ギリシャ料理、新宿歌舞伎町「デカメロン」

<2010年7月30日 >



6、7年前のオーストラリアのケアンズ旅行で入ったギリシャ料理屋さんがとても美味しくて、思い出して、
半月前くらいから「ギリシャ料理が食べたい~!」の気持ちが沸々とわいてきていました。


特にお肉にヨーグルトソースをかけた絶妙な美味しさ。。


なので、、友達を誘って30日(金曜日)ギリシャ料理を食べにいきました。



場所はネット検索で見つけた新宿歌舞伎町の「デカメロン」です。


歌舞伎町って、、久しぶり。。

CAOVXYAG.jpg



すごい人だし、、ゴチャゴチャしているし、
なんかコスプレとか怪しいお店とかあって、雰囲気が他の街と全然違います。。


お店は新宿駅から徒歩8分です。



大きな地図で見る



私たちが頼んだのは「サングリアコース」(2940円)です。


デカンタのサングリアにお料理がつきます。

サングリアはオレンジとグレープフルーツに白ワインで、、まるでジュースのように美味しかったです。
白ワインのサングリアは初めてです。


まずギリシャサラダです。
シーフードサラダと選べます。


1007300003_convert_20100731012126.jpg



上にヤギのチーズとオリーブが乗っています。
ちょっと量が多かったです。
2人なのに、、4人分くらいありました。。


ムサカです。



1007300006_convert_20100731012212.jpg

下からジャガイモ、ひき肉、マッシュポテトと層になっていてトマトソースでいただきます。
これ作れそう~。美味しかったです。




バカリャロ(タラのビール衣揚げ)


1007300010_convert_20100731012244.jpg




海の幸のリゾットです。


1007300019_convert_20100731012351.jpg



あと、バケットが4切れ付きます。



コースに私の食べたかったヨーグルトソースのお肉が入っていなかったので、
別に頼みました。

スブラキです。(1260円)


1007300014_convert_20100731012316.jpg



実は、、お肉(豚肉)の筋が固くて、、私の思っていた味ではありませんでした…。


デザートはアイスです。ナッツが入っていました。

1007300021_convert_20100731012421.jpg



一緒に行った友達は新婚旅行にギリシャに行ったそうですが、
そこで食べたピスタチオの味が美味しくて忘れられないそうです。
このアイスの中もピスタチオかな?美味しいアイスでした。


ギリシャは、、
白い壁に青い海、、とてもキレイだったそうです。



私もいつかギリシャに行きたいな~~~。



外に出てから思ったよりお会計がちょっと高かったので、考えてみたら
お通し代が一人315円とられているかな?


最初にプリッツがコップに入れてでてきたのだけど。。
食べていないんだけどな~。。



でもまあ、(スブラキ以外は)美味しいお店でした。
おなか一杯~。食べ過ぎました~!!!
あ~~、ダイエット…(苦笑)。。



遊びにきてくださってありがとうございました!

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

俵万智さんお勧めの本・2「かーかん はあい」

<2010年7月29日 5才3ヶ月>



俵万智さんの「かーかん はあい ~子どもと本と私~」の中で俵さんがお勧めしていた本の紹介のつづきです。



「ぐりとぐら」●





「たんじょうびおめでとう 森比呂志 わだよしおみ 若山憲」






「長くつしたのピッピ」




「ゆうれいホテル 」






俵さんのいとこがプレゼントしてくれた本だそうです。
「ちのりのジャムのトースト、しんせんなゴ○ブリのたたきをそえたのうみそ」と不気味な話で、
俵さんだったら絶対に選ばない本だそうです。
でも息子さんは来る日も来る日も「ゆうれいホテル」三昧だったそうです。

俵さんはこんなことを書かれています。


自分の本の選び方は、心やさしい主人公がでてきたり、ちょっと教訓的だったり、、
親の目で選ぶと、どうしても教育的配慮の働いた選択になってしまう。
もちろん、そういう本もいいのだけど、いっぽうで「ゆうれいホテル」のような本も、子どもの世界を広げてくれることを知った。
いろいろな大人が、いろいろなセンスで、子どもに本をプレゼントするのって、案外大事なことかもしれない。


なるほど、、と思いました。
自分が選ぶ本って偏りますからね~。

どうしてこの本がおもしろいのか?コッチにはわからない本が子どもにウケたりするんですよね…。


「ないたあかおに」






「ねえ、どれがいい?」








「子ども版 声に出して読みたい日本語5」





「ワニくんのふしぎなよる」





「おこちゃん 山本容子」





「おこちゃん」は、銅版画家の山本容子さんの少女時代を絵本にしたものです。
自由奔放な「おこちゃん」がさまざまなことをしでかしては、まわりの大人をびっくりさせます。
いちじくの木が寂しそうだからとパンツを飾ったり、下駄に釘を打ってハイピールにしたり、。。


じいちゃんもばあちゃんもかあさんもとうさんも、みんな、「びっくりひっくりかえる」だけで、決しておこちゃんを叱らない。
このひたすら受けとめる心の広さ。おこちゃんは、生き生きと、ますます創造の翼をひろげていく。

芸術家を育てようなんて、大それたことは思わないけれど、おこちゃんを見守った大人の態度には、大いに学ぶところがある。



なるほど、、まわりの大人が、子どもが常識からはずれた行動をした時に、怒ったり叱ったりして枠にはめようとしているわけじゃないんですね。。


「さると かに 小沢正」






「よーするに医学えほん からだアイらんど おなか編」






「花さき山」





「かみさまからのおくりもの」*

こちらで紹介済みです。)


「かーかん はあい2」に続きます。


遊びにきてくださってありがとうございました!

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 子どもの本
ジャンル : 本・雑誌

俵万智さんお勧めの本・1「かーかん、はーい」

<2010年7月28日 5才3ヶ月>



何度かとりあげさせていただいている「かーかん、はあい~子どもと本と私」ですが(こちらなど)、
この本は俵万智さんが息子さんに読んであげた本と、それにまつわるエピソードが短く書かれています。
朝日新聞の夕刊に掲載されていました。





この本で取り上げられた本を、メモ代わりに紹介させてださい。
これから図書館で本を借りる時の自分の参考にしようと思っています。


1と2があり、
1は息子さんが2~4才ころの本です。


うちが持っている本は*印、読んだことがあるものは●印をつけています。



「じゃあじゃあびりびり まついのりこ」*





「いぬ わんわんわん」「みずじゃあじゃあじゃあ」と擬音語の本です。
うちも住んでいる地域から6ヶ月検診の時にいただいて読んでいたのですが、色も原色できれいだし、
子どもも喜んでいました。


それに厚紙でできているのが赤ちゃんにはいいです。
紺太郎がかじって、ページの端はボロボロになっています。




「ころころころ 元永定正」*





でこぼこみち、あらしのみち、、と玉がひたすら「ころころ」ところがっていく話です。
以前PHPで俵さんがこの本を紹介していて購入しました。

「ひよこクラブ ベネッセ」



「きんぎょがにげた 五味太郎」*






俵さんは「これは、金魚の自分さがしの旅」という解釈をつけています。


「はっけんずかん むし 海野和男監修」





「りゅうのめのなみだ 浜田広介文」





「じぶんでひらく絵本」






シンプルな仕掛けがあり、コンパクトなので「遠出のおともに」、、と書かれています。

「三びきのやぎのがらがらどん」●こちらで紹介済み)


「つんつくせんせいと つんくまえんの くま」





お昼寝のとも、、と書かれています。



「あんぱんまん やなせたかし」





「よるくま 酒井駒子」*






私はお母さんが寝ている子供を残してお仕事に行くことが許せなくてこの本が好きではないのですが(苦笑)。。

俵さんは、こんなことを書かれています。


絵本の冒頭は「ママあのね…」「まあまだおきていたの」「あのねきのうのよるね…」と始まるのだが、
「ママあのね…」「まあまだおきていたの。早く寝なさい」では、この素敵なお話は語られることなく終わってしまう。だからこれは、坊やとママの二人で創作した話だとも読める。
「早く寝なさい」の一言をこらえて、子どもの話をよく聞ける自分でいたいものだと、
『よるくま』を開くたびに思う。



なるほどな~と思いました。
私だったら、夜寝るときに話しかけられると、
「うるさい!話しかけないで!」
とか
「はい、次話した人が負けね、よ~いドン!」
ととにかく早く寝かせようと、、
子どもの話なんて聞こうとしないですもの…(苦笑)。
ちょっと反省です・・・。



長いのでつづきます。




遊びにきてくださってありがとうございました!

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 子どもの本
ジャンル : 本・雑誌

俵万智さんのお母様と、贈り物

<2010年7月27日 5才3ヶ月>



少し前に書きました俵万智さんの「かーかん、はあい ~子どもと本と私~」には(こちら)、
俵さんがお子さんに読んであげた本の紹介とそれにまつわるエピソードがのっています。





読んでいると、「この本、私も子どもに読んであげたい!」と思えてきます。
後日「どんな本を紹介していたのか」を私のメモ代わりにリストにしてみたいと思っています。


その前に、、
この本の中でへぇ~と思ったことを2つご紹介させてください。


1つは
「三びきのやぎのがらがらどん」の中で書かれていたことです。





「むかし、三びきのやぎがいました。なまえは、どれもがらがらどんといいました。」
私が三歳だったころ、大好きだった一人遊びは「本を読んでいるふりごっこ」。
字はまだ読めないのだが、一冊の絵本を丸暗記して、さも読んでいるかのように、ページをめくっていく。その遊びのおともが『三びきのやぎのがらがらどん』だった。


(そして息子さんに読んであげます。)

息子は、がらがらどんたちよりも、トロルの方が気になるらしく「トロルのごほん」と呼んで「もっかい!もっかい!」を繰り返している。それほど長い話ではないが、子どもが耳から聞いて全文を覚えるとなると、そうとうな道のりであることは、まちがいない。読んでやる立場になってみると、そのことが、あらためて実感される。

三歳の時に丸暗記していたということを、実は自分は、ちょっと得意に思っていた。
が、それは、丸暗記するまで読んでくれた母のおかげだったと、身に沁みて思う今日このごろだ。



俵さんといえば、、日本を代表する歌人です。
言葉をあやつることに関してはピカ一。
そんな彼女には、、本を丸々1冊丸暗記するくらい読み聞かせをしてあげていた「お母さん」がいたんだ、、
ということに感心しました…。


私は年中になってから紺太郎に「絵本の時間」を午後の時間に作ってあげるようになりましたが、、
その前は、、ちょっと長い本を持ってくると、、
「メンドクサイ…」とか思っていました。
「1人で遊んで~。」と思ってしまうことが多かったです。

「絵本の時間」というものを作って「読んであげよう」という心構えができてよかったです。
時間を作る前は、
夜寝る前に読んでいたことが多かったので、「早く寝せたい!」の気持ちが大きくてゆっくり沢山読んであげようとは思わなかったので…。


もう1つは、「かみさまからのおくりもの」です。





こちらは神様が赤ちゃんが生まれると、ひとりひとり贈り物をくださる、それを天使が運んでくるという内容です。
「よくわらう」「ちからもち」「うたがすき」「よくたべる」「やさしい」など。


俵さんが息子さんに自分は何をもらったか聞いてみたところ「げんき、かっこいい、おどりがじょうず、やさしい、よくねる、ごほんがすき」などなど沢山の答えが返ってきたそうです。
「いっぱいあるねえ。じゃあ、おかあさんはなにをもらったと思う?」と聞いたそうです。


「やさしい」とか「りょうりがじょうず」とかを密かに期待していたのだが、息子は自分のときと違って息子はなかなか口を開かない。
「おかあさん、じつは『たんかがじょうず』をもらったんだよ」と冗談めかして言うと、「それはしってる」と軽く受け流されてしまった。そしてしばらくして、息子はこう言った。
「わかった!おかあさんがもらったのは『たくみんが、うまれる』じゃない?」
この答を、私は一生忘れないだろう。
もしかしたら、これこそが、この絵本が伝えたいことだったのかもしれない、と思った。



ああ、、ホントそのとおりだな~と思いました。
子どもは文字どおり「かみさまからのおくりもの」ですね…。
「預かりもの」でもあるのですが…。



まあこの本はPHPでも俵さんが紹介していて(こちら)、ずいぶん前に購入していたのですが、
紺太郎の反応は、、イマイチでした…。


こういうことがあるので、、
やはり「図書館で借りる」、、、っていいですね。


でもまあ、、一度は反応がなくても後で読んで反応が違う場合もありますし、
購入して家にありますと、手元にあるので何回も読むことになるので、
それはそれでいいこともありますよね。

俵さんと息子さんが↑の会話をしたのも、
久しぶりにこの本を手にとって読んであげた時の会話だったそうです。


そして、図書館で借りた場合、
気に入った本を購入するかどうか?の選択が難しいです。



(後日談)
紺太郎は「かみさまからのおくりもの」を気に入った時期もありました。
なので、やっぱり図書館より手元にあるもいいかな?なんても思いました(苦笑)。



遊びにきてくださってありがとうございました!
27日に私だけ自宅に戻ってきました。

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

楽しい室内遊び場、アメイジングワールド

<2010年7月26日 5才3ヶ月>


26日(月曜日)は紺太郎と二人で室内遊び場アメイジングワールドへ行ってきました。


私たちが行ったのは横浜市のルララこうほく店ですが、
他にも東京の多摩境、千葉の船橋、愛知の江南、にお店があります。


もより駅は横浜市営地下鉄グリーンライン線orブルーライン線の
センター北駅 or センター南駅
になります。(徒歩8分)



大きな地図で見る


初めての人は登録料が315円かかり、1日フリーパスが1人990円で、
時間制だと1時間500円です。


まずはこんな遊具です。ボーネルンドのあそびのせかいにも同じものがありました(こちら)。


1007260154_convert_20100726210731.jpg



こんなボールの遊び場や、

1007260083_convert_20100726205246.jpg



トランポリンがあります。


1007260086_convert_20100726205538.jpg




エアーアスレチックもあります。


1007260092_convert_20100726205750.jpg

1007260096_convert_20100726205857.jpg



イベント広場や遊園地で↑こういう遊具が『5分300円』で遊べたりするので(←たまに「ぼったくり」じゃないかと思うような時があります・笑)、
それを考えれば、、こちらの入場料もそんなに割高じゃないかな…。



ロッククライミングもどきの上るものも。。

1007260088_convert_20100726205821.jpg



ボールプールもあります。

1007260097_convert_20100726205929.jpg




膨大の量のつみき
がありました。
私と二人でせっせと積みます。

1007260105_convert_20100726210006.jpg

1007260108_convert_20100726210043.jpg




壊して、、

1007260119_convert_20100726210124.jpg




また積みます。

1007260131_convert_20100726210207.jpg



ハンモックの遊具です。

1007260135_convert_20100726210259.jpg




こちら↓のミニバイクが一番はまりました。約2時間いたのですが、半分以上の時間をつかいました。
約3周して並んでいる子と交代します。

1007260143_convert_20100726210419.jpg

1007260144_convert_20100726210342.jpg




つな上りは全然上れません…。

1007260146_convert_20100726210459.jpg



イベントも1日に4回ありました。時間が合わず残念ながら参加できませんでした。

1007260148_convert_20100726210551.jpg


白いボードにお絵かきもできます。

1007260149_convert_20100726210633.jpg




2時間たっぷり遊んで楽しかったです。
今は外は炎天下、、、室内の遊び場は重宝します~。



多摩境店の方はコスプレして写真を撮ったりすることもできたり(有料)、
あと親用のマッサージチェアもあるようです…。

楽しそう・・・。




*******

只今夫の実家に滞在中で、
そちらへ帰る途中に紺太郎に先週の幼稚園の『お泊り保育』の話を聞きました。
紺太郎が覚えている限り、夜に泣いた子は女の子はいなかったそうです。
(自分は泣かなかったそうですが)男の子は5人中3人が泣いたそうです。



私が「男の子は女の子より甘えん坊なんだね~。」と言うと、
紺太郎は、
「みんな、、ママが好きすぎちゃうんだよ~。

コンタロウはそれほどでもないけどね~。」




えっ!?
  ガクっ…orz (笑)。






「でも大好きだけど~」と付け加えてくれてちょっと救われました…(苦笑)。




遊びにきてくださってありがとうございました!

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 育児

ライオンキングとブルーベリー狩り

<2010年7月24、25日 5才2ヶ月>


義妹さんが演劇ファンなので、
24日(土曜日)に義両親と一緒に紺太郎を劇団四季の「ライオンキング」へ連れて行ってくださいました。

1007240015_convert_20100725231245.jpg



紺太郎、初めての本格的なミュージカル、、
飽きたりして騒いだりしないか心配していましたが、
ちゃんと「途中はお話してはいけない」と前もって言われて、
2時間半の間、最後まで大人しく見ていたそうです。

「楽しかった~」と言っていてよかったです!




私も24日の夜から紺太郎のいる夫の実家にやってきました。


紺太郎がおばあちゃん(義母)と一緒にお風呂に入った後です。
「ぜんぶ50(cc)ずついれたの~」と。


1007240012_convert_20100725231156.jpg


おじいちゃんと路線図作りです。

1007250016_convert_20100726003253.jpg


家ではやらないことを色々と遊んでくれてありがたいです。


それに、、
自宅で私1人で紺太郎を見ていると、紺太郎が癇癪をおこしたりすると私もイライラしてしまったりすることが多いのですが、
夫の実家ですと、面倒を見てくれる人が沢山いるからか、、イライラすることも少なくなっていいです~。


******

25日(日曜日)は夫と義母と紺太郎と4人でブルーベリー狩りへ行きました。


場所は横浜市泉区にあります「さんや農園」です。
(横浜市泉区和泉町7290-3  tel 045-804-3765)


大きな地図で見る


今年で3回目になります。
(ちなみに去年は、こちらです。)




入場料は大人1000円、子ども800円、
摘み取ったものは1キロ1500円で買取ができ、1キロ以上摘むと500円バックしてくれます。
(ちょっと、、ややこしい。)


こんな感じでブルーベリーがなっています。


1007250039_convert_20100725231331.jpg



去年までは紺太郎はあまり摘むこともなく、ちょっとだけ摘んであとは飽きていたのですが、
今回は即戦力になりました。
一生懸命摘んでいました。


とにかく暑いので、木の下で摘みます。


1007250043_convert_20100725231421.jpg



我が家の収穫、、約4キロちょっとです。。

1007250049_convert_20100725231506.jpg

1007250057_convert_20100725231553.jpg


暑くて大変でしたが、しばらく美味しいブルーベリーが食べられます。




農園の方にカブトムシを1匹いただきました。
家には近所の方にいただいた2匹がすでにいるのですが。
紺太郎は触るのに、、大騒ぎしていました。

1007250073_convert_20100725231639.jpg



結局触れなかったです・・・



楽しい一日を過ごしました!



遊びにきてくださってありがとうございました!

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 育児

英語の単語パズル「The Three Letter Words」

<2010年7月24日 5才2ヶ月>


紺太郎の英語の勉強のために買ったおもちゃの紹介です。

The Three Letter Words」というカードパズルです。




1つの絵が3枚にわれていて、それぞれにアルファベットが一文字ずつついています。
「bus」「boy」「cow」などがあります。
表はカラーに、 裏は白黒になっています。

表は名詞で裏は形容詞になっていて、
「big bus」「dry boy」「shy cow」
と繋げることができます。


紺太郎、一生懸命絵をくっつけていました。


1007160074_convert_20100724140452.jpg
(7/16)

1007160079_convert_20100724140539.jpg
(↑腕プルプル棒、、失礼します・・・笑。)

1007160083_convert_20100724140616.jpg

1007160084_convert_20100724140645.jpg



紺太郎の英語は話すことももちろん、読むこと書くことはまだまだですが、
こうやって楽しみながら学んでいけたらいいです~。


********


先日テレビで、
中学生の男の子をお持ちの松井直美さんがこんなことを言っていました。

息子さんが携帯でメールを打っていたので、
「誰にメールしているの?」と何気なく聞いたら、、

「どうしてお母さんに誰とメールしているかを言わなくてはいけないの?」と言われたそうです。


松井さん、、
「つい最近までママ、ママ言っていたのに~」「私のお腹にいたのに~」とかおっしゃっていました(笑)。


今は幼稚園以外はずっと一緒にいるし、大体の行動を把握している所がありますが、
成長すると、、こうなるんですね。。
心構えしておこう…(笑)。


遊びにきてくださってありがとうございました!

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

線路好きな息子がウケた絵本「でんしゃはうたう」

<2010年7月24日 5才2ヶ月>


電車や線路好きの紺太郎がウケた絵本の紹介です。
図書館で借りました。

「でんしゃはうたう  三宮麻由子文  みねおみつ絵  福音館書店」です。






こちらの絵本のほとんどが、電車がかなでる擬音だけで出来ています。



普通に私が「電車の音は?」を考えると、、
「ガタンゴトン~、ガタンゴトン~」としか思いつかないのですが、
電車のすれ違う音、鉄橋を渡る音、ホームから出る音、入る音、、とバラエティにとんでいて面白いです。

『たたっ つつっつつ たたっ つつっつつ どどん…』

とか
『とっ どだっとおーん どだっとおーん どだっとおーん』
『ごどん どどっどど ででん だだっだだ だだん…』
などです。


「でんしゃは、、」という題名ですが、絵に関してはほとんど電車はでてきません。
(対抗列車やホームに停まっている電車はでてきます。)
運転手さんから見た風景が描かれています。



「読んであげるなら2~3才から」となっていますし、「文章はほとんど擬音だけ」となるとちょっと5才の子には対象年齢は低いかな?と思ったのですが、喜んでページをめくっています。




音を聞いて楽しんでいたのですが、
やっぱり心ひかれるのは線路の絵のようです。


ポイントの絵は特に見ていて飽きないようです。
「こうなって、こうなって…。」


1007160062_convert_20100724131844.jpg
(7/16)

1007160066_convert_20100724132013.jpg

1007160069_convert_20100724132125.jpg

1007160070_convert_20100724132046.jpg



ホームの絵もそそるものがあるようです。


1007160064_convert_20100724131912.jpg

1007160065_convert_20100724131943.jpg



紺太郎はプラレールの線路を繋げるのが好きですし、
初めて絵らしきものを描いたのは「線路の絵」だったくらい線路が好きなので、(どうでもいいのですがこちら・笑)、
この本は気にいったようです。


線路好きな子におすすめです~。




遊びにきてくださってありがとうございました!

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 子どもの本
ジャンル : 本・雑誌

心に響いた言葉

<2010年7月22日 5才2ヶ月>



ちょっと前に紺太郎が癇癪をおこすと私もイライラする、、
「あぁ、、もっと気の長い人になりたい…!」なんてことを書きました…。


するとネットでこんな言葉に出会いました。



気は長く

心は丸く

腹立てず

口慎めば

命、長し



色々なお寺さんのこの言葉をベースにした書が有名らしいです。(円覚寺、和歌山紀三井寺、二尊院、大徳寺塔頭大仙院など。)
書は、「気」を長~く、「心」を丸く、「腹」は横になって、、書かれています。
誰が言ったのか色々説はあるのですが、元はといえば達磨大師さんの言葉というのが有力です。
言葉も色々なバージョンがあるようです…。



私みたに気が短く、腹立てまくり、、
夫に言わなくてもいいことまでグチャグチャ口答えする、、、
となると、、私の命って、、、(苦笑)?


ちょっと心に響きました。。



もう1つ最近気に言った言葉をご紹介です。


野村克也さんがNHKの「心の遺伝子」という番組に出られていた時に(こちら)、
野村さんのノートに書かれていた言葉です。




意識(考え、心)が変われば行動が変わる

行動が変われば習慣が変わる

習慣が変われば運命が変わる

(運命が変われば人生が変わる)




こちらはヤンキースの松井秀喜さんも座右の銘としているそうです。


この言葉も色々なバージョンがあり、誰が言ったのかも色々な諸説があるそうです。
ヒンズー教の教えだとか、、スイスの哲学者とか、
アメリカの心理学者ウイリアム・ジェームスの言葉だとか、、。



「心の遺伝子」の番組では、こういう人生論などをヤクルトの選手にミーティングで教え、
意識を変えさせ優勝に導いた、、というようなことをいっていました。



先月にある子育てのセミナーに行ったのですが、
そこでも、
「自分のセルフイメージで行動が変わる、セルフイメージ(意識)で人生が変わる。→子供にかける言葉は大事というようなことを聞きました。


子どもがしまじろうのワークブックができなくて「ばかじゃないの~」とか、
遊具が上れなくて「いくじなし」とか親が言っている場合じゃないですね…。。





こうやって気に入った言葉などを書きとめるのが好きです。
感動した小説の言葉、コラム、などなど、、
そして自分の気持ちなど、、
中学生のころからノートに日記を書き始め、今じゃこんな量になりました↓(他にもありますが…)。
新聞の切り抜きなども貼ってあります。


CANWXHBN.jpg



ざまき紅子の「子育て」じゃない日記です(笑)。


ネットで日記を書き始めたので、2008年の5月がこのノートの日記の最後になっています。
ネットも書くのはタイプピングで便利だけど、ノートだとパラパラとめくってすぐに読めたりするのでいいですね…。



ちなみに、、
今パラっとめくって、いい言葉だなと思ったものを最後に1つ。。



「けちけち蒔く者はわずかに刈りとり、豊かに蒔く者は豊かに刈りとる」(新約聖書 第2コリント9の6)




前にもこちらで紹介したことがありましたが…。


これからも書き留めていこうと思います~。

そして、、、いい方向に意識が変わり、いい方向にいきますように…。



遊びにきてくださってありがとうございました!
22日の午前中に夫の実家にいる紺太郎から電話がありました。
嬉しそうに「ママ~、(ベランダのタライの)プール入っているの~」と。

義母によると「ママに電話する~」と言い出したそうで。
「楽しい!」と感じた時に、私を思い出してくれたなんて嬉しかったです。

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

お泊り保育の後、夫の実家へ

<2010年7月21日 5才2ヶ月>


21日(水曜日の朝9時半に、お泊り保育だった幼稚園へ迎えにいきました。



元気な姿の紺太郎を見てホッとしました。


月曜日に紺太郎は熱をだしたので、
火曜日に「迎えにきてください」の電話がくるのではないかとヒヤヒヤしていました。




聞いてみると、「月曜日に体調が悪かった」子が他にも何人もいたようです。
(35度近い)この暑さでバテてしまったのかしら。。




全員参加の11人参加して、誰も家に帰ることがなかったようです。
お母さんを思い出して泣いた子はいたようですが…。
(入園時は14人のクラスが、、引越しなどで11人になってしまいました。)




20日(火曜日)の初日は朝9時45分に幼稚園に集合。
その後、バスでお出かけをしてそば打ち体験をして昼食。

プラム狩りをして、


CA0OV5CF.jpg



銭湯(温泉)、


幼稚園に戻り、カレーを食べ、
屋上で「星空観察」(月しか見えなかったようです)。



8時就寝だったそうですが、
遅い子は12時まで起きていたそうです。



朝はみんな5時から起きて騒いでいたそうです…。



先生、、お疲れ様でした…。
(先生は2人ついてくださいました。
昼間は日本人の担任の先生&ネイティブの先生。夜は日本人の先生2人です。)




紺太郎によると「たのしかった~」そうで、よかったです。




その後、耳鼻科へ行き昼食を食べた後、夫の実家へ行きました。




約10日間預かってもらいます。(週末は私も行く予定です。)
わ~い!
私の夏休みです。



この紺太郎の部屋。。
プラレール、カプセルプラレール、レゴでぐちゃぐちゃ。。


CA1KJDV6.jpg



これで片付けて「部屋がきれいなまま」という嬉しい状態がちょっと続きます。
うれしいな~。
(まだ放置したままで、片付けていませんが…。)



しかし、、紺太郎は5時から起きていて疲れたのでしょう。。
実家へ連れていく途中の電車で愚図りまくり。
私はイライラ…(苦笑)。


乗換駅
で義母に「駅に何時に着きます」の電話を入れて話している時に、
紺太郎は「大事な話をしていたのに~(私が聞かなかった)」と大暴れ。


電車の中で私が「何だったの?」と聞いても、
目的駅についても
「(もう一度話すから、前の駅に)戻って~!。(戻らないと話せない)」と泣くばかり。
(乗り換え駅まで10分ちょっとの距離です。)
うるさい…。



改札で義母に引き渡すことになっていたのですが、
「じゃあおばあちゃんに聞いてから、戻るなら戻ろう。
駅でおじいちゃんも車を停めて待っているから」と改札に行きます。


おばあちゃんが「アイス買いに行こう!」となだめてもダメ…。
私の手を引っ張って「戻る~~!」と愚図太郎のギャン泣きです…。



なので、、モノでつるのは良くないのですが、
私が「めばえ買ってあげる」というと、、ケロっとして改札を出て行きました…。


ゲンキンだわ…。



前に本屋でみて、付録にトーマスのトンネルがついていて、欲しがったのですが、
「今度広島でみーちゃん(私の母)に買ってもらいな」と言っていたものです。

61xXN3Ze6RL__SL500_AA300_.jpg
(画像は↓のAmazonより)






お義母さん、帰りの本屋で「めばえ」を買ってくれたそうです。
すみませ~ん。



実家についてから、ず~っとめばえで遊んでいたそうです。
でも時々癇癪も起したそうです。。
すみませ~ん。
3時ごろお昼寝をして、起きたら、、またグダグダだったそうです。
すみません。。


寝る前も後も、、大騒動だったようで・・。


おじいちゃん、おばあちゃん、紺太郎が遊びにくるの楽しみにしていましたが、、
ちょっと申し訳ない気持ちもあります…。



お泊り保育で疲れて機嫌が悪かったのに、、丸投げ…。



義母は「怒っている時は、怒らせておけばいいのよ~」と余裕でした。
さすが。。


私も一緒にカッカきちゃ、、いけませんね…。



あ、今↑の画像を見て気がついたのですが、「めばえ」って4才までが対象なんですね…。
5才でトーマスって、、幼いのかしら。。
まあいいです。。




遊びにきてくださってありがとうございました!

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

ウケた絵本「まんじゅうこわい」

<2010年7月19、20日 5才2ヶ月>



19日(月曜日)海の日の祝日は夫はめずらしく仕事はありませんでした。
「3人でどこ行こうかな~?」などと楽しみに考えていたのですが、
めずらしく紺太郎がを出したので家でゆっくりとしました。




まあ、、関東地方は35度とか36度など記録している所もあるくらい猛暑だったので、外に出るより家でゆっくりするぐらいがよかったのかもしれません。



20日(火曜日)お泊り保育はどうかしら?と思ったのですが、、
朝には一応熱が下ったので送り出しました。
先生には「何かあったら連絡ください。迎えにきます。」と伝えておきました。



今(20日深夜です)のところ連絡はないので、、楽しく過ごしているのかな?



******


紺太郎が最近ウケた本のご紹介です。


「落語絵本 まんじゅうこわい 川端誠 クレヨンハウス」です。





みなさん、「まんじゅうこわい」のお話はご存知だと思いますが、面白いお話です。
そして落語ですので、、文章のテンポもよく、すらすらと読めてしまいます。



紺太郎に読んだら大うけでした。
読んであげるたびに大笑いします。


1007120009_convert_20100721005157.jpg
(7/12)



CA66KDUL.jpg



話の内容もさることながら、
中にでてくる登場人物の掛け合いみたいなものが面白いみたいです。




最初、紺太郎は「どうしてうまいお茶が怖いの?」なんて聞いていたのですが、
夜の布団の中で急に
「う~ん、このへんで、うまーいお茶がこわい!」と最後のセリフを言って一人で笑ったりもしています。


これは図書館で借りた物なのですが、ちょっと購入してみたい気もしています。



「まんじゅうこわい」の反応がよかったので、もう一つ落語絵本を借りてきました。

「じゅげむ」






こちらはNHK教育テレビの「にほんごであそぼ」の中で出てきているので、名前は丸暗記しています。
本の中でこの名前がでてくるたびに、紺太郎は一緒に名前をいいます。


「早く言うから数えて(時間を計って)」なんて言って、
「じゅげむ、じゅげむ、ごこうのすりきれ~」と早口でまくしたてています。


夫がこの本を読んであげたときは、自分が名前を全部読むのがメンドウなのか、
この名前の部分になると、「はい、言って」と紺太郎に丸投げしていました。






Amazonでみると、この落語絵本は沢山のお話がでているんですね。
近所の図書館には全種類はないのですが。。



「ときそば」「おおおかさばき
」などはあるので、今度順番に借りてこようと思います。

 


ちなみにAmazonで検索していたら、こんな本もみつけました。


「英語で読む 日本昔話 book4」






この中に「まんじゅう怖い」が入っています。
これだけ気に入った話なら、英語も喜んで読むかな~?



いや、、まだ紺太郎には早いかな?



いや、、私がちゃんと読んであげられないかも…(笑)。



遊びにきてくださってありがとうございました!

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 子どもの本
ジャンル : 本・雑誌

今井ゆうぞうと、親子で楽しく名曲コンサート

<2010年7月18日 5才2ヶ月>



18日(日曜日)は東京都の武蔵村山市民会館でのフレッシュ名曲コンサートに行ってきました。
(3時開演 大人2500円、子供1500円、3才以上入場可 です)



紺太郎はクラシッククインテット(9人)のコンサートは行ったことがありますが(こちら)、フルオーケストラのものは初めてになります。



夏休み! 親子で楽しく名曲コンサート

指揮:現田茂夫
歌&お話:今井ゆうぞう 
ソプラノ:清水理恵
演奏:東京交響楽団




1007180223_convert_20100719000146.jpg


私は(「おかあさんといっしょ」の元・歌のお兄さんの)今井ゆうぞうさんファンなので、ゆうぞうさん目当てでこのコンサートの券を買ったのですが、
ゆうぞうさん抜きでも、、本当に楽しい素晴らしいコンサートでした。


ph_041_04.jpg
(画像は武蔵村山市民会館のHPより)




なんかグダグダと長い日記になっていますので↓、お時間があってご興味ある方、、よろしかったらお付き合いください。。





まずコンサートの内容の前に色々と、、。


前の日に夫の実家に泊まったので、そこから会場へ向います。



夫は最近は土日は仕事ですし、そんなにクラッシックは興味ない、、とのことで紺太郎と私だけ2枚の券を用意しました。


でも18日はめずらしく仕事がなく、会場まで一緒に来てくれ&(待って)帰ってくれることになりました。



夫によると、、この武蔵村山市というのは、、
「東京都なのに、、市内に電車が一本も通っていない」で有名な市なんだそうです。




鉄道の駅も1つもありませんし、線路も通っていないそうです。
ついでに国道も・・・。。



アクセスに困りました。



ホールのHPを見ると「立川駅からバス40分」」とかだし、、。
「そんなに長い時間、バス乗るの~!?」と驚いてしまいました。


多摩モノレールの「上北台駅」から市内循環シャトルバス(約10分)がでているようなので、モノレールのルートを使うことにしました。



市内にお住まいで車のない方は、、不便でしょうね。。



モノレールの乗る前に小田急線に乗ると、ロマンスカーがすれちがって紺太郎は喜んでいました。
(前日使った)ロマンスカー弁当を出して遊んでいました。


1007180211_convert_20100719000704.jpg




乗り換え駅(新百合ヶ丘)でロマンスカーとパチリ。


1007180212_convert_20100719000555.jpg



多摩モノレールは一番前に座るとながめがいいです~。電車好きの紺太郎はやはり喜んでいました。

1007180213_convert_20100719000505.jpg

1007180215_convert_20100719000332.jpg

1007180216_convert_20100719000426.jpg



4つの電車&バスでやっと到着です…。

遠い、、不便…。。(苦笑)


1007180221_convert_20100719000239.jpg




開演前にパチリ


1007180224_convert_20100719000110.jpg



開演前の「演奏中の注意事項(携帯は切りましょう etc)」がゆうぞうさんの声でテンションあがります(笑)。
普通ホールの係りの人の声ですよね。。



1部と2部に分かれていて、今井ゆうぞうさんは2部に出てきました。


曲目は以下の通りです。

一部 オーケストラの音色とソプラノの歌声を聞いてみよう (約45分)


小室昌弘:ディズニーのメロディーによる管弦楽入門
プッチーニ:歌劇「ジャンニ・スキッキ」~私のお父様~*
岡野貞一:ふるさと*
オッフェンバック:喜歌劇「天国と地獄」~カンカン~
オッフェンバック:「ホフマン物語」~森の小鳥は憧れを歌う~*
*清水理恵(ソプラノ)


休憩 15分


第2部  ♪ゆうぞうお兄さんといっしょ♪(約45分)

久石譲:オーケストラ ストーリーズ となりのトトロ(おはなし:今井ゆうぞう)
<みんなで歌おう>
さんぽ(となりのトトロ)
おもちゃのチャチャチャ

アンコール :崖の上のポニョ





まず1部です。
オーケストラのピッコロの方(高野さん)がディズニー音楽のメドレーに合わせて色々とマイクで説明します。


「オーケストラというのは、4つのパートに分かれます。
弦楽器、(演奏)
木管楽器、(演奏)
金管楽器、(演奏)
打楽器(演奏)
です。」
というように、、

紹介しながら、そのパートの楽器だけが演奏します。


曲は続き、
「ファゴットです」
「トランペットです。」
などと、楽器を1つずつ紹介していました。
紹介された楽器はメインパートを奏でます。



よく構成されているな~と思いました。
打楽器などは面白い音がでて子供が喜こんでいます。



紺太郎は「スモールワールド」や「ミッキーマウスクラブ」など知っている歌がでいると嬉しくていちいち私を見ていました。



2、3曲目、5曲目のソプラノはキレイでした~。


4曲目の「天国と地獄」もノリがよくて子供にいい曲です。




さて、、休憩をはさんで2部になり、いよいよ今井ゆうぞうさんがでてきます。
私のテンションも上がります…(笑)。



出てきて「キャー!」と黄色い声で叫びそうになりましたが、、抑えました(笑)。


「となりのトトロ」の曲目とのことで、
ゆうぞうさんが「となりの、ト、ト、ロ~トトロ~♪」と歌うのかと思っていたのですが、まったく違うものでした。



ゆうぞうさんによると「音楽の絵本」だそうで、「みんな音を聞いて、感じてね。」と言っていました。
オーケストラの音楽に合わせて、ゆうぞうさんが「トトロのお話」をします。(約20分)



音楽が鳴っている中、途中に時々セリフが入ります。



「ある日、お父さんとメイとさつきが引っ越してきました。」


音楽


「この家はおばけやしきです。」


音楽


「なんかいる!? まっくろくろすけです!」


音楽


という感じです。


最後に猫バスがでてきて、お母さんの病院まで行き、帰ってきて終わりです。



オバケがでてくるところでは会場から子供の「怖い~!」の叫び声があがりました。
ゆうぞうさん、その声を聞いて「感じてくれたんだ~」と嬉しかったそうです。



紺太郎も真剣に聞いていました。



あとはみんなで歌います。

ゆうぞうさん、、性格なんでしょう。。とにかくハイテンションです。


「はずかしいなんて気持ちは捨てて、大きな声で~!」と。
さんぽもポニョも「知らないとは言わせないぞ~!」とか、、。



うち両方ともDVD見せてないし、、サビしか知らないんだけどな~。



歌っている最中「(みんなの声が)聞こえないよ~!」と絶叫しているし。。




はっきり言って、、ウルサイ…(笑)。


でも、久しぶりにゆうぞうさんの歌声が聞けて嬉しかったです。



席は遠くてあまりゆうぞうさんの顔は見えなかったのですが、、
私的には(うるさくても)満足な時間でした…(笑)。





終わってから紺太郎に「どうだった?」と聞くと、
「おもしろかった~!」の答えが返ってきて嬉しかったです。



子供が小さい時期に、色々な刺激を与えたいと思っているので、
このオーケストラのクラシックコンサートは、、本当に良い機会だったと思いました。
オーケストラの音を生で聞けて、
ピンクのフリフリのドレスをきたソプラノのオペラ歌手の歌が聞けて、
「音楽の絵本」もあり。。



まあ、、ゆうぞうさん目当てでチケット買ったんですけどね~(笑)。


でも、
初めにも書きましたが、、、ゆうぞうさんがいなくても、、本当に素晴らしいコンサートでした。
私も楽しめました。
たまに鳥肌が…。



こういうクラシックのファミリーコンサートがあったら、是非また行きたいです!




遊びにきてくださってありがとうございました!

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 日記
ジャンル : 音楽

ランドマークタワーの「空中水族館」と臨海パーク

<2010年7月17日 5才2ヶ月>



夫の学生時代の女友達Sさんは国際結婚をされてワシントンDC在住なのですが、只今日本にお里帰りをしています。
もう1人の夫の女友達とも一緒に、17日(土曜日)に3家族で集まることにしました。



待ち合わせ場所は横浜の「みなとみらい」になりました。


Sさんが「アメリカ式のサンドイッチなら子どものお弁当で作りなれているから、
みんなの分を作っていくよ。みんなで公園でランチを食べ(&遊び)ましょう。」と言うので、、
私もおにぎりを作っていくことにしました。



私はブッキーなので、おにぎりの大きさがみんな変わってしまうと思って、
初めて量りを使って同じ大きさに(約90g)にしてみました。

100717_0823~001


ごはんはキノコご飯です(作り方はこちらです)。



(今まで使う機会があまりなかった)ロマンスカー弁当箱におかずを入れてできあがりです。


1007170002_convert_20100717234423.jpg

1007170004_convert_20100718091532.jpg




紺太郎は前の日に「明日はパパのお友達とピクニックだよ」と言うと喜んじゃって、
「ドキドキして眠れない~」と10時半まで起きていました。



当日の朝は「パパのお友達に(幼稚園で描いた)アートの作品を見せる~」と、自分で作品を丸めてゴムをはめていました。
嬉しくて仕方ないようです。



待ち合わせの後、公園の前にランドマークタワーの展望室(69階276m)にのぼりました(大人1000円幼児200円)。


今ランドマークタワーでは「空中水族館」というイベントをやっています。
(8月27日まで)
Sさんのお子さんの1人が「お魚をみたい~」ということで調べてくださっていました。。


甚平や浴衣を着てゆくと入場料が無料とのことで、紺太郎とSさんのお子さん3人は甚平を着せてきました。


紺太郎は前日に幼稚園のサマーフェスティバルがあったので、甚平は2日連続になりました。



17日は関東では「梅雨明け」をした日でいい天気です~。


1007170010_convert_20100717234504.jpg

1007170017_convert_20100717234544.jpg




空中水族館はこんな感じです。あまり沢山の種類はいませんでしたが、でもキレイで面白いものを集めていました。


1007170021_convert_20100717234650.jpg

1007170024_convert_20100717234741.jpg

1007170030_convert_20100717234826.jpg

1007170042_convert_20100717234906.jpg

1007170051_convert_20100717235030.jpg




その後、パシフィコ横浜に隣接している臨海パークまで歩いてへ行きます。


行く途中のランドマークタワーの中で「ワールドカップ サッカー2010 報道写真展」をやっていました。

1007170067_convert_20100717235121.jpg


「臨海パーク」


大きな地図で見る


ここで幼稚園の授業でのアートの作品を見せます。
(お付き合いいただいて、、申し訳なかったです。)



1007170083_convert_20100717235216.jpg





そしてみんなでお弁当を食べました。
子供が沢山いるときは、どこかに入るよりも、、こういう方が楽ですね。
作るのは大変ですが。。


1007170086_convert_20100717235303.jpg



ここで話はそれますが、、親バカ記録を。。
こちらのシート木の影の下に敷いたのですが、時間がたつと影が動いて日なたになっていきました。


私が紺太郎に「日が動いたね~」と言うと、
「ちがうよ、日が動いたんじゃなくて地球がまわっているからだよ」と。。
おじっちゃんに習ったそうです。
そうか、、なるへそ。。


話は戻しまして、、
子供は総勢5人(7才2人、5才2人、3才1人)いました。



ビーチボールなどを持っていったのですが、、
紺太郎、、始めはみんなの輪の中に入れず、みんなと遊べないでいました。


Sさんのお子さん3人は英語の他にちゃんと日本語を話せるのですが…。


なんかいじけています。。あんなに楽しみにしていたのに。


1007170090_convert_20100717235343.jpg





週末ごとに私と2人でお出かけして、幼稚園も遠いから近所の子と遊んだりすることもないのが影響しているのかな、、、、とちょっと心配になりました。



でも少しするとみんなで楽しそうに遊び始めました。
よかった。


1007170107_convert_20100717235425.jpg



風船が沢山落ちていたそうで、、
風船に水を入れて、風船を押してみんなで水の掛け合いっこをしていました。

1007170112_convert_20100717235511.jpg


びしょぬれになってきます。

1007170145_convert_20100717235623.jpg


公園のお水を使って申し訳なかったのですが、、。


外国人の5人くらいの自転車乗りのグループの1人が「写真を撮ってもいい?」と聞いてきました。
楽しそうに遊んでいたからか、甚平姿がめずらしかったのか?


1007170159_convert_20100717235701.jpg


どうでもいい話なのですが、、

そのグループの中の1人がSさんの親しかったお友達で、、あまりに偶然でびっくりしました。
Sさんは数年に1回しか日本に帰らないのに、、こんな所で会うとは…。
ご縁というか、、こういうことがあるんですね~。




水ももったいないので、切り上げて着替えさせましたが、
しぼるくらいびしょぬれになりました。干します。


1007170161_convert_20100717235754.jpg




3時半すぎに皆さんとお別れして、夫の実家に1泊の予定で遊びにきました。


おじいちゃん、おばあちゃんにもアートの作品を見せています。

1007170169_convert_20100717235840.jpg



おじいちゃんと地図を見ています。

1007170185_convert_20100717235925.jpg




これを書いているのは義父のパソコンなのですが、ピクチャーフォルダーの一番前の画像でこんなのを見つけました。
紺太郎、1才9ヶ月の冬です。
懐かしいです。
こんな小さい頃からおじいちゃんの膝に乗っていたんですね。


2007蟷エ1譛・001_convert_20100718000052





長くなりました~。
楽しい1日でした!


遊びにきてくださってありがとうございました!
応援クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 育児

幼稚園のサマーフェスティバルで一学期終了

<2010年7月16日 5才2ヶ月>


16日(金曜日)幼稚園のサマーフェスティバルがありました。
この日で一学期が終了になります。
保護者はお昼過ぎ(1時45分)に幼稚園に迎えに行き、写真を撮ったりします。


午前中の授業では、スーパーボールすくいやお菓子fishingなどをやって楽しかったようです。



↓腕にシールのtatooも貼ってもらいました。子ども達は浴衣や甚平を着ています。


1007160003_convert_20100717002033.jpg






おみこし
も出ました。「わっしょい」。。



mikoshi.jpg




話はそれるのですが、紺太郎の立ち方。。

↓内股です。


1007160028_convert_20100716231732.jpg




私も内股で、、(とくに片方)、
骨盤も歪みが出て→体全体(顔まで)のゆがみになってアチコチに支障がでています。
(腰痛、坐骨神経痛、首こり、しびれ、痩せない)


紺太郎もまったく同じ立ち方をしているので、、コレは遺伝???とか思ってしまいました。
こういう発ち方(姿勢)というものは自分の意識の問題&生活習慣だと思っていたのですが、
まったく立ち方が同じなので、、意識の問題じゃなくて遺伝なのかと…。
体質や体型は遺伝ってありますが、骨盤のゆがみまで遺伝するのかな~????


でも、、遺伝ってことはないと思うので、、やっぱり、、私の立ち方をみて、、無意識にうつっちゃったのかな???



見る物で人って影響されますよね…。

私の立ち姿、歩き方(内股)を見ていて影響された(うつった)のかもしれません。


紺太郎は歩くのも片足だけ内股になっていることが多いので、
「ほら、まっすぐ歩きなさい!」と言うのですが、
なんかガミガミ言っている感じになるし、、「骨盤がゆがむよ」と説明しても同じ事を繰り返して治らないし。。
どうしたものか…。




男の子だから、、まだガニ股の方がいいな…。


親の「言葉遣いややること」だけでなく、
子どもの立ち姿(姿勢)や歩き方まで親に似るとしたら、、すごいというか、、責任重大ですね…。


本当のことはどうなのかわかりませんが、私も立ち方や座ったときの姿勢もふくめて背筋をピンとはって、
歩くのも内股にならないように意識したいと思います。





話は戻りまして、、、
写真撮影会の後はクラスで来週のお泊り保育の説明会がありました。


16日(金曜日)で一学期は終わりですが、3連休明けの来週の20、21日(火、水)でお泊り保育があります。



先生が保護者に説明会をしている間、子ども達はクラスの隅で遊んでいたのですが、
紺太郎の声で、、
「ぷー、ぷー、ぷー、ぷー、おな○、ぷー、ぷー」とか叫んで笑っているのが聞こえてきました。



まったく…。あいかわらず…。。





クラスに貼られていたアートのクラスの作品、「」です。



1007160051_convert_20100716232640.jpg




オーシャンだそうです。


1007160053_convert_20100716232715.jpg





一学期も無事に終わってよかったです~。
幼稚園がなくて「子供とずっと一緒」(←夫の実家に預ける期間もあるのですが)というのもキツイものがありますが、
でも、、、なんか解放感です~。




朝ガミガミ「起きなさい~!」
「幼稚園休むの?電話する!?」
なんて起さなくていいのかと思うと嬉しいです~。



幼稚園、楽しいようでよかったです。
元気にjunior(年中)の一学期を乗り切りました。
がんばった、紺太郎、
がんばった、私(笑)。



あ、パパもありがとう(ついで?笑)。


*****


金曜日の体操教室16日(金曜日)で7月分は終わりでした。
8月は広島へ帰省するのでお休みをします。


なわとびでひっぱられて、キャーキャー紺太郎が喜んでいるところです。

1007160072_convert_20100716232747.jpg



人間ぞうきん(笑)?


こちらもすごく楽しそうに通っているのでありがたいです~。




遊びにきてくださってありがとうございました!
応援クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

スペイン料理「アマポーラ」&アートの作品

<2010年7月15日 5才2ヶ月>


高校時代の友人Mさんは、旦那さんの海外赴任でシドニー在住なのですが、
お子さんのスクールホリデー中で一時帰国しているので、
15日(木曜日)にお友達5人で集まってランチをすることにしました。



場所は新宿駅南口徒歩2分の新宿ルミネ1の6階スペイン料理「アマポーラ」です。


実は私は今まで失礼ながら、パエリアにしろ、、そんなにスペイン料理が美味しいと感じたことはなかったのですが、
こちらのお店は、、何を食べても美味しかったです~。


みんな「パエリアランチ」(サラダ、パエリア、デザート、コーヒーor紅茶 1500円)にしたのですが、
1品料理も3つとってみんなでシェアしました。



タコのガルシア風 
タコの下のお芋が甘くて美味しかったです。右上のサラダがランチに付いていたサラダです。


1007150008_convert_20100715223026.jpg




アボカドとバカラオ(干鱈)のエスケイシャーダ


1007150009_convert_20100715223057.jpg



小海老のガーリックオイル炒め


1007150010_convert_20100715223133.jpg



イベリコ豚と色々きのこパエリア

1007150012_convert_20100715223211.jpg



海の幸パエリア、


1007150013_convert_20100715223305.jpg



そして私が頼んだ「本日限定メニュー」だったイベリコ豚とアボカドのパエリア


1007150014_convert_20100715223347.jpg



デザートです。

1007150020_convert_20100715223424.jpg



ランチビールやサングリア、グラスワインなどランチは320円のお手ごろ価格で飲めます。
そしてぐるなびのクーポンを持っていけば、
これらの飲み物は4人分まで無料です。



本当に美味しかったです~。


夜は日によってフラメンコのショーもあるそうです。


是非またリピしたいお店でした。



そして高校時代の友達5人集まって、話題は子供のことが多かったです…。
就職からお受験から学校、、色々。。


楽しかったです~。



****


そして友達との待ち合わせは昼の12時でした。
紺太郎の幼稚園の帰りのバスのお迎えは2時で、、ちょっと時間的に無理だったので、
4時まで「預かり保育」にしてもらいました。


紺太郎、、ちゃんと前もって説明していて「お迎え」に納得していたのに、、
迎えにいって帰る途中、すぐにスネたり、ふくれ顔になったり、、大きな声をだしたり、愚図ったり。。



2時間お迎えが遅れただけで、、こんなにならなくても。。
疲れなのか、、甘えなのか、、、、とにかくスネまくっていました。。



(あまりうまく写真が撮れませんでしたが、、)駅でも口をとがらせてふくれ面。。


1007150021_convert_20100715223502.jpg





家の玄関でも、、ふくれ面。。撮らせてくれませんでした…。

1007150033_convert_20100715223544.jpg

子どもって繊細ですね…(苦笑)。




まあ、、ちょっとしたら直りましたが。。


****


そして紺太郎が今学期の絵や工作の作品を持って帰りました。



今年度から外から美術学校卒業の先生を呼んでアートの時間が週一で始まったのですが、
その作品もありました。


毛糸で作ったイルカ。


1007150038_convert_20100715223642.jpg



世界で一つだけの花

1007150039_convert_20100715223717.jpg



(絵の具を紙にしみこませて作った)迷路です。



1007150043_convert_20100715223751.jpg



授業参観の時に壁に貼ってあるのを見たときは、まわりにうまい子が沢山いたので、
何とも思わなかったのですが、こうやって単独でみると、、親バカながらなかなかキレイです。
3枚目が私のお気に入りです。



2枚目の花は根っこが「ピアノの鍵盤」になっているそうで…。
それは、、絶対に世界に一つしかないでしょうね…(笑)。



「おもしろいね」と声をかけると、、


「あのね、アートに決まりはないんだよっ。」

と得意気な顔して言っていました(笑)。


なるほど…。
深いわ…(笑)。



先生の言っていたことなのでしょうが…。



遊びにきてくださってありがとうございました!
応援クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

自分でゴハンを食べないこと&色々なしりとり by俵万智さん

<2010年7月13、14日 5才2ヶ月>


先日俵万智さんの「ちいさな言葉」という本を紹介しました。(こちら







読み終わったのですが、面白かったです。
今6才になる息子さんの乳幼児期からの興味深い表現や発想を受けとめたりしていて、温かい気持ちになるエッセイです。
雑誌と新聞のコラムを集めたものになります。




同じ息子をもつ身として、、親近感を覚えつつ、
そうそう、、とか共感したり。。
子どもの言葉を鋭く観察なさっているのは、、「さすが!」と思いました。


「食べさせて」という話には、、う~ん、と思いました。

紺太郎も自分でゴハンを食べないで、私が食べさせてあげることが多いのです。


(少し略あり)

「食べさせて」


「五歳になったら、自分でゴハンを食べる」というのが、息子と私の約束であり、目標だった。
幼稚園では、お弁当を全部自分で食べてくるので、できないことではない。お友達と一緒にファミレスなどに行けば、さすがに「あ~ん」とやるのは恥かしいのだろう。ちゃんと自分で食べてくれる。

それが、私と二人になると、急にできなくなる。「たくみんに食べさせてると、おかあさんのゴハンが冷めちゃうよ」などと言っても「いやだ~、食べさせて!」の一点張りだ。

まあ要するに甘えているわけで、これはしつけという観点からも、心を鬼にせねばと思い、「いつまでも、食べさせてもらってちゃダメだよ。自分でできることは、自分でやらなきゃ。もうお母さんは食べさせないよ」と強く言ったことがあった。するとしくしく泣きだす始末。

「だいたい、なんでそんなに食べさせてもらうのがいいのよ。自分で食べたほうが、てっとりばやいでしょうが」
「・・・・・・あいのきもちをかんじる」


「は!?」
この答えには、一瞬たじろんでしまい、「愛の気持ちかあ」と、ちょっと説得もされてしまい(バカ親)、「う~ん、それじゃあ、五歳になるまでね」と譲歩してしまったのだった。


そして、五歳になって自分で食べるようになった、と続くわけですが、
また次のコラムで、
「自分で食べるようになった」とそういう話を書いたばかりだが、
また「食べさせて~」が復活しつつある、
と書いています(笑)。


愛の気持ちか~。


食べることに限らず「ママ、やって~!」と言われた時に、
「自分でできないことをやらない!」とイライラするよりも、
「お母さんの愛を確かめている・・・」と考える方が、、大らかな気持ちになりますね…。



「甘え」と「自立」を行ったり来たりしながら、、子供は成長する、、とどこかで読んだことがありますが(たぶん、子育てハッピーアドバイス)、
そうやって大きくなるんでしょうね。


まあ、、自分で食べれるのに食べさせてもらうのは、「甘え」じゃなくて「甘やかし?」じゃないかの迷いもありますが…。




↑を読んで、、「ああ、、うちだけじゃない」と知って、安心したのでもありました。



まあ、うちの場合は「食べさせて~」と言うわけでなく、、食べないでゴロゴロしているので、こっちが勝手に食べさせているだけなのですが。。
やっぱり親が頼まれてもいないのに、食べさせているわけで、、甘やかしているんだろうなぁ~。
うちは。。



*******


13日(火曜日)東京新聞俵万智さんのコラム「木馬の時間」は、
息子さんとしりとりを楽しんでいる、、という話でした。



テーマを決めてハードルをあげているそうです。
「学校」とか「夏」とか。
しりとりをしながら初めて聞くような(学校の)話が出たりして会話が弾むことも楽しいそうです。


「国名」や「長しりとり」
四文字以上の言葉のみ可とか。
逆に「みじかしりとり」もあるそうです。
二文字以下の言葉だけ使っていいそうです。

「三文字しりとり」とか。


しりとりでも色々な楽しみ方があるんですね~。


今度、紺太郎とやってみようかな~。



******

そしてAmazonで俵万智さんのページでこんな本を見つけて、
図書館で借りてきました。

「かーかん、はあい 子どもと本と私 1,2巻 朝日新聞出版」


 


俵さんがお子さんに読んであげて面白かった本を紹介しています。
2巻あわせて50冊くらいになります。


スタンダードな絵本からポケモン、ドラえもんまで、、息子さんとのエピソードをまじえながら面白く紹介しています。

CAUODFS9.jpg

CAHZXRV8.jpg
(一話一話に五味太郎さんのイラストが入っています。)




図書館で借りる本の選択にすごく参考になります!
沢山の本がある中で、どれを借りればいいのか困るんですよね~。
こういう本がほしかった! 私の求めていた本です(笑)!
他にも「お勧め絵本、、」みたいな本はありますが…、こうやってエッセイも一緒だと楽しいです。
もっと前から知りたかったです。


図書館である本は全部借りて読んでみようかな(笑)?
今はネットでクリック1つで予約できるので便利です~。


またこの「かーかん はあい!」について、まだ書きたいことがあるので後日にまた紹介させてください~。



遊びにきてくださってありがとうございました!

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

絵本「太陽をかこう」で、太陽をかく

<2010年7月13、14日 5才2ヶ月>



最近図書館で借りた本に「太陽をかこう ブルーノ ムナーリ作 至光社」があります。







太陽のことについて、
そして、
科学者や芸術家が描いた太陽とはどんなものだったか?などが載っています。




1007130015_convert_20100714000331.jpg


そして、色々な太陽な描き方がのっています。


1007130025_convert_20100714000540.jpg


1007130014_convert_20100714000249.jpg

1007130010_convert_20100714000212.jpg

色がとってもキレイです。


日の丸があったりもします。


1回目に読んだ時は紺太郎にあまり反応がなくて、
「これはすぐに返却しようかな…。」なんて思ったのですが、
2回目、3回目と読んでいくと、、「コンタロウも太陽をかく~」なんて言い出しました。



13日(火曜日)に描いてみました。
クレヨンでぐるぐるぐる。


1007130002_convert_20100713235954.jpg



完成~。


1007130006_convert_20100714000030.jpg

1007130009_convert_20100714000135.jpg



私が「模様のある物の上で描くとアトがつくよ」と教えます。


1007130018_convert_20100714000421.jpg




できあがり。


1007130024_convert_20100714000507.jpg


(上2つは私のかいたものです。)


クレヨン三色しか使っていないのに、きれいです~。



同じ作者で「木をかこう」もあるので、夏休みが終わったら借りてみようかな…。。
(夏休みは家を留守にすることが多いので。)






でも、、まあ、「こう」という見本があると、、
子どもの感性が失われるかな~?の疑問も…。
まあ、、色々な例が載っているので、、そういうことにはならないのかな?????



まあ、この本を読んで「かきたい!」と思ったことは、、いいことだと思います…。




***


この絵本を読み終わって紺太郎が「太陽かく~」と言い出したのは前日の12日(月曜日)の夜9時ごろでした


「もう寝る時間だから明日ね。」と言うと、、
「じゃあ、メモする~」といいます。


家にメモ帳があって、前に紺太郎は「コレは何するの?」と聞いてきたことがあります。
「今度やろうと思ったことを書いて貼っておいて、後で見て、忘れないようにするのよ」と言ったのでした。


それからというもの、何かと自分でメモをしています。
(後でやろうと思って「ぬりえ」、絵本(ぼくねえてんとうむし)に出てきたわからない言葉を調べようと思って「ろっこんしょうじょう」など。←私も初めて聞いた言葉でした。)



冷蔵庫に貼っていました。


CAPDFZY6.jpg



(「を」が違いますが。。)



前日につくった「さあどうぞ」の手作り絵本が気に入ったようなので、、
(読んで一人でウケていました。)(こちら


1007130012_convert_20100714223211.jpg




このメモ「たいようおかこう」を紙に貼り表紙にして、ホッチキスでとめてまたを作ってあげました。



本を作る楽しみ→絵や字を書く楽しみ、、につながるといいな~。



*******

話は変わりまして、、


14日(水曜日)の夕飯は、
以前ご紹介した「鶏肉とキャベツの冷し中華」です(こちら)。



1007140010_convert_20100714223358.jpg


キャベツは茹でて固くしぼり、鶏肉は茹でます。
コーンは缶詰を使いました。ゴマ味の冷し中華にかけてできあがりです。
お醤油味でも美味しいと思います。


今年のミスタードーナッツの冷麺は鶏肉から冷しゃぶ豚と野菜(キャベツ)つけ麺」になっています。
鶏肉の代わりに、豚肉でもいいですね!



****


そして、
14日(水曜日)に紺太郎の6本目の歯がぬけました。
下の前歯の右横(紺太郎には左)です。




1007140012_convert_20100714223251.jpg


もっとゆっくり成長してほしいものです。。




遊びにきてくださってありがとうございました!
私買い物に行くと買わなければいけないものを忘れるので、
メモしたりするのですが、
メモしても、そのメモを持っていくのを忘れたりするんですよね(笑)。

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 子どもの本
ジャンル : 本・雑誌

絵本を手作り、「さあどうぞ」

<2010年7月12日 5才2ヶ月>


前は絵本をよく買っていましたが、最近は買うよりも図書館で借りることが増えてきました。
買っても気に入らなくて、あまり読まない本もでてくるので…。



体操教室のある文化センターでも本箱の絵本を好きなだけ貸してくれてありがたいです。



そこで最近借りた絵本に「くだもの 平山和子 福音館書店」があります。





果物の名前がでてきて、「さあどうぞ」という単純な絵本です。
ちょっと紺太郎(5才)には対象年齢が低かったかな?と思いつつ、、絵がとってもキレイ&リアルで見ていて楽しいです。

「すいか」


1007120010_convert_20100712225149.jpg



「さあどうぞ」


1007120011_convert_20100712225219.jpg



「りんご」「さあどうぞ」


1007120012_convert_20100712225253.jpg


すいか、桃、ぶどう、なし、りんご、くり、かき、みかん、いちご、ばなな


1つずつ「さあどうぞ」と、繰り返されます。




紺太郎もこちらの本が気に入ったようで、
12日(月曜日)の夜にそれを基にして「本つくる~」と言ってきました。




クレヨンで描いています。


1007120001_convert_20100712224837.jpg

1007120004_convert_20100712224910.jpg



ホッチキスで留めます。


1007120005_convert_20100712224943.jpg




ページ数を書き込んでいました。

1007120006_convert_20100712225016.jpg




出来上がり~。

1007120007_convert_20100712225053.jpg




↓完成品です。。
親バカ記録なのですが、よかったらお付き合いください。
(注:お食事中の方はご遠慮ください。。キタナイものがでてきます…。)



「さあどうぞシリーズ」

1007120013_convert_20100712225318.jpg



「あいす」

1007130019_convert_20100713204441.jpg


「さあどうぞ」

1007120015_convert_20100712225435.jpg



「うん○」


1007120016_convert_20100712225728.jpg



「さあどうぞ」
(すみません、まったく…。。)

1007120017_convert_20100712225753.jpg




「ようちえんシリーズ」


1007120018_convert_20100712225658.jpg



「グッモーニングソング
おべんきょう
プール
ランチ
かめつくった
あそんだよ
グッバーイソング」



1007120019_convert_20100712225631.jpg



この日に幼稚園でやったことを書き出したようです。。




シリーズで分かれているのは、色々なお話が入っている「イソップ童話」の真似だそうです。。
2ページ目のアイスが1つないのは、、落ちたそうです。。


内容はとんでもないですが(苦笑)、絵や字を書く楽しみができていいかな~。




前に2人で「ちびくろさんぼ4」という本を作ったことがあるので(字を書いたのは私ですが。こちら)、
「(作った本は)2つ目だね~。」と紺太郎は大喜びです。


CADQO8BZ.jpg




でも、、私が夕飯を作っている最中に絵本作りを始めたのですが、、

「クレヨン折れた~!なおして~!ギャ~」
「まちがえた~!どうにかして~!ギャ~!」
といちいちひっくり返って泣くものだから、、イライラも…。


あぁ、、もっと気の長い人になりたい…。





遊びにきてくださってありがとうございました!

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

心の遺伝子~野村克也さん~

<2010年7月12日 5才2ヶ月>


先週の話になります。
7月5日(月曜 夜10時)放送のNHKの「心の遺伝子」の野村克也さんの回を見ました。


special_mainph13.jpg
(画像はNHKより)



お世話になった高校時代の恩師、清水義一さんのお話です。
私は前から野村克也さんのファンでした。




感動して、「これは(次の日の夜中の)再放送をビデオに撮って(まだうちはビデオです・笑)、
永久保存版にして、大きくなったら紺太郎に見せよう!」と思いました。



カレンダーにマジックで放送日を書いておいたのに、、、


CAFZIR8N.jpg





忘れた~(苦笑)。



いつもカレンダーに録画したいものを書いておいても忘れるんですよね…。
もう「思いついたら、すぐ予約録画の操作をする!」、、、ということをしようと思います。


なので、、メモ書きの代わり書かせてください。。



*****


3才でお父様と死別し、病気の体で働く母の姿を目にした野村さんは
「母に楽をさせたい、お金持ちになりたい」と真剣に考えはじめ、そしてたどり着いたのが野球という道だったそうです。


お兄さんの援助を受け高校進学したものの、野球部は弱小チームで不良のたまり場です。
生徒指導部長の教師の清水義一さんは、野球部廃部を訴えていました。


必死に打開策を考えた野村さんは、清水さんの息子さんを使って試合を見に来てもらい、清水さんを野球部の顧問に引き入れることに成功します。

清水さんは野球のことは何もわからなかったそうですが、「技術の前に人間を磨け」と、何よりもまずは人間としてちゃんとしていなければならないといいます。


野村さんに光るものを感じた清水さんは、プロ野球チームの監督たちに「一度見に来ていただけませんか」と直接手紙を送ります。

その手紙を受け、府大会に南海ホークス・鶴岡監督が来場して、野村さんは南海ホークスのプロテストを受け、見事合格します。



その時にお母様は「野球は堅気の仕事ではない。」と反対します。



すると清水さんは野村さんの家まで行き、頭をさげます。

「私に野村くんの父親代わりをさせてください。3年預けてください。3年たってもモノにならなかったら、私が責任をもって就職先を世話します!」と言います。



プロになった野村さんは活躍します。


現役を終わり、解説の仕事に現役時代のような確かな手ごたえを感じられずに悩むようになります。

その時に評論家・草柳大蔵氏にアドバイスを求めます。


草柳さんから見てくれている人は必ずいるから、本を読んで勉強を続けなさいと言われ、その時に脳裏には清水さんの言葉がよぎったそうです。


中国の思想や、さまざまな種類の本を読み漁って知識を広げた野村さんの野球評論には、次第に深みと説得力が増していきます。

そしてヤクルトの監督になり、
こういう人生論などをヤクルトの選手にミーティングで教え、
選手達の意識を変えさせ優勝に導き、黄金時代を築きます。


(文章はNHKを参考にしました。)





初めは敵の位置だった清水さんを、考えて策を練って野球部の顧問を頼んだことに、
野村さんの賢さを感じました。
そしてその清水さんがいたからこそ、、今の野村さんがある、、ということに「人生の妙」というか、、面白さを感じます。



野村さんは清水さんが家に来て頭をさげてくれたとき感激したそうです。
「ここまでしてくれるとは…。」と。



私も感激しました。
先生という職業ですが、ここまで(自分の子供の為ではなく)他人の子供の為にやってあげることに…。


ちょっと前に紹介した「不登校が教えてくれた母ごころ」を読んだばかりだったので、その中にでてきた文章、

「自分の子どもでなく、隣の子どもさんが元気になることを気にかけていくことが大切なのだと認識しました。」

を思い出しました(こちら)、。


私も人の子供の為にここまでできるのか??の疑問も。。
自分や自分の子どもの為ばかりのことを考えるのではなくて、こうやって人のために動けることに感動しました・・・。。




そして、「(人生に対しての)勉強の大切さ」も再認識しました。。



紺太郎も目先のことよりも、生涯大切なことを学んでいってもらいたいな~と思いました。


「人間を磨け」っていい言葉だと思います~。



まあ、紺太郎よりも、、自分を磨け!って感じですね…(笑)。




あららら、
今気付いたのですが、今日(12日・月曜日)のBS2で午前11時からも再放送がありました~(涙)。
私、、注意力が足りないです…。


なんか、、つめが足りないというか、、ぬけているんですよね…。

*****



今まで紺太郎が寝るときに添い寝をしていました。


私は疲れているとそのまま寝てしまうこともありますし、起きてテレビを見たりパソコンをやったりすることもあります。



でも、、ここ数日紺太郎は「一人で寝る練習する~。ママあっちいってパソコンやっていていいよ~」なんて言ってきます。



うれしいことなのですが、、またここにも裏が。。



先週のことです。


添い寝をしていて、早く寝てほしいのに紺太郎は歌を歌ったり、ふざけたり、
しまいに私のことを蹴りだしました。


紺太郎の足が顔に当たったときに、堪忍袋の尾が切れて、、ヒステリーババアに変身。。




最近、怒ると隣の部屋に畳んである布団の所へ行って蹴って怒りを静めるのですが、
その時も、、隣の部屋へ行って何度も布団を蹴りました…(苦笑)。



「もう一人で寝てよ!」と叫んで出て行きました。最初は泣いていたようですが、一人で寝てしまいました。



その次の日から、、

「一人で寝る練習するから~」なんて「いい子」になって言ってくるものですので、、心が痛みます。



お茶の時と一緒…(こちら)。



親に甘えるのを止めちゃったのかな。。と心配。。





怒りにまかせて行動して、、紺太郎が一人で行動でするようになったことが先週は続き、、(着替えも自分でやろうとするし、夜中に一人でお茶を飲みに行くし、、、)「これでよかったのか?」と疑問に思いました・・・。



遊びにきてくださってありがとうございました!
私が「怒った話」を書くと、、夫が読んでショックをうけるんですよね…。
またショックを与えちゃったかしら。。ごめんなさい…。

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : NHK総合
ジャンル : テレビ・ラジオ

東京ドーム「おもちゃの王国」でプラレール三昧

<2010年7月11日 5才2ヶ月>


紺太郎の「(プラレールの)線路をもっともっとつなげたい~!」の希望をかなえるために、
前日の土曜日は「こどもの城」へ行きましたが、、(以前あった)プラレールはありませんでした(詳しくはこちらに)。



11日(日曜日)は2つめの候補地であった東京ドームシティ「おもちゃの王国」へ紺太郎と2人で行ってきました。


最寄り駅は、
JR&三田線の水道橋駅
大江戸線の春日駅
丸ノ内線&南北線の後楽園駅
になります。


大きな地図で見る


入場料は大人1000円、子ども700円です。(3時間まで)
その後30分延長ごとに400円と300円がかかります。(7月の平日は時間制限はなくフリーパスだそうです。)


今日は年に一回のマンションの下水管のお掃除の人が来る日で、我が家の順番を待っていたら遅くなってしまい、おもちゃの王国に着いたのは3時半でした。



6時閉園なので2時間半しかいれませんでした。
3時間遊べたのに、ちょっともったいなかったかな・・・。
(「今日は遅くなったから来週に行こうよ。」と紺太郎に言っても、「今日行く!」と譲りませんでした。)




お目当てのプラレールのコーナーに。
すごく混んでいて、隅っこの少しのスペースしか空いていません。。
でも線路は大量にありました。

1007110003_convert_20100711230254.jpg




壁にはプラレールの模型が飾られています。


1007110006_convert_20100711230330.jpg



皆さん、どんどん帰りはじめて、、スペースが空いてきます。


1007110021_convert_20100711230359.jpg





他の方が帰られたことによって、部品も増えます。私も手伝います。
道路まで作りはじめました。

↓コレがほぼ完成品です。

1007110038_convert_20100711230428.jpg


1007110046_convert_20100711230524.jpg






小さい子がいると、使っているいるものを勝手に取られたりして、
紺太郎、、初めは困惑してどうすればいいのかわからない顔をしていました。
「もういいものは「どうぞ」と貸してあげな、使うなら「まだ使うから」っていいな」と教えました。
うまく言えるようになりました。

まあ、ほとんど、、小さい子には貸してあげていましたが…。
(小さい子はすぐに飽きちゃって、すぐに戻ってくるし。。)


小学生の子の方が、勝手に「使うから~」とか言って強引に持っていっちゃったりして、、付き合いづらいものです。


線路を繋げるばかりでしたが、最後は電車も走らせました。


1007110048_convert_20100711230605.jpg


1007110051_convert_20100711230641.jpg





2時間半、プラレールで終わってしまいました。
これで満足したかな~(笑)。




6時の閉園間際、滑り台を1回だけすべりました。


1007110052_convert_20100711230715.jpg



ホントは他にも、ビーナの部屋や、

CAN2Y20R.jpg




りかちゃんのお部屋、


CA45OB4I.jpg



シルバニアファミリーのお部屋、

CAFLU33W.jpg



おもちゃのお部屋、

CA858KQO.jpg




おままごとのお部屋、、


CA5K508I.jpg




などなど盛りだくさんの施設なのですが、、。



ちなみに前回は紺太郎が3才5ヶ月の時、約2年前にここに来て遊んでいるのですが(こちら)、
本人は覚えていませんでした。



やっぱり子どもって忘れるんですね~。


あの頃は「こまち」が大好きで「こまち乗りたい~」なんて頻繁に言っていたのですが、
先日パパに「秋田新幹線の名前は?」と言われても名前がわかりませんでした。
結構びっくりでした…。


子どもはどんどん覚えて、どんどん忘れるものなんですね~。



帰るときに「楽しかった?」と聞いたら「うん!」の笑顔が帰ってきて嬉しかったです!
たくさん線路をつなげて満足したそうです。



よかった、よかった。



忘れても、、「楽しかった」という経験だけでいいかな…。



あとポスターで見たのですが、東京ドームシティ内に今年「スプラッシュガーデン」というファミリー向けアトラクションエリアがオープンしたそうで、面白そうです。


ミストの噴水など楽しめるそうで、夏は楽しそうです~。


l_00027599IMG6.jpg

l_00027599IMG2.jpg
(画像はレッツエンジョイ東京より)



今日はキャンペーンで「おもちゃの王国」の子どもの無料券をもらったので、
また近いうちに東京ドームシティに行こうかな…。



楽しい一日でした~。



遊びにきてくださってありがとうございました^^

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 育児

ふーみんと青山・こどもの城

<2010年7月10日 5才2ヶ月>



紺太郎はプラレールの線路をつなげるのが好きです。


1007030001_convert_20100711070127.jpg




9日(金曜日)
に帰ってきたパパと一緒に作ったお菓子の箱の「ホーム」です。ゴミ箱や消火器入れも作っていました。


1007100003_convert_20100711070026.jpg


それをつかって、線路をくみたてます。

1007100007_convert_20100711070213.jpg





せんろはつづく まだつづく」の絵本を読んでから、





↑のような家のプラレールだけでは満足せずに、
「コンタロウも、もっと、もっと線路をつなげたい~」なんて言ってきました。




私たちが今まで行ったことがあるところで、プラレールの線路が大量にあるところは、、
青山の「こどもの城」(こちら)と、
東京ドームシティの「おもちゃの王国」(こちら)です。




10日(土曜日)に紺太郎と二人で青山の「こどもの城」へ行ってみることにしました。
色々なことで、子どもが遊べる施設です。




最寄り駅は、渋谷駅か表参道駅になります(徒歩5分)。



表参道に着いたのはお昼時でした。



紺太郎が「冷し中華を食べたい~」というので、
以前行った美味しい中華屋さんを思い出し、行ってみることにしました。



(華道の)小原会館の地下1階にあります「ふーみん」です。
(高校の時から何年間か小原流華道を習っていました。)


こちらのふーみん、「ふーみん食堂」という料理本がでるほどの人気店です。






「ふーみん」&「こどもの城」(Aがふーみんで、こどもの城はふーみんの左方向)です。


大きな地図で見る




が、、



冷し中華が1580円~!




近所なら2杯食べられるわ~(苦笑)。




紺太郎に、、「お願い、、他のものにして~!」とランチメニューの納豆丼(それでも1100円)にしてもらいました。





待っている間です。
最近、地下鉄の路線図が大のお気に入りです…。



1007100009_convert_20100711070243.jpg





料理がきました。
「おいし~!」と。


1007100011_convert_20100711070314.jpg



確かに美味しかったのですが、ひき肉を炒めて、、納豆とまぜて、、
私にも作れそうなものでしたが…。。



私は中華丼です。いつもの近所のものとは全然違って、、美味しかったです~。



ちなみにメニューに「ふーみんそば(ラーメン)」のハーフ(700円くらい)があるので、
お子さんにはいいかもしれません。
(うちは朝がインスタントラーメンだったので避けましたが…。)
納豆丼はもったいなことに、、多くて残してしまいました。







そして「こどもの城」に到着です。


1007100014_convert_20100711070348.jpg




入場料は大人500円、子ども400円になります。





入り口で「プラレールができるところはどこですか?」と聞くと、、



「プラレールはありません。」の返事…。






ガクっ…orz。。(笑)




3年前はあったんだけどなぁ~。
たまにイベントとしてプラレールのお部屋があるそうです。。



なんだ、、。




気を取り直して遊びます。。



こんなプレイルームがあります。


1007100016_convert_20100711070420.jpg

1007100017_convert_20100711070450.jpg





紺太郎、コレ↓にはまりました。ピタゴラスイッチのようにボールを転がします。


1007100024_convert_20100711070521.jpg




「他の所に行こうよ~。」と誘っても動かず、、1時間以上もやっていました。
まあ、私も面白くていっしょにつみきを積みました…。


1007100026_convert_20100711070551.jpg




↓最後に跳ね返るボールのために、三角のつみきを置いたのはナイスアイディア!
考えたのではなく、偶然だそうですが…。

金物のボールを置いたことで、最後に「カーン!」の音が心地よかったです。ピンクの部分は靴ベラです。


1007100031_convert_20100711070619.jpg


1007100035_convert_20100711070704.jpg





ケンケンパです。


1007100037_convert_20100711070735.jpg



壁にペインティングです。
「洋服に付くと絵の具は落ちません」というので、春休みのアメリカ旅行のお土産の「ルート66Tシャツ」は着替えさせました。



1007100042_convert_20100711070807.jpg


1007100044_convert_20100711070842.jpg





「何かテーマを決めてから描けば~」と1回言ってしまいましたが、、、自由に描かせるのもいいかな、、、と口をつむぎます。。

1007100045_convert_20100711070912.jpg

1007100048_convert_20100711070942.jpg




「いもむしとピンクのリンゴ~」だそうです。
結果的にそうなった、、、という感じです。。


1007100054_convert_20100711071015.jpg




アルミホイルで動物をつくる工作です。


1007100056_convert_20100711071047.jpg





選んだのは「わに」でした。


1007100068_convert_20100711071120.jpg




2枚の紙を貼って、クルクルめくると絵が変わる遊びです。


1007100071_convert_20100711071152.jpg




紺太郎は「笑っている顔」と「怒っている顔」を選びました。



帽子と怪獣は私が描きましたが、
「コンちゃん、怒った顔が上手だね~。ママがいつも怒っているからかな~?」と言うと、、


CAADGBS0.jpg





「そう! ママ~、いつも怒っているとシワがふえるよ~。」なんて言うので苦笑い・・。



「おこだでませんように」の絵本に出てくるセリフでした・・・。




こうやって本などで言葉を覚えていくんでしょうね…。




こんなブロックで遊ぶ場所もあります。


1007100073_convert_20100711071229.jpg



紙飛行機を飛ばします。

1007100076_convert_20100711071305.jpg




他にも楽器で遊べたり、プールがあったり、屋上で三輪車が乗れたりしますが、
今回は省略です。。5時半まで遊びました。


帰りは表参道駅で(仕事だった)パパと待ち合わせて帰ってきました。



プラレールでは遊べませんでしたが、、沢山遊んで楽しい満足の一日でした~。





長くなりました~。遊びにきてくださってありがとうございました^^

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 育児

俵万智さんの子育ての歌

<2010年7月9日 5才1ヶ月>


7月7日(水曜日)放送「徹子の部屋」に歌人の俵万智さんが出演されていました。


6才の息子さんがいらっしゃいます。



今まで何回かこちらで子育ての中の俵さんの短歌を紹介したことがあります(こちらこちら)。



今回も番組の中で、、
なるほどな~、、と思うような子育ての短歌があったので紹介します。



振り向かぬ子を見送れり 振り向いた時に振る手を用意しながら


ぼくの見た海は青くなかったと 折り紙の青持ちて言うなり


この中にアリがいるよと教えれば 子はアリの巣を「なか」と覚える


乳はときに涙にも似て 子の寝顔見れば 胸の奥よりつんと湧きくる


揺れながら前へ進まず子育てはおまえがくれた木馬の時間






うん、うん、、そうそう、、と思うような歌が多いです。





番組の中ではないのですが、ネットを徘徊して見つけた歌です。



たんぽぽの綿毛を吹いて見せてやる いつかおまえも飛んでゆくから





う~~ん、うまいです。





私も感化されて、ちょっと作ってみました(笑)。



ふと見せた顔が幼き自分なり 愛しさがわく我の分身


鬼ババに変われり我の未熟さを 反省してはまた繰り返す






うわっ!はずかし~~。バカ丸出し…。
それでも載せる、、ずうずうしさ、、(苦笑)。

やっぱりプロはすごいですね~~。





番組で紹介されていた本も図書館で借りてきました。


「ちいさな言葉 俵万智 岩波出版」




Amazonの内容紹介によると

幼い子どもが一つひとつ言葉を覚え、使うようになる道のり――それは微笑ましいだけでなく、日本語の不思議や面白さを照らしだしてもくれる。いとしい息子の興味深い表現や発想を受けとめながら、言葉のキャッチボールを堪能中。その至福の時間を、柔らかな感性と思考でつづる。


とあります。


ちょっと読んだのですが、おもしろいです。


「ばあばはね、『まち』っていうカタチのおにぎりが得意なんだって!」
一体どういうおにぎりなのかと思い、母に確かめてみると「たわら型」のことだった。
「たわら」と聞いて「まち」と思い違いをしてくれるのは、この子だけだろう。





子どもって面白いですよね。

息子、、、って所がなんか仲間意識がめばえます(笑)。



*******


たまに紺太郎は夜中に眼が覚めて「お茶~。喉かわいた~。」と言ってくることがあります。



めちゃくちゃ「メンドクサイ」のですが、
昨夜は夜中に自分で起きて、リビングに行き、冷蔵庫からお茶をだして、自分で飲んで帰ってきました。。


嬉しいですが、、ちょっと複雑な気持ちも…。


その2日前の夜に電気を消してから、「お茶ちょうだい~」と言ってきたので、
(やれば自分でできるので)「自分でやって!」とはねつけました。(私も一緒に横になっていました。)



子育てハッピーアドバイスの本の中で、





『甘え』はいいけど『甘やかし』はダメ。
その違いは甘やかしは自分でできることを親がやってあげること」と言うのを思い出して、
意固地になって「自分でできることは自分でやって!」「ママも疲れている」と言い続けました。


「お願い~、コンタロウも疲れているの!」とグズグズ言って時間ばかりたつので、
「今日だけよ!明日からは自分でやって!」と最後には私が立ってお茶を出しました。
その時はイラつきで、、ヒステリーババアに大変身していて、、冷蔵庫の戸を思いっきりしめて怒鳴っていました。。



その時は腹が立って、腹が立って仕方なかったのですが、、
(隣の部屋へ行って、たたんである布団を何度も蹴飛ばして怒りを静めました。)
後で考えると、、5才の子にかわいそうだったかも、、
お茶くらいお母さんが持ってきてあげてもいいのかも、、
「甘やかし」じゃなくて「甘え」だったのかも??と色々思い悩みました。



「自分の思い通り」にならなかったからキレる親、、最低。。
子どもに「自分のことをやらせる」というよりも、、私が起きたくなかっただけ。。




夜中に自分でお茶を飲みに行ったのは嬉しいけど、、
あのヒステリーばあさん(私)を思い出して、、ちょっと後ろめたい気持ちです。
親に「甘える」のをやめたのかも、、とか思うと心配です。


もっと優しく「今日はやるけど、自分でできる時は自分でやってね♪」と言ってあげればよかったなぁ~orz。



これからの季節、、寝る前に枕元にお茶を置いておこうかな・・・。。


*****


紺太郎が作った工作です。
ティッシュの箱で作ったカメラだそうです。NHK教育の「つくってワクワク」でやっていたそうです。


夫が帰る日なので、夫の椅子の上に置いてありました。


CANC4NSX.jpg

CAC0VJRQ.jpg



私がご飯を作っているのに「ヒモちょうだい~!」やアーダコーダと言ってきて面倒なのですが、、
楽しいみたいなので、、こういう事はちゃんと付き合ってあげた方がいいですね…。。




あ、あんまり子育てに「メンドウ、メンドウ」と言ってはいけませんね…。



ここで一首…。



子育てに メンドウの言葉出さないで 考えないで体で動け!



あほ…(笑)。




遊びにきてくださってありがとうございました^^

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

子どもと一緒にシュウマイ作り

<2010年7月7日 5才2ヶ月>



紺太郎はNHK教育テレビの「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん」という料理番組が好きでよく見ています。



tn_main.jpg
(画像はNHKより)



先日マインちゃんが蒸し器がないのに、
フライパンに白菜を敷いて、フタをしてシュウマイを作る放送がありました。



2回の同じ放送があって、2回とも紺太郎は見終わると「今度つくろうね~」と私に言ってきました。





「わかった・・・。。」と私は作るつもりはまったくないのに返事をしていたのですが(笑)、、
スーパーでひき肉が安いのをみて、急に「作ってみようかな…」という気になってきました。




材料を買って、7日(水曜日)生まれて初めてシュウマイに挑戦してみました。
私の母も餃子はよく作っていたのですが、シュウマイを作ったのは記憶にありません。
買ってきたものを食べるだけでした。




作り方もよく調べず、、量も全部適当です…(笑)。


豚ひき肉  200gくらい
長ネギ  5cmくらいみじん切り
しいたけ 2個 みじん切り
キャベツ 少々 みじん切りにして塩をしてしぼる
しそ   5枚 みじん切りにして水にさらす ←沢山あったので入れてみました。
ニンニク しょうが 少しおろす

片栗粉 少々
塩コショウ 少々
ごま油 少々
醤油 少々
オイスターソース 少々



気分的には、中華ダシとか帆立貝とか入れたかったけど、なかったので省略です。



↑のものを全部いれて、


CA8FUZ45.jpg


混ぜます。


CAUMSVO1.jpg




皮にのせます。

シュウマイの皮は一種類しか売っていなくて、それを買ったのですが、
一辺7cmくらいしかなくて、、小さいですね。


お肉をのせて、皮を囲んで形を整えます。

CAJVS9IU.jpg

CAC0PDI6.jpg



やっていたら、紺太郎も「てつだう~」とやってきました。



ぐちゃぐちゃになるけど、、まあいいや。。
やりたいようにやらせます。
楽しそう~。


1007070011_convert_20100707223017.jpg

1007070016_convert_20100707223052.jpg




約30個が出来上がりました。

1007070020_convert_20100707223130.jpg




白菜を切ってフライパンに並べ(キャベツでもいいそうです。)、
ちょっとだけ水をいれて蓋をします。

1007070022_convert_20100707223213.jpg




紺太郎、、「はじめは強火だからね!その後に中火だから」と番組を見たとおりに言ってきます。



出来上がりです。


1007070024_convert_20100707223322.jpg




でも、、フライパンが小さくシュウマイとシュウマイの間隔をあけずに入れたので、
皮がお互いくっついてしまうし、白菜にもくっついてしまい、取れません。

なので、、フライパン返しで白菜ごと盛ります。



肉は皮から出てしまうし、、、ボロボロ~(笑)。失敗~。

1007070026_convert_20100707223427.jpg






でも紺太郎は「おいし~」と大喜びです。
(いつもスプーンですが、めずらしくお箸を使っています。)


1007070025_convert_20100707223354.jpg




自分が作った、、、というのが嬉しいんでしょうね。。
おいしいのダンスだそうです(笑)。


1007070027_convert_20100707223458.jpg





美味しかったけど、、ボロボロになってしまい、、見た目が。。
う~ん、、これは、、シュウマイではない!
肉団子のシュウマイの皮添え。。


シュウマイ、、たぶん、、、二度と作らないと思います~(笑)。


シュウマイは買うものだわ…。



でも子どもと一緒に料理するのは楽しいので、
餃子とか、、何か他のことをまたやってみたいです!


*****


作るといえば…。


先日行った板橋区教育科学館でのサイエンスショーのお題は「音であそぼ」でした(こちら)。
そこで紹介されていたおもちゃを作ってみました。



1007050008_convert_20100707223620.jpg





紙コップ
に穴をあけてトイレットペーパーの芯を入れ、ガムテープで芯の廻り&コップのあいている所をふさぎます。

コップの底に小さいものを置いて、芯の所に「あ~~」などの声を出すと、
振動して置いたものが揺れます。

「音=空気の振動」を確かめる遊びです。

あまりよく見えませんが、、ボロボロです。。
料理にしろ、、こういう装置にしろ、、私は不器用だわ~(笑)。




遊びにきてくださってありがとうございました^^

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

不登校が教えてくれた母ごころ

<2010年7月7日 5才2ヶ月>


図書館で借りて読んだ本の紹介です。


不登校が教えてくれた母ごころ ~親と子の絆を取り戻した41の言葉~   師友塾・編 学びリンク社」です。






紺太郎はまだ幼稚園生で、今のところはありがたいことに毎日楽しく通っています。



紺太郎が2才くらいの頃に、、幼馴染である先輩ママさんに
「うちの子、、もし大きくなって『ひきこもり』とかなったらどうしよう~。。
どう育てれば、そういう風にならないのかな~?」と話したことがあります。


「あ~~、『今の時代は、、うちの子にもそういうこともあるかもな…。』くらいに大きく構えていたほうがいいよ~」の返事をもらいました。


「そうか、、そうだよな、、」と納得しながら、、
それからも「ひきこもり、、不登校、、」の問題には関心をもっていました。




関西に不登校の子ども為の師友塾というものがあります。
師友塾の塾長の大越俊夫さんは「子どもが不登校になったら赤飯を炊きなさい」という本を書かれています。









大越さんはこの↑本の中で、
「前夜の大雨で濁流が流れ込み、汚れた池にフナが浮かんで死んでいるのを見たらどうしてだと思う。これは水が汚れているからだろう。君たちが学校へ行けなくなったのも社会が汚れているからだろう」とおっしゃっています。
子どものせいではない、、と言いきっています。
(ここで言う社会は親や家族のことも含まれています。)



この「不登校が教えてくれた母ごころ」の本は、
師友塾で子どもがお世話になっている41人のお母様方が、こういう↑大越さんの言葉に対して思ったことを短く書いた手記です。


本を読んでの感想は、、内容が重複していることも多々ありましたし、
文章はお母さんの自己反省に満ちているのですが、不登校に対して「では家族は実際どうすればいいのか?」という私の一番の関心事はあまり見えないものでした。

でも、、
ちょっと気になった言葉も所々にあったので、、
メモ代わりに紹介させてください。





****


多くの塾生さんが、親に捨てられる恐怖をずっと持っていたとお聞きしたときに、
親は子を捨てることなど一度も考えたことがないだけに、大変な驚きと、親子間のズレを感じました。




この言葉にちょっとドキっとしました。


紺太郎が私の「言うこと」を聞かないときに、
「出て行って!」とか
「(近所にいるホームレスの)おじさんの所へ行きな!」とか
「おばあちゃんちに子になりな!今から行きなさい!ほら!靴はいて!」と
ヒステリックに怒ることがあります。


紺太郎は「やだ!」と泣きます。
脅すことはよくないことと思いつつ、でもつい(効くので)よく使っていた言葉なのですが、、
考え直した方がいいかも、、と思いました。


「子どもは親に捨てられるという恐怖を心の底にもっている」なんて、、。
私は「捨てる」なんて気持ちはまったくなくても、、子どもに傷を与えている場合もあるんですよね。
軽く考えていました・・・。



文章は続きます。

子どもが親の意に沿うようなことをすれば愛しく思い、そうでないことをしたときには、冷ややかになってしまう、そういう育て方をしてきてしまったように思います。


子どもは親の顔色をみて毎日暮らし、親にほめてもらいたいという気持ちが大きいということもお聞きしましたが、
まさに条件つきの愛情でしか接してもらえなかった子どもは、いつも不安な気持ちで生きてきたことに、親として大きく反省させられました。
子どもが不登校したときに、行為ではなく存在自体を受け止めてやれる親であれば、子どもの辛さ、しんどさも随分違っていたかもしれません。




この「子どもの存在をまるごと受け止める」という言葉はよく聞きますが、
それがまた難しいことだと思います。



あるお母さんが
「うちの子は一日中寝てばかりいます。将来好きなことを見つけて輝いて生きてほしいです。」
と言ったときに、
塾長の大越さんは、
「この子の好きなことが、部屋で寝ていることだったら、お母さん、どうなんですか?」と聞きます。



その時にそのお母さんは自分の良しとするものを子どもに押し付けていることを初めて気付かせていただいた、、
と言っています。


輝いている我が子は認めるが、部屋で寝てばかりいる我が子は認めない、、というのは条件付の愛だと気付きます。
その後、子どもの気持ちに添える母親になりたいとの思いが湧いてきたように思います。
部屋で寝ているのが好きなはずもなく、身も心も疲れきって寝ているしかない状態の子どもに、早く元気になれ、
早く元気になれ、と無理を押し付けていたのです。
成績だけで評価する今の教育や競争社会に疑問を抱きながらも、親が喜ぶから適応しようと頑張って体が動かなくなってしまったのに、不登校したことで親にすまない、自分はダメな子だと罪悪感を抱かせてしまいました。




ここを読んで、、
私も、、輝いている我が子は認められるけど、、
ただ部屋で寝ているだけの子を受け入れられるか??の疑問が。。
今までのように、、「自分の言うとおりにテキパキ子どもが動いてくれない」と、、イラつき文句を言う、脅す、、怒る、、
→そして自分の思い通りに行動させる(私の枠に入れようとする)、、
みたいな方法はよくない!と猛省しました。。




*******


立派な親、良い親であろうとするな、家族の中で温かく和やかな空気があれば子どもは自分の居場所を見出し、安らぐものである。



うちは夫婦で言い争って空気がピリピリしていることが多いので、、
これも反省です。



*******


自分さえよければいいとか、自分の子どもさえ幸せになればいいという考え方が子どもを苦しめてきたことがよくわかり、自分の子どもでなく、隣の子どもさんが元気になることを気にかけていくことが大切なのだと認識しました。


私は、、自分の子どもしか見えていないことが多いので、、
これも考えさせられました。


もっと大きく物事を見なければいけないと・・・。


***

不登校、ひきこもり、、
家庭や学校も色々ありますし、「いじめ」なども問題もからんできたりする場合もあるので、
この問題は難しくて、、私がどうこう言えるものでもないのですが・・・。
この本を読んで、、ちょっと考えて反省することもあったので、、
その箇所を紹介してみました。



元気に育てばいい、それだけでいい、、と思いながらも、、
欲がでて、、
できればいい学校へ行ってくれるといいな、、、収入の高いいい仕事につけば、、と思うのは一種の親のエゴでもありますよね。。



親って難しいですね。
どこからが親のエゴなのか?ということも…。
(勉強が楽しいと感じられる)いい環境を(押し付けでなく)与えていけたらいいのですが・・・
(もちろん、、大事なのは学校の勉強のことだけではありませんが。)



「そういうこともあるかもしれない…。」の心づもりもありつつ、、子どもに寄り添って育てていければいいな、、と思いました。






心も体も元気で、自立して、自分で考え、自分の道を選び、幸せに暮らしてほしいな~。
と願うくらいはいいかな、、。




あ、でもこういうことを言うと、夫から、
「まずオマエが自立しろ!」というツッコミが必ずはいるんですよね(笑)。




遊びにきてくださってありがとうございました^^

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

七夕の願いごと

<2010年7月6日 5才2ヶ月>


5日(火曜日)に紺太郎は幼稚園七夕のたんざくのお願いを書いたそうです。


(家でも書きましたが)
「サッカー選手になりたい」
にしたそうです。


他のクラスメイトが書いた、
「お菓子を沢山食べたい。」と
「ポケモンになりたい。」
はみんなにウケていたそうです^^。




子どもらしくていいですね~。


ちなみに
自宅で「しまじろう」の付録の短冊のお願いは、サッカー選手の他に、
「ライン川に行きたい」と「おりがみが上手になりますように」でした(こちら)。




「ママも書いて~」と言われて私も書いたのですが、、思いついたことは、、
(他のお母さん方もそうだと思いますが)子どもの幸せを願うことでした。


「コンちゃんが元気に大きくなりますように」
「コンちゃんが幸せになりますように」



あと高齢出産ママですので、
「コンちゃんが大きくなるまで元気でいられますように」とも書きましたが…^^;。






7月1日付けの東京新聞の朝刊の「あけくれ」にこんな投稿記事がありました。



「七夕の願いごと」

マンションのロビーに七夕のササが飾られました。
少女時代、「織姫はかわいそう。年に一度しかひこ星に会えないなんて」と心を痛め、ひたすら「晴れますように」と祈りました。
息子が逝って二年目の夏を迎えます。「Kくん、たとえ年に一度でもあなたに会うことがかなうのなら、お母さんはどんなつらいことにも耐えて、後の364日は元気に暮らすことができるでしょう。本当よ。」(略)
一緒に過ごした日々を穏やかに懐かしく思い出すには、まだ少し時間がかかりそうです。
短冊に願いことを書くとしたら「夢の中でお母さん!って呼んでね。あなたのやさしい笑顔で」かな。
(港区 56歳 主婦 )




朝から目頭が熱くなってしまいました。





今あることが当たり前だと思わないように、、と気付かされました…。




7日は晴れるといいな~、って雨がふっても雲の上は晴れているからひこ星とおり姫は会えるのかな?

******

(追記)


7日(水曜日)、幼稚園から七夕の笹を持って帰ってきました。


CA99BX8G.jpg



しかし、、これは笹なのか??
すっかり枯れています(笑)。




遊びにきてくださってありがとうございました^^

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村


テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

トイレの的シールを使ってみました

<2010年7月5日 5才2ヶ月>


少し前に「トイレがくさくなってきた」という話を書きました。
紺太郎が立ってトイレをするようになってから、、便器からはずすようになってきて、、
におい」が気になってきた、、という話です(こちら)。




それ以後、紺太郎がはずすたびに、、
私の「ギャ~」というあまりにも悲壮感ただよう悲鳴が嫌だったのか?
「ちょっと~!」とヒステリックな叫びが効いたのか?、、
気をつけてくれるようになって、
段々「におい」は気にならなくなってきました。。




でもやっぱりたまにはずすことがあります…。
まあ、5才だから仕方ないんですけどね。。。






なので、、「トイレの的シール」を試してみることにしました。



買ったのは 岸和田双陽社の「トイレじょうず」です。(こちら


10枚入りで315円(送料140円)になります。


こんなのです。。


CAEL8GMV.jpg





トイレに貼ってみました。
洋式なのですが、水が溜まっているところのちょっと上に貼りました。




紺太郎は大喜びです。
的に当てようと一生懸命です!
手でふらふらと持って、、便器からはずれる、、ということがなくなりました。



朝起きても中々トイレに行かなくてモジモジしていることが多かったのですが、
自分から率先して「シールにあてよ~~」と嬉しそうにトイレに行くようになりました。



先週に「トイレの的シール買うからね」と紺太郎に伝えた時も、、送られてくるまでとっても楽しみにしていました。
夜に帰ってきたパパに、、
「あのね、、トイレのシールが来るまでは、コンタロウはちゃんとできないの。。」なんてトイレの中で、、聞かれてもいないのに話したり。。





買ってよかったな~と思う品物ですが、、ちょっと難点も。。


注意事項に

① 便器の貼り付け部分の汚れを洗剤でふき取ってください。
② アルコールなどを使用して表面の脂分を除去してください。
③ ドライヤー等を使用して貼り付け部分の表面を乾燥状態にしてから貼り付けると最良です。



とあります。


②番と③番は省略しました…。




その省略したのも原因の1つだったのかもしれませんが、、



シールを貼るときに、「的」の上部に指をくっつけてしまったら、、
(手の脂分がついて、粘着力がなくなったのか、)
貼ってから2回目くらいで流している時に、、ピロピロと上の部分がはがれてきました。




あらららら、、。



そもそもこのトイレの的シールは、、(立ってする)男性用小便器専用のものなんです。




洋式のトイレに貼って、、流しているうちに、、はがれて流れていってしまったら、、、
つまりの原因になるかもしれません…。。。
(小便器なら、、剥がれて流れてしまっても受け皿みたいなところにひっかかりますよね。。)




これではいけないと、、はがして、、今度は新しいものの「的」の下の部分を指に持って貼ったら、、 1日使ってもはがれてはこなかったです。。(ホッ)





はがれて流れてしまわないように、、気をつけて使っていこうと思います。




こんな、、問題点はありますが、、
子どもは喜びますし、、トイレも汚れにくくなっていいかもしれません~。





(私信)
S子さん、こんな難点もありますが、ご希望なら数枚お分けしますよ~(笑)。



*****

6月の半ばに梅酒つくり(こちら)、20日過ぎ梅ジュース(お酢入り)つくりをしました(こちら)。


こちらが、、


1006140004_convert_20100615235118.jpg

CAUXTFQI.jpg




こんな感じに出来上がりました。


CANCQEC6.jpg




ジュースは2Lの瓶に梅が入りきらなかったのでインスタントコーヒーの瓶と分けたのですが、梅のカサが減って瓶に一緒に入れることができました。


梅ジュース、飲んでみたら美味しかったです!
炭酸で割ったのですが、ちょっとジンジャエールのような、、。
さっぱりして元気がでます。
紺太郎には水で割ったら「おいしい!」と言っていました。



梅酒は3ヶ月とか1ヶ月くらいで出来るとか言われていましたが、
1週間くらいたったころに飲んでみたらさっぱりとして、、美味しかったです!
それからチビチビ飲んでいます~。



遊びにきてくださってありがとうございました^^

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

おじいちゃんち&久しぶりにパパと公園

<2010年7月3、4日 5才2ヶ月>



3日の夕方から4日(日曜日)夫の実家で過ごしました。


いつもの日常が繰り返されます。


おじいちゃんに幼稚園で習った空手を見せています。


1007030035_convert_20100704233301.jpg



朝に「幼稚園がプールオープニングしたから(6/28)、、ここでも入る~」と池に向ってパンツ1丁の姿で向います。

1007040041_convert_20100704233331.jpg


蚊にさされて、、私が写真を撮るヒマなく退散していました…。





おじいちゃんに地図の説明をうけます。


1007040047_convert_20100704233403.jpg




エプロンをつけて、(昼ごはんから豪勢ですが)エビフライのお手伝いです。
床は粉だらけですが…(汗)。


1007040051_convert_20100704233445.jpg




食べた後に体重を量ります。


1007040052_convert_20100704234619.jpg



木の椅子をメジャーで計測していました。
私がメンドクサイ、、と思うようなことでも、、義母はじっくり相手をしてくださいます。


1007040056_convert_20100704233938.jpg




いつもは家でまったり過ごすのですが、
夫がいつも土日を仕事で私たちと一緒に過ごせないのを悪いと思ってなのか?近所の公園まで車で連れて行ってくれました。

前日の夜から「どこか連れて行ってやる」とパソコンを見ながら行き先を一生懸命に考えていました。


1007040062_convert_20100704233540.jpg




ビビリなので、、やっぱり高いところで腰がひけていました…。


1007040065_convert_20100704233634.jpg





この遊具にはまりました。
トランポリンのようになっていて、遊具全体がゆれます。


1007040067_convert_20100704233709.jpg

1007040073_convert_20100704233745.jpg




子ども達がみんな大喜びで、
この遊具を考えた人は天才かも、、とか思ってしまいました(笑)。



パパと一緒に楽しそうでした。
一度落っこちて泣きましたが…。


1007040081_convert_20100704234201.jpg




その後、夕方には(急に仕事が入り)夫は仕事に行ってしまったのですが、、
「俺は(今日はあんた達に)ちゃんと付き合ってやっただろ!」と満足気な顔をしていました(笑)。


私が「(当たり前のことなのに)恩着せがましい…」とみたいなことを言ったら、、


「あんたもいつもそうだ、子どもの面倒みているって恩着せがましい態度だ、、」と言われてしまいました(笑)。


その通りだわ…(笑)。
まあ、、似たもの夫婦ってことですかね(苦笑)。




日曜日の午後2時半過ぎに公園へ出かけたので忙しかったです。
おじいちゃんは紺太郎と将棋などをやりたかったようですが、そんな時間はありませんでした。

夕方実家からおいとまする時に、おじいちゃんに
「バタバタと突然来て、バタバタと帰ってすみません~」と声をかけたら、
「うん、そのとおりだ。」と言っていました。。(苦笑)



夏休みにゆっくり遊びにくる(預けにくる)ので、、ご勘弁を~。


まあ、パパと一緒に、、楽しい日曜日を過ごしました~。
パパ、ありがとう~。


遊びにきてくださってありがとうございました!
いつも皆さんのあたたかいポチもありがとうございます!

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

横浜のポケモンセンターへ

<2010年7月3日 5才2ヶ月>




7月3日(土曜日)
横浜のみなとみらいにありますポケモンセンターヨコハマへ行ってきました。


前に紺太郎は「(幼稚園の)L君とY君は、ポケモンセンターへ行ったことがあるんだって~。」「コンタロウも行きたい~」なんて言ってきていたので、、
朝に「行こうか?」と聞くとすごく喜んでいました。




うちは、ポケモンはDVDをちょっとだけ見せたことがある程度なのですが、
幼稚園では友達とポケモンごっこをしていて、、とってもポケモンが好きなようです。
「(見たことなくて外見はわからないのに)今日はマニューラ役をやった!」などと報告してくれます。



ちなみにポケモンセンターは、関東は横浜のほかに浜松町駅の近くにもポケモンセンタートーキョーがあります。




ポケモンセンターヨコハマの最寄り駅はJR桜木町駅、みなとみらい線「みなとみらい駅」になります。
ランドマークタワーの4階になります。





ちなみに、、ポケモンセンターって、、ただのポケモングッズを売っている「おみやげ屋さん」みたいなものです…。




ゲームをやる子には楽しいようです。
スタッフと「ポケウォーカー」を通信したりできるそうです。(よくゲームのことは知らないのですが…。)




ちょっと映像を見るところがあり、、
ルカリオというモンスターの着ぐるみが出てきて、映画の宣伝やゲームの説明をしていました。



1007030004_convert_20100704010102.jpg


1007030016_convert_20100703230719.jpg



店内には色々なものが売られています。


1007030005_convert_20100703230600.jpg


1007030006_convert_20100703230637.jpg




外国人の子供も数人来ていました。




せっかく来たので、、
ミニフィギュアの前に連れて行って、
「この中から好きなもの買ってあげる」、、、と言うと、ギザミミピチューを選んでいました。(294円)
マニューラを探したのですが、なかったのでした。。
あとは、赤鉛筆2本(150円)と鉛筆キャップ(210円)を買ってあげました。
安いものばっかり…(笑)。


100703_1711~001





お店の前で記念撮影。。

1007030020_convert_20100703230757.jpg




お店を出ると、、紺太郎は、「ポケモンセンター楽しかったね~。」とえらく気に入っている様子です。。
映像をちょっと見たのと、、お土産を買っただけだったのですが…、謎です…。
それも、、ずっとポケ~っとしていただけです。。



クイーンズスクエアをちょっとぶらりして、フローズンヨーグルト(ARROWS PALETTE)のおやつを食べました(↓写真奥)。

1007030021_convert_20100704010150.jpg




ランドマークタワーとパチリ…。

1007030026_convert_20100704010319.jpg





この日は夫は「何かの集まり」があったのですが、
それが夫の実家の近くでした。
夜帰るのに実家の方が便利、、、ということで、、私たちも急遽実家へ遊びに行くことにしたのでした。
土曜日1泊の滞在になります。



朝に実家に、、
「いきなりですが、、今日行ってもいいですか?」
と電話したのですが、
義両親は喜んでくださいました。



夕方に実家へ着くなり紺太郎はおじいちゃんとおばあちゃんに、
「今日はどこに行ったと思う~?」と嬉しそうに話していました。


そしてすぐに「手作りカタカナボード」で、
ポケモンセンターはじめますなんて言葉を作って「お店屋さんごっこ」をはじめました。


1007030027_convert_20100703231054.jpg


おじいちゃんが「センターの所長さん」だそうです…。


そして電気を切ったりして、、
ポケモンセンターおわりましたなんて言葉を作っていました(笑)。


1007030031_convert_20100703231134.jpg




夜お風呂に入る前には、、
パンツ1丁の姿で、、2階でパソコンをやっている私の所まで来て、
「ママ、(ポケモンセンターに)連れて行ってくれて、とってもありがとう~。」なんて言っていました…。




どこかに連れて行って、、お礼を言われたのは初めてです…(笑)!



センターには1時間もいなかったし、、そんなに楽しんでいた風にも思えなかったのに…(苦笑)。
(繰り返しますが、、)映像を見て、、お土産買っただけ…。
やっぱり、、謎だわ…(笑)。



まあ、喜んでいてくれているのでよかったです~。




*****



ちょっと前に、
「ママ見て~」と子どもに言われて幸せ、、、な~んて話を書きました(こちら)。
そんな話を書いておきながらなんですが、、
最近イライラしていて、、そういう気持ちもあまり感じられなくなっていました。



木曜日(1日)くらいには、、イライラがピークで、、
ご飯作っている時なんかに、紺太郎が色々質問してくると、、
「も~~~、、ウルサイ!!私に話しかけないで~、キ~~~っ!」状態だったのでした…(苦笑)。



その日は夫が帰って来てくれた日だったので、、紺太郎の話し相手になってくれて、夜はとても助かりました。
紺太郎のひっきりなしの「あのね、あのね、」攻撃も辛いときがあります…。



夫の実家でも、、紺太郎のありあまるエネルギーの相手をするのが、、私の他に義父、義母といるので、
ありがたいです~。



ホッと一息つけます…。



今日来ることになっていたのなら、、数日前に無理して私が紺太郎の前髪を散髪することなかったなぁ…(笑)。
(いつも義母に散髪してもらっています。前髪が気になって、、私がやって、、失敗しました。。)


ランキングに参加しています。応援して頂けると嬉しいです^^
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 育児

ウケた絵本「まゆとおに」「せんろはつづく まだつづく」

<2010年7月2日 5才2ヶ月>



最近紺太郎がウケた絵本、数冊のご紹介です。




「まゆとおに ~やまんばのむすめ まゆのおはなし~ 富安陽子・文  降矢なな・絵  福音館書店 」






ある日、やまんばの娘のまゆが出会います。


まゆは「鬼」というものを知りません。
鬼もまゆが「(不思議な力を持つ)やまんばの娘」ということを知りません。
鬼はまゆを食べるつもりでうちへ招待します。


「何か手伝いする事はない?」とまゆが言うと、、
に鬼は「(煮て食べるために)薪を集めてくれ」と頼みます。

すると松の木を一本引き抜くまゆ。


1006240014_convert_20100703051359.jpg



まだお手伝いをすると言うまゆに
「じゃあ、火を囲む石ころを二つ三つ集めてもらおうか」と鬼は頼みます。

すると、、岩を軽々3つもちあげるまゆ。


1006240016_convert_20100703051430.jpg




そんなまゆを見る、鬼のびっくりした顔が紺太郎には楽しいようです。




ページをめくるたびに、、
「ギャハハハハ~。アハー!」と 大うけで、
私の顔をみて、ページを指をさします。


毎回読んで、毎回同じリアクションをする紺太郎がおもしろいです。



最初気がつかなかったですが、この絵を描かれた降矢(ふりや)ななさん、
紺太郎が2才のときに毎晩のように「よんで~」と言って、はまっていた
「めっきら もっきら どおんどん」を描いた方と一緒でした。








スロバキア在住だとのことですが、、
この方の絵は、、、色使いも空間も、、好きです~。



838332579_11.jpg



****


そして同じく紺太郎が2才の頃に買ってうけていた絵本
「せんろはつづく 竹下文子・文 鈴木まもる・絵 金の星社」ですが、、






続編がでました。

「せんろはつづく まだつづく」








「せんろはつづく」は、小人が線路をつなげていく、、というお話で、、



「山があった。どうする?」の問いには、
「穴をほろう、トンネルだ~」
「道があった。どうする?」「しゃだんきをつけよう、ふみきりだ~」と続きます。




こちらの「せんろはつづく まだつづく」の方は、、、


工事中だ、どうする? すいか畑があった、どうする? 高いがけがあった、どうする? お客さんがきたよ、どうする?
と聞いてきます。
でも、その答えが、、
「そりゃ、、ないでしょ~~!!」の展開ばかりです(笑)。


谷があった、、 どうする?


1007030001_convert_20100703051824.jpg



ジェットコースターにしよう、、みたいな。。

1007030002_convert_20100703051859.jpg



でも、、紺太郎には大うけです!!
久々の大ヒット。。



1日(木曜日)に図書館から借りたのですが、、もう何回読んだことか。。
私が何回も読み、、自分でも何回も読み、、夫が(木曜の夜)帰ってからも読んでもらっていました。



「パパならどうする?」と1ページごとに聞き、、パパが「う~~ん、回り道かな?」と答えると、、
「ブブッー」と楽しそうです。



テッシュを丸めて線路まで作っていました(笑)。


1007010029_convert_20100703051651.jpg




「どうする?」で大げさに首をかしげます。


1007010030_convert_20100703051720.jpg



2冊を重ねて、、続けて読むのがいいみたいです。


1007010031_convert_20100703051751.jpg




この本、5才にしてはちょっと年齢対象が下かな?と思ってしまうのですが、、購入しようか迷います…。


ちなみに私は鈴木まもるさんのファンです~。

***


最近紺太郎は、
「どうしてお腹がすくとなるの?」とか
「どうしてあくびをすると涙がでるの?」などと質問してきます。



パソコン検索で答えを探していてみつけた本はコチラです。



「どうしておなかはなるのかな?(げんきがいちばん)」




こちら、、私が図書館で借りて読んでいて、、(失礼ですが)そんなにおもしろいとは思わなかったのですが、、
紺太郎は何回も「読んで~」と言っていました。



この「げんきがいちばん」シリーズは体の色々なことについて書かれていていいです。


   


虫歯になったし、、今度は「どうしてむしばになるの?」でも借りてこようかな~。



****

そしてたまたま見つけたこちら「みつけようかがく」シリーズ
わかりやすく科学を説明していていいです。


借りたのは「ちきゅうはなにでできているの?こたい・えきたい・きたい」「じゅうりょくってなぞだ!」ですが、、



 



「たべることはつながること~しょくもつれんさのはなし」も中々面白そうです。





空気、種、、昆虫、磁石と、、、
他にもおもしろそうなお話が沢山あります。



長くなりました…。

7月になって近所の図書館が5冊から10冊に借りれる冊数が増えました。
5才でも図書カードが作れるそうで、、(今まで知らなかった)、
2人で20冊も借りれます♪
うれしいな~。
(まあ、20冊も1回に借りませんが、、今まで1回に5冊は少なかったです…。)



ちなみに、
今年4月から幼稚園のバスが早くなって、、半ばやけくそで始まった(笑)午後の「絵本の時間」は続いています~。



これからも続けて行きたいと思います。



ランキングに参加しています。応援して頂けると嬉しいです^^
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 子どもの本
ジャンル : 本・雑誌

虫歯で歯医者さんへ

<2010年7月1日 5才2ヶ月>



早いもので、、今年ももう7月なんですね~。
あっという間に半年が過ぎてしまいました…。
この間、年中さん(Junior)進級したと思ったら、、、あと2週間ちょっとで夏休みだし・・・



先週末のことです。



紺太郎が口を開けると、、右の下(紺太郎にとっては左下)の奥歯に黒い点のようなものが…。。



こ、これは、、、もしかして虫歯!!!???



5月に上の前歯が2本抜けた時に、、(いつもは見えていなかった)裏の方に黒い点があり、、
「虫歯か~~??」とあせりました、、(どーでもいいですが、こちら)。



もしかして他にも見えないところに、、虫歯ができているかも???の不安はありましたが、、
6月初旬幼稚園で歯科検診があり「虫歯なし」の結果で安心していました。




でも、、この黒い点は歯ブラシでゴシゴシしても取れないし、、
どうみても、、虫歯のよう。。



私が通っている歯医者へ予約を入れて、7月1日(木曜日)の午後に行ってきました。




紺太郎は2才の頃に、、
奥歯のくぼんだところが黄色で「虫歯?」と思ってあせって(別の)歯医者へ行っったことがあるので、、2回目になります。
(虫歯ではなかったので、フッ素だけ塗ってもらいました。)



先生に診てもらうと虫歯とのこと…orz。




おまけに隣の奥の歯も、、虫歯になっているとこのこと…orz。




2本のC2、、エナメル質の下の象牙質にまで及んでいる、、進行した虫歯だということです。。
(C0、C1に続き、、3段階目の虫歯です。。)



私は歯が悪いので、「自分の子供には虫歯を作りたくない!」と思っていたので、、ショックです。。




ちなみに、、抜けた前歯を持っていって先生に見せたら、、やっぱり「虫歯」と言われました・・。


子ども専用の歯医者さんじゃないのですが、
先生が優しくて、、好印象でした。




ちゃんと器具の説明を1つ1つしてくださり、子どもに安心感を与えてくださっています。



「これは水がでるの、、ほら。」
「これは、、お母さんの掃除機といっしょ、、吸い込むでしょ。」
「ばい菌(虫歯菌)が残ってないか、、薬をいれて確かめるよ。」


と、、丁寧です。




「そういえば、、去年の初め、、紺太郎が3才のときにキッザニアで歯科衛生士をやったな~~。」なんて思い出してしまいました。。
(やっぱりどうでもいいのですが(笑)、、こちらです。)




紺太郎、、椅子に横たわりキョウツケをして固まっています。。



見ていて、、こっちも力が入り、、疲れました。。



歯医者さんでの事故もあるので…。



削り終わりました。。



紺太郎、、ちょっと疲れています。


CA3EQJHI.jpg



(口の中を見せてしまって失礼しますが。。)




穴です。

CAHQZXPN.jpg




薬をつめるまで、、休憩。。
ちょっとくつろいできました。


CAGPR864.jpg


CAGEONW9.jpg




あ、ちなみに、、私、、また、、前髪の散髪に失敗しました…(笑)。




削るよりも、、詰める方が、、口をあけているのが大変だったようです。



無事終了。。


「泣く子もいるのに、、がんばったね~」と先生に褒めていただきました。



詰めたのは、、白い色で、、治療の後がわかりません。
幼稚園の同じクラスの子は銀歯だそうで、、、。
見た目のことを考えて、、白い色でよかったです。




来週フッ素を塗りにまた通院します。





先生いわく、、「これは1ヶ月でできた虫歯ではありませんね。
幼稚園での歯科検診では、、暗いしわかりにくいんですよね。。。」とのこと。。





ちゃんと歯医者で定期的に健診しておけばよかった、、と強く後悔。。
定期的にクリーニングやフッ素塗りとか。。





まあ、、乳歯だったのが、、不幸中の幸い、、ということで。。



これからは定期健診に行くぞ~~!





(再び、、口の中を見せてしまって失礼しますが。。)




これ歯医者に行く前の朝の口の中です。。
右の奥歯2本です。


1007010018_convert_20100702101228.jpg




シロウト目には、、一番奥の歯が虫歯って(特に)わかりにくいですよね。。
(って、この写真がわかりにくいのですが・苦笑。)




幼児のお子さんには(幼児以外もですが…)、、、、プロの歯科医での定期健診をお勧めします~。




遊びにきてくださってありがとうございました!

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード