中学受験で買った本(子ども)、コナンシリーズ

<2017年4月18日 11才11ヶ月>


最近中学受験のために買った本の記録です。
中古です。

まず「コナン 学習マンガ」関係。
この間のテストで「気圧」が全滅で、「いい本ないかな~?」と探していた時に、
まったく関係ないこれらの本を「よさそう」と購入しました。



1704180005.jpg






「人類の謎」は先週国立科学館へ行って「人類の進化」のコーナーを見たので(こちら)、
「鉄は熱いうちに、」方式で購入しました。
読んでいて「ほら、この図、科学館にあったね」と言われても、
母はまったく覚えていましぇ~ん。


1704180004.jpg

「太陽と月の秘密」は今度の模試で「太陽」が範囲らしいので。




時事関係。
先日塾のテストでトランプのことやTPPについて出た?らしいです。
まだ半分しか読んでいませんが、面白いようです。






社会






理科





国語





あとよかったのが「論述でおぼえる最強の社会」です。
理科も買いましたが、まだ見てません。







1問1答なので、スキマ時間に出してあげてます。
「飛鳥時代、憲法17条を定めたのはなぜですか?」の問いに、
「役人の心構えを示すため」と答えが一字一句同じのが返ってきました。
「塾でやった」と言っていました。
クイズみたいでいいです。


1704180001.jpg


1704180002.jpg



「時間が足りない!」と思いつつ、「これ、いいかも?」と思うとすぐポチっとしてしまいます^^;
あまり手を広げすぎないほうがいいとわかっているのですが…。



あと親用に「中学受験大百科」です。
あと少ししたら2017年度版が出ますが…。






塾のカリテ(毎週の復習テスト)の成績は、
2月に入塾してすぐにドーンと成績が良く、後は徐々に下がっていくばかりだったのですが、
先週(4/16)やっとちょっとだけ上向きになっていました。
よかった、、、落ちていくだけで心配していました。
(算数が悪かったときに)算数の先生が息子に「算数は夏までにみんなに追いつけばいいから」と声かけしてくださったようです。
早く追いつくといいな・・・。


クラスが上がったときに、「またすぐ落ちるかも…」と心配しましたが、
クラスの平均は毎回取っているので、今のところは落ちる心配はないようです。
安定するといいです。


先週「歴史の進み具合が早い!」と驚いていた息子です。
今回の社会のテストは全体の平均(68・2点)より上でしたが、
クラス平均(80・9点)にはわずかに届きませんでした。
(なので応用(←クラス内)の評価は10のうち5。)
「邪馬台国」を「馬大国」、「漢委奴国王」を「漢委国王」と書いているし^^;
暗記物で「みんなは何回目かの復習 vs 初めて」
では仕方ありません。
でも、がんばれ~!
地図好きなので、地理は得意なんですけどね…。


(追記:後日わかったのですが、社会はテスト勉強をして問題を解いたのに、丸付けをするのを忘れたそうです。
もし丸付けをしていたら、9割は取れていたかも。同じ問題を間違えているので。もったいなかったです。)




にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

中学受験のメリット~須野田誠

<2017年4月 11才11ヶ月>


ちょっと前に紹介しました図書館で借りた本
「カリスマ塾長直伝 中学受験に大成功する「家庭の戦略」 須野田誠」を読み終わりました(こちら)。
須野田誠さんは早稲田アカデミー(塾)の創設者です。
その中で「そうかもね」と思ったところがあったので、
メモ書きです。






6年1貫校が大学受験に有利だと述べましたが、別の側面から中学受験のメリットをあげてみましょう。

第1に、いろいろな物事を吸収しやすい小学校の時期に、マンガやゲームから隔離して、しっかりした学習習慣を身につけられること。

第2に、子どもは目標に向かって勉強し、「努力は必ず報われ、怠れば失敗する」という人生の法則を、かなり早い時期から感じ取ることができること。

第3に、ややもすれば倦怠期に陥りがちの夫婦が、何年かぶりに心を1つにして、わが子の奮戦を支え、喜びを分かち合えること。冗談ではなく、実はこれこそが一番のメリットかもしれません。

物事を大局的にみることは必要ですが、中学受験か高校受験どちらが将来的に有利かなど、あまり深く考えることはしないで、適切な塾選びと、高い目標をかかげて、家族が一丸となって進めば、必ず成果は出る、それが受験というものです。




第1の理由は私も同じことを思いました。
前は受験は「勉強漬け」というイメージがあっていいイメージがありませんでしたが、
12才で脳の潜在意識の蓋が閉まるといわれる脳が激変するこの時期に、
沢山勉強して脳を使い脳を刺激するのはいいことなんじゃないかと、息子を見ていて思いはじめました。
受験する前は、
「男の子は沢山遊ばせて、親が何も言わなくても中2くらいに自分からやる気になって勉強しはじめるのがいい」と思っていましたけどね…。
(どうでもいいのですが、前に「潜在意識の蓋」について書いた日記はこちら。)


第3の理由は「なるほどね、」と思いました。
確かに、、
夫と話したり、「(塾のテストの)成績出たよ~」とラインする回数が増えました。
まあ、受験校とか意見が合わないことが多くて困りますし、
悩みを話しても、返事にムッとくることも多いんですけどね…^^;



********


塾の社会で歴史に入ったようです。
息子は楽しみにして塾へ行ったのですが、
帰ってきて「今日(2コマ70分x2)、縄文時代から藤原京まで一気に進んだ!」と驚いていました。
「学校だったら4月から6月までかかる所だよ~」と。
息子は今年の2月(新6年生)から塾通いをしましたが、
4年生から通っている他の子には「何回目かの復習」なんですよね…。
息子は歴史の本が好きで沢山読んできているので、
まったく初めてではないのですが、
この2年の差は大きいな…。
算数もですが。。

教室には不動の1位の子がいるのですが、
息子が(出来なかった回で)半分しか取れなかった算数のテストも満点を取っていたりします。
まあ、コツコツやるしかないですね。。
今週は学校も1週目なので時短で帰ってきますが、
それでも時間が足りないです~。
来週以降、普通授業になったらどうなることやら…。
12歳のこの時期に勉強することは「脳にいいかも?」と思いましたが、
いつも時間に追われているのは、よくないかもしれません…。


(4月16日追記:これを書く数日前に、塾で教室に残っていた息子に算数の先生が、
「算数は夏までにみんなに追いつけばいいからね」
と声かけしてくれたそうです。そういう声かけが嬉しいです。)




にほんブログ村

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

天体大達人、中学受験用に買った本(子ども用)

<2017年3月25日 11才10ヶ月>



中学受験を決めて子どもに買った本の紹介です(前回はこちら)。
全部中古です^^;



2月に塾に入ったとき、1回目のテストで理科の平均点が取れずに「苦手、、」と色々と理科の本をそろえました。
でも最近は、理科は上がってきて、
最初できていた国語がどんどん下がっているのですが…。
この間(3/20)の「記述式テスト」では理科が9割で一番出来ていました。



今年は日食が1回、月食が2回あり、
(日本で見られるのは1回?)、
2018年の1月31日も皆既月食があるそうで、
「でるかも?」ということで
「両さんの天体大達人」です。
声を出して笑って読んでいました。






「難関中学の入試問題で科学のニュースが面白いほどわかる」は面白そうです。
「夕焼け小焼けは何月何日頃の歌?(開成中)」など解説があります。
(まだ読んでません。)




1703250007.jpg



他にも色々。


1703250006.jpg


1703250005.jpg






こちら「Z会中学受験シリーズ 暗記はこれだけ! 」は受験するつもりじゃなかった去年の9月に地図と歴史が好きなので「入試に出る地図 歴史編」を買っていたのですが、
理科も2つそろえました。






他に時事問題用に「名探偵コナン KODOMO時事ワード2016」を。
もっとちゃんとした塾が出しているのを買ったほうがいいのかな…?





先日、「授業で、過不足算がわからない~」というので、
「まんがで算数 つるかめ算」を。
(本屋で立ち読みして「過不足算」が載っているのを確認してから、、。)






算数と言えば、宿題がわからなくて塾で教える算数〈数・数量関係〉を買ったのですが(経緯はこちら)、「他の「図形」と「文章題」の2冊も欲しい~」というので手にいれました。





しかし、解説と問題集があるのですが、
間違えて「文章題」は問題集を買ってしまいました。
解説も半分載っているのでいいのですが…。





あと国語はどこかの学校で去年入試に使われた本で「15歳の寺小屋 ゴリラは語る」です。
これくらいの難度の本が使われているとわかって欲しくて。
渡すと夢中になって読んでいました。面白いみたいです。
ちなみに、今年の入試で国語で使われた本の紹介はこちらです。






****


昨日、勉強しているとき「ペースが遅いな、、」と思っていたら、
勉強の計画表を作っていました。
春期講習が終わってからの計画表だから今作らなくてもいいのに、、
と思ったのですが、、まあいいでしょう。
(でも、テスト前にやることが終わらなかった。。)


1703250002.jpg


↑は今のクラス用ですが、
2月に塾に入ったときは一つ下のクラスで、
こんな計画表を作っていました↓。(色で科目を分けていました。)
「なんだ、作ったとたんクラス変わっちゃったよ~」なんて言っていました。
まあ、また下がる可能性もあるので^^;、取っておきます。


1703250001.jpg



計画通りがんばって~。




前回本について書いた時の日付を見たら1ヶ月前でした。
1ヶ月が早い~!怖いくらいです…。
これがあと9~10回で本番、、。ひ~、おそろしや~。
ちなみに、「夕焼け小焼け」は10月30日ころの歌だそうです。




にほんブログ村

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

テキストの整理

<2017年3月18~23日 11才10ヶ月>



先月2月に通いはじめた時に(新6年生)、テキストの多さに驚いたのですが、
100円ショップでケースを買って来て勉強机の横の棚に置きました。


日曜日用のテキストをまとめて2つに入れて、
あとのテキストはドチャ~っと適当に入れておきました(←私が)。



先日、
「灘→東大理III」3兄弟の母が教える中学受験勉強法  佐藤 亮子 (著) 」を買ったときに(まだ読んでません)、
巻頭にあった写真
「探す時間をゼロにしてイライラ解消だって、こういう風にしていたんだって~」
と息子に見せておきました。


1703230001.jpg







すると、ちょっとしたら、自分で科目ごとに整理していました。
「あともう1つ100円ショップでケース買って来て~」というので買ってきました。


1703190002.jpg
(↑壁に20 x 20の掛け算表を貼ってみました。)



本を見せておきながら、
入れるときに分けるのはメンドクサイのでは?とも思うのですが、
探す手間を考えたら時短になるのかな?


続くかな?



ちなみに、↑机の上に置いてある「早引き ことわざ& 四字熟語辞典」はおじいちゃん(義父)からのプレゼントです(去年かおととしの誕生日かクリスマス)。







***



受験本つながりで、図書館で借りた本を2つ紹介します。
「カリスマ塾長直伝 中学受験に大成功する「家庭の戦略」 (講談社+α新書)  須野田 誠 (著) 」
「麻布アメフト部員が育つまで ~と、母が見た麻布~ (YELL books)  武部純子 (著) 」です。





まだ読んでいません…。。
最近活字を読むのが苦痛です、。
借りておきながらナンですが…。
「こういうのあるよ~」と夫に丸投げ。。



「カリスマ塾長直伝 ~」 の著者・須野田誠さんは早稲田アカデミーの創立者です。
最初だけチラっと読みましたが、面白そうです。
「こんな子どもが合格を勝ち取る」という章では、
「1番のポイントは、子どもらしく明るく素直に育っているかどうか、大人に対する信頼感に溢れているかどうか」
と書かれていました。
へぇ~、そうなんだ…。
でも今更知ったところで、子どものキャラは変えられませんが…^^;
うちは、、明るく素直なときもあるし、
反抗的で頑固なときもあるし、、。
まあ、どの子どもも多面的だと思いますが・・・。



気が向いたら続きを読んでみたいと思います。




にほんブログ村

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

中学入試の国語に出題された作品

<2017年3月9日 11才10ヶ月>


先日日能研の入試報告会へ行った時に(こちら)、
ロビーにおいてあった冊子「過去3年間(2015~2017) 中学入試に出題された作品と作者」をいただきました。


中味を見て驚きました。
今まで息子が読んできた図書館の本と比べてぐっと大人向けの本が多かったのです。


鉄道関係は大人向けのを読んでいましたが…。

備忘録メモです。


作品別

1位、25校





2位、17校




3位、12校







4位、11校






以下、順位省略








私も息子も1つも読んだことがありませんでした。




作者別だと、

重松清、森絵都、椰月美智子、稲垣栄洋、外山滋比古、榎本博明、日高敏隆、
田中修、あさのあつこ、養老猛司、辻村深月、鷲田清一、まはら三桃、長田弘、原田マハ、山極寿一、宮下奈都、茂木健一郎

の順でした。




今は本を読む時間がないのですが、
長い休みなどで時間がとれたら、少しずつこういう作者のも読んでもらおうかな…。




にほんブログ村

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード