動物園で「乳搾り」

<2009年5月30日 4才1ヶ月>


30日(土曜日)は親子3人で、
埼玉県東松山市にあります、「埼玉県こども自然公園」へ行ってきました。
(大人500円)



以前から「乳搾り」を経験させてあげたいと思っていました。
前から飲んでいる牛乳が、紙パックから出てくると思って欲しくないし…。

あいにく関東地方は雨で、児童館は平日2日連続行っていたし、、行く所がない。。
ふと思いついて、、
紺太郎に「乳搾りやってみたい?」と聞いてみると「やりたい」というので、
雨でもできるので決めました。


着いてみると、
5月30日、31日は「ミルクフェスティバル」というものが開催されていました。
おじさんが歌を歌っていました。
歌にあわせて10分間、生クリームの入った蓋つきカップを振っていくと、、、

0905300016_convert_20090530222949.jpg
(乳(ニュー)ミュージック・笑?牛や牛乳をテーマにした歌を5,6曲歌ってくれました。)

0905300014_convert_20090530222842.jpg

バターが完成~!
クラッカーが配られ、、試食です。

クリーミーで、おいし~~。


0905300029_convert_20090530223034.jpg


このイベント、無料ですし、カップもお持ち帰りできて、親切です。

ちなみに、、
↑の牛の格好をしているおじさんは、動物園の飼育員の方かと思ったら違い、、
「ミルク082(おやじ)」とおっしゃって、元酪農家で全国を行脚して、
牛乳の消費拡大を訴えているそうです。
歌はYOU TUBEで聞けるそうです…。
(もしご興味のある方は、、こちらをどうぞ・笑)。



そして、本日のメインイベント「乳搾り」です。
(1日3回無料、11時、1時、2時半に30分間行われます。)

0905300038_convert_20090530223122.jpg

「あったかくて、おもしろかった~」
と人がいなくなってから2回目もやらせてもらいました。


いい経験ができました~。



またどーでもいいことですが、
こちらの牛舎の横のホルスタイン柄の牛乳の自動販売機は、
お金を入れると「モ~」と鳴くそうです。。ビデオで撮っている方がいました。。



幸い雨もあがり、
牛舎を後にして、「なかよしコーナー」へ行き、
モルモットをさわります。。

0905300055_convert_20090530223216.jpg
(この笑顔が好き…親ばか。。)


2週間前にやぎの赤ちゃんが4頭生まれたのですが、
オリ越しに見ていたら、、
飼育員さんが親切に「さわりますか?」とオリから出してくれました。
ラッキーです。


かわい~。

0905300071_convert_20090530223314.jpg



ポニーに100円で人参をあげて、、
園内バスに乗り、園の一番奥まで行ってコアラ見学をしました。


いつもココにくるとやる、、
なりきりコアラ~!

0905300089_convert_20090530223407.jpg



カンガルー
を見学。。
すぐそばで飛んでいるのを見ることができます。
オーストラリアを思い出します。

0905300098_convert_20090530223504.jpg


4度目のこちらの動物園でしたが、
楽しかったです~。


今週も夫は仕事が忙しかったらしく、木曜日の夜は1時間しか寝れなかったそうです。
週末はゆっくり寝せてあげたいけれど、、
紺太郎は「(出かけるなら)パパと3人で~。」と譲りません。。

毎週末、パパが(おでかけ)「行く、行かない。」でもめるので、、ちょっと疲れます。。


しかし、、つかれて出かけるのに気乗りしていない夫が、出かけてみるといつも一番乗り気になっています・笑。
今日も3人の中で、、一番真剣に最後まで動物を見ていましたし、、
「ミルク082(おやじ)」さんの歌も、帰ってからも、、「モォ、モォ♪」とちゃんと覚えていたり…笑。



にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村  
↑        
ブログランキングに参加しています。1日1回で10点が加算されます。
ご訪問の際、ポチっとしてくださると、とってもうれしいです。

お気軽にコメント残してくださると嬉しいです♪
通りすがりの方も、
「うちの子も乳搾りをしたことがある。」
「ミルク082のライブを見たことがある。」
など、一言でも大歓迎です。

スポンサーサイト

テーマ : 家族でお出かけ
ジャンル : 育児

好きな人は…、ママ!

<2009年5月28日 4才1ヶ月>


しまじろうの「こどもちゃれんじ」は、お誕生日の月にプレゼントが届きます。
絵本やCDなどです。


紺太郎のお誕生日は4月なので、、、
ずいぶん前に封筒が届いていたのですが、
私が忘れていて、昨日気がついて開けました。


「4さいになるほん」と書かれた本の最初に、
★4さいの きろく★というページがありました。


なまえ、しんちょう、たいじゅう、あしのおおきさ、、とあります。


私はマジックで自分で書き入れていきました。

すきなあそび、
すきなたべもの、

と続くので、

そこから紺太郎に、聞いてから書き入れていく形をとりました。



(私)「好きな遊びは?」
(コン)「でんしゃ~。」
「好きな食べ物は?」
「やさい~。」
「ぎょうざも好きだよね~」
「うん、ぎょうざも~」


「好きな人は?」
ママ!



う、うれし~。。。


今までさんざん、本とかで、
「子供が一番好きな人はお母さん」と読んできましたし、
他の人がそういうふうに「言われた」と、読んできましたが、
実際、、、自分が言われるのを聞くと、、、うれしいです~(涙)。



幼稚園で仲のよい女の子のMちゃんとか出てくるかな?と
チラッと思ったのですが…。
(Mちゃんには「コンちゃんともう遊ばない!」と言われたことがあるのですが、
その後仲いいみたいです。)


ジーンときてしまいました…。
胸がキューンとなりました。
ベタな答えですが…。
喜んで、バカ親全開です。。



「大きくなったら何になる?」
「コックさん~!」

あ、まだ続いているんだ…(笑)。


まわりの人からのメッセージとありましたので、
「コンちゃん、大好き!」と書きました。


0905280039_convert_20090528230739.jpg


ちなみに、、4月にもらった幼稚園の誕生日カードに
「おうちの人から」とメッセージを書く欄がありました。

私は、
「大好きです!元気にゆっくり大きくなってください。」
と書きました。


夫からは、、、

1才の時から幼児教室でもらっていたお誕生日カードにも私と夫から何か書いていました。
1,2,3才と、夫は「我慢強い子になって」と書いていたのですが、
「今年はどうかな??」「もう同じこと書かないかな??」
と思っていたら、、


「常に我慢強い子になれ!」


バージョンアップしていました…(笑)。


なんか、、夫は、私との生活をそんなに我慢しているのかな~とか
勘ぐっちゃうんですよね…(苦笑)。

私がそんなに我慢させているのか??とか。。(笑)





まあ、、それは、おいておいて、、

独身時代から決めておいたことがあります。
実際子供が一番好きなのは(ほとんどの場合)お母さんだと思います。
そして、お母さんが一番好きなのは、、?


そう聞かれて、
「子供」と答えないようにしようと。。

子供に「お父さん」が一番好きだと伝えようと思っていました。
子供もいつか手をはなれてから、親ばなれして、親じゃない誰かを一番愛せるようになるために…。



なので、
ママが一番好きなのは、「パパ!」と言うのですが、、、
でも、、やはり愛おしくて、「それと、、コンちゃん」と答えてしまいます。


「そして、、みーちゃんも」(広島の母)。。とも言ってしまいます。
あ、私が親ばなれしていません…(笑)。


******

今日(28日、木曜日)の紺太郎です。
もうそろそろ梅雨に入るのかな…。

0905280021_convert_20090528230653.jpg


幼稚園のバスを待つ間、
「ブイサイン~」と言ってピースしてくれるようになりました。


0905280038_convert_20090528235109.jpg


行くのが嫌で、、↓ こんな時もあったのに…。(しつこく使ってすみません。。)

DSCN3149_convert_20090413114311.jpg


ここ2日、寝る前に「片づけしようか。」と私が言うと、
素直におもちゃを片付けてくれます。


前は「片付け」と言うと、「まだ遊ぶの」とか言ってしないことが多かったのですが。。
イライラするのが嫌なので、そのままにして寝ている間に自分で片付けていたのですが…。
(それかそのままにしていました。)



なんか、、急にイイ子になっちゃったようで、、不気味です…(笑)。
「ママが片付けて、って言ったら、片付けるの~。」とか言っちゃって…。


やはり幼稚園で、集団生活を学んだ成果なのかな~??


***

紺太郎が「ぴあ、ぴあ、ピアノ♪」と歌うと記事に書いたところ、
お友だちのすぬこさんが、
「この曲では?」と教えてくれました。(こちらです。I am the Music Manという歌でした。)


この3日間、ず~~っと私の「脳内ミュージック」です(笑)。


一人でいるときも、紺太郎といるときも、、
ず~~っと、
「ぴあ、ぴあ、ピアノ♪」です。


↑のリンクの女の人の歌声がのびやかでキレイです。
楽しい歌なので、よかったら聞いてみてください~。

*******

またどーでもいいことなのですが、、
実家で、おじいちゃんが、

「幼稚園では、コンちゃん何て呼ばれているの?」と聞いていました。

「コンタロウ~」と紺太郎が答えると、、

「それは、おかしいでしょう。
コンタロウ君、とかコン君とか、ざまき君(名字)とかでしょう。」

「ううん、コンタロウ~」

「いいや、それはおかしいでしょう。コンタロウ君でしょう?」
とおじいちゃん納得いかないよう。。

「ううん、コンタロウだけなんだよ~」

「え~?」

私が助け舟をだしました。
「(外国人の先生もいるので)呼び捨てなんですよ。
先生も呼び捨てで呼んでいるんです(ミスとかつける時もありますが)。」
と私が言うと、、


「それは困るな~。」と苦い顔をしていました。。



私も最初は、日本人の礼節は?とか思っていましたが、慣れました。。
おじいちゃん、、やはり自分の固定観念があるから、
子供に言われると、、中々信じられないんでしょうね。。



前日、ネタがないと書いたわりには、長くなりました~(苦笑)。
どうでもいいことばかりなのですが。。
読んでくださってありがとうございました。



にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村  
↑        
ブログランキングに参加しています。1日1回で10点が加算されます。
ご訪問の際、ポチっとしてくださると、とってもうれしいです。

お気軽にコメント残してくださると嬉しいです♪
通りすがりの方も、
「うちも「4才のきろく」を書いた」
「I am the Music Manを知っている。」
など、一言でも大歓迎です。

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

人間関係に悩んだ時…渡辺和子

<2009年5月27日 4才1ヶ月>



ずいぶん前に読んだ本ですが、紹介させてください。
書くことが好きなのですが、ネタがなくて…(苦笑)。




心穏やかに生活したいものですが、
他人の言動によって、、心が乱されることがあります。


例えば、
・マンションの近隣の人に挨拶をしても、無視されたり、、
・お店の店員さんの態度が酷かったり、、
・診てもらったお医者さんが一度も目を合わせてくれなかった(感じが悪い)。
・職場にイヤな人がいる(いた)。
etc.


大体の場合、こちらは何も言いませんし、
あまり関わりをもたないようにするのですが、
気分は悪くなるものです。
イラっときたり、、いや~~な気分になったり。。


そんな時に私が思い出す言葉があります。

「これは私の問題ではない。彼(彼女)の問題なのだ。」

です。



渡辺和子さん(ノートルダム清心女学院、理事長)の「目に見えないけど大切なこと」という本で書かれていたことです。






相手が通りすがりの人だっり、ちょっとしたことだったら、上の言葉だけで収まることもありますが、
そうでない時もあります。。



ちょっと人間関係に悩んでいる時など、
この本を読み返したりします。


(パーティでぶつかってきて、ワインを洋服にこぼしたのに、あやまりもせずにそそくさと去っていった人がいて、、、)
「It is his problem, not mine」(私とは関係ない、彼自身の問題なのだ)
他人との心のぶつかりあいがあるときもこのように呟かないといけない時がある。

私にいけないところがあるのか、それともそれは相手の問題なのかをみきわめた上で、
自分が悪ければあやまり、相手の問題であるときは苦笑して、「こぼされたワイン」を拭くぐらいの心の余裕がほしい。



(もっと事が複雑な場合は…、)

ふつかりやすい相手の間には、ある程度距離をおくのも一策である。車でも車間距離をとるように適度な距離がぶつかりあいを防いでくれるときがある。

人間は弱いものなのだ。いつもいつも耐えられるものではない。
世の中には相性が悪いというか相手の存在そのものが気にいらない同士がいるものだ。
その時に頂いた言葉、
「文化の違いとわりきりなさい」であった。

落ち込んだ時、祈るのも大切です。
「立ち直らせてください。抜け出させてください。」という祈りは自分の不完全さ、
思い上りに気づき、
また他人の不完全さを許す心のゆとりを取り戻すことがあります。
祈ることで「痛みを抱えながら生きる」のが私たちにとって当然のことであると悟り、
かくて私たちの人生には、同じく痛みを抱えている人への優しさも育つのです。
落ち込んだ時は、落ち込むのがよいでしょう。

そんなみじめな思いをしてる自分を嫌うことなく「いつか良くなる」と信じて
自分と仲良く過ごしている時、心をおおっていた雲が晴れて、
明るい日差しが輝いてみえてくるのです



車間距離…。
これがまた難しいんですよね。。
どうしてもかかわらなくてはいけない人もいるわけで…。


渡辺和子さんの本は、好きで何冊も読んでいます。
PHPのコラムなども、よく拝読していました。

誰だって自分が一番かわいいのだから、他人を当てにしてはいけない。」
父親を幼いときになくした子ども達に母は良く言い聞かせてくれたものである。
それは決して「渡る世間は鬼ばかり」といった不信感を植え付けようとしたのではなく、
他人に期待しすぎないようにということであり、
母自身が自分の生きた経験の中から習った「幸せの知恵」のようなものだったと思う。



余談ですが、↑の「父親を幼い頃になくした」という渡辺和子さんのお父様は、
二・二六事件で青年将校に襲撃された渡辺錠太郎教育総監だそうです…。





もう一つ、人間関係の悩みの気持ちを軽くしてもらった本があります。

浅見帆帆子さんの「大丈夫!うまくいくから」です。






・自分の人生が左右されてしまうこと以外でイライラする必要がない。イライラした時点でマイナスのパワーを自分の中でつくることになる

そして、渡辺和子さん(のお母様)もおっしゃっていますが、

・相手に勝手な期待をしない。
あなたの予定通りの反応が返ってこなかったから、腹ただしいだけなのです。
「~してあげたのに、感謝されなかった」など、
あなたがこうだと思っている判断は、あなたの判断に過ぎないということです。
だから、「まあそういうこともあるだろう。」と過剰反応しないことです。
つまり、ここでも、あなたの人生に影響のないことで、「失礼だ。腹が立つ。頭にくる」と大げさに捉えないことです。


人間関係のほかにも、よく言われていることですが「ツキを呼ぶ方法」などが書かれています。


・「幸せ、幸せ」といつも言っている人には、同じ幸せの波動を持つものが引き寄せられます。
「わたしは何をやってもうまくいかない」いつもそう思っていれば、
それがその人の意識の方に入り込み、それにふさわしいダメなことが現実にもやってくるのです。



彼女の本も好きです。


↑の、
「自分の人生に左右されること以外でイライラしない」



わかるのですが、4才の子供にはイライラすることも多いですけどね~(笑)。

PMSのときは特にひどいです。
寝不足だったり、疲れていたりするときも。。
最近子供もこちらの反応を見て、怒ることをわざとするようなこともあったりして。

今日も、、
「下の人に迷惑だから、静かにしようね」と言っているのに、
マンションの廊下を、わざと音をたてて歩いたり。。
ハサミをうまくつかえなかったものだから、わざと床をドンドンしたり、、
歯磨きのあと、口をゆすがず、、洗面所を抜け出し、布団へダイビングしたり。。

歯磨きも時は、
「(ママ出て行くよと)じゃあ、さようなら~」と玄関で靴を履く真似をしたら、
あわてて洗面所に戻りましたが。。

床ドンドンは、、一軒家の方が子育てにはいいな~。


あ、すみません、
人間関係と話がずれました。。(笑)


人間関係って難しいものです…。


最後に、人間関係のことだけではないのですが、、
渡辺和子さん(&私の高校の理事長)が書いていたラインホールド・ニーパーの詩を。


主よ、変えられないものを
受け入れる心の静けさと、
変えられるものを変える勇気と、
その両者を見分ける英知を与え給え。



「変える」こと…、、
「床ドンドン」はどうやって変えられるか。。

あ、また話がずれました・・・(笑)。




にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村  
↑        
ブログランキングに参加しています。1日1回で10点が加算されます。
子育てに関係のない内容ですが、ポチっとしてくださると、とってもうれしいです。

読んでくださってありがとうございました。お気軽にコメント残してくださると嬉しいです♪
通りすがりの方も、
「私も渡辺和子さん、浅見帆帆子さん好き」
「子供にイライラしない方法を知っている」
「床ドンドンさせない方法を知っている」
など、一言でも大歓迎です。

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

「プロフェッショナル」公務員・木村俊昭

<2009年5月25日 4才0ヶ月>


NHKの「プロフェッショナル・公務員・木村俊昭 "ばかもの"が、うねりを起こす」を見ました。
(2009年5月19日放送)


ちょっと心に留まる言葉があったので、メモ代わりに使わせてください。
書き留めていないと、、時間がたてば忘れてしまうので。。




木村俊昭さんは、もと北海道・小樽市役所の職員、地方公務員でした。

木村さんは廃れていた小樽を、北の観光都市として復活させるため奔走しました。
仲間たちと全国初の歴史的建造物のライトアップを行い、
「ガラスの街」として小樽を発展させました。
そのさまざまな街おこしの取り組みを成功させた手腕を買われ、
中央官庁(内閣府 企画官)に引き抜かれ国家公務員になった方です。
地方公務員から国家公務員へのこういった転身は異例なことです。




小樽市役所時代、
最初は、上司や市民から相手にされないこともありました。
「人の役にたちたい」と市役所職員になったのに、まったく関係ない部署に配属されていても、
「街おこし」の企画を考え続けました。
そして、情熱と行動力で突き進む木村さんの「ばかもの」ぶりが、人の心を動かし、地域に活動の輪を広げていきました。



今、地方の過疎化が問題になっています。人口流出に、高齢化…。
そんな中、地域再生の知恵袋として全国から引っ張りだこです。
木村さんは毎週のように疲弊に悩む全国の市町村を訪れ、地域再生の相談に乗っています。


彼のバイタリティというか行動力に感動したのですが、
1つの言葉が私の心に留まりました。

ある(町おこしをしたい)地方公務員の方が、
「人の役にたちたい、、という気持ちはあるが、
毎日の業務を果たすだけで精一杯で、そこまでの余力がない。」
というようなことを言ったのです。


その時に、
「できない理由を探すのではなく、
できることから一つ始めたらどうだ。

と(いうようなことを)木村さんは答えたのです。



グサっときました。



何か始めたい、こうなりたい、、とか理想などはありますが、
先にできない言い訳ばかり考えている自分がいたからです。


とりあえず、できることから少しでも動き出すことが大切なんだ、、と改めて思いました。

何も考えず、やみくもに動くことは賢くないけれど、、
時には「賢く」でなく「バカ」になって、とりあえずやってみる、、というのも大切なんだと。。



まあ、ただそれだけなんですけどね(笑)。
たぶん違う時期に聞いたら、気にも留めない言葉だったかもしれません。



でも、、私の場合は、何も考えず、「いきあたりばったり」で思いつきで動くことも多く、
夫から「バカさ加減」を呆れられていることも感じるので(笑)、
「ちゃんと考えてから行動する」ことも大切なんですけどね…(笑)。


「考えて、(どうせできないからと)行動しない」、、何もしない、、ということは避けたいな…、と
木村さんの言葉を聞いて思いました。。


***


余談ですが、
「プロフェッショナル」といえば、前に「プロフェッショナル 育ての極意」の特集を見て、
バレエダンサーの岩田守弘さんのご両親のこと(育て方)を記事にしました(こちら)。


そして、それよりも前に岩田守弘さん自身をとりあげた「プロフェッショナル 岩田守弘」(2008年12月の放送)があり、
見たいと思っていたら、、、
先週の夜中に再放送されていて、偶然にも見ることができました~。
ラッキー。。


やはり彼が辛いときに支えたのは?との質問に、
「親、家族」と答えていたのが印象に残りました。


異国のロシアのボリショイバレエ団で、肉体的、精神的ギリギリにがんばっている姿を見て、
強い人だな~と思いました。
その強い人を育てたご両親が、
「抱っこして、抱っこして、かわいがって育てた」とおっしゃっているのは、、
ちょっと興味深いです…。


*******

またまたさらにテレビネタで余談なのですが、、
そして、、どーでもいいことなのですが。。


17日、24日(日曜日)にTBSの「ワンステップ」という番組です。


沖縄県の黒島
広島国際大学の学生さんが、
電気店のないこの島で家電製品の修理を、無料で行うという企画です。

こちらで沢山出ていました、、ミシンが壊れた家のとってもお綺麗な女性(見た方しかわからなくてごめんなさい。)。
2007年1月に私たち家族が黒島で2泊お世話になった「民宿のどか」の奥様でした~。
夫が気づいたのですが…。
(彼女のブログはこちらです。)



「子供がうるさいかも。。(紺太郎、当時1才9ヶ月)」と予約時に申し出たら、、
「泊まっている大人も(ゆんたくなどで)うるさいですから~。」と子供を快く引き受けてくださいました。

向こうは私たちのことなど覚えていらっしゃらないと思いますが、
「あ、のどかだ~!」とちょっとウキウキしてしまいました。


夫は世界中を旅行していて、テレビなどで南米やアフリカがでると、
「オレ、ここ行った」とか言うのを聞いていたのですが、
一緒に「ここ行ったね!」と言えるのは嬉しいものです。。


(黒島旅行の記事はこちらです。)



********

長くなりますが、今日の紺太郎です。


今日も暑い日だったので、
かき氷をつくりました~。

この器械、、私が独身時代、、10年以上前に
近所のスーパーのガラガラの福引で当てたものです。


やっと日の目をみました~(笑)。
家のバラ氷でもできるので便利です。

0905250015_convert_20090525235714.jpg
(義母に髪の毛を整えてもらいました。)


外では赤や緑のシロップで食べさせますが、、
家では、あの毒々しい色を食べさせる気が起きず、、
「桃カルピス」で代用です。

0905250023_convert_20090525235823.jpg

紺太郎は、、不満な様子。。
「コレ、水に入れるやつだよね~」と(笑)。
おばあちゃんちでカルピス1度飲んだの覚えているみたい…。
「コンちゃんは赤いやつが好きなの~。」と。




今日の幼稚園の給食は「サーモンフライ」だったのですが、、
それを表現するのに、、
「コロッケの皮に、魚が入っていたの~。
コロッケさかな、だった」
と言うので笑ってしまいました。

そうそう、給食、、お弁当を毎日作らなくていいので楽チンですが、
1食320円くらいの給食も1ヶ月(21日)とかなると、、
6800円くらいになるので、、結構高いな~と思ってしまいました。。
でも、、やはりお弁当は、、大変ですけどね…。




今日は、幼稚園の歌ではありませんが、
「ピア、ピア、ピアノ♪」とピアノの歌や、
車の歌、ポテトの歌などを歌ってくれました。
相変わらず意味不明ですが…(笑)。
色々と覚えることがあって大変だなと思ってしまいました。




寝るときに、
「コンちゃんママの所にきてくれてありがとうね。」と時々言うのですが、
「だって仕方ないでしょう」という答えが返ってきます(笑)。
でも今日はその後に、、、
「ママも生んでくれてありがとう。」と言ってくれて、、
ベタな言葉ですが、うれしくて感激してしまいました~。



初めて「マミー」と呼ばれました。
ヘンな感じ…。

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村  
↑        
ブログランキングに参加しています。1日1回で10点が加算されます。
ご訪問の際、ポチっとしてくださると、とってもうれしいです。

読んでくださってありがとうございました。お気軽にコメント残してくださると嬉しいです♪
通りすがりの方も、
「木村さんはすごい」
「そのプロフェッショナル(ワンステップ)見た」
「民宿のどかを知っている」」
など、一言でも大歓迎です。

テーマ : 心のつぶやき
ジャンル : 心と身体

おじいちゃんの家で、、

<2009年5月23日 4才0ヶ月>


夫の実家、滞在2日目(23日、土曜日)です。


朝すぐに、
庭でグミ取りです。
おじいちゃん、紺太郎が来るまで、収穫しないで待っていました。

紺太郎、、「じいちゃんちは、みどりがいっぱいだね~」なんて、、
いっちょ前な事を言っています(笑)。

DSCN4073_convert_20090523233513.jpg

DSCN4079_convert_20090523233546.jpg

実際、緑が一杯です。
周りは山だし、庭には沢山の植物が植えられています。


クレマチス(鉄線)だそうです。

DSCN4083_convert_20090523233721.jpg


家の中には孔雀サボテンです。

DSCN4091_convert_20090523233751.jpg




そして、、
おじいちゃんの家に来ると、コレ!

クリスマスプレゼントで置いておいた「NEW くみくみスロープ」を始めます。

DSCN4097_convert_20090523233908.jpg



その「くみくみスロープ」のボールで、、
こんなことまでやっています…。


「はなげ~」、、、
だそうで・・・・(苦笑)。

DSCN4100_convert_20090523233939.jpg


下品ですみません…。
一生懸命、、吸い込んでいます・・・。



昨日の夜、遅くまでおじいちゃんと紺太郎の話し声が聞こえるな~と思っていたら、、
朝起きて、こんなものを見つけました。
こんなことやっていたんですね。。。


DSCN4092_convert_20090523233825.jpg


ありがたいです~。
ま、早く寝て欲しいけど・・・(苦笑)。


そして、今日は地図のこんなページを熱心に読んでいました。

DSCN4101_convert_20090523234024.jpg

各国の1月~12月の降水量と平均気温がグラフになって出ています。
「イエメンは一年中暑くて、雨が降らないのよ~」などと説明しています。


そうそう、最近こんな本を買いました。

「国旗の本」戸田やすし




Amazonで見ていたら、
「子供がボロボロになるまで気に入って3冊目を買った」というレビューを見て、買いました。
まだ2回しか読んであげていませんが、
紺太郎、気に入って楽しいようです。


ま、国旗と国名を覚えるだけじゃ、、仕方ないのですが…。
色々な国に興味をもってくれればいいです。。


******


みんなに催促され、幼稚園の「ランチタイムの歌」を今日も歌ってくれました。
おばあちゃんが、
「どういう意味なの?」と聞くと、、

「英語だから、わからないよぅ!」と怒って答えていました(笑)。





****

毎月夫の実家に行く時に、
撮ったデジカメから何枚か選んでプリントして持っていっています。


私はちょっとボケていたので、プリントするかどうしようか、すごく迷ったものなのですが、、、
おじいちゃん、↓の写真がいたく気に入ったようです。

25880780_528773217.jpg
(4月の写真撮影会のときに幼稚園で撮ったものです。)

「1枚大きく引き伸ばして、さらに(小さいサイズのを)20枚プリントしてくれ!」とのこと。。



20枚?
何に使うのか??


聞いたところ、、
カワイイから、、お友達に配るそうで…。


そ、それは…。。
私と義母で、、必死に止めました(笑)。

自分の孫はカワイイかもしれないけど、、、
他人が写真をもらったって、、メイワクだと・・・。

メイワクまでいかずとも、、
「あ、そ」とか「ふ~ん」で終わるだけだと。。


じじバカ全開です…(笑)。




今回変なことを、、思ってしまいました・・・。
もし、、もし、、、万が一、、
夫と私の仲が、、悪くなり
別れることになったら…、、
二人で紺太郎の親権を争うことになると思います。

紺太郎は手放したくないけれど、、
お義父さん、お義母さん、、
お二人が悲しむだろうな、、、と。
これだけ可愛がって、、こんなによくしていただいているので…。


と、、あらぬ想像(心配)をしてしまいました。。

夫婦仲良く暮らせますように・・・・。。




私は用事があったので、土曜日の夜、一人で家に帰ってきました。
夫は土曜日に用事があり、夜に入れ違いで実家へ行きました。




にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村  
↑        
ブログランキングに参加しています。1日1回で10点が加算されます。
ご訪問の際、クリックしてくださると、とってもうれしいです。

読んでくださってありがとうございました。お気軽にコメント残してくださると嬉しいです♪
通りすがりの方も、
「うちにも息子がいる。」「うちのおじいちゃんもじじバカです。」
など、一言でも大歓迎です。

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

「だから、幼稚園がイヤなの(涙)!」

<2009年5月22日 4才0ヶ月>


あまり心配はしていない事なのですが、
「こういうことがあった…。」という記録です。


紺太郎の通う幼稚園は、ほとんどの子が「年少」の前の年から週何回か通い始めています(Freshman)。
紺太郎はこの4月から、3年保育として他の幼稚園でいう「年少」の年(Sophomore)から入園しました。


クラス14人中、3人だけが新参者です。


なので、4月の入園当初は、
お別れの歌」「ランチタイムの歌」の時のことを、、、


「みんなは歌っているけど~、コンちゃんは立ってみているだけなの~」
と私に言っていました。



ところが、5月に入り、今週になって、
途中意味はわからないのですが(笑)、私に歌ってくれるようになりました。
「グッバ~イ、グッバ~イ、、シーユー ○▲☆???~~~♪」
「ランチタイム、ランチタイム、、(その後、意味不明。。。)♪」



そして、昨日(木曜日)の夜に寝かしつけている時に、
おはようの歌」を歌ってくれました。

「グ、モーニング エビワン、 ぐ、モーニング エビワン、、
あ~~、わからなくなっちゃった。。


あ、思いついた(思い出した)!

グ、モーニング エビワン、 ぐ、モーニング エビワン、、

あ~、わからない!


思いついた!


あれ~??」



紺太郎は、何回か繰り返して、思い出せないのにイラつき、、
ぐずぐず。。

私は
「わからなかったらいいよ。今度覚えてまた歌ってね~」
となぐさめましたが、



「コンちゃん、歌がわからないの!わからないの!

だから、、幼稚園がイヤなの~~(涙)!ウェ~~ン!



と泣きながら、寝ている私の胸に抱きついてきました。



ちょっとびっくりしました。
毎日楽しそうに幼稚園に通っていて、
こっちが聞いていないのに、、「今日ね、楽しかったよ~」と報告してくれますので…。


(この日の帰り、楽しそうにバスから降りてきた紺太郎。)





まさか「幼稚園がイヤ」という言葉がでてくるとは思わなかったので…。



まあ歌が思い出せない悔しさと、、寝グズも入って感情的になっていたのだと思いますが…。


紺太郎の中にも、他の子はできる(歌える)けど、自分はできない、、という口惜しさが
心にあるんだな~と改めて思いました。


毎日楽しそうでよかった、と思ううちに
私もだんだん楽観的に考えるようになってきていました。
遅く入園したって、できない(わからない)事もそのうちできるようになって、
そのうち慣れるだろう、、と思っていたのですが、、
子供なりに、、「できない」悔しさやストレスを感じていたのかな…。


小さい子供だから、、何も考えていない、、毎日通って、時間がたてば、、
Everything will be OK!
と単純に思うのは、違うんですね。


そのまま寝ちゃって、、今日(金曜日)はまた楽しそうに幼稚園に行きました…。
初めての半袖半ズボンの体操着です。
(今まで暑い日も、ころんで怪我をするのがイヤなので長いのを着せていたのですが。。
見知らぬおばあさんが「かわいいわね~。今が一番いいわね~」と話しかけてきました。)





まあ、、見守っていきたいと思います。
彼にもストレスがあるということを認識して…。



週末の先生のコメントにはこんなことが書かれていました。

(私の「めんどくさい」と言ってワークをしなかったのが気になる、、というコメントをうけて。。)

「コンタロウだけがLessonをやらないということは今までないですよ。
入園して、色々と覚える事が沢山あり、今何をする時間なのか?何をしたらよいのか?etc
まだ少し園生活にとまどいを感じているだけだと思うので、徐々に慣れていける様、見守りつつ
声を掛けていきたいと思いますのでよろしくお願い致します。」



ありがたいです~~。


*******

今日(22日、金曜日)から夫の実家にきてきます。


おじいちゃんうれしそ~~(笑)。


夕食後、紺太郎がさっそく「おべんきょうする~」と地図をひっぱりだしてきました。

0905220023_convert_20090522221931.jpg

1時間以上続けて、、おじいちゃん「もういいでしょ。。」と言っても、
「もっと~!」と。

そんなに地図が好きなのか。。
おじいちゃんと話すのが楽しいのかな?

今、夜の11時20分過ぎです。
いつもなら紺太郎は寝ている時間なのですが、
1階からおじいちゃんとの話し声が聞こえます。。

「コンちゃんの住んでいる地球はどこのまわりをまわっているの?」など。。


(私は2階で子供と別の部屋で寝ます。
いつも1階でおばあちゃんと一緒に寝ます。
9時に自分から「寝る」と、電気を切ったのですが、また起きたようです。)



そうそう、さっき歯磨きの時に、
「歯磨きの歌があるの~」と、、
「ディス イズ ザウェイ ユ ブラッシュ ユアティース♪」と歌い始めました。。


一体、、幼稚園には何個の歌があるのか…(笑)???


にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村  
↑        
ブログランキングに参加しています。
ご訪問の際、クリックしてくださると、とってもうれしいです。


遊びにきてくださってありがとうございました。お気軽にコメント残してくださると嬉しいです♪
通りすがりの方も、
「4つ以上はないでしょう。」
など、一言でも大歓迎です

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

17(セブンティーン)アゲイン・おじいちゃんからの返事

<2009年5月20日 4才0ヶ月>


17(セブンティーン)アゲイン」(←公式HPへ飛びますが、音が出ます)を見ました。

面白かったです!


mo6837.jpg
(画像はMovie Walkerより)

37歳のさえない中年男性(フレンズのマシュー・ペリー)は、子供からも無視され、妻からも離婚をつきつけられます。
彼が17歳の時、彼女が妊娠して大学を諦めたことを後悔して、何かと失敗を妻のせいにしていたからです。


しかし不思議なことに外見が17歳に若返り(ザック・エフロン)、人生をリセットしようとします。
そして、自分の息子と同じ高校へ通うことになります。


そこで、、いじめられっこだった息子を助けて、バスケ部のヒーローにしたり、、
変な男とつきあっていた娘を別れさせたり、、、。



そして、、奥さんとの仲は…。。



過去へ戻るって話は今まで沢山あるので、ストーリーもベタで、
どこかで見たような感じもするのですが、
痛快で、楽しくて、顔がにやけっぱなしでした~。


人生の岐路(離婚)に、自分と過去を振り返って見つめ直し、
ハッピーエンドにしてしまい、幸せな気分にさせてくれました。
久々の楽しいアメリカ青春映画です。


なんか嫌なことがあっても、、見ている間は忘れられそうな…。


そして、主演のザック・エフロン!(↑の画像の人です。)
彼を知らなかったのですが、、
素敵…。。。



彼は「ハイスクールミュージカル」に主演していたそうで、、
まったく興味がなかった映画なのですが、、、DVD借りようかな~。


そして、、この映画、、もう一度見たいな~~~~。



私的にはお勧めです。



*****


今日(20日・水曜日)は暑い日でした~。
関東では30度くらいまで上がりました。


幼稚園から帰った後、近くの公園の噴水で水遊びです。

0905200038_convert_20090521000045.jpg


1時間くらい遊んだのですが、
夜に咳がでていたので、、
水遊びは注意しないと、、風邪を引きやすくなるので注意ですね…。
こんな変なインフルエンザが流行っている時に、、風邪はひいてほしくないものです。
気をつけよう…。
失敗した・・・。


母の友だちがココナッツプリンを作ってくださいました。
器が、かわい~。

0905190019_convert_20090520235940.jpg

裏を見ると「TAKANO」と書いてありました。




レゴをマイクスタンドにして歌っています。

0905200053_convert_20090521000149.jpg


そうそう、最初幼稚園に行き始めた時、
「(幼稚園で歌っている)歌はわからないから、立って見ているだけなの~」
と言っていましたが、
昨日、今日で、「お別れの歌」と「ランチタイム」の歌を少し歌ってくれました。
あまり、、意味がわからないのですが…(笑)。


でも、、、うれし~。ちょっとした進歩です。




そして、今日郵便でおじいちゃんから手紙が来ていました。
この間渡した「じいちゃんへの手紙」のお返しです。


0905200059_convert_20090521000255.jpg


おじいちゃん、、、


「あほのくんへ」はやめてほしいな~(笑)。


紺太郎、、喜んでいました~。



にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村  
↑        
ブログランキングに参加しています。
ご訪問の際、クリックしてくださると、うれしいです。


遊びにきてくださってありがとうございました。お気軽にコメント残してくださると嬉しいです♪
通りすがりの方も、
「17アゲイン見た!」
など、一言でも大歓迎です


テーマ : 映画
ジャンル : 映画

「めんどくさい」と言う息子…

<2009年5月18日 4才0ヶ月>



先週のことです。
幼稚園でお絵かきをしたそうです。
みんなで「イモムシ」を描いたそうなのですが、


「コンちゃんだけ、かかなかったの~」と。



「どうして?」と聞くと、、


「めんどくさいから~」との返事…。



私はかなりのメンドクサガリ屋で、ズボラーなのですが、、
こんな返事が返ってきて、、ちょっとショックでした。。



前も、知っている歌なのに
「めんどくさいから、うたわなかった~」
と言っていたことがあるのですが…。



ABCの歌も知っているはずなのですが、
「今日、ABCの歌やったよ~。
Cまでしか歌わなかった~」
とか言っているし…。


Cまで、、、って最初だけじゃない…(苦笑)。



まだ語彙が少なくて、他にも理由があって、
「めんどくさい」の一言ですませているのかもしれませんが…。


イモムシもよくよく聞くと「見本がないからわからなかった」とも話し出しましたし…。


でも、、
ちょっと気になったので、週初めの先生への連絡帳に、
「こんなこと言っていて少し気になる」と書いておきました。

(先週の先生からの言葉は、遠足で楽しそうに走り回っていて、お弁当を完食したことを褒めていました。)


このまま少し様子を見ようと思いましたが、
「めんどくさいと言う子供」で検索していたら、、、
こんな本を見つけました。


「こどものとも絵本 ゆうちゃんとめんどくさいサイ」

何でも「めんどくさい!」と言う男の子が、お母さんのもとを飛び出し、何にもしない“めんどくさいサイ”の子になりますが、そのサイに「あれもこれもするな」と言われて・・・。







絵本ナビのレビューを読んで、
これを読んで、「めんどくさい、なんて言っていると、めんどくさいサイになるよ!」の言葉で、
子供が考え直す、、という言葉に惹かれて、購入することにしました。


それに「子供の頃好きな本だった」と書いてあったことにも惹かれました。
出てくる「へいきのへいざ」という言葉も楽しそうですし…。



この本を読んで、紺太郎が、、「めんどくさい」の言葉で片付けるのを考え直してくれるといいのですが…。
本が到着するのが楽しみです。


ひとまねこざる (岩波の子どもの本)」など紺太郎が「よんで~」とか持ってくると、
「長いからめんどうさい。」などとつい言ってしまうのですが、、
紺太郎の前では「めんどくさい」の言葉はなるべく使わないようにしようと思います…。




********

18日(月曜日)、幼稚園のバスを待つ息子です…。
最近、切りすぎた前髪の髪型のせいか、、、山崎邦正に見えてしかたない…(笑)。

yamasakihousei.jpg
(画像はYOSHIMOTOより)


0905180006_convert_20090519002549.jpg


バスが着くと、、
先生方も紺太郎の名前を覚えてくれたので、
「コンタロウ~!」
と大きな声で、名前を呼んでくれるので嬉しいです。
(ちょっと前回の記事のコトみたい。。笑)





そして、夫の母が、友達5人をつれて、私の住む町に観光で遊びに来ました。
紺太郎、幼稚園の後、ばあちゃんに会えて嬉しそう。。

25880780_3634633652.jpg


義母のお友達に、
「おじいちゃんとおばあちゃん、どっちが好き?」
と聞かれて、
「ばあちゃん!」と答えていました…。
おじいちゃん、目の中に入れても痛くないほど可愛がっているのに、、かわいそう…(笑)。



先日書いた「じいちゃんへの手紙」を義母に渡しました。
夜電話があり、義父は喜んでいました。




昨日、「手紙の裏に絵を描こうか、」と私が言うと、、
「りんごとイモムシのお花」を描きたいというのです。
その時に、「イモムシは、手本がないとわからない」というので、、、

はらぺこあおむし」や「まほうのえのぐ(こどものとも絵本)」などetc. を引っ張り出して、
イモムシの見本を探し、、見せて、、描きました。


 




わたしにはリンゴとイモムシはわかったのですが、花は何を描いたのかさっぱりわからない絵だったのですが、義父は電話で、
「リンゴとイモムシと花だね~」と言っていたので、、驚きました。。


こんなのでもわかるなんて~、、おじいちゃん、、すごい。。
(写真を撮り忘れました。)


で、、「めんどくさい」の話に戻りますが、
この手紙を書いていていて、
「わからなかったから描かなかった」も「めんどくさい」の一言になるんだな~と、、
気づいたのです。。


*****

そうそう、
今日の夜に↑の「まほうのえのぐ」を、紺太郎が、「よんで~」と持ってきたのですが、
私が読んでいると、、、


「ながっ!」と自分でつっこんできました…。



私はこんな言葉をあまり使わないので、、
幼稚園で友達から聞いて覚えたんでしょうね…(笑)。




にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村  
↑        
ブログランキングに参加しています。
ご訪問の際、押してくださると、とっても嬉しいです。


遊びにきてくださってありがとうございました。お気軽にコメント残してくださると嬉しいです♪
通りすがりの方も、
「子供のメンドクサイにはコレが効く。」
など、一言でも大歓迎です

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

人の上にたつ人

私はNHKの日曜8時の大河ドラマは見ていないのですが、
夫が昨日、「天地人」を見ていたので、私も一緒になにげなく見ていました。



本能寺の変から3年後、天下人になった豊臣秀吉上杉景勝に会見を望み越後まで訪ねてきます。


その時、豊臣秀吉が越後に到着した時のシーンです。


秀吉は、出迎えた上杉の家臣たちに声をかけます。
直江兼続(妻夫木聡)に声をかけ、
兼続は覚えてもらっていたことに感激します。
そして、その弟、他の家臣たち4,5人にも一人ひとり名前を呼び、声をかけます。



この話が史実に基づいているのかどうかは???なのですが、
これをみて、
「人の上に立つ人はこうじゃなくちゃ。」と思ってしまいました。



私は正社員で日本の銀行で働いた後、
派遣で数社の会社で働いたことがあります。


前にも書いたことがあるのですが、
会社(そこにいる人)によっては、、派遣社員だと名前も呼ばす、
「パートさん」とか、
ひどい人によっては、派遣会社の名前で呼ぶ人もいます。
「マンパワーさん、これおねがい。パソナの人はコレ。」とか。。


こういう(男の)人は派遣仲間の中でも人気はないです。。
「この人のためにやろう。」という気がおきないのです…。


1度、日本の銀行の外国営業部で働いていたことがあります。
100人くらいの大所帯です。


部長さんが変わり、新しい部長さんが来て2日目のことです。
私の傍に来て、、

「ざまきさん、、そんなに一生懸命働かなくてもいいよ。」
と声をかけてくださったのです。


もちろん、私の名札を見て話しかけてくださったのですが、
私は名前を呼ばれたことがすごく嬉しかったです。
「名前を覚えてくれたのかしら。。」ということが…。
「私のことを見ていてくれた」ということが…。



その部長さんは、派遣社員の子を連れてあんみつを食べに連れて行ってくれたりしました。
嬉しいものです。。



私の父も会社で上の位置についたときに、運転手さんや守衛さんなどを家に呼んで
もてなしていました。
「下の人を大事にすることが大事」と。




秀吉の話
から、話はそれましたが、
「人の上に立つひと」というのは、
下の人を大事にする人なんでしょう、、、。

「この人のためにがんばろう!」と思う人達がいて、
そういう人達に支えられて上に立つことができるのでしょう…。


上杉の家臣たちも、名前を呼ばれて嬉しかったでしょうね。


昨日の大河ドラマをみて、、色々と昔のことを思い出したり、
「こうでなくちゃ」と思ったりしました。
ま、家老級の家臣と派遣社員とは話は違いますが…。



名前を呼ばれると言えば、、
私は今「コンちゃんのママ」と呼ばれ、認識されることも多いのですが、
自分の時間も大切にして、自分の名前でも呼ばれるといいな~。



にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村  
↑        
ブログランキングに参加しています。
子育てにはあまり関係ない話ですが、押してくださると嬉しいです。


遊びにきてくださってありがとうございました。お気軽にコメント残してくださると嬉しいです♪
通りすがりの方も、「私も派遣で働いたことがある。」など、一言でも大歓迎です

テーマ : ひとりごと
ジャンル : ライフ

埼玉県坂戸市ポピー祭り

<2009年5月16日 4才0ヶ月>


16日(土曜日)は埼玉県坂戸市戸宮の「ポピー祭り」へ夫と子供と3人で行って来ました。



こちらのポピー祭り、15日(金曜日)の新聞で紹介されていました。


東武東上線
の「若葉駅」からバスで5分ほどになります。
(若葉駅は池袋駅から急行で40分ほどです。)

でもそのバスが1時間に2本くらいしかないので、要注意です。
駅で25分バスを待つことになり、夫から「しらべておけよ!」とちょっと責められました…。




約2.3haの休耕地にシャーレーポピーやカリフォルニアポピーなど約24万株のポピーが植えられています。(入場無料)

0905160010_convert_20090516211503.jpg

0905160013_convert_20090516211548.jpg

0905160019_convert_20090516211635.jpg



紺太郎はこの広い畑を走り回っていました~。

中央にはやぐらのようなものが建てられていて、上ると全体が見わたせます。

0905160033_convert_20090516211738.jpg



2年前に紺太郎が2才になりたての時に、
やはり埼玉県鷲宮の「ポピー祭り」に行きました。

その時は、私が紺太郎に「ポピーよ」というと、
トーマスに出てくる「トビー」という機関車だと思って、
トピーが引いている客車の名前「ヘンリエッタ~!」と叫んでいたのがなつかしいです。
(どーでもいいことですが、その時の記事はこちらです。)

もう2年もたったんですね~。



ところで↑の写真を見てお気づきの方もいらっしゃると思いますが、
遠くに写る、、お宮のようなもの…。


こちらは「聖天宮(せいてんきゅう)」といいます。
道教の国内最大のお宮だそうで、
台湾の宮大工さんが15年かけてつくったそうです。

0905160063_convert_20090516211837.jpg

こちらのお宮の前で屋台など出ていて、↑紺太郎にねだられチョコバナナを買いました…(笑)。



18日からはポピー摘みもできるそうです。
こちら入場が無料なのですが、100円くらい取ってもよさそうなのに、、とか思ってしまいました。
気前がいいです。。



帰りは若葉駅前にあります「ワカバウォーク」(ショッピングモール)へ寄りました。

紺太郎は、ボールプールで大はしゃぎでした。。(20分300円)

0905160070_convert_20090516211929.jpg


お花もキレイでしたし、楽しい一日でした~。



にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村  
↑        
ブログランキングに参加しています。
ご訪問の際、押してくださると嬉しいです。


遊びにきてくださってありがとうございました。お気軽にコメント残してくださると嬉しいです♪
通りすがりの方も、「いいお花見情報を知っている」など、一言でも大歓迎です

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 育児

コックさんになりたい・じいちゃんへの手紙

<2009年5月15日 4才0ヶ月>


まあどうでもいい話なのですが…(苦笑)。


幼稚園から帰った後は、4時からのNHKの教育テレビを見ていることが多いです。


「味楽る(ミラクル)ミミカ」の後に始まった、料理番組「クッキングアイドル アイ!マイ!マイン!」を見ていて、急に紺太郎が、

「コンちゃん、大きくなったらコックさんになる~」と言ってきました。


tn_main.jpg
(画像は上の番組HPより)


あれれ、、電車の運転手はもういいのかしら~(笑)?
まあこの時期はコロコロとなりたいものが変わるのでしょうが…。



番組を真剣に見ている彼を見ていて、、
なんか女っぽく感じでしまいました。。
自分でも、
「これは女の番組だけど、コンちゃんはコックになるから見てもいいの~」とか言っていました。


うちは戦闘物とか見せてないけど、それでいいのかな~。
ふと思ってしまいました…。
今の頃の男の子って、ウルトラマンとかナントカレンジャーとか、
そういうものに夢中になる時期だし…。


ただでさえ、幼稚園はクラスは9人女の子、5人男の子で、
男の子の中でもまれることが少ないし。。


今日、幼稚園の後に行った児童館でも「おままごと」に夢中だし…。

0905150018_convert_20090515210939.jpg


でも、、やはり戦闘物って抵抗があるんですよね…。
まだ平和なトーマスとかNHK教育くらいの番組だけみせていたい気がします。。

大丈夫かな~。
小学生になって大勢の男の子に中に入ってやっていけるかな…。


まあ今から心配しても仕方ありませんが…。




****

話は変わりまして、今日急に「じーちゃんに手紙をかく~」と言ってきました。


まだ字がかけないので、
私が鉛筆で下書きをしました。
文章は彼が考えました。



それに、何故か枠をつけていました、、(笑)


0905150019_convert_20090515212046.jpg


「じいちゃんへ
きょうはおげんきでしたか?
いちごをいつもおくってくれてありがとう」


0905150023_convert_20090515212136.jpg



紺太郎はいちごが好きで、
去年は鉢にいちごを作って、できたら送ってくれていましたが、、
今年は送ってはくれなかったけど、、、
いつの話なんだろう…(笑)。


まあいいや…。

夜に書こうと思っていた時に、じいちゃんからも電話がありました。
じいちゃん、紺太郎に会いたいんだろうな~。
来週末遊びに行く予定です。



にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村  
↑        
ご訪問の際、押してくださると嬉しいです。


遊びにきてくださってありがとうございました。お気軽にコメント残してくださると嬉しいです♪
通りすがりの方も、「うちも戦闘物は見せていない」「男の子は戦闘物は見せた方がいい」など、一言でも大歓迎です


テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

初めての遠足のお弁当

<2009年5月11日 4才0ヶ月>


11日(月曜日)は幼稚園で初めての遠足がありました。


行き先は隣駅の公園です…。


いつもは給食なのですが、この日はお弁当を作らなければいけません…。


寝坊してはいけないので、夜中4,5回目が覚めてしまいました。
小心者…(笑)。


色々まよったのですが、
簡単そうだったのと、
しまじろうの本で出ていて見て、コンタが「これがいい~」と言っていたので、
三色弁当です。

0905110076_convert_20090514101234.jpg


CA0ELZ7X.jpg




最近、砂糖を沖縄で買ってきた黒糖を使っているので、
卵がなんか黒っぽくなってしまい、、綺麗な黄色がでなかったのですが…。

ご飯の他は、前の昼の残りのサワラの西京焼きと、ミニトマト、さくらんぼです。



昼間に私も同じメニューを食べたのですが、鶏肉のひき肉が、焼きすぎて、
固かったです…。
今度気をつけよう~。


めんどくさがりやのズボラで、いつも自分のことばかり考えているような自分が、、
子供のためにお弁当を作っている事実が、、
すごくヘンな感じです…。




帰りバスのお迎えから下りてきて、
「ぜんぶたべたよ~」と報告が…。


うれし~~!


バカ親なので、、こんなの載せます…(笑)。

0905110083_convert_20090514101316.jpg



「遠足で何したの?」と聞いたら、
「ありんこ、つかまえてた~」と…。



あ、そうですか…。
それだけ…(笑)?


でも楽しかった~と言っていたので、よかったです!



にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村  
↑        
ご訪問の際、押してくださると嬉しいです。


遊びにきてくださってありがとうございました。お気軽にコメント残してくださると嬉しいです♪
通りすがりの方も、一言でも大歓迎です


テーマ : 幼稚園児のお弁当。
ジャンル : 育児

深大寺植物園のバラ園

<2009年5月9日 4才0ヶ月>



9日(土曜日)は私の母と、夫、子供、4人で
東京調布市にあります、「深大寺(じんだいじ)植物園」へ行ってきました。


前日の夜9時のNHKニュースでこちらのバラ園が取り上げられていて見頃だとのことです。
「春のバラフェスタ」は5月16日~31日なのですが…。


こちらは10年くらい前に、独身の時に夫と来たことがあります。


三鷹駅からバスに乗りました(約20分)。


入園料は大人500円、65歳以上250円です。


岩手旅行の時に、初めて旅行でベビーカーを持たずに出かけました。
今回もベビーカーを持たずに出かけたのですが、、
紺太郎はグズグズ、、歩かないので、
植物園の入り口で無料でバギーを借りました。
よかった、、こういうサービスがあって…。


温室のベゴニアです。


0905090009_convert_20090513100244.jpg


バラは沢山の種類が咲いていました。 すごい人です。

0905090013_convert_20090513100334.jpg

0905090015_convert_20090513100413.jpg

0905090027_convert_20090513100456.jpg

0905090024_convert_20090513105511.jpg




こんな林の道もあります。

0905090035_convert_20090513100538.jpg
(前日前髪、、切りすぎちゃいました…笑。)


深大寺口で「再入場券」をもらい、植物園の外へ。

深大寺そばが有名です。

0905090036_convert_20090513100634.jpg

このお出かけは、
日曜日に母の日だから、私の母とどこかに泊まりに行こうか、、という話から始まり、
でも岩手旅行の疲れが残っていたのと、お金を使いすぎとのことで、
日帰りのこのお出かけになったのでした。


母の日のお出かけのはずが、、
天そば代、一人1500円x3人、紺太郎のもりそば700円で、
5200円の支払いを、
母がしてくれました…。


すみません…(苦笑)。


紺太郎、お蕎麦は1人前をほとんど一人で食べてしまいます。






歩いてすぐの深大寺にもお参りしました。

0905090042_convert_20090513100720.jpg


お寺のまわりは、お土産屋さんやお蕎麦屋さんが立ち並びます。

0905090043_convert_20090513100807.jpg

お土産に母が「深大寺ビール」を買ってくれました。
でも、、330mlで500円は高いな~。
味は濃いです。



再び植物園へ入りました。
広い芝生もあります。

0905090045_convert_20090513100855.jpg



またバラ園を見て、帰ってきました~。


まだ岩手旅行の疲れも取れず、、
ちょっとバテバテのお出かけでしたが、お花がキレイでした~。
4人でお出かけなんて、、初めてだったし貴重でした~。



帰りのバスで紺太郎は寝てしまい、
夕方混んでいる電車の中を夫はずっと立って抱っこして大変でした…。
やはりベビーカーがあると便利かも…。



********

話は変わりまして、
前に「デジカメがこわれた」という記事を書きました。


新しいデジカメを買うまで、古いデジカメを使っていました。

でも壊したデジカメがFuji FinePix f31fdというもので、
マニアの中では名機として有名らしいのです。
オークションでも壊れたジャンク品が5000円くらいで取引されていたり…。

夫が買った時に、ビックカメラで5年保証にはいっていたことも思い出し、
修理することにしました。


でも、、枠に落としたキズがあったので、落としたことがバレ、、
保証外とのこと、、。
修理費、、2万円を払いました。
買ったほうが安かったかも…。



この日からまたFujiのデジカメで撮っているのですが、、
8年前の古いデジカメと、、あまり映像の差がわかりません…。



まあ使い勝手は、古いものより断然いいので、よかったです…。



母は日曜日広島へ帰って行きました。
土曜日は遠くまで連れまわして、お昼代まで出してもらって悪かったかな…。
夫と母の間に入るのも、、色々と、、気を使って疲れるものです…。
でも楽しい1日でした~。




にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村  
↑        
ご訪問の際、押してくださると嬉しいです。


遊びにきてくださってありがとうございました。お気軽にコメント残してくださると嬉しいです♪
通りすがりの方も、「私も深大寺に行った」[深大寺ビールは美味しい」など一言でも大歓迎です

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 育児

幼稚園で泥んこ&母の日のカード

<2009年5月7、8日 4才0ヶ月>


GWの最終日6日くらいから関東地方は天気が崩れ始め、6、7、8日はが降ったりやんだりの天気でした。


7,8日(木曜日、金曜日)は幼稚園です。

長い休み明けで、バスに乗る時に愚図ることを心配しましたが、
元気に登園してホッとしました。



私の母が広島から遊びに来ているので、
2日間とも朝はバスまで母と2人でお見送りをしました。


母は紺太郎がバスに乗る時もパチパチ写真を撮っていました。


私が「私が幼稚園のバスに乗る時も写真撮った?」と聞いてみましたが、
もちろん撮ったことなんてありません。。


子と孫の違いでしょうし、、
昔は特別な時しか写真なんて撮りませんものね…。


バスの運転手さんも苦笑いしていました…。




いつも着替えを荷物に持たせているのですが、
木曜日は幼稚園で借りた洋服を着ていました。


アララ、、。


着ていった洋服は、トイレをするとき、
アレが肌にくっついていて、びちょびちょに濡らし、
持っていった着替えは泥だらけにしたのです。


バケツでジャバジャバ洋服を洗いましたが、、泥がたんまり底に。。。





金曜日は体操着の日でした。




帰ってくると、持っていった着替えの洋服になっていました。


リュックの中のビニールを見ると、、



パンツまでビチョビチョです…。
白っぽく写っていますが、
茶色です。。


DSCN4061_convert_20090512202954.jpg
注・ぞうきんではありません。。



一度洗って漂白もしましたが、泥のシミって取れません…。
白い洋服って困ります…。

アタックの泡スプレーも使ったのですが。。


幼稚園のすることは、一応すべておまかせしようとは思っているのですが、、、
なにも、、こんな雨が降ったりやんだりしている日に外で遊ばせなくても…、と
ちょっと恨みがましく思ってしまいました。。




外で遊んでいたら、、雨が降ってきたそうです・・。
でも、、ズボン、パンツまでビチョビチョで、泥の水溜りに寝転んだようにしか思えません…。


まあ、仕方ありません…。




そして金曜日は母の日のカードを持ってかえりました。
初めて紺太郎からの母の日のプレゼントです。



DSCN4064_convert_20090512203024.jpg

ただクレヨンでぐちゃぐちゃ書いただけかと思いましたが、
花やハートを貼ったのも紺太郎のようで、
親バカながら、、貼るセンスがあるじゃない~と思ってしまいました。


最近写真を撮ると、、、口がひきつって、、↑のような顔になってしまいます。


表には、

Mommy, I love You
で始まる詩が貼ってありました。



でもお風呂にはいりながら、
「カードありがとうね~」と言ったら、、
「カードってなあに?」と言っていたので、
本人はプレゼントの自覚はなかったようです…(苦笑)。


ちょっと嬉しさが半減…(笑)。
でも嬉しいものです…。




にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村  
↑        
こちらのバナーをクリックしてくださると、ランキングに1日1回10点が入ります。
ご訪問の際、押してくださると嬉しいです。


遊びにきてくださってありがとうございました。
お気軽にコメント残してくださると嬉しいです♪
通りすがりの方も、
「泥汚れにはコレが効く」
など一言でも大歓迎です

テーマ : 幼稚園
ジャンル : 育児

岩手旅行その10・おまけ、新幹線の連結

<2009年5月5日 4才0ヶ月>


どうでもいいことなのですが、岩手旅行最終日のおまけです。

帰りの新幹線は「MAXやまびこ」でした。


一ノ関から乗ったのですが、仙台で一度乗り換えをしました。
GWで混んでいて、分割しないと席が取れなかったのです。


待ち時間が20分くらいあったので、「萩の月」や「笹かまぼこ」などお土産を買いました。
旅館で食べて美味しくて、欲しかった「ホヤの塩辛」もゲットしました。


再び「MAXやまびこ」だったのですが、
乗った後に、
福島で7分間停車して、
山形方面からの「つばさ」と連結することが放送でわかりました。


紺太郎は新幹線が大好きで、前に
「れんけつするところ、みたい~」と言っていたのでラッキーです。


福島について、荷物を置いてホームに出て、
新幹線の連結を見学です。


整備士の方2人が待機して、駅員さん(車掌さん?)も2人くらいいました。
一人は無線を持って、運転手さんと交信していました。


まず、やまびこの口が開き、



向こうから、口の開いたつばさがやってきます。

DSCN0084_convert_20090508143056.jpg



鉄子さんではない、私もちょっとドキドキしていきました。
見学者も大勢いて、みんな写真をパチパチ撮っています。
私もいっしょに写真をパチパチ撮っていたので、気分が高揚してきました(笑)。


DSCN0085_convert_20090508143128.jpg


無線を持っていた車掌さん(駅員さん?)が「ハイ、OK」みたいなことを言って、
「ガッチャン」で連結終了。

DSCN0086_convert_20090508143203.jpg

DSCN0090_convert_20090508143237.jpg

手すりには「みんなで仲良く見てね!」とか書いてあります。。


そして、、肝心の紺太郎は…、、
たいそう喜んでいると思いきや、、、




荷物を置いて新幹線を降りたので、
自分達を置いて出発してしまうことを心配して、

ずっと泣いて「もどって~!」「しゅっぱつしちゃう~!」で大騒ぎでした。。


新幹線の連結どころではありませんでした…(笑)。


私は写真を撮っていて、
紺太郎に付き合っていたのは夫だったのですが、、
あまりに紺太郎が騒ぐので、
連結の様子はあまり見れなかったようです…。

25880780_319713427.jpg



帰りは8時半頃に家に着きました。

5月3日から母が広島からうちに遊びに来ていたので、
帰ったら、、ご飯はできているし、
6日分の大量の洗濯物など手伝ってもらってよかったです~。

洗濯物と言えば、
私は荷物を少なくするために、同じ服を何度も着ていたのですが、
帰りの電車の中で、
紺太郎が、
「ママ、どうしていつも同じ格好しているの~?」と聞いてきました。

てきとうに答えると、、
「もっとキレイな格好をすればいいのに~」と。。



あ、そうですか…(笑)。
失礼しました。。


ついでに旅行中の紺太郎語録です。

ずいぶん前のことを覚えていて言うので、
「すごいね~、よくそんなこと覚えているね~」と私が言うと、
「いや~、てれるな~」と。

そして、「あ、しまった。」と言うので、
「どうしたの?」と聞くと、、
「ないしょ~」と。。


親に「内緒」なんて言うようになったんですね~。




使ったガイドブックですが、
本屋に行っても、あまり岩手のガイドブックはおいていなかったのですが、
この2冊はなかなかよかったです。

1つめは図書館で借りました。2003年版で少し古いですが…。

 


ドライブ中の子供愚図り防止のミュージックは、


 

などでした~。




ちょっと曇りの日もありましたが、6日間お天気にも恵まれて、体調も崩さず、
楽しい岩手旅行でした~。

遠野から北上までの車中、紺太郎はずっと、
「いわて、たのしかったね~」と言い続けていました。
よかった、よかった。



それに、夫は週末しか子供に会えない毎日ですが、
ゆっくり家族で過ごせて満足でした~。
2人の間につめた~い空気が流れることも、時々ありましたが…(苦笑)。


紅夫さん、ありがとう~。


帰ってから、夫の実家へ電話して、
いつも地図で「岩手はデコボコなのよ~(リアス式海岸)」と紺太郎に見せてくれていたおじいちゃんに、
「いわてのデコボコみたよ~」と報告をしました。






にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
↑        
ご訪問の際に、押してくださると、とっても嬉しいです。
こちらには「子連れ旅行」情報満載のブログがあります。

過去の記事でも、通りすがりの方も、、
一言コメント大歓迎です。

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

岩手旅行その9・平泉、中尊寺

<2009年5月5日後半 4才0ヶ月>


6日目後半です。

遠野から1時間ちょっとかかり、
12時半前に北上に到着して、
レンタカーを返しました。


お昼を食べ、12時59分の東北本線で平泉に向けて出発です。

約30分で平泉に到着。

DSCN0060_convert_20090508142704.jpg



平泉は平安時代末期に奥州藤原氏の本拠地となった町(10万~15万人)として有名で、
平安京(16万~30万人)に次ぐ大都市として栄えたらしいです。
しかし、、源義経をかくまったことから源頼朝の追討を受け滅亡しました。


江戸時代、平泉を訪れた松尾芭蕉は、奥州藤原氏の当時繁栄を極めた居館のあった場所が、田野となっている有様を見て、


夏草や 兵(つわもの)どもが 夢の跡

と俳句を詠み、
また朽ちかけていたもののかろうじて光を残す中尊寺金色堂においては、

五月雨の 降(ふり)残してや 光堂

の句を『奥の細道』で残しています。
(wikipedeiaの平泉の欄より)




レンタサイクルもちょっと考えていたのですが、
全部貸し出し中とのこと、、
平泉の観光地をまわる巡回バス「るんるんバス」に中尊寺まで乗りました。
(1回140円、1日フリーパス300円)



中尊寺の金色堂は、奥州藤原氏が造立した現存唯一の建造物です。
正に平泉文化の象徴です。


参道の途中、弁慶堂があり、
こんなものも。。

DSCN0063_convert_20090508142734.jpg


こんな山道を歩いていきます。

DSCN0073_convert_20090508142918.jpg

↑の写真は帰りなのですが、
行きは上りだったのもあって、紺太郎は愚図り、
夫に、おんぶ紐でおぶわれたり、
↓のように、、担がれたりしていました。 だんな様、、お疲れ様です・・・(苦笑)。

DSCN0064_convert_20090508143420.jpg



こんなお堂や、、


                 (↑紺太郎、、おぶわれています・笑。)



大晦日、「行く年、くる年」で放送される除夜の鐘の鐘堂です。


DSCN0072_convert_20090508142848.jpg


金色堂は覆堂(おおいどう)というもので守られていました。
(拝観料 大人800円)


p01.jpghiraizumi1-nijinn1.jpg
(画像は中尊寺のHPより)

お堂も仏像も、、キラキラしていました~。


山道を下りた所には、武蔵坊弁慶のお墓もありました。


DSCN0075_convert_20090508142949.jpg


夫は中尊寺のほかも回ることを考えていたのですが、
時間がなくなってしまいました。
平泉から一関まで東北本線で約10分、
5時前に一ノ関から新幹線に乗って帰途につきました。


福島で、新幹線の連結を見ることができました。
おまけで、岩手旅行その10「新幹線の連結」につづきます。



にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
↑        
ご訪問のさい、押してくださると、とっても嬉しいです。「子連れ旅行」の情報満載のブログが沢山あります。

過去の記事でも、通りすがりの方も、、
一言コメント大歓迎です。

テーマ : 東北旅行
ジャンル : 旅行

岩手旅行その8・民話のふるさと、遠野散策

<2009年5月5日 4才0ヶ月>


岩手旅行6日目(5月5日)、最終日になります。


チェックアウト後に宿に車を置かせてもらい、徒歩5分の遠野駅へ。
駅前の池にはカッパの胴像が4体あります。
この日のカッパはみんな洋服を着ていました。

DSCN0002_convert_20090508142004.jpg


ちょっとホームに入らせてもらい、、パチリ。

DSCN0008_convert_20090508142033.jpg




そこから徒歩3分の「遠野城下町資料館」へ。
夫の希望です。
入館料は310円ですが、私たちは前日購入した「遠野市内観光施設利用共通券」を利用しました。
(5施設中、3つ目。)

江戸時代の遠野を展示物で紹介しています。


DSCN0012_convert_20090508142102.jpg



この資料館の前が蔵作りの街並みになっています。

DSCN0015_convert_20090508142246.jpg


この蔵の一つが、「遠野蔵の町ギャラリー」になっていて、
入場無料なので入ってみました。

中は昭和の駄菓子屋さんや、昔のおもちゃの展示などがありました。

DSCN0013_convert_20090508142132.jpg

DSCN0014_convert_20090508142157.jpg




そして、そこから歩いてすぐの「とおの昔話村」へ。
(入場310円、私たちは共通券4枚目)


こちらは「遠野物語」(民話を沢山集めたもの)を執筆した柳田國男が滞在した旅館を移築したものです。


遠野は北上山地の中央に位置し、北上川流域の内陸部と三陸海岸を結ぶ交通の要地として発展しました。
特に江戸~明治時代には、月6回行われた6度市で数多くの人や馬で賑わい、
交易拠点として繁栄し、
商売人をはじめ山伏、琵琶法師など、数多くの人が往来したため、
さまざまな情報が集積しました。

それが遠野固有の信仰や文化と融合し、
新たな文化を生み出し民衆の心に浸透しました。
魂の記録は親から子、子から孫に時を越えて伝承されて、
やがて遠野は昔話の坩堝(るつぼ)となったそうです。
(とおの昔村内の物語蔵のパネルより)





旅館(柳翁宿・旧高善旅館)の外観です。

DSCN0024_convert_20090508142321.jpg


紺太郎は愚図りのピーク…(苦笑)。
砂利遊びです。

DSCN0025_convert_20090508142352.jpg


なんとか持ち直し、、、遠野の昔話を紹介する物語蔵へ。
「ねずみの嫁入り」です。

DSCN0026_convert_20090508142420.jpg


旅館(柳翁宿・旧高善旅館)の中へ入りました。

DSCN0027_convert_20090508142449.jpg

遠野物語資料館もあります。




とおの昔話村を出て、夫が旅館へ車を取りに戻りました。

この日は昼の1時までに北上でレンタカーを戻さなければいけません。
そしてそれから電車で平泉中尊寺へ行く予定でした。
新幹線は一ノ関から夕方5時前に乗る予定になっていました。


早めに北上へ行けば平泉で多く時間を取れたのですが、、
欲張りなざまき一家…。
施設共通券が1枚余っていたので、
千葉家の曲り家」へも寄ることにしました。


こちらは南部曲り家の中で、唯一既存の場所に立ち、今も住居として使われている建物です。
180年前の江戸時代に建てられ、人25人と馬20頭がこの1軒に住んでいたそうです。
国の重要文化財です。


DSCN0039_convert_20090508145307.jpg

DSCN0047_convert_20090508142607.jpg

こちらの道すがら、芝桜が綺麗に咲いていました。
民家ですが、「中に入らせて写真撮らせてください」と頼んでいる観光客もいました。
私たちは車を走らせながらパチリ。。

DSCN0048_convert_20090508142636.jpg


こちら岩手はもう桜は終わり葉桜になっていまして、
所々でチューリップが満開でした。
お花は関東より2、3週間遅れている感じでしょうか。


また「千葉家の曲り家」へ行く途中「卯子酉様(うねどりさま)」にも寄りました。

こちらは恋愛の神様、縁結び神社です。
左手だけで赤い布を結べたら縁が結ばれるそうです。

DSCN0034_convert_20090508142527.jpg





そして北上へ向いました。

もっと時間があれば、五百羅漢や、幅7mの鳥居型の巨石「続石(つづきいし)」にも寄りたかったのですが、山道を歩く距離が長かったので諦めました。
残念。

続石(つづきいし)は武蔵望弁慶が持ち上げて作ったとも伝えられています。
自然にできたものか、人為的に作られたものかは謎です。
2つの石の間は人一人通れます。
遠野物語の第91話にも出てくるそうです。


A0402030a.jpg

(画像はるるぶ.comのHPより)


遠野楽しかったです~。


その9の平泉、中尊寺へつづきます。。
よかったら、お付き合いください。



にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
↑        
ご訪問のさい、押してくださると、とっても嬉しいです。

「子連れ旅行」の情報満載のブログが沢山あります。

過去の記事でも、通りすがりの方も、、
「私も遠野へ行った」
「私は続石へ行った」など、
一言コメント大歓迎です。

テーマ : 東北旅行
ジャンル : 旅行

岩手旅行その7・遠野ふるさと村、カッパ淵

<2009年5月4日後半 息子4才0ヶ月>



5日目(5月4日)の後半です。


昼の1時半頃に遠野遠野ふるさと村へ着きました。



こちらは昔ながらの遠野の山里を再現した施設です。
6棟の曲り家(まがりや)を移築していて、
竹とんぼ作り、草木染め、そば打ちなどを体験することができます。


沖縄の琉球村みたいな所でしょうか…。


ちなみに曲り家とは、母屋と馬屋が上から見るとL字型に一体化した、江戸時代の農家の建築様式です。。



入り口の昼食のレストランが混んでいたり、紺太郎のトイレ(大)などがあり、
入場したのは3時10分前でした。
?時から~3時まで囲炉裏で語り部の昔話が聞ける家があるということで、
走っていきました。

DSCN4021_convert_20090506093119.jpg



しかし、、方言が難しく、、あまり内容がわかりませんでした…(苦笑)。
紺太郎いわく、、「岩手語ってむずかしいね~」と…(笑)。



こちらが曲り家になります。

DSCN4044_convert_20090506093354.jpg

大きいです。

DSCN4036_convert_20090506093225.jpg


ブランコで遊んでいます。

DSCN4023_convert_20090506093154.jpg


このブランコで遊んだことが楽しかったらしく、
最後の日に「岩手でどこが一番楽しかった?」と聞いたら「ふるさと村」と答えていました…。


水車もあります。

DSCN4040_convert_20090506093318.jpg


家は6棟あるのですが、、1軒、1軒離れていて小川があったり、田畑があったり、、
広くて本当の村にいる錯覚を感じました。
ドラマのロケとかできそうです…。


こちらの入場料は520円だったのですが、
私たちは1050円で、「遠野市内観光施設利用共通券」を購入しました。

他の観光施設(↓は、ほとんど入園310円)、
「伝承園」
「遠野城下町資料館」
「とおの昔話村」
「千葉家曲り家」
「たかむろ水光園」
「福泉寺」
「遠野郷土人形民芸村」
「遠野市立博物館」

など、、、合計9施設のうち5施設まで利用できる券です。


有効期限は発行日から3ヶ月になります。
沢山まわりたい方は共通券のほうがお得です。



まだ5時前だったので、「伝承園(でんしょうえん)」にも寄ってみました。

こちらは「遠野ふるさと村」を少し規模を小さくした感じで、やはり曲り家があり、
養蚕の様子が見れたりしました。
養蚕の神様オシラサマが1000体飾られた神堂を見学できたりします。



そして、
そこから徒歩5分の常堅字(じょうけんじ)のカッパ淵をめざしました。


途中、早池峰古参道跡(はやちねこさんどうあと)がありました。

DSCN4045_convert_20090506093432.jpg

こちらは、中世に修験の地として栄えた早池峰山(早池峰神社)の登拝道の入口です。
朽ち果てた鳥居と早池峰大社と刻まれた自然石が残されています。

(と、書きましたが、、ガイドブックの写真とちょっと違います。。
もしかしたら、、違うもかも???しれません。すみませーーん。。
変な工事の看板が2つおいてあるし…。)




カッパ淵
に到着しました。
かつてカッパが多く住み、人々を驚かしたという伝説がのこる場所です。


DSCN4048_convert_20090506093507.jpg

DSCN4049_convert_20090506093540.jpg

うーん、ただの小川…(笑)?

でもこういう伝説があるためか、、すごい観光客です。。



この日(5泊目)の宿は、「旅館平澤屋」です。

ゴールデンウィーク中で、ガイドブックに書いてあった宿に電話して7軒目でやっととれたお宿です。
シーズン中にもかかわらず1泊8400円でお安く、
トイレは共同で、部屋は(3人部屋が)6畳で少し狭くお風呂も小さいですが、
キレイで、お料理がすご~~く美味しかったです!

ホヤの塩辛、、おいし~~です。。


オフシーズンなら食事付きで、5250円で泊まれるようです。
なかなか穴場な感じな旅館です。



にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
↑        
ご訪問のさい、押してくださると、とっても嬉しいです。

過去の記事でも、通りすがりの方も、、
「私も遠野へ行った」
「これは早池峰古参道跡ではない!」
など、一言コメント大歓迎です。


この記事を書いているのは7日、GW明けです。
休みの後で、紺太郎が幼稚園に行くのを嫌がったらやだな~と心配していましたが、
大丈夫でした~。

テーマ : 東北旅行
ジャンル : 旅行

岩手旅行その6・JR岩泉線、岩泉~岩手大川・押角駅

<2009年5月4日 4才0ヶ月>



5日目(5月4日)です。


前の夜に夫が急にJR岩泉線に乗りたいと言い出しました。


朝8時01分に岩泉駅をでて、3駅「岩手大川駅」まで乗り、そこから岩泉まで戻る1日2本しかないバスが、ちょうどあると言うのです。



私は鉄子さんではありませんが、付き合うことにしました…。



岩泉駅を出発です。一両です。

DSCN3944_convert_20090506092143.jpg


他にも電車や駅の写真を撮っていたり、発車しても電車の中で風景をビデオ撮影していらっしゃる方がいました。


17分間電車にのり、岩手大川駅に到着です。
無人駅なので、車掌さんが電車をおり、改札もします。
夫は記念に切符をもらっていました。(大人260円)

「電車さん、バイバイ。。」

DSCN3952_convert_20090506092238.jpg


こんな山間を走る電車です。
前日の三陸海岸とは別の風景です。
西に内陸に入っています。

DSCN3965_convert_20090506092341.jpg



片道、1日3本しか走っていません。。

DSCN3966_convert_20090506092413.jpg


8時44分発のバスに駅前のこんなバス停から乗りました。

DSCN3959_convert_20090506092309.jpg


約15分バスにゆられ、9時過ぎに岩泉に着きました。(大人500円)

DSCN3973_convert_20090506092448.jpg
                           ↑茶色の建物が岩泉駅です。



                          
旅館に戻り、チェックアウトです。
実はこの朝、この旅唯一のハプニングがありました。

電車に乗ろうと旅館の玄関を出ようとしたら、、私の靴がないのです…。
急いでいたので、その時はサンダルをお借りしました。


戻ってきても、、やはりないようで、、
旅館のおばさんが、靴屋さんまで連れて行ってくれて靴を買ってくれました。
(うちは支払いは断ったんですが、、。)


そんないい靴ではないのに、、不思議です。。
誰の靴も残ってないので、間違えたわけでもないし…。。

おばさんも30年以上で初めての経験だ、とおっしゃっていました。



ちょっとびっくりしましたが、旅行へ行くといつも何かしらハプニングがあるので、、
こういう時は、1つの厄払いだと思うようにしています…。




前日に行った龍泉洞まで車で5分なので、そちらの入り口で道中の飲み水用に、ちょっとペットボトルに水をくみ(清水で有名です)、この日の宿泊地の遠野へ向って出発です。

DSCN3976_convert_20090507011659.jpg

     ↑ここの「飲料水」の所で水が飲めます。



JR岩泉線沿いの道(340号)を南下します。



途中こんな駅に寄りました。。



川にこんな傾いた狭い橋が架かっていて、、

DSCN4006_convert_20090506093037.jpg

先のハシゴをのぼると、、、
こんなホームがあります。


DSCN4004_convert_20090506092959.jpg


押角駅
です。
さきほど下りた「岩手大川駅」の隣駅になります。


こちらの駅、、
まわりに何もありません。。
民家もないし、、
ここで下りて、何をするのか…(笑)。
山しかありません。。。

DSCN3999_convert_20090506092852.jpg


魚釣りか、、山菜取りか。。
でも1日片道3本しかないし…。


どーして、、こんな所に駅があるのか謎です…。

夫に言わせると、、
鉄道マニアの間では有名な駅らしいです。

秘境の駅」として…。



おっしゃるとおり、我が家以外でも、、
立ち寄っている家族もいました。。

DSCN3996_convert_20090506094613.jpg



「有名な駅」と聞いて、私も写真を撮る気マンマンに…(笑)。
単純な私です…。



DSCN4000_convert_20090506092924.jpg

紺太郎、、おしっこ我慢しています…(笑)。



お昼過ぎに民話のふるさと遠野へ到着しました。




にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
↑        
ご訪問の際、押してくださると、とっても嬉しいです。

過去の記事でも、通りすがりの方も、、
「私も押角へ行った」など、
一言コメント大歓迎です。


前夜、宿から夫の実家に電話をしました。
いつも紺太郎に地図を見せてくれるおじいちゃんに、
「岩手のデコボコ(リアス式海岸)みたよ~」と言うと喜んでいました。
いつもおじいちゃんが、「岩手はデコボコなのよ~」と説明していましたので…。

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

岩手旅行その5・三陸海岸の浄土ヶ浜~北山崎・龍泉洞

<2009年5月3日 4才0ヶ月>

4日目(5月3日)です。



宮古(みやこ)を出発して、北上しながら三陸(陸中)海岸めぐりです。


まず浄土ヶ浜へ。
陸中海岸を代表する景勝地です。


300年前に訪れた僧が「さながら浄土のごとし」と感嘆したのが名前の由来らしいです。


全体的ないい写真が取れなかったのですが、
興味のある方は↑の浄土ヶ浜の名前をクリックしていただくと、
浄土ヶ浜の全体的な写真を見ることができます。




DSCN0010_convert_20090505231049.jpg

DSCN0017_convert_20090505231140.jpg

DSCN0020_convert_20090505231208.jpg

DSCN0026_convert_20090505231241.jpg

DSCN0030_convert_20090505231312.jpg




浄土ヶ浜を後にして、さらに北に向かい三王岩(さんのういわ)へ。


DSCN0050_convert_20090505231347.jpg




途中立ち寄った三陸鉄道北リアス線摂待駅です。
ちょうど電車が走っていました。


DSCN0054_convert_20090505231419.jpg

DSCN0058_convert_20090505235908.jpg






鵜の巣(うのす)断崖
へ。

DSCN0059_convert_20090505231446.jpg


断層が5層の屏風のように連なっている典型的なリアス式海岸を見ることができます。






お昼を食べて北山崎へ。
「海のアルプス」と呼ばれている、やはり陸中海岸を代表する景勝地です。



DSCN0074_convert_20090505231522.jpg




第一展望台からでも景色は楽しめますが、
第二展望台の方がもっときれいで有名です。
でも、、第二展望台までは、
林間の階段を往復700段上り下りしなくてはいけないので、
小さいお子さん連れの方はちょっと大変かもしれません。。




紺太郎は、もうすでに今まで寄った所で随分歩いていたので、
グズグズ言って歩かず、、、
夫が(義母から借りてきた)おんぶ紐でおんぶです。。
アップダウンがきつくて、、大変そうでした…。



今度は南下して岩泉町の龍泉洞へ向かいます。。


こちら↓は行きは上を通り、帰りは下をくぐった思惟(しい)大橋です。

DSCN0078_convert_20090505231629.jpg




谷底まで120m、全長315mあります。
隆起海岸段丘が発達した深い渓谷に架けられています。

この谷は昔、往来することは筆舌に尽くしがたい苦労で、耐えかねた役人が辞職してしまったほどの難所だったことから、
辞職坂と言われているそうです。
その役人さん、まさか自分が仕事をやめてそんな名前がつくなんて思いもしなかったでしょうね~。



龍泉洞は日本3大鍾乳洞(他は山口の秋芳洞、高知の龍河洞)の一つになります(大人1000円)。


洞内には透明な清水が湧き出ていて、深いブルーをたたえた地底湖がいくつもあります。


230px-Ryusendo2.jpg
(画像は龍泉洞・wikipediaのHPより。こんなに青くは見えませんでしたが…。)


しかし、こちらも坑道は階段でつながる立体的な作りなので、
小さいお子さん連れの方はちょっとだけ大変かもしれません。。
(途中から階段を上らず戻ればいいのですが。)


我が家は、、、
紺太郎はお昼寝中で夫がおんぶ…(苦笑)。
起こせばよかったのですが…。
寝たばかりでしたし、時間がなかったので愚図られるのが嫌だったので。。



DSCN0082_convert_20090505231555.jpg



車の運転もして、4才の子供をおぶって階段を上り下りする夫。。。
大変だと思いました。
お疲れ様です…。



でも、、途中でお昼寝から目が覚め、
起きて「探検だよ。コンちゃんが隊長だよ。」というとすごく喜んで歩いていました。
いつも「のりもの探検隊」というビデオを見ているので…。


ちょっと地底探検の気分を味わせてくれる場所です。




岩泉駅前の旅館が4泊目のお宿です。


岩泉駅はJR岩泉線の終着駅になります。



1日3本しかないのですが、
夜なのに、鉄道マニアの方が駅の写真を撮っていました。



我が家も3人で夜7時28分着、折り返し35分発の宮古行きの電車を見に行きました。
1両しかない電車です。
車掌さんが親切で、
「停車している間、乗ってもいいよ~」と電車に乗せてくれました。

私は風呂上りで髪の毛がぬれてタオルを首に巻いて、ジャージ姿だったんですけどね…(笑)。



夫はこれで満足かと思いきや、、
夜突然、、
「やはりこの電車に乗りたい。
明日の朝8時01分発の電車に何駅か乗って、そこから一日2本しかないバスで岩泉駅へ戻ってくる」というのです。。


あ、、そうですか…。。(苦笑)




毎日更新しようとはりきっていたら、4,5泊目のお宿はネットが使えませんでした。
これはこの晩に宿で下書きをしたものです。
もう無事に家に戻ってきました~。

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
↑        
ご訪問の際、押してくださると、とっても嬉しいです。
過去の記事でも、
通りすがりの方も、、一言コメント大歓迎です。


テーマ : 東北旅行
ジャンル : 旅行

釜石、鉄の歴史館・岩手旅行その4

<2009年5月2日 息子4才0ヶ月>


岩手旅行3日目釜石です。


釜石は日本で始めて洋式高炉が稼動し、
日本の鉄産業に貢献してきた街です。


新日鉄です。

DSCN3819_convert_20090503052658.jpg


夫の希望で、
「釜石市立鉄の歴史館」へ行きました。(大人500円)

夫いわく「日本経済の発展の礎となった釜石の鉄産業に興味がある」とのことです…。



入口の機関車と一緒に。

DSCN3824_convert_20090503051344.jpg


こちらの歴史館、面白かったです。

江戸~明治時代の鉱山学者の大島高任(たかとう)さんが、洋式高炉を作った歴史などが展示されていました。

昔の色々な方々の活躍と、汗があって、、
今の日本があるんだな~と、、改めて思いました。。


DSCN3836_convert_20090503051441.jpg


機関車の動力で、
「ココが動くと~、ココが…。ピタゴラスイッチみたい~」と。

DSCN3839_convert_20090503051520.jpg



鉄と遊ぶコーナーです。

DSCN3844_convert_20090503051903.jpg



鋳造体験、「キーホルダー作り」をやってみました。(350円)

木の型を選んで、
枠に入れ、周りに油砂をいれて固めます。

DSCN3856_convert_20090503051804.jpg


鉄を流し込む管をつくり、
木の枠を取り出します。


DSCN3874_convert_20090503051947.jpg

高温の錫(すず)を流し込み、、
ハイ出来上がり!

DSCN3894_convert_20090503052040.jpg


やさしいおじさま方が、丁寧に教えてくれました。
そしたら、私たちの担当してくださったのは、館長さんでした(笑)。
館長さんみずから、、教えていただくなんて。。



鉄筋でも夢中で遊んでいました。

DSCN3896_convert_20090503052140.jpg

とっても楽しい歴史館でした~!



その後シープラザ釜石という所で開催されていた
「かまいし春の味覚まつり」へ行き、釜石ラーメンなどでお昼ご飯を食べました。

DSCN3910_convert_20090503052232.jpg



こちらのシープラザ釜石の2階に、新日鉄のラグビーチームの優勝のトロフィなどが展示されています。

夫も義父も高校時代ラグビー部で、
彼はラグビー好きなので、彼がその展示を見ている間に、、

子供と二人で、隣の「釜石市郷土資料館」へ先に。

DSCN3916_convert_20090503052313.jpg

囲炉裏を囲んで民話を聞くコーナーもあったのですが、
時間があわず、、残念。。



そして、この日の宿泊地宮古へ北へ向かってドライブです。

途中、、
日本本州最東端の「岩手船越駅」だそうです。

DSCN3946_convert_20090503052408.jpg

DSCN3944_convert_20090506095158.jpg

DSCN3945_convert_20090506095314.jpg




海には牡蠣のいかだが沢山浮かんでいます。
母の実家の広島の瀬戸内海の風景によく似ています。。

DSCN3947_convert_20090503062351.jpg




ちょっと遠回りをして、国道45号線を通らず、
海沿いを走ります。


こちらの↓左の奥地に、
本州最東端の地、魹ヶ埼(とどがさき)灯台があります。

こいのぼりが飾ってありました。

DSCN3955_convert_20090503052554.jpg



入口はこちら。。
日本最東端の碑もあるそうなのですが、山道で徒歩1時間20分かかるそうなので、
入口だけ…。

DSCN3961_convert_20090503061651.jpg


宮古では、やはり食事なしのホテルでした。
夕食には食べたかった岩手産牡蠣をいただきました~。
大粒で美味しかったです!




夜のコンビニで、紺太郎は「おもちゃかって~」と
床に大の字になって大泣きで暴れました。
もちろん無視(苦笑)。。

毎朝早起きしてブログ書いています。
ここまでしなくても…、と思いますが、中毒かも…。



昨夜の番組で、難病プロジェリアのカナダのアシュレイさんが17歳で亡くなったことを知りました。
ずっと番組を見てきて好きだったので、、ショックです。。
ご冥福をお祈りしたいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
↑        
ご訪問の際、押してくださると、とっても嬉しいです。
通りすがりの方も、、一言コメント大歓迎です。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

岩手旅行その3・大船渡、碁石海岸~釜石

<2009年5月1日 4才0ヶ月>


2日目の朝、気仙沼漁港の散歩から帰り、寝ている夫に声をかけました。


「おもしろかったよ。今行けばまだ間に合うよ(徒歩5分)。」

でも、、起きず…。



が、、
朝ごはんの時、さんざん
「起こし方が悪い。」「あんたが行ったのは知らなかった。自分だけ行ってずるい」
と言われてしまいました…。



あまり言って、しつこい女だと思われるのも嫌だし、、
加減が難しいところです…(苦笑)。

でも自分で目覚ましをかけていて、行こうと思えば行けたはずなのに…。




チェックアウト後、電車で南気仙沼駅から気仙沼駅へ行き、大船渡線にのりかえ、
盛(さかり)駅へ。

こちらの大船渡線は、実際に整理券と料金箱で運行していました。
まるで、バスみたい…。


DSCN3762_convert_20090502054503.jpg




こせん橋から撮った三陸鉄道線です。

DSCN3776_convert_20090502054619.jpg


でも盛からこの日のお宿釜石までは、
鉄道を使わず、レンタカーです。


三陸海岸めぐりの始まりです。


大船渡の碁石海岸の方へ。


こちら海岸の石が、黒くて丸い碁石のような形になっています。


乱曝谷です。

DSCN3782_convert_20090502054706.jpg


穴通磯です。

DSCN3789_convert_20090502054746.jpg

DSCN3795_convert_20090502054827.jpg


それから釜石までのドライブの途中の「小石浜駅」です。

DSCN3817_convert_20090502054919.jpg


こういった無人駅が多いです。


夫はこういった小さな駅の写真を撮るのが好きです。
海外に行ったときにもよく撮っています。


私には、よさがよくわからないのですが…(笑)。



釜石は食事なしのビジネスホテルでした~。


にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
↑        
ご訪問の際、押してくださると、とっても嬉しいです。

テーマ : 旅行日記
ジャンル : 旅行

気仙沼漁港の朝・(岩手)旅行その2

<2009年5月1日>


2日目の朝です。
早起きして、気仙沼漁港まで1人で散歩してきました。


朝6時45分の風景です。
皆さん、、早起きですね~。

DSCN3744_convert_20090501071604.jpg


ちょっと魚がかわいそうな気もしないでもないですが…。

DSCN3743_convert_20090501071526.jpg

DSCN3745_convert_20090501071633.jpg

DSCN3746_convert_20090501071706.jpg


取り出した魚の内臓です。。

DSCN3738_convert_20090501071449.jpg


普段触れ合うことのない風景です。。。
おもしろかったです~。



下がぬれてすべりやすかったです。
血がまじっている水なので、滑ってころんだら、、匂いがついてしまいます。
小さい子供連れですと、大変かもしれません。。

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
↑        
ご訪問の際、押してくださると、とっても嬉しいです。

テーマ : 旅先での風景
ジャンル : 旅行

岩手旅行その1.仙台~気仙沼ローカル線の旅

<2009年4月30日 4歳0ヶ月>


岩手旅行1日目です。
今日は岩手、、と言っても宮城県にいるのですが…。


紺太郎は半年くらい前、
パパと電話で話すたびに、
「こまち、のせてー!」
と話していた時期がありました。


念願の(今は冷めた?・笑)「こまち」に乗車です。

DSCN3660_convert_20090501054052.jpg




仙台駅に着き、
仙石線に乗車し、石巻(いしのまき)までローカル線です。(約1時間)


夫が鉄道好きなんです…。


松島海岸など通り過ぎました。

DSCN3670_convert_20090501054239.jpg


石巻到着。

DSCN3680_convert_20090501054408.jpg



石巻は石ノ森章太郎の記念館の「石ノ森萬画館」があり、(出身地は近くの石森というところらしいです。)
「マンガの町」と言われているそうです。

DSCN3681_convert_20090501054604.jpg


仙石線には石ノ森章太郎の絵がついているマンガッタンライナーも走っているらしいです。



1時間20分の待ち時間があったので、お昼ご飯です。

有名らしいのですが「石巻やきそば」です。

DSCN3683_convert_20090501054450.jpg

DSCN3685_convert_20090501054530.jpg


麺がせいろで蒸したもので、太く、
天かすが入り、目玉焼きが上に乗っています。



お昼を食べた駅ビルが5階建てなのですが、、
1階しか営業していなく、、ちょっとさびれた?感じでした。

DSCN3686_convert_20090501055203.jpg



石巻から前谷地(まえやち)までは石巻線です。(約30分)
無人駅が多く、
昔使っていた料金箱とか整理券をとるものが電車の中にあります。
まるでバスみたい…。

DSCN3688_convert_20090501054652.jpg




前谷地から南気仙沼までは気仙沼線です。(約1時間半)

DSCN3693_convert_20090501054756.jpg

田園風景が続きます。

DSCN3695_convert_20090501054930.jpg


紺太郎は寝てしまいました。。。


駅から徒歩5分で今日のお宿「ホテル一景閣」です。
4時くらいに到着しました。


荷物を置いて、散歩です。


ホテルのすぐそばが漁港になります。漁船が沢山ありました


DSCN3700_convert_20110523180059.jpg


DSCN3704_convert_20090501055006.jpg

DSCN3706_convert_20090501055053.jpg



海鮮市場」をのぞきました。


DSCN3708_convert_20090501055134.jpg

海鮮丼が食べられる所や、回転すし、フカヒレの食べられるレストランなどあります。


そしてこの中にある、
氷の水族館・シャークミュージアム」へ行きました。
(共通券 600円)


これが面白い!

「氷の水族館」はマイナス20度の世界でお魚が氷にとじこめらられています。
ちょっと狭いですが。。
寒~~~い。


DSCN3718_convert_20090501055353.jpg



気仙沼はふかひれが名物です。
「シャークミュージアム」も面白かったです。

DSCN3720_convert_20090501055424.jpg
DSCN3723_convert_20090501055547.jpg





知らなかったサメのことを知ることができました。
サメは2週間ごとに歯がはえかわるとか、、
ホオジロサメはお母さんのおなかの中で赤ちゃんが共食いして勝ち残ったものが生まれるとか、、
卵を藻に糸でまきつける種がいるとか。。
etc。


ユージニー・クラーク博士という世界的に有名な女性のサメ博士(シャークレディ)が監修した映像も面白かったです。


彼女アメリカ人ですが、母親は日本人だそうです。
半分の血ですが、こうして日本人(しかも女性)が活躍しているのを見るのは嬉しいものです。



紺太郎も「たのしかった~」と。


あと、、すみません、、
親バカ記録です。。

こちらに世界地図があったのですが、
紺太郎が「パナマ運河」と「スエズ運河」を指差し、、
「ここ掘ったの~。こうやって(大陸を)まわると時間がかかるから~」と言って、
夫が喜んでいました…(笑)。


DSCN3728_convert_20110523224054.jpg





また海の近くを歩きました。
ガウディ??


DSCN3732_convert_20110523180126.jpg


お宿はお料理がおいしかったです~。
ちょっとだけフカヒレも食べました~。

DSCN3735_convert_20110523180616.jpg


宿でカププラと遊びます。

DSCN3737_convert_20110523180640.jpg




とっても楽しい1日目でした~。


フカヒレ会席が有名なお宿ですが、
夫はサメの乱獲を気にして、「メカジキ」料理でした。。
でもちょっとフカヒレがでて、、満足です。
お料理おいしかったです~。

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
↑        
「園児」のカテゴリーはちょっとお休みです。

こちらのバナーをクリックしてくださると、ランキングに1日1回10点が入ります。
ご訪問の際、押してくださると、とっても嬉しいです。


遊びにきてくださってありがとうございました。
お気軽にコメント残してくださると嬉しいです♪
通りすがりの方も、
「三陸海岸はココがお勧め」
「ローカル線の旅がすき」
など一言でも大歓迎です


テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード