テープが流れているのですが、そのテープを聴くのが面白かったです。
42年間この鉱山で働いたという鈴木かつみさんという方のインタビューとか。


働いていて何が一番楽しかったですか?の問いに、
「昭和38年に鉱脈を発見したとき」のことを嬉しそうに話されていたしました。
鉱山で働くって、、重労働で暗い、、というイメージが(失礼ながら)あったのですが、
余暇にはテニスや野球、柔道などをしていらしたとか、楽しそうな生活を話されていてイメージが変わりました。




1105060766_convert_20110516161110.jpg


昭和の写真です。女性が石を選定しています。

1105060769_convert_20110516160535.jpg


お昼休みの風景です。みなさんお弁当です。


1105060770_convert_20110516160637.jpg





途中から江戸時代の坑道に変わりました。


1105060776_convert_20110515123835.jpg




夫婦で働いていたようです。

1105060778_convert_20110515123914.jpg






旦那様が掘って、奥さんが集める図です。
江戸時代では1日3cm掘るのがやっとだったとのことです。



1105060783_convert_20110515124025.jpg




こんな民謡の「からめ節」も誕生しています。


1105060780_convert_20110515123948.jpg






ここで興味深いものを見つけました。

1612年(慶長17年)幕府は、キリスト教を禁じ弾圧にのりだします。
これにより西国より多くの信者が難を逃れ、「隠れキリシタン」としてこの地の鉱山での 潜伏生活を送ったそうです。


1105060788_convert_20110515124131.jpg



山法の一つとして鉱山に認められていた治外法権的慣習が宗教の潜伏に適していたそうです。


1105060787_convert_20110515124059.jpg




坑道の一角に掘った十字架があるようです。


1105060789_convert_20110516163503.jpg


1105060790_convert_20110515124319.jpg

1105060792_convert_20110515124239.jpg





私は遠藤周作さんのファンで「沈黙」など隠れキリシタンや踏み絵を題材にした小説を読んでいるので、興味深かったです。







出たところがお土産屋さんで、秋田限定の比内鶏味のポテトチップなどを購入しました。
あと楽天市場スープ部門、1位、107回獲得とのことで「国産・玉ねぎスープ」も買ってみました。







子ども向け砂金採り天然石掘りの体験コーナーがあり、
紺太郎にやらせてみたかったのですが、時間がなくてできなくて残念。。



taiken_sakin_img01.jpg

taiken_stone_img01.jpg
(画像は二つとも尾去沢鉱山のHPより)


こちらの尾去沢鉱山は坑道のツアーの他にシューティングアドベンチャー3D館、万華鏡館、ゴーカート場などもあります。



1105060795_convert_20110515124354.jpg



こちらでラーメンなどでお昼を済ませました。




鉱山ツアー、と~っても面白かったです。
お勧めです!



5日目続きます。


にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

その10、世界一の太鼓の里・鷹巣で大太鼓の館、etc

<2011年5月5日(木曜日) 6才0ヶ月>



5月5日(木曜日)
秋田旅行4日目の続きです。


能代エナジアムパーク(能代火力発電所)を出まして向った先は鷹巣(たかのす)です。



日本海沿いを離れまして東方面の内陸へ入ります。




途中、二ツ井町の米代川のほとりで休憩しました。


1105050595_convert_20110513225029.jpg




こちらずっと川沿いに桜並木の散歩道が続いています。
「きみまちロマンチック街道」と名前がついていました。

1105050600_convert_20110513224748.jpg



桜の木はそんなに大きくはなかったのですが、何年か後には成長してすごい桜並木になることでしょう。。


1105050605_convert_20110513224820.jpg





こちらの土手、「つくし」の量がハンパなくすごかったです。

1105050606_convert_20110513224854.jpg



私の記憶のあるかぎり、こんなに沢山のつくしを見たのは初めてかも・・・。
うじゃうじゃ生えていました(笑)。

1105050607_convert_20110513224923.jpg





鷹巣につきました。
夫のお目当ては「鷹ノ巣駅」です…。


1105050619_convert_20110514104925.jpg


1105050611_convert_20110514104552.jpg


1105050613_convert_20110514104622.jpg






JR奥羽本線の鷹ノ巣駅の横に秋田縦貫内陸鉄道の始発駅「鷹巣駅」があります。
1日12本くらいしか本数はないのですが、数分の差で電車を見逃しました。
残念。


1105050616_convert_20110514104724.jpg

1105050614_convert_20110514104821.jpg

1105050615_convert_20110514104651.jpg

CA92OZ6O.jpg


ここに来て知ったのですが、鷹巣は太鼓が有名のようです。


1105050612_convert_20110515090957.jpg




ポストの上にも太鼓が…。


1105050617_convert_20110514104857.jpg




内陸縦貫鉄道のお隣の駅の「西鷹巣駅」にも行ってみました。


1105050622_convert_20110514105001.jpg

1105050623_convert_20110514105031.jpg

近所のおじいさんが、この踏切のない線路を自分の庭のように普通につっきって歩いていたのにウケました。






続きまして大館方面に向いました。
「世界一の大太鼓、道の駅たかのす 大太鼓の館」という看板が目にはいりつつも、
通り過ぎて先に進んだのですが、
「世界一の太鼓って見てみたいな~」という気持ちが強くなって、
夫に引き返してもらいました。






でも「大太鼓の館」に着いたのは5時10分過ぎていて、閉館は5時です。



1105050649_convert_20110514110011.jpg


しかし、係りの方が親切で、
「また見ている方がいるからどうぞ。映像は切ってありますが」とのことで
見学することができました。(大人410円)
ありがとうございます。



コスプレ…。

1105050627_convert_20110514105106.jpg



自由にたたくことができます。

1105050628_convert_20110514105145.jpg



こちらがギネスにのっている「世界一の大太鼓」です。

1105050631_convert_20110514105219.jpg




映像が見られなくて残念でしたが、こんな風に人が何人か乗ってたたくようです。

1105050646_convert_20110514105629.jpg




世界の太鼓の展示がありました。


1105050632_convert_20110514105250.jpg


1105050643_convert_20110514105451.jpg



自由にたたけるものもあります。


1105050635_convert_20110514105316.jpg

1105050645_convert_20110514105521.jpg



タイの「コンウォン」です。


1105050636_convert_20110514105344.jpg



紺太郎がはまったのが「たいこすもう」です。何回もやっていました。


1105050639_convert_20110514105419.jpg



こちら入り口にありました、タイの「クローンエー」という太鼓です。
最初、大砲かと思ってしまいました。

1105050647_convert_20110514105847.jpg





こちらの大太鼓の館と同じ敷地内が「道の駅たかのす」になっており、ぶっさん館があります。
そして「ドリームワールド」という17mのすべり台のある遊具もあります。

1105050650_convert_20110514105759.jpg





大太鼓の館を跡にして大館(おおだて)駅につきました。

1105050651_convert_20110514105928.jpg




大館は秋田県の忠犬ハチ公の生まれ故郷とのことで銅像がありました。
大館には秋田犬会館もあります。


1105050652_convert_20110514110043.jpg





大館に樹海ドームというのがあって気になって行ってみました。
ドームの中に樹海があるのかと思って…。


1105050653_convert_20110514110120.jpg



でも、、ただのスポーツ施設でした。。(苦笑)。





こんな廃線を発見。。夫はこういうの、、好きです。


1105050655_convert_20110514110151.jpg

1105050658_convert_20110516141417.jpg



昔の駅があったような跡なども興味深く写真をとっていました。


1105050659_convert_20110514110223.jpg




本日のお宿になっている鹿角(かずの)へ向かいます。
普通の国道を通らず夫の希望で狭い山道を通っていきました。


1105050671_convert_20110514110256.jpg



回転すしで夕食をすませ、
この日のお宿は花輪鹿角駅近くの旅館でした。


1105050672_convert_20110514110408.jpg




4日目終わりました。
5日目に続きます。



にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

秋田旅行その9・能代エナジアムパーク&能代火力発電所の見学

<2011年5月5日(木曜日) 6才0ヶ月>



5月5日(木曜日)
秋田旅行4日目の続きです。




大潟村開拓博物館を後にしまして、向った先は能代(のしろ)火力発電所の横にあります、能代エナジアムパークです。




こちらはエネルギーについて学べる東北電力のPR館になります。


1105050578_convert_20110513224534.jpg


エネルギーに関する展示があります。


1105050543_convert_20110513223653.jpg





しかし、展示物の半分が「只今節電中」とのことで、、電気がついていなかったりしました。

1105050545_convert_20110513225416.jpg





ガイドブックで「地球の歴史」のコーナーがあることがわかっていたので楽しみにしていたのですが、そのコーナーも節電中で閉鎖中で残念でした・・・。




発電所の熱を利用して、東南アジアのジャングルを再現した熱帯植物園があります。


1105050538_convert_20110513223558.jpg

1105050540_convert_20110513223627.jpg


絵本読み場や室内遊び場もありました。



ここでパンフレットを見ると、お隣の火力発電所内を見学するツアーがあることを知りました。
紺太郎には色々な体験をしてもらいたいと常々思っていたので、いい機会だと思い申し込みました。


火力発電所の敷地内を車で回りながら、優しいお姉さんが説明してくださいました。
建物の中も入って見学できるツアーもあるようですが、「只今定期点検中」とのことで入れなくて残念でした。




でも外だけでも、すごく(私が)面白かったです!



能代火力発電所は合計出力120万kWの石炭火力発電所です。
石炭を燃やして蒸気でタービンを回し発電しているのですが、排煙処理など地球環境に配慮した業務運営に積極的に取り組んでいるそうです。



建物の写真が続いてしまいますが、記録として残させてください。



簡単な図はこんな感じです。


1105050576_convert_20110513224502.jpg





紺太郎にはこんな子ども向けのわかりやすいパンフレットをいただきました。


1105050547_convert_20110514003703.jpg





右の建物はボイラー室、タービン建屋です。


1105050549_convert_20110513223731.jpg




煙の中からススや硫黄酸化物を取り除く場所です。
石炭の燃えがらの石炭灰はセメントなどに混ぜたりするものになるそうです。

1105050550_convert_20110513223757.jpg




180mの煙突です。

1105050552_convert_20110513223829.jpg



石炭の屋内貯蔵所です。
10万トンの石炭を貯蔵できます。
石炭を運ぶ船が入ってきたときの為に屋根に「WELCOME TO NOSHIRO」と書いてあります。

1105050554_convert_20110514002734.jpg




石炭を運ぶベルトコンベアーです。

1105050555_convert_20110513223902.jpg

1105050556_convert_20110513223943.jpg



オーストラリアなどから来た船から石炭をベルトコンベアーで運びます。

1105050557_convert_20110513224019.jpg




(展示室にあった)船の模型です。

1105050579_convert_20110513224606.jpg



この機械で船からコンベアーに移します。

1105050558_convert_20110513224054.jpg




屋外の石炭貯蔵所です。42万トンの石炭を置けると聞きました。

1105050563_convert_20110513224130.jpg




海水の取水口or排出口かどちらかです。(すみませんわすれました。)
海に水を戻すときは、温度を下げてから戻します。

1105050565_convert_20110513224213.jpg




重油、軽油のタンクです。

1105050567_convert_20110513224246.jpg




30分くらいのツアーでしたが、とてもいい体験でした(私が・笑)。
普段は火力発電所なんて見学なんてできませんので…。

ボールペンやノートなどのお土産までいただいてしまいました。
ノートはその後の秋田旅行の紺太郎のスタンプ帳に使わせていただきました。
ありがとうございました。






敷地内に「能代ねぶながし館」があります。
能代に古くから伝わるお祭り"ねぶながし"の山車などが展示してあります。

1105050568_convert_20110513224323.jpg

1105050573_convert_20110513224401.jpg

1105050575_convert_20110513224428.jpg




そして大きな公園もあります。
少しだけ遊んでエナジアムパークを後にしました。


1105050583_convert_20110513224637.jpg




風の松原です。
日本海沿いにあります黒松の林です。
防砂対策に江戸時代中期に植林されたものらしいです。



1105050590_convert_20110513224715.jpg




鷹巣(たかのす)方面に車を走らせます。



4日目続きます。



にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

その8、八郎潟、桜・菜の花ロード&大潟村干拓博物館

<2011年5月5日(木曜日) 6才0ヶ月>



5月5日(木曜日)
秋田旅行4日目の朝です。


能代(のしろ)のお宿を出まして、約40分で大潟村まで走ります。



皆さんご存知だと思いますが、
かつては日本第二位の面積(220km²)を誇っていた湖八郎潟の大部分の水域を干拓&陸地化して大潟村ができました。



その大潟村に約11キロにわたる「桜・菜の花ロード」があり走りました。




「あ、ババヘラアイスだ~(こちら)」なんて言っていると、、
(このロードだけで3,4人いました。)


1105050429_convert_20110512230313.jpg






見事な桜と菜の花!
すごくキレイでした!!


1105050437_convert_20110512224503.jpg




感動して何枚も写真を撮ってしまい、、(すみません、)以下同じような映像が続きます…。


1105050439_convert_20110512224543.jpg




車を停めて写真を撮ります。


1105050444_convert_20110512224622.jpg


1105050457_convert_20110512224701.jpg

1105050460_convert_20110512224752.jpg




あまりにも写真を撮りすぎて、、紺太郎も飽きてきたようで、、ふざけてきました…。

1105050468_convert_20110512225842.jpg

1105050469_convert_20110512225806.jpg



本当にキレイでした~!!


桜並木の両側は田んぼが広がっています。

1105050478_convert_20110512224835.jpg




用水路です。


1105050503_convert_20110512225031.jpg





その後、大潟村干拓博物館へ行きました。(私達が行ったのが特別期間だったのか?無料でした。)



1105050509_convert_20110512225113.jpg



昔の八郎潟の写真です。

1105050513_convert_20110512225158.jpg




完成した大潟村です。


1105050519_convert_20110512225246.jpg




戦後の食糧難の解決の為、八郎潟の干拓工事が行われ、20年の歳月と約852億円の費用を投じて約17,000haの干拓地が造成されました。
工事は昭和32年(1957年)に着工し昭和39年(1964年)に大潟村が完成しました。

しかし、、その後は米あまりの時代になり、、減反政策などもあり、失敗した計画?という見解もあるようです…。
特に環境の方面では、湿地の喪失を嘆く向きもあるようです。
言われてみれば、すごい環境破壊のような気もします。
自然豊かな土地になっていますが…。



入植者お茶の間劇場で、昔の干拓のニュースなどを見ることができました。
23種類の短い映像を見ることができます。



1105050521_convert_20110512225338.jpg



こういった資料館を夫はじっくり時間をかけて見るタイプなので、、
私達二人はニュースの見放題です…(笑)。


1105050523_convert_20110512225432.jpg



どのように工事をしたかなどわかりやすかったです。
私は「埋め立てた」と思っていたのですが、堤防をつくって中の水を抜いていったようです。



泥との格闘・・・。

1105050522_convert_20110515120022.jpg






年表を見る限り、漁業者などからの「反対同盟」もあったようです。
2年で解散しているようですが。

1105050525_convert_20110512225516.jpg





約10000年前から男鹿半島がどのように変化していったか?の図です。


1105050527_convert_20110512225546.jpg




俳句コンテストがあり、、紺太郎が「やる~!」と言い張るので書いて出しました。




1105050529_convert_20110512234620.jpg





でも、、結局作ったのはパパなので、、ズルしています。
すみません。。。。



お隣にある、大潟村の特産品を売っている産直センター「潟の店」で「肉巻きおむすび」を購入して、
車の中でお昼を済ませました。



大潟村を後にして、また能代(のしろ)へ戻ります。



1105050530_convert_20110512234752.jpg



4日目続きます…。




にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

その7、男鹿半島のなまはげ館&入道崎

<2011年5月4日(水曜日) 6才0ヶ月>



5月4日(水曜日)
秋田旅行3日目の続きです。



秋田博物館を後にして男鹿(おが)半島へ入りました。

大きな「なまはげ」が迎えてくれます。



1105040284_convert_20110512104151.jpg

↑左下の車の大きさを見ていただきますと、大きさがわかると思います。



まず男鹿半島で一番高い山・寒風山に上ります。
雨が降っていましたが、天気だったら眺望がよいようです…。



1105040285_convert_20110512104218.jpg

1105040286_convert_20110512104242.jpg

1105040287_convert_20110512104316.jpg





なまはげ館に着きました。
(大人500円、隣の男鹿真山伝承館と共通券は800円)
5時閉館だったので、閉館に間に合うかやきもきしましたが4時15分に入れました。



なまはげと一緒に…。


1105040290_convert_20110512104421.jpg



なまはげに変身できるコーナーです。

1105040292_convert_20110512104455.jpg

1105040294_convert_20110512104519.jpg




知らなかったのですが、
韓国ドラマ「IRIS」は秋田が舞台だったようです。
イ・ビョンホンが着た「なまはげ」の衣装だそうです。


1105040295_convert_20110512104552.jpg





赤鬼、青鬼、、という感じですね…。

1105040309_convert_20110512104654.jpg




圧巻だったのが、市内60地区で使われている実物大のなまはげがズラ~っと並んでいるお部屋でした。
写真撮影OKだったのですが、HPなどで写真を使うのは禁止ということで紹介できずに残念…。


お面だけでも。。
地区ごとにまったくお面の様子が違います。

1105040307_convert_20110512104626.jpg





4時半になり、隣の男鹿真山伝承館なまはげの実演が行われるので移動します。
男鹿地方の典型的な曲家(まがりや)民家です。


1105040289_convert_20110512104346.jpg





ここでは、元来、民俗行事として大晦日にのみ地元の人以外には中々見ることが出来なかったナマハゲ習俗を見ることができます。



お芝居仕立てになっています。
家長が先立を迎え挨拶をします。


1105040311_convert_20110512104731.jpg



なまはげは、「なまけた心を引き剥がす」という言葉が由来になっている鬼ですが、顔に似合わず本当は人々の幸せを願う心優しい鬼だとのことです。



すると、、
私も「キャー!」と悲鳴をあげてびっくりしたのですが、
バン、バンッ木戸や障子を開ける大音がします。
(今はガラス戸が多いので、家の人が戸を開けておくそうです。)
その音がすごく怖かったです!


なまはげの登場です。
「ナマケモノはいねが~!」
「悪りごはいねが~」 「泣ぐごはいねが~」 「御飯つぐんね嫁はいねが~」
などと、荒荒しい奇声を上げて歩き回ります。
紺太郎は怖がっていました。

1105040315_convert_20110512104803.jpg



家に上がってすぐ7回、お膳に着く前に5回、立ち上がる際に3回、と決められた数の四股(しこ)を踏みます。

1105040317_convert_20110512105220.jpg




お酒が振舞われます。


1105040322_convert_20110512105144.jpg



一軒につき2杯飲むそうなので、10軒まわると(飲みすぎになるので)「なまはげ」が交代するようです。
「おまえとこの嫁は朝早くから起きて、働き者だ」とか
「子どもは勉強しているか」などの会話が交わされていました。


私は怠け者なので、、男鹿半島には嫁にこれないかも…(笑)。



多分お父さんが仮装して分担して家々を回ると思うのですが、自分の家だと子どもにばれたりするから、
違う家を回るのかな~?なんて考えてしまいました。



すぐ近くの真山神社へ行きました。
真山地区の「なまはげ」は家を回る前に、こちらの神社で全員がお参りするそうです。


1105040333_convert_20110512105250.jpg



ちょっとマンガチックな狛犬でした。

1105040336_convert_20110512105445.jpg



紺太郎、、ふざけだしました。

1105040339_convert_20110512105521.jpg

1105040343_convert_20110512105604.jpg



奥には愛嬌のある狛犬です。

1105040347_convert_20110512105634.jpg




ちょっと物騒な図ですが…(苦笑)。


1105040348_convert_20110512105705.jpg



こちらの神社でもなまはげに変身できます。(パパです。)


1105040349_convert_20110512105737.jpg




5時の閉館時間を過ぎていましたが、開いていたのでなまはげ館に寄ってトイレを貸してもらいました。
(知らない子と一緒に)入り口でパチリ。


1105040352_convert_20110512105810.jpg




その後、男鹿半島の最北端北緯40度のライン上に位置する入道崎へ行きました。





大きな地図で見る



日本灯台100選に入るそうです。

1105040371_convert_20110512105841.jpg



景色が綺麗です。


1105040383_convert_20110512105920.jpg




小雨が降っていましたが、夕日がキレイでした。

1105040391_convert_20110512105952.jpg

1105040393_convert_20110512110026.jpg




お土産屋さんが立ち並んでいました。


1105040401_convert_20110512114846.jpg

1105040399_convert_20110512110104.jpg




この日のお宿は約1時間以上の運転で北上して能代(のしろ)のビジネスホテルです。
8時過ぎの到着になってしまったので、ホカ弁の夕食です。


1105040405_convert_20110512110144.jpg





男鹿半島には温泉宿などがあったので、そちらのお宿でもよかったかな?とも思います。
時間がなくてゴジラ岩などの見物ができませんでしたし、
次の日は八郎潟へ行ったのでまた南下しなくていけませんでしたし。。



3日目が終わりました。
4日目の八郎潟に続きます~。




にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

その6、秋田港と秋田県立博物館

<2011年5月4日(水曜日) 6才0ヶ月>



5月4日(水曜日)
秋田旅行3日目の続きです。



太平川沿いの桜を楽しんだ後、「道の駅」にもなっている秋田港へお昼を食べに行きました。


1105040247_convert_20110510110439.jpg



天気も悪かったですし、時間もなかったので割愛しましたが、
秋田港にはポートタワーセリオンという143mの展望台があります。

1105040249_convert_20110510110512.jpg




「かやき汁」を食べました。
きりたんぽが入っています。「かやき」というのは秋田の言葉で「一人前の鍋」という意味だそうです。

1105040250_convert_20110510110546.jpg




駐車場に女の人がパラソルの下に座って「秋田名物 ババヘラアイス」というを販売していたので買ってみました。
「秋田名物」とあれば秋田以外で食べられないのかと思いまして…。


1105040253_convert_20110510110621.jpg



味はアイスというよりシャーベットのような感じでした。


「ババヘラアイス」ってどういうことかな?と思ったのですが、
夫が言うのには「バアサンがヘラですくうからババヘラアイスなんじゃない?」と…。
そういえばオバサン、、歯が一本しかないおばあさんだったな…。



wikiを調べてみると、

「主に秋田県で露天販売されているアイスクリームの一種、およびその販売形態。
中年以上の女性(おばさん)が、金属製の「ヘラ」を用いてアイスクリームを盛りつけることによる呼び名である。
幹線道路そばやイベントの会場近くでしばしば見られる。
降雪期を除いた春から秋にかけて販売されるが、一般には夏場に多く出店され、夏の秋田の風物詩となっている。」


とありました。



その後に秋田を旅行している時に10回以上このババヘラアイスのおばさんが↓こんな感じで道路沿いに座っているのを見かけました。



240px-Babahera001.jpg
画像はwikiより





次に立ち寄ったのは、夫の希望で秋田県立博物館です。(無料)



秋田は八郎潟が有名ですが、他にも(沿岸州によって海と切り離されてできた湖や沼)が多いようです。




博物館の目の前も女潟と呼ばれる潟がありました。

1105040258_convert_20110512074322.jpg




(ボケてしまいましたが)昔のお家や日時計です。


1105040260_convert_20110512074352.jpg

1105040261_convert_20110512093515.jpg




ナウマンゾウやくじらの化石もありました。

1105040263_convert_20110512074419.jpg

1105040266_convert_20110512074522.jpg




↓こうやってアクリルの中に魚を展示してあると、360度回転できて、どの方向からでも魚を観察できていいなと思いました。

1105040267_convert_20110512074556.jpg




そして「わくわくたんけん室」という子ども向けのおおきなお部屋があり、工作やパズルなど遊ぶものが盛り沢山でした。


魚釣りをして楽しみます。

1105040274_convert_20110512074634.jpg




秋田のコスプレ…(笑)。
なんだか、、、バカボンみたい…(笑)。

1105040278_convert_20110512074711.jpg




縄文式土器のパズルです。

1105040279_convert_20110512074758.jpg



コレ、結構難しかったです。


1105040281_convert_20110512074838.jpg






歴史や生物を学べていい博物館だと思うのですが、旅行中だったため駆け足で1時間で出てきました。(出たのが3時です。)





この旅行、日程は夫がすべて考えていました。
私は簡単に「泊まる場所」くらいしか説明を受けていませんでした。



この後に知ったのですが、この日はこの後に男鹿(おが)半島を見学することになっていました。
あまりゆっくり男鹿半島をドライブできなかったので、今考えてみると、旅行だったらこの博物館(&千秋公園の佐竹資料館も)は割愛してもよかったんじゃないかな…?とも思います。
楽しかったですが・・・。


男鹿半島へ向けて走ります。



ちなみに、、車を借りて最初のBGMは(私がファンの)今井ゆうぞうの「君と歩いた時間」です(笑)。









4日目続きます。



にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

その5、千秋公園&秋田市民俗芸能伝承館(ねぶり流し館)

<2011年5月11日>



5月8日(日曜日)1週間の秋田旅行から帰ってきました。
9日(月曜日)から幼稚園が始まり、いつもの日常を過ごしています。


今回の秋田旅行は盛り沢山でとっても楽しかったです。
今まで国内旅行を考えた時に、私の中で秋田は候補にあがったことはありませんでした…。
でも秋田は自然が豊かで見所満載で、是非他の方にお勧めしたい場所です!


5日目のお宿が山奥でネットが繋がらなかった為にブログの更新は止まってしまいましたが、また書いていこうと思います。
お付き合いいただける方よろしかったら宜しくお願い致します。



紺太郎もとても楽しかったようです。
2日目の酒田風船を飛ばしてしまってからは(こちら)、
夜に電気を切ってから「風船のこと考えちゃった。うぇ~ん」と1回泣くのが寝る時の儀式のようになっていますが…(苦笑)。


ざまき家夫婦の恒例の夫婦喧嘩も旅行中に沢山しました。
一度は本気で別れることを考えたくらいです(苦笑)。
でも旅行前に「ありがとうは魔法の言葉」という本を読んでいて(こちら)、
紺太郎に「ありがとう、と言うといいことがあるんだって~」と私が言っていたのです。
私が(夫に)「かんじわるぅ~」などと呟いていたりすると、、
紺太郎が私の耳元で小声で「ママ、『ありがとう』って言うんだよ~」と囁くのです(苦笑)。
仕方なく「旅行に連れてきてくれてありがとう」と言わなければならなくて、
気持ちは腹ただしいのに、言っていることが裏腹で、、
何とも可笑しい気分になり、雰囲気がなごんだりしてしまいました。
紺太郎、ありがとう。




では、前置きが長くなりましたが(以下も長いですが・苦笑)旅行記の続きです。




*************
<2011年5月4日(水曜日)のこと、6才0ヶ月>



秋田旅行3日目(5月4日)の朝です。


私は朝5時に目が覚めてしまったので、近所(宿から徒歩3分)の秋田市民市場(朝5時~)へ一人で散歩へ行きましたが、
GWだったからか「お休み」でがっかりしました。
秋田市最大級の市場のようです。



08.jpg
(画像は秋田市民市場HPより)



夫が10時にレンタカーを借りてきました。
この日からは車での旅になります。


まず最初の訪れた場所は千秋(せんしゅう)公園です。(秋田駅から徒歩5分)


1105040163_convert_20110510105251.jpg



元・秋田藩主佐竹氏は、源氏の流れをくむ名門であり、全国でも古い歴史を持つ大名でした。
関ヶ原の合戦のあと、秋田に転封された佐竹義宣(よしのぶ)はこの千秋公園のある場所に久保田城を築き、城下町を建設しました。


夫の希望で公園内になる佐竹資料館を見学しました(大人100円)。
展示室が二つの小さめな資料館で、佐竹氏関連の資料や、秋田の藩政時代を紹介していました。
(写真撮影禁止でした。)



こちらの千秋公園を訪ずれた理由は日本桜100選に選ばれているとのことでした。
でも広場の桜はそんなに沢山ありません。


1105040164_convert_20110510105321.jpg



広い公園だったので、
係りの方(ボランティア)に「もっと上へ行けば桜があるんですか?」と聞いたところ、
「本丸の所に行けばもっとまとまって桜があるけど、
ここより(車で10分くらいの)太平川の方が桜並木がきれいだよ。
俺が朝見てきたから間違いないよ~。」
とおっしゃるので、のちほど訪れることにしました。



すぐに公園を後にして、次に訪れたのが秋田市民俗芸能伝承館(ねぶり流し館)です。
(大人100円)


こちらは夏に秋田市で行われる竿灯(かんとう)祭りで使われる竿灯などが展示されています。


1105040167_convert_20110510105352.jpg



ペットボトルで作った子ども用の竿灯を持たせてもらいました。
結構重いです…。

1105040170_convert_20110510105431.jpg




夫も大人用の竿灯を持たせてもらいました。15キロ(軽い方)でも持つのが大変そうです。


1105040177_convert_20110510105521.jpg




実演もあったのですが、
竿をどんどん継ぎ足して長くして、肩に置いたり、腰にさしてバランスをとったりしていて、難しそうだな~と思いました。


1105040205_convert_20110510110119.jpg

1105040214_convert_20110510110152.jpg




ハッピを着させていただきました。

1105040179_convert_20110510105558.jpg




地域ごとに提灯の模様が違うようです。


1105040181_convert_20110510105634.jpg



今年の竿灯まつりは8月の3、4、5日にあるようです。

1105040182_convert_20110510105704.jpg




3階には自由に叩いていい太鼓が置いてありました。

1105040185_convert_20110510105738.jpg





続きまして、ねぶり流し館のお隣にあります旧金子家住宅を見学しました。
(入館料100円に含まれています。)


1105040195_convert_20110510110010.jpg




金子家は江戸時代後期に質屋・古着商を開き昭和57年まで商売が営まれていました。
平成8年に秋田市に寄贈され、平成9年に江戸時代後期の伝統的な形式を継承した建物として秋田市有形文化財に指定されています。
改装に1億4千万かかっているそうです。古いものを保存するのにもお金がかかりますね…。



店先です。

1105040199_convert_20110510110043.jpg




お店から土足でお客さんを奥の蔵へ案内できるように廊下があります。

1105040194_convert_20110510105920.jpg




奥からみた店先です。

1105040190_convert_20110510105844.jpg




玄関から入って店先の前にもこの廊下があり両脇のお隣の家と戸で繋がっています。
冬の雪の街を歩けるように商店街のアーケイドの役割もしていたようです。


(ちょっとぼけてしまいましたが)家の奥にあります「蔵」です。


1105040187_convert_20110510105806.jpg




この金子家で面白いのは、火事対策に屋根に天水甕(てんすいがめ)があることです。


1105040216_convert_20110510110223.jpg

1105040188_convert_20110511100355.jpg



日本を愛し日本美を世界に紹介したドイツ人建築家・ブルーノ・タウト(1880年生まれ)は、著作「Houses and People of Japan」(1958 ・再版)で写真付きでこの金子家の天水甕を紹介しています。


でも、、
火事の時にこの甕(かめ)をどうするのだろう?
甕を割るのか?
倒して水をまくのか?
興味があって係りの方に聞いてみました。
まず、海綿(藻みたいなもの)を乾燥させたものを屋根に蒔いて、その上からひしゃくで水を蒔き、藻に水を含ませるそうです。
それで火の手を防げるのかわかりませんが、興味深かったです。
聞いてみてよかったです。






その後、桜がキレイという太平川へ行って見ました。
川沿いに桜並木がありましたが、残念ながら車での通行はできないようです。
川沿いの広場に車を停めてみました。


あいにく天気が崩れかかっていたのですが、桜が見事でした。


↓この奥が川になります。

1105040219_convert_20110510110257.jpg

1105040221_convert_20110510110335.jpg



紺太郎は広場を走り回っていました。


1105040237_convert_20110510110409.jpg





3日目(5月4日)続きます。



にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

その4・羽越本線の各駅停車で酒田~秋田までの旅

<2011年5月3日火曜日 6才0か月>


秋田旅行・2日目(5月3日)の続きです。


酒田(山形県)での約2時間半の観光を終えて、羽越本線の各駅停車に乗ります。
15時37分発の電車でした。
約2時間で秋田まで北上します。


161_convert_20110506065405.jpg






正面に鳥海山が見えます。美しいです。


165_convert_20110506065507.jpg

166_convert_20110506065606.jpg


169_convert_20110506065709.jpg





↓ちょっとわかりにくいのですが電車に乗り合わせた女性が教えてくれました。
日本海に「飛島」が見えます。


176_convert_20110506065911.jpg





母が広島に住んでいるので、島は見慣れているのですが、
こんな風に山がない平べったい島を見るのは初めてでした!
こんな島があるのだと、、ちょっと感激です。


調べてみると、飛島は、鳥海山が噴火したときに山頂が飛んでいって出来た島、、
という由来があったり、
昔トドがたくさん住んでいたので、トド島から飛島になったなどと由来があるようです。


周囲10Km、海抜50mで、酒田から一日往復1~3便の「ニューとびしま」で1時間30分で着くそうです。
源氏、平家の落ち武者がたどり着いた島とか、
平安時代の人骨や壺が見つかっていたり、、なんとなく興味深い島です。


話がそれました。。


日本海沿いを走ります。


179_convert_20110506070013.jpg





紺太郎は酒田駅で買ったトーマスのカプセルプラレールに夢中です。

181_convert_20110506070105.jpg



私ががっかりしたのですが、機関車が入っていなくて牛と山だけしか入っていなかったのですが、
紺太郎は気にいって遊んでいました。






鳥海山の横を過ぎて行きます。

182_convert_20110506070216.jpg





車内はすいていました。


185_convert_20110506070301.jpg




何個も駅を過ぎました。

186_convert_20110506070352.jpg


左手に日本海を臨み、直線路が続きます。

189_convert_20110506070443.jpg


トンネルも過ぎます。

191_convert_20110506070631.jpg


紺太郎は景色よりカプセルプラレールの牛と遊びます。
牛の人形に「さかたちゃん」と名付けていました(笑)。


200_convert_20110506070541.jpg


酒田駅では時間があまりなかったので、途中駅で乗った電車と写真を撮ります。


203_convert_20110506070721.jpg




特急「いなほ」とすれ違います。

204_convert_20110506070813.jpg



桜がきれいでした。
新潟駅周辺では完全に葉桜になっていましたが、秋田に近づくにつれ花がきれいになってきました。

212_convert_20110506070941.jpg



特等席から前を見ます。

214_convert_20110506071122.jpg



やっと秋田駅に着きました。
なまはげの絵がついている電車がありました。男鹿本線の電車かな?

219_convert_20110506071214.jpg

221_convert_20110506071409.jpg



紺太郎、、こういう穴があるやつ、、、好きです。。

224_convert_20110506071506.jpg




駅構内にこんな機関車がありました。

229_convert_20110506071607.jpg




秋田新幹線、、こんな赤いのができるんですね~。
きれいで、楽しみです。

231_convert_20110506071655.jpg




秋田のお祭り「竿灯(かんとう)祭り」の提灯です。

232_convert_20110506071743.jpg




また穴・・・。

233_convert_20110506071921.jpg



秋田駅前のポストにも提灯が付いていました。

236_convert_20110506072012.jpg



秋田駅です。

238_convert_20110506072105.jpg





宿への途中、こんなお店がありました。

239_convert_20110506072255.jpg




お宿は4,5畳の狭い部屋(トイレ、洗面所共同)でしたが、
キレイでお宿の方が親切で、朝ご飯がおいしかったです。

241_convert_20110506072158.jpg

249_convert_20110506072544.jpg




夕飯は宿に付いていなかったので、近所の料理屋さんで。
「しょっつる鍋」です。
しょっつるとは白醤油です。
しょっつるの入った白魚のお鍋だそうです。

243_convert_20110506072356.jpg


最後は雑炊です。

244_convert_20110506072446.jpg


2日目(5月3日)が終わりました~。
3日目に続きます。。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

その3、酒田観光で山居倉庫と庄内米歴史資料館

<2011年5月3日 6才0か月>



5月3日(火曜日、旅行2日目)の続きです。


新潟から「きらきらうえつ」酒田(山形県)に12時50分に着きました。




秋田へ向かう電車の時刻まで約2時間半の観光をすることになりました。

荷物をロッカーに預けて、レンタサイクルで回ろうと思ったのですが残念ながらすべて貸出し中でした。


バスも出たばかりだったので、タクシーで山居(さんきょ)倉庫へ向かいました。


酒田は映画「おくりびと」の舞台になった街です。
映画のロケ地も観光地になっていました。


そういえば、こういう商店街も映画に出てきたような・・・。


079_convert_20110505055256.jpg






山居(さんきょ)倉庫(に着きました。



083_convert_20110505055441.jpg






山居倉庫は明治26年(1893)、酒田米穀取引所の付属倉庫として建造されました。
船の積み下ろしに便利な最上川と新井田川とに挟まれた通称「山居島」に建てられたのが始まりです。
築百年以上経った今も農業倉庫として活躍しています。
背後を囲むけやき並木は日よけ、風よけの役目を果たし、自然を利用した低温管理が行われています。



けやき並木を歩きます。
山居稲荷神社がありました。


090_convert_20110505055536.jpg



倉庫の端まで歩きました。


092_convert_20110505055634.jpg





倉庫内にあります、庄内米歴史資料館に入りました。
料金は大人300円でしたが、
さきほど乗りました「きらきらうえつ」の車内で割引クーポン券があったので250円で入れました。


庄内米の歴史的背景がわかる資料館でした。


102_convert_20110505055836.jpg

103_convert_20110505055928.jpg







おしんと一緒に、、。


105_convert_20110505060028.jpg





109_convert_20110505060142.jpg




昔の女性は300キロくらいかついだそうです。
力持ちだわ~。


113_convert_20110505060300.jpg







稲の実るまでを映像で見られるテレビの形が面白かったです。


118_convert_20110505060426.jpg






外に出て、倉庫沿いを歩きます。
昔、川でお米を運んだ船です。

125_convert_20110505060529.jpg







お土産屋さんで、青い風船をもらって大喜びの紺太郎です。(↓けやき並木の反対側です。)

133_convert_20110505060634.jpg






山居倉庫から徒歩5分の本間家旧本邸まで歩きました。


途中、「おくりびと」のポスターを見つけました。いい映画だったな~(こちらこちら)。

141_convert_20110505060741.jpg


本間家旧本邸は、二千石格式の長屋門構えの武家屋敷でした。


142_convert_20110505060853.jpg




着いたのはいいのですが、あまり時間がなかったと入場料が1人700円で入ろうか迷っている時に、、、


147_convert_20110505061144.jpg




↑の紺太郎の風船が飛んでいってしまいました…。



大泣きです・・・。
「ふうせんっ~~!!!」と、
紺太郎、、、嘆きの図・その1、、

148_convert_20110505061245.jpg


その2

149_convert_20110505061348.jpg


その3、、


150_convert_20110505061436.jpg






「戻って同じのもらってきて~(絶叫)!」
「青いのは最後だったよ。赤でもいい?」
「だめ~!青!」


泣き止みません。。。


無料だったので、本邸のすぐ目の前の本間家別邸に入ることになりました。



144_convert_20110505060958.jpg






その4、、、



154_convert_20110505061521.jpg





うるさくて申し訳ありませんでした…。



電車の時間があるので、なんとかなだめてバスで酒田駅に戻りました。
(徒歩でも20分くらいのようです。)


156_convert_20110505061638.jpg







駅にこんな自動販売機がありました。
関東ではガチャガチャなのですが、トーマスのカプセルプラレールの自動販売機です。
200円でボタンを押すと16種類なにがでるかわからないようです。

157_convert_20110505061815.jpg



これを買ったら、、やっとご機嫌になりました。。
やれやれ・・・。
こちらではカプセルじゃなくて、箱に入っていました。箱の方が環境にいいかも・・・。


160_convert_20110505062027.jpg



どーでもいい話なのですが、こんな飲み物も売っていました。
関東にも売っているのかな~?私は初めて見ました。
(5/11追記・関東にも売っていました~。)



158_convert_20110505061922.jpg




2日目、秋田までの電車の旅に続きます。。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

秋田旅行・その2、新潟から「きらきらうえつ」で酒田へ

<2011年5月3日 6才0カ月>


東北旅行、2日目(5月3日)の朝です。



紺太郎は寝相が悪いです…(苦笑)。


001_convert_20110504070330.jpg





新潟駅から出発します。


003_convert_20110504070451.jpg

004_convert_20110504070628.jpg




新潟の街は所々にチューリップのプランターが置いてありきれいでした。


008_convert_20110504070810.jpg


紺太郎は東京と海の位置が違う路線図に興味津々でした。


009_convert_20110504070938.jpg





羽越本線の「きらきらうえつ」に乗って酒田(山形県)へ出発です。(10時15分発)
「きらきらうえつ」は「新潟~酒田」間を走るジョイフルトレイン(快速・観光電車)になります。


012_convert_20110504071048.jpg







きらきらうえつの1両目は運転席の後ろと座席の間に小さなスペースですがデッキ(展望席)があります。
前、左右とも眺めが抜群です!!


014_convert_20110504081758.jpg

015_convert_20110504081948.jpg







紺太郎は大喜びで一番前に座ってしばらく運転を見ていました。


019_convert_20110504082105.jpg





眺めがいいです。


025_convert_20110504082338.jpg


031_convert_20110504082445.jpg


特急とすれ違います。


032_convert_20110504082548.jpg


途中駅の村上です。


038_convert_20110504082858.jpg


034_convert_20110504082728.jpg





車内にぬりえコーナーがありました。

040_convert_20110504083002.jpg



左手に日本海が見えます。


054_convert_20110504083154.jpg






2両目は売店とこんなデッキもあって、車内でお弁当を買って食べました。(1050円)
「まさか いくら なんでも弁当」はおいしかったです。
「まさか」は「鱒、さけ、蟹」の「最初の文字」をとっています。

 
056_convert_20110504083344.jpg








鳥海山です。


069_convert_20110504083449.jpg


071_convert_20110504083645.jpg






約2時間35分の旅で酒田(山形県)に着きました。(12時50分着)
すごく楽しい列車の旅でした。


076_convert_20110504083738.jpg






酒田で約2時間半観光しました。




酒田の観光(2日目)へ続きます~。




テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

秋田旅行の始まりは各駅電車で・・・

<2011年5月2日のこと 6才0か月>


「旅行でブログを一週間お休みします」、、なんて書いておきながら、
次の日にもうアップしています(笑)。
朝5時に目が覚めてしまったもので…。


(自動更新のものを含めて)本日2本目の更新になってしまいます。


5月2日(月曜日)から、6泊7日・1週間の予定で東北(秋田)旅行がはじまりました。


私は飛行機や新幹線など使って効率的な旅行が好きなのですが、
夫の意向で「行き」の最初は各駅電車でゆっくりと目的地へ近づくことになりました。
回り道のようにも思えるのですが、、こういう旅はこういう旅で良さがあるのでしょう…。


5月2日(1日目)の目的地は新潟です。


(最初の方の工程はは省略しまして、)
八高線高崎まで行きます。


003_convert_20110503052523.jpg





上越線高崎から水上まで。


007_convert_20110503052645.jpg



水上に着きました。


009_convert_20110503052933.jpg


010_convert_20110503053204.jpg



水上で電車を乗り換え長岡まで行きます。


013_convert_20110503053309.jpg


ドアが手動でびっくりしました(笑)。


015_convert_20110503053431.jpg






水上を出ると、、、、次の湯檜曽、土合と2つの駅がトンネルの中にありました。


016_convert_20110503053528.jpg

017_convert_20110503053633.jpg




トンネル(新清水トンネル)の中に駅なんてめずらしいな~とびっくりしていたのですが、
紺太郎に言うと、「地下鉄だってそうじゃん!」の返事が返ってきました。
まあ、、そうだけど。。



長ーいトンネルを抜けると脚立を立てた鉄道マニアの方数人が山肌で待機して電車を撮っていました。
トンネルを抜けた後、景色が一変しました。雪が多いです。


018_convert_20110503053737.jpg





後で調べてみると、川端康成の「雪国」のモデルとなった場所のようです。

「国境(群馬・新潟)の長いトンネルを抜けると、雪国だった」。
まさしくそんな気分になりました!!






関東の方は、もうすっかり春を満喫していましたが、
こちらは桃や桜が咲き始め、初春でした!


020_convert_20110503053851.jpg

022_convert_20110503053957.jpg






パパに抱っこされて先頭車両から線路を見ます。







紺太郎が楽しそうでよかったです。途中ちょっと飽きてしまっているような所もありましたが。。


027_convert_20110503054325.jpg






長岡に着きました。
特急・北越が停まっていました。


030_convert_20110503054558.jpg


少しの時間、途中下車しました。

P1030655_convert_20110517075313.jpg




長岡から新潟までは信越本線です。


028_convert_20110503054452.jpg



景色が田園風景に変わります。


031_convert_20110503054722.jpg



新聞のチラシに入っていた算数の問題をやります。
(17-9=)の問題がわからなかったのですが、うまく説明できませんでした。


032_convert_20110503065032.jpg








新潟に着きました。
本日の新潟のお宿はビジネスホテルです。

035_convert_20110503054823.jpg





1日目が無事に終わりました~。


テーマ : 家族でお出かけ
ジャンル : 育児

「ありがとう」は魔法の言葉

<2011年5月2日の朝に書きました>



こちらは自動更新になります。(只今旅行中です。)
GW前半に私が読んだ本の紹介になります。

「ツキを呼び運命を開く ありがとうは魔法の言葉 (宝島社文庫) 佐藤富雄・著」です。





言霊という言葉があり、「良い言葉」を使うと人間を構成している全細胞がその言葉の達成のために動き始める。
「良い言葉」とは、ありがとう、楽しい、嬉しいといった快の言葉を普段から使うとよいとのこと。


そして自分の望むことを、
「私は~できました。ありがとう。神に感謝します」と完了形で唱えること。


大切なのは、「私は~できました」と言い切ってしまうこと。
そう言い切ったときに感じるうれしさ、楽しさ、感動、感激、感謝の気持ちを脳にフィードバックし、脳にとって快の環境をつくっていくことがよい。

とありました。



過去に私が凹んでどーしようもなく落ち込んだときに、
自分に「私には素晴らしい未来が待っている、私には素晴らしい未来が待っている」とブツブツ唱えることで、気持ちを落ち着かせていたことがありました。
それも同じ考え方だと思いますが、具体的にイメージして完了形で言うともっとパワーアップしそうですね。


そういえば話はそれますが、
私は「子育てのイライラ・ガミガミがなくなる本  PHP研究所」




を書かれた石神 明生(パピーいしがみ)さんのメルマガを購読しているのですが、
震災直後(3/20)に石神さんが↓こんな魔法の言葉をみんなで唱えましょう、と書かれていたことがありました。



 「福島原発が沈静化して、被災地が力強く

  復興に向けて動き出しました。感謝します。」



と。
この言葉も同じ法則ですね。





話しを戻しまして、本の最後にさまざまな「ありがとうの言葉」が例としてリストアップされていました。
自分の言葉を書き添えてオリジナルなものをつくり、口に出して言うといいそうです。


忘備録のために、特に今の自分に必要なものをメモ書きさせてください。






朝起きたら、


おはよう!今日も一日いいことが起こりそう。ありがとう!


夜寝る前に、

ああ、いい一日だった。今日のいい出来事を数えてみよう。明日も楽しみだ。ありがとう!


わが身を慈しみながら、

いつも健康でいられてありがたい。身体よ、どうもありがとう。これからも末永くヨロシク!


快適な我が家に・・・

わが家は世界でいちばんいい場所だ。ここで家族の幸せが育まれる。ありがとう。


狭くていやだな~~、広いキレイな所に引っ越したい(でも引越しはイヤ)、、なーんて思ってばかりじゃダメですね…(苦笑)。



夫婦は互いに、

いつも大事にしてくれてありがとう。あなたは私のベストパートナー!



家族全員に、


家族がいてくれるから頑張れる。ありがとう。うちは世界一の幸せ家族だね。


鏡に向って自画自賛

なんていい女(男)だろう!いい女に生んでくれた両親にありがとう!


自分の顔や体型、性格に満足できない人は、この言葉を唱え続けてください。
1週間後大きな変化があらわれます。
自分の長所や個性がはっきりと見えるようになり、自分を丸ごと受け容れ、好きになることができます。
自分で自分を認め、愛するようになってはじめて、人を愛し、信じ、心から感謝することができます。


これ、自信がなくてあんまり自分のことが好きじゃない私には必要かもしれません~。



ケンカのあとは、、

それでも私たちはうまくいってる。大丈夫、すべてうまくいっている。ありがとう。



イライラ、不安、気持ちが落ち込むとき、、

今、たまたまそうなっているだけ。すぐに良くなる。本来の元気な自分にありがとう。


イヤなことがあったら、


私は楽天家。いやな出来事を忘れるのが得意。楽天家バンザイ!ありがとう



わが家、夫婦、家族、自分、イライラの6つくらい大きくメモ書きして冷蔵庫にでも貼っておこうかな~。



いつも夫婦喧嘩ばかりなのに、「あなたは私のベストパートナー」なんて書いていたら、びっくりするかもしれません(笑)。
でもやってみました。


CARE7PQ0.jpg




1つ作ってみました。

「無駄な脂肪がとれて、すっきりキレイに健康的に痩せました。ありがとう!」
(只今、産前より8~10キロ太っています。)

なーんて…(笑)。




こちらに遊びにきてくださる方にもありがとうです!
(あ、とってつけたようになってしまいましたが(笑)、心からそう思っています。)


色々なことに感謝したいと思います。


テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

横浜「ボーネルンド あそびのせかい」で室内遊び

<2011年4月30日 & 5月1日 6才0ヶ月>


仲良くさせていただいているブロ友さんの「オーストラリアの空の下で」kovachanさんは、旦那様はオージーでゴールドコースト在住です。


kovachanさんが只今日本へお里帰り中とのことで、
横浜みなとみらいの「ボーネルンド 遊びの世界」(室内遊び場)で娘さんのミーナちゃんと紺太郎を一緒に遊ばせることができました。


kovachanさんのブログはとても笑える面白いものなのですが、やはりkovachanさんは楽しい方でした。
偶然にも短大を卒業してから就職した会社(銀行)が二人とも同じことにびっくりしました。



娘さんのミーナちゃん(6才)もブログで拝見していて、とても可愛いと思っていたので、実際会うことができて嬉しかったです。
(妹のリサちゃん(3才)もこれまた写真で拝見すると、すごーーーーく可愛いのですが、
体調不良でご実家でお留守番、、、とのことで会えなくて残念でした。)




ミーナちゃんは恥かしがり屋さんのようで、最初は笑顔が見られませんでしたが、
遊び始めると笑顔が出てきてよかったです。


1104300119_convert_20110501134845.jpg




せっかく二人で遊びにきているのに、、紺太郎は線路遊びが気になるようで…。

1104300122_convert_20110501134948.jpg




「いつも1人で遊んでいるんだから、せっかくお友達がいるときは一緒に遊びなよ~」と何回か言いました。


わかってくれたようで、かけっこしたり、


1104300126_convert_20110501135034.jpg



ボール落としをしたりしました。

1104300132_convert_20110501135119.jpg




ミーナちゃんの一番のお気に入りは、この遊具でした。
何度もやっていました。

1104300133_convert_20110501135209.jpg




そしてこんな遊び。磁石でくっつくのかな?

1104300145_convert_20110501135252.jpg

1104300147_convert_20110501135339.jpg




ミーナちゃんは「塔の上のラプンツェル」の映画が大好きなようで、塔を作ったようです。
(うちもこの映画を見に行きました。)



1104300151_convert_20110501135429.jpg

↑オーストラリアにはこんな髪の長いラプンツェル人形が売っているようです。






↓あ、日本にもありました!






紺太郎は完成~。


1104300152_convert_20110501135516.jpg



ミーナちゃんと一緒に。ヒモも髪の毛だということです^^。

1104300155_convert_20110501135602.jpg




壁に歯車をつける遊びも楽しかったようです。
やっぱりミーナちゃんかわいいな~。モデルさんのようです。

1104300158_convert_20110501135655.jpg



紺太郎、コレにはまりました。。壁一面全部をつなげるまで頑張っていました。

1104300162_convert_20110501141410.jpg




こんな遊びもありました。

1104300165_convert_20110501135746.jpg



最後はボールプールです。

1104300169_convert_20110501135837.jpg





たっぷり約2時間楽しみました~。
kovachanさん、ミーナちゃん、ありがとうございました!



****



5月1日(日曜日)はまったりと夫の実家で過ごしました。


おじいちゃんと将棋をやったり、

1105010175_convert_20110501211711.jpg



おじいちゃんに日本国内の路線図をかいてもらったり、、


1105010176_convert_20110501211745.jpg



と一緒に写真を撮りました。

1105010180_convert_20110501211559.jpg




藤棚ともパチリ。

1105010184_convert_20110501211632.jpg






夜に自宅へ戻ってきました。


***


震災前は春休みは那須の「レゴランド」でも行きたいな~なんて漠然と思っていました。
(今HPで知ったのですが、今年の8月で閉館のようです。)
でも、、
震災が起こり、旅行どころではなくなりました。
広島へ行きましたし…。




GWも旅行の気分ではなかったのですが、
夫が「東北へ旅行する」と言い出しました。
一度計画がダメになりキャンセルしたり(どーでもいいけどこちら)、私も余震が心配だったりしたのですが、
やはり行くことになりました。


2日(月曜日)から1週間東北(主に秋田)へ行ってきます。
ローカル線と秋田に入ってからはレンタカーの旅になります。


なので1週間、ブログをお休みします。
(1つ自動更新がありますが…。)
いつも遊びに行かせていただいている方へのブログ訪問もできなくなります。すみません~。
コメント返しも遅くなると思います。
(必ずコメント返しはいたしますので、いただけると嬉しいです♪)


なーんて書きつつ、いつものように実況中継のブログを毎日のように更新するかもしれませんが…(笑)。


では、いってきます!



にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

菊の挿し芽&6才の誕生日パーティ、etc

<2011年4月29日 6才0ヶ月>



29日(金曜日・祝日)の続きです。
横浜・港の見える丘公園での遠藤周作展こちら)から夫の実家へ2時過ぎに戻ってきました。


紺太郎がおじいちゃんの作った心字(しんじ)池(上から見ると心の字に見える池)にいました。

1104290040_convert_20110430232403.jpg



手を池に突っ込んで「ダム~っ!」と言って無心で遊んでいます。

1104290042_convert_20110430232508.jpg


1104290043_convert_20110430211808.jpg


1104290050_convert_20110430212804.jpg




私も池の側に座ってポケッ~と紺太郎を眺めていました。
ダム遊びは30分以上続きました。



さきほど行った遠藤周作展遠藤周作さんが書いた絵本があり展示されていました。
彼が絵本を書いているなんて知らなかったので驚きました。


天国のいねむり男 (メルヘンの森) 遠藤 周作 (著) ヨゼフ・ウィルコン (イラスト) 河出書房新社」という絵本です。




絵本の下に↓(正確には覚えていませんが…)こんなような解説が入っていました。
「今の子ども達は何事も(塾通いなど)効率的に毎日を過ごすことを強要されています。
しかし子どもに大切なのは、野原などの自然の中で遊ぶこと。そんな無意味に思えるような時間が実は大切。
天国で居眠りするイエスの弟子ズボラがそんなことを気づかせてくれます。」


それを読んで「なるほどな~」と思った後だったので、
こうやって無心に遊んでいる子どもを見て、なんとなく心が和んでしまいました。




実はこの絵本、、欲しくてamazonnで買ってしまいました~(中古)。
届いて面白かったら、こちらで紹介しますね…。





池で遊んだ後は、おふざけタイムです。


1104290055_convert_20110430212846.jpg

1104290056_convert_20110430213024.jpg



楽しくてよかったね^^。





続いて裏の山でおばあちゃんと一緒に「のびる」採りをしました。
(「のびるの油味噌炒め」の作り方はこちら
こんなに沢山採れました。


1104290063_convert_20110430213103.jpg



根っこをハサミで切るお手伝いです。

1104290064_convert_20110430213145.jpg





次はおじいちゃんの「菊の挿し芽」のお手伝いです。



赤土を丸め、

1104290067_convert_20110430213225.jpg






切った菊の枝をさし、

1104290072_convert_20110430213300.jpg



土に穴をあけて、

1104290073_convert_20110430213333.jpg



植えます。

1104290074_convert_20110430213416.jpg



こうすると、数日後に根が出てくるそうです。


ずっとお手伝いをしていました。


1104290075_convert_20110430213500.jpg

1104290076_convert_20110430213533.jpg




そして、
夕飯のポテトサラダつくりのお手伝いです。

1104290082_convert_20110430213608.jpg






エビフライの手伝いもしてくれました。

1104290086_convert_20110430213642.jpg







6才の誕生日パーティをするためにケーキを買ってもらいました。
イチゴで飾りつけをしました。


1104290093_convert_20110430213717.jpg

クマちゃんの形のケーキなのに、イチゴで訳分からなくなっています(笑)。




話はそれますが、後ろのテレビは「ロイヤルウェディング」です。
どーでもいい話ですが、ベアトリス王女(ウィリアム王子のいとこ)の帽子にはびっくりしました(笑)。



princess-beatrice-pic-getty-images-image-1-225099416.jpg
(画像はMirrorより)






話は戻しまして、、、(笑)、
ろうそくを吹き消してみんなでお祝いをしました。
成長に感謝です。


1104290098_convert_20110430213753.jpg




そして夕飯後に午前中に作ったこんなものを見せてもらいました。
キャンディにキャンディケーン、おせんべいにチョコレートらしいです。

1104290111_convert_20110430213848.jpg



幼稚園でキャンディケーンの作り方を教えてもらったようです。
作り方を教えてくれました。

1104290114_convert_20110430213921.jpg



更に沢山作りました。

1104290115_convert_20110430213957.jpg






夫の実家にいると、、過ごしている時間がすごく「健全」のように思われます。
(自宅にいるとテレビを見せている時間が長いし、私と二人だけなことが多くて私のイライラをぶつけたりしてしまいます…。)



ありがたい時間です。



にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード