キッザニア<セールスドライバー編>

<3才9ヶ月>


昨日、急に思い立って当日券で行きました「キッザニア」!

とっても楽しかったです!


ご存知の方も多いと思いますが、
「キッザニア」とは子どもがお仕事体験できる、テーマパークです。

昼過ぎに急に決めたので、下準備があまりできなかったのですが、
すごく参考になったサイトが「キッザニアの歩き方」です。


偶然見つけたサイトですが、公式サイトよりもパビリオン選びの参考になりました。

「初心者コース」「お嬢様コース」「ヒーローコース」「小さい子コース」など参考コースが乗っていたり、
幼児、低学年、高学年の年齢別お勧めが書いてあって、ありがたかったです。

また「調べたい / お料理したい / 作りたい / 機械の操作をしたい / 乗り物が好き / 運動が好き / 正義を守りたい / 助けたい / お世話したい / 教えてあげたい / 楽しませたい / おしゃれしたい
などのやりたいことから選ぶ参考パビリオンものっていました。



そして、銀行で口座を作るともらえるお財布に「マジックで名前を書くといい」とあったので、
マジックも持って行きました。
お仕事をするときに、係りの人がダンボールに一まとめで預かるので、最後に自分のを探しやすいそうです。


キッザニアに着いたのは、3時半過ぎでした。
場所は東京メトロ有楽町線・ゆりかもめ「豊洲駅」より徒歩8分、「ららぽーと豊洲」の3Fにあります。

2部制で1部は10時~3時(2009年4月以降は9時~3時)、2部は4時~9時になります。

長蛇の列です。

4時に開門するのかと思っていたら、もう開門が始まっていました。



こんなANAの搭乗口のような入り口をくぐりました。
料金は大人(16才~)2100円、幼児(2~3才)1575円でした。
昨日も書きましたが、2009年4月から値上げするそうです。

0901300005_convert_20090131014750.jpg

最初に50キッゾ(キッザニアのお金の単位)を貰いました。
お仕事をすると5~8キッゾもらえたり、
ソフトクリームショップなど、キッゾを払ったりするお仕事があります。


さて、、どのお仕事しようかしら?


本人の希望は、消防士と宅急便のセールスドライバー。

まず消防署へ行くと、、「待ち時間1時間以上です。。」とのこと。。


ひぇ~~。撃沈。。
もっと早くくればよかった。。



宅急便へ行くと、30分です。。
とりあえず、並んでみることに。。
1つめのお仕事は「セールスドライバー」に決定です。


紺太郎は前にも書いてきましたが、宅急便が大好きで、
居間に私がいると
「ピンポーン、ピンポーン!宅急便です~」とやってきて、
私がいらないぬいぐるみとか無理やり置いていきます(笑)。

この本も大好きです。




待って座っている間、、ポケ~としている息子をみて、、大丈夫かな~?と心配に…。

0901300021_convert_20090131014849.jpg

0901300033_convert_20090131015026.jpg




順番がきました。
お姉さんが一生懸命説明しているのに、、
覇気のない、、魚が死んだような目…。
ただポケ~っとしている。
「宅急便で~す。」「ありがとうございました!」などの掛け声の練習を、他の子はしているのにまったく無反応。。
「キョウツケ」もしない…。


0901300038_convert_20090131015120.jpg


あげくに、、「おしっこ~~!」



あーあ。。パークに入る前に行ったのに…。
また、幼児教室の時みたいに、「むずかしいと思ったから、おしっこいこうと思っちゃったの~」
なのかしら…(苦笑)。


やはり3才9ヶ月のうちの息子には、キッザニアは早すぎたかも…。。
でも私としては、コスプレが楽しめるし、、楽しいです~。



初めに、荷物を集めに前の美容室へ行きました。

0901300053_convert_20090131015214.jpg

そして、車に乗ってお土産屋さんへ荷物を配りに行きました。

0901300065_convert_20090131015314.jpg

終了して8キッゾと「セールスドライバー」のカードがもらえました。

0901300072_convert_20090131123558.jpg



そして銀行で口座を作ることにしました。
別に作らなくてもいいのですが、お財布がもらえるので。。


銀行内でも子どもだけしか入れません。

1キッゾつかませて、並ばせたのですが大丈夫かな~。
たぶん口座開設の意味もわかっていないと思います。。


まあ、、相手もプロなので、、まかせることに。。


0901300080_convert_20090131015411.jpg


無事完了~!

0901300084_convert_20090131015509.jpg


さっそくマジックで名前を書きました。
ATMのカードもありました。(暗証番号は4桁、どの数字でもよくて、毎回違っていてもいいそうです。)
払い出しのみできるようです。
(預けるときは銀行の窓口へ)

0901310009_convert_20090131114801.jpg

下のカードはお仕事をするともらえるカードです。



1つのお仕事だけで、、長くなってしまったのでつづきます。。




読んでくださってありがとうございました。ランキングに2つ参加しています。よろしかったら応援クリックお願い致します
 ↓          ↓
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ FC2Blog Ranking


スポンサーサイト

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 育児

いきなり、、キッザニアへ

<3才9ヶ月>

今日は関東地方は雨です。

「また児童館に遊びに行くしかないか…。」と思いつつ、、
ひらめいたのが「キッザニア」!


ままりんさんのブログで読んだからでした。


2009年4月から値上げがあるようで、3才の子は3月までに行ったほうがお得みたいです。
今は幼児料金(2~3才)は1575円ですが、4月から3才は「子ども料金」になり、子ども料金が3150円→3800円と値上げするそうです。



でも2歳のお子さんは、4月以降をねらうといいそうです。
いままで1歳まで無料だったのに、2歳まで無料になるそうです。



本当はうちの子は「人の話を聞かない、団体行動ができない、落ち着きがない」ので「キッザニア」はまだ早いと思っていたのですが、
もう児童館は飽きてしまって。。


昼の1時20分に電話(0570-06-4646)をしてみると、、
「当日券(2部・4時~9時)あります!」とのことなので、



急いで支度して、今からいってきま~~す。


4月に4才になるのですが、幼稚園に行き始めると中々行く機会もないと思いまして…。


思いつきの行動ばかりのざまき家でした。


読んでくださってありがとうございました。ランキングに2つ参加しています。よろしかったら応援クリックお願い致します
 ↓          ↓
FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

3才9ヶ月でベビーカーです

<3才9ヶ月>


我が家は車も自転車も持っていないので、出かける時は徒歩か電車、バスになります。


母子で出かけて、子どもが寝てしまうとどうにもならなくなってしまうので、
3才9ヶ月になる今でもベビーカーを持って出かけています。


周りの皆さんを見ていると、バギーに切り替えていらっしゃるみたいですが、
新しいものを買うのがもったいない気がして使っています。


そして、、あまり大きい子はベビーカーに乗っていないので、ちょっと恥かしい気もしていました。
歩かせた方が体力もつくでしょうし…。(でもなかなか歩きたがらない時もあるんですよね。。)



でも前に映画「私がクマに切れた理由」(NYのナニーのお話)を見たときに、マンハッタンでは幼稚園児でも幼稚園のお迎えにストローラー(ベビーカーの大きいやつ)に乗っているのをみて、、
「な~~んだ、ニューヨークで大丈夫だったら、日本の片田舎でもいいじゃない!」と
開き直って気が大きくなりました。


使っているものは「アップリカ」です。
種類は文字が消えていてなんだかわからないので、お話にならないのですが(すみません…)、
とても丈夫です。

0901290012_convert_20090129222611.jpg
(シミだらけです…笑。)


うちのマンションは、階と階の間にエレベーターがとまるので、階段を上がらなければいけません(不便です)。
15キロの子どもが寝ていて、かかえて上っても壊れませんでしたし、
スーパーで買い物をして沢山つるしても、、大丈夫でした。



0901290011_convert_20090129222522.jpg
      ↑いつも荷物が一杯です。



難点はたたんでも、カチっとたためないことと、収納がすくなくて自分で後ろに網をつけました。


ネットで調べてみると、アップリカで48ヶ月、20キロまで大丈夫という「ドリブル4」という種類があるので、
それと同類のものだったのかな??
写真を見ると違うんですけどね。


もうすぐ4歳、、そろそろベビーカーも卒業かな~。。
でも買い物した物や自分の荷物もぶら下げられるので、、ないとないで不便だろうな~。
キャリーバックでも買おうかな…。


恋しくなりそうです…。
オーストラリアでも、日本全国旅行する時もいつも一緒だったしな~。
漫画家の逢坂みえこさんは「育児なし日記」の中に書いてあったのですが、



使っていたベビーカーを、敬意をこめんて
「青い稲妻(とかなんとか?)」と呼んでいました。
私も何か名前をつけようかな~(笑)。



とにかくベビーカーさんお疲れ様でした!ありがとう。




そしてこのベビーカーを買ったときに、小児科医生活70年という内藤寿七郎さんの「育児の原理(書店にはないのでアップリカ育児研究会より取り寄せになります)」という本の一部が小冊子で付いていました。

不安一杯の初めての育児の中で、その中の言葉にすごく救われました。


育児の基本は赤ちゃんの目を見ることにあるのです。
生まれたばかりの赤ちゃんも、
やさしい気持ちで見つめてくれる人には視線を合わせます。
赤ちゃんの心にお母さんの愛を伝えてくれる
この「まかない(目と目が合うこと)」によって
赤ちゃんの心は安定するのです。
目で伝える愛情は、いくら赤ちゃんにふり注いでも、
与えすぎになることはありません。
やさしい気持ちで赤ちゃんを抱き、
赤ちゃんを見つめてあげてください。

赤ちゃんの心の安定さえ心がければ、育児はほとんどうまくいくのです。
「心の安定」を求める欲求は
自分では何もできない赤ちゃんだけに
大人より強いといえるかもしれません。
何よりも一番大事なのは、お母さんの心の安定です。
赤ちゃんは大人の心の中を鋭敏に感じ取っているのです。
まずお母さんが、ゆったりとかまえていることです。


「もうたまらない。いやになった」などと思うようになったら、
それは疲れからきた心の息切れだと思ってください。
100%完全な育児をやらなくても、
赤ちゃんは大丈夫、育ってゆくものです。
赤ちゃんは少々の育児の手抜きに対しても平気でいられます。
完全なママなどどこにもいません。
今、何がいちばん赤ちゃんにとって必要なのか、を考える心のゆとりを持ちましょう。
(大丈夫。みんな世界一のお母さん。)




今読んでも、、なんとも思わないのですが、、
その時は、、ホッとして救われたのを覚えています。

言葉って、その時々で感じ方が全然違うものですね。




読んでくださってありがとうございました。ランキングに2つ参加しています。よろしかったら応援お願い致します
 ↓
FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

しまじろう「ぽけっと」2月号の付録

<3才9ヶ月>

しまじろう「ぽけっと」2月号が来ました。

しまじろうはいつも「続けるのどうしよう…。」と悩んでいます。
その悩む理由のひとつが付録(エデュトイ)です。

毎月、毎月付録がきて、、どんどんおもちゃが増えてくる…。
それが嫌なのです…。


それも、、私にしては「こんなのいらな~~~い!」と思うようなものばかりなのです。



ところが、、子どもは喜んでいるのです…。

今月もそうでした。。


DSCN2353_convert_20090128220043.jpg


「(人形用の)滑り台」で、(先月の付録の)お人形を2列にいれて
「どっち(の人形)が多い?」と聞くものでした。


私としては、、そんなの、、つまらない。。いらない。。しまじろうやめようかな。。と
思うようなものだったのですが、
楽しそうに1時間くらい一人で人形を入れながら、「どっちが多いでしょう~か!?」と遊んでいました。


子どもは喜んでいる。。
何もやらないよりは、やった方がいいのかもしれませんし、、
辞め時を悩んでしまいます。。
そして、ズルズル続けるのかな(笑)。




話は変わりまして、今日は幼児教室でした。

母子分離だったので母親は教室の外に出ていたのですが、
はじまってすぐに先生が紺太郎を連れて、
「おしっこだそうです」と出てきました。

これは初めてではありませんでした。

教室が始まる前に「おしっこない?」と聞いていて、「ない!」と言っていたのに…。


そして、トイレに行くまでに息子が言った言葉が、
「(やっていた鈴が)難しくなっちゃったから、トイレに行こうと思ったの~」と。。


え~~、こんなことでいいのかしら(苦笑)??


将来不安です。。そんな風に嫌なことを逃げようとする傾向でいいのかな~。
心配だな~。




あと、他のお母さんと話していると、着々と幼稚園の準備会とかあるそうです。
作るものが一杯だそうで。

防災頭巾がはいる座布団カバー、椅子の後ろにかける上履き入れ、鞄、コップ入れ、
その他小物入れなどあるそうです。
そして名前の他にアップリケなどマークを決めて全部つけてくださいとのことです。


うちの幼稚園は何でも自由でそういう作るものはないのですが、
10月に入学金を納めてから音沙汰なし…。

もしかして忘れられていたりして…(苦笑)。
2月になって何も連絡がなければこちらから連絡してみようと思います。


最後に、、
夫が九州の1泊出張のおみやげに「明太子」を買ってきてくれました。
辛かったけど、、美味しかったです。。





DSCN2354_convert_20090128220118.jpgDSCN2355_convert_20090128220142.jpg





読んでくださってありがとうございました。ランキングに2つ参加しています。よろしかったら応援お願い致します
  ↓ ↓        ↓ ↓



FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

好きだった人の名前で呪文

<息子3才9ヶ月>

今日はまた近所のお湯所(スーパー銭湯)へ行ってきました。
前はよく「温泉に行きた~い!」と思っていたものですが、
近所にこういう色々なお風呂(寝湯、アロマ湯、露天)を楽しめる所があると、
温泉への執着があまりなくなってきました。
まあ温泉は温泉でいいんですけどね…。


ここに来ると、必ずアイスクリームと牛乳を買います。


090127_2027~002


最近紺太郎が発した言葉で面白かったのは、

「あの~、ちょっと~お願いがあるんだけど…」と
「~で、こういう訳なの~」です。

だんだん大人びた会話をしてくるようになりました。



あと、、どーでもいいことなのですが、
「みなさんはどうなんだろう…??」と疑問に思っていることを書かせてください


私は何かやりたくない仕事を抱えていたり、気分がおも~~い時に、
20代前半くらいに好きだった人の名前を唱えてしまいます。

「田中くん、小早川さん、黒木さん、林さん」「田中くん、小早川さん、~」(仮名です)と何度も繰り返してしまうのです。

小早川(毅彦)さんは東洋カープの好きだった野球選手なんですけどね。。
付き合ってもいないし、片思いしていただけで、今じゃ恋愛感情も何もない人達なのに、、
ついつい、
いや~~な気分の時に「田中くん、小早川さん、~~」と呪文のように言ってしまいます。


これって私だけでしょうか??

ちなみに夫は仕事の嫌なことを思い出すと、
「コンちゃん…」と息子の名前をつぶやいてしまうそうです。


息子本人はいないのに、急につぶやいたりするので笑ってしまいます。
シャワーを浴びている時も、風呂場からつぶやきが聞こえてきたこともありました(笑)。


昔の人の「ナンマイダ~」みたいなものでしょうか…。
ちょっと違うかな…(笑)。



くだらないのに、読んでくださってありがとうございました。ランキングに2つ参加しています。よろしかったら応援お願い致します。
  ↓ ↓      ↓ ↓



FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

白身魚、玉ねぎ&トマトのソース

最初にレシピネタです。


「白身魚、玉ねぎ&トマトのソース」です。
(ネットで見たのですが、情報元がわかりません。すみません。)

① 白身魚を油をひき塩・こしょうで焼きます。
  (今回はスズキですが、いつもは鯛を使います。)

② 魚を取り出し、みじん切りにした玉ねぎとトマトを炒め、フレンチドレッシングを入れさらに炒めます。

③ ソースを魚にかけて出来上がりです。


0901250009_convert_20090126102926.jpg


この写真ではフレンチドレッシングがあまり残っていなくて水っぽく写っていますが、いつもはもっととろみがあります。
前にお客さんが来たときに鯛で作ったのですが、評判がよかったです。
簡単なのに。。
鶏肉でもこのソースで作ったことがあります。


白いのは「大根サラダ」です。スライサーで大根を千切りにし、缶詰の帆立貝とマヨネーズ、醤油、かつおぶしで混ぜたものです。




サラダの左に写っているのはクックドゥで作った麻婆豆腐です。
前に職場で「麻婆豆腐にはクックドゥを使う」と言ったらびっくりされました。
みなさん「使ったことない!」と言っていて、ちゃんと自分で調味料から作るみたいです。
男の人からも「それくらい自分で作りなよ~」と言われカルチャーショックを受けました。


私は「~の素」以外で麻婆豆腐を作ったことなかったのですが…。



紺太郎ネタです。

最近「ケンケンパー」が楽しいみたいです。
歩いていても自分で言いながら跳ねています。

昨日(日曜日)は公園に丸が描いてあって、楽しそうに跳んでいました。

0901250001_convert_20090126102743.jpg

昨日は晴れていたので外に行きましたが、
やっぱり寒いです~。


ブルブル震えながら本を読んでいました。


昨日読み終わった本は「あしたから子どもが変わる30の子育てマジック」です。


小学生以上の子供向けだったかな。。
アメリカ人の書いたものです。
「親が家庭のルールを決める」「決めた罰を与え、根気よくルールを教える」
などと書いてありました。



叱り方で参考になったところがあったので、私のメモ代わりに書かせてください。

中学生の娘が外で汚い言葉を使って周りに不快感を与えていた、という設定です。



・自分自身はどう解釈しているのか確かめましょう。

・いずれにしても、自分の行動によってまわりの人たちがショックを受けたのは事実だと子どもに話します。他人に自分を尊重してほしいなら、自分がまず相手に敬意を払った行動をとらなければならないと話しましょう。

・どのような行動をとってほしいか、あなたの希望をはっきり伝え、ひどい態度のときはどんな責任を課すか決めておく。そして子どもを信頼していると言う。



ただ「ちゃんとした言葉使いをしなさい。汚い言葉を使わない!」と伝えるよりも
「他人に自分を尊重してほしいなら、自分がまず相手に敬意を払いなさい」という言い方は、
なるほどな~と思いました。
私は感情で叱ってしまいそうですが…。


子どもが中学生になるころには、、忘れてしまいそうですが…(笑)。
またその頃読んでみようかな。。






読んでくださってありがとうございました。ランキングに参加しています。よろしかったらクリックお願い致します。
  ↓ ↓ ↓ ↓



FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

葛西・地下鉄博物館

<息子3才9ヶ月>

今日(土曜日)は東京江戸川区葛西にあります「地下鉄博物館」へ母子二人で行って来ました。
(夫は仕事です。)


こちら東京メトロ東西線・葛西駅下車すぐ前になります。
入館料は大人210円、子ども4歳以上100円とお財布にやさしい値段設定です。
(開館時間10時~17時)


まず入り口を入りますと、

昔の丸の内線301号車と、

0901240013_convert_20090124215235.jpg



日本最初の地下鉄・銀座線1001号車の展示があります。

0901240044_convert_20090124221619.jpg


電車の中に入ることもできます。
こちらは銀座線の中です。昭和初期のレトロな雰囲気です。つり革がしゃれています。

0901240041_convert_20090124220936.jpg


すぐにホールで映像会があるというので見てみました。
昭和38年の地下鉄銀座線の工事の様子を写したフィルムでした。
夏の暑い中、(機械が発達していないので)地下にもぐって下着姿一枚で汗を流して土をほっている方々を見て、昔の方々のこういった努力(汗)があって今の私達の暮らしがあるんだな~と、
感謝せずにはいられませんでした。


私の今日の脳内ミュージックは「おかあさんといっしょ」の「オー!ことわざソング」の

むかしのひとよ~、ありがとう~♪(作詞 鷲崎健)

になってしまいました。
何度口ずさんでしまったか…。



くだらない、、どーでもいいことを、すみません。。


35分のフィルムで昔の映像なので、小さい子ども達はあまり興味がもてないようで、
退室する子が続出でした。
紺太郎は、、、あまり面白くなさそうでしたが、最後までなんとか見ることができました。


そして、
シュミレーターで運転が体験できます。3箇所あります。


0901240024_convert_20090124215339.jpg


運転席の振動を体験できるシュミレーターもあって人気があるらしいのですが、今回は故障中で残念でした。

大好きなパンタグラフです。ボタンで上下します。

0901240026_convert_20090124215522.jpg



東京高速鉄道100型モデル(カットボディ)の運転席で操縦を体験できます。

0901240059_convert_20090124220043.jpg




地下鉄のトンネルモデルです。

0901240036_convert_20090124215622.jpg



こんな模型があったり、

0901240047_convert_20090124215856.jpg



メトロパノラマもあります。


0901240055_convert_20090124215949.jpg


下に子どもが入れるトンネルがあり、中のガラスの管まで行くことができます。
誰かが「(水族館の)あざらしみたい~」と言っていました。




私は電車にはあまり興味がないので、展示もサラ~っと見てしまったのですが、
夫など電車好きの大人と行った方が子どもも興味がもててよかったかもしれません…。


紺太郎が一番興味があったのは、、
博物館内の床に線路が書いてあって、それにそって歩いたり走ったりすることだったみたいです…。

0901240038_convert_20090124215719.jpg

0901240037_convert_20090125004047.jpg 

0901240049_convert_20090125004735.jpg 



それに、、こういうの好きです…。
館内5箇所、すべてやっていました。。。

0901240014_convert_20090125004011.jpg



この他、総合司令所の体験コーナーや

0901240035_convert_20090125004208.jpg



建設技術の紹介、昔の切符切りのパンチなど展示していました。
もう自動改札の時代になりましたから、、
こんなパンチのことなんてしらない世代になっていくんですね~。




半日楽しい時間を過ごしました。
関東はお天気が数日悪く、、4日間連続で児童館で遊ぶのは避けたかったので、
いいお出かけになりました~。




最後までお付き合いいただいてありがとうございます。ランキングに参加しています。よろしかったらクリックお願い致します。
 ↓ ↓ ↓ ↓



FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ




テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 育児

心を強く?傷つくことだけ上手になっても

<息子3才8ヶ月>


私は自分で自分のことを、「大雑把であまり細かいことを気にしない(ズボラ?おーらか?)タイプ」だと思っています。

でも時々、すごく小さいことを気にしたりして眠れなくなったりする気の弱い所もあります。
特に人間関係で。。
「悪いことしちゃったかな?」「あれ?嫌われている?」
など考えてしまったりして…。
ウジウジとしたり…。不安だったり。。



そんな私ですが、先日読み終わった本「家族の練習問題―木陰の物語 (2)」の中で、グザっとくる文言がありました。



(略あり)

人の心が
みな同じではないこと
くらい知っている。

強かったり、弱かったり、
傷つきやすかったり、
タフだったり、
さまざまである。

しかし近年、とみに思ってしまう。

あまりにも簡単に
傷ついてしまう心や、
傷ついたと言ってしまう人は、
ただ未熟なだけなのではないか。




「優しい」と
「傷つけない」だけで、
平和な人間関係を望んだ
今の子ども達の心が、
脆弱になっているのではないか。


心は傷ついたり、
癒されたり
するしかないものではない。
鍛えられてもいいのだ。
信頼できる人の
長い応援を背に、
自分で自分自身を生きることで
強くなれるものだ。

傷つけるばかりの
親や大人は論外だが、
鍛えてくれず、
満たし、甘やかしただけの大人も、
罪が軽いとは言えない。


たくさんの若者に会うが、
なんとみんな優しい良い子なのだろうと思う。
ニュースで目にする
少数の冷酷な若者とは正反対。
恵まれた子達の
穏やかさに充ちている。
しかし私はこんなものを
ウカウカ信じはしない。



この「未熟」という言葉…。

とっくに成人式を過ぎている、いい大人の私ですが、
未熟です。


もっと心を強くしなくては、、と読んで思いました。
「自分は自分」
「人のことは気にしない」(時と場合によりけりですが)
「反省すべきことは直し、ウジウジ考えない」
「去るものはおわず(くるものは拒まず)」
自分が自分らしく笑顔で気持ちよく毎日過ごしていれば、
「類は友をよぶ」で同じ気の人は集まってくるし、、
友達なんて作るものではなく自然とできるものだし…。


と、思いました。

まあ、もし夫が去ろうとしたら追うと思いますが…(笑)。





略した文中にあったのですが、「傷つくことだけ上手になって (1982年) (角川文庫)(つかこうへい)」という本があるそうですね。読んでいませんが、そんなこと上手になっても仕方ありませんよね~。



すみません、自己満足日記です…。






紺太郎ですが、年末にご紹介した「ピクチュアパズル 日本地図」にはまっています。

まだ「関東、中部地方」しか出していなかったのですが、
昨夜「九州もやる~」「北海道もやる~」「コンちゃんできるもの~」というので、
出してきました。

まだ一人では遊べませんが、だんだん一人でできるようになればいいな~。

三重の県のピースを持っている時に、
「みえ、、みえは「つ(津)」があるんだよ~」と言うのでびっくりしました。


おじいちゃんが教えたのでしょう。
なので、ピースをいれるときに県庁所在地も言うようにしました。

一番最初に教えたかったのが、
「山梨の甲府」です。

なぜなら、、
夫が幼稚園に途中編入するとき(5歳半)に、
面接で「地図が得意だ」と園長先生に言うと、先生が
「山梨の県庁所在地は?」と聞き、
「こうふ」と答えたらしいです。

この話、、何十回も聞いているもので…(笑)。
以前は幼稚園の前を車で通るたびに聞いていて…。


一応
こうふ~
は言えるようになりました~!


でも夫いわく、、「県庁所在地の意味がわかってないんじゃないか?」と。
そうでしょうね…(苦笑)。


でも、、紺太郎、、3枚の地図のピースをぐちゃぐちゃにして遊んでいます。
また片付けるのが大変なものが増えました…(汗)。







読んでくださってありがとうございます。ランキングに参加しています。よろしかったらクリックお願い致します。あまり子育てには関係ありませんが…。
 ↓ ↓ ↓ ↓



FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログへ



テーマ : 自分らしく
ジャンル : 心と身体

子供にイライラした時に…

<息子3才8ヶ月>


私はすぐに頭に血がカーっとのぼってしまいます。
最近は自制できることも多くなってきましたが、たまに子供に手がでてしまったことも…。
(反省しています。)


そして粘着質の性格。。
イライラしてしまうと、
ついくどくどネチネチと、、子供に対して言わなくてもいい嫌味などを言ってしまいます。


「待ってっていっているのがわからないの!?
あなたは犬以下よ!
犬は「待て」って言えば待てるのに、、、クドクド。。」と
そこまで言わなくてもいいのに、ということまでエスカレートして言ってしまいます。


そんな反抗的で我侭な子供にカーっときたり、イライラしたときの
私の最近の対処法を今日はご紹介します。


そして、
「絵日記ブログにあこがれて…第2弾・笑」


子供が機嫌が悪くなって反抗的になったとき、うちの子はこんな顔で睨んできます(絵はヘタです)。

0901190002_convert_20090123091143.jpg


なので、私も同じような顔で睨み返して顔を近づけます。

そして、
「にらめっこ、しましょ。笑ったら負けよ、アップップ~♪」
と歌うと、
一緒に「にらめっこしましょ~♪」と歌ってきて、
最後に「プププププププ~、わはははは、、コンちゃんのまけ~」

と言ってきます。


私も笑うのでイライラしていたことも飛んでしまいますし、
子供も怒っていたことを忘れてしまうみたいです。



また子供が機嫌が悪い時は、

「そんなことすると、タコチュウ攻撃しちゃうぞ~」といって
口をすぼめて、「たこちゅう、たこちゅう」と迫ってキスをすると、、


0901190004_convert_20090123091953.jpg

「やめて、やめて」と逃げていきます。
でも嫌がっているくせに、やめると
「タコチュウってやって~」とまた戻ってきます。

そして子供も「タコチュウ」になって私にキスしまくってきます。



つきまとわれて嫌な時も、
「そんなことすると、くっついちゃうぞ~~、くついちゃうぞ攻撃~、あ~もうはなれない」
とギューっと抱きしめると、
「やだ、やだ~」とか逃げますが、
やめると「くっついちゃうぞ~って、やって~」と来ます。


あとは、、、やっぱりこれ

私の最終兵器です…。

母の作った能面。。


18193075_2171670852s[1]


「鬼出すよ~」と言えば、、
子どもが聞き訳がなくて、謝って欲しい時に、必ず効果あります。
(脅すのはよくないのでしょうが…。)




言い聞かせるべき時はそうしなくてはいけませんが、
子供や自分のイライラとうまくつきあって、
楽しんでいけたらいいな~と思っています。
(と、、そうはうまくいかない時もありますが。。)
みなさんの対処法もあったら、教えてくださ~い。


こちらは状況は違いますが、子供が「タコチュウ」になった図です。
こんな顔になります。

0901220002_convert_20090123093147.jpg


「あっぷっぷ~」の顔です。

0901220006_convert_20090123093250.jpg


親バカですが、このレゴの機関車、、とっても上手にできたと思います…。






読んでくださってありがとうございます。ランキングに参加しています。よろしかったらクリックお願い致します。プリーズ。
 ↓ ↓ ↓ ↓



FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログへ

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

健康診断の結果と「アメリカ産雲丹」

一ヶ月前にうけた健康診断の結果が戻ってきました。


腹囲が基準値以上。
やや高めなもの…中性脂肪、空腹時血糖、ヘマトクリット値
高めなもの…LDL-コレステロール値  (基準値120以下で140ありました。)


ヘマトクリット???
調べると、ドロドロの血液だそうで…。
ガーン。。
LDL??
悪玉コレステロールのようです。



ようするに肥満??

まあうすうすわかっていましたが…(苦笑)。


前日の夜、焼肉を食べたのがいけなかったのか。。
調べると、やはり運動と食事が大切みたいです。
ダイエットですね。



今の体重、、妊娠前より10キロ太ってしまいました。。
せめて7キロは減らさないと…。。



がんばらねば…。
でも最近スナック菓子とか美味しいんですよね…。


ダイエット、ダイエット、、と口ばかりになってきました。。
一度気をひきしめないと…。




話はかわりまして、最近はまっているものがあります。
(と言っても、2回食べただけなんですが…。)

スーパーで見かけるようになった

「アメリカ産雲丹」
です。

ジャーーーン!

0901170001_convert_20090119001647.jpg

今までも雲丹は好きだったんですけど、今まで食べた中で一番美味しい雲丹です。
チリ産とか、、比べ物になりません。
別物のようです。
身が厚くて、、まろやか~~~で。

最近薬っぽかったりするものもでてきたりして、、食べる気しなくなってきたんですけど。。


おいし~~~!!!


閉店間際の「半額」とか狙います。。


でもこちら、、コレステロールが気になりますが、
サイトを見ると、コレステロールの塊だから要注意だと書いてあったり、
悪玉コレステロールを減らすと書いてあったり…。

よくわかりません。
まあ、ほどほどがいいのでしょう…。


最後に息子(3才8ヶ月)のことを。。

自分が嫌なときに抱っこなどすると、「はなして~」といっていたのに、
最近「はなせ~!」と言葉使いが悪くなってきました。


「どこでそんな言葉覚えたの?」と聞くと、

「アフリカとアメリカ」とか答えます…。


今日は「日本」と言っていました。。

トンチをきかせているつもりなのかな??



読んでくださってありがとうございます。ランキングに参加しています。よろしかったらクリックお願い致します。あまり子育てには関係ありませんが…。
 ↓ ↓ ↓ ↓



FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログへ

テーマ : 健康、美容、ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

ミニ江頭2:50とベイビー・モーツァルト

<息子3才8ヶ月>

今日(火曜日)の夕方、夫の実家から家へ帰ってきました。


昼間に義母が作っている畑へ行くと、一角に「こんちゃんの畑」と札を立てていてくれました。
紺太郎が植えた青梗菜です。

 


大根やネギを抜くのが楽しいようです。



0901200045_convert_20090120214750.jpg 


畑に行って汚れたので、着替えさせようとすると、、、逃げ回ってしまいます。
黒いタイツに、上半身裸だと、、
まるで、、ミニ江頭2:50です…(苦笑)。

0901200054_convert_20090120214916.jpg
0901200052_convert_20090120222001.jpg




自宅に戻ってきて、買っていてまだ聞かせていないCDをかけてみました。

ベイビー モーツァルト」です。






こちら、アマゾンで遊んでいたときに見つけたものなのですが、
説明の所に、

「モーツァルト効果」と呼ばれるものがある。子どもにこの音楽の巨匠のメロディーを聴かせると、言語能力、3次元的空間感覚、創造性、記憶力などが向上するという考え方だ。ちょっと信じられないかもしれないが、実際に幼児がこの刺激に反応する様を見ればすぐに納得できるだろう。



とあり、(その時は)中古で安かったので飛びついてしまいました。


15のモーツァルトの曲が入っています。DVDもあるのですが(ベイビー・モーツァルト [DVD])、目が悪くなることを考えてCDにしました。
ベイビー・バッハ、ベイビー・ベートーベン、など色々シリーズがあるようです。



でも、遊んでいる時に聞かせてみると紺太郎は、、
「ほかのがききた~い」だそうで…。。
「ママが聞きたいから聞かせて~」と無理聞かせていましたが。。


それに、、「ベイビー」って、3才8ヶ月じゃ、、効果ないのかな~。
まあちょっと続けてみようと思います。
「他の~」とか言えない赤ちゃんの頃がよかったのかも。。



でも本当に効果あるのかな~~???



ちなみに、、幼児教室のぬりえの宿題をやっているときにも聞かせてみました。



0901200061_convert_20090120215030.jpg

CDの効果はわかりませんが、
親バカですが、沢山の色を使ってはみ出ずうまく塗れたな~と思っています。。


まあ効果のある、ナシはわかりませんが、、
効果がないとしても、、そんなに弊害はないと思うのでヨシとしようと思います。。
知っているいい曲ばかりだし…。






読んでくださってありがとうございます。ランキングに参加しています。よろしかったらクリックお願い致します。
 ↓ ↓ ↓ ↓



FC2Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログへ

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

おじいちゃんのJR路線図

<息子3才8ヶ月>

夫の実家にきています。


おばあちゃん(義母)が、お手伝い用にと息子にエプロンを作ってくれていました。

0901190014_convert_20090120005332.jpg

私はとっても不器用で、こういう物は作れないのでありがたいです~。


でもお手伝いと言っても、、、邪魔しているだけなんですけどね…(苦笑)。
でも「やりたい」という意思を尊重するのがいいのでしょうね…。




普段うちではパンを買わないのですが、こういうものも作ってくれました。

0901040178_convert_20090117002926.jpg

本は 「アンパンマンとたまごちゃん (アンパンマンワールド) 」です。


クリスマスプレゼントだった「NEWくみくみスロープ」もいまだ夢中になって遊んでいました。


0901190020_convert_20090120005437.jpg


そして、おじいちゃん(義父)のひざの上で、毎日本を読んでもらっています。
4歳のえほん百科 (講談社の年齢で選ぶ知育絵本)」は相当気にいっているようで飽きずに毎日読んでもらっていたそうです。

0901190031_convert_20090120011127.jpg


あと、、今回驚いたのは、「JR 特急・超特急100点」という本があるのですが、



おじいちゃんがどこを走っているか、地図を描いて説明してくれていたことです。 


0901190007_convert_20090120013050.jpg 


私にはこんなことできないし、、本当ありがたいです。。
興味ないし…。。



おじいちゃん、器用というかマメというか、、なんでも描いたり作ったりするのが得意なんですよね。



家の竹ボウキも手作りです。

0901040163_convert_20090117002837.jpg

葉っぱは枯れてしまい取れるそうです。


また以前はこんなものまで作ってくれたし。。(笑) 

tezukuri.jpg 

名づけて「おじいちゃんの情熱手作りカタカナ表」です。。



自宅だと母子二人っきりのことが多くて、日常をこなして時間が過ぎてしまうのですが、
こちらだと色々手をかけてもらって、栄養をもらっている感じがします。



読んでくださってありがとうございます。ランキングに参加しています。よろしかったらクリックお願い致します。
 ↓ ↓ ↓ ↓



FC2Blog Ranking

にほんブログ村 子育てブログへ

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

「本好きな子に育てるために」

今日図書館へ行ってみると、
貸し出しビデオの中に、「本好きな子に育てるために(岩波映像販売(株)提供)」というビデオを見つけました。


大きく

文部省選定とあり、 (ということは、よさそう?)と、
28分で短いので借りてみてみました。

昭和50年代くらいの映像でしょうか。。


静岡県の浜北市の取り組みを紹介していました。
小学3年生になると「お茶の間ひととき読書」活動が行われ、本の貸し出しや読み聞かせなどを図書館と学校、家庭とが連携して行い、本好きな子どもを育てるのが目的です。


映像の中では家の茶の間で子供が音読して、それをお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、兄弟たちがじっと聞いているのです。
一区切り読み終わると、その内容についてみんなで話し合ったりしています。。
10分でも20分でもいい。お母さんが読んであげる場合もあります。

0901180006_convert_20090119001611.jpg
(ビデオより)




学校である試みをしてみました。
1つのお話を映像で見せたクラスと、本を読んで聞かせたクラス。
その後、本についての絵をかかせてみました。
当たり前のことかもしれませんが、
映像で見せたクラスは、ほとんどの子が同じような絵をかいていました。
龍と子供がでてくるお話なのですが、
色合いといい、構造といい、、みんな同じです。
映像の作り手のイメージが一方的に伝わっていて、主体性がないのです。
本を読んだクラスは、みんな様々色々な絵を描いていました。
それぞれの発想が面白く独創的です。




ビデオの中では
「本を読むと、情感が豊かで、想像力と独創性豊かな子が育つ」とナレーションで言っていました。

今読み聞かせの大切さは色々な所で当たり前のように言われていますものね…。


ビデオの中で、はじめ全然本に興味がなかった子も、「野球好き」なので野球に関連する本を買ってあげたりしていると、段々本好きになったようです。
「無理に読ませてもダメ、興味をもたせることだ」とのこと。



そしてある男の子が書いた詩がよかったです。

「茶の間」がはじまるぞ~と、お父さんがテレビを切った。
ボクは得意になって大きな声で読んだ。


ん、ん、とお父さん
ん~、とお母さん


本なんてめんどくさい!テレビの方がいい!
「茶の間」がきらいだったボクが
このごろは本が好き


「茶の間」は、ボクのまわりにみんなが集まる。心が集まる。


いい話だ!上手になったね!
ほめられてボクは涙がでるほどうれしかった。


今度は何を読もうかな~、何をかりようかな~。


0901180004_convert_20090119001534.jpg
(ビデオより)


そして、最後のナレーションが「子供の耕しのくわをふるうのは私たちなのです。」で終わっていました。
本いっぱい、愛いっぱい」の副題がぴったりとくるビデオ(元は16ミリ映画)でした。
(どーでもいいことですが、この16ミリフィルム、、お値段210,000円だそうです。びっくりです!)




私も子供が小学生3年くらいになったらやろうかな~。
でも、、夫は帰りが遅いし、、こんなみんなで話し合うなんて無理かな~。
週一でもできたらいいけど、今じゃテレビ、漫画、ゲームの時代だし。。

あ、まだ3才ですけどね…(笑)。忘れちゃいそう…(笑)。


でも本好きになるためには幼児のうちから読み聞かせしてあげるのがいいのでしょうね。

私は「世界名作劇場」のアニメが好きで、大きくなったらDVDをかりて見せてあげようと思ったけど、
本の方がいいのかな~。





視覚に訴えて合理的に思考を処理してゆく映像文化と、一字一句を自らの力で読みくだき、そのイメージをひろげていく活字文化。。

それぞれいい点もありますが、
子供には本好きになってほしいものです。



ちなみにネットで調べてみると、旧浜北市(現・浜松市)では残念ながら「茶の間ひととき読書」という「茶の間」という名前はなくなってしまったそうです。
でもいまだに小学3年生の保護者による読書活動「親子読書」は続けられているそうです。


こういう活動いいな~~。

ちなみにこちら活動、元は児童文学家の椋鳩十さんが1960年代にやられていた「母と子の20分間読書(あすなろ書房)」運動から広がったそうです。



まあとりあえず私の活動としては(笑)、今面倒くさがらずに子供に絵本を読んであげることかな~。
でもついつい「よんで~」とくると「え~~(めんどくさい)。」と思ってしまうんですよね…(笑)。
パパの方へ行くと「しめ、しめ」と思ったり…。





読んでくださってありがとうございます。ランキングに参加しています。よろしかったらクリックお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓



FC2Blog Ranking

にほんブログ村 子育てブログへ

テーマ : ママのひとりごと。
ジャンル : 育児

「家族の練習問題」

<読んだ本の紹介です>

今日(土曜日)、阪神淡路大震災の追悼式の様子がニュースで流れていました。


女の方のインタビューで、

「この日をカレンダーから消したいくらいです。
とても辛いです…。」

と声を詰まらせてコメントされていました。


そして、小さい息子さんの写真が…。


涙がポロポロでてしまいました。


私には亡くなった方のご冥福を祈ることしかできません。。



自分が親という立場になってから、
こういった災害や事故のニュースに、以前にもまして涙もろくなってしまいました。




ちょうど昨晩読んだ本「 新編 家族の練習問題 」に同じく災害で家族を失った方の話がでてきました。


著書は家族問題や児童心理を専門にカウンセラーをされています。
(社会人入学の大学生の講師をされていたときに生徒さんだった中年男性のお話、土砂崩れにより奥様と長女を失われた方です。)




災害にあわれた様子も描写してありましたが、辛くて書けませんでした。

(略あり)

突然失ったものの大きさは埋めようがなかった。

それからの12年間、彼は残された次女の父親としての責任感で生きた。

その娘が結婚し、
初孫が生まれ、
自分は定年退職を考える歳になっていた。

自分のために勉強がしてみたい、
そう思ったので
大学に通うことにしたという。

教室にいると、年配の普通のおじさんである。
しかし、その記憶の中には、他人には想像つかない物語が秘められている。

「やっと人に話せるようになったので…」
と彼はレポートに書いた。

それを読みながら、
ほんとに人は
様々な歴史を抱えて
生きているものだと思った。

人に語れるようになるまでに、
どんな苦しい時間が重ねられたのかを
知ることはできない。

しかし今、彼が生きて
語っていることから
私が受け止めるのは、いくばくかの他者へ
期待や希望である。
それが少しでも伝われば、
不運と孤独に
一人で苦しまないで済む人が、
どこかにあるかもしれない、
そう思ってこれを書いた。




生きていて、楽しいことや幸せなことばかりあればいいのですが、
そうもいかないものです…。

でも、期待と希望。。そういうものがあってほしいです。

被災された方々にも…。(そう簡単にはいかないでしょうが…。)

そして災害についての心構えも大切ですね。。そして風化させないこと。。



なんか重い記事になってしまいました…。
(そしていつものようにまとまりもなく、、すみません。)


この本なかなか面白くておすすめです。イラストばかりなのですぐに読み終わってしまいます。
不登校や色々な家族問題をかかげています。


この本の帯に書かれていた言葉「あのころ、自分が親になるなんて考えたこともなかった」という気持ち、よくわかります(笑)。

でも個人的には、

この本、、、「新編 家族の練習問題」



こちら「家族の練習問題」を読んで面白かったので同じ著者のものを、と思って買ったのですが、
(前に「好きになる力」という題で、この本について書いた記事はこちらです。)





「新編」って、、「続編」のことだと思っていたら、、ちょっと追加された内容があっただけで、
中味はほとんど一緒でした orz。。。


続編は調べてみたらあるので(家族の練習問題―木陰の物語 (2) )、今読んでいます。



ちなみに、、どうでもいいことですが、今日「252 生存者あり」という映画を見てきました。
こちらも自然災害の中での救出劇です。
やはり子供がでてくると親という立場から感情移入してしまいました。
まあまあ面白かったです。
ちょっとご都合主義で、突っ込みどころ満載の映画でしたが…(苦笑)。
星5つ中3つくらいかな…。



読んでくださってありがとうございます。ランキングに参加しています。よろしかったらクリックお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓



FC2Blog Ranking

にほんブログ村 子育てブログへ

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

渋谷でフレンチ 「ア ビエント」

 
今日(金曜日)は渋谷エクセルホテル東急の25Fにありますフレンチレストラン、「ア ビエント」へランチに行って来ました。



こちらのホテルは渋谷駅のハチ公口のすぐ真横にあります。


独身時代は、とても気に入っていて何度も足を運んでいました。
レストランを気に入っていたので、ホテルにも泊まったことがあります。
今回4年ぶりです。

味はもちろん美味しいのですが、何が気に入っているかというと、
従業員さんたちの笑顔で洗練された接客態度が気持ちいいのです。

当たり前の話ですが、近所のお店のバイトさんとは全然違います。
ホテルですものね。。

今回も笑顔で出迎えてくださいました。



そして、こちら25Fですので、眺めが抜群!
運よく窓側に座れればこんな景色を楽しむことができます。 (壁一面ガラスです。)

0901160001_convert_20090117002029.jpg  0901160010_convert_20090117002446.jpg

緑のところは代々木公園です。



そして夜ならば、、この夜景も楽しむことができます。

res_ab_infimg04,0[1]
(渋谷エクセルホテル東急のHPより)


ランチはAランチ、2079円からになります。(B、Cと前菜など品数が増えてきます。)

サラダバーがあり、


0901160004_convert_20090117002318.jpg

メインの子羊となすのナントカ。(パンはサーブされます。) 

0901160007_convert_20090117002356.jpg 

そしてデザートは小さいですが、5種類のケーキやゼリーから2種類選ぶことができます。
コーヒー、紅茶も、9種類くらい?から選ぶことができます(ハーブティ、アッサム、カプチーノ、カフェオレetc。)

0901160009_convert_20090117002525.jpg


おなか一杯になりました~。満足です!
気軽にフレンチを楽しみたい方、おすすめです。


あ、今回初めて見たのですが、
椅子にフックがついていて、カバンも邪魔になりません。

0901160011_convert_20090117002602.jpg

(私は鞄というと、黒と茶色しかもっていなくて、なんか気分を変えたくて赤を最近購入してみました。
でも、、、すぐ飽きちゃうかな~~??? )




ちなみに、、、子供は夫の実家です。
子供は1才半くらいのときから月一でお泊りで預かってもらい、息抜きさせていただいています。
ありがたいです~。




そして、、コンクリートジャングルみたいない住まいとは違い、田舎なので、
子供もとっても楽しんでいます。

実家の家の前の風景です。

0901040166_convert_20090117002705.jpg

おじいちゃんも孫がかわいくて仕方ないようです。






「子育て」には関係ない内容ですが、ランキングに参加しています。よろしかったら、ポチっとお願い致します。



FC2Blog Ranking 
 にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ


テーマ : お店紹介
ジャンル : グルメ

「その子育ては科学的に間違っています」vs「ハッピーアドバイス」?

育児本「その子育ては科学的に間違っています」を読み終わりました。


うちの子は癇癪もちです。
自分の気にいらない事があると、キレまくります。
3歳児なら「当然の行動?」と自分を納得させようともしましたが、
このまま自己中心のキレル子供(大人)にならないか、、心配もしています。

この本を買ったきっかけは、レビューを見ていると、
うちの子なんだかキレやすなァと思ったら、読んでみるといい。」
この本を息子が小さい頃に読んでいたら、息子は不登校にはならなかった。。」
などと書いてあったからです。



そして「その子育ては」の「その」って何?と当然疑問が生じると思いますが、
こちらの本はベストセラー本 「子育てハッピーアドバイス 」のアンチ本でもあるのです。本の中で何回か名指しで「ハッピーアドバイス」ほど無責任な話はない!と言い切っています。

「子育てハッピーアドバイス」の中では、
「子供を(甘やかすのではなく)甘えさせなさい」ということを主にうたっています。
抱き癖がつくのを恐れないで思いっきり抱っこしてあげなさい、子どもに自己肯定感をもたせないさいと。



私は1~3巻プラス「忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス 」まで購入しているほど(笑)、
その中で主張していることは、「なるほどな~」と同意していました。

(ちなみに夫は忙しすぎて、私の買った本など読む暇はありません…。)


この「その子育ては科学的に間違っています」の本の中では、
0歳児から「心の中に断念の芽を育てることが大切」とありました。
ミルクはほしがるだけあげるなんてよくない、時間を決めて。添い寝もよくない。
「子供中心主義」の子育てになるな、と。
「ダメなものはダメ」「叱るべきことは叱る」と厳しく書いてありました。


レビューを読んだだけで、本のさわりしか読んでいない時期は、私は混乱してしまいました。
子供が「だっこ~、だっこ~」とすがってきていても、
「ここで甘やかしてはいけないのか?」とか
言うことを聞かないときは、「ダメなことはダメなんだから!」と泣かせてまで力づくで、こちらの主張を通したり。。
私が甘やかしてきたら、こんなキレる自己中心な子になってしまったのか??と。


でもきちんと全部読んでから、自分の気持ちの中で整理がつきました。


この本の通りにはできないな。。
「子供中心快楽主義に甘やかすのはよくないことだけど、やはり子供には甘えさせてあげたい。子供の気持ちを受け止めてあげたい。」と思えました。


やはり「甘やかす」と「甘えさせる」の違いがややこしい所だと思います。
それに、「ハッピーアドバイス」のように子供中心主義の親が増えたから、キレル子供、手のかかる子が増えたんだなんて、証明されていないし、、。
ちょっと言いがかりのような気もします。
脳科学的に我慢の大切さを覚えさせるのは幼少期と書いてありますが、
「甘えさせる」ことと「我慢の大切さ教える」のを同時進行できることだと思いますし。


でもこの本を読んで勉強になったことも沢山ありました。
社会性を身につけさせるためにも、しっかりと叱るべきことは叱るということかな。。
「叱らない子育て」の本のたぐいも読んでいるので、混乱する所ですが。。。(苦笑)
叱るというよりか、甘えさせていけない所では「毅然とした態度をとる」ということ。

まあ、ある意味、読んでよかったと思える本です。

  VS?    

 



話は長くなりますが、
私は基本的に自分の子育てに自信がありません。
いつも「これでいいのだろうか?」の疑問がつきまとっています。
元々読書が好きだったので、読む本は関心のある「子育て本(育児書)」が多くなってきました。
ああ、そうか~と思えることも多いですし。。
でも読むたびに、、惑わされたり…。


前にアグネスチャンさんがコラムにアメリカ留学をしたときのことを書いていました。

「教授の話を聞きたいと思ったが、毎回自分の意見を聞かれ、さらに人の意見をどう思うか質問される。そのたびに自分の頭が整理されていくのがわかった。
前の晩に読んだ文献や資料を一度のみ込んだ上で、与えられたテーマにに関して、自分なりの考えをまとめて発表させられる。テーマがそれると教授は必ず話題を正しい方向へ戻してくれる。
そういったクラスの授業を通して、教育とは知識を飲み込ませることではなく、
その知識をいかに自分の言葉で表現できるかがポイントだということを実感できた。
教授はよくこう言われた。
「本の内容をそっくり覚えても意味がない。誰かの学説をそのまま信じてもいけない。ひとつひとつの事柄について、いろいろな角度から検証し、自分なりに考えなければだめだ。」
私はこれまで勉強は個人的なことだと思っていたが、アメリカではコミュニケーションの一部でもあるように感じた。教育された人が、いかに勉強したものを他の人に伝えていえるか。そして、いかに新しい知識を生み出していけるかが、最大の課題であると思う。
大学とは知識や学問を教えてくれる所ではない。
知識や学問を生み出す所であるということを改めて認識した。」



私が今まで学校でやってきた勉強は「いかに先生が求める答えを言えるか」で、丸暗記、反復練習ばかりでした。
だから自分の意見をいうことなんてすごく苦手です。。
人から「あなたの考えは?」とか聞かれると困ってしまいます。
でも、、育児書をいくら読んでも、まどわされてフラフラしている場合じゃないのかも。。
それじゃああまりに情けないかも…。


やはり読んで「自分なりに考える」ということが大切なんでしょう…。


「その子育ては科学的に間違っている」を読んで、今回のことを強く感じました。

自分の子供にはこれから大きくなって、
「丸暗記」の勉強ではなくて、「自分で考える力」を身につけてほしいな~。






ランキングに参加してみました。長くなってしまいましたが、よろしかったらポチっとお願い致します。



FC2Blog Ranking

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

テーマ : 育児(子育て)・妊娠・出産
ジャンル : 本・雑誌

れんこんのソース炒め

<息子3才8ヶ月>


またレシピネタです。


「れんこん」というと私の中で「きんぴら」や「お煮しめ」しか使い道がなかったのですが、
実家で「れんこんの天婦羅」をソースで食べていたので、
前に思いついて作ってみました。

れんこんのソース炒めです

① にんにくを一かけら小さくきって油で炒めます。

② うすぎりした「れんこん」を炒め、ソース(おたふくでも中濃でも何でもOK)を入れ、ちょっと炒めてできあがりです!

にんにくがなくても美味しいと思います。子供も喜んで食べています。

DSCN2332_convert_20090112215835.jpg


左上はまた「白菜と牡蠣の炒め物」です。(レシピはこちら
ナントカの1つ覚えみたいにしょっちゅう作っています(笑)。



話は変わりまして、数日前のことです。


息子が大きいほうをしようと、ズボンとパンツを脱いでトイレに入りました。
でも、、
「冷たいからいや~!」だそうで…。


オムツが外れてから立ってした時にすぐ濡らしてしまうので、便座カバーは取っていたので、
すぐにカバーをつけてあげました。


カナダのお友達の息子さんも「便器が冷たいから座りたがらない」と、コメント欄で先日やり取りをさせていただいたばかりだったので、、
「うちも同じこと言っている~!」と思ってしまいました。


今じゃスーパーをはじめ、外では色々な所で便座は温かいですからね~。
贅沢な世の中になったものです…(笑)。


ちなみに、、補助便座、、買ったはいいけど、ほとんど使いませんでした。。
もったいなかったな~。




いつも寝る前に1~3冊本を息子に読んであげています。
数日前はがんばって8冊も読んであげました。
電気を切って寝ようとすると、コンタは
まほうのえのぐ (こどものとも傑作集) も、よんで~」と。


「え~~、もうママ出血大サービスで沢山読んであげたでしょう~!」と言うと、、

「しゅっけつだいサービスじゃなくて、これは、、お、ま、け!」

と言うので笑ってしまいました。
彼の口から「おまけ」ということを聞いたのは初めてだったし、使い方あっているし。

もちろん(私が疲れたので)、、おまけはナシで寝かせてしまいました。







ランキングに参加してみました。よろしかったらポチっとお願い致します



FC2Blog Ranking

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

東京おもちゃ美術館

 
<息子3才8ヶ月>


外遊びにギブアップ…。

今日(火曜日)は「東京おもちゃ美術館」へ行ってきました。

丸の内線、四谷3丁目駅から徒歩7分です。
大人700円、子供(3才以上)500円、ペア券(大人、子供1人ずつ)は1000円です。




実はこちら、、
失礼ながらあまり期待していなくて、
「外じゃなくて室内で遊べるならいいや~」くらいにしか思っていなかったのですが、
予想外に、と~~~っても楽しかったです!
初め1000円はちょっと高いかな?と思っていたのですが…。




はじめから息子の反応は上々!


「さあ、(ブログのために)写真を撮りまくるぞ~~!!」とウキウキしていたら、、
電池を充電していたのを忘れ、、電池なしのデジカメを持ってきてしまっていました…。
ショック…。  アホな私。


なので、携帯の写真でボケボケのものばかりです。。
がっかり…。  
(もっと画素数の大きい携帯に機種変更したいです…。)


まずはボールプール。

090113_1405~002 090113_1408~002


こちら2万個の小さな木のボールプールです。
係りの人が「お母さんもどーぞ!」とおっしゃるので、
私も入ってみましたが、足の裏がイタイ。。


淵でボールを転がせるのですが、息子はずっとはまっていて、1時間近くここにいました。


そして、色々なお部屋で色々なおもちゃで遊べます。


どのおもちゃも楽しそうに遊んでいました。 各部屋に係りの人がいて、おもちゃの使い方の説明をしてくださいます。


090113_1358~001 090113_1453~001
090113_1506~001  090113_1526~001


ボードゲームで、、「これ恐竜の親子なの~。モーモーザウルスって言うの~」と(笑)。
でも見るとちゃんと恐竜に見えます。

遊び方間違っていますけど…。 

090113_1516~002 



また可愛いお人形の展示や、ドールハウスなどもありました。

090113_1442~001


そして、ボールプールの次にはまったのが、おままごととお買い物ごっこです。 


090113_1529~001 090113_1547~001


4時に閉館で、2時間半たっぷりと遊びました。

庭には遊具があるので、40分ほど遊びました。
子供用のコンクリートの四角いプールがあったので、夏には水遊びもできるのかな?
090113_1650~001



こちらの「おもちゃ美術館」は、前に行きました「消防博物館」のすぐ近くにあるので、1日で両方行かれる方が多いそうです。
(消防博物館の記事はこちらです。)


また電車の中では、前に買っておいた絵本を息子に初披露目しました。。




こちら英語なのですが、機関車のお話ですごく息子は気に入ったようです。
ずいぶん時間がつぶせました。


絵がかわいいです。

DSCN2340_convert_20090114004310.jpg


とっても楽しい1日でした~。こちらの「東京おもちゃ美術館」また行きたいです!!

 

 東京おもちゃ美術館


大きな地図で見る

 

ランキングに参加してみました。ボケボケの写真ばかりですが、宜しかったらポチっとお願い致します。



FC2Blog Ranking

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 育児

外遊び…、さぶ~~

<息子3才8ヶ月>


花の3連休でしたが、昨日、今日(日、月曜日)は夫は仕事です。

母子2人で公園へ行ってきました。。 (土曜日は家でゴロゴロしていました。)

公園への道を歩いていると、息子は「たのしいね~!」と。
やはり子供は室内よりも外遊びの方が好きなのかな…。


急に
しんかんせんがあるよ~~!」と道を指さします。


初め、何のことかわかりませんでしたが、、
縁石の端っこが、新幹線のように見えるそうです…(笑)。


090112_1522~001


こんなところまで…(笑)。。


しかし、、外は寒い…。。
とにかく寒い。。


昨日(日曜日)は思わず、毛糸の帽子の上からマフラーを頬かむりしてしまいました。
人の目を気にしない。。→おばさん???


DSCN2337_convert_20090112215436.jpg
(ちょっと絵日記ブログにあこがれていて、真似してみました・笑。スキャナーがないのでカメラでパチリ。)


足のつまさきまで寒い、、。
思わず、人の目をぬすんでつまさきに厚手の毛糸の手袋をかぶせてしまいました。 →オバサン以前の問題??(苦笑)


今日(月曜日)は、あまりに寒かったのか、途中で子供もギブアップ。。
砂場で「手が冷た~~い」と。


児童館へ逃げ込みました。
5時半の終わりの時間に夫が迎えに来てくれました。
すると、、「まだ遊ぶ~~!」と床に寝転がってギャン泣きです!

夫が抱っこすると、、
「はなして~~!!」と大泣き。

だんだん、、

「はなせ~~!ギャー」と。

「はなせ」なんてどこで覚えたんだろう…。
言葉使いが悪くて、びっくりしました。。





家では、最近「漢字」に興味があるのか、
トーマスのキャラクターの車、バーティ、キャロライン、ソドーメールバンで、
「これはなんという字でしょう~~かっ!」と。(赤いやつです)

DSCN2325_convert_20090111223612.jpg

」だそうで…。

090112_2314~001

これは、いちごを食べ終わった後の爪楊枝で作った「」です。



漢字に興味があるみたいなので、おじいちゃんまかせではなく、私も何かやろうかな~。
でも自分で教えるとなると、、どうやって教えればいいのか…???



寝るときは、パパが トーマスとおぼえる かず (トーマスの知育シリーズ) を読んでくれました。




この本、10番までの車体番号の機関車がそれぞれ出てきます。
数字がくり抜いてあって、機関車を動かすことができます。

「ぼく、ダグラス、車体番号は10ばんだよ」
「ダグラスとディーゼルを動かして、数字の10を書いてみよう。
うさぎが10ぴき はねているよ。
かぞえられるかな?」とあります。


DSCN2326_convert_20090112215349.jpg

これ、、
ぴき、2ひき、3びき、4ひき」と複雑な数え方の練習になるのでいいです。
ページによって、個、ひき、人(にん)、台(車)、とう(牛)、わ(あひる)、そう(船)
と、物によって、数え方の違いがわかるようになっています。


数字だけを考えると、でも3才8カ月では、10まではもう数えられるようになっているので、
その点ではもの足りないんですけどね…。






ランキングに参加してみました。宜しかったらポチッとお願い致します。




FC2Blog Ranking

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

ぶりの中華風炒め

ぶり」って「照り焼き」か「ぶり大根」くらいしか思いつかなかったのですが、
友達に家で夕食をいただき、私にとって目からウロコだった「ぶり」の料理法を教わったのでご紹介しまーす。

DSCN2316_convert_20090111122117.jpg

① フライパンに3cmくらいに角切りにして塩コショウしたぶりを炒めます。
 
② 臭み消しにお酒を少々ふりかけ、さらに炒めてぶりを取り出します。

③ 千切りにした野菜(玉ねぎ、人参、ピーマン、えのきだけ、お好みで何でも)をフライパンで炒め、中華だしを水にとかしていれます。
そして、片栗粉でとろみをつけます。

④ ぶりをもどし、かるく絡ませお皿にもりつけてから白髪ネギをトッピング。


でも写真のものは、片栗粉を入れすぎてとろみがつきすぎて失敗しました。
また友達はもっと白髪ネギは細くてきれいでした(笑)。


友達の家で夕食、、と書きましたが、10年以上前のことです(笑)。
ずっと気になっていたレシピですが、初めてつくってみました。
前日が「ぶりの照り焼き」で、この日スーパーに行ったらお魚でおいしそうなのが「ぶり」しかなかったので…。(夫は肉より魚好きです。)


「子育て日記」で始めたブログですが、最近レシピが続いてしまいました(笑)。

最後に紺太郎を。

DSCN2311_convert_20090111122044.jpg



最近「これは何時でしょう~かっ~?」と両手で時計の針をつくります。


あ、母親の洋服のセンスゼロ(笑)??




「子育て」でも「幼児」でもない内容ですが、よろしかったらポチっとお願い致します。



FC2Blog Ranking


にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

テーマ : ばんごはん
ジャンル : グルメ

「怒り」の感情だけなんて…。

ずいぶん前の話ですが、
衛星放送で「凶悪犯罪者をどう更生させるか?」というアメリカの番組のドキュメンタリーをやっていました。


その中でお医者さんが「彼らは感情の中で「怒り」の感情しかない」と言っていました。

びっくりです。。 「怒りだけ?」

治療として、被害者側の役を演じさせ、2人で自分で犯した犯罪と同じ状況をやらせます。そうすると、その人は「相手の気持ちなど考えたことがなかった。」と泣き出してしまいました。


そういう犯罪を犯す人って、自分のことしか考えていなかったのでしょうか。
「怒り」の感情しかない…、って恐ろしいです。
「うれしい」「かなしい」とか「かわいそう」とかいうのは、なかったのかしら?
そもそも、それらの感情って身につけてくものかしら??
天性のものだと思っていました。
天性のものではなくて、身につけていくものだったら、幼児からの環境って本当に大切なんだろうなと思います。



話はちょっとかわりまして、今日(土曜日)の東京新聞の北村薫さん(作家)のコラムです。

「自分の内に父母がいつも」(略あり)

石垣りんさんの「悲しみ」という詩が心に残っています。(略歴―石垣りん詩集に収められています)
65歳で手首を骨折した女性が、元通りに治らないと言われ、なき両親にごめんなさい、と腕をさすって泣くという詩です。「二人にもらった身体です。今も私は子供です。」と続きます。

一度目に腕を骨折したとき、父は「人間万事塞翁が馬なんだよ」と話してくれました。
父母が亡くなってから、右腕の骨にひびが入りました。父母のことを思いました。ごめんなさい、と思いました。自分の内に父母がいる、という気持ちがあります。
自分を肯定してくれる者がある、どうしても生きていてほしいと思っている者があることを親に教えられました。

寝るときに、父がつくった話をしてくれてすごく面白かったのを覚えています。
具体的な1つ、2つのことじゃなくて、父母から自分が愛されたんだ、という実感がある。それをわが子にも伝えたいという気持ちにもなります。



例えがすごーく両極端になってしまいましたが、
「怒り」の感情しか育たなかった(経験できなかった)子と、北村さんのように愛された子。。


親達の役割って改めて重要だな~と思いました。


「怒り」の感情しか知らないって、悲しいことです…。
苦しくて大変なこともあるけれど楽しいことや嬉しいことも沢山あるって、子供達には経験して思ってほしいものです。
そして他人の気持ちを思いやることも…。



まあ、子供に対しての「愛情過多」という問題もありますけどね…。
愛していて、過干渉や過保護にも気をつけなくてはいけませんね。。





以下のランキングに参加してみました。宜しかったらポチっとお願い致します。



FC2Blog Ranking

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ


テーマ : 日々のつぶやき
ジャンル : 育児

ママ、うるさい…。

<息子3才8ヶ月>


今日(金曜日)、紺太郎がマンションの階段を下りるときに、下から3段目から踊り場にジャンプをしました。


「コンちゃん~、ジャンプするのはいいけど「おさるのジョージ」みたいに、足折らないでね。足の骨折れちゃうと、イタイ、イタイになっちゃうからね~。」

(「ひとまねこざる (岩波の子どもの本) 」というお話の中で、ジョージが非常階段から飛び降りて(ジャングルの草のようにコンクリートは柔らかくないから)足の骨を折った話があるのです。)


と言うと、、



ママ、うるさい!」と。


ひぇ~、なんて言った…(汗)。

ガーン!


「なんでそんなこと言うの?」と聞くと、、


「なんかね、ママの話していることがうるさく感じちゃったの。」

だそうで。。

うるさい小言ババアにはなりたくないと思っていたのですが(笑)、ついつい口や手をだしすぎちゃうんでしょうね。。
気をつけたいと思います。


最近、「これ何角形~?」と聞いてきます。
形に興味があるのでしょうか。。
時々、質問がめんどくさい時もあるんですけどね…(笑)。


090109_1852~001090109_1856~001




お部屋の片付けは中々言ってもしません。
「しまじろう」の号で「かたづけ隊」になろう!というのがあるのですが、昨日今日はその「かたづけ隊員」の付録の帽子をかぶって一生懸命お方付けをしてくれました。

「しまじろう、、やめようかな。。」と思うことも多々あるのですが、こういうことがあると、「いいこともあるな~」と思います。

taiinn.jpg

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

人参のサラダ

我が家が最近はまっているのが、「人参サラダ」です。


スライサーで細い千切りにした人参と、スライサーで薄切りした玉ねぎ、トマトを角切り、チーズを角切りして、和風ドレッシングであえるものです。


ドレッシングはなんでも。醤油と玉ねぎが入っているものをうちでは使っています。


最近私のお気に入りのドレッシングは日本食研の「空と大地のドレッシング トマトまるごと味」です。

デジカメが今なくて、携帯の画素の少ないぼやけた写真しかないのですが…。

090109_2011~001

左に写っている里芋の煮っころがしも美味しいです。
バターで焦げ目がつくくらい炒め、水を入れて煮て、砂糖、醤油少々で味付けです。
バターの風味が美味しいです。

右に写っているものは、前でも記事で紹介しましたが(こちら)、白菜、ネギ、海老を「顆粒うどんだし」で炒めたものです。



(1月11日追記)
あまりにも写真がボケボケだったので、また作って撮ってみました~。

DSCN2324_convert_20090111223534.jpg

テーマ : ばんごはん
ジャンル : グルメ

納豆にトマト

<息子3才8ヶ月>

前に女優の菊川怜さんがテレビで紹介していて、それ以来我が家の定番食になっているのが、

「納豆&トマト(&卵)」の組み合わせです。


前から納豆には卵を入れていたのですが、トマトを入れるとなんとも合うんです~。

うちは、あとはネギと「わかめちりめん」などを混ぜています。



090108_1241~001090108_1244~001 


(夫の実家にデジカメを忘れ、携帯の写真で、画面が見にくくなっています。)


ちなみに、写真の「ほうれんそうとハム」の炒め物は「コンソメ顆粒」で炒めています。
お正月に義母に教えてもらいました。今まで青菜をコンソメの顆粒で炒めるという発想がなかったのですが、これが簡単で、美味しいです!

意外と美味しかったのが、小松菜です。
小松菜って、今まで「あつあげ」や「油揚げ」との煮付けとか「おひたし」ばかりだったのですが、
コンソメの顆粒で炒めると美味しいんですよ~。






最近の紺太郎は「しりとり」と「かくれんぼ」にはまっていて、毎日付き合わされています…。
しりとりで、わざと「しんかんせん」とか「れんこん」など「ん」のつく言葉を言うと、うけてくれます。


またテレビを見ている時、自分が見て欲しい場面がでてくると、
私の所にきて、「見て!」と私の頭を両手で挟み、グイっとテレビの画面の方向に頭をまわされます(笑)。
強引…(笑)。

絵本を「よんで~」と来たときに、面倒くさかったので、
「コンちゃん、もう字が読めるんでしょう。自分で読んで~」と言うと、、

「長くて疲れちゃうから、、ダメ!」だそうで…。

早く自分で読んでくれるといいな~。
でも聞くところによると、自分で読めるようになっても、子供が字を追ってばかりで内容が頭に入らないから、親が読み聞かせたほうがいいそうです。

テーマ : 朝ごはん
ジャンル : グルメ

早く連絡してほしい…

うちの夫は毎日帰ってきません。
仕事場の近くにアパートを借りていて、大体水曜日と週末に帰ってきます。



昨日は水曜日、前の日に「飲み会があるから、帰れるかわからない。できるだけ帰る。」と電話で言っていました。


夜、、まてどくらせど連絡がない。
電話は通じず、メールをしても返信はなし。
留守電にメッセを入れて、、やっと連絡があったのは、、



夜12時40分。。


「今日帰らない、まだ飲んでいる。」


だそうで…。


もっと早く連絡してほしいな~。
友達と会って、楽しいのはわかるけど。。


前にご飯を作って待っていたのに、連絡がなく「飲んでた」と喧嘩になったときに、「おやじはおふくろに「いつ帰るの?」なんて聞かれたことなかった。」と開き直っていたけど。
別に連絡をしなくてもいいと思っている意識の差でしょう。
もっと早く連絡がほしいと伝えたはずなのに…。


まあ、前もって飲み会があることを言ってくれただけましかしら…。


ちなみに、今度の3連休のなか日は研修があるとかでお出かけ、、
数日前に聞いて、
「もっと早く言ってほしい。」と言ったら、
「あんたに関係ないだろ!」だそうで…。


関係あると思うけどな~(笑)。







テーマ : 独り言。
ジャンル : 結婚・家庭生活

ニュージーランド旅行

もう7年も前の話ですが、2002年のニュージーランド旅行の時の写真を紹介しようと思います。

 

その時はまだ独身でした。19日間かけて、友達とレンタカー旅行をしました。(私は運転ができないので、友達に運転してもらったのですが。。)

 

まず、南島のクライストチャーチから入りました。

 

街の中心にあり、シンボルでもある大聖堂です。

NZ20001_thumb[1]

 

植物園の温室はベゴニアがきれいでした。箱根旅行のベゴニア園に行ったとき、こちらの温室を思い出しました(記事はこちらです)。

NZ20004_thumb[1] 

NZ20002_thumb[1] NZ20003_thumb[1]

 


あと、ニュージーランドでは英国式ガーデニングが盛んで、「ガーデニングのコンテストで賞をとったお家をまわるツアー」というのがあって、参加してきました。残念ながら、、写真はないのですが。。4つくらいまわったかな…。皆さん素敵なお庭でした。暮らしを楽しんでいる様子がよくわかります。



また、米国の南極基地への補給拠点である国際南極センター(International Antarctic Center)も訪れました。雪上車にも乗り楽しかったです。

この頃は、私はまだ普通のカメラの方が主流で、、デジカメの写真は少ないんです…。

 




クイーンズランドを目指して、南下しました。

 

エメラルドブルーのテカポ湖(Lake Tekapo)です。
後方にはMt.クックがあり、その氷河が源流となっています。

NZ20007_thumb[1] 

 

小さく写っている建物が、フォトスポットで有名な「善き羊飼いの教会」です。

テカポ湖もそうですが、道すがらの湖も、色がきれいな水色でした~。

NZ20010_thumb[1] NZ20009_thumb[1]

 

クイーンズタウンに着きました。

ケーブルカーに乗り丘に登ります。丘から望むクイーンズタウンとワカティプ湖の風景です。

NZ20013_thumb[1] NZ20014_thumb[1]

 

 

クイーンズタウンからグレノーキー(Glenorchy)方面を湖沿いにドライブを。

NZ20018_thumb[1] NZ20020_thumb[1]

写真ではわかりにくいのですが、湖面と山々の組み合わせが今回の旅行で一番美しい場所でした~。

みなさん路横に車を停めて、景色を眺めていました。

 

 

そして、ワカティプ湖沿いを走りミルフォードサウンドの拠点テ・アナウに向かいます。

NZ20024_thumb[1]  羊が沢山の、ニュージーランド的な風景

 

 

そして、世界遺産でもあるミルフォードサウンドへ。

氷河によって形成された大きなフィヨルドであり、海岸線から15kmも中に入り込んだ入り江です。
風景の美しい観光地なのですが、あいにく天気が悪かったです。
といってもこの地域は降水量が多く、晴れるほうが稀だそうです。(年に半分くらい?は雨だそうで)

NZ20031_thumb[1] 

 

ダウトフルサウンドもフェリーに乗って観光してきました。やはり天気は悪かったのですが、途中から晴れてきました。

NZ20037_thumb[1]  NZ20033_thumb[1] NZ20049_thumb[1]

水力発電所の見学もコースに入っています。

NZ20034_thumb[1]       

 ミルフォードサウンドでもそうでしたが、オットセイのコロニーや、イルカが泳いでいるのを見ることが出来ました。

NZ20046_thumb[1]

 

次の日、晴れていたので、せっかくなので再びミルフォードサウンドへ。こうやって旅のスケジュールを自由に変えられるのが個人旅行のいい所です。

 

NZ20054_thumb[1] NZ20053_thumb[1] NZ20060_thumb[1]

 

あと、テ・アナウでは青く光る「土ボタル」を見にいくツアーに夜、参加しました。

 

フィヨルドランドを後にして、北をめざします。

 

ワカティブ湖横の鉄道駅です。SLが観光用に走っています。

NZ20072_thumb[1]

 

クイーンズタウンを通過してアロータウン(Arrowtown)に寄りました。かつての金鉱の町だそうです。

NZ20075_thumb[1] 

 

ウェストランドは別名ウェットランド(Wetland)と呼ばれている通り、いつも雨ばかりだそうです。

 

フランツ・ジョセフ氷河(Franz Joseph Glacier)です。この緯度、この気候で溶けずに残っている氷河は珍しいらしいです。

NZ20085_thumb[1] 

 

あまり車が通らない道を、牛が占領していたり、

NZ20088_thumb[1] 

鉄道と車がともに使う橋がありました。橋の上だけ線路と道路が合流します。

こういうの紺太郎がみたら、、喜ぶだろうな~。

NZ20090_thumb[1] 

 

美しかったサウスアイランドをあとして(ここまでで13日間)、小さな港町ピクトン(Picton)からクック海峡を渡り、北島の首都ウェリントンにフェリーで移動します。

 

ニュージーランドの国会議事堂です。
ビーハイブ(Bee Hive)と通称される通り「蜂の巣」形をしています。

NZ20106_thumb[1]

ケーブルカーにも乗りました。

NZ20112_thumb[1] 

 

オークランドに向かう夜行寝台列車です。駅のプラットホームにバスが横付けできちゃいます。

NZ20120_thumb[1] 

 

オークランドに着きスカイタワー見学です。

NZ20130_thumb[1] 

 

船に乗って対岸のデボンポート(Devonport)に渡ってみました。
タワーがあって高層ビルが並ぶ風景は、シドニーやトロントともよく似ています。

NZ20134_thumb[1] 

オークランドは大都会なせいか、ゴミが道に落ちていたりして、ちょっとマイナスな点もありました…。

 

そして、ニュージーランドの旅を終えました。

美しい自然。穏やかな気候。大らかで親切な人々。牧場の風景。

すてきな場所でした~。

テーマ : ニュージーランド旅行
ジャンル : 旅行

「湯」

<息子3才8ヶ月>

夫の休みも終わり、日常生活がもどってきました。

昨日はがんばって公園へ遊びに行きましたが、、寒~~~い!
ベンチで本を読みながら、ブルブル寒さに耐えましたが、、今日はその気力がありませんでした。


近所の児童館もお休み。。
なので、、バスに乗って近所の湯所へ。。


こちら年末にも夫と3人で来たところです。
こちら寝湯やアロマ風呂、露天風呂まであって綺麗です。
前は健康ランドと言われていたこういう所もイメージが変わってきました。

その時は子供は夫に任せていたのですが、今日は私と一緒に女湯です。
でも前よりも楽になりました~。以前はこういう所では走り回ったりして危なかったのですが。。
私が洗っている間、湯船に先に入っていてくれました。


それぞれのお風呂の横に「デジタル温度計」があるのですが、
アロマ風呂の部屋で、「パパと来たときは、横にお花が飾ってあったよ~」と。
子供って、変なところを見ていて覚えているから不思議です。
夫の実家でも、「前はあそこの調味料入れには味噌が入っていなかったよ。」とか、
大人の私が気にしないような所を覚えていたりします。



お風呂から出たら、お決まりの牛乳~! 

090106_1957~001 

定食が680円だったので、ご飯も食べてきちゃいました。

090106_2015~001 みぞれハンバーグ定食

最後はアイス~。

090106_2038~001

食べる所も、喫煙室と禁煙室が分かれているので、煙嫌いの私も快適にすごせました。



これから寒くて外に出たくないときは、こういう所もいいかも。。


あと、、昨日の公園でのことですが、
ちょっと前ではお友達(公園で会った子)に道具を「貸して」と言われても貸せなかった息子でした。
でも最近お友達と遊ぶことが楽しいことだとわかったのか、
「貸して」と言われてもいないのに、お砂場セットを持って行って、
「全部つかってもいいよ~~」「どうぞ~」とぶちまけています。
こういう所は成長したのかな~。
ちょっと押し付けがましいけど…(笑)。

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

聖書の「タレントの話」

私はキリスト教徒ではありませんが、小学校の時に数年間(初めは母の意向で)教会の日曜学校へ通っていました。



高校もカトリックの学校で「キリスト教」に触れ合うことが多く、遠藤周作さんや三浦綾子さんなどのキリスト教作家の本も大好きです。



聖書にはキリスト教徒ではなくても、「なるほど!」と思う話が多いです。
(これだけ多くの人に読まれているので当たり前なことのですが。)



その中の「タレントの話」は特に好きです。

聖書のマタイ福音25章14~30節です。



主人が旅に出る前に、3人の使用人にお金の5タラント2タラント1タラントを預けていきます。5タラント、2タラントを預けられた使用人はそれを元手に商売をして儲けて増やしましたが、1タラントを預けられた使用人は「なくしたら大変!」と土に埋めて大切に保管したそうです。


旅から帰った主人は、5タラント、2タラントを預けたて増やした使用人を見て喜びます。1タラントを預けて何もしなかった使用人には、怒って持っていたタラントを取り上げてしまいました。


主人を神、使用人が私たち人間に例えられています。
人間は生まれながらにして何らかの才能を持っている。大切なのはそれをどう生かすかということで、何もしないのは宝の持ち腐れ、怠け者であるという教えが込められています。そこから「タレント(Talent)=才能」という意味がついたそうです。




私は小学生の時にその話を聞いたとき、
「商売をして、大損してお金をスッテンテンにすることだってあるのに。私だったら、減らすより、何もしないで元のお金を返した方が主人に忠実に感じるわ。」
と疑問に感じて、牧師さんに聞きました。

「お金を損したら主人はどうするんですか?怒らないんですか?」と。
すると、、
「それでも主人は怒りません。抱きしめてくれるでしょう。」というような答えがかえってきました。


そしてもう1つ小学生だった頃の疑問。「主人は5,2,1と与えるタラントが違って、2,1の人は5を与えた人を妬んだりしないのだろうか?」


でも、主人が2タラントの者へ言った言葉です。
「良い忠実な僕よ、よくやった。あなたはわずかなものに忠実だったから、多くのものを管理させよう。主人と一緒に喜んでくれ。」
2タラントの人は5タラントの人を妬んだりしていません。。




成長して、色々な本を読み進めていくうちに、
「どんな人間でも、1つは与えられたタレントがある。それは「人を愛すること」」ということを知りました。

聖書に見る人間の罪―暗黒に光を求めて (光文社文庫)
三浦綾子著 を読んだときに、

神が私たちに何を与え、いかに愛してくれているかを全く考えてもみないこと、1タラントの男同様である。タラントが多いから大きな働きができるのではなくて、神の愛に感ずることがあってこそ、人々を励ます働きができるのだと思う。毎日がつまらなければ、神の愛を知らぬ自分の罪である。


才能って使わないとどんどんなくなってしまうものなのかしら?「持っているものまでとりあげられてしまう」なんて恐い話です。


子育てをしていて、「子供の能力を伸ばすお手伝いができればいいな~」と思っています。最低限のタレント「愛すること」も増やせるといいな~。

まあ、こういうことは親の手助けよりも、自分の力の問題だけど。。




子供が大きくなったら、是非「タレントの話」をしてみたいです。


そして三浦さんの本の中に書いてあった「人間が問われるべきものは、その人の精神であり魂なのだ」ということも、いつかわかってもらえるといいな。。



あと、、私は結構ズボラでグータラで怠け者なのですが、
「怠惰は人を愛さないという罪にもつながるのである。」とも書いてありました。
心に留めようと思います(苦笑)。

テーマ : 心の持ち方
ジャンル : 心と身体

いつかシベリア鉄道に、、?

<息子3才8ヶ月>

夫の実家にいます。

毎日美味しいご飯とビールで、、昼間はコタツでゴロゴロ、、太ってしまいそうです。義両親の前で平気でコタツで昼寝している嫁です(苦笑)。


1日
25880780_151935108s[1]

トロのお刺身が美味しかったです。これプラス野菜たっぷりの醤油ベースのお雑煮でした。。


2日

25880780_3019717586s[1]

すき焼きは大人数がいいですね~。


クリスマスプレゼントだった「くみくみスロープ」にはまっています。「ボールがまて、まてしているよ~。みてて~」と。
将来パチンコ好きにならないか不安…(笑)。

25880780_1498621970s[1] 25880780_186666733s[1]

 ←今年のクリスマスプレゼントはこれでした。






そしておじいちゃんに本を読んでもらっています。前紹介しました図鑑が面白いみたいです。ご飯の支度の時とか相手してもらえるとすごく楽です。

25880780_3616251300s[1] 「かぶとむしの食べるものはね~」と説明を。


←この本、色々な分野が幅広くあって面白いみたいです。




「シベリア鉄道ってどこ通っているの~?」とおじいちゃんに聞くので、世界地図で説明しています。

25880780_3625572627s[2]




前から世界地図を見ながら、
「コンちゃん、大きくなったらシベリア鉄道に乗って世界一周するの。日本からオーストラリア行って、それから、、こう行って、こう行って、ロシアで、、」と壁に貼った世界地図を指でたどりながら話しています。


夫もバックパッカーで以前半年かけて世界一周旅行をしたことがあるので、そういうことが好きな血が流れているのかな~。


いつか、本当に実現することができればいいけど…。


「その前に、コンちゃん働いてお金ためてね~」とは伝えています。


テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

「子供の生きる国 ニッポン、イギリス、フランス」

読んだ本の紹介です。

「子供の生きる国 ~産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス~ 薗部容子著 新風舎」
を読みました。



日本、イギリス(水中出産)、フランス(無痛分娩)の3カ国で出産・子育てを経験した著書が各国の子育て事情、家族事情を紹介しています。


移動中の電車の中で読んでいたことが多かったのですが、何度「プッ!」と吹き出したことか…。
楽しいエピソード盛り沢山です。
そして、ホロッと涙ぐんでしまうことも。。。


笑ったところは数知れませんが、
特にイギリスで旦那さんがへその緒を切る時、
なかなか切れず、、「こてっちゃんみたいだな。。」とつぶやいたところや、
フランスの病院でのおおざっぱな沐浴の仕方を「シンクで白菜を洗うがごとく」と表現していたり。

日本での、ミルクをやる前後にデジタル体重計で赤ちゃんを量ったり、赤ちゃんをさわる手をアルコール消毒していた神経質的な?育児とは大違いの2つの外国での「(赤ちゃん中心主義より)お母さん中心主義」の考え方。


「気楽に子育てを楽しむのが一番」
「お母さんが幸せに感じれば、子供も幸せ」
ということが良くわかりました。


イギリスでは、子育てするお母さんに敬意が払われていること、世間全体で子どもを温かく見守っています。見知らぬ人が、階段ではベビーカーを持ってくれたり、道で駄々をこねている子供を叱ってくれたり。。
旦那様も協力的です。
私は相当なズボラ母で、「日本一とはいかなくても、○○(住んでいる所)で一番のズボラ母かも?」と思っていたくらいなのですが、イギリス人は更に上手のようでした。。

フランスでは供を産むほど、行政の援助率も高くなり、、日本もここまでやってほしいと切に思いました。そして夫婦の時間、自分の時間がいかに大切なのか…。


著者の薗部さんは6年の海外生活の後、日本へ帰国するのですが、
その時のイラストにもまた笑ってしまいました。
ベビーカーにのせた赤ちゃんを自分でかかえ、両手に二人の子供をつかまらせ、
浦島太郎のように亀に乗り、
「さ、帰るぞ。しっかりつかまっておれ。
よいか、こどもら、よく聞け。
今より 父は、なきものと思え。」
のセリフが…。
日本のお父さん、仕事に忙しすぎますものね…。


とにかく楽しい元気のでる本でした~。
「まずお母さんが幸せでいることが大切」を実践できたらいいな。



テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード