群馬その3、だるま寺&高崎白衣大観音

<2016年1月17日 10才8ヶ月>



週末群馬旅行1月17日(日曜日)、前橋にある群馬県庁で「花燃ゆ ドラマ館」を見学してからの続きです(こちら)。


前日、「明日どこに行く?」でもめました。
「花燃ゆ ドラマ館」は決まっていましたが、、
夫は仕事したいというので、夫にどこかで待っていてもらって、
私は芝そりやゴーカートができるのでドイツ村
紺太郎は「碓氷峠のめがね橋」&軽井沢の方へ抜けたい、やら、
「わたらせ渓谷鉄道」に乗りたい、、など色んなことを言います。



結局3人で行く、、となって、
夫の希望で、だるま寺と洞窟観音に行くことになりました。


県庁のある前橋から高崎に戻り、
ぐるりんバス小林山 達磨寺へ。



1601170125as.jpg


1601170126.jpg


1601170128.jpg


1601170127.jpg



室内は写真撮影禁止だったのですが、
日本国内の達磨が集められて展示している部屋があります。


imagesCA6CTGNH.jpg
(画像はtravel.jpより(←こちらをクリックすると大きな画面でみられます))




本堂の裏には納められた達磨が積みあがっていました。


1601170135.jpg



タクシーで移動します。
洞窟観音の前に、洞窟観音の近くにある高崎白衣大観音へ。


1601170143.jpg



胎内拝観 ができます。
(300円)
でも、9階の高さを階段で、、というので、
夫と息子だけ入り、
私は膝が痛くなるとイヤだったので無理せず入りませんでした。


1601170154.jpg


1601170151.jpg


息子は高い所が苦手なので、びびっていたようです。



山道を10分くらい歩いて洞窟観音へ向かいます。


1601170160.jpg




着いたら、、ガーン。
4時5分くらいだったのですが、営業時間は4時まででした…。
残念。


1601170162.jpg


1601170163.jpg


1601170164.jpg



400メートルの 人力で掘った洞窟に石彫観音像が33体安置されているそうです。
またいつか機会があれば来たいです。



再び「ぐるりんバス」に乗り、高崎駅に戻ります。


帰りは高崎駅から高速バスを使いました。
池袋、新宿、秋葉原などに行きます。
例えば池袋ですと、1時間45分で行きます。
乗り換えもなく、座って着けるので便利です。


今回の旅行、なんだか前もって予定がはっきりしていなかったせいで、
バタバタだったのですが、
家族3人で行動を共にできて思い出になりました。


息子が一度観音様のところで癇癪をおこしてうんざりしてしまい、、
「もう、一緒に旅行したくない」
と思ってしまったのですが、
喉元過ぎればナントカ、、で、
しばらくするとまた「どこか行きたい…」と思うのだろうな。



これで週末群馬旅行記は終わりです。
お付き合いくださってありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

群馬その2、群馬の夜と、花燃ゆドラマ館

<2016年1月16、17日 10才8ヶ月>



週末群馬旅行1月16日(土曜日)、夜にホテルに着いてからの続きです(こちら)。


夜は地元のものを食べようということで、
だんべという居酒屋さんです。
(ご存知だと思いますが、「だんべ」は群馬の方言で、「~だろう」という意味で語尾に付けられます。)


まぐろとにじますのお刺身。

1601160069.jpg



だんべ鍋です。

1601160072.jpg


この(下仁田)ネギの量、、、カルチャーショックでした。
こんなに盛ってもいいんだ、、と。


火が通ると落ち着きます。


1601160074.jpg



この鍋の影響で、18日(月曜日)の夕飯は鍋だったのですが、
ネギを沢山入れました(下仁田ネギがスーパーになくて普通のネギでした)。
これからそうしよう。
風邪予防になりますし。

1601180002.jpg




まいたけの天麩羅です。


1601160078.jpg





数年前に高崎に来たときの自分のブログを読んだら、
違う場所で食べたけど、「だんべ」にすればよかったと書かれていました。
なので、今回行けてよかったです。



夕飯の後は、家族で初めてのカラオケへ。
息子は最初「やだ!」「行きたくない!」と言っていたのですが、
私が行きたかったので、付き合ってもらいました。
大声で歌ってスッキリしたかったのです。


まず、AKBの「365日の紙飛行機」です。
息子は冬休み中に実家で朝のNHK連続テレビ小説「あさがきた」を見ていて、
その主題歌です。
そして主題歌もドラマも気に入ったようです。
よく家で歌っています。
ドラマも「録画して」と言われました。
私は見ていないんですけどね。





1601160082.jpg



他には、

どんなときも
島んちゅぬ宝
涙そうそう(途中まで)
ユメ日和(ドラえもんの映画の主題歌、小3の時の合唱コンクールの歌)
チューチュートレイン(夫)

を歌いました。


1601160084.jpg



30分3人で875円でした。
息子は「楽しかった~!また行きたい!」と言っていたのでよかったです。
私もカラオケは10年以上ぶりで楽しかったです。

ただ、好きなJYJの歌を歌い忘れてちょっと心残りです。

jyjwakemetonight_convert_20160121085007.jpg




ホテルに戻って(アパホテル高崎駅前)、大浴場でお風呂に入って寝ます。


17日(日曜日)の朝です。


いつもうちの旅行は「ホテルでの朝食なし」コンビニなどでそれぞれ食べたいものを買うことが多いのですが、
今回は「朝食付き」にしてくれていました。
私は「朝食付き」がいいです。
コンビニよりもちょっと優雅な気分になりますし、旅に来ているワクワク感が増します。


朝食は7時~10時だったのですが、
私は9時過ぎに1人で行きました。
バイキングです。
湯葉が有名みたいです。


1601170097.jpg


お昼を食べないで大丈夫なくらいお腹がいっぱいになりました。



食べるときに夫にメールしたのですが、返事なし。
9時半になって電話しました。
「朝ごはん10時までだよ~」と。


私はゆっくり食べてレストランで待っていたのですが、
2人とも全然来ず…。


来たのが9時58分…。。
イラっ。


紺太郎チョイスです。
卵が3種類です(いり卵、温泉卵、卵焼き)。
黄色と茶色ばっかり。

1601170098.jpg





もちろんお店には私たちだけで、
10時過ぎてしまって急いで食べていたのですが、
お店の人に「あの~、10時までなんですが・・・」と言われてしまって、
恥かしかったです。
急いでかけこんでいました。


この二人にはコンビニでいいわ…。。。


ホテルに荷物を預けて、チェックアウトし、
前橋に移動して、県庁の花燃ゆ大河ドラマ館を見に行きました。
(1月31日まで)


1601170121.jpg

1601170109.jpg


入場料は大人500円なのですが、
スイカやパスモ(交通系ICカード)で払うと400円でした。



中は残念ながら撮影禁止です。

dramaimg3.jpg

(画像はHPより)


この部屋だけ写真OKでした。
コスプレ(大人も子どもも)が出来るのですが、息子は「ヤダ!」と着てくれなくて残念。。
昔は素直に着てくれていたのになぁ…。

1601170111.jpg


このドラマ館、とても面白かったです。
ドラマ私は数回見ただけだったのですが…。
クイズや「自分と相性のいい志士は誰か?」の判定機などがありました。
そして、いかに「教育」というものが大事で、
先人の努力で群馬が教育県となった経緯がわかりました。



17日、続きます。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

群馬その1、富岡製紙場

<2016年1月16日 10才8ヶ月>


1月16、17日(土曜日、日曜日)の週末は家族3人で群馬へ遊びにきました。



前の週の3連休に私が「どこか行きたい~」と言っていたら、
夫が前橋の群馬県庁花燃ゆ 大河ドラマ館を1月31日まで開催しているので行きたいけど、
でも「来週に」という話になりました。


私はもう行くつもりになっていたけど1週間連絡もないので、
15日の金曜日に「明日群馬どうするの?」と夫にメールをしたら、
「行かない、(仕事で)疲れた、来週にする」の返事。



「来週も、再来週も子どもの予定が入っている」と返事をして、
ウダウダ。
金曜日、夫は飲み会があり帰宅せず、
土曜日の朝電話して、またウダウダと話合い、
結局行くと決まったのが土曜日のお昼過ぎ。
夫は疲れているので休んで、夜に高崎で待ち合わせとなりました。


急いで息子と2人で出発します。
向かった先は、富岡製糸場です。
(夫は1人で行ったことがあります。)


駅弁でお昼です。
私は「大宮弁当」、

1601160006.jpg




息子は「峠のかまめし」です。


1601160012.jpg



美味しかったらしく、息子は次の日のお昼も同じものを食べました。


乗った電車がボックス席があったのでよかったです。
でも特急とかではないので、ちょっと食べるのは抵抗がありましたが…。



高崎で上州電鉄に乗り換えです。


1601160019.jpg


1601160032.jpg



ぐんまちゃんのぬいぐるみです。
前と後ろに違うバージョン2体置いてありました。


1601160021.jpg



車内もぐんまちゃんのイラストだらけです。


1601160030.jpg



無人駅が多いので、駅の停まると運転手さんが出てきて、
切符を見ます。一番前のドアしか開きません。

1601160028.jpg





高崎から富岡製糸場のある「上州富岡駅」まで片道790円(往復1580)、
入場料が大人1000円(小・中学生150円)ですが、
お得な切符があります。
往復券と入場料がついて2140円なので、大人は440円もお得です。
(子どもは130円の割引です。)


1601160026.jpg




製紙場は17時までなのですが、駅についたのが15時36分。
駅から歩いて10分くらいなのですが、
時間節約のためにタクシーに乗りました。
ワンメーターの730円で行けました。


見学します。

1601160036.jpg


1601160034.jpg


1601160040.jpg


1601160045.jpg


1601160050.jpg


1601160060.jpg



17時まで見学しました。

1601160061.jpg


欲しいというので、DVD付きの本をお土産に買いました。

1601160067.jpg



そして入場のときに、400円のサービス券をいただいたので、
前のお土産屋さんで400円のお菓子を買いました。
「お土産付きで観光できた」という印象です。
ありがたいです。
(製紙場内のお土産屋さんでは使用できませんでした。)


1601160062.jpg


1601160066.jpg



このお菓子、美味しかったです。
次の日に帰宅した後に夫にあげたら、
部屋から出てきたときに「これ、おいしいじゃない、」と言っていました。
夫がわざわざ言うのは珍しいです。
「博多のとおりもん」と似ていました。


ちなみに、帰りにタクシーを使った場合でも支払いにこのサービス券が使えます。
(帰りは駅まで歩きました。)


あと、
もっと早く行くのが決まっていて早く行けていたら、
近くにあった「こんにゃくパーク」(上州福島駅)にも行けていたのになぁ。
行きに乗った上州タクシーがキャンペーンをやっています。

HPより

「上信ハイヤーに乗って「こんにゃくパーク」へ行こう。
上州富岡駅周辺から「こんにゃくパーク」へ当社タクシーで行くと、500円相当の同パークで使えるお買物券がもらえるキャッシュバックキャンペーン実施中!!
ご利用例 タクシー料金  1,540円
     パークにてお買物券500円相当(当社ご利用領収書持参)
     実質 1,000円で行ける。」



前から気になっていた場所だったので、ちょっと残念です。



17時24分発に乗ります。
帰りみた上州電鉄の車両です。


1601160064.jpg


1601160063.jpg



18時すぎに夫と高崎駅で会いました。
宿はアパホテル高崎駅前です。
最初前橋で宿を探していたのですが、前橋のアパホテルや他のホテルは大浴場がついていなかったので、大浴場付きにこだわって、
高崎にしました。
シングル(私)とセミダブル(夫、息子)の部屋をとりました。
ベットの大きさはほぼ一緒?でした。


シングル↓です。

1601160068.jpg



16日、続きます。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

群馬水上旅行その4、SLみなかみ号と特急リゾートやまどり

<2015年5月4日 10才0ヶ月>



5月4日(月曜日)群馬水上1泊旅行、紺太郎と私の2人でJR上越線土合駅から水上駅まで電車に乗って、
水上駅に着いてからの続きです。(こちら)。



この旅の最大の目的は帰りに水上から高崎まで「SLみなかみ号」に乗ることでした。


15時20分発なのですが、
水上に着いたときは、転車台広場SLが展示されていました。
こちらで、夫と母と合流しました。


s_1505040289.jpg



さびているSLも展示していて、
塗装希望の署名を募っていました。


s_1505040276.jpg




お茶や甘酒が無料で飲めるテントなど出ていたのですが、
その横に「犬と散歩できます」と書いてあったので、
いい機会なので短い間ですが、散歩させていただきました。
キャーキャーと大騒ぎでした。


s_1505040295minakami.jpg




次にお昼ご飯です。
夫は前日に知った「ダムカレー」を食べたいようです。
水上には数箇所ダムカレーを食べられる場所があるのですが(こちら)、
私たちが行ったのは道の駅水上町水紀行館です。


ダムカレーは3種類あります。


5041363012_452ac79347.jpg

(画像は水上温泉旅館共同組合より)


ここには「アーチ式ダムの矢木沢ダム」モデルしかありませんでした(770円)



しかしすごい混雑…。
25分くらい待ちました。


s_1505040302.jpg



やっときました~。

s_1505040303.jpg



味は美味しかったです!
レトルトとか使って、いつも食べているような普通の味だと思っていたのですが、
野菜がすりおろしてあって、口ざわりがいいですし、
トマトが入っているのか酸味が利いていました。
群馬らしく、こんにゃくとゴボウが入っていました。


紺太郎は「ゴボウ」を「流木~」などといって、
ごはんを崩しながら楽しんで食べていました。
(母はうどん。)


食べ終わったあとは、裏の河辺に行って見ました。
釣堀があります。


s_1505040313.jpg




八重桜の桜並木がありました。


s_1505040315.jpg





足湯もあったのですが、ぬるかったです。



町内に「水が坂をのぼっていく場所(曲水)」があるそうで、
探して行って見ました。
ホントだ~、水が坂をのぼっています。


s_1505040319.jpg



これは、坂を上っているように見えますが、
実際は坂は下にいっています。
目の錯覚です。


水上温泉街です。


s_1505040321.jpg




水上駅で荷物を下ろし、夫はレンタカーを返しに行きました。
駅で機関車のTシャツを母が紺太郎と夫に買ってくれました。
ホームに行きます。


s_1505040338.jpg


s_1505040327.jpg



町長さんもお見送りしてくれます。


s_1505040524.jpg




ゆるキャラの「おいでちゃん」です。


s_1505040350.jpg






車内販売で母が紺太郎にSLのチョロQを買ってくれました。


s_1505040363.jpg




しかし、、、SLって乗っていると見えないし、、
普通電車に2回ぬかされるし、、
外から見るほうがいいかも…。


途中駅で、特急草津に抜かされて、自由席が少し空いていたので、
「あっちに乗って先に帰って、夕飯を作りたい」。
なーんて思ってしまいました。


s_1505040374.jpg





1時間53分かけて、水上から高崎に到着しました。
(普通電車だと1時間3分です。)



次に特急 リゾートやまどりに乗ります。
ブログのタイトルを(文章を書く前に)最初入れたときに、
「特急わかどり」
と書いてしまって、
「あれ?」と思い、
紺太郎に「乗ったのって、(特急)わかどりだっけ?」と聞いたら、
「やまどり!」と言われました。


s_1505040375.jpg




この電車スゴイです!


1両に3列しか席がありません。
広々としています!


s_1505040396.jpg



運転席の後ろに展望席があります。


s_1505040378.jpg




↓こんなお座敷みたい椅子や、
同じ感じでふかふかの生地の椅子や、キッズルーム、
指定席以外の椅子が所々にありました。
指定券(520円)で、これだけ楽しめるなんて。。
自分の席以外、どこ座ろう~、、なんて迷っちゃいます。



s_1505040382.jpg



足も前に置けるし、席もこんなにリクライニングできます。

s_1505040386.jpg



終点の大宮駅に着きました。
どうして終点が上野か東京じゃないのだろう…??
路線や駅が混んでいるのかな??


s_1505040428.jpg


笑ってしまったことがあります。
母は買い物が好きで、
色々な場所でお土産を買い込んでいました。
最初にレンタカーを借りた渋川駅でも買っていたくらいです。
家に帰る途中、母の大きなお土産の袋を夫に持ってもらいました。


そうしたら、
夫がマジメな顔をして、
「これ、ジャガイモが入っているんですか?(それほど重い)」と聞くので、、
「イヤイヤイヤ、、そんなもの入っているわけないっしょ」、、と
心の中で突っ込んでしまいました。
小豆は2袋買っていたけど…。



当初の予定では、2~3日(土、日曜日)千葉に(春休みに紺太郎が乗りたがっていた)特急に乗って行き、
「お座敷列車」に乗ることを考えていたのですが、
母が2日(土曜日)にしか上京できなくて、
3日からの旅行ですと千葉の列車はありません。
母は「あなたたちだけで千葉にいってらっしゃい」
と言っていたのですが、
親孝行になるかな?と一緒の群馬旅行に計画を変更しました。


夫と母と一緒に行動すると、
2人の価値観は違ってるし、
私は両方に気持ちがわかるから、
挟まれて少し精神的に疲れることがあるのですが、
乗り切れました。


これで旅行記は終わりです。
母に電車関係でつき合わせて申し訳なかったけど喜んでいたし、
紺太郎も喜んでいたし、
私も初春を再び楽しめてよかったです。
夫よ、ありがとう~。




お付き合いくださってありがとうございました。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

群馬水上旅行その3、藤原湖と湯檜曽駅でのハプニング

<2015年5月3、4日 10才0ヶ月>



5月4日(月曜日)群馬水上1泊旅行、朝に宿を出発してからの続きです(こちら)。



宿のすぐ近くにある雲越家住宅へ行きました。


s_1505040200.jpg


s_1505040204.jpg




その後は近くの山をドライブします。
緑が美しいです。


s_1505040211.jpg



母が「油絵に描きたいから、写真を沢山撮って~」と言っていました。



s_1505040216.jpg




ドライブをしていると藤原湖がとても美しい色です。


s_1505040489.jpg



車を停めて藤原湖の周りを散策しました。
天気もよくて、緑が湖に映っています。


s_1505040232.jpg




カヌー(カヤック?)をしているグループがありました。


s_1505040230.jpg





とても綺麗だったので、また違う場所に車を停めて散策しました。


s_1505040246.jpg



s_1505040247.jpg




水芭蕉より大きいのですが、似ているお花が咲いていました。
多分「ヒメカイウ」という名前だと思います。


s_1505040251.jpg


s_1505040252.jpg


s_1505040254.jpg



山菜を売っているお店があったので、
わらびやぜんまいなどお土産に買いました。
(アク取りの灰もついていました。)
とても美味しかったです!




そしてJR上越線の湯檜曽駅に行きます。
駅前に車を置きました。
4人で11時45分発の「下り」で3~4駅乗って、
「上り」で湯檜曽駅に戻ってくるためです。




↓こんなトンネルを抜けて「下りホーム」で電車を待ちます(無人駅)。


(前日撮影)
s_1505030035.jpg




ここでハプニング発生…。



この旅に「地図」を持ってきていたのですが、
夫が急に紺太郎に「地図は?」と聞きます。







紺太郎は、「あ、(車の中の)カバンの中!ボク、どこにあるかわかる!とってくる!」と言います。


その時点ですでに11時43分
もう2分しかありません。



私は「やめなよ!もう間に合わないよ!」と言ったのですが、
聞く耳をもたず、紺太郎は走っていってしまいました…。



行ってすぐに、、遠くから電車が来るのが見えます。


あ~あ。。。



夫は「紺太郎!」と呼びますが、遠いので、
走って呼びにいきました。



来ちゃった…。


s_1505040256.jpg





あ~・・・。


s_1505040257.jpg




電車が停まって、
車掌さんが「乗りますか?」と聞きます。



「いや、、、乗る予定だったのですが、(外に指をさして)忘れ物とりにいってしまって・・・」




「あ~、じゃあ、、(ダメですね)」と車掌さん、
ピーと笛を吹いて出発します。


s_1505040258.jpg





そして、
電車が動いていってしまうときに、、
トンネルの向こうから紺太郎の「ウワァ~」という泣き叫ぶ声が聞こえてきました・苦笑。




ここからが大変でした。
たいそう彼、、暴れました…。



私は「だから(やめろと)言ったのに~」と言いたいけど、我慢しました。
言っても仕方ないから言わないほうがいいのはわかっているので、。
でも、やはりつい言いたくなります。



車はセダンタイプではなくて、後ろがボックスの形になっている軽だったのですが、
後ろにカバンを入れていて、その中に地図が入っていました。
紺太郎は扉を開けて地図を取ったのはいいのですが、
扉が上に開くタイプで、手が届かず閉められなかったようです。



夫が車のところにいったときは、手を伸ばしてジャンプして扉を閉めようとしていたそうです…。




だから、、やめろって言ったのに。。(心の中)
地図がそれほど大切?
時間がないんだから、地図なんてどーだっていいじゃない!(心の中)



しばらく泣き止まなかったのですが、
私と紺太郎だけ(隣の)土合駅から水上駅まで「上り」電車だけに乗ることになり、落ち着きました。
(土合駅→湯檜曽駅→水上駅)
夫と母は車で移動します。



隣の土合駅に車で行き、私と紺太郎が電車に乗ります。
(これで、湯檜曽に帰ってくる予定でした。)

s_1505040260.jpg




ループ線があります。
反時計回りにくるっと回って、下の線路に出ます。


s_1505040263.jpg




夫が「湯檜曽駅で手をふるから、手をふって」と言っていたので、
湯檜曽駅に着いて夫と母に手をふります。


s_1505040264.jpg




夫からのカメラです。


s_1505040500.jpg





湯檜曽駅を通り過ぎて、水上駅に着きました。



s_1505040272.jpg


s_1505040273.jpg




旅が終わって、母と
「あの車掌さんの笛の音が響いて電車が行ったときに、
紺太郎の泣き声が遠くから響いていたよね~」
と思い出しては何度も笑ってしまいました。


本人には可哀相でしたが、
私たちには後になって笑えるハプニングでした。


今となって、
紺太郎は「パパのせいだ!」と言っていますが…。
(夫が「取ってこい!」と言ったような、、言わないような、。)


帰ってからはつい
「だから、やめろって言ったのに~」
と言ってしまいます。
紺太郎は「聞こえなかった・・・」なんて言っていますが。



よく紺太郎は時間ギリギリに行動することが多いので、
「9時の新幹線は9時に出発するんだよ。
9時1分に駅に行ったら、もう乗れないんだからね」
(子育てのメルマガの文言)
という言葉をよく使っています。
(私のことは棚にあげて。)


これからは
「湯檜曽駅、11時45分の電車は、11時45分に出発するんだよ」
に変えようかな~。
いや、、嫌味っぽいか・苦笑。





続きます。




お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード