卒園式

<2012年3月16日 6才10ヶ月>



3月16日(金曜日)、町のホールで幼稚園の卒園式がありました。
紺太郎、、卒園です。



1時からだったのですが、劇のリハーサルの為10時集合で、
私と紺太郎は9時過ぎに家を出ました。



下りる駅の構内に証明写真を撮る機械があり、
「今日で制服を着るのも最後か…」と思うと、、寂しくて、
「二人で撮ろうか?」と写真を撮りました。


「あと何年か後には彼女とプリクラとか撮るのかな~?」なんて思いつつ、
二人でキャアキャアいいながら写真を選んだりして楽しみました。
大事にとっておきたいと思います。


制服はほとんど写っていませんが…。

CA3VD050.jpg


受付に置いた将来の夢です。
「鉄道会社で働きたい」だそうです。
どうなるかな?これから変わるのかな??


1203160025_convert_20120325063914.jpg





1時前に、午前中仕事をしてきた夫が来ました。
間に合わないかも???と思っていたので、ホッとしました。



義母も私の母も来て、式が始まりました。



最初は下級生たちが「歌と踊りのプレゼント」ということでパフォーマンスがありました。


卒園生達も客席の角の一番前に座って見ていたのですが、
他の子達は立ち上がってノリノリで舞台の下級生達のフリにあわせて踊って
大はしゃぎなのに、、
紺太郎は一人席に座ってジッと見ていました。。
「みんなみたいに、、一緒に踊って楽しめばいいのに…。楽しんでいい時は楽しめばいいのに、、」と思いましたが、
そういう性分なんだろうな~、、と。。
私もそういう所があるので、理解できるだけに、、
ちょっともどかしいような気がしました。。



休憩があり、卒園生による英語劇です。
震災の復興をテーマに20分くらいありました。



1203160073_convert_20120318072238.jpg


やはり声はモゾモゾと、、、恥しがりながらも、ちゃんとセリフを言えていました。
「We are happy under the sea」
「What?」「We are young and weak」のセリフや、
アリエルの「under the sea」(こちら)の歌などを踊って歌っていました。



私は卒園式は泣くかな??どうかな??と思っていました。
自分の卒業式でも泣いたことがあまりなく、冷めたところがあります…。
他のお母様方は最初から泣いている方もいました。




でも劇の最後に、
一人ひとりスピーチをして、
「Thank you Mom、 Thank you Dad」とセリフがあり、、そこでポロポロと涙がでてきました。



そして、坂の上の雲のテーマ曲にのって、(どうでもいいですがyoutubeはこちら、「stand alone」歌なし)
全員、手作りの花を舞台から降りてきて母親に渡してくれました。



1203160141_convert_20120318072329.jpg




12日(月曜日)くらいから紺太郎は
「あのね~~、ホニャララのプレゼントがあるから~」と言っていたのですが、
これだったんですね…(笑)。


劇が終わるとスライドショーがありました。



また休憩があり、卒園のガウンに着替えます。
出席優良児の表彰がありました。
(1学期に5日まで休まないと表彰されますので、沢山いました。)
紺太郎は早退はありましたが、3年間皆勤賞で通うことができました。
元気に通えて感謝です。
この日の朝にも、、おでこを触って熱くなかったので、ホッとしました。


1203160157_convert_20120318072352.jpg





そして卒園証書の授与式がありました。
写真付きの立派なディプロマです。


女の子の数人は泣いていました。
紺太郎も泣くのを我慢しているのがわかりました。


園長先生が一人ひとりに声がけしてくださったのですが、
「紺太郎は照れ屋さんで、、、
でもも時には我慢しないでもっと感情をあらわしていいんだよ。」なんて言うようなことを、お声がけくださいました。


この日に最後のデイリーレコードをいただいたのですが、
そこにも、こんなことが書かれていました。

「紺太郎の良いところでもあり、変えてもいいんだよ、、と思うところに、
「自分の気持ちを表したりすること」があったりします。
劇も照れているのがよくわかりますね。
何でも自分の気持ちを感情的に出せばいいというものではありません。
そこは紺太郎の素晴らしいところです。
無理に自分を変える必要も全くないのですが、我慢しているようではいけません。
そこはまだまだ伝え切れていなかったので心残りです。
紺太郎は(毎日の)See you の時、いつもしっかりハグしてくれます。
ごあいさつなど、しっかりできるところも紺太郎のよいところです。
クラスでは静かなことも多いですが、写真では大笑いしている写真も多く、
何回もながめていました。

小学校になったら、もっともっと楽しいことがまっています。
お友達をたくさん着くって、毎日たのしい学校生活をおくってください。
I love you、kontaro

先生のお名前」


ありがたいです。


保護者代表のスピーチがあり、
そして卒園生で歌をうたいました。


Memory Lane (思い出のアルバム)(こちらの英語版)
So long、Farewell (こちら
です。



女の子の数人は号泣していて、、ちょっともらい泣き…。


幕が一旦下りて、
担任ではないのですが、舞台袖で司会をしていたオージーの男性の先生が、
一人ひとりを思い出してコメントをくださいました。


紺太郎について、
旅行などについて色々なことを話してくれた。
いろんなことを知っている子だった。
「He is a wonderful boy」
とおっしゃってくださって嬉しかったです。



そして幕が上がりフィナーレがあり、在園生と先生と一緒に歌を歌っていました。
そして終わりました。



みんなで記念撮影をしました。



それから結婚式場みたいな場所でパーティがあり、移動しました。



駅に向う途中に、
プレゼントでもらった英和辞典に紺太郎は夢中でした。
歩きながら読んでいました。




話はずれますが、
夫の実家の近所の方に
「紅夫さんってどんな子どもでしたか?」と聞くと、、
「まじめで本をいつも持ち歩いているような子だった。辞書もって歩いていたわ・・・」
なんて話を聞いていたので、
その話を思い出してしまいました。


1203160267_convert_20120318072555.jpg



パーティも楽しかったです。


制服姿でお友達と遊んでいるのを見て、
会うのはいつでも会えるけど、制服姿で遊ぶのは今日で最後なんだな、、と思うと、
やはり寂しかったです。

1203160558_convert_20120318072719.jpg






帰ったのは夜の9時過ぎ、
緊張してよく眠れなかったのもあり、、少し疲れましたが、
無事に終わってホッとしました。



幼稚園の先生方、お友達、保護者の皆さん、バスのドライバーさん初め関係者の皆さん、
そして家族、、
どうもありがとうございました。


ブログでも、遊びにきてくださったり、
色々相談に乗ってくださったり、温かいコメントをくださったり、、
皆さんに感謝です。
色々とありがとうございました。
仲良くしてくださってありがとうございました^^。






お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

登園最後の日

<2012年3月15日 6才10ヶ月>



すでに先週末の土日(10,11日)のお出かけのことを日記に書いてしまっているのですが、
先に3月15日(木曜日)のことをアップします^^。



この日は幼稚園へ登園最後の日でした。
16日(金曜日)は町のホールを借りて卒園式になります。



朝送り出してから、色々な想いがめぐりました。


2008年3月(3才11ヶ月)、幼稚園のトライアル(お試し)で始めて登園した日の夜、、
「英語の幼稚園じゃない幼稚園へ行きたい・・・」とヒックヒック泣きながら寝てしまいました…。
不安で一杯でした。
転園することもあるかもしれない、、と覚悟も決めました。



2008年4月9日初登園の日(3才12ヶ月)です。
バスがちゃんと来てホッとしたのを覚えています。


DSCN2923_convert_20120315080142.jpg



幼稚園へ行っている間は、、ドキドキして落ち着きませんでした。
しばらくそんな日々が続きました。



登園3日目、、
バスの停留所に行く途中、電柱にしがみついて、
「誰かたすけて~!」「はなせ~!」と泣き叫びます。。


バスを待つ間、、泣く紺太郎。。
(撮ってごめんね…。)

DSCN3149_convert_20120315080235.jpg




私から引き剥がして、
先生に渡し、無理やりバスに乗せてしまったのを思い出します。


そして、登園4日目、、
マンションの廊下で座り込む紺太郎、、、。


DSCN3162_convert_20120315080641.jpg



(今体操着はズボンは穴があいて、油絵の具で汚いです。ズボンはつんつるてんです。
↑はキレイで、ズボンも裾をまくっていたんだなぁ、、大きくなったんだな、、と思います。)




でも6日目から泣かなくなり、元気に行くようになりました。
よかった~。



このブログは「英語の幼稚園へ通って、子どもがどのように英語を習得していくのか?」と記録ブログにするつもりで始めたのですが、
すっかり英語の方は???で私のぼやきブログに変わっていました(笑)。
英語は、、???でしたが、楽しく3年間通えてよかったです。






2012年3月13日(月曜日)、6才10ヶ月、笑顔でバスを待つ紺太郎です。

1203120094_convert_20120315093100.jpg



そして15日(木曜日)の朝です。


いつもより30分早く起きてきたので、レゴで遊びます。
「ピースがない!ママ探して~!(命令)」の言葉に、せっかく最後の日なのに私はイラっとしました…(苦笑)。



1203150033_convert_20120316050553.jpg








バスを待つ間、、
「幼稚園最後の日のスマイルして~」と言うと、
「さみし~」とこんな顔をしていました。


1203150039_convert_20120315093241.jpg

1203150040_convert_20120316050639.jpg





でも笑顔になっていました。


1203150044_convert_20120315093155.jpg


14日(水曜日)の夜にお布団の中で私が
「幼稚園生のコンちゃんに会えるのもあと2日なんだね~」と言うと、
「グラヂュエーションのことを考えると寂しい・・・」とヒクヒク泣き出しました…。
3年前も泣いていたけど、、、違う理由でよかったです。。



それに、

卒園式の英語劇は震災の復興をテーマにしたものらしいです。
先週に(女の)先生が震災の話しをした時に、
「みんな泣いてた~。でもボクは泣かなかった~」と言っていました。


他にも泣かない子がいたようですが、
紺太郎によると、
怖い、悲しい、、という気持ちを誤魔化してしまったそうです。


もっと素直に感情を表せればいいのに、、と思っていたので、
泣いている紺太郎を見て、、少しホッとしました。




14日(水曜日)の幼稚園での劇の練習中でも、
「(男の)先生がセリフの所で泣く(涙声だった)から、、ボクも泣いちゃった」と言っていました。


***




15日(木曜日)の帰り、、
バスで幼稚園を出るときに紺太郎は泣いたそうです…。
やはり寂しかったそうです。



この日は1時間早帰りだったので、
近所のTちゃんお母さんの仕事の都合があり預かるためにTちゃんが一緒にうちのバス停で下りて家に遊びにきました。
紺太郎は大喜びでした。

次から次へとおもちゃを出して遊んでいました。



1203150077_convert_20120316051219.jpg



そしてこんな油絵の自画像を持って帰りました。
まゆげと鼻がありません…(苦笑)。


1203150065_convert_20120315171622.jpg





夕方に広島から母も来ました。


 
ここ一週間は「インフルにかかったらどうしよう…。」と不安でドキドキでした。
毎朝おでこを触って熱くないとホッとしました。




卒園式も無事終わりますように…。







お付き合いくださってありがとうございました。
最近地震が多くて、自分のめまいなのか地震なのかわからないことが多いです。


にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

授業参観と昼食会

<2012年2月22日 6才9ヶ月>




22日(水曜日)幼稚園でランチパーティがあり行ってきました。


ランチだけなのかと思っていたら授業参観もあり、担任の先生(アメリカ人男性)の授業が面白いことがよくわかりました。



以下、自分の勝手な備忘録です。


ミステリーワードというゲームをしていまた。、
例えば黒板に「B N A T S E」と先生が書きます。
その言葉を並べ替えて、どんな単語が作れるのかを考えるものです。
わかった子は手をあげて、先生のところへ行き耳打ちします。
(他のことと平行してこのゲームをしているのですが)少したって生徒が誰も正解しないと、先生は文字の横に数字を書いて言葉の順番のヒントを出します。
(ちなみに↑の正解はAbsent(欠席)でした。)
私も何問か一緒に考えてみましたが、むずかしいです。
ヒントがないとわからない単語ばかりでした。


2週間前くらいに紺太郎は「Thumb(親指)」の問題が(ヒントの後に)できたよ~、と嬉しそうに報告してくれていました。



あと生徒が椅子を一人ずつ持ちます。
先生は黒板に長方形や、正方形、円、楕円形などの形を書き、
全員で椅子でその形を作るゲームがありました。
みんなで協力しないとできないので、とてもいいゲームだなと思いました。


時計の問題もありました。
先生がおもちゃの時計の針を動かして生徒が何時か答えるものです。
紺太郎は「It is 6:45!」と元気に答えていました。


「だるまさんがころんだ」によく似た「 What time is it, Mr. Wolf? 」というゲームもやっていました。


「2桁の足し算の問題もやっている」と説明が先生からありました。
先生が「一の位から足す方法」を説明した後、
前にやった問題として、62+28の問題を黒板に書き、「紺太郎がボクに説明(figure out)したのだけど、
彼は60+30=90という考え方をしていた。ボクも気がつかないやり方だったよ」と言ったので、
へぇ~、と思いました。
家では算数は「しまじろう」しかやっていないので、おじいちゃんが色々と教えてくれるからかな?
あ、(全部書き終わってから思い出したのですが)前にチラっとテレビで見たインド系インターナショナルスクールを紹介していた番組の中のインド式計算法の影響なのかもしれません。
よくわかりませんが…。
たまたま言っただけなのかもしれません。

(後日談:25日の夜に聞いてみたら、やはりテレビの影響だったそうです。)




(↑持っていません)
(4年くらい前に自分用にインド式計算法の本を買ったことはあります。(こちら))




あと「music chair」と言って椅子とりゲームもあったのですが、
卒業式のガウンを着て(アメリカの大学で着るようなもの)の写真撮影(みんな順番に撮りました)に母子で呼ばれて参加できなくて残念でした^^。


そしてお弁当(給食)です。
紺太郎は一番最初に全部食べていました。
授業中は「ノージャパニーズ」の規則があるのですが、
「マミーはディス!」とか言っている子もいて、ルー大柴みたいと笑ってしまいました。
紺太郎は恥しがり屋なのか、、あまり英語を話しません…。



ご飯が終わると紺太郎は私の膝に乗ってきて、ベタベタ甘えていました。
ほっぺをチュチュしてきて恥ずかしい~(汗)。
「甘えたいなら甘えてもいいけど、家でして~」と言ったのですが。。
たぶんお母さん方の前で授業をして緊張して疲れたのかな?
「ほら、みんなと遊んできなよ~」と言っても、「いいの~」と言って私から離れませんでした。


日本人の先生もびっくりしていました。
「『いつもT Love 紺太郎、ラブラブ~』とか言われても、フっと笑うだけでやりすごすクールな紺太郎が、
こんな甘えん坊なんて~!」と…。





その後、子ども達は園庭で遊び、親は保護者会がありました。
卒園式で劇があります。
紺太郎は「ある海の生物」の役をやるのですが、、、衣装を親が用意しなくてはいけません。
ハロウィンより大変そうです~。
どうしよう…。
考えます。。



(バス通園なので)卒園まで親が幼稚園へ行くのはこれが最後です。
(卒園式はホールを借りてやります。)
お世話になりました~。



***


帰るときになって、紺太郎がお友達ともめていました。
理由がよくわからなかったのですが、顔を真っ赤にしてすごく怒っていました。
まるで鬼の顔…。
相手の子は紺太郎から逃げて滑り台の上に逃げてます。
紺太郎は滑り台の下で仁王立ち…。
(一緒に帰るお母さんが待っているので)私が「帰ろう」と言っても「ダメ~!」と収まりません。
双方に理由を聞いてもよくわかりません。
その後、相手の子のお母さんが来て、その子も滑り台から下りてきたので、
その場を何となくおさめてそのまま帰ってきました。



家でお風呂に入っているときなどゆっくりと理由を聞いたのですが、やはり要領をあまり得ませんでした。
なんとなくわかったのは、
紺太郎は(不真面目なことも多いですが)まじめなのか?「~すべき」というこだわりがすごくあって、
それに合わないと納得いかないようです。


何かあると怒ってばかりいた私の影響かもしれません。
「怒る」ことは感情なので悪いことじゃないけど、
「他の人に怒りをぶつける」だけじゃない他のコミュニケーション法がある、、
というのを私も実践して見せていかないとな~、、と
改めて思った出来事でした。



紺太郎にも言ったのですが、自分の中にある「あるべき菌」ってやっかいです…。




お付き合いくださってありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

幼稚園のクリスマスコンサート

<2011年12月17日 6才7ヶ月>



これを書いています22日(木曜日)の夕方に紺太郎と二人で夫の実家に遊びにきました。
そして、
夫は1人でインドネシアへ(個人旅行で)旅立ってしまいました…。
年末(31日)まで帰ってきません。
旅行計画中に、「クリスマスは家族と過ごさないの?」と聞いた私に、
「オレにはクリスマスは関係ねぇ~!」
と言い放った自由人の夫です…(苦笑)。
まあ、いいけどね…(少し怒)。



日にちはさかのぼって、12月17日(土曜日)の日記です。



16日(金曜日)2学期の授業は終っていましたが、
17日(土曜日)幼稚園のクリスマスコンサートがありました。
保護者(&先生)は正装(着物の方もいます)で集まり、地域のホールを借り切って、
園児達の歌や踊りを披露する場です。



今年はシニア(年長)で3回目、最後の年になります…。


少し寂しいです~。
(開演前に、お友達とパチリ)

1112170003.jpg



夫と私で見に行きました。




まずバイオリンです。
週一で音楽の授業があり、約1年間(年中の3学期から)バイオリンをやってきました。
「チェムチェムチェリー」を弾きました。


1112170025_convert_20111222224830.jpg



みんなでキコキコいって、紺太郎があっているのか?あっていないのかわかりませんでしたが(笑)、
紺太郎によると「少し間違えちゃった~」だそうで…。




次はハンドベルです。
曲は「アヴェ・マリア」(シューベルト)です。
園児が一人一人(只今11人のクラスです)ベルを持って、自分の音の時に鳴らして行きます。


みんなで協調して曲を作り出す様子を去年までのシニアで見ていて、楽しみにしていたのですが、
紺太郎は鉄筋(2人)を希望したようで…。



最初のイントロの8音だけで終って、、ちょっとがっかり…(笑)。
でもよくできました~。


1112170042_convert_20111222224908.jpg






次はです。
全員スケルトン(ガイ骨)の役です。
紺太郎のセリフは3つくらいあったのですが、
「イッツ ソ~ コールド!」だけしか聞き取れませんでした。


1112170050_convert_20111222224943.jpg





踊りもあります。


1112170060_convert_20111222225019.jpg




「寒いので肉(体)がほしい」とみんなで言い、
先生のサンタが登場して、願いがかない、お肉がついた、、、という話です。



1112170073_convert_20111222225102.jpg





次はフラダンスです。
ハワイ語で「メリー・クリスマス」の意味「メレ・カリキマカ」という曲です。



こちらレイ(首&頭)家庭で用意してください、と言われていました。
私はなんとなく「100円ショップにあるだろう・・」なんて考えていてギリギリまで用意していませんでした。


ところが、ママ友さんに聞くと「100円ショップにはない」そうで…。
近所にハワイアンショップがあって行ってみたら、、まぁ、、お高いこと。。
安いのでさえ2000円くらいします。
あとはもっと高いものばかり。。
レイって高いんですね~~。
知りませんでした・・・。



そんな1日の少しの時間のためにはもったいないな~と思いました。
ネットでは少し安く売っているようですが、もう購入する時間がありませんでした。


(↓探せば、もっと安いのがあるようです。)






なので、100円ショップクリスマスの飾りつけ(ツリー用の長いフサフサしたやつ)白い造花を買って、
花を切ってボンドでつけました。


1112170104_convert_20111222225145.jpg


花のレイじゃなかったのは、、、紺太郎だけ…。







まあ、、仕方ないです。
本人は何とも思っていなかったようで、、、、よかったです…。





先生にハワイ出身の方がいて、教えてもらったようです。
先生も一緒に踊ったのですが、踊りが美しかったです~。




あとは、「真っ赤なお鼻のトナカイさん」「ウインターワンダーランド」などなど、全員で踊ったり歌ったりして終了しました。




私が、親ばか満載で夫に「紺ちゃん、かわいかったね~!」と言うと、、
夫は冷たく、、「そう…?、、、なんでアイツってやる気ないのかな~?」と。


夫によると、他の子は一生懸命踊っている場面でも、
フニャフニャしてやる気がないように見えた、、だそうで…。




そうかな~?



まあ、いいや。
本人は「がんばった~」と言っているし…。
深くは考えないようにしよう…(笑)。





楽しいコンサートでした!



夜にハワイアンの「メレ・キリマカ」がいい曲だったので
(コンサートまでに家でも紺太郎は何度も歌っていました)
youtubeで探して流していたら、







もう一度衣装をつけて踊っていました。


1112170164_convert_20111222225231.jpg






やっぱり、ママにとってはかわいいよ~。
(親バカで失礼します…。)





お付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 親バカへ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

横田基地訪問&口うるさいママ

<2011年12月20日 6才7ヶ月>


昨日に引き続き、
写真をつかわない話を…。



16日(金曜日)幼稚園の2学期が終わっている紺太郎ですが、
20日(火曜日)には幼稚園のウインタープログラム横田米軍基地へ行ってきました。




担任の先生のお家へ行って、お子さん達と楽しく遊んだようです。




こんなゲームがあるんですね~。紺太郎が教えてくれました。
ゾウの鼻をつけてリングをすくうそうです。
日本のamazonでは探せませんでした。



51GGDjU7axL__SL500_AA300_.jpg
(画像はamazon.comより)



あとビンゴをしたそうです。




今までこういったイベントに参加して、
「英語しゃべった?」と紺太郎に聞くと、
「うん、ハローとサンキュー、って」
と答えていて、夫婦でがっかりしていたのですが(笑)、




この日は、「ボク、ハローとサンキュー以外に話したよ~」と言うので、
喜んだら、



「オーケー、って」



と言うのでガク…っ(笑)。





でも一緒にゲームなどやっているので、
少しは何か話していると思うのですが…。




担任の先生は男の先生です。
(奥様が軍にいます。)
いつもクラスでは厳しい先生のようですが、
「今日は優しかった~」なんて言っていました。



好きな先生の家へ行けてよかったね。


しかし、、
幼稚園の送り迎えが疲れました…。
電車に乗って、駅から朝はタクシーをつかったのですが、
夕方は歩きました。


私が早足で15分の距離を、紺太郎と一緒だと3倍の45分かかりました…。


疲れているのはわかるけど、
歩く気がなくてフニャフニャするのはやめてほしい…。




****




帰りは夕飯を外で食べて行くことにしました。
(夫は帰ってこないし…。)


サイゼリアに入ることにしました。
(激安イタリアン・ファミレスです。ドリアが390円、グラスワイン100円とかです。)



紺太郎は他の所でもスパゲティを選ぶときにはいつも「カルボナーラ」を頼みます。



なので、席についてメニューを見ている時に、


「サラダどれにしようか?
ママはえびがいいな~。
あ、
ほら、紺ちゃん、カルボナーラがあるよ~。
あ、
あと、ドリアもあるよ~。
この間、紺ちゃんドリア好きだったじゃない。
あ、リゾットもあるみたい~。」




と言うと、




「もう~、ママ、ワーワー言わないでよ!
ボクが「待って」、って言ったら、、「待って!」」と。



え、「待って」なんて言ったっけ?
(子どもの話を聞いてない証拠かしら…。)


それにしても、、ちょっとムカっ。
「ワーワー言わないで!」なんて…。



でも事実だわ~。
マシンガントークのように立て続けに話してしまいました。
ワーワーなんて話しているつもりはなかったのですが…。



「口うるさい母親」とかにはなりたくなりつもりですが、
そうなっているだわ~~、と…。
ちょっと反省。



紺太郎はメニューをじっくり見て、ミートソーススパゲティを選んでいました。
私が今までいくら他の物を勧めてもスパゲティを選ぶ時は「カルボナーラ」しか頼んでいなかったのにな~。
今度から私は「口ひかえめ」に、子どもにちゃんと選ばせよう、、と思いました。



自分が話すより、
子どもの話ももう少し聞こう、、、と思いました~。


**


そういえば、どこかで読んだことがあるのですが、
「子どもが選択する時」を例えている話なのですが、
母親はお店(車でも洋服屋でも)でいうと、こういう店員になれということが書かれていました。


「こういう商品がありますよ、この商品にはこの利点があります」と提示だけして、あとはお客(子ども)に選ばせる、



つきまとって、「これがいいですよ、あれはどうですか?」というような店員にはならない、、

みたいなことです。


セールスの面からいえば、どんなセールスマンが「いい店員」なのかは別の問題なのかもしれませんが、
なるほどな~と思ったのを覚えています。



子どもから「ワーワー言う、ママ」なんて思われたくないです~(苦笑)。





遊びにきてくださってありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

プロフィール

ざまき紅子

Author:ざまき紅子
遊びにきてくださってありがとうございます。
旅行、読書、映画、海外ドラマが好きな関東在住の主婦です。
2005年4月生まれの地図と線路が好きな息子(紺太郎・仮名)がいます。
夫とは週末婚です。
小5の2017年1月に夫が急に「受験」を言い出し、本人もその気になり2月中旬から塾(N)に通い始めました。
突如決めた中学受験、1年間しか時間がないし、わからないことだらけで右往左往しています。2018年春に桜が咲くといいです。


(2008年12月の記事は他の所で書いていたものを移したので、日付はランダムになっています。)


★もしご近所さんでこのブログに気がつかれた方がいらしたら、内緒にしていただけると嬉しいです。

★お出かけ先の施設の営業時間・料金等はここに書かれているものから変更になっている場合がありますので、自ら御確認をお願い致します。

★お願い★
このブログに掲載されている写真の無断転用はお断り致します。転用する場合は、リンク先のアドレスと共にご一報をお願い致します。

最新記事
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
楽天
リンク
フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード