四国旅行その17、旅の終わり、高知から香川、徳島へ

<2014年5月6日 9才0ヶ月>



四国旅行記5月6日(火曜日)、午前中に高知市を少し観光して、12時すぎ高知駅に着いてからの続きです(こちら)。


5時半過ぎの飛行機に乗って帰るために、徳島空港へ向かいます。


高知から徳島まで、最短の距離ではなくて、
夫と紺太郎の希望で香川まわりで行きます。



jrshikoku路線ズ
(画像はSHIKOKU'S WEBより)


高知駅(土讃線)からこんな風景を通り過ぎながら、

s_1405060854.jpg


s_1405060856.jpg


s_1405060859.jpg



多度津駅に着きます。


s_1405060861.jpg


乗り換えます(予讃線)。


s_1405060862.jpg




(写真ではわかりにくいのですが)遠くに瀬戸大橋がチラっと見えました。

s_1405060875.jpg



関東では最近、電車の計器も液晶パネルのものが多くなってきたので、
こういう昔ながらのものはめずらしいです。


s_1405060877.jpg


高松駅が見えてきました。

s_1405060885.jpg




ここで、私が「あのホーム、トーマスに出てくる駅(ナップフォードステーション)みたいだね~」と言ったら、
紺太郎が、「ああいうのを、とうたん式頭端式)ホームって言うんだよ」と言ったので、
「へぇ~(、よく知っているね)」と関心しました。






高松で高徳線に乗り換えます。
ここで約40分の待ち時間がありました。


s_1405060887.jpg

s_1405060905.jpg




自動販売機に瀬戸大橋の絵が描かれています。

s_1405060890.jpg



駅の周りをプラプラすることにしました。
駅舎がかわいいです。


s_1405060894.jpg




駅から2分くらいのところにある「ことでん」の高松築港(ちっこう)駅です。


s_1405060898.jpg


s_1405060902.jpg




高松駅に着いたときに、
夫が「時間があるから俺とコンタは「ことでん」に乗って●●駅(忘れた)まで行って、(高松から乗った)私と合流しよう」と言っていたのですが、
万が一間に合わないと、飛行機に影響があるし、
「また変なこと言い出した…」と私は思いました。
でも、
駅員さんに「(ことでんに乗ったら)間に合わないと思います」と言われて諦めていたのでホッとしました^^;


旅行中も後免駅で乗り換えたり(こちら)、
たまに夫は急に予定と違うことを言い出すので、驚きます。
まだ慣れません…苦笑。



駅横に高いビルがありました。
ここに上っていたら瀬戸大橋が見えたかも、、。
私はこちらに行けばよかったかも。


s_1405060892.jpg



高松駅からうずしおに乗ります。

s_1405060906.jpg




紺太郎は「通った駅」に印をつけるのが楽しいようです。


s_1405060914.jpg






「オレンジタウン」駅です。
全部カタカナの駅って初めてかも…。


s_1405060921.jpg



のどかな風景を通り過ぎます。


s_1405060922.jpg


s_1405060927.jpg



池谷駅で鳴門線に乗り換えます。
「うずしお」で高松駅から徳島駅まで行くのかと思っていたのですが、
徳島駅から徳島空港までのバスが時間が合わないそうで、
タクシーで行くなら、徳島駅より鳴門駅までの方が近い、、とのことで鳴門駅まで行きます。


s_1405060936.jpg




ずいぶん線路に草が生えています。。


s_1405060943.jpg



終点、鳴門駅に着きました。


s_1405060954.jpg


s_1405060957.jpg


s_1405060959.jpg




ここからタクシーで徳島空港(あわおどり空港)へ行きました。
(大体2千円くらいでした。)


s_1405060963.jpg




そして、無事自宅へ戻ってきました。



今回の四国旅行は本当によかったです!
始めに書きましたが、四国は「お遍路さんの八十八箇所めぐり」しか印象がなかったのですが、
見所も沢山あって面白かったです。
特によかったのは、土佐清水市(ジョン万資料館、竜串、唐人駄場)、そして大歩危(おおぼけ)です。


(知らなかった)小夏も美味しくて気に入り、高知駅から送ったものが終わって、
ポイントがあったので楽天で頼んで、今楽しんでいます。





s_1405230229.jpg


s_1405230231.jpg




小夏ってニューサマーオレンジとか日向夏(ひゅうがなつ)って呼ばれているんですね。
グレープフルーツのようですが、酸味がそれほど強くなく、甘すぎず、
気に入りました。
ちなみに、amazonのレビューによると、
小夏は小粒の方が美味しいそうです。




これで四国旅行記は終わりです。
長いのに、読んでくださった方、ありがとうございました~!!!




ありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

四国旅行その16、龍馬がうまれたまち記念館、よさこい情報交流館

<2014年5月6日 9才0ヶ月>



四国旅行記5月6日(火曜日)の朝高知市のホテルを出発してからの続きです(こちら)。


この日が旅行最終日です。
夕方5時30過ぎの飛行機で徳島空港から帰京する予定です。



高知から徳島まで電車で特急を使えば、早くて約2時間30分で着きます。


でも、、
この四国旅行が決まったときに、
紺太郎は「絶対に瀬戸大橋を通って岡山に行きたい(そして戻ってくる!)」と切望していました。


そうなると高知を朝9時過ぎに高知駅を出る電車に乗らなくてはいけません。
夫もそういう計画を立てていました。


が、、
せっかく高知に来ているのに、高知市をあまり見学せずに出発するのはもったいない…。
夫も旅行しているうちに、同じ気持ちになったようです。


前日から、
私と夫で、
「瀬戸大橋は次回にしよう!」と提案していたのですが、
紺太郎は、「絶対イヤ!」と言い張っていました。
この子、、強情で…^^;



前夜、寝る前に、夫に「説得はまかせた!」と丸投げ。。


朝起きて聞いてみると、
説得して紺太郎は諦めてくれたようです。。
よかった…。


でも、、最短距離で帰るのではなく、香川まわりで帰る、、となりました。
瀬戸大橋を往復しなければ、12時過ぎの電車で大丈夫だそうです。
それまで高知市内を見学します。



まず、龍馬のうまれたまち記念館へ行くことにしました。
(大人300円、高校生以下無料)


s_1405060811.jpg





誕生地である上町の歴史や文化、
坂本家の家族や龍馬ゆかりの人物などについて、
模型・映像・音声を交えながらわかりやすく紹介しています。


s_1405060815.jpg



私はあまり幕末のことは詳しくありません。
旅行に来る前に紺太郎のこの漫画本を読んでおきました。







お姉さんかお母さんから言われた言葉です。


一つ、相手にやられたら、やりかえせ
二つ、自分からすすんで手を出してはいけない
三つ、男は強くてやさしくならなければいけない


だそうです。やはり強くて優しくなってほしいわー。

s_1405060816.jpg




有名な言葉です。

s_1405060818.jpg




人形と一緒にパチリ。


s_1405060819.jpg



こちらも。

s_1405060823.jpg




こちらの顔出しパネルでも撮りました。

s_1405060830.jpg




(記念館近くの)路面電車「上町一丁目駅」の前に誕生の地の記念碑がありました。
高知城の直ぐ近くです。
もっと田舎(生まれ)を想像していました。


s_1405060835.jpg


s_1405060837.jpg


s_1405060836.jpg




路面電車に乗って「はりまや橋」まで行き、
向かった先はよさこい情報交流館です。
(無料)

s_1405060838.jpg



お隣の県なのに、徳島の「あわおどり」こちら)とはずいぶん違うんですね。
衣装を見ていて、昔の原宿の「竹の子族」を思い出してしまいました。
ずいぶん派手です。


s_1405060839.jpg


s_1405060840.jpg


s_1405060843.jpg



3Dで映像を見ることができます。

s_1405060842.jpg




楽器の鳴らし方や、踊り方を習うことができます。


s_1405060844.jpg




衣装を着て、記念写真も撮れます。
(写真は男性用で、女性用もあります。)

s_1405060850.jpg



写真をみて、高知駅へ向かいます。


s_1405060851.jpg



「はりまや橋商店街」です。


s_1405060852.jpg




高知駅に着きました。
あんぱんまん路面電車です。


s_1405060853.jpg




続きます。





お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

四国旅行その15、高知市の「ひろめ市場」と美味しい居酒屋「亀次」

<2014年5月5、6日 9才0ヶ月>



四国旅行記5月5日(月曜日)の夜高知市のホテルに着いてからの続きです(こちら)。



夫も車を返却した後ホテルに戻り、
(遅くなってしまいましたが)夜8時半を過ぎに、夕飯を食べに行くことにしました。


商店街のアーケイドを通って行きます。
「危ないから、本を読みながら歩くのはやめて」
と言っても、中々聞きません…。
(他の方の迷惑にならないように、こちらが気をつけていますが…。)

s_1405050773.jpg



私はもうすでに行きたい場所は決まっていました。
ひろめ市場です。
(写真を撮りそびれましたが)高知城のすぐ近くです。





ひろめ市場は約60店舗が軒を連ねる屋内マーケットです。
高知の味が楽しめる飲食店や魚屋さん、お土産屋さんが集まっています。
居酒屋さんのフードコートのようなものです。


入り口です。

s_1405050775.jpg



高知最後の夜なので、
名物といわれる「どろめ」(生しらす)
土佐巻き(のり巻きの具がカツオ)は絶対食べようと私は決めていました。


夫はいつもの勉強会の仲間が高知出身なので、ホテルから「今、高知なんですけど、、」と電話していました。
お友達は、「カツオの塩たたき」と高知の美味しい日本酒を勧めてくださったようです。


中に入ると、激混み…。


s_1405050776.jpg



お店によってはお店のカウンターが空いているところがあり、
聞いてみたのですが、
料理はその店から買わなければいけない、、と言われました。
(そこは丼物のお店でその気分でなかったので、やめました。)


他のお店で聞いてみると、、飲み物だけ注文すれば、料理はどこから買ってきてもよい、、
とも言われました。
でも、、席がない。。



s_1405050777.jpg



グルグルまわったのですが、
なんだか人ごみにつかれたし、
色んなところで買って、人数分食べたい料理を集めるのも労力がいります。


カツオのたたき1つでも色んなところで売っていて値段も違うので、
「どこが安いか?」を見つけるのも疲れそう…。


夫に言って、「落ち着かないし、やめよう、、」と提案しました。


市場を出て、直ぐ近くの居酒屋「亀次」に入りました。

「ひろめ市場」ではカツオのたたきが大体どこも千円台でしたが、
外においてあるメニューを見ると、ここでは900円台で安かったので、、。

s_1405050778.jpg



ここ、とってもよかったです!


コースがあったのですが、
私の食べたいものが全部入っていて、安くて、しかもドリンクつきでした。



s_1405050779.jpg

↑値段の違いは、カツオのたたきの切れ数によって違いました。


私たちが頼んだのは真ん中の値段の1780円のコース、二人分でした。



私の頼んだドリンクは「季節のサワー」ということで小夏(かんきつ類)のサワーでした。
さっぱりして、おいし~。


s_1405050783.jpg


どろめ(生しらす)です。


s_1405050784.jpg



少し食べてしまいましたが、カツオのたたきと塩たたきです。


s_1405050785.jpg



小夏とフルーツトマトのサラダです。


s_1405050786.jpg



土佐巻きと鯖寿司です。

s_1405050788.jpg




四万十「青さのり」のてんぷらです。
これも食べたかったんですよねー。



s_1405050790.jpg



これだけ「食べたかった」ものが食べられて、ドリンクもついて、
安い~。
それに、美味しかったです。


追加の牛肉のお寿司です。


s_1405050793.jpg



夫は日本酒も頼んでいました。



店員さんも親切で感じがよく、サービスもよくて(&若くて、かっこいいし)、
「いいお店だな~」と満足しました。
高知へ旅行する方、おすすめです~。


10時を過ぎてしまいましたが、ホテルに戻ります。
ホテルはホテルNo.1(ナンバーワン)高知、ビジネスホテルです。


11時まで露天風呂に入れるので入りました。


s_1405060801.jpg



部屋はシングル二つで、私一人と、紺太郎&夫で分かれました。


s_1405050799.jpg



紺太郎は寝せるのが遅くなってしまいました。。
(このことで夫婦喧嘩勃発…^^;)



5月6日(火曜日)の朝です。
朝食付きなのですが、とっても種類が多くて美味しかったです!



s_1405060803.jpg

↑一応ダイエット中です…(口だけですが^^;)。


紺太郎セレクトです。
ウィンナー多すぎ…。
(葉にかくれていますが、2種類のウィンナーをとっています。)

s_1405060807.jpg


それに、パンに納豆って、、、よくわかりません^^;



こちらのホテル、チェックインするときも、
コロのバッグを宅配便で送ろうと朝食前に伝票をもらったとき、
荷物を送ったとき、
全部ホテルの方の対応が丁寧で感じよかったです。
よく教育がいきとどいているというか、気持ちのいい滞在になりました。


ホテルを出発します。


続きます。



お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

四国旅行その14、横浪半島、桂浜、高知市へ

<2014年5月5日 9才0ヶ月>



四国旅行記5月5日(月曜日)四万十川の佐田沈下橋(四万十市)を見学してからの続きです(こちら)。



佐田の沈下橋を見終わったのは3時半過ぎでした。
ここから高知市へ向かいます。
(レンタカーは高知市の高知駅近くのお店に8時に返却予定です。)



こんな山の中を走っていきます。

s_1405050712.jpg




行きで乗った土佐くろしお鉄道中村線の駅の横を通り過ぎます。
古津賀(こつか)駅です。


s_1405050713.jpg


有井川駅です。

s_1405050718.jpg




紺太郎はお疲れ気味です。
私もウトウトしました。

s_1405050717.jpg




鯉のぼりです。この日は5月5日でした。

s_1405050721.jpg



高知だからか、、、「鯉のぼり」だけではなく、「カツオのぼり」です。


1405050722.jpg



山の木々の葉が黄色っぽいです。
四国(徳島・高知)ではこういうことが多かったです。


s_1405050724.jpg




須崎の「道の駅」で休憩しました。


ここから、
夫の希望で横浪半島の横浪くろしおラインを通っていくことに…。
回り道になります。


yokonamikuroshiorain.gif
(画像はマガジンズより)



夫によると、ネットで「景色がいい」と書かれていたそうです。
ライダーに有名な道のようです。


でもまあ、景色がいいことはいいのですが、
足摺半島でいい景色を見てきたので、わざわざ寄り道しなくても、、
と私は思いましたが。。


s_1405050743.jpg




カーブが多く、
アップダウンの激しい道でした。


s_1405050731.jpg



そして夫のもう一つの目的が武市半平太」の像を見ることです。
なんだか「好き」なんだそうで…。


s_1405050737.jpg



恥ずかしながら、、私は幕末の志士のことはよくわかりません。。
聞いたことがあるけど、、、程度です。


夫は熱心に像の写真を撮っていました。

s_1405050739.jpg



目の前の海です。


s_1405050750.jpg




走っていてナビに朝青龍など多くのスポーツ選手が通った「明徳義塾高校(&中学)」を発見。


s_1405050751.jpg



へぇ~~~~、こんな所にあるんだ…。
まわりは木々のみの場所です。



半島と土佐市を結ぶ橋です。


s_1405050755.jpg


こんなクジラのオブジェがあります。


s_1405050757.jpg




高知市へ入りました。
夜7時を過ぎていたのですが、桂浜へ行きました。
(昼間は駐車場代を払わなければいけないのですが、
夕方だったので駐車場代はいりませんでした。)


坂本龍馬の像です。

s_1405050759.jpg



桂浜です。


s_1405050760.jpg



桂浜は月の名所として知られる景勝地です。


s_1405050764.jpg



紺太郎はテレビで、坂本龍馬が桂浜を歩いている場面を見たことがあるそうです。


s_1405050768.jpg



ここには「土佐闘犬センター」や「水族館」、「高知県立坂本龍馬記念館」があるのですが、とにかく時間がなかったので、
駆け足で見学しました。


車に乗ります。


ここで親バカ記録を1つ。
夫が「あの坂本龍馬の像は昭和3年に建ったんだよ。何年前かな?」と言うと、
紺太郎が「う~ん」と考えて「じゃあ、86年前だね」と言ったので驚きました。


ニュースか本で「東武東上線は大正3年に開業して今年で100周年」というのを覚えていたそうで、
大正は15年間だから、足したり引いたりしたそうです。
私が自分の誕生年を昭和に直して計算したよりも早かったです^^;


あと、どうでもいい記録を1つ。


私は旅行前はレンタカーを借りるのは中村駅から土佐清水まで、
そしてまた中村駅で返すものと思っていたので、
音楽CDはあまり持ってきていませんでした。
(いつも車で旅行の時は沢山持っていくのですが。)


ジョン万次郎や桃太郎の「英語&日本語」のCD4枚と、
メリーポピンズの音楽CD1枚だけです。




エンドレスでこの5枚をかけていたのですが、
夫が運転中に「何か他のものないの!」とイラつき始めました。


ラジオのスイッチを入れても、あまり入りませんでした。
(特に足摺半島で。ちなみに足摺では私の携帯(ウィルコム)もずっと圏外でした。)



でも、今って自分のウォークマンを車につないで音楽を聴けるんですね。
ボックスの中から2本ケーブルが出ていました。
中々接続に成功しなかったのですが、
桂浜近くで私のものがつながりました。






私はこの旅行の数日前に韓国のユチョンのファンになり(日記はこちら)、
この旅行中も電車の中で彼(JYJ)の2曲「チャジャッタこちら)」と「Only Oneこちら)」をウォークマンで一人で聞きまくっていたのですが、
車の中でも聞くことができました。


紺太郎にも自宅で聞かせていたので、
二人で(歌詞はめちゃくちゃですが)大声でノリノリで2曲を歌いまくりました。


すると、夫は不機嫌に…。
「ここは日本なんだ!日本の音楽が聞きたい(怒)!」と。。
(夫はハングル語が堪能なのですが。)



なので、夫のウォークマンをつなげることに、、。
そこで、出てきた音楽は…。



び、びっくりした…。



藤井隆のナンダカンダでした。






いつの歌なんだ…笑。
(今調べたら2000年みたいです。)



「え~~、こんなの聞いているの~?」
という言葉が、口に出てしまいました。


すると、
「なんだよ!いい歌詞じゃないか!」
と口をとがらせた後、
ノリノリで口ずさんでいました。



「ナンダカンダ叫んだって、やりたいことやるべ~きです。」





まあ、、確かに…。
(紺太郎も「そうだよ~(そのとおり)」と言っていました。)





この人、「HOT!HOT!」とかやっていた人で、
(私がファンだった岡田准一くんを)「岡田く~~~ん(クネクネ)」と言っていた人じゃない。。



次が野猿の「Be Cool」(こちら)、
そして、ブラピの「タイミング」(こちら)のインストゥルメンタル。
(「タイミング」は私も大好きな曲ですが。)


「あなた、、お笑いの人が歌っているのが好きなんだ。。」
と言ったら、笑いをかみころしたような苦虫をつぶしたような顔をしていました。


家に帰ってきて、玄関を入ってくるとき、
ウォークマンを聞いていることが多いのですが、
まさか、、こういう曲を聴いているとは思いませんでした。。


夜の高知市内を「ナンダカンダ」&夫の選んだセレクションのBGMで走ります…。


ガソリンを入れて、ホテルで私と紺太郎が下り、荷物をおろして、
車は8時返却にギリギリ間に合いました。



続きます。



なんだかくだらない話ですが、お付き合いくださってありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

四国旅行その13、四万十川の佐田沈下橋

<2014年5月5日 9才0ヶ月>



四国旅行記5月5日(月曜日)土佐清水市の足摺岬を見学してから北上し、中村駅付近からの続きです(こちら)。



夜8時高知駅近くのお店にレンタカーを返却予定です。
中村駅から高知市へは車で最短の道で約2時間かかります。



前の日は頭の中で計画していたのは、
山の中をドライブして、
千枚田や、

photo03.jpg
(画像は満点土佐より)、


四国カルストにも行きたいと思っていたのですが、


240px-ShikokuKarusuto.jpg

(画像はWIKIより)



時間がなくて諦めました…。
残念。
特に千枚田を見たかったです~。



四万十川の中で一番近い佐田の沈下橋に寄っていくことにしました。


沈下橋とは、大水の時には水面下に沈んでしまうため
水の抵抗を少なくするために欄干を造っていません。
橋が壊れるのを未然に防ぐ仕組みになっています。
四万十川のシンボル的存在で、支流を含めて47の沈下橋があります。


四万十川です。


s_1405050658.jpg


s_1405050673.jpg



沈下橋を渡ります。

s_1405050666.jpg




自転車や車も通ります。


s_1405050668.jpg



s_1405050670.jpg





大水のときは、この橋が沈んでしまうんですね…。


s_1405050679.jpg




遊覧船もあります。


s_1405050704.jpg




橋の入り口でアイスクリームが売っていたので食べました。
高知ではアイスクリンと言うそうです。


s_1405050690.jpg



味はシャーベットとアイスクリームが一緒になったようです。


s_1405050689.jpg




秋田旅行に行ったときに、道端におばあさんが座って、
へらでアイスをすくって売っている「ババヘラアイス」を思い出してしまいました。


240px-Babahera001wikiakita.jpg

(画像はWIKIより)


高知ではおばあさんではなかったですし、ヘラではなかったのですが、
味はそっくりです。
秋田と高知ですごく離れているのに、、、似ている食文化?があるんですね…。




あと、
高知に来てからずっと思っていたのですが、
なんだか山からいい匂いがするのです。
沈丁花のような、かんきつ類の花のにおいなのかな…。
時々山が黄色っぽい葉が茂っています。


s_1405050702.jpg




そして、ウグイスの「ホーホケキョ~♪」の声が聞こえまくっていました。
夫がこの時、「仕事の電話する」と言っていたのですが
(この日は祝日だったのですが、取引先の会社は通常営業)、
ウグイスの鳴き声が入ったのではないかな?
仕事の相手はびっくりしたかも…笑。


s_1405050709.jpg




沈下橋を出発します。



続きます。



お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード