開成と武蔵の校長対談

<2017年12月3日 12才7か月>


開成中学校と武蔵中学校の校長対談&お話会があったので、行ってきました。
場所は目白の学習院大学です。
紅葉がキレイでした。


IMG_20171203_105107_convert_20171204094505.jpg


IMG_20171203_130921_convert_20171204094751.jpg






お二人のお話は、とても面白かったです!
感動しました。


まず開成、

前に開成に行った子のお母さんが書いた本で、
試験の字を米粒みたいな字で書く子がいて、先生が虫眼鏡で採点するとか、
授業中に机にまったく何も出さない子がいる、、
と読んだときに、
子どもの特性を大事にしてくれる学校だな、素晴らしい学校だなと思ったことがあります(こちら)。






とにかく自由、ペンは剣より強し、質実剛健(物欲からの自由)
開物成務(一人一人の素質を花開かせて、務めを成し遂げる)(学校の名前の由来)、
自主性と自律性を大事にしている、
自分の素質を生かして社会の役に立っていることが大事(給与を得て、税金を払うことが大事)、
楽しい時間が大切→楽しければ頭が生き生き働く、
自分を自由に表現できる場がある。
そして色んな分野で「あいつにはかなわない」という子がいる、
個性をためらうことなく出せる環境、
自分は××になりたい、自分は●●で生きていきたい、、が大事、
中高一貫ならではの子弟制度みたいなものがある(行事)(←これは武蔵も同様)、
子どもに家事を教えてください、手際よくやって時間を節約すれば、自分の時間が有効に使えます。


武蔵


「学びの水脈」と「対話の杜」、
自分で考えること、
答えではなく答えに至る過程を大切に、
「土壌づくり」と「種まき」をして、生徒が育つ(それは生徒の力であって、「育てる」ではない)、
無駄は無駄ではない、
子ども達へ、
じっくり考える、人とふれあう、思い込みをもたないことが大事(先生や大人がこう言ったから、、はダメ)。
保護者の方へ、
余計なことをしないでください。(隣に座って「ここ間違えている!」と言ったり、「何でこんな点を取ったの!」など言う)。
それは余計なおせっかい。
教え摩は危ない→思考停止へ。
「何やっているの!」と怒った時点で、子どもはやはり思考停止になり貝になる。
武蔵では、子どもが問題を起こしても(ボールで蛍光灯を割った)、上から目線で「何でそんなことしたの!」と叱ることはありません。
頭ごなしに怒りません。
子どもなりの何かがあるんです(聞いたことある・笑?(前日のこちら)。)
違っていることがいい、子どもをつぶさないように、規制しない、
足腰を鍛えることが大事(勉強では基礎力)

武蔵に入りたい子へ
小6 今の時期は過去問をやり、テクニックを確実に、
小5以下の子 ただ入るための勉強→伸びない、
色んな事に興味を持ってください。


効率優先でいいの?
「効率」優先だと、想像性や創造性が失われるのでは?
便利なことっていいことなの?わかりやすい授業ってよい?→わからないけど、なにかひっかかるよねが理想。
手を使う思考が大事、コンピューターは資料を作った時点で思考停止になることがある。





校長対談では、


「自分で考える」って(問われて)話したり書いたりすることや自分からの発信から培われる、

子どもが話始めたら、へー、そう、と相槌を、
子どもが2、親が1くらいの割合で話す。
子どもを具体的にほめる→ほめられると自信がつく、自信がつくとまた何かをやってみたいと思える、



開成の校長の面白いご自身の昔話を一つ、
彼は東大に受かったらしいのですが、どうしても早稲田理工に行きたかったのだそう。
毎日先生や周りの人がとっかえひっかえ来て、
「お前どうして東大へ行かないんだ?」と説得されたそう。
で、最後お父様(商売人)が、
1年で早稲田でかかるお金の小切手を渡し、
「これをやる、自由につかえ」と言ってきたそうです。
「ぼくは、それで車を買いました」の言葉に笑いがドッと沸きました。
東大、コンピューター会社、ハーバードと東大で教える、開成校長となったようです。
違う大学へ行ったら、また別の道があったのでしょうね。


武蔵の校長先生は、歯科医(親の跡を継いで)になろうと武蔵に入ったそうです。
音楽部で歌っていたら、音楽の道に進みたくなり、芸大へ。
武蔵の非常勤から常勤、、、、校長へ、。


武蔵、
背広は「注文服」「既製服」「イージーオーダー」があります。
注文服は、一対一の教育、大学院やトッププロ
既製服、具体的な教育目標がある(「そっち行っちゃいけないよ」と鵜飼のよう)
イージーオーダー、理想的な教育目標がある、
わが校はイージーオーダーの教育です。





私は高校で、まじめだったので学校の成績はよかったのですが、
学校ではあまり受験対策はしてくれませんでした。
予備校なども「行け」と親にも言われず、ちょろっと通っただけ。
もしもっと「おぜん立て」があれば、もっと上の大学(第一志望)に行けたかも、、、という悔やみが少しあります。

なので、私は大学受験に関しては「面倒見のよい」学校に惹かれます。


お二人は、

受かるための「特急列車」をうまく使えば東大(?いい大学?)だって入れます。
でも最短距離を進むことが大事ではない、
いろんなことに興味を持つことが大事、


今の東大の総長は元武蔵生なのですが、
「受験テクニックはあるけど、基礎がない学生が多い」と言っているそうです。


今まで「(点を取れる)勉強の仕方」を習ったけど、入ってどうすればいいのか途方にくれている「燃えつきた」生徒がいる。、
学生には「燃えつきた」「燃えている」「冷めている」グループがいるそうです。
中国からの留学生で、知り合いもいない、一人ぼっち、でもやりたいことがある、、、という学生は燃えて、卒論とかすばらしいそうです。
「冷めている」グループは「学び方は知っている、こんなもんよね」と冷めている。

基礎が大事、学び方を知る、助走期間を耐える力が必要、
ピアノでも英語でも、地道な努力(助走期間)が必要だけど、ある日わかる日がくる、
にわとりが卵をあたためていて、外からは中はわからないけど、、という具合、
そういう期間が大事なんだ。


「素質の芽生え」が、
そして、芽生えを支える土壌が大事、
キーワードは「楽しさ」(開成)


柳沢校長先生が「キーワードは「楽しさ」。」と言った瞬間、
ゾクゾクっとして感動してしまいました。


で、
開成は自由、自主自律をかかげていても進学率がいいですが、
武蔵はあまり大学受験で「面倒見がいい」印象はなく、私にとってその点が好みではなかったのですが、
お話を聞くと、見守ってくれるいい学校だなと思いました。
(うまく子どもがはまれば、、、。)


実際でも、私は各駅電車より特急電車が好きです。
(息子と夫は鉄オタなので、各駅電車を好みます。)
↑で、「(授業は)わからないけど、何かひっかかるよね、、が理想」とありますが、
私は「だから答えは何?」とせっかちなタイプです。



(大学受験に)「面倒見のいい学校」、自主自律の学校、、
どっちがいいのだろう??
前者は課題とか沢山あるのかしら??
そういうのが嫌になったらどうなるんだろう?
自主自律で自律できないで、周りからの働きかけがなくてそのままだったらどうなるのだろう、、甘えに逃げたり、、?
わからない問題です。。


息子は今の受験勉強しなくてはいけない時期でも、
休みの日は何も言わなければダラダラしていることが多いです(息抜きも必要だけど、長すぎ)。
声掛けしても、ダラダラ、、
続けて声掛けして、やっと机に座り、
やりたくないことは溜めに溜めるタイプです(そして、やらないことも)。


息子の第一志望は、自由なタイプの学校です。
私は「面倒見」のいい学校の方がいいんじゃやないかなーと、惹かれます。



両タイプの学校を受けますが、
どちらの学校も最初に合格しないと話にならないのですけどね。。


そもそも夫が「中学受験させる」と言い出した理由は「大学受験に有利だから、、」だったのになぁ。。
(夫は息子の第一志望を応援していますが、
自分の母校(「塾は必要ありません」と言っている面倒見のいい学校)も希望、
ここだと今の自宅からは遠くて引っ越しが必要なので、私は希望していないです。
まだこの受験日はどこを受けるか未定です。)




グチャグチャなメモを写したので、文章がとりとめがなくてすみません。



関連本です。





*** 


息子はこの日は月に1度の全国公開模試(合格判定テスト)でした。
社会が初の100点でした!
社会と理科は1問間違いが何度かあるのですが、100点は初めてなのでうれしいです。
前回5以上落ちた偏差値も持ち直してよかったです。







にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

栄東中学校の入試問題学習会

<2017年11月23日 12才6か月>



11月23日(祝日・木曜日)栄東中学校入試問題学習会へ親子で行きました。


2017_11280006.jpg



こういった入試問題学習会には出来るだけ行ったほうがいいと
塾からも、前に参加した中学受験を経験したお母さんのお話会でも言われていたのですが、
行こうかすごく迷いました。
(申し込みは前日の23時59分まで。)


ネットで検索してみると、
「栄東を第一志望にしている、又は偏差値が届いていないという場合は参加した方がいいと思います」
とありました(こちら)。


うちは受けるかも決定ではありません。
息子に聞くと、「どっちでもいい」と言います。
全然過去問もやっていないから、貴重な祝日の日だし、、。
休みの日はゆっくり寝かせたいし、、。
(午後は4時から塾なので、参加するなら午前中の部。
でも、午後に参加して塾に遅れてきた子も数人いたそうです。)


でも、同級生が「明日行くから」と上履きを持って帰っているのを見て、
「じゃあ、行こうかな」ということになりました。

前日の夜に申し込んだので、受け付け番号は940番台でした。

ちなみに、番号の若い順から解散になったので、20分くらいの差でしたが、
早く帰りたい方は早めに申し込んだ方がいいと思います。
1~250番、250番~500番、、と250番ずつ呼ばれます。
校門の近くに「コーン」が置いてあり、
「ここより奥に保護者は行ってください」と言われ、その前を子どもたちが通り、引き取りました。
(空港の荷物引き取りみたいなイメージです。)


朝、途中で塾ママ友さんや学校の同級生に会いました。
子どもだけで参加している子もいました。


うちは起きてから出るまでの時間が短かったので、
私は途中でお腹が痛くなるし、二人とも腕時計は忘れるは、息子が鼻をかみたいのにティッシュは忘れるは、、でバタバタな感じでした。
他のバッグには沢山ポケットティッシュが入っていたのになー。
もっと時間に余裕を持たないといけませんね。
(ママ友さんがティッシュをくれました。)


子ども達が授業を受けている間に、親は説明を受けました。



ここ最近行った志望校の説明会は「うちはこういう校風です。気に入ればどうぞ~」
みたいなスタンスが多かったのですが、
こちらの学校は「是非、受験校の一つとしてお考えください!」と積極性を感じました。



1月受験で5000人以上が受けるので、保護者も合わせて1万人以上がくるので、
入試の日の朝は最寄駅の東大宮駅から学校までは普通は歩いて8分の距離が45分ほどかかるそうです。


受付の順に
第1会場 栄東中学校(東大宮駅 宇都宮線)
第2会場 埼玉栄中学校(西大宮駅 埼京線)
第3会場 栄北高等学校(丸山駅 ニューシャトル線)(←前は「さとえ学園小学校」と発表していましたが、変更しました。)

となります。

冬の寒い朝45分も外にいるのはイヤなので、受ける場合はわざと遅く届け(web)を出そうかな、、。

どれくらいのタイミングで第2会場以降になるのだろう、、、。
わからないので困ります。。
あんまりギリギリだと落ち着かないし・・・。


生徒が作った映像を見ましたが、
すごく活気があっていい学校だと思いました。
男の子数人が卒業式で泣いていました。
学校が好き、、という証拠なのでしょう。
ちょっと気になったのが、何かの会で英語でぺらぺらスピーチしているのが
全部女の子だったこと。
もしかしたら、女子の方が強くて、男の子は尻にひかれている感じなのかなーー、、
なんて思ってしまいました。

色んな職業のOB&OGが話をしに来てくれるのがいいと思いました。
(医者、テレビ局、CA、日本銀行、会社は忘れましたが元美術部でデザインをやっている方など)


アクティブラーニングを推奨していて、すごく活気がある学校で、
その波に乗れたら楽しいだろうけど、、、
万が一その波に乗れなかったら、どうなるのだろう、、
と不安もちょっと。。


ここ最近、高校生クイズで優勝したことがあります。


私立なのに給食があるのは、親にとってポイントが高いです。


中学高校と修学旅行は海外ですが(オーストラリア、アメリカ)(京都もある)、
お金の積み立ても結構かかるのでは??
と思いました。
学費自体は塾の表をみましたが、高い方ではないようです。


入試では5点の差の中に400人がいるそうです。
なのでちょっとした計算ミスで合否が分かれる場合も?


複数入試は20点加算あり。
(東大コースはない??)



体育館に保護者が2階までびっしりいました。
そして、、寒い~~!
何台も大型ストーブが置いてありましたが寒い。。
この日は雨が降っていたので。

今までネットで、
保護者は「防寒グッズやひざかけを」などと書いてあるのを読んだことがありましたが、
「ふーん、、」くらいにしか思っていませんでした。
でも、、身をもって学びました。
絶対必要!
毛布の生地のひざかけを持ってきている人がいましたが、
あれくらい必要だわ。
重ね履きのモフモフの靴下やカイロも必要かも。。
(子どもの教室は暖かいそうです。入試日は食堂も開放してくださるそうで、そちらは暖かいかも???)


上半身はヒートテックなどでカバーできるかもしれないけど、下半身は注意です。
こういうことがわかっただけで、行った甲斐があったかも…。


でも、、こんな寒い中4~5時間も待っていたら、、体調くずすわ!
というか、、
これが3日間とか続くのーーーー!!!
考えただけで、、、気が重い…。
本やパソコンなど時間をつぶすものを持っていくけど、、続けて3日間はキツイわ。。
(午後受験がある方などもっと大変だと思うけど…。)



朝、子どもを送って、家に帰ろうかなーー。
心配なのは子どものお昼ご飯だけだものね。。
帰りに駅そばとか一人で食べてくれるといいのだけど。


でも息子に言ったら、、絶対「ダメ!(待ってて)」と言いそう。。
第一志望以外は映画とか見てきちゃおうかな~。
って、、怒られそう。。


ずっと学校で待っているのは大変そうなので、、考えます。。
終わる時間にまた来るとか、、。


中学受験をしたお母さんのお話会では、
お母さんが連れて行き、お父さんが迎えに行き、
そのまま午後受験の会場へ連れて行き、夕方にお母さんが迎えに行った、、と言っていたような。。
お父さんは車だったかな??
(でも、公共交通機関の遅れは学校が考慮してくれるけど、
車では考慮してくれないので、公共交通機関を使った方がいいと聞きます。
でも午後受験は3時からなどのところがあるので、時間に余裕があるのなら車でもいいと思います。)




国語の物語文は佐川光晴さんの「中学生が主人公」の文章から出るそうです。


噂では題名を教えてくれると聞いていたのですが、題名までは出しませんでした。
amazonで検索すると、
一番に出てきたのが、「おれのおばさん」、、
中学生が主人公です。





一応買って息子に渡したら、2時間かけて一気に読んでいました(29日)。
(読書よりも勉強が気になるところですが、、。)
塾も学校も同じクラスの女の子(前日上履きを持って帰った子)も「これ、●●が学校で読んでたー」なんて言っていました。
その子もこれが出ると考えたのか、、、??
面白かったそうです。



話はそれますが、同じ著者で「鉄道少年」という本を見つけました。




鉄道好きな息子が喜びそうなので、ポチっと。
でも受験まで読む時間がないかも、、
って、、これじゃないですよね??
Amazonを見る限り、主人公が中学生なのかはわからない…。
(まだ到着していないので。)


前に塾の国語の先生は「初見で解ける力が必要なのだから、(発表されても)読む必要はない」と言っていましたが、
うちは塾のテストで読んだことがある本の文章が出た時に、
いつも記述はまるっきしダメなのに、
「何が言いたいのかとてもよくわかった、、」とほぼ満点の時がありました。
読めるなら読んでおきたいものです。


何が出るのだろう、、謎です・・・。


知らなかったのですが、理社をあわせて60分だそうです。一科目ごとに時間を区切らないんですね。



説明会が終わると、体育館ぐるっと壁際に長机を出して先生方がズラッと座り、
国語、算数、理科、社会、総合?と張り紙を壁にはって、
質問会が始まりました。


手際がいいわー。
前もそう思いましたが、慣れているというか、、
大人数の中、システムがしっかりしていると思いました。
(前に説明会に参加した時の話はこちらです。)




(親の方が早く終わるので)
子どもを待っている間、ストーブの周りには人が群がっていました。
希望する人は学校を回れました。



先生はみんな優しくてよかったらしいです。
受付番号は関係なく、行った順に座ったそうです。
今日知ったのですが、入試当日も行った順に座るようです。


息子は結構間違えていたので、行って勉強になってよかったかも。。
学校で同じクラスの子はほぼ全問正解だったそうです。(Nが物足りなくて、Wへ移った子)。



受験料は2回まで20000円、3回で30000円4回で40000円だそうです。


入試は1月ですが、入学手続きは2月7日までです。
2月校の結果を見て、手続きができます。
入学金は返金しない学校もある中で、とても良心的だと思いました。





(2018年1月13日追記)


国語の物語は予想が外れて↓「大きくなる日」の中に入っている短編「四本のラケット」でした。
ちなみに2017年の立教新座も「四本のラケット」だったそうです。
「おれのおばさん」を周りに読んでいる子が多かったのですが。。





ちなみに塾友くんの一人は予想があたったそうで、、
試験の文章を読まずに問題にじっくり取り組めた、、と言っていたそうです。





にほんブログ村

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ある学校の入試問題学習会

<2017年11月 12才6か月>



こちら、最初は学校名を入れて公開していたのですが、
考えなおしまして、伏字にします。
この学校とわからない内容で、記録として残します。


聞いてきました、ある学校の入試問題の出題方針です。


聞き違いもあるかもしれません。



●国語

ことわざが何個かあって、
そのことわざを1す選び、そのことわざで言い表すことができるあなた自身の体験を自由に記述しなさい。

という問題がありました。


*** 


漢字は10問、言葉の決まり、ことわざ、慣用句、熟語が2割

トメ、ハネ、ハライはしっかり見るそうです。
最後の丸などを忘れないように。



●算数

「速さ」「規則性」(ダイヤグラム、旅人算)
平面図形では比、立体図形では立体を切断して体積など、、


●社会



地理)日本の地理、農産物の生産量の多い都道府県(生産高上位4県まで覚えておくとよい)
歴史)歴史的な事項の並べ替え、江戸、室町時代 
人物は教科書に載っている人が漢字で書けるように。
公民)日本国憲法の条文からの出題、選挙、基本的人権

漢字指定(人物、出来事、県名)の問題がありますが、トメハネハライは細かく見ないそうです。



●理科

記述は若干あるそうです。「~だから」と1行くらいで終わるもの。
計算が多い、

複数日程があるのですが、日程によって内容がすこし変わるようです。

物理)物体の運動(往復運動)
てこのはたらき
電気回路、電流

化学)水溶液・気体(化学変化に関わる)、
音の三要素
状態変化 (固体→液体→気体)

生物)内蔵のはたらき(ヒト)
動物の仲間分けと生活

地学)天体(太陽を含む恒星の動き(現象))、
天気 (気象現象)
大地の成り立ち



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

学校説明会・麻布中学校

<2017年10月 12才5ヶ月>


麻布中学校学校説明会へ行ってきました。
ネット予約すると講堂で直接説明を受けられ、予約なしだと中継で別教室になります。
すぐに予約が一杯になりましたが、
こういった予約制は前日に覗いてみると、キャンセルが出ていて予約できることが多いです。


この学校は5月の塾の個人面談のときに、
塾長さんが「紺太郎くんには麻布がいいと思います」と勧めてくれました。
そのときは成績が上がる前だったので、
「え~!」と驚きましたし、
塾ママ友さんが「ずいぶん(偏差値が)上の所を勧められた」と言っていたので、
その時はあまり真剣に考えなかったのですが、
気になってきたので説明会に参加しました。


校長先生、教科の先生、複数の先生がお話してくださりました。
ときおり笑いがおこる楽しいお話でした。


以下、
思い出した順に、メモ書きです。
とりとめがなくてすみません。

とてもいい学校でした。
校則も制服もない自由な学校です。
映像で見ると、文化祭では赤髪、金髪だけでなく、
緑など色とりどりに染めている子がズラ~っと。

でも校長によると、文化祭が終わると黒に染め直すのではなく、坊主にする子が多くて
「ここは仏教の学校か?」と勘違いするほどなんですよ~(笑いおこる)、とおっしゃっていました。


校則違反で退学?
いえ、そういうことはありません、
だって、校則がありませんから。


校則はないけど、

賭け麻雀、
授業中の出前、
鉄ゲタ、、、
は禁止だそうです。


日本一自由な学校、
外面的な自由→内面・精神の自由へ
自由なのだけど、
人類が獲得してきた知識を受け継ぐために、
先生の愛にかこまれてのびのび勉強できる、、
という印象です。


図書館には6万冊の蔵書、
剣道と柔道で選択、
徹底的に自分の頭で考える、
多様性を認め合う、
書くことによって表現する教育、(中3、高1で論文)。

高1、高2の土曜日の3,4時間目に教養選択があり、
中国語、ドイツ語、アラビア語、、
アメリカ映画を見よう、ジャグリング、
憲法、哲学、海洋学、etc


部活はめずらしいのが、
バックギャモン、



TRPG(ゲーム)、お料理研究、
オセロの顧問は世界チャンピオン。

文化祭で生物部の展示を見て、あこがれて来る子が多い。


中学の騎馬戦は頭に水風船をつけ、ピコピコハンマーで叩いて割るそうですが、
高校では倒れるまで戦うそうです。
(ちなみに、余談ですが浅野中学は危険だから騎馬戦は禁止になったようです。)


中1で創始者の江原素六のお墓参りに沼津へ、
中3では広島など、高2ではシンガポールなど、コースが分かれていて選べるようです。


私もちょっと前に知ったのですが、
昭和29年に遠足中に相模湖で遊覧船が沈没し死者がでる事故がありました。そのことにも触れていました。。


目的を持って麻布に来たれ!
(何でもいい。)


「お願いがあります、
中学生の間は絶対に塾に行かせないでください、、」
ともおっしゃっていました。
特に中1、中2、
麻布の勉強を無駄にしない、自分の合った麻布での高いパフォーマンスにつながる勉強スタイルを見つけることが最優先。


生徒は300名、クラスは7クラス、
担任、副担任がつき、1学年14名の先生がつきます(学年会)。

いじめ、窃盗、暴力などあった場合、
この14名の先生がとことん指導します。
深く反省し、2度と行わないように、、。

この「とことん」のところが赤字になっていました。


補習は複数の教科で継続的に点数の悪い子に、
自分で学習計画をたてさせ、その通りに週2で学校で勉強させます。



色んなところから通ってきますが、
「遠いから学校が嫌になる子はいません」とのことでした。
話していた先生が「僕も高尾から100分かけて通っていましたが、嫌になったことはありません」と。

高3になると理系4クラス、文系3クラス、
理系55% 文系45%くらいの割合だそうです。



あと、地方の方が通う場合少なくとも中学生の間は保護者と一緒に生活することを勧めていました。
親戚宅から通って、親戚の方と折り合いが悪く精神的にくずれてしまうケースがあった、、とのこと。


また珍しいのですが、学校案内のパンフレットにも資料にも進学先が書かれていませんでした。
普通はパンフレットに東大、国立、早慶何名、、と書かれているのですが、、。
パンフレットに書かれていない学校でも付属の資料には書かれています。まったく皆無なのは初めてでした。



試験は2月1日8時半集合、終了2時30分、
記述が主です。
国算が60点、社理が40点、合計200点です。
発表は2月3日3時。


お父さんの参加率が高かったです!
来ている子はメガネ率高し、、頭よさそうな子が多い。。


お話の後は各自で学校見学です。
家庭科室にルンバがありました。
古い校舎ですが、伝統があって、落ち着いていてよかったです。


入り口は建物の間に校門があるのですが、
中は広くなっています。


1710210010.jpg

↑傘のある所が門です↓。

1710210007.jpg



2月1日の試験日は魅力的な学校が集まっています(1回勝負)。




にほんブログ村

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

武蔵の校長先生のお話会

<2017年8月27日 12才4ヶ月>



27日(日曜日)の午前中は啓進塾(日吉校)が主催する
武蔵高等学校中学校 梶取校長先生のお話会
「親子で考える AI時代の子供たちの育ち・育て方―子供をめぐる社会の変化、大人の関わり方―」に参加してきました(2時間)。



子どもが塾生じゃなくても参加できます。
啓進塾は神奈川に拠点を置いた進学塾です。




印象に残ったのは、

「教育は文化的活動である。
教育は文化を介した教師と子どものコミュニケーションであり、文化が抜け落ちると人間の人間に対する操作になる。
教師が生徒を教育するのではない、
「文化との出会いと対話」が人を育てる(京都大学 石井英真)」

「子どもは大人の所有物ではない。
子ども目線の教育
学校をオートメーション工場にしない、ことが大切」



「小学生までは親がレールを敷いても、中高生になったら、子どもに前を歩かせて親は後ろからついていくべき」



効率主義だと創造性は育たない、、。


子どもたちは色々な種を持っている、伸びる方向はそれぞれ、
算数が得意だから理系に進んだほうが、、ということでもないし、
成績が勝った、負けた、誰かと比べるのもおかしい。
種が違えば実も違う。


「勉強ができる」(試験の点数がいい)ということは重要ではない。
偏差値も関係ない(あまり低すぎても困るが)。


自分で考えることが大事、
「(すぐに)答えはなに?」と出すことが重要じゃない。
答えに至る過程が大切、すべてが学び。


校庭でヤギを飼っているのですが、数学の先生の発案だそうです。
動物が生まれ、出産して死ぬ、生まれた子も全部が育つわけでない、、
という「命の大切さ」を教えるのが狙いだそうです。


とのことでした。



いい学校だな、、と思う一方、
大学受験に向けて、もっと効率的に子どもを伸ばしてくれるような学校にも魅力を感じる自分がいます。
「いい点数」を取るために、いい方式があるのなら手っ取り早く身につけて欲しい気持ちも。
中学受験だって、
「合格するため」のノウハウを知っているからこそ、進学塾に行かせているわけで。。
大学受験だって、そういうのに乗っていける学校もいいと思います。
武蔵では「学校は予備校ではない」と言い切っていますけどね。

前日に参加した海城中学の学校説明会では、
テストに書くのは「答え」のみ。
解ききることが大事、、とおっしゃっていて、
それも納得できることでした。
浅野や城北も「大学進学」が目的です、、と言い切っていて、
受験に関しては安心して任せられる感があります。
浅野は「大学入試改革があって、みなさんどうなるか不安でしょうが、我々が情報を取りもれて生徒がうまくいかなかった、、なんてことは絶対にありえませんから!」というようなことを言っていて、
「頼もしいな~」と思いました。


私はせっかちなので、
じっくり待って、
子どもが自分で考えて自分で伸びるのを待つことができるか??あまり自信がありません^^;
過程よりも答えが早く知りたいかも。。
「早く」「早く」と子どもをせかすことも多いです・・。


子どもにはどっちが合っているんだろう…。




そもそも、
私が自分の頭で自分で考えられる能力がないかも…^^;


余談ですが、
池上彰さんの番組で、出演者が「池上さんはどう思うんですか?
僕は池上さんの考える意見がいいと思う」ということを言ったら、
「それが1番ダメなんです。
色んな意見を聞いて自分の頭で考えることが大事なんです。」
と言っていました。
そのことを思い出しました。
ちなみに池上さんの二人のご子息は武蔵だそうです。



入学してすぐに、山上学校というのがあって、
山を歩くのですが、
ルートの話し合いを子ども同士でやらせて、
先生は後から黙ってついていくだけだそうです。
30分で行ける道を2時間かかろうが、失敗させてみるそうです。


私は後から黙って付いていくことはできないかも…。
「こっちでしょ!」と絶対言いそう…。


子どもの失敗を見守る母になりたいけれど(理想)、
つい口出しそう…。




会へ行くと「どうぞ前から座ってください」と係りの方がおっしゃるので1番前に座りました。
今考えると、塾生の親じゃないのに図々しかったかな…^^;
でも空いているのが前だったので。


なので、校長先生から「藤井四段の活躍についてどう思いますか?」と話しかけられたり、
質問コーナーでは「スマホを持たせるのはいつからがいいと思いますか?」などと質問させていただきました。



ちなみにスマホは「各家庭で話し合って」ということでした。
前に「スマホは中3くらいまで持たない方がいい」と校長先生がおっしゃっているのを聞いたことがあるのですが、
部活動の連絡などラインが当たり前の時代なのかな?と思って迷っています。
ガラケイでもラインができるのもありますけどね。


あと、辞書も電子辞書やスマホじゃなくて、
紙には「無駄なことも書いてある」ことがいいそうです。



学校説明会だと、
校長先生はおひげを生やして、カリスマ性があってすごく近寄りがたい雰囲気なのですが、
こんなに気軽に対話できる貴重な機会をもててよかったです。



啓進塾さん、ありがとうございました。




(9月9日追記)

塾の主催する「私学のナカミを知る会」で学校説明会にも参加しました。
校長先生と古文の先生がいらっしゃっていました。
コマトーの時も校長先生がいらっしゃっていましたが、
校長先生自らこういう会に参加するのはめずらしい…。


内容は、学問を深く掘り下げ、本物にふれさせる、
「勉強が好きな子」には素晴らしい学校だと思いました。

ずっと気になっていたことを勇気をだして会の後に個別に質問させていただきました。
校長先生に質問するのは恐れ多いので、古文の先生の方がよかったのですが、
「私が質問に答えます」と校長先生がおっしゃるので恐る恐る聞いてみました。

(面接がないので)中には発達障害系のお子さんがいらっしゃると思うのですが、
そういうお子さんが問題を起こして退学になることはあるのですか?

という内容を言葉を選んで質問しました。

すると、
発達障害があろうと、なかろうと、
問題を起こす子は沢山います、、とのこと。
ケンカもしょっちゅうだそうです。

アスペだとかADHDとか診断名は我々はまったく気にせず、そういう目では見ない。
(ただ、発達障害によっていじめがあり、
本人の自己肯定感が下がることは気になる)、
中3くらいになるとだいたいみんな落ち着いてくる、
中学は義務教育なのでめったに退学ということはない、
(学問がついていけない、、のは別、、みたいなことをおっしゃったかも?)

退学になる基準をお聞きしたら、
「●●(学校名)にめいわくをかけないこと」

とのことでした。


お聞きしたかったことですが、
やはり校長先生がお相手なので緊張しました。
緊張で、お話が半分耳から通り抜けたかも。。


(追記)学校主催の学校説明会の様子はこちら



にほんブログ村

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード