青森旅行その8、五能線運休の中、帰途へ

<2014年11月3日 9才6ヶ月>


11月3日(月曜日)青森旅行記十二湖散策を終え、十二湖駅へ戻ってからの続きです(こちら)。



紺太郎は「(十二湖駅名物の)青池ソフトが食べたい~」と言います。


「この寒いのに、よく食べられるね~」と言いながら買うと、
売店のお姉さんが「私もさっき食べました~」と。
一緒に待っていたお兄さん二人連れも食べていました。


青い部分はヨーグルト味です。
紺太郎はバニラとのミックスを選んでいました。
(寒いけど)美味しいです~。

s_1411030594.jpg



この十二湖駅は無人駅なのですが、
売店の方がJRの代行業みたいなことをされています。


14時8分発の普通電車で私たちは東能代駅まで行く予定でした。

gonousenmap.jpg
(画像はJRより)



でも、、「五能線運休で代行バスが来ます」とのことです。


バスがちょっと遅れて来て乗ったら、
私たち家族と、十二湖駅で一緒だったお兄さん二人だけでした。



1つ1つの駅に寄って、駅で待っている人がいないか確認します。
でも十二湖で乗った私たちとお兄さん方以外は終点まで乗客はいませんでした。


s_1411030595.jpg


s_1411030596.jpg




朝の2時間遅れの普通電車も私たち以外に1人しか乗っていませんでしたが、
地元の方々とか電車に乗らないのか??かなり不思議でした。
それだけ自動車社会なのかな。
高校など学校とかどうしているのだろう。
家族が送るのかな~?などと考えてしまいました。
通勤や通学に電車を使わないのかな?
まあ、そもそも1日に何本も電車はありません。
時刻表を見ると、平日など、特急を抜かせば5本くらい。
それも朝の7時台に1本もありません。夕方の16時~19時台も普通電車はなし。
車を運転できない私は、、暮らせないかも…。



十二湖駅から東能代駅まで電車だと1時間15分かかるところを、
約1時間40分で到着です。


s_1411030601.jpg


この旅行からしばらくは、ニュースで、
「東北、日本海側は大荒れの天気です」とあると、
「五能線、今日も止まっているよね~」
「うん、絶対だね」
なんて会話が紺太郎と頻繁に続きました。


代行バスを運転するのも大変だろうな…。




紺太郎は東能代駅のホームの待合室を見るのを楽しみにしていました。
「リゾートしらかみ」くまげら編成を模しています。


s_1411030602.jpg



私たちは15時38分の「特急つがる」(青森駅~秋田駅を奥羽本線経由で運行している特急列車)に乗って、
秋田駅へ行く予定だったのですが、
「バスで遅れて乗れない」と諦めていました。
しかし、運よく??「特急つがる」も15分以上遅れていて、、乗ることができました(15時55分)。


s_1411030605.jpg



バスでは乗車券を確認されませんでした。
が、、ここで紺太郎の乗車券「3連休パス」がないのに気がつきました。


駅員さんに言って、とりあえず乗せてもらったのですが、
電車の中でいくら探してもありません。


十二湖駅で、私のコートのポケットに紺太郎の乗車券が入っていました。
紺太郎のチケットはパパがいつも持っていたので、
勝手に私のポケットに紺太郎が入れたものでした。

「勝手に入れると、わからなくなるでしょっ!」
と言いつつ、夫に渡したのですが、そこから無くなってしまったようです。


秋田駅に着いて、十二湖駅に電話すると、、
先ほどの売店の方が出て「(券が落ちていて)ある」とのこと。
秋田駅のみどりの窓口の方と十二湖駅の売店の方とで電話で話していただいたのですが、
とりあえず、乗車券を買いなおして、後日払い戻し、、ということになりました。
(十二湖駅から深浦駅まで切符を送ってもらいました。
払い戻しの窓口から深浦駅に連絡してもらい、切符を確認して払い戻しになりました。。)


子どもの3連休パスは4110円ですが、
片道の乗車券だけでそれを超える金額だったので、パスはお得なのがよくわかります。
(3連休パスは使う前日までしか買えません。)


新幹線「こまち」に乗ります。
このまま乗って東京に帰りたかったのですが、
夫は盛岡への出張のついでの旅行になっています。
切符の関係で盛岡で降りなければいけないとのことです。


もうすでに帰る時間は遅れていて、このまま帰っても家に着くのは9時過ぎです。
次の日が学校なので、10分でも20分でも早く家に着きたい。
帰る家も夫と私たちでは違うし。。


でも夫が「一緒に帰りたい」と言います。
「え~」と思いましたが、
言い張るし、
仕方ないので、、私たちも盛岡で降ります。


新幹線に乗っているだけだから、、別々でもいいと(私は)思うのですが、
それに盛岡から次の新幹線に乗ったら、
混んでいて3人とも別々の席だったし…。
まあ、、家族の長が「いっしょに、、」と言うので、、仕方ないです。
(紺太郎といっしょに、、という意味です。私はどうでもいいみたい・笑。)



盛岡で「こまち」と「はやぶさ」の連結が見られました。


s_1411030609.jpg



駅弁を買って、新幹線の中で食べて夕食にしました。
そして無事に家に着きました。




今回の旅行はとってもよかったです。
奥入瀬渓流の散策、
「りんごの風」号でりんご狩り、
「走れメロス」号に乗って美味しいカレー、
十二湖での散策、、
楽しい思い出が一杯です。
パパ、ありがとう~。

紺太郎が楽しかったのは、
1位「リゾートしらかみに乗ったこと」
2位「りんごの風号」
3位「十二湖散策」
だそうです。



あと今回の旅で知ったのですが、「えきねっと」ってとっても便利でお得です。
会員登録しすれば、ネットで特急券などの予約ができます。


受け取りは駅の券販売機にクレジットカードを入れて発券するだけ。
行きの新幹線は、母子で800円も窓口で買うよりお得でした。


予約しても発券されなければ、予約は自動的に取り消しになります。
窓口や販売機で買うより時間の節約になりますし、
金額も安くすんでお得です!
これからは利用したいと思います。


これで青森旅行記は終わりです。
長くなりましたが、お付き合いくださった方、
ありがとうございました~。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

青森旅行その7、十二湖散策

<2014年11月3日 9才6ヶ月>


11月3日(月曜日)青森旅行記、温泉旅館のあるウェスパ椿山駅から五能線に乗って十二湖駅に着き
バスで終点の十二湖のビジターセンターに着いてからの続きです(こちら)。



十二湖を散策します。
前日は半袖でも大丈夫な陽気でしたが、この日はうって変わって寒かったです。手袋も必要でした。


s_1411030461.jpg



十二湖は、
青森県側の白神山地西部に位置するブナ林に囲まれた33の湖沼群です。
江戸時代に発生した大地震による山崩れによってできたといわれています。
その際、大小33の湖沼ができましたが、崩山から眺めると12の湖沼が見えたことから十二湖と呼ばれるようになりました(白神なびより)。


朝から雨と風がひどかったのですが、
なんとか雨がやんでいます。


s_1411030465.jpg



十二湖で一番有名なのが、
青いインクを流したような色といわれる青池です。



s_1411030487.jpg


とってもキレイで、興奮して沢山記念写真を撮ってしまいました。

s_1411030491.jpg




紺太郎に私たち夫婦を撮ってもらったらわざとヘンに撮ったりして、笑ってしまいました。

s_1411030504.jpg




途中日もさしてきたのですが、日の光によって透明度が違います。


s_1411030510.jpg



もっと条件がよければ、ここまで青いそうです。

about06_main560.jpg
(画像は白神なびより)



ぶなの中を歩きます。


s_1411030515.jpg


s_1411030524.jpg



何個か池(か沼?)を通り過ぎます。



s_1411030529.jpg




森の中は気持ちいいです。


s_1411030542.jpg




夫は黒いジャンバーを着ていたのですが、
「オレ、こんな格好で写真に写るのはいやだな~」と言うので、
「いいよ、フォトブックにはパパは載せないから~」と私が言うと、
「それは、それで寂しい…」と言ったことが、、私のツボ。



s_1411030554.jpg




彼の口から「寂しい」という言葉を聞いたのは初めてかも…。
そんな言葉が彼から出るとは思わなかった。。
めずらしい。

どうでもいい話ですが、
男性がバーなどで女性を落とすコツは、、
「ボク、、さみしいんだ・・・」と言う、、というのを、どこかで聞いたことがあります。





また池(か沼?)を通り過ぎます。


s_1411030558.jpg



食堂でお昼です。
私は「縄文うどん」、紺太郎は「月見そば」です(夫はカレー)。
縄文うどんにはどんぐりが入っているそうで、黒っぽいです。



s_1411030566.jpg



お昼を食べている間、雨が降っていましたが、
食べ終わると、やんでいました。
ラッキーです。


また山道を歩きます。


s_1411030567.jpg




日本キャニオンです。


s_1411030574.jpg


s_1411030578.jpg





そして道にでてバスを待ちました。
約3時間の散策でした。

バスを待っているとまた雨が降ってきました。
バス停の横のトイレの屋根下で待ったのですが、
一度も散策のときに降らなかったのはラッキーです。



朝に五能線の普通電車が2時間遅れで来て、ウェスパ椿山駅から乗ったときに、
「十二湖行く?どうする?」の話が夫からありました。
「このまま東能代まで乗って、そこで時間を過ごす」という案が出たのですが、
私が「次、いつ来られるかわからないから、、行きたい!」と主張しました。

ウェスパ椿山駅で会った方にも、
「この天候で十二湖に行くのですか?」と驚かれたのですが、
思い切って行ってよかったです。


傘をさして雨の中の散策だと、、少し大変だったかも。



あと、最初の計画は、ウェスパ椿山駅からバスで、
十二湖のビジターセンターへ行き、
そこで荷物をロッカーを預ける予定でした。


でも2時間遅れた五能線に乗れたおかげで、
電車に乗り十二湖駅に荷物を預けることができてよかったです。


ビジターセンターに荷物を預けていたら、
日本キャニオンの後にまたビジターセンターに戻らなければ行けなかったので、散策路も変わったと思います。


spotpattern2_map.gif
(画像は阪急交通社より)




散策は楽しかったです!
バスに乗って十二湖駅に戻ります。
続きます(こちら)。



お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

青森旅行その6、リゾートしらかみと温泉宿

<2014年11月2、3日 9才6ヶ月>


少し時間が空いてしまいましたが、
11月2日(日曜日)青森旅行記津軽鉄道線の「走れメロス号」に乗って芦野公園から五所川原駅に着いてからの続きです(こちら)。


急いでロッカーから荷物をとり、15時15分発の五能線・「リゾートしらかみ」に乗りました。



五能線は日本海沿いを走る電車です。
乗りたいローカル線人気投票1位にもなっている路線です。

gonousenmap.jpg
(画像はJRより)



南下します。
雨が降ってきました。


s_1411020398.jpg



日本海が見えます。

s_1411020405.jpg



「リゾートしらかみ」は、ボックス席があるのですが、


s_1411020411.jpg



フラットにもでき、足が伸ばせます。
くつろいで宴会をしているグループもいました。


s_1411020392.jpg



自分の席をはなれ、運転席のうしろの展望席にも座ります。
沢山写真を撮っていました。


s_1411020408.jpg



本来なら、夕日が見える時刻なのですが、
残念ながら天気が悪くて見えません。


s_1411020419.jpg



ちがう種類の「リゾートしらかみ」とすれ違います。
(3種類あるようです。)


s_1411020420.jpg




16時50分に「ウェスパ椿山駅」に着いて降り、この日のお宿みちのく温泉旅館へ泊ります。
宿の方が駅まで迎えに来てくれました。



大きな温泉旅館です。


s_1411020422.jpg




5時頃着きました。
いつも私たちの旅は、宿には夜7時過ぎに着くことが多いので、
こんなに早く着いて、ゆっくりできるのはマレです。
温泉にゆっくり入りました。




どうでもいい話なのですが、姿見の鏡の前で、
紺太郎が東方神起の「sky」を手をズボンに入れて「うぉ~うぉ、お~お♪」と踊っていたのが、、
ツボでした…。

(↓最初の部分です。)



私がJYJ(元東方神起)のファンになってから、youtubeでよく一緒に見ていたので。


さらにどうでもいい話なのですが、
今うちでは東方神起の「Crazy Love」がお気に入りでかかっています。
今更ながらのファンですが、歌も踊りもいいです~。







話は元に戻しましまして、
係りの方がお布団を敷きに来て下さいました。
こういうふうに敷いて下さるのも、久しぶり~。
(ビジネスホテルが多いので。)



夕飯です。
子ども用です。

s_1411020428.jpg



大人用です。


s_1411020430.jpg



あわびが有名なんだそうですが、夫が嫌いなためナシ。
私は好きなんだけどなぁ。


食事は大きな旅館なので仕方ないのですが、
鍋以外は冷めていたのがちょっと残念。。



11月3日(月曜日)の朝です。
旅行の最終日です。


朝食です。

s_1411030442.jpg




旅館の前には大きな水車があります。


s_1411030435.jpg


ここの旅館は露天風呂から五能線の電車が見えるのがウリになっています。
夜にも露天風呂から、すぐ近くを電車が通っているのを見ました。


s_1411030436.jpg



朝も朝食前に電車の時間に合わせてお風呂に入ったのですが、
強風のため、運休だったのか、、待てど暮らせど、、電車は来ず・・・。
残念。


あと、、露天風呂なのですが、
脇にサンダルが置いてあります。
階段をおりた下にも露天風呂があり、そちらの方がもっと間近に電車が見えます。


下の露天風呂からだと電車は多分2~5mくらいしか離れていないと思います。
運転手さんや乗客からも丸見えだろうな…。
(お湯は茶色なので、入っていると中は見えませんが。)



他の人と話して、一緒にバスタオルを巻いて(歩く途中で男性風呂から丸見え)
下の露天風呂まで降りたら、、
女性用風呂はお湯がはいっていませんでした。
がっかり。


後でフロントで聞いたら、女性用はメンテナンスしていないそうです。
「家族の方は男性風呂に一緒に入って家族風呂にしてしまいますが~」なんて言っていました。


まあどっちにしろ、電車は通らなかったので仕方ありませんが、
それなら一言書いて欲しかったわ~。



この日は十二湖を散策します。
10時13分?に「ウェスパ椿山駅」から十二湖(ビジターセンター)までバスに乗る予定でした。
9時に宿に方に駅まで送っていただきました。
駅横にこんなケーブルカーがあるので、1時間くらい山に上がって遊ぼうと思ったのです。

s_1411030448.jpg




でもこの日は風速25mを超えていて、運休。。
残念。
そういえば、朝露天風呂に入っていても、木はグラングラン揺れていましたし、
お湯の表面が波立っていました。


でも駅に大きなお土産屋さんや、
駅前にガラス館やカブトムシ館などがありますので時間をつぶすのには困りません。




が、、、「2時間遅れ(くらい)の五能線の普通電車が通ります~」と放送が入り、9時40分過ぎにそれに乗って十二湖駅まで行くことにしました。


s_1411030454.jpg



でも、、うちの家族と、もう1人くらいしか乗っていませんでした。
せっかく走らせてくれたのに、、もったいない気がしました。



日本海は荒れに荒れています。


s_1411030456.jpg


s_1411030457.jpg



十二湖駅に着きます。

s_1411030458.jpg



駅前で荷物を預かっていただき(1つ200円)、
バスに乗って、ビジターセンターまで行きました。


s_1411030460.jpg



続きます。



お付き合いくださってありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

青森旅行その5、津軽鉄道線「走れメロス号」で芦野公園

<2014年11月2日 9才6ヶ月>


11月2日(日曜日)青森旅行記五所川原の立佞武多の館を見学してからの続きです(こちら)。




五所川原駅に急ぎます。
JR五所川原駅のすぐ隣に、


s_1411020312.jpg



津軽鉄道線の「津軽五所川原駅」があります。


s_1411020313.jpg


でも、入ると、、中のホームは一緒になっています。
入り口が違うだけです。



12時18分発の津軽鉄道線に乗りました。
津軽鉄道線は津軽半島の中を走っているのですが、
日本最北の私鉄になります。
こちらの終点「津軽中里駅」は日本最北の私鉄駅になります。


乗って下りて、再び五所川原駅に戻るわけですが、
「どこまで行く?」の問いに、紺太郎は「芦野公園」と言います。
理由を聞くと、
(持っている路線別地図帳に)「「太宰治の文学碑がある」と書かれているから~」と言います。


s_1411290002.jpg



「太宰治なんて読んだことあったっけ???」
と思いましたが、
朝のEテレの番組0655(5分間の歌番組)で「今日の選択は?」という歌があります。
お笑い芸人の又吉さんが、
「パン」と「ご飯」どっちを食べようか?などと次々迷う場面がでてきます。
そこで「太宰治」と「カフカ」をどっちを読もうか?という場面があります。
そして、「今日の選択は、私をどどこへ連れて行く~♪」と続きます。


(どうでもいいですが、youtubeです。)



ただその中で「太宰治」とあっただけで、太宰治の文学碑が見たいそうです・苦笑。



まあ、、どこでもいいので受け容れます。


今回の旅のお供は↑「路線鉄道帳・東北、北海道」です。
とても重宝しました。


(行きの新幹線の中からずっと読んでいました。)
s_1411010010.jpg





十川駅はトンガリ帽子の駅舎です。

s_1411020317.jpg


s_1411020319.jpg



電車の中に本箱があります。
自由に読んでいいそうです。


s_1411020321.jpg


電車に女性のガイドさんがいて、
一人ひとりに話しかけていたのですが、
芦野公園の地図をくださったり、色々と情報を教えてくれました。



約35分乗って、芦野公園駅に着きました。
乗ったのは「走れメロス号」です。
ちなみに前の駅の金木駅には太宰治文学館「斜陽館」もあります。
太宰治は津軽の金木町で生まれたそうです。

s_1411020324.jpg




見送ります。
ここで折り返しの電車が来るまで、約1時間40分の時間があります。

s_1411020327.jpg




駅舎です。


s_1411020329.jpg



駅舎の隣に昔の駅舎を利用した喫茶 駅舎があります。



s_1411020331.jpg



ガイドさんが「ここは隠れた名店。遠くからここの(馬肉入りの)カレーを食べに来る人がいる。本当に美味しいんですよ~」とおっしゃっていたので、
お昼ご飯に入ることに。


店内は駅舎の跡がわかります。


s_1411020334.jpg



夫は馬肉カレー、、


s_1411020335.jpg



私は「うまい丼(馬肉丼)」、


s_1411020336.jpg



紺太郎は「オムライス」を頼みました。

s_1411020337.jpg




私は朝ごはんを沢山食べたので、
2人前頼んで3人で分けようと思ったのですが、
紺太郎がどうしても「オムライス食べたい!」と言い張るので注文しました。
あまりご飯を食べない子なのですが、いつもの夕飯の10倍近い量のご飯を全部1人で食べていました。
おなかすいていたのかな?
オムライス、、大好きです。



そして、、このカレーが絶品でした。
今、写真を見ても「また食べたい!」と思うほどです。
確か780円くらいだったと思うのですが、
トロ~リ美味しいのです。
私も馬肉丼じゃなくてカレーにすればよかった。
(馬肉丼も美味しかったですが、、。)


店員さんに作り方を聞いてみたら、
「たまねぎとりんご」をすりおろして入れているそうです。


私もカレーを作るときはりんごを小さく切って入れることが多いのですが、
このカレーは「(大量に)すって」あるからか口ざわりがよかったです。

旅行から帰ってから、ジューサーでりんごジュースやにんじんジュースを作った後のカスを少しずつ冷凍してためて、
カレーに入れてみたら(たまねぎはみじん切り)、美味しかったです。
またやってみたいです。

ちなみにここはコーヒーも美味しいそうです。




公園内を散策します。
日本最初の森林鉄道です。

s_1411020339.jpg



そして目的の太宰治文学碑です。
「選ばれてあることの
恍惚と不安と
二つわれにあり」
と書かれています。

s_1411020355.jpg




つり橋を渡ります。

s_1411020356.jpg




ここで夫は「(隣の)金木駅まで歩く」と私たちと別れました。

夫が「(隣駅まで30分くらい)歩く」と言ったときに、
私は「歩きたくない、疲れる~」と断りました。公園もゆっくり見たいし。
紺太郎も「ボクも行かない~」と言うと、
夫は紺太郎と一緒に歩くのを楽しみにしていたようで、
「お前が歩かない、、って言うから!」
と怒って私に八つ当たりをしていました^^;


浮き橋を渡ります。


s_1411020361.jpg




ゆっくり「なぞなぞ」を出し合いながら二人で公園内を散歩しました。

s_1411020367.jpg



s_1411020369.jpg


「エレベーターに乗ろうと1人の女の子がいました。
この子は上がるでしょうか?下がるでしょうか?」
の「なぞなぞ」は有名なので知っていると思ったのですが、
知らなくて、、うけました。(答え、あ・ガール)






動物園があるのですが、
やぎとかうさぎなど小動物しかいないのかと思っていたら、、


s_1411020373.jpg



ヒグマがあらわれてびっくりしました。


s_1411020377.jpg




4頭いたのですが、
コンクリートの壁に囲まれていて「退屈しないのかな??」とちょっと可哀相になりました。
熊達が私の目をじっと見つめるのが印象的でした。

s_1411020379.jpg




14時36分の電車に乗ろうと芦野公園駅に戻ると、
夫がいてびっくり・笑。
時間が足りなそうだったから、行かなかったそうです。
1人でブラブラしていたそうです。
また「走れメロス号」に乗って、五所川原駅に戻ります。


s_1411020381.jpg




嘉瀬駅にはSMAPの香取慎吾が番組の中で色付けした電車が置いてあります。


s_1411020384.jpg


s_1411020387.jpg




五所川原駅に戻ってきました。


続きます(こちら)。



お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

青森旅行その4、五所川原の立佞武多(たちねぷた)の館

<2014年11月2日 9才6ヶ月>


11月2日(日曜日)青森旅行記りんごの風号五所川原駅に着いてからの続きです(こちら)。



次の列車に乗るまでに約50分あったので、
ロッカーに大きな荷物を入れて、
駅から徒歩5分の立佞武多(たちねぷた)の館へ行きました。
(大人600円、子ども250円)


「ねぷた」は400年以上もの間、津軽地方を中心に受け継がれて来た火祭りです。
その一角をなす五所川原市のねぷたは、現在「たちねぷた」と呼ばれています。


s_1411020290.jpg




五所川原のたちねぷた23mの高さになります。
まずエレベーターで4階まで行き、
中心に展示された「ねぷた」のまわりを「らせん状」に歩いて下って壁の展示物を見学します。



s_1411020298.jpg



3台の巨大ねぷたが展示されていました。


s_1411020293.jpg



迫力がスゴイです。


s_1411020295.jpg




大きすぎて写真を撮るのが大変です。

s_1411020296.jpg



左下↓の人間の小ささがわかるでしょうか?


s_1411020297.jpg



青森県のねぷた祭りは地域によってそれぞれ特徴があるようです。
五所川原のねぷたは 「青森のねぶた」と「弘前ねぷた」と並ぶ青森三大ねぷたの一つだそうです。


s_1411020300.jpg




この巨大ねぷたが、五所川原の記録に登場するのは明治40年頃といわれています。
しかし2度の大火で設計図や写真が消失し、巨大ねぷたは姿を消しました

ところが、1993年に市内のある家庭で先祖の遺品の整理をしていたところ、
明治・大正期の立佞武多の設計図の一部が発見され、1996年80年ぶりに立ねぷたが復活します。
一度限り、、のはずでしたが、
1998年に五所川原市が立ねぷたの支援を決め、夏祭りで運行されるようになります。
以後、立佞武多(ねぷた)は1年に一基ずつ新作が制作され現在に続いています。(Wikiより)
文化が継承されることは素晴らしいし貴重なので、よかったです。



すごい迫力なので、
「いつか見に来たいな~」とボソっと言ったら、
夫も「オレも、、」と言ってたので、
いつか行けるといいです。


前はねぶた(Nebuta)だと思っていたのですが、ねぷた(Neputa)なんですね。



衣装です。


s_1411020304.jpg





12時から巨大スクリーンに映像が流れ、
12時10分からお囃子の実演がありました。


s_1411020311.jpg




でも私たちは12時18分の電車に乗る予定だったので、
急いで館を出て駅まで走りました。
あまり時間がなかったのが残念です。



続きます。




お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード